会員登録はこちら
京王杯2歳ステークス G2   日程:2018年11月3日() 15:35 東京/芝1400m

レース結果

京王杯2歳ステークス G2

2018年11月3日() 東京/芝1400m/8頭

本賞金:3,800万 1,500万 950万 570万 380万


レコード:1分21秒2
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 1 1

ファンタジスト

牡2 55.0 武豊  梅田智之 474(+10) 1.24.7 3.7 2
2 5 5

アウィルアウェイ

牝2 54.0 M.デムー  高野友和 464(+10) 1.24.7 ハナ 1.7 1
3 6 6

カルリーノ

牡2 55.0 三浦皇成  高橋裕 496(+6) 1.25.0 25.7 6
ラップタイム 12.9 - 12.2 - 12.9 - 13.2 - 11.7 - 10.8 - 11.0
前半 12.9 - 25.1 - 38.0 - 51.2 - 62.9
後半 59.6 - 46.7 - 33.5 - 21.8 - 11.0

■払戻金

単勝 1 370円 2番人気
複勝 1 120円 2番人気
5 110円 1番人気
6 220円 6番人気
馬連 1-5 270円 1番人気
ワイド 1-5 170円 1番人気
1-6 610円 9番人気
5-6 420円 7番人気
馬単 1-5 710円 3番人気
3連複 1-5-6 1,170円 4番人気
3連単 1-5-6 4,400円 16番人気

京王杯2歳ステークスのニュース&コラム

【2歳次走報】ファンタジスト、朝日杯フューチュリティSへ
 ★京王杯2歳Sを勝ったファンタジスト(栗・梅田、牡)、5着アスターペガサス(栗・中竹、牡)は朝日杯フューチュリティS(12月16日、阪神、GI、芝1600メートル)へ。2着アウィルアウェイ(栗・高野、牝)は阪神ジュベナイルフィリーズ(同9日、阪神、GI、芝1600メートル)に進む。ファンタジーS2着ベルスール(栗・今野、牝)、4着ラブミーファイン(栗・田所、牝)も阪神JFに向かう。 ★美浦・斎藤誠厩舎所属の主な馬は次の通り。4日の福島新馬戦(ダ1700メートル)を圧勝したワシントンテソーロ(牡)はカトレア賞(24日、東京、500万下、ダ1600メートル)へ。来年5月の米ケンタッキーダービーのポイントレースで、参戦の意思あり。4日の東京新馬戦(芝1600メートル)を逃げ切ったマドラスチェック(牝)は赤松賞(18日、東京、500万下、芝1600メートル)かベゴニア賞(25日、東京、500万下、芝1600メートル)。京王杯2歳S4着ココフィーユ(牝)は、こうやまき賞(12月1日、中京、500万下、芝1600メートル)か、つわぶき賞(同9日、中京、500万下、芝1400メートル)へ。 ★4日の東京未勝利戦(ダ1600メートル)を勝ったカナシバリ(美・竹内、牝)はカトレア賞に進む。 ★4日の東京新馬戦(ダ1600メートル)を快勝したノーベルプライズ(美・古賀史、牡)は12月8日の中山500万下(ダ1800メートル)へ。★ファンタジストの競走成績はこちら
2018年11月7日(水) 05:00

 293

【京王杯2歳S】ファンタジスト無傷3連勝
 第54回京王杯2歳ステークス(3日、東京11R、GII、2歳オープン国際(指)、馬齢、芝1400メートル、1着本賞金3800万円 =出走8頭)武豊騎乗で2番人気のファンタジストが、ゴール前の叩き合いをハナ差で制してデビュー3連勝。小倉2歳Sに続く重賞タイトルを手にした。タイム1分24秒7(良)。次走は朝日杯フューチュリティS(12月16日、阪神、GI、芝1600メートル)。2着は1番人気のアウィルアウェイ。 人気馬2頭が究極の瞬発力勝負を繰り広げた。壮絶な追い比べを制したのは、小倉2歳王者のファンタジスト。1番人気アウィルアウェイをハナ差抑え、無傷の3連勝でGII制覇だ。 「ペースがすごくスローになったけど、いい感じで折り合いがついて、速い上がりにも対応してくれた。一戦ごとに馬が良くなっている。距離が延びても楽しみ」 府中を“オジュウフィーバー”で包んだ9Rに続いてメイン11Rも制した武豊騎手。3番手追走からラスト3ハロン33秒2の切れ味を繰り出して、接戦をものにしたパートナーをたたえた。 この日は10キロ増の474キロでデビューから26キロも成長。「ここが最終目標ではないから余裕のある仕上げ。ハナ差でも大きな勝ち。かなりの伸びしろがある」と梅田調教師。「(1400メートルでも)豊さんは最初から1600メートルの競馬をさせていた」と次走の朝日杯FSへ収穫も口にした。 馬名の意味は『夢想家』だが、もう夢の話ではない。デビュー4連勝での2歳王者誕生が現実味を帯びてきた。 (板津雄志) ◆高野師(アウィルアウェイ2着) 「スタート直後に挟まれて、下げたら超スローになって行きたがっていた。瞬発力勝負はよかったけれど、勝った馬も能力が高いしね。馬群で競馬できたのは、いい経験になったと思う」=阪神JF(12月9日、阪神、GI、芝1600メートル)を視野に。 ◆三浦騎手(カルリーノ3着) 「折り合いはついた。最後は切れ味勝負になったけれど、この馬の力は見せてくれた」 ◆戸崎騎手(ココフィーユ4着) 「スローペースでもリラックスして、最後まで頑張っていた」 ◆福永騎手(アスターペガサス5着) 「体に余裕があって少し気負っていたけれど、次は変わってくると思う」
2018年11月4日() 05:03

 187

【京王杯2歳S】函館2歳S制覇のアスターペガサスは5着 福永「気負っていたぶん、最後は伸び切れなかった」
 11月3日の東京11Rで行われた第54回京王杯2歳ステークス(2歳オープン、GII、芝1400メートル、馬齢、8頭立て、1着賞金=3800万円)は、武豊騎手騎乗の2番人気ファンタジスト(牡、栗東・梅田智之厩舎)が好位追走から直線は内めを伸びて、最内のアウィルアウェイとの競り合いを制した。タイムは1分24秒7(良)。 デビューから無傷の2連勝で函館2歳Sを制したアスターペガサス(3番人気)は、後方追走から徐々にポジションを上げて直線入口では先頭を射程圏に入れたものの、そこから伸び切れず5着止まり。デビュー3連勝とはならなかった。 福永祐一騎手「ゲートに課題がありますが、スタートが思いのほか良くて、ペースも遅く、前に壁ができませんでした。3コーナーあたりで納得してくれて、いい感じで直線に向きましたが、気負っていたぶん、最後は伸び切れませんでした」★【京王杯2歳S】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2018年11月3日() 19:26

 178

【京王杯2歳S】カルリーノは函館2歳Sに続く3着 三浦「切れ負けしたが、目標にしていた馬はかわせた」
 11月3日の東京11Rで行われた第54回京王杯2歳ステークス(2歳オープン、GII、芝1400メートル、馬齢、8頭立て、1着賞金=3800万円)は、武豊騎手騎乗の2番人気ファンタジスト(牡、栗東・梅田智之厩舎)が好位追走から直線は内めを伸びて、最内のアウィルアウェイとの競り合いを制した。タイムは1分24秒7(良)。 3カ月半ぶりの復帰戦となったカルリーノ(6番人気)が、道中は好位で脚を溜めると、最後の直線で馬場の真ん中を伸びて3着入線。前走の函館2歳Sに続く3着と見せ場を作ったものの、惜しくも本賞金の加算とはならなかった。 三浦皇成騎手「ゲートを上手に出て、折り合いもつきました。上がり勝負でも頑張ってくれました。切れ負けしましたが、目標にしていた馬はかわしていますし、いい競馬をしていると思います」★【京王杯2歳S】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2018年11月3日() 19:26

 158

京王杯2歳ステークスのニュースをもっと見る >

プロ予想家の的中情報


京王杯2歳ステークスの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

11月3日 15:34更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv114 
120円 6,000円
Lv114 
370円 37,000円
Lv109 
1,170円 18,720円
Lv108 
170円 17,000円
Lv107 
420円 21,000円

的中情報をもっと見る >

京王杯2歳ステークス過去10年の結果

2017年11月4日() 東京競馬場/芝1400m 天候: 馬場:
2016年11月5日() 東京競馬場/芝1400m 天候: 馬場:
2015年11月7日() 東京競馬場/芝1400m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

京王杯2歳ステークスのデータ分析とレース傾向

コース図東京芝1400m

1965年に創設され、1980年から芝1400mで行われている伝統の2歳重賞。1984年からはG2に格付けされている。朝日杯フューチュリティステークスの重要なステップレースであり、グラスワンダー(1997年)、コスモサンビーム(2003年)、グランプリボス(2010年)などが連勝で2歳G1ウイナーとなっている。近年は2歳重賞路線の整備もあって短距離趣向の出走馬の割合が増えてきているものの、2016年の1着馬モンドキャンノが朝日杯で2着に入るなど格は維持されている。舞台となる東京芝1400mは東京芝コースなかでも珍しく器用さを求められるコース設定。2歳戦だけに、その見極めも勝負ポイントとなる。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

京王杯2歳ステークスの歴史と概要


2010年の優勝馬グランプリボス

11月の東京開催に組まれている伝統の2歳重賞。かつては2歳(旧3歳)重賞が少なかったこともあり、世代トップクラスが集結し、第24回(1988年)はのちに皐月賞馬となるドクタースパートが、第32回(1996年)は同年の2歳チャンピオンとなるマイネルマックスが、第33回(1997年)は未来のグランプリホース・グラスワンダーが、第34回(1998年)は翌年にオークスを制すウメノファイバーが、それぞれ勝利した。21世紀に入ってからは、その後マイルG1で結果を残す馬の活躍が目立つようになり、第45回(2009年)をエイシンアポロン(4歳時にマイルチャンピオンシップ制覇)が、第46回(2010年)をグランプリボス(のちにG1を2勝&2着3回)が、将来の飛躍を暗示すべく初重賞制覇を達成している。

歴史と概要をもっと見る >

京王杯2歳ステークスの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年11月24日(
ラジオN杯京都2歳S  G3
2018年11月25日(
ジャパンカップ  G1
京阪杯  G3

競馬番組表

2018年11月24日(
5回東京7日目
5回京都7日目
2018年11月25日(
5回東京8日目
5回京都8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
88,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
86,512万円
3 レイデオロ 牡4
73,559万円
4 オジュウチョウサン 牡7
55,899万円
5 サトノクラウン 牡6
48,604万円
6 マカヒキ 牡5
48,298万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 ファインニードル 牡5
47,828万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
41,720万円
2 ワグネリアン 牡3
36,086万円
3 ステルヴィオ 牡3
27,773万円
4 エポカドーロ 牡3
27,016万円
5 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
6 フィエールマン 牡3
17,886万円
7 ケイアイノーテック 牡3
17,668万円
8 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
9 エタリオウ 牡3
14,754万円
10 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
» もっと見る