ロードクエスト(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ロードクエスト
ロードクエスト
ロードクエスト
写真一覧
現役 牡6 鹿毛 2013年3月6日生
調教師小島茂之(美浦)
馬主株式会社 ロードホースクラブ
生産者様似堀牧場
生産地様似町
戦績24戦[4-3-2-15]
総賞金24,944万円
収得賞金6,475万円
英字表記Lord Quest
血統 マツリダゴッホ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ペイパーレイン
マツリダワルツ
血統 ][ 産駒 ]
チーフベアハート
ユキノワルツ
兄弟 スティルネスロードトレジャー
前走 2019/02/03 東京新聞杯 G3
次走 2019/02/24 阪急杯 G3

ロードクエストの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/02/24 阪神 11 阪急杯 G3 芝1400 -- 1861111.7----** 牡6 57.0 川田将雅小島茂之-- --------
19/02/03 東京 11 東京新聞杯 G3 芝1600 155848.1104** 牡6 57.0 三浦皇成小島茂之464(+4)1.32.3 0.433.7⑨⑨インディチャンプ
19/01/05 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 1781729.0813** 牡6 57.0 福永祐一小島茂之460(+4)1.35.4 0.534.7⑭⑫パクスアメリカーナ
18/11/18 京都 11 マイルCS G1 芝1600 1881754.51217** 牡5 57.0 横山典弘小島茂之456(-2)1.34.2 0.934.6⑫⑪ステルヴィオ
18/10/27 京都 11 毎日スワンS G2 芝1400 11785.621** 牡5 56.0 M.デムー小島茂之458(-2)1.21.5 -0.034.2⑩⑩モズアスコット
18/09/09 中山 11 京成杯AH G3 芝1600 153514.454** 牡5 56.5 三浦皇成小島茂之460(0)1.32.6 0.234.0⑥⑧ミッキーグローリー
18/08/12 新潟 11 関屋記念 G3 芝1600 155815.985** 牡5 56.0 三浦皇成小島茂之460(0)1.32.1 0.534.0⑥⑥プリモシーン
18/06/24 東京 11 パラダイスS OP 芝1400 10337.132** 牡5 57.0 三浦皇成小島茂之460(0)1.22.1 0.433.7ショウナンアンセム
18/03/03 中山 11 オーシャンS G3 芝1200 1681631.4117** 牡5 56.0 三浦皇成小島茂之460(-6)1.08.5 0.234.0⑩⑨キングハート
18/01/28 京都 11 シルクロード G3 芝1200 1881720.41010** 牡5 57.0 三浦皇成小島茂之466(+2)1.09.1 0.833.9⑮⑬ファインニードル
18/01/08 中山 11 カーバンクル OP 芝1200 9887.643** 牡5 57.0 三浦皇成小島茂之464(+6)1.08.6 0.333.6⑥⑥ナックビーナス
17/11/25 東京 11 キャピタルS OP 芝1600 1871515.4611** 牡4 56.0 三浦皇成小島茂之458(0)1.33.5 0.933.5⑱⑱ダイワキャグニー
17/10/21 東京 11 富士S G3 芝1600 155813.8512** 牡4 56.0 池添謙一小島茂之458(+4)1.36.3 1.536.0⑧⑧エアスピネル
17/08/13 新潟 11 関屋記念 G3 芝1600 167146.126** 牡4 56.0 池添謙一小島茂之454(-8)1.32.5 0.333.3⑧⑧マルターズアポジー
17/06/25 東京 11 パラダイスS OP 芝1400 9893.325** 牡4 57.0 池添謙一小島茂之462(+12)1.21.3 0.433.3⑨⑨ウインガニオン
16/11/20 京都 11 マイルCS G1 芝1600 182412.469** 牡3 56.0 池添謙一小島茂之450(-2)1.33.6 0.534.8⑮⑭ミッキーアイル
16/10/22 東京 11 富士S G3 芝1600 118112.119** 牡3 55.0 池添謙一小島茂之452(0)1.34.5 0.533.6⑪⑩ヤングマンパワー
16/09/11 中山 11 京成杯AH G3 芝1600 165102.811** 牡3 55.0 池添謙一小島茂之452(+2)1.33.0 -0.134.2⑫⑩⑥カフェブリリアント
16/05/29 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 184770.0911** 牡3 57.0 岩田康誠小島茂之450(+4)2.25.0 1.034.2⑪⑪⑪⑩マカヒキ
16/05/08 東京 11 NHKマイル G1 芝1600 18356.422** 牡3 57.0 池添謙一小島茂之446(-6)1.32.9 0.133.8⑯⑯メジャーエンブレム

⇒もっと見る


ロードクエストの関連ニュース

日曜日に行われる阪急杯の出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


レッツゴードンキ
約3カ月半ぶりの実戦となるが、栗東坂路主体に乗り込み量は十分すぎるほど。1週前追い切りでは抜群の反応を示し、4F50秒1の好時計を記録。20日に実施した今週の本追い切りでも、4F51秒6、ラスト1F11秒8の好ラップを計測した。22日にも14-14の時計を出すなど、中間の調整過程に余念はない。勝負気配が漂う1頭だ。

ヤングマンパワー
今週の追い切りは南Wで併せ馬を実施。先着を果たした点は評価できるが、肝心の動きについては今ひとつ。反応が鈍いうえに頭も高く、鞍上のアクションが大きい割に伸び脚を欠いている印象。いい頃と比べて、前進気勢に乏しい感は否めず、ここは静観が妥当だろう。

ロジクライ
中2週と間隔が詰まるものの、順調にメニューを消化。栗東坂路で行われた1週前追い切りでは、4F49秒6、ラスト2F23秒8-12秒3の好タイムを記録。同じく坂路で実施した今週の併せ馬では、バランスのとれた好ラップをマークした。攻め巧者だけに、額面以上の評価はできないが、攻め内容を強化したことは好感が持てる。変わり身があっても不思議はない。

タイムトリップ
1週前に南Wにて併せ馬を行い、5F68秒台前半を記録したが、馬場の5分どころを回ってのもの。過度の評価はできない。同じく南Wで実施した今週の単走追いについても、四肢が空回りしているような走りで見映えは今ひとつ。上積みは見込みづらく、今回は様子見のスタンスが正解ではないか。

ラインスピリット
この中間は調教パターンを変えて、栗東CW主体の調整。1週前に長めから及第点の時計を記録。21日の追い切りでは馬場の外めを通り、ラストは上々の伸び脚を示した。舌を出している点は相変わらずだが、首をしっかり使ってストライドを伸ばすさまは、ここ最近の同馬には見られなかった。動きの良さを実戦で活かせるようなら、一発あってもおかしくない。

スターオブペルシャ
今週の追い切りは南Wで併せ馬を実施。折り合い重視の内容ながら、53-39-12.5の加速ラップをほぼ馬なりで記録した。頭の位置こそ少し高いが、よどみなくスムーズに加速する姿は、集中力を十分に感じさせる。及第点の仕上がりとみていいだろう。

リライアブルエース
栗東坂路で丹念に乗り込まれているが、先週までの内容に大きく変わった点は見受けられない。20日の追い切りでは、終いを伸ばす内容を施し、ラスト1F12秒4のラップを記録したものの、バタバタした走りで見映えはイマイチ。良化途上の感は拭えず、変わり身を望むのは難しいかもしれない。

コウエイタケル
使い込んでいるうえに中1週の強行軍だが、きっちりとメニューを消化している点は好感が持てる。ただし、内容を検証する限り、近走と比べて大きな変化は見受けられない。上昇は感じられず、調教面の加点材料は少ない印象を受ける。今回は足りないだろう。

ダイメイフジ
1週前、今週と栗東坂路で強い追い切りを消化するなど、意欲的な調整。今週の併せ馬では、新馬相手とはいえキッチリと先着を果たし、キレイな加速ラップを記録した。テンションもさほどアガっておらず、醸し出す雰囲気は上等の部類。ガラリ一変があっても驚けない。

アドマイヤゴッド
栗東坂路で実施した1週前追い切りでは、時計が出やすい馬場状態だったとはいえ、4F50秒1の好タイムを記録。同じく坂路で行われた今週の追い切りでも及第点の時計をマークした。一方で、前肢の動きが少し硬い点は気がかり。そのぶん、こじんまりとした走りに映る。本当に良くなるのは、ここを叩いてからではないか。

ロードクエスト
今月中旬から栗東に滞在して調整。栗東CWで行われた20日の追い切りでは、余力十分の走りで併走馬を圧倒した。モヤで直線の動きしか確認できないものの、後肢を大きく使った走りをみるに状態面の不安はなさそう。自身の力を発揮できる態勢とみる。

リョーノテソーロ
使い込まれているが、坂路と南Wを併用して入念な乗り込み。南Wで実施した今週の追い切りでは、タフな馬場状態を苦にせず、ラスト1F12秒台の好ラップで駆け抜けた。半面、いつもと比べて体全体がこじんまりと映る点は気がかり。そのあたりを鑑みると、大きな変わり身までどうか。今回は見送りが賢明だろう。

トウショウピスト
坂路で行われた1週前追い切りでは、4F50秒9のタイムをマーク。同じく坂路で実施した今週の本追い切りでも、マズマズの時計を記録した。ただ、いい頃と比べてラストの踏ん張りが利いていない印象。直線急坂の阪神コースでは、よほど恵まれないと厳しい。

ダイアナヘイロー
2週前、1週前と2週続けて栗東CWにて及第点の時計を記録。栗東坂路で実施した今週の本追い切りでもマズマズのタイムをマークした。舌を出している点や少しフラつき気味のところは気になるが、稽古の見映えが実戦に直結するタイプではなく、過度に不安視する必要はない。乗り込み量の不足はないので、あとは実戦までテンションを抑えられるかどうかだけ。

ヒルノデイバロー
この中間は栗東坂路と栗東CWを交えて丹念に乗り込み、毎週のように好ラップを連発。坂路で実施した今週の併せ馬では、4F50秒8のタイムを余力残しでマークした。少し硬さは見られるものの、しっかりとした脚取りで坂をグイグイ駆け上がるさまは迫力十分。上位争い可能の仕上がりとみたい。

ミスターメロディ
帰厩後、ビッシリと攻めていないが、これは前回も同様。深刻にとらえる必要はない。栗東CWで実施した1週前追い切りでは、半マイル50秒ソコソコ、ラスト1F11秒台半ばの好ラップを悠々と記録。同じくCWで行われた今週の本追い切りは、モヤで直線しか確認できなかったものの、ラストまでしっかりと脚を伸ばしていた。好ムードであることは間違いない。

スマートオーディン
栗東坂路で実施した今週の追い切りをみるに、テンションが高い点は相変わらず。とはいえ、一時期と比べるとマシなほう。そのぶん、同じような時計でも鞍上の手応えに余裕が出てきているし、合図に対する反応も良化している。要警戒の1頭と言えよう。

エントシャイデン
今週の追い切りは栗東CWで実施。終い重点の内容ながらも、上々の伸び脚を披露した。舌を出している点はいただけないが、掻き込みの鋭いフットワークで駆け抜けるさまはなかなかのもの。悪癖のモタれる面が姿を消している点も評価できる。好調とみていいだろう。



ウマニティ重賞攻略チーム

【重賞データ分析】阪急杯 内枠優勢!近年の勝ち馬の最低人気は7番人気!NEW!2019年2月23日() 13:30

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、日曜日に行われる阪急杯のファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。


【全般】
前年12月の阪神カップに出走していた馬が強い(2008年以降)

ラインスピリット
スターオブペルシャ
ダイメイフジ
ダイアナヘイロー
ヒルノデイバロー
ミスターメロディ

【人気】
2008年以降の勝ち馬の最低人気は7番人気
※土曜日13時00分現在の1~7番人気

レッツゴードンキ
ロジクライ
スターオブペルシャ
ロードクエスト
ダイアナヘイロー
ミスターメロディ
エントシャイデン

【脚質】
展開次第でなんでもアリ

※過度に気にする必要はない

【枠順】
内枠(1~3枠)優勢(1999年以降)

レッツゴードンキ
ヤングマンパワー
ロジクライ
タイムトリップ
ラインスピリット
スターオブペルシャ

【血統】
ダイワメジャー産駒とディープインパクト産駒の活躍が目立つ(近年の傾向)

スターオブペルシャ
リライアブルエース
エントシャイデン

同コース種牡馬別成績(近5年)のリーディング上位に位置している産駒の好走が多い(近年の傾向)

ロジクライ
スターオブペルシャ
リライアブルエース
コウエイタケル
アドマイヤゴッド
エントシャイデン

母父に視点を向けると、ノーザンダンサー系、ミスプロ系、リボー系の好走率が高い(2008年以降)

ロジクライ
リライアブルエース
コウエイタケル
アドマイヤゴッド
ロードクエスト
リョーノテソーロ
ヒルノデイバロー
ミスターメロディ
スマートオーディン


【3項目以上該当馬】
スターオブペルシャ(5項目)
ロジクライ(4項目)
リライアブルエース(3項目)
ミスターメロディ(3項目)
エントシャイデン(3項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【阪急杯】7F重賞2勝目へ!ロードクエスト万全 2019年2月23日() 11:45

 昨秋のスワンSで安田記念馬モズアスコットを退けたロードクエストが、2つ目の7F重賞制覇へ万全の態勢で臨む。

 スワンS後はマイルを3戦。マイルCSと京都金杯は2ケタ着順で、ようやく東京新聞杯で掲示板に入った。上昇機運に乗っての7F転戦はベストタイミングといえる。「スワンSは馬に柔らかみがあって、体全体を使う感じだった。一時、硬さが見られたが、ここにきてそのへんは解消してきたね」と、土明助手も手応えを感じさせる。

 「行きたがるところがあるので、ロジクライやダイアナヘイローがいるペースはレースがしやすいと思う。(川田)ジョッキーも追い切りでの感触が良かったようだし、イメージはできているんじゃないかな」

 昨春のマイル王を撃破した決め手が炸裂すれば、突き抜けていい。“究極の3連単”はロードを1着に固定。最内の絶好枠をゲットしたレッツゴードンキを2、3着に据えた12点で勝負する。(夕刊フジ)

★阪急杯の出馬表はこちら

[もっと見る]

【乗り替わり勝負度チェック!】中山記念 外国人騎手を配して一発を狙うこの馬から! 2019年2月22日(金) 18:10

当企画のコンセプトにつきましては、コチラにてご確認ください。今週も“勝ち逃げ馬券師”新良武志氏に、注目の乗り替わりをピックアップしてもらいます。
※データは2015年以降の結果をもとに集計。




編集部(以下、編) フェブラリーSは「乗り替わりを買うならコレ!」と激奨していたユラノトが、単勝31.6倍の8番人気で3着。お見事でした!

新良(以下、新) 先着を許した2頭は完全に別格という感じでしたので、それを思えば理想的な結果だったかもしれませんね。福永祐一騎手もうまく乗ってくれました。

編 小倉大賞典で推奨した川田騎手騎乗のタニノフランケルも2着を確保。この調子で今週もお願いします。

新 頑張ります。

編 まずはどのレースからいきましょうか?

新 日曜日の中山記念ですね。服部茂史騎手からミナリク騎手に乗り替わる⑧ハッピーグリンに注目しています。

編 なんと、ハッピーグリンですか!? 思いきって攻めますね~。

新 メンバーがメンバーですから、楽な戦いにならないことはわかっています。でも、ジャパンカップでは3着のスワーヴリチャードとコンマ7秒差、6着のサトノダイヤモンドとはコンマ3秒差、サトノクラウンには先着するという、堂々たる内容でした。オープンの巴賞で3着に入った実績もありますし、まったく足りないということはないでしょう。

編 確かに、中央に挑戦し続けるも、毎度のようにふたケタ着順という地方馬とはわけが違いますね。

新 道営の服部騎手はいいジョッキーですが、やはり中央が舞台となると、ミナリク騎手のほうに軍配が上がると思います。ミナリク騎手は中山芝1800mで18年以降、勝率22.2%と実績十分。大穴を狙うならこれでしょうね。色気のある方はヒモの1頭に加えてみてください。

編 わかりました。来たら高配当確実なだけに楽しみですね。阪急杯のほうはいかがですか?

新 ⑪ロードクエストを買いたいですね。

編 三浦皇成騎手から川田将雅騎手への乗り替わり。データ的にも鞍上強化ということになるのでしょうか?

新 いえ、私が重視しているのは三浦騎手とこの馬の相性です。4歳秋以降は主戦騎手として跨ってきていますが、なかなかガッチリかみ合わず、まだ一度も勝てていません。スワンSでは、M.デムーロ騎手に乗り替わったとたんに1着に着き抜けました。

編 今回もその再現があるのではないかと?

新 はい。関西に遠征してきて、関西のトップジョッキーを確保したという点はまったく同じ。陣営の勝負気配が感じられます。さらに、戦歴を見ればわかるように、この馬は間違いなく千四がベストなんですよね。

編 3戦して、1勝、2着1回。確かに適性は高そうですね。

新 高いと思います。18頭立てで、人気を集めてくれそうな馬が何頭もいますし、配当面も魅力です。

編 大激戦のなかから、川田騎手の豪快なアクションに導かれて……。

新 抜け出してきてほしいですね。

編 期待しましょう。今週もありがとうございました!


★その他の注目乗り替わり★
土曜中山10R ⑦オスカールビー坂井瑠星松岡正海
土曜阪神11R ⑫ピオネロ北村友一岩田康誠


【プロフィール】
新良武志(しんら・たけし)
20歳を過ぎたころに競馬を覚え、40代半ばまでは負け組人生を送っていたが、データベースソフト『TARGET』と『ウマニティ』のU指数に出会い、データ馬券に開眼。騎手と種牡馬をメインにした斬新なデータ活用術と馬券購入テクニックを武器に、コンスタントに好配当馬券を的中させる“勝ち逃げ馬券師”へと変貌を遂げる。15年秋に雑誌『競馬最強の法則』でデビューし、翌16年春には単行本『毎週コツコツ勝ち逃げリーマン最強馬券術』(ベストセラーズ)を上梓。現在もデータ馬券研究の日々を送る。10月12日(金)に新創刊された『競馬の天才!』(メディアボーイ)で連載をスタート!
最新情報は『“新良式”データ馬券ブログ』で公開中。

[もっと見る]

【覆面記者の耳よりトーク】阪急杯 2019年2月22日(金) 12:02

 今週の『覆面記者の耳よりトーク』は、阪急杯を徹底取材。開幕週の馬場をポイントに挙げる声が多く、データ面からも有利な先行勢の中でミスターメロディがイチオシだ。穴ではラインスピリットが浮上。待機勢のレッツゴードンキ、ロードクエストは、評価が上がらなかった。

 ◇ 

 記者A 関西では今週から阪神開催がスタート。阪急杯の取材では「開幕週なので…」ゆうフレーズをよう聞いたわ。

 記者B 確かにジャッジの〆はそれって感じで、先行勢はプラス、待機勢はマイナスの見立てでした。そこまでかなあと思ったんですが、V助手に「データを見たら分かるから」っていわれて調べたんです。

 記者A で、どうやったん?

 記者B 過去3年の阪神芝の開幕週は逃げ6勝、先行12勝。それに対して2週目は逃げ1勝、先行11勝でした。ここまでの差がなかった京都に比べて、阪神は『開幕週=逃げ有利』をより重視すべきかと。

 記者C それなら昨年も、同舞台やった前走の阪神Cもまんまと逃げ切ったダイアナヘイローで決まりか。強力な同型馬もおらんしな。

 記者D いや、そう簡単ではなさそうです。X騎手は「ダイアナの勝った2回は人気薄で、流れも楽やったのが大きい。今回はマークされる上に、気ムラなタイプやからな」ともろさを指摘します。

 記者B それなら1400メートルのファルコンS勝ち馬で、前走の阪神C2着ミスターメロディが買いでしょう。安定した先行力があって、心身ともに成長がうかがえます。Z調教師は「GIレースがない1400メートルでこそのタイプは結構いる。この馬もその匂いがする」と見ていました。逃げはなくて、2、3番手追走で虎視眈々の形でしょう。

 記者D 人気薄ならラインスピリットですよ。森一騎手は「行けたら行きたい」と、枠順次第でハナを奪う構え。この中間はCWコースで追い切りを敢行して刺激を与えています。昨秋のスプリンターズS3着の地力は侮れません。

 記者A 逆に、差し、追い込みは厳しそうやな。

 記者C 直線の短い内回りコースで、ペースも落ち着きそう。末脚勝負のレッツゴードンキ、ロードクエストには不向きやろうな。

★阪急杯の出馬表はこちら

[もっと見る]

【阪急杯】厩舎の話2019年2月22日(金) 05:05

 ◆アドマイヤゴッド・須貝師 「具合はよさそう。展開がはまれば」

 ◆エントシャイデン・坂井騎手 「しまいを伸ばして反応が良かった」

 ◆コウエイタケル・山内師 「内枠でためて一瞬の脚を生かしたい」

 ◆スターオブペルシャ・杉原騎手 「スムーズにさばければチャンス」

 ◆スマートオーディン・池江師 「距離が短くなるのはいい」

 ◆ダイアナヘイロー・原田助手 「状態は良さそう。今は千四が合う」

 ◆タイムトリップ・菊川師 「ある程度流れに乗った競馬がしたい」

 ◆ダイメイフジ・森田師 「パンパンの良馬場で走らせたい」

 ◆トウショウピスト・土田師 「1400メートルになるのはいい」

 ◆ヒルノデイバロー・昆師 「障害練習を取り入れて体の動きが良化」

 ◆ミスターメロディ・藤原英師 「フレッシュでいい状態」

 ◆ヤングマンパワー・手塚師 「輸送で体が締まってくればやれる」

 ◆ラインスピリット・松永昌師 「追い切りのパターンを変えた。もう少しやれる」

 ◆リョーノテソーロ・武井師 「前に馬を置いて壁を作った方がいい」

 ◆リライアブルエース・池田厩務員 「体調は上向き。千四の方が切れる」

 ◆レッツゴードンキ・梅田師 「昨年より状態がいい。積極的な競馬を」

 ◆ロジクライ・須貝師 「すごい動き。初の千四もいい方に出そう」

 ◆ロードクエスト・土明助手 「千四のペースならちょうどいい」

★阪急杯の出馬表はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ロードクエストの関連コラム

閲覧 2,248ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 ホープフルステークス 2018年12月28日(金) 中山芝2000m内


<ピックアップデータ>

【“同年11月以降、かつJRA、かつ芝のレース”において1着となった、もしくは1位入線馬とのタイム差が0.0秒だった経験の有無別成績(2015年以降)】
○あり [3-2-3-10](複勝率44.4%)
×なし [0-1-0-24](複勝率4.0%)

 2015年以降の3着以内馬9頭中、2015年2着のロードクエスト、2017年1着のタイムフライヤーを除く7頭は、同年11月以降に芝のレースを勝っていた馬。なお、2017年1着のタイムフライヤーも、同年11月25日の京都2歳ステークスで勝ち馬とタイム差なしの2着に好走していました。たとえ実績上位でも、直近のレースで勝ち馬に離されてしまった馬や、10月以前のレースから直行してきた馬は評価を下げましょう。

主な「○」該当馬→ヴァンドギャルドコスモカレンドゥラニシノデイジー
主な「×」該当馬→サートゥルナーリアブレイキングドーンミッキーブラック


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の4コーナー通過順が3番手以下」だった馬は2015年以降[3-3-3-18](複勝率33.3%)
主な該当馬→サートゥルナーリアニシノデイジー

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2018年11月20日(火) 17:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(11/17~11/18)好調きいいろプロが土曜東京12Rトミケンキルカス(単勝159.9倍)的中などで2週連続収支トップ!
閲覧 700ビュー コメント 0 ナイス 8



先週は、18(日)に京都競馬場でG1マイルCSが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。

 
G1マイルCSは、春のマイル王モズアスコットが単勝3.4倍の支持を集め1番人気に推され、以下はアエロリット(同5.1倍)、ペルシアンナイト(同6.5倍)、アルアイン(同6.6倍)、ステルヴィオ(同8.7倍)、ロジクライ(同9.7倍)と6頭が単勝10倍未満の混戦模様でスタートの時を迎えます。
好発のアエロリットレーヌミノルらの内からロジクライアルアインの2頭が出ていきハナを窺いますが、外を通って促して徐々に進出していったアエロリットがこれらを再び交わして先頭へ。2番手集団にロジクライアルアインケイアイノーテックとなって、以下ステルヴィオウインブライトレッドアヴァンセジュールポレールペルシアンナイトエアスピネルレーヌミノルと中団にかけて続き、後方集団にモズアスコット。さらに、ヒーズインラブロードクエストミッキーグローリーカツジブラックムーン、少し離れて最後方にジャンダルムという態勢で3コーナーに突入。
前半4Fを47秒1(推定)で通過し、2馬身ほどのリードで逃げるアエロリット。これを追うアルアインロジクライの2頭という隊列のまま4コーナーを回ります。2番手集団から早めに気合いをつけられたロジクライが差を詰めていき、対して内のアルアインはじっと直線を待つ構え。外を通ってはケイアイノーテックが追い出しを開始し、その後方から大外を回るエアスピネルレッドアヴァンセらも先団へ。依然、これら集団からは離された後方寄りを進む1番人気モズアスコットは、ここで他馬にぶつかる不利。
直線を迎え、早くも苦しくなったアエロリットに、内からアルアインロジクライケイアイノーテックと横に広がって並び掛けると、その外からはエアスピネルレッドアヴァンセも勢いよく迫ります。4コーナーにかけて一旦大外へと膨れたモズアスコットはここから内に進路を切り替えますが、依然後方4~5番手の苦しい位置取りでの競馬を強いられ残り200m地点を通過。
横一戦の攻防からまず抜け出したのは4番人気アルアイン。1馬身ほど抜け出すと、ここで2番手にはレッドアヴァンセが浮上。さらに、3番手を窺うエアスピネルに、内を突いてはステルヴィオペルシアンナイトの2頭も目立つ伸び。後続がどっと押し寄せる決め手比べの様相となる中、ここからラストの伸び脚で抜け出したのは、内を突いた1枠勢2頭でした。アルアインを内から交わし、ゴール直前では完全にステルヴィオペルシアンナイトの2頭による一騎打ちへ。終始前を譲らなかった5番人気ステルヴィオに、最内を突いて3番人気ペルシアンナイトが急追と、激戦に持ち込まれましたが、ステルヴィオペルシアンナイトをアタマ差退けV。初G1制覇を古馬撃破で見事に飾っています。2着ペルシアンナイトから1馬身1/4差の3着には、直線半ばで抜け出して粘り込んだアルアインが入っています。
公認プロ予想家では、サウスプロはははふほほほプロ夢月プロサラマッポプロ馬っしぐらプロくりーくプロおかべプロ他、計9名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →きいいろプロ
17(土)東京12Rでは、トミケンキルカス(単勝159.9倍)の単勝的中で47万9,700円を払戻し!18(日)も福島11Rでの◎▲○的中(計17万9,600円)を筆頭に、福島12Rなど随所に的中を披露し、好調をアピールしました。先々週に続き土日ともにプラス計上で終え、2日間トータル回収率166%、収支2週連続トップの48万1,900円プラスを達成!これで、先々週土曜から続く連続開催日プラスを4に伸ばしています(2週連続週末プラス)。
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
17(土)のG3東スポ杯2歳Sでは、◎アガラス(単勝34.8倍)を本命に△ニシノデイジー(同38.4倍)との馬連を的中。計15万7,250円払戻しのスマッシュヒットを記録しています。土日トータルでは、回収率トップの221%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
先週は、17(土)勝負予想のG3東スポ杯2歳S(◎ニシノデイジー)と福島5R(▲マリノジュリア)、18(日)福島8RロードラズライトG1マイルCSステルヴィオ的中と、勝負レース4つを中心に仕留めプラス収支を達成。トータル的中率52%、回収率121%の好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
17(土)勝負予想指定のG3東スポ杯2歳Sを、▲ニシノデイジーアガラスの印で馬連ほか的中!先週は他にも、17(土)東京9Rの◎アルドーレ(単勝13.1倍)、18(日)福島1Rの○◎▲的中、福島2Rの◎ファイトアローン(単勝22.1倍)、京都8Rの◎テイエムディラン的中などの活躍を披露しています。
 
☆☆☆注目プロ →蒼馬久一郎プロ
17(土)東京6Rを◎スタークォーツ(単勝40.6倍)で仕留めると、翌18(日)には福島8Rでの◎○▲(3連複233.5倍ほか的中)のパーフェクト予想や、福島12Rなどの的中で好調をアピール。週末トータルでは回収率108%をマークし、2週連続週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
17(土)は東京2Rでの◎ロジギムレット的中を皮切りに、東京9Rの◎アルドーレG3東スポ杯2歳Sの◎アガラスと仕留め、プラス収支をマーク。18(日)はG1マイルCSを、◎アルアイン、○ペルシアンナイトの2頭に絞って的中と、連日の活躍を披露した先週はトータル回収率105%を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
17(土)福島3Rでの◎カレンソナーレ(単勝54.2倍)、京都3Rでの◎ソルトイブキ(単勝25.0倍)、福島11Rでの◎ゴールドフラッグ(単勝15.7倍)、京都11Rでの○▲◎的中、18(日)の福島4Rでの◎スマートカルロス(単勝10.5倍)と好調予想連発の先週は、G1マイルCSも◎▲○予想を披露し的中(◎ステルヴィオ単勝的中)。土日2日間のトータルでは回収率112%を達成しています。
 
 
 
この他にも、おかべプロ(163%←2週連続週末プラス)、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(153%)、【U指数】3連単プリンスプロ(150%)、【U指数】馬単マスタープロ(121%)、馬っしぐらプロ(110%←3週連続週末プラス)、マカロニスタンダーズプロ(108%)、夢月プロ(105%)、セイリュウ1号プロ(101%)、またJRDBから期間限定参戦中の金子京介プロ(114%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2018年11月13日(火) 13:00 覆面ドクター・英
マイルCS2018
閲覧 1,516ビュー コメント 0 ナイス 8

先週のコラムで、エリザベス女王杯は9番人気のクロコスミアが昨年2着同様やれると高く評価したのも、モズカッチャンが当然有力としたのも良かったのですが、マイル向きでモレイラ騎手だけに余分に人気になりそうと消したリスグラシューにあっさり差し切られました。前々で勝負して終いたれるのを期待していたんですが、きっちり溜めて差してきましたね。G1以外はまあまあ好調で今週もプラスだったので、あとはG1とWIN5(先週は○○○××)。なんとか今週こそは結果を出したいものです。

では、恒例の全頭診断へ

1番人気想定 モズアスコット:前哨戦はロードクエストの強襲にあって2着と負けたが、何の問題も無いとみる。(個人的には、秋の天皇賞を使っても面白かったのではとも思うが、)それはさておき、ここは当然主役。

2番人気想定 アエロリット:前哨戦の毎日王冠をモレイラ騎手騎乗で鮮やかに逃げ切ったが、菊沢厩舎は関西輸送実績に乏しく、この馬自身輸送にも弱い。うまく行き過ぎた前走からも人気となるはずで、消して妙味。

3番人気想定 ペルシアンナイト:昨年の勝ち馬で前哨戦の富士Sでは5着と敗れたが、ハービンジャー産駒だけにスローからだと33秒台の脚が限界で厳しかった。流れるここは巻き返しが十分にある。

4番人気想定 ステルヴィオ:春はスプリングSを勝ち、皐月賞やダービーでももう少しやれるかと思いきや4着と8着に終わった。秋初戦の毎日王冠は2着と、古馬通用をアピールしそれなりにやれそうだが、馬体面の成長はそれほどなく、あまり妙味が無いか。

5番人気想定 アルアインシンザン記念以来1年10か月ぶりのマイル戦だが、マイルから2200mくらいまでは距離不問のタイプ。瞬発力が今ひとつなぶん惜敗が多いが、仕掛けのタイミングさえ合えば勝てないまでも上位に来る可能性は高そう。

6番人気想定 エアスピネル:秋初戦の富士Sでは、うまく脚を溜めて乗った割にはダメで、ちょっとピークを過ぎたのかなあという内容。人気だろうし嫌って妙味か。

7番人気想定 ケイアイノーテックNHKマイルCはやや恵まれた勝利に見えたが、秋になり毎日王冠で、そう差の無い5着に来たようにそれなりに成長がみられる。ただ今年の3歳牡馬はかなり弱めで、古馬と1㎏差なら古馬重視のほうが良いか

8馬人気想定 ロジクライ富士Sで2馬身差をつけて勝ち切ったように、ここもやれて良い。

9番人気想定 ジャンダルムビリーヴの仔でデビューから数戦はいい走りだったが、成長力がいまひとつで、マイルの距離でも一線級とは差がありそう。

10番人気以下想定
ミッキーグローリー:11戦6勝と勝ち切る率が高く、京成杯AHもしっかり勝ち切った。デビュー戦から50kgも馬体重を増やしながら強くなってきており、人気がないなら是非狙いたい馬。

レッドアヴァンセ:母エリモピクシーで、母父ダンシングブレーヴ譲りの底力発揮が、大舞台でありえる一頭。やや太目の秋初戦を叩いて、ここは上昇がみられるのでは。

ロードクエスト:これだけ取りこぼしてきた馬がM.デムーロ騎手への乗り替わりであっさりスワンSを勝ってしまったが、倒した相手がここも人気になるであろうモズアスコットでもあり、乗り方ひとつで通用するのだろう。ただ2戦連続好走の少ない小島厩舎だけに、今回は無いのでは。

ジュールポレール:今年のヴィクトリアマイル勝ち馬で、半兄サダムパテック(父フジキセキ)はこのレースの勝ち馬でもあるが、乗り慣れた幸騎手が落馬骨折疑いがあり乗れない可能性も。乗り替わりの場合は、大きくマイナスとみる。

ヒーズインラブ:春はダービー卿CTで重賞初制覇をあげたが、東京マイルはそう良くないようで、安田記念富士Sは惨敗。秋初戦の京成杯AHも不利もあって敗退と近走振るわないが、そろそろ巻き返しがあってもいい。人気薄の中では狙ってみたい馬。

ウインブライトスプリングS1着と中山金杯2着、中山記念1着、福島記念1着と、中山・福島に高い適性を示す。一方で、京都マイルへの適性は高くなさそうで、半年近い脚部不安休養明けとなる今回。体調も今ひとつで狙えない。

グァンチャーレ:オープン特別の1600m~1800mで活躍。2着、3着が計13回という馬だが、とうとう前走G2で3着と初の重賞馬券内。ただこれは距離短縮の1400mが良いほうに出た可能性が高そうで、距離延長のG1マイルの今回は買うほどではないか。

レーヌミノル:昨年の桜花賞馬で、この時に下したリスグラシューは先週大仕事をしたが、この馬に関しては成長力に乏しい印象で桜花賞以降は尻すぼみ状態。その中にあって、昨年のマイルCSでは4着という戦績だけに、この舞台自体は合っているのだろうが。

ベステンダンク:オープン特別だと1着1回2着1回があるのだが、重賞で全く勝負にならない現状ではG1での大駆けは期待できず。

カツジ:春はNZTを豪快に差して勝ったが、秋初戦の毎日王冠は12着と惨敗。割と弱い世代の3歳牡馬で、成長力いまひとつで、買い要素は少ない。

ブラックムーン:今年は、京都金杯を勝って活躍の1年になるのかと思いきや、その後は惨敗続き。加えて、前走の天皇賞(秋)では-16kgと身体まで萎んできていて好材料なし。


<まとめ>
有力:モズアスコットペルシアンナイト

ヒモに:アルアインステルヴィオロジクライ

穴で:ミッキーグローリーレッドアヴァンセヒーズインラブ

人気で消して妙味:アエロリットエアスピネルケイアイノーテックジャンダルム

[もっと見る]

2018年11月11日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2018年11月11日号】特選重賞データ分析編(124)~2018年マイルチャンピオンシップ~
閲覧 1,935ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 マイルチャンピオンシップ 2018年11月18日(日) 京都芝1600m外


<ピックアップデータ>

【前走の着順別成績(2013年以降)】
○3着以内 [3-5-4-24](複勝率33.3%)
×4着以下 [2-0-1-50](複勝率5.7%)

 基本的に前走好走馬が強いレース。ちなみに、前走の着順が8着以下だった馬は2013年以降[0-0-0-30](複勝率0.0%)です。なお、前走の着順が4着以下だったにもかかわらず3着以内となった3頭は、いずれも前走の条件が“東京のレース”、かつ前走の単勝人気順が2番人気以内だった馬。この条件にも該当していなかった前走4着以下の馬は2013年以降[0-0-0-45](複勝率0.0%)なので気を付けましょう。

主な「○」該当馬→ミッキーグローリーレッドアヴァンセロードクエスト
主な「×」該当馬→アルアインジャンダルムレーヌミノル


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【向かい風データ】

×「“同年、かつJRA、かつ16頭立て以上、かつG1ならびにG2のレース”において5着以内となった経験がない」馬は2013年以降[0-1-1-40](複勝率4.8%)
主な該当馬→ミッキーグローリーロードクエスト

[もっと見る]

2018年10月24日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2018年10月24日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(121)
閲覧 1,698ビュー コメント 0 ナイス 5



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、萩ステークス、毎日放送賞スワンステークスアルテミスステークス、ルミエールオータムダッシュ、カシオペアステークス、天皇賞(秋)の6レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2018年10月27日(土) 京都09R 萩ステークス
【出走数別成績(2013年以降)】
●1戦以下 [1-2-1-10](複勝率28.6%)
●2~3戦 [4-3-4-7](複勝率61.1%)
●4戦以上 [0-0-0-4](複勝率0.0%)
→キャリア4戦以上の馬は3着以内なし。ただし、キャリア1戦以下の馬もやや安定感を欠いていました。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“消し”】
京都芝1800m外×ロードカナロア×無条件
→複勝率0.0%、複勝回収率0.0%


▼2018年10月27日(土) 京都11R 毎日放送賞スワンステークス
【“東京か京都、かつG1かG2のレース”において7着以内となった経験の有無別成績(2015年以降)】
●あり [3-3-3-16](複勝率36.0%)
●なし [0-0-0-26](複勝率0.0%)
→近年は東京か京都、かつ格の高いレースで善戦した経験のある馬が優勢。特別登録を行った馬のうち“東京か京都、かつG1かG2のレース”において7着以内となった経験があるのは、グァンチャーレタガノブルグヒルノデイバローモズアスコットレーヌミノルロードクエストの6頭だけです。


▼2018年10月27日(土) 東京11R アルテミスステークス

[もっと見る]

2018年9月9日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/京成杯AH G3(スガダイプロ)
閲覧 1,040ビュー コメント 0 ナイス 2

開催が中山・阪神に移り、秋競馬が開幕しました。多くの有力馬が始動し、大きなレースが続々と行われます。トップホースによる戦いを楽しみつつ、馬券もしっかり当てていきたいですね。

今週はウマニティ公認プロ予想家陣の大エース・スガダイプロが登場。中山メインの京成杯オータムハンデを予想してもらいます。どこからでも入れそうな難解なハンデ戦を第一人者はどう攻略するのか? 結論に注目です。

本命は②ロジクライ「差し馬向きの流れになった前走は先行して2着と、負けてなお強しの内容。開幕週の馬場で好枠からロスなく先行できれば」と期待を寄せます。対抗は「対戦比較から重賞でも力は見劣らず、全弟が中山重賞を勝っているという血統的な魅力も大きい」ミッキーグローリー。単穴は⑤ロードクエスト。以下、③、⑦、⑨、⑪、⑫、⑭まで押さえ、馬券は馬連②⑩、3連複2頭軸流し②⑩→③⑤⑦⑨⑪⑫⑭で勝負します。本レース以外のスガダイプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください。

(ウマニティ編集長・岡田大)


------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢30名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

⇒もっと見る

ロードクエストの口コミ


口コミ一覧
閲覧 50ビュー コメント 0 ナイス 1

こんばんは明日2/24単複王です
No.134 阪神 9レース 伊丹S(1600万下) ◎ トワイライトタイム ◯ リテラルフォース
No.135 阪神 10レース すみれS(OP) ◎ ショウリュウイクゾ ◯ アドマイヤジャスタ
No.136 阪神 11レース 阪急杯(G3) ◎ ミスターメロディ ◯ レッツゴードンキ
No.137 中山 9レース 黄梅賞(500万下) ◎ カルリーノ ◯ ミトロジー
No.138 中山 10レース ブラッドストーンS(1600万下) ◎ スビールアスール ◯ ベルウッドケルン
No.139 中山 11レース 中山記念(G2) ◎ ディアドラ ◯ スワーヴリチャード
No.140 小倉 10レース 背振山特別(500万下) ◎ ジョーアラビカ ◯ スワーヴノートン
No.141 小倉 11レース 下関S(1600万下) ◎ レーヴムーン ◯ レッドラウダ
No.142 小倉 12レース 皿倉山特別(1000万下) ◎ テーオーフォルテ ◯ トーホウアルテミス
つづいて
No. 21 中山記念 ◎ スワーヴリチャード ○ ディアドラ △ ステルヴィオ ☆ ラッキーライラック ウインブライト
No. 22 阪急杯 ◎ ミスターメロディ ○ ダイアナヘイロー △ スターオブペルシャ ☆ レッツゴードンキ ロードクエスト
https://youtu.be/qQUlWrIJYPc
よろしくおねがいします

 ターフィーTD 2019年2月23日() 21:56
タフィスポ(2月24日号)
閲覧 54ビュー コメント 0 ナイス 0

2月24日(日)中山・阪神・小倉
【★=今週一番】

阪神11R阪急杯
◎14.ダイアナヘイロー 18.5
○6.スターオブペルシャ 16
▲16.ミスターメロディ 16
・3.ロジクライ 15.5
・11.ロードクエスト 14.5
・2.ヤングマンパワー 14
・17.スマートオーディン 14

中山11R中山記念(★)
◎10.スワーヴリチャード 16.5
〇5.ディアドラ 16
▲1.ウインブライト 14.5
・9.エポカドーロ (14.5)
・3.ラッキーライラック 14
・2.マルターズアポジー 13.5
・7.ステルヴィオ 13

~レーティングについて~
 馬名右の数値は、該当馬の実力に騎手の巧拙、枠順やコーナーの有利不利を加味して算出した独自のレーティングです。1ポイント=0.2秒の差を示し、5ポイントで入線タイム差が約1秒と想定しています。(カッコ)付き数値は長期休養馬、もしくは8カ月以上前のレースぶりを見て算出したものです。予想の参考としてご覧ください。

【参考買い目】
単勝◎=1点
馬連◎―〇=1点
馬単◎→○=1点
ワイドBOX◎○▲=3点
3連複◎―○―▲=1点
3連単◎→〇→▲=1点

<勝負レース回収率=38%>

【本日の厳選1頭】
阪神8R
1.ロードアクシス

以上

[もっと見る]

 はっべ 2019年2月22日(金) 23:38
出遅れ
閲覧 159ビュー コメント 0 ナイス 9

最近のレースは出遅れ、出負けが多い気がする
そういう癖で追い込み一辺倒の馬は仕方ないにしろ
先週のマルターズアポジーのような展開を左右する馬がやらかすとなんだか白けてしまう
ワントゥワン、ノンコノユメ
重賞くらい全馬バチッとゲート決めてガチンコ勝負を観たいなぁ

今週はスワーヴリチャードか
去年の天皇賞(秋)でやらかしたなぁ
「スタートしました、おっと!」
で予想に費やした時間とお金が🙌

今週はリアル馬券は見送りで

中山記念

◎ ⑦ステルヴィオ
○ ⑤ディアドラ

阪急杯

◎ ⑪ロードクエスト
○ ⑯ミスターメロディー

[もっと見る]

⇒もっと見る

ロードクエストの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
4:
  HIDE   フォロワー:16人 2016年5月6日(金) 05:46:25
NHKはメジャーエンブレムが人気だが実力は見劣らないはず、
何とか激走を期待したいと思います!
3:
  HIDE   フォロワー:16人 2016年4月4日(月) 02:07:20
最近の彼のレースを観ているとあまりに偏り過ぎていて
常に追い込み届かずが続いている。
走法、騎手を替えてみるなりして模索して欲しいなぁ…!!
実力はあると確信してます!
2:
  HIDE   フォロワー:16人 2015年8月24日(月) 12:38:30
前走の末脚が際立ったロードクエスト(牡2、美浦・小島茂之厩舎)

今現在一番人気指名!

クエスト新潟2歳Sは優勝の大チャンス(^_^)v

⇒もっと見る

ロードクエストの写真

ロードクエスト
ロードクエスト
ロードクエスト

ロードクエストの厩舎情報 VIP

2019年2月24日阪急杯 G3
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ロードクエストの取材メモ VIP

2019年2月3日 東京新聞杯 G3 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。