メイケイダイハード(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
メイケイダイハード
写真一覧
現役 牡6 鹿毛 2015年4月14日生
調教師中竹和也(栗東)
馬主名古屋競馬 株式会社
生産者浦河小林牧場
生産地浦河町
戦績32戦[5-1-2-24]
総賞金10,211万円
収得賞金4,350万円
英字表記Meikei Die Hard
血統 ハードスパン
血統 ][ 産駒 ]
Danzig
Turkish Tryst
メイケイソフィア
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
ガンアンドローズ
兄弟 アイルショウユーソフィアエレガンテ
前走 2021/01/05 スポニチ賞京都金杯 G3
次走予定

メイケイダイハードの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/01/05 中京 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 163533.11011** 牡6 55.0 酒井学中竹和也556(+6)1.33.9 0.834.4⑥⑦⑦ケイデンスコール
20/11/22 阪神 11 マイルCS G1 芝1600 1735466.91511** 牡5 57.0 酒井学中竹和也550(+10)1.33.0 1.033.9⑧⑧グランアレグリア
20/09/13 中山 11 京成杯AH G3 芝1600 1681591.71615** 牡5 55.0 酒井学中竹和也540(+8)1.35.1 1.235.8⑫⑨⑨トロワゼトワル
20/08/16 新潟 11 関屋記念 G3 芝1600 183548.51212** 牡5 56.0 石橋脩中竹和也532(-6)1.34.3 1.235.7④⑥サトノアーサー
20/07/19 阪神 11 中京記念 G3 芝1600 18714163.0181** 牡5 53.0 酒井学中竹和也538(+6)1.32.7 -0.034.8⑪⑦ラセット
20/05/30 東京 11 欅ステークス OP ダ1400 1651023.11011** 牡5 56.0 坂井瑠星中竹和也532(-10)1.25.2 1.837.0⑩⑩トップウイナー
20/05/09 新潟 11 谷川岳S (L) 芝1600 1681662.91311** 牡5 56.0 柴山雄一中竹和也542(0)1.34.1 0.633.7⑦⑦アストラエンブレム
20/01/05 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 1835238.41810** 牡5 53.0 柴山雄一中竹和也542(-4)1.35.1 1.134.9⑫⑫サウンドキアラ
19/12/07 阪神 11 リゲルS (L) 芝1600 164826.5910** 牡4 56.0 池添謙一中竹和也546(+18)1.34.1 0.835.6ストロングタイタン
19/11/10 東京 11 オーロカップ (L) 芝1400 1881736.91212** 牡4 53.0 鮫島克駿中竹和也528(-8)1.20.7 0.634.4⑩⑧テトラドラクマ
19/10/06 新潟 11 信越S (L) 芝1400 1751026.6114** 牡4 53.0 勝浦正樹中竹和也536(0)1.21.4 0.135.5アルーシャ
19/09/16 阪神 11 JRAアニバ 3勝クラス 芝1400 94431.681** 牡4 53.0 松若風馬中竹和也536(-2)1.20.4 -0.034.1ムーンチャイム
19/08/31 小倉 11 北九州短距離 3勝クラス 芝1200 1781525.61013** 牡4 54.0 松若風馬中竹和也538(+4)1.08.7 0.534.0⑮⑭メイショウカズヒメ
19/07/20 函館 11 函館日刊S杯 3勝クラス 芝1200 1681572.91310** 牡4 57.0 柴山雄一中竹和也534(+2)1.09.0 0.434.3⑩⑨ハウメア
19/06/29 函館 11 TVh杯 3勝クラス 芝1200 161224.5813** 牡4 54.0 柴山雄一中竹和也532(-4)1.09.2 0.735.1パラダイスガーデン
19/04/20 京都 11 彦根S 1600万下 芝1200 1471248.81212** 牡4 57.0 鮫島良太中竹和也536(+4)1.08.6 1.334.1レッドアンシェル
19/04/06 福島 11 吾妻小富士賞 1000万下 芝1200 15344.911** 牡4 57.0 柴山雄一中竹和也532(-2)1.08.9 -0.134.4⑦⑦ニシノラディアント
19/02/17 小倉 12 紫川特別 1000万下 芝1200 184715.468** 牡4 57.0 秋山真一中竹和也534(-16)1.09.0 0.334.5⑧⑨ミラアイトーン
19/01/19 京都 9 祇園特別 1000万下 芝1400 113348.486** 牡4 56.0 秋山真一中竹和也550(+16)1.22.5 1.035.5ダイアトニック
18/12/15 中京 11 中京日経賞 1000万下 芝1200 186118.1516** 牡3 56.0 富田暁中竹和也534(+8)1.09.8 1.434.3⑪⑩グランドボヌール

⇒もっと見る


メイケイダイハードの関連ニュース

【スポ京都金杯】厩舎の話

2021年1月4日(月) 04:54

 ◆エントシャイデン・宮内助手「久々の前走は太め残りだった。体も絞れてきたし、浮上のきっかけをつかみたい」

 ◆ケイアイノーテック・平田師「予定通りここまでこられた。もう6歳で調子の変動もないし、安定していい状態」

 ◆ケイデンスコール・安田隆師「しまい重点で。いつものことですが稽古の動きはいいので、競馬につながれば」

 ◆サトノアーサー・兼武助手「状態は変わりない。スムーズに運べればと思うけど、中京は直線に坂があるのがどうか」

 ◆シュリ・兼武助手「年末に坂路で51秒台(51秒4)。馬場が悪いなか、しっかり動けていたし力をつけてきた。初めての重賞挑戦でも」

 ◆スマートオーディン・兼武助手「前走の感じなら1ハロン延長は問題ない。ラストランだし、しっかり走ってほしい」

 ◆タイセイビジョン・余田助手「状態はいいですね。体もどっしりして、幅がでてきました。ペースが流れてほしい」

 ◆トリプルエース・斉藤崇師「(前走から)間隔はあいていないですが、疲れもないですし、順調にきました」

 ◆ピースワンパラディ・大竹師「30日にやっているので、しまいだけ。56キロのハンデも想定内。ここで結果を出せれば先々が楽しみ」

 ◆ブラックムーン・西浦師「往年の切れ味というわけにはいかないけど肉体的な衰えは感じないし、展開次第では」

 ◆ボンセルヴィーソ池添学師「寒い時期は合う馬で、気配は上々。脚質に幅が出ているし、中京も合う」

 ◆メイケイダイハード・柴田助手「力をつけてきているし、距離も直線の長いコースもいい。適度に時計がかかるようなら…」

 ◆レッドアネモス・友道師「(12月)31日に坂路でやったのが実質的な追い切り。動きはいい」

 ◆レッドガラン・安田隆師「前走で1600メートルに対応したものの伸び負けしたので、ペースが流れてほしいところです」

 ◆ロードマイウェイ・杉山晴師「上積みがありますし、順調。本質的にワンターンの方がいい。展開が向いてくれれば」

★京都金杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

【スポ京都金杯】レース展望 2020年12月28日(月) 15:49

 西の中央競馬開幕を告げるのは第59回京都金杯(1月5日、GIII、中京、芝1600メートル)。例年、京都競馬場で行われるが、改修工事の影響で2021年は中京競馬場で行われる。

 ピースワンパラディ(美浦・大竹正博厩舎、牡5歳)はこれまで12戦して馬券圏外が2度と抜群の安定感が魅力。その2度が重賞である点は不安材料だが、マイルに距離を短縮してからは、リステッドとはいえ1勝、2着1回と実力は確か。好相性の左回りのマイル戦なら重賞でも好勝負は必至だろう。初めてコンビを組む昨年の三冠ジョッキー福永騎手を背に、連勝で重賞初制覇を目指す。ハンデの56キロは実績を考えれば見込まれた感もあるが、克服してもらいたい。

 注目の上り馬シュリ(栗東・池江泰寿厩舎、牡5歳)が相手候補の筆頭。昨年2月以降は5戦4勝。納屋橋SとリゲルSを連勝中で、毎レースしっかりと脚を使ってくる点が武器だ。5歳で9戦目とフレッシュな点は魅力。ハンデは56キロを課せられたが、3連勝で2021年マイル路線の主役に躍り出るか注目だ。

 重賞2勝馬のタイセイビジョン(栗東・西村真幸厩舎、牡4歳)も侮れない。マイルCSでは14着と大きく敗れているが、19年の朝日杯FSサリオスの2着とポテンシャルの高さは、今回のメンバー中でもトップクラス。昨年春に斤量56キロでアーリントンCを勝っており、56キロのハンデが堪えることはないだろう。

 関屋記念の勝ち馬サトノアーサー(栗東・池江泰寿厩舎、牡7歳)は再び坂井騎手とコンビを組む。前走の富士Sでは1番人気に推されながらも、自慢の鋭い末脚は不発に終わり9着に敗れた。実力を発揮できれば、重賞3勝目が見えてくるだろう。ハンデの57・5キロは微妙に重い印象で、克服できれば。

 ケイアイノーテック(栗東・平田修厩舎、牡6歳)は2018年のNHKマイルC以来、勝利から遠ざかっているが、昨年の春頃から復調気配を見せている。前走のマイルCSは13着と大きく敗れたが、GIIIのここならチャンスはある。実績を考えればハンデ57キロは仕方がないだろう。

 レッドガラン(栗東・安田隆行厩舎、牡6歳)は距離を短縮したリゲルSで上り3ハロン33秒3の脚を繰り出して、0秒2差の3着に入った。引き続きこの距離なら期待できる。

 レッドアネモス(栗東・友道康夫厩舎、牝5歳)は昨年のクイーンSで11番人気の低評価を覆して勝利した。続く福島記念は14着に敗れたが、2ハロンの距離短縮で前進なるか。

 キャピタルS2着のロードマイウェイ(栗東・杉山晴紀厩舎、牡5歳)や、自己条件を連勝中のトリプルエース(栗東・斉藤崇史厩舎、牡4歳)、中京記念1、2着のメイケイダイハード(栗東・中竹和也厩舎、牡6歳)とラセット(栗東・庄野靖志厩舎、牡6歳)などにも注意を払いたい=年齢は全て来年の表記。

★京都金杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【スポーツニッポン賞京都金杯】特別登録馬 2020年12月27日() 17:30

[もっと見る]

【マイルCS】レースを終えて…関係者談話 2020年11月23日(月) 04:48

 ◆高橋亮調教師(スカーレットカラー4着)「最高に乗ってくれた。GI馬が多いなかで、よく頑張ってくれた。これが引退レース(米国で繁殖入り)だったのでよかったです」

 ◆戸崎騎手(ヴァンドギャルド6着)「課題のゲートも出て、外枠でもいい位置を走れた。直線も伸びているが、前の馬には届かなかった」

 ◆大野騎手(ペルシアンナイト7着)「しっかり反応して、いい走りをしてくれたが、前半が思ったより落ち着いた流れ。そのぶん、前々の馬の結果になった」

 ◆北村友騎手(レシステンシア8着)「いいスピードで4コーナーから直線に向いたが、そこからの反応がピリッとしなかった。成長もしていたが、思ったより粘れませんでした」

 ◆藤岡佑騎手(ベステンダンク9着)「枠を生かして上手に立ち回れた。馬はよく走っているが、途中から一気に流れが速くなって…」

 ◆松山騎手(サウンドキアラ10着)「内で流れに乗りたかったんですが…。でも、牡馬相手に良く頑張っています」

 ◆酒井騎手(メイケイダイハード11着)「行きっぷりが良く、正々堂々の競馬。当日輸送も合うし、普通の重賞ならやれそうな雰囲気」

 ◆藤岡康騎手(アウィルアウェイ12着)「馬場を考えて、いつもより少し前めで運んだ。それでも上がりの速いレースになったので…」

 ◆津村騎手(ケイアイノーテック13着)「自分の競馬に徹して、ラストも伸びているが、上位が強かった」

 ◆石橋騎手(タイセイビジョン14着)「具合は良かったし、いい形で直線に向いたが、そこからがつらくなった」

 ◆武豊騎手(ラウダシオン15着)「思い通りのレースはできたが、これだけ上がりが速いとつらいのかな」

 ◆幸騎手(ブラックムーン16着)「(後方から)自分の競馬をして、脚が止まっているわけではないんですが…」

 ◆池添騎手(カツジ17着)「好位で自分のやりたい競馬はできたが、4コーナー手前で苦しくなった」



★22日阪神11R「マイルCS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【マイルCS】最新ナマ情報 2020年11月22日() 04:52

◆好枠から一発〔1〕ベステンダンク

 スワンS8着から巻き返しを狙う8歳馬は、朝一番の栗東坂路で4ハロン73秒2をマークし息を整えた。安達調教師は「追い切り後も変わらず、順調にきています。枠もいいところなので、力を出し切ってくれればいいと思います」と語った。



◆大一番へ順調「力は出せる」〔2〕レシステンシア

 2度目のマイルGI制覇に向け、栗東CWコースをサッと流して最終調整を終えた。金濱厩務員は「何事もなく、順調にきました。休み明け、初めての古馬相手にどうかも、力は出せると思う。まずは無事にと思うけど、結果がついてきてくれれば」と力を込めた。



◆活気ある動き〔3〕ケイアイノーテック

 一昨年のNHKマイルC覇者は、栗東坂路で活気十分に4ハロン65秒9-14秒7をマーク。平田調教師は「とにかく元気が良くて、使って良くなっているよ。競馬でも自分で動いていけるようになった。強いのが2頭いるけど、どこまでやれるか」と一発を狙う。



◆阪神で激走だ〔5〕メイケイダイハード

 阪神芝で3勝を挙げるコース巧者は、栗東の角馬場で体をほぐしてからEコースへ。柴田助手は「変わらずにきていて好調をキープしている。重賞を勝った得意な条件でどこまでやれるか。上がりがかかってくれれば」と願った。



◆ゲートが鍵も偶数枠に安堵〔6〕ラウダシオン

 今年のNHKマイルC勝ち馬は栗東Eコースから坂路に向かい、4ハロン64秒1-15秒3と軽快に駆け上がった。斉藤崇調教師は「ここまで思い通り、順調にきています。きのうのゲート練習では何ともなかったけど、本番は心配が残るので、偶数枠で本当に良かったです」とうなずいた。



◆自信の仕上げ〔7〕アドマイヤマーズ

 マイルGI3勝馬は栗東角馬場を経てCWコースを活気十分に駆け抜けた。大江助手は「非常にリラックスした中で集中もできていて、動きに軽やかさがありますね。ひと叩きした方が走れていて、自信を持ってレースに臨めます」と新たなタイトルを狙う。



◆「具合はいい」連覇見据える〔8〕インディチャンプ

 昨年の最優秀短距離馬は栗東坂路に入り、ほどよい気合乗りで4ハロン63秒3-15秒7を計時。音無調教師は「具合はいいと思う。去年のマイルCSに近いくらいじゃないかな。真ん中の偶数枠もいい。気になるのは休み明けという点だけかな」と連覇を見据えた。



◆「ゲート次第」〔9〕カツジ

 スワンS勝ち馬は、栗東坂路で4ハロン60秒2-13秒2としまいを伸ばし、フットワークは軽快。池添兼調教師は「いつも通りの調整。叩き3走目でいい状態をキープできている。いつもいい脚を使ってくれるから、ゲート次第だね」と語った。



◆休み明けOK〔10〕ブラックムーン

 阪神芝1600メートルのレコードホルダーは、栗東CWコースでキャンター調整。橋本助手は「この馬なりにいい状態。追い切り本数をこなしているので休み明けでも問題ないですよ。脚質的に展開次第ですね」と語った。



◆自分の競馬を〔11〕スカーレットカラー

 天皇賞・秋9着から中2週の5歳牝馬は、栗東Eコースで脚慣らしをしてから坂路に入り4ハロン70秒9。喜多助手は「いつも通りですね。右回りの方がいいタイプで、この条件がベストです。時計が速いのは向かないけど、自分の競馬をするだけです」と結んだ。



◆鞍上に任せた〔12〕アウィルアウェイ

 スプリンターズSの3着馬は、栗東の角馬場で入念に乗り込んだ。高野調教師は「問題なくきています。馬体重は前回と同じくらいか、多少はプラスになるかもしれないです。あとはジョッキーに任せます」と語った。



◆舞台文句なし〔13〕タイセイビジョン

 今回と同舞台のアーリントンC勝ち馬は、栗東角馬場でじっくり体をほぐした。余田助手は「状態はいいと思います。舞台もいいですからね。相手は強いですけど、この馬の力を出し切ってほしいですね」と力を込めた。



◆名誉挽回期す〔14〕サウンドキアラ

 春のヴィクトリアマイル2着馬は、栗東坂路で落ち着き十分に4ハロン70秒8をマークした。安達調教師は「追い切った後も変わりないですね。前回も状態は良かったので。阪神でも勝っているし、前走を引きずっていなければいいなと思います」と語った。



◆外枠問題なし〔15〕ペルシアンナイト

 3年前の覇者は、朝一番の栗東坂路で4ハロン63秒1-14秒4を計時。兼武助手は「体調は良さそう。コースは違えど、3年前は大外枠で勝っているからね。良馬場のスピード決着も問題ない。泰然自若で臨みたい」とうなずいた。



◆「能力は高い」GIで好走を〔16〕ヴァンドギャルド

 富士Sの勝ち馬は、栗東Bコースでキャンターを消化し、最終調整を終えた。荻野助手は「追い切った後の反動もなく、いい状態で臨めそう。能力は高いから今ならGIでも楽しみ。スタートを決めていいレースをしてほしい」と力を込めた。



◆阪神実績あり右回りプラス〔17〕サリオス

 毎日王冠の勝ち馬は20日に阪神競馬場入り。21日は装鞍所からパドックをスクーリングした。阪神では昨年の朝日杯FSを勝っており、「2歳時に阪神への輸送をこなしている点は自信にはなります。右回りはスムーズに手前を替えるので、プラスに出ると思います」と堀調教師。

マイルCSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【マイルCS】最新ナマ情報 2020年11月21日() 04:55

◆最内枠に笑顔〔1〕ベステンダンク

 今春のマイラーズC2着馬は最内の〔1〕枠(1)番となった。2015年以降の阪神芝マイル戦で最多の31勝を挙げており、先行力があるという点からも好枠といえる。安達調教師は「ロスなく運べるのでいい枠ですね」とニンマリ。



◆希望通りの枠〔2〕レシステンシア

 昨年の2歳女王は〔1〕枠(2)番。5馬身差で圧勝した同舞台の阪神JF((4)番枠)より内の偶数枠から2度目のGI制覇を狙う。松下調教師は「真ん中より内が欲しかったので」と希望通りの枠に目を細めた。



◆僚馬好走の枠〔3〕ケイアイノーテック

 一昨年のNHKマイルC勝ち馬は〔2〕枠(3)番。2014年に僚馬グランデッツァが9番人気で3着に食い込んだ枠だ。平田調教師は「枠はどこでも良かったよ。テンにそんな行くタイプでもないからな」と語った。



◆ルメール信頼〔4〕グランアレグリア

 マイルGI春秋連覇へ向け、内め偶数の〔2〕枠(4)番をゲットした。「今の阪神はフェアなコースだし、こうならないとダメというパターンもない馬だから、どこでも大丈夫。騎手も乗り慣れているからね」と藤沢和調教師は余裕の構え。20日は美浦坂路を2本(4ハロン60秒9、59秒5)駆け上がった。きょう21日、阪神競馬場へ移動する。



◆昨年のV枠に〔5〕メイケイダイハード

 同舞台で行われた今年の中京記念勝ち馬は、昨年のV枠である〔3〕枠(5)番をゲット。中竹調教師は「枠の希望は全然なかった。阪神は最初のコーナーまでの距離がゆったりある。前に壁を作りたいということもないからね」と語った。



◆ちょうどいい〔7〕アドマイヤマーズ

 メンバー最多のマイルGI3勝馬は〔4〕枠(7)番。2015年以降に阪神芝マイルでは3位タイの24勝を挙げる好枠だ。友道調教師は「真ん中でちょうどいい枠。(例年の)京都より阪神の方がコースもいいと思う」と笑顔。



◆連覇へ吉兆枠〔8〕インディチャンプ

 昨年の最優秀短距離馬は〔4〕枠(8)番から連覇を狙う。2007年にダイワメジャーがこの枠から連覇を達成しており吉兆といえそうだ。福永騎手も「真ん中の偶数枠でいいところが当たった。ここなら組み立ても難しくないと思う」とうなずいた。



◆雰囲気はいい〔9〕カツジ

 前哨戦のスワンS勝ち馬は〔5〕枠(9)番となった。池添兼調教師は「真ん中よりも外めが良かった。反動もなく、(追い切り後も)雰囲気はいい」と不満なしの表情だった。



◆枠はどこでも〔10〕ブラックムーン

 阪神芝1600メートルのレコードホルダーは〔5〕枠(10)番を引き当てた。西浦調教師は「馬場が悪くないからどこでも良かった。前に行くタイプでもないからね」と語った。



◆時計かかれば〔11〕スカーレットカラー

 天皇賞・秋9着から挑む5歳牝馬は〔6〕枠(11)番。2015年以降の阪神芝マイルでは20勝と、2桁馬番の中では抜けた好成績を残している。「じっくり行くので、枠はどこでもよかった。時計がかかってほしい」と高橋亮調教師。



◆この枠でやる〔12〕アウィルアウェイ

 差し脚が魅力のスプリンターズS3着馬は、〔6〕枠(12)番となった。追い込み馬だけに枠にこだわりはなかったようで、「与えられた枠でやるだけです」と高野調教師。



◆初の2桁馬番〔13〕タイセイビジョン

 富士S5着から前進を見込む3歳馬は、自身初の2桁馬番となる〔7〕枠(13)番になった。「枠はどこでもよかった。阪神のマイルではアーリントンCを勝っているし、相性がいい舞台。馬も闘志を内に秘めていい感じ」と余田助手。



◆偶数枠を歓迎〔14〕サウンドキアラ

 スワンS10着からの巻き返しへ〔7〕枠(14)番からスタートする。昨年はダノンプレミアムが2着になった枠で、安達調教師は「前走((1)枠)もそうでしたが、内枠は嫌だし、外の偶数枠はいいですね」と表情が緩んだ。



◆再びピンク帽〔15〕ペルシアンナイト

 過去3年全て馬券圏内の6歳馬は、〔8〕枠(15)番に決まった。3年前(〔8〕枠(18)番)に勝ったときと同じピンク帽だ。兼武助手は「内外を見やすい真ん中くらいが良かったですが、決まった枠でやるしかないので」と気を取り直していた。



◆「最高の枠や」〔16〕ヴァンドギャルド

 富士S勝ち馬は〔8〕枠(16)番に決まった。外枠となったが、ゲートに課題があるタイプだけに後入れの偶数枠も歓迎だろう。藤原英調教師は「コースを考えると最高の枠やな」と不敵に笑った。



◆大外気にせず〔17〕サリオス

 毎日王冠の覇者は大外の〔8〕枠(17)番に決まった。「当日の馬場状態などが大きなファクターになりますし、ゲートにウイークポイントがある馬でもないので、今の時点で言えることはありません」と堀調教師。20日に阪神競馬場入りしており、21日はスクーリングを行う予定。なお、この日、香港カップに続いて香港マイルの招待状も届いたことを、シルクホースクラブがホームページで発表した。出否は未定。



マイルCSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

メイケイダイハードの関連コラム

閲覧 2,405ビュー コメント 1 ナイス 11

前回のエリザベス女王杯は、コラムでの見立て自体は大体良かったと思うのですが、やはり最後は騎手の差が出ましたね。
ラッキーライラックは大外枠の分、少し厳しいかと思っていたのですが、さすがルメール騎手だけあって、早め先頭の隙の無い競馬でした。札幌記念での不甲斐ない負け方は騎手がイマイチだったんでしょう(笑)。
対して本命を打ったラヴズオンリーユーラッキーライラックを奪われた形で奮起するかと思われたM.デムーロ騎手ですが、余分に外々まわって最後たれるという何の工夫も無い残念騎乗でした。
2着に差してきたサラキアは、こちらもコラムでも高い評価を与えていた一頭ですが、北村友騎手(14日12Rでの斜行により今後騎乗停止へ)が鋭く末脚生かす競馬。
ハイペースの失敗逃げのノームコアは、横山典騎手らしいといえば、らしいんでしょうね。行きたがるのをそのまま行かせてハイペース逃げで馬券圏外どころかビリから数えた方が早い惨敗と、高く評価してる人にとっては頭に来る騎乗だったかもしれません。ただ、やはり距離が長かったことと関西輸送もダメだったのではないかとみています。
そんなこんなで、騎手という部分にどうしてもフォーカスしてしまう一戦。個人的には、3連単マルチでちょっとだけ拾えたのですが、あれで210倍は意外でした。今秋は1番人気がきっちりと結果を出すG1続きで、素直さも大事といったところでしょうか。1着3着逆で帯封......、うーん、ルメール騎手がどの馬に乗るか、という時代なんでしょうね。

今年は阪神開催という特殊情勢のマイルCSですが、そこはあまり過剰に意識しないほうが良いのではというのが見立て。そこそこ荒れるレースでも、今年の流れだと1番人気馬がやはり強いのかも。


<全頭診断>
1番人気想定 グランアレグリア:昨年は桜花賞、今年は高松宮記念2着、安田記念とスプリンターズS勝ちと、ディープインパクト×タピット(アメリカでも最高値レベル続く種牡馬)牝馬というだけあり高い能力を示している。前走のスプリンターズSは後方から能力が違うと言わんばかりの突き抜けを見せた。本質的には1400mで世界最強レベルなのだろうが、今の阪神なら、早めに抜け出して、残り1Fは流して勝っちゃうかも。

2番人気想定 サリオス:朝日杯FS勝ち、皐月賞2着、ダービー2着した後、秋は毎日王冠を勝利。コントレイルとの対決となる菊花賞は、距離適性も考え避けたのか、その後はここに矛先を向けてきた。ハーツクライ×ニジンスキー系牝馬だけに正直、菊花賞に出て欲しかったなあとは思うのだが、まあ使い分けとかもある時代だけに仕方ないのだろう。半姉のサラキアエリザベス女王杯で好走したように、この時期が合う血統とも思われる。ただ、トップ以外はそうレベルが高くないと言われている3歳世代だけに、そのあたりがどうか。

3番人気想定 インディチャンプ:昨年の安田記念とマイルCSの春秋制覇をして、今年も安田記念で3着。調教の動きも鋭く、衰え感じず、ここも当然好勝負必至。

4番人気想定 レシステンシア桜花賞2着、NHKマイルC2着と活躍しているが、再三指摘のトップ以外は弱いこの世代だけに微妙。正直マイルでも長いのでは。

5番人気想定 アドマイヤマーズ:1番人気になるであろうグランアレグリアが連対を外した2回をいずれも勝利している、天敵とも言える存在。休み明けのスワンSでも3着に来ての参戦で、川田騎手もあり人気になりそうだが、個人的には非常に相性の悪い馬であまり買いたくない。

6番人気想定 ラウダシオン:春はNHKマイルCを勝ち、秋になって古馬相手にも富士Sで2着とマイル路線での実力上位を示した。ラチを頼らないとフラフラする面などもあるので、武豊騎手に戻ることは外を回すM.デムーロ騎手よりプラスなのでは。

7番人気想定 サウンドキアラ:今年前半は京都金杯、京都牝馬S、阪神牝馬Sと重賞3連勝の後にヴィクトリアマイルでも2着と好走した。ただ秋になりスワンSでは1番人気で10着と惨敗していて、好調期間の終わった牝馬は買いにくい。

8番人気想定 ヴァンドギャルド:春はマイラーズCで3着の後に安田記念に挑んだが10着と惨敗。秋になり富士S勝ちの後に、ここで再度G1挑戦となる。昨秋は3連勝しており、この時期がいい馬なのでは。ここでも楽しみ。

9番人気想定 ペルシアンナイト:夏の札幌記念では久々に2着と馬券に絡んだし、その時にはラッキーライラックに先着したのだが、富士Sで4着だったように全盛期の力はない。

10番人気以下想定
スカーレットカラー:前走得意の東京で、陣営がかなり色気をもってがっちり仕上げていた後だけに、調教の動きは良い。ただ、右回りのG1だけに要らないのではないか。

カツジ:前走のスワンSは岩田康騎手による、追い込み馬のびっくり逃げで11番人気での勝利と嵌った形。ここは再現はないだろう。

アウィルアウェイ:実績は1400mまでで前走のスプリンターズSでは10番人気ながら3着と鋭く追い込んできたのだが、初のマイルがG1というのは普通に考えると厳しく、差し難い今の阪神の馬場も向いていない。

タイセイビジョン:早い時期から活躍してきて、昨年は函館2歳S2着、京王杯2歳S勝ち、朝日杯FS2着、アーリントンC勝ち。とここまでは良かったのだが、NHKマイルC4着、秋になっても富士S5着と段々とトップグループから離れつつあり、成長力がいまひとつの可能性(これだけ稼げばもちろん立派ではありますが)。

ケイアイノーテック:2年半前のNHKマイルC勝ち以降は低迷が続き、今年は掲示板の下のほうには来ているのだが、この相手だとやはり厳しいだろう。

ブラックムーン:京都金杯勝ちから2年10ヶ月馬券にならない状態が続いており、要らない。

メイケイダイハード:7月の中京記念ではびっくりの18番人気Vだったが、その後2戦ともに2桁着順ときているようにここでの一発は期待薄。

ベステンダンク:オープン特別で長くコツコツと稼ぐ馬主孝行馬だが、G1でどうこういう馬ではない。


<まとめ>
有力:グランアレグリアサリオスインディチャンプ

穴で:ヴァンドギャルド


登録済みの方はこちらからログイン

2020年8月14日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】超低レベルで波乱含みの小倉記念&秋に向けて注目の関屋記念
閲覧 1,769ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は札幌&新潟でダート重賞が行われた。

新潟で行われたレパードSは、ケンシンコウが積極策から逃げ切り勝ち。行く馬がいなかったため、最内枠を利してスッとハナを奪えたのが勝利んだった。鞍上の丸山騎手は「逃げたくはなかった」と語るようにスタート直後は譲り合うような状況だったが、意を決してハナを奪ったのが勝利に繋がった。またパイロ産駒はコーナーが上手な馬が多く、3着のブランクチェックも含め、新潟のキツイコーナーの立ち回り戦への対応能力も高かった。

一方、残念だったのはタイガーインディの鮫島駿騎手。スッとスタートを決めて難なくハナ…かと思いきや、そこで引いてしまった。明らかに逃げたくなかったようなのだが、新潟のダートの状況や展開を考えれば逃げ先行有利は明白だっただけに、千載一遇のチャンスを逃した印象が強い。未だに陣営コメントでよく目にする「逃げなくても競馬はできるよ」というのを見るたびに、逃げが悪いことではないのに…という気持ちになる。何はともあれ、とても残念な騎乗だった。

もちろん我々馬券を買うファンは、だからこそ「迷ったら前」という意識は忘れないでおきたいし、買う場合は前に行ってくれる騎手かどうかを判断する必要もある。特に夏のローカルは馬場さえよければ前が強い。先行できる馬、前で勝負してくれる騎手が特に重宝する時期だ。

~変則開催で小倉重賞の傾向は変わるか?

さて、今週からはようやく夏の小倉開催が始まる。例年ならば札幌&新潟と同時にスタートする夏の小倉だが、今年は変則日程で、今週末から4週間限定となる。そのため、重賞の日程もいつもとは異なる。毎年Aコース2週目となる小倉記念が開幕週に、Aコース4週目となる北九州記念が同2週目の開催となっている。

この変化がなぜ重要かというと、上記の2レースはともに毎年ローカル小倉の割に差し追い込みが届いていたレースだからである。昨年の小倉記念メールドグラースが外から差し切り、2着には追い込みのカデナ北九州記念ダイメイプリンセスが外差しをズバッと決めて9番人気で勝利と、いずれのレースでも差し馬が活躍している。

しかし、今年に関していえばまだ馬場の良い時期に行われるため、傾向が大きく変わる可能性がある。特に今週末の小倉記念は逃げ先行馬があまり多くない上に、メンバーもかなり手薄。何でもありの状況なので、今年の夏の重賞のトレンド通り、思い切って穴をねらっても面白い、波乱含みの一戦とみている。

関屋記念展望

今週末は小倉記念ともうひとつ、新潟競馬場では関屋記念が行われる。こちらはなかなか好メンバーが揃った印象で、馬券はもちろん、今後秋のマイル戦線に向けても注目すべき一戦になりそうだ。

ポイントは展開だろうか。今回多くの出走馬がステップにしてくる前走中京記念組だが、中京記念はかなりのハイペースに加えて、最終週の馬場で完全な外差し競馬。メイケイダイハード以下、上位勢は外枠の差し勢が独占した。逆にアンドラステサトノアーサーのステップとなるエプソムカップは、逃げたトーラスジェミニが内枠のダイワキャグニーソーグリッタリングを連れてきた、完全な先行レース。そこで差して来たアンドラステサトノアーサーは見直す手がある。

というわけで、ココでは2頭注目馬を挙げておきたい。

アンドラステ

前述通り展開が全く合わなかったエプソムカップでもよく差してきて4着確保。もともと1800mよりはマイル向きで、荒れ馬場も問題ないタイプ。条件好転のココは、重賞初制覇のチャンス到来だろう。もともと素質は早くから注目されていた馬で、今回のレースぶり次第では秋に向けて楽しみが広がりそうだ。

ミッキーブリランテ

完全な外差し競馬となった中京記念で絶好の外枠からの差しを選択したまでは良かったが、福永騎手にしては珍しく早仕掛けで末脚を失ってしまった。同騎手自身もミスを認める騎乗で、それで5着なら上々と言って良い。乗り難しいタイプではあるが、差しが届く馬場&展開になれば改めて重賞で出番があるはず。岩田騎手の溜めるスタイルもフィットしそうだ。

※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2020年7月24日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】荒れる重賞、12レース連続3連複万馬券継続中/アイビスサマーダッシュ展望
閲覧 2,476ビュー コメント 0 ナイス 6

重賞の波乱が止まらない。スイッチは安田記念でのアーモンドアイの敗退だっただろうか。その後の重賞はなんとすべて3連複から万馬券。

マーメイドS  18,460円 125,270円 7番人気サマーセントが勝利
エプソムカップ 739,440円 4,219,320円 9番人気ダイワキャグニーが勝利、18番人気トーラスジェミニが3着
函館スプリントS  13200円 64550円 10番人気ダイメイフジが2着
ユニコーンS  14,320円 36,360円 11番人気ケンシンコウが3着
宝塚記念  51,240円 183,870円 人気のサートゥルナーリアが4着、12番人気モズベッロが3着
CBC賞 242,890 2,444,630 13番人気ラブカンプーが勝利、11番人気アンヴァルが2着
ラジオNIKKEI賞  22,480円 173,020円 8番人気バビットが勝利
プロキオンS  140,380円 826,670円 8番人気エアスピネルが2着、9番人気ヤマニンアンプリメが3着
七夕賞  19,850円 111,330円 7番人気ブラヴァスが2着
函館2歳S  49,250円 577,430円 11番人気リンゴアメが勝利
函館記念  283,880円 3,432,870円 15番人気アドマイヤジャスタが勝利、13番人気ドゥオーモが2着
中京記念  382,480円 3,302,390円 18番人気メイケイダイハードが勝利、9番人気エントシャイデンが3着

現在重賞12レース連続波乱決着、その中で3連単100万馬券が3回と、歴史的波乱の真っ只中にいる。

関東甲信越の梅雨入りが6月11日だったことを考えると、ちょうど梅雨入りと同時に波乱が始まったことになる。これはただの偶然ではなく、現代競馬では「荒れ馬場=非日常」となる。

先週のメイケイダイハードの外からの差し切りも内が全く伸びなくなった最終週の馬場の影響が大いにあった。高速馬場、立ち回り戦が常態化した現代競馬では、外が伸びる馬場は波乱の一因となる。トーラスジェミニラブカンプーなど「人気薄の逃げ馬」はいつの時代も穴の主役だが、荒れ馬場になると「外枠の差し馬」にも注目したい。

アイビスサマーダッシュ展望

さて、今週末は年に一度の直線重賞・アイビスサマーダッシュ。このレースこそ枠順が大いに影響を与える一戦で、言うまでもなく外枠が断然有利。波乱が続く重賞戦線だが本レースは比較的堅めの決着が多く、過去5年で1番人気(4-1-0-0)とパーフェクト連対。今年は恐らく人気が予想されるライオンボスが断然の支持を集めそうだが、果たして今年も堅めの決着となるのか。はたまた、昨今の傾向通り波乱が続くのか。ココでは注目の穴馬を2頭挙げておきたい。

モンペルデュ
今回が初ダートとなるが、テンのスピードの速さは直線競馬では魅力的。ダート馬としては軽さのあるタイプなので芝もこなせそうだし、絶好の15番枠を追い風にスッと先行できれば侮れない存在になる。

ナランフレグ
差し追い込み型だけに展開待ちの面はあるが溜めた時の末脚は強烈。昨夏には直線競馬で差して連勝を決めたように適性は証明済みで、少し前がやり合う、あるいは上がりが掛かるような流れになれば侮れない面もある。週末の雨予報は追い風。

※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

メイケイダイハードの口コミ


口コミ一覧
閲覧 305ビュー コメント 8 ナイス 87

昨日の深夜 救急車のサイレン
隣の家付近で止まる
しかし、寒いのでそのまま就寝
こんなご時世だから、いろいろと不安です

不安といえば、開幕戦
東西1Rで白星発進出来たのは、嬉しい限りですが
東西の金杯は、金杯で乾杯じゃなくて、完敗・連敗です(汗)

【第70回中山金杯 HPの掲載馬の結果】
ディープボンド14着、ヴァンケドミンゴ11着同着、カデナ11着同着、バイオスパーク10着
ヒシイグアス1着、ダーリントンホール17着、テリトーリアル6着 ウインイクシード3着
2着ココロノトウダイの掲載がありませんでした。

出走馬に昨年のGⅢハンデ戦 2,000m の勝ち馬が2頭
5枠 アールスター 小倉記念 → 5枠1着馬 ヒシイグアス
8枠 バイオスパーク 福島記念 → 8枠3着馬 ウインイクシード
同枠の隣人には、注意しないとダメですねぇ …

2着 2枠 ココロノトウダイ → 昨年条件戦2勝
フルーツラインC(3勝) 2019年福島芝2,600m → 2020年福島芝2,000m
猪苗代特別(2勝)  2019年福島ダ1,700m → 2020年福島芝2,000m
いずれも芝2,000戦に昨年変更されたレースを勝ち上がっていました。
2枠同枠 マイネルサーパス の昨年の1勝は 福島民報杯 (L) 福島芝2,000m でした。
同枠の隣人には、注意しないとダメですねぇ …

【第59回京都金杯 HPの掲載馬の結果】
シュリ5着、サトノアーサー12着、ケイアイノーテック15着、ピースワンパラディ2着
タイセイビジョン4着、トリプルエース8着、ロードマイウェイ16着、メイケイダイハード11着
2着ピースワンパラディの掲載はありましたが、1着ケイデンスコール・3着エントシャイデンの掲載はあれませんでした。

代替競馬で初の中京開催、東の金杯で松山騎手が勝ったので、西は福永騎手?なんて妄想しましたが2着でした。
1着 1枠 ケイデンスコール が最後に賞金加算したのはNHKマイルC2着
15着 1枠 ケイアイノーテック NHKマイルC1着
同枠の隣人には、注意しないとダメですねぇ …

2着 2枠 ピースワンパラディ 昨年中京戦2着2回
ポートアイランドS(L) 2019年阪神芝1,600m → 2020年中京芝1,600m
トリトンS(3勝) 2019年中京芝1,400m → 2020年中京芝1,600m
いずれも中京芝1,600m戦に昨年変更されたレースを勝ち上がっていました。

その2020年ポートアイランドSの結果を見ると…
2着 6枠 ピースワンパラディ → 11着 6枠 ケイデンスコール 
やっぱり、同枠の隣人には、注意しないとダメですねぇ …

的中された方、おめでとうございます!
同枠の隣人には、注意しないといけませんねぇ

昨年の日本ダービーでもソーシャルディスタンスを取っていました。
さすが、横山典騎手ですねぇ(^^♪

では

 浪花のクマ 2021年1月4日(月) 22:40
中山金杯/京都金杯 最終決断
閲覧 612ビュー コメント 0 ナイス 9

日刊スポーツ賞中山金杯 GⅢ

◎ ② テリトーリアル
〇 ⑭ ヴァンケドミンゴ
▲ ⑨ ヒシイグアス
△ ⑧ リュヌルージュ
× ⑥ カデナ
☆ ③ ココロノトウダイ

◎現在時点3番人気は意外だが、テリトーリアルを狙う
 前走は展開が全て、今の中山なら力は出せる・・

馬単
②⑭⇒②⑭⑨⑧⑥③


スポーツニッポン賞京都金杯 GⅢ

◎ ⑯ トリプルエース
〇 ⑩ シュリ
▲ ③ ロードマイウェイ
△ ④ ピースワンパラディ
× ⑮ サトノアーサー
☆ ⑤ メイケイダイハード

◎近走充実一路のトリプルエース、今なら初重賞
 で初笑い・・

馬単
⑯⑩⇒⑯⑩③④⑮⑤

[もっと見る]

 ブルー☆ギラヴァンツ 2021年1月4日(月) 22:32
1/5 単複王 No. 1 中山金杯 中山 芝2000m No. 2...
閲覧 54ビュー コメント 0 ナイス 5

あけましておめでとうございます 本年もよろしくお願いします
明日1/5単複王です
No.1 中京 9レース 門松S(3勝クラス) ダート 1400m ◎ ホウオウカトリーヌ ◯ メイショウウズマサ
No.2 中京 10レース 万葉S(OP) 芝 3000m ◎ ブラックホール ◯ ゴースト
No.3 中京 11レース 京都金杯(G3) 芝 1600m ◎ シュリ ◯ ピースワンパラディ
No.4 中山 9レース 招福S(3勝クラス) ダート 1800m ◎ ダンツエリーゼ ◯ キーフラッシュ
No.5 中山 10レース ジュニアC(L) 芝 1600m ◎ ヴェイルネビュラ ◯ ヴィルヘルム
No.6 京都 11レース 中山金杯(G3) 芝 2000m ◎ ディープボンド ◯ ダーリントンホール
続いて重賞予想
重賞予想 No. 1 中山金杯 中山 芝2000m (G3) 中山 芝2000m短評:一発警戒 ◎シュリ ○ピースワンパラディ ▲メイケイダイハード ☆スマートオーディンレッドガラン
重賞予想 No. 2 京都金杯 中京 芝1600m (G3) 中京 芝1600m短評:ここで復活か ◎ジャンカズマ ○ダーリントンホール ▲ヒシイグアス ☆ディープボンドココロノトウダイ
今年は短評付きです
明日のメインレースは
中京 11レース 京都金杯(G3) 1600m
中山 11レース 中山金杯(G3) 2000m
です
メインレース予想No.1 京都金杯(G3)◎ シュリ ○ ピースワンパラディ ▲ メイケイダイハード ☆ スマートオーディン レッドガラン
メインレース予想No.2 中山金杯(G3)◎ ジャンカズマ ○ ダーリントンホール ▲ ヒシイグアス ☆ ディープボンド ココロノトウダイ
本年もよろしくお願いします

[もっと見る]

⇒もっと見る

メイケイダイハードの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年7月19日() 12:33:32
ユ調教 a でも攻めがけ?
1:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年7月19日() 12:30:14
jp坂路○?

メイケイダイハードの写真

メイケイダイハード

メイケイダイハードの厩舎情報 VIP

2021年1月5日スポニチ賞京都金杯 G311着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

メイケイダイハードの取材メモ VIP

2021年1月5日 スポニチ賞京都金杯 G3 11着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。