ゴールドサーベラス(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ゴールドサーベラス
写真一覧
現役 牡6 栗毛 2012年3月29日生
調教師清水英克(美浦)
馬主田頭 勇貴
生産者原田 久司
生産地新ひだか町
戦績25戦[5-2-2-16]
総賞金5,556万円
収得賞金2,450万円
英字表記Gold Cerberus
血統 スクリーンヒーロー
血統 ][ 産駒 ]
グラスワンダー
ランニングヒロイン
インシステント
血統 ][ 産駒 ]
Diesis
I Certainly Am
兄弟 カネトシバニラサスカツーン
前走 2018/10/20 富士ステークス G3
次走予定

ゴールドサーベラスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/10/20 東京 11 富士S G3 芝1600 1835227.51713** 牡6 56.0 柴山雄一清水英克448(0)1.32.7 1.034.0⑪⑬ロジクライ
18/09/09 中山 11 京成杯AH G3 芝1600 1571319.785** 牡6 54.0 柴山雄一清水英克448(+4)1.32.6 0.234.1⑩⑥④ミッキーグローリー
18/07/15 函館 11 函館記念 G3 芝2000 1581590.1157** 牡6 54.0 柴山雄一清水英克444(-4)2.00.4 0.635.3⑥⑥④エアアンセム
18/06/10 東京 11 エプソムC G3 芝1800 16815252.6157** 牡6 56.0 大野拓弥清水英克448(-4)1.48.2 0.835.3⑮⑬⑭サトノアーサー
18/05/19 東京 11 メイS OP 芝1800 1561131.289** 牡6 54.0 武藤雅清水英克452(-2)1.46.7 1.134.7⑭⑭⑬ダイワキャグニー
18/03/31 中山 11 ダービーCT G3 芝1600 164714.876** 牡6 54.0 柴山雄一清水英克454(-6)1.32.7 0.534.2⑮⑮⑮ヒーズインラブ
18/03/18 中山 9 幕張S 1600万下 芝1600 126828.581** 牡6 57.0 大野拓弥清水英克460(+6)1.34.3 -0.034.4⑨⑩⑨プロディガルサン
18/01/06 中山 12 4歳以上1000万下 芝1600 157124.521** 牡6 57.0 柴山雄一清水英克454(-2)1.34.6 -0.134.9⑩⑩⑥シャララ
17/12/17 中山 12 3歳以上1000万下 芝1600 16126.132** 牡5 57.0 柴山雄一清水英克456(+6)1.34.6 0.535.3⑥⑦⑤ミッキーグローリー
17/11/05 東京 8 3歳以上1000万下 芝1600 134426.575** 牡5 57.0 柴山雄一清水英克450(+4)1.33.6 0.234.2⑦⑦アルジャンテ
17/10/22 東京 8 3歳以上1000万下 芝1600 127109.745** 牡5 54▲ 武藤雅清水英克446(0)1.41.4 0.638.5⑫⑫キャプテンペリー
17/10/01 中山 7 3歳以上500万下 芝1600 161114.981** 牡5 57.0 柴山雄一清水英克446(-4)1.34.1 -0.234.0⑬⑧⑧クインズサン
17/05/21 新潟 10 高田城特別 500万下 芝1800 162326.397** 牡5 57.0 木幡初也清水英克450(+2)1.46.3 0.433.8⑮⑮ローズクランス
17/05/06 新潟 12 三条特別 500万下 芝1600 166119.846** 牡5 57.0 木幡初也清水英克448(0)1.37.2 0.535.6⑪⑪ホーリーシュラウド
17/03/25 阪神 7 4歳以上500万下 芝1800 1624168.9136** 牡5 57.0 水口優也清水英克448(-2)1.48.2 0.533.8④⑤キロハナ
17/03/11 中京 9 4歳以上500万下 芝1400 1881880.4159** 牡5 57.0 横山和生清水英克450(-11)1.22.1 0.534.5⑩⑫シャンデリアハウス
16/05/30 盛岡 10 カシオペア賞 芝1700 12--------1** 牡4 56.0 山本聡哉清水英克461(--)1.47.7 -0.4----クインズラピス
16/03/21 中山 7 4歳以上500万下 芝1600 163570.91614** 牡4 55△ 井上敏樹清水英克444(+10)1.36.2 1.837.6サーストンコラルド
16/02/28 阪神 8 4歳以上500万下 芝1600 1661226.7714** 牡4 57.0 丸山元気清水英克434(-8)1.35.5 1.337.2ヒルノマテーラ
15/08/23 札幌 7 3歳以上500万下 芝1500 14468.547** 牡3 51▲ 井上敏樹清水英克442(+6)1.29.0 0.936.6ヴェネト

⇒もっと見る


ゴールドサーベラスの関連ニュース

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、富士Sのファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。




【人気】
単勝オッズ帯5.0~14.9倍から勝ち馬7頭(2008年以降)
※10時00分現在の単勝オッズ5.0~14.9倍

ワントゥワン
ペルシアンナイト
レッドアヴァンセ
ジャンダルム

【脚質】
先行やや有利(近年の傾向)

ウインガニオン
ロジクライ
ヤングマンパワー
ペルシアンナイト
マルターズアポジー

※近3走の走りを参考に先行策をとりそうな馬を想定

【枠順】
2~3枠が好調(2008年以降)

デンコウアンジュ
ウインブライト
ゴールドサーベラス
エアスピネル

【血統】
ディープインパクト産駒が強い(2012年以降)

ガリバルディ
ワントゥワン
レッドアヴァンセ

母父サンデーサイレンスが攻勢(2007年以降)

エアスピネル
ヤングマンパワー
ペルシアンナイト
ジャンダルム

ノーザンダンサー系×サンデーサイレンスの配合馬が相性抜群(2007年以降)

ヤングマンパワー
ペルシアンナイト
ジャンダルム


【2項目以上該当馬】
ペルシアンナイト(4項目)
ヤングマンパワー(3項目)
ジャンダルム(3項目)
エアスピネル(2項目)
ワントゥワン(2項目)
レッドアヴァンセ(2項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

【斬って捨てる!】富士S 前走大敗馬の巻き返しは困難!1枠も要割り引き!2018年10月20日() 10:22

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、富士Sの近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
7歳以上の連対例はゼロ(2008年以降)

ガリバルディ

前走重賞連対馬を除くと、牝馬の好走例はゼロ(2008年以降)

デンコウアンジュ
レッドアヴァンセ

前走で2200m超のレースに出走していた馬の好走例は皆無(2008年以降)

ジャンダルム

前走が条件戦、あるいはJRA以外のレースだった馬の連対例はゼロ(2008年以降)

ガリバルディ
ハッピーグリン

前走G3以下のレースで敗退、かつ前回から斤量増&今回57キロ以上を背負わされた馬の好走例はなし(2008年以降)

クルーガー
ヒーズインラブ

前走でG1格のレースに出走、かつ4着以内だった馬の好走例は皆無(2008年以降)

レッドアヴァンセ

前走芝のレースで、着差1秒5以上の大敗を喫していた馬の好走例は皆無(2008年以降)

ウインブライト
マルターズアポジー
ジャンダルム

【脚質】
前走の4角通過順が2番手以内、かつ前走敗退馬の連対例は皆無(2008年以降)

ガリバルディ
ウインガニオン
ヤングマンパワー
マルターズアポジー

【枠順】
近2走内に重賞連対経験のある馬を除くと、1枠の好走例はゼロ(2008年以降)

ガリバルディ
ストーミーシー

【血統】
キングマンボを経由しない父ミスプロ系の好走例は皆無(2008年以降)

ストーミーシー
ハクサンルドルフ


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
ゴールドサーベラス
エアスピネル
ロジクライ
ワントゥワン
ペルシアンナイト



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【U指数的考察】富士S 指数上位馬が安定!指数3~6位の人気薄に要注意!2018年10月20日() 09:11

富士Sの近年の傾向をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2013年以降の結果をもとに検証



<ポイント①>
基本的に指数上位馬を信頼できる一戦。なかでも、指数100.0以上かつ指数1~2位は、【2.2.0.1】という高値安定の成績を残している。条件を満たす馬には徹底マークが必要だ。

指数100.0以上かつ指数1~2位

エアスピネル
ペルシアンナイト

<ポイント②>
指数3~6位も安定しており、毎年必ず最低1頭は馬券に絡んでいる。好配当の使者になることもあるので、狙ってみて損はない。

指数3~6位

ロジクライ
ヤングマンパワー
クルーガー
マルターズアポジー

<ポイント③>
馬券に絡んだ馬の最低指数は、2015年の優勝馬ダノンプラチナの91.3。同馬は伸びしろが大きい3歳馬だった。ちなみに、4歳以上で2着以内に入った馬の最低指数は97.0。成長余地が少ないうえに、指数の裏付けもない古馬が勝ち負け争いに加わるのは難しい。

指数97.0未満の4歳以上

ガリバルディ
ストーミーシー
デンコウアンジュ
ウインブライト
ゴールドサーベラス
ウインガニオン
ハクサンルドルフ
ワントゥワン
レッドアヴァンセ
ヒーズインラブ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断】富士S 昨年の覇者が好勝負可能のデキ!秋緒戦のG1ホースも絶好の仕上がり!2018年10月20日() 09:08


富士Sの出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。





ガリバルディ
今週の追い切りは川崎で実施。メイチに追われ、4F50秒割れの時計を記録した。砂の深いダートかつ単走で叩いたものだけに悪くはない。ただし、ラスト1Fは13秒台。終いの甘さは中央在籍時と変わらない。及第点のデキにはあるものの、前回以上のパフォーマンスを期待するのは酷かもしれない。

ストーミーシー
最終追い切りは南Wで実施。上がり重点の内容にしては、ラストのラップが物足りない印象を受ける。動きについても、後肢が流れ気味で、いつものような推進力のある走りは見られなかった。今回は様子見が正解ではないか。

デンコウアンジュ
今週の追い切りは栗東坂路で実施。集中力あふれる走りを見せ、ラスト2Fは24秒4-11秒9の好ラップを記録した。鞍上の合図に対する反応も鋭く、やる気マンマン。稽古の良さを実戦で活かせるようなら、一発あってもおかしくない。

ウインブライト
1週前に南Wで好時計をマーク。同じく南Wで行われた最終追い切りでも、及第点の時計を記録&上々の伸び脚を披露した。ただし、約6カ月半ぶりの割にトレセンの乗り込み量は少なめ。本当に良くなるのは、ここを叩いてからではないか。

ゴールドサーベラス
14日に南Wでビッシリ追われ、及第点の時計を記録。今週は軽く流す程度の調整ながら、マズマズの動きを見せた。半面、いい頃と比べて前進気勢に欠ける印象。ラストのラップも物足りない。上昇は感じられず、ここは静観が賢明だろう。

エアスピネル
14日までの内容は攻め駆けする本馬にとって平凡だったが、今週の追い切りで一変。鞍上に促されると素早く反応し、上々の伸び脚を披露した。ピーク時には及ばないにしても、ひと追いごとに良くなっているのは明らか。G3であれば、好勝負可能のデキとみる。

ウインガニオン
栗東坂路で丹念に乗り込まれているが、先週までの内容に大きく変わった点は見受けられない。最終追い切りでは、4F51秒7、ラスト1F12秒4の時計を記録したものの、本調子ならば中間からこの程度のラップを連発する馬。良化途上の感は否めない。

ロジクライ
この中間は栗東坂路主体の調整。2週前、1週前と続けて好時計をマーク。どちらも併走相手のオープン馬を圧倒する絶好のパフォーマンスを示した。最終追い切りもラスト1F12秒1の好ラップを馬なりで計測。そのうえ、併走相手のアドマイヤランディを制しているのだから文句なし。上々の仕上がり。

ハクサンルドルフ
栗東坂路で行われた最終追い切りでは、ラスト2F24秒4-12秒2の好ラップを計測。ただし、攻め巧者の本馬にとって、この程度のタイムは平常運転。好調時は中間から好時計を連発してくる馬だけに、中身が伴っているかどうかの不安は残る。積極的には手を出しづらい。

ヤングマンパワー
最終追い切りは南Wにて3頭併せを実施。併走馬をアッサリ交わしているように元気の良さが目立つ。いつも見せる反応の悪さも本馬にしてはマシなほう。時計もマズマズ出ており、状態は決して悪くない。軽視禁物の1頭と言えよう。

ワントゥワン
この中間はいつも通り栗東坂路主体の調整。1週前の坂路追い切りではヒーズインラブに先着。栗東Pに場所を移して行われた最終追い切りでもバランスのとれたラップを記録した。動きをみるに、デキ落ち&疲れは感じられない。上位の一角を狙える状態にある。

クルーガー
帰厩後は栗東坂路にて急ピッチで乗り込まれて、速い上がり時計を連発。今週の追い切りではラスト1F11秒8の好ラップを記録した。走りやすい馬場状態とはいえ、グイグイと脚を伸ばすさまは見応えタップリ。勝ち切るまでは難しいかもしれないが、昨年(3着)並みの走りなら十分に期待できる。

ペルシアンナイト
休養明けは余力残しの調整で済ませることが多い馬だが、今回は栗東CWにて4週続けてビッシリ追われるなど、いつになくハードに乗り込まれている。最終追い切りの力強いフットワークをみるに、久々の不安はほとんどない。絶好の仕上がり。

レッドアヴァンセ
1週前に栗東坂路でラスト2F24秒0-12秒0の好ラップを記録。同じく坂路の最終追い切りでは、4F時計を縮めたうえで、1週前とほぼ同様の上がりタイムを刻んできた。前回と比べて、鞍上の仕掛けに対する反応が少し鈍いような気もするが、秋緒戦とすれば許容範囲の部類。好ムードであることは間違いない。

マルターズアポジー
帰厩後は南W主体に意欲的な乗り込み。1週前に長めからビッシリと追われて、上々の時計をマーク。今週の追い切りでは、いつものような口向きの悪さを見せず、落ち着いた走りを披露した。このままテンションを維持できるようであれば、怖い1頭になるかもしれない。

ハッピーグリン
門別の坂路で行われた今週の追い切りでは、ラスト2F24秒0-12秒0の好ラップを計測。乗り込み量も十分で、少なくとも盛岡遠征のダメージはないものと考えてもよさそう。再度の長距離輸送をクリアできれば、上位争いに食い込んできても不思議はない。

ヒーズインラブ
この中間は坂路主体に入念な乗り込み。栗東CWで行われた最終追い切りでは、長めからシャープな伸び脚を見せた。半面、好走時は全体時計をもっと詰めてくる馬だけに、パンチが足りないのも事実。一変まではどうか。

ジャンダルム
2週前、1週前と栗東CWで長めから好ラップを記録。最終追い切りでもマズマズの動きを見せた。調教量も十分すぎるほどで体調面の不安はなさそう。攻め巧者だけに過度の評価はできないが、復帰緒戦から力を出せるデキにあることは間違いない。要警戒の1頭だ。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【富士S】厩舎の話2018年10月19日(金) 05:05

 ◆ウインガニオン・西園師 「状態はいい。行ってどこまで粘れるか」

 ◆ウインブライト・畠山師 「先週に比べて一段階上がってきたが、休み明けだからね」

 ◆エアスピネル・笹田師 「時計は上等。いい結果を期待」

 ◆ガリバルディ・河津裕師 「順調に仕上がった。メンバーは強いが頑張ってほしい」

 ◆クルーガー・高野師 「追い切りの動きは優秀。昨年(3着)と同じくらいのデキにある」

 ◆ゴールドサーベラス・清水英師 「いい感じで走っていた。先週でほぼ仕上がった」

 ◆ジャンダルム・池江師 「動きは良かった。パワーアップした」

 ◆ストーミーシー・押野助手 「稽古はいい動き。久々を1度使ったぶんの上積みもある」

 ◆デンコウアンジュ・佐藤助手 「うまくかみ合えばチャンスはある」

 ◆ハクサンルドルフ・西園師 「ラスト1ハロンがいい脚。リフレッシュして状態も上向き」

 ◆ハッピーグリン・田中淳師 「前走時よりもバネの利いた走り。左回りの1600メートルもいい」

 ◆ヒーズインラブ・藤岡師 「使って動きが良くなった。本領を発揮してほしい」

 ◆ペルシアンナイト・池江師 「今週はセーブする形。動きはいい」

 ◆マルターズアポジー・柴田善騎手 「動きは良い。自分のペースなら」

 ◆ヤングマンパワー・手塚師 「力上位だしうまくタメがきけば」

 ◆レッドアヴァンセ・北村友騎手 「スピード感がありました。東京コースも合っている」

 ◆ロジクライ・ルメール騎手 「自分から動いていく感じ。反応も良かった。チャンスはある」

 ◆ワントゥワン・藤岡師 「脚の使いどころひとつじゃないかな」

[もっと見る]

【富士S】追って一言2018年10月18日(木) 05:02

 ◆ウインガニオン・西園師 「いい動きだった。状態もいいし、前に行ってどこまで粘れるか」

 ◆ウインブライト・畠山師 「先週に比べて一段階上がってきたが、休み明けだからね」

 ◆エアスピネル・笹田師 「先週重かったので一杯にやった。時計は上等だね。GIをピークにもって行く仕上げだけど、いい結果を期待」

 ◆ガリバルディ・河津裕師 「追い切りの動きはよく、順調に仕上がった。メンバーは強いが頑張ってほしい」

 ◆クルーガー・高野師 「動きは優秀でした。昨年と同じくらいのデキにある」

 ◆ゴールドサーベラス・清水英師 「稽古は気持ちよく、いい感じで走っていた。先週でほぼ仕上がった。力をつけているので楽しみ」

 ◆ジャンダルム・池江師 「春よりパワーアップしているし、マイルは結果が出ている」

 ◆ストーミーシー・押野助手 「稽古はいい動き。久々を1度使ったぶんの上積みもある」

 ◆デンコウアンジュ・佐藤助手 「動きは良かった。うまくかみ合えばチャンスはある」

 ◆ハクサンルドルフ・西園師 「ラスト1ハロンがいい脚だった。リフレッシュして状態は上がっている」

 ◆ハッピーグリン・田中淳師 「前走時よりもバネの利いた走りで、デキは上向き。左回りの1600メートルもいいと思うので上位を狙える」

 ◆ヒーズインラブ・藤岡師 「使って動きは良くなった。今回は本領を発揮してほしい」

 ◆ペルシアンナイト・池江師 「先週しっかりやっているので、今週はセーブする形。動きは良かった」

 ◆マルターズアポジー・柴田善騎手 「トモ(後肢)がしっかりと入って、前半から動きはよかった。自分のペースなら」

 ◆ヤングマンパワー・手塚師 「併せ馬の動きはよかった。GIIIなら力上位だし、東京なので、うまくためがきけば」

 ◆レッドアヴァンセ・北村友騎手 「先週より素軽さがありますし、スピード感もありました。東京も合っている」

 ◆ワントゥワン・藤岡師 「状態は維持している。脚の使いどころひとつじゃないかな」

[もっと見る]

⇒もっと見る

ゴールドサーベラスの関連コラム

閲覧 670ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、8(土)に中山競馬場でG3紫苑S、9(日)には中山競馬場でG3京成杯AH、阪神競馬場でG2セントウルSがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3紫苑Sは、ランドネがハナを奪い前半1000mを60.1秒で通過。後方からカレンシリエージョが外を通って進出しランドネをつつくと、ここから馬群はペースアップしながら3コーナーへ突入していきます。1番人気マウレアは中団のイン、2番人気ノームコアは早めの進出で好位の一角まで押し上げ、各馬4コーナーを回って直線へ。前を行くランドネは依然余裕の手応えで2馬身ほどのリード。しかし、急追したノームコアが残り200mで一気に詰め寄り、並ぶ間もなく交わし去って独走態勢へ。遅れてマウレアも3番手から徐々に追い上げますが、こちらは3馬身差の2着浮上までが精いっぱい。早め先頭から、後続を突き放したノームコアが、完勝で重賞初勝利を飾っています。2着マウレア、さらにそこから1/2馬身差の3着に粘り込んだランドネまでの3頭が、秋華賞の優先出走権を手にしています
公認プロ予想家では、スガダイプロKOMプロ河内一秀プロ他、計8名が的中しています
 
G3京成杯AHは、ミュゼエイリアンショウナンアンセムとの先手争いを制して隊列を率いる構えでしたが、3角手前で早々とウインガニオンが先頭に替わる展開。4角では、後続がウインガニオンに並び掛け、一団の態勢となって直線に突入していきます。盛り返したショウナンアンセムウインガニオンに詰め寄り、ヤングマンパワーロジクライゴールドサーベラスといったところも、その直後から虎視眈々。1番人気に推されたミッキーグローリーも外目を通って5~6番手まで浮上し、直線後半の叩き合いへ。この争いから残り100m地点で抜け出したミッキーグローリーが3/4馬身差をつけてV。見事重賞初挑戦で初制覇をあげています。一方で、2着争いはゴール前で横一線の混戦模様。その中から、ひと際目立つ末脚で大外を伸びた3番人気ワントゥワンが、3/4馬身抜け出し2着を確保。3着にはロジクライが入っています。
公認プロ予想家では、サラマッポプロ岡村信将プロスガダイプロ豚ミンCプロ河内一秀プロおかべプロ他、計11名が的中しています。
 
G2セントウルSは、降りしきる雨のなか重馬場でスタートの時を迎えます。内から2番人気ラブカンプーが積極的に出ていき、早々と単独先頭へ。しかし、直後にネロも競りかけ、2頭が少し後続を離す形となって馬群はペースアップ。譲らずのラブカンプーが先頭でラップを刻み、前半3Fを33.3秒で通過していきます。この態勢のまま3~4コーナーを回ると、3番手以下からはラインスピリットレジーナフォルテコウエイタケルアサクサゲンキダイアナヘイローと続き、1番人気ファインニードルもこの一角で直線へ。力強い伸び脚で徐々に差を詰めるファインニードルが、前で粘るラブカンプーを射程圏に入れると、内を突いてはコウエイタケルも迫って残り100mを通過。さらに後方からは、大外を伸びて7番人気グレイトチャーターも急追。しかし、残り50mでラブカンプーを競り落とし、後続の追い上げも封じた春のスプリント王ファインニードルが、最後は1馬身1/2差でV。2着にはラブカンプー。そこから1/2馬身差の3着にはグレイトチャーターが入っています。
公認プロ予想家では、セイリュウ1号プロ岡村信将プロ“帰ってきた”凄馬勝子プロ河内一秀プロ他、計13名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
8(土)の阪神1Rで10万900円払戻しの好スタートを切ると、9(日)にはまず阪神2Rの◎○▲的中で47万5,500円払戻しをマーク!さらに、阪神10Rでは、3連単9万6,690円を1000円分的中し96万6,900円払戻しと、この日計144万超の払戻しを達成しました。週末トータルでは回収率332%、収支111万6,100円プラスのトップ成績をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
8(土)は勝負予想G3紫苑S◎○△的中などの活躍を披露しプラス収支をマーク。9(日)は中山9R○◎▲、中山10R◎○▲など高精度予想を披露すると、G3京成杯AHG2セントウルSと両メインもしっかりゲット。3重賞全的中をマークした先週は、土日2日間のトータル的中率58%、回収率152%で終えています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
8(土)中山1R阪神1R、9(日)阪神9RG3京成杯AHなどで引き続きの好調予想を披露!週末トータル回収率183%の好成績をマークしています。また、3週連続週末プラス(先々週日曜から5日間連続プラス)を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
8(土)を中山4R中山12Rでの的中などでプラス収支で終えると、9(日)にも中山5R中山12Rなどで活躍をみせ土日トータル回収率120%を記録。2週連続週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
8(土)中山10Rでの◎○▲的中、阪神7Rでの50万9,220円払戻しなどの活躍を見せた先週は、トータル回収率159%、収支28万4,640円プラスの好成績を収めています。
 
 
 
この他にも、おかべプロ(225%)、豚ミンCプロ(132%)、河内一秀プロ(128%)、岡村信将プロ(124%)、ろいすプロ(121%)、dream1002プロ(116%)、マカロニスタンダーズプロ(112%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(108%)、【U指数】馬単マスタープロ(107%)、馬侑迦プロ(105%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年7月17日(火) 14:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(7/14~7/15)ろいすプロが土曜福島3R◎オーケストラ-×ソンタク(単勝83.4倍)的中などでトータル回収率569%の大勝!
閲覧 690ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、15(日)に函館競馬場でG3函館記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3函館記念は、カレンラストショーのペースで展開。1番人気に支持されたトリコロールブルーは中団馬群、2番人気ブレスジャーニーは最後方、3番人気スズカデヴィアスも後方馬群と、人気各馬は比較的後方寄りに固まって向こう正面へ。前半1000mの通過は60.3秒(推定)となって、先頭から最後方まで継ぎ目なく続く隊列に。2番手からマイネルハニーがプレッシャーを掛けるようにして徐々に上がっていき3コーナーへ。連れてエテルナミノルエアアンセムゴールドサーベラスといったところも進出を開始します。
直線で、エテルナミノルが先頭に立つと、これを外からエアアンセムが交わす勢い。さらには、5番手から外に持ち出して伸びたサクラアンプルールも脚色良く追い上げを見せて直線半ばへ。この叩き合いからエアアンセムが抜け出すと、外からはサクラアンプルールが一完歩ごとに詰め寄って2番手まで浮上します。しかし、この追撃を5番人気エアアンセムが1/2馬身振り切ってV。重賞初制覇を飾っています。2着の7番人気サクラアンプルールから1/2馬身差の3着には13番人気エテルナミノルが粘り込む結果。1番人気トリコロールブルー、2番人気ブレスジャーニー、3番人気スズカデヴィアスらは、それぞれこの直後の6、4、5着に敗れています。
公認プロ予想家では、KOMプロ蒼馬久一郎プロ導師嵐山プロ豚ミンCプロ他、計6名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →ろいすプロ
14(土)函館1Rで◎△からプロトイチバンボシ(単勝71.1倍)を絡めた3連複的中を披露すると、好調モードに突入。福島3Rで、◎オーケストラ-×ソンタク(単勝83.4倍)と印を打った2頭のみによるワンツー決着を的中!ワイド1点的中を含め、3連単2631.2倍など計33万4,110円払戻しのビッグヒットをマーク。さらに、福島5Rでは、2着×マメシボリ(単勝140.5倍)を絡めた馬連を的中するなど、好調予想を連発しました。週末トータルでは、回収率569%、収支32万5,170円プラスとダントツのトップ成績で終えています。
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
14(土)福島6Rでは◎ジョウランからの3連単456.7倍×800円分含む計36万6,870円払戻しのビッグヒットを披露。他にもプラス的中を積み重ねた先週は、回収率117%、収支12万7,710円プラスをマークしています。また、2週連続週末プラス収支を達成しています。

☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
14(土)は函館4Rで◎ダノンアポロンから3連単的中、計32万8,900円払戻しのスマッシュヒットを披露。15(日)には、福島2Rでの44万2,000円払戻し、函館6Rでの9万1,900円払戻しなどの活躍をみせ、土日トータル回収率120%、収支14万4,800円プラスの好成績を収めています。
 
 
 
この他にも、おかべプロ(217%←2週連続週末プラス)、馬っしぐらプロ(139%←2週連続週末プラス)、伊吹雅也プロ(121%)、3連単プリンスプロ(105%)、夢月プロ(101%←3週連続週末プラス)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2018年7月10日(火) 12:25 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2018函館記念編
閲覧 1,320ビュー コメント 0 ナイス 14



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。



7月15日(日) 第54回函館記念(G3、3歳以上、ハンデ、芝2000m)
【登録頭数:16頭】(フルゲート:16頭)

サクラアンプルール 57.5 (前走時486kg -4)<D>
函館は2戦して着外2回。日経賞からの休み明けのレースとなりここまで美浦で入念に乗り込まれているが、時計的にはこの馬にしたら少し物足りない。関西圏も含めて長距離輸送でのレースで実績はなく、昨年と同様に美浦で仕上げて函館でレース、というのもマイナス面が大きい。

スズカデヴィアス 57.0 (前走時512kg -2)<A>
函館初出走。大柄な馬の割には小倉や福島の小回りコースでも好走実績がある。無理のないローテーションで、この中間も函館移動前の2週前にCWを長めから一杯に追われこの馬らしい時計。そして1週前には函館Wで強めに追われており、順調そのものといった印象。調教駆けする馬ではあるが、それを差し引いても現時点良い状態で出走できそう。

マイネルハニー 57.0 (前走時490kg +12)<C>
函館は1戦して着外1回。前走は休み明けにもかかわらず追い切りが日曜の馬なり、最終追い切りの強めとまともに追われたのが1本のみと明らかに乗込み不足だった。今回は叩き2戦目で中1週。ただ、前走を調教代わりと考えても休み明けの時点で乗り込んでいなかった点からも調教過程には不安が残る。

エテルナミノル 54.0 (前走時466kg +6)<E>
函館は1戦着外1回。昨年秋から使い詰めできていて函館への移動もあり1週前に速い時計を出していないところをみると、マイナス材料はあってもプラス材料はなさそう。

ナイトオブナイツ 56.0 (前走時448kg -10)<B>
函館は3戦2勝。前走は仕掛けを待ったというよりは、進路を探していたら仕掛けが遅くなって結果的に脚が溜まり最後の伸び脚に繋がったという感じ。この中間はまだ時計を出していないが、前走時には函館で好時計が出ていて状態は悪くはなさそう。

トリコロールブルー 56.0 (前走時492kg -4)<B>
函館は初出走。これまで無理使いしていない馬で、今回も鳴尾記念を使ってここと無理のないローテーション。函館では2週前、1週前と強めを2本追われている。時計的には物足りないが、昨年も函館での追い切りでは目立つ時計は出ていなかったので過度な心配は無用か。。最終追い切りで併せて先着か、単走であれば馬なりで手応え良く伸びることが出来ていれば良い状態で出走できるだろう。

ブラックバゴ 56.0 (前走時530kg +14)<C>
函館では1戦1勝。休養明けの今回も美浦での2週前追い切りでの時計は平凡。好走時は終いの時計が良いことが多く、最終追い切りの動き・時計には注意。

ゴールドサーベラス 54.0 (前走時448kg -4)<D>
函館初出走。近走重賞を2回使われているが、位置(コース)取り、終いの脚などを見ても上位入線馬とは力の差がある印象。この中間は、1週前に美浦で追われて日曜日に函館で時計を出しているようにかなりタフな面も覗かせてはいるが、やはりこの間隔で函館への移動があってレースというのは馬には厳しいのではないか。

クラウンディバイダ 54.0 (前走時476kg -2)<D>
函館は2戦2着1回。使い詰めで中1週と条件的にはかなり厳しいとは思うが、ゲートの出が速く内枠に入れば楽に先手が取れそう。楽に行かせてもらえてどこまで粘れるかといったところだろう。

ロジチャリス 56.0 (前走時562kg -2)<B>
函館初出走。かなりの大型馬で休み明けのレース。ただ、函館での調教内容は悪くなく仕上がり自体は良さそう。

カレンラストショー 54.0 (前走時444kg -4)<E>
函館初出走。休み明けで2週前、1週前と追い切られているがジョッキー騎乗でこの時計は物足りず。

エアアンセム 55.0 (前走時506kg ±0)<A>
函館は1戦して4着1回。休み明けの今年初戦スピカSから3戦使われてきているが、とにかく順調に調教されてレースを使われている点に非常に好感。久しぶりに見ることができた前走時の追い切りVTRでは、シャドーロールの効果か首の位置が下がり、走りの重心も低くなって前に伸びるようになっていた。調教での好時計、レースでの好成績にしっかり繋がっている印象を受ける。また、近走のパドック(特に関東圏)ではイレ込みが強い感もある中で、今回は滞在競馬。パドックでのうるさい面もマシになるのではないだろうか。追い切り内容に関しては、函館ということで坂路では追い切れていないが、この中間も順調に3本時計を出していて疲れなく好調をキープといったところだろう。

ヤマカツライデン 54.0 (前走時540kg ±0)<E>
函館では1戦して3着1回。鳴尾記念から時計を出しておらず、近走の成績もイマイチときて、最終追い切り1本のみでの出走だとかなり厳しそう。

カデナ 56.0 (前走時470kg +8)<C>
函館は初出走。前走時から間隔に余裕があり、馬房の関係もあるとは思うがもっと早く移動できていたほうが良かったかも。函館移動前の坂路での時計は良かったものの、1週前に強めの追い切りがなく残り1週でどのように仕上げてくるかがポイントになるだろう。最終追い切りの動きは気になるところ。

ナスノセイカン 55.0 (前走時476kg ±0)<B>
函館は1戦着外1回。長期休養明けを4戦してパドックでの動きも使われるごと良くなっているように見える。この中間は間隔が詰まっていて時計は出ていないが、調教で良い時計が出ている時は好走することが多いので、最終追い切りは重要になりそう。

ブレスジャーニー 56.0 (前走時490kg +14)<B>
函館では1戦着外1回。この中間は中1週となりまだ時計は出していないが、前走巴賞時も調教では時計が出ていたし、最終追い切りで好時計が出ていれば問題なし。



◇今回は函館記念編でした。
――皆さんは初めて競馬場に行った時のことを覚えていますか? 競馬を続けている方の多くは、良い意味でそこで強烈な印象を受けてまた競馬場に行ってみたいと思ったのではないでしょうか。私は最近、競馬場に行ったことのない人たちを連れて競馬場を訪れる機会が増え、先週も競馬初心者4名を連れて中京競馬場に行ってきました。行くからにはまた競馬場に来てもらえるよう楽しんでもらうのが、招待する人の役目。押し付けるのではなくそれぞれが楽しめるような状況を作ってあげるのが一番だという考えのもと、まずは入場人員の少ない土曜日で席は指定席を選びました。競馬場に行くと、想像以上に歩きますし、人も多いので疲れます。特に慣れていない人は大変です。その点、席が確保されているだけでもだいぶ違いますし、馬券も余裕を持って買えてレースも良い眺めで見ることが出来ますからね。せっかく足を運んだからにはパドック、レースとゆっくり馬を見て楽しむのが一番。競馬場で競馬を観るのですから『馬を見て馬券を買ってレースを観る』、ここだけは満足してもらいたかったので、今回はその点良かったんじゃないかなと思っています。また、人に教えることで自分も初心に戻れますし、何より楽しさを分かってもらえた時の嬉しさや何とも言えない喜びという“副産物”を私自身も得ることが出来ました。あなたの周りにももし競馬場に行ってみたいと思っている人がいるようであれば誘ってみてはいかがでしょうか。そして、ぜひ一人でも多くの人に競馬の魅力を伝えていってもらえればと思っています。
それでは次回、函館2歳S編(予定)でお会いしましょう。


函館記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。

※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2018年4月4日(水) 16:50 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』3/31,4/1の結果(大阪杯,ダービー卿CT)
閲覧 747ビュー コメント 0 ナイス 1

4月1日(日)に行われました阪神11Rの「大阪杯 G1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【2位】△スワーヴリチャード(3.5倍)
2着:総合ポイント【9位】▲ペルシアンナイト(16.3倍)
3着:総合ポイント【7位】○アルアイン(3.6倍)

第2グループ・総合ポイント2位のスワーヴリチャードが1着、第4グループ・総合ポイント9位のペルシアンナイトが2着、第3グループ・総合ポイント7位のアルアインが3着という結果でした。


だから黙ってミルコから買っとけって、いつも自分に言ってるんですけどね~、レースが終わる度に......(-_-;)それにしても、馬に強い競馬をされて鞍上にもファインプレーをされては、他の馬には手も足も出ないというレースになってしまいました。どこから入ろうとも、△スワーヴリチャードを軽視した時点で、今回は予想としてアウトでした。完敗です。


【3連複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
11=5,8,9=1,2,3,4,5,8,9,11,14,15

計21点 払い戻し0円


続いて、3月31日(土)に行われました中山11Rの「ダービー卿チャレンジトロフィー G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【7位】▲ヒーズインラブ(6.5倍)
2着:総合ポイント【1位】△キャンベルジュニア(13.4倍)
3着:総合ポイント【4位】☆ストーミーシー(26.3倍)

第4グループ・総合ポイント7位のヒーズインラブが1着、第1グループ・総合ポイント1位のキャンベルジュニアが2着、第3グループ・総合ポイント4位のストーミーシーが3着という結果でした。


こちらは▲ヒーズインラブが鮮やかに差し切ってV。☆ストーミーシーも高評価の一頭だっただけにもったいないことをしてしまいました。ただ、◎ゴールドサーベラスも最後方からとなったにしてはよく追い込んできていましたし、悲観する内容ではなかったと思っています。もう少し頭数が手ごろなレースでまた(重賞でも)狙ってみたい一頭です。


【3連複フォーメーション】
◎○▲=◎○▲=印
4,7,9=4,7,9=2,3,4,5,7,8,9,10,11,13,15,16

計28点 払い戻し0円

[もっと見る]

2018年3月31日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第347回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~ダービー卿チャレンジトロフィー G3
閲覧 920ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさんこんにちは!

本日は中山11R「ダービー卿チャレンジトロフィー G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、キャンベルジュニア1頭。
第2グループ(黄)は、マルターズアポジーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のレッドアンシェルまで2頭。
第3グループ(薄黄)は、ストーミーシーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のグレーターロンドンサンライズメジャーまでの3頭となっていて、以下は第4Gとなっています。

凄馬出馬表を見渡すと、総合評価トップのキャンベルジュニアが2位に1.2ポイントと少し差をつけている他は大きな開きは見られず、ハンデ戦らしい拮抗したメンバー構成となっています。

順調なら昨年2着の△キャンベルジュニアの適鞍かなとも思うこのレースですが、中9週以上ローテで4歳馬以外は近年ほとんど好走が無く中心視するには微妙。また前走1800m以上を使われてここを勝ち切ったのは近年ではあのモーリスだけであとはみな3着以下という点から△マルターズアポジーも本命にまではどうか......。△レッドアンシェルも気性面で危なっかしくこれまで関西圏と滞在競馬での好走のみという戦績の馬で、持久戦になり易いこのレースで流れが合うかも半信半疑の状態。加えて、この人気では......。
と、ここまで来るとその下はますます“何でもあり”状態の様相で、どこからでも上位進出が叶いそうな印象です。
ここは思い切って◎ゴールドサーベラスに期待とします。前走幕張Sは大外を回すロスの大きい競馬でプロディガルサン以下を完封。またその結果以上に、このレースに通じる瞬発力<持久力寄りのレースでの内容を評価しています。初オープンクラスとなるため指数は低く出ていますが、△マルターズアポジーら先行勢が作るこのレースらしい淀みない流れなら、差のない上位勢を交わせる下地はあると踏んでいます。本当は前走から斤量3キロ以上減の馬はこのレースでは買いたくないところなのですが、中1週組は勝ち切った馬こそ出ていなくとも複回値は200超え(過去10年)という強調材料もありますので狙ってみたいと思います。もちろんこの馬自身のコース適性と産駒単回値大幅プラスという点も魅力。
○には1000万下ではあるものの8走前に同じ中山マイルでの持久戦で勝利、ここでは実力上位のグレーターロンドン。▲にこちらも中山マイルでの持久戦向きのタイプでこの時期の中山芝が合う印象のハービンジャー産駒ヒーズインラブ。☆に54キロでこの条件なら不気味なストーミーシー、といったところを上位評価。
そして今回の私の馬券は、恐らく◎の単複になると思いますが当コラム買い目としては◎○▲=◎○▲からの3複で勝負としたいと思います。


【3連複フォーメーション】
◎○▲=◎○▲=印
4,7,9=4,7,9=2,3,4,5,7,8,9,10,11,13,15,16(28点)

計28点

[もっと見る]

2015年7月10日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2015年07月10日
閲覧 262ビュー コメント 0 ナイス 1

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2015年7月11日()の凄馬!>
極凄馬
福島1R 障害3歳以上未勝利
⑦タニノタキシード(+4.1)

超凄馬
中京2R 3歳未勝利
ナムラケイト(+3.9)

超凄馬
福島2R 3歳未勝利
ブラゾンドゥリス(+3.1)

超凄馬
福島4R 障害3歳以上オープン
②ラッキーストリーク(+3.1)

超凄馬
福島7R 3歳未勝利
ゴールドサーベラス(+2.9)

超凄馬
函館4R 3歳未勝利
⑪クロイツェル(+2.0)

超凄馬
中京10R 尾頭橋特別
ブルドッグボス(+2.0)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率68%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2015年7月12日、集計数:22,738レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください

[もっと見る]

ゴールドサーベラスの口コミ


口コミ一覧
閲覧 470ビュー コメント 1 ナイス 22

【富士S】東京1600m

過去14年で3連単100万以上2回、10万以上7回と『荒れる』傾向

≪馬券内条件(3着以内)≫
☆過去、重賞連対経験or OP勝ち実績
×ゴールドサーベラス
☆近3走以内に重賞5着以内
×ハッピーグリン×ウインガニオン

≪年齢≫
3歳【3-1-1-19】
4歳【2-2-2-7】
5歳【1-2-3-18】
近6年に関してはリピーターのイスラボニータ以外6歳以上は【0-1-0-29】
過去【0-4-1-61】と数頭来ているがやはり荒れる年に6歳以上が絡むことが多い。
あくまで紐での穴狙いが得策。

≪好走条件≫
○前走1番人気⇒本番5番人気以内【3-5-2-11】複勝率47%
・エアスピネル
○前走2番人気【2-1-4-7】複勝率50% 単勝9.9倍未満なら【2-1-3-2】6年連続馬券内
・ロジクライ・ペルシアンナイト
◎『前走重賞連対』or『OP特別1着』
・ワントゥワン・ハクサンルドルフ
◎前年の『マイルCS』勝ち馬から0.5秒差以内
・エアスピネル ・クルーガー
○ルメール【0-3-0-0】・ロジクライ

≪凡走条件≫
×前走1200m&2400m以上【0-0-0-16】 ×ジャンダルム
×逃げ馬【0-0-0-14】 ×マルターズアポジー
×7歳以上で前走2着以下【0-0-0-23】 ×ガリバルディ
×前走NHKマイル【0-0-0-6】  

【好走条件がありマイナスの無い馬】
○ロジクライ(好走条件アリ)
○エアスピネル(好走条件アリ)
○ハクサンルドルフ(好走条件アリ)
○ワントゥワン(好走条件アリ)
○ペルシアンナイト(好走条件アリ)

昨年は≪好走条件≫が3つもあったイスラボニータが近年不振の6歳馬ながら好走♪
このレースの傾向のリピーターでもあり、鞍上ルメールでもあり、
力量的にきて当然だったのですが、近年傾向の3着以内は3・4・5歳からという点で
ここまで揃わないと6歳馬は厳しいかぁ(^o^;)という感じ。
今年は3歳の馬券内条件(3勝orGⅠで3着以内)にジャンダルムは該当しますが
ダービーから参戦の馬は今まで好走ナシ。
となると、今年は4・5歳中心の戦いになることが想像できます。

【見解】
荒れるレースは得てして特定の傾向、決まったデータが少ないのが特徴なのですが
近年のデータに絞ると
☆リピーター(近5年で3頭)・エアスピネル・クルーガー
☆前走2番人気馬(6年連続)・ロジクライ・ペルシアンナイト
そして、私がこのレース毎年、軸に置く予想項目は
◎前年の『マイルCS』勝ち馬から0.5秒差以内
・エアスピネル(5歳)・ペルシアンナイト(4歳)クルーガー(6歳)が強い。
該当する馬がいる年は
マルカシェンク⑪人気、ライブコンサート⑭人気、リアルインパクト⑨人気、
と、穴でも好走しているだけに頼もしいデータなのですが、
近6年6歳以上の馬はかなり厳しい【0-1-0-29】ので、やはりエアスピかペルシアンの
確率は高そう。クルーガーが来てくれれば配当的には嬉しいですけどね(笑)

 tntn 2018年10月17日(水) 00:55
富士Sの乗る乗らん! 
閲覧 113ビュー コメント 32 ナイス 222

****************************
菊花賞の太刀持ち!ヾ(ーー )
富士ステークス!

昨年は。。。エアスピネル!
これも雨の競馬となりました。。。
今年は。。。雨は要らん要らん♪

富士Sの乗る乗らん!
※鞍上予定は、ギャロップより。 ☆=過去勝利数。
--------------------

※継続騎乗※

ウインブライト。。。。。。。松岡正海
ゴールドサーベラス。。。。。柴山雄一
ジャンダルム。。。。。☆☆☆武豊
ストーミーシー。。。。。。。大野拓弥
デンコウアンジュ。。。。。☆蛯名正義
ハッピーグリン。。。。。。。内田博幸
ヒーズインラブ。。。。。。。藤岡康太
マルターズアポジー。。。。。柴田善臣
レッドアヴァンセ。。。。。☆北村友一

※乗り替わり※

ウインガニオン。。。。。。酒井学
エアスピネル。。。。。。。福永祐一
ガリバルディ。。。。。。。御神本訓史
クルーガー。。。。。。。。石川裕紀人
ハクサンルドルフ。。。☆☆戸崎圭太
ペルシアンナイト。。。。。Mデムーロ
ヤングマンパワー。。。。。武藤雅
ロジクライ。。。。。。。。Cルメール
ワントゥワン。。。。。。。Jモレイラ

--------------------

こちらの鞍上は決まっているようです!

昨年のマイルCSの覇者ペルシアンナイト!
当時のミルコに3走ぶりの手戻り。

昨年の覇者エアスピネルが福永さんに替わる。

当の武会長は、このレース3勝!
今年のクラシックを共に歩んだジャンダルム選択!

ヴィクトリアマイル3着からとなるレッドアヴァンセ。友一さん継続。

戸崎さんは手戻りとなるハクサンルドルフ。

あと2人の外国人騎手は、ともに乗り替わる!
クリストフは、ロジクライ。
モレイラは、ワントゥワン。
短期免許最終に、重賞連覇にも注意が必要!?

外国人ジョッキーが勝っていないレース。。。そろそろかも。(・・?

*********** 

菊花賞の乗る乗らん!

https://umanity.jp/home/view_diary.php?id=451e2a1e43&owner_id=4a85df85ef

****************************

[もっと見る]

 ミッドナイトホーセズ 2018年10月16日(火) 06:28
競馬検討 富士ステークス
閲覧 185ビュー コメント 0 ナイス 18

富士ステークス

ウインガニオン 頭打ち

ウインブライト 圏内

エアスピネル 軸で行ける

ガリバルディ さて?

クルーガー 圏内も

ゴールドサーベラス ?

ジャンダルム 得意の距離に戻り

デンコウアンジュ 得意の東京競馬場

ハクサンルドルフ ムラがある

ハッピーグリン 安定はして

ヒーイズインラブ さて?頭打ち

ペルシアンナイト 一叩きしたらのタイプ

マルターズアポジー 逃げて?

ヤングマンパワー 厳しく

レッドアヴァンセ 力付け

ロジクライ ここはチャンス

ワントゥワン 圏内

[もっと見る]

⇒もっと見る

ゴールドサーベラスの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ゴールドサーベラスの写真

ゴールドサーベラス

ゴールドサーベラスの厩舎情報 VIP

2018年10月20日富士ステークス G313着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ゴールドサーベラスの取材メモ VIP

2018年10月20日 富士ステークス G3 13着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。