会員登録はこちら
京王杯2歳ステークス G2   日程:2019年11月2日()  東京/芝1400m

京王杯2歳ステークスのニュース&コラム

【スプリンター】タワーオブロンドン登りつめた
 秋のGI開幕戦のスプリンターズSが29日、中山競馬場で16頭によって争われ、ルメール騎乗で2番人気のタワーオブロンドンが豪快に差し切り勝ち。芝1200メートルに転じて4戦目で、GIを奪取した。2着に3番人気で逃げたモズスーパーフレア、1番人気のダノンスマッシュは3着に敗れた。 歓声に包まれながら、310メートルの直線を力強くを駆け抜けた。タワーオブロンドンが重賞連勝でGI初制覇。サマースプリントシリーズ王者が、2006年のシリーズ創設以来、スプリンターズS初制覇で新たな歴史を作った。 「すごくうれしいです。パドックでリラックスしていたし、スタートは得意でないけどきょうはいい位置が取れた。ラスト200メートルはトップスピードに乗っていて、勝つ自信はありました」 今年GI4勝目のルメール騎手が汗をぬぐいながら笑みを浮かべる。 モズスーパーフレアが逃げて、道中は中団を進む1番人気のダノンスマッシュの後ろを追走する。「マークしたかった。ただ、あの馬の位置が好きではなかったので、外を通ってスムーズな競馬ができた」と回顧。その後、3、4コーナーで外から並びかけると直線では早々にダノンを突き放した。ラストはステッキに応えて伸び、粘り込みを狙うモズをゴール寸前でつかまえて、右手の拳を力強く突き上げた。 検量室前でジョッキーと抱き合って喜びを分かち合った藤沢和調教師。1997年タイキシャトル以来の2勝目に目を細めた。 京王杯2歳S(GII、芝1400メートル)、アーリントンC(GIII、芝1600メートル)を制しているが、早い段階でルメール騎手は「短いところで…」と進言していたという。そして、初めて6ハロン戦を使ったのが4走前の函館SS(3着)で、キーンランドC(2着)、産経賞セントウルS(1着)と使い、4戦目で頂点に到達した。「僕も調教師だし、指図されたくなかったけど、彼のいうとおり1200メートルでしたね」とトレーナーは笑う。 次走は未定だが、マイルCS(11月17日、京都、GI、芝1600メートル)や香港などの海外遠征が視野に入る。スプリント界の新星は、どんな物語をこのあと作っていくのだろう。(渡部陽之助)★入場、売り上げ スプリンターズSの売り上げは、130億2513万100円で、前年比103・3%と増加した。今年の平地GIは13レースが行われ、9レース目の売り上げ増。入場者は3万4347人で前年比141・1%。タワーオブロンドン 父レイヴンズパス、母スノーパイン、母の父ダラカニ。鹿毛の牡4歳。美浦・藤沢和雄厩舎所属。北海道日高町、ダーレー・ジャパン・ファーム有限会社の生産馬。馬主はゴドルフィン。戦績14戦7勝。獲得賞金3億9747万円。重賞は2017年GII京王杯2歳S、18年GIIIアーリントンC、19年GII京王杯SC、GII産経賞セントウルSに次いで5勝目。スプリンターズSは藤沢和雄調教師が1997年タイキシャトルに次いで2勝目。クリストフ・ルメール騎手は初勝利。馬名は「ロンドン塔」。★29日中山11R「スプリンターズS」の着順&払戻金はこちら
2019年9月30日(月) 05:08

 1,001

【2歳次走報】マイネルグリット、D杯2歳Sか京王杯2歳Sを視野
 ★無傷の3連勝で小倉2歳Sを制したマイネルグリット(栗・吉田、牡)は、D杯2歳S(11月9日、京都、GII、芝1600メートル)か京王杯2歳S(11月2日、東京、GII、芝1400メートル)を視野。 ★新馬、コスモス賞と連勝したルーチェデラヴィタ(栗・西村、牝)は、アルテミスS(10月26日、東京、GIII、芝1600メートル)から阪神JF(12月8日、阪神、GI、芝1600メートル)に向かう。また、8月4日小倉の新馬戦(芝1800メートル)を勝った僚馬シリアスフール(牡)は、萩S(10月26日、京都、L、芝1800メートル)から京都2歳S(11月23日、京都、GIII、芝2000メートル)の予定。 ★8日中山の未勝利戦(芝2000メートル)を快勝したメジロドーベルの孫ルトロヴァイユ(美・竹内、牝)は、芙蓉S(22日、中山、OP、芝2000メートル)へ。 ★8月18日小倉で初陣(芝1200メートル)を飾ったメメントモリ(栗・池添学、牝)はカンナS(28日、中山、OP、芝1200メートル)で連勝を狙う。8日中山の未勝利戦(ダ1200メートル)を制したアポロセイラン(美・中舘、牡)も同レースへ。 ★8月3日小倉の新馬戦(芝1200メートル)を制したカーフライターク(栗・高野、牡)はききょうS(21日、阪神、OP、芝1400メートル)に駒を進める。
2019年9月12日(木) 05:02

 224

【2歳次走報】ケープコッド、京王杯2歳SかファンタジーSへ
 ★すずらん賞を逃げ切ったケープコッド(美・高柳瑞、牝)は京王杯2歳S(11月2日、東京、GII、芝1400メートル)か、同日のファンタジーS(京都、GIII、芝1400メートル)のどちらかへ。「距離を1ハロンずつ延ばして目標(阪神JF=12月8日、阪神、GI、芝1600メートル)に向かいたい」と高柳瑞師。
2019年9月4日(水) 05:00

 450

【セントウルS】レース展望
 今週から秋競馬が開幕するが、まだ夏の余韻は残り、阪神の日曜メインにサマースプリントシリーズ最終戦(全6戦)の産経賞セントウルS(8日、GII、芝1200メートル)が行われる。1着馬にスプリンターズS(29日、中山、GI、芝1200メートル)の優先出走権が与えられる重要な一戦だ。昨年の勝ち馬ファインニードルはここを勝って本番も制覇。2012、13年のロードカナロアはともに2着だったが、スプリンターズSを連覇している。 高松宮記念でGI初制覇を飾ったミスターメロディ(栗東・藤原英昭厩舎、牡4歳)は、それ以来5カ月半ぶりの出走になるが、乗り込みは順調で2週続けて栗東CWコースで切れのある動きを見せている。阪神は3走前の阪神Cで2着の実績がある。今回は初めて背負う58キロの克服がポイントになるが、最有力候補であることに変わりはない。 ダイメイプリンセス(栗東・森田直行厩舎、牝6歳)は前走の北九州記念で約1年ぶりの勝利を挙げた。夏場に強く一時の不振からも脱した様子だ。阪神は初めてだが、同じく直線に坂がある中山で勝った実績があるだけに問題ないだろう。前走から1キロ減の54キロで出走できるのもプラスになる。 タワーオブロンドン(美浦・藤沢和雄厩舎、牡4歳)は3走前に京王杯スプリングCを勝った後は、スプリント路線に転向。函館スプリントS3着、キーンランドC2着と勝ち切れていないが、忙しい流れにも慣れた頃で勝機はありそうだ。阪神芝も【2・0・1・0】と得意だ。中1週で北海道→美浦→阪神と長距離輸送が続くが、タフなタイプなので心配はなさそう。 イベリス(栗東・角田晃一厩舎、牝3歳)は2走前にアーリントンCで重賞初制覇を飾った後、NHKマイルCは16着と大敗したが、本質的には短距離向きなので距離短縮は好材料。年長馬と初対戦になるが、52キロで出走できるのは大きなアドバンテージになる。 アンヴァル(栗東・藤岡健一厩舎、牝4歳)は4勝全てを芝1200メートルで挙げているが、平坦巧者で直線に坂がある阪神では【0・0・0・3】と精彩を欠く。コース克服が課題になる。 ファンタジスト(栗東・梅田智之厩舎、牡3歳)は久々の北九州記念で出遅れも影響して14着と大敗したが、小倉2歳S、京王杯2歳Sと重賞を2勝している実力馬。スムーズなスタートを切れれば見直せる。 昨年、ダートのプロキオンSを日本レコードで勝ち、今年のドバイゴールデンシャヒーンでも2着と好走しているマテラスカイ(栗東・森秀行厩舎、牡5歳)の挑戦も興味深い。これまで芝のレースへの出走は京王杯2歳S1回のみで9着に終わっているが、当時よりはるかに力をつけているのでマークしたい存在だ。 ほかには、サマースプリントシリーズでトップに立っているカイザーメランジェ(美浦・中野栄治厩舎、牡4歳)に注目したい。★産経賞セントウルSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年9月2日(月) 16:55

 2,335

京王杯2歳ステークスのニュースをもっと見る >

ただ今の時間は追い切り情報はありません。

※更新時間の目安は水曜日05:00頃となります。
(年始やG1レースで異なる場合があります)

まだコラムはありません。
予想家コラムは
レース開催週の月曜日より順次公開されます

京王杯2歳ステークス過去10年の結果

2018年11月3日() 東京競馬場/芝1400m 天候: 馬場:
1着 ファンタジスト 武豊 1:24.7 3.7倍 90.0
2着 アウィルアウェイ M.デムーロ ハナ 1.7倍 90.0
3着 カルリーノ 三浦皇成 25.7倍 87.4
2017年11月4日() 東京競馬場/芝1400m 天候: 馬場:
2016年11月5日() 東京競馬場/芝1400m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

京王杯2歳ステークスのデータ分析とレース傾向

コース図東京芝1400m

1965年に創設され、1980年から芝1400mで行われている伝統の2歳重賞。1984年からはG2に格付けされている。朝日杯フューチュリティステークスの重要なステップレースであり、グラスワンダー(1997年)、コスモサンビーム(2003年)、グランプリボス(2010年)などが連勝で2歳G1ウイナーとなっている。近年は2歳重賞路線の整備もあって短距離趣向の出走馬の割合が増えてきているものの、2016年の1着馬モンドキャンノが朝日杯で2着に入るなど格は維持されている。舞台となる東京芝1400mは東京芝コースなかでも珍しく器用さを求められるコース設定。2歳戦だけに、その見極めも勝負ポイントとなる。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

京王杯2歳ステークスの歴史と概要


2010年の優勝馬グランプリボス

11月の東京開催に組まれている伝統の2歳重賞。かつては2歳(旧3歳)重賞が少なかったこともあり、世代トップクラスが集結し、第24回(1988年)はのちに皐月賞馬となるドクタースパートが、第32回(1996年)は同年の2歳チャンピオンとなるマイネルマックスが、第33回(1997年)は未来のグランプリホース・グラスワンダーが、第34回(1998年)は翌年にオークスを制すウメノファイバーが、それぞれ勝利した。21世紀に入ってからは、その後マイルG1で結果を残す馬の活躍が目立つようになり、第45回(2009年)をエイシンアポロン(4歳時にマイルチャンピオンシップ制覇)が、第46回(2010年)をグランプリボス(のちにG1を2勝&2着3回)が、将来の飛躍を暗示すべく初重賞制覇を達成している。

歴史と概要をもっと見る >

京王杯2歳ステークス昨年のBIGヒット予想家

去年の京王杯2歳ステークスを見事的中させた予想家です。
今年もBIGヒットが期待される予想家の無料予想を枠順確定から発走直前まで続々と公開します!
無料予想は 会員登録(無料)するだけでご覧頂けます。

今すぐ会員登録(無料)する!

2018年11月03日(土) 15:34更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv 80 
4,400円 220,000円
Lv 83 
4,400円 176,000円
Lv 95 
1,170円 117,000円
Lv 82 
4,400円 110,000円
Lv 80 

4,400円
610円
100,200円
Lv 81 
1,170円 93,600円
Lv 84 

4,400円
1,170円
90,800円
Lv 98 

4,400円
4,400円
88,000円
Lv 90 
4,400円 74,800円
Lv 95 
4,400円 66,000円
Lv 90 
4,400円 66,000円
Lv 84 
4,400円 66,000円
Lv 102 
4,400円 66,000円
Lv 98 

4,400円
1,170円
64,450円
Lv 94 
1,170円 58,500円
Lv 109 
1,170円 58,500円
 
4,400円 57,200円
Lv 106 
4,400円 52,800円
Lv 83 
4,400円 52,800円
Lv 93 
4,400円 52,800円

京王杯2歳ステークスの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年10月19日(
富士ステークス  G3
2019年10月20日(
菊花賞  G1

競馬番組表

2019年10月19日(
3回新潟3日目
4回東京6日目
4回京都6日目
2019年10月20日(
3回新潟4日目
4回東京7日目
4回京都7日目
2019年10月21日(月)
4回東京4日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
88,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 サートゥルナーリア 牡3
31,176万円
2 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
3 クロノジェネシス 牝3
24,993万円
4 ダノンキングリー 牡3
24,181万円
5 ダノンファンタジー 牝3
23,621万円
6 グランアレグリア 牝3
19,878万円
7 ヴェロックス 牡3
18,521万円
8 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
9 リオンリオン 牡3
13,748万円
10 カレンブーケドール 牝3
13,594万円
» もっと見る