サムシングジャスト(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
サムシングジャスト
サムシングジャスト
写真一覧
現役 牝3 黒鹿毛 2016年5月17日生
調教師松田国英(栗東)
馬主株式会社 グリーンファーム
生産者恵比寿興業株式会社那須野牧場
生産地栃木県
戦績 8戦[1-1-0-6]
総賞金1,216万円
収得賞金400万円
英字表記Something Just
血統 ヴィクトワールピサ
血統 ][ 産駒 ]
ネオユニヴァース
ホワイトウォーターアフェア
ツルマルオトメ
血統 ][ 産駒 ]
タイキシャトル
メモリーズオブロニー
兄弟 シンジュボシピアレスピンク
前走 2019/07/13 3歳以上1勝クラス
次走予定

サムシングジャストの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/07/13 中京 8 3歳以上1勝クラス 芝2000 156105.929** 牝3 49▲ 斎藤新松田国英488(+2)2.01.7 0.935.5④④タンタラス
19/06/15 阪神 7 3歳以上1勝クラス 芝1800 12564.324** 牝3 52.0 松山弘平松田国英486(-2)1.50.0 0.433.7④⑤エスポワール
19/04/28 東京 11 スイートピー (L) 芝1800 121115.0510** 牝3 54.0 松山弘平松田国英488(0)1.48.5 0.833.3⑦⑧⑧カレンブーケドール
19/03/23 阪神 9 君子蘭賞 500万下 芝1800 116644.282** 牝3 54.0 松山弘平松田国英488(+6)1.46.9 0.134.8⑦⑥フェアリーポルカ
19/03/02 阪神 11 チューリップ G2 芝1600 13711150.31012** 牝3 54.0 A.シュタ松田国英482(+6)1.35.7 1.634.8⑫⑬ダノンファンタジー
18/10/27 東京 11 アルテミスS G3 芝1600 15610343.1146** 牝2 54.0 武藤雅松田国英476(0)1.34.3 0.634.2⑮⑮シェーングランツ
18/10/06 東京 11 サウジRC G3 芝1600 86633.068** 牝2 54.0 横山典弘松田国英476(-8)1.35.9 1.935.6グランアレグリア
18/08/04 新潟 5 2歳新馬 芝1600 112211.131** 牝2 54.0 福永祐一松田国英484(--)1.36.6 -0.133.5ラッキーアモン

サムシングジャストの関連ニュース

 3月23日の阪神9R・君子蘭賞(3歳500万下、芝・外1600メートル、11頭立て)は、和田竜二騎手騎乗の2番人気フェアリーポルカ(牝、栗東・西村真幸厩舎)が中団待機から直線は内ラチ沿いに伸びて快勝、前走・若駒S3着から巻き返した。タイムは1分46秒8(良)。

 半馬身差の2着にはサムシングジャスト(8番人気)、さらに1馬身半差遅れた3着にビックピクチャー(3番人気)。

 君子蘭賞を勝ったフェアリーポルカは、父ルーラーシップ、母フェアリーダンス、母の父アグネスタキオンという血統。通算成績は3戦2勝。

 ◆和田竜二騎手(1着 フェアリーポルカ)「初の外回りでも、跳びが大きいので中団から早めに動かして行った。流れも理想的で操縦性も高く、思ったより切れましたね。距離は延びても大丈夫そうだし、楽しみな馬です」

★23日阪神9R「君子蘭賞」の着順&払戻金はこちら

【斬って捨てる!】チューリップ賞 前走初角先頭馬は劣勢!前走非重賞戦3着以下敗退馬の連対ゼロ!2019年3月2日() 11:00

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、チューリップ賞の近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。


【全般】
前走で芝マイル重賞に出走していた馬を除くと、前走3着以下敗退馬の連対例はゼロ(2009年以降)

ノーブルスコア
ブリッツアウェイ
オーパキャマラード

オープンクラスで2着以内の経験がある馬を除くと、前走5着以下敗退馬の連対例はみられない(2009年以降)

サムシングジャスト
ドナウデルタ

前走9着以下敗退馬の好走例はゼロ(2009年以降)

ドナウデルタ

前走1秒0以上敗退馬の好走例は皆無(2009年以降)

ドナウデルタ

連勝中の馬を除くと、前走ダート戦出走馬の好走例はゼロ(2009年以降)

ハニーウィル

【人気】
10番人気以下の連対例はみられない(2009年以降)
※10時30分現在の10番人気以下

ハニーウィル
ブリッツアウェイ
オーパキャマラード
サムシングジャスト

【脚質】
前走の初角通過順が1番手だった馬の連対例は皆無(2009年以降)

メイショウショウブ
オーパキャマラード

【枠順】
5番人気以下、かつ8枠馬の連対例はゼロ(2009年以降)
※10時30分現在の5番人気以下、かつ8枠馬

ドナウデルタ

2枠の連対例はなし(2009年以降)

マルモネオフォース

馬番枠2番の好走例は皆無(2009年以降)

マルモネオフォース

馬番枠6番の連対例はゼロ(2009年以降)

シェーングランツ

【血統】
5番人気以下、かつ社台グループ生産馬の連対例は皆無(2009年以降)
※10時30分現在の5番人気以下、かつ社台グループ生産馬

ブランノワール
ハニーウィル
ノーブルスコア
ブリッツアウェイ
ドナウデルタ

グレイソヴリン系を除くと、ナスルーラ系種牡馬を父あるいは母父に配している馬の好走例はゼロ(2009年以降)

アフランシール


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
ダノンファンタジー
シゲルピンクダイヤ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【重賞データ分析】チューリップ賞 人気サイドの差し馬が優勢!中~外枠の伏兵にご用心!2019年3月2日() 10:10

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、チューリップ賞のファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。


【全般】
前走芝1600m組が圧倒(2007年以降)

ダノンファンタジー
マルモネオフォース
ブランノワール
メイショウショウブ
シェーングランツ
ノーブルスコア
オーパキャマラード
サムシングジャスト
ドナウデルタ
シゲルピンクダイヤ

【人気】
上位人気(1~5番人気)が強い(1998年以降)
※9時30分現在の1~5番人気

ダノンファンタジー
メイショウショウブ
シェーングランツ
ドナウデルタ
シゲルピンクダイヤ

【脚質】
差し馬を重視すべき(2007年以降)

ダノンファンタジー
シェーングランツ
ノーブルスコア
サムシングジャスト
シゲルピンクダイヤ

※近走の内容を参考に上がり上位馬を想定

【枠順】
6~8枠が毎年のように馬券絡み(2007年以降)

ブリッツアウェイ
オーパキャマラード
アフランシール
サムシングジャスト
ドナウデルタ
シゲルピンクダイヤ

【血統】
サンデーサイレンス内包馬が強い(2007年以降)

ダノンファンタジー
マルモネオフォース
ハニーウィル
メイショウショウブ
シェーングランツ
ノーブルスコア
ブリッツアウェイ
オーパキャマラード
アフランシール
サムシングジャスト
ドナウデルタ
シゲルピンクダイヤ

ディープインパクト×ノーザンダンサー系の配合馬が攻勢(産駒初出走以降)

ノーブルスコア
ブリッツアウェイ

クラシックを自身が勝利、もしくは産駒を輩出している種牡馬の産駒が好相性(近年の傾向)

ダノンファンタジー
マルモネオフォース
ブランノワール
メイショウショウブ
シェーングランツ
ノーブルスコア
ブリッツアウェイ
アフランシール
サムシングジャスト
ドナウデルタ
シゲルピンクダイヤ


【5項目以上該当馬】
シゲルピンクダイヤ(6項目)
ダノンファンタジー(5項目)
シェーングランツ(5項目)
ノーブルスコア(5項目)
サムシングジャスト(5項目)
ドナウデルタ(5項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断】チューリップ賞 2歳女王が及第点以上のデキ!オークス馬の半妹に逆転の目も!2019年3月2日() 09:40

チューリップ賞の出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


ダノンファンタジー
栗東CWで行われた1週前追い切りは、モヤで直線しか確認できなかったが、しなやかな脚捌きを見せ、ラスト1F11秒台半ばの好ラップを記録。同じくCWで実施した今週の追い切りでは、4F48秒ソコソコの猛ラップを余力残しでマークした。少し前進気勢が過ぎるような気もするが、走りに重め感はまったくない。及第点以上のデキとみる。

マルモネオフォース
最終追い切りは栗東CWで実施。馬場の外めを回って、マズマズのタイムを記録した。とはいえ、本来はもう少しメリハリがついたラップを刻んでくる馬。そのあたりを鑑みると、物足りない印象を受ける。上り目に乏しく、相手が一気に強くなる今回は割引が必要だろう。

ブランノワール
1週前、今週と栗東坂路にてアドマイヤリードを相手に併せ馬を実施。1週前はしっかりと追われて、ラスト1F11秒9の好ラップを記録。今週も手応えを残した状態で、スピード感ある走りを披露した。ただ、少し首のアクションに乏しく、前肢を思うように伸ばせていない印象。このあたりが解消されないと、ヒモ評価の域は出ない。

ハニーウィル
今週の追い切りは栗東CWで併せ馬を実施。後れをとったが、約1秒のハンディがあったことを勘案すると、深刻な問題ではない。ただ、前半から攻めたとはいえ、ラスト1Fのラップは13秒台半ば。水準以上の決め手が求められる今回の舞台で好パフォーマンスを示せるかどうかについては疑問符が付く。ここは様子見が賢明だろう。

メイショウショウブ
栗東CWで行われた1週前追い切りでは、僚馬を一気に突き放す上々のパフォーマンスを披露。同じくCWで実施した今週の併せ馬でもマズマズの走りを見せた。加速がついてからフワッとするシーンもあったが、許容範囲の部類。なによりも、内にモタれる面が解消された点は好感度が高い。いい状態でレースに臨めそうだ。

シェーングランツ
坂路と南Wを交えて、乗り込み量は十分すぎるほど。前回と比べて、直前の攻めを強化している点も評価できる。今週の併せ馬では後れをとったものの、自身のラスト1Fは12秒台半ば。ストライドを大きくとれているし、フォームも崩れていないので、過度に不安視する必要はない。心身のバランスが噛み合えば、逆転の目まである。

ノーブルスコア
今年に入って3走目ということもあってか、この中間は軽めのメニュー。栗東坂路で実施した最終追い切りでは併走遅れを喫したが、ケイコの見映えが実戦につながるタイプではないので、神経質にとらえる必要はない。馬場が荒れ始めた時間帯にしっかりと負荷をかけた調整を施している点は評価できる。勝ち切るまではどうかも、連下争いなら可能だろう。

ブリッツアウェイ
今週の追い切りは栗東坂路で併せ馬を実施。しっかりとした脚取りで、僚馬をアオる好パフォーマンスを示した。走破タイムは地味だが、柔らかい身のこなしでリズムよく登坂するさまをみるに、調子落ち&疲れは感じられない。力を出せるデキにある。

オーパキャマラード
栗東CWで行われた今週の追い切りの内容は、調教巧者の同馬にしては凡庸。併走遅れは仕方ないにしても、しっかりと攻めた割に上がりのタイムが物足りない。この馬なりに順調なのかもしれないが、大きな上積みまではどうか。今回は見送りが正解とみる。

アフランシール
先週末から栗東に滞在して調整。CWで実施した今週の追い切りでは、及第点以上のタイムを記録した。ただ、首と四肢の連動性に欠ける走りで見映えは今ひとつ。テンションが高い点も変わらない。こうした調教内容で結果を残している馬ではあるものの、阪神の芝1600mがフィットするかどうかについては疑問が残る。今回は厳しくマイナス評価としたい。

サムシングジャスト
帰厩後は栗東CWと栗東坂路を交えて、丹念な乗り込み。1週前ならびに今週の併せ馬では、悠々と僚馬を制した。ただ、行きたがる面を見せるのは相変わらず。落ち着いたあとの伸び脚は目を引くものがあるのだが……。いずれにせよ、リラックスして走れるかどうかが、好凡走のカギを握りそう。当日の気配には十分な注意を払いたい。

ドナウデルタ
1週前に栗東坂路でラスト2F24秒4-11秒9の好ラップを記録。今週の坂路追い切りでも、ラスト2F24秒0-11秒9のラップを余力残しでマークした。ただ、小柄な馬体を考慮してか、中間の乗り込み量は少なめ。そのぶん、詰めが甘くなる可能性も考えられる。動きと時計をそのまま評価して、連下の押さえまで、という扱いが妥当ではないか。

シゲルピンクダイヤ
2週前、1週前と2週続けて栗東坂路で後傾ラップを記録。今週の追い切りでは、ラスト2F24秒0-12秒1の好ラップを軽々とマークした。強い攻めを行っていない点は気がかりな半面、ひと追いごとに良くなっているのは明らか。軽く扱えない1頭と言えよう。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【U指数的考察】チューリップ賞 指数上位馬が安定!キャリア2戦以上の低指数馬は軽視!2019年3月2日() 09:20

チューリップ賞の近年の結果をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2014年以降の結果をもとに検証

<ポイント①>
指数上位馬が安定。毎年必ず指数4位のうち、最低1頭が2着以内を確保しているうえ、3着以内に2頭以上入ることも珍しくはない。

指数4位以内

ダノンファンタジー
メイショウショウブ
シェーングランツ
ノーブルスコア

<ポイント②>
軸馬の絞り込みで頼れるのは指数上位の前走阪神JF出走馬。なかでも、指数2位以内かつ前走阪神JF2着以内馬の好走率が高い。

指数2位以内かつ前走阪神JF2着以内

ダノンファンタジー

<ポイント③>
指数81.0未満で馬券対象になっているのは、1戦1勝馬のみ。キャリア2戦以上の指数81.0未満の馬は苦戦必至。

キャリア2戦以上の指数81.0未満

ハニーウィル
サムシングジャスト



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【チューリップ】厩舎の話2019年3月1日(金) 05:08

 ◆アフランシール・尾関師 「しまいはしっかりやった。爆発力は上位だと思う」

 ◆オーパキャマラード・本田師 「他が行かなければハナに行く」

 ◆サムシングジャスト・松田師 「追い切りは、直線で伸びたときの動きは良かった」

 ◆シェーングランツ・藤沢和師 「調教はしっかりやっている。春のいいスタートを切りたい」

 ◆シゲルピンクダイヤ・渡辺師 「思ったより速い時計が出た。仕上がりは悪くない」

 ◆ダノンファンタジー・猿橋助手 「本番を見据えながらの調整でも順調に来ている」

 ◆ドナウデルタ石坂正師 「調子は変わりない。スムーズな競馬で権利を取れれば」

 ◆ノーブルスコア・福永騎手 「予定通りの追い切りができた。何とか権利を取りたい」

 ◆ハニーウィル・村山師 「芝適性は分からないが、状態は変わりない」

 ◆ブリッツアウェイ・音無師 「この舞台で勝ち星があるので楽しみ」

 ◆マルモネオフォース・木原師 「いい状態で力試しができる」

 ◆メイショウショウブ・池添兼師 「良くなってきた。牝馬同士なら」

チューリップ賞の出馬表はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

サムシングジャストの関連コラム

閲覧 1,177ビュー コメント 1 ナイス 16



先週は、24(日)に中京競馬場でG1高松宮記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1高松宮記念は、単勝2.5倍の1番人気にダノンスマッシュ、以下2番人気モズスーパーフレア(単勝4.1倍)、3番人気ミスターメロディ(同7.8倍)、4番人気ロジクライ(同9.2倍)、5番人気レッツゴードンキ(同9.8倍)と、上位5頭が単勝ひとケタ台で続く状況。
迎えたスタート。好発を決めてまず出を窺うセイウンコウセイに、ラブカンプーが競り掛ける序盤の先手争い。近走よりも主導権を握るのに時間を要した格好の2番人気モズスーパーフレアは、3番手となってこれを追います。3コーナーまでかかってようやく先頭に立ったモズスーパーフレアが、2番手ラブカンプーに対し2馬身ほどリードを築き始めると、以下はセイウンコウセイダノンスマッシュナックビーナスアレスバローズミスターメロディティーハーフペイシャフェリシタダイメイフジラインスピリットショウナンアンセムロジクライデアレガーロレッツゴードンキスノードラゴンダイメイプリンセスヒルノデイバローの態勢で、4コーナーを回って直線勝負へ。
先頭で粘り込みを目論むモズスーパーフレアでしたが、手応えが悪くすぐに後続に並び掛けられる展開。ここで代わって先頭は、12番人気のセイウンコウセイ。外からは1番人気ダノンスマッシュ、内を捌いてはミスターメロディラインスピリットショウナンアンセムティーハーフレッツゴードンキといったところが、これを追って残り300mを通過。これらの中から、ミスターメロディが、セイウンコウセイの内を通って勢いよく並び掛け、さらに内を突いては17番人気ショウナンアンセムも目立つ伸び脚で3番手へと浮上。外から迫るダノンスマッシュも懸命に内の3頭を追いますが、なかなか差を詰め切れず。
結局、内3頭による叩き合いから、残り100m手前で抜け出したミスターメロディが制して初G1V。春のスプリント王に輝いています。1/2馬身差の2着にセイウンコウセイが入り、アタマ差の3着にショウナンアンセムが入っています。
公認プロ予想家では、山崎エリカプロ田口啄麻プロジョアプロマカロニスタンダーズプロ豚ミンCプロ蒼馬久一郎プロら計6名が的中をマークしています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
24(日)G1高松宮記念を◎ミスターメロディ-△セイウンコウセイで的中!馬連305.3倍的中、計168,650円の払戻しに成功しています。週間トータルでは、回収率190%をマーク。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
23(土)の中京1Rで○◎▲的中の好発進。同日阪神10RG2日経、また24(日)には中京9R中山10R阪神12Rなどの活躍を披露!週末トータルでは回収率106%の好成績をマークし、前週・前々週に続きこれで3週連続週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
23(土)阪神2R中京3R中山7R中京9R中山12Rなどで高精度予想を連発。24(日)も中山1Rでの○◎▲3連複190.2倍、馬単106.8倍ほか計8万1,600円払戻しなどの活躍を披露しました。土日トータル回収率143%、収支14万7,700円プラスをマークし、2週連続の週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
23(土)阪神9Rでパーフェクト予想を披露!◎フェアリーポルカサムシングジャストビックピクチャー的中で、一撃76万2,800円払戻しのホームランとなりました。週間トータルでは回収率105%を達成しています。
 
 
 
この他にも、おかべプロ(185%←2週連続週末プラス)、豚ミンCプロ(146%)、馬っしぐらプロ(141%)、ゼット1号プロ(133%)、マカロニスタンダーズプロ(126%)、蒼馬久一郎プロ(125%)、【U指数】3連複プリンセスプロ(108%)、ース1号プロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年2月26日(火) 19:15 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019弥生賞&チューリップ賞
閲覧 1,686ビュー コメント 0 ナイス 12



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


◇3月3日(日)中山11R 第56回 報知杯弥生賞(3歳、G2、芝2000m)

<登録馬>


【JRA所属馬:9頭】(フルゲート:18頭)

ニシノデイジー(C)中8週
この中間もいつもと同じように、3週前、2週前、1週前と強めに追われている。ただ併せ馬で行ってきた1週前追い切りが、今回は単走で行われ、走りを見ると首が高く体が伸びてしまっているように見えた。どこか走りが物足りない感じがする。

ラストドラフト(A)中6週
2戦目の前走で重賞勝ち。前走時の調教では年末年始の変則日程を挟みながらも、毎週しっかり追い切られていて、状態はかなり良かった印象。この中間も、毎回のように調教師自らが跨っての調整が施され、2週前、1週前と併せ馬で先着と順調な過程。近年外厩で馬を仕上げることが多くなっている中にあって、調教師の意地を感じる1頭でもある。

クリノガウディー(F)中10週
シンザン記念を回避してこのレースに登録してきたが、追い切りといえる速い時計はなく、軽めを先週土日に1本ずつ出しただけ。出走できる状況ではない。

ブレイキングドーン(D)中8週
この馬は、これまでレースの1週前、最終追い切りと強めに追われてきている。そのあたりは毎回馬体が増えているので絞らなければならないということもあるのだろう。ただ、それがパドックでのイレ込みに影響しているところもあるように思う。この中間も、1週前追い切りの動きを見ると重い感じがあり、この様子だと今回も最終追い切りは強めに追わないとならなくなりそうな状況。馬体重を取るか、イレ込みを取るか輸送もあるので調整が難しくなりそう。

カントル(B)中4週
昨年のダービー馬ワグネリアンの弟で、10月のデビュー戦から月1走のペースでレースを使われ、その度に上昇曲線を描いているように感じる馬。特に前走時は、間隔が詰まっていた割に入念に乗り込まれていて、パドックでもこれまでで一番良い馬体に見えた。1週前追い切りではM.デムーロ騎手騎乗でほぼ馬なりのまま楽に抜き去る好内容で、動きは引き続き良い。

サトノラディウス(B)中4週
デビュー前からそれほど抜けて良い時計が出る馬ではないが、併せ馬で多く追い切られて乗り込み量十分でレースに使ってきている。前走は関西への輸送を考慮してか1週前に強めに追っていたが、今回は関東圏での競馬ということで1週前は馬なりでの調整。それでも外を回って良い時計が出ており、調整は順調。あとは、最終追い切りで強めに追って良い動きなら力は出せそう。

ヴァンケドミンゴ(A)3ヶ月
前走の葉牡丹賞時はややウルサイ面を見せていたが、馬体に関しては使われるごとに締まってきている様子で、悪い感じはしなかった。この中間は間隔も空いており、新馬戦時のような坂路中心の調教内容で、1週前に一杯に追われて先着している。輸送もあるので、最終追い切りが軽めで良い動きなら理想的。

シュヴァルツリーゼ(C)4ヶ月
かなり乗り難しそうなところがあり、調教では右回りだと内にササる面を見せる馬。新馬戦は、左回りの東京で枠が大外だったのでジョッキーは外に逃避しないように終始ガッチリと押さえたままで、大変だったと思う。まともに走ればかなり能力のある馬だと思うが、1週前追い切りでも直線で内にササる面を見せており、今回は右回りの中山で前走以上に気をつけて乗る必要がある。ジョッキーの手腕が試されるところでもあり、相手がどうこうというより、まず他馬の邪魔をしないように真っ直ぐ走らせることができるか。いずれにしてもジョッキーはかなり大変だと思う。

メイショウテンゲン(C)中3週
前走時のパドックでは落ち着きがない感じだった。この中間は、1週前にCWを長めから併せ馬で追い切りられて時計は悪くない。阪神のアルメリア賞にも登録があるが、こちらに出走してくるようだと初の長距離輸送でのレースで、前走時のようにイレ込むような面が出てしまうことも考えられる。

ラバストーン(F)連闘
先週連闘で出走しており、また連闘で出走してきてもまともに走れることはない。


【地方馬:1頭】

ナイママ(F)中2週
前走時は追い切りの動きもイマイチで、パドックを見てもトモの踏み込みに力強さがなかった。この中間も、時計と言えるほどの強い追い切りも行われていない感じで、上積みが期待できる状況ではない。



◇3月2日(土)阪神11R 第26回 チューリップ賞(3歳牝馬、G2、芝・外1600m)


【登録頭数:16頭】(フルゲート:18頭)

ダノンファンタジー(B)3ヶ月
休み明けのとなるこの中間は、3週前から速い時計を出しており1週前追い切りでは川田騎手騎乗で強めに追われている。霧で見にくかったものの重め感はなく、良い仕上がりで出走できそうな動きだった。

シェーングランツ(B)3ヶ月
前走時は美浦のPコースでの追い切りで、走り慣れていないコースだったからなのか体が浮き上がってしまいそうな走りで、しっかり地面を掴めていない感じだった。この中間は南Wでの調整に戻してきていて、1週前追い切りでは3頭併せの内で手応えも良く、仕上がりは良さそう。

メイショウショウブ(B)3ヶ月
前走時のパドックではもう少しトモに筋肉がついてほしい馬体だった。この中間は2週前、1週前とジョッキー騎乗でCWを長めから追われ好時計。仕上がりは良さそう。

アフランシール(A)3ヶ月
アルテミスSの時は調教では物足りない時計ばかりで、パドックでもトモが寂しく映り出来がイマイチだった。前走時は南Wで良い時計が出ていて、パドックでもイレ込む手前のかなり気合いの入った好馬体での周回だった。この中間は間隔にも余裕があり、時計もしっかり出ていて引き続き好調をキープできている感じ。

オーパキャマラード(C)中3週
11月から使い詰めできており、前走時のパドックではうるさい感じも出ていた。それでも1週前に強めに追われていて、これで直前馬なりで良い動きなら。

ココフィーユ(C)中3週
前走はプラス体重も、小柄な馬でトモも寂しく映った。輸送のある関西圏での競馬では不安材料が多い。

サムシングジャスト(B)4ヶ月
休み明けになるがかなりしっかり乗り込まれていて、良い時計も出ている。成長も窺え、最終追い切りでの動きが良ければ。

シゲルピンクダイヤ(C)4ヶ月
休み明けなのでもう少し乗り込んでいても良い気もするが、1週前追い切りでは坂路で終い伸びており、調教時計は悪くない。

シャドウディーヴァ(C)中1週
休み明けの前走を使われて中1週で競馬となる。前走時のパドックではまだ体が緩いように見えたので、前走を調教代わりと考えることもできる。今回は輸送もあるので、最終追い切りは馬なりで流す程度で十分。そこで良い動きを見せてくるようなら

タニノミッション(D)中6週
3週前の自己条件を使う予定だったが、ザ石で回避。その後は1週前に1本時計を出しているだけで、一頓挫の影響がありそう。

ドナウデルタ(C)中7週
ここ2戦重賞に挑戦するも物足りない内容。馬体は悪くないが、この中間も強めの追い切りが少なく、ビシビシ乗り込めるようにならないと上積みは期待できそうもない。

ノーブルスコア(B)中3週
紅梅S、エルフィンSと使われて間隔も詰っているのでこの中間は軽めの調整。前走時はややウルサイ感じも覗かせていたが、毛艶が冴え出来良く見せていた。最終追い切りは馬なりでも、動きが良ければ期待できそう。

ハニーウィル(E)中3週
前走未勝利勝ちも、デビューから休みなく使われてきていて馬体重もだんだん減ってきている。良い状態で出走するには厳しそう。

ブランノワール(B)中3週
前走は調教内容が良かったので◎にしたが、当日パドックで馬体を見たら踏み込みも浅く馬場も向きそうもない感じで不安になった記憶がある。レースでは、予想外にしっかり走ってくれて2着は確保。この中間は、1週前に坂路で好時計が出ていて状態は良さそう。前走の馬場よりも今回の馬場のほうが向きそうなので、前走以上の好走に期待したい。

ブリッツアウェイ(D)中1週
前走時は調教内容も良くパドックでは馬体も締まって良い状態に見えた。この中間は、中1週で軽めの調整。これ以上馬体は減らしたくないので、前走の状態を維持するので精一杯になりそう。

マルモネオフォース(C)中2週
2着が続いていたが前走で待望の初勝利。大きめの馬の割にトモが寂しく、この中間も強めの追い切りはなく相手が一気に強くなる今回。まだ厳しそう。


◇今回は弥生賞&チューリップ賞編でした。早いもので今年のクラシックに向けてのトライアル戦が今週から始まります。近年はトレセン以上に設備の整った外厩施設が多くなり、牧場で仕上げて本番に直接向かうという馬も多くなってきました。調教内容を重視して予想する立場からすると、牧場でどんなトレーニングを積んできたのか分からない面も多く、少ない調教時計や最終追い切りの動きを見て判断しなくてはならないケースも多くなってきているように感じています。それでも昔に比べれば使える情報はたくさんありますし、便利になっている部分もあります。これからはもっと情報が片寄っていく時代になっていくでしょうし、調教を参考に予想するにしても時計だけではなく馬を見る目や頭の柔らかさが大事になってくるような気がしています。そんな中でもきっちりと対応できるように心がけていきたいと考えています。

それでは次回、阪神大賞典&スプリングS編(予定)でお会いしましょう。


※弥生賞&チューリップ賞出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

サムシングジャストの口コミ


口コミ一覧

7/13中京8R、10R備忘録

 fedo_love 2019年7月13日() 22:52

閲覧 81ビュー コメント 0 ナイス 5

中京8R 3歳以上牝馬限定1勝クラス
【予想】
1モアナアネラ/浜中
6ミリオンドリームズ/木幡育
10サムシングジャスト/斎藤
11タンタラス/川田
→馬連ボックス計6組

【結果】
①タンタラス
②モアナアネラ

⑦ミリオンドリームズ
⑨サムシングジャスト

【的中】
馬連1-11💮 100×22.6

【振返り】
斤量にも恵まれた3歳馬で固めて投票。タンタラス、スタートはそれほどでも川田騎手に導かれて素早く内に進路を寄せ先手を取って絶妙の逃げ。最後まで脚を持たせて1着!2番手をいい手応えで走っていたエイシンゾーンを、残り100mくらいで捕らえた浜中騎手のモアナアネラも強かった!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

中京10R インディアトロフィー
【予想】
5アオイテソーロ/浜中
6ロフティネス/岩田望
8オノリス/川田
14ブラックウォーリア/和田
→馬連ボックス計6組

【結果】
①ブラックウォーリア
②アオイテソーロ
③ロフティネス
⑤オノリス

【的中】
馬連5-14💮 100×25.9

【振返り】
ブラックウォーリア、こちらもスタートはひと息だったけど和田騎手すぐに立て直して好位に。直線に向いて先頭に立って危なげなく、と思ったら飛んできた本日好調・浜中騎手のアオイテソーロ。だったが、最後にもうひと伸びしたブラックウォーリアも、また強かった。続けて馬連ゲット!ありがとうございます!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

明日は函館記念だけど、難しそうです。
今日のように、上手く他のレースを選択できれば、いいけどなぁ。

 ジュン☆彡 2019年4月27日() 22:36
スイートピーステークス予想
閲覧 100ビュー コメント 0 ナイス 3

2019年4月28日(日曜)
2回東京4日
11R スイートピーS
サラ系3歳 オープン
(国際)牝(指定) 馬齢
コース 1800m
芝・左 発走15:30
本賞金(万円)
:2000、800、500、300、200
付加賞(万円):28、8、4

①サムシングジャスト
13.3倍 (7番人気)
牝3 / 黒鹿
(1,1,0,3)
松山弘平(54.0) 松田国英(栗東)

②シングフォーユー
10.5 (4番人気)
牝3 / 鹿
(1,2,0,1)
田辺裕信(54.0) 牧光二(美浦)

③アフランシール
11.1 (5番人気)
牝3 / 鹿
(2,0,0,4)
鮫島克駿(54.0) 尾関知人(美浦)

④ウインメルシー
21.7 (9番人気)
牝3 / 鹿
(1,0,1,1)
横山武史(54.0) 鈴木伸尋(美浦)

⑤クールウォーター
5.9 (3番人気)
牝3 / 鹿
(1,0,1,0)
藤岡康太(54.0) 堀宣行(美浦)

⑥カレンブーケドール
4.7 (2番人気)
牝3 / 鹿
(1,1,1,1)
津村明秀(54.0) 国枝栄(美浦)

⑦セリユーズ
2.6 (1番人気)
牝3 / 鹿
(2,2,1,0)
石橋脩(54.0) 国枝栄(美浦)

⑧トロイメント
49.7 (11番人気)
牝3 / 青
(1,1,2,5)
内田博幸(54.0) 西浦勝一(栗東)

⑨ランペドゥーザ
96.6 (12番人気)
牝3 / 栗
(1,0,0,12)
江田照男(54.0) 高市圭二(美浦)

⑩シャワークライム
21.4 (8番人気)
牝3 / 黒鹿
(1,2,0,0)
大野拓弥(54.0) 田中剛(美浦)

⑪レッドアネモス
12.2 (6番人気)
牝3 / 鹿
(2,0,0,3)
石川裕紀人(54.0) 友道康夫(栗東)

⑫ラシェーラ
42.1 (10番人気)
牝3 / 鹿
(1,2,0,4)
D.レーン(54.0) 笹田和秀(栗東)

オッズは22:46現在

スイートピーSは12頭出走・・・

11番人気
⑧トロイメント
単勝52.4
複勝6.7-10.8

12番人気
⑨ランペドゥーザ
単勝114.5
複勝8.6-13.8

自分のPOG馬
不人気だなぁ~😅💦

まぁ単勝⑧と⑨
  複勝⑧と⑨
  ワイド⑧-⑨
  馬単⑧-⑨BOXの
  計7点の穴馬券🐴🎫
  買っときます~👍
   

[もっと見る]

 Roger 2019年3月2日() 00:22
チューリップ賞 適性指数&能力指数
閲覧 127ビュー コメント 0 ナイス 2

■R-INDEX(レース適性指数)
1.①ダノンファンタジー 154
2.⑥シェーングランツ 99
3.⑤メイショウショウブ 86
4.③ブランノワール 68
5.⑦ノーブルスコア 67
6.⑬シゲルピンクダイヤ 66
7.②マルモネオフォース 63
8.⑧ブリッツアウェイ 43
9.➉アフランシール 42
10.⑫ドナウデルタ 37

■D-INDEX(距離能力指数)
1.①ダノンファンタジー 124
2.⑥シェーングランツ 119
3.⑪サムシングジャスト 106
4.⑬シゲルピンクダイヤ 105
5.⑧ブリッツアウェイ 104
6.➉アフランシール 98
7.③ブランノワール 95
8.⑤メイショウショウブ 92
9.⑦ノーブルスコア 91
10.⑫ドナウデルタ 89
   *斤量・右回り・直線坂での補正数値

去年は人気上位4頭の指数が抜けていて結果も同じでしたが、17年は
R指数3位のミスパンテール(7番人気)が抜けた1-2番人気に割って入り中穴ゲット!
今年は人気2頭が両指数とも抜けていて堅そうですがシェーングランツは
脚質的にも3-4着もあり得るので今年のミスパンテール探し( ´艸`)
候補はD指数上位のサムシングジャストとブリッツアウェイ
前者は格上挑戦2戦後の休養での成長力と鞍上の瞬発力の引き出しに期待
後者は全戦前目でレースしているがペース次第では中団に付けても面白そう
馬場状態見極めて最終ジャッジの予定

■今のところ馬券候補
1着候補・・・①ダノンファンタジー
2着候補・・・⑥シェーングランツ、③ブランノワール、⑧ブリッツアウェイ
3着候補・・・⑤メイショウショウブ、⑦ノーブルスコア、⑪サムシングジャスト

[もっと見る]

⇒もっと見る

サムシングジャストの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

サムシングジャストの写真

サムシングジャスト
サムシングジャスト

サムシングジャストの厩舎情報 VIP

2019年7月13日3歳以上1勝クラス9着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

サムシングジャストの取材メモ VIP

2019年7月13日 3歳以上1勝クラス 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。