カレンブーケドール(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
カレンブーケドール
写真一覧
現役 牝3 鹿毛 2016年4月23日生
調教師国枝栄(美浦)
馬主鈴木 隆司
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績 4戦[1-1-1-1]
総賞金1,440万円
収得賞金400万円
英字表記Curren Bouquetd'or
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ソラリア
血統 ][ 産駒 ]
Scat Daddy
So Linda
兄弟 ガーデンテラス
前走 2019/02/11 デイリー杯クイーンC G3
次走 2019/04/28 スイートピーS (L)

カレンブーケドールの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/02/11 東京 11 クイーンC G3 芝1600 9778.544** 牝3 54.0 戸崎圭太国枝栄466(-4)1.34.4 0.233.6④④クロノジェネシス
18/12/16 中山 3 2歳未勝利 芝1600 16361.811** 牝2 54.0 O.マーフ国枝栄470(+6)1.35.5 -0.035.1⑤④④シングフォーユー
18/11/18 東京 2 2歳未勝利 芝1800 16471.713** 牝2 54.0 北村宏司国枝栄464(-2)1.50.4 0.634.3⑥⑧⑦クラサーヴィツァ
18/10/08 東京 5 2歳新馬 芝1600 187136.332** 牝2 54.0 北村宏司国枝栄466(--)1.37.5 0.033.0⑧⑧ダノンキングリー

カレンブーケドールの関連ニュース

 ◆戸崎騎手(カレンブーケドール4着) 「体が固まるのはまだ先だと思うが、上手に走れていた。距離は長くてもいいし、しっかりしてくれば楽しみ」

 ◆ブロンデル騎手(レッドベルディエス5着) 「まだ3戦目で子供っぽい面が多い。早めに促すと最後の最後でひと伸びできた。楽しみな馬には違いない」

 ◆大野騎手(マドラスチェック6着) 「バテていないが、伸び方がジリジリ。馬場が硬くなったぶん、分が悪くなったね」

 ◆ミナリク騎手(マジックリアリズム7着) 「重賞で少し厳しかった。まだこれからが期待できる馬。千六は問題なかったよ」

 ◆ルメール騎手(ミリオンドリームズ8着) 「もう少し軟らかい馬場の方がいいね。3、4コーナーでのコーナリングが難しかった。メンバーも強かった」

 ◆瀧川寿騎手(アークヴィグラス9着) 「芝が合わない感じでした。次は浦和の桜花賞で頑張ります」

★【クイーンC】払い戻し確定!! 全着順も掲載

【クイーンC】カレンブーケドールは4着まで 戸崎「もう少し長くてもいいのかも」2019年2月11日(月) 18:55

 2月11日の東京11Rで行われた第54回クイーンC(3歳、オープン、GIII、芝1600メートル、牝馬、9頭立て、1着賞金=3500万円)は、北村友一騎手騎乗の1番人気クロノジェネシス(牝3歳、栗東・斉藤祟史厩舎)が中団追走から直線外めを伸びて重賞初制覇。タイムは1分34秒2(良)。



 3戦目で未勝利を勝ち上がり、いきなりの重賞挑戦となったカレンブーケドール(4番人気)は、中団追走から最後の直線でも渋太く伸びたものの、4着までが精一杯。惜しくも馬券に絡むことはできなかった。



 戸崎圭太騎手「とても乗りやすく、競馬でも上手に走ってくれました。ただ、体が固まってくるのはまだ先のようで、直線で手前を替えながらでした。距離ももう少し長くてもいいのかもしれません」

★【クイーンC】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【斬って捨てる!】クイーンC 大型馬は苦戦傾向!前走完敗馬の巻き返しも困難!2019年2月11日(月) 10:55

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、クイーンCの近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
前走7着以下敗退馬の連対例はゼロ(2009年以降)

ジョディー

前走0秒6以上敗退馬の連対例はみられない(2009年以降)

ジョディー

前走芝1800m組の連対例はなし(2009年以降)

ミリオンドリームズ

前走東京芝1600m組の連対例はゼロ(2009年以降)

マドラスチェック
レッドベルディエス
マジックリアリズム

前走が初勝利だった美浦所属馬の連対例は皆無(2009年以降)

レッドベルディエス
ミリオンドリームズ
カレンブーケドール
マジックリアリズム

前走の馬体重が500キロ以上だった馬の好走例はみられない(2009年以降)

マドラスチェック
ミリオンドリームズ

【人気】
単勝オッズ帯20.0~29.9倍の連対例はなし(2009年以降)
※10時30分現在の単勝オッズ20.0~29.9倍

マジックリアリズム

前走で阪神JFに出走、かつ前走ふたケタ人気だった馬の好走例はゼロ(2009年以降)

ジョディー

【脚質】
前走の4角通過順が12番手以降だった馬の連対例は皆無(2009年以降)

クロノジェネシス

前走の初角通過順が1番手だった馬の好走例はゼロ(2009年以降)

マドラスチェック

【枠順】
4枠の連対例は皆無(1999年以降)

ジョディー

馬番枠5番、7番、8番の好走例はゼロ(2009年以降)

アークヴィグラス
カレンブーケドール
マジックリアリズム

馬番枠1番、3番の連対例は皆無(2009年以降)

マドラスチェック
ミリオンドリームズ

【血統】
グレイソヴリン系を除くと、父ナスルーラ系の好走例はみられない(2009年以降)

マドラスチェック
クロノジェネシス


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
ビーチサンバ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【重賞データ分析】クイーンC 社台グループ生産馬が大活躍!前走の位置取りと上がり3ハロン順位も要チェック!2019年2月11日(月) 10:25

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、クイーンCのファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。




【全般】
関東馬は前走阪神JF組と、前走中山芝1600m戦好走馬が狙い目(2008年以降)

ジョディー
カレンブーケドール

【人気】
人気サイド(1~2番人気)をソコソコ信用できる(2008年以降)
※10時00分現在の1~2番人気

ビーチサンバ
クロノジェネシス

5番人気以下、かつ芝マイル以上の新馬戦を勝ったばかりの馬もしくは前走芝マイル戦惜敗馬を要チェック(2008年以降)
※10時00分現在の5番人気以下、かつ条件を満たす馬

マドラスチェック

【脚質】
前走で好位~中団からレースを進め、出走メンバー中上がり3F2~5位程度の脚を使った馬が狙いどころ(2008年以降)

レッドベルディエス
ビーチサンバ

【枠順】
2008年以降、3枠と5枠で計8勝

ミリオンドリームズ
アークヴィグラス

【血統】
サンデーサイレンス内包馬が強い(2008年以降)

レッドベルディエス
ミリオンドリームズ
ジョディー
アークヴィグラス
ビーチサンバ
カレンブーケドール
マジックリアリズム
クロノジェネシス

サンデーサイレンス系×ノーザンダンサー系の配合馬が好相性(2008年以降)

カレンブーケドール

社台グループ生産馬が大活躍(2008年以降)

レッドベルディエス
ジョディー
ビーチサンバ
カレンブーケドール
マジックリアリズム
クロノジェネシス


【3項目以上該当馬】
ビーチサンバ(4項目)
カレンブーケドール(4項目)
レッドベルディエス(3項目)
ジョディー(3項目)
クロノジェネシス(3項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】クイーンC 杉本清さんなどの見解を紹介!迷ったときは彼らに頼るのもアリ!2019年2月11日(月) 10:00

※当欄ではクイーンCについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。




【杉本清】
◎⑨クロノジェネシス

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑥ビーチサンバ
○⑨クロノジェネシス
▲④ジョディー
△①マドラスチェック
△③ミリオンドリームズ
△⑦カレンブーケドール

【佐藤哲三(元JRA騎手)】
◎②レッドベルディエス
○⑨クロノジェネシス
▲⑥ビーチサンバ
☆③ミリオンドリームズ
△①マドラスチェック
△⑦カレンブーケドール
△⑧マジックリアリズム

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎①マドラスチェック
単勝


【キャプテン渡辺】
◎④ジョディー
ワイド・馬連
④→⑨
3連複
④→⑥→⑨

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑥ビーチサンバ

【柴田阿弥】
◎⑥ビーチサンバ
馬連1頭軸流し
⑥→②③⑦

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑥ビーチサンバ

【目黒貴子】
◎⑨クロノジェネシス



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断】クイーンC 気配の良さが目立つ外国産馬!阪神JF3着馬も上々の仕上がり!2019年2月10日() 13:09


月曜日に予定されているクイーンCの出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。




マドラスチェック
帰厩後は南Wと坂路を併用して入念な調整。南Wで行われた1週前追い切りでは、力を要するコンディションを問題にせず、好タイムをマーク。坂路で実施した6日の併せ馬では、キレイな加速ラップを記録した。大きなストライドを駆使して登坂するさまは迫力十分。馬っぷりも悪くなく、気配の良さが目立つ1頭だ。

レッドベルディエス
帰厩後は馬なりの調整に終始。とはいえ、2週前には南Wで5F67秒近辺の好タイムを計測。乗り込み量の不足もなく、過度に気にする必要はない。事実、南Wで行われた6日の併せ馬では上々の反応を示しており、デキは悪くなさそう。ここでも通用する可能性は十分にある。

ミリオンドリームズ
坂路とコースを交えて、この中間の乗り込み量は十分すぎるほど。坂路で行われた6日の併せ馬では上々の伸び脚を見せた。少し後肢が流れ気味のぶん、エンジンが点火するまでに時間を要している点は気になるが、スピードアップしてからの走りはなかなかのもの。要警戒の1頭と言えよう。

ジョディー
1週前に南Wで長めから及第点の時計を記録。南Pに場所を移して行われた6日の追い切りでは、上がり重点の内容ながら、リズミカルな脚捌きを披露した。ひと息入れた効果があったのか、前回の最終追い切り時よりも四肢の回転力が増している印象。気分を損ねず走らせることができれば、面白い存在になるかもしれない。

アークヴィグラス
この中間は大井で調整。強い攻めは行っていないが、こうした調整で結果を残している馬なので、問題はないのだろう。5日に行われた追い切りでは5F66秒台前半、4F52秒台半ばのタイムを馬なりで記録。前走の最終追い切り時とほぼ同様のラップを刻んでおり、好調キープと判断できる。あとは、府中の芝に対応できるかどうかだけ。

ビーチサンバ
栗東坂路で実施した6日の追い切りは、前回の最終追い切り時と同様に終いだけ伸ばす内容だったが、ラスト1F12秒2の好ラップを記録した。2週前と1週前に栗東CWで長めから及第点のタイムをマーク。3日には坂路でラスト1F12秒3の好ラップを刻んでいるように、デキは高いレベルで安定している。上々の仕上がり。

カレンブーケドール
この中間は併せ馬主体にメニューを順調に消化。南Wで行われた6日の追い切りでは及第点の時計をマークした。舌を出している点は割引材料だが、この馬にしては制御が利いている部類。そのぶん、走りに余裕が出てきた印象を受ける。テンションを維持できれば、侮れない存在になりそうだ。

マジックリアリズム
2週前、1週前と2週続けて1600万下の年長馬を追走する意欲的な調教を消化。南Wで実施した6日の併せ馬では、悪コンディションのなか、マズマズの反応を見せた。ただ、約3カ月半ぶりの割に調教本数は少なめ。そのぶん、中身が伴っているかどうかの不安は残る。本当に良くなるのは、ここを叩いてからではないか。

クロノジェネシス
栗東CWで行われた6日の併せ馬では素軽い脚捌きを見せ、楽々と僚馬を突き放した。半面、トレセンでの乗り込み量はやや少なめ。そのぶん、最後のツメが甘くなる可能性もある。これで突き抜けるようなら適性ならびに能力が一枚上ということ。バッサリとはいかないまでも、差し届かないケースを想定しておいたほうがいいかもしれない。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

カレンブーケドールの関連コラム

閲覧 733ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、10(日)に京都競馬場でG2京都記念、東京競馬場でG3共同通信杯が、雪による土曜東京競馬順延によってG3クイーンCが11(祝月)にスライドして行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G2京都記念は、タイムフライヤーが逃げて前半1000mを1分3秒3(推定)で通過するスローな流れ。ブラックバゴが後方から外を通って並び掛ける動きはあったものの、それ以外は少頭数らしく隊列に大きな変化のないまま3コーナーから4コーナーへ。外を通ってダンビュライトステイフーリッシュが前の2頭との差を詰めながら直線に入ります。最内を突いたパフォーマプロミスも加わって、馬場の中ほどにかけて4~5頭横一線となった争いからまず抜け出したのはダンビュライト。そのダンビュライトの外を通っては1番人気ステイフーリッシュも差を詰め、さらに外からはマカヒキケントオーも追い込みを見せます。しかし、この争いを先んじて抜け出していた6番人気ダンビュライトが封じてV。重賞2勝目を挙げています。
公認プロ予想家では、☆まんでがんプロ西野圭吾プロスガダイプロ
岡村信将プロ
シムーンプロ奥野憲一プロろいすプロ豚ミンCプロら計18名が的中。また、プロテスト最終審査としてプロ予想MAX参戦中のあげだしさんも的中を披露しています。
 
G3共同通信杯は、断然人気の支持を集めたアドマイヤマーズが逃げる展開。2番手に2番人気フォッサマグナ、3~4番手に3番人気ダノンキングリーと、人気馬が前目につける態勢で直線を向くと、1馬身ほどのリードを築いてアドマイヤマーズが逃走Vへスパートを開始。2番手フォッサマグナは直線半ばで苦しくなって後退。ここへ、最内を突いて迫ったのはダノンキングリーでした。懸命に追われるアドマイヤマーズに、余力十分の手応えで並び掛けるダノンキングリー。上り3F32.9秒のキレを披露し、最後は2歳王者に1馬身1/4差をつけて優勝。無傷の3連勝で重賞初制覇を飾っています。
公認プロ予想家では、金子京介プロ岡村信将プロスガダイプロきいいろプロマカロニスタンダーズプロ馬侑迦プロろいすプロほか計18名が的中。プロテスト最終審査参加ユーザーからはャンヌさんイレコンデルパサーさんら4名が的中しています。
 
12(祝月)にスライドして行われたG3クイーンCは、2番人気ビーチサンバが出遅れる以外は各馬まずまず出揃っての幕開け。ハナを奪ったのは大方の予想通りジョディーで、終始1馬身半~2馬身ほどのリードで逃げて直線に入っていきます。2番手にはミリオンドリームズが迫り、その外からはカレンブーケドールが脚を伸ばします。さらに外からクロノジェネシス、大外ビーチサンバと、人気2頭はさらに後方からの末脚勝負に。残り200mあたりで、まずクロノジェネシスが抜け出すと、ビーチサンバも連れて単独2番手へ。最内で粘り込みを図るジョディーを、阪神JF2~3着馬が交わしたところでゴールとなりますが、軍配は先に抜け出した1番人気クロノジェネシスビーチサンバの追い上げをクビ差封じて、重賞初制覇を飾っています。
公認プロ予想家では、KOMプロサウスプロ佐藤洋一郎プロ山崎エリカプロきいいろプロろいすプロほか計18名が的中。プロテスト最終審査参加ユーザーからはイレコンデルパサーさんら4名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
先週は、大波乱決着となった10(日)東京8Rを、◎マイネルアンファン(単勝121.9倍)で的中!121万9,000円払戻しのホームランを披露しました。10(日)東京10Rでの◎サングラス的中(20万1,000円払戻し)、11(祝月)東京8Rニシノジャガーズ的中、9(土)小倉11Rバイオレントブロー的中などと併せて、週間トータル回収率359%、収支129万260円プラスの断トツトップ成績で終えています。
 
☆☆☆注目プロ →豚ミンCプロ
9(土)は小倉1Rの◎○馬単1点的中含む予想を披露し、この日の大幅プラスを決めると、翌10(日)には小倉4Rフィデリオグリーン(単勝14.6倍)の的中でさらにプラスを上積み。週末トータル回収率202%をマークし、引き続きの好調をアピール。これで5週連続週末プラス達成となっています。
 
☆☆☆注目プロ →KOMプロ
先週は、9(土)京都1Rテオレーマ的中計13万9,320円払戻しなどで回収率231%を達成。10(日)は小倉12Rトーセンアルバータ(単勝25.2倍)的中などで回収率172%をマーク。11(祝月)はG3クイーンC的中などで回収率232%達成と、3日連続のプラス収支を記録。週間トータルでは回収率172%、収支33万2,550円の大幅プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →奥野憲一プロ
9(土)小倉2Rでの3連複334.1倍、10(日)東京3Rでの3連単2757.1倍、11(祝月)東京3Rでの3連複223.7倍的中などを披露!週間トータルでは回収率194%をマークし、収支26万6,920円の大幅プラスを達成しています。
 
 
 
この他にも、馬侑迦プロ(158%)、西野圭吾プロ(154%)、霧プロ(138%)、マカロニスタンダーズプロ(137%)、サラマッポプロ(126%)、シムーンプロ(125%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(107%←4週連続週末プラス)、スガダイプロ(104%)、ろいすプロ(102%)、ゼット1号プロ(102%←6週連続週末プラス)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
また、イレコンデルパサーさん(165%)、あおまるさん(138%)、新参者さん(126%)、暴君アッキーさん(102%)らが、プロテスト最終審査3週目をプラスで終えています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

カレンブーケドールの口コミ


口コミ一覧
閲覧 107ビュー コメント 2 ナイス 14

今週のPOG戦線は3頭が出走します。

【出走】
・2月23日 中山9R 水仙賞
☆ボスジラ(戸崎圭太騎手)

まずは中山の水仙賞にボスジラが出走します。

【ボスジラ】
田 辺 ◇ 美南 W良 68.6-53.3-39.3-13.0 [8] 強目に追う
助 手 ■ 美南 W良 キリ キリ不明
1.29 美浦 プール
助 手 1.31 美南 W良 72.2-56.6-41.7-14.8 [3] 馬ナリ余力
助 手 2. 3 美南 W稍 58.3-42.8-13.5 [7] 馬ナリ余力
ベルクワイア(三未勝)馬ナリの内0.6秒追走同入
助 手 2. 6 美南 W稍 84.2-67.7-52.5-38.8-13.3 [4] 馬ナリ余力
カレンブーケドール(三500万)馬ナリの内0.6秒追走同入
助 手 2.10 美南 W重 55.4-40.1-13.1 [5] 馬ナリ余力
タンタフエルサ(古500万)馬ナリの内0.6秒追走同入
助 手 2.13 美南 W良 66.8-51.5-37.2-13.1 [3] 馬ナリ余力
タンタフエルサ(古500万)強目の内0.4秒追走同入
助 手 2.17 美南 W良 57.0-42.0-15.2 [3] 馬ナリ余力
助 手 2.20 美南 W重 67.1-51.7-38.4-13.0 [8] 馬ナリ余力
サトノラディウス(三オープン)馬ナリの内0.7秒追走3F併同入

去年のJ1最終節の葉牡丹賞以来で、今週がJ1の開幕戦。サッカー選手と同じだけの休養ですねw
冗談はさておき、距離延長で11頭立てのここは葉牡丹賞のように速いペースにはならないでしょうから、ここは自分のペースでやれると思います。
相手に合わせた競馬ではなく、自力で早め先頭から押し切る、そんな競馬を期待します。
相手関係は決して楽ではないですが、ボスジラとて十分に勝つだけの力はあると思っているので、ここは決めてもらいたいですね。


・2月24日 中山6R
△エトワール(戸崎圭太騎手)

中山記念と同じ舞台の牝馬限定の500万下にエトワールが出走します。

【エトワール】
助 手 ◇ 美南 W良 68.3-52.9-38.9-12.7 [6] 強目に追う
助 手 2. 2 美南 坂稍 1 回-56.2-40.6-26.5-12.8 馬ナリ余力
プレイズラン(古500万)馬ナリを0.8秒追走同入
助 手 2. 6 美南 W稍 66.7-52.8-38.8-12.7 [7] 馬ナリ余力
プレイズラン(古500万)一杯の内0.4秒追走4F併同入
助 手 2.13 美南 W良 68.2-53.3-39.3-13.4 [6] 馬ナリ余力
プレイズラン(古500万)馬ナリの内1.0秒追走同入
助 手 2.20 美南 W重 69.0-54.0-39.4-13.1 [5] 馬ナリ余力
パイオニアバイオ(古1600万)馬ナリの内0.4秒追走同入

仕上がりはいいと思います。
500万下といっても半数の6頭が未勝利馬で、そのうち5頭は“スリーアウト”にリーチと勝負になりそうな馬は限られている組み合わせですね。
だからほぼ自分との戦いになるでしょう。そういう意味では外枠というのは意外と悪くないかもしれません。
ここを勝ってなんとかオークス戦線に食い込んでほしいところです。


・2月24日 阪神10R すみれS
☆アドマイヤジャスタ(岩田康誠騎手)

すみれSにアドマイヤジャスタが出走します。

【アドマイヤジャスタ】
小林徹 ◇ 栗東 坂稍 1 回-52.2-37.8-24.4-12.3 末強目追う
助 手 1.30 栗東 坂良 1 回-60.6-43.5-28.3-14.1 馬ナリ余力
小林徹 1.31 栗東 CW良 82.7-67.0-52.4-38.5-12.3 [8] 馬ナリ余力
カヌメラビーチ(三500万)一杯の外0.4秒追走4F併同入
助 手 2. 3 栗東 坂良 1 回-59.7-42.7-27.9-14.1 馬ナリ余力
助 手 2. 6 栗東 坂稍 1 回-62.5-44.7-28.8-14.5 馬ナリ余力
岩 田 2. 7 栗東 CW稍 97.9-81.1-65.2-50.4-36.7-12.0 [5] 一杯に追う
フュージョンロック(古1000万)馬ナリの内追走0.1秒先着
助 手 2.10 栗東 坂稍 1 回-56.5-40.7-26.8-13.5 馬ナリ余力
岩 田 2.13 栗東 CW良 82.8-66.5-51.6-38.4-11.8 [5] 一杯に追う
シュバルツボンバー(古1000万)稍一杯の内1.4秒追走0.2秒先着
助 手 2.17 栗東 坂良 1 回-54.8-39.9-25.9-12.9 馬ナリ余力
岩 田 2.20 栗東 CW重 キリ-12.2 一杯に追う
スワーヴアラミス(古1000万)一杯の内0.2秒先着

こちらも仕上がりは上々だと思いますが、心配なのは57kgの斤量。
アドマイヤジャスタ自身は57kgは問題ないと思うのですけど、とにかくこのレースを57kgで勝ったのがリンカーンまで遡らないといけないので、ホントに不安はそこだけ。なんでそんな事を知っているかというと、ここ4年でPOG指名馬が3頭も57kgでこのレースを使って負けているからw
使う以上は勝ってくれ、その一心です。お願いしますよ、岩田さん。


【調教】

【シャドウセッション】
助 手 ◇ 美南 坂良 1 回-54.3-39.3-25.3-12.4 馬ナリ余力
助 手 ■ 美南 W稍 70.3-54.6-40.7-13.7 [8] 馬ナリ余力
助 手 2.20 美南 坂稍 1 回-59.0-43.5-28.6-14.3 馬ナリ余力


【在厩】
△シャドウセッション(2月10日の東京の500万下は7着)
☆クイーンズテイスト(2月16日の東京ダートの未勝利戦は熱発で回避)
△サトノエルドール(2月16日の未勝利戦は3着)
☆マイディアライフ(2月16日の未勝利戦は4着。3月16日の中京2200mへ)
△シティーオブスター(9月30日の未勝利戦は13着)

【放牧】
☆アガラス(4月6日のニュージーランドTへ)
☆ランフォザローゼス(4月27日の青葉賞へ)
△ジャカランダシティ(1月26日のクロッカスSは7着)
☆グラディーヴァ(1月19日の若竹賞は3着)
△レッドベレーザ(2月2日のエルフィンSは8着)
△キラープレゼンス(3月23日のミモザ賞へ)
△ブールバール(1月20日の中京の未勝利戦は2着)
△マキ(11月11日の未勝利戦は2着)
☆ボッケリーニ(2月3日の京都の新馬戦は6着)
☆ブラックモリオン(11月10日の未勝利戦は5着)
△キアレッツァ(2月3日の東京の未勝利戦は8着)

【期間内絶望】
☆アーデンフォレスト(2月13日の調教後に左前肢第3中手骨の骨折が判明)


2月攻勢と意気込んでいたのに、攻勢どころか年明け未勝利という有り様で、来週以降の出走予定も先細りとなっております。
それだけに今週はもちろん3つ勝って、なんとか希望を繋げればいいのですが…。

 藤沢雄二 2019年2月16日() 10:09
順調の大切さをしみじみと感じながら…~POG第38節~
閲覧 57ビュー コメント 0 ナイス 9

今週のPOG戦線は当初は4頭が想定に名前があったのですが、結局2頭の出走に止まることになりました。


【出走】
・2月16日 京都5R
☆マイディアライフ(川田将雅騎手)

まずは京都の未勝利戦にマイディアライフが出走します。

【マイディアライフ】
助 手 ◇ 栗東 坂良 1 回-56.2-39.8-25.6-13.0 末強目追う
助 手 ■ 栗東 CW良 84.5-69.0-54.3-40.6-12.6 [6] 馬ナリ余力
2. 5 栗東 プール 2周
2. 6 栗東 プール 2周
助 手 2.10 栗東 CW稍 58.4-44.3-15.0 [3] 馬ナリ余力
助 手 2.13 栗東 CW良 84.2-68.2-53.4-39.4-12.0 [9] 強目に追う
レッドジェニアル(三未勝)馬ナリの外1.7秒先行クビ先着

個人的には中1週というのは好きではないのですが、攻め強化と気合い十分だけにここは決めてもらわないと。
そろそろ未勝利戦も相手関係云々を言っていられない時期になっていますから、ここは3着続きの鬱憤を晴らしてほしいところです。


・2月16日 東京5R
△サトノエルドール(北村宏司騎手)

返す刀で10分後の東京の未勝利戦にサトノエルドールが出走します。

【サトノエルドール】
助 手 ◇ 美南 W良 85.1-69.3-54.5-40.7-14.2 [6] 馬ナリ余力
1.23 美浦 プール
1.24 美浦 プール
助 手 2. 3 美南 W稍 54.3-39.2-13.8 [5] 馬ナリ余力
キープオンゴーイン(新馬)馬ナリの外同入
北村宏 2. 6 美南 W稍 69.4-53.9-39.5-13.6 [4] 馬ナリ余力
タンタフエルサ(古500万)馬ナリの内0.6秒追走同入
助 手 2. 8 美南 坂良 1 回-63.9-46.9-30.7-14.9 馬ナリ余力
助 手 2.10 美南 W重 60.1-43.5-14.8 [5] 馬ナリ余力
北村宏 2.13 美南 W良 69.5-54.3-39.6-12.9 [7] 馬ナリ余力
ミエノドリーマー(古1000万)馬ナリの外0.5秒先行同入

追い切りはさらに上昇という感じで今度こそは決めてほしいという気持ちはマイディアライフ以上ですね。とにかく進路取りさえ間違えなければ勝てると思っているので、本当に今度こそはの一戦です。

【調教】

【アドマイヤジャスタ】
小林徹 ◇ 栗東 坂稍 1 回-52.2-37.8-24.4-12.3 末強目追う
助 手 1.30 栗東 坂良 1 回-60.6-43.5-28.3-14.1 馬ナリ余力
小林徹 1.31 栗東 CW良 82.7-67.0-52.4-38.5-12.3 [8] 馬ナリ余力
カヌメラビーチ(三500万)一杯の外0.4秒追走4F併同入
助 手 2. 3 栗東 坂良 1 回-59.7-42.7-27.9-14.1 馬ナリ余力
助 手 2. 6 栗東 坂稍 1 回-62.5-44.7-28.8-14.5 馬ナリ余力
岩 田 2. 7 栗東 CW稍 97.9-81.1-65.2-50.4-36.7-12.0 [5] 一杯に追う
フュージョンロック(古1000万)馬ナリの内追走0.1秒先着
助 手 2.10 栗東 坂稍 1 回-56.5-40.7-26.8-13.5 馬ナリ余力
岩 田 2.13 栗東 CW良 82.8-66.5-51.6-38.4-11.8 [5] 一杯に追う
シュバルツボンバー(古1000万)稍一杯の内1.4秒追走0.2秒先着

【クイーンズテイスト】
調教師 ■ 美南 W良 56.0-41.1-13.4 [8] 馬ナリ余力
助 手 2. 7 美南 P良 70.4-54.5-40.7-13.9 [7] 馬ナリ余力
バモサバイラ(新馬)馬ナリの外0.6秒先行3F付同入
助 手 2.13 美南 P良 74.8-57.9-42.3-12.7 [7] 馬ナリ余力
バモサバイラ(新馬)強目の外0.3秒先行3F付同入

【エトワール】
助 手 ◇ 美南 W良 68.3-52.9-38.9-12.7 [6] 強目に追う
助 手 2. 2 美南 坂稍 1 回-56.2-40.6-26.5-12.8 馬ナリ余力
プレイズラン(古500万)馬ナリを0.8秒追走同入
助 手 2. 6 美南 W稍 66.7-52.8-38.8-12.7 [7] 馬ナリ余力
プレイズラン(古500万)一杯の内0.4秒追走4F併同入
助 手 2.13 美南 W良 68.2-53.3-39.3-13.4 [6] 馬ナリ余力
プレイズラン(古500万)馬ナリの内1.0秒追走同入

【ボスジラ】
田 辺 ◇ 美南 W良 68.6-53.3-39.3-13.0 [8] 強目に追う
助 手 ■ 美南 W良 キリ キリ不明
1.29 美浦 プール
助 手 1.31 美南 W良 72.2-56.6-41.7-14.8 [3] 馬ナリ余力
助 手 2. 3 美南 W稍 58.3-42.8-13.5 [7] 馬ナリ余力
ベルクワイア(三未勝)馬ナリの内0.6秒追走同入
助 手 2. 6 美南 W稍 84.2-67.7-52.5-38.8-13.3 [4] 馬ナリ余力
カレンブーケドール(三500万)馬ナリの内0.6秒追走同入
助 手 2.10 美南 W重 55.4-40.1-13.1 [5] 馬ナリ余力
タンタフエルサ(古500万)馬ナリの内0.6秒追走同入
助 手 2.13 美南 W良 66.8-51.5-37.2-13.1 [3] 馬ナリ余力
タンタフエルサ(古500万)強目の内0.4秒追走同入

【アーデンフォレスト】
助 手 ◇ 栗東 CW良 51.7-37.3-11.8 [7] 直強目余力
北村友 ■ 栗東 坂良 1 回-53.8-39.4-25.8-12.9 馬ナリ余力
助 手 1.20 栗東 CW良 45.8-14.6 [5] 馬ナリ余力
戸 崎 1.23 栗東 CW良 57.1-42.4-14.9 [5] 馬ナリ余力
助 手 2. 3 栗東 CW良 56.7-39.7-12.0 [6] G前仕掛け
キラーコンテンツ(古1000万)末強目の外同入
北村友 2. 7 栗東 芝稍 65.9-49.8-35.7-11.6 [4] 馬ナリ伸る
ラズライトノヴァ(三未勝)強目の内0.9秒追走クビ先着
北村友 2.13 栗東 芝稍 65.6-49.7-36.2-11.6 [3] 馬ナリ余力


【在厩】
☆アドマイヤジャスタ(2月24日のすみれSを岩田騎手で)
☆ボスジラ(2月23日の水仙賞へ)
☆アーデンフォレスト(2月13日の調教後に左前肢第3中手骨の骨折が判明)
△エトワール(2月24日の中山の500万下へ)
△シャドウセッション(2月10日の東京の500万下は7着)
☆クイーンズテイスト(2月16日の東京ダートの未勝利戦は熱発で回避。どのみち節は足りなかったけど)

【放牧】
☆アガラス(2月3日のきさらぎ賞は7着)
☆ランフォザローゼス(4月27日の青葉賞へ)
△ジャカランダシティ(1月26日のクロッカスSは7着)
☆グラディーヴァ(1月19日の若竹賞は3着)
△レッドベレーザ(2月2日のエルフィンSは8着)
△キラープレゼンス(12月28日の500万下は6着)
△ブールバール(1月20日の中京の未勝利戦は2着)
△マキ(11月11日の未勝利戦は2着)
☆ボッケリーニ(2月3日の京都の新馬戦は6着)
△シティーオブスター(9月30日の未勝利戦は13着)
☆ブラックモリオン(11月10日の未勝利戦は5着)
△キアレッツァ(2月3日の東京の未勝利戦は8着)

今週の500万下を予定していたアーデンフォレストの戦線離脱は本当に無念。
クイーンズテイストは熱発したそうですが、どのみち節は足りませんでしたね。続報はわかりませんが、この感じじゃ再来週ぐらいになるのでしょうか?

来週はそこそこのレースに3頭が予定しているので、そこにいい流れを繋げられるように今週の2頭は必勝でお願いします。

[もっと見る]

 fedo_love 2019年2月11日(月) 22:14
クイーンC備忘録
閲覧 57ビュー コメント 0 ナイス 8

【予想】
◎1マドラスチェック×大野
〇7カレンブーケドール×戸崎
△3ミリオンドリームズ×ルメール
 4ジョディー×武藤
 6ビーチサンバ×福永
 9クロノジェネシス×北村友
→3連複1,7を軸に17組

【結果】
①クロノジェネシス
②ビーチサンバ
③ジョディー・・・
④カレンブーケドール
⑥マドラスチェック
⑧ミリオンドリームズ

【的中】
なし。。。

【振返り】
6,9の2強に続く、あわよくば食うと思った1と7の2頭を軸に据えた結果、逃げを打った4ジョディーが食い込みました。。素直に2強のどちらかを軸にしておけばよいものを。。。とにかく上手くいきません。

[もっと見る]

⇒もっと見る

カレンブーケドールの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

カレンブーケドールの写真

カレンブーケドール

カレンブーケドールの厩舎情報 VIP

2019年2月11日デイリー杯クイーンC G34着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

カレンブーケドールの取材メモ VIP

2019年2月11日 デイリー杯クイーンC G3 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。