会員登録はこちら
札幌記念 G2   日程:2018年8月19日() 15:45 札幌/芝2000m

レース結果

札幌記念 G2

2018年8月19日() 札幌/芝2000m/16頭

本賞金:7,000万 2,800万 1,800万 1,100万 700万


レコード:1分58秒6
天候:
馬場:稍重



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 1 2

サングレーザー

牡4 57.0 福永祐一  浅見秀一 488(+2) 2.01.1 5.2 2
2 3 5

マカヒキ

牡5 57.0 C.ルメー  友道康夫 506(+6) 2.01.1 ハナ 4.3 1
3 8 15

モズカッチャン

牝4 55.0 M.デムー  鮫島一歩 484(--) 2.01.1 アタマ 6.9 4
ラップタイム 12.5 - 10.4 - 11.5 - 12.1 - 12.6 - 12.4 - 12.0 - 12.6 - 12.5 - 12.5
前半 12.5 - 22.9 - 34.4 - 46.5 - 59.1
後半 62.0 - 49.6 - 37.6 - 25.0 - 12.5

■払戻金

単勝 2 520円 2番人気
複勝 2 200円 3番人気
5 190円 2番人気
15 230円 4番人気
枠連 1-3 1,170円 2番人気
馬連 2-5 1,330円 1番人気
ワイド 2-5 620円 1番人気
2-15 890円 8番人気
5-15 730円 5番人気
馬単 2-5 2,820円 4番人気
3連複 2-5-15 3,590円 4番人気
3連単 2-5-15 16,590円 13番人気

札幌記念のニュース&コラム

【次は買い】札幌記念13着ミッキースワロー
★札幌記念・3番人気13着 《レース》マルターズアポジーが逃げた前半5F59秒1の流れは速く、中団後ろのインでじっくり脚をためていた。ところが直線で両サイドから絞られ、内から進路を横切られる不利もあった。1度もトップギアに入れられず大敗。雰囲気が良かっただけに残念な内容だった。 《次走ポイント》「直線で渋滞してしまったからね」と菊沢調教師が言うように、少しでもスペースが開けば差して上位争いできたかもしれない。中山巧者なので、産経賞オールカマー(9月23日、中山、GII、芝2200メートル)に出走してくれば黙って買い! (東京サンスポ・片岡)★19日札幌11R「札幌記念」の着順&払戻金はこちら
2018年8月20日(月) 11:31

 1,102

【札幌記念】内グイッとサングレーザー!
 第54回札幌記念(19日、札幌11R、GII、3歳上オープン国際(特指)、定量、芝2000メートル、1着本賞金7000万円 =出走16頭)福永祐一騎乗で2番人気のサングレーザーが、中団追走から直線で馬群を割って伸びてマカヒキをハナ差で制して重賞3勝目を挙げた。タイム2分1秒1(稍重)。3着はモズカッチャン。次走は未定も、秋は天皇賞(10月28日、東京、GI、芝2000メートル)が視野に入っている。 果敢なチャレンジで満点の答えを出した。マイルから2000メートルへ舞台を替えたサングレーザーが、直線でわずかな隙間を突いて馬群を一刀両断。持ち味の豪脚でダービー馬マカヒキをハナ差退け、未来が大きく開ける貴重な1勝を挙げた。 「勝ったかなとは思ったけど、頭の上げ下げだったから分からなかった。直線は1頭分のスペースに馬がひるまず突っ込んで前に出てくれた。この距離で強い相手に勝ち切れたし、今後の選択肢が広がった」 確信は持てなかったが、福永騎手は浅見調教師らに迎えられると、小さく拳を握り、喜びを爆発させた。 「馬体が成長してフォームが変わったことで、折り合い面も良くなったし、2000メートルでももつかなと思った」と主戦が進言し、挑戦に至った。若い頃はハミに頼る走り方だったが、バランスのいい走法になり、中距離でもリズムのいい追走が可能に。「手応えがずっと良くどこをさばくか…」。直線はスペースができるまで冷静に待つことができた。 馬主の(株)G1レーシング代表の吉田正志氏は「際どいところだったけど、馬に力があったから勝てた」と感慨深げ。秋については、未定ながら「視野が広がりましたね。もちろん天皇賞・秋も選択肢に入ります。ずいぶん力を付けましたが、100%じゃない。まだ良くなる可能性がある。GIを目指していきたい」と目標を掲げた。 「きょうは(他馬を)威嚇するくらい元気が良くやる気に満ちていた」と福永騎手が笑みをこぼす。曇天の札幌で“華麗なる転身”に成功したサングレーザーが、マイル&中距離界のチャンピオンへ-。秋には最大のミッションが待っている。(板津雄志)★19日札幌11R「札幌記念」の着順&払戻金はこちらサングレーザー 父ディープインパクト、母マンティスハント、母の父デピュティミニスター。青鹿毛の牡4歳。栗東・浅見秀一厩舎所属。北海道安平町・追分ファームの生産馬。馬主は(株)G1レーシング。戦績15戦7勝。獲得賞金3億1299万9000円。重賞は2017年GIIスワンS、18年GIIマイラーズCに次いで3勝目。札幌記念は浅見秀一調教師が初勝利、福永祐一騎手は11年トーセンジョーダンに次いで2勝目。馬名は「太陽の近くをかすめるように通る彗星」。
2018年8月20日(月) 05:10

 893

【札幌記念】マカヒキ、“らしさ”見せた2着
 第54回札幌記念(19日、札幌11R、GII、3歳上オープン国際(特指)、定量、芝2000メートル、1着本賞金7000万円 =出走16頭)後方2番手を進んだ一昨年のダービー馬マカヒキは、昨年のジャパンC4着以来の復帰戦で2着。馬群の大外を回して直線で急追したが、勝ち馬に内をすくわれハナ差敗れた。1番人気には応えられなかったが、久々にこの馬らしさを見せた。 ルメール騎手は「馬がいい気持ちで走ってくれました。さすがマカヒキという走り」とたたえ、「休み明けとこの馬場(稍重)で最後は疲れてしまったね」とねぎらった。友道調教師は「(勝ち馬とは)走った距離も違うし、馬場ももう少しよければね。ただ、オッというところは見せてくれた」と納得の表情。今後は天皇賞・秋に直行する。★19日札幌11R「札幌記念」の着順&払戻金はこちら
2018年8月20日(月) 05:08

 842

【札幌記念】モズカッチャン、最速上がりも3着
 第54回札幌記念(19日、札幌11R、GII、3歳上オープン国際(特指)、定量、芝2000メートル、1着本賞金7000万円 =出走16頭)昨年のエリザベス女王杯の勝ち馬モズカッチャンは、上がり最速の3ハロン36秒0の末脚で3着まで追い上げた。道中は最後方を追走し、直線でも進路を切り替えながらの厳しい競馬。M・デムーロ騎手は「外枠はきつかったね。全然いいところ(進路)がなくて、残り100メートルでようやく(外に)出せた。よく頑張った」と唇をかんだ。★19日札幌11R「札幌記念」の着順&払戻金はこちら
2018年8月20日(月) 05:08

 705

札幌記念のニュースをもっと見る >

【札幌記念】ドバイ以来も好仕上がり!クロコスミア12秒5
 ドバイターフ7着以来のエリザベス女王杯2着馬クロコスミアは、勝浦騎手が跨がり札幌芝コースで単走。水分をたっぷり含んだ重い馬場も苦にせず、ラスト1F12秒5としっかり伸びた。 「体はできているので、けさはソフトな調整。動きは良かったし、430キロ台で出走できると思う。成績も示すように渋った馬場は問題ないし、ハナにもこだわらない。勝浦騎手もこの馬のことはよく知っているからね」と、北添助手は密かに逆転を期待している。(夕刊フジ)★札幌記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年8月16日(木) 11:59

 839

【札幌記念】厩舎の話
 アイトーン・五十嵐調教師「テンから飛ばしてしっかりと追った。出ムチを入れてでもハナへ」 アストラエンブレム・小島調教師「先週しっかりやったので軽め。雨でもノメらなかった」 ゴーフォザサミット・蛯名騎手「いい調整ができている。古馬相手でもいい走りをしてほしい」 サウンズオブアース・藤岡佑騎手「予定どおりきている。衰えている感じはまったくない」 サクラアンプルール・池上助手「前走より息づかいが良くなった。順調にきているし、食べてくれているから調整が楽」 サングレーザー・浅見助手「順調にきている。切れ味のある馬なので馬場は乾いてほしい」 スズカデヴィアス・橋田調教師「しっかりとした動き。涼しくなって馬が元気になってきた」 スティッフェリオ・丸山騎手「状態はすごくいい。輸送もあるし、これで体も軽くなると思う」 ナイトオブナイツ・池添兼調教師「芝でいい併せ馬ができた。この相手でどこまで頑張れるか」 ネオリアリズム・渡辺助手「身のこなしや手前の替え方が良化した。今週のひと追いと輸送でちょうど良くなると思う」 マイスタイル・田中勝騎手「前に行く馬が多いから流れを見ながら。胸を借りるつもりでいく」 マカヒキ・ルメール騎手「走りのバランスも息づかいもいい。長い休み明けでもコンディションは良さそう」 マルターズアポジー・柴田善騎手「うまく調整できた。緩い馬場も大丈夫だし、自分の競馬で」 ミッキースワロー・菊沢調教師「時計はこれで十分。チップが重いなか、よく走れていた」 モズカッチャン・鮫島調教師「先週は少しオーバーワークだったが、問題はない。動きもいい」★札幌記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年8月16日(木) 11:58

 1,469

【札幌記念】マカヒキ、鋭伸12秒2!天皇賞へ結果出す
 JRAでこの夏最大のレース、札幌記念(19日、札幌、GII、芝2000メートル)の追い切りが15日に行われた。注目を集める一昨年のダービー馬マカヒキ(栗東・友道康夫厩舎、牡5歳)は、札幌競馬場の芝コースで復活を思わせるシャープな動き。9カ月ぶりのブランクを感じさせない力強さで、万全の態勢を整えた。 ギアが上がったのは直線のわずか1ハロン程度。ダービー馬の威厳を示すのはそれで十分だ。マカヒキが雨が降りしきる札幌の芝コースを力強いストライドで疾走し、ラスト1ハロン12秒2(4ハロン52秒8)をマーク。鞍上のルメールにも、パートナーが奏でる力強い蹄音が心地よく響いた。 「すごくいい状態で、すごくうれしくなった。走りのバランスも息遣いもいい。ハミを取ったらスーッと伸びて、いい気持ちでした。馬上で幸せを感じていたよ。長い休み明けですけど、コンディションは良さそう」 昨年のジャパンC4着後に左第1趾節種子骨剥離骨折を発症。9カ月のブランク明けとなるが、症状は軽度で宝塚記念でも復帰できたくらい。天皇賞・秋(10月28日、東京、GI、芝2000メートル)から逆算しての始動戦で、栗東トレセンと函館競馬場でしっかり乗り込んで札幌入りした。友道調教師も順調な仕上がり具合にうなずく。 「函館での1週前追い切りが(6頭併せで)実戦のような形になったのが、ちょうど良かった。あれで競馬の勘が戻ったのかも。久々に騎乗したルメールも『力強くなっている。リズムも良かったし問題ない』と言っていた。1回使えばさらに良くなるだろうけど、始動戦としては10割のデキで出せると思う」 一昨年にダービーを勝った当時より体つきが筋肉質になったぶん、「今は2000メートルくらいが一番力を発揮しやすい。良馬場で(末脚が)切れる馬だけど、パワーがついた今なら道悪でもこなせると思う」とトレーナーは明かす。 昨春はフランス遠征の疲れが尾を引いたが、秋以降は体調面も回復。長期休養明けの今回もデキは良好だ。それは友道師の言葉にも表れている。 「次につながる競馬は当然だけど、好結果もほしいと思っているよ」 2016年のニエル賞後、2年近く勝ち星から遠ざかっているマカヒキにとって、1勝が最高の良薬。秋の大舞台の前に、北の大地でダービー馬の復活祭だ。 (板津雄志)★札幌記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★板津がミタ この馬の好調時を示すのは仕掛けてからの反応、加速の鋭さだと思う。3歳秋のフランス遠征による疲れが残っていたという昨春あたりは、追い切りでゴーサインが出されたときに少し鈍さを感じた。 だが、今回は骨折による9カ月の休み明けでも、最終追い切りで本来の俊敏さを披露。ルメール騎手が軽く仕掛けただけで、ストライドがグンと伸びていた。芝4ハロン52秒8は時計的に目立たないが、見た目では十分に合格点だ。 そもそも、1週前追い切り(函館芝5ハロン62秒7)で強めの負荷をかけて、当該週は“静”の調整というのが友道厩舎のパターン。いつも通りの調教が実践できたのは順調にきている証拠だろう。あとはレース勘だけ。こればかりはやってみないと分からないが、現時点での雰囲気は良く、上位の印を考えている。
2018年8月16日(木) 05:11

 1,075

【札幌記念】マカヒキ・ルメールトーク
 JRAでこの夏最大のレース、札幌記念(19日、札幌、GII、芝2000メートル)の追い切りが15日に行われた。注目を集める一昨年のダービー馬マカヒキ(栗東・友道康夫厩舎、牡5歳)は、札幌競馬場の芝コースで復活を思わせるシャープな動き。9カ月ぶりのブランクを感じさせない力強さで、万全の態勢を整えた。 --最終追い切りの感触を 「動きはとても良かった。走りのバランスも息遣いもいい。ハミを取ったらスーッと伸びて、気持ちが良かった。長い休み明けでもコンディションは良さそう」 --水分を含んだ洋芝での走りは 「時計が速い馬場の方がいいタイプだけど、今朝の馬場でも問題なかったよ。道悪でも大きなストライドで走れていた。それに札幌の馬場はそんなに悪くなっていない。クッションが良く、馬場(芝)も深くないから」 --札幌芝2000メートルの舞台について 「中山の弥生賞を勝っている馬。札幌と中山の芝2000メートルは同じようなコース形態だから、マカヒキにとって難しいとは思わない」 --昨年の大阪杯4着以来のコンビ。抱負を 「休み明けなので競馬にいってどうかだけど、ダービー馬だから絶対に能力がある。状態が良ければ勝てる馬です」★札幌記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年8月16日(木) 05:10

 1,516

札幌記念の直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


札幌記念の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

8月19日 15:43更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv125 
190円 1,900円
Lv110 
190円 190円
Lv110 
16,590円 33,180円
Lv106 
1,330円 26,600円
Lv105 
190円 19,000円

的中情報をもっと見る >

札幌記念過去10年の結果

2017年8月20日() 札幌競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 サクラアンプルール 蛯名正義 2:00.4 19.9倍 102.5
2着 ナリタハリケーン 藤岡康太 クビ 68.1倍 102.5
3着 ヤマカツエース 池添謙一 1 1/2 2.7倍 101.4
2016年8月21日() 札幌競馬場/芝2000m 天候: 馬場:稍重
2015年8月23日() 札幌競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 ディサイファ 四位洋文 1:59.0 11.1倍 102.3
2着 ヒットザターゲット 小牧太 アタマ 29.8倍 102.3
3着 ダービーフィズ 岩田康誠 アタマ 9.6倍 102.3

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

札幌記念のデータ分析とレース傾向

コース図札幌芝2000m

前走クラス別では、G1組(国内外問わず)が攻勢。2008年以降の3着以内30頭のうち、半数の15頭を占めている。高額賞金かつ定量戦のスーパーG2だけに、前走で使われていたレースの格が結果に直結しやすい。前走レース別では、2008年以降4勝を含む7連対の函館記念組が主力を形成。ただし、函館記念の1~2着馬は不振で、当レースが函館開催だった2013年を除くと連対馬はなんとゼロ。つまり、函館記念組であれば凡走後の巻き返しを狙うのがセオリーとなる。舞台となる札幌芝2000mは、最初のコーナーまでの距離が385mとやや長めで、ペースが落ち着きやすく、最後の直線で決め手比べになることも多い。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

札幌記念の歴史と概要


2016年の優勝馬ネオリアリズム

毎年のようにG1並みの豪華メンバーが揃う真夏の頂上決戦。G2昇格初年度の第33回(1997年)を名牝エアグルーヴが制し、翌年の第34回を連覇。第35回(1999年)のセイウンスカイ、第38回(2002年)のテイエムオーシャン、第40回(2004年)のファインモーション、第43回(2007年)のフサイチパンドラ、第50回(2014年)のハープスターなど、G1馬による勝利は枚挙にいとまがなく、特に牝馬が圧倒的な存在感を誇っている。第52回(2016年)の勝ち馬ネオリアリズムは、ここをステップに大きく飛躍し、翌年の香港のクイーンエリザベス2世カップを制して海外G1馬となった。

歴史と概要をもっと見る >

札幌記念の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年12月15日(
ターコイズステークス  G3
2018年12月16日(
朝日フューチュリティ  G1

競馬番組表

2018年12月15日(
5回中山5日目
4回中京5日目
5回阪神5日目
2018年12月16日(
5回中山6日目
4回中京6日目
5回阪神6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
92,522万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
86,512万円
3 レイデオロ 牡4
73,559万円
4 オジュウチョウサン 牡7
55,899万円
5 スワーヴリチャード 牡4
54,047万円
6 マカヒキ 牡5
48,298万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 ファインニードル 牡5
47,828万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
72,022万円
2 ワグネリアン 牡3
36,086万円
3 ステルヴィオ 牡3
27,773万円
4 エポカドーロ 牡3
27,016万円
5 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
6 フィエールマン 牡3
17,886万円
7 ケイアイノーテック 牡3
17,668万円
8 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
9 ルヴァンスレーヴ 牡3
16,344万円
10 エタリオウ 牡3
14,754万円
» もっと見る