アーデントリー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
アーデントリー
アーデントリー
アーデントリー
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2016年3月28日生
調教師川村禎彦(栗東)
馬主巴山 尊文
生産者山岡牧場
生産地新冠町
戦績28戦[4-2-2-20]
総賞金8,434万円
収得賞金2,400万円
英字表記Ardently
血統 エイシンフラッシュ
血統 ][ 産駒 ]
King's Best
ムーンレディ
パリュール
血統 ][ 産駒 ]
リンカーン
パリスセイリュウ
兄弟 アチェンティミラクルズハプン
前走 2021/04/04 大阪杯 G1
次走予定

アーデントリーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/04/04 阪神 11 大阪杯 G1 芝2000 1333202.0127** 牡5 57.0 和田竜二川村禎彦 460
(+4)
2.03.3 1.737.7⑧⑧⑨⑧レイパパレ
21/03/07 阪神 11 大阪城S (L) 芝1800 161170.2142** 牡5 54.0 川島信二川村禎彦 456
(+6)
1.46.2 0.133.8⑦⑥ヒンドゥタイムズ
21/01/16 小倉 11 虹の松原S 3勝クラス 芝1800 14813120.4121** 牡5 57.0 鮫島克駿川村禎彦 450
(-2)
1.46.2 -0.035.1⑬⑬⑦⑨ミスニューヨーク
20/12/26 阪神 10 元町S 3勝クラス 芝2000 116650.5810** 牡4 57.0 和田竜二川村禎彦 452
(+4)
2.02.1 0.834.8⑥⑤④⑦ヴァンランディ
20/12/13 阪神 9 オリオンS 3勝クラス 芝2200 125647.987** 牡4 57.0 和田竜二川村禎彦 448
(-6)
2.14.6 0.734.5⑥⑥⑥⑥ダンスディライト
20/11/22 阪神 10 西宮S 3勝クラス 芝2400 16510156.51311** 牡4 54.0 津村明秀川村禎彦 454
(+2)
2.26.8 0.935.2④⑤ゴースト
20/04/04 中山 10 湾岸S 3勝クラス 芝2200 1761241.6136** 牡4 54.0 石川裕紀川村禎彦 452
(0)
2.14.5 0.934.7キングオブコージ
20/03/08 阪神 8 4歳以上2勝クラス 芝2000 115532.971** 牡4 57.0 A.シュタ川村禎彦 452
(+4)
2.01.6 -0.035.5ウインラナキラ
20/02/16 小倉 12 唐戸特別 1勝クラス 芝2000 10894.131** 牡4 56.0 吉田隼人川村禎彦 448
(+4)
2.05.4 -0.037.3ジンゴイスト
20/01/25 小倉 12 脊振山特別 1勝クラス 芝1800 1371013.664** 牡4 56.0 吉田隼人川村禎彦 444
(-4)
1.49.9 0.436.1ナリス
19/12/14 阪神 7 3歳以上1勝クラス 芝1800 1581533.487** 牡3 54△ 岩田望来川村禎彦 448
(-2)
1.48.0 0.934.2⑨⑧メイケイハリアー
19/11/16 京都 7 3歳以上1勝クラス 芝1600 182412.947** 牡3 56.0 古川吉洋川村禎彦 450
(+6)
1.34.6 0.634.4⑰⑰ハッシュゴーゴー
19/10/19 京都 8 3歳以上1勝クラス 芝1600 184734.2122** 牡3 55.0 古川吉洋川村禎彦 444
(+4)
1.34.8 0.034.3⑬⑭サムシングジャスト
19/09/29 阪神 8 3歳以上1勝クラス 芝1800 163514.976** 牡3 51▲ 岩田望来川村禎彦 440
(0)
1.46.8 0.334.0⑩⑧アドマイヤジョラス
19/09/16 阪神 8 3歳以上1勝クラス 芝1800 9228.555** 牡3 51▲ 岩田望来川村禎彦 440
(0)
1.47.5 0.333.7トーセンカンビーナ
19/05/26 京都 11 白百合S (L) 芝1800 105539.397** 牡3 56.0 丸山元気川村禎彦 440
(0)
1.48.0 0.433.4⑧⑧レッドアネモス
19/05/11 京都 6 3歳500万下 芝2000 85514.465** 牡3 56.0 和田竜二川村禎彦 440
(-2)
2.00.5 0.534.3⑥⑥④④ヒルノダカール
19/04/28 京都 6 3歳500万下 芝1800 75534.464** 牡3 56.0 和田竜二川村禎彦 442
(+4)
1.47.1 0.234.2⑤⑤ヴィント
19/04/06 阪神 6 3歳500万下 芝1600 1271013.9610** 牡3 56.0 松山弘平川村禎彦 438
(0)
1.36.4 0.833.8⑤⑤ゴータイミング
19/03/09 阪神 9 ゆきやなぎ賞 500万下 芝2400 5113.724** 牡3 56.0 松山弘平川村禎彦 438
(-2)
2.29.4 0.535.4タイセイモナーク

⇒もっと見る


アーデントリーの関連ニュース

【大阪杯】レースを終えて

2021年4月5日(月) 04:55

 ◆松山騎手(サリオス5着)「内枠から取りたいポジションを取って、勝ち馬を見ながら思ったレースはできました。想像以上に馬場が悪くなり、苦しくなってしまいました」

 ◆鮫島駿騎手(カデナ6着)「馬場は内も外もどちらも悪いので、内ラチぴったりを回りました。ノメりながらでも、自分の脚は使っています」

 ◆和田竜騎手(アーデントリー7着)「いい手応えでしたし、もう少しうまくさばけていたら。道悪は上手でしたし、力もつけています」

 ◆三浦騎手(ブラヴァス8着)「思った以上に馬場が緩く、進みがもうひとつでした。3、4コーナーももたつきましたし、馬場に尽きますね」

 ◆岩田望騎手(アドマイヤビルゴ9着)「前半はいいポジションで競馬ができましたが、後半は馬場が影響して(早めに)手が動きました」

 ◆幸騎手(ペルシアンナイト10着)「スタートで挟まれて、最後方からになりました。こういう馬場も上手じゃない感じでした」

 ◆内田騎手(クレッシェンドラヴ11着)「外を回ってもコースロスになるし、いいところに入ったかなと思いましたが、4コーナー手前で苦しくなりました」

 ◆吉田隼騎手(ワグネリアン12着)「“勝つためにはポジションを取りに行かないと”と思い、出して行って勝ち馬を見ながら運びました。タフな馬場にもなって、馬も苦しかったと思います」

 ◆団野騎手(ハッピーグリン13着)「行ければハナへ行くプランもありましたが、GIで周りも速いですしね。思ったようなレースは進められましたが、最後は厳しかったです」

★4日阪神11R「大阪杯」の着順&払戻金はこちら

【有名人の予想に乗ろう!】大阪杯2021 大魔神、徳光和夫さんなどズラリ!競馬大好き芸能人・著名人がファイナルジャッジ! 2021年4月4日() 05:30


※当欄では大阪杯について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。




【佐々木主浩(大魔神)】
◎④ブラヴァス
ワイド
④-②サリオス
④-⑨クレッシェンドラヴ

【徳光和夫】
3連単ボックス
ブラヴァス
ペルシアンナイト
ワグネリアン
コントレイル
レイパパレ
ワイド流し
サリオス-④⑤⑥⑦⑧⑩⑪⑫

【DAIGO】
◎⑦コントレイル

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑩カデナ
○⑦コントレイル
▲⑫グランアレグリア
△②サリオス
△⑧レイパパレ
△⑬アドマイヤビルゴ
△③アーデントリー
3連単1頭軸流しマルチ
⑩→②③⑦⑧⑫⑬

【杉本清】
◎⑦コントレイル
○⑫グランアレグリア
▲②サリオス
☆⑧レイパパレ
△⑬アドマイヤビルゴ

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎⑦コントレイル
○②サリオス
▲⑨クレッシェンドラヴ
△⑥ワグネリアン

【松田丈志(オリンピック競泳メダリスト)】
◎⑫グランアレグリア

【林修】
注目馬
グランアレグリア

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑦コントレイル
○②サリオス
▲⑫グランアレグリア

【増沢末夫(元JRA調教師)】
◎⑫グランアレグリア

【中村均(元JRA調教師)】
◎⑦コントレイル
○⑫グランアレグリア
▲②サリオス

【小原伊佐美(元JRA調教師)】
◎⑦コントレイル

【細江純子(元JRA騎手)】
注目馬
サリオス
コントレイル
グランアレグリア

【谷中公一(元JRA調教助手)】
◎⑫グランアレグリア

【東信二(元JRA騎手)】
◎⑦コントレイル

【吉沢宗一(元JRA騎手)】
◎⑦コントレイル

【橋本マナミ】
◎⑫グランアレグリア
○⑦コントレイル
▲⑧レイパパレ
△①モズベッロ
△④ブラヴァス
△②サリオス
△⑤ペルシアンナイト
△⑥ワグネリアン
3連単1着軸流し
⑫→①④⑦⑧
ワイド流し
⑫-①⑧

【横山ルリカ】
◎⑦コントレイル

【神部美咲】
3連単ボックス
サリオス
ブラヴァス
コントレイル
クレッシェンドラヴ
グランアレグリア
複勝


【旭堂南鷹】
◎⑦コントレイル
○⑤ペルシアンナイト
△⑬アドマイヤビルゴ
△②サリオス

【稲富菜穂】
◎⑦コントレイル
○⑧レイパパレ
▲⑫グランアレグリア
△②サリオス
△⑥ワグネリアン
△⑤ペルシアンナイト

【やべきょうすけ】
◎⑦コントレイル
○⑫グランアレグリア
▲⑧レイパパレ
△②サリオス
△④ブラヴァス
△⑥ワグネリアン
△⑬アドマイヤビルゴ

【小木茂光】
◎②サリオス
3連単フォーメーション
①②⑦→①②⑥⑦⑧⑨⑩⑫⑬→①②⑦

【津田麻莉奈】
◎⑦コントレイル

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑩カデナ
単勝


【キャプテン渡辺】
◎⑫グランアレグリア
3連単フォーメーション
⑦⑫→⑦⑫→①⑨
②⑦→②⑦→⑨

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑫グランアレグリア
○⑦コントレイル
▲⑧レイパパレ
△②サリオス
△⑥ワグネリアン
△⑩カデナ

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎②サリオス
○⑦コントレイル
▲⑫グランアレグリア
☆⑧レイパパレ

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎⑦コントレイル
○②サリオス
▲⑫グランアレグリア
△①モズベッロ
△⑥ワグネリアン
△⑧レイパパレ
△⑩カデナ

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑦コントレイル
3連単フォーメーション
⑦→②→①⑧⑩⑬
⑦→①⑧⑩⑬→②
⑫→⑦→①⑧⑩⑬
⑫→①⑧⑩⑬→⑦

【ギャロップ林】
◎②サリオス
3連単
②→⑦→⑫
3連単フォーメーション
②→⑦→①④⑤⑧⑩

【こいで(シャンプーハット)】
◎②サリオス
3連単フォーメーション
⑦→②→①⑤⑥⑧⑨⑫

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑧レイパパレ
3連単2頭軸流しマルチ
⑧→⑦→②⑫
馬単
コントレイル→⑧
⑧→⑦

【浅越ゴエ】
◎⑦コントレイル
3連単フォーメーション
⑦→①⑧⑨⑫→①⑧⑨⑫
⑫→⑦→①⑧⑨

【岩部彰(ミサイルマン)】
◎②サリオス
馬単
②→⑦コントレイル
3連単フォーメーション
⑦→②→①⑤⑥⑧⑫
⑦→①⑤⑥⑧⑫→②
3連単ボックス
①⑨③
③⑤⑩

【西代洋(ミサイルマン)】
◎②サリオス
3連単フォーメーション
②→⑦→①④⑤⑥⑧⑩⑫⑬

【盛山晋太郎(見取り図)】
◎②サリオス
3連単フォーメーション
⑦→②→①⑤⑧⑫⑬

【リリー(見取り図)】
◎⑦コントレイル
馬単
⑦→⑫グランアレグリア

【岡野陽一】
◎⑧レイパパレ
○⑫グランアレグリア
▲②サリオス
△①モズベッロ
△④ブラヴァス
△⑦コントレイル
△⑬アドマイヤビルゴ

【船山陽司】
◎⑬アドマイヤビルゴ

【上村彩子】
◎⑦コントレイル

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑫グランアレグリア

【大島麻衣】
◎⑫グランアレグリア

【熊崎晴香(SKE48)】
◎⑧レイパパレ
○⑦コントレイル
▲⑫グランアレグリア
△②サリオス
△⑩カデナ
△①モズベッロ

【皆藤愛子】
◎⑫グランアレグリア

【高田秋】
◎⑥ワグネリアン

【原奈津子】
◎⑫グランアレグリア
○⑧レイパパレ
▲⑤ペルシアンナイト
△⑥ワグネリアン

【ほのか】
◎⑫グランアレグリア
○⑦コントレイル
▲⑧レイパパレ
☆⑥ワグネリアン
△④ブラヴァス

【守永真彩】
◎⑦コントレイル
3連複2頭軸流し
⑦-⑫-②④⑤⑥⑧⑬

【天童なこ】
◎⑫グランアレグリア
○⑦コントレイル
▲②サリオス
☆⑩カデナ
△⑤ペルシアンナイト
△⑧レイパパレ
△⑨クレッシェンドラヴ

【目黒貴子】
◎②サリオス



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【大阪杯】前走後の談話 2021年4月4日() 05:00

 〔1〕モズベッロ「レースが流れていた割に上がりが速く、うまく脚を使えなかった」(三浦騎手)

 〔2〕サリオス「スムーズな競馬をしたかったが…。この馬場で前の馬が止まらなかった」(Mデムーロ騎手)

 〔3〕アーデントリー「内枠で内で立ち回れた。直線でも内を通れてうまくいった」(川島騎手)

 〔4〕ブラヴァス「重くて特殊な馬場が苦しかった」(福永騎手)

 〔5〕ペルシアンナイト「馬場が合わなかった」(大野騎手)

 〔6〕ワグネリアン「息遣いはあまり良くなかった」(武豊騎手)

 〔7〕コントレイル「リラックスして走れた。最後に苦しくなって左にモタれる場面が…」(福永騎手)

 〔8〕レイパパレ「レースにおいてのコントロールが非常に難しくなってきています」(川田騎手)

 〔9〕クレッシェンドラヴ「いい枠だったのでロスなく運び、ラストは脚を使った」(坂井騎手)

 〔10〕カデナ「58キロを背負って馬場の悪いところを通っていた」(菅原明騎手)

 〔12〕グランアレグリア「直線では“渋滞”があった。でも、スペースへ出てからはすごくいい脚を使ってくれた」(ルメール騎手)

 〔13〕アドマイヤビルゴ「馬の雰囲気も、道中のポジションも良かったけど…」(武豊騎手)

大阪杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【大阪杯】枠順の明暗 2021年4月3日() 05:00

 <栗東トレセン>

 コントレイルは〔5〕枠(7)番。GI昇格前の2014年に同じ前田晋二オーナーのキズナが勝っている。福永騎手は「いいんじゃないかな。頭数がそんなに多くないから、競馬はそんなに難しくない。ペースが遅ければ前で、速ければ後ろからでいい。どんな競馬もできるようにしてきたからね」とうなずいた。

 無傷の5連勝で臨むレイパパレは2017年のGI昇格以降、4年間で3着2回の〔6〕枠(8)番。高野調教師は「いい枠だと思います。与えられた枠で乗り役に委ねますよ。追い切り後の疲労感もないし、順調です」と期待をもって送り出す。

 ワグネリアンは、過去2年より外めの〔5〕枠(6)番(一昨年〔2〕枠(2)番=3着、昨年〔4〕枠(4)番=5着)に入った。友道調教師は「偶数でいいと思うよ。休み明けを叩いた上積みもある」とうなずいた。

 ブラヴァスは〔4〕枠(4)番。自身これまで3回で1勝、2着1回と良績を残している馬番で、「偶数でいいんじゃないかな。あまり雨は降ってほしくないね」と友道調教師。

 アドマイヤビルゴは大外の〔8〕枠(13)番。昨年は同じ大外枠だったクロノジェネシス(〔8〕枠(12)番)が2着に入った。友道調教師は「13頭立てだから、枠はどこでもいいと思う」と受け止めた。

 カデナは〔7〕枠(10)番と、0秒2差の4着と健闘した昨年((11)番)と近い外めの枠。「枠はどこでもいい。いい感じで来ているし、コースも合っている」と中竹調教師。

 ペルシアンナイトはGI昇格1年目の17年にキタサンブラックが勝った〔4〕枠(5)番。「枠はいいんじゃないですか。使って良くなっているし、上向きですよ」と兼武助手。

 アーデントリーは19年にアルアインが勝った〔3〕枠(3)番に決定。「いいところじゃないですか。あとは和田竜騎手に任せるだけだよ」と、川村調教師は全権委任の構えだ。

 ハッピーグリンは〔7〕枠(11)番。GI昇格前の12年にショウナンマイティが優勝している。「ゲートをすんなり出るので、枠はどこでも大丈夫です。前走使って状態は上がっています」と清水亮助手。

 モズベッロは最内枠の〔1〕枠(1)番。GII時代の1990年にスーパークリークが勝って以降、勝ち馬が出ていない。森田調教師は「枠はどこでも良かった。使いつつ体調は上がっている」と語った。

 <美浦トレセン>

 2000メートルでも頂点を狙うグランアレグリアは〔8〕枠(12)番。84年のカツラギエースを最後に1着がないが、「奇数枠よりいいかな。逃げ馬を見る形でもまれずにいけそう」と大江原助手。

 一昨年の朝日杯FS以来のGI2勝目を目指すサリオスは〔2〕枠(2)番。「気になるのは馬場。(稍重の毎日王冠を)勝っているとはいえ、道悪は大きなマイナス」と堀調教師は空模様を気にする。

 クレッシェンドラヴは〔6〕枠(9)番。「奇数枠続きだけど、ゲートもしっかり出てくれているので」と林調教師。

大阪杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断(最終版)】大阪杯2021 1週前追い切り秀逸のコントレイルが堂々トップ 2021年4月2日(金) 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが、毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は大阪杯・調教予想(最終版)をお届けします!


日曜日に行われる大阪杯の出走馬の追い切りについて、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

モズベッロ【C】
栗東坂路併走。脚元の動き自体は力強いものの、追われてジリッぽく、キレを欠くところは相変わらず。この馬なりに順調なのかもしれないが、今回の舞台で上位争いに加わるには、展開や馬場など何らかの恩恵がほしい。

サリオス【B】
美浦南W併走。首の動きが硬く映るが、そもそも馬格の割に首が短めの馬。折り合い重視の内容を思えば、さほど気にする必要はない。脚さばきは滑らかで、課題である手前の切り替えも、それなりにこなしている。気合乗りもほどよく、及第点以上の仕上がりだろう。

アーデントリー【C】
栗東坂路単走。気負うことなく最後まで集中して登坂できたことは評価できる。ただ、15.5-15-14.5-13.5という、かなり緩めの調整。強豪集うG1に挑むにあたり、心許ない内容であるのは確か。積極的には手が出ない。

ブラヴァス【C】
栗東CW単走。最終追いの場所をいつものポリトラックからCWに変えて、長めから意欲的に攻めてきた。それはいいとしても、道中は体を持て余し気味で最後はあっぷあっぷに近い状態。このひと追いでどこまで変われるか、といったところか。

ペルシアンナイト【B】
栗東CW単走。頭の位置こそ高めだが、自らハミを取って進もうとする前向きさは評価できる。前膝を高く上げて、力強く馬場を蹴り込む姿は年齢的な衰えを感じさせない。攻め駆けする馬なので過度の評価はできないものの、叩き良化タイプらしく着実に状態は上向いている。

ワグネリアン【C】
栗東CW併走。それなりに速いラップを刻んだが、馬場の半ばを通ってきたことを考えると鵜呑みにはできない印象。追われてからの伸びも、いい頃と比べて物足りない。まだまだ良化余地を残しているように思える。善戦はできても勝ち負けまではどうか。

コントレイル【A】
栗東坂路単走。最初の1ハロンを13秒台半ばで入ると、残りの3ハロンの区間ラップはすべて12秒台。それでいて余力を十分に残しているあたりは、この馬が持つ優れた身体能力の証左だろう。柔軟な身のこなしで登坂する姿は見映えがいい。仕上がり良好。

レイパパレ【B】
栗東坂路単走。見た目は地味だが、そもそも坂路では時計が出ないタイプ。そのあたりを鑑みると、単走でラスト2ハロン25秒3-12秒4の数字は合格点に値する。鞍上の指示に対する反応も悪くなく、力を出せる態勢とみたい。

クレッシェンドラヴ【C】
美浦南W併走。僚馬2頭に追いかけてもらい、並ばせてから仕掛ける内容。先着を果たしたものの、気持ちが高ぶっているのか、力んで走っているように見えるのは気になるところ。逃げ・先行策ならこれでいいのかもしれないが、控える形をとると厳しいだろう。

カデナ【B】
栗東坂路単走。首を上手に使い、力強いフットワークで駆け上がってきた。ラストは少し疲れたが、いつもの最終追い切り時より全体時計が速いことを加味すれば、止まり方はマシなほう。この馬の動きとしては上等の部類にある。

ハッピーグリン【D】
栗東坂路単走。序盤の行きっぷりは悪くなかったが、手前の切り替えに手を焼き、バランスを崩すシーンも。結局、手前1本のまま引っ張り、しまいの伸びを欠いてしまった。良化途上の感は否めず、今回は様子見が妥当とみる。

グランアレグリア【A】
美浦南W併走。ほぼ馬任せで僚馬に追いつき、そこで折り合いをつけると、余力を残したまま相手にペースを合わせる形でゴールした。弾力性に富んだフォームでストライドを伸ばす姿は見ごたえ十分。落ち着きもあり、状態の良さがうかがえる。好ムード。

アドマイヤビルゴ【C】
栗東CW併走。コーナーを出る際、手前の切り替えにモタついたところは減点材料。その後はリズム良く運んでいたものの、僚馬の前に出ると気を抜いてしまったのか、脚勢が落ちてしまい詰め寄られてゴール。能力を感じる一方で、操縦性の難しさも垣間見えた内容だった。


【調教予想からの注目馬】
A判定は2頭。トップは⑦コントレイルとする。坂路とCWで調整を重ね、好時計を連発。とりわけ、CWで6ハロン自己ベストを叩き出した1週前追いの内容は秀逸だった。仕上がりに不足はなく、変に後方の位置で構え過ぎなければ上位好走の公算大とみる。

2番手は⑫グランアレグリア。1週前は先行して後ろから僚馬に抜かせる内容、今週は追走して並ばせる形と2パターンの併走追いを消化。ともに気負うことなく、テンポのいい走りを披露した。内回りの2ターン、レース当日の天気などの未知・不確定要素はさておき、ここ目標にきちんと準備を整えてきた印象を持つ。

<注目馬>
コントレイル グランアレグリア

[もっと見る]

【大阪杯】厩舎の話 2021年4月2日(金) 04:56

 ◆アドマイヤビルゴ・岩田望騎手「反応が良くいい状態。チャンスをものにしたいですね」

 ◆アーデントリー・川村師「状態はいいです。乗りやすい馬で、どんな競馬もできます」

 ◆カデナ・中竹師「バネのある動きですごく充実している。舞台も合っている」

 ◆グランアレグリア・ルメール騎手「落ち着きが出て道中も我慢できるようになっている」

 ◆クレッシェンドラヴ・林師「メンタルやハミ受けは改善。雨は降れば降るほどいいですよ」

 ◆コントレイル・安藤助手「休み明けでGIは昨年に経験。今回に生きてくると思う」

 ◆サリオス・堀師「手前の替えも良化。今までで一番スムーズに調整できている」

 ◆ハッピーグリン・清水助手「使って確実に上向いています。距離短縮もプラスですね」

 ◆ブラヴァス・友道師「具合は本当にいい。ある程度の位置で運ぶ形が理想になる」

 ◆ペルシアンナイト・池江師「跳びが大きく馬場が鍵。今は2000メートルくらいの方がいい」

 ◆モズベッロ・森田師「動きも抜群でグングン調子は上がっている。何とか上位へ」

 ◆レイパパレ・高野師「本当にいい仕上がり。負けていないし可能性を秘めている」

 ◆ワグネリアン・友道師「好調キープを感じさせる動き。この舞台も一番いいと思う」



大阪杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

アーデントリーの関連コラム

閲覧 1,445ビュー コメント 0 ナイス 3



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


4月4日(日)阪神11R 第65回大阪杯(4歳以上G1、芝2000m)


コントレイル(A)4ヶ月
休み明けだが、この中間の動きを見ると追われるごとに動きが良化。疲れを気にしながらの前走時と比べると、今回は馬もリラックスしている感じで状態は前走以上。

グランアレグリア(A)4ヶ月半
初の2000m戦と言うことで、今回この馬にとって一番の課題が折り合い面だろう。その点、この中間の調教の動きを見てみると、単走でも前に馬を置いているケースでも前走時の調教で見せていたような、カァーと行きたがるようなところはなくなり気性面での変化は感じられる。トレセンでの乗り込み量も多く、藤沢流の調教内容で距離克服も十分期待できそう。

サリオス(A)4ヶ月半
大きな馬だが休み明けでの実績はあり。松山騎手が騎乗した1週前追い切りの動きを見ても、重め感なく仕掛けられてからの反応も良好で仕上がり良さそう。

ワグネリアン(E)中6週
休み明けを一度使われてこの中間も乗り込まれているが、まだピリッとしない感じで動きが重い。1週前追い切りでも持ったままの併走相手に手綱をしごいてやっと併入といった動きで、まだまだ本来の姿ではない。

ペルシアンナイト(D)中2週
近走の調教を見ると、速い時計は出ていても良い時のような押さえきれないくらいの手応えがなく、走りを見ても馬体が伸びきってしまっていて力強さがない。

ブラヴァス(D)中2週
前走時、この中間と1週前にDPコースで追われていて、CWで力強い動きを見せていた好調期の状態にはない。

クレッシェンドラヴ(B)3ヶ月半
昨秋は全体的に物足りない調教内容が多かったが、この中間は好時計も出ている。しぶとさが印象的だった1週前の動きを見ても、状態は上向きに感じる。

レイパパレ(B)4ヶ月
2戦目以降はすべて1週前追い切りに合わせるようにトレセンに帰厩しての調整で、この中間もこれまでのコピーを見ているような坂路での調整内容。1週前追い切りの映像を見ても小柄な馬なので太め感はなく、軽い走りで仕上りは良さそう。前走ではかなり行きたがる面を見せていたので、直前はテンションを上げないようにソフトな追い切りが理想。

アドマイヤビルゴ(C)中10週
小柄な馬でこの中間も乗り込み量は豊富。ただ、全体的に時計がかかっていて、1週前は終いの伸び脚が物足りない動きだった。

モズベッロ(B)中6週
近走の追い切りでは走りに力強さがなく、終いの伸びに不満の残る内容が続いていたが、今回の1週前追い切りでは力強さがあって走りがしっかりした姿を披露。変わり身があるかもしれない。

カデナ(B)中5週
昨年同様に小倉大賞典からの参戦。この中間の調教内容についても、坂路で乗り込まれてほぼ昨年と同じような調整。1週前の動きを見ても力強さがあり、出来は良さそう。

アーデントリー(D)中3週
オープン2着の前走時も特に目立つ時計が出ていた訳ではないが、この中間も坂路での時計は物足りず。一気の相手強化になるので厳しい戦いが見込まれる。

ハッピーグリン(C)中6週
長期休養明けを一度使われてこの中間は坂路中心に乗り込まれている。1週前追い切りでは重心が低い走りを見せていて、叩き2戦目での上積みはありそう。


※このコラムからの推奨馬はグランアレグリアコントレイルの2頭をあげておきます。



◇今回は大阪杯編でした。
乗馬に毎週通っていた頃は、小柄なポニーから大きな元競走馬までいろいろな馬に乗せてもらいました。馬も人間と一緒でそれぞれ個性があり、重い馬もいれば軽い馬もいて硬い馬もいればクッションの効いた柔らかい馬もいたりします。人によっては1頭の馬を極めるという方もいれば、私のように毎回違う馬に乗ることを楽しみにしている人もいて、楽しみ方もまた様々。
現役の競走馬に乗る機会はまずないので、あの馬の乗り心地はどんな感じなんだろうと思うこともあります。ジョッキーの間でも、「調教だけでもあの馬に乗せてもらいたい」といった声があるなんて話を聞くこともたまにありますが、その気持ちも何となく分かる気がします。今年の大阪杯も頭数は多くはありませんが好メンバーが揃いました。皆さんはどの馬に乗ってみたいと思いますか。
JRAの公式チャンネルにはこんな調教VR動画があります。名馬に乗った気分を体験してみてはいかがでしょうか。

アーモンドアイ

<https://www.youtube.com/watch?v=LByE6QYa7I4&t=4s>

コントレイル

<https://www.youtube.com/watch?v=0Y1hWUazOX0>

デアリングタクト

<https://www.youtube.com/watch?v=wxtqsZZRyec&t=7s>

おまけ(ハートビートVRチャンネル)
https://www.youtube.com/channel/UCzo43ELm685yflR3hNbsROw

それでは次回、桜花賞編でお会いしましょう。


大阪杯出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年3月8日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2019年03月08日
閲覧 1,365ビュー コメント 0 ナイス 2

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2019年3月9日()の凄馬!>
極凄馬
阪神9R ゆきやなぎ賞
アーデントリー(+5.2)

超凄馬
中京4R 3歳未勝利
ヴィーゲンリート(+3.0)

超凄馬
阪神3R 3歳未勝利
クラウドスケープ(+3.0)

超凄馬
阪神8R 阪神スプリングJ G2
オジュウチョウサン(+2.8)

超凄馬
中山12R 4歳以上1000万以下
レッドフレイ(+2.6)

超凄馬
中京6R 4歳以上500万以下
クインアマランサス(+2.6)

超凄馬
中京7R 4歳以上500万以下
アウステルリッツ(+2.1)

超凄馬
阪神6R 4歳以上500万以下
ドラグーンシチー(+2.0)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率68%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2019年3月10日、集計数:34,370レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください

[もっと見る]

2018年8月30日(木) 13:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2018札幌2歳ステークス&小倉2歳ステークス編
閲覧 1,293ビュー コメント 0 ナイス 4



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はAA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


9月1日(土) 第53回 札幌2歳ステークス(G3、2歳 芝1800m)

【JRA所属馬:15頭】(フルゲート:14頭)

ラブミーファイン(前走440㎏±0、中5週)<B>
前走時は軽めの追い切り1本での出走だったが、この中間は2週前から時計を出して1週前には強めに追われている。そして直前の日曜日には併せ馬で先着と、調整は順調。

アフランシール(前走474㎏、中6週)<B>
新馬戦時は美浦で入念に乗り込まれ、函館での最終追い切りでも力強い伸び脚でかなり良い仕上がりに映りAA評価で本命◎を打った馬。結果も期待通りの1着となった。この中間は札幌で調整されていて、1週前には芝コースで内に併せて先着。間隔もあって、牝馬なので1週前に強めにビシッと追ってほしい感じもするが、前走時のように最終追い切りの動きが良ければ問題はなさそう。

ウィクトーリア(前走462㎏、中5週)<B>
前走時は美浦で乗り込まれ、函館に移動してからは2本時計を出して臨んだ一戦。まだ時計的には物足りない感じもしていたがレースでは1着。この中間は、1週前に藤田菜七子騎手が騎乗しての札幌ダートコースでの追い切りで、3頭併せの内で2頭に先着と引き続き調子は良さそう。

エメラルファイト (前走446㎏、2ヶ月半)<A>
新馬戦時の調教では石川騎手騎乗で好時計をマーク。ただ、時計は出ていたものの終いの時計が掛かっていたことから少し評価を下げていたところ、レースでは直線で抜け出してクビ差押さえての勝利。この中間は函館で順調に乗り込まれ、日曜日には札幌ダートで強めに追われて好時計。全体時計に加えて終いの時計も出るようになってきていて、上積みがありそうな感じ。

クラージュゲリエ(前走468㎏、中4週)<B>
前走時は栗東で好時計が出ていて、札幌移動後も芝、ダートで併せて先着と仕上がりが良さそうだったので本命視◎。レースでも期待に応えてくれて新馬勝ち。そして、この中間は1週前に芝コースで併せて強めに追われている。前走時とはコースが違うが、内容的には同じような評価を与えられるもので、前走時の状態をキープできているとみていいだろう。

クリスタルバローズ(前走460㎏、2ヶ月)<E>
前走時は美浦で乗り込まれてなかなかの時計も出ていたので△評価(新馬V)。この中間は札幌に移動しての調整で、時計的には前走時と比べると物足りない内容が多い。

トーセンギムレット(前走508㎏+2、中2週)<D>
前走時は速い時計も出ていて併せ馬でも先着と、新馬戦時以上の出来とみていい仕上がりも4着。レースは、前に行った馬が残る展開を中団から終い最速の上りの脚を使うも届かずといった内容だった。この中間は、馬なりで軽めの調整とここ2戦と比べるとかなり物足りない印象。

ナンヨーイザヨイ(前走464㎏+2、中5週)<D>
前走時は動きが素軽くなったように見え、良化は窺えたものの時計が物足りずで、レースでも人気を裏切る内容に終わった。この中間も時計的に物足りず変わり身が感じられない。

セントセシリア (前走386㎏-6、連闘)<D>
もともと入厩してから少ない本数で出走する厩舎で、馬自体かなり小柄で仕上げやすいこの馬。ただ、デビューから中2週、連闘での出走で疲れが出てきて当然の状況ゆえ、出走してきても状態面での不安はつきまとう。

ダディーズマインド (前走472㎏±0、2ヶ月)<D>
新馬戦時の調教から終いの時計が掛かるところがある馬。使われて少しずつ時計を詰めてきているが、この中間もまだ全体時計に比べると終いの時計は掛かり気味で大きく変わってきている感じはない。

テイエムバリバリ (前走452㎏+4、中5週)<F>
新馬戦時も前走時も時計は物足りなかったものの、併せ馬では先着していてそのあたりの勝負根性が前走の未勝利勝ちにつながった印象。この中間も相変わらず時計は平凡で、直前輸送での出走となるのでかなり厳しい戦いになりそう。

トーラスジェミニ(前走458㎏+2、中2週)<D>
新馬戦時の追い切りでは悪くない時計が出ていたので走らない馬ではないとは思うが、7月に3戦して前走未勝利勝ちから、この中間速い時計を出していない点は割引。しかも、直前輸送での出走となるので状態面での不安は大きい。

ニシノデイジー (前走476㎏-2、中5週)<B>
新馬戦時は3週連続併せ馬で先着していたものの、時計は物足りず無印評価(2着)。その後中1週で出走した前走は、函館Wで好時計をマークして臨みしっかり人気に応えての未勝利勝ち。この中間も間隔に余裕があるとはいえ、しっかりと乗り込まれているし、1週前段階で前走時くらいの好時計が出ていて、さらなる上積みが見込めそうな感じ。

ハクサンタイヨウ (前走462㎏、中3週)<D>
新馬戦時の調教では終いの時計がかなり掛かっていてD評価の無印。その後前々走、前走と函館Wで良い時計が出るようになってきて、前走時は◯印評価で未勝利を突破した。すでに3戦していて、この中間は中3週あるものの前走ほど目立つ時計は出ていないことから、前走時の状態をキープするだけでいっぱいといったところか。

ラバストーン(前走458㎏-2、中1週)<D>
前走は6戦目にして最低人気での未勝利勝ち。特にカリカリする馬ではないので、前走時のパドックでも使い詰めの割には好馬体に映った。だが、見えない疲れもかなりあるハズで......。

【地方馬:1頭】

ナイママ(前走436㎏-10、中2週)<C>
門別でのデビュー前の能力検査では、首が高い印象がありC評価としたが圧勝のデビュー勝ち。これまでのレースはすべて外を回って自分で勝ちに行くレースをしていて、着差以上に強い内容。ただ、その分目いっぱいに走っているということもあってか前走時も-10㎏で馬体も細く見せており、疲れがあるのではないかと思う。




9月2日(日) 第38回小倉2歳ステークス(G3、2歳、芝1200m)

【登録頭数:16頭】

シングルアップ(前走436㎏-10、中2週)<C>
新馬戦時は乗り込まれてはいたものの、特に目立つ時計は出ていなかったので無印(1着)。前走時は1週前、最終追い切りとCWを長めから好時計が出ていてかなり良い調教内容だったため◎評価でレースでも1着。この中間は間隔が詰まっているため1週前追い切りは特に目立たない内容なので、最終追い切りでどれだけビシッと追って仕上げてくるかに注意したい。

カシノティーダ(前走486㎏+4、連闘)<B>
九州産馬限定戦を3戦使われているが、馬体も増えていて、調教時計も使われる毎に良くなっていて、レースタイムも詰めていて、とこの勢いだと連闘でも軽視できないくらい不気味なところがある。

アズマヘリテージ(前走448㎏、中1週)<D>
新馬戦の前走時は、毎回坂路で好時計が出ていて終い切れそうだったので◎で1着。この中間、速い時計が出ていない点はマイナス材料になるが、それ以上に最終追い切りでどんな時計でどんな動きを見せるかに注目したい。その内容次第では評価が変わる可能性もあり。

アーデントリー (前走436㎏±0、中2週)<C>
新馬戦時はレース週に速い時計を出していなかったため無印評価も1着。◎馬が出遅れてモタモタしたレースをしたこともあり、こちらはスムーズなレースができたことが勝因だろう。前走時も軽めの調整で、この中間も坂路で乗られているが速い時計はなしと、高く評価する材料はない。

エイシンノホシ(前走464㎏、中2週)<C>
新馬戦時は坂路で好時計が出ていて、早めに小倉入りして仕上がり良好(◎評価で1着)。この中間も小倉に滞在しての調整で、強めには追われていないものの長めから速い時計を出していて何とか状態をキープできている感じ。最終追い切りで強めに追って好時計が出るようなら、“平行線”以上の状態かもしれないが。

ジャカランダシティ(前走444㎏、2ヶ月半)<C>
前走(新馬戦)時は2週前、1週前と強めに追われて直前2本は馬なりと仕上がりが良さそうだったので◎評価とし1着。この中間はローテーションに余裕があり、乗り込まれているが2週前、1週前追い切りは前走時と比べると物足りない内容に映る。

タムロドリーム (前走466㎏、中2週)<B>
前走時は乗り込み量こそ少なかったものの、かなりの好時計をマークしており、素質を感じさせる内容だった(◎評価で1着)。この中間は1週前に坂路で速いタイムをマーク。これで最終追い切りでも速い時計を出してくるようなら、前走のような仕上がりで出走できそう。

チュウワフライヤー(前走500㎏+4、中2週)<A>
新馬戦そして前走と1週前に坂路で好時計が出ていて、ともにA評価◯印で1着、2着。初芝の前走でも、直線で伸びて逃げた勝ち馬と差を詰めていて問題のない走りだった。この中間も1週前の坂路で好時計が出ていて状態は良さそう。大きな馬なので最終追い切りでビシッと追って好時計が出るようなら好勝負できそう。

ファンタジスト(前走448㎏、中6週)<AA>
新馬戦時は乗り込まれて良い時計は出ていたものの、終いの時計が物足りなかったのでCC評価で×印も結果は1着。この中間はローテーションにも余裕があり2週前、1週前と前走時とは比べ物にならないくらい良い時計が出ていて、1週前の段階でかなりの好仕上がりを窺わせる。前走を一度使われての上積みが十分感じられる内容なので、これなら最終追い切りは馬なりでも良いくらい。

ブルベアオーロ(前走446㎏、中4週)<D>
初戦は併せ馬で毎回先着していて、時計も追われるごとに詰めていたのでA評価◎印で1着。この中間は併せ馬では先着しているものの、特に1週前の追い切りは時計がかかり過ぎていて前走時と比べると物足りない。

ミヤジシルフィード(前走484㎏、中3週)<D>
前走時は2週前、1週前と和田騎手騎乗で好時計が出ていて仕上り良好(BA評価◎印で1着)。この中間も1週前に和田騎手騎乗で追われたものの、終いの時計がかなり掛かり、併せ馬でも遅れるなど、前走時と比べると物足りない。

セプタリアン (前走476㎏-2、2ヶ月)<B>
新馬戦時は直前にCWと坂路で好時計が出ていて、仕上り良くB評価◯印で2着。2戦目の前走時は、競馬場のパドックで直接見る機会があり上積みを感じる好馬体を覗かせていた(相手も楽だったこともあるがA評価◎印で1着)。この中間は乗り込み量も豊富で、1週前追い切りでは長めから好時計が出ていて順調に調整されている。

タガノジェロディ(前走454㎏-4、中5週)<D>
新馬戦時は乗り込み量が少なかったものの、この厩舎独特の仕上げということも鑑みB評価▲印で3着。この中間は日曜日に速い時計を出しているが、終いの時計がかかっていて少し物足りない。

ルチアーナミノル (前走478㎏-4、中3週)<C>
新馬戦時は長めから乗られ、1週前追い切りでは武豊騎手騎乗で一杯に追われて好時計と好仕上がり(BA評価◯印で2着)。前走勝ち上がり後のこの中間は、好時計こそ出ているものの1週前追い切りでは併せ馬で遅れていて、これまでの2戦と比べるとやや物足りない。

ステイグリーン(初出走)<C>
今回が初出走で、これまでの調教内容を見るとこの厩舎らしく坂路で速い時計を出していて悪くはない内容。ただ乗り込み量はそれほど多くはなく、このくらいの時計は普通に出す厩舎なのでそれほど高い評価までは与えられない。

セイウンコービー(初出走)<D>
この馬も今回が初出走。調教内容を見ると坂路だけではなくコースでも追われているが、時計的には少し物足りない。




◇今回は札幌2歳S小倉2歳S編でした。
今週は札幌、小倉で2歳重賞が行われます。滞在競馬と輸送競馬という、それぞれ違う形で行われる2歳重賞ですが、新馬戦の予想に関してもそれぞれに特徴があり、違いがあります。まず函館、札幌の新馬戦は、ご存知の通り函館、札幌で追い切られて出走する馬がほとんどで、牧場から直前に競馬場に入る馬もいて調教時計もトレセンでのものと比べると物足りないところがあります。ただ一方で、調教VTRが年々増えていて確認できるようになってきているので、あまり何かにこだわり過ぎずある情報を上手に使って予想していくのが良いのではないかと感じています。
逆に小倉の場合は、ほとんどが関西馬で栗東での追い切りが中心。そして、特に近年手頃な頭数で行われることが多い芝1200m戦は、1頭1頭時間をかけてチェックすることができるため、新馬戦の当てやすさでは随一。1年を通してもこの夏の小倉芝1200m戦が一番当てやすいと言っても過言ではありません(今回このコラムで出走全頭の新馬戦を振り返った際に、特に小倉の芝1200m戦は◎にした馬がほとんど勝っていたので自信をもって言ってみました^^;)。ただ、個人的にはもう少し上手に馬券を買っていればという反省が同時にあります。常に新しい何かを求めていくことと型にはめて安定させたい気持ちの両方があり、馬券の買い方というのはやはり難しいものだなぁと痛感させられる今日この頃です。

それでは次回、サマー2000シリーズ新潟記念編でお会いしましょう。


札幌2歳ステークス小倉2歳ステークス出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。

※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

アーデントリーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 131ビュー コメント 0 ナイス 11

レイパパレが無敗で古馬芝G1勝つと18年振りだっけな、そんなツイートを昨日見ました

グランアレグリアを倒すなら前残りかなと。阪神競馬場当日雨の予報なのと、今回逃げ馬不在でスローペースになりそうなので前から行くレイパパレにしました。レイパパレは馬体重的にも軽くて向いてそうです。岩田息子のアドマイヤビルゴも道悪経験は無いけど馬体重的には道悪適性ありそうですね

レイパパレ単勝とレイパパレとグランアレグリアからの三連単にしました。レイパパレ→クレッシェンドラヴ→アーデントリーなら367万です

※私は馬体重軽いと道悪得意という持論を持っています。統計的には調べていないので知りません

 しんすけ49 2021年4月3日() 17:08
大阪杯
閲覧 237ビュー コメント 0 ナイス 17

こんちゃ!

今日はタコ助・ノーホーラだった。

今日もかな?

メインのレイエンダに至っては・・・、

どうしちゃったんだろ?

と言う訳で天気もはっきりしないまま、雨との予報を信じて予想しましたよ。

また明日に変わるかも?でございますが、少し遊びも混ぜてみました。

阪神11R 大阪杯

◎②サリオス
〇⑦コントレイル
▲⑫グランアレグリア
△③アーデントリー
△⑤ペルシアンナイト

馬連②―③・⑤・⑦・⑫への4点。
馬単②ー⑦・⑫と②ー③・⑤への4点。
三連複②・⑦ー③・⑤・⑫への3点。
三連単②ー⑦ー③・⑤・⑫への3点。

皐月賞での着差からまだ勝負付けは終わってないと思うんだよね。前走はデムさんの下手乗りのせい。
騎乗停止前なんで気合入っているだろう松山騎手が前目に付けられれば先行押切が出来そうな。
これがあたいの夢馬券。夢にならない組み合わせもあるけどね。

昨年も当てたレースなんでここで今年のGI初勝利と行きたいものですな♪

他のレースも見てるのだけれど今のところ買いたいレースが見つからない。

勝っても1~2レースかな?

[もっと見る]

 ナリタブライアン 2021年4月3日() 01:46
2021年春G1馬当て 第3戦大阪杯 
閲覧 354ビュー コメント 12 ナイス 47

先週の宮杯は、残念ながら的中者なし(>_

[もっと見る]

⇒もっと見る

アーデントリーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

アーデントリーの写真

アーデントリー
アーデントリー
アーデントリー

アーデントリーの厩舎情報 VIP

2021年4月4日大阪杯 G17着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アーデントリーの取材メモ VIP

2021年4月4日 大阪杯 G1 7着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。