今週の重賞レース

2022年10月1日( シリウスS G3
2022年10月2日( スプリンターズS G1

札幌記念 G2

日程:2022年8月21日() 15:45 札幌/芝2000m
ウマニティ会員登録(無料)



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 B タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 2 4

ジャックドール

牡4 57.0 藤岡佑介  藤岡健一 516(+8) 2.01.2 4.6 3 37.3 ③④③②
2 2 3

パンサラッサ

牡5 57.0 吉田豊  矢作芳人 470(-6) 2.01.2 クビ 3.3 2 37.7 ①①①①
3 5 9

ウインマリリン

牝5 55.0 松岡正海  手塚貴久 488(+12) 2.01.4 1 1/2 13.6 5 37.4 ③③③③
4 6 12

アラタ

牡5 57.0 横山武史  和田勇介 464(-2) 2.01.5 クビ 85.6 12 36.9 ⑥⑥⑥⑥
5 5 10

ソダシ

牝4 55.0 吉田隼人  須貝尚介 478(+2) 2.01.8 1 3/4 3.3 1 37.5 ⑤⑤⑤③
6 3 6

グローリーヴェイズ

牡7 57.0 C.ルメー  尾関知人 462(--) 2.01.8 クビ 7.0 4 37.0 ⑨⑧⑦⑦
7 8 16

アンティシペイト

牡5 57.0 横山和生  国枝栄 502(+6) B 2.01.9 1/2 28.8 7 36.9 ⑭⑬⑩⑦
8 4 8

フィオリキアリ

牝5 55.0 鮫島克駿  清水久詞 458(+8) 2.02.1 138.4 13 36.8 ⑪⑪⑫⑩
9 7 13

レッドガラン

牡7 57.0 岩田康誠  安田隆行 518(0) 2.02.1 クビ 32.3 9 37.0 ⑩⑩⑩⑨
10 4 7

ハヤヤッコ

牡6 57.0 池添謙一  国枝栄 474(-6) B 2.02.4 1 3/4 29.1 8 36.6 ⑮⑮⑮⑬
11 7 14

ユーバーレーベン

牝4 55.0 M.デムー  手塚貴久 498(--) 2.02.6 1 1/4 18.7 6 36.8 ⑮⑮⑮⑩
12 6 11

ユニコーンライオン

牡6 57.0 坂井瑠星  矢作芳人 528(+12) 2.03.2 3 1/2 52.4 11 39.5 ②②②③
13 3 5

サトノクロニクル

牡8 57.0 斎藤新  池江泰寿 482(+10) B 2.03.2 アタマ 365.4 16 38.3 ⑧⑧⑦⑩
14 8 15

ケイデンスコール

牡6 57.0 古川吉洋  安田隆行 470(-4) 2.03.6 2 1/2 284.3 14 38.1 ⑪⑪⑬⑮
15 1 2

アイスバブル

牡7 57.0 水口優也  池江泰寿 472(-6) 2.03.6 クビ 322.9 15 38.8 ⑥⑥⑦⑬
16 1 1

マカヒキ

牡9 57.0 武豊  友道康夫 510(0) 2.04.6 50.0 10 39.0 ⑬⑬⑭⑯
ラップタイム 12.6 - 10.9 - 12.0 - 12.1 - 11.9 - 12.2 - 11.8 - 12.4 - 12.6 - 12.7
前半 12.6 - 23.5 - 35.5 - 47.6 - 59.5
後半 61.7 - 49.5 - 37.7 - 25.3 - 12.7

■払戻金

単勝 4 460円 3番人気
複勝 4 180円 3番人気
3 170円 2番人気
9 310円 5番人気
枠連 2-2 940円 3番人気
馬連 3-4 930円 3番人気
ワイド 3-4 410円 3番人気
4-9 1,090円 12番人気
3-9 800円 7番人気
馬単 4-3 1,880円 7番人気
3連複 3-4-9 4,190円 11番人気
3連単 4-3-9 15,210円 37番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:341,579人(09月30日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

馬場
予想

【札幌記念2022特集】内~中を回る馬が優位!道中外、直線も外の待機勢には厳しいコンディション!

【札幌記念2022特集】内~中を回る馬が優位!道中外、直線も外の待機勢には厳しいコンディション!

土曜日の札幌芝のレース結果、近年の札幌記念の結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

週前半の大雨や土曜日の明け方に降った雨の影響を受け、芝コースは稍重(JRA発表)でスタート。その後の変更はなく、稍重発表のまま土曜日の開催を終えた。

札幌記念と同じ芝2000mで行われた富良野特別(1勝クラス)は2分4秒9の決着。今回と同様にCコースを使用していた(昨年は富良野特別も札幌記念もAコースを使用)、一昨年の勝ち時計は2分0秒9。それゆえに、速い時計が出づらいコンディションだったことが窺い知れる。

日曜日開催中の予報は晴(21日8時の時点)。だが、それなりに力を要する馬場コンディションであることに変わりはない。道中外から追走、直線も外という待機勢は、よほどの力量差や展開利がないと、体力的に不利と考えるべきだろう。

となれば、最後の直線における進路はどうあれ、道中は馬場の内~中を回り、なおかつスムーズに加速可能な位置を確保できそうな馬を優先すべき。内~中枠(1~5枠あたり)から、そういう競馬ができれば言うことはない。

脚質は土曜日こそ前優勢だったが、日曜日は含水率低下が進み、風向きも変わる。ただでさえ、A→Cコース替わりで末脚の要求度がアップする札幌芝コース。先行型に固執せず、柔軟なスタンスで構えたほうが、好結果につながりやすいのではないか。

血統的には過去5年の札幌記念を参考にすると、父もしくは母の父にヴァイスリージェント系種牡馬を持つ馬が好調。該当馬不在の2017年を除けば、毎年少ない出走馬のなかからコンスタントに2着連対圏を確保している。今回も条件を満たす馬には相応の警戒が必要だろう。

今年の出走メンバーで、血統面および先述した馬場傾向(1~5枠)の要点をクリアしているのは、①マカヒキ、⑦ハヤヤッコ、⑩ソダシ。よって当欄では、この3頭を注目株として推奨する。

【馬場予想からの注目馬】
マカヒキ ⑦ハヤヤッコ ⑩ソダシ
プロ
予想

【札幌記念2022特集】ソダシに黄色信号!?単勝マイスター「夢月」×「スガダイ」の札幌記念注目馬大公開!

【札幌記念2022特集】ソダシに黄色信号!?単勝マイスター「夢月」×「スガダイ」の札幌記念注目馬大公開!

プロ予想MAXが誇る予想神「スガダイ」×単勝スペシャリスト「夢月」が札幌記念を大展望!トッププロ予想家のハイレベルトークをお届けいたします!

出演:スガダイ(予想神) 夢月(単勝スペシャリスト) MC:岡田大(ウマニティ編集長)

スガダイなどプロ予想家の予想を見る

調教
予想

【札幌記念2022特集】ソダシがトップ評価!ウインマリリンも差なく続く!-追い切りチェック(最終版)

【札幌記念2022特集】ソダシがトップ評価!ウインマリリンも差なく続く!-追い切りチェック(最終版)

日曜日に行われる札幌記念の出走馬の追い切りについて、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

①マカヒキ【C】
函館芝併走。安定したフォームで走れている反面、重心の高さが目につき、躍動感という点ではひと息。直線で一瞬いい反応を示すも、結局ジリ脚で終わってしまった。この馬なりに仕上げは進んでいるのかもしれないが、調教観点的に評価は上げづらい。

②アイスバブル【C】
札幌ダ単走。前肢こそしっかりと上がっていたものの、首の可動域が狭く、鞍上の合図に対する反応も薄い。攻め駆けしないタイプとはいえ、2着に激走した昨年の函館記念の中間時は、それなりに活気のある動きを見せていた。当時ほどのデキにはないように思える。

③パンサラッサ【B】
函館芝単走。手前替えでモタついたが、この馬にはよくあること。手前を替えてからは、キビキビとしたフットワークでテンポ良く駆けた。絶好調には至らないまでも、稽古の気配自体は決して悪くない。警戒を怠れない1頭だ。

④ジャックドール【B】
函館芝単走。さほど負荷をかけず、馬任せに近い内容ながら、集中力は十分。体も大きく使えている。直線で手前を左に替えた際、若干走りづらそうにしていた点は気になるも、それを除けば動きの質は非常に高い。軽くは扱えない存在だ。

⑤サトノクロニクル【C】
函館芝単走。脚さばきは悪くないのだが、首の動きが硬く、重心も高い。それも影響してか、進みが遅いようにも映る。終始舌を出しているのも気になるところ。定量G2で好勝負を見込めるほどのデキにあるかといえば疑問符が付く。

⑥グローリーヴェイズ【B】
札幌芝併走。直線を向いた際に手前がすんなりと替わらなかったことや、ゴール直前で手前を戻した点は割引。ただ、緩い馬場を苦にすることなく、四肢はスムーズに動いていた。万全には至らないまでも、ひと追いごとに調子は上向いてきている。

⑦ハヤヤッコ【B】
函館芝併走。手前がチグハグになりがちなのは相変わらず。ただ、きちんと折り合いはついていたし、体も大きく使えている。脚元の動きも悪くなく、概ね自身のパフォーマンスは示している印象。この馬なりに順調だろう。

⑧フィオリキアリ【C】
函館W単走。四肢の回転こそまずまずだが、首を上手に使えておらず、全体的に硬さが残っているようにも映る。それもあってか、弾けそうで弾け切れない印象。前回からの上り目はうかがえず、状態維持が精一杯のように感じる。

⑨ウインマリリン【A
札幌芝単走。しまい重点の内容ながら、終始リラックスした走り。首の使い方が上手で、手前替えもスムーズ。地面をしっかり掴めているし、鞍上のステッキに対する反応も良かった。元来調教映えする馬ということを考慮しても、気配の良さは目を引くものがある。好ムード。

⑩ソダシ【A
函館芝併走。コーナーでハミを噛む面が見られたものの、制御はしっかり利いていたので問題ないだろう。きちんとタメを作って、メリハリのある走りができているし、抜け出したあともソラをほぼ使っていない。うまく鞍上とのコンタクトが取れている様子。上々の仕上がり。

⑪ユニコーンライオン【B】
函館W併走。前回の中間時に見られた硬さが薄れつつあり、行きっぷりも良くなった。四肢の回転鋭く、手前替えもスムーズ。ラストで脚勢が弱まるなど、良化の余地は残しているが、実戦を使って状態が上向いているのも事実。展開や馬場が向けば、面白い存在になるかもしれない。

⑫アラタ【C】
函館W単走。後肢の蹴りは力強いのだが、頭の位置が高く、推進力を上に逃すような走りに。首周辺の発汗も目につき、この馬らしいキビキビとした爽快な動きは最後まで見られなかった。まだまだ良化余地を残している感を受ける。

⑬レッドガラン【B】
函館芝単走(映像なし)。これまでの稽古やレースでの走りをみるに、洋芝はそれなりにこなせそう。中間内容の字面も悪くない。それだけに追い切りの動きを確認できないのは残念。当日の気配を注視すべき1頭といえる。

⑭ユーバーレーベン【B】
札幌芝併走。追い出す際の反応が薄く映るが、そもそも瞬時にグンと加速するタイプではなく、この馬とすれば平常運転の範囲内。3頭併せの真ん中で集中を切らさず、安定したフォームを維持していた点は評価できる。まずまずの仕上がり具合ではないか。

⑮ケイデンスコール【C】
函館芝併走(映像なし)。動きを確認できないため、判断に悩ましいが、字面を見る限りは前回よりもデキが大きく劣るということなさそう。手前の関係や距離適性など懸念材料が少なくないゆえ、当欄の判定はCにとどめておくが、当日の気配次第では見直しの余地があるかもしれない。

⑯アンティシペイト【B】
札幌芝併走。やや首の動きに安定感を欠くものの、脚さばきには力感があり、折り合いもついている。鞍上の仕掛けに対する反応も悪くなく、この馬なりにいい気配を保っている印象。あとは今回のメンバーとの力関係だけ。

【調教予想からの注目馬】
A判定は2頭。トップは⑩ソダシとする。当該週追い切りにおけるメリハリのきいた走りをみるに、仕上がりはかなり良さそう。あとは当日、パドックからゲート入りまでの移行をすんなりできれば。

差のない2番手に⑨ウインマリリン。上下の連動性が高いフォーム、そして力強い脚さばきが印象的。乗り込み量の不足もなく、いい雰囲気でレースに臨むことができそうだ。

<注目馬>
ソダシ ⑨ウインマリリン

追い切りニュース

追い切りニュースをもっと見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:341,579人(09月30日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

厩舎
の話

【札幌記念2022特集】ジャックドール「いい状態できている」ユーバーレーベン「太め感はない」

【札幌記念2022特集】ジャックドール「いい状態できている」ユーバーレーベン「太め感はない」

アイスバブル・山下助手「流れに乗った競馬ができれば、もう少しやれていい」

アラタ・吉田厩務員「距離は2000メートルぐらいがいい。胸を借りるつもりで」

アンティシペイト・国枝師「札幌は得意で条件的に申し分ない。展開がかみあえば」

ウインマリリン・手塚師「状態はだいぶアップしている。小回りコースもいいので、あとは良馬場でやりたい」

グローリーヴェイズ・尾関師「ルメール騎手の感触は良かった。休み明けでも力を出せるところまでいっている」

ケイデンスコール・石井助手「(古川吉)ジョッキーが乗って手応えは良かった。調教で折り合いもつくので、2000メートルが駄目とは思わない」

サトノクロニクル・森澤助手「今回もいい状態で出せそうです。洋芝への適性はあると思う。8歳でも衰えていない」

ジャックドール・藤岡師「いい状態できている。脚質的にも小回りは合っている」

ハヤヤッコ・国枝師「前走は内枠で馬場も悪かったのである程度積極的に行った。メンバーが強くなるのでそこがどうかだね」

フィオリキアリ・清山助手「前走は不完全燃焼。2000メートルのほうが競馬がしやすい」

マカヒキ・大江助手「道中で流れに乗れるかどうかですね。タフな展開になってくれれば」

ユニコーンライオン・福岡助手「パワーはあるので、適度に時計がかかる馬場が理想ですね」

ユーバーレーベン・手塚師「太め感はない。今週のひと追いでさらに気持ちが入ってくれば」

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

データ
予想

【札幌記念2022特集】5項目で減点なしはハヤヤッコ、ウインマリリン、ソダシ、ユーバーレーベン、アンティシペイトの5頭

【馬齢】

札幌で行われた直近9回(2012、2014~2021年)における1~3着馬の馬齢を確認すると、3歳から8歳まで幅広い。一方、6~8歳の馬券絡み(3着以内)は、前走から3カ月未満の間隔で臨んだ馬に限られる。その点には注意を払いたい。

(減点対象馬)
①マカヒキ ⑥グローリーヴェイズ ⑬レッドガラン ⑮ケイデンスコール

【性別】

札幌で行われた直近9回の性別成績は、牡・せん馬【5.8.6.86】、牝馬【4.1.3.14】。3着以内率では、後者が上回っている。ただし、複勝圏入りを果たした牝馬はすべて重賞ウイナー。重賞未勝利の牝馬は疑ってかかるべきだろう。

(減点対象馬)
⑧フィオリキアリ

【前走大敗馬】

札幌施行の直近9回、前走2ケタ着順から巻き返して複勝圏入りした馬は3頭。いずれも前走でG1戦に出走していた。前走が非G1戦、かつ10着以下に敗れていた馬の深追いは避けたほうがよさそうだ。

(減点対象馬)
②アイスバブル ⑤サトノクロニクル ⑪ユニコーンライオン ⑮ケイデンスコール

【前走馬体重】

前走の馬体重(前走が海外戦かつ未計量だった馬は直近の計量されていたレース)については、牡・せん馬が474キロ以上、牝馬は466キロ以上がひとつの目安。札幌施行の直近9回、この条件を満たしていなかった馬は、いずれも3着以下に敗れている。

(減点対象馬)
⑤サトノクロニクル ⑥グローリーヴェイズ ⑧フィオリキアリ ⑫アラタ

【前走4角通過順位】

札幌で行われた直近9回における1~2着馬延べ18頭は、前走の最終4角通過順位(前走が海外戦で未発表の馬は直近の国内戦)が2番手以降だった点で共通する。先頭でラストの直線に入っていた馬は強調しづらい。

(減点対象馬)
③パンサラッサ ④ジャックドール

【データ予想からの注目馬】
上記5項目で減点がないのは、⑦ハヤヤッコ、⑨ウインマリリン、⑩ソダシ、⑭ユーバーレーベン、⑯アンティシペイトの5頭。

最上位には⑩ソダシを挙げたい。札幌施行の直近9回、前走国内G1組は【4.5.6.21】と主力を形成。なかでも芝マイルG1の優勝歴を持っていた牝馬は【3.0.2.0】という、ハイパフォーマンスを示している。引き続き要警戒の存在だ。

同じく前走国内G1組の⑨ウインマリリンを次位に。以下、⑦ハヤヤッコ、⑭ユーバーレーベン、⑯アンティシペイトらが続く。

<注目馬>
ソダシ ⑨ウインマリリン ⑦ハヤヤッコ ⑭ユーバーレーベン ⑯アンティシペイト

このレースの傾向やデータをもっと見る

U指数
予想

【札幌記念2022特集】穴ならハヤヤッコ、軸ならグローリーヴェイズが狙い目!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

スーパーG2とも言われる夏競馬一のビッグレースで、毎年のようにハイレベルなメンバーが集まる一戦。そんな背景もあって、低指数馬の激走はあまり見られない。直近5年は毎年3位以内の馬が馬券に絡んでおり、2018年、2019年は3位以内の2頭がワンツーを、2020年は3位以内の3頭が上位3着を独占した。今年も、U指数上位勢を外した馬券の組み立ては考慮しないほうがいいだろう。2020年2着のペルシアンナイト(3位、6番人気)のような、人気妙味のある馬をうまく引っ掛けたいところだ。

今年の大注目はトップの評価を受けている⑦ハヤヤッコ(102.2)。芝の実績はG1馬たちに大きく劣るが、U指数は意外なほどこの馬に高い数値を与えた。2位に2.2の指数差を付けている“淒馬”でもあるので、買わないわけにはいかない。人気的にもかなり面白い狙い目だ。

馬券の軸にふさわしそうなのは2位の⑥グローリーヴェイズ(100.0)。国内外での実績は文句なしで、休み明けを苦にしない点も頼もしい。ルメール騎手を配してきたあたりに、陣営の本気度の高さもうかがえる。

以下、連勝ストップから立て直して巻き返しを期す3位④ジャックドール(99.5)、展開の鍵を握る快速馬の4位タイ③パンサラッサ(98.6)を押さえておきたい。

【U指数予想からの注目馬】
ハヤヤッコ ⑥グローリーヴェイズ ④ジャックドール ③パンサラッサ

出走予定馬のU指数をチェックする

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:341,579人(09月30日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

血統
予想

【札幌記念2022特集】ハービンジャーが躍進、グラスワンダーやDeputy Ministerの血脈も好相性を示す

【札幌記念2022特集】ハービンジャーが躍進、グラスワンダーやDeputy Ministerの血脈も好相性を示す

近年はハービンジャー産駒の躍進ぶりが目に留まり、18年3着モズカッチャン、19年1着ブラストワンピース、20年1着ノームコア、20年2着&21年3着ペルシアンナイトと産駒初出走時から少なからず1頭以上が毎年3着以内に好走してきた。デインヒルの直系という観点で見れば、かつては01年エアエミネム、04年ファイモーションと直仔2頭も勝ち馬として名を連ねており、この系統自体を評価しやすい傾向も見受けられる。

また、父系ではグラスワンダーの直系も出走した5頭すべてが5着以内と底を見せておらず、直仔アーネストリーが10年に勝利するほか、昨年はスクリーンヒーロー産駒のマイネルウィルトスが11番人気4着と二ケタ人気で健闘。ほか、18年1着サングレーザー、20年1着ノームコア、21年1着ソダシなど、クロフネを筆頭に父または母の父にDeputy Minister系種牡馬を配された馬も存在感を示す。

ハヤヤッコは、父キングカメハメハ×母マシュマロ(母の父クロフネ)。昨年の勝ち馬ソダシは従妹にあたるが、同馬は父と母の父を入れ替えた配合となるため、配列以外の血統構成すべてが一致する。なお、父の産駒は好走率こそ高くないものの、17年には人気薄でワンツー、出走した4頭が1・2・3・5着で入線する偏りを見せた。母の父も20年ノームコアを出した実績があり、直近2年の勝ち馬を引き合いに出しやすい血統には一目置きたい。

ジャックドールは、父モーリス×母ラヴァリーノ(母の父Unbridled’s Song)。同産駒は札幌記念に初出走となるものの、好相性を示すグラスワンダーの直系であり、父自身も16年に2着と好走している。本馬は破竹の5連勝でリステッド、G2まで手中に収めた実績をぞんざいに扱えず、G1初挑戦となった前走大阪杯でも自分の競馬に徹して5着と善戦。ストライドの大きさからもカーブの緩い札幌は合いそうで、仕切り直しの一戦としても要注目。

ウインマリリンは、父スクリーンヒーロー×母コスモチェーロ(母の父Fusaichi Pegasus)。同産駒は16年2着モーリス、21年4着マイネルウィルトスと出走した2頭が揃って上位争い。本馬は牝馬として33年ぶりに日経賞を制した偉業が光り、オークス・2着を筆頭にG1戦線でも力があるところを示してきた。前走宝塚記念は7着と復調気配にあるが、ネックとなっている肘の状態もよいとのことで、資質からも勝ち負けとなって不思議ないはず。

【血統予想からの注目馬】
ハヤヤッコ ④ジャックドール ⑨ウインマリリン

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

乗り変わり
勝負度

【札幌記念2022特集】さまざまなプラス要素を揃えた実力馬が北の大地で真価を発揮!

【札幌記念2022特集】さまざまなプラス要素を揃えた実力馬が北の大地で真価を発揮!

編集部(以下、編) 本日は夏競馬の頂上決戦、札幌記念が行われます。

新良(以下、新) 今年もこの日がやってきましたね。

編 G1馬が5頭出走し、さらには白毛対決もあり、注目度は満点です。

新 そうですね。ただ、私は白毛対決というよりは、ソダシ包囲網が敷かれるのではないかという点に注目しています。

編 ソダシ包囲網?

新 はい。ソダシは昨年のこのレースを制したときのように、前に行って粘り込みたいタイプですが、今年は強力な逃げ・先行勢が揃いましたので、思うような競馬をさせてもらえないとみているんです。

編 なるほど。パンサラッサにジャックドールは、なんとしても逃げたいタイプですしね。

新 もしかすると、パンサラッサと同じ厩舎のユニコーンライオンも、アシスト役に回るかたちで先手を主張してくるかもしれません。

編 そうなると、ソダシにとっては厳しい展開に……。

新 なるのではないかと思っています。いずれにせよ、こういった面々が仲良く折り合う可能性は低いので、ペースが上がってタフなレースになることは間違いないでしょう。

編 確かに、行った行ったですんなり決まるイメージはわかないですね。

新 そこで注目したいのが、スミヨン騎手からルメール騎手に乗り替わる⑥グローリーヴェイズです。

編 おお、今回は展開予想ありきで狙い目の乗り替わりにたどり着いたと。

新 はい。グローリーヴェイズにとって2000mはやや短いかもしれませんが、スタミナが問われるタフな展開になることで、距離不足を補えると思っています。展開を味方につければ、上位争いに加わってくるはずです。

編 香港でG1を2つ勝っている実績が示す通り、能力はトップクラスですしね。

新 右回りの平坦コースが超得意というのも強調材料です。

編 札幌は初参戦ですが、条件的に対応できると?

新 この馬の戦績を振り返ればわかるように、左回りと坂のあるコースではややパフォーマンスを落としますが、平坦右回りになると走りが一変します。洋芝がどうこうという次元ではないと思いますので、まったく心配はしていません。

編 さあ、展開利と高い適性が見込めるなかで、鞍上はルメール騎手です。

新 これだけの実績を残してきたシルクの関東馬に初騎乗というのは珍しいパターンですが、これまでは同じレースでほかにお手馬がいただけ。今回はようやく順番が回ってきたというのが、実際のところでしょう。

編 シルク陣営としても、満を持してという感じですかね。

新 まさにそんなところでしょう。ルメール騎手における札幌芝2000mは2019年以降、勝利数、勝率ともにトップに立っている得意舞台ですので、不安は皆無に等しいと思います。

編 展開、適性、鞍上のコース実績と、条件は揃いました。

新 ルメール騎手はまだ今年は重賞を1つしか勝っていませんが、バカンス明けの先週で勘を取り戻し、今週こそは大暴れしてくれるのではないでしょうか。

編 終わったみたら、ルメールここにあり、という結果になっていると。

新 そうなってほしいです。大好きな札幌開催の目玉レースで、輝きを取り戻してもらいましょう。

【乗り変わり勝負度からの注目馬】
グローリーヴェイズ
過去10年の結果

【札幌記念2022特集】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2021年8月22日() 札幌/芝2000m
天候:曇 馬場:
札幌記念2021
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 13 ソダシ 吉田隼人 1:59.5 3.8 2 35.4 101.8
2 4 ラヴズオンリーユー 川田将雅 1:59.6 3/4 1.9 1 35.1 101.2
3 7 ペルシアンナイト 横山武史 1:59.6 アタマ 28.2 8 35.2 101.2
4 3 マイネルウィルトス 団野大成 1:59.9 1 3/4 65.8 11 35.2 99.4
5 12 ブラストワンピース 岩田康誠 2:00.0 3/4 12.3 3 35.9 98.8
2020年8月23日() 札幌/芝2000m
天候:晴 馬場:
札幌記念2020
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 1 ノームコア 横山典弘 1:59.4 3.7 2 34.5 102.0
2 2 ペルシアンナイト 大野拓弥 1:59.6 20.6 6 34.5 100.8
3 6 ラッキーライラック M.デムーロ 1:59.8 1 1/2 1.9 1 35.5 99.6
4 10 ポンデザール C.ルメール 2:00.0 1 1/4 8.9 3 35.3 98.4
5 9 イェッツト 横山武史 2:00.0 クビ 33.0 10 34.5 98.4
2019年8月18日() 札幌/芝2000m
天候:晴 馬場:
札幌記念2019
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 1 ブラストワンピース 川田将雅 2:00.1 4.7 3 34.9 103.8
2 10 サングレーザー 岩田康誠 2:00.1 クビ 7.8 4 35.6 103.8
3 9 フィエールマン C.ルメール 2:00.3 2.3 1 34.9 102.7
4 12 ワグネリアン 福永祐一 2:00.3 クビ 3.7 2 35.9 102.7
5 11 ペルシアンナイト M.デムーロ 2:00.4 1/2 17.7 5 35.4 102.1

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【札幌記念2022特集】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2016年の優勝馬ネオリアリズム
2016年の優勝馬ネオリアリズム

毎年のようにG1並みの豪華メンバーが揃う真夏の頂上決戦。G2昇格初年度の第33回(1997年)を名牝エアグルーヴが制し、翌年の第34回を連覇。第35回(1999年)のセイウンスカイ、第38回(2002年)のテイエムオーシャン、第40回(2004年)のファインモーション、第43回(2007年)のフサイチパンドラ、第50回(2014年)のハープスターなど、G1馬による勝利は枚挙にいとまがなく、特に牝馬が圧倒的な存在感を誇っている。第52回(2016年)の勝ち馬ネオリアリズムは、ここをステップに大きく飛躍し、翌年の香港のクイーンエリザベス2世カップを制して海外G1馬となった。

歴史と概要をもっと見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:341,579人(09月30日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

札幌記念特集 バックナンバー

トップへ