エイティーンガール(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
エイティーンガール
エイティーンガール
写真一覧
現役 牝7 青鹿毛 2016年4月14日生
調教師飯田祐史(栗東)
馬主中山 泰志
生産者庄野牧場
生産地日高町
戦績30戦[6-4-1-19]
総賞金17,722万円
収得賞金8,000万円
英字表記Eighteen Girl
血統 ヨハネスブルグ
血統 ][ 産駒 ]
Hennessy
Myth
センターグランタス
血統 ][ 産駒 ]
アグネスタキオン
センターライジング
兄弟 ヤマトカジノアイリスハート
市場価格1,188万円(2018JRAブリーズアップセール)
前走 2023/01/29 シルクロードS G3
次走予定

エイティーンガールの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
23/01/29 中京 11 シルクロード G3 芝1200 153469.1129** 牝7 56.0 横山典弘飯田祐史 456
(0)
1.08.3 1.033.6⑩⑩ナムラクレア
22/11/27 阪神 12 京阪杯 G3 芝1200 165915.0611** 牝6 56.0 秋山真一飯田祐史 456
(+4)
1.08.3 1.133.3⑬⑬トウシンマカオ
22/10/02 中山 11 スプリンター G1 芝1200 1635110.3146** 牝6 55.0 秋山真一飯田祐史 452
(-2)
1.08.1 0.334.3⑩⑧ジャンダルム
22/08/28 札幌 11 キーンランド G3 芝1200 167148.756** 牝6 55.0 武豊飯田祐史 454
(-2)
1.09.6 0.534.3⑮⑮ヴェントヴォーチェ
22/03/27 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 18612128.0158** 牝6 55.0 秋山真一飯田祐史 456
(0)
1.08.6 0.333.8⑰⑰ナランフレグ
22/02/27 阪神 11 阪急杯 G3 芝1400 144518.81010** 牝6 54.0 秋山真一飯田祐史 456
(+2)
1.20.9 1.034.5⑭⑭ダイアトニック
21/11/28 阪神 12 京阪杯 G3 芝1200 161222.5101** 牝5 55.0 秋山真一飯田祐史 454
(+2)
1.08.8 -0.133.5⑯⑬タイセイビジョン
21/10/03 中山 11 スプリンター G1 芝1200 16510106.81413** 牝5 55.0 横山和生飯田祐史 452
(-10)
1.08.3 1.233.4⑮⑮ピクシーナイト
21/08/29 札幌 11 キーンランド G3 芝1200 165920.272** 牝5 55.0 横山和生飯田祐史 462
(+2)
1.09.1 0.034.0⑨⑩レイハリア
21/08/15 札幌 11 UHB賞 OP 芝1200 16598.8513** 牝5 55.0 横山和生飯田祐史 460
(+8)
1.09.4 0.633.6⑯⑫アヌラーダプラ
21/03/28 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 184885.4127** 牝5 55.0 酒井学飯田祐史 452
(+2)
1.09.6 0.434.3⑯⑰ダノンスマッシュ
21/03/06 中山 11 オーシャンS G3 芝1200 165936.11215** 牝5 54.0 大野拓弥飯田祐史 450
(-4)
1.09.3 0.934.3⑬⑬コントラチェック
21/01/31 中京 11 シルクロード G3 芝1200 184715.1814** 牝5 55.0 坂井瑠星飯田祐史 454
(+6)
1.09.2 0.934.0⑰⑰シヴァージ
20/10/04 中山 11 スプリンター G1 芝1200 1671437.1811** 牝4 55.0 池添謙一飯田祐史 448
(-8)
1.09.3 1.034.8⑭⑬グランアレグリア
20/08/30 札幌 11 キーンランド G3 芝1200 1671415.551** 牝4 54.0 坂井瑠星飯田祐史 456
(-2)
1.10.6 -0.234.7⑮⑫ライトオンキュー
20/08/16 札幌 11 UHB賞 OP 芝1200 13563.517** 牝4 54.0 坂井瑠星飯田祐史 458
(+10)
1.09.4 0.635.0⑤⑥ライトオンキュー
20/06/21 函館 11 函館SS G3 芝1200 162310.257** 牝4 54.0 坂井瑠星飯田祐史 448
(0)
1.08.2 0.733.8⑪⑫ダイアトニック
20/05/10 京都 11 鞍馬S OP 芝1200 128112.313** 牝4 55.0 坂井瑠星飯田祐史 448
(0)
1.07.8 0.132.4⑨⑨タイセイアベニール
20/02/02 京都 11 シルクロード G3 芝1200 18369.162** 牝4 53.0 四位洋文飯田祐史 448
(+2)
1.09.0 0.033.5⑯⑯アウィルアウェイ
19/12/28 阪神 12 ファイナルS 3勝クラス 芝1200 166113.721** 牝3 54.0 武豊飯田祐史 446
(-6)
1.09.5 -0.433.3⑪⑩ディーパワンサ

⇒もっと見る


エイティーンガールの関連ニュース

2020年のGⅢキーンランドC、21年のGⅢ京阪杯を勝ったエイティーンガール(栗・飯田祐、牝7)が3日付で競走馬登録を抹消した。今後は北海道浦河町の三嶋牧場で繁殖馬になる予定。通算30戦6勝。総獲得賞金1億7722万8000円。1月のシルクロードS9着が最後のレースとなった。

【シルクロード】レースを終えて…関係者談話 2023年1月30日(月) 04:49

◆鮫島駿騎手(トウシンマカオ4着)「高松宮記念を見据えて無駄なレースはしたくなかった。次につながるレースはできたと思います」

◆吉田隼騎手(マリアズハート5着)「上がりが速いなか、よく掲示板に載ったと思います。器用に立ち回れればいいですが、これが持ち味でもありますからね」

◆岩田望騎手(シャインガーネット6着)「最後までしっかり走っています」

◆松山騎手(ウインマーベル7着)「外枠だったし、4コーナーでは外に振られました。斤量、枠が厳しいなか7着ですから力があります」

◆角田河騎手(ショウナンバニラ8着)「やりたい競馬はできました。操縦性が高いので、きれいなところを走れました」

◆飯田祐調教師(エイティーンガール9着)「56キロでも大きく負けているわけではないし、よく頑張ってくれました」

◆和田竜騎手(シゲルピンクルビー10着)「ゲートでつっかけた。状態は良かったし、もう一列前が欲しかったけど…」

◆福永騎手(キルロード12着)「外に連れていかれたにしても脚を使えなかった。調子は良さそうだったけど…」

[もっと見る]

シルクロードSで9着に敗れたエイティーンガールが引退 繁殖牝馬に 2023年1月29日() 18:30

シルクロードSで9着に敗れたエイティーンガール(栗・飯田祐、牝7)は、このレースを最後に引退して、繁殖牝馬になる。飯田祐調教師は「56キロでも大きく負けているわけではないし、よく頑張ってくれました。これで引退します」と話した。通算30戦6勝で、重賞は2020年キーンランドC、21年京阪杯の2勝。

[もっと見る]

【ROBOTIPの勝率予測】シルクロードS2023 騎手重視予測からは同レース最多勝・福永祐一騎乗のキルロードから 2023年1月28日() 12:00

こんにちは。ウマニティのROBOTIP開発プロジェクトメンバーの劉備です。
日曜重賞のシルクロードS(G3)は、わたくし劉備が担当させていただきます。

わたくし劉備ROBOTIP設定は騎手を重視しますので「競走馬」30%、「騎手」70%を基本ベースとしています。適性については、レース条件に応じて、騎手の「距離」、「トラック」、「周回方向」、「G前の坂の有無」の各適性を配合していきます。補正は、レース条件に関係なく「斤量」「調教評価」の2点を補正ONにします。
これが劉備のROBOTIP設定の基本方針となります。

さて、今回の舞台となる中京芝1200mは、向こう正面スタートでコーナを2つ回るコース。ここはそんな舞台を考慮して、距離適性60%、トラック適性20%、周回方向適性20%のセッティングといたしました。

この設定によって算出された勝率予測は以下の通りとなります。

劉備ROBOTIPが弾き出したシルクロードS全馬の勝率
(順位・馬番・馬名・勝率)

1 ⑬キルロード     16.06%
2 ⑧マッドクール    13.74%
3 ①シャインガーネット 11.62%
4 ②ナムラクレア    8.33%
5 ⑮トウシンマカオ   7.57%
6 ⑭ウインマーベル   6.43%
7 ⑫カイザーメランジェ 5.41%
8 ⑨ファストフォース  5.25%
9 ⑦マリアズハート   4.96%
10 ④エイティーンガール 4.49%
11 ⑤シゲルピンクルビー 4.19%
12 ③グルーヴィット   4.03%
13 ⑥レイハリア     2.98%
14 ⑪テイエムスパーダ  2.55%
15 ⑩ショウナンバニラ  2.38%

ROBOTIPの基本的な考え方は、平均勝率(15頭立ての場合は6.67%)を上回る馬のみを馬券対象としますので、今回のシルクロードSでは上位5頭までが対象馬となります。
勝率の差で隊列を組むと以下の並びになります。

⑬>>⑧>①>>②⑮

ご覧のように⑬キルロードがトップ評価と相成りました。鞍上の福永祐一騎手はシルクロードSで3勝を挙げる同レース最多勝騎手。騎手生活も残すところ約1ヶ月になり、ここは引退前の重賞勝利を期待したいと思います。馬券は隊列通りの3連複フォーメーションの計9,000円(6点)で勝負いたします。

【劉備のシルクロードS勝負馬券】
3連複フォーメーション
⑬-①②⑧⑮-①②⑧⑮
6点×各1,500円=9,000円

**************************************
ROBOTIPは自分の競馬予想理論に従って6つの能力指数(競走馬・騎手・血統・調教師・馬主・生産者)と、5つの適性(距離・トラック・馬場状態・周回方向・G前の坂)を自由に配合して出走馬の勝率を予測するロボットです。
ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)すると無料でご利用頂けます。
⇒詳しくはこちらへ!
**************************************

[もっと見る]

【重賞データ分析】シルクロードS2023 マッドクール筆頭に、ウインマーベル、トウシンマカオ、シャインガーネットの4頭のみが連対要件全クリア 2023年1月28日() 12:00


ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!シルクロードS・データ分析 をお届けします!


【馬齢】
2013年以降(2020年以前は京都で施行)の1~3着馬延べ30頭の馬齢をみると、4歳から9歳まで広範囲にわたる。ただし、4歳の2着連対圏入りは前走4着以内(3勝クラスより上のクラスに限る)馬のみ。7~9歳の連対(2着以内)は、過去の当レースで勝利経験があった馬に限定される。頭に入れておきたい傾向だ。

(減点対象馬)
ナムラクレア ③グルーヴィット ④エイティーンガール ⑦マリアズハート ⑨ファストフォース ⑩ショウナンバニラ ⑪テイエムスパーダ ⑫カイザーメランジェ ⑬キルロード

【前走距離】
2013年以降(過去10年)の1~2着馬延べ20頭の前走を距離で分けると、芝1200m、芝1400mの2パターンだけ。前走のレース内容を比較する際は、当時の使用距離も確認しておきたい。

(減点対象馬)
レイハリア

【前走着順】
前走の着順については、G1ならば不問。それ以外の場合はG2・G3が7着以内、非重賞であれば5着以内がひとつの目安。2013年以降、これ以外のステップで臨んだ前走非G1組は、ことごとく3着以下に敗れている。

(減点対象馬)
エイティーンガール ⑤シゲルピンクルビー ⑥レイハリア ⑩ショウナンバニラ ⑫カイザーメランジェ

【前走人気】
2013年以降の1~2着馬延べ20頭は、いずれも前走の単勝人気順が1ケタだった。クラスに関係なく、前走の単勝人気が10番人気以下だった馬は、評価を控えめにしたい。

(減点対象馬)
シゲルピンクルビー ⑥レイハリア ⑦マリアズハート ⑫カイザーメランジェ ⑬キルロード


【データ予想からの注目馬】
上記4項目で減点がないのは、①シャインガーネット、⑧マッドクール、⑭ウインマーベル、⑮トウシンマカオの4頭。2013年以降の勝ち馬は、いずれも栗東所属馬となっている。その点を踏まえて、1番手には⑧マッドクールを挙げたい。

過去10年【7.1.0.11】の前走重賞5着以内馬に該当する、⑭ウインマーベルと⑮トウシンマカオも争覇圏内。前年の当レース2着馬①シャインガーネットに対するマークも怠れないだろう。

<注目馬>
マッドクール ⑭ウインマーベル ⑮トウシンマカオ ①シャインガーネット

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断(最終版)】シルクロードS2023 唯一のA判定、マッドクールをトップ評価! 2023年1月27日(金) 12:00


ウマニティ重賞攻略チームが、毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はシルクロードS・調教予想(最終版)をお届けします!


日曜日に行われるシルクロードSの出走馬の追い切りについて、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

シャインガーネット【B】
美浦坂路併走(25日)。折り合い重点の内容ながらも、この馬としては我慢がきいており、ストライドもそれなりに伸びている。やや体勢不利のフィニッシュとなったが、最後まで鞍上の手ごたえには余力があり、集中力も途切れていない。少なくとも体調面の不安はなさそうだ。

ナムラクレア【B】
栗東坂路単走(25日)。左にササる面を出し、それを鞍上が矯正しつつの登坂。その点は気になるが、四肢の回転は鋭く力感も十分。身のこなしも軽い。もう少しフォームのまとまりが欲しいが、馬場の悪さを考えれば酌量の余地はある。一応の態勢は整ったと判断したい。

グルーヴィット【B】
栗東坂路単走(25日)。スピードに乗り始めると、顎があがって四肢主体の走りになるのは相変わらず。とはいえ、時計が出づらい時間帯かつ風も強い状況のなか、大きく乱れることなく、ラストまで脚勢を落とさなかった点は評価できる。それなりに動ける態勢とみたい。

エイティーンガール【F】
栗東E単走(26日・映像なし)。悪天候の影響で予定を変更し、Eコースで流す程度の調整。しかも映像はなく詳細は不明。判断材料に乏しく、現段階(26日時点)で明確な判定は難しい。いずれにせよ、当日の気配はしっかり確認しておいたほうがいいだろう。

シゲルピンクルビー【B】
栗東坂路単走(25日)。後傾気味だった昨夏のフォームと比較して、走る姿はかなり良くなった。ゴール前で脚勢が衰えたものの、悪コンディションを考慮すれば致し方ない面はある。いい頃の状態を取り戻しつつあるので、あとは実戦での集中力次第。それが焦点となろう。

レイハリア【C】
美浦坂路併走(25日)。いつもは整ったフォームで走る馬だが、今回は重心が左、頭が右というバランスの取り方。それもあってか、僚馬に並びかける際の反応が若干鈍い。最後は何とか同入に持ち込んだが……。いい頃の動きに比べると物足りなさを感じてしまう。

マリアズハート【B】
美浦坂路単走(25日)。直線を向いてから最後まで手前は左のまま。その点は気になるも、適度な活気があり、脚元の力感も十分。フォームの乱れも少ない。鞍上の軽い促しに対する反応も悪くなく、まずまずの仕上がり具合ではないか。

マッドクール【A】
栗東坂路単走(25日)。整える程度の内容ながら、体をしっかり使ってテンポ良く登坂。手前変換後の反応と加速もいい。促されてから重心の沈みが深くなる点も好感。元来調教映えする馬ということを考慮しても、気配の良さは目を引くものがある。上々の仕上がり。

ファストフォース【C】
栗東坂路単走(26日)。軸のブレが少ない安定感のあるフォームで登坂。その一方、肩ステッキに対する反応が薄く、手前も最後まで替わらず。鞍上と息が合わないのか、それとも気分屋の面を出したのかは不明だが、何かしら不安を覚える内容だった。

ショウナンバニラ【C】
美浦坂路単走(25日)。単走表記だが、前の馬を目標とする併せ馬に近い内容。仕掛けに対する反応は悪くないのだが、追走時に頭をあげるなど従順さを欠いたのは気がかり。扱いの難しそうな馬だけに、ジョッキーが上手に制御できれば、という条件付きの狙いとなろう。

テイエムスパーダ【B】
栗東坂路単走(26日)。ラチ沿いをパワフルに登坂。手前替えの際に後肢が流れる場面もあったが、前肢を大きく使ったフットワークに変化はなく、集中力も最後まで途切れていない。この馬自身のパフォーマンスは示している印象。このひと追いで仕上がりは間に合いそうだ。

カイザーメランジェ【C】
美浦坂路単走(25日)。活気こそあるが、前肢と後肢のバランスがとれておらず、体を使い切れていない。好調時はもっと力強い脚どりで、伸びやかに駆けていたような気も。本来稽古では良く見せる馬。その点を鑑みると、期待よりも不安のほうが先立つ。

キルロード【B】
美浦南W併走(25日)。体を上手に使えているし、フットワークに硬さもない。前後のバランス良く、リズミカルに走れている。厳しく見れば、もう少しキレが欲しいところだが、稽古の雰囲気は決して悪くない。警戒を怠れない1頭だ。

ウインマーベル【B】
美浦南W併走(25日)。ひと頃のズブさが解消されつつあるのはいい傾向。気負いはなく、スナップも効いている。もう少しラストの鋭さがあれば文句なしだが、元来さほど稽古映えしないタイプ。それを考慮すれば許容範囲内だろう。及第点の仕上がりではないか。

トウシンマカオ【B】
美浦南W併走(25日)。直線で左にササる仕草を出していた点はいただけない。とはいえ、僚馬を突き放す際の反応と加速度合いは秀逸。これを見せられると、安易に低評価をつけることはできないように思える。判断に悩ましいが、今回はB判定としておきたい。


【調教予想からの注目馬】
唯一のA判定、⑧マッドクールがトップ評価となる。しなやかなフォーム、手前変換後の鋭い加速が印象深い。乗り込み量の不足もなく、高く評価したい1頭だ。

<注目馬>
マッドクール

[もっと見る]

⇒もっと見る

エイティーンガールの関連コラム

閲覧 1,310ビュー コメント 0 ナイス 4



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


3月27日(日) 中京11R 第52回高松宮記念(4歳以上G1・芝1200m)

【登録頭数:20頭】(フルゲート:18頭)

<優先出走馬>

ジャンダルム(前走510kg(-4kg)、中2週)<B>
前走が叩き2戦目で抜群の出来。この中間は軽めの調整で、当時の出来をどれだけキープできているかがテーマに。最終追い切りの動きに注目したい。

ダイアトニック(前走478kg(-2kg)、中3週)<A>
元来坂路で速い時計の出る馬だが、前走時は入念な乗り込みで仕上りは良かった。この中間も、1週前にはジョッキー騎乗で追われ、右にモタれる面を気にしながらではあるものの、終いまでしっかりと伸びていて、引き続き好仕上がりをアピールしている。


<以下、賞金上位馬>

レシステンシア(前走498kg(-8kg)、3ヵ月)<A>
休み明けも2週前、1週前と追われるごとに時計を詰めてきている。1週前の動きを見ると力強い走りで、仕上りは良好。

サリオス(前走542kg(-4kg)、3ヵ月)<A>
かなり大きな馬だが間隔を空けて使ってくることの方が多いタイプ。1週前の動きを見ても重さは感じさせず、重心が低い走りで仕上りは良さそう。

グレナディアガーズ(前走468kg(+2kg)、3ヵ月)<B>
休み明け。CWコースを、ジョッキー騎乗で長めから強めに追われた1週前は、好時計で先着と、いつも通りの調整で仕上りは順調。

ロータスランド(前走484kg(+18kg)、中4週)<B>
前走時は休み明けでもすべて馬なりでの調整だったが、この中間は1週前に強めに追われている。大きく先着もはたし、叩き2戦目での上積みに期待がもてる。

エイティーンガール(前走456kg(+2kg)、中3週)<C>
CWで調整されている馬で、休み明けの前走時は気分よく走らせながらも目立つ時計はでていなかった。この中間は、1週前追い切りでは行きたがるところを抑えながらの好時計。気合いが乗りすぎている面があるので、直前はテンションを上げ過ぎない調整ができれば。

メイケイエール(前走472kg(+2kg)、中7週)<C>
気性的に難しいところのある馬。この中間も、ジョッキー騎乗で追われた1週前は、力みと硬さが感じられる走りだった。

レイハリア(前走446kg(-6kg)、4ヵ月)<D>
休み明け。この中間は南Wでの調整に変えてきた。いつもと調教内容を変えてきた時点で何らかの不安があり。

トゥラヴェスーラ(前走492kg(+22kg)、中3週)<B>
前走は長期休養明けで+22キロ。反動も心配になるところだが、前走時にしっかり乗り込まれていたこともあってか、この中間も1週前にはジョッキー騎乗でスピード感ある走りを披露。上積みが期待できそう。

クリノガウディー(前走494kg(±0kg)、中3週)<A>
近走凡走が続いているが、中京コースは(降着の1昨年も含め)かなり相性が良い馬。この中間も坂路で好時計が出ていて、変わり身があってもおかしくない。

キルロード(前走506kg(+2kg)、中2週)<C>
大型馬の叩き2戦目で迎えるこの中間は、1週前に坂路で馬なりの調整。輸送もあるので、中2週で上積みまではどうか。

ライトオンキュー(前走512kg(+2kg)、4ヵ月)<D>
休み明けで、しっかりと乗り込まれて坂路で好時計も出ている。ただ、1週前追い切りでは、前半から速い時計でびっしり追われているので仕上がりに余裕はない感じ。

ファストフォース(前走518kg(-12kg)、中2週)<D>
この中間は中2週で軽めの調整。1週前は軽めだったとはいえ走りに勢いがなく、変わり身なし。

ナランフレグ(前走498kg(+4kg)、中2週)<C>
この中間は坂路で軽めの調整。最終追い切りを南Wで良い動きを見せてくれば、上積みも期待できそう。

サンライズオネスト(前走480kg(+10kg)、中3週)<C>
1週前追い切りでは、終い追われてバランスを崩すところも見せたが、しっかり伸びており、引き続き出来良好。

ダイメイフジ(前走528kg(-8kg)、中2週)<D>
この中間は軽めの調整。前走時のパドックでも元気がない印象を受けた。使い詰めでの疲れがあるかもしれない。

シャインガーネット(前走480kg(±0kg)、中7週)<A>
この中間は坂路でも好時計が出ていて、前走時よりも調教内容が良い。気合い乗り抜群に南Wコースで終いまでしっかりと伸びた1週前内容からも、上積み期待が高まる。


<以下、除外対象馬>

カイザーメランジェ(前走490kg(-6kg)、中5週)<D>
休み明けを2度使われているが、この中間も乗り込み量は豊富でも坂路での時計が良化せず。

ヴェントヴォーチェ(前走518kg(+6kg)、中5週)<D>
前走から間隔が空いているが坂路での時計がかなりかかっていて、出来はイマイチ。



※今回のこのコラムで中間の状態からの推奨馬は、ダイアトニックサリオスレシステンシアシャインガーネットクリノガウディーの5頭をあげておきます。



<出走予定馬の前走時の追い切りVTR>









◇今回は高松宮記念編でした。
先月サウジアラビアで行われたサウジカップデーでは、日本から遠征した馬が大活躍。特にルメール騎手の積極的な競馬が目立ちました。個人的に印象に残っているレースは、ステイフーリッシュの勝ったレッドシーターフハンデキャップ(G3)。2006年に新婚旅行で行ったドバイワールドカップツアーの日に行われた、ドバイシーマクラシックでのハーツクライを思い出すレース内容でした。同じ勝負服で同じような逃げる競馬で、鞍上もルメール騎手。当時は、武豊騎手がユートピアで勝利していて、初めての海外競馬観戦で日本の馬が2勝するところを観ることができました。あの興奮は今でも蘇ってきますし、日本では味わえない経験でした。今週はそのドバイワールドカップデーに日本の馬が多数参戦します。今回現地に行くことはできませんが、グリーンチャンネルで生中継されますし馬券も買うことができます。16年前の興奮を思い出させてくれるような熱戦を期待しています。そして、日本馬の応援に、高松宮記念にと、前夜から存分に楽しんでいきたいと思っています。

高松宮記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2021年8月11日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2021年08月11日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(266)
閲覧 2,009ビュー コメント 0 ナイス 3



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、フェニックス賞・コスモス賞・阿蘇ステークス・UHB賞・小倉記念関屋記念の6レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2021年08月14日(土) 小倉09R フェニックス賞
【“同年6月以前、かつJRAのレース”において1着となった経験の有無別成績(2014年以降)】
●あり [6-4-2-6](3着内率66.7%)
●なし [1-3-5-32](3着内率22.0%)
→早い時期に勝ち上がった馬は堅実。一方“同年6月以前、かつJRAのレース”において1着となった経験がない、かつ“JRAのレース”において“着順が1着、かつ2位入線馬とのタイム差が0.2秒以上”となった経験のない馬は2014年以降[0-0-3-25](3着内率10.7%)と苦戦しています。今年はこれらの条件をクリアしている馬こそいませんが、これまでのパフォーマンスを素直に評価すべきでしょう。


▼2021年08月14日(土) 札幌10R コスモス賞
【前走の馬体重別成績(2017年以降)】
●490kg未満 [4-4-4-19](3着内率38.7%)
●490kg以上 [0-0-0-9](3着内率0.0%)
→馬格がポイント。前走の馬体重が490kg以上だった馬は上位に食い込めていません。

<<さらにプラス1!>>
【『血統偏差値』要注目種牡馬】
札幌芝1800m×ドゥラメンテ×4~8枠
→3着内率71.4%、複勝回収率150%


▼2021年08月14日(土) 小倉11R 阿蘇ステークス
【前走の着順別成績(2013年以降)】
●4着以内 [6-4-6-17](3着内率48.5%)
●5着以下・競走中止 [2-4-2-66](3着内率10.8%)
→前走好走馬が強いレース。なお、前走の着順が5着以下、かつ馬齢が6歳以上の馬は2013年以降[1-0-0-45](3着内率2.2%)と期待を裏切りがちでした。


▼2021年08月15日(日) 札幌11R UHB賞
【“前年以降、かつJRA、かつ重賞のレース”において3着以内となった経験の有無別成績(2019年以降)】
●あり [2-1-2-3](3着内率62.5%)
●なし [0-1-0-20](3着内率4.8%)
→ここ2年は実績馬が優勢。特別登録を行った馬のうち“2020年以降、かつJRA、かつ重賞のレース”において3着以内となった経験があるのは、エイティーンガールジョーアラビカナイントゥファイブリンゴアメの4頭だけです。


▼2021年08月15日(日) 小倉11R 小倉競馬場開設90周年記念 農林水産省賞典 小倉記念

[もっと見る]

2020年10月2日(金) 10:00 覆面ドクター・英
スプリンターズS・2020
閲覧 1,526ビュー コメント 0 ナイス 9

今年も秋のG1シーズンがやってきました。13週のうち11週がG1という、まさにほぼ毎週G1の楽しい時期でもあります(最終週は有馬記念とホープフルSのG1 2つの週です)。やはり金額的にも大きく投じることの多いG1で好成績をおさめて、病院も、看護学校、普段の生活も何かと大変だったこの2020年、頑張ったぶん馬券的には良かったと言えるようにしていきたいと思っています。そして、このコラムでは分析や下調べにも励み、読んでいただいている皆さんに貢献をと考えています。それでは恒例の全頭診断へ。


<全頭診断>
1番人気想定 グランアレグリア安田記念で単勝1.3倍のアーモンドアイに2馬身半差をつける圧勝をしてしまったぶん、このメンバーならものすごい人気になりそう。後方から鋭く差してきた高松宮記念では、ここでもぶつかることになったモズスーパーフレアの2着好走を果たし、1200mの流れにも慣れが見込める(本質的には1400mがベストだと思うが)。ただ、ものすごく高い能力がある一方で、もまれたり寄られたりして、これまで負けがある馬。高松宮記念で、斜行により1着から4着降着となったクリノガウディーの隣を走らないよう、要注意か(笑)

2番人気想定 モズスーパーフレア高松宮記念は繰り上がってではあるが1着となりG1制覇。前走北九州記念をやや太目で逃げ粘って(2着)のひと叩きを経て、狙いすましたローテでこのレースを迎える。今回の中間は、音無厩舎らしく、栗東坂路で50秒台の時計が1週前に出ている。ハナを叩かれそうなライバルも居らず、割と楽に逃げられそうで最短距離をぴったり回れる公算も。スプリントG1春秋制覇は十分ある。

3番人気想定 ダノンスマッシュ:G2までは強く安定した成績なのだが、なぜかG1となると、毎度人気でイマイチと、ちょっと足りないまま5歳秋を迎えてしまった。ひと叩きの前走セントウルSが強い内容で、本番で川田騎手に戻り、余分に人気となりそう。強そうに見えたが前走で倒した2着はメイショウグロッケでもあり、相手関係が楽でもあった。

4番人気想定 ダイアトニック:3月の阪急杯は降着となり、逆に高松宮記念では不利を受け繰り上がり3着。函館SSで1着となり1番人気で迎えた前走キーンランドCは札幌の悪天候での特殊馬場だったとはいえ15着と惨敗。安田隆厩舎にしては調教時計が出ておらず、3月の好調時ほどのデキに無いのでは。

5番人気想定 ミスターメロディ:芝、ダート兼用馬で、昨年の高松宮記念馬だが以降は低迷が続いていた。前走のセントウルSでは久々に3着と好走した。ただ直線の伸びはジリジリで、重馬場にでもならないと瞬発力不足は補えないかも。

6番人気想定 レッドアンシェル北九州記念ではブリンカー効果があったようで、モズスーパーフレアを差し切ってみせた。あとは鞍上。何年か前ならテン乗りのM.デムーロ騎手はG1で期待できたが、近年そうでもなくなってきていて……。

7番人気想定 ライトオンキュー:シャマーダル×レイヴンズパスという配合のダーレーの馬で、じわじわと力をつけてきた。昨年11月の京阪杯勝ちの後は長く休んだが、夏の札幌でオープン特別で楽勝、G3キーンランドC2着と好走してここへ。頭は無いがヒモはあって良いレベルに力をつけてきていて、穴として狙いたい馬。

8番人気想定 クリノガウディー:2歳時には、ここで断然人気のグランアレグリアアドマイヤマーズに寄られて3着に負けた朝日杯FSで2着と同馬に対して先着。今年3月の高松宮記念でも、15番人気ながら激走(斜行して降着)をみせたが。ここではあまり期待できず。

9番人気想定 エイティーンガール:重賞初制覇となった前走キーンランドCは、特殊馬場を外から追い込んできてのもので坂井騎手の好騎乗の要素が大きい。連続激走は難しいのでは。

10番人気以下想定
アウィルアウェイ:鋭い末脚をもつ短距離の追い込み馬だが、G3くらいまでなら良いが、ここでは荷が重い。

ビアンフェ:前走は逃げない競馬でも折り合えたとのことだが、3歳馬でまだこれからの存在では。

メイショウグロッケ:牝馬重賞を使っていたが、前走1200mを使ってみたところ距離短縮で鋭い末脚をみせた。ただG1でどうこういう存在ではないのでは。

ダイメイフジ:今年はG3の函館SS2着止まりと力が落ちてきている感あり。

ダイメイプリンセス:新潟直千の得意な快速牝馬も、7歳秋を迎え以前ほどのスピードは無い。新潟直千でもオープン特別3着止まりでは……。

ラブカンプー:7月のCBC賞は久々の逃げ切り勝利だったが、それ以降2桁着順続きで、体力的にももうお釣りが無いのでは。

キングハート:2年半前のG3オーシャンS勝ち以降は、オープン特別すら勝てず低迷続きで、期待できず。



<まとめ>
有力:モズスーパーフレアグランアレグリア

ヒモに:ダノンスマッシュレッドアンシェル

穴で:ライトオンキュー

[もっと見る]

2020年9月4日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】キーランドカップは外枠が上位独占/荒れる新潟記念展望
閲覧 1,594ビュー コメント 0 ナイス 1

キーンランドカップは、先週の当コラムで、

「16頭と頭数が揃った一戦だが、やや外有利の追い比べを想定したい」

と書いた通り、雨の影響を大いに受ける競馬になった。朝から降り続けた雨の影響でコースのインは相当悪く、「やや外有利」どころか、結果的には完全な外差し競馬。

掲示板に載った5頭の馬番は、「14→12→15→13→16」。

短距離の差し競馬は枠なりの動きしかできず、進路変更をしているとレースが終わってしまう。その良い例が人気のダイアトニックで、最終結論では最内枠を懸念し6番手評価。レースでも直線外に出したが、道中の損耗が激しく伸びなかった。どんなに能力があっても1200mの差し競馬の最内枠はそれだけ厳しい。

そんなわけで、予想は◎ライトオンキューから。外枠に入ったエイティーンガールを3番手、同じく外枠でスタートが上手く短距離で流れに乗れる松田騎手のディメンシオンを4番手に評価し、本線で仕留めることができた。天気が読めれば馬場が読める、馬場が読めればレースが読める、レースが読めれば馬券が獲れる。”天気の予測も予想のうち”を証明する先週のキーランドカップだった。



今後に向けては外を回って恵まれた組、内を通って厳しかった組をきちんと記憶しておきたい。


〜波乱含みの新潟記念展望

さて、今週末は早くも夏競馬ラスト。今年はコロナ禍で変則開催となった小倉など、私生活だけでなく競馬も”特別な夏”となったが、最後もビシッと仕留めて締め括りとしたい。

ゴールドシップ産駒が大挙出走する札幌2歳ステークスも興味深いが、ココではやはり波乱含みの新潟記念を取り上げる。このレースは過去10年で9回までは3連複から万馬券という波乱含みのレース。

「3連複で100点買ってもプラスになる」

くらいのおおらかな気持ちで思い切って狙って行きたい。先週時点でかなり馬場が荒れて外が伸びていた新潟芝コースだが、新潟記念は最終週で内を大きく空けるケースが多く、あまり外差しにはこだわらない方が良い。むしろ今年は先行馬が少なく、前に流れが向く可能性もある。

そこら辺も踏まえて、今週は穴候補を2頭挙げてみたい。

ウインガナドル
前走の関越Sは2着だったが、展開を考えればよく粘ったといえる内容でラストまで脚は上がっていなかった。前半ゆったり入れればしぶとく伸びる馬で、先行馬が少ない組み合わせの今年は展開的にも恵まれそう。スンナリ先手を取って自分のリズムで運べれば、3年前の4着以上が期待できそうだ。

リープフラウミルヒ
未勝利を脱出して以降7回の馬券絡みはすべて5番人気以下という生粋の穴馬。今年は福島牝馬Sでも2着と重賞でも通用する能力を見せており、追っての良さは2000mでも侮れない。牡馬の活躍が多いステイゴールド産駒だが、牝馬もしぶとく成長する傾向があり、6歳でエリザベス女王杯3年連続2着を達成したクロコスミアや、同じく6歳で牡馬相手に初重賞制覇を成し遂げたウインプリメーラなど、早期にデビューしてもその後、高齢まで成長し活躍するケースが多い。本馬も5歳になってジワジワ地力をつけて来ており、今回は津村騎手にスイッチするので、上手く前で流れに乗れればチャンスがあるはずだ。

※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2020年6月19日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】馬場は生き物・迷ったら内枠/函館スプリントS展望
閲覧 1,533ビュー コメント 0 ナイス 5

私はよく”馬場は生き物”というのだが、先週のエプソムカップではまさにそのことを痛感した。

前の週の安田記念グランアレグリアの外差しが決まり、先週も雨の中の競馬で外が伸びていたように思えた。しかし、府中の芝は時々刻々と変化する。土曜日から各馬外に出して内が案外使われていなかったこと、また日曜になり天候が回復してきたこともあったのか、気づけばインが伸びる馬場に戻っていたようだ。

ヒントを与えてくれたのは東京10レースのサトノフウジン。レーン騎手が内を突くと、そのまま最後まで伸び切って抜け出し、それを見て各騎手もインが生きていることを確信したのかもしれない。

メーンのエプソムカップでは逃げたシンガリ人気のトーラスジェミニが粘り込み大波乱を演出。勝ったのは内枠から好位につけたダイワキャグニー、2着にも最内枠のソーグリッタリングが入り、3連複70万超の大万馬券だが、種を明かせば逃げ馬が内枠を連れて来るという決着だった。だからといって獲れたわけではないのだが、回顧とはある意味で言い訳を見つける作業なので、適切な言い訳をできることは重要だ。今回は差しに回った、あるいは外を回した、という言い訳できる馬を覚えておくだけでも今後に向けては十分価値がある。


〜迷ったら先行&内枠

現代の芝の馬場整備技術は発達しているので、かつてのような外伸びはレアケース。基本的には内枠に張っていた方が確率が高く、”迷ったら先行&内枠”というのが鉄則だ。

エプソムカップの10分前、マーメイドSもやはり先行内枠決着。2番手から抜け出したサマーセントに追いすがったのは、道中インを立ち回り直線も最内を突いたセンテリュオと、最内枠のリュヌルージュだった。これで3連複は万馬券。阪神芝は開幕週、2週目ともにインの状況が良く、引き続き今週末もイン狙いが正解か。

さらに内が狙いという意味では、先週開幕した函館の芝コースだろう。開幕週だった先週は、芝で14レース施行され、

1枠の馬(4-0-3-11)
8枠の馬(2-0-1-25)

と明らかにイン有利。1枠の馬の単複を買い続けたら、結果的には楽々プラスだった。競馬予想とは目の前の馬のことを考える、ミクロ予想も大事だが、全体像を掴むという意味でマクロ予想も重要なのである。

…なんて偉そうに言って、私は最内枠のリュヌルージュに自信の本命を打ちながらも、サマーセントを消してしまう愚か者なのである。悲しいかな、わかることと当たることは違うのだ。


函館スプリントS展望

気を取り直して今週末、重賞は2レースだが、内枠を重視したいのはやはり函館芝で開催される函館スプリントステークスだろう。開幕2週目芝1200m重賞にフルゲートの16頭が揃い、先行勢が多くない組み合わせを考えれば、やはりイン重視がセオリー。

先週の函館芝1200mでは7レース行われ、2ケタ馬番の馬は35頭が出走して(0-3-2-30)と未勝利。2ケタ馬番から人気薄で好走した馬は2頭いたが、そのうち1頭は逃げ馬なので、外からの差しを決めた人気薄は日曜メインのインスピレーションのみ。細かいことを考えるよりは、インを狙えということをまずはアタマに入れておきたい。

本稿執筆時点でまだ枠順は出ていないのだが、内枠を条件に狙ってみたいのはエイティーンガールジョーマンデリングランドボヌールの3頭。

エイティーンガールの坂井騎手は言わずと知れた内枠巧者で、初重賞制覇となった昨年フィリーズレビューでのイン突きや、京都大賞典でのドレッドノータスでのイン突きは記憶に新しいところだ。

ジョーマンデリンは先週のレースが好内容で能力的に引けは取らない。病み上がりとはいえやはりイン突きの名手である岩田康誠騎手が騎乗する。

グランドボヌールオーシャンSで大健闘の4着。鞍上の城戸騎手は知名度こそ高くないがスタートは上手で、短距離の先行ではしばしば好騎乗を見せてくれる。

今週末はシンプルにイン重視で、上記の馬たちを中心に狙ってみるつもりだ。

※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2020年2月7日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】短距離レースにおける決め打ちの重要性
閲覧 2,456ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は東京で根岸S、京都でシルクロードSが行われた。

根岸Sコパノキッキングの連覇が有力視されたが、直線早め先頭もラストで脚が上がってしまい、最後はモズアスコットの強襲に屈した。そのモズアスコットは6歳にして初のダート挑戦だったが、出遅れながらすぐに中団にとりつき、直線も力強い伸びを見せて差し切り。フェブラリーSに向けて、遅咲きの新星が誕生した。なお、2着のコパノキッキングはこの後フェブラリーSはスキップする模様。改めて1200m路線を歩むようだ。

一方、波乱の結末となったのが西のシルクロードS。人気を集めたのは内枠のレッドアンシェルモズスーパーフレアといった組だったが、6番人気馬までが単勝オッズひと桁台に収まる大混戦模様で戦前から波乱の香りが漂っていた。そんなレースを制したのは、道中は後方待機となった3番人気のアウィルアウェイ

アウィルアウェイはスタートで今回も後手を踏み後方からの追走となったが、連続開催で荒れて来た馬場も味方につけ、直線では鋭く伸びた。その後をなぞるように伸びて来た四位騎手のエイティーンガール、さらに大外を回した丸田騎手のナランフレグとともに、1200m重賞としては珍しい追い込み馬のワンツースリー決着だった。上位勢はこの後高松宮記念を目指すことになるだろうが、今回のレースのバイアスは頭に入れておきたい。


~Bコース替わりでも逃げ先行馬には厳しかった京都芝

さて、先週の当コラムではシルクロードSの注目馬をカラクレナイとしたが、その後枠順を確認し、また週末の馬場を確認した段階で大きく予想を変更した。というのも、土曜日からBコース替わりとなった京都芝だが、相変わらず…というよりもAコース使用時以上に外の伸びがよく、カラクレナイの2番枠、また近走先行力が出て来ている点はかなり不利に思えたためだ。

というわけで同馬は最終的に7番手まで印を落とし、本命には◎アウィルアウェイを抜擢、対抗に○エイティーンガールを据えた。有料配信・競馬ノートでお送りしている予想の中では今年初の勝負度【B】という自信ありの勝負となった。

レースは4コーナー付近の段階でまだモズスーパーフレアの余力があり、一方購入している馬たちは軒並み後方だったために、

「終わった…」

というのが偽らざる心境だったが、直線の入り口で上手く馬群を捌いて◎アウィルアウェイが外に出したのを見て、

「もしからしたら…」

という淡い期待に変わり、その後ラスト1Fあたりで加速がついたところで、一気に歓喜のゴールが見えてきた……と、こんな自慢話は面白くないと思うので本題に入るが、このようにとりわけ芝でもダートでも短距離重賞は極端な傾向が出る場合はまとめて来ることが多い。そしてそのようなケースではある程度決め打ちが重要になる。差しが届くなら差し追い込み、逃げが決まりそうなら逃げ先行といったように、馬場や枠順によって狙う馬が変わるのは当然として、狙う軸馬が変わればヒモもそれに応じて変わってくる。カラクレナイを本命候補→7番手という極端な評価変更を敢行した理由の大半も馬場と枠順によるもので、改めて短距離戦における決め打ちの重要性を感じさせられるレースだった。ちなみになぜ短距離戦は特にそうなりやすいのかということは長くなるので別の機会にしたいが、端的に言えば枠に準じたコース取りになりやすく、スタート後のコース取り補正がしづらい、またはコース取り補正をするとそのロスが大きくなり、いずれにしてもロスが致命的になる。出たなりで追走できるか、出た後に進路を変える、あるいは控えて外に出すか、といったこの差は極めて大きい。

だから、仮に内枠先行決着になるような馬場だったらモズスーパーフレアが逃げ切りカラクレナイは2~3着…というような結末だった可能性もある。いずれにしても特に短距離戦においては守りに入り当てに行くよりも、どういうレースになるかというストーリーを頭の中で思い描いて、それに準じて思い切って印を打つのが大きな的中を生み出すコツになる。今回勝負度を今年一番高くしたのは、当たるかどうかというよりは脳内でストーリーを描くことができ、馬場とメンバー構成の中でそれが再現される可能性が高いと考えたからである。

なお、このようなことを日々自らの配信で書いていたら、最近は私自身よりも読者の方が馬券が上手くなってしまっているのが現実である。つまり、心がけ次第で予想力も買い方もすぐ上げて行けるので、私の有料媒体を無理に読む必要はない(一応末尾にリンクがある)が、当コラムにて是非今回のような考え方は参考にして身に着けて頂きたい。

↓優秀な読者の馬券例


それと余談ではあるが、シルクロードSに関しては騎手の力も大きかった。川田騎手が上手いのは今さら言うまでもなく、四位騎手が差し追い込みで技量を発揮するのは広く知られたところだが、何よりナランフレグの丸田騎手は”らしさ”を存分に発揮した騎乗だった。

丸田騎手のらしさといえば、スタートからレースの流れよりもリズムを重視し、馬の気分に任せて追走し末脚を引き出す技術の高さだろう。ナランフレグの前走や、最近の勝利でいえば昨年11月の福島ダート1150mのシルバーストーン、昨年3月中京のエミーリオなどで見せてくれた丸田スペシャルともいえる騎乗だ。こちらも今後まだまだ穴を量産してくれるはずなので、馬券検討の際には騎手の特徴として頭に叩き込んでおきたい。


~前走不利な馬場でも伸びたヴァンドギャルドは有力

さて、今週末は東西できさらぎ賞東京新聞杯が行われる。

馬券的に面白そうなのは東京新聞杯。昨年はココを制したインディチャンプがその後春秋マイルG1制覇を達成したが、今年も各路線からメンバーの層は厚くないながらも素質馬が揃った。

もしココを制するようなら今後一気に注目が集まるという意味では、3連勝中のディープインパクト産駒・ヴァンドギャルドだろう。前走のウェルカムSは昨年のジャパンカップ前の10レースだったが、ご記憶の方も多いと思うがジャパンカップ当日は道悪だったが、馬場の伸びどころはインが断然有利。ジャパンカップではスワーヴリチャードが内を伸びて勝ったように、その他のレースでも軒並みインが優勢だった。

そのような状況下でただ一頭外から伸びて差し切ったのがヴァンドギャルド。もともと重賞でも人気を集めていた素質馬だけに、改めての重賞挑戦でもクラスの壁はないだろう。

ただ、馬券的な妙味を考えると面白い馬は他にいる。特に注目しているのはクリノガウディー。近走はイマイチ結果を出せていないが、もともと重賞戦線でも好勝負を繰り広げていた実力馬でマイルCSでも7着健闘を見せた。その前の京成杯AH~富士Sはいずれも不利を受けており、スムーズなら今回は十分勝負になりそうだ。テン乗りとなる横山典騎手の手綱にも注目したい。

あとは大穴となるが、スウィングビートにも少しだけ注目。タピット産駒の芝初挑戦など常識的に考えれば買いたくはないが、走り自体は素軽く、芝でも…と思わせる。近走は1800mでやや掛かり気味なだけにマイルへの短縮はプラスだろうし、今年は相手関係を見渡してもメンバーレベルはそこまで高くないので、どのみち人気もないだろうし一枚押さえておいても面白いかもしれない。

※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

エイティーンガールの口コミ


口コミ一覧
閲覧 33ビュー コメント 0 ナイス 0

あんた~!シルクロードSで敗れたエイティーンガールが引退して繁殖牝馬になるげなば~い!お疲れ様ば~い!!

#シルクロードS #エイティーンガール

 『ま~た次回もよろしくば~い!ツイッターのフォロ~&ツイート&チャンネル登録よろしくば~い!何さまがんばるば~い!!』

 DEEB 2023年1月29日() 17:40
恥ずかしい馬予想2023.01.29[結果]
閲覧 55ビュー コメント 0 ナイス 3

東京 4R 4歳以上1勝クラス
◎ 4 リュウノブレイク…12着
○ 5 アポロリヤム…6着
▲15 グリュースゴット…1着
△16 コンクエスト…2着
×14 ☆セイウンオードリー…5着
[結果:ハズレ×]

東京 5R 3歳未勝利
◎ 6 ★サルヴァトーレ…1着
○ 2 レッドバレンティア…4着
▲15 アサクサヴィーナス…3着
△10 ジーククローネ…6着
× 7 ヴァンナチュール…9着
[結果:アタリ△ 単勝 6 340円、複勝 6 130円]

東京 8R 4歳以上2勝クラス(混合)
◎ 9 バルミュゼット…3着
○ 3 ☆バクシン…10着
▲15 インヴァリアンス…7着
△12 フォーヴィスム…1着
×11 リンクスルーファス…16着
[結果:ハズレ×]

東京10R 節分ステークス 4歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎ 4 レッドモンレーヴ…1着
○ 7 アヴェラーレ…4着
▲ 5 ダンテスヴュー…8着
×10 ☆パーソナルハイ…6着
[結果:ハズレ×]

東京11R 根岸ステークス GⅢ 4歳以上オープン(国際)(指定)
◎13 レモンポップ…1着
○ 6 ギルデッドミラー…2着
▲ 2 ヘリオス…15着
△ 4 セキフウ…13着
× 5 ☆アドマイヤルプス…11着
☆16 ケンシンコウ…6着
[結果:アタリ△ 6-13 390円]

中京 9R 美濃ステークス 4歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎ 3 シュトルーヴェ…2着
○ 4 ストリクトコード…3着
▲ 1 セファーラジエル…1着
× 7 ☆ターキッシュパレス…6着
☆ 5 ドゥリトル…7着
[結果:アタリ△ 馬連 1-3 340円]

中京11R シルクロードステークス GⅢ 4歳以上オープン(国際)(特指)
◎15 トウシンマカオ…4着
○ 8 マッドクール…3着
▲ 1 ☆シャインガーネット…6着
△13 キルロード…12着
× 2 ナムラクレア…1着
☆ 4 エイティーンガール…9着
[結果:ハズレ×]

小倉 2R 3歳未勝利(混合)
◎16 スリーアイランド…1着
○ 9 リッスンアップ…4着
▲10 リサリサ…3着
△15 ピンポンマム…9着
☆ 8 レッジェンダペスカ…16着
[結果:アタリ△ ワイド 10-16 540円]

小倉 9R くすのき賞 3歳1勝クラス(混合)(特指)
◎ 6 サグアロ…13着
○13 メイショウポペット…3着
▲10 リチャ…5着
☆ 4 ルクルス…中止
[結果:ハズレ×]

小倉11R 巌流島ステークス 4歳以上3勝クラス(混合)
◎12 ドグマ…6着
○ 3 ブレスレスリー…13着
▲ 9 カフジテトラゴン…14着
△ 8 クリノマジン…2着
×13 フォイアーロート…15着
×18 スンリ…1着
[結果:ハズレ×]

[今日の結果:10戦0勝6敗4分]
ドバッと当たりませんでした。

[もっと見る]

 DEEB 2023年1月29日() 08:41
恥ずかしい馬予想2023.01.29
閲覧 104ビュー コメント 0 ナイス 4

趣味が競馬です。へたくそです。当たりません…。
恥ずかしい予想を…記録用に書きます。
今日も競馬を楽しみましょう。

東京 4R 4歳以上1勝クラス
◎ 4 リュウノブレイク
○ 5 アポロリヤム
▲15 グリュースゴット
△16 コンクエスト
×14 ☆セイウンオードリー

東京 5R 3歳未勝利
◎ 6 ★サルヴァトーレ
○ 2 レッドバレンティア
▲15 アサクサヴィーナス
△10 ジーククローネ
× 7 ヴァンナチュール

東京 8R 4歳以上2勝クラス(混合)
◎ 9 バルミュゼット
○ 3 ☆バクシン
▲15 インヴァリアンス
△12 フォーヴィスム
×11 リンクスルーファス

東京10R 節分ステークス 4歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎ 4 レッドモンレーヴ
○ 7 アヴェラーレ
▲ 5 ダンテスヴュー
×10 ☆パーソナルハイ

東京11R 根岸ステークス GⅢ 4歳以上オープン(国際)(指定)
◎13 レモンポップ
○ 6 ギルデッドミラー
▲ 2 ヘリオス
△ 4 セキフウ
× 5 ☆アドマイヤルプス
☆16 ケンシンコウ

中京 9R 美濃ステークス 4歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎ 3 シュトルーヴェ
○ 4 ストリクトコード
▲ 1 セファーラジエル
× 7 ☆ターキッシュパレス
☆ 5 ドゥリトル

中京11R シルクロードステークス GⅢ 4歳以上オープン(国際)(特指)
◎15 トウシンマカオ
○ 8 マッドクール
▲ 1 ☆シャインガーネット
△13 キルロード
× 2 ナムラクレア
☆ 4 エイティーンガール

小倉 2R 3歳未勝利(混合)
◎16 スリーアイランド
○ 9 リッスンアップ
▲10 リサリサ
△15 ピンポンマム
☆ 8 レッジェンダペスカ

小倉 9R くすのき賞 3歳1勝クラス(混合)(特指)
◎ 6 サグアロ
○13 メイショウポペット
▲10 リチャ
☆ 4 ルクルス

小倉10R 巌流島ステークス 4歳以上3勝クラス(混合)
◎12 ドグマ
○ 3 ブレスレスリー
▲ 9 カフジテトラゴン
△ 8 クリノマジン
×13 フォイアーロート
×18 スンリ

今日は、妻さんと買物に出かける予定です。

[もっと見る]

⇒もっと見る

エイティーンガールの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
5:
  HELPRO   フォロワー:1人 2022年11月27日() 16:20:53
しんいちろうへた!
4:
  TERAMAGAZINE   フォロワー:68人 2021年11月28日() 16:24:16
②エイティーンガール 

単勝22.5倍!

お見事!
3:
  HELPRO   フォロワー:1人 2020年10月4日() 16:04:21
いけぞえはどへた。
こうほうたいきのいみがない。
おやのおかげらしいえせあんじょう。

⇒もっと見る

エイティーンガールの写真

エイティーンガール
エイティーンガール

エイティーンガールの厩舎情報 VIP

2023年1月29日シルクロードS G39着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

エイティーンガールの取材メモ VIP

2022年11月27日 京阪杯 G3 11着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。