メイケイダイハード(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
メイケイダイハード
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2015年4月14日生
調教師中竹和也(栗東)
馬主名古屋競馬 株式会社
生産者浦河小林牧場
生産地浦河町
戦績30戦[5-1-2-22]
総賞金10,211万円
収得賞金4,350万円
英字表記Meikei Die Hard
血統 ハードスパン
血統 ][ 産駒 ]
Danzig
Turkish Tryst
メイケイソフィア
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
ガンアンドローズ
兄弟 アイルショウユーソフィアエレガンテ
前走 2020/09/13 京成杯オータムハンデ G3
次走予定

メイケイダイハードの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/09/13 中山 11 京成杯AH G3 芝1600 1681591.71615** 牡5 55.0 酒井学中竹和也540(+8)1.35.1 1.235.8⑫⑨⑨トロワゼトワル
20/08/16 新潟 11 関屋記念 G3 芝1600 183548.51212** 牡5 56.0 石橋脩中竹和也532(-6)1.34.3 1.235.7④⑥サトノアーサー
20/07/19 阪神 11 中京記念 G3 芝1600 18714163.0181** 牡5 53.0 酒井学中竹和也538(+6)1.32.7 -0.034.8⑪⑦ラセット
20/05/30 東京 11 欅ステークス OP ダ1400 1651023.11011** 牡5 56.0 坂井瑠星中竹和也532(-10)1.25.2 1.837.0⑩⑩トップウイナー
20/05/09 新潟 11 谷川岳S (L) 芝1600 1681662.91311** 牡5 56.0 柴山雄一中竹和也542(0)1.34.1 0.633.7⑦⑦アストラエンブレム
20/01/05 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 1835238.41810** 牡5 53.0 柴山雄一中竹和也542(-4)1.35.1 1.134.9⑫⑫サウンドキアラ
19/12/07 阪神 11 リゲルS (L) 芝1600 164826.5910** 牡4 56.0 池添謙一中竹和也546(+18)1.34.1 0.835.6ストロングタイタン
19/11/10 東京 11 オーロカップ (L) 芝1400 1881736.91212** 牡4 53.0 鮫島克駿中竹和也528(-8)1.20.7 0.634.4⑩⑧テトラドラクマ
19/10/06 新潟 11 信越S (L) 芝1400 1751026.6114** 牡4 53.0 勝浦正樹中竹和也536(0)1.21.4 0.135.5アルーシャ
19/09/16 阪神 11 JRAアニバ 3勝クラス 芝1400 94431.681** 牡4 53.0 松若風馬中竹和也536(-2)1.20.4 -0.034.1ムーンチャイム
19/08/31 小倉 11 北九州短距離 3勝クラス 芝1200 1781525.61013** 牡4 54.0 松若風馬中竹和也538(+4)1.08.7 0.534.0⑮⑭メイショウカズヒメ
19/07/20 函館 11 函館日刊S杯 3勝クラス 芝1200 1681572.91310** 牡4 57.0 柴山雄一中竹和也534(+2)1.09.0 0.434.3⑩⑨ハウメア
19/06/29 函館 11 TVh杯 3勝クラス 芝1200 161224.5813** 牡4 54.0 柴山雄一中竹和也532(-4)1.09.2 0.735.1パラダイスガーデン
19/04/20 京都 11 彦根S 1600万下 芝1200 1471248.81212** 牡4 57.0 鮫島良太中竹和也536(+4)1.08.6 1.334.1レッドアンシェル
19/04/06 福島 11 吾妻小富士賞 1000万下 芝1200 15344.911** 牡4 57.0 柴山雄一中竹和也532(-2)1.08.9 -0.134.4⑦⑦ニシノラディアント
19/02/17 小倉 12 紫川特別 1000万下 芝1200 184715.468** 牡4 57.0 秋山真一中竹和也534(-16)1.09.0 0.334.5⑧⑨ミラアイトーン
19/01/19 京都 9 祇園特別 1000万下 芝1400 113348.486** 牡4 56.0 秋山真一中竹和也550(+16)1.22.5 1.035.5ダイアトニック
18/12/15 中京 11 中京日経賞 1000万下 芝1200 186118.1516** 牡3 56.0 富田暁中竹和也534(+8)1.09.8 1.434.3⑪⑩グランドボヌール
18/09/29 阪神 10 芦屋川特別 1000万下 芝1200 164821.2103** 牡3 55.0 富田暁中竹和也526(-6)1.10.2 0.434.7⑦⑩メイショウカズヒメ
18/09/16 阪神 12 3歳以上500万下 芝1200 16366.031** 牡3 53△ 富田暁中竹和也532(+4)1.09.4 -0.033.9⑦⑦ブレイズガール

⇒もっと見る


メイケイダイハードの関連ニュース

 ◆木幡巧騎手(ボンセルヴィーソ3着)「3~4コーナーで手綱を引っ張る不利が痛かった」

 ◆藤井騎手(ジャンダルム4着)「昨年の3着時と同様、トロワゼトワルを追いかける競馬で頑張ってくれた」

 ◆和田竜騎手(シゲルピンクダイヤ5着)「少し内にモタれるところがあって、道中でラチを頼らせたぶん、スペースへ持ち出すのに時間がかかった」

 ◆戸崎騎手(アルーシャ6着)「直線で両サイドに挟まれ窮屈になったが、めげずに伸びた」

 ◆田辺騎手(ストーミーシー7着)「暑い時期の中1週で疲れはあったと思う。ハンデも背負わされたし、条件が厳しかった」

 ◆横山武騎手(アストラエンブレム9着)「いざ追い出してから全く反応しなかった」

 ◆ルメール騎手(アンドラステ10着)「前がゴチャついて位置を下げたし、直線も出すところがなかった」

 ◆坂井騎手(ミッキーブリランテ11着)「手応えの割に伸び切れなかった。理想は内で脚をためる形ですから」

 ◆津村騎手(アフランシール12着)「前が止まらないペースで厳しかったが、すごくいい馬と感じた」

 ◆秋山真騎手(ラセット13着)「3コーナーから動いたが、最後に止まった」

 ◆丸山騎手(スイープセレリタス14着)「直線で脚を使えなかった」

 ◆酒井騎手(メイケイダイハード15着)「中山マイルの外枠はきつかった」



★13日中山11R「京成杯AH」の着順&払戻金はこちら

【京成杯AH】厩舎の話 2020年9月11日(金) 04:57

 ◆アストラエンブレム・横山武騎手 「折り合いがつくし、無駄に力む面もなく、反応も良かったですね」

 ◆アフランシール・尾関師 「軽ハンデ、展開がいい方に向いてくれれば」

 ◆アルーシャ・藤沢和師 「いい動き。中山コースもいいと思う」

 ◆アンドラステ・ルメール騎手 「コンディションは良さそう。フットワークが良くて、重賞を勝てる力はある」

 ◆シゲルピンクダイヤ・和田竜騎手 「調教は動く馬ですからね。きっちり仕上がっている」

 ◆ジャンダルム・池江師 「最後はサッと流す程度。時計は出るし、動きは良かった」

 ◆スイープセレリタス・藤沢和師 「順調。本来、競馬は上手。マイルで変わってほしい」

 ◆ストーミーシー斎藤誠師 「使われてさらに良化。以前の切れはなくなったが、しぶとさは増した」

 ◆スマイルカナ・柴田大騎手 「ひと息入れて馬は大きくなった感じ。走りも良くなった」

 ◆トロワゼトワル・安田隆師 「輸送を考慮して、しまい重点で。去年は日本レコードで勝ったし、同じ舞台で頑張ってほしい」

 ◆ボンセルヴィーソ池添学師 「しっかりやって動けていたし、態勢は整った。展開ひとつ」

 ◆ミッキーブリランテ・坂井騎手 「近2戦は重賞で惜しい内容。展開次第ですね」

 ◆メイケイダイハード・中竹師 「いつも通りパワフルな動き。前走は輸送後の前夜にイレ込んだのが影響したので、対策して臨みたい」

 ◆ラセット・庄野師 「今週はしっかりやったので、グンと上向いてくれると思う。自分の競馬をするだけ」



京成杯AHの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【産経賞セントウルS&京成杯AH&紫苑S】レースの注目点 2020年9月10日(木) 13:18

★サマースプリントシリーズ最終戦 シリーズチャンピオンの行方に注目!/産経賞セントウル



 13日の中京では、サマースプリントシリーズ最終戦のセントウルSが実施される。同シリーズは第5戦のキーンランドCを終えた時点で14Pを獲得しているレッドアンシェルがトップに立っているが、同馬はセントウルSに登録していない。セントウルSに登録している馬では、CBC賞を制したラブカンプー(牝5歳、栗東・森田直行厩舎)、CBC賞4着のタイセイアベニール(牡5歳、栗東・西村真幸厩舎)、北九州記念4着のクライムメジャー(牡6歳、栗東・渡辺薫彦厩舎)、函館スプリントS5着のシヴァージ(牡5歳、栗東・野中賢二厩舎)、CBC賞6着のノーワン(牝4歳、栗東・笹田和秀厩舎)にシリーズチャンピオンの可能性が残っているが、今年のサマースプリントシリーズはどのような結果になるだろうか(※ノーワン京成杯AHにも登録している)。



★秋初戦を迎えるダノンスマッシュ 悲願のGI制覇へ向け好発進なるか/産経賞セントウルS



 重賞5勝馬ダノンスマッシュ(牡5歳、栗東・安田隆行厩舎)が、セントウルSで秋初戦を迎える。同馬は今年、オーシャンS京王杯SCと2つの重賞を制しているが、GIでは高松宮記念で10着、安田記念で8着に終わり、GI初制覇を果たすことはできなかった。昨年のセントウルSでは、同年の京王杯SC勝ち馬タワーオブロンドンが勝ち、続くスプリンターズSも制したが、ダノンスマッシュは悲願のGI制覇へ向けて好発進を決めることができるかどうか。Vなら、同馬は芝1200メートル以下のスプリント重賞で歴代2位タイの5勝目となる。



 また、函館2歳S、葵Sを制している3歳馬ビアンフェ(牡、栗東・中竹和也厩舎)は、今回が古馬との初対戦となる。9月10日現在、現3歳世代はまだJRA古馬重賞で勝利を挙げていないが、ビアンフェは歴戦の古馬を相手に3度目の重賞制覇を遂げることができるかどうか。



★サマーマイルシリーズ最終戦 チャンピオンの可能性が残るのは7頭/京成杯AH



 13日の中山では、サマーマイルシリーズの最終戦・京成杯オータムハンデキャップが実施される。今年の登録馬のうち、シリーズチャンピオンとなる可能性が残されているのは、シリーズ第2戦の中京記念を制し、11Pを獲得しているメイケイダイハード(牡5歳、栗東・中竹和也厩舎)、シリーズ初戦の米子Sを制し、8Pを獲得しているスマイルカナ(牝3歳、美浦・高橋祥泰厩舎)、米子S、中京記念ともに2着で9Pのラセット(牡5歳、栗東・庄野靖志厩舎)など7頭だが、今年のサマーマイルシリーズを制すのはどの馬だろうか。なお、スマイルカナが勝てば、3歳牝馬の京成杯AH制覇は1985年のエルプス以来、35年ぶり5頭目となる。



★秋華賞トライアルに26頭が登録 オークス3着馬ウインマイティーが登場/紫苑S



 4回中山競馬の開幕日となる12日には、秋華賞トライアルの紫苑Sが実施される。同レースは2000年にオープン特別として創設され、2016年から重賞に昇格した。重賞昇格後は2016年の2着馬ヴィブロス、2017年の優勝馬ディアドラ紫苑Sで優先出走権を獲得した馬から2頭の秋華賞馬が生まれているが、今年、3着までに入り秋華賞への優先出走権を獲得するのはどの馬だろうか。なお、今年の登録馬はオークス3着のウインマイティー(栗東・五十嵐忠男厩舎)、同5着のマジックキャッスル(美浦・国枝栄厩舎)、チューリップ賞勝ち馬のマルターズディオサ(美浦・手塚貴久厩舎)など26頭。なお、ウインマイティーには和田竜二騎手、マジックキャッスルには浜中俊騎手、マルターズディオサには田辺裕信騎手が騎乗予定。



★1番人気馬が11連敗中のJRA重賞 セントウルSは1番人気馬が8年連続連対中



 現在、JRA重賞では1番人気馬が11連敗中。8月9日に実施されたエルムSタイムフライヤーが勝ったのを最後に勝利から遠ざかっており、この間2番人気馬が6勝を挙げている。今週は12日に紫苑S、13日にセントウルS、京成杯AHが実施されるが、1番人気馬の連敗はストップするだろうか。なお、紫苑Sは重賞に昇格した2016年以降1番人気馬が2勝、セントウルSは過去10年で1番人気馬が4勝、京成杯AHは過去10年で1番人気馬が3勝を挙げている。



 また、セントウルSは2012年から8年連続で1番人気馬が連対している。今年のセントウルSは2006年以来、14年ぶりに中京競馬場で実施されるが、今年も1番人気馬は好成績を挙げることができるだろうか。ちなみに、中京でセントウルSが実施されたことはこれまでに4回あるが、4回すべてで1番人気馬が連対している。



産経賞セントウルSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★京成杯AHの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★紫苑Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京成杯AH】厩舎の話 2020年9月10日(木) 11:10

 アストラエンブレム・横山武騎手「折り合いがついて反応も良かった。中山マイルも合うはず」

 アフランシール・尾関調教師「負荷をかけたし、いい動き。52キロや展開がいいほうに向けば」

 アルーシャ・藤沢和調教師「いい動き。男馬相手の重賞だが、この馬も力がある。中山も合う」

 アンドラステ・ルメール騎手「いいコンディション。重賞はすぐに勝てそう。マイルも合う」

 シゲルピンクダイヤ・和田竜騎手「いいころの雰囲気に戻った。前走のような脚を使えれば」

 ジャンダルム・池江調教師「動きは良かった。結果が出なかったら、距離を詰めようと思う」

 スイープセレリタス・藤沢和調教師「1200メートルは忙しかった。競馬は上手だし、マイルなら」

 ストーミーシー斎藤誠調教師「中1週なのでしまいを伸ばす形で。前走時より状態はいい」

 スマイルカナ・高橋祥調教師「52キロで走り慣れた中山。古馬の重賞でどういう競馬ができるか」

 トロワゼトワル・安田隆調教師「輸送があるのでしまい重点。この馬をよく知る鞍上に任せる」

 ボンセルヴィーソ池添学調教師「余裕があるのでしっかりやった。動けたし、態勢は整った」

 ミッキーブリランテ・坂井騎手「動きは良かった。ここ2走の重賞で惜しい内容。展開次第で」

 メイケイダイハード・中竹調教師「パワフルな動き。前走は輸送後にイレ込んだのが影響した」

 ラセット・庄野調教師「夏の疲れは感じない。前走の内容から重賞に手が届くところまできた」

(夕刊フジ)



京成杯AHの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京成杯AH】スマイルカナ弾けた!Wラスト12秒4 2020年9月10日(木) 05:00

 サマーマイルシリーズ最終戦・京成杯AHの追い切りが9日、東西トレセンで行われた。美浦では、メンバー中ただ一頭の3歳牝馬スマイルカナがWコースで5ハロン68秒0-12秒4を単走、馬なりでマーク。時計は水準級ながらも抜群の動きで、調教評価は最高の『S』となった。

 小気味よいリズムが、好調さを物語る。3歳牝馬スマイルカナが美浦Wコースで芦毛の馬体を弾ませた。馬なりで5ハロン68秒0-12秒4は目立つ時計ではないが、しっかり攻めた1週前(同5ハロン65秒8)の動きも加味して調教評価は最高の『S』。感触を確かめた柴田大騎手も、ひと夏を越えての成長ぶりを伝える。

 「春は使い詰めだったけど、ひと息入れて馬は大きくなった感じ。走りも良くなった」

 春はチューリップ賞7着、桜花賞3着と2度の長距離輸送で連戦し、2400メートルのオークス(16着)にも出走。続いてサマーマイルシリーズ第1戦・米子Sに挑戦と、並の馬なら音を上げても不思議ではないローテーションだが、道中3番手からペースの落ちたところでハナに立つ柔軟な走りで初対戦の年長馬を封じた。「米子Sは頑張ってくれた。50キロの斤量も良かったけど、前に行きたい馬を見ながら進め、自分で動いてレースをつくることができたのは収穫」と高橋祥調教師。果敢な逃げが目立った以前とはひと味違う戦いぶりに、感心しきりだ。

 3歳牝馬ながら紫苑Sではなく、こちらに照準を合わせたのはマイルが最も力を出せると判断したからこそ。サマーマイルシリーズの自力Vも可能とあって「52キロのハンデはいいと思うし、走り慣れたコース。どれだけやれるか楽しみ」と期待に胸を膨らませる。

 勝てば、1985年エルプス以来の3歳牝馬による快挙。2戦2勝の中山芝1600メートルで歴戦の古馬を破り、芦毛のヒロインがマイル路線のチャンピオン候補に名乗りを上げる。(板津雄志)



◆サマーマイルシリーズ優勝のゆくえ…「1勝以上」かつ「12ポイント以上」が優勝条件で、現在の首位は11ポイントのメイケイダイハード。シリーズ第2戦の中京記念1着があり、最終戦の京成杯AHで無事にゴールすれば1ポイント以上を加算することができ、条件を満たす。

 今回の出走馬では9ポイントのラセット、8ポイントのスマイルカナミッキーブリランテ、6ポイントのトロワゼトワル、5ポイントのエントシャイデン、4ポイントのアンドラステにも優勝のチャンスがある(別表参照)。シリーズ初戦の米子Sを勝っているスマイルカナは3着以上、他の5頭は1着が必須条件となるが、各馬の順位次第で大激戦となりそうだ。

京成杯AHの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京成杯AH】追って一言 2020年9月10日(木) 04:57

 ◆アストラエンブレム・横山武騎手 「折り合いがつくし、無駄に力む面もなく、反応も良かったですね。中山の1600メートルも合うと思います」

 ◆アフランシール・尾関師 「暑いので無理していないけど、それなりに負荷をかけている。軽ハンデ、展開がいい方に向いてくれれば」

 ◆アルーシャ・藤沢和師 「いい動きだった。男馬相手の重賞だけど、この馬も力があるし、中山コースもいいと思う。鞍上も前走でうまく乗ってくれているからね」

 ◆アンドラステ・ルメール騎手 「コンディションは良さそう。フットワークが良くて、跳びが大きい馬。マイルは良さそうだし、重賞を勝てる力はある」

 ◆シゲルピンクダイヤ・和田騎手 「調教は動く馬ですからね。まだ馬場入りで止まったりするけど、乗ってからは問題ない。きっちり仕上がっているなと思います」

 ◆ジャンダルム・池江師 「最後はサッと流す程度でしたが、時計は出るし、動きは良かった。今回結果が出なければ、距離を詰めていこうと思います」

 ◆スイープセレリタス・藤沢和師 「順調だね。1200メートルは思っていたより忙しかった。本来競馬は上手だし、マイルで変わってほしい」

 ◆トロワゼトワル・安田隆師 「輸送を考慮して、しまい重点で。いい形の追い切りができました。去年は日本レコードで勝ったし、同じ舞台で頑張ってほしい」

 ◆ボンセルヴィーソ池添学師 「体に余裕があったのでしっかりやって動けていたし、態勢は整った。展開ひとつ」

 ◆ミッキーブリランテ・坂井騎手 「動きは良かった。成長は感じますし、近2戦は重賞で惜しい内容。展開次第ですね」

 ◆メイケイダイハード・中竹師 「いつも通りパワフルな動きで、状態は問題ない。前走は輸送後の前夜にイレ込んだのが影響したので、対策して臨みたい」

京成杯AHの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

メイケイダイハードの関連コラム

閲覧 1,681ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は札幌&新潟でダート重賞が行われた。

新潟で行われたレパードSは、ケンシンコウが積極策から逃げ切り勝ち。行く馬がいなかったため、最内枠を利してスッとハナを奪えたのが勝利んだった。鞍上の丸山騎手は「逃げたくはなかった」と語るようにスタート直後は譲り合うような状況だったが、意を決してハナを奪ったのが勝利に繋がった。またパイロ産駒はコーナーが上手な馬が多く、3着のブランクチェックも含め、新潟のキツイコーナーの立ち回り戦への対応能力も高かった。

一方、残念だったのはタイガーインディの鮫島駿騎手。スッとスタートを決めて難なくハナ…かと思いきや、そこで引いてしまった。明らかに逃げたくなかったようなのだが、新潟のダートの状況や展開を考えれば逃げ先行有利は明白だっただけに、千載一遇のチャンスを逃した印象が強い。未だに陣営コメントでよく目にする「逃げなくても競馬はできるよ」というのを見るたびに、逃げが悪いことではないのに…という気持ちになる。何はともあれ、とても残念な騎乗だった。

もちろん我々馬券を買うファンは、だからこそ「迷ったら前」という意識は忘れないでおきたいし、買う場合は前に行ってくれる騎手かどうかを判断する必要もある。特に夏のローカルは馬場さえよければ前が強い。先行できる馬、前で勝負してくれる騎手が特に重宝する時期だ。

~変則開催で小倉重賞の傾向は変わるか?

さて、今週からはようやく夏の小倉開催が始まる。例年ならば札幌&新潟と同時にスタートする夏の小倉だが、今年は変則日程で、今週末から4週間限定となる。そのため、重賞の日程もいつもとは異なる。毎年Aコース2週目となる小倉記念が開幕週に、Aコース4週目となる北九州記念が同2週目の開催となっている。

この変化がなぜ重要かというと、上記の2レースはともに毎年ローカル小倉の割に差し追い込みが届いていたレースだからである。昨年の小倉記念メールドグラースが外から差し切り、2着には追い込みのカデナ北九州記念ダイメイプリンセスが外差しをズバッと決めて9番人気で勝利と、いずれのレースでも差し馬が活躍している。

しかし、今年に関していえばまだ馬場の良い時期に行われるため、傾向が大きく変わる可能性がある。特に今週末の小倉記念は逃げ先行馬があまり多くない上に、メンバーもかなり手薄。何でもありの状況なので、今年の夏の重賞のトレンド通り、思い切って穴をねらっても面白い、波乱含みの一戦とみている。

関屋記念展望

今週末は小倉記念ともうひとつ、新潟競馬場では関屋記念が行われる。こちらはなかなか好メンバーが揃った印象で、馬券はもちろん、今後秋のマイル戦線に向けても注目すべき一戦になりそうだ。

ポイントは展開だろうか。今回多くの出走馬がステップにしてくる前走中京記念組だが、中京記念はかなりのハイペースに加えて、最終週の馬場で完全な外差し競馬。メイケイダイハード以下、上位勢は外枠の差し勢が独占した。逆にアンドラステサトノアーサーのステップとなるエプソムカップは、逃げたトーラスジェミニが内枠のダイワキャグニーソーグリッタリングを連れてきた、完全な先行レース。そこで差して来たアンドラステサトノアーサーは見直す手がある。

というわけで、ココでは2頭注目馬を挙げておきたい。

アンドラステ

前述通り展開が全く合わなかったエプソムカップでもよく差してきて4着確保。もともと1800mよりはマイル向きで、荒れ馬場も問題ないタイプ。条件好転のココは、重賞初制覇のチャンス到来だろう。もともと素質は早くから注目されていた馬で、今回のレースぶり次第では秋に向けて楽しみが広がりそうだ。

ミッキーブリランテ

完全な外差し競馬となった中京記念で絶好の外枠からの差しを選択したまでは良かったが、福永騎手にしては珍しく早仕掛けで末脚を失ってしまった。同騎手自身もミスを認める騎乗で、それで5着なら上々と言って良い。乗り難しいタイプではあるが、差しが届く馬場&展開になれば改めて重賞で出番があるはず。岩田騎手の溜めるスタイルもフィットしそうだ。

※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2020年7月24日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】荒れる重賞、12レース連続3連複万馬券継続中/アイビスサマーダッシュ展望
閲覧 2,000ビュー コメント 0 ナイス 6

重賞の波乱が止まらない。スイッチは安田記念でのアーモンドアイの敗退だっただろうか。その後の重賞はなんとすべて3連複から万馬券。

マーメイドS  18,460円 125,270円 7番人気サマーセントが勝利
エプソムカップ 739,440円 4,219,320円 9番人気ダイワキャグニーが勝利、18番人気トーラスジェミニが3着
函館スプリントS  13200円 64550円 10番人気ダイメイフジが2着
ユニコーンS  14,320円 36,360円 11番人気ケンシンコウが3着
宝塚記念  51,240円 183,870円 人気のサートゥルナーリアが4着、12番人気モズベッロが3着
CBC賞 242,890 2,444,630 13番人気ラブカンプーが勝利、11番人気アンヴァルが2着
ラジオNIKKEI賞  22,480円 173,020円 8番人気バビットが勝利
プロキオンS  140,380円 826,670円 8番人気エアスピネルが2着、9番人気ヤマニンアンプリメが3着
七夕賞  19,850円 111,330円 7番人気ブラヴァスが2着
函館2歳S  49,250円 577,430円 11番人気リンゴアメが勝利
函館記念  283,880円 3,432,870円 15番人気アドマイヤジャスタが勝利、13番人気ドゥオーモが2着
中京記念  382,480円 3,302,390円 18番人気メイケイダイハードが勝利、9番人気エントシャイデンが3着

現在重賞12レース連続波乱決着、その中で3連単100万馬券が3回と、歴史的波乱の真っ只中にいる。

関東甲信越の梅雨入りが6月11日だったことを考えると、ちょうど梅雨入りと同時に波乱が始まったことになる。これはただの偶然ではなく、現代競馬では「荒れ馬場=非日常」となる。

先週のメイケイダイハードの外からの差し切りも内が全く伸びなくなった最終週の馬場の影響が大いにあった。高速馬場、立ち回り戦が常態化した現代競馬では、外が伸びる馬場は波乱の一因となる。トーラスジェミニラブカンプーなど「人気薄の逃げ馬」はいつの時代も穴の主役だが、荒れ馬場になると「外枠の差し馬」にも注目したい。

アイビスサマーダッシュ展望

さて、今週末は年に一度の直線重賞・アイビスサマーダッシュ。このレースこそ枠順が大いに影響を与える一戦で、言うまでもなく外枠が断然有利。波乱が続く重賞戦線だが本レースは比較的堅めの決着が多く、過去5年で1番人気(4-1-0-0)とパーフェクト連対。今年は恐らく人気が予想されるライオンボスが断然の支持を集めそうだが、果たして今年も堅めの決着となるのか。はたまた、昨今の傾向通り波乱が続くのか。ココでは注目の穴馬を2頭挙げておきたい。

モンペルデュ
今回が初ダートとなるが、テンのスピードの速さは直線競馬では魅力的。ダート馬としては軽さのあるタイプなので芝もこなせそうだし、絶好の15番枠を追い風にスッと先行できれば侮れない存在になる。

ナランフレグ
差し追い込み型だけに展開待ちの面はあるが溜めた時の末脚は強烈。昨夏には直線競馬で差して連勝を決めたように適性は証明済みで、少し前がやり合う、あるいは上がりが掛かるような流れになれば侮れない面もある。週末の雨予報は追い風。

※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

メイケイダイハードの口コミ


口コミ一覧
閲覧 248ビュー コメント 0 ナイス 10

<馬場状態>

JRAが、土曜日の朝に発表した雨量 2.0mm

芝コースの含水率
ゴール前:(金)11.6 (土)9.6
4コーナー:(金)10.2 (土)10.3

芝のクッション値:(金)10.8 (土)11.2

日付変わった土曜日に、少し雨が降ったが、乾燥が早かったのか?
含水率が下がり、クッション値が上がった!!

ただし、2Rから雨が降り始め、5Rの芝戦は稍重へ
その影響で、
11R:第5回 紫苑ステークスGⅢ 2.02.1 と時計が遅い
 
前年の第64回 京成杯オータムハンデキャップGⅢ が、驚異の1.30.3のレコードで、
その前日第4回 紫苑ステークスGⅢ 1.58.3 と比較すると、3.8 も遅い!

想定
前年のクッション値:13.0
土曜日のクッション値:7.9 ・・・でしょうか?
明日発表のクッション値は、雨が降らなければ、8.5 ぐらいでしょうか?

いづれにしても、前年より、3秒 は遅い決着時計と読む。

~~~ 修正 日曜日朝 ~~~

想定外に、クッション値が高い?
芝コースクッション値
(金)10.8 (土)11.2 (日)10.1
これって・・・イメージとは違う数値かも。

<展開>

トロワゼトワル:華
スマイルカナ:番手

ボンセルヴィーソ:3番手
ストーミーシー:4番手

<馬券>

ハンデ戦だけに、堅くは収まらない予想で、WIN5では3点は買いたいレース。

【57㎏】牝馬+2㎏換算
アルーシャ:右回りは、消
ストーミーシー:田辺Jは買い辛い、△
トロワゼトワル:55㎏で馬場も味方しない、消
アストラエンブレム:東風Sを2年連続2着、〇

【56㎏】
ジャンダルム:ブリンカー効果に△
シゲルピンクダイヤ:小回り中山は不安だが、△
エントシャイデン:3着なら△

【55㎏】
ボンセルヴィーソ:3番手から抜け出す、◎
アンドラステ:ルメールだけに押さえて△
ラセット:届かない可能性高く△
メイケイダイハード:55㎏では、消

【54㎏】
スイープセレリタス:右回りは、消
アフランシール:押さえておく、△
ミッキーブリランテ:第68回 トヨタ賞中京記念GⅢ が強かった▲

ルフトシュトローム:ハンデ54㎏は厳しい、消
3歳なので、+2㎏の56㎏ハンデの印象
スマイルカナ:16番枠からで前半脚を使いそうで、消
3歳なので、+2㎏の56㎏ハンデの印象

 ろくろくろく 2020年9月12日() 23:15
今週買いたい馬
閲覧 66ビュー コメント 0 ナイス 4

キングハート
ミスターメロディ

メイケイダイハード複
しげぴん

競馬の神様、お願いします。

[もっと見る]

 回収率予報官 2020年9月12日() 22:55
【回収率予報】買ってはいけない(日曜日)[G2]産経賞セン...
閲覧 358ビュー コメント 2 ナイス 9

こんばんは。回収率予報官です。
「買ってはいけない」をお知らせします。

「予想コロシアム」には全レース(新馬、障害除く)の全出走馬の予測回収率があります。
回収率予報についての説明はこちらのメインサイトをご覧ください。
https://note.com/hrrf

《買ってはいけない》メインレース

■中京11R 芝1200m 3歳上オープン 15:35 [G2]産経賞セントウルS
 *1 50% ・ 90.9倍(17) トウショウピスト
 *4 60% ・ 34.8倍(10) ラヴィングアンサー
 *5 50% ・ 83.8倍(16) キングハート
 10 60% ・ 16.5倍(7) トゥラヴェスーラ
 13 60% ・ 25.2倍(9) クライムメジャー
 14 50% ・ 63.0倍(13) フェルトベルク
 17 60% ・ 36.5倍(11) ラブカンプー

■中山11R 芝1600m 3歳上オープン 15:45 [G3]京成杯オータムハンデ
 *4 60% ・ 28.9倍(11) ストーミーシー
 *7 60% ・ 29.0倍(12) ジャンダルム
 15 50% ・ 50.0倍(16) メイケイダイハード

《買ってはいけない》単勝オッズ6.0以下で予測回収率60%以下

中山 06R *7 60% ○ 3.0倍(2) アポロティアモ

表は左から、レース、馬番、予測回収率、印、単勝オッズ、人気順、馬名、です。
◎印は回収率とは関係なく、1着の確率が最も高いと思われる馬です。
オッズはデータ作成時点のものです。

[もっと見る]

⇒もっと見る

メイケイダイハードの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  fc0703d559   フォロワー:2人 2020年7月19日() 12:33:32
ユ調教 a でも攻めがけ?
1:
  fc0703d559   フォロワー:2人 2020年7月19日() 12:30:14
jp坂路○?

メイケイダイハードの写真

メイケイダイハード

メイケイダイハードの厩舎情報 VIP

2020年9月13日京成杯オータムハンデ G315着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

メイケイダイハードの取材メモ VIP

2020年9月13日 京成杯オータムハンデ G3 15着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。