エイティーンガール(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
エイティーンガール
写真一覧
現役 牝4 青鹿毛 2016年4月14日生
調教師飯田祐史(栗東)
馬主中山 泰志
生産者庄野牧場
生産地日高町
戦績16戦[5-3-1-7]
総賞金12,148万円
収得賞金5,250万円
英字表記Eighteen Girl
血統 ヨハネスブルグ
血統 ][ 産駒 ]
Hennessy
Myth
センターグランタス
血統 ][ 産駒 ]
アグネスタキオン
センターライジング
兄弟 ヤマトカジノキタノリベラル
前走 2020/08/30 キーンランドカップ G3
次走予定 2020/10/04 スプリンターズS G1

エイティーンガールの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/08/30 札幌 11 キーンランド G3 芝1200 1671415.551** 牝4 54.0 坂井瑠星飯田祐史456(-2)1.10.6 -0.234.7⑮⑫ライトオンキュー
20/08/16 札幌 11 UHB賞 OP 芝1200 13563.517** 牝4 54.0 坂井瑠星飯田祐史458(+10)1.09.4 0.635.0⑤⑥ライトオンキュー
20/06/21 函館 11 函館SS G3 芝1200 162310.257** 牝4 54.0 坂井瑠星飯田祐史448(0)1.08.2 0.733.8⑪⑫ダイアトニック
20/05/10 京都 11 鞍馬S OP 芝1200 128112.313** 牝4 55.0 坂井瑠星飯田祐史448(0)1.07.8 0.132.4⑨⑨タイセイアベニール
20/02/02 京都 11 シルクロード G3 芝1200 18369.162** 牝4 53.0 四位洋文飯田祐史448(+2)1.09.0 0.033.5⑯⑯アウィルアウェイ
19/12/28 阪神 12 ファイナルS 3勝クラス 芝1200 166113.721** 牝3 54.0 武豊飯田祐史446(-6)1.09.5 -0.433.3⑪⑩ディーパワンサ
19/12/15 中京 11 浜松S 3勝クラス 芝1200 17484.318** 牝3 54.0 秋山真一飯田祐史452(+2)1.08.9 0.734.0⑥⑥ナランフレグ
19/10/20 京都 10 桂川S 3勝クラス 芝1200 1871511.762** 牝3 52.0 池添謙一飯田祐史450(+4)1.09.1 0.034.1⑥⑦アイラブテーラー
19/10/06 京都 12 3歳以上2勝クラス 芝1200 14115.531** 牝3 53.0 池添謙一飯田祐史446(+20)1.08.7 -0.134.1メイショウキョウジ
19/05/25 京都 11 葵ステークス G 芝1200 1651026.666** 牝3 54.0 池添謙一飯田祐史426(-8)1.08.4 0.434.0⑤⑤ディアンドル
19/03/10 阪神 11 Fレビュー G2 芝1400 184814.979** 牝3 54.0 池添謙一飯田祐史434(-8)1.22.6 0.635.2⑨⑨ノーワンプールヴ
19/01/27 京都 9 若菜賞 500万下 芝1200 11793.211** 牝3 54.0 池添謙一飯田祐史442(+4)1.09.4 -0.334.5⑤⑤タマモメイトウ
18/12/15 阪神 9 さざんか賞 500万下 芝1200 137117.942** 牝2 54.0 武豊飯田祐史438(+8)1.09.5 0.534.1⑧⑥イベリス
18/09/29 阪神 3 2歳未勝利 芝1200 13574.931** 牝2 54.0 武豊飯田祐史430(+2)1.10.9 -0.234.8⑤⑤エイシンオリヒメ
18/09/02 小倉 1 2歳未勝利 芝1200 18367.555** 牝2 54.0 武豊飯田祐史428(+6)1.10.2 0.535.6⑨⑪ヴァニラアイス
18/06/23 阪神 5 2歳新馬 芝1200 108912.744** 牝2 54.0 秋山真一飯田祐史422(--)1.10.8 0.834.6⑦⑥ジャカランダシティ

エイティーンガールの関連ニュース

【新潟記念】サトノガーネット軽快12秒5 2020年9月3日(木) 11:36

 小倉記念2着のサトノガーネットは、栗東坂路で上がり重点。単走で馬任せのまま進み、ラスト1Fで気合をつけられると機敏に反応し、軽快な脚さばきで12秒5をマークした。

 「使ってきているし、夏場なので3Fから。フットワーク、感触ともいい。前走はプラス10キロだったけど、今までが細かったぐらいで太い感じはしなかった。この中間もしっかりカイバを食べている」と岡助手。体調面に問題はなさそうだ。

 新潟は初めてだが、左回りの中京で中日新聞杯V。「広くて直線も長いから脚質的に合う。(坂井)ジョッキーは先週のキーンランドC(エイティーンガール)を勝って勢いがあるし、この馬でも中日新聞杯を勝っているから」と、期待しかない夏の最終戦だ。(夕刊フジ)

新潟記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【札幌2歳S】バスラットレオン新パートナー背にダートで追い切り 2020年9月3日(木) 04:48

 今回と同舞台の札幌芝9ハロンの新馬戦を上がり3ハロン33秒6で逃げ切ったバスラットレオン。最終追い切りは新パートナーの坂井騎手が手綱を取り、札幌ダートコースで外ホウオウライジン(2勝クラス)を3馬身追走。直線仕掛けられ、6ハロン85秒7-12秒4で併入した。

 「普段はやんちゃだけど、追い切りは乗りやすくて動きもイメージ通り。頭数が増えるし、そこが課題になるけど、すごく期待している馬なので」と鞍上はキーンランドC(エイティーンガール)から2週連続の重賞制覇へ意欲をのぞかせた。

札幌2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【古馬次走報】オメガパフュームはJBCクラシックで復帰 2020年9月2日(水) 04:48

 ★帝王賞2着のあと休養しているオメガパフューム(栗・安田翔、牡5)は、JBCクラシック(11月3日、大井、交流GI、ダ2000メートル)で復帰する。僚馬で目黒記念1着キングオブコージ(牡4)は、京都大賞典(10月11日、京都、GII、芝2400メートル)を目指す。

 ★キーンランドC1着エイティーンガール(栗・飯田祐、牝4)は、今週末に栗東トレセンに帰厩。優先出走権を得たスプリンターズS(10月4日、中山、GI、芝1200メートル)に向かう。

 ★プロ野球、千葉ロッテマリーンズの吉井理人投手コーチが馬主のツルネ(美・高橋文、牝3)は、秋華賞の出走権を目指して紫苑Sに出走予定だったが、脚元に不安が出たため自重することになった。

 ★関屋記念18着クリノガウディー(栗・藤沢則、牡4)、稲妻S1着ボーンスキルフル(栗・牧浦、牝5)は、産経賞セントウルS(13日、中京、GII、芝1200メートル)に進む。

 ★BSN賞7着アポロテネシー(美・鈴木伸、牡5)は、ブラジルC(10月25日、東京、L、ダ2100メートル)へ。

[もっと見る]

【古馬次走報】エイティーンガールは状態を見てスプリンターズSへ 2020年9月1日(火) 09:31

 キーンランドCを制したエイティーンガール(栗・飯田祐、牝4)は、今週末に栗東に帰厩。態勢が整えば、スプリンターズS(10月4日、中山、GI、芝1200メートル)に向かう。飯田祐調教師は「こっちに戻ってきてからの状態を見てですね」と語った。

エイティーンガールの競走成績はこちら

[もっと見る]

【札幌2歳S】レース展望 2020年8月31日(月) 14:41

 7週にわたる札幌開催のフィナーレを飾るのは、札幌2歳S(9月5日、GIII、芝1800メートル)。1997年に芝1200メートルから芝1800メートルに変更された。以降、勝ち馬からはジャングルポケット(2000年)とロジユニヴァース(08年)の2頭のダービー馬が誕生した。他にもGI3勝馬アドマイヤムーン(05年)もおり、出世レースとして定着している。

 函館の新馬戦を快勝したリオンディーズ産駒のピンクカメハメハ(栗東・森秀行厩舎、牡)を中心視する。17歳離れた半姉にGIを3勝した名牝・スイープトウショウがいる良血馬だが、母タバサトウショウが25歳時の産駒という点がレース前は不安視された。直線で後続を突き放した圧巻のレースぶりは、そんな不安を吹き飛ばす快勝劇だった。引き続き手綱を取る名手・武豊騎手と連勝で重賞タイトルを狙う。

 白毛馬のソダシ(栗東・須貝尚介厩舎、牝)も函館の新馬戦を快勝してこのレースに臨む。白毛馬で初めてJRAの芝の新馬戦を勝利した。血統はダート向きだが、力のいる洋芝に高い適性を見せた。特徴的なブチ模様で人気だったブチコの初子。母が成し遂げることができなかった重賞Vを届けたい。

 キズナ産駒のバスラットレオン(栗東・矢作芳人厩舎、牡)は今回と同じ舞台の新馬戦を快勝。圧倒的なスピードで後続を全く寄せ付けずに逃げ切った。現在、リーディングを独走する矢作厩舎と、先週のキーランドCでエイティーンガールを重賞初Vに導いた坂井騎手の勢いも侮れない。

 ウイングリュック(栗東・宮徹厩舎、牡)は2戦目の未勝利勝ちの内容が圧巻だった。外めの枠からハナを奪うと、勝負どころから後続を突き放し、最終的には5馬身差をつける完勝。母は06年のGIII・北九州記念を制したコスモフォーチュンという血統の素質馬だ。2歳馬で1分50秒を切るタイムも優秀で、引き続き期待がかかる。

 昨年のこのレースはゴールドシップ産駒のワンツーだったが、今年は5頭の産駒が出走を予定している。先週の札幌では6頭の産駒が出走し、芝で2勝、ダートで1勝を挙げた。ゴールドシップ産駒の道悪、洋芝適性は高く、今週も馬場が渋るようなら全頭チェックしておきたい。中でもユーバーレーベン(美浦・手塚貴久厩舎、牝)は不良馬場の東京1800メートル戦を差し切り勝ち。馬場が悪い中でもしっかりとした末脚を繰り出した。初めての洋芝もこなせるだけのポテンシャルはありそうだ。

 2戦目の未勝利戦を勝ち上がったウインルーア(美浦・青木孝文厩舎、牝)は、3ハロンの距離延長で変わり身を見せた。現在、札幌リーディング2位と好調の横山武史騎手とのコンビ継続も心強い。

 コスモス賞3着のコスモアシュラ(美浦・中野栄治厩舎、牡)はオープンクラスでの経験がアドバンテージになりそうだ。1、2着馬には離されたが、出負け気味ながらも逃げ粘って3着を確保したレースぶりは評価できる。

 福島の新馬戦Vのアオイゴールド(美浦・和田雄二厩舎、牝)は、直線で大外からまとめて差し切った。10番人気の低評価を覆した。まだ馬がゆるい中でのレースで、1度使われた上積みがありそうだ。

 先週の新馬戦を勝ったヴェローチェオロ(栗東・須貝尚介厩舎、牡)は、牡馬で456キロと馬体こそ大きくないが、重馬場を苦にせず直線で外から一気に突き抜けた。出走すれば、連闘での調整が鍵になるだろう。



札幌2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

エイティーンガールの関連コラム

閲覧 1,123ビュー コメント 0 ナイス 1

キーンランドカップは、先週の当コラムで、

「16頭と頭数が揃った一戦だが、やや外有利の追い比べを想定したい」

と書いた通り、雨の影響を大いに受ける競馬になった。朝から降り続けた雨の影響でコースのインは相当悪く、「やや外有利」どころか、結果的には完全な外差し競馬。

掲示板に載った5頭の馬番は、「14→12→15→13→16」。

短距離の差し競馬は枠なりの動きしかできず、進路変更をしているとレースが終わってしまう。その良い例が人気のダイアトニックで、最終結論では最内枠を懸念し6番手評価。レースでも直線外に出したが、道中の損耗が激しく伸びなかった。どんなに能力があっても1200mの差し競馬の最内枠はそれだけ厳しい。

そんなわけで、予想は◎ライトオンキューから。外枠に入ったエイティーンガールを3番手、同じく外枠でスタートが上手く短距離で流れに乗れる松田騎手のディメンシオンを4番手に評価し、本線で仕留めることができた。天気が読めれば馬場が読める、馬場が読めればレースが読める、レースが読めれば馬券が獲れる。”天気の予測も予想のうち”を証明する先週のキーランドカップだった。



今後に向けては外を回って恵まれた組、内を通って厳しかった組をきちんと記憶しておきたい。


〜波乱含みの新潟記念展望

さて、今週末は早くも夏競馬ラスト。今年はコロナ禍で変則開催となった小倉など、私生活だけでなく競馬も”特別な夏”となったが、最後もビシッと仕留めて締め括りとしたい。

ゴールドシップ産駒が大挙出走する札幌2歳ステークスも興味深いが、ココではやはり波乱含みの新潟記念を取り上げる。このレースは過去10年で9回までは3連複から万馬券という波乱含みのレース。

「3連複で100点買ってもプラスになる」

くらいのおおらかな気持ちで思い切って狙って行きたい。先週時点でかなり馬場が荒れて外が伸びていた新潟芝コースだが、新潟記念は最終週で内を大きく空けるケースが多く、あまり外差しにはこだわらない方が良い。むしろ今年は先行馬が少なく、前に流れが向く可能性もある。

そこら辺も踏まえて、今週は穴候補を2頭挙げてみたい。

ウインガナドル
前走の関越Sは2着だったが、展開を考えればよく粘ったといえる内容でラストまで脚は上がっていなかった。前半ゆったり入れればしぶとく伸びる馬で、先行馬が少ない組み合わせの今年は展開的にも恵まれそう。スンナリ先手を取って自分のリズムで運べれば、3年前の4着以上が期待できそうだ。

リープフラウミルヒ
未勝利を脱出して以降7回の馬券絡みはすべて5番人気以下という生粋の穴馬。今年は福島牝馬Sでも2着と重賞でも通用する能力を見せており、追っての良さは2000mでも侮れない。牡馬の活躍が多いステイゴールド産駒だが、牝馬もしぶとく成長する傾向があり、6歳でエリザベス女王杯3年連続2着を達成したクロコスミアや、同じく6歳で牡馬相手に初重賞制覇を成し遂げたウインプリメーラなど、早期にデビューしてもその後、高齢まで成長し活躍するケースが多い。本馬も5歳になってジワジワ地力をつけて来ており、今回は津村騎手にスイッチするので、上手く前で流れに乗れればチャンスがあるはずだ。

※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2020年6月19日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】馬場は生き物・迷ったら内枠/函館スプリントS展望
閲覧 1,102ビュー コメント 0 ナイス 5

私はよく”馬場は生き物”というのだが、先週のエプソムカップではまさにそのことを痛感した。

前の週の安田記念グランアレグリアの外差しが決まり、先週も雨の中の競馬で外が伸びていたように思えた。しかし、府中の芝は時々刻々と変化する。土曜日から各馬外に出して内が案外使われていなかったこと、また日曜になり天候が回復してきたこともあったのか、気づけばインが伸びる馬場に戻っていたようだ。

ヒントを与えてくれたのは東京10レースのサトノフウジン。レーン騎手が内を突くと、そのまま最後まで伸び切って抜け出し、それを見て各騎手もインが生きていることを確信したのかもしれない。

メーンのエプソムカップでは逃げたシンガリ人気のトーラスジェミニが粘り込み大波乱を演出。勝ったのは内枠から好位につけたダイワキャグニー、2着にも最内枠のソーグリッタリングが入り、3連複70万超の大万馬券だが、種を明かせば逃げ馬が内枠を連れて来るという決着だった。だからといって獲れたわけではないのだが、回顧とはある意味で言い訳を見つける作業なので、適切な言い訳をできることは重要だ。今回は差しに回った、あるいは外を回した、という言い訳できる馬を覚えておくだけでも今後に向けては十分価値がある。


〜迷ったら先行&内枠

現代の芝の馬場整備技術は発達しているので、かつてのような外伸びはレアケース。基本的には内枠に張っていた方が確率が高く、”迷ったら先行&内枠”というのが鉄則だ。

エプソムカップの10分前、マーメイドSもやはり先行内枠決着。2番手から抜け出したサマーセントに追いすがったのは、道中インを立ち回り直線も最内を突いたセンテリュオと、最内枠のリュヌルージュだった。これで3連複は万馬券。阪神芝は開幕週、2週目ともにインの状況が良く、引き続き今週末もイン狙いが正解か。

さらに内が狙いという意味では、先週開幕した函館の芝コースだろう。開幕週だった先週は、芝で14レース施行され、

1枠の馬(4-0-3-11)
8枠の馬(2-0-1-25)

と明らかにイン有利。1枠の馬の単複を買い続けたら、結果的には楽々プラスだった。競馬予想とは目の前の馬のことを考える、ミクロ予想も大事だが、全体像を掴むという意味でマクロ予想も重要なのである。

…なんて偉そうに言って、私は最内枠のリュヌルージュに自信の本命を打ちながらも、サマーセントを消してしまう愚か者なのである。悲しいかな、わかることと当たることは違うのだ。


函館スプリントS展望

気を取り直して今週末、重賞は2レースだが、内枠を重視したいのはやはり函館芝で開催される函館スプリントステークスだろう。開幕2週目芝1200m重賞にフルゲートの16頭が揃い、先行勢が多くない組み合わせを考えれば、やはりイン重視がセオリー。

先週の函館芝1200mでは7レース行われ、2ケタ馬番の馬は35頭が出走して(0-3-2-30)と未勝利。2ケタ馬番から人気薄で好走した馬は2頭いたが、そのうち1頭は逃げ馬なので、外からの差しを決めた人気薄は日曜メインのインスピレーションのみ。細かいことを考えるよりは、インを狙えということをまずはアタマに入れておきたい。

本稿執筆時点でまだ枠順は出ていないのだが、内枠を条件に狙ってみたいのはエイティーンガールジョーマンデリングランドボヌールの3頭。

エイティーンガールの坂井騎手は言わずと知れた内枠巧者で、初重賞制覇となった昨年フィリーズレビューでのイン突きや、京都大賞典でのドレッドノータスでのイン突きは記憶に新しいところだ。

ジョーマンデリンは先週のレースが好内容で能力的に引けは取らない。病み上がりとはいえやはりイン突きの名手である岩田康誠騎手が騎乗する。

グランドボヌールオーシャンSで大健闘の4着。鞍上の城戸騎手は知名度こそ高くないがスタートは上手で、短距離の先行ではしばしば好騎乗を見せてくれる。

今週末はシンプルにイン重視で、上記の馬たちを中心に狙ってみるつもりだ。

※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2020年2月7日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】短距離レースにおける決め打ちの重要性
閲覧 1,360ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は東京で根岸S、京都でシルクロードSが行われた。

根岸Sコパノキッキングの連覇が有力視されたが、直線早め先頭もラストで脚が上がってしまい、最後はモズアスコットの強襲に屈した。そのモズアスコットは6歳にして初のダート挑戦だったが、出遅れながらすぐに中団にとりつき、直線も力強い伸びを見せて差し切り。フェブラリーSに向けて、遅咲きの新星が誕生した。なお、2着のコパノキッキングはこの後フェブラリーSはスキップする模様。改めて1200m路線を歩むようだ。

一方、波乱の結末となったのが西のシルクロードS。人気を集めたのは内枠のレッドアンシェルモズスーパーフレアといった組だったが、6番人気馬までが単勝オッズひと桁台に収まる大混戦模様で戦前から波乱の香りが漂っていた。そんなレースを制したのは、道中は後方待機となった3番人気のアウィルアウェイ

アウィルアウェイはスタートで今回も後手を踏み後方からの追走となったが、連続開催で荒れて来た馬場も味方につけ、直線では鋭く伸びた。その後をなぞるように伸びて来た四位騎手のエイティーンガール、さらに大外を回した丸田騎手のナランフレグとともに、1200m重賞としては珍しい追い込み馬のワンツースリー決着だった。上位勢はこの後高松宮記念を目指すことになるだろうが、今回のレースのバイアスは頭に入れておきたい。


~Bコース替わりでも逃げ先行馬には厳しかった京都芝

さて、先週の当コラムではシルクロードSの注目馬をカラクレナイとしたが、その後枠順を確認し、また週末の馬場を確認した段階で大きく予想を変更した。というのも、土曜日からBコース替わりとなった京都芝だが、相変わらず…というよりもAコース使用時以上に外の伸びがよく、カラクレナイの2番枠、また近走先行力が出て来ている点はかなり不利に思えたためだ。

というわけで同馬は最終的に7番手まで印を落とし、本命には◎アウィルアウェイを抜擢、対抗に○エイティーンガールを据えた。有料配信・競馬ノートでお送りしている予想の中では今年初の勝負度【B】という自信ありの勝負となった。

レースは4コーナー付近の段階でまだモズスーパーフレアの余力があり、一方購入している馬たちは軒並み後方だったために、

「終わった…」

というのが偽らざる心境だったが、直線の入り口で上手く馬群を捌いて◎アウィルアウェイが外に出したのを見て、

「もしからしたら…」

という淡い期待に変わり、その後ラスト1Fあたりで加速がついたところで、一気に歓喜のゴールが見えてきた……と、こんな自慢話は面白くないと思うので本題に入るが、このようにとりわけ芝でもダートでも短距離重賞は極端な傾向が出る場合はまとめて来ることが多い。そしてそのようなケースではある程度決め打ちが重要になる。差しが届くなら差し追い込み、逃げが決まりそうなら逃げ先行といったように、馬場や枠順によって狙う馬が変わるのは当然として、狙う軸馬が変わればヒモもそれに応じて変わってくる。カラクレナイを本命候補→7番手という極端な評価変更を敢行した理由の大半も馬場と枠順によるもので、改めて短距離戦における決め打ちの重要性を感じさせられるレースだった。ちなみになぜ短距離戦は特にそうなりやすいのかということは長くなるので別の機会にしたいが、端的に言えば枠に準じたコース取りになりやすく、スタート後のコース取り補正がしづらい、またはコース取り補正をするとそのロスが大きくなり、いずれにしてもロスが致命的になる。出たなりで追走できるか、出た後に進路を変える、あるいは控えて外に出すか、といったこの差は極めて大きい。

だから、仮に内枠先行決着になるような馬場だったらモズスーパーフレアが逃げ切りカラクレナイは2~3着…というような結末だった可能性もある。いずれにしても特に短距離戦においては守りに入り当てに行くよりも、どういうレースになるかというストーリーを頭の中で思い描いて、それに準じて思い切って印を打つのが大きな的中を生み出すコツになる。今回勝負度を今年一番高くしたのは、当たるかどうかというよりは脳内でストーリーを描くことができ、馬場とメンバー構成の中でそれが再現される可能性が高いと考えたからである。

なお、このようなことを日々自らの配信で書いていたら、最近は私自身よりも読者の方が馬券が上手くなってしまっているのが現実である。つまり、心がけ次第で予想力も買い方もすぐ上げて行けるので、私の有料媒体を無理に読む必要はない(一応末尾にリンクがある)が、当コラムにて是非今回のような考え方は参考にして身に着けて頂きたい。

↓優秀な読者の馬券例


それと余談ではあるが、シルクロードSに関しては騎手の力も大きかった。川田騎手が上手いのは今さら言うまでもなく、四位騎手が差し追い込みで技量を発揮するのは広く知られたところだが、何よりナランフレグの丸田騎手は”らしさ”を存分に発揮した騎乗だった。

丸田騎手のらしさといえば、スタートからレースの流れよりもリズムを重視し、馬の気分に任せて追走し末脚を引き出す技術の高さだろう。ナランフレグの前走や、最近の勝利でいえば昨年11月の福島ダート1150mのシルバーストーン、昨年3月中京のエミーリオなどで見せてくれた丸田スペシャルともいえる騎乗だ。こちらも今後まだまだ穴を量産してくれるはずなので、馬券検討の際には騎手の特徴として頭に叩き込んでおきたい。


~前走不利な馬場でも伸びたヴァンドギャルドは有力

さて、今週末は東西できさらぎ賞東京新聞杯が行われる。

馬券的に面白そうなのは東京新聞杯。昨年はココを制したインディチャンプがその後春秋マイルG1制覇を達成したが、今年も各路線からメンバーの層は厚くないながらも素質馬が揃った。

もしココを制するようなら今後一気に注目が集まるという意味では、3連勝中のディープインパクト産駒・ヴァンドギャルドだろう。前走のウェルカムSは昨年のジャパンカップ前の10レースだったが、ご記憶の方も多いと思うがジャパンカップ当日は道悪だったが、馬場の伸びどころはインが断然有利。ジャパンカップではスワーヴリチャードが内を伸びて勝ったように、その他のレースでも軒並みインが優勢だった。

そのような状況下でただ一頭外から伸びて差し切ったのがヴァンドギャルド。もともと重賞でも人気を集めていた素質馬だけに、改めての重賞挑戦でもクラスの壁はないだろう。

ただ、馬券的な妙味を考えると面白い馬は他にいる。特に注目しているのはクリノガウディー。近走はイマイチ結果を出せていないが、もともと重賞戦線でも好勝負を繰り広げていた実力馬でマイルCSでも7着健闘を見せた。その前の京成杯AH~富士Sはいずれも不利を受けており、スムーズなら今回は十分勝負になりそうだ。テン乗りとなる横山典騎手の手綱にも注目したい。

あとは大穴となるが、スウィングビートにも少しだけ注目。タピット産駒の芝初挑戦など常識的に考えれば買いたくはないが、走り自体は素軽く、芝でも…と思わせる。近走は1800mでやや掛かり気味なだけにマイルへの短縮はプラスだろうし、今年は相手関係を見渡してもメンバーレベルはそこまで高くないので、どのみち人気もないだろうし一枚押さえておいても面白いかもしれない。

※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

エイティーンガールの口コミ


口コミ一覧
閲覧 128ビュー コメント 0 ナイス 5

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

一雨ごとに秋の深まりを実感していますが、
秋雨前線(ほぼ台風の影響)の活発化による天候不順!?

ようやくしのぎやすい季節となりました。

<白露(ハクロ)とは?>
9月8日頃。「陰気ようやく重なり、露凝って白し」ということから名付けられました。これは、秋が本格的に到来し草花に朝露がつくようになるという意味です。太陽が離れていくため、空もだんだんと高くなってきます。

【リニューアル週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇)
木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
木曜日 : 週末の重賞(刻を見極めるラップ篇)
金曜日 : 週末の重賞(過去ラップ分析篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

*各曜日の予想を週末の重賞レース“総合分析”予想のみに絞り込みます。
木曜インパクトデータを止めて重賞レース回顧(日記)へ変更
金曜重賞レース回顧(日記)から有力馬ラップ分析へ変更
ハイブリッド指数予想を止めて重賞レース“総合分析”予想へ変更

※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【“総合分析”予想 途中経過】
第08期(07月26日~09月06日)8日間(アイビスSD~新潟記念)13戦

週末は、当てる事ができたのか!?

日曜、G3新潟2歳Sでは、11番ショックアクション軸で勝負!
馬連(11-3,5,7,9,10)
結果は、的中!(馬連850円)🎯

日曜「新潟2歳S」の軸馬ショックアクション、中団追走から直線で弾けて優勝!! 2着ブルーシンフォニー、3着フラーズダルムが入り、本命決着!! 馬券も的中! 反省点として、馬券種の選択!? 仮に馬単馬券なら1770円の配当…残念。ハイブリッド新聞内の推定後半3ハロン上位の争いは、例年通り!? で、極端に馬の能力差が無い軸馬選択の決め手は、戸崎騎手。落馬負傷から復帰後、徐々に成績が上向きに(個人的な見解)!? 期待通りの結果でした。


日曜、G3キーンランドカップでは、12番ライトオンキュー軸で勝負!
馬連(12-1,11) 3連複(11、12-1,2,15)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「キーンランドカップ」の軸馬ライトオンキュー、中団追走から直線で弾けて優勝…のはずが、後方から差されて2着入線。1着エイティーンガール(5人気)、3着ディメンシオン(9人気)。反省点として、馬券種の選択!? 軸馬選択(2着)で当てて、馬券種で失敗…残念。仮に、ワイド馬券(12-15 1550円)を選択すれば…残念。「捕らぬ狸の皮算用」のような変な自信から、11番フィアーノロマーノ(10着)を買被りすぎて…失敗。ハイブリッド新聞内の推定後半3ハロン上位の争いは、例年通り!? 1位(ライトオンキュー)から2~6位までの5頭へ流せば、簡単に獲れていた。


週末、2戦1勝1敗。結果に、納得はしていないが真摯に受けたい。未だ理解できないのは”血統”で、あまりにも奥が深すぎて、絞り込めないのが難点!? ただ、そんな中でも結果(成績)を輩出していると自負。今期も残り3戦、頑張ります。



過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
札幌2歳S=札幌(芝)1800=A(78)内枠有利
新潟記念=新潟(芝)2000=C(73)上がり重視!?
小倉2歳S=小倉(芝)1200=C(71)外枠有利

【ラップ分析試行錯誤中】
【ラップ分析実戦 結果検証篇】
<G3キーンランドカップ (タイム1分10秒6)の回顧>
LAP(前半3F 34.8)
LAP(後半3F 35.8)
イベリス(14着)
重馬場経験が少ないため、まともに影響を受けた感じ?? 展開的にも前残りは無理…、状態は良かっただけに、残念な結果。

<重賞ラップ分析実戦篇>
新潟記念 新潟(芝)2000㍍(3歳以上OP・ハンデ)
<傾 向>
例年バラエティ豊かなメンバー構成
<ポイント>
瞬発力勝負というよりは持続力やスタミナが問われるレース
<注目馬>
ブラヴァス(牡4、栗東・友道康夫)
前走・七夕賞(2着)は、重馬場。このレース「先行馬の活躍が目立つ」だけに、絶好のチャンス!?

【重賞レースの馬番コンピポイント篇】
(札幌2歳S)
注目したのは、"馬番コンピ指数値59-58"

過去10年内、指数値59(2/3)回収率186%(複勝)
過去10年内、指数値58(2/3)回収率233%(複勝)

共に出現率が低い中、昨年同時に出現!?
それだけに今年は期待薄!!

(新潟記念)
注目したのは、"馬番コンピ指数値55"

過去10年内、(3-1-1-3/8)回収率229%
近5年内 (1-0-1-2/4)回収率205%

気になるのは的中率、回収率 共に下降気味!?
昨年も出現したが、ハズレ…(ノД`)・゜・。

(小倉2歳S)
注目したのは、"馬番コンピ指数4位"

過去10年内、(1-0-4-5/10)回収率147%
近5年内 (1-0-3-1/5)回収率258%

今年は、近年稀にみる登録馬が少頭数だけに期待薄!?

詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

 グラニースミス 2020年8月31日(月) 09:34
酷暑の珍事 ~先週の競馬~ 
閲覧 264ビュー コメント 8 ナイス 89

この夏、馬券成績がイイんです。
酷暑なのに、珍事です
暑さで、頭イカレてしまった事がよかったんでしょうかねぇ(;^_^A

キーンランドC GⅢ 
予想以上の激しい雨で、本命をフィアーノロマーノからライトオンキューへ変更。
勝ったと思った瞬間、エイティーンガールに交わされ、2着でした。
エイティーンガール 表14番の対角14番にいたのは、ダイシンバルカン
前走はUHB賞では、5枠に同居
シルクロードステークス GⅢでも3枠に同居していました。
この2頭、恋仲なんでしょうかねぇ(;^_^A

新潟2歳S GⅢ
1着 ショックアクション   未勝利(混合)[指定]➊→ 障害3歳以上オープン
2着 ブルーシンフォニー 新馬[指定]➊→ 変更なし
3着 フラーズダルム    新馬[指定]➊→ 変更なし
見事1対2の構図になりました

1着馬の同枠には、唯一のOP勝ちブルーバードが同居
2着馬の同枠には、唯一の前年3歳未勝利戦のタイガーリリー
見事な配置ですねぇ

実は、競馬新聞を観なくなってから、約1年になります。
パドック中継も消音です
この夏は、新しい試みとして、
オッズの動きだけに注目して、馬を予想するようになりました。

理由は、酷暑で頭がイカレてしまったから
ではなく、(;^_^A
コロナで、競馬そのものが変わったのでは?と感じたからです。

競馬場に行かず、お家でネット競馬に変わりました。
オッズの動き方が、以前とは違う様子です。
まるで、デイトレーダーの様相です

新潟2歳S GⅢでいうと
1番人気は、ブルーシンフォニーでしたが、
朝イチから直前まで、馬券(単・複・馬連)の売れ幅は、ショックアクションが1番でした。
まだまだ手探りですが、新しい予想方法で最終週に臨みたいと思っています。
東京は、今日も暑いです。
酷暑にマスクは、堪えますねぇ
やっぱり酷暑の珍事ですかねぇ(;^_^A

では

[もっと見る]

 正義の魂 2020年8月31日(月) 01:08
今週の馬券収支は少しマイナス
閲覧 39ビュー コメント 0 ナイス 4

日曜小倉メインの、ダノンチェイサーの複勝を
的中させ、札幌メインの損失を取り戻したが、
残念ながら札幌最終をハズし、今週の私の
馬券収支は、少しマイナスとなった。

新潟2歳ステークスで、これは難しいから、
馬券は買わない、と決めたまでは良かったが、
自信を持って買った、札幌最終が、
無残に散り、万事休す。

札幌メインは、道悪でも、ダイアトニックで
堅いと思ったのが、甘かった。

もっとも、勝ち馬エイティーンガールには、
かつて稼がせてもらったことがあったので、
馬券を抜きにすれば、良い結果とはいえたが。

ここのところ、馬券でマイナスが込んで
いるので、来週は賭けるレースを、少し
絞っていこうかとも、検討している。

[もっと見る]

⇒もっと見る

エイティーンガールの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  fc0703d559   フォロワー:2人 2020年6月19日(金) 00:23:42
重ならなお良い

エイティーンガールの写真

エイティーンガール

エイティーンガールの厩舎情報 VIP

2020年8月30日キーンランドカップ G31着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

エイティーンガールの取材メモ VIP

2020年8月30日 キーンランドカップ G3 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。