今週の重賞レース

2021年6月27日( 宝塚記念 G1
函館スプリントS G3   日程:2021年6月13日() 15:25 札幌/芝1200m



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 7 14

ビアンフェ

セ4 56.0 藤岡佑介  中竹和也 560(+12) 1.07.6 8.0 5 34.8 ①①
2 8 16

カレンモエ

牝5 54.0 鮫島克駿  安田隆行 462(+4) 1.07.6 クビ 2.9 1 34.5 ②③
3 4 7

ミッキーブリランテ

牡5 56.0 和田竜二  矢作芳人 474(0) 1.07.6 ハナ 7.9 4 33.9 ⑩⑨
4 5 10

ジョーアラビカ

牡7 56.0 横山和生  清水久詞 502(+4) 1.07.7 クビ 43.2 12 33.7 ⑮⑬
5 4 8

カツジ

牡6 57.0 岩田康誠  池添兼雄 490(-16) 1.07.7 アタマ 26.6 9 33.3 ⑯⑯
6 3 5

ケープコッド

牝4 54.0 吉田隼人  高柳瑞樹 478(-2) 1.07.7 クビ 7.7 3 34.4 ⑤⑤
7 1 2

マイネルアルケミー

牡5 56.0 黛弘人  中野栄治 474(-6) 1.07.8 クビ 43.0 11 34.2 ⑧⑨
8 6 11

コントラチェック

牝5 55.0 丸山元気  藤沢和雄 480(0) 1.08.0 1 1/4 10.5 6 34.5 ⑧⑤
9 2 3

シゲルピンクルビー

牝3 50.0 泉谷楓真  渡辺薫彦 462(0) 1.08.1 3/4 6.3 2 34.3 ⑬⑬
10 6 12

ロードアクア

牡5 56.0 田中健  浅見秀一 470(-2) 1.08.1 ハナ 108.9 16 34.4 ⑩⑨
11 1 1

アスタールビー

牝5 54.0 池添謙一  南井克巳 452(+16) 1.08.1 ハナ 16.6 7 35.1 ②②
12 5 9

タイセイアベニール

牡6 56.0 小崎綾也  西村真幸 490(-2) 1.08.1 ハナ 21.5 8 34.4 ⑩⑨
13 3 6

リンゴアメ

牝3 50.0 秋山稔樹  菊川正達 424(-2) 1.08.2 クビ 46.1 13 34.9 ⑤⑧
14 7 13

センショウユウト

牡6 56.0 中井裕二  笹田和秀 478(-8) 1.08.4 1 1/2 86.8 15 34.5 ⑭⑬
15 8 15

アルピニズム

牡4 56.0 団野大成  金成貴史 496(-2) 1.08.6 61.2 14 35.3 ⑤⑤
16 2 4

ジャスティン

牡5 58.0 坂井瑠星  矢作芳人 496(--) 1.09.4 29.8 10 36.4 ②③
ラップタイム 11.7 - 10.3 - 10.8 - 11.1 - 11.4 - 12.3
前半 11.7 - 22.0 - 32.8 - 43.9 - 55.3
後半 55.9 - 45.6 - 34.8 - 23.7 - 12.3

■払戻金

単勝 14 800円 5番人気
複勝 14 260円 5番人気
16 130円 1番人気
7 240円 4番人気
枠連 7-8 840円 1番人気
馬連 14-16 1,010円 1番人気
ワイド 14-16 450円 1番人気
7-14 1,220円 12番人気
7-16 560円 4番人気
馬単 14-16 2,480円 7番人気
3連複 7-14-16 2,980円 5番人気
3連単 14-16-7 15,280円 28番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:316,092人(06月23日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

馬場
予想

【函館スプリントステークス2021予想】内~中を通る馬が優勢!道中外、直線も外の待機勢にはつらいコンディション!

土曜日の札幌芝のレース結果、近年の函館スプリントステークスの結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

前週の土曜日から今週の金曜日の間は雨がなく、そのぶん入念に散水作業を実施。加えて、土曜日は朝から雨がパラついたこともあり、芝コースは良馬場(JRA発表)ながら、含水多めのコンディションでスタートした。軟度のある馬場がこたえたのか、平場では外々を回る形の待機勢が届きそうで届かない場面が続出。先行・好位追走組に有利な状況と化した。

だが、降雨の時間は短く気温も上昇、馬場の乾きが進むにつれて、差し馬の好走が徐々に増加。函館スプリントステークスと同じ芝1200mで行われた大倉山特別(2勝クラス)は、3角5番手以降の馬が1~3着を独占している。ゆえに、流れや立ち回り次第で、どの脚質でも上位進出が可能な馬場とみるべきだ。

日曜日の降水確率は0%。土曜日後半の傾向を踏襲する可能性は高い。ただし、力を要する洋芝コースであることに変わりはなく、道中外から追走、直線も外、という馬は体力的に不利。頭数が揃ったレースで外枠(7~8枠)を優先するのは得策ではない。

よほどの力量差や適性差でもない限りは、道中で内~中を回り、なおかつスムーズに加速可能な位置を確保できそうな馬をチョイスすべきだろう。真ん中より内めの枠(1~4枠あたり)から、そういう競馬ができれば言うことはない。

血統面については、土曜日施行の芝1000・1200m戦3クラを振り返ると、サンデーサイレンスやロベルトが属するヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒が好調。連対馬6頭すべてが該当する。条件を満たす馬は相応の評価をする必要があるだろう。

また、前走で芝のG1・G2戦に出走、もしくは前走3着以内の好調馬が幅を利かせているのも、近年における函館スプリントステークスの特徴のひとつ。血統面とセットで押さえておきたい傾向だ。

今回の出走馬で、血統面と先述した馬場傾向(1~4枠)の要点をともに満たしているのは、③シゲルピンクルビー、⑦ミッキーブリランテ、⑧カツジ。従って当欄では、この3頭を狙いどころとして推奨する。

【馬場予想からの注目馬】
シゲルピンクルビー ⑦ミッキーブリランテ ⑧カツジ
厩舎
の話

【函館スプリントステークス2021予想】カレンモエ「流れひとつ」 コントラチェック「洋芝で勝っているし、適性はある」

 ◆アスタールビー・南井師「しまいの反応は良かった。うまくスタートが決まれば…」

 ◆アルピニズム・池上助手「前走は落鉄などがあって参考外」

 ◆カツジ・池添兼師「馬力があるので、洋芝は合うと思う」

 ◆カレンモエ・臼井助手「力をつけているし、流れひとつ」

 ◆ケープコッド・鈴木助手「1回使って気持ちが乗ってきた。流れに乗って競馬できれば」

 ◆コントラチェック・千島助手「洋芝で勝っているし、適性はある」

 ◆シゲルピンクルビー・野元助手「順調。1200メートルでも対応してくれると思います」

 ◆ジャスティン・坂井騎手「好調時と比べると物足りない面はあるが、しっかりと動いていた」

 ◆ジョーアラビカ・横山和騎手「洋芝の不安はない」

 ◆センショウユウト・笹田助手「体に幅が出てきた。この条件は合っていると思う」

 ◆タイセイアベニール・山田泰助手「しまいは確実に脚を使うので展開が向けば…」

 ◆マイネルアルケミー・黛騎手「連勝して馬が自信を持ってきた感じ」

 ◆ミッキーブリランテ・貝澤厩務員「体は仕上がっているし、デキ自体はいいですよ」

 ◆リンゴアメ・菊川師「中1週になるが、洋芝は去年函館で勝っているし、スムーズなら」

 ◆ロードアクア・加藤厩務員「スピードがあるので開幕週の馬場は合いそう」



函館スプリントSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

データ
予想

【函館スプリントステークス2021予想】3頭に絞られた連対候補の中からシゲルピンクルビーをトップ評価

【性別】

6月開催に移動した2012年以降(すべて函館開催)、2着連対圏に入った牝馬はいずれも栗東所属馬。美浦所属の牝馬は苦戦傾向にある。また、所属に関係なく、せん馬の連対例もゼロ。押さえておきたいポイントだ。

(減点対象馬)
⑤ケープコッド ⑥リンゴアメ ⑪コントラチェック ⑭ビアンフェ

【前走クラス】

2012年以降の2着以内18頭中17頭が前走でオープンクラスのレースに出走していた。例外は2015年の優勝馬ティーハーフ1頭のみ。同馬は前走で1番人気の期待に応えて、きっちり勝利を収めていた。前走1番人気1着以外の条件クラス経由馬は狙いづらい印象を持つ。

(減点対象馬)
②マイネルアルケミー ⑬センショウユウト

【前走着順】

2012年以降、前走掲示板外から巻き返しに成功した馬は14頭。前走着順があまり直結しないレースとみてとれる。その一方、前走が非重賞の1200m戦で6着以下に敗れていた馬の好走例は皆無。前走掲示板外の馬を狙うのであれば、重賞組もしくは距離変更馬に的を絞りたい。

(減点対象馬)
①アスタールビー ⑩ジョーアラビカ ⑫ロードアクア ⑮アルピニズム

【前走馬体重】

前走の馬体重を検証すると、牡馬の場合は460キロ以上、牝馬ならば450キロ以上がひとつの目安。2012年以降の2着以内全馬がこの条件を満たしていた。該当する馬を主体に組み立てるべきだろう。

(減点対象馬)
①アスタールビー ⑥リンゴアメ

【前走人気】

2012年以降の1~2着馬で前走の単勝人気順が6番手以下だった馬は8頭。いずれも前走で重賞に出走していた。前走が非重賞、かつ当時の単勝人気順が6番手以下の低評価を受けていた馬は疑ってかかりたい。

(減点対象馬)
①アスタールビー ⑨タイセイアベニール ⑫ロードアクア ⑬センショウユウト

【休養明け】

2012年以降、中9週以上の間隔で2着連対圏に入った馬は例外なく、前走で芝のG1戦に出走、または阪神芝の重賞を経由していた。この2パターンを除く、中9週以上の臨戦馬は今ひとつの結果に終わっている。

(減点対象馬)
①アスタールビー ④ジャスティン ⑩ジョーアラビカ ⑪コントラチェック ⑬センショウユウト ⑭ビアンフェ ⑯カレンモエ

【データ予想からの注目馬】
上記6項目で減点がないのは、③シゲルピンクルビー、⑦ミッキーブリランテ、⑧カツジの3頭。トップには③シゲルピンクルビーを挙げたい。2012年以降、前走G1出走の3~4歳牝馬は【2.1.2.3】の好成績。前走桜花賞組かつG2で勝利経験のある馬が【2.0.0.0】という、素晴らしい結果を残していることも好印象だ。

近9回【2.0.1.7】の前走京王杯SC組に該当する、⑦ミッキーブリランテも侮れない存在。昨秋のスワンSを制した⑧カツジにも相応の警戒が必要だろう。

<注目馬>
シゲルピンクルビー ⑦ミッキーブリランテ ⑧カツジ

このレースの傾向やデータをもっと見る

U指数
予想

【函館スプリントステークス2021予想】U指数の爆上げが見込める3歳牝馬と1、2位の古馬で勝負!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

年齢、性別、臨戦過程などじつに多様なメンバーが揃い、激戦が展開されている函館スプリントS。上下の斤量差が大きくなるケースも多く、平穏決着に収まる年はほとんどない。今年は札幌を舞台に行われるが、その傾向が大きく変わることはないだろう。U指数にとってもやっかいなレースで、毎年のように二桁順位の馬が馬券に絡んでいる。
 
ただし、完全にお手上げというわけではない。二桁順位の激走は、古馬初対戦となる3歳馬というパターンが多いからだ。U指数の構造上、数値は伸びにくいものの、上位人気に支持される例も目立つ。3歳馬については、指数のみで評価を割り引かないほうがいいだろう。
 
対する古馬は、過去5年間を見ると毎年5位以内の馬が1頭以上3着以内に入っており、上位勢はそれなりに信頼できる。古馬は指数通りに評価して問題ない。
 
今年、出走を予定している3歳馬は、15位の⑥リンゴアメ(89.0)と16位の③シゲルピンクルビー(86.3)の2頭。指数はブービーとシンガリとなっているが、古馬初対戦ゆえに度外視できる。ともに重賞勝ち馬で斤量は有利な50キロ。例年このレースでU指数を一気に伸ばす3歳馬が多いので、さすがに切るわけにはいかない。
 
一方の古馬は、素直に1位の⑯カレンモエ(98.4)と2位の⑨タイセイアベニール(96.9)の名前を挙げておく。

【U指数予想からの注目馬】
リンゴアメ ③シゲルピンクルビー ⑯カレンモエ ⑨タイセイアベニール

出走予定馬のU指数をチェックする

 ウマニティの会員数:316,092人(06月23日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

血統
予想

【函館スプリントステークス2021予想】洋芝で活きるStorm Catのパワーとスピードに注目

今年は東京オリンピックの開催に伴う開催日割の変更があり、函館スプリントSは函館芝1200mから札幌芝1200mに舞台を移して施行される。なお、2009年に当該コースで代替開催された際にはアグネスデジタル産駒の1番人気グランプリエンゼルが勝利していた。

また、札幌芝1200mではキーンランドカップが古馬混合重賞として施行されており、昨年は1着エイティーンガール(父ヨハネスブルグ)、2着ライトオンキュー(父Shamardal)とStorm Cat直系のワンツー決着となるほか、4・5着にも母の父にStorm Catの血を引くロードカナロア産駒のアスタールビー、ヤマカツマーメイドが入線していたことを意識してみたい。ちなみに代替開催された2009年にもStorm Cat直系のエーシンエフダンズ(父Forestry)が8着に降着となったものの3位で入線している。


カレンモエは、父ロードカナロア×母カレンチャン(母の父クロフネ)。母カレンチャンは12年高松宮記念や11年スプリンターズSを制したスプリンターで、11年函館スプリントSや11年キーンランドカップの勝ち馬でもある。なお、父ロードカナロアも12年函館スプリントSで2着の実績を持つ。本馬は重賞初挑戦となった20年京阪杯がクビ差2着、前走オーシャンSもハナ差2着と惜敗が続いているものの、コース不問で立ち回れる安定感には誇れるものがあるだけに、母も得意とした北海道の地であとひと押しを叶えたいところだろう。

アスタールビーは、父ロードカナロア×母キリエ(母の父ブライアンズタイム)。母系にRobertoの血を引くロードカナロア産駒という点では、18年2着・19年1着とキーンランドカップを2年連続で好走したダノンスマッシュと同じ。本馬は函館で2勝、札幌で1勝を挙げる洋芝巧者で、残る小倉での1勝含め、全4勝が滞在競馬ということも特徴となっている。また、昨年のキーンランドカップでは差し・追い込み馬が上位を占めるなか、前々で運んで4着と健闘しており、今回は開幕週でスピードを活かせる馬場が追い風となりそうだ。

ビアンフェは、父キズナ×母ルシュクル(母の父サクラバクシンオー)。本馬は函館で「2-1-0-0」という成績を残し、19年函館2歳Sでは半姉ブランボヌールとの姉弟制覇を達成。なお、母ルシュクルも08年すずらん賞を制するなど、札幌で1勝、函館で2勝を挙げる洋芝巧者だった。前走オーシャンSが去勢明け緒戦だったことを思えば及第点以上の内容で、前進気勢が衰えずにコントロールが効くようになっていたことは収穫と言えるだろう。ほか、父キズナを介してStorm Catの血を引くことも強調しやすい。

【血統予想からの注目馬】
カレンモエ ①アスタールビー ⑭ビアンフェ

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

過去10年の結果

【函館スプリントステークス2021予想】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2020年6月21日() 函館/芝1200m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 6 ダイアトニック 武豊 1:07.5 2.5 1 33.9 103.8
2 16 ダイメイフジ 菱田裕二 1:07.8 34.4 10 34.4 100.8
3 10 ジョーマンデリン 岩田康誠 1:07.9 1/2 7.5 3 34.0 99.8
4 9 フィアーノロマーノ 藤岡康太 1:07.9 アタマ 9.3 4 33.8 99.8
5 8 シヴァージ 藤岡佑介 1:08.0 クビ 10.8 6 33.5 98.7
2019年6月16日() 函館/芝1200m
天候: 馬場:稍重
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 10 カイザーメランジェ 江田照男 1:08.4 15.7 5 34.0 103.5
2 11 アスターペガサス 小崎綾也 1:08.6 1 1/2 3.9 2 34.0 101.4
3 13 タワーオブロンドン D.レーン 1:08.6 クビ 1.8 1 33.5 101.4
4 7 ダイメイフジ 松岡正海 1:08.7 1/2 7.4 4 33.8 100.4
5 2 ペイシャフェリシタ 岩田康誠 1:09.0 1 1/2 4.7 3 34.1 97.3
2018年6月17日() 函館/芝1200m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 1 セイウンコウセイ 池添謙一 1:07.6 5.9 3 34.5 103.2
2 9 ヒルノデイバロー 四位洋文 1:07.6 ハナ 26.6 10 33.9 103.2
3 7 ナックビーナス 三浦皇成 1:07.7 クビ 4.3 1 34.3 102.2
4 14 アドマイヤゴッド 岩田康誠 1:07.8 3/4 40.2 13 33.4 101.2
5 5 タマモブリリアン 古川吉洋 1:07.9 クビ 38.3 11 34.5 100.2

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【函館スプリントステークス2021予想】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2012年の優勝馬ドリームバレンチノ

夏の函館開催の幕開けを告げるスプリント重賞。札幌開催時代の第2~3回(1995~1996年)はノーブルグラスが連覇し、第3回に騎乗していた安田富男騎手は、この勝利で史上初となるJRA全10場重賞制覇記録を達成した。開催時期が6月に移ってからはややレベルが低下した感があるが、7月開催時代は、第4回(1997年)のマサラッキ、第6回(1999年)のシンコウフォレスト、第9回(2002年)のサニングデール、第10回(2003年)のビリーヴ、第15回(2008年)のキンシャサノキセキ、第18回(2011年)のカレンチャンと、G1馬やのちのG1馬が数多くの勝利を収めている。

歴史と概要をもっと見る

 ウマニティの会員数:316,092人(06月23日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

函館スプリントS特集 バックナンバー