ブラックマジック(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡4 青鹿毛 2017年4月29日生
調教師戸田博文(美浦)
馬主窪田 芳郎
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績11戦[4-2-1-4]
総賞金6,094万円
収得賞金2,400万円
英字表記Black Magic
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ナイトマジック
血統 ][ 産駒 ]
Sholokhov
Night Woman
兄弟 フォイヤーヴェルクグレートマジシャン
前走 2021/02/20 ダイヤモンドS G3
次走予定

ブラックマジックの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/02/20 東京 11 ダイヤモンド G3 芝3400 163612.4411** 牡4 54.0 石橋脩戸田博文450(0)3.33.5 2.337.4グロンディオーズ
21/01/11 中山 10 迎春S 3勝クラス 芝2200 16129.551** 牡4 56.0 石橋脩戸田博文450(-2)2.16.7 -0.135.1ウインキートス
20/12/26 中山 12 グレイトフル 3勝クラス 芝2500 142210.553** 牡3 54.0 石橋脩戸田博文452(+6)2.37.8 0.435.5ジャコマル
20/11/22 東京 10 南武特別 2勝クラス 芝2400 118104.631** 牡3 55.0 和田竜二戸田博文446(+2)2.26.4 -0.235.0ハーツイストワール
20/10/17 東京 8 3歳以上2勝クラス 芝2400 9556.242** 牡3 54.0 石橋脩戸田博文444(+6)2.29.3 0.336.5キタサンバルカン
20/06/20 東京 9 町田特別 2勝クラス 芝2400 14454.228** 牡3 53.0 福永祐一戸田博文438(-2)2.27.1 0.736.0ゼーゲン
20/04/25 東京 9 新緑賞 1勝クラス 芝2300 83314.551** 牡3 56.0 L.ヒュー戸田博文440(0)2.21.3 -0.134.0リスペクト
20/04/18 中山 9 山藤賞 1勝クラス 芝2000 922----** 牡3 56.0 L.ヒュー戸田博文---- ------セントオブゴールド
20/01/11 中山 5 3歳未勝利 芝2200 16112.711** 牡3 56.0 O.マーフ戸田博文440(0)2.15.4 -0.535.2エルバルーチェ
19/12/21 中山 3 2歳未勝利 芝2000 187157.842** 牡2 55.0 O.マーフ戸田博文440(+4)2.02.9 0.736.1⑥⑥④⑤ロードオマージュ
19/11/16 東京 2 2歳未勝利 芝2000 16238.556** 牡2 55.0 川田将雅戸田博文436(+2)2.00.7 1.235.9サトノフラッグ
19/10/27 東京 5 2歳新馬 芝1800 14228.035** 牡2 55.0 福永祐一戸田博文434(--)1.51.2 0.334.0⑤④トウケイタンホイザ

ブラックマジックの関連ニュース

【ダイヤモンド】厩舎の話

2021年2月19日(金) 04:57

 ◆アイスバブル・兼武助手「前走がじりじりとした伸び。距離を延ばすことで新たな面を出してくれれば」

 ◆オーソリティ・木村師「前走後もいつも通りの調整ができているし、コントロールはできている。巻き返したい」

 ◆グロンディオーズ・高木助手「前走はエンジンがかかったところでゴール。この距離でどうかだが、折り合いに全く不安はない」

 ◆サトノガーネット・矢作師「引退レースですが、前向きさを出すために薄いブリンカーをつける。稽古では効果を感じるので期待したい」

 ◆ジャコマル・松永幹師「ゆったりとした長丁場はいいけど、(直線で)ヨーイドンのレースは厳しい。早めに動くレースがしたいね」

 ◆タイセイトレイル・矢作師「勝ち切れないので、先行策から早めに仕掛けるレースがしたい」

 ◆ナムラドノヴァン・杉山晴師「心身ともにいい状態。左回りで4勝していますし、長い距離は合っています」

 ◆パフォーマプロミス・瀬戸助手「年齢的な衰えは感じません。走り方が上手なので、長い距離でも走れる」

 ◆ヒュミドール・小手川師「絶好調だった昨秋と比べるとどうかだが、順調」

 ◆ブラックマジック・斎藤助手「1戦ごとに(体が)しっかりとしてきたし、力を発揮できれば楽しみです」

 ◆ボスジラ・国枝師「休み明けを使った今回の方が気配がいい。稽古の動きは良かったので、改めて」

 ◆ポンデザール・堀師「この時季としてはいい状態。馬場のいい東京ならなんとかなっていい」

 ◆ミスマンマミーア・寺島師「前回は馬場が合っていた。距離は延びますが、こなしてくれると思います」

 ◆メイショウテンゲン・池添兼師「具合の良さは感じるね。昨年2着。競走条件は向いている」

 ◆ワセダインブルー・大野騎手「最後はひと脚を使う。重賞を2度使って慣れが見込めるのでもう少しやれていい」

ダイヤモンドSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

【ダイヤモンド】追って一言 2021年2月18日(木) 04:47

 ◆アイスバブル・兼武助手「予定通りにしっかりと追い切れました。まだピリッとせず、もさもさした面はありますが、状態に問題はありません」

 ◆グロンディオーズ・高木助手「動きはいい。折り合いに全く不安はないし、スタミナもある」

 ◆サトノガーネット・矢作師「状態は安定しています。今回が引退レースですが、前向きさを出すために薄いブリンカーをつける。稽古では効果を感じるので、実戦でも期待したい」

 ◆サンアップルトン・中野師「バランスが良くなったし、引っ掛からないので流れに左右されない」

 ◆ジャコマル・松永幹師「最終追い切りで遅れたけど、相手は調教で動く馬だからね。状態は変わらずにきているよ」

 ◆タイセイトレイル・矢作師「(併せ馬で)遅れたけど、無理はしていないし想定内だよ。先週の追い切りで負荷をかけているからね」

 ◆ナムラドノヴァン・杉山晴師「うまく調教ができました。今、本当に充実しています。心身ともにいい状態。理想的です」

 ◆パフォーマプロミス・瀬戸助手「予定通りの追い切りを消化できました。順調です。前回と体つきは変わりません。年齢的な衰えは感じませんよ」

 ◆ヒュミドール・小手川師「間隔があいているのでしまいはしっかりと追った」

 ◆ブラックマジック・斎藤助手「落ち着きがあって反応は良かった」

 ◆ボスジラ・国枝師「直線3頭併せでしっかり。動きは良かった」

 ◆ポンデザール・堀師「微調整程度だが、仕上がっている。この時期としてはいい状態」

 ◆ミスマンマミーア・寺島師「動きは良かったです。冬場ですが、いい状態ですよ」

 ◆メイショウテンゲン・池添兼師「闘争心を出すために2週連続で併せ馬を消化したから、今週は単走。具合の良さは感じるね。この稽古が競馬につながってくれれば」

 ◆ワセダインブルー・大野騎手「サラッと追ったが、走りのバランスは良かった」

ダイヤモンドSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【血統アナリシス】ダイヤモンドステークス2021 昨年はドリームジャーニー&オルフェーヴル 全兄弟の産駒が1・3着 2021年2月15日(月) 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はダイヤモンドステークス2021・血統予想をお届けします!


昨年は最低人気のミライヘノツバサが単勝325.5倍で勝利する大波乱となったが、同馬の勝利によってドリームジャーニーは種牡馬としてのJRA重賞初制覇を達成。なお、3着にもオルフェーヴル(=ドリームジャーニーの全弟)産駒のオセアグレイトが入線していた。ステイゴールドに所縁ある血統の好走は多く、16年に直仔トゥインクルが勝利するほか、近親フェイムゲームは14・15・18年と3勝の偉業を成し遂げている。

また、父として3勝(05年ウイングランツ、06年マッキーマックス、10年フォゲッタブル)、母の父として2勝(17年アルバート、19年ユーキャンスマイル)を挙げるダンスインザダークも存在感を放つ。

オーソリティは、父オルフェーヴル×母ロザリンド(母の父シンボリクリスエス)。エピファネイアリオンディーズサートゥルナーリアの甥にあたる血統で、2代母シーザリオは05年オークスなど重賞3勝。本馬は好相性を示すステイゴールドの直系で、東京は2戦2勝(20年青葉賞-G2、20年アルゼンチン共和国杯-G2)の実績を持つ。母ロザリンドはエピファネイアの全妹にあたり、不良馬場の菊花賞-G1を制した伯父の実績からスタミナ勝負にも不安はなく、近親の成績を踏まえれば広いコースでこそのタイプだろう。

ヒュミドールは、父オルフェーヴル×母アヴェクトワ(母の父チチカステナンゴ)。ロンググレイスやロングシンホニーが出たスイーブに遡る牝系で、2代母キストゥヘヴンは06年桜花賞など重賞4勝。本馬もステイゴールドの直系であることを強調しやすく、父系や母系、血統構成からはスタミナ勝負でこそ真価を発揮するイメージが描ける。それだけにスローペースの前残りになってしまった前走は消化不良の一戦で、今回は仕切り直しの一戦として改めて注目してみたい。

ブラックマジックは、父ディープインパクト×母ナイトマジック(母の父Sholokhov)。フォイヤーヴェルクの全弟で、母ナイトマジックは10年バーデン大賞-独G1など重賞5勝。牝系はノヴェリストやPakistan Starが出たNigeriaに遡る。本馬は晩成型のドイツ血統らしい成長曲線を描いており、ゆったり走れる長丁場も歓迎のタイプだろう。過去にディープインパクト産駒として連対した2頭とは、母系にSadler's Wells(=Fairy King)の血を引く点で共通する。

(文・シンヤカズヒロ)


【血統予想からの注目馬】
オーソリティ ヒュミドール ブラックマジック

[もっと見る]

【ダイヤモンドステークス】特別登録馬 2021年2月14日() 17:30

[もっと見る]

11日の「WIN5」で史上最高配当となる4億8178万3190円が飛び出す! 2021年1月11日(月) 16:08

 11日の「WIN5」で史上1位の最高配当となる4億8178万3190円の高配当が飛び出した。



 1戦目の中京9R・尾頭橋特別が4番人気のドウドウキリシマ、中山10R・迎春Sは5番人気のブラックマジックが勝利、3戦目の中京10R・寿Sでは14番人気のツーエムアロンソが勝って、4戦目の中山11R・フェアリーS(GIII)を3番人気のファインルージュ、最終関門となった中京11R・すばるSを5番人気のテイエムサウスダンが制し、的中票数はわずか「1」の大波乱となった。



 2019年の2月24日に記録された4億7180万9030円の記録を塗り替えてWIN5史上最高の払い戻しとなった。

[もっと見る]

【日本ダービー】特別登録馬 2020年5月17日() 17:30

[もっと見る]

⇒もっと見る

ブラックマジックの関連コラム

閲覧 3,478ビュー コメント 3 ナイス 12



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


5月31日(日)東京11R 第87回日本ダービー東京優駿) (3歳G1・芝2400m)


【登録頭数:23頭】(フルゲート:18頭)


<優先出走馬>

ヴァルコス [動きA時計A] 中3週 (新馬480キロ→前走498キロ)
青葉賞からの中3週となるが、この中間も2週前、1週前、そして間の日曜日と本数をかなり乗られている。前走の疲れを心配するどころか、前走を使われての上積みが期待できそうな内容。1週前追い切りも素軽さが出て、前走時以上に良い動きに見えた。

ウインカーネリアン [動きD時計B] 中5週 (新馬476キロ→前走484キロ)
今年に入って使い詰めできていて、今回は中5週と間隔には余裕あり。ただ、単走馬なりでの追い切りばかりで、疲れがあるかもしれない。あとは左回りでの追い切りの動きを見ると、右回りほど手応えがなく、右回りのほうが向いている馬かもしれない。

ガロアクリーク [動きB時計B] 中5週 (新馬500キロ→前走498キロ)
この中間も前走時と同じような調整内容。1週前追い切りでは、終い伸びて先着したものの、まだ動きが重い感じあり。

コントレイル [動きA時計A] 中5週 (新馬456キロ→前走462キロ)
この中間は、2週前が坂路で先着、1週前がCWを長めから終い追われて好時計で先着。休み明けの前走を使われて、反応が良くなった印象で上積みアリ。

サトノフラッグ [動きA時計C] 中5週 (新馬494キロ→前走488キロ)
この中間も南Wを中心に乗り込まれてきているが、これまでと比べると時計がかかっている。ただ、1週前の動きを見ると素軽さがあり楽に先着していて、悪い感じはない。左回りのほうが動きが良い印象を受ける。

サリオス [動きB時計B] 中5週 (新馬534キロ→前走536キロ)
これまでもトレセンでは豊富に乗り込まれて出走してきた馬。この中間も、3週前から追い切られて乗り込み量は十分。大きな馬で、前走時のパドックではお腹のあたりにまだ余裕を感じさせていたが、1週前に先行して素軽い動きを見せており、使われて良くなっている印象。ただ、これまでは併せ馬で強めに追われて遅れたことがなかった馬なので、まだ馬体に余裕があるということかもしれない。それでも、追い切りの動きからは、左回りでスムーズに走れている感じがする。

ビターエンダー [動き映像なし時計D] 中2週 (新馬466キロ→前走464キロ)
この中間は、間隔も詰っていて1週前は坂路で軽く乗られて、日曜日も南Wで馬なりというメニュー。前走時のパドックではスッキリと仕上がった馬体だったので、これ以上減らしたくないところだろう。


<賞金上位馬>

ヴェルトライゼンデ [動きC時計B] 中5週 (新馬490キロ→前走486キロ)
この中間も、追い日以外にも日曜、火曜と時計を出して入念な乗り込み。ただ1週前の映像からは、終いもうひと伸びほしい印象を受ける。

ディープボンド [動きB時計B] 中2週 (新馬486キロ→前走482キロ)
中1週、中2週、中2週と間隔が詰まったローテーションが続き、馬体も減り続けているが、1週前には坂路を軽めに乗られて日曜日にはCWで時計を出してと、疲れを感じさせない内容と動き。

サトノインプレッサ [動き映像なし時計C] 中2週 (新馬484キロ→前走482キロ)
前走時はソエを気にしていたようで、坂路での時計も物足りないものが多かった。今回、中2週と間隔も詰まり、1週前は金曜日に時計を出しているが坂路には入れず。少なからずまだソエの影響は残っている感じはある。

マイラプソディ [動きB時計B] 中5週 (新馬502キロ→前走504キロ)
皐月賞から中5週と余裕のあるローテーションで使われていて、この中間も乗り込み豊富。1週前には3頭併せの中から終い伸びて先着と、前走時と比べると良くなっている印象

コルテジア [動きA時計A] 中5週 (新馬450キロ→前走460キロ)
この中間は2週前、1週前と併せ馬で先着。1週前追い切りでは手応え抜群で終いもしっかり伸びていて、前走からの上積みが期待できそう。

ダーリントンホール [動きB時計B] 中5週 (新馬516キロ→前走516キロ)
この中間も追い切りでは速い時計が出ているが、気合いが乗り過ぎているところがあり、もう少しリラックスして走れないと距離が延びることがマイナスになってしまう可能性もある。

ワーケア [動きD時計C] 3ヶ月 (新馬484キロ→前走494キロ)
皐月賞を使わず弥生賞からの参戦で、間隔に余裕。そのため乗り込み量は豊富だが、2週前はオークス出走組と併せて物足りない動きだった。1週前も、併走相手の手応えと比べると見劣り、終いも伸びきれず。

レクセランス [動きE時計C] 中5週 (新馬484キロ→前走482キロ)
この中間もCWを中心に乗り込まれていて、1週前追い切りでは終い伸びきれず併走遅れ。坂路では速い時計の出ない馬で、パドックでも馬体重の割にトモが寂しく映り、そのあたりが成長してこないと厳しい印象を受ける。

ブラックホール [動きC時計B] 中5週 (新馬418キロ→前走432キロ)
この中間もしっかり追い切られていて状態は良さそうだが、このメンバーの中に入ると小柄な馬で、まだ力強さが足りない印象がある。

マンオブスピリット [動きE時計D] 中2週 (新馬488キロ→前走490キロ)
この中間は、間隔も詰っているので馬なりでの調整で時計も平凡。動きに関しても力強さがなく、終い首が上がり気味で前走の疲れが抜けきれていない感じ。

アルジャンナ [動きD時計C] 中8週 (新馬460キロ→前走456キロ)
この中間も坂路での調整。1週前は伸びきれず重い感じの走りだった。


<除外対象馬>

キメラヴェリテ [動きD時計D] 中5週 (新馬512キロ→前走538キロ)
この中間は、坂路での時計がこの馬としては物足りない。

ダノンファラオ [動き映像なし時計E] 連闘 (新馬526キロ→前走520キロ)
先週京都で出走。芝のレースは走ったことがなく、先週の追い切りの時計も物足りない

ブラックマジック [動き映像なし時計D] 中4週 (新馬434キロ→前走440キロ)
連勝中も、この中間はDコース、Pコースで軽めの調整と、南Wでの調整ではなく時計も平凡。

メイショウボサツ [動きC時計C] 中3週 (新馬442キロ→前走462キロ)
今年の入っての3戦は調教で好時計が出ていたが、この中間は速い時計が出なくなっており、疲れもありそう。

エヒト [動き映像なし時計C] 中3週 (新馬470キロ→前走448キロ)
前走未勝利勝ちも、デビュー戦から大きく馬体が減っていてこれ以上減らしたくない。追い切りも金曜日まで時計を出しておらず、上積みはなさそう。



◇今回は東京優駿日本ダービー)編でした。
今年のダービーは無観客での開催となり、私にとっても第60回から毎年東京競馬場で観戦し続けてきた記録が途切れてしまう年となりました。これまで27年続けてきたことなので、残念ではありますが、2月29日から無観客での開催が始まった時点でこのようなこともあり得るとは覚悟していました。今は、気持ちを切り替えてこのように思うことにしています。
来年から、また東京競馬場で観戦できるようになれば、生きている限りあと何年、何十年か、毎年東京競馬場に観戦を続けていくことに。そう考えると、今年が自宅でテレビ観戦する最後のダービーになるかもしれない――と。
思えば、競馬を観るようになって、テレビ観戦したダービーはアイネスフウジントウカイテイオーミホノブルボンの3回のみ。だいぶ前になりますが、どの年も昨日のことのように記憶に残っています。その頃と比べれば、今は積み重ねてきたたくさんの歴史によって、ダービーの重みをさらに感じることができます。今年は、違う意味で、貴重で、記憶に残るダービーとなりそうです。皆様にとっても良いダービーになりますように!!

『ダービー@ホーム』
福永祐一騎手

D.レーン騎手


『a beautiful race』


それでは次回、宝塚記念(予定)編でお会いしましょう。

日本ダービー出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年7月3日(水) 11:00 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2019) ~第6回早期デビューの未出走馬~
閲覧 3,685ビュー コメント 0 ナイス 2

 早くも開幕から1か月が経過した「ウマニティPOG 2019」。JRAでは先週までに362頭の馬がデビューを果たし、32頭が新馬を、7頭が未勝利を勝ち上がりました。今後は7月20日の中京2歳ステークス(2歳オープン・中京芝1600m)、7月21日の函館2歳ステークス(2歳G3・函館芝1200m)を皮切りに、重賞やオープン特別のレースも施行されるようになります。

 もちろん、まだゲームとしては序盤の段階ですし、最終的な順位を左右するようなビッグレースが施行されるのはだいぶ先。いまからエントリーする方でも優勝を狙えるのが「ウマニティPOG」ならではの醍醐味です。ただ、既にクラシック戦線での活躍を期待されるような評判馬が勝ち上がっているうえ、2勝目を目指す馬が増えてくる今後は、入札の状況にもいろいろな変化があるはず。相応の対策を踏まえたうえで戦略を練るべきでしょう。

 入札の参考にしていただくべく、今回はデビュー間近と思われる馬、すなわち現時点で未出走、かつ東西のトレーニングセンターに入厩している馬の中から、有力と思しき馬をまとめてみました。

 本稿を制作するにあたり、私はまずJRA-VANのデータから「7月1日の時点で入厩している未出走の2歳馬」「東西のトレーニングセンターで6月1日から7月1日までの期間中に坂路調教を行った未出走の2歳馬(競走馬として未登録の馬を含む)」を抽出。今回はその中から注目すべきファクターごとに該当馬をご紹介します。それぞれの一覧には重複もありますがご了承ください。

 まずは「注目POG馬ランキング(2019/07/02 00:00更新)」で100位以内に入っていた該当馬をご覧いただきましょう。末尾に付記したのは「注目POG馬ランキング(2019/07/02 00:00更新)」の順位、並び順は父名順→母名順です。

ギルデッドミラー(牝 父オルフェーヴル/母タイタンクイーン 松永幹夫厩舎) ※35位
オーソリティ(牡 父オルフェーヴル/母ロザリンド 木村哲也厩舎) ※83位
ルリアン(牡 父キズナ/母フレンチバレリーナ 佐々木晶三厩舎) ※56位
ジュンライトボルト(牡 父キングカメハメハ/母スペシャルグルーヴ 友道康夫厩舎) ※20位
ゴールドティア(牝 父キングカメハメハ/母ヒストリックスター 池添学厩舎) ※39位
ヒートオンビート(牡 父キングカメハメハ/母マルセリーナ 松田国英厩舎) ※72位
レーヴドゥロワ(牡 父キングカメハメハ/母レーヴディソール 池江泰寿厩舎) ※22位
サトノゴールド(牡 父ゴールドシップ/母マイジェン 須貝尚介厩舎) ※73位
ヴェルテックス(牡 父ジャスタウェイ/母シーイズトウショウ 厩舎未登録) ※47位
ヴァーダイト(牡 父ディープインパクト/母クリソプレーズ 音無秀孝厩舎) ※58位
スパングルドスター(牝 父ディープインパクト/母スタセリタ 藤沢和雄厩舎) ※42位
リズムオブラヴ(牝 父ディープインパクト/母ミュージカルウェイ 藤原英昭厩舎) ※18位
タイミングハート(牡 父ディープインパクト/母リッスン 武幸四郎厩舎) ※85位
ダノングロワール(牡 父ハーツクライ/母ソーメニーウェイズ 国枝栄厩舎) ※70位
マイラプソディ(牡 父ハーツクライ/母テディーズプロミス 友道康夫厩舎) ※32位
ヴァンタブラック(牡 父ブラックタイド/母プチノワール 須貝尚介厩舎) ※25位
エレガントチャーム(牝 父ルーラーシップ/母オリエントチャーム 菊沢隆徳厩舎) ※65位
ヴィクターバローズ(牡 父ロードカナロア/母モスカートローザ 堀宣行厩舎) ※53位

 ほぼ同様の方法でピックアップした昨年の一覧には、カテドラルクラージュゲリエコントラチェックシェーングランツダノンチェイサーあたりがいました。3回東京や3回阪神でデビューする評判馬はどうしても注目を集めてしまいますが、現5歳世代のソウルスターリング、現4歳世代のワグネリアンなど、この時期にデビューした活躍馬もたくさんいます。
 なお、ヴェルテックスシーイズトウショウの2017)はまだJRAに登録されていないものの、この馬はシルクレーシングの所属馬で、池江泰寿厩舎に入厩予定とのこと。6月末から栗東の坂路に入っていますので、近いうちに登録されるでしょう。血統からも非常に楽しみな一頭です。

 ここから先は、当コラムの今シーズン第1回「POG的データ分析」を参考に、有力と思われる馬をピックアップしてみました。
 気になるディープインパクト産駒は下記の通り。

レイドバックライフ(牝 父ディープインパクト/母アルーリングライフ 矢作芳人厩舎)
オムニプレゼンス(牝 父ディープインパクト/母ヴァレリカ 国枝栄厩舎)
スマイルカナ(牝 父ディープインパクト/母エーシンクールディ 高橋祥泰厩舎)
サマービート(牡 父ディープインパクト/母オータムメロディー 藤原英昭厩舎)
サトノパシュート(牡 父ディープインパクト/母キャンディネバダ 厩舎未登録)
ヴァーダイト(牡 父ディープインパクト/母クリソプレーズ 音無秀孝厩舎) ※58位
スパングルドスター(牝 父ディープインパクト/母スタセリタ 藤沢和雄厩舎) ※42位
サクラジマテソーロ(牡 父ディープインパクト/母ステラマドレード 田中博康厩舎)
ソフトフルート(牝 父ディープインパクト/母ストロベリーフェア 厩舎未登録)
マジックキャッスル(牝 父ディープインパクト/母ソーマジック 国枝栄厩舎)
ディープキング(牡 父ディープインパクト/母ダリシア 藤原英昭厩舎)
ゴールデンレシオ(牡 父ディープインパクト/母ディヴィナプレシオーサ 国枝栄厩舎)
ブラックマジック(牡 父ディープインパクト/母ナイトマジック 戸田博文厩舎)
シャドウブロッサム(牝 父ディープインパクト/母ヒアトゥウィン 厩舎未登録)
ジュヌヴィエーブ(牝 父ディープインパクト/母プラスヴァンドーム 中内田充正厩舎)
アトリビュート(牝 父ディープインパクト/母ブラックエンブレム 高野友和厩舎)
イースセティクス(牝 父ディープインパクト/母プリティカリーナ 萩原清厩舎)
ブルーミングスカイ(牡 父ディープインパクト/母ブルーミンバー 角居勝彦厩舎)
サンデーミラージュ(牡 父ディープインパクト/母ミセスリンゼイ 宮本博厩舎)
リズムオブラヴ(牝 父ディープインパクト/母ミュージカルウェイ 藤原英昭厩舎) ※18位
マテンロウディーバ(牝 父ディープインパクト/母ライトニングパール 厩舎未登録)
タイミングハート(牡 父ディープインパクト/母リッスン 武幸四郎厩舎) ※85位
リリーピュアハート(牝 父ディープインパクト/母リリーオブザヴァレー 藤原英昭厩舎)
ランクリッツ(牝 父ディープインパクト/母レインボーダリア 浅見秀一厩舎)
マンドゥ(牡 父ディープインパクト/母レディジョアン 加藤征弘厩舎)

 現在の日本競馬界を代表する種牡馬ということもあり、当然ながら入厩先もなかなか豪華なラインナップになっています。いわゆる“POG本”などで大きく取り上げられた馬もいますが、この中から穴っぽいところを狙ってみても面白そうです。

 ノーザンファームの生産馬はかなり多かったので、ディープインパクト以外の有力種牡馬、すなわちキングカメハメハダイワメジャーロードカナロアの産駒のみをご覧いただきましょう。

ジュンライトボルト(牡 父キングカメハメハ/母スペシャルグルーヴ 友道康夫厩舎) ※20位
ゴールドティア(牝 父キングカメハメハ/母ヒストリックスター 池添学厩舎) ※39位
コスミックエナジー(牝 父キングカメハメハ/母ミクロコスモス 高野友和厩舎)
ミアマンテ(牝 父キングカメハメハ/母ミスエーニョ 木村哲也厩舎)
レーヴドゥロワ(牡 父キングカメハメハ/母レーヴディソール 池江泰寿厩舎) ※22位
ペールエール(牡 父ダイワメジャー/母アピール2 安田隆行厩舎)
シャレード(牝 父ダイワメジャー/母ヴィヤダーナ 藤原英昭厩舎)
ショコラブリアン(牝 父ダイワメジャー/母カトマンドゥ 尾関知人厩舎)
ミュアウッズ(牝 父ダイワメジャー/母カリフォルニアネクター 尾関知人厩舎)
キャルハーフムーン(牡 父ダイワメジャー/母フィエラメンテ 萩原清厩舎)
フォーテ(牡 父ロードカナロア/母エノラ 藤原英昭厩舎)
サトノヴィーナス(牝 父ロードカナロア/母サトノユリア 平田修厩舎)
ビオグラフィー(牝 父ロードカナロア/母チアズメッセージ 藤岡健一厩舎)
ラフマニノフ(牡 父ロードカナロア/母ハッピーテレサ 石坂正厩舎)
ヴィクターバローズ(牡 父ロードカナロア/母モスカートローザ 堀宣行厩舎) ※53位
エルサフィーロ(牡 父ロードカナロア/母ローガンサファイア 厩舎未登録)

 調教師別成績の上位組を見ると、下記の馬たちが入厩済みでした。

池江泰寿調教師>
レザネフォール(牡 父キングカメハメハ/母ラナンキュラス 池江泰寿厩舎)
レーヴドゥロワ(牡 父キングカメハメハ/母レーヴディソール 池江泰寿厩舎) ※22位

藤沢和雄調教師>
スパングルドスター(牝 父ディープインパクト/母スタセリタ 藤沢和雄厩舎) ※42位

中内田充正調教師>
ノクターンノーツ(牝 父Medaglia d'Oro/母サマーソワレ 中内田充正厩舎)
フリークアウト(牝 父キンシャサノキセキ/母ラスティックフレイム 中内田充正厩舎)
ジュヌヴィエーブ(牝 父ディープインパクト/母プラスヴァンドーム 中内田充正厩舎)
クラヴァシュドール(牝 父ハーツクライ/母パスオブドリームズ 中内田充正厩舎)
ヴァリッドブラック(牡 父ブラックタイド/母ヴァリディオル 中内田充正厩舎)

友道康夫調教師>
ジュンライトボルト(牡 父キングカメハメハ/母スペシャルグルーヴ 友道康夫厩舎) ※20位
マイラプソディ(牡 父ハーツクライ/母テディーズプロミス 友道康夫厩舎) ※32位
アドマイヤリゲル(牡 父ハービンジャー/母アドマイヤキュート 友道康夫厩舎)

角居勝彦調教師>
ヴェニュセマース(牝 父Siyouni/母スターズアンドクラウズ 角居勝彦厩舎)
ブルーミングスカイ(牡 父ディープインパクト/母ブルーミンバー 角居勝彦厩舎)

堀宣行調教師>
ヒシエレガンス(牡 父ハービンジャー/母ヴェルザンディ 堀宣行厩舎)
ヴィクターバローズ(牡 父ロードカナロア/母モスカートローザ 堀宣行厩舎) ※53位

 中内田充正厩舎はまだJRAの2歳戦を1回しか使っていませんが、ここからデビューラッシュとなりそう。しっかり注目しておきたいところです。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる血統大全 2019-2020』(ガイドワークス)、『ウルトラ回収率 2019-2020』(ガイドワークス)、『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全2018秋~2019』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、「ウマニティPOG 2014」では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

ブラックマジックの口コミ


口コミ一覧
閲覧 378ビュー コメント 16 ナイス 142

驚いているパンをみつけました(笑)

土曜の東京2R 3歳新馬 で面白いことがありました。
1着 エストレラブレイン 田村康仁厩舎
2着 キングスハンド 田村康仁厩舎
3着 サイレントギフト 田村康仁厩舎
こんなことって過去にあるんでしょうかぁ?

先週の始まり土曜小倉1R
1着 マダムシュシュ 田村康仁厩舎
そして東京11R ダイヤモンドステークス GⅢ
1着 グロンディオーズ 田村康仁厩舎
田村厩舎の確変だったのでしょうかぁ?

さて先週は4重賞
2つ的中、1つトリガミ、ドボン1つでした。
今年の重賞成績は、20戦中19戦参加 107.2%の回収率です。

日曜、阪神11R 大和ステークス 7枠は着ませんでした。
その前の10R 斑鳩ステークスは7枠ゾロ目 
ここで確変終了だったのかも知れません。


【京都牝馬S JRA HP注目馬】
リバティハイツ9着、シャインガーネット5着、ビッククインバイオ10着、ギルデッドミラー2着
カリオストロ14着、リリーバレロ11着、イベリス1着、アイラブテーラー4着
1・2着の掲載がありました。3着ブランノワールの掲載はありませんでした。
阪神12日間開催でつづく、”あれ”で3連複的中しました

【ダイヤモンドS JRA HP注目馬】
オーソリティ2着、パフォーマプロミス15着、ポンデザール3着、ボスジラ9着
グロンディオーズ1着、ヒュミドール5着、ブラックマジック11着、サトノガーネット12着
1~3着の完全掲載でした。3連複とワイド的中しました。
父・母ともに引退調教師の管理馬グロンディオーズが1着だったのは、調べた買いがありました。

【小倉大賞典 JRA HP注目馬】
ボッケリーニ2着、バイオスパーク11着、トーラスジェミニ14着、フェアリーポルカ8着
ヴァンケドミンゴ9着、テリトーリアル1着、アールスター4着、カデナ6着
1・2着の掲載がありました。3着ディアンドルの掲載はありませんでした。
ゴドルフィンの今年の初重賞制覇でした。なんとか馬連はゲットしましたが、トリガミです。

【フェブラリーS JRA HP注目馬】
カフェファラオ1着、サンライズノヴァ11着、レッドルゼル4着、オーヴェルニュ13着
インティ6着、ワンダーリーデル3着、アルクトス9着、ソリストサンダー8着
1・3着の掲載がありました。2着エアスピネルの掲載はありませんでした。
1着馬はナニワ競馬道でもバッチリでしたが・・・2着がねぇ
昨年もそうでしたが、芝の重賞制覇した馬はダートでは注意でしたねぇ(汗)

的中された方、おめでとうございます\(^o^)/
ナイスポチいただいた方、毎度アホな日記にお付き合いいただき、ありがとうございます\(^o^)/

 DEEB 2021年2月20日() 18:14
恥ずかしい馬予想2021.02.20[結果]
閲覧 75ビュー コメント 0 ナイス 4

東京 9R フリージア賞 3歳1勝クラス(混合)(特指)
◎ 8 ロードプレジール…8着
○ 2 アンダープロット…3着
× 4 ☆イルーシヴパンサー…2着
[結果:アタリ○ 複勝 4 210円、ワイド 2-4 490円]

東京11R ダイヤモンドステークス GⅢ 4歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 6 ブラックマジック…11着
○13 ポンデザール…3着
▲14 タイセイトレイル…8着
△ 3 オーソリティ…2着
×10 グロンディオーズ…1着
[結果:ハズレ×]

阪神 5R 3歳未勝利(混合)
◎11 イクスプロージョン…7着
○ 2 レッドカムイ…1着
▲ 8 ネビーイーム…4着
△ 7 ☆フォルテデイマルミ…2着
[結果:アタリ○ 複勝 7 130円、馬連 2-7 1,660円]

阪神 9R つばき賞 3歳1勝クラス(混合)(特指)
◎10 タガノディアーナ…2着
○ 7 ブレーヴジャッカル…6着
× 4 ☆ヴィゴーレ…1着
[結果:アタリ○ 複勝 4 270円、馬連 4-10 1,480円]

阪神10R 橿原ステークス 4歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎ 3 ガンケン…3着
○ 1 ハッピーゴラッキー…6着
×15 ☆クリノサンレオ…7着
[結果:ハズレ×]

阪神11R 京都牝馬ステークス GⅢ 4歳以上オープン(国際)牝(特指)
◎16 リバティハイツ…9着
○ 4 ☆イベリス…1着
▲15 ギルデッドミラー…2着
△12 ☆シャインガーネット…5着
× 7 ☆アイラブテーラー…4着
☆11 アフランシール…14着
[結果:アタリ○ 複勝 4 210円、馬連 4-15 2,870円]

阪神12R 4歳以上2勝クラス
◎12 ★マティアス…1着
○11 ロードキング…8着
▲ 4 シャイニーブランコ…4着
△ 3 タガノハイライト…7着
×10 ファイヤーテーラー…10着
[結果:アタリ△ 単勝 12 230円、複勝 12 140円]

小倉 2R 3歳未勝利
◎ 2 デクラーク…3着
○ 5 テーオーディエス…11着
☆14 ナムラスパロー…12着
[結果:ハズレ×]

小倉 4R 障害4歳以上未勝利(混合)
◎ 7 ブルーガーディアン…7着
○ 8 ☆ビルジキール…1着
▲12 クリノテルチャン…5着
△ 6 ヨシオ…11着
[結果:アタリ△ 複勝 8 130円]

小倉 5R 障害4歳以上オープン(混合)
◎ 4 ★アサクサゲンキ…1着
○ 6 モザイク…4着
▲ 7 シゲルミズガメザ…8着
△ 5 ダノンロッソ…10着
× 2 モサ…3着
[結果:アタリ△ 単勝 4 250円、複勝 4 140円]

小倉11R 皿倉山特別 4歳以上2勝クラス(混合)
◎ 2 マイネルコロンブス…3着
○ 8 ダブルフラット…2着
▲ 6 モイ…4着
[結果:アタリ△ ワイド 2-8 170円]

今日は、休みです。
カツカレーそばが食べたい。
ウオーキングがてら、食べに行こうかな。

[今日の結果:11戦4勝3敗4分]
今日は、調子良かったですぅ。
明日もこの調子で、競馬を楽しみたい。

[もっと見る]

 ブルースワン 2021年2月20日() 14:36
京都牝馬S ダイヤモンドS 予想
閲覧 94ビュー コメント 0 ナイス 13

ワイドと思って下さい。

京都牝馬S

◎14ブランノワール
○5マリアズハート
▲7アイラブテーラー
△8リリーバレロ
△16リバティハイツ

阪神得意のブランノワール
賞金プラスしたいマリアズハート

に期待です。

ダイヤモンドS

◎4ヒュミドール
○3オーソリティー
▲14タイセイトレイル
△1ナムラドノヴァン
△6ブラックマジック
△15パフォーマプロミス
✳️5サトノガーネット
✳️12ワセダインブルー

どちらもオルフェーヴル産駒ですが

オーソリティーでなくヒュミドールを中心にします。

引退レースあるあるで

サトノガーネットが連対して天皇賞春までってあるかも⁉️

ワセダインブルーはどさくさ紛れに馬券圏内あれば(;^_^A

[もっと見る]

⇒もっと見る

ブラックマジックの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ブラックマジックの写真

投稿写真はありません。

ブラックマジックの厩舎情報 VIP

2021年2月20日ダイヤモンドS G311着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ブラックマジックの取材メモ VIP

2021年2月20日 ダイヤモンドS G3 11着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。