ペルソナリテ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牝6 鹿毛 2013年3月14日生
調教師相沢郁(美浦)
馬主株式会社 サラブレッドクラブ・ラフィアン
生産者ビッグレッドファーム
生産地新冠町
戦績39戦[3-3-4-29]
総賞金9,975万円
収得賞金1,200万円
英字表記Personnalite
血統 ステイゴールド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
マイネアルデュール
血統 ][ 産駒 ]
アドマイヤコジーン
コスモハーティネス
兄弟 パフォームマイネルカルド
前走 2019/07/06 五稜郭ステークス
次走予定

ペルソナリテの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/07/06 函館 11 五稜郭S 3勝クラス 芝2000 1681538.7105** 牝6 55.0 丹内祐次相沢郁428(-6)2.02.2 0.234.0⑯⑯⑯⑬サトノガーネット
19/06/08 東京 11 多摩川S 3勝クラス 芝1600 183532.1126** 牝6 53.0 丹内祐次相沢郁434(+18)1.33.4 0.433.3⑪⑫ファストアプローチ
19/04/20 福島 11 福島牝馬S G3 芝1800 107738.194** 牝6 54.0 丹内祐次相沢郁416(-12)1.48.7 0.634.2⑨⑨⑨⑨デンコウアンジュ
19/03/09 阪神 10 うずしおS 1600万下 芝1600 1181125.199** 牝6 55.0 幸英明相沢郁428(-12)1.34.9 0.735.4メイショウオワラ
19/02/02 東京 11 節分S 1600万下 芝1600 86612.854** 牝6 55.0 丹内祐次相沢郁440(+10)1.33.9 0.233.2⑥⑦エントシャイデン
18/12/23 阪神 10 Cキャロル賞 1000万下 芝1600 121124.771** 牝5 53.0 丹内祐次相沢郁430(-14)1.35.3 -0.433.5⑩⑩オールザゴー
18/12/01 中山 12 3歳以上1000万下 芝1600 132233.598** 牝5 55.0 柴田大知相沢郁444(+2)1.33.8 0.735.5⑥⑤⑧ライラックカラー
18/11/10 東京 10 三鷹特別 1000万下 芝1400 136931.586** 牝5 55.0 柴田大知相沢郁442(0)1.20.8 0.633.7⑦⑧デスティニーソング
18/10/21 東京 8 3歳以上1000万下 芝1600 86621.372** 牝5 55.0 丹内祐次相沢郁442(+6)1.34.1 0.033.3⑤⑥インビジブルレイズ
18/10/07 東京 9 鷹巣山特別 1000万下 芝1600 98976.175** 牝5 55.0 柴田大知相沢郁436(+2)1.34.0 0.633.9レッドヴェイロン
18/08/26 新潟 9 五頭連峰特別 1000万下 芝1600 108979.5108** 牝5 55.0 柴田大知相沢郁434(-2)1.35.0 0.533.5④⑤リカビトス
18/08/12 新潟 9 豊栄特別 1000万下 芝1400 183646.31216** 牝5 55.0 柴田大知相沢郁436(+4)1.21.7 1.536.4⑤④アルーシャ
18/07/28 新潟 10 月岡温泉特別 1000万下 芝1600 1561039.21011** 牝5 55.0 木幡巧也相沢郁432(+10)1.34.1 0.832.8⑦⑦ヴゼットジョリー
18/03/11 中京 12 賢島特別 1000万下 芝1600 142216.075** 牝5 55.0 三浦皇成相沢郁422(-10)1.35.6 0.435.6⑦⑥⑥レッドオルガ
18/02/17 東京 12 4歳以上1000万下 芝1400 16475.947** 牝5 55.0 柴田大知相沢郁432(0)1.23.6 0.633.4⑨⑪リライアブルエース
18/02/04 東京 12 4歳以上1000万下 芝1400 16596.942** 牝5 55.0 柴田大知相沢郁432(0)1.21.9 0.233.6⑪⑫シャンデリアハウス
17/11/25 東京 12 3歳以上1000万下 芝1400 15588.045** 牝4 55.0 柴田大知相沢郁432(-2)1.22.5 0.233.0⑩⑧アッラサルーテ
17/11/11 東京 10 三鷹特別 1000万下 芝1400 155912.664** 牝4 55.0 柴田大知相沢郁434(-6)1.20.9 0.534.3④⑥モズアスコット
17/10/28 東京 9 国立特別 1000万下 芝1400 143410.242** 牝4 55.0 柴田大知相沢郁440(+8)1.22.4 0.033.7④⑤ティソーナ
17/09/24 中山 10 外房特別 1000万下 芝1600 9448.746** 牝4 55.0 柴田大知相沢郁432(+4)1.33.8 0.234.6⑥⑤⑥ウイングチップ

⇒もっと見る


ペルソナリテの関連ニュース

五稜郭Sの過去のレース結果をもとに、ファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。

※2013年以降の同名レースの結果をもとに検証

【全般】
前走1~3着馬が堅調な成績

ウインイクシード
マイハートビート
サトノガーネット

前走5着以内の4歳馬の好走頻度が高い

マイハートビート
サトノガーネット

6~7歳馬が毎年のように上位入線

ドゥーカ
ロライマ
ジャズファンク
ハナズレジェンド
ペルソナリテ
オブリゲーション

函館または札幌の芝コースで好走歴のある馬に注意

ウインイクシード
ドゥーカ
ロライマ
ジャズファンク
ギブアンドテイク
バイオレントブロー
マイハートビート
ハナズレジェンド
カリビアンゴールド

【人気】
1~2番人気の安定度はマズマズ
※10時00分現在の1番人気

ウインイクシード
サトノガーネット

【脚質】
先行、差し互角

※脚質にこだわる必要はない

前走(平地に限る)の4角通過順が5番手以内だった馬の好走が目につく

ウインイクシード
フィニフティ
ペイドメルヴェイユ
マイハートビート
サトノガーネット
ハナズレジェンド
カリビアンゴールド

【枠順】
馬番7番枠より外の回収率が高め

ジャズファンク
ギブアンドテイク
バイオレントブロー
マイハートビート
サトノガーネット
ヘリファルテ
ハナズレジェンド
カリビアンゴールド
ペルソナリテ
オブリゲーション

【血統】
ノーザンダンサー系種牡馬を父あるいは母父に持つ馬の活躍が顕著

ドゥーカ
ニホンピロヘンソン
フィニフティ
ペイドメルヴェイユ
ジャズファンク
サトノガーネット
カリビアンゴールド
オブリゲーション

父もしくは母父にナスルーラ系種牡馬を持つ馬の上位入線が多い

ウインイクシード
バイオレントブロー
ペルソナリテ


【4項目以上該当馬】
サトノガーネット(6項目)
ウインイクシード(5項目)
マイハートビート(5項目)
ジャズファンク(4項目)
ハナズレジェンド(4項目)
カリビアンゴールド(4項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

【斬って捨てる!】福島牝馬S 地方交流重賞組は劣勢!中山牝馬S大敗馬の巻き返しは期待薄!2019年4月20日() 10:30

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、過去の福島牝馬Sの結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。


【全般】
前走で地方交流競走に出走していた馬の好走例は皆無(2008年以降の福島開催)

ビスカリア
ミッシングリンク

前走で芝のG3以下のレースに出走、かつ10着以下に敗れていた馬の連対例はゼロ(2008年以降)

ランドネ
カワキタエンカ

前走で中山牝馬Sに出走、かつ0秒6以上の着差で敗れていた馬の連対例はなし(2008年以降の福島開催)

ランドネ
カワキタエンカ

前走で芝1800mもしくは芝2000m以外のレースに出走していた馬の連対例はゼロ(2008年以降)

ビスカリア
ペルソナリテ
ミッシングリンク

【人気】
単勝オッズ3.0倍超の1番人気馬は3着までが精一杯(2008年以降)
※10時00分現在の1番人気、かつ単勝オッズ3.0倍超

ダノングレース

【脚質】
前走1着馬を除くと、前走オープンクラス以上のレースに出走、かつ全角の通過順が1番手だった馬の好走例は皆無(2008年以降)

カワキタエンカ

【枠順】
5枠ならびに7枠の連対馬はゼロ(2008年以降の福島開催)

デンコウアンジュ
ペルソナリテ
ウインファビラス

馬番枠9番の連対例は皆無(2009年以降)

ミッシングリンク

馬番枠1番、5番の連対例はゼロ(2009年以降の福島開催)

ビスカリア
デンコウアンジュ

【血統】
ノーザンダンサー系種牡馬を、父と母父の双方に持つ馬の連対例は皆無(2008年以降)

デンコウアンジュ

1番人気の支持を集めた馬を除くと、父ロベルト系の好走例はゼロ(2009年以降)
※10時00分現在の2番人気以下、かつ父ロベルト系

ランドネ


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
カレンシリエージョ
フローレスマジック



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【重賞データ分析】福島牝馬S 中山牝馬S組が好成績!5番人気以下の期待値高!2019年4月20日() 10:00

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、福島牝馬Sのファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。


【全般】
前走中山牝馬S組が好成績(2008年以降)

ランドネ
カワキタエンカ
デンコウアンジュ
フローレスマジック
ウインファビラス

前走で中山牝馬Sに出走し、9着以内かつ着差0秒5以内の馬が狙い目(2008年以降)

デンコウアンジュ
フローレスマジック
ウインファビラス

【人気】
5番人気の単勝&複勝回収率は100%超の高水準(1999年以降)
※9時30分現在の5番人気

カワキタエンカ

6~9番人気の単勝回収率は100%超(1999年以降)
※9時30分現在の6~9番人気

カレンシリエージョ
ペルソナリテ
ウインファビラス
ミッシングリンク

10番人気以下の複勝回収率は100%超(1999年以降)
※9時30分現在の10番人気以下

ビスカリア

【脚質】
逃げ、先行優勢(1998年以降)

ランドネ
カワキタエンカ
ウインファビラス
ミッシングリンク

※近走の内容を参考に先行策をとりそうな馬を想定

【枠順】
1~4枠の勝率と回収率が突出して高い(2008年以降)

ビスカリア
カレンシリエージョ
ランドネ
カワキタエンカ

【血統】
父方では非サンデーサイレンス系が狙いどころ(近年の傾向)

ビスカリア
カレンシリエージョ
ランドネ
デンコウアンジュ

非社台グループ生産馬が優勢(近年の傾向)

ビスカリア
ランドネ
カワキタエンカ
デンコウアンジュ
ペルソナリテ
ウインファビラス
ミッシングリンク


【4項目以上該当馬】
ランドネ(5項目)
カワキタエンカ(5項目)
ウインファビラス(5項目)
ビスカリア(4項目)
デンコウアンジュ(4項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【U指数的考察】福島牝馬S 指数7位以内の馬を中心に攻めるのが定石!5歳以上の低指数馬は3着まで!2019年4月20日() 09:20

福島牝馬Sの近年の結果をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2014年以降の結果をもとに検証

<ポイント①>
2014年以降で3着以内に入った15頭のうち12頭は指数7位以内。指数7位以内の馬を中心に攻めるのが定石と言えよう。

指数7位以内

ビスカリア
ランドネ
カワキタエンカ
デンコウアンジュ
フローレスマジック
ペルソナリテ
ウインファビラス

<ポイント②>
連軸を選ぶなら指数95.0以上かつ5位以内。2014年以降は、該当馬のうち最低1頭が2着連対を果たしており、複勝圏に2頭以上入ることも少なくない。

指数95.0以上かつ5位以内

デンコウアンジュ
フローレスマジック

<ポイント③>
指数93.0未満で2着連対圏に食い込んだ馬は、いずれも4歳馬。指数93.0未満かつ5歳以上の馬は3着までが精一杯。

指数93.0未満かつ5歳以上

ペルソナリテ
ミッシングリンク



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【福島牝馬S】厩舎の話2019年4月19日(金) 05:02

 ◆ウインファビラス・畠山師 「変わりなく順調。頭数も落ち着くし、流れに乗れれば前進」

 ◆カレンシリエージョ・鈴木孝師 「ここまでの2週で、自己ベストを出している。格上挑戦だが、ベストの小回り1800メートルなら」

 ◆カワキタエンカ・浜田師 「当週はサラッと。落ち着いた頭数ですんなり行けば、変わり身があっても…」

 ◆ダノングレース・蛯名騎手 「動きは大丈夫。ディープインパクト産駒だし、いい馬場でやりたい」

 ◆デンコウアンジュ・佐藤助手 「ちょっと強めに(調整)した。昨秋あたりから芯が入り、崩れずに走れそう」

 ◆フローレスマジック・木村師 「動きは良かったし、体調は前走より良さそう。ゲートは練習の成果で進境。改めて」

 ◆ペルソナリテ・相沢師 「頭数も少ないので格上挑戦。動きは良かったし、相性のいい鞍上に期待したい」

 ◆ミッシングリンク・相田助手 「福島の芝で勝ち鞍があるし、以前に芝を使ったときよりかなり力もつけている」

 ◆ランドネ・辻野助手 「前走は前がずっと壁で度外視。小回りの手頃な頭数でスムーズに先行できれば、巻き返せる状態にある」



★福島牝馬Sの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【福島牝馬S】追って一言2019年4月18日(木) 05:02

 ◆ウインファビラス・畠山師 「変わりなく順調。前走より頭数も落ち着くし、流れに乗れれば前進」

 ◆カレンシリエージョ・鈴木孝師 「ここまでの2週で自己ベストを出しているし、当週は輸送を考慮した。格上挑戦だが、ベストの小回り1800メートルなら」

 ◆カワキタエンカ・浜田師 「当週はサラッと。落ち着いた頭数でスンナリ行けば変わり身があっても…」

 ◆ダノングレース・蛯名騎手 「動きは大丈夫。ディープインパクト産駒だし、いい馬場でやりたい」

 ◆デンコウアンジュ・佐藤助手 「ちょっと強めにした。昨秋あたりから芯が入り、崩れずに走れそう」

 ◆ビスカリア・西村騎手 「攻めは乗りやすく落ち着いていた。福島の芝はあまりよくないので、むしろいいと思う」

 ◆フローレスマジック・木村師 「動きは良かったし、体調は前走より良さそう。ゲートは練習の成果で進境。改めて」

 ◆ペルソナリテ・相沢師 「頭数も少ないので格上挑戦。動きは良かったし、相性のいい鞍上に期待したい」

 ◆ミッシングリンク・相田助手 「福島の芝で勝ち鞍があるし、以前に芝を使ったときよりかなり力もつけている」

福島牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ペルソナリテの関連コラム

閲覧 452ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は、23(日)に中山競馬場でG1有馬記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1有馬記念は、小雨が降るなか馬場状態は稍重発表で発走時刻を迎えます。1番人気はレイデオロで単勝2.2倍。2番人気にキセキ(同5.9倍)、3番人気にブラストワンピース(同8.9倍)、4番人気にモズカッチャン(同9.1倍)、5番人気にオジュウチョウサン(同9.2倍)と、ここまでが単勝ひとケタ台の支持を集め、全16頭がゲートイン。
ミッキースワローが後手を踏んだ以外は各馬まずまず揃ったスタートを切ると、まず注目のオジュウチョウサンが先頭へ。ここにサウンズオブアースミッキーロケットと並び掛けていくところへ、離れた外からキセキが進出しハナを奪って1週目のホームストレッチへ。前半1000mを1分00秒8(推定)で通過すると、ここから若干ペースを落としながら向こう正面へと馬群を率います。
キセキから4馬身後方には、ミッキーロケットが続き、差がなくオジュウチョウサンサウンズオブアースクリンチャーモズカッチャンブラストワンピースと中団にかけての追走。サトノダイヤモンドを挟んで、直後の9番手あたりをレイデオロがキープ。後方集団は、マカヒキシュヴァルグランパフォーマプロミススマートレイアーサクラアンプルールリッジマンとなって、離れて最後方をミッキースワローの態勢で2週目の3コーナーを目指します。
3コーナーを迎え、ここからペースアップを図るキセキがさらにリードを広げ始めると、歓声に沸く場内。外を回って手応えよく進出を開始するブラストワンピースに、これを追うように直後からはレイデオロも徐々に先行集団の一角へとポジションを上げて直線勝負へ。
逃げるキセキのリードは、依然3馬身ほど。終始直後の位置取りで進めたミッキーロケットオジュウチョウサンも手応え十分に追い出され、残り200mでキセキから2馬身差へと詰め寄ると、外を伸びてはブラストワンピースが差のないところまで浮上。直後の5番手にはさらに外を通ってレイデオロも伸びてきます。坂を上がったところで苦しくなったキセキを、外からミッキーロケットブラストワンピースが一気に捉えると、直後のレイデオロ、さらに後方から馬群を縫うように伸びたシュヴァルグランの2頭も急追。ゴール手前50mでは4~5頭がひと塊となる熱戦を、最後は3歳馬ブラストワンピースが振り切って先頭でゴール!G1初制覇を飾っています。クビ差の2着にはレイデオロが入り、そこから1馬身1/4差の3着には9番人気シュヴァルグランが入っています。
公認プロ予想家では、サウスプロ☆まんでがんプロ赤木一騎プロ奥野憲一プロくりーくプロら、計6名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →マカロニスタンダーズプロ
22(土)を阪神12Rでの○◎的中などでプラス収支で終えると、23(日)には中山5Rでの◎▲○的中計12万8940円の払戻し、阪神9Rでの◎マイネルフラップ(単勝152.3倍)的中計40万7040円、阪神10Rでの◎ペルソナリテ(単勝24.7倍)的中計10万7400円払戻しと大暴れ。土日トータルでは、回収率197%、収支トップの42万5,720円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →金子京介プロ
22(土)のG2阪神Cでは、◎ダイアナヘイロー(単勝38.3倍)的中で計13万4050円のスマッシュヒットを披露。23(日)も中山10Rなどの的中で2日間連続のプラスを達成した先週は、週間トータル回収率128%を記録し、3週連続週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
15(土)は、G2阪神Cを◎スターオブペルシャ(単勝46.3倍)の予想で仕留めるなど、的中率100%、回収率183%の成績をマークすると、23(日)にはこの日の勝負予想G1有馬記念を◎シュヴァルグラン(単勝22.7倍)から的中!週末のトータルでは、回収率106%をマークしています。
 
 
 
この他にも、【U指数】馬単マスタープロ(301%)、セイリュウ1号プロ(146%)、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(142%)、おかべプロ(126%←7週連続週末プラス)、ース1号プロ(118%)、【U指数】3連複プリンセスプロ(105%)、山崎エリカプロ(102%)、またJRDBから期間限定参戦中の赤木一騎プロ(153%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2016年5月12日(木) 14:20 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(5/7~5/8)くりーくプロが的中率71%、回収率254%を高精度予想を披露!
閲覧 1,220ビュー コメント 0 ナイス 6

先週は、8(日)に東京競馬場でG1NHKマイルカップが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1NHKマイルカップの1番人気はメジャーエンブレムで2.3倍、2番人気ロードクエスト6.4倍、続いて3番人気がイモータルで7.6倍、4番人気ティソーナ9.8倍とここまで10倍を切る形で上位人気を形成しました。
 
注目のスタートはティソーナペルソナリテが出遅れ、ややばらける形の中、スタートを決めたメジャーエンブレムが先頭に立ちます。続いてシゲルノコギリザメアーバンキッドシュウジブランボヌールダンツプリウスイモータルと先行集団を形成。中団からはシャドウアプローチレインボーラインストーミーシーブレイブスマッシュトウショウドラフタと追走。後方からはハクサンルドルフロードクエストと続いて最後方にペルソナリテの態勢。
 
前半の600m通過は34秒3(参考)の淀みない流れ、各馬大きな動きなく、直線コースへ差し掛かります。
 
先頭はメジャーエンブレムでリードは1馬身、2番手にシゲルノコギリザメ、内からはアーバンキッドシュウジも追い出しにかかります。人気のロードクエストは大外に進路を取ります。残り200mを通過、突き放すメジャーエンブレムのリードは3馬身に広がって、2番手に最内からシュウジ、後続勢はずらっと横に広がって大混戦。残り100m、メジャーエンブレムが依然先頭でセーフティリード、ここで2番手につけていたシュウジの脚色が一杯となると中からレインボーライン、大外からはようやくエンジンかかったロードクエストが猛追!ゴール前、単独2番手に上がったロードクエストが懸命に追い込みますが、メジャーエンブレムを捉えることはできません!結局、終始先頭を譲らなかったメジャーエンブレム桜花賞の鬱憤を晴らす見事な快勝劇でG1、2勝目を挙げました。勝ちタイムは1分32秒8(良)。3/4差の2着にロードクエスト、そこからクビ差の3着にレインボーラインが入っています。
 
 
公認プロ予想家ではいっくんプロ他7名が的中しています。
 
----------------------------------
  
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
勝負レースに指定した7(土)新潟11Rで『前走はスムーズさを欠いて、最速の上りでタイム差なしの4着。今回は展開が向きそうな感じもあり連闘での上積みを期待』と狙った単勝32.9倍◎ラインミーティアの単複、ワイド、3連複を的中させ、6万10円の払い戻し!同日のもう一つの勝負レースでもあった京都5Rでは◎▲△の印で3連複146倍など大本線的中!週末トータル的中率71%、回収率254%の好成績を収めています。
 
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
7(土)東京11Rプリンシパルステークスで『前走では若駒Sではタフな馬場を先行して復調の兆し、内々、前々が有利な東京なら巻き返し』とコメントし、◎マイネルラフレシアの複勝、○アジュールローズとの馬連94.1倍を1000円的中させ、12万3250円を払い戻しました!週末トータル回収率276%、収支プラス12万3250円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
8(日)東京11RNHKマイルカップG1で『力量的には◎○の2頭が抜きんでている。』と◎メジャーエンブレムロードクエストで大本線決着!3万1020円を払い戻しました!加えて、勝負レースに指定した7(土)京都11R京都新聞杯G2では単勝41.5倍の◎アグネスフォルテの複勝、馬連、ワイド、3連複を的中!8万610円を払い戻しました!週末ートータル回収率127%の好成績を収めました。
 
☆☆☆注目プロ →ゼット1号プロ
8(日)東京12Rで馬連200倍を400円、3連単2242倍を100円的中させ、30万4460円を払い戻し!新潟メインの新潟大賞典G3でも◎○がワンツーとなり、20万超の払い戻しを記録しました!週末トータル回収率188%、収支プラス46万6620円をマークしています。
 
※全レースの結果速報はこちら

競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2016年5月6日(金) 16:00 みんなの競馬コラム
【NHKマイルカップ】血統考察 byうまカレ
閲覧 4,378ビュー コメント 0 ナイス 6

学生団体うまカレ副代表の金沢ユウダイです。地元が新潟で、GWに成人式がありました。楽しかったです!

今週は3歳マイル王決定戦、NHKマイルカップです。
NHKマイルカップは、「3歳春のマイル戦」ということで、ある程度の早熟性≒パワーも求められます。中でも注目の血が、フレンチデピュティとノーザンテースト。(フレンチデピュティの父父Vice Regentとノーザンテーストは血統構成が似ているので、この2つの血が好相性というのは納得がいく)

【過去10年でフレンチデピュティの血を持っていた馬】
・2015年
1着 クラリティスカイ(父クロフネ
3着 ミュゼスルタン(母父フレンチデピュティ)
・2013年
1着 マイネルホウオウ(母父フレンチデピュティ)
2着 インパルスヒーロー(父クロフネ
・2008年
2着 ブラックシェル(父クロフネ
・2007年
1着 ピンクカメオ(父フレンチデピュティ)

【過去10年でノーザンテーストの血を持っていた馬】
・2013年
2着 インパルスヒーロー(母母父)
3着 フラムドグロワール(父ダイワメジャーの母父)
・2012年
1着 カレンブラックヒル(父ダイワメジャーの母父)
2着 アルフレード(母母父)
・2011年
1着 グランプリボス(父サクラバクシンオーの母父)
2着 コティリオン(母母父)
2009年
3着 グランプリエンゼル(母母父)

今年フレンチデピュティとノーザンテースト持ちはというと・・・
【フレンチデピュティ】
シャドウアプローチ(母父)
レインボーライン(母父)

【ノーザンテースト】
ティソーナ(父ダイワメジャーの母父)
メジャーエンブレム(父ダイワメジャーの母父)
レインボーライン(ノーザンテースト3×5)
ペルソナリテ(ノーザンテースト3×4)
ブレイブスマッシュ(ノーザンテースト4×4)
ロードクエスト(3代母父)

これらの馬たちの短評から書きはじめたいと思います。

フレンチデピュティとノーザンテースト、どちらも持っているアーリントンCの覇者レインボーラインは馬体重が430キロ台というのが気になります。。典型的な走るステイゴールド産駒で、夏を越えて馬体がグンと成長することが予想されます。逆にいえば現状で、GIでの勝ち負けは難しく、大外枠では軽視せざるを得なさそうです。

ペルソナリテもやはり410キロに満たない小柄な馬体が気になりますが、小柄でもドリームジャーニーと同じように非力さを感じさせない力強い全身運動が出来るタイプで、ここまで人気を落とすのであれば一考してみても良いかもしれません。

朝日杯3着のシャドウアプローチは昨年3着のミュゼスルタンと同牝系(母母が同じマルカコマチ)で、父ジャングルポケットの母父Nureyevや、母系のディクタスから前向きな気性を受け継いでいます。パワーが優先した1400型ですが、これくらいガッチリした馬の方が3歳春のマイルGIでは好走しやすく、朝日杯から直行というローテーションも気性を考えれば悪くないのではないかと思います。

マーガレットSを制したティソーナディープインパクトの半姉でスプリンターズS4着のレディブロンドを母母に持ち、母ラドラーダも4勝を挙げオープンまで出世しました。こちらもダイワメジャーにSeeking the Goldだから1400がベスト、勝利は難しいだろうけれど好枠を活かせれば馬券圏内の可能性は十分でしょう。

サウジアラビアRCの勝ち馬で、ファルコンS2着のブレイブスマッシュはノーザンテースト4×4、ダイワメジャーヴァーミリアンらでお馴染のスカーレットインク一族で母系にRobertoも持つので非常にパワーがあるといえるでしょう。小刻みなピッチ走法で走るので道悪も巧いですが、東京だと最後は足が鈍るタイプではないかと思います。

桜花賞で苦汁を嘗めたメジャーエンブレムはHyperionとLadyJurorをベースにしたダイワスカーレットのような馬で、母母Her Ladyshipがナスキロ(NasrullahとPrincequillo)のクロスなので、ダート馬も多く輩出するスカーレットインク牝系のダイワスカーレットよりもゴツゴツした走りではなくしなやかさのあるフットワークで走る(望田先生によると、Blushing Groomの影響と考えられ、テイエムオペラオールージュバックホエールキャプチャが“しなやかに”斬れていたのと同じ原理)。クイーンCのレベル云々言われているが、血統を見ている側としては逆らいたくないほど1つ1つの血の良点が現れています。再度の内枠だがルメール騎手も同じ轍は踏まないだろうから信頼したいです。

ということで、フレンチデピュティ、ノーザンテースト持ちの中ではメジャーエンブレムシャドウアプローチを推奨したいです。


毎日杯2着のアーバンキッドは、ハーツクライ×Swain(キングジョージ連覇)という字面以上に距離適性が短めに出たのは母のRibot5×6のパワーに因る影響ないかと考えられます。将来的にジャスタウェイのように化ける可能性を秘めた馬だと思いますが、ここは好枠を活かしてどこまでやれるか。

新潟2歳Sの覇者ロードクエストは、Bold Bidder≒Secretariat4×5と父の持つナスキロ血脈をクロスしているので、中山巧者だった父とはタイプが異なり、大飛びで東京向きです。母系のRobertoやノーザンテーストの影響か、皐月賞出走馬と並べてみるとガチッとした馬体でやはり距離は2000<マイル。ここは前半の位置取りがポイントとなりそう。

ファルコンSを制したトウショウドラフタは、スイープトウショウを輩出したサマンサトウショウの牝系で、アンライバルド×ジェイドロバリーだからSadler’s Wells≒Number3×3というすごい配合。前向きな気性や道悪を苦にしないパワーはここから受け継いだと思われます。サマンサトウショウはトウショウボーイにチャイナロックだからHyperionが濃く、持続力が持ち味のHyperionは、マイルで活きることが多くある(エリモピクシーダイワメジャーなど)。ここは、ベストは1400だろうし、渋った馬場の方が良いのも確かだから勝ち切るとなると疑問符が付く。

共同通信杯2着のイモータルは、マンハッタンカフェ×Acatenangoという血統通りの中距離馬で、筋力不足でマイラーに比べると一瞬の反応が遅い。ここは潜在能力でどこまでやれるか。舞台はダービーの方が合っている。

NZTを制したダンツプリウスもブライアンズタイム産駒だからやはり東京<中山で、東京替わりでのパフォーアンスアップは考えにくく、勝ち切ることはないのではないか。

【まとめ】
再度の内枠に一抹の不安は残るも、血統をみている身としては、血統表に存在する1つ1つの血の良点が表現されているメジャーエンブレムに逆らいたくない。ロードクエストはコース、距離ともに舞台替わりは歓迎。トウショウドラフタダンツプリウスイモータルは頭までは考えにくい。穴ではシャドウアプローチティソーナ




【参考】
日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

----------

「うまカレ」とは、競馬の魅力を同世代を中心に発信していこう、競馬界を若い力で持ち上げようと、関東の競馬を愛する大学生が集まり6年前に結成された学生団体です。テレビ出演や、フリーペーパー制作など様々な活動をしています。詳しくは以下のブログやSNSをご覧ください。


【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
Twitter  https://twitter.com/derby6_1
ブログ http://derby6-1.hatenablog.com/


執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

2016年3月21日(月) 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第171回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~フラワーカップ G3
閲覧 871ビュー コメント 0 ナイス 4

みなさんこんにちは!

本日は中山11R「フラワーカップ G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、ペルソナリテから1.0ポイント差(約1馬身差)内のラルクゲッカコウウインクルサルーテまで4頭。
第2グループ(黄)は、ラブリーアモンから1.0ポイント差(約1馬身差)内のルフォールエンジェルフェイスまで3頭。
第3グループ(薄黄)は、ゴッドカリビアンから同差内のヴィブロスフジマサアクトレスまでの3頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

当初から1勝馬中心の混戦メンバーと言われていた通り、この凄馬出馬表にも上位にはほとんど大きな開きが見られない3歳牝馬同士による争い。13位までが約5ポイント差ということで、この時期の3歳馬であればこのあたりの差は十分にひっくり返せるものと思って、上昇余地に目を向けたほうが良さそうです。

今回の中心はその上昇余地に期待して◎アオイサンシャインとしたいと思います。今回唯一の「調教」「厩舎」評価W加点であること、前走+26キロでの楽勝といったあたりに上昇余地を見出したいと考えての本命です。
○は人気サイドですが、エンジェルフェイス。このレース自体「前走1着かつ当日単勝5倍未満」というシンプルな条件で絞るだけで、過去20年連続で好走していてトータルの複勝率も90%近いことからも期待。無難ですが軸としてどちらが向くかと言えばやはりこちらの方が上といった印象。
以下、▲ウインクルサルーテ、☆ラルク、△ギモーヴゲッカコウルフォールとします。
今回の私の馬券は◎の単複勝負の予定ですが、当コラム買い目としては◎の単勝と◎からの馬連&3連複としたいと思います。


【単勝】

4(1点)

【馬連流し】
◎=印
4=3,5,7,8,9,10(6点)

【3複流し】

◎=印=印
4=3,5,7,8,9,10=3,5,7,8,9,10(15点)


計22点

[もっと見る]

2016年2月13日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第159回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~デイリー杯クイーンカップ GIII
閲覧 864ビュー コメント 0 ナイス 1

みなさんこんにちは!

本日は東京11R「クイーンカップ GIII」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。


U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、メジャーエンブレム1頭。
第2グループ(黄)は、ペルソナリテから1.0ポイント差(約1馬身差)内のソロフライトビービーバーレルまで3頭。
第3グループ(薄黄)は、エクラミレネールから同差内のダイワドレッサーまで2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

メジャーエンブレムが5.2ポイントと2位以下に大差をつけ、他にも第3G→第4G間に1.1ポイント、その下にも1.0ポイント、2.2ポイント、1.0ポイント等々、各所に1.0ポイント以上の溝が点在している構図となっています。
しかし、いつも言っているようにまだまだキャリアの浅い3歳牝馬同士の闘い。一気に指数を跳ね上げる可能性には注意したほうが良さそうです。

今回、一応の本命は◎メジャーエンブレムで仕方ないかなという印象。先週まで同様の馬場なら脚質的にも有利で、好枠を引いて、ということで馬券内1議席はこの馬で堅いと見ています。
以下、中間絶好で更なる上昇が見込め先行力武器の○ビービーバーレル、2走前葉牡丹賞高評価でこちらも馬場の恩恵がありそうな▲ダイワドレッサーと、唯一の関西馬☆サプルマインドを上位に取り、今回の私の馬券は◎=○▲からの3連複としたいと思います。
相手△にはペルソナリテラブリーアモンルフォールフロンテアクイーンナックビーナスを選びます。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
6=7,11,13=2,5,7,8,11,13,14,16(18点)


ちょっと気になるのは先行勢が揃った上に、先週の競馬で植え付けられた明らかな内先行有利馬場の印象...。もしかして、Hペース→ズブズブ決着なんてオチがあったりして。

[もっと見る]

2016年2月9日(火) 20:00 伊吹雅也
伊吹雅也の週末メイン「1点」分析 2016年02月09日号
閲覧 2,675ビュー コメント 0 ナイス 2

▼2016年02月13日(土) 京都11R 洛陽ステークス
【前走がJRAのレースだった馬の、前走の4コーナー通過順別成績(2011年以降)】
●5番手以内 [4-3-3-19](複勝率34.5%)
●6番手以下 [1-2-2-45](複勝率10.0%)
→差し馬は人気を裏切りがち。先行力が高い馬にも注目しておきましょう。

▼2016年02月13日(土) 東京11R デイリー杯 クイーンカップ
フェアリーステークスにおいて連対経験がなかった馬の、JRA、かつ500万下から上のクラスのレースにおける優勝経験の有無別成績(2010年以降)】
●あり [4-4-2-14](複勝率41.7%)
●なし [0-2-4-60](複勝率9.1%)
→好走馬の大半は、JRAのレースにおいて2勝以上をマークしていた馬か、フェアリーステークスで2着だった馬。特別登録を行った馬のうち、フェアリーステークスで連対した2頭(ダイワドレッサービービーバーレル)を除くと、JRA、かつ500万下から上のクラスのレースにおいて優勝経験があるのは、エクラミレネールペルソナリテマシェリガールメジャーエンブレムの4頭だけです。

▼2016年02月14日(日) 京都10R すばるステークス
【前年か同年、かつJRA、かつダートの重賞かオープン特別において3着以内となった経験の有無別成績(2010年以降)】
●あり [6-5-3-26](複勝率35.0%)
●なし [0-1-3-47](複勝率7.8%)
→実績馬が強いレース。しばらく好走例がない馬や、条件クラスのレースを主戦場としてきた馬までマークする必要はありません。

▼2016年02月14日(日) 京都11R 京都記念
【JRA、かつ2000~2500mのGⅠにおいて9着以内となった経験の有無別成績(2011年以降)】
●あり [5-5-5-18](複勝率45.5%)
●なし [0-0-0-22](複勝率0.0%)
→2200m前後のGⅠで善戦したことのある馬が優勢。昨年はJRA、かつ2000~2500mのGⅠにおいて9着以内となった経験のある5頭がそのまま1~5着を占めました。

▼2016年02月14日(日) 東京11R 共同通信杯
【前年11月以降、かつJRA、かつ芝1600~2000mの重賞かオープン特別において3着以内となった経験の有無別成績(2010年以降)】
●あり [5-5-3-6](複勝率68.4%)
●なし [1-1-3-49](複勝率9.3%)
→前年11月以降にJRA、かつ芝1600~2000m、かつオープンクラスのレースで3着以内となった経験のある馬が中心。なお、この条件をクリアしていなかった馬のうち、前年11月以降、かつJRA、かつ芝1600~2000mのレースにおいて1着、かつ2位入線馬に0.4秒以上のタイム差をつけた経験のない馬は2010年以降[0-0-1-47](複勝率2.1%)と苦戦しています。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)
 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる騎手大全』(ガイドワークス)、『現在(いま)の勝負気配が分かる 騎手×調教師 黄金タッグ』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『本当に儲かる騎手データブック 馬券の勝ち組は騎手を野次らない(競馬王新書EX008)』(ガイドワークス)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。昨年12月4日には制作総指揮を務めている人気シリーズの最新刊『ウルトラ回収率 2016-2017』(ガイドワークス)が発売された。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ペルソナリテの口コミ


口コミ一覧

五稜郭ステークス

 しんすけ47 2019年7月6日() 05:59

閲覧 92ビュー コメント 2 ナイス 11

五稜郭。

年末に日本テレビで里見浩太朗主演で幕末のドラマを毎年やっちょりました。

田原坂。忠臣蔵。白虎隊。昔懐かし良き時代ざましたわ♪

函館11R 五稜郭ステークス

◎①ウインイクシード
△⑥ペイドメルヴェイユ
△⑩マイハートビート
△⑫ヘリファルテ
△⑭カリビアンゴールド
△⑮ペルソナリテ

馬連①ー⑥・⑩・⑫・⑭・⑮への5点。

昇級初戦だけどね。クラス実績抜けてる馬いないのでな。函館も3着2回。脚質的にも小回り好材料。
ウインNO.1ドライバーの松岡さんに期待を込めて清き1票を!

 しんすけ47 2019年6月8日() 09:23
多摩川ステークス
閲覧 72ビュー コメント 2 ナイス 17

馬場状態はどんなもんじゃろな?

でも高速馬場にはならんじゃろ?

これからの天気もどんなもんじゃろ?

分かる方は下記までご連絡ください!

東京11R 多摩川ステークス

◎⑫メイショウオーパス
△④ラセット
△⑤ペルソナリテ
△⑧ミュージアムヒル
△⑮バティスティーニ
△⑱ファストアプローチ

馬連⑫ー④・⑤・⑧・⑮・⑱への5点。

[もっと見る]

 ネアルコとハイペリオ 2019年4月20日() 15:34
今年も福島牝馬ステークス三連単取ったどー!
閲覧 68ビュー コメント 0 ナイス 10

今年一番自信あるレースと言っただけあって当てたりましたよ。しかし三連単6670円しかついてない。ペルソナリテが3着だったら48000円ついたのに。唯一来る血統だったデンコウアンジュの楽勝で、この中ではまだ向いてる方のディープインパクト産駒が2,3着とまんま血統通りでしたね。血統に逆らって推したカレンシリエージョは全然だったな

数少ない3頭だけ切ったやつらが8,9,10着って完璧やん?

[もっと見る]

⇒もっと見る

ペルソナリテの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ペルソナリテの写真

投稿写真はありません。

ペルソナリテの厩舎情報 VIP

2019年7月6日五稜郭ステークス5着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ペルソナリテの取材メモ VIP

2019年7月6日 五稜郭ステークス 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。