会員登録はこちら
京王杯2歳ステークス G2   日程:2019年11月2日() 15:35 東京/芝1400m

レース結果

京王杯2歳ステークス G2

2019年11月2日() 東京/芝1400m/10頭

本賞金:3,800万 1,500万 950万 570万 380万


レコード:1分21秒2
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 4 4

タイセイビジョン

牡2 55.0 C.ルメー  西村真幸 460(+4) R1.20.8 2.1 1
2 7 8

ビアンフェ

牡2 55.0 藤岡佑介  中竹和也 534(+24) 1.21.1 5.4 3
3 5 5

ヴァルナ

牡2 55.0 C.スミヨ  寺島良 476(-16) 1.21.4 6.5 4
ラップタイム 12.4 - 11.1 - 11.4 - 11.8 - 11.3 - 11.3 - 11.5
前半 12.4 - 23.5 - 34.9 - 46.7 - 58.0
後半 57.3 - 45.9 - 34.1 - 22.8 - 11.5

■払戻金

単勝 4 210円 1番人気
複勝 4 110円 1番人気
8 170円 3番人気
5 170円 4番人気
枠連 4-7 540円 2番人気
馬連 4-8 560円 2番人気
ワイド 4-8 260円 2番人気
4-5 280円 3番人気
5-8 500円 6番人気
馬単 4-8 860円 2番人気
3連複 4-5-8 990円 3番人気
3連単 4-8-5 3,660円 10番人気

京王杯2歳ステークスのニュース&コラム

【乗り替わり勝負度チェック!】エリザベス女王杯 シビアな主戦降板で本気モードが漂うこの馬に要注意!
当企画のコンセプトにつきましては、コチラにてご確認ください。今週も“勝ち逃げ馬券師”新良武志氏に、注目の乗り替わりをピックアップしてもらいます。 ※データは2015年以降の結果をもとに集計 編集部(以下、編) 新良さん、先週はお見事でした。土日の4重賞でオススメの乗り替わりを教えていただき、京王杯2歳Sでヴァルナが4番人気3着、ファンタージSでレシステンシアが6番人気1着、みやこSでキングズガードが10番人気2着と狙い目が大暴れ。このコーナーを参考にされている方は相当オイシイ思いができたと思います。 新良(以下、新) ありがとうございます。 編 さらに、継続騎乗だったためにここでは名前が出てきませんでしたが、会員さん向けの予想では、京王杯2歳Sはタイセイビジョン、みやこSはヴェンジェンスと、いずれも勝ち馬に◎を打って的中させたそうですね。 新 先週は怖いくらいにハマってくれました。相手もしっかり拾えていたので、個人的にも、まぁそれなりの利益を上げることができましたよ(笑)。 編 うらやましい限りです。ぜひとも、この好調ムードのまま2週連続のヒット連発を決めちゃってください。 新 頑張ります。 編 先週はG1がありませんでしたが、今週はエリザベス女王杯が行われます。早速、狙い目になりそうな乗り替わりを教えてください。 新 石橋脩騎手からスミヨン騎手に乗り替わる②ラッキーライラックですね。 編 ラッキーライラックと言えば石橋騎手、という印象ですが、ここでスミヨン騎手にバトンタッチですか……。 新 ついにこの時が来た、という感じです。落馬負傷で乗れなかった昨年の秋華賞以外、デビューからすべてのレースでコンビを組んできましたが、非情な決断が下されました。前走は得意とは言えない舞台ながら、ハイペースの展開を3着に粘ったように、決して悪い内容ではなかったんですけどね。 編 厳しい世界ですね。 新 ただ、単なる乗り替わりではなく、陣営にしてみれば相当気合いの入った乗り替わりだと思います。スミヨン騎手に、中途半端な状態の馬を託すわけにはいきませんから。 編 つまり、このジョッキーを乗せてくる時点で、万全の状態であると推測できると? 新 そういうことです。スミヨン騎手は京都の芝で先週までに3勝を挙げていますが、いずれも外回りコースでした。広々としたコースで騎乗させたら、私はルメール騎手以上だと評価しています。本気で勝ちに来ているとみて間違いないでしょう。 編 馬自身は昨年春のチューリップ賞以来、勝ちきれていませんが……。 新 ここで復活があっても驚けません。距離はベストではないにせよ、ギリギリこなせるレベル。期待は大きいです。 編 わかりました。それ以外にオススメの乗り替わりはありますか? 今週も平地重賞が4つ組まれていますが。 新 デイリー杯2歳Sの①レッドベルジュールに注目しています。もともと福永祐一騎手からデットーリ騎手に乗り替わる予定でしたが、騎乗停止で乗れなくなったので、思わぬかたちで武豊騎手に手綱が回ってきました。 編 デットーリ騎手の騎乗が見られると期待していたんですけどね。 新 まぁ、残念な面もありますが、馬にとっては武豊騎手が空いていてよかったと思います。武豊騎手は京都芝1600mの外回りでは、2015~2017年が11.9%、2018年以降が20.0%と高い勝率を残しており、安定感は抜群。非常に高いレベルでの鞍上変更で、まったくマイナスにはならないでしょう。 編 新馬戦は強い勝ち方でしたし、伸びしろはありそうですね。 新 未知の部分はありますし、強敵もたくさんいますが、まとめて面倒を見るだけの素質は秘めているはず。警戒は怠れないですね。 編 わかりました。今週も大爆発といきますように! ★その他の注目乗り替わり★ 土曜東京11R ⑨タイムフライヤー(ルメール→藤岡佑介) 日曜福島11R ②リリックドラマ(菱田裕二→西村淳也) 【プロフィール】 新良武志(しんら・たけし) 20歳を過ぎたころに競馬を覚え、40代半ばまでは負け組人生を送っていたが、データベースソフト『TARGET』と『ウマニティ』のU指数に出会い、データ馬券に開眼。騎手と種牡馬をメインにした斬新なデータ活用術と馬券購入テクニックを武器に、コンスタントに好配当馬券を的中させる“勝ち逃げ馬券師”へと変貌を遂げる。15年秋に雑誌『競馬最強の法則』でデビューし、翌16年春には単行本『毎週コツコツ勝ち逃げリーマン最強馬券術』(ベストセラーズ)を上梓。現在もデータ馬券研究の日々を送る。昨年10月に新創刊された『競馬の天才!』(メディアボーイ)で連載をスタート!最新情報は『“新良式”データ馬券ブログ』で公開中。
2019年11月8日(金) 13:30

 5,167

【京王杯2歳S】タイセイビジョン、2歳コースレコード!
 京王杯2歳S(芝1400メートル)が2日、東京競馬場で10頭によって争われ、ルメール騎乗で1番人気のタイセイビジョンが差し切って重賞初勝利。タイム1分20秒8(良)は2歳コースレコードの好タイムだった。2馬身差の2着は3番人気のビアンフェ。 乗りに乗る名手が、レコードの快走を導き出した。2頭の重賞ウイナーを抜き去り、先頭でゴールに飛び込んだのはルメール騎手騎乗のタイセイビジョン。4コーナー7番手からラスト3ハロン33秒5の末脚を繰り出し、1分20秒8の2歳コースレコードで2馬身突き抜けた。 「今日はスタートもとても良かったから、ちょっと引っ掛かった。こないだが1200メートルだったし、速い脚で走りたがっていた」 富士S(ノームコア)、天皇賞・秋(アーモンドアイ)に続く3週連続、今年13回目のJRA重賞Vは我慢の戦いだった。デビュー3戦目で前進気勢が強くなったパートナーとの折り合いに、序盤は苦戦。しかし、呼吸を合わせてじわりとコントロールした。「馬場はそんなに硬くない。だからレコードはビックリだね。次はリラックスして走れると思う。リラックスしたら1600メートルは絶対大丈夫」とマイル克服にも太鼓判を推した。 「前走(函館2歳S)の後に“距離があって直線の長いコースがいい”と言ってくれたんです。いい状態に仕上がったし、輸送も全然大丈夫でした」。鞍上の進言を受けてのGII奪取に、穏やかな笑みを浮かべた西村調教師が頭を悩ますのが次走の選択。「朝日杯FS(12月15日、阪神、GI、芝1600メートル)だと、ルメールさんが乗れるのかどうか。そのあたりも考えてオーナーと相談します」と明言を避けたが、もしGI参戦となれば、その類いまれなスピードが他陣営の脅威となるのは間違いない。 (内海裕介)タイセイビジョン 父タートルボウル、母ソムニア、母の父スペシャルウィーク。栗毛の牡2歳。栗東・西村真幸厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は田中成奉氏。戦績3戦2勝。獲得賞金5753万8000円。重賞初勝利。京王杯2歳Sは西村真幸調教師が初勝利、クリストフ・ルメール騎手は2016年モンドキャンノ、17年タワーオブロンドンに次いで3勝目。馬名は「冠名+先見の明」。★2日東京11R「京王杯2歳S」の着順&払戻金はこちら
2019年11月3日() 05:05

 234

【京王杯2歳S】レースを終えて…関係者談話
 ◆スミヨン騎手(ヴァルナ3着)「掛かることもなく、むしろフワッとするぐらい。それでも最後は伸びているし、オープンでも走れる能力がある」 ◆田辺騎手(グランチェイサー4着)「前走は千六でちぐはぐな競馬だったけど、きょうはスムーズな競馬ができた」 ◆藤田騎手(グレイトホーン5着)「千四も問題なくこなしてくれて、最後もジリジリと伸びてくれましたね」 ◆国分優騎手(マイネルグリット9着)「テンションは高いですが、いつもよりもましでした。折り合って進めましたが、思ったほど伸びませんでした」★2日東京11R「京王杯2歳S」の着順&払戻金はこちら
2019年11月3日() 05:04

 246

【京王杯2歳S】ビアンフェ2着…重賞連勝ならず
 函館2歳王者のビアンフェは、3カ月半ぶりの一戦に24キロ増の馬体で登場。果敢にハナを奪い、直線では勝ち馬にかわされてからも粘りに粘って2着を確保した。藤岡佑騎手は「課題のスタートをうまくクリアして、スムーズに出していけました。初物づくしの中でよく粘っています。馬体は成長分でもありますし、これからもっと良くなると思います」と確かな手応えをつかんでいた。★2日東京11R「京王杯2歳S」の着順&払戻金はこちら
2019年11月3日() 05:04

 115

京王杯2歳ステークスのニュースをもっと見る >

【京王杯2歳S】追って一言
 ◆アポロニケ・岩戸師 「鞍上は『いい動き』と言っていた。スピードが身上なのでハナを主張してほしい」 ◆ヴァルナ・寺島師 「状態は前回から上向いていますね。能力のある馬ですし、今度もいい競馬ができるようなら」 ◆カイトレッド・柴田大騎手 「動きは良かったし、最後まで懸命に走ってくれるタイプ。完成度も高そうです」 ◆カップッチョ・高市師 「先週びっしりやったので、軽めで十分。前走は出負け。改めて」 ◆グランチェイサー・矢野師 「短距離指向が表面化。1ハロン短縮はいいが、気性が鍵。細いハミに替えてどうか」 ◆セイラブミー・伊藤大師 「状態は良い。まだ馬体に実が入っておらず、奥手の母に似てこれからの馬」 ◆タイセイビジョン・菊本助手 「動きは良かった。少し休んで、体が大きくなっています」 ◆ビアンフェ・中竹師 「前回と見た目は変わっている。男馬らしい体になったよ。ゲート練習は入念にやっている」 ◆マイネルグリット・国分優騎手 「真っすぐに、きれいに反応をしてくれました。ポテンシャルは高い」★京王杯2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年10月31日(木) 05:04

 1,056

【京王杯2歳S】菜七子、グレイトホーンは「東京問題ない」
 藤田菜七子騎乗のグレイトホーンはWコースの直線で仕掛けられると、5ハロン67秒2-12秒3の好反応で2馬身先着した。菜七子は「もともと左にもたれる馬ですけど、引き続きいい状態で、反応もよかった。新馬のときよりパワーアップしていますし、東京も問題ない」と好感触。2日の東京盃で初めて交流重賞を制したが、JRA重賞は未勝利。しかも所属厩舎での重賞挑戦に「根本先生の馬で重賞に行けるのはうれしい。いい結果が出せるように頑張ります」と笑顔を見せた。★京王杯2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年10月31日(木) 05:04

 398

【アルゼンチン共和国杯&みやこS&京王杯2歳S】レースの注目点
★目黒記念で芝2500メートルの日本レコードを更新 重賞連勝を狙うルックトゥワイス/アルゼンチン共和国杯 目黒記念を制したルックトゥワイス(牡6歳、栗東・藤原英昭厩舎)が、アルゼンチン共和国杯に登録している。同馬は昨年のアルゼンチン共和国杯では8着に敗れたが、その後は日経新春杯2着、新潟大賞典4着など重賞で善戦し、前走の目黒記念では芝2500メートルの日本レコードを更新(2分28秒2)して重賞初制覇を遂げた。ルックトゥワイスには2016年7月の3歳未勝利以来、約3年3力月ぶりに福永祐一騎手が騎乗する予定だが、重賞連勝を飾ることができるかどうか。Vなら、同馬を管理する藤原英昭調教師、並びにステイゴールド産駒は昨年のパフォーマプロミスに続くアルゼンチン共和国杯連覇となる。なお、ルックトゥワイスはトップハンデの57キロを背負う。★フェブラリーSを制したインティが登場 初Vがかかる3歳勢は2頭が登録/みやこS フェブラリーSを制したインティ(牡5歳、栗東・野中賢二厩舎)が、みやこSで秋初戦を迎える。同馬は2017年4月のデビュー戦こそ9着に敗れたが、2戦目の未勝利戦を7馬身差で勝ち上がると、その後は連勝を続け、7連勝でフェブラリーSを制してダート界の頂点に立った。インティはその後かしわ記念2着、帝王賞6着と地方競馬で実施された統ーダートGIで敗れているが、7連勝中のJRAダート戦で巻き返すことができるかどうか。なお、同馬には川田将雅騎手が騎乗予定。 また、3歳馬は統ーダートGIの全日本2歳優駿勝ち馬ノーヴァレンダ(牡、栗東・斉藤崇史厩舎)、ユニコーンS勝ち馬のワイドファラオ(牡、栗東・角居勝彦厩舎)の2頭が登録している。みやこSでは、2010年の創設以来3歳馬の勝利がないが、今年の3歳勢は古馬を破ることができるかどうか。なお、ノーヴァレンダには松山弘平騎手、ワイドファラオにはM.デムーロ騎手が騎乗予定。★2019年新潟競馬の年間最多勝をマーク JRA重賞初制覇を狙う藤田菜七子騎手/京王杯2歳S 27日に開催が終了した3回新潟競馬は、9勝を挙げた藤田菜七子騎手が開催リーディングジョッキーを獲得。2019年の新潟競馬の年間リーディングジョッキー(20勝)にもなった。藤田騎手は、11月2日に東京で実施される京王杯2歳Sには、デビューからコンビを組んでいるグレイトホーン(牡、美浦・根本康広厩舎)に騎乗する予定となっているが、JRA重賞初制覇を飾ることができるかどうか。なお、同騎手は10月28日現在、今年のJRA勝利数を「40」としており、女性騎手のJRA年間最多勝記録を更新中で、10月2日の東京盃では、女性騎手初の統一ダート重賞制覇を果たしている。 また、グレイトホーンは、日本中央競馬会日高育成牧場が生産したJRAホームブレッドで、今年のJRAブリーズアップセールにて2500万円(税抜)で取引された。同馬が京王杯2歳Sで勝てば、JRAホームブレッド初のJRA重賞制覇となる。★2歳リーディングサイヤーランキング首位 JRA連続週勝利記録を更新したディープ産駒 ディープインパクト産駒は、2015年2月7日から毎週JRAの競走で勝利を挙げている。先週で、サンデーサイレンスが持っていた連続週勝利のJRA記録「246週」を更新する247週連続勝利となり、今後どこまで記録を伸ばすか注目される。ディープ産駒は、10月28日現在、今年のJRA2歳リーディングサイヤーランキングでもトップに立っており、ファンタジーSにはマジックキャッスル(美浦・国枝栄厩舎)が登録している。昨年のファンタジーSでは同産駒のダノンファンタジーが勝利を挙げているが、今年もディープ産駒はファンタジーSを制すことができるだろうか。同馬には戸崎圭太騎手が騎乗する予定(※マジックキャッスルは、京王杯2歳Sにも登録している)。 また、JRA2歳リーディングサイヤーランキングでディープインパクトに次ぐ2位となっている新種牡馬キズナの産駒は、ファンタジーSにクリアサウンド(栗東・杉山晴紀厩舎)、レジェーロ(栗東・西村真幸厩舎)、京王杯2歳Sには函館2歳S勝ち馬ビアンフェ(牡、栗東・中竹和也厩舎)が登録している。10月28日現在、1位ディープインパクトと2位キズナの差は約5200万円となっているが、今週の2重賞を制してランキングのトップの座に躍り出るかどうか。★アルゼンチン共和国杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★みやこSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★京王杯2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年10月30日(水) 17:44

 1,437

【京王杯2歳S】マイネルグリット、迫力坂路追いラスト11秒8
 デビューから3連勝中のマイネルグリットは坂路でラスト1ハロン11秒8(4ハロン53秒3)と優れた瞬発力を披露。小倉2歳Sに続く重賞連勝を意識できる仕上がりだ。騎乗した国分優騎手も「迫力を感じましたね。まっすぐに、きれいに反応をしてくれましたよ」と声を弾ませた。目標の朝日杯FSに向けて大事な一戦。「ポテンシャルは高い。自信を持って乗りたい」と締めた。★京王杯2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★マイネルグリットの競走成績はこちら
2019年10月30日(水) 05:04

 673

プロ予想家の的中情報


京王杯2歳ステークスの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

11月2日 15:33更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv123 

170円
170円
450円
Lv117 
860円 8,600円
Lv114 
990円 9,900円
Lv112 

990円
280円
6,330円
Lv111 
3,660円 10,980円

的中情報をもっと見る >

京王杯2歳ステークス過去10年の結果

2018年11月3日() 東京競馬場/芝1400m 天候: 馬場:
1着 ファンタジスト 武豊 1:24.7 3.7倍 90.0
2着 アウィルアウェイ M.デムーロ ハナ 1.7倍 90.0
3着 カルリーノ 三浦皇成 25.7倍 87.4
2017年11月4日() 東京競馬場/芝1400m 天候: 馬場:
2016年11月5日() 東京競馬場/芝1400m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

京王杯2歳ステークスのデータ分析とレース傾向

コース図東京芝1400m

1965年に創設され、1980年から芝1400mで行われている伝統の2歳重賞。1984年からはG2に格付けされている。朝日杯フューチュリティステークスの重要なステップレースであり、グラスワンダー(1997年)、コスモサンビーム(2003年)、グランプリボス(2010年)などが連勝で2歳G1ウイナーとなっている。近年は2歳重賞路線の整備もあって短距離趣向の出走馬の割合が増えてきているものの、2016年の1着馬モンドキャンノが朝日杯で2着に入るなど格は維持されている。舞台となる東京芝1400mは東京芝コースなかでも珍しく器用さを求められるコース設定。2歳戦だけに、その見極めも勝負ポイントとなる。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

京王杯2歳ステークスの歴史と概要


2010年の優勝馬グランプリボス

11月の東京開催に組まれている伝統の2歳重賞。かつては2歳(旧3歳)重賞が少なかったこともあり、世代トップクラスが集結し、第24回(1988年)はのちに皐月賞馬となるドクタースパートが、第32回(1996年)は同年の2歳チャンピオンとなるマイネルマックスが、第33回(1997年)は未来のグランプリホース・グラスワンダーが、第34回(1998年)は翌年にオークスを制すウメノファイバーが、それぞれ勝利した。21世紀に入ってからは、その後マイルG1で結果を残す馬の活躍が目立つようになり、第45回(2009年)をエイシンアポロン(4歳時にマイルチャンピオンシップ制覇)が、第46回(2010年)をグランプリボス(のちにG1を2勝&2着3回)が、将来の飛躍を暗示すべく初重賞制覇を達成している。

歴史と概要をもっと見る >

京王杯2歳ステークスの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年12月7日(
中日新聞杯  G3
2019年12月8日(
カペラステークス  G3
阪神ジュベナイルF  G1

競馬番組表

2019年12月7日(
5回中山3日目
4回中京3日目
5回阪神3日目
2019年12月8日(
5回中山4日目
4回中京4日目
5回阪神4日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 アーモンドアイ 牝4
90,211万円
3 スワーヴリチャード 牡5
89,132万円
4 レイデオロ 牡5
88,155万円
5 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 マカヒキ 牡6
56,210万円
8 キセキ 牡5
52,914万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 サートゥルナーリア 牡3
31,176万円
2 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
3 クロノジェネシス 牝3
26,043万円
4 カレンブーケドール 牝3
25,685万円
5 ダノンキングリー 牡3
25,281万円
6 ダノンファンタジー 牝3
23,621万円
7 ヴェロックス 牡3
21,907万円
8 ラヴズオンリーユー 牝3
19,950万円
9 グランアレグリア 牝3
19,878万円
10 ワールドプレミア 牡3
19,473万円
» もっと見る