サトノティターン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
サトノティターン
サトノティターン
サトノティターン
サトノティターン
サトノティターン
写真一覧
抹消  黒鹿毛 2013年5月5日生
調教師堀宣行(美浦)
馬主里見 治紀
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績19戦[6-1-3-9]
総賞金13,813万円
収得賞金5,400万円
英字表記Satono Titan
血統 シンボリクリスエス
血統 ][ 産駒 ]
Kris S.
Tee Kay
マチカネチコウヨレ
血統 ][ 産駒 ]
Deputy Minister
Alysbelle
兄弟 マチカネニホンバレウェルカムゴールド
前走 2021/06/19 スレイプニルS OP
次走予定

サトノティターンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/06/19 東京 11 スレイプニル OP ダ2100 1661238.1106** 牡8 59.0 石橋脩堀宣行 588
(-4)
2.09.3 1.337.5⑫⑫⑨⑦ハヤヤッコ
20/12/06 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 16816546.91614** 牡7 57.0 藤岡康太堀宣行B 592
(+8)
1.51.6 2.337.8⑯⑮⑮⑮チュウワウィザード
20/08/09 札幌 11 エルムS G3 ダ1700 143319.0813** 牡7 56.0 藤岡康太堀宣行B 584
(+2)
1.45.9 2.537.7⑩⑨⑫⑭タイムフライヤー
20/06/06 東京 11 スレイプニル OP ダ2100 108104.023** 牡7 59.0 D.レーン堀宣行 582
(-4)
2.10.3 0.435.5⑧⑧⑧⑥エルデュクラージュ
20/05/10 東京 10 ブリリアント (L) ダ2100 165103.113** 牡7 58.0 D.レーン堀宣行 586
(-2)
2.10.2 0.136.0⑨⑩⑨⑧エルデュクラージュ
20/02/22 東京 11 ダイヤモンド G3 芝3400 1651068.1118** 牡7 57.0 石橋脩堀宣行 588
(+8)
3.33.5 2.339.4⑬⑫⑬⑮ミライヘノツバサ
19/12/01 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 165920.5715** 牡6 57.0 R.ムーア堀宣行 580
(+6)
1.50.5 2.037.3⑥⑦⑦⑦クリソベリル
19/10/20 東京 11 ブラジルC (L) ダ2100 167132.211** 牡6 57.0 A.シュタ堀宣行 574
(-6)
2.08.0 -0.636.2⑦⑦⑦⑤メイプルブラザー
19/08/11 札幌 11 エルムS G3 ダ1700 144610.043** 牡6 57.0 藤岡佑介堀宣行 580
(+10)
1.42.4 0.536.0⑪⑫⑪⑨モズアトラクション
19/05/18 京都 11 平安S G3 ダ1900 1681510.769** 牡6 57.0 石橋脩堀宣行 570
(-2)
1.59.1 1.037.9⑥⑥⑦⑥チュウワウィザード
19/03/24 中山 11 マーチS G3 ダ1800 1651014.981** 牡6 55.0 石橋脩堀宣行 572
(0)
1.52.3 -0.236.6⑫⑫⑬⑫ロンドンタウン
19/02/16 東京 10 金蹄S 1600万下 ダ2100 12226.821** 牡6 57.0 石橋脩堀宣行 572
(-4)
2.10.7 -0.636.7デザートスネーク
18/11/24 京都 10 花園S 1600万下 ダ1900 168162.7111** 牡5 56.0 J.モレイ堀宣行 576
(-2)
1.59.1 1.338.1④⑤④エイコーン
18/11/04 東京 10 晩秋S 1600万下 ダ2100 11222.512** 牡5 57.0 田辺裕信堀宣行 578
(+8)
2.11.8 0.136.9ホーリーブレイズ
18/07/14 中京 11 マレーシアC 1600万下 芝2000 6112.114** 牡5 57.0 M.デムー堀宣行 570
(-2)
2.01.0 0.334.2④④④④エンジニア
18/05/19 東京 10 是政特別 1000万下 ダ2100 166123.011** 牡5 57.0 H.ボウマ堀宣行 572
(+10)
2.12.0 -1.036.7サノサマー
17/11/04 東京 12 3歳以上1000万下 ダ2100 16476.654** 牡4 57.0 石橋脩堀宣行 562
(-6)
2.12.4 0.635.9⑥⑥⑥⑦ストライクイーグル
17/06/04 東京 7 3歳以上500万下 ダ2100 168166.931** 牡4 57.0 J.モレイ堀宣行 568
(+12)
2.13.2 -0.438.9ハッスルバッスル
16/07/30 新潟 3 3歳未勝利 ダ1800 127108.651** 牡3 56.0 石橋脩堀宣行 556
(--)
1.54.8 -0.137.4⑩⑪⑩⑥アオテン

サトノティターンの関連ニュース

 2019年のGIIIマーチSを勝ったサトノティターン(美・堀、牡8)は、北海道苫小牧市のノーザンホースパークで乗馬に。通算19戦6勝。総獲得賞金1億3813万4000円。6月のスレイプニルS6着が最後となった。

サトノティターンの競走成績はこちら

【マーチS】レピアーウィット重賞初制覇  2021年3月29日(月) 04:56

 マーチSが28日、中山競馬場で16頭によって争われ、石橋騎乗で6番人気の6歳馬レピアーウィットが重賞初制覇。オーナーの金子真人ホールディングスは、個人名義を含め、JRA重賞100勝まであと2となった。1番人気のアメリカンシードは14着だった。

 ◆石橋騎手(レピアーウィット1着)「先生(堀調教師)から『気分良くいくように』といわれ、僕自身もそれが一番大事だと思った。2着馬がきたら、またハミを取ってくれて、まだ余力があるなと思いました」

 ◆ルメール騎手(アメリカンシード14着)「道中で落鉄していた。ペースが速くて前にも行けず、砂をかぶると頭を上げていた」



 ■レピアーウィット 父ヘニーヒューズ、母ランニングボブキャッツ、母の父ランニングスタッグ。栗毛の牡6歳。美浦・堀宣行厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は金子真人ホールディングス(株)。戦績18戦6勝。獲得賞金1億2898万5000円。重賞は初勝利。マーチS堀宣行調教師、石橋脩騎手ともに2019年のサトノティターンに次いで2勝目。馬名は「当意即妙」。

★28日中山11R「マーチS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【マーチS】レピアーウィットが好位から抜け出して重賞初制覇! 2021年3月28日() 16:01

 3月28日の中山11Rで行われた第28回マーチS(4歳以上オープン、GIII、ダート1800メートル、ハンデ、16頭立て、1着賞金=3600万円)は、石橋脩騎手騎乗で6番人気のレピアーウィット(牡6歳、美浦・堀宣行厩舎)が、好位追走から直線で抜け出して勝利。重賞初制覇を果たした。勝ちタイムは1分51秒0(稍重)。



 1/2馬身差の2着には中団から脚を伸ばしたヒストリーメイカー(2番人気)、さらに3馬身差遅れた3着にメモリーコウ(3番人気)が続いた。ダートに転向して圧巻の3連勝を飾り、単勝オッズ1.4倍の断然の支持を受けていたアメリカンシードは中団での競馬から直線でズルズルと後退し14着に敗れている。



 ◆石橋脩騎手(1着 レピアーウィット)「気分良く行くよう言われていて、僕自身乗せてもらってそれが一番大事だと思っていたので、そこを意識して運びました。直線での手応えは良かったですし、2着馬が来たらまたハミを取って伸びてくれました」



 マーチSを勝ったレピアーウィットは、父ヘニーヒューズ、母ランニングボブキャッツ、母の父Running Stagという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産で、馬主は金子真人ホールディングス(株)。通算成績は18戦6勝。重賞初勝利。マーチSは管理する堀宣行調教師、騎乗した石橋脩騎手ともに2019年サトノティターンに次いで2勝目。



★【マーチS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【日経賞&マーチS&毎日杯】天皇賞・春の前哨戦&荒れるダートのハンデ戦&出世レースの3歳重賞の注目点はこちら! 2021年3月24日(水) 11:40

カレンブーケドールなど3頭の牝馬が出走予定 史上4頭目の牝馬による制覇なるか/日経賞



 日経賞は今年で69回目を迎える重賞だが、牝馬による優勝は1953年(タカハタ)、1956年(フクリユウ)、1988年(メジロフルマー)の3回にとどまっている。今年の日経賞には、重賞未勝利ながらGIで3度の2着があるカレンブーケドール(5歳、美浦・国枝栄厩舎)、昨年のオークス2着馬ウインマリリン(4歳、美浦・手塚貴久厩舎)、今回が重賞初挑戦となるウインキートス(4歳、美浦・宗像義忠厩舎)と3頭の牝馬が出定予定だが、33年ぶり4頭目となる牝馬による日経賞制覇を遂げることができるだろうか。なお、タカハタ、フクリユウ、メジロフルマーはいずれも4歳時に日経賞を制しており、カレンブーケドールが勝てば、レース史上初の5歳牝馬による勝利。また、同馬を管理する国枝栄調教師は、奥平真治元調教師と並ぶ歴代最多タイの日経賞4勝目となる。



★圧勝の連続でダート戦3連勝中 アメリカンシードが出走予定/マーチS



 アメリカンシード(牡4歳、栗東・藤岡健一厩舎)が、マーチSで重賞初制覇を狙う。同馬はデビューから芝のレースに出走を続け、昨年は皐月賞にも出走した(12着)。アメリカンシードは芝で6戦1勝という成績だが、初のダート戦出走となった昨年10月の1勝クラス(京都)を7馬身差で圧勝すると、犬山特別(2勝クラス)、アレキサンドライトS(3勝クラス)をいずれも5馬身差で制し、ダート戦では3戦3勝という成績。マーチSでは、2018年センチュリオン、2019年サトノティターン、2020年スワーヴアラミスと3年連続で重賞未勝利馬が勝っているが、アメリカンシードは初の重賞タイトルを手にすることができるだろうか。なお、同馬はC.ルメール騎手の騎乗を予定している。



 また、昨年の覇者スワーヴアラミス(牡6歳、栗東・須貝尚介厩舎)には、ワイルドブラスター(1997・98年)以来、2頭目のマーチS連覇がかかる。同馬は昨年のマーチS以降は3戦未勝利で、1年ぶりの勝利を目指す。スワーヴアラミスは今回、トップハンデタイの57.5キロを背負うが、昨年に続いての制覇なるだろうか。



★兄は2017年Vのアルアイン 兄弟制覇がかかるシャフリヤール/毎日杯



 共同通信杯3着のシャフリヤール(牡3歳、栗東・藤原英昭厩舎)が、毎日杯で重賞初制覇を狙う。同馬は父ディープインパクト、母ドバイマジェスティという血統で、2017年の毎日杯を制したアルアインの全弟にあたる。アルアイン毎日杯1着の後に皐月賞大阪杯と2つのGIレースを制したが、シャフリヤール毎日杯を飛躍の足掛かりにすることができるだろうか。同馬には川田将雅騎手が騎乗する予定している。なお、シャフリヤールを管理する藤原英昭調教師は、毎日杯に現役調教師で最多となる15頭の管理馬を出走させているが、2018年ギベオンの2着が最高成績で、同レース初勝利がかかる。



シーザリオ産駒のルペルカーリア 先月息を引き取った母に重賞タイトルを贈るか/毎日杯



 毎日杯に登録しているルペルカーリア(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)は、父がモーリス、母が2005年のオークスシーザリオという血統。シーザリオは、エピファネイアリオンディーズサートゥルナーリアと3頭のGI馬を輩出し、繁殖牝馬としても成功を収めたが、先月27日に息を引き取った。ルペルカーリアは1月30日の未勝利戦(中京)で初勝利を挙げ今回が重賞初挑戦となるが、偉大な母に重賞タイトルを贈ることができるだろうか。同馬にはシーザリオの主戦騎手を務めた福永祐一騎手が騎乗予定。なお、モーリス産駒は14日のフィリーズR(シゲルピンクルビー)、20日のファルコンSルークズネスト)と2週連続でJRA重賞を制している。



★2週連続重賞Vの和田竜二騎手 今週は矢作芳人調教師の管理馬で重賞参戦



 和田竜二騎手は、14日のフィリーズRをシゲルピンクルビー、21日の阪神大賞典ディープボンドで制し、自身初の2週連続JRA重賞制覇を遂げた。同騎手は今週、27日の日経賞では京都記念2着のステイフーリッシュ(牡6歳、栗東・矢作芳人厩舎)、28日の高松宮記念では阪急杯2着のミッキーブリランテ(牡5歳、栗東・矢作芳人厩舎)に騎乗する予定だが、3週連続のJRA重賞制覇を遂げることができるだろうか。なお、2頭を管理する矢作芳人調教師は、先週のJRA競走で4勝を挙げ、3月22日現在のJRA調教師リーディングで3位となっている。



日経賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★マーチSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★毎日杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載



★【日経賞】レース展望★【マーチS】レース展望★【毎日杯】レース展望

[もっと見る]

【俺のチェックポイント】サンライズノヴァ東京で反撃 2021年2月16日(火) 04:57

 東西トレセンで取材する記者が、日替わりでGI出走馬の気になる点を関係者に迫る「俺のチェックポイント」。今年最初のJRA・GI・フェブラリーSの初日は、大阪サンスポの山口大輝記者が栗東でサンライズノヴァに注目した。昨年のチャンピオンズC12着以来となる休み明けで、状態面が気になるところ。得意の東京ダートで、昨年の3着馬の復活はあるのか…。

 ついこの間、有馬記念が終わったと思っていたが、もう目の前にJRA・GI開幕戦のフェブラリーSが迫ってきた。昨年の馬券成績は“終わりよければ…”とはならなかったが、何事も最初が肝心。今年のGIは、ビシッとスタートダッシュを決めたいところだ。

 全休日の栗東トレセンは、あいにくの雨。足取りは重かったが、気持ちを切り替えて厩舎を目指した。目当ては、4年連続参戦のサンライズノヴァ。昨年のチャンピオンズCで本命を託したが、いいところなく12着。今回は、それ以来の休み明けの一戦となる。舞台は、全10勝のうち7勝を挙げる東京ダート。このレースでも4、7、3着の実績があるとはいえ、状態面は気になる。さっそく、音無厩舎で担当の棚江助手を直撃した。

 「休み明けは(状態の)判断が難しいですが、調教はいつも通り動けています。調教で動いている方が(結果が)いい馬ですからね」

 確かに10日の1週前追い切りでは、僚馬ダンビュライトに遅れはしたたものの、栗東坂路で4ハロン51秒8-12秒6と活気のある走りをみせていた。

 昨年の3着は前年11月の武蔵野S5着からのぶっつけ本番で、GI初制覇を果たした一昨年の南部杯も3カ月の休み明け。休み明け自体が、マイナス材料になることはなさそうだ。

 4コーナー最後方から末脚不発に終わったチャンピオンズCの内容も、不安材料。その点に関しては「正直、1コーナーのあたりで『どうかな…』と思いましたね。コーナーを曲がるところでサトノティターンにかぶせられた。少し掛かっていましたね」と分析。加えて「中京はコーナーがきつい。器用な馬ではないですから」と、コース形態も合わなかったことが響いたようだ。

 その点、コーナー半径が大きい東京コースは最も能力を出せる舞台で、舞台替わりのプラス材料は大きい。昨年だけでJRA重賞を2勝したように、7歳を迎えても充実。調教でも元気いっぱいだ。週末までじっくりと考えたいが、最後まで本命候補に残る一頭なのは間違いない。(山口大輝)

フェブラリーSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【血統アナリシス】クイーンカップ2021 欧米問わず持続力勝負に強い血統が幅を利かせる 2021年2月8日(月) 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はデイリー杯クイーンカップ2021・血統予想をお届けします!


顕著な血統傾向と言えるのがクロフネに所縁ある馬の活躍で、産駒の勝利例こそ11年ホエールキャプチャに限られるが、16年3着ロッテンマイヤー、17年2着アエロリット、19年2着ビーチサンバと近年もコンスタントに好走している。なお、昨年の勝ち馬ミヤマザクラクロフネの姪にあたる間柄で、17年1着アドマイヤミヤビ、18年2着フィニフティ、19年1着クロノジェネシスの3頭は母の父にクロフネの血を引いていた。

また、欧米問わず持続力勝負に強い血統が幅を利かせる傾向にあり、バゴ、ルーラーシップメイショウサムソンといった種牡馬の産駒も上位を賑わす。複穴傾向にあるのもダイワメジャー系で、昨年もカレンブラックヒル産駒のセイウンヴィーナスが12番人気4着と激走している。

ハッピーオーサムは、父ディープインパクト×母ウィラビーオーサム(母の父Awesome Gambler)。母ウィラビーオーサムは12年サンタアニタオークス-米G1の勝ち馬で、日本ではマチカネキンノホシサトノティターンマチカネニホンバレが出たBelthazarに遡る牝系。半兄シンプルゲームは芝・ダート問わず19年黄菊賞など3戦2勝、本馬も牝馬としては雄大な馬格の持ち主で、一瞬の切れ味よりも長くいい脚を使えることが武器となるタイプだろう。

アールドヴィーヴルは、父キングカメハメハ×母イサベル(母の父ディープインパクト)。フアナの半妹、アドミラブルやエスポワールの姪にあたる血統で、牝系はリンカーンヴィクトリーアリストテレスが出たグレースアドマイヤに遡る。内前有利かつ後傾ラップを差し切った新馬の内容が圧巻の一言。本馬の母系は晩成気味、活躍馬は牡馬に偏りがちであることを踏まえても、計り知れない魅力を感じさせた。

サルビアは、父ダイワメジャー×母リップスポイズン(母の父Mamool)。アンブロークンの半妹、ユングヴィの叔母にあたる血統で、母リップスポイズンは11年ドイツ1000ギニー-独G2の勝ち馬。前走1600mに出走していたダイワメジャー系は本競走の穴パターンとなるが、母の父Sadler's Wells系としては16年の勝ち馬メジャーエンブレムを挙げられる。新馬でグレナディアガーズを負かしている実績にも一目置きたい。

(文・シンヤカズヒロ)


【血統予想からの注目馬】
ハッピーオーサム アールドヴィーヴル サルビア

[もっと見る]

⇒もっと見る

サトノティターンの関連コラム

閲覧 2,207ビュー コメント 0 ナイス 8

JCは1番人気、2番人気、3番人気という、配当的にはかなり安い決着でしたが、見ごたえのあるレースでした。アーモンドアイはやはり特別に強いですね。天皇賞(秋)よりむしろ楽勝でした。今週も確固たる中心馬がいて、1番人気の連勝は続きそうです。


<全頭診断>
1番人気想定 クリソベリル:9戦8勝で、日本では全勝のダート界ではアーモンドアイのようにすごい馬。体調的にはイマイチなのかなあと思っていても勝ち切ってしまう勝負根性があり、今回は調整も順調。人気馬が勝つこの秋の流れ通り、あっさりこの相手なら勝つのでは。人気過ぎるが逆らうのはまずそう。

2番人気想定 カフェファラオ:5戦4勝の3歳馬で、ルメール騎手が乗ってくる将来のスター候補。唯一敗れたJDDは、もまれたのも距離も夜で暗いのも良くなかったか。その時に敗れたのは同じ父のダノンファラオで、父アメリカンファラオは米国の馬で過去最高レイティングの位置づけの種牡馬。エンパイアメーカー系だけに気難しさや、もまれた時の問題はあり、且つちょっとまだ人気先行だけに、3着の馬券を多めに買う予定。

3番人気想定 チュウワウィザード:昨年のこのレースは5番人気4着。相当強い馬なのだが、今年は川崎記念、帝王賞JBCクラシックと中央で全く使ってないので、地味な印象をもたれているのでは。こちら2着の馬券を多く買う予定。     

4番人気想定 サンライズノヴァ:東京に良績が集中していて、距離も1400~1600mが良いいのだが、一昨年6着だったこのレースも適性はそこそこありそう。衰えもあまり無いようで、前走武蔵野Sのような末脚を使うことができれば楽しみ。

5番人気想定 クリンチャー:芝ステイヤー路線からダート路線に転向して息を吹き返した感じで、(めっきり減ってしまった)父ディープスカイ産駒でアグネスタキオン系だけにダートがいいというのは織り込み済み。前走のみやこSは早仕掛けからスタミナ生かす好騎乗だったが、疲れが残りそうな内容。川田騎手から三浦騎手に替わるということもあり、評価を下げたい。

6番人気想定 ゴールドドリーム:今年はサウジCで6着、平安S3着、南部杯6着と結果がでていないが、調教ではCWで64秒台が出ているようにまだそう衰えていない印象。家族+準家族でのハワイツアー実現の立役者でもあり、恩義のある馬だけにえこひいきしないほうがいい立場だが、好走は可能とみている。

7番人気想定 インティ:昨年のフェブラリーSまでは7連勝と凄かったが、今年のフェブラリーS14着、南部杯9着とすっかり輝きを失ってしまった。馬具を工夫してきたりするようだが、それでも激走は期待薄。

8番人気想定 モズアスコット:今年2月の根岸SとフェブラリーS連勝と高いダート適性も示したが、前哨戦の武蔵野Sは2番人気で7着と結果出せず。このレースで引退のようだが、調教の動きもいまひとつで、フランケルの後継種牡馬としての引退後に期待したほうが良いか。

9番人気想定 エアアルマス:1月の東海S勝ち後は骨折で9ヶ月半空いたが、前哨戦でみやこSを使えたのは大きい。レースは4着に負けたが、使って動きが良化しており、穴で楽しみな存在。

10番人気以下想定
アルクトス:昨年南部杯2着以来の好走という前走の南部杯Vだったが、色々うまくいった面もあり。中京1800mに替わっての連続好走は難しそう。

タイムフライヤー:2歳時にはホープフルS勝ちをおさめた芝G1馬でありつつ、ダート路線で活躍。今年の北海道シリーズではマリーンSとエルムSで連勝をはたした。ただ、前哨戦の武蔵野Sでマイナス14キロで1番人気5着と凡走しており、昨年8着だったこのレースへの適性も含めイマイチでは。

エアスピネル:芝のマイル重賞勝ち馬がダートに矛先を転じ、7月のプロキオンS2着、(エルムS7着を挟み)武蔵野S3着と結果を出してきている。ただ7歳秋だけに、更なる上積みはないか。

アナザートゥルース:中央重賞でも交流重賞でもそこそこやれる馬主孝行な馬だが、このレベルになるとちょっときつい。

サトノティターン:ダートのステイヤーで東京2100mでも短いくらいで、この条件は正直忙しい。

メイショウワザシ:オープン特別での2着までしか連対実績は無く、重賞未勝利の身ではG1で好走は難しい。

ヨシオ:JCでは合わない芝で4秒ほど14着から離された断然ビリと惨敗。そこからの連闘だが、得意のダートでもそう強い馬ではなく要らない。


<まとめ>
最有力:クリソベリル

ヒモに:チュウワウィザードカフェファラオサンライズノヴァ

穴で:ゴールドドリームクリンチャー


登録済みの方はこちらからログイン

2020年4月10日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】桜花賞展望:ハイレベルなチューリップ賞1〜2着馬を侮るな
閲覧 2,790ビュー コメント 0 ナイス 2

先週末の大阪杯では、「今年は前に行けそうなブラストワンピース」と書いたが、今読み返すと恥ずかしいような的外れな結末になってしまった。

ブラストワンピースはスタートから押して位置を取りたかったが取り切れず、結果的に流れにまったく乗れなかった時点で万事休す。勝ったラッキーライラックは好位にスッとつけた時点で勝負アリ。クロノジェネシスは外枠だったことで難しいレースにはなったが、北村友騎手が上手く先行して、最高に力を引き出した。

終わってみれば牝馬のワンツーとなったが、立ち回り能力やスピードを問われるレースになれば、牝馬にむしろ優位性があるのが現代競馬。やや機動力に欠ける面のあるブラストワンピースにとっては厳しい流れになってしまった。一方で、昨年や一昨年の有馬記念のようにスタミナと持久力を問われると、昨年はアーモンドアイが惨敗を喫し、一昨年はブラストワンピースが勝利したように牝馬の優位性がなくなり、牡馬に優位性が出る。今回はスピードとセンスを問われた結果、ある意味で現代競馬を象徴するような大阪杯だった。


クルーガー好走で改めて確認できた、石橋騎手の明確な狙いどころとは?

さて、先週もうひとつ注目したいのはクルーガーが制したダービー卿チャレンジT。個人的にも◎クルーガーを本命にして見事に的中…と言いたいところだが残念ながらヒモ抜け。したがって自慢をしたいわけではなくむしろ反省しかないのだが、予想はちょっと脇に置いて今回は石橋騎手の特徴について少し触れたい。

まずは、当日配信した予想をご覧いただきたい。

「既に8歳になるが前走は好スタートから粘り込み健在ぶりをアピール。昨年の札幌記念でもそれなりに差を詰めて来ており、海外での走りを見てもまだ能力を維持しているとみて良さそう。ココは前走ハマった感あるプリモシーン以外は手薄なメンバー構成で、この距離にしては控える組が多く流れも落ち着きそうなので内から前に行けるのは有利だろう。パワーある大型馬だけにテン乗りの石橋騎手とも手が合いそうで、現状の荒れ馬場を苦にしないのも強み。好位から粘る」

注目していただきたいのは、

”パワーある大型馬だけにテン乗りの石橋騎手とも手が合いそう”

というところである。実は石橋騎手は大型馬や気難しいタイプの操縦が上手い。これは来週火曜に発売となる『競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書』の執筆時に調べていて改めて強く感じたことなのだが、実際レースぶりを見返していても、随所で扱いの上手さが光っている。代表的なのはシャケトラサトノティターンとのコンビだろう。ともに折り合いや気性に難しさがあるタイプながら、石橋騎手は実に上手くコントロールして結果を出していた。クルーガー自身も割とコントロールが難しく、ダービー卿チャレンジT当日には530キロにも到達したほどの超大型馬だけに、石橋騎手には合っていたのだ。

同騎手の詳細な狙いどころや騎手としての現在地などは是非書籍の方をチェックしていただくとよりクリアになり、また馬券にも生かせると思うが、今回ココに書いたことだけでも覚えておくと十分予想のアシストになるはず。本書を通して、騎手の特徴や馬との相性などを理解できれば、より精度の高い予想をできるようになるはずだ。


〜大波乱はなくとも中波乱は必至!? 桜花賞展望

さて、今週末は桜花賞。今年はなかなか粒揃いで好メンバーが揃った印象があり、先週の大阪杯は「堅い」と書いて、実際堅い決着だったが、今週は少し波乱の期待もできそうだ。

もっとも、未知なる2ケタ人気馬が激走を果たすというよりは、上位人気7〜8頭の混戦模様という感じで、そういう点でいえば大波乱を望むよりも中波乱程度を望む方が現実的だろうか。

その中で主役を担うのは阪神JFとチューリップ賞組だろう。阪神JFは2戦2勝のリアアメリアが人気を集めたが、終わってみればレシステンシアが圧勝、2着にマルターズディオサ、3着にクラヴァシュドールの決着。この3頭が揃って出走したチューリップ賞では、今度はレシステンシアが断然人気を集めたが、マルターズディオサクラヴァシュドールとの叩き合いを制し勝利、レシステンシアは3着に敗れている。他方、リアアメリアは阪神JFで惨敗を喫したのち、今回は桜花賞直行のローテを選択してきた。まずはこれらの馬たちの比較が重要になる。

そして別路線組としては、2戦2勝で未知なる魅力たっぷりのデアリングタクト、前走マイル初参戦ながら好位から鮮やかに抜け出したミヤマザクラ、近年は特に牝馬の出世レースになりつつあるシンザン記念からの直行となるサンクテュエールなどが控えている。

チューリップ賞以外のトライアルレースでもあるフィリーズレビュー、アネモネS組は正直なところメンバーレベルに疑問が残る。基本的には主要路線である阪神JF〜チューリップ賞組と、未知の魅力を秘める非トライアル経由の直行組を軸とする上位争いになると考えている。穴馬を探す場合も、下手に別のトライアルから探すよりは、チューリップ賞で負けた組の方が面白そうだ。

最終結論はもう少し週末の馬場や人気を見て迷いたいところだが、現時点での注目はチューリップ賞の1〜2着馬、マルターズディオサクラヴァシュドール。やはり主要路線で崩れず走っていることは評価できるもので、何より逃げのレシステンシアと比べると自在性があるのは大いなる強みだろう。人気面で考えても(恐らくだが)再度レシステンシアより下になりそうな点も、馬券を買う立場としては良いシチュエーションだ。

いずれにしても混戦模様で頭を悩ませそうな一戦。そういう意味で予想者としては腕の見せ所となるので、気合が入る一戦だ。現在のわが国はコロナウイルスと戦っている最中だが、こうして競馬を無事開催できる喜びをかみしめ、今週末も家でのんびり競馬を観ようと思う。

桜花賞の最終結論は、以下にリンクしたブログでも見られるので是非ご覧ください。

桜花賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2019年11月28日(木) 11:30 覆面ドクター・英
チャンピオンズC・2019
閲覧 2,207ビュー コメント 0 ナイス 9



早いもので、今年も師走競馬に突入です。チャンピオンズカップは、一昨年回収率5,917%の大的中達成で、翌年夏の家族+準家族(普段家事育児世話になっている人たち)でのハワイツアー実現につながった印象深いG1。が今年は、WIN5も含め大爆発少なく、ここらでドカンと当てたい。ただ昨年同様断然強い馬がいるので当てるのは容易く、逆に稼ぐのは難しいという感じかも。

それでは恒例の全頭診断へ


<全頭診断>
1番人気想定 クリソベリル:しばらくダート王者を防衛しそうな勢いの5戦全勝馬。半姉にマリアライトエリザベス女王杯宝塚記念勝ち)、全兄にクリソライト(ダートで長らく大活躍)と、デビュー前から容易に活躍する予測がつく良血馬だが、その予測をはるかに上回る圧倒的な強さを誇る。3歳馬はダート界では古馬の壁が厚かったりするものだが、前走日本テレビ盃も単勝1.1倍の断然人気に応えて楽勝してきた。交流重賞をやらない人は3月以来の中央出走でしばらく観ていないかもしれませんが、ホント強いですよ。まだ目一杯走ってない感じで、これだけ楽勝を続けてますから。

2番人気想定 オメガパフューム:母母父がリアルシャダイなのもあり、父スウェプトオーヴァーボードの印象よりずっとステイヤー寄りの適性で、中京1800mでもちょっと忙しいのではという馬。昨年も後方から5着までで、外を回してとなってしまうと差しにくい中京のこの距離は正直、乗り難しいだろう。デットーリ騎手に乗り替わるようで、巧く捌いてくるのかもしれないが。

3番人気想定 ゴールドドリーム:一昨年のこのレースの覇者でもあり大レースを多数制してきた元王者の立場。球節炎で半年の休み明けだった前走は調教で攻め過ぎずに臨んだのもあり、南部杯3着は正直物足りない内容だった。ただ陣営は、今回は調教強化するとコメントしており、こことフェブラリーSの2戦に全力投球とみる(間隔が詰まる年末の東京大賞典パスもあるのでは)。脚元さえ大丈夫ならまだやれるし、種牡馬としてもゴールドアリュール後継の本命候補となるであろう存在。

4番人気想定 インティ:2月のフェブラリーSまでは怒涛の7連勝と強さを見せたが、それ以降は逃げられなかったり、斤量が重かったり、不利があったりで凡走が続いた。ロンドンタウンメイショウワザシなどの同型との先手争いを制してかつ、クリソベリルなど強い相手が押し寄せる中で逃げ切るのは難しそう。テイエムジンソクなどもそうだったが、驚異的な粘りを見せてきた逃げ馬が一旦崩れると気持ちの問題もあり、なかなか巻き返しは容易ではない。しかも、今回はまだ人気になりそうで、楽逃げ不可とくれば厳しいのではないか。

5番人気想定 チュウワウィザード:意外に人気にならないのかもしれないが、昨年末くらいから快進撃が続いており、前走JBCクラシックも勝ってと、順調さからいくとクリソベリルを迎え撃つ古馬一番手の力量の可能性も。

6番人気想定 ウェスタールンド:昨年のこのレースで8番人気ながら2着したが藤岡佑騎手の好騎乗だった部分が大きく、骨折はあったにしろ、激走後の2戦はG3で4着と3着と、いまひとつ。昨年は一世一代の激走だったのでは。

7番人気想定 サトノティターン:6歳の今年になってようやくオープンで活躍するようになった晩成傾向の580kg近い巨漢馬だが、サトノ軍団×ノーザンF×堀厩舎というエリート環境でもある。チャンピオンズC自体あまり巨漢馬優勢でもないのだが、先行も可能でズブいがロングスパートでムーア騎手がいいところまで持ってくるかも。

8番人気想定 ヴェンジェンス:みやこSで6歳秋に念願の重賞制覇を飾ったが、ここでは荷が重い。

9番人気想定 タイムフライヤー:ホープフルSで2歳暮れにG1制覇した後はしばらく低迷が続いたが、ダートに路線変更して着実にステップアップ。武蔵野Sでも2着と好走した。ダートでも芝的なキレ味が生きるこのレースでの激走はありえるかも。

10番人気以下想定
ワイドファラオ:初ダートのユニコーンSで逃げ切り勝ちを果たしたが、古馬相手のみやこSでは5着といまひとつ。ヘニーヒューズ産駒だけに芝よりダートなんだろうが、まだ一線級とは差があるか。

ワンダーリーデル:9番人気で武蔵野Sを制したが、横山典騎手の騎乗が巧く行き過ぎた感が強く、再現は難しいだろう。

キングズガード:1400m前後を得意としていたが距離を延ばして8歳でもみやこS2着とまだ頑張っている。ただ、ここでどうこういう力は無いか。

モズアトラクション:最近かなり少なくなってきたジャングルポケット産駒で、夏のエルムSで前がやり合う中で鋭い末脚を繰り出して重賞制覇をあげた。ただ次戦シリウスSで12着と夏の疲れが出たか惨敗しており、ここで激走するだけの力は無さそう。

ロンドンタウン:2年連続制覇中だったコリアCは日韓関係のこともあり今年は出走ならなかった。速い時計でのエルムS勝ちもありこの2走は逃げて運んでおり、インティらとの逃げ争いで展開の鍵を握る馬だが、ここは厳しいか。

コマビショウ:2勝クラスと準オープンを連勝してきたが、いきなりG1というのは厳しい。

アナザートゥルース:春にはアンタレスSを勝ったが前哨戦ともいえるみやこSで6着と冴えず。

ミツバ:オープン大将的なところから少しずつ強くなって、今年1月にはとうとう川崎記念勝ちを果たした。とはいえ、昨年このレースでは8着で、今回それ以上の状態かというと7歳の暮れでそうでもなさそうで......。

カフジテイク:一昨年のフェブラリーSでの1番人気馬だがマイル以下くらいの差し馬で、さらに20ヶ月の休み明け後はオープン特別でも勝てない状況で、ここは厳しい。

メイショウワザシ:夏の小倉で準オープンを逃げて5馬身差の圧勝し、前走はとうとうG3(シリウスS)も序盤逃げて3着と粘った。4歳の暮れで伸び盛りの時期ではあるにせよ、脚質的に“展開の鍵を握る存在”止まりといったところで、さすがにここでは厳しいだろう。

テーオーエナジー:昨年末と今年1月にオープン特別を連勝した頃がピークだったようで、その後は重賞ではさっぱりな状況。


<まとめ>
最有力:クリソベリル

有力:チュウワウィザードゴールドドリーム

ヒモに:オメガパフューム

人気で危険:インティウェスタールンド

穴で:サトノティターンタイムフライヤー

[もっと見る]

2019年11月8日(金) 14:00 TARO
ダートの差し競馬は”非日常”/波乱含みのエリザベス女王杯展望
閲覧 2,008ビュー コメント 0 ナイス 2

G1はひと休みの先週末となったが、東西で合計4つの重賞が行われた。その中でもっとも印象深かったのは、チャンピオンズCの前哨戦、みやこステークスだ。

戦前から人気のインティスマハマを含め逃げ先行馬が揃っている印象を受けていたが、レースは想像を超える息の入らない流れとなった。

結果的に59キロを背負い大外枠から掛かり気味に前に行ったインティは、早々に手応えを失い失速。落馬したメイショウウタゲを除けば、最下位という結果に。

逃げ争いに加わったリアンヴェリテも13着、内からハナを譲らずに逃げたスマハマも9着がやっとで、勝ったのは道中後方からマクったヴェンジェンス、2着には最後方近い位置から追い込んだキングズガード、3着にも後方からマクったウェスタールンドが入り、3連複は6万円台、3連単は47万円台の大波乱となった。

実は今年に入ってJRAのダート中距離重賞は、みやこS同様に流れが厳しくなり差しが届くケースが多い。サトノティターンが差し切った3月のマーチS、チュウワウィザード以下後方待機組が上位を独占した平安S、モズアトラクションが制したエルムSも、ローカルダート1700m重賞にしては珍しい差し追い込み馬の決着だった。

基本的にダート戦は前に行く馬が強いのが普通で、先行馬が人気を集めることが多く差し馬が上位を占めるケースはあまりない。その証拠に、前述した3レースは、今回のみやこS同様に3連単は10万を余裕で超える波乱の結果となっている。

いわば、ダートの差し追い込み決着は”非日常”。なかなか見られるものではないが、上手くハマれば大きな馬券を手にできる可能性がある。これから冬場を迎えるとタフなダートのレースも増えて来るので、みやこSのような差し追い込み馬が台頭する波乱のパターンは頭に入れておきたい。

クリソベリルが無敗で挑む本番のチャンピオンズCはどのようなレースになるだろうか。


〜波乱含みのエリザベス女王杯展望

さて、今週末はエリザベス女王杯が行われる。

最強牝馬アーモンドアイの不在は仕方ないとしても、昨年の覇者リスグラシューは海外遠征中、ディアドラも同様に海外、さらに秋華賞2着のカレンブーケドールジャパンカップ路線、ヴィクトリアマイルの覇者ノームコアもコチラには回って来ず、クイーンSの覇者ミッキーチャームは戦線離脱と、主力級の馬たちが数多く抜けて少々手薄なメンバー構成となりそうだ。

その中で恐らく人気を集めるのはオークス以来となるラヴズオンリーユー秋華賞を制して勢いに乗るクロノジェネシス、スミヨンを配してきた実績馬ラッキーライラックの3頭だろうか。そして、府中牝馬Sの覇者スカーレットカラー、2連連続2着のクロコスミアなどが続く形。いずれにしても今年は上位6〜7頭までチャンスがある混戦模様の一戦だろう。実質的に上位人気勢は押し出されている感もあるだけに、波乱の可能性もありそうだ。

現時点での注目馬は、マーフィー騎手が騎乗するウラヌスチャーム。今年に入ってからオープン入りし重賞は4戦し2着が最高成績となっているが、ルーラーシップ産駒らしいスタミナ豊富なタイプで、京都の長丁場は合いそうだ。前回の来日時は随所のその腕を見せてくれた鞍上込みで期待してみたい。

もう一頭挙げるなら、2年連続2着のクロコスミア。今年も札幌記念では強敵相手に見せ場を作っており、昨年と似たような臨戦で無事に出走できるのは大きい。戸崎騎手が月曜日のアクシデントで乗れないのは痛いが、藤岡祐騎手ならば脚を余さずに持ち味を引き出してくれるだろう。

もう10年前になるが、2009年にはクィーンスプマンテテイエムプリキュアの前残りで大波乱が起こったこともあるレース。今年はラヴズオンリーユーが久々、クロノジェネシスは掛かるタイプで距離延長に不安があり、ラッキーライラックも3歳前半までの勢いは影を潜めている。上位人気勢に不安要素が多く、久々に荒れる予感がする。

エリザベス女王杯の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2019年8月14日(水) 16:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019札幌記念
閲覧 1,856ビュー コメント 0 ナイス 9



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はAA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


8月18日(日)札幌11R 第55回札幌記念(3歳以上G2・芝2000m)

【登録頭数:15頭】(フルゲート:16頭)


ブラストワンピース(AA)3ヶ月
前走目黒記念時は、いつもよりトレセンでの追い切りが1本少なく、動きも重い感じに見せていた。この中間は函館での調整で、1週前追い切りは芝コースでの追い切りだったが、いつものような首が高いところがなく、前にグッと伸びていてこれまでで一番良い動きに見えた。力のいる洋芝も向きそう。

フィエールマン(C)3ヶ月半
この中間は函館入りしての調整で、これまでのように2週前には併せ馬で追い切られて先着。ただ1週前は、ルメール騎手が騎乗しての追い切りではあったが、デビュー以来初めて1週前追い切りで併せ馬を行わなかった。牧場で仕上げてきているとは思うが、1週前にいつもと違う調整を行っていることは状態面で何かがあるのかもしれないので、その点は気になるところ。

ワグネリアン(B)4ヶ月半
この中間もこれまで同様に1ヶ月半ほどトレセンで乗り込まれてきていて、3週前、2週前とCWを長めから併せ馬で追い切られて先着。その後、北海道に移動しての調整となっていて、1週前は時計を出していないが2週前時点で仕上がっている感じ。あとは輸送後の最終追い切りでどんな動きを見せるかに注目したい。

ペルシアンナイト(B)中10週
この中間は札幌競馬場での調整。2週前、1週前と単走で一杯に追い切られていて順調に調整されている印象。右回りのコーナー4つのコースは良い。

サングレーザー(D)中10週
昨年の勝ち馬。日曜、水曜と追い切られているが、昨年は2本とも併せ馬だった。今年は2本とも単走での追い切りで、1週前の動きを見るとモタモタした感じで終いの伸び脚が物足りない。

クロコスミア(B)3ヶ月半
昨年と同じように1ヶ月前から札幌競馬場で週2本時計を出していて、4週連続の好時計をマーク。昨年よりも終いの時計が速く、出来自体昨年よりも良さそう。

クルーガー(D)4ヵ月
海外遠征後の休み明け。1週前に芝コースで追い切られていて、それほど目立つ時計ではないものの、終いは伸びていて出来は悪くなさそう。牧場で仕上げてきているのだろうが、余裕があればもう少し早く入厩していると思うのでその点がどうか。

サクラアンプルール(B)中10週
2年前(◎)の勝ち馬。昨年も内容的には悪くなくこのコースは相性が良い。今年は函館記念を使わずのぶっつけ本番で、美浦での調整はなく函館での調整。追い切り本数は少ないが、1週前追い切りでは併せ馬で一杯に追われて先着と、状態は悪くなさそう。

ステイフーリッシュ(A)中4週
この中間も函館競馬場で調整中。1週前追い切りではWコースを馬なりで好時計が出ていて、走りも力強く調子が良さそうな感じ。テンションが高くなる馬なので、馬なりで気分よく追い切れるくらい仕上がっている点も良い。

サトノティターン(D)連闘
エルムSからの連闘になるが、休み明けの前走時は乗り込み量も豊富でしっかり調教もされていたので反動はなさそう。かなり大きな馬だが、パドックでは太め感は見せない馬で先週も太くは映らなかったので+10キロが敗因ではないと思う。中京で1度芝のレースを使われているが、使うレースもないのでもう一度芝を試してみたいといったところか。その中京芝での走りを見ると、ダートの方が良さそうで、芝のG1馬たち相手ではかなり厳しそう。

ランフォザローゼス(F)3ヶ月
ダービー以来の出走となるが、藤沢厩舎の馬なので勝ちにきているならもっと早めに函館か札幌に入厩して調整されていると思う。牧場で仕上げてきているとは思うが、1週前追い切りは木曜で、芝コースでの時計もかなりかかっており、この厩舎の馬としては調整内容に余裕がない。

ナイトオブナイツ(D)中4週
昨年も出走していて、展開も向いて上位入線馬たちと同じような位置でのレースをしていたものの伸びきれず、G1馬たちとは力の差が出てしまった。今年も函館で2戦しての参戦だが、勝ち鞍もなく大きく成長した感じはない。

ゴーフォザサミット(F)3ヶ月
昨年と似たようなローテーションも、昨年は1ヶ月前には札幌に入厩して追い切られていた。今年は(牧場で調整されているのかもしれないが、)1週前の時点で追い切り時計がなく、これで勝てるほど相手は弱くない。

ロードヴァンドール(E)中1週
2走前の七夕賞時(○)は入念に乗り込まれていてパドックでの状態も力強く、かなり良く見えた。それが前走時は追い切りの内容が物足りず、パドックでは細く見せ首も上がり気味と、疲れがあるように映った。そして迎えたこの中間は速い時計を出しておらず、状態面での不安が残る。

エイシンティンクル(E)中2週
前走時は栗東で調整されていたが札幌に入厩してから速い時計を出さず、最終追い切りも行わないままの出走だった。この中間も中2週となるが速い時計を出しておらず、普通に調整されていない時点で大きなマイナスとなる。


◇今回は札幌記念編でした。
先週、現在勤めている会社の先輩でウマフレでもあるバナナーb4さんが定年のため退職されました。勤続40年8ヶ月。昭和、平成、令和と時代が様々に変化していく中で、これだけの長い時間健康で働き続けるということは簡単には真似できることではありません。最後の挨拶での言葉には40年の重みがあり、とても感動して目頭が熱くなりました。
みんなに祝福されて笑顔で去っていく景色というのが、こんなにも素敵なものだったなんて、と思わされてしまいました。
<https://youtu.be/4lBcfleDI98>

そんなバナナーb4さんとよく話をするようになったのも、やはり競馬がキッカケでした。私がプロ予想家になる以前もなってからも、いろいろと話を聞いてくれてアドバイスもして頂いて、私にとってバナナーb4さんに出会えたことは大きな財産です。
今後も一緒に競馬場に行く機会もあると思いますし、ウマニティではまた新しいウマフレさんとの出会いなんかもあると思いますので、とにかく、健康に気をつけてバナナーb4さんの新しい人生を楽しんでいって頂きたいと思っています。
まだまだ旅は続いていきますよ。
<https://youtu.be/TjXTe8NIz1E>


競馬の世界では、ディープインパクトキングカメハメハと日本の競馬を変えた2頭が亡くなりました。
2頭がそれぞれ圧倒的な強さを見せた日本ダービーを、目の前で観戦でき、その場所に居られたことは、大きな宝物として私の記憶の中に刻み込まれています。

第71回 東京優駿日本ダービー

第72回 東京優駿日本ダービー


今後この2頭のような強い馬はなかなか出てこないかもしれませんが、競馬が続く限り可能性はある訳で、そんな記憶に残るような景色をまた目の前で見てみたいものです。

それでは次回、新潟2歳S編でお会いしましょう。


札幌記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2017年6月7日(水) 17:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(6/3~6/4)ジョアプロが安田記念で3連単2830倍を的中!
閲覧 2,137ビュー コメント 0 ナイス 10

先週は、4(日)に東京競馬場でG1安田記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1安田記念の1番人気はイスラボニータで3.5倍、2番人気がエアスピネルで5.9倍、続いてレッドファルクス7.9倍、ステファノス8.1倍、アンビシャス9.1倍とここまでが10倍を切る形で人気を形成しました。
  
注目のスタートはトーキングドラムディサイファサンライズメジャーが出していきますが、これを外から制してロゴタイプが先頭に立ちます。ロゴタイプのリードは2馬身、2番手にサンライズメジャー、続いてブラックスピネルディサイファコンテントメントヤングマンパワーと先団を形成。中団からはイスラボニータクラレントトーキングドラムステファノスビューティーオンリーロジチャリスグレーターロンドンが追走。後方からはレッドファルクスサトノアラジンエアスピネルロンギングダンサーと続いて最後方にアンビシャスの態勢。
 
前半の600m通過は33秒9(参考)の厳しい流れ、ロゴタイプが先頭で直線コースへ差し掛かります。
 
先頭はロゴタイプでリードは1馬身、2番手にサンライズメジャー、その後ろからはディサイファコンテントメントブラックスピネルヤングマンパワーが並んで追い出しにかかります。
 
残り200mを通過、逃げるロゴタイプが再度突き放してリードは3馬身、後続からはグレーターロンドンサトノアラジンステファノス、大外からはレッドファルクスが併せ馬の形で懸命に前を追います!
 
残り100mを通過、ここでロゴタイプの脚色が鈍るとサトノアラジンがグングン加速!一完歩ごとに差を詰めるとゴール前で捉えて優勝!5歳にして悲願のG1タイトルを手にしました!勝ちタイムは1分31秒5(良)。クビ差の2着にロゴタイプ、そこからクビ差の3着にレッドファルクスが入っています。
  
公認プロ予想家ではジ ョ アプロ霧プロ馬っしぐらプロが的中させています。
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →ジョアプロ
勝負レースに選んだ4(日)東京11Rで『イスラボニータステファノスエアスピネルアンビシャスと上位馬がいずれも勝ちきる気迫が基本的に不足している馬でG1の舞台でも2着、3着になりそうなタイプ。それだけに突き抜ける魅力ある馬で高配当を狙って勝負したい。』と3連単フォーメーションで勝負!▲△○の印で28万3000円を払い戻しました!さらには阪神11Rで◎シホウの単複を5000円ずつ的中させ、10万7500円を払い戻しました!週末トータル回収率153%、収支プラス22万6650円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →加藤拓プロ
4(日)東京3Rで単勝21.1倍◎パンドラフォンテンの単勝、馬連、3連複を仕留め、14万530円を払い戻し!東京7Rでは◎ハッスルバッスルサトノティターンの馬連34.5倍を3000円的中させ、10万3500円を払い戻し!週末トータル回収率249%、収支プラス18万7480円をマークしています。
 
この他にも馬っしぐらプロ(121%)、河内一秀プロ(117%)、マカロニスタンダーズプロ(110%)が週末回収率100%超の活躍を見せています。
 
※全レースの結果速報はこちら!
 
 
今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

サトノティターンの口コミ


口コミ一覧

2021/06/19 メインレース

 una_una 2021年6月18日(金) 20:33

閲覧 184ビュー コメント 0 ナイス 5

2021/06/19 メインレース

STV賞 1回札幌3日目 15:25発走
◎2 グレイトオーサー
○1 シュバルツカイザー
▲5 ベッラヴォルタ
△4 ニシノアップルパイ
×7 トーセンウォーリア

米子ステークス 3回阪神1日目 15:35発走
◎4 ザイツィンガー
○7 スマートリアン
▲15プリンスリターン
△5 ラセット
×10ガゼボ

スレ○プニルS 3回東京5日目 15:45発走
◎3 バンクオブクラウズ
○5 ヒロイックテイル
▲4 メイショウワザシ
△12サトノティターン
×11タイサイ

 穴馬見つけたかも 2020年12月6日() 16:14
チャンピオンズカップ 反省会
閲覧 253ビュー コメント 0 ナイス 7

反省会が続きます・・・

3着インティ・・・ お見事でした
2コーナーぐらいから、もしかしたらと思ってました。
中京コース得意なのと武豊ジョッキーだったので粘りこむかなと


馬体重とパドックから
  サトノティターン  外しました
  エアアルマス    追加しました
と入れ替えしました。


順位は変えましたが印を打った馬の結果は、
 ◎ 15番 クリソベリル    4着 (1人気)
 ○  5番 クリンチャー    11着 (5人気)
 ▲  2番 ゴールドドリーム  2着 (3人気)
 △ 11番 チョウワウイザード 1着 (4人気)
 X  4番 エアアルマス    10 着 (8人気)


クリソベリルは想定馬体重超えていたので、◎→▲まで順位は下げて、
3着予想にしたのですが。。。
魔の8枠でもあり、思い切って外すべきでした。。。。

クリンチャーは後ろすぎましたね
決め脚がないので、インティの競馬をしてほしかったです・・・・

反省会続きですが、
今一歩だと思って、今年も残り3週間
何とか挽回できるように頑張ります

[もっと見る]

 ブルースワン 2020年12月6日() 13:50
チャンピオンズカップ 予想
閲覧 375ビュー コメント 0 ナイス 11

◎15クリソベリル
○11チュウワウィザード
▲6エアスピネル

△2ゴールドドリーム
△8サンライズノヴァ
△10アナザートゥルース
△12モズアスコット

✳️16サトノティターン

人気馬は牽制しあうので

乱戦にはなりにくいと思いますが

差し馬に注目します。

中京は先行馬が有利ですが・・・😱

忘れた頃のサトノティターンあるかな😅

万が一のエアスピネルからのワイドをおさえます。

[もっと見る]

⇒もっと見る

サトノティターンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
3:
  fc0703d559   フォロワー:7人 2020年8月9日() 03:34:13
郎、データ消し
2:
  fc0703d559   フォロワー:7人 2020年8月7日(金) 00:48:14
ユ、最終○、申し分無いデキ
1:
  fc0703d559   フォロワー:7人 2020年8月7日(金) 00:41:03
ユ、中間○、滞在調整、リピーター

サトノティターンの写真

サトノティターンの厩舎情報 VIP

2021年6月19日スレイプニルS6着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

サトノティターンの取材メモ VIP

2020年12月6日 チャンピオンズカップ G1 14着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。