会員登録はこちら
フラワーカップ G3   日程:2018年3月17日() 15:45 中山/芝1800m

レース結果

フラワーカップ G3

2018年3月17日() 中山/芝1800m/13頭

本賞金:3,500万 1,400万 880万 530万 350万


レコード:1分44秒9
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 7 10

カンタービレ

牝3 54.0 M.デムー  角居勝彦 428(-6) 1.49.2 3.4 2
2 6 9

トーセンブレス

牝3 54.0 柴田善臣  加藤征弘 456(+2) 1.49.2 クビ 6.8 3
3 3 3

ノームコア

牝3 54.0 北村宏司  萩原清 460(+14) 1.49.5 7.4 4
ラップタイム 12.6 - 11.8 - 12.4 - 12.6 - 12.1 - 12.2 - 11.8 - 11.5 - 12.2
前半 12.6 - 24.4 - 36.8 - 49.4 - 61.5
後半 59.8 - 47.7 - 35.5 - 23.7 - 12.2

■払戻金

単勝 10 340円 2番人気
複勝 10 140円 1番人気
9 180円 3番人気
3 210円 5番人気
枠連 6-7 1,070円 5番人気
馬連 9-10 1,420円 5番人気
ワイド 9-10 480円 4番人気
3-10 510円 6番人気
3-9 740円 11番人気
馬単 10-9 2,180円 6番人気
3連複 3-9-10 2,870円 10番人気
3連単 10-9-3 12,440円 34番人気

フラワーカップのニュース&コラム

【フラワーC】素質開花カンタービレV!
 第32回フラワーカップ(17日、中山11R、GIII、3歳牝馬オープン国際(特指)、別定、芝・内1800メートル、1着本賞金3500万円 =出走13頭)ミルコ・デムーロ騎乗で2番人気のカンタービレが、猛追する3番人気トーセンブレスをクビ差抑えて快勝。未勝利戦に続く連勝で重賞初勝利を飾った。タイム1分49秒2(良)。桜花賞(4月8日、阪神、GI、芝1600メートル)への出否は流動的。角居勝彦調教師は現役最長の15年連続のJRA重賞勝利となった。 初コースも重賞も、あっさりと克服だ。未勝利勝ち直後のカンタービレが、好位から抜け出して重賞初制覇を飾った。 「すごかったね。この間もいい勝ち方だったから、自信を持っていた」 M・デムーロ騎手が満足げに語るように、完璧なレース運びだった。5番手の内めで折り合い、直線でスムーズに外へ。鋭く先行勢をかわすと、トーセンブレスの追撃をクビ差振り切った。 同距離の前走を3馬身差V。それでも気性面が懸念材料だったが「すごく落ち着いていた」。前週の金鯱賞(スワーヴリチャード)に続く2週連続重賞Vの鞍上も、相棒の成長に目を見張る。 「うまく乗ってくれたね。テンションも随分と落ち着いていた」 15年連続重賞Vの角居調教師も、人馬をたたえた。一方、長距離輸送でマイナス6キロの馬体重には「こんなに減るとは思わなかった。課題ですね」と気を引き締める。 次走は未定だが、角居厩舎のフラワーC勝ち馬といえば、2005年にシーザリオが日米オークス馬に輝いた。「落ち着いていれば、これ以上の距離も大丈夫」とジョッキー。大舞台に向けて賞金を加算したカンタービレが、どんな路線を歩むのか注目だ。 (千葉智春)カンタービレ 父ディープインパクト、母シャンロッサ、母の父ガリレオ。鹿毛の牝3歳。栗東・角居勝彦厩舎所属。北海道浦河町・三嶋牧場の生産馬。馬主は石川達絵氏。戦績4戦2勝。獲得賞金4526万9000円。重賞初勝利。フラワーCは角居勝彦調教師が2005年シーザリオに次いで2勝目。ミルコ・デムーロ騎手は初勝利。馬名は「歌うように(音楽用語)」。
2018年3月18日() 05:06

 429

【フラワーC】ロック最下位…のどを検査へ
 第32回フラワーカップ(17日、中山11R、GIII、3歳牝馬オープン国際(特指)、別定、芝・内1800メートル、1着本賞金3500万円 =出走13頭)1番人気のロックディスタウンは、早々と手応えが怪しくなり、最下位13着に惨敗した。池添騎手は「発馬後に隣の馬と接触してハミをかみ、1~2角で手前を替えたときにまたハミをかんでしまった。うまく乗ってあげられませんでした」と肩を落とす。藤沢和調教師は「のどとか身体的なものが影響したのかも…」と分析。週明けにものどの検査を行う予定で、今後は未定だ。
2018年3月18日() 05:05

 980

【フラワーC】レースを終えて…関係者談話
 ◆加藤征師(トーセンブレス2着) 「(勝負どころの)コーナーでもたついたのは久々のぶんかな。最後は伸びていたしね」=桜花賞に出られなければNHKマイルC(5月6日、東京、GI、芝1600メートル)へ。 ◆北村宏騎手(ノームコア3着) 「返し馬でエキサイトしていたが、レースでは落ち着いていた。手応えがあまり良くなかった割には最後まで頑張ってくれた」 ◆内田騎手(ウスベニノキミ4着) 「掛かる面があるので、リズムを守って後ろから。最後はよく伸びてくれたね」 ◆大野騎手(ファストライフ5着) 「勝負どころの反応は悪かったが、直線でまた脚を使ってくれた」 ◆石橋騎手(メサルティム6着) 「4角の手応えもよかったが、思ったほど伸び切れなかった」 ◆勝浦騎手(ノーブルカリナン7着) 「じっくり構えて、しまいもよく伸びている」 ◆吉田隼騎手(モルフェオルフェ8着) 「気がよすぎるので、少しハミを抜くことを覚えてくれば」
2018年3月18日() 05:05

 581

【フラワーC】ロックディスタウン最下位13着…池添「うまく乗れなかった」
 3月17日の中山11Rで行われた第32回フラワーカップ(3歳オープン、牝馬、GIII、芝・内1800メートル、別定、13頭立て、1着賞金=3500万円)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の2番人気カンタービレ(牝3歳、栗東・角居勝彦厩舎)が好位追走から馬場の真ん中を抜け出し、外から追い込んできたトーセンブレスの猛追を退けて重賞初制覇を飾った。 1番人気に支持された池添謙一騎手騎乗のロックディスタウンは折り合いを欠き、見せ場も作れないまま最下位の13着に敗れた。 池添騎手「スタートして接触し、そこからハミをかみましたね。1~2コーナーで落ち着いたのですが、手前を替えたときにまたかんでしまいました。ペースが上がったときには馬がやめてしまっている感じに…。窮屈な競馬をさせてしまい、うまく乗ることができませんでした」★【フラワーC】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2018年3月17日() 21:32

 778

フラワーカップのニュースをもっと見る >

【スプリングS】エポカドーロ、余裕のクビ差先着
 連勝中のエポカドーロがCWコースで好調をアピールした。フラワーCに出走するインヴィジブルワン(500万下)と併せ馬。6馬身ほど先行し、直線では相手がくるのを待つように、最後は馬なり(ラスト1ハロン12秒2)でクビ差先着した。 「馬がしっかりしてきたし、いい感じの走りだったよ。前走の小倉戦で輸送、小回りを経験したのはプラス材料。今までみたいに先手を取るかはわからないが、順調にきているのが一番だね」と藤原英調教師は前向きにまとめた。★フジテレビ賞スプリングSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年3月15日(木) 05:08

 881

【フラワーC】ロックディスタウン軽々1馬身差
 藤沢和厩舎で移籍初戦を迎えるロックディスタウンは、池添騎手が手綱を取ってWコースで総仕上げ。半マイルから51秒1-37秒6-12秒3と軽めだったが、併せたキングオブアームズ(500万)を軽々と1馬身斬り捨て状態の良さをアピール。 池添騎手は「終始リラックスして走っていたし、抜け出してくる脚も良かった。力はあるので、あとは当日落ち着いていれば」と、巻き返しに向け好感触を得た様子だった。★フラワーカップの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年3月15日(木) 05:04

 773

【フラワーC】追って一言
 ◆ウスベニノキミ・野中助手 「先週よりよくなっている。未勝利勝ち直後で未知な面は多いが、崩れていない馬のなので…」 ◆カンタービレ・辻野助手 「ラストまでいい動きだった。センスがいいし、クラスが上がっても楽しみ」 ◆トーセンブレス・加藤征師 「ひと息入ったが、重め感なく仕上がった。今日の動きも良かった。上手に折り合えればチャンスはある」 ◆ノーブルカリナン・友道師 「ラスト重点で乗った。1800メートルから2000メートルはいいし、うまくペースが流れてくれれば」 ◆ノームコア・萩原師 「前回よりもいい感じで出られそうだし気性面なども特に変わりない。中山コースは問題ないので、善戦を期待したいですね」 ◆バケットリスト・高橋文師 「順調にきています。好位で折り合いつけて、最後のひと脚使う形でどこまで頑張れるか」 ◆メサルティム・加納助手 「坂路でサラッとした。久々を使って息遣いはよくなっている」★フラワーカップの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年3月15日(木) 05:03

 1,099

【スプリングS】好調エポカドーロ半馬身先着
 未勝利→あすなろ賞を連勝してきたエポガドーロは栗東CWコースで併せ馬。インヴィジブルワン(フラワーCに出走)を相手に先行し、半マイルから徐々にペースを上げた。終始馬なりと手応えに余裕を残しながら、きっちり半馬身先着した。  「動きもいいけど、状態がいいのが一番やね。使いつつ馬っぷりも良くなってきた。小倉での前走で輸送、小回りを経験した。それをここでどう生かすかだ。先手? それは言わないけど、思いどおりに調整はできた」と藤原英調教師。 おそらくは、前へ行って直線で伸びた前走の再現を狙う。(夕刊フジ)★フジテレビ賞スプリングSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年3月14日(水) 10:46

 862

フラワーカップの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

3月17日 15:43更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv120 
12,440円 12,440円
Lv109 
1,420円 7,100円
Lv107 
1,420円 14,200円
Lv107 
2,870円 14,350円
Lv106 
180円 18,000円

的中情報をもっと見る >

フラワーカップ過去10年の結果

2017年3月20日() 中山競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
1着 ファンディーナ 岩田康誠 1:48.7 1.3倍 97.1
2着 シーズララバイ 柴田善臣 76.1倍 91.9
3着 ドロウアカード 武豊 クビ 48.6倍 91.9
2016年3月21日(月) 中山競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
2015年3月21日() 中山競馬場/芝1800m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

フラワーカップのデータ分析とレース傾向

コース図中山芝1800m

関東における桜花賞への最終ステップとしての位置付けだったこのレースも、近年は桜花賞にこだわらない馬の出走が増加したこともあり、2013年以降の前走クラス別成績ではオープン・重賞組の【0.2.0.21】に対し、下級条件出走馬が【5.4.4.38】と優位に立っている。特に活躍しているのが【3.1.1.3】の前走500万下1着馬だ。舞台となる中山芝1800mはゲートから最初のコーナーまでが200m強しかなく、なおかつ小回り。中央場所の芝1800m戦では唯一コーナーを4度回るコースでもあり、前に行ける器用さを持った馬が安定して走る傾向にある。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

フラワーカップの歴史と概要


2015年の優勝馬アルビアーノ

桜花賞ならびにオークスを目指す馬が出走してくる、牝馬クラッシックの主要ステップレースである。第7回(1993年)は後年に“砂の女王”としてダート戦線を席捲するホクトベガが優勝。第11回(1997年)は日本調教馬として初めて海外G1制覇を成し遂げることになるシーキングザパールが、上がり最速の末脚を繰り出して完勝した。21世紀に入ってからは優勝馬とクラシックとの結びつきが強くなり、第16回(2002)のスマイルトゥモロー、第19回(2005年)のシーザリオオークスを、第18回(2004年)のダンスインザムード、第20回(2006年)のキストゥヘヴン桜花賞を制している。

歴史と概要をもっと見る >

フラワーカップの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年8月19日(
札幌記念 G2
TV西日本北九州記念 G3

競馬番組表

2018年8月18日(
2回札幌1日目
2回新潟7日目
2回小倉7日目
2018年8月19日(
2回札幌2日目
2回新潟8日目
2回小倉8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る