マイラプソディ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
マイラプソディ
マイラプソディ
写真一覧
現役 牡3 青鹿毛 2017年2月9日生
調教師友道康夫(栗東)
馬主株式会社 キーファーズ
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 6戦[3-0-0-3]
総賞金6,215万円
収得賞金2,600万円
英字表記My Rhapsody
血統 ハーツクライ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
アイリッシュダンス
テディーズプロミス
血統 ][ 産駒 ]
Salt Lake
Braids and Beads
兄弟 ヒシエレノア
前走 2020/05/31 東京優駿 G1
次走予定

マイラプソディの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/05/31 東京 11 東京優駿 G1 芝2400 1871487.7119** 牡3 57.0 横山典弘友道康夫500(-4)2.25.2 1.135.4⑰⑭コントレイル
20/04/19 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 1861222.6713** 牡3 57.0 武豊友道康夫504(-4)2.02.2 1.536.6⑫⑫⑧⑨コントレイル
20/02/16 東京 11 共同通信杯 G3 芝1800 9881.514** 牡3 57.0 武豊友道康夫508(-2)1.50.3 0.734.3⑥⑦⑦ダーリントンホール
19/11/23 京都 11 京都2歳S G3 芝2000 9881.511** 牡2 55.0 武豊友道康夫510(+10)2.01.5 -0.335.9⑦⑦⑤ミヤマザクラ
19/09/14 阪神 9 野路菊S OP 芝1800 5111.111** 牡2 54.0 武豊友道康夫500(-2)1.47.4 -0.833.4グランスピード
19/07/07 中京 5 2歳新馬 芝2000 10551.811** 牡2 54.0 武豊友道康夫502(--)2.06.0 -0.134.0⑦⑦⑧⑧ルリアン

マイラプソディの関連ニュース

 ★栗東・友道厩舎の動向は以下の通り。大阪杯11着マカヒキ(牡7)は、札幌記念(8月23日、札幌、GII、芝2000メートル)へ。安田記念6着アドマイヤマーズ(牡4)は、マイルCS(11月22日、阪神、GI、芝1600メートル)が目標。その前に富士S(10月24日、東京、GII、芝1600メートル)か、スワンS(10月31日、京都、GII、芝1400メートル)を挟む。天皇賞・春4着ユーキャンスマイル(牡5)は、ジャパンC(11月29日、東京、GI、芝2400メートル)が目標で、その前にひと叩きする方針。ヴィクトリアM9着ビーチサンバ(牝4)は、クイーンS(8月2日、札幌、GIII、芝1800メートル)へ。日本ダービー9着マイラプソディ(牡3)は、神戸新聞杯(9月27日、中京、GII、芝2200メートル)を視野に。14着ヴァルコス(牡3)は、セントライト記念(9月21日、中山、GII、芝2200メートル)から菊花賞(10月25日、京都、GI、芝3000メートル)の予定。

 ★大沼S1着ダンツゴウユウ(栗・谷、牡6)は、エルムS(8月9日、札幌、GIII、ダ1700メートル)に向かう。

オブライエン師が会見でエネイブル絶賛「素晴らしい」 2020年7月3日(金) 04:40

 世界的なトップトレーナーであるA・オブライエン調教師(50)=愛=が、エクリプスステークスに向けて会見を行った。管理するジャパンはGI2勝をマーク。4着だった前走のプリンスオブウェールズSは「ペースが速く、今シーズン最初のレースだったことも重なり、最後の1ハロンは少し疲れてしまった」と分析。続けて「前走よりもいい走りを見せてくれると思う」と力を込めた。同馬は、昨年の京都2歳S勝ち馬マイラプソディなどを所有するキーファーズの勝負服で挑む。

 最強牝馬エネイブルについては、「彼女のような馬を走らせることは大きなプレッシャー。陣営が現役続行を決断したことは、とても素晴らしいことです」と話した。

[もっと見る]

【ラジNIK賞】レース展望 2020年6月29日(月) 17:32

 いよいよ本格的な夏競馬が始まる。今週から開幕の福島では日曜メインに3歳限定のハンデGIII、ラジオNIKKEI賞(7月5日、芝1800メートル)が行われる。

 まだキャリアが浅い3歳馬たちのハンデ戦だけに今年も混戦が予想されるが、連勝中のパラスアテナ(美浦・高柳瑞樹厩舎、牝)はハンデ52キロなら注目できる。デビューからの2戦でダートを使われて惜しい競馬をしていたが、3戦目で芝に転じると2着馬に5馬身差をつけて圧勝した。続くカーネーションCもクイーンC3着の実績がある2着馬に1馬身3/4差をつけて快勝。牡馬相手の重賞でも通用する能力は秘めている。1年ぶりの福島への参戦となる武豊騎手とのコンビで重賞初制覇なるか。

 同じく連勝中のルリアン(栗東・佐々木晶三厩舎、牡)はハンデ54キロ。叔父にフサイチコンコルドアンライバルドなどがいる良血馬だ。キャリアは3戦とメンバー中でも浅いほうだが、唯一負けた相手がのちに京都2歳Sを勝ったマイラプソディで、0秒1差の2着と差のない競馬をしている。素質馬が3連勝で重賞勝利を狙う。

 トップハンデの56.0キロを背負うキメラヴェリテ(栗東・中竹和也厩舎、牡)は昨年のGIII北海道2歳優駿以来の勝利を目指す。ダービーを痛恨の除外となった後は古馬相手のGIII鳴尾記念に挑戦したが、出遅れて自分の競馬ができず15着に終わった。3歳馬相手のこのレースなら力は上位。持ち前の先行力を生かしたレースぶりに期待したい。

 美浦・堀宣行厩舎の2頭、無傷の3連勝を目指す良血グレイトオーサー(牡)=ハンデ54キロ=と、ジュニアC3着の実績があるサクラトゥジュール(牡)=同54キロ=や、3か月ぶりの実戦で勝利を挙げたパンサラッサ(栗東・矢作芳人厩舎、牡)=同54キロ=などにも要注意だ。

ラジオNIKKEI賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【日本ダービー】コントレイルが史上7頭目の無敗2冠 2020年6月1日(月) 04:59

 76年ぶりの無観客開催となった日本ダービーが31日、東京競馬場で18頭によって争われ、福永騎乗で1番人気のコントレイルが3馬身差で圧勝。2005年の父ディープインパクト以来となる史上7頭目の無敗2冠を達成した。生産者の(株)ノースヒルズ・前田幸治代表は今秋、菊花賞(10月25日、京都、GI、芝3000メートル)に向かうことを明言した。2着は2番人気のサリオス、3着には10番人気のヴェルトライゼンデが入った。

 ◇

 静寂のターフに、衝撃的な航跡を描いた。追いすがるライバルは誰もいない。コントレイルが3馬身差の圧勝で、2005年の父ディープインパクト以来となる無敗2冠制覇を飾った。

 「きれいな横綱相撲でした。いや、本当に強いですね。ファンの方がいなかったのは残念でたまりませんが、馬をほめてやりたいと思います」

 矢作調教師は、その圧勝劇を手放しでたたえた。好スタートから前半は3番手を追走。向こう正面でマイラプソディが奇襲のまくりを仕掛けてもリズムを崩さずにスパートの好機を待ち、残り1ハロンで馬場の真ん中から堂々と先頭へ。外から追い上げてきたサリオスを逆に突き放し、栄光のゴールへと飛び込んだ。

 トレーナーにとってダービーは、2012年ディープブリランテ以来の2勝目。当時は3番人気で追いかける立場だったが、今回は単勝1・4倍のプレッシャーが重くのしかかった。それでも「この緊張を楽しめるのは俺しかいない」と腹をくくって臨んだ。検量室前では殊勲の人馬を拍手で出迎え「疲れました。うれしいというより、肩の荷が下りました」と笑みを浮かべた。

 世代の頂点までの道のりは、決して平坦ではなかった。生まれつきの球節の弱さを抱え、1歳暮れから半年間ほど全く乗り込めない時期があった。本格的な調教を開始してからはまだ1年しか経過していないだけに、「底が知れない。完成がいつとは言えない」と指揮官は無限の可能性を強調する。

 秋は国内に専念し、菊花賞(10月25日、京都、GI、芝3000メートル)で父と同じく無敗での3冠達成へ。父子3冠制覇となれば、日本競馬史上初の大偉業だ。未知の3000メートルにも「一回一回、ぼくの想像を超えてくる。(レースが)終わるごとに距離への自信が深まっていくし、きょうの折り合いをみても大丈夫でしょう」と矢作師に不安はない。

 世代7262頭の頂点に立ったコントレイル。父ディープインパクトの最高傑作として、来年は世界へと羽ばたくだろう。新型コロナ禍と戦う日本を明るく照らした“飛行機雲”は、どこまでも伸び続ける。(漆山貴禎)

コントレイル 父ディープインパクト、母ロードクロサイト、母の父アンブライドルズソング。青鹿毛の牡3歳。栗東・矢作芳人厩舎所属。北海道新冠町・(株)ノースヒルズの生産馬。馬主は前田晋二氏。戦績5戦5勝。獲得賞金4億7259万8000円。重賞は2019年GIII東スポ杯2歳S、GIホープフルS、20年GI皐月賞に次いで4勝目。日本ダービー矢作芳人調教師が12年ディープブリランテに次いで2勝目、福永祐一騎手は18年ワグネリアンに次いで2勝目。馬名は「飛行機雲」。

ディープインパクト産駒…2018年(ワグネリアン)、19年(ロジャーバローズ)に続く3年連続勝利。通算6勝はトウルヌソル、サンデーサイレンスに並んで最多。

★同一種牡馬によるダービー3連覇…シアンモア(1933年カブトヤマ、34年フレーモア、35年ガヴアナー)、サンデーサイレンス(98年スペシャルウィーク、99年アドマイヤベガ、00年アグネスフライト)に続く3回目。

★無敗のダービー馬…コントレイルの父ディープインパクトが05年に達成して以来15年ぶり11頭目。無敗で皐月賞との2冠を達成した馬もディープインパクト以来で7頭目。

★払戻金…馬連(5)-(12)270円、ワイド(5)-(12)170円、馬単(5)→(12)350円(いずれも1番人気)はダービー史上の式別最低払戻金額。

★キャリア5戦目での勝利…17年(レイデオロ)以来で5頭目。これは96年(フサイチコンコルド)の3戦目に次ぐ2位タイ。

★売り上げ…日本ダービーの売り上げは233億5390万2100円で、前年比92・3%となった。今年の平地GIは10レース目だったが、無観客競馬の影響もあって前年比減はオークスに続いて8レース目となった。前年比増は高松宮記念ヴィクトリアマイルの2レース。



★31日東京11R「ダービー」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【日本ダービー】レースを終えて…関係者談話 2020年6月1日(月) 04:55

 ◆坂井騎手(サトノインプレッサ4着)「折り合い良く、有力馬を見ながら運べました。直線も馬群を縫って伸びてくれました」

 ◆和田騎手(ディープボンド5着)「馬はさらに良くなっていた。最後もバテていないし、この先が楽しみ」

 ◆川田騎手(ガロアクリーク6着)「すごくいい馬で、これからさらに良くなってくると思います。着順以上に頑張っています」

 ◆石川騎手(ブラックホール7着)「距離が2400メートルに延びて、この馬の良さが出た」

 ◆ルメール騎手(ワーケア8着)「3~4コーナーからコントレイルの後ろの位置取りでちょうど良かったが、4コーナーからの手応えが違った。瞬発力勝負でこの馬のスタミナを生かせなかった」

 ◆友道師(マイラプソディ9着)「見せ場はあったし、最後まで頑張って走り切ってくれた」

 ◆津村騎手(ビターエンダー10着)「ゲートを出て1、2歩目につまずいて予定していたレースができなかった」

 ◆武豊騎手(サトノフラッグ11着)「道中の感じは悪くなかったが、勝ったときの末脚がなかった」

 ◆松山騎手(コルテジア12着)「自分の形で競馬ができたが、最後に甘くなったのは距離が影響したのかも」

 ◆M・デムーロ騎手(ダーリントンホール13着)「直線は一瞬、頑張ったけど、その後は走りがバラバラになってしまった」

 ◆三浦騎手(ヴァルコス14着)「この枠((17)番)で外を回らされた。これから良くなると思います」

 ◆石橋騎手(レクセランス15着)「スタートは出たけど、行き切れなかった。左回りの走りはスムーズだった」

 ◆北村友騎手(マンオブスピリット16着)「まだ緩いところがあるので、これから良くなると思う」

 ◆田辺騎手(ウインカーネリアン17着)「スタートがすごく速かったのでハナへ。距離が長かったかもしれませんね」

 ◆浜中騎手(アルジャンナ18着)「この馬なりに一生懸命走っている」



★31日東京11R「ダービー」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【日本ダービー】“テン乗り”横山典騎乗のマイラプソディは9着 友道師「最後までがんばって走り切ってくれた」 2020年5月31日() 19:55

 5月31日の東京11Rで行われた第87回日本ダービー(3歳オープン、牡・牝、GI、芝2400メートル、定量、18頭立て、1着賞金=2億円)は、福永祐一騎手騎乗の1番人気コントレイル(牡、栗東・矢作芳人厩舎)が皐月賞に続き無敗2冠制覇。2017年に生まれたサラブレッドたち7262頭の頂点に立った。タイムは2分24秒1(良)。



 “テン乗り”となった横山典弘騎手騎乗のマイラプソディは、向正面でスローペースと見るや、後方2番手から一気にポジションを上げてハナに立ち、そのまま押し切りを図るも力尽きて9着に終わった。



 ◆友道康夫調教師「見せ場はあったし、きょうは最後までがんばって走り切ってくれましたね。距離が少し長かったかもしれないので、今後は路線も含めて考えていきたい」



★【日本ダービー】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

マイラプソディの関連コラム

閲覧 2,076ビュー コメント 1 ナイス 5

オークスデアリングタクトが無敗での2冠を達成。レース前にはかなりイレ込みが見られ、道中の位置取りも戦前に思い浮かべたものとは違っていたかもしれない。それでもキッチリ勝ち切ったところに価値がある。松山騎手も上手く乗れなかったという趣旨の発言をしていたが、もともとこの馬にとって2400mは、「上手く乗りづらい条件」でもあったと思う。そんな状況下でも結果を出したのは見事といって良い。いよいよ無事に夏を越せば、無敗での3冠も見えてきそうだ。

一方、デアリングタクト以外の桜花賞上位勢は軒並み失速。タフな馬場でのレースはそれなりにダメージの残るものだったかもしれない。そう考えると、より一層デアリングタクトの2冠は価値がある。

その中で健闘を見せたのが別路線を歩んだ”ウイン”の2頭。ウインマリリンは持ち味の立ち回りの上手さ、そして操縦性の高さを生かした好走だったが、何より横山典騎手の誘導が見事だった。道中は外からスッとインに入れると、直線もラチ沿いで我慢し、スマイルカナとラチの間を突いて伸びて来た。恐らくこういう騎乗を期待されていたのだとは思うが、それをテン乗りで見事に、一見すると容易くやり遂げてしまうところが凄い。同時に、この立ち回りの上手さは、秋華賞でも怖い存在になるかも…と思わせるものだった。

3着ウインマイティーも和田騎手らしいファイト溢れる騎乗が目立った。和田騎手は高松宮記念でのクリノガウディーの降着などもあったが、大一番では常に警戒すべきジョッキー。今回も持ち味を出し切り、馬の能力を最大限に引き出した。


〜穴馬には2つのパターンがある

さて、唐突だが穴馬にはものすごく大雑把に分類すると2つのパターンがあると思う。

1、気づかれていないが実は強かった
2、何らかの条件に恵まれた

先週のオークスでいえば2〜3着馬は確かに立ち回りが上手く行った面もあるかもしれないが、何より思われているよりも強かったということだろう。ウインマリリンフローラS勝ち馬、3着ウインマイティーは忘れな草賞の勝ち馬。まだキャリアが浅く短期間で成長する若い馬の場合は、往々にしてこういうケースがあり得る。

1のパターンでわかりやすいのは昨年の2着だったカレンブーケドールオークス時点では単勝94.1倍、12番人気という低評価だったが、その後の戦績を見れば実は強かったのだ。

一方、2のパターンは、例えば明らかに馬場に恵まれた、展開に恵まれたといったようなケースだ。今週末行われる日本ダービーでいえば、例えば2年前のコズミックフォース、5年前のサトノラーゼン、6年前のマイネルフロストなどは、明らかに恵まれた好走だったと思う。その後の戦績を見ても、ダービーで好走した戦績にふさわしい活躍をしたとは言い難いからだ。昨年のロジャーバローズがどちらだったかはその後引退してしまったのでわからないが、どちらかといえば2のパターンだったように思う。

誤解のなきよう書くが、だから価値がないというわけではない。ただ、どちらかといえばオークスの穴馬は、1のような「実は強かったパターン」が多く、ダービーでの穴馬は2のような「恵まれたパターン」が多いということだ。


〜ダービーは”恵まれた馬”が穴をあけるレース

というわけで、今週末はいよいよ日本ダービーだが、やはりこれまでの歴史を振り返っても、”恵まれたパターン”の馬を狙い撃つべきではないか? そして、その恵まれの最大要因こそが、枠順である。

ロジャーバローズは1枠1番、コズミックフォースは4枠7番、サトノラーゼンは1枠1番、マイネルフロストは2枠3番。すべて内枠だったのだ。

「そんなの知ってる」

と言われそうだが、わかっていてもなお、やはり内枠が良い、それが近年の日本ダービーということである。ちなみに6番人気以下で馬券に絡んだ馬のうち真ん中より外枠だったのは、2012年に14番枠から7番人気の低評価を覆し3着に好走したトーセンホマレボシが最後だ。以後、同人気で3着以内に入った4頭はすべて真ん中より内枠、そのうち3頭までは1〜3番枠だった。

2011年のウインバリアシオン、2007年のアサクサキングス、古くは1992年のライスシャワーのように、ダービーにおいても「実は強かった」という1のパターンも散見されるが、立ち回り戦になることが増えた近年のダービーは、そういう馬に夢を見るよりも、セコセコと内を回ってくるようなタイプを買った方が良い歴史は物語っている。

そんなことを考えているタイミングでちょうど手元のスマートフォンにダービーの枠順確定の連絡が来たのだが、内枠に入れば…と考え狙っていたウインカーネリアンは大外枠、ヴァルコスは17番枠、マイラプソディは14番枠と揃いも揃って外に行ってしまった。

逆に内枠に入ったのは、1番枠サトノインプレッサ、2番枠アルジャンナ、3番枠ワーケア、4番枠レクセランス、5番枠コントレイル、6番枠ヴェルトライゼンデ…。

心情的にはそれでも外枠に入った「買いたかった馬たち」を狙いたいのだが、過去の傾向に沿うならば、やはりその気持ちを抑えて内枠の馬を狙うべきなのだろう。

能力上位でかつ内枠に入ったコントレイルはともかくとして、それ以外なら、やはり3番枠のワーケアが怖い、というのを一応の結論としたい。ワーケアは穴馬じゃないじゃん、ってことならば、3枠6番に入ったヴェルトライゼンデでどうだろう。東京はあまり合うイメージがないが、今思えばマイネルフロストだってとても合いそうもなかったのだし、そんなことよりも内枠に入ることが大事というレースなのかもしれない。

日本ダービーの結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2020年5月28日(木) 16:00 覆面ドクター・英
日本ダービー・2020
閲覧 3,063ビュー コメント 0 ナイス 11



オークスは本命を打ったデアリングタクトは、人気でも予想通り強かったですし、2着のウインマリリンまでは良かったのですが、3着ウインマイティーが道悪要員と考えていたので……。忘れな草賞勝ち馬は、昔は重要でも最近は以前ほどではないと軽視したのが、やはり失敗でした。和田騎手の前で長く脚を使わせる騎乗も巧かったですしね。ただ馬連・馬単が結構ついたのはありがたく、2番人気11着デゼル、3番人気15着クラヴァシュドール、4番人気7着ミヤマザクラあたりを軽視できたところが奏功しました。ダービーは3連単でビシッと当てられるよう頑張ります。


<全頭診断>
1番人気想定 コントレイル:4戦全勝で、ここ2戦はホープフルS、皐月賞とG1を連勝している。前走は、福永騎手にしては珍しく、大胆というか大雑把な外を回す騎乗であっさり勝っており、力が上ということを分かっての騎乗か。別路線の強豪も現れず、連勝は止まらなそうで、ここも最有力。

2番人気想定 サリオス:前走皐月賞ではコントレイルに半馬身競り負けたが、朝日杯FS勝ち馬で距離不安を指摘されながらの好走。「いざ得意の東京で」と今回は巻き返しに気合いの入るところだろうが、相手は強く、逆転はないのでは(コントレイルさえいなければ・・・というタイプで、毎度善戦するも勝てずというタイプになりそう)。

3番人気想定 サトノフラッグ:弥生賞勝ちで臨んだ皐月賞では2番人気5着といまひとつ。あまり速い脚を使う感じではなく、ここは人気で評価を下げるべきタイプか。今年は弥生賞のレベルが低かったと思われ、皐月賞5着というのは妥当な位置づけなのでは。

4番人気想定 ワーケア:ホープフルS3着、レベルが低かったとみられる既出の弥生賞2着と人気で消して妙味か。デビュー前後は大物と言われていたが、人気先行で正直そう強い馬でないのでは。

5番人気想定 ヴェルトライゼンデ:ホープフルSでコントレイルの2着だったが、相手は持ったままの楽勝。そして皐月賞では8着と、上位陣とは少し差があるとみる。前走時は正直、もう少しやれるかと見ていたが。馬場のせいだったのかもしれないが、今回消して妙味か。

6番人気想定 ガロアクリーク皐月賞3着で美味しい馬券を運んでくれたが、上位2頭とは3馬身半の差。逆転は厳しそうだが、キンシャサノキセキ産駒だからとなめられそうでまた3着は十分ありえる存在。母父キングマンボで距離は問題なくこなせそう。軽い馬場のスピード勝負なら引き続きやれて良く、ここも人気を落としての妙味があるのでは。

7番人気想定 アルジャンナ:東スポ杯2歳Sはコントレイルの2着だったが、相手は5馬身差の楽勝。その後、きさらぎ賞3着、毎日杯2着とそれなりに頑張ってはいるが、大駆けはあまり期待できなさそう。

8番人気想定 ビターエンダー:あまりレベルの高くなかったプリンシパルS勝ち馬で、皐月賞での先行して14着を見ても実力が足りない。

9番人気想定 ダーリントンホール皐月賞は6着までだったが、共同通信杯勝ちがあるように“大箱”で巻き返しがあるかもしれない存在。調教もよく、穴で期待できる。

10番人気以下想定
サトノインプレッサ:NHKマイルCは多頭数の外枠など色々大変だったにせよ惨敗で、この距離になって激走ということもないのでは。

ディープボンド京都新聞杯では断然人気のアドマイヤビルゴを倒したが、皐月賞が10着だったように今年の京都新聞杯のレベルは高くなかった。

ヴァルコス:大物感のないノヴェリスト産駒という点が残念な感じはあるが、母母がウインドインハーヘア(ディープインパクトの母)でもあり、この距離が得意な友道厩舎の育成もあり、ここで通用するだけの力があるのでは。

コルテジアきさらぎ賞勝ち馬だが、皐月賞で7着と力落ちる。

マイラプソディ:昨秋は、新馬勝ちに続いてオープンの野路菊S、京都2歳Sと3連勝したが、共同通信杯4着、皐月賞13着と下降。最近、増えてきた早い時期から走るが、すぐしぼむハーツクライ産駒では。

ウインカーネリアン皐月賞では17番人気という人気薄で4着と激走したがフロックでなく、じわじわ力をつけてきた感じがあって、再度の好走も期待できる。

レクセランス:すみれS勝ち直後の皐月賞では11着と惨敗で、スタートが良くなかったにしても逆転は期待薄。

マンオブスピリット京都新聞杯2着馬だが、まだ幼い感じがあり良くなるのは秋か。

ブラックホール:札幌2歳S勝ち馬だが、その後はぱっとしない感じで激走は期待できず。


<まとめ>
皐月賞上位馬+青葉賞最先着(2着)の馬で決着するのではとの枠順確定前(本稿執筆時点)での見立て。あとは京都新聞杯1、2着馬が食い込んでくるか程度では(食い込んでこない可能性の方が高いと思うが)。

最有力:コントレイル(相当な不利など無ければ、この相手には負けないのでは)

ヒモに:サリオスガロアクリーク

穴で:ヴァルコスウインカーネリアンダーリントンホール

[もっと見る]

2020年5月27日(水) 17:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2020日本ダービー(東京優駿)
閲覧 2,648ビュー コメント 0 ナイス 12



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


5月31日(日)東京11R 第87回日本ダービー東京優駿) (3歳G1・芝2400m)


【登録頭数:23頭】(フルゲート:18頭)


<優先出走馬>

ヴァルコス [動きA時計A] 中3週 (新馬480キロ→前走498キロ)
青葉賞からの中3週となるが、この中間も2週前、1週前、そして間の日曜日と本数をかなり乗られている。前走の疲れを心配するどころか、前走を使われての上積みが期待できそうな内容。1週前追い切りも素軽さが出て、前走時以上に良い動きに見えた。

ウインカーネリアン [動きD時計B] 中5週 (新馬476キロ→前走484キロ)
今年に入って使い詰めできていて、今回は中5週と間隔には余裕あり。ただ、単走馬なりでの追い切りばかりで、疲れがあるかもしれない。あとは左回りでの追い切りの動きを見ると、右回りほど手応えがなく、右回りのほうが向いている馬かもしれない。

ガロアクリーク [動きB時計B] 中5週 (新馬500キロ→前走498キロ)
この中間も前走時と同じような調整内容。1週前追い切りでは、終い伸びて先着したものの、まだ動きが重い感じあり。

コントレイル [動きA時計A] 中5週 (新馬456キロ→前走462キロ)
この中間は、2週前が坂路で先着、1週前がCWを長めから終い追われて好時計で先着。休み明けの前走を使われて、反応が良くなった印象で上積みアリ。

サトノフラッグ [動きA時計C] 中5週 (新馬494キロ→前走488キロ)
この中間も南Wを中心に乗り込まれてきているが、これまでと比べると時計がかかっている。ただ、1週前の動きを見ると素軽さがあり楽に先着していて、悪い感じはない。左回りのほうが動きが良い印象を受ける。

サリオス [動きB時計B] 中5週 (新馬534キロ→前走536キロ)
これまでもトレセンでは豊富に乗り込まれて出走してきた馬。この中間も、3週前から追い切られて乗り込み量は十分。大きな馬で、前走時のパドックではお腹のあたりにまだ余裕を感じさせていたが、1週前に先行して素軽い動きを見せており、使われて良くなっている印象。ただ、これまでは併せ馬で強めに追われて遅れたことがなかった馬なので、まだ馬体に余裕があるということかもしれない。それでも、追い切りの動きからは、左回りでスムーズに走れている感じがする。

ビターエンダー [動き映像なし時計D] 中2週 (新馬466キロ→前走464キロ)
この中間は、間隔も詰っていて1週前は坂路で軽く乗られて、日曜日も南Wで馬なりというメニュー。前走時のパドックではスッキリと仕上がった馬体だったので、これ以上減らしたくないところだろう。


<賞金上位馬>

ヴェルトライゼンデ [動きC時計B] 中5週 (新馬490キロ→前走486キロ)
この中間も、追い日以外にも日曜、火曜と時計を出して入念な乗り込み。ただ1週前の映像からは、終いもうひと伸びほしい印象を受ける。

ディープボンド [動きB時計B] 中2週 (新馬486キロ→前走482キロ)
中1週、中2週、中2週と間隔が詰まったローテーションが続き、馬体も減り続けているが、1週前には坂路を軽めに乗られて日曜日にはCWで時計を出してと、疲れを感じさせない内容と動き。

サトノインプレッサ [動き映像なし時計C] 中2週 (新馬484キロ→前走482キロ)
前走時はソエを気にしていたようで、坂路での時計も物足りないものが多かった。今回、中2週と間隔も詰まり、1週前は金曜日に時計を出しているが坂路には入れず。少なからずまだソエの影響は残っている感じはある。

マイラプソディ [動きB時計B] 中5週 (新馬502キロ→前走504キロ)
皐月賞から中5週と余裕のあるローテーションで使われていて、この中間も乗り込み豊富。1週前には3頭併せの中から終い伸びて先着と、前走時と比べると良くなっている印象

コルテジア [動きA時計A] 中5週 (新馬450キロ→前走460キロ)
この中間は2週前、1週前と併せ馬で先着。1週前追い切りでは手応え抜群で終いもしっかり伸びていて、前走からの上積みが期待できそう。

ダーリントンホール [動きB時計B] 中5週 (新馬516キロ→前走516キロ)
この中間も追い切りでは速い時計が出ているが、気合いが乗り過ぎているところがあり、もう少しリラックスして走れないと距離が延びることがマイナスになってしまう可能性もある。

ワーケア [動きD時計C] 3ヶ月 (新馬484キロ→前走494キロ)
皐月賞を使わず弥生賞からの参戦で、間隔に余裕。そのため乗り込み量は豊富だが、2週前はオークス出走組と併せて物足りない動きだった。1週前も、併走相手の手応えと比べると見劣り、終いも伸びきれず。

レクセランス [動きE時計C] 中5週 (新馬484キロ→前走482キロ)
この中間もCWを中心に乗り込まれていて、1週前追い切りでは終い伸びきれず併走遅れ。坂路では速い時計の出ない馬で、パドックでも馬体重の割にトモが寂しく映り、そのあたりが成長してこないと厳しい印象を受ける。

ブラックホール [動きC時計B] 中5週 (新馬418キロ→前走432キロ)
この中間もしっかり追い切られていて状態は良さそうだが、このメンバーの中に入ると小柄な馬で、まだ力強さが足りない印象がある。

マンオブスピリット [動きE時計D] 中2週 (新馬488キロ→前走490キロ)
この中間は、間隔も詰っているので馬なりでの調整で時計も平凡。動きに関しても力強さがなく、終い首が上がり気味で前走の疲れが抜けきれていない感じ。

アルジャンナ [動きD時計C] 中8週 (新馬460キロ→前走456キロ)
この中間も坂路での調整。1週前は伸びきれず重い感じの走りだった。


<除外対象馬>

キメラヴェリテ [動きD時計D] 中5週 (新馬512キロ→前走538キロ)
この中間は、坂路での時計がこの馬としては物足りない。

ダノンファラオ [動き映像なし時計E] 連闘 (新馬526キロ→前走520キロ)
先週京都で出走。芝のレースは走ったことがなく、先週の追い切りの時計も物足りない

ブラックマジック [動き映像なし時計D] 中4週 (新馬434キロ→前走440キロ)
連勝中も、この中間はDコース、Pコースで軽めの調整と、南Wでの調整ではなく時計も平凡。

メイショウボサツ [動きC時計C] 中3週 (新馬442キロ→前走462キロ)
今年の入っての3戦は調教で好時計が出ていたが、この中間は速い時計が出なくなっており、疲れもありそう。

エヒト [動き映像なし時計C] 中3週 (新馬470キロ→前走448キロ)
前走未勝利勝ちも、デビュー戦から大きく馬体が減っていてこれ以上減らしたくない。追い切りも金曜日まで時計を出しておらず、上積みはなさそう。



◇今回は東京優駿日本ダービー)編でした。
今年のダービーは無観客での開催となり、私にとっても第60回から毎年東京競馬場で観戦し続けてきた記録が途切れてしまう年となりました。これまで27年続けてきたことなので、残念ではありますが、2月29日から無観客での開催が始まった時点でこのようなこともあり得るとは覚悟していました。今は、気持ちを切り替えてこのように思うことにしています。
来年から、また東京競馬場で観戦できるようになれば、生きている限りあと何年、何十年か、毎年東京競馬場に観戦を続けていくことに。そう考えると、今年が自宅でテレビ観戦する最後のダービーになるかもしれない――と。
思えば、競馬を観るようになって、テレビ観戦したダービーはアイネスフウジントウカイテイオーミホノブルボンの3回のみ。だいぶ前になりますが、どの年も昨日のことのように記憶に残っています。その頃と比べれば、今は積み重ねてきたたくさんの歴史によって、ダービーの重みをさらに感じることができます。今年は、違う意味で、貴重で、記憶に残るダービーとなりそうです。皆様にとっても良いダービーになりますように!!

『ダービー@ホーム』
福永祐一騎手

D.レーン騎手


『a beautiful race』


それでは次回、宝塚記念(予定)編でお会いしましょう。

日本ダービー出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2020年4月17日(金) 12:30 覆面ドクター・英
皐月賞・2020
閲覧 2,219ビュー コメント 0 ナイス 10

桜花賞は重馬場でしたが、迫力あるレースでした。コラムで推奨した2頭である、本命デアリングタクト、2番手評価レシステンシアまでは良かったのですが、3着が・・・・・・。逃げて早めにレシステンシアに交わされて厳しくなると思われたスマイルカナに、3着に粘られ3連単大的中とはならず(4着と5着の馬は持っていたんですがねぇ)。WIN5も4つ目がダメ(ゴール寸前で差され)で散り、先週同様の結果。何とももどかしい状況となってしまいました。その分、皐月賞はズドンと大きく稼ぎたいところです。
今年は、牡牝ともにハイレベルなクラシックと言われており、確かに人気上位馬は強そうです(権利持ちの弥生賞2着と3着のワーケアオーソリティ、若葉S勝ちのアドマイヤビルゴらの回避は残念)。


<全頭診断>
1番人気想定 コントレイル:新馬勝ち、東スポ杯2歳S勝ち、ホープフルS勝ちと3連勝でG1制覇をはたしたこの世代を代表する無敗の実力馬。本質的にはマイラーなのかもしれないが、そのスピード能力もここではプラスで(ダービーは微妙かもしれないが)やれるのでは。

2番人気想定 サリオス:全てマイルを使っての3連勝で朝日杯FS勝ち馬。朝日杯FSは2馬身半差の完勝だったが、正直相手が弱かったし、ぶっつけ本番の距離延長というのも微妙。だが、調教の動きは鋭く、レーン騎手確保もありやれて良い。長年たくさんの血統本を出している某有名な方が、「ハーツクライ産駒は若いうちはマイルで鍛えたほう」が良いとも述べており、使い分けだけでなく、その辺りをふまえてのここまでマイル3戦だったのかもしれない。

3番人気想定 サトノフラッグ:近年はあまり良くないと言われている弥生賞勝ち馬だが、強豪のワーケアを下してのなかなか強い内容。武豊騎手もディープのようとコメントしているように、このくらいの人気ならありがたい。

4番人気想定 マイラプソディ:昨秋は3連勝で京都2歳Sを制したが、共同通信杯で1番人気で4着に敗れたように、成長力にやや疑問でまだ人気するようなら消したいタイプ。

5番人気想定 ヴェルトライゼンデ:ホープフルS2着、スプリングS2着と世代上位の実力はある馬。ただ、「渋った馬場あまりよくない」とのコメントをスミヨン騎手が萩S勝ち後に残しており、今の重めの馬場は良くないのかも。

6番人気想定 クリスタルブラック:新馬勝ち後に京成杯も勝っての2戦2勝馬。スタミナがあるし、今の中山のように差せる馬場状態というのは良いのでは。

7番人気想定 ダーリントンホール共同通信杯を勝ったが、札幌2歳Sも1勝クラスの中山での葉牡丹賞でも3着敗退したように器用さが足りず。皐月賞向きでなく、NHKマイルC向きか。

8番人気想定 ラインベックディープインパクト×アパパネという良血だけに人気先行型で、前走の若駒S3着も6頭立て3着だっただけに平凡な内容で、妙味ゼロ。

9番人気想定 コルテジアきさらぎ賞勝ち馬だが、シンザン記念は3着だし、デイリー杯2歳Sで8着だったように、今年はきさらぎ賞のレベルがあまり高くなかった様子。血統的に道悪要員か。

10番人気以下想定
レクセランス:3戦3勝。フランス重賞勝ち馬の母からはまだそう活躍馬が出ていないが、この先増えてきそうな良血馬。すみれSは少頭数だったが強い競馬で、人気はなくとも激走を期待できる穴候補。

ガロアクリーク:スプリングS勝ち馬だが、キンシャサノキセキ産駒でもあり、ヒューイットソン騎手も2000mが限界と言っているように、NHKマイルCあたりが活躍のベスト舞台か。

ビターエンダー京成杯4着、共同通信杯2着とこの世代のそれなりに上位にいるが、トップとは少し差があるか。

キメラヴェリテ北海道2歳優駿勝ちなどの活躍をみせたダート路線から、初芝だった若葉Sで逃げて2着といきなり結果を出した。瞬発力はいまひとつかもしれないが、キズナ×コジーン牝馬だけに本来芝向き血統ともいえ、再度の激走もあるかも。

ウインカーネリアン:弥生賞8着で前走(3/28)自己条件の1勝クラスは勝ってきたが、ここまで7戦してきており、この短期間での上積みはないのでは。

ブラックホール:札幌2歳S勝ち馬。小柄で、正直早熟なのかなあと思っていたが弥生賞で4着まで来ており、ゴールドシップ産駒らしく渋った馬場なら好走もあるか。

アメリカンシード:タピット×ストームキャット系牝馬といかにもダート向きな配合ではあるが、ここまで芝で善戦している(若葉Sではアドマイヤビルゴには完敗も3着)。ただ、追われて気性の悪さを出す点を川田騎手が指摘しており、なかなかそういう悪癖は直らないだけに……。

テンピン:新馬戦を勝っただけの1戦1勝馬で勝ち方もタイムも平凡で、現段階では特に強調材料が無く、経験積んで強くなってくるのでは。

ディープボンドキズナ産駒らしくスタミナがあり、前走2400mでより良さが出た。ただ、1勝クラスを勝ち切れないように、まだここではスピードと力不足か。菊花賞の頃には面白い存在となっているかもしれないが。


<まとめ>
有力:コントレイルサリオスサトノフラッグ

穴で:ガロアクリークキメラヴェリテ

[もっと見る]

2020年4月16日(木) 13:45 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2020皐月賞 
閲覧 1,635ビュー コメント 0 ナイス 5



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


4月19日(日)中山11R 第80回皐月賞(3歳G1・芝2000m)

【登録頭数:19頭】(フルゲート:18頭)

【優先出走馬】


ヴェルトライゼンデ(C)中3週
休み明けの前走時にしっかり乗り込まれていて、この中間も1週前に併せ馬で長めから強めに追われて疲れはなさそう。その1週前追い切りに関しては、併せ馬で先着もやや走りに硬さがみられた。

ガロアクリーク(A)中3週
中3週の叩き3戦目で、1週前追い切りでは手応えに余裕があり走りにも力強さがある。大きな馬で前走で10キロ絞れていて、さらに良くなった感じ。

キメラヴェリテ(B)中3週
もともと調教では速い時計の出る馬だが、間隔が詰まったこの中間も1週前に坂路で好時計が出ていて疲れはなさそう。やや右に逃げようとする面を見せている点は気になるが、出来落ちはなさそう。

サトノフラッグ(A)中5週
この中間も乗り込み豊富で、2週前、1週前と3頭併せで追い切られてともに先着。重心が低く、バランスの良い走りで調教の動きは前走以上。


【賞金上位馬】

コントレイル(C)4ヶ月
4ヶ月の休み明けで強めの追い切りが1週前のみで、その1週前追い切りも併せ先着をはたすも動きが重い感じ。

サリオス(A)4ヶ月
休み明けでも乗り込み豊富。2週前よりも1週前と、動きが良くなっていて仕上りは良さそう。

マイラプソディ(C)中8週
共同通信杯を使われての今回だが、乗り込み豊富のわりに2週前、1週前の追い切りの動きが重い印象。併走相手の方が動きに余裕があった。

クリスタルブラック(A)3ヶ月
この中間は毎週のように吉田豊騎手が騎乗しての調整。1週前追い切りでは、外を回って力強く先着している。休み明けでも動きに重さは見られない良い仕上がりで、出来良さそう。

コルテジア(B)中9週
きさらぎ賞からの直行で間隔は空いたが乗り込み量は豊富。1週前追い切りの動きを見ると、先行して抜かせないしぶとさを見せて出来は良さそうだが、まだ非力な感じで力強さに欠けるところあり。

ダーリントンホール(A)中8週
共同通信杯からの直行で、中間の乗り込みは豊富。前走時は最終追い切りの動きが良く◎にしたが、1週前追い切りも行きたがるところを押さえながら手応えはかなり良かった。今回の右回りでの追い切りのほうが、前走時よりも断然動きが良い。

レクセランス(C)中6週
3連勝ですみれSを勝っての参戦。1週前追い切りは、併せ馬の外で併走相手の手応えと比較して反応の鈍さが目立つ内容で、物足りない感じあり。

ブラックホール(B)中5週
前走時は◎にするほど良い調教だったがレースではわずかに届かず4着。この中間も、引き続き追い切りでは好時計が出ていて、前走を一度使われて調子は良さそう。

ビターエンダー(D)中8週
共同通信杯からの直行で、この中間は津村騎手が追い切りに騎乗しての調整。時計は出ているが、動きを見ると迫力に欠ける印象。

ラインベック(E)3ヶ月
若駒S3着からの休み明け。乗り込み量は豊富だが、1週前追い切りの動きを見ても特に変わってきた感じはなく、動きが重い。

ウインカーネリアン(B)中2週
1週前追い切りでは気合いが乗って、集中力あり。間隔が詰まっていて軽めの調整だが、引き続き出来は良さそう。

サトノフウジン(E)中7週
間隔に余裕がある割に乗り込み量は少なく軽めの調整で、出走回避の予定。


【以下、抽選対象馬(2/3)】

アメリカンシード(D)中3週
ここ3戦人気で勝ち切れず、前走時の追い切りの動きを見てもまだ力強さがない。1週前追い切りでも終いの時計が掛かっており、まだ力不足な感じ。

ディープボンド(E)中1週
休み明けの前走がマイナス体重で、今回中1週で輸送もあり。1週前は速い時計の追い切りはなく、上積みは期待できそうにない。

テンピン(D)4ヶ月半
出走できそうな幸運はあるが、大きな馬で12月の新馬戦からの休み明け。1週前追い切りでは先着こそしたもののまだ重さがみられた。。



◇今回は皐月賞編でした。
コロナウイルスの影響はまだまだ終息する気配はなく、今後いつ競馬が中止になるかも分からないなか、関係者の皆様の努力おかげで競馬が開催されています。競馬ファンとしては、感謝の毎週末という感じで、私も30年近く競馬の世界をずっと見てきましたが、これほど競馬が必要とされていて何かの役に立っていると思えるシーンというのは見たことがありません。それはJRAだけではなく地方競馬も同じことで、特に地方競馬は何年か前までは廃止された競馬場もいくつかあるような状況だっただけに、苦しみながらも努力して生き残ってきたことがネット投票という希望を掴むキッカケになったのではないかと思います。
そんな地方競馬では、個性的な馬券も発売されています。SPAT4ではトリプル馬単、オッズパークではランダム7重勝、セレクト5重勝(JRAのWIN5と同じ)といった具合。そしてSPAT4、楽天競馬、オッズパークともに、馬券を買うとポイントが還元されて貯まったポイントで馬券が買えたり、グッズと交換出来たり等のおまけがあるのも魅力的です。
今週から、ホッカイドウ競馬も開幕して、すでに2歳馬もデビューの頃を迎えています。こんな時代でも新しい世代の馬たちも未来を目指して走り出しているわけであります。競馬場や場外馬券発売場で馬券が買えなくなりネット投票を始めたという方も多くいらっしゃると思いますが、週末のJRA以外にも平日にも開催されていてナイター競馬もある地方競馬にもぜひ注目してみてはいかがでしょうか。今の状況だと、最後まで生き残るのはどこかの地方競馬場になるかも(?!)。

それでは次回、天皇賞(春)編でお会いしましょう。


皐月賞出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2020年4月12日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年04月12日号】特選重賞データ分析編(198)~2020年皐月賞~
閲覧 2,152ビュー コメント 0 ナイス 4



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 皐月賞 2020年04月19日(日) 中山芝2000m内


<ピックアップデータ>

【前走の着順ならびに1着馬とのタイム差別成績(2015年以降)】
○着順が1着、もしくは1着馬とのタイム差が0.0秒 [4-4-4-28](3着内率30.0%)
×着順が2着以下、かつ1着馬とのタイム差が0.1秒以上 [1-1-1-42](3着内率6.7%)

 直近のパフォーマンスを素直に評価したい一戦。2015年以降の皐月賞で好走を果たした馬の大半は、前走を勝ち切っているか、前走で勝ち馬とタイム差なしだった馬です。前哨戦で結果を残せなかった馬は評価を下げるべきでしょう。

主な「○」該当馬→コントレイルサリオスレクセランス
主な「×」該当馬→ヴェルトライゼンデブラックホールマイラプソディ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“前年12月下旬以降、かつJRA、かつ芝1600~2000m、かつオープンクラスのレース”において優勝経験がある」馬は2015年以降[3-4-4-23](3着内率32.4%)
主な該当馬→コントレイル

[もっと見る]

⇒もっと見る

マイラプソディの口コミ


口コミ一覧

福島11R ラジオNIKKEI賞

 テイルマン 2020年7月5日() 09:29

閲覧 81ビュー コメント 1 ナイス 8

◎12、ルリアン
初戦で負けた相手はマイラプソディ。3着馬は青葉賞4着で比較すれば、このメンバーの中では上位。
相手は、前走は展開のあやで惜敗の2、ディープキング。惜敗でハンデ1キロもらえたのは大きい。
善戦続きの5、サクラトゥジュール。掛かる気性もペースが早くなりそうなここは、折り合える。
10、コスモインペリウムは展開馬場不問。混戦なら突っ込みがありそう。

馬連
12ー2、5、10

グレイトオーサーは気性難と小回りがどうか?
パラスアテナは戦ってきたメンバーが?
来たらごめんなさいで、バッサリ切ります。

 ちびざる 2020年6月30日(火) 23:22
【雑感】サートゥルナーリアの今後のローテーションについて...
閲覧 422ビュー コメント 6 ナイス 57

先週の日曜のメインから宝塚記念を回顧。
勝ったのは、クロノジェネシスでした。
五分のスタートも外枠ということもあり中団からの競馬。
道中も中団を追走。
3コーナー過ぎてから外からポジションを上げて行きました。
一瞬、掛かっているかと思ってしまうほどで、騎手が持っていかれる程の手ごたえでした。
直線では、1頭だけ次元の違う競馬でした。
終わってみれば、6馬身差の圧勝でした。
この重馬場をものともしないレースぶりは圧巻でしたね。
このレースを機にさらに飛躍が期待されると思います。
昨年のリスグラシューと同じようにどんどん強くなっていくのか注目ですね。
今後は海外のレースも視野に入っているようでますますリスグラシューとダブる感じになりそうですね。


さて、今日の本題に入りたいと思います。今回は、その宝塚記念で1番人気で4着に負けたサートゥルナーリアについて。
レースは、五分のスタートも行き脚がつかず、中団のインに閉じ込められる形で追走。
3コーナー過ぎから外に出して進出をするもいつものうなるような感じの上がり方ではなかったですね。
直線では一旦、下がってしまいながらもジリジリ脚を伸ばして4着でした。
ルメール騎手の騎乗に関しては、昨年のレイデオロも同じようなポジションでインにいて
負けたように思います。ルメール騎手としては珍しく同じ轍を踏んだように思いました。
あと、レース前に角居調教師が、「体型がロードカナロアに近づいている」みたいなことを言っていました。
何を意味しているのかと思いましたが、距離に若干の不安を言っていたのかもしれませんね。
これまでは、完成度の高さで何とか距離をこなしていたということなのかもしれないですね。
となると秋以降のローテーションは気になりますね。
調教師のコメントからマイル路線に行くのでしょうか。
気になるところですね。


最後に、ラジオNIKKEI賞について。現時点での私の注目馬は、ルリアンですね。
前走の1勝クラスは1着でした。
その前走は2番手から抜け出す強い内容でした。
この馬は元POG馬ということもあり贔屓目に見ているかもしれませんが・・・。(^^;
新馬戦でマイラプソディの2着後、骨折休養を経てからの連勝で
ここに出走してきました。
(個人的には新馬戦でマイラプソディに潰されたと勝手に思っていましたが良く復活できたと思っています。)
前走の後、ダービートライアルも使えそうでしたが、骨折経験もあって
無理せず、ダービートライアルをパスしてここに照準を合わせてきました。
(骨折休養中、調教師はまだダービーを諦めていないって言っていましたが・・・。(^^;)
今回はメンバー的にも抜けた存在はいないのでチャンスはあると思います。
秋に飛躍するためにも勝ってほしいですね。

[もっと見る]

 ちびざる 2020年6月2日(火) 22:17
【雑感】2020-2021のPOGについて・・・・
閲覧 173ビュー コメント 4 ナイス 23

先週の日曜のメインから日本ダービーを回顧。
勝ったのは、コントレイルでした。
好スタートから今回は内枠ということもあり、3~4番手の絶好の位置取りからの競馬。
道中は、マイラプソディがスローと見るや捲り気味に動いて行きましたが
それにも動じず。好位のインでじっくり乗っていました。
4コーナー過ぎでもまた馬なりで流れに乗っていました。
直線では抜群の手ごたえで追い出されると楽に加速し
2位以下を突き放し見事勝ちました。
強いの一言。2着のサリオスに付けた差が3馬身。
完勝でしたね。
福永騎手も上手く乗ったと思います。
ぶっつけで臨んだ皐月賞ではスタートで後手を踏んで、無理な競馬をしてしまったので
その反省もあったかと思います。
今回は、ホープフルステークスのような騎乗でしたね。
まったく包まれる心配のないコース取りをしていましたし
全然無理もしていなかったので、距離もこなせましたね。
秋はコロナ渦の中なので、国内に専念とのことで
菊花賞が目標とのこと。今度はマジで距離との闘いになりそうです。
多少距離が長くても2400Mをこなせてしまうのが近年の菊花賞。
無敗の三冠馬が誕生するのか注目したいですね・


さて、今日の本題に入りたいと思います。今回は、2020-2021のPOGについて。
日本ダービーが終われば、来年の日本ダービーのスタートするわけですが、それに伴い
新たなPOGが始まります。
2020-2021シーズンは、なぜか所属ワールドがG2になっていました。
さすがに今年はステイかオープンに格下げだろうと思っていましたが
まさかのG2昇格。今回はあまり準備もしていなかったので
今シーズンは気楽にやろうと思っていたのですが・・・・。(^^;
本日の12時から入札が始まっていますね。
ウォッチリストに入れた入札状況を見ると厳しいですね。
意外な馬に入札数が多いのには驚きました。こりゃ、筆頭オーナーは難しそうですね。(>_

[もっと見る]

⇒もっと見る

マイラプソディの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  キタノかちどき   フォロワー:0人 2019年9月15日() 00:58:25
目指せ凱旋門賞!

マイラプソディの写真

マイラプソディ
マイラプソディ

マイラプソディの厩舎情報 VIP

2020年5月31日東京優駿 G19着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

マイラプソディの取材メモ VIP

2020年5月31日 東京優駿 G1 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。