ロードマイウェイ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ロードマイウェイ
写真一覧
現役 牡4 鹿毛 2016年3月4日生
調教師杉山晴紀(栗東)
馬主株式会社 ロードホースクラブ
生産者ケイアイファーム
生産地新ひだか町
戦績12戦[6-1-0-5]
総賞金12,136万円
収得賞金5,850万円
英字表記Lord My Way
血統 ジャスタウェイ
血統 ][ 産駒 ]
ハーツクライ
シビル
フェリス
血統 ][ 産駒 ]
ジャングルポケット
レディミューズ
兄弟 ロードオマージュロードレジェンド
前走 2020/04/05 大阪杯 G1
次走予定

ロードマイウェイの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/04/05 阪神 11 大阪杯 G1 芝2000 121125.3612** 牡4 57.0 武豊杉山晴紀474(-2)2.00.3 1.935.5⑫⑪⑩⑧ラッキーライラック
20/03/15 中京 11 金鯱賞 G2 芝2000 127105.8210** 牡4 56.0 川田将雅杉山晴紀476(+2)2.02.8 1.233.8⑩⑩⑪⑩サートゥルナーリア
19/11/30 阪神 11 チャレンジC G3 芝2000 12444.721** 牡3 54.0 C.ルメー杉山晴紀474(+6)1.59.1 -0.033.8⑩⑨⑨⑦トリオンフ
19/09/29 阪神 11 ポートアイS (L) 芝1600 15113.111** 牡3 54.0 吉田隼人杉山晴紀468(+6)1.32.7 -0.034.9サトノアーサー
19/08/31 新潟 11 長岡S 3勝クラス 芝1600 12797.441** 牡3 54.0 吉田隼人杉山晴紀462(0)1.33.6 -0.233.6アガラス
19/06/22 東京 10 八ヶ岳特別 2勝クラス 芝1800 12333.221** 牡3 54.0 C.ルメー杉山晴紀462(-2)1.48.0 -0.635.2ジョブックコメン
19/06/01 東京 9 国分寺特別 1勝クラス 芝1800 10781.611** 牡3 54.0 C.ルメー杉山晴紀464(0)1.45.9 -0.233.7ペルソナデザイン
19/04/28 京都 6 3歳500万下 芝1800 7664.042** 牡3 56.0 C.ルメー杉山晴紀464(+2)1.46.9 0.034.5ヴィント
19/01/19 京都 10 若駒S OP 芝2000 83358.676** 牡3 56.0 藤岡佑介杉山晴紀462(-2)2.02.0 1.335.1⑧⑧⑦⑦ヴェロックス
18/12/28 阪神 6 2歳500万下 芝1800 133346.094** 牡2 55.0 藤岡康太杉山晴紀464(-8)1.47.8 0.436.3サトノルークス
18/11/10 京都 4 2歳未勝利 芝1800 6117.041** 牡2 55.0 C.デムー杉山晴紀472(0)1.48.5 -0.135.0⑥⑥メイショウテンゲン
18/10/14 新潟 5 2歳新馬 芝1400 1871510.044** 牡2 55.0 中井裕二杉山晴紀472(--)1.23.4 0.535.8⑧⑦ハバナウインド

ロードマイウェイの関連ニュース

 ◆藤岡佑騎手(ジナンボー6着)「馬場からも先行した方がよさそうと思って強気で行きましたが、最後は力差なのかなと思います」

 ◆酒井騎手(レッドジェニアル8着)「ノリさん(横山典騎手)の位置を取ろうと思えば取れたけど、調教の内容から最後の脚を信じて馬群の中で我慢しました」

 ◆岩田康騎手(ステイフーリッシュ9着)「意識して行かせようと思いましたが、全然行けませんでした。止まってはいないんですが…」

 ◆藤岡康騎手(サトノソルタス10着)「位置取りが後ろからになってしまった。いい脚は使ってくれましたが、それが最後に響きました」

 ◆ヒューイットソン騎手(マカヒキ11着)「一生懸命走っていましたが、高速馬場が合わなかった。ブラストワンピースについていくときは手応えが良かったのですが…」

 ◆武豊騎手(ロードマイウェイ12着)「スタートは出たと思いましたが、後肢をつまずいてひねった感じですね。そのあとも走りに良さを感じませんでした」

★5日阪神11R【大阪杯】の着順&払戻金はこちら

【大阪杯】ロードマイウェイが後肢ひねるアクシデントで12着 武豊「ゲートは出たが…」 2020年4月5日() 19:16

 4月5日の阪神11Rで行われた第64回大阪杯(4歳以上オープン、定量、GI、芝2000メートル、12頭立て、1着賞金=1億3500万円)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗のラッキーライラック(牝5歳、栗東・松永幹夫厩舎)が勝利。タイムは1分58秒4(良)。



 大阪杯で通算7勝を挙げている武豊騎手騎乗のロードマイウェイは、課題のゲートをしっかり決めるもすぐにつまずき、後肢をひねってしまい後方からの競馬。大外を回って進出を開始するも発馬後のアクシデントが影響したのか、直線に入ると伸び脚見られず、最後は鞍上が流してしんがり負けとなってしまった。



 武豊騎手「ゲートは出たと思いましたが、つまずいて後肢をひねったようですね。その後も走りに良さを感じませんでした」



★【大阪杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】大阪杯2020 かまいたち・山内さん、ジャンポケ・斉藤さんほかズラリ!競馬大好き芸能人・著名人がファイナルジャッジ! 2020年4月5日() 05:30


※当欄では大阪杯について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。




【山内健司(かまいたち)】
◎④ワグネリアン
3連単フォーメーション
④→⑧⑫→⑧⑫

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑨マカヒキ
単勝


【DAIGO】
◎⑧ダノンキングリー
ワイド
③-⑧
⑧-⑫
⑧-⑨

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑪カデナ
○⑧ダノンキングリー
▲⑫クロノジェネシス
△③ブラストワンピース
△⑤ラッキーライラック
△④ワグネリアン
△⑨マカヒキ
馬連1頭軸流し・3連単1頭軸流しマルチ
⑪→③④⑤⑧⑨⑫

【徳光和夫】
3連単ボックス
ワグネリアン
ラッキーライラック
レッドジェニアル
ダノンキングリー
クロノジェネシス
ワイド1頭軸流し
⑫-②③④⑤⑥⑦⑧⑨

【杉本清】
◎⑤ラッキーライラック
○⑧ダノンキングリー
▲③ブラストワンピース
☆⑫クロノジェネシス
△①ロードマイウェイ
△②サトノソルタス
△④ワグネリアン

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎⑦ステイフーリッシュ

【松田丈志(オリンピック競泳メダリスト)】
◎⑫クロノジェネシス

【林修】
注目馬
ダノンキングリー

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑧ダノンキングリー
○⑫クロノジェネシス
▲③ブラストワンピース
△④ワグネリアン
△⑤ラッキーライラック

【増沢末夫(元JRA調教師)】
◎⑧ダノンキングリー

【中村均(元JRA調教師)】
◎⑧ダノンキングリー

【谷中公一(元JRA調教助手)】
◎⑫クロノジェネシス

【東信二(元JRA騎手)】
◎⑧ダノンキングリー

【吉沢宗一(元JRA騎手)】
◎③ブラストワンピース

【橋本マナミ】
◎⑤ラッキーライラック

【横山ルリカ】
◎③ブラストワンピース

【神部美咲】
◎⑤ラッキーライラック
単勝


【稲富菜穂】
◎⑤ラッキーライラック
○④ワグネリアン
▲③ブラストワンピース
△⑫クロノジェネシス
△⑨マカヒキ
△⑪カデナ

【小木茂光】
注目馬
ラッキーライラック
マカヒキ
クロノジェネシス
3連単フォーメーション
⑤⑨⑫→①②③④⑤⑧⑨⑫→⑤⑨⑫

【キャプテン渡辺】
◎④ワグネリアン
ワイド・馬連
④-⑫クロノジェネシス

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑤ラッキーライラック

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎⑤ラッキーライラック
○⑩ジナンボー
▲⑧ダノンキングリー
☆⑫クロノジェネシス
△④ワグネリアン
△①ロードマイウェイ
△⑪カデナ
△②サトノソルタス
△③ブラストワンピース

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎③ブラストワンピース
3連単フォーメーション
③→④⑧⑪→①②④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫
③→①②④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫→④⑧⑪
⑤⑧⑪⑫→③→④⑤⑧⑪⑫
⑤⑧⑪⑫→④⑤⑧⑪⑫→③

【ギャロップ林】
◎⑧ダノンキングリー
3連単フォーメーション
⑧→④⑫→①③④⑤⑩⑪⑫

【こいで(シャンプーハット)】
◎⑩ジナンボー
3連単2頭軸流しマルチ
⑩→③→④⑤⑦⑧⑫

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑤ラッキーライラック
単勝


【浅越ゴエ】
◎⑧ダノンキングリー
ワイド
⑧-①ロードマイウェイ
3連単フォーメーション
⑧→①⑤⑫→①④⑤⑫
①⑤⑫→⑧→①④⑤⑫

【盛山晋太郎(見取り図)】
◎⑤ラッキーライラック
3連単2頭軸流しマルチ
⑤→⑫→①③④⑧⑩
⑤→①→③④⑧⑩⑫

【リリー(見取り図)】
◎⑤ラッキーライラック
3連複1頭軸流し
⑤-②③④⑧⑩⑫

【清水けんじ(吉本新喜劇)】
◎⑫クロノジェネシス
3連単ボックス
ダノンキングリー
ジナンボー
クロノジェネシス

【船山陽司】
◎④ワグネリアン

【上村彩子】
◎⑤ラッキーライラック

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎③ブラストワンピース

【大島麻衣】
◎⑧ダノンキングリー

【熊崎晴香(SKE48)】
◎④ワグネリアン
○⑤ラッキーライラック
▲⑧ダノンキングリー
△③ブラストワンピース
△⑫クロノジェネシス
△⑩ジナンボー

【柴田阿弥】
◎④ワグネリアン
単勝

馬連1頭軸流し
④-①③⑤⑫

【皆藤愛子】
◎⑩ジナンボー

【高田秋】
◎⑤ラッキーライラック

【守永真彩】
◎⑤ラッキーライラック
3連複フォーメーション
⑤-③④⑧⑫-①③④⑧⑩⑫

【天童なこ】
◎⑤ラッキーライラック
○④ワグネリアン
▲⑧ダノンキングリー
☆③ブラストワンピース
△⑪カデナ
△⑫クロノジェネシス

【目黒貴子】
◎⑧ダノンキングリー



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

武騎手会長「続けていかなければ」競馬界一丸で乗り越える 2020年4月5日() 05:06

 3日夜にJRA職員の新型コロナウイルス感染が明らかになり、競馬界に不安が広がった。この緊急事態を迎え、一致団結を訴えたのが日本騎手クラブ会長を務める武豊騎手(51)だ。4日、阪神競馬場で最終レース騎乗後、マスク着用で取材に応じ、メッセージを発した。

 「競馬は大事な娯楽でたくさんの方が楽しみにされています。こういう状況だからこそ、安全確保に努め、続けていかなければと思っています。さらなる安全対策強化をして、万全の態勢で困難な状況を乗り越えていかないと」

 競馬開催を継続して提供するため、業界一丸となって力を尽くす決意を改めて表明。騎手クラブでも毎週、対策会議を開いていると明かした。無観客GIは19日の皐月賞まで続くことが決まっているが、まずはレースを続けることに注力する。

 感染した職員と接触があった3人の騎手は今週末の騎乗を見送っており、関係者は危機感を隠さない。大阪杯で(1)ロードマイウェイに騎乗する“レジェンド”の金言が、業界全体を引き締める。

[もっと見る]

【大阪杯】最新ナマ情報 2020年4月5日() 05:05

◆名手に託した〔1〕ロードマイウェイ

 武豊騎手との新コンビでGI初挑戦の4歳牡馬は、坂路で4ハロン66秒7。杉山晴調教師は「使ったぶんの上積みを感じるし、じっくりゲートの中で整えられるので(1)番はプラスに考えている。作戦は騎手に任せます」と大阪杯7勝の名手に託す。

◆馬体に手応え〔2〕サトノソルタス

 阪神競馬場のダートコースをキャンターで1周し、好気配を漂わせた。阪神は初めてだが、橋本助手は「終始、落ち着いていて、いい雰囲気でした。馬体重は500キロ前後でほぼ前走と同じぐらいで出せそうです」と手応えを口にした。

◆静かなる闘志〔3〕ブラストワンピース

 午前4時頃に美浦トレセンを出発し、午後0時47分に到着。馬房でも落ち着いた様子で、無事に長距離輸送を終えた。八木助手は「思ったよりも1時間早く着きました。(輸送後も)変わりないです。何度も来ていますからね」とうなずいた。

◆陣営「絶好調」〔4〕ワグネリアン

 2018年の日本ダービー馬は、坂路を4ハロン64秒0でリズムよく駆け上がった。「追い切り後の疲れもなくいい状態。無駄な肉もないですし、きっちり仕上がったと思います。絶好調ですね」と安田助手は復権に向けて力を込めた。

◆精神面が成長〔5〕ラッキーライラック

 GI3勝目を狙う5歳牝馬は、角馬場からCWコースを軽快にキャンター。松永幹調教師は「以前見られた精神面の弱さがなくなりました。香港(ヴァーズ2着)の経験も大きかったと思います。今なら牡馬相手でも」と期待を寄せる。

◆状態に太鼓判〔6〕レッドジェニアル

 3度目のGI挑戦となる4歳牡馬は、CWコースをキャンターで1周。「いいですね。緩めず調整できました。(日経新春杯7着以来で)間隔はあいていますが、むしろいい。力を出せる状態です」と中塚助手は好感触を伝えた。

◆V狙えるデキ〔7〕ステイフーリッシュ

 5度目のGI挑戦で初Vを狙うステイゴールド産駒は、角馬場で最終調整。「具合は本当にいい。前半、後半でメリハリがつかない方なので、自分のペースで行ければ。いい状態で出せるのが何よりです」と藤田助手はデキに自信を持つ。

◆良馬場を歓迎〔9〕マカヒキ

 メンバーただ一頭の7歳馬は、坂路でラスト1ハロン13秒8(4ハロン60秒5)としまいを伸ばした。安田助手は「行きっぷりが良くて走りたがっていますね。今年はいい馬場でやれそうなので、本来の切れ味がより引き出されれば」と良馬場を歓迎する。

◆鞍上が好印象〔10〕ジナンボー

 阪神競馬場のダートコースを1周する最終調整。初めてコンビを組むの藤岡佑騎手が手綱を取り、感触を確かめた。同騎手は「初めて乗る馬ですし、コンタクトをとれてよかったです。適度に気合も乗って、馬の雰囲気はいいですよ」と好印象を抱いた様子だ。

◆たくましい体〔11〕カデナ

 小倉大賞典で久々の勝利を挙げた6歳馬は、坂路で4ハロン67秒4。柴田助手は「状態は良く、順調にきています。体にボリュームが出て、前走より具合は良さそう。落ち着いていて、いつでもレースに臨める感じですね」と決戦を待ちわびる。

◆いざ牡馬一蹴〔12〕クロノジェネシス

 京都記念の勝ち馬は、Eコースから角馬場で体をほぐして坂路で4ハロン67秒3。斉藤崇調教師は「精神的に強くなりました。落ち着いていて仕上がりはいいですね。能力的には負けていないと思う」と牡馬相手のGI制覇に力を込めた。

大阪杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【大阪杯】最新ナマ情報 2020年4月4日() 05:02

◆大外からV掴む〔12〕クロノジェネシス

 昨年の秋華賞馬でGI2勝目を狙う4歳牝馬は、〔8〕枠(12)番に決まった。「いいんじゃないですか。最後入れだし、偶数でよかった。今朝はゲートで駐立の確認をしましたが、おとなしくていい感じでした」と斉藤崇調教師は話した。



◆良馬場も好感触〔4〕ワグネリアン

 昨年3着の一昨年のダービー馬は〔4〕枠(4)番。「内過ぎたら嫌だったけど、ここならいいですね。(競馬を)組み立てやすいいいところだと思います」と福永騎手。友道調教師も「内めの偶数でよかった。馬場も悪くならなさそうだしね」と好感触だ。



◆真ん中枠を歓迎〔5〕ラッキーライラック

 昨年のエリザベス女王杯の勝ち馬は〔5〕枠(5)番に決まった。「最内や大外は嫌だったので、いいところだと思います」と丸内助手は歓迎。この日は角馬場からCWコースを1周。「予定通りに調整できています」と期待を寄せた。



◆輸送は問題なし、雰囲気変わらず〔8〕ダノンキングリー

 中山記念で重賞3勝目を挙げた実力派4歳は、〔6〕枠(8)番に決定。既に木曜に阪神競馬場へ移動しており、金曜朝は厩舎地区で運動を行った。「輸送は問題なくクリアしてくれましたし、雰囲気は変わりない。枠に関しては与えられたところで頑張るだけです」と萩原調教師。



◆最内先入れ歓迎〔1〕ロードマイウェイ

 武豊騎手を鞍上に迎えて巻き返しを図るジャスタウェイ産駒は最内の〔1〕枠(1)番。杉山晴調教師は「いいんじゃないですか。前走は後入れの偶数枠で出遅れましたし、(先入れの奇数で)かえって中で待つ時間ができていいかも…。まずはゲートをうまく出てほしいですね」と話した。

◆デキ良し一発だ〔7〕ステイフーリッシュ

 昨年は(10)番枠から13着だったステイゴールド産駒は〔6〕枠(7)番。「いつも真ん中くらいが当たるね。この馬は緑や橙(〔6〕、〔7〕枠)が多いよ」と藤田助手。この日はラスト1ハロン13秒3で意欲的に登坂。「またがった感じはよかったし、馬の状態はいいよ」と一発を狙う。



◆「力出し切って」〔6〕レッドジェニアル

 日経新春杯7着以来となるキングカメハメハ産駒は〔5〕枠(6)番となった。森田助手は「偶数でいいところですね。前走と比べてもいい状態なので、あとは相手関係。現時点でどれだけやれるかですが、力を出し切ってほしい」と力を込めた。



◆騎手と戦略相談〔9〕マカヒキ

 2016年のダービー馬は〔7〕枠(9)番に決まった。友道調教師は「12頭立てで少頭数なので、どこでもよかった。どこからでもさばけると思う。ジョッキー(ヒューイットソン騎手)と相談して、どういうレースをするか考えたい」と語った。



◆乗り手に任せた〔11〕カデナ

 小倉大賞典を制したディープインパクト産駒は〔8〕枠(11)番に決まった。「枠はどこでも良かった。レースはゲートが開いてからジョッキーの判断に任せます。状態はいいよ」と中竹調教師はデキの良さに自信を持っている。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ロードマイウェイの関連コラム

閲覧 1,244ビュー コメント 2 ナイス 3



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はAA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


4月5日(日) 阪神11R 第64回大阪杯(4歳以上G1、芝2000m)


【優先出走馬】

ダノンキングリー(C)中4週
<1週前追い切り>
南W併せ馬の内。前走時と同じように追われている割に、伸び脚はそれほどでもない。ここを強く追われて、最終追い切りで馬なりでグイグイ伸びる動きに変わってくれば良いが……。


【以下、賞金順】

ブラストワンピース(A)中9週
<1週前追い切り>
南W併せ馬の内。前走時の力みが抜けて折り合いもしっかりついていて、一度使われての上積みがありそう。

ラッキーライラック(D)中4週
<1週前追い切り>
CW単走。もともと(映像から伝わってくる)こういった走りの馬だが、力強さがなく時計ほどの伸び脚はない。

クロノジェネシス(AA)中4週
<1週前追い切り>
CW併せ馬の内。抜群の手応えで直線一気に伸び、併走馬を並ぶ間もなく抜き去り、大外を走っていた他厩舎の馬をもパス。

ワグネリアン(C)4ヶ月半
<1週前追い切り>
DPコース3頭併せの内。もともとこのコースでは良い動きは見せないが、前を走る2頭が速く追い抜けず。休み明けでまだ物足りなさが残る走り。

ヴェロックス※出走回避

ロードマイウェイ(B)中2週
<1週前追い切り>
坂路単走。前走時はおとなしく折り合いもついていたが、今回は押さえるのに苦労するくらい気合いが乗っている感じ。この気合いが良いほうに出れば。

マカヒキ(D)4ヶ月半
<1週前追い切り>
CW併せ馬の内。時計は出ているが動きに力強さがなく、伸び脚もイマイチ。

ステイフーリッシュ(C)中6週
<1週前追い切り>
坂路単走。手応えの割に終いの伸び脚がイマイチ。

クレッシェンドラヴ※出走回避

カデナ(C)中4週
<1週前追い切り>
坂路単走。勢いよく駆け上がってきたが、脚の回転の速さの割に伸びきれず。

レッドジェニアル(B)中10週
<1週前追い切り>
CW併せ馬の内。押さえたままでも、最後まで抜かせず先着。

サトノソルタス(C)中2週
<1週前追い切り>
映像なし。中2週と間隔が詰まっていて、水、木、金、土、日と坂路で軽く乗られているが、追い切りと言えるのは日曜日の坂路くらい。ただそれも、終いの時計が少し出ている程度。

ジナンボー(B)中5週
<1週前追い切り>
南W3頭併せの内。終いもうひと伸びがほしい感じも、休み明けを一度使われての上積みはありそう。



◇今回は大阪杯編でした。
海外ではドバイワールドカップが中止になるなど、コロナウイルスの影響は日に日に増すばかり。このような状況下では、競馬開催中止という最悪の事態を避けるため(競馬関係者から感染者出てしまったら自粛しなくてはならないかもしれない)にも、観客を入れての競馬開催はなかなかできそうもなく、無観客競馬は長引くのではないかと思います。普段、競馬場で馬券を買っていてネット投票の術を持たない方もいると思いますが、このような人たちでも馬券が買えるように、これからはコンビニでも馬券を買えるようなシステムを考えたほうが良いのではないかと思います。実は、25年くらい前に私が東京で一人暮らしをしている時にコンビニを使った電話投票を試験的に行っていたことがあり、たまたま私が住んでいる家の近くのコンビニで会員を募集していたので申し込み、コンビニで馬券を買っていたことがありました。システムは、専用銀行口座を作りお金を入金しておき、コンビニに置かれている専用マークシートを塗り投票するとレシートが出てくる、とこんな感じだったと記憶しています。試験的だったので半年か1年で終わってしまいましたが、その後この“コンビニ投票システム”の話すら出てこないまま今に至っています。
現在、競馬場では『UMACA』というキャッシュレスで馬券が買えるシステムが出来上がっています。それを有効活用して、全国のコンビニに『UMACA投票機』を置くようにしたらどうかと思います。競馬場に毎週のようにきている年配の方たちで、『電話投票』は持っていないけど『UMACA』なら持っているという人たちもたくさんいると思います(競馬場を歩いていると、首から『UMACA』をぶら下げて歩いている年配の方たちを見かけることが思いの外多い感じがしています)。全国すべてのコンビニとはいかなくても、一つの市や町で3店舗(セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンで1店ずつ、駅前のコンビニに投票機を置くとか)ぐらいあれば、競馬場まで足を運ぶことを考えれば近いものだと思います。
誰もが予想しなかったこのような事態が今後も起こる可能性はいくらでもあると思いますし、その時にコンビニで馬券が買えるようになっていれば、今回カバーできない層の売り上げを伸ばすことができるかもしれません。何よりも、昔から競馬場で馬券を買って日本の競馬を支えてきてくれた年配の方々も、引き続き競馬を楽しめるのではないかと思っています。スポーツくじがコンビニで買えるなら、馬券もコンビニで!なんとか農林水産省の方々には頑張ってもらいたいものです。もっとも、最良はこのような事態が収束し、今後起こらず、普通に競馬場で観戦できる平和で健康に生活できる日が続いていくことなのでしょうが(そして、“頼み”の(?)コンビニですら発症者が出ていたりするくらいの昨今ですしね^^;)。

それでは次回、桜花賞編でお会いしましょう。


大阪杯出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2020年3月30日(月) 18:00 覆面ドクター・英
大阪杯・2020
閲覧 1,578ビュー コメント 0 ナイス 9

高松宮記念は難しかったですね...。降着のクリノガウディーはG1になると張り切るんでしょうか。雨の後の内から乾くパターンともなると、栗東坂路48秒台という猛時計仕上げのモズスーパーフレアあたりも怖いなぁとは感じていましたが、コラムで要らないと記した手前もあって思い切れませんでした。まあ、常に逃げ馬というのは激走する可能性が高いわけで....。前にも書いたように、もし自分が騎手だったら、最短距離をある程度主導権を握って走れるので、逃げられる限り逃げの手を選ぶと思いますしね。

さて、大阪杯はフルゲートとならなそうですがG1馬が多数と上り馬が加わり楽しみな一戦です。阪神の内回り2000mというのはアンカツ騎手が得意としていたように、勝ちに行くと勝てないという難しいコースで、騎手の力量も結果にかなり関わってきそうです。


<全頭診断>
1番人気想定 ダノンキングリー:8戦5勝で前走の中山記念も快勝してきた。勝つ時はかなり強く見える勝ち方をするので、人気になりやすいタイプ。距離はもっと短い方が良いと思われ、前走でのその見た目のアピール度十分な勝ちっぷりを披露してしまっているぶん妙味は無く、ヒモ扱いが良いのではと考えている。

2番人気想定 ブラストワンピース新潟記念は相手が弱かったので大外というか外ラチ沿いをズコーンと差してきたが、基本的には直線は長くないほうが良い様子。距離的にもこのくらいが絶好の舞台では。メンタル的に海外は向かないと最初から思っていたので、凱旋門賞の惨敗はノーカウント。前走のAJCCも快勝したし、主役を張れる存在だろう。

3番人気想定 ラッキーライラック:昨秋はスミヨン騎手に乗り替わって迎えたエリザベス女王杯で、チューリップ賞以来となる勝ち星をあげた。香港でも2着して、中山記念でも2着と早熟というわけでなく、能力を高く維持し、好調を保ち続けてきているここまで。やや渋り気味な馬場も味方しそうで、好走は十分可能。

4番人気想定 クロノジェネシス:前走は相手がそれほどでなかったとはいえ、2馬身半差の完勝でまだまだ強くなってきている感じはある。馬場が渋っても平気で、ここもやれるのでは。

5番人気想定 ワグネリアン:昨秋のJCで3着と、本来長いであろう距離を友道厩舎の育成力でこなして好走した。距離はここの方が断然良く、5歳春という充実期間で頭まであるとみている一頭。

6番人気想定 ヴェロックス:昨年はクラシックで2着、3着、3着と好走したが、世代の王道路線の馬が、前走で小倉のハンデ戦G3小倉大賞典を使ってきたあたりで私としては「???」。そしてそこで1番人気9着と敗れ、成長力、状態に問題がある現状ではないだろうか。→回避予定のよう

7番人気想定 ロードマイウェイ:5連勝で昨年11月末のチャレンジCを制したが、休み明けの金鯱賞は2番人気10着と惨敗した。ひと叩きしたからといってここで通用はしないだろう。

8番人気想定 マカヒキ:3年前も昨年もこのレースでは4着と、そこそこやれる下地あるのだが……。瞬発力を生かす東京でも差し切れない現状で、7歳という年齢だけに上積みも期待できず、要らないとみる。

9番人気想定 ステイフーリッシュ:瞬発力は無いが先行してしぶといタイプで、G1の厳しい流れはいいのかもしれない。前に行って、もたせるのが得意なオーストラリア仕込みの坂井騎手が、自厩舎の馬で張り切って頑張るシーンに期待も。

10番人気以下想定
カデナ:前走の小倉大賞典での勝利が約3年ぶりとなるが、完勝でここに来ての本格化もあり得る。穴で狙う価値はありそう。5戦3勝で弥生賞を制したように、当時は世代トップレベルと目されていた馬の復活で、色々とかみ合わずに低迷が続いたが、ここでもやれるだけの器だと思うのだが。

サトノソルタス:ゆっくり強くなってきて昨秋に準オープン勝ち、前走金鯱賞サートゥルナーリアの2着と頑張っている。ただ2馬身差をつけられたように、まだトップレベルとは差があるのでは。

レッドジェニアル:昨春の京都新聞杯勝ちの後は結果を出せていないように、ここで激走というタイプではないか。

ジナンボーディープインパクト×アパパネという良血馬だが、まだ小倉大賞典で3着止まりというように力が足りないだろう。

クレッシェンドラヴ:もう6歳で、G3の福島ならやれるが、という馬でG1でどうこういう感じではないのでは。


<まとめ>
有力:ブラストワンピース

ヒモに:ダノンキングリーラッキーライラック

穴で:ステイフーリッシュカデナ

[もっと見る]

2019年8月28日(水) 18:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019新潟記念
閲覧 1,429ビュー コメント 0 ナイス 5



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


9月1日(日) 新潟11R 第55回新潟記念(3歳以上G3・ハンデ・芝2000m)

【登録頭数:21頭】(フルゲート:18頭)


レイエンダ(B)57.0
前走エプソムカップで初重賞制覇。そこからの休み明けとなるこの中間は、早めに入厩して乗り込み量も豊富で、坂路での時計もしっかり出ていて仕上りは良さそう。初の新潟競馬場となるが、前走かなり速い上がりタイムで走っていることから、今の新潟の馬場にも対応できそう。

ブラックスピネル(B)57.0
前走時のパドックでは、+4キロでも2走前と比べるとお腹のあたりがタップリとして余裕があるように感じた。この中間も坂路で乗り込まれ、1週前には併せ馬で強めに追われ先着と好時計が出ているので、あとは馬体が締まってくるようなら変わり身もありそう。

クリンチャー(E)57.5
これまでのレースを見ても最速の上りがダービーの34.3秒となっていて、力のいる馬場で実績のある馬。この中間も乗り込み量は豊富もいつもと同じような時計しか出ていない状況で、相手以上にハンデと馬場が強敵。

ユーキャンスマイル(A)57.0
右回りだと内にモタれてしまう馬で、前走の天皇賞でも悪い面が出てしまった。2戦2勝の左回りでも追い出されると右にモタれる面は出るが、伸び脚が違うので明らかに左回りの方がレースはしやすく、昨年夏の新潟でも勝ち鞍があってと相性は良い。今回休み明けとなるが、3週前から1週前までCWを長めから併せ馬で追われ好時計が出ていて、調教内容は文句なく、良い状態で出走できそう。

ダッシングブレイズ(D)56.0
今回と同じコースの新潟大賞典以来のレースとなるが、この中間はCWで入念に乗り込まれている。ただ全体的の前走時よりも終いの時計がかかっていて、切れる脚が使えそうな感じはない。

ダイワキャグニー(C)57.5
東京でのレースを多く使われてきている馬で、6勝すべてが東京コースでのもの。この中間は2週前、1週前とPコースで速い時計を出しているが、内めを回ってのものでこの馬としては時計がかかっているのでやや物足りない。速い時計には対応できそうだが、トップハンデと初の新潟コースがどう出るか。

カヴァル(B)54.0
現在3連勝中と勢いのある馬。新潟でも2戦2連対と相性は良い。この中間も坂路での調整。元々調教ではそれほど速い時計が出る馬ではなく、1週前に前走時と同じような時計が出せているので、調子落ちはなさそう。

ジナンボー(D)54.0
6月のジューンSからの休み明け。この中間は坂路で乗り込まれているが、終いの時計がかかっている印象。調子の良い時計はもっと時計の出る馬で、物足りない内容。

カデナ(B)57.0
ここ3戦福島、函館、小倉と好成績。北へ南へと移動距離がかなりあり疲れが心配ではあるが、この中間も1週前追い切りで終い速い時計が出ている。こちらが考えている以上に、調子をキープできている感がある。

サトノキングダム(A)54.0
休み明けを2回使われて2着、1着と好成績。この中間も3週前から3週連続坂路で好時計が出ていて、調子はかなり良さそう。勢いがありローテーションに軽ハンデ、コース適性と好走の条件は揃っている。

センテリュオ(A)53.0
前走マーメイドSからの休み明け。この中間は8月中旬にトレセンで時計を出し始めたが、すぐに坂路で速い時計が出せていて、牧場での調整がかなり良かったのではないかと思う。その後、1週前に坂路で一杯に追われて併せ先着。牝馬なので直前は馬なりでの調整で、終いしっかり伸びているようなら調整内容は万全。

フランツ(C)55.0
8月に入って坂路で毎週追い切られていて、乗り込み量は豊富。もともと速い時計の出る馬ではないので、この馬としては水準の時計で状態は悪くなさそう。

ショウナンバッハ(C)54.0
宝塚記念からの休み明けとなるこの中間は、函館競馬場で調整されている。調教では時計の出る馬なので、函館Wの時計はこの馬のものとしては物足りず、函館から新潟への輸送もあり条件は厳しい。

サトノワルキューレ(D)54.0
今回は3ヶ月半の休み明け。乗り込み量は豊富で時計は出ているが、1週前追い切りで一杯に追われている。休み明けで中間に強めに追われている時は好走実績がなく、使われてからの方が良さそう。

アクート(A)54.0
新潟は4戦3勝と相性抜群。近走、京都・中山で勝ち切れないレースが続いていたが、前走得意の新潟で久しぶりの勝利。この中間は1週前追い切りではそれほど目立つ時計は出してこなかったが、直前の日曜日に一杯に追われて速い時計を出してきており、ほぼ前走時同様の調整内容。小柄な馬で前走時のパドックでは仕上がりも良かったので、あとは最終追い切りで終いしっかり伸びる走りができていれば、かなり期待できそう。

ケントオー(E)55.0
今回は春の天皇賞以来の休み明け。鉄砲駆けするタイプではなく、この中間も坂路で乗り込まれているが終いの時計がかかっており、まだ仕上り途上といった感じ。

ゴールドサーベラス(C)54.0
2000mは3戦しているがすべて小回りコースでのもので、前走の七夕賞の4着が最高とコーナー2つの2000m戦は向きそうもない馬。ただこの中間は北Cコースで終いの時計が出ていて、調子自体は良さそう。

クラウンディバイダ(E)53.0
新潟では2戦して2度大敗。上りの時計もかなりかかっていて、向いている感じはない。この中間も特に目立つような時計もなく、ここは相手が強い。

コズミックフォース(E)56.0
休み明けの前走時はかなり入念に乗り込まれていて良い時計も出ていたが、後方からそれほど差を詰めることもなく9着。この中間はギリギリまで牧場で調整されていたのか、1週前に速い時計を出していない。余裕のある調整内容とは言えず、前走の反動が出て回復に時間がかかっているのかもしれない。

アドマイヤアルバ(D)54.0
休み明けの小倉記念を使われての叩き2戦目。この中間は2週前、1週前と併せ馬で先着しているものの、時計的にこの馬としては物足りず、大きな変わり身は感じられない。

ロードマイウェイ(E)50.0
6月の東京開催で2連勝しての休み明け。この中間は、間隔がある割に調教の時計がかかっていて物足りない内容。



◇今回は新潟記念編でした。
今年の夏はウインズやパークウインズに出かける機会は少しあったものの、競馬場での現地観戦にはほとんど赴くことが出来ませんでした。それでも中央・地方・海外と、家にいながらパドックもレースも普通に観られ、馬券も買えてと、便利な世の中になったものです。暑いなか行われてきた夏競馬も、今週が最後。馬も人も大変だと思いますが、今年も最後は新潟競馬場で熱い夏競馬を楽しんできたいと思います。

それでは次回、セントライト記念編(予定)でお会いしましょう。

新潟記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

ロードマイウェイの口コミ


口コミ一覧

ロード

 マリー(marie 2020年4月28日(火) 12:19

閲覧 93ビュー コメント 4 ナイス 13

先日、全馬放棄とし、今月での退会となりました。


理由は、ロード愛馬の不調です。

オールフォーラヴは鼻出血による育成の不調、ロードゼウスはノド鳴りが発覚。
どちらも暫く時間が掛かる見通しです。

少し勿体ないのはありましたが、クラブの規約で現役でいられるのは残り一年もありません、、、。
…となると、、レースに出られるのは1~3戦ほど、、。これまでの実力からいってもこれ以上の期待も難しく、、たとえこれから重賞を一つ勝ったくらいでは残りの経費を考えるとメリットは薄いのです。

ゼウスの方は、これまで長期間での成長を目的とした育成が行われてきましたし、ここにノド鳴りによる治療と再育成は最早絶望的ですらあります。


そんなこんなを考えると、わりに合わないという結論が自分の中で明確になり、途中退会となりました。

この辺はわりとリアリストです。
ですが、ロードには基本的に良い思い出が多く、キャトルフィーユで重賞で口取りさせてもらいましたし、出資馬3頭中2頭がOP馬です。

実に打率が良く、キャロよりもずっと相性は良いのです。
だからクラブに感謝こそすれ、大きな不満はありません、、、。
ただ、、非会員さんから見れば、他クラブよりも魅力は低く、ロードに入るメリットが近年では感じられなくなりました。
一部のコアなファンが安馬狙いでロードクエストや、ロードマイウェイを持てる場合もありますが、華やかなクラブからみると地味ですね。

また戻ってくる可能性は無い訳ではないけど、その可能性は低そうで、やはりクラブを一本に絞っていくほうが効率的です。(o^-')b

 とどつー 2020年4月5日() 14:32
【確定!】大阪杯予想
閲覧 189ビュー コメント 0 ナイス 2

大阪杯予想

◎12番クロノジェネシス
○5番ラッキーライラック
▲4番ワグネリアン
△11番カデナ
△8番ダノンキングリー
△3番ブラストワンピース
△1番ロードマイウェイ

三連単 フォーメーション
12-5-1.3.4.8.11
4.5.12-4.5.12-1.3.8.11
4.5-12-1.3.4.5.8.11
4.5.12box 3.4.12box 4.8.12box1.5.12box

[もっと見る]

 啓斗ミ☆ 2020年4月5日() 12:27
大阪杯・穴馬探し
閲覧 239ビュー コメント 0 ナイス 2

もう4月、G1がスタートして3戦目だというのに今年初となりました。

はい、サボりました…スミマセン…

今年もG1を中心に気になるレースの穴馬を探して行こうと思います。

では本題ですが、人気の分かれ目はやはりG1に勝っているか未勝利か。

12時時点のオッズを見てもくっきりと分かれてますね。

穴馬探しと吟っているので、オススメはやはりG1未勝利馬からいきます。

1番のロードマイウェイ。

内枠、ペース配分の上手い武騎手、坂を登ってからの伸び、これだけでも十分地力の差は埋められるかと。

懸念材料は前走に見せたスタートの悪さと、明確な逃げ馬が不在な事。

スタートを決めすぎれば目標にされるし、決められなければ包まれて抜け出せなくなる…

そこは武騎手の手腕に期待しましょう。

今年1発目から幸先いいスタートを切りたいものです。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ロードマイウェイの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ロードマイウェイの写真

ロードマイウェイ

ロードマイウェイの厩舎情報 VIP

2020年4月5日大阪杯 G112着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ロードマイウェイの取材メモ VIP

2020年4月5日 大阪杯 G1 12着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。