サクラアンプルール(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
サクラアンプルール
サクラアンプルール
サクラアンプルール
写真一覧
現役 牡7 栗毛 2011年3月4日生
調教師金成貴史(美浦)
馬主株式会社 さくらコマース
生産者谷岡スタット
生産地新ひだか町
戦績25戦[4-4-2-15]
総賞金20,099万円
収得賞金7,570万円
英字表記Sakura Empereur
血統 キングカメハメハ
血統 ][ 産駒 ]
Kingmambo
マンファス
サクラメガ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
サクラクレアー
兄弟 サクラメガワンダーサクラメガスター
前走 2018/10/28 天皇賞(秋) G1
次走予定

サクラアンプルールの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/10/28 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 13812135.2106** 牡7 58.0 田辺裕信金成貴史468(-12)1.57.6 0.833.8⑨⑧⑧レイデオロ
18/08/19 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 165913.176** 牡7 57.0 吉田隼人金成貴史480(+2)2.01.5 0.437.1⑨⑨⑨サングレーザー
18/07/15 函館 11 函館記念 G3 芝2000 152311.572** 牡7 57.5 田辺裕信金成貴史478(-8)1.59.9 0.134.6⑦⑦⑧⑤エアアンセム
18/03/24 中山 11 日経賞 G2 芝2500 1561112.363** 牡7 57.0 田辺裕信金成貴史486(-4)2.34.1 0.234.6⑩⑩⑪⑩ガンコ
18/02/25 中山 11 中山記念 G2 芝1800 10227.144** 牡7 57.0 蛯名正義金成貴史490(-4)1.47.8 0.234.9⑤⑤⑤⑤ウインブライト
17/12/24 中山 11 有馬記念 G1 芝2500 165972.91316** 牡6 57.0 蛯名正義金成貴史494(+12)2.35.5 1.936.6⑧⑧⑧⑧キタサンブラック
17/10/29 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 181152.5128** 牡6 58.0 蛯名正義金成貴史482(+6)2.10.2 1.940.4キタサンブラック
17/08/20 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 131119.961** 牡6 57.0 蛯名正義金成貴史476(+2)2.00.4 -0.035.0⑥⑦⑥⑥ナリタハリケーン
17/07/16 函館 11 函館記念 G3 芝2000 1681621.389** 牡6 56.0 蛯名正義金成貴史474(-4)2.02.0 0.835.9⑫⑫⑭⑭ルミナスウォリアー
17/04/02 阪神 11 大阪杯 G1 芝2000 144669.6913** 牡6 57.0 横山典弘金成貴史478(-6)2.00.9 2.035.9⑤⑦キタサンブラック
17/02/26 中山 11 中山記念 G2 芝1800 115545.382** 牡6 56.0 横山典弘金成貴史484(+4)1.47.7 0.133.8⑨⑧⑧⑦ネオリアリズム
17/01/28 東京 11 白富士S OP 芝2000 148148.752** 牡6 56.0 横山典弘金成貴史480(+10)2.00.6 0.033.2⑧⑨⑦スズカデヴィアス
16/12/11 中山 10 美浦S 1600万下 芝1800 16485.221** 牡5 55.0 横山典弘金成貴史470(+8)1.47.4 -0.035.7⑦⑥⑥カレンリスベット
16/11/05 東京 10 ノベンバーS 1600万下 芝2000 141127.864** 牡5 55.0 横山典弘金成貴史462(-2)2.00.0 0.133.9⑤⑤⑥トルークマクト
16/07/09 福島 11 阿武隈S 1600万下 芝1800 12793.729** 牡5 55.0 戸崎圭太金成貴史464(+2)1.49.0 0.936.5ウインインスパイア
16/04/17 中山 9 鹿野山特別 1000万下 芝2000 137104.421** 牡5 57.0 戸崎圭太金成貴史462(-4)2.00.1 -0.134.9トミケンスラーヴァ
16/01/16 中山 12 4歳以上500万下 芝2000 168151.911** 牡5 57.0 戸崎圭太金成貴史466(+4)2.01.7 -0.234.6④⑤④④シングンジョーカー
15/12/26 中山 7 3歳以上500万下 芝2000 18123.313** 牡4 57.0 戸崎圭太金成貴史462(0)2.00.3 0.335.0⑩⑩⑨⑧ツクバアズマオー
15/10/25 新潟 10 浦佐特別 500万下 芝1800 102212.942** 牡4 57.0 勝浦正樹金成貴史462(-4)1.47.0 0.234.9⑤⑤リーサルウェポン
15/09/05 札幌 8 3歳以上500万下 芝2000 1681628.084** 牡4 57.0 勝浦正樹金成貴史466(-6)2.03.7 0.236.4⑤⑤④④ペンタトニック

⇒もっと見る


サクラアンプルールの関連ニュース

 ★1番人気の天皇賞・秋で10着に敗れたスワーヴリチャード(栗・庄野、牡4)はジャパンC(11月25日、東京、GI、芝2400メートル)へ。「馬に問題はありません。在厩して調整していきます」と庄野師。5着ミッキーロケット(栗・音無、牡5)も同レースへ。9着ステファノス(栗・藤原英、牡7)は登録している香港カップ(12月9日、シャティン、GI、芝2000メートル)を目標にする。

 ★天皇賞・秋を快勝したレイデオロ(美・藤沢和、牡4)は一両日中に福島・ノーザンファーム天栄に移動する。次走は検討中で「しばらく様子、状態を見て決めたい」と藤沢和師。6着サクラアンプルール(美・金成、牡7)は有馬記念(12月23日、中山、GI、芝2500メートル)を目指す。



スワーヴリチャードの競走成績はこちら

【天皇賞・秋】レースを終えて…関係者談話2018年10月29日(月) 05:05

 ◆北村友騎手(アルアイン4着) 「思い描いた通りの競馬はできた。最後は外からかわされて集中力を欠く感じだったが、それでもよく頑張ってくれた」

 ◆和田騎手(ミッキーロケット5着) 「思ったよりもペースが流れて、いい位置で競馬ができた。馬が充実している。ジャパンCで巻き返したい」

 ◆田辺騎手(サクラアンプルール6着) 「速い流れはあまり経験がなかった。ただ、きょうはもどかしさを感じなかったし、最後まで頑張っている」

 ◆武豊騎手(マカヒキ7着) 「ペースが緩むところがなく、脚をためられなかった。ラストもなだれ込んだ感じだった」

 ◆福永騎手(ヴィブロス8着) 「気持ちが入りすぎて、リラックスさせられなかった。4コーナー手前で手応えがなくなった」

 ◆オドノヒュー騎手(ステファノス9着) 「気持ちよく走ってくれたが、最後はワンペースっぽくなった」

 ◆大野騎手(アクションスター11着) 「状態は前回よりも良かったけれど、時計が速かった」

★28日東京11R「天皇賞・秋」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】天皇賞(秋) マー君やノリさんほかズラリ!競馬大好き芸能人・著名人がガチ予想!2018年10月28日() 09:29

※当欄では天皇賞(秋)について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。




【田中将大(マー君・NYヤンキース)】
◎⑤スワーヴリチャード
○⑨サングレーザー
▲④レイデオロ
☆⑪ミッキーロケット
△⑥マカヒキ
△⑩キセキ
馬単1頭軸流しマルチ
⑤→④⑨⑪
馬単1着軸流し
⑤→⑥⑩
馬単ボックス
④⑩⑪

【木梨ノリゾー(木梨憲武)】
◎⑥マカヒキ
○④レイデオロ
▲⑤スワーヴリチャード
☆③ヴィブロス
△②ブラックムーン
△⑦アルアイン
△⑨サングレーザー
△⑩キセキ
3連単フォーメーション
⑥→③④⑤→②③④⑤⑦⑨⑩
3連単ボックス
③④⑤⑥

【小嶋陽菜(こじはる)】
3連単ボックス
ステファノス
レイデオロ
スワーヴリチャード
サングレーザー
ミッキーロケット

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑩キセキ
○⑤スワーヴリチャード
▲⑨サングレーザー
△④レイデオロ
△⑥マカヒキ
△⑪ミッキーロケット
△①ステファノス
馬連1頭軸流し・3連単1頭軸流しマルチ
⑩→①④⑤⑥⑨⑪

【DAIGO】
◎⑥マカヒキ
ワイドボックス
④⑤⑥

【徳光和夫】
3連単ボックス
ステファノス
レイデオロ
スワーヴリチャード
サングレーザー
キセキ
ワイド1頭軸流し
サクラアンプルール→①③④⑤⑥⑨⑩⑪

【具志堅用高】
◎④レイデオロ
3連単フォーメーション
④→⑨⑪→⑨⑪

【林修】
注目馬
レイデオロ

【さゆりんご(松村沙友理・乃木坂46)】
◎③ヴィブロス
単勝


【松村香織(かおたん・SKE48)】
◎⑤スワーヴリチャード
○④レイデオロ
▲⑦アルアイン
△⑥マカヒキ
△③ヴィブロス
△⑪ミッキーロケット
3連単フォーメーション
④⑤⑦→③④⑤⑥⑦⑪→③④⑤⑥⑦⑪

【安田美沙子】
◎④レイデオロ

【横山ルリカ】
◎⑨サングレーザー
単勝

3連単フォーメーション
④⑤⑨→④⑤⑨→①③④⑤⑥⑦⑨⑩
④⑤⑨→①③④⑤⑥⑦⑨⑩→④⑤⑨

【稲富菜穂】
◎⑥マカヒキ
○⑤スワーヴリチャード
▲③ヴィブロス
△④レイデオロ
△⑩キセキ
△⑪ミッキーロケット

【やべきょうすけ】
◎④レイデオロ
○⑤スワーヴリチャード
▲③ヴィブロス
△⑥マカヒキ
△⑦アルアイン
△⑧ダンビュライト
△⑩キセキ
3連単フォーメーション
④⑤→③④⑤→③④⑤⑥⑦⑧⑩

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑦アルアイン
単勝


【キャプテン渡辺】
◎⑨サングレーザー
馬単
⑨→⑤
3連単フォーメーション
⑤⑨→⑤⑨→④

【土屋伸之(ナイツ)】
◎④レイデオロ
○③ヴィブロス
▲⑤スワーヴリチャード
△⑦アルアイン
△⑩キセキ
△⑪ミッキーロケット
△⑫サクラアンプルール

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑨サングレーザー
○⑥マカヒキ
▲④レイデオロ
△③ヴィブロス
△⑤スワーヴリチャード
△⑦アルアイン
△⑧ダンビュライト
3連単フォーメーション
⑨→④⑤⑥→③④⑤⑥⑦⑧⑩⑪

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎④レイデオロ
○⑤スワーヴリチャード
▲⑨サングレーザー
☆⑥マカヒキ
△③ヴィブロス
△⑦アルアイン
△⑩キセキ
3連単フォーメーション
④→⑤→⑥⑨
④→⑥⑨→⑤
④→⑤→③⑥⑦⑨⑩⑪

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎④レイデオロ
○⑥マカヒキ
▲⑤スワーヴリチャード
△⑦アルアイン
△⑨サングレーザー
△⑩キセキ
△⑪ミッキーロケット

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑩キセキ
単勝

3連単フォーメーション
③④⑤⑦⑨→⑩→①③④⑤⑥⑦⑧⑨⑪
③④⑤⑦⑨→①③④⑤⑥⑦⑧⑨⑪→⑩
④⑤→⑩→③④⑤⑦
④⑤→③④⑤⑦→⑩

【こいで(シャンプーハット)】
◎⑨サングレーザー
3連単フォーメーション
④⑨→④⑨→①③⑥⑦

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑪ミッキーロケット
3連単1頭軸流しマルチ
⑪→①④⑤⑨
3連単2頭軸流しマルチ
⑪→⑤→①③④⑥⑦⑨⑩
馬単1着軸流し
⑪→③⑦

【今井りか】
◎④レイデオロ

【祥子】
◎⑥マカヒキ
○④レイデオロ
▲⑤スワーヴリチャード
△③ヴィブロス
△⑨サングレーザー
馬単1着軸流し
⑥→③④⑤⑨
3連単フォーメーション
⑥→③④⑤⑨→③④⑤⑨
3連複ボックス
③④⑤⑥⑨

【目黒貴子】
◎⑤スワーヴリチャード

【天童なこ】
◎⑤スワーヴリチャード



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【U指数的分析の結論!】天皇賞(秋) U指数1~2位馬が有力!指数も下馬評も低い馬は過信禁物!2018年10月28日() 09:27

G1開催週に公開されるコラム「U指数的分析」の内容をもとに、ピックアップした条件に合致する馬や買い目を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2012年以降の結果をもとに検証



<ポイント①>
U指数的には傾向がつかみづらく難解なレースだが、さすがに指数1~2位が揃って大きく崩れることはない。2012年以降は1位、2位のいずれかが馬券になっており、成績は【3.2.2.5】で複勝率58.3%。

1位→⑤スワーヴリチャード
2位→⑥マカヒキ

<ポイント②>
U指数も下馬評も低い馬は厳しい戦いを強いられている。U指数99.0以下かつ6番人気以下の馬は【0.1.1.43】。2015年2着のステファノス(指数97.3、10番人気)、2018年3着のレインボーライン(指数97.4、13番人気)以外、該当馬はことごとく敗れ去っている。

U指数99.0以下かつ6番人気以下の馬
※8時30分現在の6番人気以下、かつU指数99.0以下

ブラックムーン
ヴィブロス
サクラアンプルール
アクションスター

<ポイント③>
指数1~2位以外の上位勢は信頼を置けず、指数下位が2着に激走するケースが多い。狙い目はここ。指数1~2位を1列目、指数1~2位+指数10位以下を2列目に配置した馬連フォーメーションを購入した際の回収率は130.2%。

馬連フォーメーション

⑤⑥→②③⑤⑥⑫⑬



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【斬って捨てる!】天皇賞(秋) オールカマー組が大不振!前走敗退の6歳以上馬も壊滅状態!2018年10月28日() 09:23

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、天皇賞(秋)の近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
前走で敗れていた6歳以上馬の好走例は皆無(2008年以降)

ステファノス
ブラックムーン
サクラアンプルール
アクションスター

近2走内に重賞優勝経験のない7歳以上馬の好走例は見られない(2008年以降)

ステファノス
サクラアンプルール
アクションスター

前走オールカマー組の好走例はゼロ(2008年以降)

レイデオロ
アルアイン
ダンビュライト

前走でG1もしくはG2以外のレースに出走していた馬の好走例は皆無(2008年以降)

ブラックムーン

近2走ともG1以外のレースで6着以下敗退、かつ今回斤量増だった馬の好走例は皆無(2008年以降)

アクションスター

近2走内に重賞3着以内の好走歴がない3勝以下馬の連対例はゼロ(2008年以降)

アクションスター

近3走とも国内の3000m未満のレースに出走、かつ近3走内に馬券絡みのなかった馬の連対例はなし(2008年以降)

ステファノス
ブラックムーン
アクションスター

前走G1以外のレースで3着以下に敗退、かつ2カ月以上の休み明けだった馬の好走例はゼロ(2008年以降)

ブラックムーン
サクラアンプルール

【人気】
近2走内にG1で2着以内の経験がある馬を除くと、10番人気以下の連対例は皆無(2008年以降)
※8時30分現在の10番人気以下、かつ近2走内にG1で2着以内の経験がない馬

ブラックムーン
ダンビュライト
サクラアンプルール
アクションスター

3番人気以下、かつ牝馬の好走例はみられない(2008年以降)
※8時30分現在の3番人気以下、かつ牝馬

ヴィブロス

7番人気以下、かつ6歳以上馬の連対例はなし(2008年以降)
※8時30分現在の7番人気以下、かつ6歳以上馬

ステファノス
ブラックムーン
サクラアンプルール
アクションスター

G1あるいはG2で2着以内の経験がある馬を除くと、7番人気以下の連対例はゼロ(2008年以降)
※8時30分現在の7番人気以下、かつG1あるいはG2で連対経験がない馬

ブラックムーン
アクションスター

前走2桁人気だった馬の好走例は皆無(2008年以降)

ブラックムーン
アクションスター

【枠順】
3枠と8枠の連対例は皆無(2008年以降)

ヴィブロス
サクラアンプルール
アクションスター

馬番枠5番、10番、11番、13番の好走例はゼロ(2008年以降)

スワーヴリチャード
キセキ
ミッキーロケット
アクションスター

【血統】
キングマンボを経由しない父ミスプロ系の好走例は皆無(2008年以降)

ブラックムーン

G1勝利経験がある馬を除くと、母父にヘイルトゥリーズン系種牡馬を配している馬の好走例はゼロ(2008年以降)

ダンビュライト
サクラアンプルール
アクションスター


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
マカヒキ
サングレーザー



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【天皇賞・秋】最新ナマ情報2018年10月28日() 05:07

◆「いい一面を」風格堂々〔6〕マカヒキ

 一昨年のダービー馬は、午後2時16分に東京競馬場入りし、堂々とした姿で馬運車から登場。「スムーズでした。新しい(武豊)ジョッキーが乗るので、いい一面を引き出してくれたり、どんなコンビネーションをみせてくれるのか楽しみ」と大江助手は笑顔をみせた。

◆福永の手綱に期待〔3〕ヴィブロス

 僚馬マカヒキとともに午後2時16分に関西馬の中で一番乗り。大江助手は「2週前、1週前と状態も上がってきて、順調にこられました。乗り慣れているジョッキーで安心できます」と福永騎手の手綱に期待をこめた。

◆「宝塚より好感触」〔11〕ミッキーロケット

 宝塚記念でGI初制覇を飾った充実一途の5歳馬は、久々でも好気配。橋本美助手は「輸送も何も問題ない。追い切りの動きは良かったし、竜二(和田騎手)も宝塚記念よりもいい感触を得ているようだった。たぶん、前走のようにロングスパートをかけていくだろうね」と手応え十分だ。

◆1番人気 闘志ギラリ!「予定通りの輸送」〔5〕スワーヴ

 午後4時17分に到着。鋭い目つきで闘志を見せた。久保淳助手は「見た目に変化はないけれど、(調教後馬体重の)530キロあるようには見えない。予定通りの輸送ができた」ときっぱり。GI初制覇を果たした大阪杯のとき(516キロ)に近い馬体重で出走できそうだ。

◆「間違いなくいい」〔7〕アルアイン

 昨年の皐月賞馬は午後4時10分ごろに到着し、落ち着いた表情で引き運動を行った。音瀬助手は「毎度のことですが、1回使ったら馬が変わる。状態が間違いなくいいと思います。皐月賞を勝った2000メートルの距離もいいですね。(経験の少ない)左回りも気にならない」と好ムードだ。

◆「精神的に成長」〔9〕サングレーザー

 札幌記念の覇者は午後4時10分ごろ、決戦の地へ入った。「最近は精神的に成長して、長距離輸送も気にならない。同じ距離とはいえ、東京と札幌の2000メートルは違うのでやってみないと分からない。モレイラ騎手には木曜に調教でいい感触をつかんでもらえたし、うまく折り合って進められれば」と川上助手。

◆スタートが鍵に〔1〕ステファノス

 4度目の挑戦となる7歳馬は、長距離輸送に慣れたもの。馬房ではカイバおけに顔をつっこんだ。「いつも通りの雰囲気。前走(4着)のようにスタートを決めて、いい位置につけられると強い。1回使えば体を使えるようになるタイプで、さらに良化している。最内枠なのでスタートが鍵ですね」と藤野助手。

◆末脚に自信あり〔2〕ブラックムーン

 午後4時半ごろに東京競馬場へ到着した。今回は初めての2000メートルだが、「マイルより短くするよりは長くした方がいい。折り合いはつくし、カーッとなる馬でもないので楽しみ。ここでも通用する末脚を持っているので、後ろの馬の展開になれば」と橋本助手。

◆積極策で勝機を〔8〕ダンビュライト

 僚馬ミッキーロケットとともに午後4時前に東京入り。濱田助手は「ひと叩きして体調は良化。近走は馬場入りでうるさく、スタートもひと息。だからパドックからゲート裏までパシファイアーを着ける。ハナに行くくらいの気持ちで積極的な競馬をしてほしい」と“秘策”を講じてGI取りに挑む。

◆昨年よりも順調〔12〕サクラアンプルール

 北馬場のCコースで軽めの調整。金成調教師は「いつも通り、大きく変わった感じはありませんが順調ですね。昨年より扱いやすくなっているけど、今回はさすがに相手が強いので」と、控えめだった。

◆厩舎GI初出走〔13〕アクションスター

 北馬場のBコースで軽快なキャンター。これが開業初のGI出走となる和田勇調教師は「馬に余計なプレッシャーをかけないようにしています。自分からハミを取るようになったし、前走よりもピリッとしてきました」と、雰囲気を伝えた。

★天皇賞・秋の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

サクラアンプルールの関連コラム

閲覧 376ビュー コメント 1 ナイス 5



先週は、28(日)に東京競馬場でG1天皇賞(秋)が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1天皇賞(秋)は、ダンビュライトが放馬により発走直前に競走除外となって最終的に12頭立てでスタートの時を迎えます。1番人気は単勝2.5倍でスワーヴリチャード。以下2番人気レイデオロ、3番人気マカヒキ、4番人気サングレーザー、5番人気アルアインと続く状況。好発を決めたのはヴィブロスで、2コーナーを目指す注目の先行争いはこの馬を中心に展開していきます。一方、スタート直後にマカヒキに寄られたスワーヴリチャードはよもやの最後方からの競馬となります。
どよめく観衆に見守られながら、2コーナーを通過していく隊列は、ここで代わって先頭はキセキ。以下は、アルアインヴィブロスステファノスミッキーロケットレイデオロサングレーザーブラックムーンサクラアンプルールスワーヴリチャードマカヒキ、最後方にアクションスターと続きます。少頭数でも、比較的馬群は縦長となるなか前半1000mは59秒4(推定)を計時。大きく緩むところのない淡々としたラップを刻み続けるキセキが、2番手アルアインとの差を2馬身ほどに若干広げながら3コーナーから4コーナーへとレースは展開していきます。
中団から徐々にポジションを上げる2番人気レイデオロに、1番人気スワーヴリチャード、3番人気マカヒキは依然後方2~3番手と、人気馬はそれぞれ対照的な位置取り。先頭のキセキがリードをキープしたまま、4コーナーを回って直線を迎えると、ヴィブロスレイデオロミッキーロケットステファノスあたりが2番手アルアインに並び掛けて追撃態勢。さらに後方からはサングレーザーも徐々に迫ります。後方2、3番手で直線を迎えたスワーヴリチャードマカヒキの人気2頭は、依然先団グループには遠く及ばず苦しい展開。
残り200mを過ぎたあたりで、2番手争いから抜け出したレイデオロが先頭を行くキセキに迫ると、勢いのままに堂々先頭の態勢へ。連れて脚を伸ばすサングレーザーも浮上しますが、内で応戦するキセキと鼻面を併せるのが精一杯。2番人気レイデオロが、最後は後続に1馬身1/4差をつける完勝で、G1・2勝目をあげています。2着にはハナ差制した4番人気サングレーザーが浮上し、逃げて粘った6番人気キセキは3着。
公認プロ予想家では、はははふほほほプロ奥野憲一プロスガダイプロ蒼馬久一郎プロら計8名が的中しています
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
27(土)新潟3Rでの馬単140倍他的中で好スタートを決めると、京都6R東京9RG2スワンSと的中を積み重ね大幅プラスをマーク。28(日)にも新潟10R東京12Rなどで高精度予想を披露。週間トータルでは、回収率264%、収支17万4,160円プラスの大勝を収め、2週連続週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
27(土)は新潟9Rなどの的中で活躍を披露。28(日)には京都7Rで◎アイファーイチオー(単勝185.9倍)から19万9,920円払戻しのスマッシュヒット!さらに、G1天皇賞(秋)では、◎キセキ(単勝12.8倍)から3連複ゲットをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
27(土)京都7Rで、◎インスピレーション(単勝64.9倍)から3連単2741倍含む計33万9,090円払戻しのビッグヒットを記録。28(日)にも京都5Rなどの的中で活躍を披露しています。
 
 
この他にも、伊吹雅也プロ(115%)、【U指数】馬単マスタープロ(107%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。

また、先週はG3アルテミスSで▲○◎22万3,670円のスマッシュヒット披露の奥野憲一プロ(308%)、赤木一騎プロ(150%)らも活躍をみせています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年10月24日(水) 15:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2018天皇賞(秋)編
閲覧 1,254ビュー コメント 0 ナイス 10



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


10月28日(日) 東京11R 第158回 天皇賞(秋)(G1、3歳以上、芝2000m)


≪優先出走馬≫

レイデオロ(C)
パドックではうるさい面を見せる馬で、休み明けの前走時もチャカチャカした様子で集中力に欠ける感じ。近走の追い切りの動きを見ても、直線に向いた際に少し置かれてしまうことが多く、どこかピリッとしない面がある。また、今回の1週前追い切りでは躓くアクシデントがあって、いくら馬場が悪いとはいえ躓くということは集中できていないとも取れる。大事には至らなかったものの調整に多少狂いがあり、動きにも物足りなさが残るとなると、今回は重い印は付け難くなりそうだ。


≪賞金上位順≫

ヴィブロス(A)
乗り込み豊富で、坂路で追われた1週前追い切りの動きは手応え、気合い乗りともに○。走りやすそうな馬場だったことを差し引いても、かなりの出来の良さが伝わってくる好内容だった。海外も含めて左回りは4戦して連対を外しておらず、前走の宝塚記念以上の走りを期待できそう。

ワグネリアン※出走回避

スワーヴリチャード(C)
安田記念からの休み明けでのレースとなる今回。長めから本数こそ乗られているが、馬なりでの追い切りばかりで1週前追い切りもビシッと強くは追わず。先着してはいるものの動きには重め感があり、物足りなく感じた。最終追い切りでどこまで変わってくるか。

ミッキーロケット(B)
今年は休み明けでの出走も、2週前、1週前と強めに追われて好時計。動きに関しても宝塚記念時の1週前追い切りよりも良いくらいで、前走勝ちの勢いそのままといった感じ。

ディアドラ※出走回避

サングレーザー(A)
前走時は乗り込み量が少なく、久しぶりの2000m戦ということで軽視してしまった馬だが、振り返ってみると札幌では1800m戦で未勝利勝ちしていて距離の面に関しては特に不安視する必要はなかったよう。この中間も、この厩舎独特の日曜に強く追うスタイルで15日(月)、21日(日)と抜群の時計が出ていて、昨年3着でこの厩舎にいたレインボーラインとも何かダブル感じがあり、かなり恐い1頭。

アルアイン(B)
休み明けの前走を使われてこの中間も2週前、1週前と坂路で好時計を出し、順調な調整。1週前追い切りの動きも、坂路で終いしっかり伸びていて上積みが見込めそうな状態。

ステファノス(D)
前走の毎日王冠は、出来は悪くなかったように見えたが思ったほど走らず。G1レースで好走していた頃のような勢いがない印象だ。1週前追い切りを見ても、間隔が詰まっているとはいえ重め感のある走りで、休み明けを使われての変り身が感じられない。

マカヒキ(B)
札幌記念を使われていることもあるのか、この中間は2週前、1週前とかなり負荷を掛けてきている感がある。そこでの伸び脚もかなり良い。1週前時点で既に仕上がりは十分とみられ、最終追い切りは輸送も考慮し軽めで十分なくらい。

キセキ(C)
前走時の追い切りは追われて首が高くなる感じで特に良くは見えなかったものの、当日のパドックでは気合い乗り良くキビキビした動きだった。出来は良くなっていたのかもしれない。この中間は間隔が詰まっている割には入念に乗り込まれており、首が詰まる感じの走りは好みではないが、それほど悪くはない出来にも映る。

ブラックムーン(F)
中京記念以来のレースだが、乗り込み量も少なく1週前の動きを見ても追われて伸びず。併せ馬でも遅れていて、仕上りに不安あり。

サクラアンプルール(B)
前走時は追い切りの動きも良く出来自体は悪くなかったと思うが、予定していた田辺騎手が騎乗できずの誤算。レースでも4コーナーを回ってくる時の持ったままの手応えがかなり良かっただけに、乗り方次第で何とかなっていたかもしれない印象を受けた。この中間は美浦で水準の時計は出ているが、1週前追い切りが最後伸びきれない感じだった。最終追い切りでどこまで変わってくるかに注意したい。

ダンビュライト(D)
この中間は前走から間隔的に少し余裕がある割に乗り込み量が少ない。1週前追い切りも終いの伸びがイマイチで、前走からの上積みが感じられず。

アクションスター(F)
前走時も良い感じはなかったが、この中間も1週前に強めに追われておらず今回はさらに厳しい戦いになりそう。



◇今回は天皇賞(秋)編でした。
天皇賞(秋)が行われる東京芝2000mは、JRAの競馬場でも外枠がかなり不利になるコース。特に、ビッグレースともなれば、人気馬がどこの枠に入るかで勝敗はもちろん馬券の売れ方も変わってきます。そんなJRAの枠順抽選とはどのように行われているのか、近年の有馬記念のように公開抽選で行われているレース以外はあまり知られていないと思います。JRAのHP(Q33)では、『各競走における馬番(枠順)は、公開抽選で行われる一部G1競走をのぞき、全てコンピュータにより自動的に決定されます。また、出馬投票馬が出走可能頭数を超過した時に出走できる馬を抽選する際にも、全てコンピュータにより自動的に決定されます。』と書かれています。よく読んでみると、公開抽選と出走頭数を超過した時は抽選を行うが、それ以外はコンピュータにより自動的に決定されると解釈できる文になっています。
よく、一部の人気馬や有名人の持ち馬が有利な枠に入るといろんな憶測が飛び交うことがあります。私個人の考えを言わせてもらうと、JRAにとって一番大事なのはどれだけ馬券を売ることができるか、人気馬が勝とうが負けようが締め切り1分前までにどれだけ馬券を売るかが勝負です。JRAには過去の膨大なデータがあり、馬券を買う私たちはそのデータを使い馬券を当てるために活用します。でも、JRAはその膨大なデータを馬券を売るために使っているはず。JRAにとってレースは一番の商品。スーパーやコンビニに例えればどこにどの商品を陳列したら売り上げが上がるかというのと同じで、どこの枠にどの馬もしくは騎手を入れてどんな並びにしたら馬券が売れのるかを考えるのは当たり前のことだと思います。同じ枠でも、そこに入る馬や騎手によって売れ方は変わってくるもので、過去のデータをいろいろ分析してコンピュータが馬券の売れる枠順を弾き出してくるはずなのです。実際、今年のオークス、ダービーは枠順が出た時点で売れる並びだと感じましたし、今年のJRAG1レース(フェブラリーS~菊花賞まで)の売り上げを見ても15レース中10レースが前年より売り上げUPと、かなり優秀なコンピュータと言っていいのではないでしょうか。逆に言うと、海外競馬のようにJRAで馬券を発売できるレースであっても、JRAで枠順を決められない場合は売り上げが伸び悩むのかも知れません。
今後競馬の予想をする際には、JRAのコンピュータは何でこの馬をこの枠に入れたのか考えて予想してみるのも面白いかもしれません。その馬にとってこの枠は有利なのか不利なのかということが分かれば、予想に役立つデータの一つとして使えるかもしれませんよ。......と、ここまでいろいろと仮説を立てて綴ってみましたが......、結局のところ枠順抽選はJRAの一部の人しか知り得ないこと。庶民の我々には本当のことは分かりませんね^^; あくまでもこんな考え方もあると思って、出馬表を眺める際の一つの楽しみにして頂ければと思います。最後までお付き合い頂き有難うございました。


それでは次回、ファンタジーS&京王杯2歳S編(予定)でお会いしましょう。

天皇賞(秋)出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2018年10月24日(水) 13:00 覆面ドクター・英
天皇賞(秋)2018
閲覧 1,318ビュー コメント 0 ナイス 7

菊花賞は、ルメール、デムーロ、武豊騎手という、使い古された「長距離は騎手」というような結果になってしまいました。個人的に、勝ったフィエールマンは距離短縮の次走で狙う予定だったのですが。菊花賞デーは、前夜に地震で延期になっていた道東の花火大会(北海道新聞社主催)で1万発と三尺玉の花火を初めて間近で観て元気を注入してもらったのが良かったのか、菊花賞以外のレースでは大爆発で大勝ち。肝心の菊花賞とWIN5はダメでしたけど...(T_T) その後の最終レース3つも軸(6番人気、3番人気、1番人気)は来るもののヒモ抜けと更なるアピールはできず。相変わらず、持ってないですね。勝ったら、今月末で締めのパー○24の株を株主優待目的で買おうかなー、なんて思い始めたのがいけなかったですかねえ。

秋の天皇賞は、昔は秋競馬では一番熱いマイラーからステイヤーまで好メンバー勢揃いといった感じのレースでしたが、最近は後のレースを考えてぶっつけの馬も増えてきました。ダービー馬のワグネリアンはせっかく福永騎手が復帰したのですが、状態が上がらず回避とのことですし、本来人気になりそうなレイデオロは1週前追い切りで歩様が乱れて五十嵐騎手が下馬したように万全とはいかなそう。フルゲートにならない時点で、オールドファンとしてはちょっと寂しいものがありますが、荒れる要素満載なだけに馬券的には楽しめるかもしれません。

では恒例の全頭診断へ。


1番人気想定 スワーヴリチャード安田記念は差されたが、やはり良さが出るのはこのくらいの距離では。左回りの東京2000mは最適舞台でライバルが順調でなく、こことJCは好勝負必至とみている。

2番人気想定 レイデオロオールカマーは辛うじて勝ったが、1週前調教でも(歩様が)ゴトゴトして止めたようにここまでの過程が? 人気になるだけに消して妙味か。

3番人気想定 マカヒキ札幌記念は差されたが勝ちに近い内容で復活を印象付けた。勝ち切っていないだけにそう人気にならず、狙い目は十分か。

4番人気想定 サングレーザー:前走の札幌記念は2000mの距離が不安視されていたが、全然問題なく差し切り勝ちをみせた。今回もそう人気にならずで、大いに妙味を感じる。

5番人気想定 アルアイン皐月賞制覇後は惜敗が多いがそう大きく負けているわけでもなく、距離もこのくらいが良い印象。圏内だし、人気も落ち着きそうなだけにこちらも妙味が大きい印象。

6番人気想定 ミッキーロケット宝塚記念を制した割には人気にならなそう。去年の天皇賞(秋)は惨敗したが、ゲートが良くなってきた最近ならやれて良い。ただ鞍上が「どうしたんだろう」というくらい不調で買いにくい近況。

7番人気想定 ディアドラ:重賞連勝中で、牡馬より2㎏軽い56㎏とくればやれて良い実力馬。ルメール騎手は乗れないようで、誰が乗るのかが問題か。

8番人気想定 ヴィブロス:ドバイ適性は高いようだが日本ではそれほどでもなく、トップとは差が少しあるか。

9番人気想定 キセキ毎日王冠で久しぶりの好走。菊花賞制覇後はイマイチな着順が続いていたが、その前走が示すように順調に実力を蓄えていて、ここでも十分通用する。人気的にも妙味たっぷりか。

10番人気以下想定 
ステファノス:前哨戦はよくても......。もうG1では要らないのでは。

ダンビュライト:昨年多く指名したルーラーシップ産駒のマイPOG馬の1頭。良くないところも似るようでなんせ不器用で、能力はあるのに毎度がっかりさせられる状況が続いている。この馬もAJCCを勝ったところまでは良くてもその後はイマイチで、ここで大仕事するとも思えず。

サクラアンプルール:昨年は札幌記念を勝っての臨戦だったが(12番人気8着)、今年は札幌記念6着に敗れての参戦となる。期待薄。

アクションスター:約4年前の準オープン勝ちが最後の勝利で期待できない。

ブラックムーン:今年は京都金杯勝ち以降さっぱりで、この距離で好走はないだろう。


<まとめ>
最有力:スワーヴリチャード

ヒモ:マカヒキサングレーザーアルアインキセキ

人気で消し:レイデオロミッキーロケットディアドラヴィブロス

[もっと見る]

2018年10月21日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2018年10月21日号】特選重賞データ分析編(121)~2018年天皇賞(秋)~
閲覧 1,792ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 天皇賞(秋) 2018年10月28日(日) 東京芝2000m


<ピックアップデータ>

【“前年か同年、かつJRA、かつG1のレース”における連対経験の有無別成績(2012年以降)】
○あり [4-5-6-26](複勝率36.6%)
×なし [2-1-0-60](複勝率4.8%)

 既にビッグレースで優勝を争ったことのある実績馬が優勢。たとえ近走成績が良くても、G2やG3、オープン特別、条件クラスのレースを主戦場としてきた馬は過信禁物と見るべきでしょう。ちなみに、“前年か同年、かつJRA、かつG1のレース”で連対経験がなかったにもかかわらず3着以内となった3頭は、いずれも前走のレースが“毎日王冠”、かつ前走の上がり3ハロンタイム順位が2位以内でした。今年はこれに該当する馬が特別登録を行っていません。

主な「○」該当馬→ステファノススワーヴリチャードレイデオロ
主な「×」該当馬→サクラアンプルールサングレーザーマカヒキ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「馬齢が5歳以下」だった馬は2012年以降[6-6-5-47](複勝率26.6%)
主な該当馬→マカヒキレイデオロ

[もっと見る]

2018年8月22日(水) 15:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(8/18~8/19)導師嵐山プロが114万、55万のホームラン2発!!ほか夢月プロら計4名が週末プラス20万超を達成!
閲覧 503ビュー コメント 0 ナイス 5



先週は、19(日)に小倉競馬場でG3北九州記念が、札幌競馬場でG2札幌記念がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3北九州記念は、ゴールドクイーンが最内枠から主張して逃げの手。2番手ナインテイルズ、3番手ラブカンプーと続いた馬群は、序盤3Fを32.4秒(推定)で通過。馬場状態を考慮しても軽快なペースで流れる中、1番人気ダイアナヘイローは4~5番手のイン、2番人気アサクサゲンキは後方馬群の追走となって3~4コーナーを回ります。一杯になったゴールドクイーンナインテイルズの外から、手応え十分にラブカンプーがこれらを交わして早々と先頭へ。後続からはトウショウピストダイメイプリンセスダイアナヘイローらが追撃をみせ、インを突いてはアレスバローズも虎視眈々の手応え。残り100mまで先頭をキープしていたラブカンプーでしたが、最内を上り最速で伸びたアレスバローズに交わされ後退。結局、勢いのまま6番人気アレスバローズが1馬身半突き抜けV。CBC賞に続き、重賞連勝を決めています。2着には、ラブカンプーの外を伸びた4番人気ダイメイプリンセスが入り、さらにそこから1/2馬身差の3着に7番人気ラブカンプーが粘り込んでいます。
公認プロ予想家では、岡村信将プロ豚ミンCプロ山崎エリカプロマカロニスタンダーズプロサラマッポプロ他、計7名が的中しています。
 
G2札幌記念は、最内からマルターズアポジーが出を窺うところへ、大外枠からアイトーンも仕掛けていき、この2頭が引き連れる形で向う正面へと向かいます。稍重のなか、前半1000m通過は59.1秒(推定)のハイペース。1番人気マカヒキは後方2番手の外、2番人気サングレーザーは中団インをそれぞれ追走する形。3番手追走のマイスタイルが3コーナー手前にしてスパートを開始すると、そのまま先頭へと躍り出てさらに馬群はペースアップしていきます。先行勢の手応えがにわかに劣勢となり、外々を回した後方勢が一気に進出しながら直線へ。一団馬群の先頭を行くマイスタイルを目がけ、サクラアンプルールスティッフェリオゴーフォザサミットあたりが押し寄せ、各馬横並びでの叩き合いが繰り広げられます。そして、ここにサウンズオブアース、大外を通ったマカヒキ、馬群の中からはサングレーザーモズカッチャンといったところも徐々に加わる展開。直線半ばを過ぎて、最内からスティッフェリオが一瞬抜け出したのも束の間、あっという間に外から詰め寄る人気各馬。目まぐるしく入れ替わる混戦となったこの一戦に終止符を打ったのは、馬群を縫って鋭く伸びた2番人気サングレーザーでした。ゴール前様相一変の叩き合いを制し、重賞3勝目を挙げています。ハナ差の2着には1番人気マカヒキが入り、そこからアタマ差の3着には4番人気モズカッチャンが入っています。
公認プロ予想家では、きいいろプロ夢月プロ蒼馬久一郎プロ他、計9名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →導師嵐山プロ
大波乱決着となった19(日)新潟3Rで、3連複3914.7倍を含む計1,145,980円払戻しのホームランを披露。この日はこれだけにとどまらず、新潟12Rでもスノードーナツ(単勝16.4倍)-プリンセスオーラ(単勝45.2倍)-ハッピーランラン(単勝40.3倍)決着を、○×◎で仕留め55万7,460円払戻しと“2本目”をマーク!週末2日間のトータルでは回収率270%、収支121万6,320円プラスの断トツ成績を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
18(土)は札幌4R札幌5Rなどで好調予想を披露しプラス収支を達成。19(日)にも、札幌6Rでの馬単1万円1点勝負的中ほか、札幌7RG2札幌記念などで好調ぶりをアピールしました!連日のプラス収支マークの先週は、トータル回収率141%、収支25万5,590円の大幅プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →豚ミンCプロ
18(土)新潟3Rで◎レイナグラシア(単勝60.9倍)を推奨し的中。さらに、小倉6Rエムケイフローラル(単勝26.4倍)、小倉12Rレディバード(単勝28.0倍)と穴馬本命でゲットするなどの活躍を披露。続く、19(日)には、札幌10Rや、G3北九州記念での的中でプラス収支を達成。土日2日間トータルでも回収率102%をマークし、これで3週連続週末プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →馬っしぐらプロ
18(土)は小倉9Rでの◎○▲パーフェクト的中に続き、勝負予想新潟11R、同小倉11Rと連続的中!週末2日間トータルで回収率222%、収支10万180円プラスの好成績を達成しています。
 
 
 
この他にも、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(210%←4週連続週末プラス)、おかべプロ(180%)、、
エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ
(172%)、馬侑迦プロ(114%←2週連続週末プラス)、西野圭吾プロ(108%)、ジョアプロ(106%)、エース1号プロ(101%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2018年8月15日(水) 17:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2018札幌記念編
閲覧 1,238ビュー コメント 0 ナイス 7



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


8月19日(日) 札幌11R 第54回 札幌記念(G2、3歳以上、芝2000m)

アイトーン 54(前走474kg +2)<B>
坂路中心で1週前にコースで併せ馬を行い、直前は坂路で終いを伸ばすというのがこの馬の普段の調教パターン。今回は札幌でのレースということもあり、前走後に函館入りをし、この中間は札幌のダートで乗り込まれている。毎回、国分恭騎手を背に調教されていて、1週前には併せ馬で一杯に追われて先着と調整は順調。

アストラエンブレム 57(前走464kg +4)<A>
無理のないローテーションで使われてきている馬で、近走は調教で目立つ時計が出ていなかった。今回、札幌芝での1週前追い切りでは、普段の坂路とは違うものの久し振りに速い時計が出ていて雰囲気は良さそう。昨年もこの時期は新潟記念で2着に好走していて、今年は北の大地で好コンディションを披露してくれそうだ。

クロコスミア 55(前走海外出走)<C>
ドバイ遠征後初のレースとなるが、札幌で入念に乗り込まれ昨年、一昨年の札幌での追い切りと同じくらいの時計が出ている。かなり良いという感じはないが、いつも通り1週前に強めの追い切りができていて順調に来ている印象。

ゴーフォザサミット 54(前走496kg ±0)<D>
ダービー以来の出走となり、この中間は札幌芝コースを中心に乗り込まれている。ただ、青葉賞(◎)時のような勢いはみられず、疲れが取れていない、もしくはこれから使われて良くなる途上のどちらかといった感が漂う。

サウンズオブアース 57(前走498kg -14)<B>
昨年は休み明けで馬なりばかりの追い切りだったが、今年は目黒記念を使われて2週前、1週前と併せ馬で一杯(先着)に追われている。内容的にも昨年よりも良い感じ。

サクラアンプルール 57(前走478kg -8)<A>
前走は厳しい条件でトップハンデ、調教の動きもそれほど目立たなかったので軽視したが、昨年以上の走りで能力の高さを見せてくれた。乗り込み量が昨年と比べてかなり多かったので、体がしっかりできていたのかもしれない。この中間は、昨年よりも1本時計が少ないが、1週前に一杯に追われているので反動はなさそう。昨年以上の出来で出走できそう。

サングレーザー 57(前走486kg +4)<F>
札幌は2戦2勝の実績も2000m戦はホープフルS以来となる。変則的な追い切りを行うこの厩舎だが、一番肝になる1週前の日曜に速い時計を出せていない点はかなりのマイナス材料となりそう。

スズカデヴィアス 57(前走512kg ±0)<D>
この中間は函館Wで乗り込まれ、2週前、1週前と強めに追われているが前走時と同じで調教駆けするこの馬としては物足りない時計。今のところ大きな変り身は見られない。

スティッフェリオ 57(前走442kg -8)<B>
休み明けから函館、札幌で3戦して条件戦とはいえ1、2、1着と好成績。前走時は、クイーンS出走のトーセンビクトリーの内に併せて先着と良い動きを見せており、疲れよりは勢いのほうがありそうな印象。

ナイトオブナイツ 57(前走458kg +10)<B>
前走時は間隔が詰まっていて、最終追い切り1本のみで調整が難しかった感じ。好走時は1週前の日曜日にそこそこの時計を出す馬。この中間は1週前には速い時計を出していないものの、土曜日に速い時計を出しており前走時よりは良いハズ。

ネオリアリズム 57(前走海外出走)<E>
ドバイ以来の出走で乗り込まれてはいるが、1週前追い切りでは直線で追われてから首が上り気味で、相手も走らなすぎだった中での先着。時計的にもこのクラスの馬にしては平凡で物足りない内容。

マイスタイル 57(前走460kg -4)<D>
函館で2連勝中。前走が連闘でこの中間は間隔が空いているが乗り込み量が多い訳ではなく、1週前追い切りの時計も平凡。2連勝中の勢いとは裏腹に、この中間は調教面での物足りなさが残る。

マカヒキ 57(前走500kg -4)<B>
デビューからゆったりしたローテーションで使われていた馬だが、昨年秋は毎日王冠からジャパンカップまで厳しいローテーションで使われているように馬がだいぶしっかりしてきたように思う。今回はそれ以来の休み明けになるが、入念に乗り込まれていて骨折明けを感じさせない調教内容。最終追い切りでどんな動きを見せるかに注目したい。

モズカッチャン 55(前走海外出走)<C>
ドバイ以来の休み明け。函館で乗り込まれ2週前、1週前には強めに追われてと調整は順調。ただ、左回りのほうが良く休み明けは走らない馬で、最終追い切りの動きがかなり良くないと好走は厳しいかもしれない。

マルターズアポジー 57(前走532kg +4)<D>
8勝中のうち3勝が2000m戦で距離は特に気にしなくて良いだろう。ただ、先週まで美浦で調整されてその後札幌まで移動してのレース、というのは想像以上に不利にはなると思う。

ミッキースワロー 57(前走476kg -10)<B>
中山での成績が良く、関西でのレースでは実績がないように長距離輸送がマイナスになる馬。今回は函館で調整されて札幌でのレースと条件的には力を出せるハズ。1週前には函館Wコースで単走馬なりで好時計が出ており、仕上りも良さそう。



◇今回は札幌記念編でした。
競馬場、ウインズでは開催場に限らず毎週いろいろなイベントが開催されていて、人気俳優がゲストで来場することもあれば、先着で記念品をもらえることもあったりしてそれを目当てに競馬場に足を運ぶ人もいるのではないかと思います。そんな数あるイベントの中でも、個人的に好きなのが先月の中京開催の最終日にも行われた芝コースの開放です。何といっても、そう簡単に実際に馬が走るコースに入れることはほとんどありませんし、イメージしていた以上に芝丈が長かったり凸凹していたりと新たな発見があったりすることもあって非常に勉強になります。うまく活用すれば競馬の予想に役立つこと間違いなし!?、の競馬場イベントにぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

  

ちなみに今週は、第2回となる『WINS day』ということで、全国のウインズ、エクセル、パークウインズでいろんなイベントが開催されます。全国規模で行われる年に1度のイベントなので、こちらもお近くの方はぜひ!

それでは次回、新潟2歳S編(予定)でお会いしましょう。


札幌記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。

※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

⇒もっと見る

サクラアンプルールの口コミ


口コミ一覧
閲覧 113ビュー コメント 0 ナイス 7

天皇賞・秋

59.4-57.4=1.56.8

発走後、マカヒキが斜行、スワーヴリチャードはその時点でアウトφ(.. )
キセキが逃げ、アルアイン、ヴィブロスφ(.. )
想定していたペースよりもφ(.. )
1.5秒以上ミドルペースよりに振れましたφ(.. )
12秒を切らなかったのは最初の200と最後の200のみφ(.. )
逃げ、番手はハイペースよりか?
追走している組はミドルペースφ(.. )
レイデオロ、サングレーザーの位置がφ(.. )
差し届くギリギリの位置でしょうねφ(.. )
7番手以降はノーチャンスφ(.. )
12頭だて、中段半ばまでφ(.. )
サクラアンプルール、マカヒキは33.7~33.8の上がり繰り出しφ(.. )
レイデオロは33.6、サングレーザーは33.4の上がりにまとめφ(.. )
レイデオロは1.56.8で自身のスピード、瞬発力、スタミナを遺憾なく証明φ(.. )
キセキがあわや2着に粘る逃げφ(.. )
アルアインも遺憾なくスピード能力を発揮φ(.. )
スワーヴリチャードは?不利でテンションが切れて追走も、直線も追うのを辞めるほどφ(.. )
基本的に?ブロックしたのか?ただの躓き不利を与えたのか?
武豊騎手、マカヒキの意図は分かりませんが?
菊花賞の2着、3着の騎手がルメール騎手の勝ちをアシストする形にφ(.. )
スワーヴリチャードは安田記念を使った事が裏目にφ(.. )
テンションが高いタイプで折り合いに課題がある馬φ(.. )
出遅れ癖も含めて、最悪の形で負けてしまいましたφ(.. )
1.31.4で3着φ(.. )スピード能力は証明したももの?
久々でテンションが高くないφ(.. )完全に安田記念の反動を抜けきるまでには仕上げられなかったφ(.. )
馬自身は出来は良かったが?
微妙な?チョイスミスが?この秋も響いて行きそうですφ(.. )
中距離のスピード能力では4歳は5歳を圧倒φ(.. )
スケール対決ではφ(.. )4歳に分があるφ(.. )
レイデオロはジャパンカップに向けて視界良好φ(.. )
アーモンドアイがいてもアドバンテージはレイデオロにあるφ(.. )
何よりも抜け出しまでの反応が速かったφ(.. )
身体能力が高く、自身の絶対値のせいでまともに使い込めない牝馬よりもφ(.. )
極限の時計勝負は無事に使える強味を着差で示すことになりそうですφ(.. )
今回のレース内容は格付けが一応済んだに等しい内容でφ(.. )
サングレーザーはジャパンカップには出て来ないφ(.. )
恐らくマイルチャンピオンシップへφ(.. )
馬体重もカリカリに仕上げていいたのは事実φ(.. )
ミッキーロケットはジャパンカップは入着の資格はありそうですφ(.. )
有馬記念は非常に向きそうφ(.. )
マカヒキは?微妙に痩せ過ぎφ(.. )
ジャパンカップでは?なんとか?入着まで見えるか?
と言う感じの位置にφ(.. )位置取りが課題となるのには変わりなしφ(.. )
多様化する選択肢の中φ(.. )海外、海外と有り難がるのは良いが?
仕上げとして?難しくなるφ(.. )スワーヴリチャードはローテーションの問題ですが?
スワーヴリチャードには陣営のチョイスミスが今後も響いて来そうな結果にφ(.. )
かなり、エグい斜行で、馬が体ごと後方へ下げられφ(.. )
テンションも乗り気では無くφ(.. )その瞬間に気持ちも切れるφ(.. )
道中も動くにしても、鈍い反応、直線も鞍上が追うのを辞めるほどφ(.. )
反応が悪いし、絶望的な差の位置取りφ(.. )
さて?ジャパンカップの巻き戻しφ(.. )
高いハードルになりそうですφ(.. )
土曜の雨で馬場が締まり、上がりも極限に引き出せる、時計勝負にかなり振れたφ(.. )
レース内容はスローならば良かったが?
想定しているペースは中段半ばまでの7頭目までφ(.. )
7頭目以降は物理的に不可能な時計を叩き出さない限り差し切れずφ(.. )
まあ?不利でアシストする形になった武豊騎手φ(.. )
少し?反省するべしφ(.. )
スワーヴリチャードの方は?トレーナーさんかな?反省すのは?

さて?競馬検討をしていて思ったが?
JBCを開催するなら?JRA開催の重賞を今週に動かず等の処置が必要ではなかったのだろうか?
あの数のグレードレースを集中してこなすφ(.. )
資金力も必要でわ?なんのための?番組構成なのか?
甚だ?疑問に思うφ(.. )
吐き気を感じる数のグレードレース数φ(.. )
もったいないし、持たねぇよ、ユーザー側が(´・ω・`)

 ミッドナイトホーセズ 2018年10月28日() 09:31
競馬検討 天皇賞・秋 10
閲覧 376ビュー コメント 2 ナイス 10

天皇賞・秋

前走1番人気

レイデオロ
スワーヴリチャード
マカヒキ

東京競馬場成績
レイデオロ2-1-0
スワーヴリチャード2-2-1
ステファノス1-1-1-5
マカヒキ1-0-0-3
ブラックムーン1-0-0-4
ヴィブロス0-1-0-0
アルアイン0-0-0-1
ダンビュライト0-1-0-1
サングレーザー0-0-0-1
キセキ0-0-1-1
ミッキーロケット0-0-0-1
サクラアンプルール0-1-0-3
アクションスター0-0-0-6

やはり?データベースでも?スワーヴリチャード、レイデオロか(´-`).。oO

[もっと見る]

 ミッドナイトホーセズ 2018年10月27日() 18:36
競馬検討 天皇賞・秋 9
閲覧 283ビュー コメント 0 ナイス 7

天皇賞・秋

◎5スワーヴリチャード
◯レイデオロ

この2頭で1着2着は固い(´-`).。oO
流し目の3着

1ステファノス、2ブラックムーン、3ヴィブロス、6マカヒキ、7アルアイン、9サングレーザー、10キセキ、11ミッキーロケット、12サクラアンプルールまで

この馬券で勝負します(´-`).。oO
基本的に?見るレースですので(´V`)♪

来週から競馬の方はお休みモードに切り替えます(ゝω・)
JCまで軽くしか競馬はやりません(´-`).。oO
疲弊感を防ぐため(´-`).。oO
これは、防衛的精神衛生面の処置です(´-`).。oO

競馬検討の方は普通にしますが?
馬券の買い方等からは距離を置きます♪(´ε` )

明日の天皇賞・秋!
楽しみましょう(´V`)♪

[もっと見る]

⇒もっと見る

サクラアンプルールの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  花太郎18   フォロワー:164人 2016年11月13日() 22:24:15
2016.11.5(土)
前走は馬場に泣かされ度外視。
追ってしっかり伸びるので東京コースならこのクラスでも通用していい。
最内のスムーズな競馬で善戦を期待する。

サクラアンプルールの写真

サクラアンプルール
サクラアンプルール
サクラアンプルール

サクラアンプルールの厩舎情報 VIP

2018年10月28日天皇賞(秋) G16着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

サクラアンプルールの取材メモ VIP

2018年10月28日 天皇賞(秋) G1 6着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。