カレンモエ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牝4 芦毛 2016年2月3日生
調教師安田隆行(栗東)
馬主鈴木 隆司
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績 8戦[4-1-2-1]
総賞金6,175万円
収得賞金2,400万円
英字表記Curren Moe
血統 ロードカナロア
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
レディブラッサム
カレンチャン
血統 ][ 産駒 ]
クロフネ
スプリングチケット
兄弟 カレンヒメカレンイモーション
前走 2020/09/26 長篠ステークス
次走 2020/11/29 京阪杯 G3

カレンモエの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/11/29 阪神 12 京阪杯 G3 芝1200 -- 167134.7----** 牝4 54.0 松若風馬安田隆行-- --------
20/09/26 中京 11 長篠S 3勝クラス 芝1200 18242.111** 牝4 55.0 北村友一安田隆行464(-2)1.08.1 -0.234.0メイショウミモザ
20/08/22 小倉 11 佐世保S 3勝クラス 芝1200 118101.812** 牝4 55.0 鮫島克駿安田隆行466(+2)1.07.6 0.035.2フェルトベルク
20/02/15 小倉 11 紫川特別 2勝クラス 芝1200 176112.611** 牝4 55.0 鮫島克駿安田隆行464(0)1.09.0 -0.334.9ヒロイックアゲン
20/01/13 京都 9 乙訓特別 2勝クラス 芝1200 158142.114** 牝4 54.0 北村友一安田隆行464(+8)1.10.3 0.135.2ヒルノマゼラン
19/10/06 京都 12 3歳以上2勝クラス 芝1200 14462.413** 牝3 53.0 北村友一安田隆行456(-6)1.08.8 0.134.0⑤⑤エイティーンガール
19/07/13 函館 9 3歳以上1勝クラス 芝1200 15461.911** 牝3 52.0 北村友一安田隆行462(+2)1.09.4 -0.234.9スズカフェラリー
19/04/29 京都 6 3歳500万下 芝1200 15472.613** 牝3 54.0 鮫島克駿安田隆行460(0)1.08.4 0.333.8④⑤レコードチェイサー
19/02/10 小倉 5 3歳新馬 芝1200 18592.211** 牝3 54.0 鮫島克駿安田隆行460(--)1.10.7 -0.336.0メイショウウチデ

カレンモエの関連ニュース

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は京阪杯・データ予想をお届けします!


【性別】
2010年以降(すべて京都開催)、牡馬の【9.6.7.80】に対し、牝馬は【1.4.4.56】と劣勢。なお、後者の5連対は前走5着以内の馬に限られる。前走が掲示板外の牝馬に手を出すのはリスクが高い。

【前走使用距離】
2010年以降の3着以内延べ31頭の前走使用距離をみると、1000m、1200m、1400mの3パターン。ただし、1000m組の好走は前走1番人気馬に限定される。その点には注意したい。

【間隔】
2010年以降の2着以内延べ20頭のうち、18頭が中8週以内の間隔で臨んでいた。例外の2頭は、前走が重賞2着だった馬と、重賞でタイム差0秒2以内の善戦馬。相応の戦歴がない中9週以上の馬は、疑ってかかるべきだろう。

【近走成績】
2010年以降、近4走内にG2以下のレースで9着以下敗退が2回以上ある馬が、2着連対圏に入ったケースはゼロ。該当馬は評価を控えめにしたい。


【データ予想からの注目馬】
上記4項目で減点がないのは、カレンモエシヴァージレッドアンシェルロードアクアの4頭。現時点のトップはシヴァージとする。当レースと比較的相性がいい、前走スワンS組であることに加え、差し馬が幅を利かせつつある馬場コンディションも追い風になりそうだ。

スプリント重賞2勝の実績を評価して、レッドアンシェルを2番手に。芝1200mで【4.1.2.1】という堅実な成績を収めているカレンモエ、条件クラス連勝の余勢を駆って挑むロードアクアもぞんざいには扱えないだろう。

<注目馬>
シヴァージ レッドアンシェル カレンモエ ロードアクア

【U指数的分析の結論!】京阪杯2020 U指数100.0のトップタイで並ぶ3頭が軸の有力候補! 2020年11月25日(水) 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は京阪杯・U指数予想をお届けします!


U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

18頭立てのU指数17位ながら2着に激走した2018年のナインテイルズのように、時に二桁順位の伏兵が番狂わせを起こすため、U指数のみで攻略するのは非常に難しいレースだが、1着馬については指数を参考に絞り込むことができる。過去5年間の勝ち馬のU指数を見ると、2015年が97.9(サトノルパン)、2016年が99.2(ネロ)、2017年が98.0(ネロ)、2018年が97.8(ダノンスマッシュ)、2019年が98.5(ライトオンキュー)というように、みな98に近い数字を持っていたことがわかる。今年は97.7で7位のカレンモエまでが1着候補とみなすことができそうだ。

そしてなんと珍しいことに、登録時点においてシヴァージトゥラヴェスーラレッドアンシェルの3頭が、同じ100.0で1位に並んでいる。U指数的には甲乙つけがたく、この3頭は軸の有力候補として横並びで注目するのが正解。共倒れに終わる可能性は低そうなので、3頭とも切るという選択は避けたほうがいいだろう。

もう1頭は、98.8で5位という上々の評価を受けながらも妙味のあるオッズを示しそうなリバティハイツを取り上げておきたい。

【U指数予想からの注目馬】
シヴァージ トゥラヴェスーラ レッドアンシェル リバティハイツ

[もっと見る]

【京阪杯】レース展望 2020年11月24日(火) 16:22

 阪神の日曜メインはスプリント重賞の京阪杯(29日、GIII、芝1200メートル)。ジャパンカップと同じく最終12Rで行われる。過去10年で1番人気は【2・2・0・6】と苦戦しており、ひと筋縄ではいかないイメージだが、今年は京都から阪神へと舞台を移してどう変わるのか注目される。

 サマースプリント王者のレッドアンシェル(栗東・庄野靖志厩舎、牡6歳)を中心視する。昨年のCBC賞で重賞初制覇を飾ったが、7カ月の休養を挟むと2戦続けて二桁着順に敗れた。しかし、次走のCBC賞は連覇こそならなかったが、3着に好走し、続く北九州記念を8番人気で勝利してスプリント重賞2勝目を挙げた。そして前走のスプリンターズSでは6着に健闘。復調は明らかだ。GIIIのここなら実績は上位で、重賞3勝目が期待される。

 カレンモエ(栗東・安田隆行厩舎、牝4歳)は父がロードカナロア、母がカレンチャンという生粋のスプリンター血統だ。その血統通りにこれまでの8戦全てが芝1200メートル戦で、【4・1・2・1】と安定感を誇る。昇級初戦は全て敗れている点が不安材料だが、ここを勝てば両親に続くスプリントGI制覇への道が大きく開けるだろう。

 プリモシーン(美浦・木村哲也厩舎、牝5歳)は初めてのスプリント戦で関屋記念15着からの巻き返しを図る。マイル重賞を3勝しており、昨年のヴィクトリアマイルでも2着に入るなど、実績は上位だ。1200メートルに対応できれば上位争いは必至だろう。

 昨年のダービー卿チャレンジT勝ち馬のフィアーノロマーノ(栗東・高野友和厩舎、牡6歳)は今年のマイラーズCを右前肢跛行で競走除外になり、その後の2戦は振るわないが、阪神Cと阪急杯で2着に好走した阪神の内回りで巻き返しを期す。

 スワンS5着のシヴァージ(栗東・野中賢二厩舎、牡5歳)は再び1200メートル戦に戻って重賞初制覇を狙う。これまでの重賞成績は5戦して全て馬券圏外だが、それでも高松宮記念で5着という好成績を残しており、一気に重賞タイトルに手が届いても不思議はない。

 アンヴァル(栗東・藤岡健一厩舎、牝5歳)は2走前のCBC賞で11番人気ながら2着と好走。勝ったのが13番人気のラブカンプーで、3連単244万4630円という波乱を演出した。続く北九州記念でも4着に健闘しており、ここも立ち回りひとつだろう。

 タイセイアベニール(栗東・西村真幸厩舎、牡5歳)は昨年の春に芝へ再転向すると、コツコツと条件戦を勝ち上がって地力を強化してきた。今年5月にオープン特別を勝ち、重賞へ再び挑戦して4、9、4着とまずまずの成績。展開次第では出番がある。

 他にはアイビスサマーダッシュ勝ち馬のジョーカナチャン(栗東・松下武士厩舎、牝5歳)、前述のラブカンプー(栗東・森田直行厩舎、牝5歳)、18年フィリーズレビュー勝ち馬で前走の夕刊フジ杯オパールSを勝って復調気配のリバティハイツ(栗東・高野友和厩舎、牝5歳)、アイビスサマーダッシュ3着馬のビリーバー(美浦・石毛善彦厩舎、牝5歳)、重賞で連続6着も大きく負けていないトゥラヴェスーラ(栗東・高橋康之厩舎、牡5歳)、条件戦を連勝中のロードアクア(栗東・浅見秀一厩舎、牡4歳)なども上位をうかがう。



京阪杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【血統アナリシス】京阪杯2020 サンデーサイレンスの血がネックとなる舞台 2020年11月24日(火) 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は京阪杯・血統予想をお届けします!


今年は京都競馬場整備工事に伴う開催日割の変更があり、京阪杯-G3は京都芝1200mから阪神芝1200mに舞台を移して開催される。7月に行われたCBC賞-G3も阪神芝1200mにて代替開催されているが、13番人気のラヴカンプー(父ショウナンカンプ)と11番人気のアンヴァル(父ロードカナロア)が1・2着となる大波乱で、サンデーサイレンスの血を全く引かない馬同士のワンツー決着でもあった。

なお、2006年12月のコースリニューアル以降、阪神芝1200mでは17回重賞が施行されているが、サンデーサイレンス直系の勝利例は、2009年セントウルS-G2・アルティマトゥーレ(父フジキセキ)、2011年高松宮記念-G1・キンシャサノキセキ(父フジキセキ)、2012年セントウルS-G2・エピセアローム(父ダイワメジャー)の3頭に限られる。3頭のうち2頭がフジキセキ産駒であるほか、キンシャサノキセキエピセアロームはDamasiに遡る遠縁であったことはポイントだろう。

カレンモエは、父ロードカナロア×母カレンチャン(母の父クロフネ)。10年京阪杯-G3の勝ち馬スプリングソングの姪で、母は12年高松宮記念-G1や11年スプリンターズS-G1など短距離重賞を5勝した。本馬は父と母が芝1200mのG1馬という名スプリンター同士の掛け合わせで、サンデーサイレンスを抱えない血統構成も強調しやすい。伯父が制した所縁あるレースであれば、重賞初制覇にも期待が高まる。

リバティハイツは、父キングカメハメハ×母ドバウィハイツ(母の父Dubawi)。15年に仏2000ギニー‐仏G1とフォレ賞‐仏G1を制したMake Believeの姪で、母は11年にゲイムリーS-米G1、イエローリボンS-米G1などアメリカの芝重賞を3勝した。本馬は前走オパールS-Lで約2年半ぶりの勝利を飾ったが、前傾ラップのタフな展開を得意とするだけに、持ち味を発揮できなかったレースも少なくない。2走前に初めてブリンカーを着けたときの行きっぷりが申し分なく、スプリンターとして新境地を開いたのであれば、今回も警戒しておきたい存在だ。

ジョーカナチャンは、父ロードカナロア×母ラッキーダイス(母の父ネオユニヴァース)。タヤスブルームやカタマチボタンが出たGrey Autumnに遡る牝系で、2代母ミスベガスは04年セニョリータS-米G3の勝ち馬。本馬はテンの速力には目を見張るものがあり、前走北九州記念-G3においてもモズスーパーフレアに引けを取らなかった。休み明けを苦にするタイプでもなく、むしろフレッシュな方が気性的にも力を出しやすいので、一息入れて立て直された効果に期待したい。

(文・シンヤカズヒロ)


【血統予想からの注目馬】
カレンモエ リバティハイツ ジョーカナチャン

[もっと見る]

【京阪杯】特別登録馬 2020年11月23日(月) 17:30

[もっと見る]

12・13香港国際競走に登録した日本馬を発表 2020年10月30日(金) 04:47

 JRAは29日、12月13日にシャティン競馬場で行われる香港国際競走(GI)に登録した日本馬を発表した。Cは香港カップ(芝2000メートル)、Mは香港マイル(芝1600メートル)、Sは香港スプリント(芝1200メートル)、Vは香港ヴァーズ(芝2400メートル)。重複の馬は最初から順に第1、第2、第3希望。

 アウィルアウェイ(SM)、アドマイヤマーズ(M)、アーモンドアイ(CM)、インディチャンプ(MS)、ヴァンドギャルド(M)、ウイングレイテスト(MC)、ウインブライト(CM)、カデナ(C)、カフェファラオ(C)、カレンモエ(S)、キングオブコージ(VC)、クロノジェネシス(CV)、ケイアイノーテック(M)、サウンドキアラ(M)、サトノアーサー(M)、サトノインプレッサ(CM)、サトノガーネット(VC)、サリオス(MC)、サートゥルナーリア(CV)、スカーレットカラー(MC)、ステイフーリッシュ(VC)、センテリュオ(VC)、ダイアトニック(SM)、タイセイトレイル(V)、ダノンキングリー(CM)、ダノンスマッシュ(S)、ダノンファンタジー(M)、ダノンプレミアム(CM)、タワーオブロンドン(S)、ディアドラ(CV)、ディープボンド(VC)、ノームコア(CMV)、パフォーマプロミス(V)、パンサラッサ(CV)、ペルシアンナイト(M)、ミスターメロディ(S)、ミッキーブリランテ(M)、モズアスコット(M)、ラヴズオンリーユー(CV)、ラウダシオン(MS)、ラストドラフト(CV)、レッドガラン(C)、ワールドプレミア(VC)。

[もっと見る]

⇒もっと見る

カレンモエの関連コラム

関連コラムはありません。

カレンモエの口コミ


口コミ一覧
閲覧 61ビュー コメント 0 ナイス 3

こんばんわ 明日11/29単複王です
No.803 阪神 9レース 白菊賞(1勝クラス)  芝 1600m ◎ サトノルーチェ ◯ フラーズダルム
No.804 阪神 10レース 立雲峡S(3勝クラス)  芝 1600m ◎ オースミカテドラル ◯ サトノウィザード
No.805 阪神 11レース カノープスS(OP)  ダート 2000m ◎ ダノンスプレンダー ◯ メイショウカズサ
No.806 阪神 12レース 京阪杯(G3)  芝 1200m ◎ カレンモエ ◯ フィアーノロマーノ
No.807 東京 8レース ベゴニア賞(1勝クラス)  芝 1600m ◎ ステラリア ◯ ヴィクトゥーラ
No.808 東京 9レース オリエンタル(2勝クラス)  芝 2000m ◎ モクレレ ◯ セントオブゴールド
No.809 東京 10レース シャングリラ(2勝クラス)  ダート 1600m ◎ フルデプスリーダー ◯ オーバーディリバー
No.810 東京 11レース ウェルカムS(3勝クラス)  芝 2000m ◎ レッドアルマーダ ◯ イェッツト
No.811 東京 12レース ジャパンC(G1)  芝 2400m ◎ コントレイル ◯ アーモンドアイ
続いて
No.122 ジャパンカップ ◎ コントレイル ○ アーモンドアイ ▲ デアリングタクト ☆ グローリーヴェイズ カレンブーケドール
No.123 京阪杯 ◎ カレンモエ ○ フィアーノロマーノ ▲ ラブカンプー ☆ アンヴァル トゥラヴェスーラ
明日11/29のメインレースは
阪神 11レース 京都2歳S(G3) 芝 2000m
東京 11レース ジャパンC(G1) 芝 2400m
です
ジャパンC(G1) ◎ コントレイル ○ アーモンドアイ ▲ デアリングタクト ☆ グローリーヴェイズ カレンブーケドール
京阪杯(G3) ◎ カレンモエ ○ フィアーノロマーノ ▲ ラブカンプー ☆ アンヴァル トゥラヴェスーラ
よろしくお願いします

 浪花のクマ 2020年11月28日() 21:07
ジャパンC 最終決断
閲覧 334ビュー コメント 0 ナイス 6


ジャパンカップ GⅠ

◎ ⑤ デアリングタクト
〇 ② アーモンドアイ
▲ ④ キセキ
△ ③ ワールドプレミア
☆ ⑬ ユーキャンスマイル

◎3強ムードだが、コントレイルのダメージが心配、
 思い切って切る・・ローテはデアリングタクトが
 一番いい、軸はここから・・

3連単
⑤⇒②④③⑬
②⇒⑤④③⑬

おまけ

京阪杯 GⅢ

◎ ② アンヴァル
〇 ⑬ カレンモエ
▲ ⑪ シヴァージ
△ ⑨ リバティハイツ
× ④ プリモシーン
☆ ⑭ ラブカンプー

◎近2走、復調の兆しはみせたアンヴァル、暑い時期
 は苦手なタイプ、今なら初重賞も夢ではない・・

3連複
②⇒⑬⑪⑨④⑭

[もっと見る]

 ちびざる 2020年11月28日() 20:47
【GⅢ】京阪杯の予想
閲覧 64ビュー コメント 0 ナイス 12

<指数的には、上位陣の信頼度は今一つ。大波乱の可能性アリ!?>

◎:⑬カレンモエ
〇:⑩フィアーノロマーノ
▲:④プリモシーン
△:⑨リバティハイツ


【買い目】
※オッズ等により、変更する可能性アリ

ワイド流し
⑬→⑩④⑨



 ◎は⑬カレンモエにしました。
 指数2位。某スポーツ紙調教評価2位
前走の長篠ステークスは、1着でした。
その前走は3番手から抜け出し、1着でした。
2着に1馬身1/4差をつけての快勝でした。
ここのところ成績も安定してきました。
初の阪神コースとおうのは気になりますが
今の安定感ならこなす可能性はあると思っています。
松若騎手がどう乗るかですね。


 ○は⑩フィアーノロマーノにしました。
指数4位。某スポーツ紙調教評価1位
前走のキーンランドカップは10着。
その前走は、あまり良いところがなく10着でした。
洋芝での重馬場ってのも影響があったのかもしれません。
今回はある程度のポジションでレースがしたいところですね。
阪神コースも阪神カップで2着があるように問題はなさそうです。
久々でも状態は悪くないと思います。
吉田隼人騎手の騎乗ぶりにも注目したいですね。


 ▲は④プリモシーンにしました。
指数6位。
前走は関屋記念で15着でした。
その前走は、後方を追走し、そのままゴール。
初の千二のレース。
気性的な問題もあるのでこの距離短縮がどう出るかは注目したいですね。
千二の流れに乗れるかがポイントになりそうですね。
鞍上は北村宏司騎手なので無難に乗ってきそうですね。(^^;


△以下では、⑨リバティハイツに注目ですね
前走のオパールステークスは1着でした
その前走は、中団やや前からの競馬で1着でした。
重賞ではワンパンチ足りない気はしますが
某スポーツ紙調教評価1位なので、状態の良さでカバーしたいところ。
団野騎手の思い切った騎乗に期待したいですね。

[もっと見る]

⇒もっと見る

カレンモエの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
6:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年11月28日() 17:09:13
talk、▲
5:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年11月27日(金) 00:03:47
関係、好時計、調教○
4:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年9月25日(金) 22:19:51
jp鉄、

⇒もっと見る

カレンモエの写真

投稿写真はありません。

カレンモエの厩舎情報 VIP

2020年11月29日京阪杯 G3
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

カレンモエの取材メモ VIP

2020年9月26日 長篠ステークス 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。