ダイメイプリンセス(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ダイメイプリンセス
ダイメイプリンセス
ダイメイプリンセス
ダイメイプリンセス
ダイメイプリンセス
ダイメイプリンセス
ダイメイプリンセス
写真一覧
現役 牝7 黒鹿毛 2013年4月9日生
調教師森田直行(栗東)
馬主宮本 孝一
生産者横井 哲
生産地日高町
戦績39戦[7-2-2-28]
総賞金20,849万円
収得賞金8,100万円
英字表記Daimei Princess
血統 キングヘイロー
血統 ][ 産駒 ]
ダンシングブレーヴ
グッバイヘイロー
ダイメイダーク
血統 ][ 産駒 ]
ダンスインザダーク
スノーペトレル
兄弟 ダイメイフジダイメイサツキ
前走 2020/10/25 ルミエールオータムD (L)
次走予定

ダイメイプリンセスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/10/25 新潟 11 ルミエAD (L) 芝1000 1871310.958** 牝7 59.0 横山武史森田直行504(0)0.57.1 1.434.1--ヒロイックアゲン
20/10/04 中山 11 スプリンター G1 芝1200 1611271.7158** 牝7 55.0 秋山真一森田直行504(+2)1.09.1 0.835.1⑧⑨グランアレグリア
20/08/23 小倉 11 北九州記念 G3 芝1200 185911.4413** 牝7 56.0 秋山真一森田直行502(+4)1.08.6 0.835.1⑧⑧レッドアンシェル
20/07/26 新潟 11 アイビスSD G3 芝1000 18488.035** 牝7 56.0 秋山真一森田直行498(0)0.54.6 0.132.2--ジョーカナチャン
20/05/24 新潟 11 韋駄天S OP 芝1000 1661213.763** 牝7 56.0 秋山真一森田直行498(-6)0.54.3 0.131.7--ライオンボス
20/03/29 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 18713245.61617** 牝7 55.0 秋山真一森田直行504(+14)1.10.9 2.235.0⑬⑮モズスーパーフレア
20/03/07 中山 11 オーシャンS G3 芝1200 164831.857** 牝7 54.0 秋山真一森田直行490(-12)1.08.4 1.034.4⑫⑪ダノンスマッシュ
20/02/02 京都 11 シルクロード G3 芝1200 1881841.61210** 牝7 56.0 松山弘平森田直行502(-2)1.09.5 0.534.5⑩⑩アウィルアウェイ
19/09/29 中山 11 スプリンター G1 芝1200 1661271.3126** 牝6 55.0 秋山真一森田直行504(0)1.07.5 0.434.0⑦⑤タワーオブロンドン
19/09/08 阪神 11 セントウルS G2 芝1200 13687.646** 牝6 54.0 川田将雅森田直行504(+4)1.07.6 0.934.0⑦⑦タワーオブロンドン
19/08/18 小倉 11 北九州記念 G3 芝1200 1881630.891** 牝6 55.0 秋山真一森田直行500(+4)1.08.2 -0.234.5⑪⑧ディアンドル
19/07/28 新潟 11 アイビスSD G3 芝1000 18126.726** 牝6 55.0 M.デムー森田直行496(-10)0.55.5 0.432.7--ライオンボス
19/05/05 京都 11 鞍馬S OP 芝1200 1771425.988** 牝6 57.0 池添謙一森田直行506(0)1.08.1 0.534.0ミラアイトーン
19/03/24 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 1881840.6916** 牝6 55.0 M.デムー森田直行506(+18)1.09.1 1.834.6⑰⑯ミスターメロディ
19/03/02 中山 11 オーシャンS G3 芝1200 16357.4310** 牝6 54.0 M.デムー森田直行488(-14)1.08.5 1.434.5⑭⑬モズスーパーフレア
19/01/27 京都 11 シルクロード G3 芝1200 1871320.686** 牝6 55.0 秋山真一森田直行502(-4)1.08.8 0.534.3⑬⑫ダノンスマッシュ
18/09/30 中山 11 スプリンター G1 芝1200 163630.8104** 牝5 55.0 秋山真一森田直行506(+4)1.08.5 0.234.4⑫⑨ファインニードル
18/08/19 小倉 11 北九州記念 G3 芝1200 176117.742** 牝5 55.0 秋山真一森田直行502(0)1.06.8 0.233.9⑦⑥アレスバローズ
18/07/29 新潟 11 アイビスSD G3 芝1000 178152.711** 牝5 54.0 秋山真一森田直行502(+4)0.53.8 -0.231.8--ラブカンプー
18/07/01 中京 11 CBC賞 G3 芝1200 184712.769** 牝5 54.0 秋山真一森田直行498(+2)1.07.5 0.533.2⑮⑭アレスバローズ

⇒もっと見る


ダイメイプリンセスの関連ニュース

 ★産経賞オールカマーを発熱で回避し、放牧に出ていたフィエールマン(美・手塚、牡5)はきょう14日に帰厩。天皇賞・秋へ向け、来週は初コンビの福永騎手を背に1週前追い切りを行う。

 ★有馬記念3着後、戦列を離れているワールドプレミア(栗・友道、牡4)は、ジャパンC(11月29日、東京、GI、芝2400メートル)で復帰する。僚馬でクイーンSを制したレッドアネモス(牝4)は福島記念(11月15日、福島、GIII、芝2000メートル)に向かう。

 ★京都大賞典を制したグローリーヴェイズ(美・尾関、牡5)はジャパンCか、昨年勝った香港ヴァーズ(12月13日、シャティン、GI、芝2400メートル)が候補。僚馬でグリーンチャンネルC3着ハーグリーブス(牡5)はオータムリーフS(11月15日、阪神、OP、ダ1400メートル)や霜月S(11月22日、東京、OP、ダ1400メートル)が視野に。

 ★毎日王冠2着ダイワキャグニー(美・菊沢、セン6)は在厩して問題がなければ、天皇賞・秋(11月1日、東京、GI、芝2000メートル)へ。

 ★スプリンターズS2着ダノンスマッシュ(栗・安田隆、牡5)の次走は未定ながら、香港スプリント(12月13日、シャティン、GI、芝1200メートル)の登録を済ませた。8着ダイメイプリンセス(栗・森田、牝7)はルミエールオータムダッシュ(25日、新潟、L、芝・直1000メートル)へ。僚馬で15着ラブカンプー(牝5)は京阪杯(11月29日、阪神、GIII、芝1200メートル)へ。夕刊フジ杯オパールSを勝ったリバティハイツ(栗・高野、牝5)は、状態次第で京阪杯が目標。

グローリーヴェイズの競走成績はこちら

【スプリンター】レースを終えて…関係者談話 2020年10月5日(月) 04:55

 ◆福永騎手(ミスターメロディ4着)「一発狙うとしたら、ああいう(早めに動く)競馬だと思っていた。上位馬(1、3着)の決め手はすごかった」

 ◆三浦騎手(クリノガウディー5着)「外枠でしたが、この馬のリズムを守り、最後もよく来てくれた」

 ◆M・デムーロ騎手(レッドアンシェル6着)「外枠がきつかった。直線は手前を替えていないし、中山の坂もこたえた」

 ◆浜中騎手(メイショウグロッケ7着)「2度目の千二で追走が楽になり、着順ほど負けていない」

 ◆秋山真騎手(ダイメイプリンセス8着)「頑張って走っていますよ」

 ◆古川騎手(ライトオンキュー9着)「いいポジションにつけて完璧だと思ったが、最後は伸び負けした」

 ◆池添騎手(エイティーンガール11着)「3コーナーで手応えが怪しくなり、内からステッキを入れたら反応したが、直線に入って狭くなった」

 ◆北村宏騎手(キングハート12着)「最後は少し狭くなって怖がるところを見せていた」

 ◆安田隆師(ダイアトニック13着)「ゲート内で馬がイライラしていたようです。今後のことはひと息入れて考えたい」

 ◆菱田騎手(ダイメイフジ14着)「いつもより返し馬でおとなしかった。見えない夏場の疲れがあったのかも」

 ◆藤岡佑騎手(ビアンフェ16着)「コンディションが上がると気持ちが高ぶってしまいますね。発走を遅らせてしまって申し訳ありませんでした」=枠入り不良で発走時刻が6分遅延。5日から11月3日まで出走停止ののち、調教再審査



★4日中山11R「スプリンターズS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【スプリンター】最新ナマ情報 2020年10月4日() 04:52

◆順調ぶり強調〔1〕ダイメイプリンセス

 3年連続参戦の7歳牝馬は、午後3時3分に決戦の地についた。森田調教師は「放牧先から帰ってきたら(馬体重が)増えて、輸送をすると減るのはいつものことですからね。前回と見た目は変わらずきていますよ」と順調ぶりを強調した。



◆8度目の正直〔3〕ダノンスマッシュ

 “8度目の正直”でのGI初制覇を狙って午前11時48分に中山に到着した。「ここにきてかなり完成されてきたとみています。GIタイトルが手に届くところまできていると思うので、真の姿を引き出してもらいたいです」と安田隆調教師。



◆発馬クリアなら〔4〕キングハート

 美浦のAコースで体をほぐして坂路4ハロン72秒2。ゆったりしたペースでも落ち着いて駆け上がってきて、雰囲気は悪くなかった。「最後は慎重な仕上げになりましたが、変わりなくいい状態です。あとはスタートだけ。出が悪いわけじゃなく、ゲート内の態勢が悪い時があるので。そこをクリアしてある程度の位置で運べれば」と星野助手。



◆再度の激走だ〔5〕メイショウグロッケ

 産経賞セントウルSで12番人気2着と激走した6歳牝馬は、午後3時24分に中山入り。阿久井助手は「追い切った後もへこんだ印象はないですね。左回りの方が良さそうな感じもありますが、体調は変わらず送り出せます」と力を込めた。



◆馬場状態歓迎〔6〕ライトオンキュー

 今夏のキーンランドC2着馬は、午後3時24分に到着。2度目のGI挑戦に向け、準備は整った様子で、昆助手は「変わりなくこれていますし、調子よくこれていると思います。中山は比較的、時計がかかっているのは、この馬にとっていいと思います」と馬場状態を歓迎した。



◆体が締まった〔7〕ミスターメロディ

 昨年の高松宮記念以来のGI2勝目を狙って午後3時24分に中山に到着した。「叩いてよくなるタイプで、前走とは全然違う。体が締まって動きも軽くなっている。右回りは特に気にしていない」と藤原助手。



◆好調キープ!〔8〕ダイメイフジ

 昨年の高松宮記念11着以来2度目のGI挑戦を迎えるアグネスデジタル産駒は、午後3時3分に到着。「追い切ってから、体に張りが出て、状態はまあまあ。良さそうな感じです。スムーズな競馬を期待したいですね」と森田調教師は好調キープを強調した。



◆「良馬場なら」〔9〕ダイアトニック

 高松宮記念の3着馬は、僚馬ダノンスマッシュとともに午前11時48分に中山に降り立った。「前走後は順調に調整できました。去年の暮れからすごくしっかりしてきました。良馬場ならいい結果を残してくれると信じています」と安田隆調教師。



◆10番枠に笑顔〔10〕グランアレグリア

 GI3勝目を狙って、最終調整は美浦の坂路で行った。堂々とした馬体で力強いフットワークをみせ、4ハロン54秒5-12秒9を楽々とマーク。見届けた藤沢和調教師は「金曜が坂路2本だったから土曜は1本。いい感じだね」と笑顔をみせた。枠順の〔5〕枠(10)番も「いいところだね。中山は難しいコースで、このクラスの馬になると前も止まらないから、内で行き場がなくなることもある。直線も短いからね。ここならいいだろう」と、スムーズに運べる枠順から、昨年のタワーオブロンドンに続く、厩舎の連覇を狙っている。



◆先行あるのみ〔11〕ラブカンプー

 一昨年の2着馬は、午後3時3分に中山競馬場に到着した。森田調教師は「器用な脚がある馬じゃないので先行するしかない。状態は悪くないんだけどね。もう少し内の枠がよかったかな」と話した。



◆唯一の3歳馬〔12〕ビアンフェ

 キズナ産駒でただ1頭の3歳馬は午後3時11分、中山競馬場に到着した。「輸送はありますが、前走と同じぐらいのイメージで出走できそう。使った上積みも見込めると思いますよ」と伊藤助手は胸を張った。



◆夏王者も万全〔13〕レッドアンシェル

 今年のサマースプリントシリーズ王者は、2度目の中山競馬場への輸送。午後3時11分に到着し、GI初制覇へ態勢は万全だ。庄野調教師は「追い切った後も変わりなくきています。ほどよく気合も乗っていい状態ですね。前走のような競馬が理想です」と期待を寄せた。



◆初GIヘ期待〔14〕エイティーンガール

 キーンランドC勝ち馬は、初めてのGI舞台に向けて午後3時9分に中山に到着した。「いい状態で出せるのが何よりです。普段の調教で我慢が利いているのが、結果につながっています。あとはほんの少しの運があればと思います」と飯田祐調教師。



◆瞬発力生かす〔15〕クリノガウディー

 1位入線後に4着降着になった高松宮記念の雪辱を期し、午後3時11分に中山に到着。「間隔は詰まっているけど、元気でいい状態で臨めると思う。外枠になってしまったけど、流れ乗って運んでラストの瞬発力を生かしてほしい」と藤沢則調教師。



◆状態「絶好調」〔16〕アウィルアウェイ

 通算14戦目で初めてとなる中山競馬場に、午後2時51分に到着。「高松宮記念(11着)は出遅れたのがすべてです。絶好調で状態に関してはいうことがないですね。スタート五分ならもっとやれると思います」と高野調教師は話した。

[もっと見る]

【スプリンター】最新ナマ情報 2020年10月3日() 04:55

◆もう少し外が…〔1〕ダイメイプリンセス

 過去2年4、6着の7歳牝馬は最内〔1〕枠(1)番をゲット。ただ、同枠のVはGI昇格初年度のバンブーメモリーまでさかのぼる。森田調教師は「昨年が内で包まれて駄目だったからね。そうならないといいけど…。もう少し外がよかったかな」と口数は少なかった。



◆音無師「最高」枠〔2〕モズスーパーフレア

 高松宮記念に続く春秋スプリントGI制覇を狙う快速牝馬は〔1〕枠(2)番。2015年には前年2着のストレイトガールがリベンジVを果たした枠でもあり、昨年2着の本馬にも吉兆だろう。音無調教師は「最高だね。内めの偶数で、スタート後に内に入っていくこともない。理想的なところ」と声を弾ませた。



◆「外が良かった」〔3〕ダノンスマッシュ

 悲願のGI制覇へ〔2〕枠(3)番からスタートする。GI昇格後に2着が3度あるが、勝ち馬は出ていない枠で、安田隆調教師は「去年(〔1〕枠(2)番)も内枠で包まれていますからね。もう少し外枠が欲しかったですね」と渋い表情だった。



◆「問題ない」枠〔4〕キングハート

 美浦Aコースで流してから坂路4ハロン65秒5で軽快な動きをみせた。枠順は〔2〕枠(4)番に。「流れに乗って運べればこの枠でも問題ないし、昨年のラピスラズリS(3着)のような(好位から)競馬もできるので」と星野助手は好枠ににっこり。



◆希望通りの内め〔5〕メイショウグロッケ

 産経賞セントウルSの2着馬は〔3〕枠(5)番からのスタートとなった。2004年にカルストンライトオが勝ち星を挙げた枠だ。阿久井助手は「(6)番よりも内辺りが欲しかったのでよかったです。ラストの脚を生かせるようなら」と期待を込めた。



◆枠より「流れ」で〔6〕ライトオンキュー

 キーンランドCの2着馬は、これまで勝ち星がない〔3〕枠(6)番。ただ2着2回、3着3回と馬券圏内はにぎわしている。昆助手は「枠というよりは流れのなかで、どこで競馬ができるかだと思います。ロスなく運んで、うまくさばくことができれば」と話した。



◆外過ぎず…ホッ〔7〕ミスターメロディ

 昨年の高松宮記念勝ち馬は〔4〕枠(7)番。2010年にウルトラファンタジーがこの枠から勝っている。藤原英調教師は「内枠がほしかったけど、外過ぎないので良かった。道中でリラックスして運んで、いかにしまいを伸ばせるか」と語った。



◆3連勝中の好枠〔8〕ダイメイフジ

 2017年から3連勝中の“吉兆枠”〔4〕枠(8)番をゲット。ただ森田調教師は、「もう少し内がよかったけど、スムーズな競馬ができればいい。追い切ったあとも見た目は変わっていません」と控えめだった。



◆「しようがない」〔9〕ダイアトニック

 横山典騎手と初コンビを組む今春の高松宮記念3着馬は〔5〕枠(9)番。GI昇格後に2着が最多5回あるが、勝ち馬は出ていない枠で、安田隆調教師は「内枠が欲しかったけど、しようがないですね」と気を取り直した。



◆厩舎連覇に自信〔10〕グランアレグリア

 桜花賞安田記念に続くGI3勝目を〔5〕枠(10)番から狙う。この日は美浦の坂路を2本駆け上がり、気負いもなく力強い走りを見せた。津曲助手は「いい感じですね。追い切りの後も順調に来ていると思います」と状態面に不安はない様子。枠順にも「極端なところじゃないし、真ん中あたりでちょうどいい。昨年も〔4〕枠(8)番だったしね」と昨年の覇者タワーオブロンドンを引き合いに出して、厩舎の連覇に自信をのぞかせていた。



◆「番手」につけて〔11〕ラブカンプー

 今夏のCBC賞勝ち馬は外めの〔6〕枠(11)番。1996年(フラワーパーク)以来、勝ち馬は出ていない枠となった。斎藤騎手は「(逃げそうな)モズスーパーフレアが内枠に入ったので番手からの競馬になりそう。スタートを決めて楽に2番手につけられれば」とイメージしている。



◆内をみながら…〔12〕ビアンフェ

 メンバー中ただ1頭の3歳馬は〔6〕枠(12)番と外目からのスタートとなった。過去2勝も1994年から勝ち星がない。伊藤助手も「もう少し内枠がよかったです」と残念な表情。「ハナにいけるようならいってもいいけど、内のモズスーパーフレアをみながらの競馬でもいいと思います」と語った。



◆縁起の「いい」枠〔13〕レッドアンシェル

サマースプリントシリーズ王者は、過去4勝の〔7〕枠(13)番からGI初制覇を目指す。庄野調教師は「内に前に行く馬がいるので、それを見ながら好位、中団で運べれば。(同馬主、同鞍上の)レッドファルクスが勝ったとき(2016年)と同じ枠だし、いいところだね」と笑顔だった。



◆重賞初Vと同枠〔14〕エイティーンガール

 今夏のキーンランドC勝ち馬は〔7〕枠(14)番。重賞初勝利を挙げたその前走と同枠からのスタートだ。飯田祐調教師は「自分の力ではどうしようもないことなので、枠は気にしていません」と悠然と構えている。



◆内枠が良かった〔15〕クリノガウディー

 今春の高松宮記念で1位入線も4着降着となったスクリーンヒーロー産駒は〔8〕枠(15)番。2000年のダイタクヤマト以降、勝利がない。藤沢則調教師は「内枠が良かったけどね。しようがないけど、どうもツイてないね…」と肩を落とした。

スプリンターズSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【スプリンター】厩舎の話 2020年10月1日(木) 11:36

 アウィルアウェイ・高野調教師「スプリンターにしては二の脚が遅い。好位で流れに乗れるか」

 エイティーンガール・飯田祐調教師「力ずくで勝てる相手ではない。前の馬が苦しい流れなら」

 キングハート・北村宏騎手「スタートを決めてロスなく上手に立ち回ってどこまで頑張れるか」

 グランアレグリア・ルメール騎手「追い切りはパワフルなストライド。1200メートルはちょうどいいし、ビッグチャンス」

 クリノガウディー・藤沢則調教師「時計は馬場が悪かったのでちょうどいい。瞬発力勝負なら」

 ダイアトニック・安田隆調教師「高松宮記念(3着)も良馬場ならもっといい結果が出ていた」

 ダイメイフジ・森田調教師「前走は馬場が悪く進んで行かず。良馬場前提で、流れに乗りたい」

 ダイメイプリンセス・森田調教師「前走は馬場が悪く、伸びそうで伸びず。良馬場で脚ためたい」

 ダノンスマッシュ・安田隆調教師「GIに手が届くところにきた。安田隆厩舎のロードカナロア産駒でGIを獲りたい」

 ビアンフェ・中竹調教師「中間はしっかり負荷をかけた。体は締まっているし、上積みもある」

 ミスターメロディ・藤原英調教師「動きに軽さが出てきた。右回りでもうまく手前を替えれば、もうひと伸びできる」

 メイショウグロッケ・荒川調教師「前走で初めて6Fを使ったら、期待どおりの走りを見せた」

 モズスーパーフレア・音無調教師「去年よりデキはいいくらい。中山では走る。ペースを遅くしないで、独り旅の形で」

 ライトオンキュー・昆調教師「道中は無理に動かず、逃げ馬の後ろくらいから末脚を生かして」

 ラブカンプー・森田調教師「斤量が軽いときにしか結果が出ていない。良馬場で内枠が希望」

 レッドアンシェル・庄野調教師「ゲートセンスが良く、レース運びが上手。前走のように最後まで集中して走れれば」(夕刊フジ)

スプリンターズSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【スプリンター】追って一言 2020年10月1日(木) 04:46

 ◆アウィルアウェイ・高野師「パワフルで前進気勢があるし、いい調整ができました。不利なく自分の競馬ができれば」

 ◆エイティーンガール・池添騎手「先週の時点でいい状態でしたし、やりすぎないようにサッと。以前より大人の体つきになってきました」

 ◆キングハート・北村宏騎手「硬さがなくいい感じの仕上がり。内枠を引いてスタートを決め、上手に立ち回りたい」

 ◆クリノガウディー・藤沢則師「中2週ですが状態は維持。瞬発力なら他の動く馬にも負けない。勝てる力はある」

 ◆ダイメイフジ・森田師「予定通りの併せ馬。あとは当時、気温が高くなく、稍重ぐらいまでなら力は出せそう」

 ◆ダイメイプリンセス・森田師「動きは悪くなかったが年齢的なものか少し硬いのが気になる」

 ◆ビアンフェ・中竹師「動きは何も問題ない。前走の中京の馬場は走りづらそうだったけど、今の中山の芝は合う」

 ◆メイショウグロッケ・佐藤助手「動きは変わらずいつも通り。1200メートルの前走は最後まで頑張ってくれたし、レースではいつも一生懸命、力を出してくれる」

 ◆ライトオンキュー・昆師「日曜にもあれだけやれて仕上がっているし、きょうも時計的にも十分すぎるくらい。持ち時計はないけど、切れ味勝負にも対応できる」

 ◆ラブカンプー・森田師「体調は維持している。55キロを背負うのは厳しいが、うまく内枠を引いてスッと行ければ…」

スプリンターズSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダイメイプリンセスの関連コラム

閲覧 964ビュー コメント 0 ナイス 9

今年も秋のG1シーズンがやってきました。13週のうち11週がG1という、まさにほぼ毎週G1の楽しい時期でもあります(最終週は有馬記念とホープフルSのG1 2つの週です)。やはり金額的にも大きく投じることの多いG1で好成績をおさめて、病院も、看護学校、普段の生活も何かと大変だったこの2020年、頑張ったぶん馬券的には良かったと言えるようにしていきたいと思っています。そして、このコラムでは分析や下調べにも励み、読んでいただいている皆さんに貢献をと考えています。それでは恒例の全頭診断へ。


<全頭診断>
1番人気想定 グランアレグリア安田記念で単勝1.3倍のアーモンドアイに2馬身半差をつける圧勝をしてしまったぶん、このメンバーならものすごい人気になりそう。後方から鋭く差してきた高松宮記念では、ここでもぶつかることになったモズスーパーフレアの2着好走を果たし、1200mの流れにも慣れが見込める(本質的には1400mがベストだと思うが)。ただ、ものすごく高い能力がある一方で、もまれたり寄られたりして、これまで負けがある馬。高松宮記念で、斜行により1着から4着降着となったクリノガウディーの隣を走らないよう、要注意か(笑)

2番人気想定 モズスーパーフレア高松宮記念は繰り上がってではあるが1着となりG1制覇。前走北九州記念をやや太目で逃げ粘って(2着)のひと叩きを経て、狙いすましたローテでこのレースを迎える。今回の中間は、音無厩舎らしく、栗東坂路で50秒台の時計が1週前に出ている。ハナを叩かれそうなライバルも居らず、割と楽に逃げられそうで最短距離をぴったり回れる公算も。スプリントG1春秋制覇は十分ある。

3番人気想定 ダノンスマッシュ:G2までは強く安定した成績なのだが、なぜかG1となると、毎度人気でイマイチと、ちょっと足りないまま5歳秋を迎えてしまった。ひと叩きの前走セントウルSが強い内容で、本番で川田騎手に戻り、余分に人気となりそう。強そうに見えたが前走で倒した2着はメイショウグロッケでもあり、相手関係が楽でもあった。

4番人気想定 ダイアトニック:3月の阪急杯は降着となり、逆に高松宮記念では不利を受け繰り上がり3着。函館SSで1着となり1番人気で迎えた前走キーンランドCは札幌の悪天候での特殊馬場だったとはいえ15着と惨敗。安田隆厩舎にしては調教時計が出ておらず、3月の好調時ほどのデキに無いのでは。

5番人気想定 ミスターメロディ:芝、ダート兼用馬で、昨年の高松宮記念馬だが以降は低迷が続いていた。前走のセントウルSでは久々に3着と好走した。ただ直線の伸びはジリジリで、重馬場にでもならないと瞬発力不足は補えないかも。

6番人気想定 レッドアンシェル北九州記念ではブリンカー効果があったようで、モズスーパーフレアを差し切ってみせた。あとは鞍上。何年か前ならテン乗りのM.デムーロ騎手はG1で期待できたが、近年そうでもなくなってきていて……。

7番人気想定 ライトオンキュー:シャマーダル×レイヴンズパスという配合のダーレーの馬で、じわじわと力をつけてきた。昨年11月の京阪杯勝ちの後は長く休んだが、夏の札幌でオープン特別で楽勝、G3キーンランドC2着と好走してここへ。頭は無いがヒモはあって良いレベルに力をつけてきていて、穴として狙いたい馬。

8番人気想定 クリノガウディー:2歳時には、ここで断然人気のグランアレグリアアドマイヤマーズに寄られて3着に負けた朝日杯FSで2着と同馬に対して先着。今年3月の高松宮記念でも、15番人気ながら激走(斜行して降着)をみせたが。ここではあまり期待できず。

9番人気想定 エイティーンガール:重賞初制覇となった前走キーンランドCは、特殊馬場を外から追い込んできてのもので坂井騎手の好騎乗の要素が大きい。連続激走は難しいのでは。

10番人気以下想定
アウィルアウェイ:鋭い末脚をもつ短距離の追い込み馬だが、G3くらいまでなら良いが、ここでは荷が重い。

ビアンフェ:前走は逃げない競馬でも折り合えたとのことだが、3歳馬でまだこれからの存在では。

メイショウグロッケ:牝馬重賞を使っていたが、前走1200mを使ってみたところ距離短縮で鋭い末脚をみせた。ただG1でどうこういう存在ではないのでは。

ダイメイフジ:今年はG3の函館SS2着止まりと力が落ちてきている感あり。

ダイメイプリンセス:新潟直千の得意な快速牝馬も、7歳秋を迎え以前ほどのスピードは無い。新潟直千でもオープン特別3着止まりでは……。

ラブカンプー:7月のCBC賞は久々の逃げ切り勝利だったが、それ以降2桁着順続きで、体力的にももうお釣りが無いのでは。

キングハート:2年半前のG3オーシャンS勝ち以降は、オープン特別すら勝てず低迷続きで、期待できず。



<まとめ>
有力:モズスーパーフレアグランアレグリア

ヒモに:ダノンスマッシュレッドアンシェル

穴で:ライトオンキュー


登録済みの方はこちらからログイン

2020年9月6日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年09月06日号】特選重賞データ分析編(218)~2020年産経賞セントウルステークス~
閲覧 1,734ビュー コメント 0 ナイス 2



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 産経賞 セントウルステークス 2020年09月13日(日) 中京芝1200m


<ピックアップデータ>

【前走の条件が“G1・G2のレース”以外だった馬の、前走の着順ならびに前走の1位入線馬とのタイム差別成績(2013年以降)】
○着順が1着、もしくは1位入線馬とのタイム差が0.4秒以内 [4-4-4-25](3着内率32.4%)
×着順が2着以下、かつ1位入線馬とのタイム差が0.5秒以上 [0-1-2-44](3着内率6.4%)

 前走の条件が“G1・G2のレース”だった馬は2013年以降[3-2-1-9](3着内率40.0%)とまずまず堅実。一方、前走が格の高いレースだった馬を除くと、大敗直後の馬は苦戦していました。臨戦過程を素直に評価すべきでしょう。

主な「○」該当馬→ビアンフェフェルトベルク
主な「×」該当馬→ジョーカナチャンダイメイプリンセスラブカンプー


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“同年、かつJRA、かつ重賞のレース”において3着以内となった経験がある」馬は2013年以降[6-6-5-19](3着内率47.2%)
主な該当馬→ジョーカナチャンビアンフェラブカンプー

[もっと見る]

2020年8月21日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】スピード競馬の経験が馬に刺激を与える&波乱含みの北九州記念
閲覧 1,027ビュー コメント 0 ナイス 2

先週末は小倉記念関屋記念が行われた。

小倉記念は通常の2週目ではなく開幕週の開催となったことで、例年よりスピードを問われる結果になった。アールスターは長岡騎手がテン乗りだったが上手く馬群を捌いて、見事なイン突きで勝利。フェブラリーSでのケイティブレイブ激走でファンの度肝を抜いた杉山厩舎&長岡騎手のコンビが、再び重賞で大仕事をやってのけた。

一方、関屋記念サトノアーサーが直線追い込みを決めて勝利。2着に逃げたトロワゼトワル、3着にアンドラステ。勝ったサトノアーサーは掛かる気性でマイルへの距離短縮が向いたのもあるが、戸崎騎手の腕も見逃せない。スタートでやや出負けした後、これまでだと位置を取りに行くような競馬も目立ったが、今回は騎手の好判断でじっくり脚を溜める作戦。もともと自分から動くよりも極限まで溜めた方が良いタイプだけに、騎手の判断が功を奏し、最後の伸びに繋がった。


〜侮れない”前走直線組”

先週の競馬でもう一つ印象に残ったのは、スピード競馬を経験することのメリットだ。小倉記念で猛然と追い込んで2着したサトノガーネットは、1600m→1800mと使われて今回は2000mに距離延長。もともと追い込みタイプだけに前半追走に苦労する面があったが、今回はスタートからスムーズに追走できたことで、最後の伸びに繋がった。適性よりも短い距離を使われ続けていた効果が今回出た形だった。

また、札幌メインのUHB賞では前走アイビスサマーダッシュを使われてきた2頭が好走。カッパツハッチは6番人気2着、イベリスは4番人気3着と、いずれも人気より上位に持ってきた。前走で直線1000mを使われてきた馬はあまり人気にならないケースが多いが、この究極のスピードレースを経験することで馬が得る物は多い。低調なメンバー構成になりがちなアイビスサマーダッシュ組が案外その後の重賞で穴をあけるのは偶然ではなく、ある意味激流の競馬を経験することで馬に”闘魂注入”効果があるためだ。

昨年はダイメイプリンセスが、アイビスサマーダッシュ6着から北九州記念に出走し9番人気1着。4年前にはアイビスサマーダッシュを8番人気で制したラインミーティアが、次走のセントウルSでは6番人気2着と好走。過去にもアイビスサマーダッシュ好走馬は意外とその後のレースでも穴をあけており、特殊な直線競馬だから…ということで侮らない方が良い。それだけ馬にとってキツい経験となる激流レースを経由する効果は大きいのだ。


〜波乱必至・北九州記念の展望

さて、今週末は夏の大一番・札幌記念が行われるが、馬券的に面白そうなのは小倉競馬場で行われる北九州記念だろうか。前述したアイビスサマーダッシュ経由馬も、勝ち馬ジョーカナチャンや、ダイメイプリンセスラブカンプーなど複数頭がエントリーしている。

ポイントは馬場状態と展開だろうか。外からの差しが決まるケースも多いレースだが、例年の4週目から今年は2週目の開催になり、傾向が変わる可能性がある。

というわけで、ココでは2頭注目馬を挙げておきたい。

アンヴァル
昨年当レースで3着以降は不振が続いていたが、前走は久々に北村友一騎手が騎乗し復活。前半の行きっぷりが良くなり、以前の自在性が戻ってきた感じがする。引き続き同騎手騎乗、前がやり合う流れになれば今年もチャンス。

ラブカンプー
2走前のCBC賞で復活の勝利。前走は10着に敗れたが、直線競馬で不利な1枠2番から見せ場は作っており、着順ほど悲観するような内容ではなかった。毎年差しが決まる北九州記念だが、2週目の開催で前が粘れるような馬場&流れになればチャンスも。

※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2020年8月14日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】超低レベルで波乱含みの小倉記念&秋に向けて注目の関屋記念
閲覧 1,686ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は札幌&新潟でダート重賞が行われた。

新潟で行われたレパードSは、ケンシンコウが積極策から逃げ切り勝ち。行く馬がいなかったため、最内枠を利してスッとハナを奪えたのが勝利んだった。鞍上の丸山騎手は「逃げたくはなかった」と語るようにスタート直後は譲り合うような状況だったが、意を決してハナを奪ったのが勝利に繋がった。またパイロ産駒はコーナーが上手な馬が多く、3着のブランクチェックも含め、新潟のキツイコーナーの立ち回り戦への対応能力も高かった。

一方、残念だったのはタイガーインディの鮫島駿騎手。スッとスタートを決めて難なくハナ…かと思いきや、そこで引いてしまった。明らかに逃げたくなかったようなのだが、新潟のダートの状況や展開を考えれば逃げ先行有利は明白だっただけに、千載一遇のチャンスを逃した印象が強い。未だに陣営コメントでよく目にする「逃げなくても競馬はできるよ」というのを見るたびに、逃げが悪いことではないのに…という気持ちになる。何はともあれ、とても残念な騎乗だった。

もちろん我々馬券を買うファンは、だからこそ「迷ったら前」という意識は忘れないでおきたいし、買う場合は前に行ってくれる騎手かどうかを判断する必要もある。特に夏のローカルは馬場さえよければ前が強い。先行できる馬、前で勝負してくれる騎手が特に重宝する時期だ。

~変則開催で小倉重賞の傾向は変わるか?

さて、今週からはようやく夏の小倉開催が始まる。例年ならば札幌&新潟と同時にスタートする夏の小倉だが、今年は変則日程で、今週末から4週間限定となる。そのため、重賞の日程もいつもとは異なる。毎年Aコース2週目となる小倉記念が開幕週に、Aコース4週目となる北九州記念が同2週目の開催となっている。

この変化がなぜ重要かというと、上記の2レースはともに毎年ローカル小倉の割に差し追い込みが届いていたレースだからである。昨年の小倉記念メールドグラースが外から差し切り、2着には追い込みのカデナ北九州記念ダイメイプリンセスが外差しをズバッと決めて9番人気で勝利と、いずれのレースでも差し馬が活躍している。

しかし、今年に関していえばまだ馬場の良い時期に行われるため、傾向が大きく変わる可能性がある。特に今週末の小倉記念は逃げ先行馬があまり多くない上に、メンバーもかなり手薄。何でもありの状況なので、今年の夏の重賞のトレンド通り、思い切って穴をねらっても面白い、波乱含みの一戦とみている。

関屋記念展望

今週末は小倉記念ともうひとつ、新潟競馬場では関屋記念が行われる。こちらはなかなか好メンバーが揃った印象で、馬券はもちろん、今後秋のマイル戦線に向けても注目すべき一戦になりそうだ。

ポイントは展開だろうか。今回多くの出走馬がステップにしてくる前走中京記念組だが、中京記念はかなりのハイペースに加えて、最終週の馬場で完全な外差し競馬。メイケイダイハード以下、上位勢は外枠の差し勢が独占した。逆にアンドラステサトノアーサーのステップとなるエプソムカップは、逃げたトーラスジェミニが内枠のダイワキャグニーソーグリッタリングを連れてきた、完全な先行レース。そこで差して来たアンドラステサトノアーサーは見直す手がある。

というわけで、ココでは2頭注目馬を挙げておきたい。

アンドラステ

前述通り展開が全く合わなかったエプソムカップでもよく差してきて4着確保。もともと1800mよりはマイル向きで、荒れ馬場も問題ないタイプ。条件好転のココは、重賞初制覇のチャンス到来だろう。もともと素質は早くから注目されていた馬で、今回のレースぶり次第では秋に向けて楽しみが広がりそうだ。

ミッキーブリランテ

完全な外差し競馬となった中京記念で絶好の外枠からの差しを選択したまでは良かったが、福永騎手にしては珍しく早仕掛けで末脚を失ってしまった。同騎手自身もミスを認める騎乗で、それで5着なら上々と言って良い。乗り難しいタイプではあるが、差しが届く馬場&展開になれば改めて重賞で出番があるはず。岩田騎手の溜めるスタイルもフィットしそうだ。

※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2019年9月27日(金) 15:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019スプリンターズS
閲覧 1,675ビュー コメント 0 ナイス 6



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



9月29日(日) 中山11R 第53回スプリンターズステークス(3歳以上G1・芝1200m)


ダノンスマッシュ(C)中4週
前走は函館スプリントSを除外になった調整の狂いをうまく調整し、かなり良い仕上がりだった。レースでも直線外から力強く伸びての快勝。前走時にしっかり仕上げてきていたこともあるのか、この中間はこれまでほとんど1週前の追い切りでは併せ馬を行ってきていたが、坂路を単走での追い切りだった。動きに関して特に気になるところはなかったが、これまでの調整とは違う点は気がかり。そのあたりは函館スプリントSの除外での影響がここに響いてきているのかもしれず、人気になる馬だけに状態面に関しては気になるところ。

タワーオブロンドン(A)中2週
夏場のサマースプリントシリーズを使われてきて、今回もセントウルSを使って中2週での参戦。かなり厳しいローテーションではあるが、1週前追い切りの動きを見ると馬なりで軽めの調整も力強く、疲れを感じさせないくらい出来は良さそう。

ミスターメロディ(B)中2週
前走時は追い切りの時からかなり行きたがる感じがあって、パドックでは太め感はなかったが予想以上にテンションが高かったように思う。この中間は土曜日に福永騎手が騎乗して馬なりでの調整。前走でガス抜きができて、最終追い切りでしっかり折り合いがついてくるようなら良さそう。

レッツゴードンキ(E)4ヵ月半
ヴィクトリアマイルからの休み明けのレースとなる今回は、いつも通り1週前に岩田騎手が騎乗しての追い切り。ただ今回はいつも坂路で行っているところをCWでと追い切るコースの変化が気になるところ。その動きを見るとかなり行きたがる感じで、直線で追われて時計は出ているものの、馬体が伸びきってしまっている走りで、内容的にはかなり物足りない。

セイウンコウセイ(B)中4週
もともと調教では速い時計の出る馬ではあるが、ここ1年半はあまり調教では目立つ動きを見せることがなかった。ただこの中間は速い時計も出ていて、1週前追い切りの動きを見ても首が上がり気味になることもなく、しっかりと前に伸びていて調子はかなり良さそう。

ディアンドル(A)中5週
2歳時は調教ではそれほど目立つ時計が出ていなかった馬だが、3歳になってから坂路では好時計が出るようになってきた。この中間も2週前、1週前と坂路でかなり速い時計が出ており、1週前追い切りの動きを見ても重心が安定していて終いグッと加速する走りで、かなり良く見えた。

ファンタジスト(C)中2週
休み明けの北九州記念時も良い動きに見えたが、前走時の追い切りの動きは素軽さが出て一度使われて良くなった感じだった。この中間は1週前追い切りの動きを見ると、前走時のような軽さは見られず。間隔も詰っているので、上積みがある感じの動きではなかった。

ラブカンプー(B)中2週
昨年2着馬も近走は物足りないレース内容。夏場に3戦使われて、この中間も中2週で間隔は詰まるが、日曜日に好タイムをマークし、久しぶりに終い速い時計で少し変わり身がありそうな感じもする。

ダイメイプリンセス(C)中2週
前走時も状態は特に悪い感じはなかったが、乗り替わりの影響もあったと思う。今回は手の合う秋山騎手が乗るのでその点はプラスになりそうで、この中間は中2週で日曜日に速い時計を出し、終い伸びており調子落ちはなさそう。

リナーテ(A)中4週
この中間は中4週空いた中で、2週前にビッシリと速い時計を出して1週前は控えめという京王杯SCの時のような調教内容で、状態面の良さが窺える。

モズスーパーフレア(C)中5週
今回が叩き2戦目。もともと坂路では速い時計の出る馬で、2週前、1週前と時計的には出ているが、内容としては前走時とそれほど変わらず。大きな上積みは感じられない。

マルターズアポジー(F)中6週
この中間は南Wでの調整で時計は出ているが、1週前の動きを見てもスプリンターの走りではない感じがする。今回1200m戦は初めてになるが、マイルから中距離の逃げ馬でスプリント戦ではテンのスピードが違うので、逃げられず何もできないまま終わりそう。

アレスバローズ(D)中5週
この中間も坂路で速い時計は出ているが、1週前追い切りの動きを見るとステッキが入り首も上がり気味で、動きは物足りない感じに映った。

ノーワン(C)4ヵ月半
オークスからの休み明け。どちらかと言うとこの距離の方が向いているとは思うが、休み明けでいきなりここでは、馬がペースに戸惑うのではないかと思う。状態に関しては、3週前から坂路で速い時計を出してきていて乗り込み量は十分。ただ、ここを目標にしていたのならばどこかを使っての本番のハズで、ぶっつけ本番ということは調整が間に合わなかったということも考えられる。

イベリス(B)中2週
休み明けの前走時はしっかり乗り込まれて時計もしっかり出ていて、仕上りは良かったと思う。この中間も1週前に坂路で好時計が出ていて調子落ちはなく順調。

ハッピーアワー(E)中4週
休み明けの前走は見せ場なく10着に敗退。この中間もコース追い中心で、走りを見ても首が高くダート向きの走りをしており、特に目につくところはない。



◇今回はスプリンターズS編でした。
スプリンターズSのコラムは2016年以来ということで、その時にはG1に昇格して初めて勝ったバンブーメモリーの強烈な末脚が印象に残っているということを書いたと思いますが、その次の年の勝ち馬ダイイチルビー、そしてその次の年の勝ち馬のニシノフラワーとこの2頭もバンブーメモリーと同じような直線一気の末脚での差し切り勝ち。
それぞれの馬の末脚が強烈だったため『スプリンターズS=直線一気!!』というレースのイメージは、30年近く経った今でも私の頭の中を大きく支配しています。

バンブーメモリー
( https://www.youtube.com/embed/rmU6ynjQhpw?rel=0&wmode=transparent&autoplay=1 )

ダイイチルビー
( https://www.youtube.com/embed/0zQsjCJjBZc?rel=0&wmode=transparent&autoplay=1 )

ニシノフラワー
( https://www.youtube.com/embed/v1I0tNFrdPA?rel=0&wmode=transparent&autoplay=1 )

今年は逃げ切りか、先行抜け出しか、それとも直線一気か、いずれにしても強烈な印象の残るレースになることを期待したいと思います。

それでは次回、毎日王冠編(予定)でお会いしましょう。


※スプリンターズS出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2019年9月25日(水) 10:35 覆面ドクター・英
スプリンターズS・2019
閲覧 2,036ビュー コメント 0 ナイス 13

お久しぶりです。秋のG1シーズンがやってきてコラム再開です。8月末までの地方競馬プロテストを勝ち抜き、香港競馬もダントツ1位で、ともに晴れてプロとしての活動をスタートさせる運びとなりました。
「なんだ、またお前か」と、ちょっと飽きられた頃かもしれませんが(^^;、中央競馬でもいい成績を残せるよう、“三部門”全てで好成績を残せるよう頑張ります。

スプリンターズSへの桜花賞グランアレグリアの参戦は、左前脚不安で無くなってしまいましたね(もまれ弱いので、内枠を引いたら消そうと思っていたのですが)。
昔はニシノフラワーが、牝馬三冠が終わってから参戦しての勝利なんてのもありましたが、年末施行の時代でしたからね。でも、これからの時代は、距離適性から秋華賞に向かわない馬も増えてくるのかもしれませんね。

当初参戦を表明していたステルヴィオも(ノド鳴り馬なので消す予定でした)右目炎症で回避と、ノーザンFの確実に人気になるであろう2頭は出走せず、こうなってくると割と堅めの決着になっちゃうんでしょうかねぇ。


それでは恒例の全頭診断へ。

1番人気想定 ダノンスマッシュ:飼料への異物混入での大量競走除外問題でのとばっちりで函館SSを使えなかったりもしたがキーンランドCをしっかり勝ち、この路線の主役をアピールした。高松宮記念では1番人気に応えられなかったが、引き続き今回も当然有力。

2番人気想定 タワーオブロンドンキーンランドCではダノンスマッシュに完敗だったが次第にスプリント戦のペースにも慣れてきて前走セントウルSは3馬身差の楽勝で、中山ならダノンスマッシュ逆転もあるのでは。ただゲートが悪く、前走も出遅れたように、大出遅れで、即終了という危険性もあり。

3番人気想定 モズスーパーフレア:3月には同舞台のオーシャンSを制覇したスピード馬。ただ逃げないと力を出せないタイプで、テンに速い馬が揃うここは、逃げられる保証は無く、人気を考えると消して妙味か。前走は26kg増で、逃げられなかったのは松若騎手が悪かったわけじゃないと思うが。

4番人気想定 ミスターメロディ高松宮記念は福永騎手の腕でG1馬になってしまったがあれは出来過ぎ、前走のセントウルS8着は走らなさ過ぎで、その中間くらいの実力が本来の姿ではないかとみている。デビューから4戦続けてダートを使っていたように、先々はダート短距離王にシフトしていくのでは。本番に向けて調子を上げてくる藤原英厩舎だけに、上積みはあるのだろうが、春のスプリント王者といえど今回も気楽なチャレンジャー的な立場か。

5番人気想定 ディアンドルルーラーシップ×スペシャルウィークという血統面からはスプリンターに見えない配合。前走セントウルSで2着に敗れるまでは5連勝と勝負強さを備えており、楽しみな素材。53kgだけに十分好走はあり得る。

6番人気想定 ファンタジスト:昨秋は新馬戦、小倉2歳S、京王杯2歳Sと3連勝したがその後はいまひとつ。前走は和田騎手が返し馬段階から気合いをつけてセントウルSで2着と、それまでの二桁着順続きから一変した。スプリント適性もあってこその結果ではあるのだろうが、武豊騎手に戻るのはマイナスかも。

7番人気想定 リナーテサトノダイヤモンドの半妹で、ステイゴールド産駒らしい、ゆっくりした成長力みせている馬。差しにくい札幌の夏競馬で1着、3着と鋭い末脚を披露していて、ヒモには入れたいのだが、鞍上が三浦皇騎手なのには正直がっかり。

8番人気想定 イベリスアーリントンCを逃げて勝った3歳馬で、前走のセントウルSは差し競馬の練習。それなりに形になっており、斤量も軽くやれても良く、ダービージョッキーとなった浜中騎手も良い。

9番人気想定 セイウンコウセイ:一昨年は高松宮記念を制して今年も2着と中京は得意なようだが、中山はさっぱりで買えない。

10番人気以下想定 レッツゴードンキ:昨年はファインニードルの5着、一昨年はレッドファルクスの2着とまだやれておかしくない。常識的には7歳秋の牝馬というのは買えないのだが、この馬は例外で、これだけ人気落とすようならヒモには入れたい。

ダイメイプリンセス:昨年は10番人気で4着と好走したし、今年も北九州記念をズバッと差し切って健在ぶりをアピールしているが、得意の新潟直千舞台アイビスSDでも昨年よりパフォーマンスを落としたように加齢の衰えがありそうで、昨年以上は難しいのでは。

アレスバローズ:昨年はCBC賞と北九州記念の重賞連勝で臨んだスプリンターズSで14着だったが、今年はCBC賞2着、北九州記念6着と昨年より成績を落としており、衰えがありそう。ただ去年より斤量を背負っての着順悪化だととらえれば、それほど衰えてない可能性もあるか。

ノーワン:父がハーツクライで母はカーリアン×サドラーズウェルズと血統面からは長距離馬に見えるが、フィリーズR勝ち後は桜花賞11着、オークスもビリの18着と距離延びるほどに惨敗という戦績。その点、この条件自体は向くのかもしれないが、能力的に、さすがにこの相手は厳しいのでは。

ラブカンプー:昨年スプリンターズSで9番人気2着と波乱を演出したが、その後は二桁着順続きで坂路調教でも以前ほど動けなくなっており、今年は激走は無さそう。

マルターズアポジー:2年前の関屋記念制覇後は勝ち星から遠ざかり、ダートを使ってみたり、距離を詰めてみたりと試行錯誤を続けているが、逃げ馬特有の気力の衰えで惨敗続き。そろそろ引退の時期なのでは。

ハッピーアワー:ハービンジャー産駒にしては珍しい短距離馬。3月にファルコンSを制したもののキーンランドCでは10着惨敗と序盤もたつく癖が抜けず、一線級相手では厳しいのでは。

キングハート:1年半前に同舞台のオーシャンSを10番人気で勝ったが、その後はさっぱりで、得意舞台とはいえ強調材料なし。


<まとめ>
有力:タワーオブロンドンダノンスマッシュ

ヒモに:ディアンドルリナーテファンタジストイベリス

穴で:レッツゴードンキアレスバローズ

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダイメイプリンセスの口コミ


口コミ一覧

恥ずかしい馬予想2020.10.25[結果]

 DEEB 2020年10月25日() 17:44

閲覧 94ビュー コメント 0 ナイス 7

東京11R ブラジルカップ (L) 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 9 ロードゴラッソ…3着
○ 5 スワーヴアラミス…5着
▲ 1 ハヤヤッコ…1着
△ 2 マイネルユキツバキ…7着
×10 ☆カナシバリ…6着
[結果:ハズレ×]

京都 3R 2歳未勝利[指定]
◎ 9 メイショウキリモン…2着
○ 1 サンデージャック…9着
×10 ☆インフィオラータ…7着
[結果:ハズレ×]

京都 9R 鳴滝特別 3歳以上2勝クラス(混合)(特指)
◎ 1 フライライクバード…4着
○ 5 ☆エンデュミオン…3着
▲13 ルリアン…5着
△ 3 オールザワールド…2着
☆ 4 ルックスマート…12着
[結果:アタリ△ 複勝 3 250円]

京都11R 菊花賞 GⅠ 3歳オープン(国際)牡・牝(指定)
◎ 3 コントレイル…1着
○ 1 ディアマンミノル…13着
▲ 6 ☆ヴェルトライゼンデ…7着
△11 バビット…10着
× 9 アリストテレス…2着
× 8 ☆ディープボンド…4着
☆ 5 サトノインプレッサ…12着
[結果:アタリ△ 馬単 3→9 1,010円]

京都12R 貴船ステークス 3歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎ 3 テーオーターゲット…1着
○10 ヨドノビクトリー…6着
▲ 5 ☆タガノプレトリア…2着
△ 9 ブルーメンクローネ…5着
×16 バーンフライ…4着
☆12 クリノサンレオ…13着
[結果:アタリ○ 複勝 5 220円、馬連 3-5 1,540円]

新潟11R ルミエールオータムダッシュ (L) 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎16 ボーンスキルフル…15着
○ 2 ジョーマンデリン…5着
▲18 ヒロイックアゲン…1着
△13 ☆ダイメイプリンセス…8着
× 6 ビリーバー…6着
×17 カッパツハッチ…2着
[結果:ハズレ×]

今日は予定はないし、これからウオーキングに行ってこようかな。

[今日の結果:7戦1勝3敗3分]
無敗の三冠馬誕生!
おめでとうございます!

 DEEB 2020年10月25日() 07:16
恥ずかしい馬予想2020.10.25
閲覧 213ビュー コメント 0 ナイス 8

趣味が競馬です。へたくそです。当たりません…。
恥ずかしい予想を…記録用に書きます。
今日も競馬を楽しみましょう。

東京11R ブラジルカップ (L) 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 9 ロードゴラッソ
○ 5 スワーヴアラミス
▲ 1 ハヤヤッコ
△ 2 マイネルユキツバキ
×10 ☆カナシバリ

京都 3R 2歳未勝利[指定]
◎ 9 メイショウキリモン
○ 1 サンデージャック
×10 ☆インフィオラータ

京都 9R 鳴滝特別 3歳以上2勝クラス(混合)(特指)
◎ 1 フライライクバード
○ 5 エンデュミオン
▲13 ルリアン
△ 3 オールザワールド
☆ 4 ルックスマート

京都11R 菊花賞 GⅠ 3歳オープン(国際)牡・牝(指定)
◎ 3 コントレイル
○ 1 ディアマンミノル
▲ 6 ☆ヴェルトライゼンデ
△11 バビット
× 9 アリストテレス
× 8 ☆ディープボンド
☆ 5 サトノインプレッサ

京都12R 貴船ステークス 3歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎ 3 テーオーターゲット
○10 ヨドノビクトリー
▲ 5 ☆タガノプレトリア
△ 9 ブルーメンクローネ
×16 バーンフライ
☆12 クリノサンレオ

新潟11R ルミエールオータムダッシュ (L) 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎16 ボーンスキルフル
○ 2 ジョーマンデリン
▲18 ヒロイックアゲン
△13 ☆ダイメイプリンセス
× 6 ビリーバー
×17 カッパツハッチ

今日は予定はないし、これからウオーキングに行ってこようかな。

[もっと見る]

 ブルー☆ギラヴァンツ 2020年10月24日() 21:37
10/25 単複王 No. 108 菊花賞
閲覧 182ビュー コメント 0 ナイス 4

こんばんは。明日10/25単複王です
No.718 京都 8レース なでしこ賞(1勝クラス)  ダート 1400m ◎ レッドソルダード ◯ クインズメリッサ
No.719 京都 9レース 鳴滝特別(2勝クラス)  芝 2200m ◎ フライライクバード ◯ ヒートオンビート
No.720 京都 10レース 桂川S(3勝クラス)  芝 1200m ◎ ファーストフォリオ ◯ ファストフォース
No.721 京都 11レース 菊花賞(G1)  芝 3000m ◎ コントレイル ◯ ヴェルトライゼンデ
No.722 京都 12レース 貴船S(3勝クラス)  ダート 1400m ◎ タガノプレトリア ◯ イッツクール
No.723 東京 9レース tvk賞(2勝クラス)  芝 1800m ◎ ルプリュフォール ◯ サペラヴィ
No.724 東京 10レース 甲斐路S(3勝クラス)  芝 2000m ◎ レッドアステル ◯ カントル
No.725 東京 11レース ブラジルC(L)  ダート 2100m ◎ アポロテネシー ◯ スワーヴアラミス
No.726 新潟 10レース 岩船特別(1勝クラス)  芝 2200m ◎ アルセスト ◯ ダンディズム
No.727 新潟 11レース ルミエールオータムダッシュ(L)  芝 1000m ◎ ボーンスキルフル ◯ ゲンキチハヤブサ
No.728 新潟 12レース 鳥屋野特別(2勝クラス)  ダート 1800m ◎ セイユメアカリ ◯ ショウナンマリオ
続いて
No.108 菊花賞 ◎ コントレイル ○ ヴェルトライゼンデ ▲ バビット ☆ ロバートソンキー ガロアクリーク
明日10/25のメインレースは
京都 11レース 菊花賞(G1) 芝 3000m
東京 11レース ブラジルC(L) ダート 2100m
新潟 11レース ルミエールオータムダッシュ(L) 芝 1000m
です
菊花賞(G1) ◎ コントレイル ○ ヴェルトライゼンデ ▲ バビット ☆ ロバートソンキー ガロアクリーク
ブラジルC(L) ◎ アポロテネシー ○ スワーヴアラミス ▲ ロードゴラッソ ☆ ハヤヤッコ マイネルユキツバキ
ルミエールオータムダッシュ(L) ◎ ボーンスキルフル ○ ゲンキチハヤブサ ▲ ヒロイックアゲン ☆ ダイメイプリンセス イエローマリンバ
よろしくお願いします

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダイメイプリンセスの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
20:
  fc0703d559   フォロワー:2人 2020年8月23日() 08:49:23
ラップ、レース適正
19:
  fc0703d559   フォロワー:2人 2020年8月23日() 07:54:39
郎、相手
18:
  fc0703d559   フォロワー:2人 2020年8月23日() 07:45:45
関係、展開○、前走内容○夏更に上昇、

⇒もっと見る

ダイメイプリンセスの写真

ダイメイプリンセスの厩舎情報 VIP

2020年10月25日ルミエールオータムD (L)8着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ダイメイプリンセスの取材メモ VIP

2020年10月4日 スプリンターズS G1 8着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。