今週の重賞レース

2020年8月9日( エルムステークス G3 レパードステークス G3
函館スプリントS G3   日程:2020年6月21日() 15:25 函館/芝1200m



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 3 6

ダイアトニック

牡5 58.0 武豊  安田隆行 474(+2) 1.07.5 2.5 1 33.9 ②②
2 8 16

ダイメイフジ

牡6 56.0 菱田裕二  森田直行 534(+2) 1.07.8 34.4 10 34.4 ①①
3 5 10

ジョーマンデリン

牝4 54.0 岩田康誠  清水久詞 482(0) 1.07.9 1/2 7.5 3 34.0 ④④
4 5 9

フィアーノロマーノ

牡6 57.0 藤岡康太  高野友和 558(+2) 1.07.9 アタマ 9.3 4 33.8 ⑦⑦
5 4 8

シヴァージ

牡5 56.0 藤岡佑介  野中賢二 498(-2) 1.08.0 クビ 10.8 6 33.5 ⑬⑬
6 4 7

ライトオンキュー

牡5 56.0 古川吉洋  昆貢 512(+4) 1.08.1 1/2 5.1 2 34.3 ④④
7 2 3

エイティーンガール

牝4 54.0 坂井瑠星  飯田祐史 448(0) 1.08.2 1/2 10.2 5 33.8 ⑪⑫
8 3 5

ティーハーフ

牡10 57.0 国分優作  西浦勝一 472(0) 1.08.2 ハナ 74.2 12 33.6 ⑭⑬
9 1 2

マリアズハート

牝4 54.0 大野拓弥  菊沢隆徳 492(+4) 1.08.2 クビ 17.4 7 33.6 ⑭⑮
10 8 15

メイショウショウブ

牝4 54.0 池添謙一  池添兼雄 492(-4) 1.08.3 1/2 24.3 9 34.4 ④④
11 6 11

アリンナ

牝6 54.0 丹内祐次  上原博之 448(+4) 1.08.4 3/4 90.2 13 34.0 ⑪⑪
12 2 4

スイープセレリタス

牝4 54.0 丸山元気  藤沢和雄 510(+8) 1.08.5 クビ 23.0 8 33.8 ⑯⑮
13 6 12

グランドボヌール

牡6 56.0 城戸義政  鈴木孝志 488(0) 1.08.5 ハナ 40.7 11 34.8 ③③
14 1 1

スリーケープマンボ

セ5 56.0 竹之下智  武英智 484(-8) 1.08.7 1 1/4 185.0 15 34.6 ⑦⑦
15 7 13

リュウノユキナ

牡5 56.0 横山和生  小野次郎 496(-6) 1.08.7 クビ 140.9 14 34.6 ⑦⑦
16 7 14

ミキノドラマー

牡7 56.0 勝浦正樹  南田美知 496(+2) 1.09.0 1 3/4 402.8 16 34.9 ⑦⑦
ラップタイム 12.0 - 10.4 - 11.0 - 11.2 - 11.1 - 11.8
前半 12.0 - 22.4 - 33.4 - 44.6 - 55.7
後半 55.5 - 45.1 - 34.1 - 22.9 - 11.8

■払戻金

単勝 6 250円 1番人気
複勝 6 140円 1番人気
16 590円 10番人気
10 230円 3番人気
枠連 3-8 2,050円 8番人気
馬連 6-16 5,710円 22番人気
ワイド 6-16 1,800円 22番人気
6-10 580円 4番人気
10-16 2,980円 36番人気
馬単 6-16 8,290円 32番人気
3連複 6-10-16 13,200円 41番人気
3連単 6-16-10 64,550円 212番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:289,159人(08月09日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

馬場
予想

【函館スプリントS2020予想】内~中を通る馬が優勢!決着時計が落ち着きつつある点に注意!

土曜日の函館芝のレース結果、近年の函館スプリントSの結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

火曜日に9.5ミリの降雨、木曜日にも少量の雨に見舞われたが、週末の散水作業を控えたことや天候に恵まれたこともあって、土曜日の路盤の状態は良好。終日、内~中を通る馬に有利な状況と化した。芝1200mで行われた、5R・2歳新馬の勝ち時計は2歳コースレコードの1分8秒7。走りやすいコンディションであることに疑う余地はない。

その一方で、同じく芝1200m施行のメイン・STV杯(2勝クラス)は1分8秒5、最終R・長万部特別(1勝クラス)は1分9秒1と、レースが重なるにつれ、決着タイムが落ち着きつつある。開幕週のように高速時計が頻出する馬場ではないことを頭に入れておいたほうがいい。

日曜日夕方までの降水確率は0%。先行~好位差し優位の傾向が続く反面、土曜日後半と同様に時計が落ち着くようであれば、流れ次第で待機勢が台頭する可能性も考えられる。いずれにせよ、脚質に関しては柔軟なスタンスで構えたいところだ。

しかし、コース取りや枠順については話が別。開幕2週目かつ連日の良馬場開催となれば、よほどの適性差や能力差でもない限りは、距離ロスの少ない位置で運べそうな馬、あるいは内めの枠(1~3枠あたり)を優先したほうがいいだろう。

血統面については、近5年の函館スプリントSの好走馬を振り返ると、サンデーサイレンス内包馬が優勢。なかでも、父または母の父にミスプロ系種牡馬もしくはパワー&スピード型のノーザンダンサー系種牡馬を持つ馬が攻勢を強めている。条件を満たす馬はプラスに評価したい。

ただ、今回の出走メンバーと照らし合わせてみると該当馬が多い印象。もうひとつフィルターをかけて、近5年の3着以内馬の多くに共通する、前走G1・G2出走馬、または前走3着以内の好調馬を重視したい。

今回の出走馬で、血統面および先述した馬場傾向(1~3枠)の要点を満たしているのは、③エイティーンガール、④スイープセレリタス、⑥ダイアトニック。従って当欄では、この3頭を注目株として推奨する。

プロ
予想

【函館スプリントS2020予想】回収率100%超のダート神「nige」と予想神「スガダイ」の特注馬大公開!

13開催連続プラス収支を達成した予想神『スガダイ』の重賞展望をお届け!
完全収支公開のガチンコ勝負を勝ち抜いた本気予想は必見です!

出演:スガダイ(予想神) nige(ダート神) 岡田大(ウマニティ編集長)

スガダイなどプロ予想家の予想を見る

調教
予想

【函館スプリントS2020予想】A評価は3頭!-追い切りチェック(最終版)

日曜日に行われる函館スプリントSの出走馬の追い切りについて、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

スリーケープマンボ【C】
函館W併走。追走の形から直線に入ると前に出たものの、次第に力強さを失いペースダウン。併走馬が途中で脱落した点を加味しても、消化不良の感が強く残るのは確か。高い評価は与えづらい。

マリアズハート【B】
函館W単走。推進力が上に逃げ気味の走りではあるが、首をうまく使っているぶん、全体的にバランスがとれている。仕上がり自体は悪くないので、あとは実戦で落ち着いて走れるかどうかが、ポイントとなりそうだ。

エイティーンガール【B】
函館W単走。前肢の出が少し硬いように映るが、全体的に見れば適度に活気があってキビキビと動けている印象。少なくとも素軽さの面では、前回より上の段階にある。

スイープセレリタス【B】
函館W併走。直線に入るあたりまでは空回り気味の走りだったが、中盤以降はしっかりとした脚取りで先着を果たした。デキは安定しており、自身の力を出せる態勢とみていい。

ティーハーフ【D】
函館W単走。コーナーを過ぎるまでは活発な走りを見せていたが、直線に入ると首の動きが悪くなり、しまいにかけてトーンダウン。重賞で上位争いに持ち込めるほどのデキにあるとは言い難く、今回は割引が必要だろう。

ダイアトニックA
函館芝単走。直線に入るあたりまでは頭の位置が高いように思えたが、次第に重心が低くなり、ラストの伸び脚は目を引くものがあった。身のこなしも軽く、約3カ月のブランクを心配する必要はなさそう。力を出せる仕上がりとみる。

ライトオンキューA
函館芝併走。序盤は掛かる面を見せたが、それはいつものこと。力強いフットワークは光るものがあるし、ゴール後も脚いろは衰えなかったので、気にする必要はない。約7カ月の休養明けを思えば、優に合格点のデキだろう。

シヴァージ【B】
函館W単走。鞍上の仕掛けに対する反応が少し鈍いような気もする反面、力強い蹴り込みでしぶとく脚を伸ばしており、自身の長所は出せている印象。抜群とは言えないまでも、及第点の仕上がりにはある。

フィアーノロマーノA
函館芝単走。首で安定したリズムを刻み、体の向きはまっすぐ。掻き込みの深いフットワークを駆使した、躍動感のある動きは見映えがする。いい雰囲気でレースに臨めそうだ。

ジョーマンデリン【F】
連闘。中間内容や動きを確認できないためF判定とするが、函館芝1200mでは3勝を含む連対率100%。相応のコース適性を備えているのは間違いない。前走完勝の余勢をかって、上位争いに食い込む可能性もあり得る。

アリンナ【C】
函館W単走。しまい重点の調整。この馬にしては落ち着きがあるし、鞍上の指示に対しても従順だった。一方で、明確な上積みはうかがえず、状態維持が精一杯の感を受ける。積極的には手が出ない。

グランドボヌール【B】
函館W単走。しまいをしっかり追われ、マズマズの伸びを示した。鞍上の指示に対する反応も悪くなく、いい頃の雰囲気に戻りつつある。侮れない存在といえよう。

リュウノユキナ【C】
美浦坂路単走。頭の位置は高いが、行きたがるところなく、落ち着いて走れている印象。ただし、手前を替えた際、スピードに乗るまでに時間を要するあたりは相変わらず。良くも悪くも平行線、といったところか。

ミキノドラマー【D】
函館ダ単走。中盤までは折り合いをつけるのにひと苦労。しまいにかけて、多少なりとも落ち着きを取り戻したものの、首と四肢の連動性に乏しく、見映えは今ひとつ。今回も厳しい戦いになりそうだ。

メイショウショウブ【B】
函館W単走。やや小ぢんまりした走りではあるが、脚さばき自体は素軽く、気合い乗りも悪くない。制御がしっかり利いている点も好感が持てる。持ち前のしぶとさを生かせるようなら、面白い存在になるかもしれない。

ダイメイフジ【B】
函館W単走。掛かる面を見せず、脚さばきもスムーズ。派手な動きを示しているわけではないが、これといって悪いところはなく、一応の態勢は整っている印象。ヒモ穴として一考の余地はある。

【調教予想からの注目馬】
A判定は3頭。トップ評価は⑨フィアーノロマーノ。今週の本追い切りでは躍動感のある力強いフットワークを披露。競走除外の影響やブランクを感じさせないパフォーマンスを示した。すんなり流れに乗れば、怖い1頭になりそうだ。

2番手は、軽快な身のこなしとシャープな伸び脚を見せた⑥ダイアトニック。6月10日に栗東坂路で4F49秒4の猛時計を叩くなど、活発な動きが目立つ⑦ライトオンキューも差はない。

<注目馬>
フィアーノロマーノ ダイアトニック ライトオンキュー

追い切りニュース

追い切りニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:289,159人(08月09日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

厩舎
の話

【函館スプリントS2020予想】ダイアトニック「稽古はやればなんぼでも動く」ティーハーフ「今回はいつになくスムーズ」

 ◆エイティーンガール・坂井騎手 「追い切りはイメージ通り。変わらず雰囲気はいい」

 ◆グランドボヌール・城戸騎手 「能力は足りると思うけど、器用さがないのでスムーズなら。断然内枠がいい」

 ◆ジョーマンデリン・吉田助手 「前走は強かった。疲れも見られずカイバも食べている」

 ◆スリーケープマンボ・小谷助手 「思った以上の動き。体重が減っているのもいい」

 ◆ダイアトニック・岩本助手 「稽古はやればなんぼでも動く。58キロがカギだが、小さい馬でもないのでこなせるはず」

 ◆ダイメイフジ・菱田騎手 「暑さに弱いらしいので涼しいなかで追えたのは良かった。洋芝もいいが相手が強い」

 ◆ティーハーフ・深川助手 「いつも輸送すると何かあるのに、今回はいつになくスムーズ。体調も前走以上」

 ◆フィアーノロマーノ・藤岡康騎手 「動きは先週以上。どういう競馬をするにせよ、スタートを決めたい」

 ◆マリアズハート・大野騎手 「めりはりをつけたいい追い切りができた。決め手はひけをとらない」

 ◆ミキノドラマー・剣持助手 「状態は変わらない。洋芝はプラス」

 ◆メイショウショウブ・池添騎手 「もともと1200メートルを使いたかった。喉の音は少し気になるけど、動きはいい」

 ◆ライトオンキュー・古川騎手 「全ての面においていい馬。ここが大目標ではないが、十分に力を出せそう」

 ◆リュウノユキナ・小野師 「いい感じ。スピードは通用するし、もまれなければ一発があってもいい」



函館スプリントSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

U指数
予想

【函館スプリントS2020予想】低指数馬の台頭が多いレース!指数下位牝馬の好走にも警戒

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。

指数3~7位が狙い目

低指数馬の台頭が多いため、指数上位馬は苦戦傾向だが、まったく狙いが立たないというわけではない。なかでも、指数3~7位馬の安定性は高く、毎年欠かさず馬券に絡んでいる。迷うようであれば、3~7位のなかから連複の軸を選ぶのもひとつの方法だ。

指数下位の牝馬に要注意

指数9位以下で3着入りを果たした8頭のうち5頭を牝馬で占めている。開幕まもない走りやすい馬場もあってか、斤量差のアドバンテージは思いのほか大きい。条件を満たす馬の出走があれば、必ずチェックしておきたい。

指数94.0未満かつ4歳以上の牡・せん馬は軽視

低指数で馬券に絡んだ馬は、その多くが伸びしろの大きい3歳馬と、斤量差を生かした牝馬。指数94.0未満、かつ4歳以上の牡・せん馬が複勝圏内に入ったケースはゼロ。

※データは2013年以降の傾向

出走予定馬のU指数をチェックする

データ
予想

【函館スプリントS2020予想】減点ナシは4頭!トップ評価はダイアトニック!

【性別】

6月開催に移動した2012年以降、2着連対圏に入った牝馬はいずれも栗東所属馬。美浦所属の牝馬は苦戦傾向にある。また、所属に関係なく、せん馬の連対例もゼロ。押さえておきたいポイントだ。

【前走ダート戦出走馬】

2012年以降、前走ダート戦出走馬の好走例は皆無。馬場の高速化も手伝ってか、ダート経由の馬は苦戦が続いている。

【前走条件クラス出走馬】

2012年以降、前走条件クラス出走馬で2着連対圏に入った馬は、2015年の優勝馬ティーハーフのみ。同馬は前走で1番人気の期待に応えて、きっちり勝利を収めていた。前走1番人気1着以外の条件クラス経由馬は強調できない。

【前走馬体重】

前走の馬体重を検証すると、牡馬の場合は460キロ、牝馬ならば450キロが最低ライン。2012年以降の2着以内全馬がこの条件を満たしていた。該当する馬を主体に組み立てるべきだろう。

【近走成績】

2012年以降、近3走とも1400m以下かつG1・G2以外のレースに出走し、いずれも5着以下に敗れていた馬の好走はゼロ。該当馬の巻き返しはかなり難しい。

【休み明け】
2012年以降、中9週以上の間隔で2着連対圏に入った馬は例外なく、前走でG1に出走、または阪神芝の重賞を経由していた。この2パターンを除く、休養明けの馬は今ひとつの結果に終わっている。

【データ予想からの注目馬】
上記6項目で減点がないのは、シヴァージダイアトニックティーハーフフィアーノロマーノの4頭。最上位にはダイアトニックを推す。初の1200m戦となった高松宮記念は勝ちに等しい内容。当レースで2勝を挙げている、安田隆行厩舎の管理馬であることも好印象だ。

以下は、シヴァージフィアーノロマーノの2頭横並びの評価となる。残りの1頭、ティーハーフは近8年連対皆無の8歳以上馬。2015年の覇者ではあるが、傾向的に高い評価は与えづらい。

<注目馬>
ダイアトニック シヴァージ フィアーノロマーノ

このレースの傾向やデータをもっと見る

 ウマニティの会員数:289,159人(08月09日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

血統
予想

【函館スプリントS2020予想】馬場の高速化に伴い、CapoteやRaja Babaのスピードが活きる

昨年は禁止薬物検出騒動に見舞われ、出走を予定していた6頭が競走除外。それでも勝利したカイザーメランジェは、一昨年の勝ち馬セイウンコウセイと同牝系のサクラオリオン産駒という興味深い血統馬だった。

以前は欧州血統が幅を利かせていたものの、近年は洋芝も馬場の高速化に伴い、アメリカ的なスピードを問われる比率が高まっている印象を持つ。もともと小回りコースであることからBold Rulerの血を引く馬の活躍が目立っていたが、直近2年はCapote持ちが連対するほか、18&17年はRaja Babaを母系の5代目に持つ馬が勝利している。

エイティーンガールは、父ヨハネスブルグ×母センターグランタス(母の父アグネスタキオン)。3代母ダイナオレンジは88年新潟記念の勝ち馬で、82年オークスを制したシヤダイアイバーの全妹。母の父アグネスタキオンは17年勝ち馬ジューヌエコールを出しており、その母の父ロイヤルスキーはRaja Babaの直仔。近走の末脚は目を見張る切れ味で、ここもスムーズに捌ければ上位争い必至だろう。

フィアーノロマーノは、父Fastnet Rock×母Heart Ashley(母の父Lion Heart)。父は05年ライトニングS-豪G1を制するなどオーストラリアの重賞を6勝したスプリンターで、種牡馬としてもオセアニアを中心に数々の名馬を出している。母系の3代目にBeau Geniusの血を引くパターンは、15年勝ち馬ティーハーフと同じ。父系の血統背景に加え、母がアメリカのダート6f重賞を2勝していることからも距離短縮には食指が動く。

シヴァージは、父First Samurai×母Indian Bay(母の父Indian Charlie)。父は05年シャンペンS-米G1などアメリカのダート重賞を3勝。2代母Buy the Barrelは08年アレールデュポンディスタフS-米G2の勝ち馬。昨年、Giant's Causeway産駒のアスターペガサスが2着に好走していることから父系は強調しやすいが、本馬は時計の掛かる馬場で結果を残しているだけに、昨今の時計の速い決着には懐疑的。一雨が叶い、馬場が悪くなれば狙ってみたい一頭ではある。

ライトオンキューは、父Shamardal×母グレイトタイミング(母の父Raven's Pass)。父はGiant's Causewayの直仔で、05年セントジェイムズパレスS-英G1で父子制覇を達成するなど欧州のG1を4勝。4代母Miss Carmieのラインからはタップダンスシチーやディープスカイなどが輩出した。また、母の父は昨年の3着馬タワーオブロンドンの父でもある。芝1400m以下では大崩れしない堅実派で、父の産駒は悪天候も得意なだけに雨が降れば鬼に金棒か。

(文・シンヤカズヒロ)

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

過去10年の結果

【函館スプリントS2020予想】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2019年6月16日() 函館/芝1200m
天候: 馬場:稍重
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 10 カイザーメランジェ 江田照男 1:08.4 15.7 5 34.0 103.5
2 11 アスターペガサス 小崎綾也 1:08.6 1 1/2 3.9 2 34.0 101.4
3 13 タワーオブロンドン D.レーン 1:08.6 クビ 1.8 1 33.5 101.4
4 7 ダイメイフジ 松岡正海 1:08.7 1/2 7.4 4 33.8 100.4
5 2 ペイシャフェリシタ 岩田康誠 1:09.0 1 1/2 4.7 3 34.1 97.3
2018年6月17日() 函館/芝1200m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 1 セイウンコウセイ 池添謙一 1:07.6 5.9 3 34.5 103.2
2 9 ヒルノデイバロー 四位洋文 1:07.6 ハナ 26.6 10 33.9 103.2
3 7 ナックビーナス 三浦皇成 1:07.7 クビ 4.3 1 34.3 102.2
4 14 アドマイヤゴッド 岩田康誠 1:07.8 3/4 40.2 13 33.4 101.2
5 5 タマモブリリアン 古川吉洋 1:07.9 クビ 38.3 11 34.5 100.2
2017年6月18日() 函館/芝1200m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 8 ジューヌエコール 北村友一 1:06.8 7.2 3 33.9 106.0
2 3 キングハート 中谷雄太 1:07.2 2 1/2 10.1 4 34.2 102.0
3 4 エポワス 柴山雄一 1:07.2 クビ 22.4 7 34.1 102.0
4 12 セイウンコウセイ 幸英明 1:07.3 1/2 2.1 1 34.9 100.9
5 5 イッテツ 石橋脩 1:07.4 クビ 55.8 11 34.3 99.9

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【函館スプリントS2020予想】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2012年の優勝馬ドリームバレンチノ

夏の函館開催の幕開けを告げるスプリント重賞。札幌開催時代の第2~3回(1995~1996年)はノーブルグラスが連覇し、第3回に騎乗していた安田富男騎手は、この勝利で史上初となるJRA全10場重賞制覇記録を達成した。開催時期が6月に移ってからはややレベルが低下した感があるが、7月開催時代は、第4回(1997年)のマサラッキ、第6回(1999年)のシンコウフォレスト、第9回(2002年)のサニングデール、第10回(2003年)のビリーヴ、第15回(2008年)のキンシャサノキセキ、第18回(2011年)のカレンチャンと、G1馬やのちのG1馬が数多くの勝利を収めている。

歴史と概要をもっと見る

函館スプリントS特集 バックナンバー