グランドボヌール(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
グランドボヌール
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2014年5月24日生
調教師鈴木孝志(栗東)
馬主田畑 利彦
生産者片岡 博
生産地新ひだか町
戦績24戦[6-1-1-16]
総賞金7,251万円
収得賞金3,300万円
英字表記Grand Bonheur
血統 エンパイアメーカー
血統 ][ 産駒 ]
Unbridled
Toussaud
クインネージュ
血統 ][ 産駒 ]
フジキセキ
クールネージュ
兄弟 ゴーイングパワーゴーインググレート
前走 2019/08/14 サマーチャンピオン G3
次走予定

グランドボヌールの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/08/14 佐賀 9 サマーチャン G3 ダ1400 11--------1** 牡5 54.0 和田竜二鈴木孝志472(--)1.26.6 -0.0----ヒザクリゲ
19/07/21 中京 11 中京記念 G3 芝1600 161128.695** 牡5 54.0 和田竜二鈴木孝志482(+4)1.34.0 0.435.9グルーヴィット
19/06/30 中京 11 CBC賞 G3 芝1200 131110.966** 牡5 54.0 城戸義政鈴木孝志478(-10)1.10.4 0.635.3④④レッドアンシェル
19/05/26 京都 10 安土城S (L) 芝1400 134526.1810** 牡5 54.0 城戸義政鈴木孝志488(+4)1.21.5 1.936.0④④ダイアトニック
19/03/09 中京 11 トリトンS 1600万下 芝1400 145714.761** 牡5 55.0 城戸義政鈴木孝志484(0)1.20.4 -0.233.8タイセイスターリー
19/01/14 京都 11 淀短距離S OP 芝1200 12688.8411** 牡5 56.0 松山弘平鈴木孝志484(+2)1.09.8 0.735.6ナインテイルズ
18/12/15 中京 11 中京日経賞 1000万下 芝1200 185104.911** 牡4 57.0 松山弘平鈴木孝志482(+6)1.08.4 -0.633.8カネトシブレス
18/11/10 東京 10 三鷹特別 1000万下 芝1400 138126.6310** 牡4 57.0 戸崎圭太鈴木孝志476(0)1.21.3 1.136.3デスティニーソング
18/10/14 東京 12 神奈川新聞杯 1000万下 芝1400 11226.035** 牡4 57.0 城戸義政鈴木孝志476(+2)1.21.6 0.534.2チトニア
18/05/20 東京 10 フリーウェイ 1600万下 芝1400 1881611.1613** 牡4 57.0 福永祐一鈴木孝志474(+6)1.21.4 0.836.0ロワアブソリュー
18/05/05 東京 8 4歳以上1000万下 芝1400 146103.321** 牡4 57.0 戸崎圭太鈴木孝志468(-4)1.20.0 -0.234.2ウィンドライジズ
18/04/07 阪神 9 丹波特別 1000万下 芝1600 117915.747** 牡4 57.0 城戸義政鈴木孝志472(-2)1.34.7 0.636.2インビジブルレイズ
18/03/18 中京 12 豊橋特別 500万下 芝1400 18126.931** 牡4 57.0 城戸義政鈴木孝志474(-6)1.21.4 -0.835.2グラドゥアーレ
18/03/03 小倉 12 唐戸特別 500万下 芝1800 117815.365** 牡4 57.0 岩崎翼鈴木孝志480(+16)1.47.6 0.536.3ジョーアラビカ
17/08/27 小倉 7 3歳以上500万下 芝1800 163518.1713** 牡3 53☆ 岩崎翼岩元市三464(-2)1.48.4 1.136.5インビジブルレイズ
17/07/30 小倉 12 3歳以上500万下 芝1800 10114.024** 牡3 53☆ 岩崎翼岩元市三466(+6)1.48.0 0.235.6オールドクラシック
17/07/02 福島 11 ラジNIK賞 G3 芝1800 1222137.6129** 牡3 50.0 木幡巧也岩元市三460(-10)1.47.8 1.235.8⑨⑨⑨⑨セダブリランテス
17/06/18 阪神 8 3歳以上500万下 芝2000 121110.2410** 牡3 54.0 松山弘平岩元市三470(+6)1.59.5 1.636.7トライブキング
17/03/05 小倉 4 3歳未勝利 芝1800 15233.611** 牡3 55☆ 岩崎翼岩元市三464(-4)1.48.7 -0.335.9ピンキージョーンズ
17/02/12 小倉 4 3歳未勝利 芝1800 168169.753** 牡3 55☆ 岩崎翼岩元市三468(-8)1.49.3 0.435.9モズカッチャン

⇒もっと見る


グランドボヌールの関連ニュース

 10月2日に大井競馬場で行われる東京盃のJRA出走予定馬および補欠馬が16日、次の通り発表された。

 「第53回東京盃」(大井競馬場、交流GII、3歳上オープン、ダート・右1200メートル)

 【JRA出走予定馬】5頭キングズガード(牡8歳、栗東・寺島良厩舎、騎手未定)グランドボヌール(牡5歳、栗東・鈴木孝志厩舎、和田竜二騎手)コパノキッキング(セン4歳、栗東・村山明厩舎、騎手未定)サクセスエナジー(牡5歳、栗東・北出成人厩舎、松山弘平騎手)ノーワン(牝3歳、栗東・笹田和秀厩舎、坂井瑠星騎手)

 【JRA所属の補欠馬】5頭(補欠順位順)1.ヒザクリゲ2.ニホンピロタイド3.アポロノシンザン4.クリーンファンキー5.ナンチンノン

【オーバルスプリント】JRAの出走予定馬発表 2019年8月25日() 17:17

 9月12日に浦和競馬場で行われるテレ玉杯オーバルスプリントのJRA出走予定馬および補欠馬が25日、次の通り発表された。

 「第30回テレ玉杯オーバルスプリント」(浦和競馬場、交流GIII、3歳上オープン、別定、ダート・左1400メートル)

 【JRA出走予定馬】4頭サクセスエナジー(牡5歳、栗東・北出成人厩舎、騎手未定)ノボバカラ(牡7歳、栗東・森秀行厩舎、騎手未定)ヤマニンアンプリメ(牝5歳、栗東・長谷川浩大厩舎、騎手未定)ワイドファラオ(牡3歳、栗東・角居勝彦厩舎、福永祐一騎手)

 【JRA所属の補欠馬】5頭(補欠順位順)1.グランドボヌール2.ヒザクリゲ3.ゴールドクイーン4.ヴァニラアイス5.シャインヴィットウ

[もっと見る]

【サマーチャンピオン(Jpn3)オープン】(佐賀)~グランドボヌールが優勝2019年8月14日(水) 18:49

14日、佐賀競馬場の第9Rに行われた第19回 サマーチャンピオン(Jpn3)オープン(ダート 右1400m サラブレッド系3才以上 ハンデ)は和田竜二騎手騎乗の3番人気・10番グランドボヌール(牡5)が優勝した。
勝ちタイムは1分26秒6(稍重)。さらにハナ差の2着に2番人気・2番ヒザクリゲ牝4)、そこから4馬身差の3着に4番人気・9番シャインヴィットゥ(牡5)が入った。
グランドボヌールは、父エンパイアメーカー、母クインネージュ、母の父フジキセキという血統で鈴木孝志厩舎の所属馬。生産は日高郡新ひだか町・片岡博。馬主は田畑利彦。通算成績は24戦6勝。
サマーチャンピオン(Jpn3)オープン」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【サマーチャンピオン】グランドボヌールがハナ差で重賞初制覇 2019年8月14日(水) 17:10

 8月14日の佐賀9Rで行われた第19回サマーチャンピオン(3歳以上、交流GIII、ダート1400メートル、ハンデ、11頭立て、1着賞金=2100万円)は、和田竜二騎手騎乗の3番人気グランドボヌール(牡5歳、栗東・鈴木孝志厩舎)が5番手追走から早めに進出、3コーナー過ぎに先頭に立ち、後続の追撃をハナ差振り切って交流重賞初制覇。タイムは1分26秒6(稍重)。

 2着に好位追走から差してきたヒザクリゲ(2番人気、JRA所属)、さらに4馬身差遅れた3着に先行粘ったシャインヴィットゥ(4番人気、JRA所属)。1番人気のスマートレイチェル(JRA所属)は逃げて早めにかわされ、4着に敗れた。

 サマーチャンピオンを勝ったグランドボヌールは、父エンパイアメーカー、母クインネージュ、母の父フジキセキという血統。北海道新ひだか町・片岡博氏の生産馬で、馬主は田畑利彦氏。通算成績は24戦6勝。重賞初制覇。サマーチャンピオンは、鈴木孝志調教師、和田竜二騎手ともに初優勝。

 ◆和田竜二騎手(1着 グランドボヌール)「いつもスタートがいい馬で、今日も落ち着いて出てくれました。内を見ながら行きましたが、馬体を並べていないとフラフラするところがあって、ついていかないと、と思ってレースを進めました。ちょっと早すぎたので、最後アップアップしてしまいましたが、頑張ってくれました。ダートの1400メートルが合っていたんだと思います。奥のある血統で、頑張ってくれているのはうれしいし、これからも活躍してほしいと思います」

[もっと見る]

【サマーチャンピオン】レース展望 2019年8月12日(月) 11:44

ヒザクリゲが3連勝の勢いで重賞初挑戦



 お盆シーズン真っ最中の14日(水)に佐賀競馬場で、恒例の交流重賞・第19回サマーチャンピオン(交流GIII、3歳以上オープン、ハンデ、ダート・右1400メートル)が行われる。昨今の交流重賞戦では珍しくJRA勢に交流重賞タイトルを保持する馬がおらず、例年以上に混戦模様のメンバーとなった一戦を展望していきたい。



 傑出馬不在のJRA勢5頭の中でも一番手に取り上げておきたいのは、500万下(現1勝クラス)から一気の3連勝でオープン入りを果たしたヒザクリゲ(栗東・牧浦充徳厩舎、牝4歳)。



 4歳とはいえキャリアはわずか10戦で、馬体重を増やしつつ連勝を伸ばしてきたように、ここにきての充実度は目を見張るものがある。初オープン挑戦で53キロのハンデはやや見込まれた印象を受けるが、相手には恵まれた印象で、いきなり通用する可能性がありそうだ。



武豊騎手とのコンビで挑むスマートレイチェル



 2017年にラインシュナイダーに騎乗してこのレースを制している名手・武豊騎手が、昨秋以来のコンビ再結成となるスマートレイチェル(栗東・西園正都厩舎、牝5歳)とのコンビで登場する。



 2歳暮れのデビューから一貫してダートの短距離戦を使い続けると、前走のシドニーTを制して待望のオープン入り。3歳春以来のオープン挑戦となるが、52キロのハンデなら通用してもいいのではないか。



 過去の成績を見ると、3カ月ぶりの実戦復帰になるのはややマイナス要素と言えるかもしれないが、惜しまれつつもこの世を去った父キングカメハメハの思いも乗せて奮闘してもらいたい。



グランドボヌールが久々のダートで一変なるか



 2走前のCBC賞(GIII)は6着、前走の中京記念(GIII)で5着と、芝の重賞でもまずまずの走りを見せていたグランドボヌール(栗東・鈴木孝志厩舎、牡5歳)が、さらなるステップアップを狙って3歳春以来となるダート戦に挑む。



 ダートは1800m戦を2度使って13、6着と結果は出ていないが、当時は未勝利の身で適性を探っている段階だったといえる。短距離戦で成績が安定してきた今なら、違った結果が出てもいいのではないか。



 JRAからは他に2頭が参戦する。田中勝春騎手とのコンビで挑むシャインヴィットゥ(美浦・小野次郎厩舎、牡5歳)は、オープン昇級後の2戦が13、15着だけに過度な期待はかけづらい。



 もう一頭は、中央でオープン特別2勝がありこのメンバーでは実績上位の存在と言えるナンチンノン(栗東・中竹和也厩舎、牡8歳)だが、トップハンデの56キロを背負う上に目下6戦連続2ケタ着順と往年の勢いを失っている。8歳の高齢馬でもあり、全盛期の走りをどこまで見せることができるか気になるところだ。



★兵庫勢の回避で地元・佐賀勢に出番があるか



 例年なら主役級の能力を持つ馬がズラリと並ぶJRA勢だが、今年に関しては全馬が重賞未勝利。交流重賞Vの実績があるエイシンバランサー、エイシンヴァラーなどが名を連ねていた兵庫勢も揃って回避となると、地元・佐賀勢に出番が回ってきても不思議ではなさそうだ。



 とはいえ今年は、上位2頭に優先出走権が与えられる地元・佐賀のトライアルレース・吉野ヶ里記念が大雨の影響で中止になっている。例年ならここで結果を出した好調馬が出走表に名を連ねるが、今年に限れば実績、勢いに勝る面々が揃ったとは言い切れない。



 一応、仕切り直しとなった池田湖賞で2、3着しているハクユウスターダム(佐賀、東眞市厩舎、牡6歳)、マサヤ(佐賀、東眞市厩舎、牡8歳)を推したいが、果たしてどのような走りを見せてくれるだろうか。

[もっと見る]

【サマーチャンピオン】JRAの出走予定馬発表 2019年7月28日() 17:47

 8月14日に佐賀競馬場で行われるサマーチャンピオンのJRA出走予定馬および補欠馬が28日、次の通り発表された。

 「第19回サマーチャンピオンカップ」(佐賀競馬場、交流GIII、3歳上オープン、ダート・右1400メートル)

 【JRA出走予定馬】5頭グランドボヌール(牡5歳、栗東・鈴木孝志厩舎、騎手未定)シャインヴィットウ(牡5歳、美浦・小野次郎厩舎、騎手未定)スマートレイチェル(牝5歳、栗東・西園正都厩舎、騎手未定)ナンチンノン(牡8歳、栗東・中竹和也厩舎、騎手未定)ヒザクリゲ(牝4歳、栗東・牧浦充徳厩舎、騎手未定)

 【JRA所属の補欠馬】4頭(補欠順位順)1.ブルミラコロ2.プレスティージオ3.トラキチシャチョウ4.クリノリーソクツモ

[もっと見る]

⇒もっと見る

グランドボヌールの関連コラム

閲覧 558ビュー コメント 0 ナイス 3


 
先週は、21(日)に函館競馬場でG3函館2歳Sが、中京競馬場でG3中京記念がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3函館2歳Sは、マンバーが競走除外となって15頭立てでスタート。1番人気の支持を集めたレッドヴェイパー、4番人気ビアンフェといったところは内で出遅れ。外目の各馬が好発から先手を主張しますが、ここに最内からビアンフェがダッシュを利かせて一気にハナへ。前半3Fを33.6秒で通過していくと、レッドヴェイパータイセイビジョンらが後方で早々と促されるのとは対照的に、楽々の快走を続けていきます。迎えた直線で、2番手グループを一瞬にして2馬身ほど突き離すと、あとはみるみる独走態勢へ。最後は、追いこんだ2着タイセイビジョンが1馬身1/4差まで詰め寄ってきたものの、直線半ばで勝負を決めたレースぶりはまさに完勝の内容。危なげない運びで現2歳世代最初の重賞ウィナーに輝くとともに、キズナ産駒に初重賞Vをもたらしました。
公認プロ予想家では、導師嵐山プロ金子京介プロらが的中をマークしています。
 
G3中京記念は、最内からグランドボヌール、中からツーエムマイスターと出を窺い、この2頭がけん引して展開。2頭横並びで直線へと入っていきます。1番人気プリモシーンは、早めに先行集団に取りつく積極的な競馬で4~5番手の外から、カテドラルは後方、グルーヴィットプリモシーンの真後ろから2頭を追う態勢。先頭をキープするグランドボヌールのリードが徐々になくなると、先頭を窺うプリモシーンに、外からグルーヴィット、さらにはクリノガウディーの3枠3歳馬両頭も迫って残り1Fを通過。馬群を突いては、ミエノサクシードあたりも伸び脚を披露します。ゴール前、4~5頭が密集する展開を、外のグルーヴィットクリノガウディーが2頭横並びで抜け出し、鼻面を併せてゴール。際どい写真判定に持ち込まれたこの一戦を制したのは、2頭の内3番人気グルーヴィットでした。初芝挑戦のG3ファルコンSでいきなりの重賞好走を果たしたここ中京の地で、重賞初制覇を飾っています。
公認プロ予想家では、山崎エリカプロシムーンプロスガダイプロ豚ミンCプロら計10名が的中をマークしています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
20(土)は、福島9R栗子特別などの的中でプラス収支をマーク。21(日)には、中京2R2歳未勝利での25万7,120円払戻しなどで連日のプラス達成の先週は、週末2日間トータル回収率105%を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
先週は、21(日)福島7R3歳未勝利での3連単33万940円馬券的中を筆頭に、同中京2R2歳未勝利、20(土)福島1R障害未勝利、同函館4R3歳未勝利などの的中を披露。週間トータル回収率118%、収支12万5,800円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
20(土)は、勝負予想福島3R3歳未勝利での◎○的中他、福島7R3歳未勝利福島9R栗子特別などの好調予想を披露。21(日)には、中京5R2歳新馬中京11RG3中京記念などを仕留めてみせ、週間回収率115%の好成績で終えています。
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
20(土)函館5R3歳未勝利福島6R2歳新馬、21(日)福島7R3歳未勝利などの的中で、トータル回収率105%を達成。3週連続週末プラスをマークしています。
 
 
 
この他にも、奥野憲一プロ(140%)、蒼馬久一郎プロ(101%←2週連続週末プラス)、【U指数】3連複プリンセスプロ(139%)、馬っしぐらプロ(123%)、覆面ドクター・英プロ(109%)、馬侑迦プロ(106%)、山崎エリカプロ(105%←2週連続週末プラス)が、週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年3月20日(水) 18:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019高松宮記念
閲覧 1,717ビュー コメント 0 ナイス 9



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はAA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


3月24日(日) 第49回 高松宮記念(G1、4歳以上、芝1200m)

【登録頭数:22頭】(フルゲート:18頭)


【優先出走馬】

モズスーパーフレア(C)中2週
ここ2戦は中山で、昨年のこのレースで3着のナックビーナスを押さえての2連勝。勢いはあるが、この中間は間隔が詰まっていることもあり軽めの調整。これまでの勝ち鞍すべてが前走から1ヶ月以上間隔が空いていた時のもの。そして、それもあって1週前に速い時計を出すことができていた。今回それができていない点は不安材料である。


【以下、出走馬決定賞金順】

レッツゴードンキ(B)中3週
前走時のパドックでは、乗り込まれてはいたもののまだお腹のあたりに余裕がある感じの馬体だった。この中間もしっかり乗り込まれ、1週前に岩田騎手で強めに追われて順調に調整されている。叩き2戦目での上積みが期待できそう。

セイウンコウセイ(E)中7週
2年前の勝ち馬も近走は大敗続きで勢いがない。特に調教での動きに勢いがなく、一杯に追われても時計が出なくなっている。

スノードラゴン(D)中2週
調子の良い時はパドックよりも調教の動きが良く見える馬で、近走は年齢的なこともあり調教ではバネがない感じの走りになっている。この中間は間隔が詰まっていることもあり、金曜日に藤田菜七子騎手騎乗で追い切られているが、終いの時計が掛かっていて上積みがある感じではない。

ラブカンプー(E)中2週
もともと調教では目立つ時計の出る馬ではないが、この中間も良くなった感じもなく平凡な時計しか出ていない。ここ2戦のパドックでもこれまで以上にトモが寂しく、動きに勢いも感じられない。それでいて中2週の競馬となるとさらに厳しいくなるのではないか。

ダノンスマッシュ(AA)中7週
もともと調教では1週前にビッシリ追ってくる馬で、前2戦もかなり良い調教内容だった。この中間も間隔に余裕があり豊富な乗り込み量で、1週前には併走相手を終い突き放して好時計と勢いは止まらない。

ダイメイプリンセス(C)中2週
この馬は新潟の直線競馬での馬という印象が強く、昨年の夏から秋は勢いで1200m戦でも好走していた感じがある。今年に入ってからは、パドックでも調教の時計もそれほど悪い感じはないが、良い時は調教で結構な好時計が出る馬なので、最終追い切りでかなり速い時計をマークしてくるようなら注意が必要。

ナックビーナス(B)中2週
昨年の3着馬で、調教では南Wで内めを回るのでかなり好時計の出る馬。今年もオーシャンS2着からの参戦で、前走時のパドックを見てもまだ余裕のある馬体だった。最終追い切りで、終いだけでも追って好時計が出ているようなら上積みが期待できそう。

ロジクライ (B)中3週
大きな馬で休み明けの今年2戦はパドックではまた余裕のある馬体に見えた。この中間は、2週前、1週前と坂路で速い時計を出してきた。特に1週前には、ビッシリ追ってかなり速い時計を出しているところを見ると、やはりそれだけ前走後でも余裕のある馬体だったということだと思う。今回は叩き3戦目の上積みが期待できる。また、初の1200m戦だが、坂路でこれだけ速い時計を普通に出せる馬は、スプリンターに近いのではないかと思う。

アレスバローズ(B)中7週
同じ中京のこのコースで行われた昨年のCBC賞では、かなり速い時計で1着。どちらかというと時計のかかる馬場で行われる傾向にあるこのレースだが、3年前のように極端に速い馬場にしてくることもある。そのような馬場になれば、持ち時計は最速なので怖い存在に。状態に関しても、前走時のパドックでは迫力のある馬体でここを目標に使われているローテーションで仕上りは良い。

デアレガーロ(D)中4週
前走時は+32kgだったが、パドックでは太め感はなくバランスの良い馬体に見えた。ただ、前走後に放牧に出てギリギリまで厩舎に戻ってこなかったところを見ると、かなり反動が出たのではないかと思う。調教では時計が出る馬なので、前走も調教内容以上に走り過ぎてしまって反動が出たと考えると、今回は状態を戻すことで精一杯かもしれない。

ティーハーフ(D)中7週
前走から間隔に余裕がある割には追い切り本数が少なく、1週前追い切りの動きを見ても終い伸びきれずと物足りない動きだった。

ヒルノデイバロー(E)中3週
調教では時計の出る馬だが、1週前追い切りでは終い伸びきれず。動きがかなり物足りない。

ショウナンアンセム(D)中2週
使い詰めできていて今回も中2週と厳しいローテーション。この中間は軽めの調整で、1週前追い切りはなく状態面での上積みは期待できない。

ラインスピリット(D)中2週
前走時のパドックでは細く映り、あまり良く見えなかった。1週前追い切りの動きも軽い感じではあるが、一方で力強さがなく伸び脚も物足りなかった。

ミスターメロディ(B)中3週
パドックではテンションが高いところがある馬だが、調教に関してはしっかり乗り込まれ時計も出ていて、調整内容は悪くない。1週前追い切りの動きも、重心が低い走りで動きも良く、調子自体は良さそう。

ダイメイフジ (D)中2週
使い詰めできていて前走は連闘だったが、大きな馬でパドックではちょうど良いくらいの馬体だった。この中間も間隔がなく、上積みは厳しそう。

キングハート(B)中2週
昨年と同じくオーシャンSから中2週での参戦も、今年は1週前に併せ馬で強めに追われて、日曜日にも坂路で速い時計を出してと、間隔が短い割には入念な乗り込み。動きもやや首は高めだが、力強い動きで出来は前走よりも良さそう。


【以下、除外対象馬】

ペイシャフェリシタ(C)中2週
休み明けの3戦とも調教では坂路で良い時計が出ていて、状態は悪くなかったと思う。この中間も水、日と速い時計を出していて、引き続き状態をキープできている感じ。

グランドボヌール(C)中1週
2週前の前走時には坂路でかなり良い時計を連発していて、パドックでも毛艶が良く状態も良かったと思う。この中間は中1週のため時計は出ていないが、中京芝3戦3勝で勢いもありそう。

カイザーメランジェ(C)中2週
前走のオーシャンSでは◎にした馬で、前走時の調教内容はかなり良くパドックでも素軽い感じで出来は悪くなかったと思うが、レースでは流れに乗れずに力を出し切れなかった感じ。最終追い切りでの動きが良く、出走できた場合には注意したい1頭。

フミノムーン(D)中7週
休みなく使われていて、この中間は間隔が空いている割に日曜日に速い時計を出しているのみ。出走態勢にない。



◇今回は高松宮記念編でした。「早起きは三文の徳」という言葉がありますが、私も平日は仕事があるので、早い時間に起きて地方競馬の予想をしたり、調教を見たりする日が多くあります。出勤時間の何時間も前に起き、予想に頭を使っているので、午前中は頭が冴えてミスも少なく仕事も他の人よりもはかどります。午前中の仕事がスムーズだと、1日の流れというのも快調に運んでいくもので、早起きして競馬の予想をするということは、私の場合『三文の徳』、いや『四文』『五文』の徳になっているのかもしれません。

それでは次回大阪杯編(予定)でお会いしましょう。\(^o^)/


高松宮記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2019年3月19日(火) 09:00 覆面ドクター・英
高松宮記念・2019
閲覧 2,081ビュー コメント 0 ナイス 8

早くも春G1が毎週のようにやってくるシーズンに突入します。なんでしょう、高松宮記念大阪杯がG1ではなかった昔より、ちょっとお得感を感じますね。
3月は忙しいシーズンの方も多いと思います。私自身も人生初のモーニングを着て卒業証書授与の(臨時)校長の役割もあり、家庭でも子供の卒園式に、上の子のミニバスの先輩の卒団式があったりなうえに、当直も増えたりと、ここにきて大変な状況になってきています。ですが、週末に競馬の楽しみがあることで、なんとか頑張っています。3月は予想コメントを入れられず、申し訳ない感じあるのですが、結果自体はそこそこで、どうにか時間があれば、また余分なコメント(^^;)もしていきたいと思っています。


それでは恒例の全頭診断を。

1番人気想定 ダノンスマッシュ:重賞連勝中で、ロードカナロア×ハードスパンという現在の先端をいく新種牡馬同士の配合で、1200mで良さが出てきた。短距離での成功は、安田隆厩舎の特徴の現れでもあるのかもしれないが、先行して鋭く差せるし、1200mで負けたのは夏の札幌でナックビーナスの逃げ切りを許した一戦のみ。本来の力を発揮しはじめた北村友騎手同様、死角は少ないタイプでは。

2番人気想定 モズスーパーフレア:1200mで逃げてしか結果を出せていないタイプ。能力あるのだろうが、結果はともかく逃げたい馬にハナを叩かれると凡走というシーンもありえそう。人気馬の中では消して妙味のタイプか(逃げられれば、それなりに残るのだろうか)。

3番人気想定 レッツゴードンキ:超スローの桜花賞を勝って以降も様々なレースでそれなりの結果を残してきたが、さすがに7歳牝馬でG1では要らないのでは。

4番人気想定 ナックビーナス:実力のある馬とはいえこちらも6歳牝馬。オープンクラスでの2着3着が10回もある馬主孝行タイプだが、層の薄い今年でもG1で特に買う必要は無いのでは。

5番人気想定 ロジクライハーツクライ産駒で1200mが初でもあり、ピンとこないかもしれないが、栗東坂路で50秒を切ってくるような馬。G1の厳しい流れだとむしろマイル向きの馬の激走というのもありえそうで、その意味でも楽しみ。

6番人気想定 ミスターメロディ:ここが10戦目という若い馬。能力は高くやれてもいい下地はあるが初の芝1200mでもあり、本来はダート馬だと思っているので、ヒモ程度か。

7番人気想定 アレスバローズ:7勝中6勝が1200mというディープインパクト産駒にしてはスプリンターなのだが、G1で今更7歳馬を買いたくはない。

8番人気想定 ダイメイプリンセス;新潟直千では強いが、G1の1200mでは特に買いたくない。

9番人気想定 デアレガーロ:伸び盛りではあるが、1200mでは実績に乏しい現状だけに、大一番での激走はあまり期待できない。

10番人気以下想定
ラブカンプー:昨年のスプリンターズS2着は和田騎手の好騎乗あってこそのものだろう。そもそも、そう強いと思っていなかったし、ここでは期待薄。栗東坂路で時計が出るように、地方競馬の800m戦とかならやれるのでは。

ティーハーフ:9歳だけに、もう無いと思われているであろうが、ここにきて得意の京都で3着に連続好走しているように、穴馬としてはまだあるのでは。

ダイメイフジ:重賞では通用しておらず要らないのでは。

セイウンコウセイ:G1馬だがここのところ2ケタ着順が続いており一変は無いのでは。

スノードラゴン藤田菜七子騎手騎乗ということで賑わせている11歳馬だが、ダートでないとさすがに11歳馬だけにスピード負けする。

ペイシャフェリシタ:6歳牝馬で今更G1で、どうこう言うタイプではない。

グランドボヌール:エンパイアメーカー×フジキセキで、芝1400mで主に結果を出してきた馬だが激走があってもおかしくない。

ショウナンアンセム:昨年6月の2連勝した頃がピークで、今はちょっと期待できない。

ラインスピリット;長く頑張っているが、8歳となりさすがにもう上積みは無いだろう。

キングハート:10番人気でのG3勝利はあるが、さすがにここでは無さそう。

ヒルノデイバローマンハッタンカフェ産駒らしく北海道シリーズで激走したりはあるが、8歳で特に得意でない中京では激走は期待できない。

フミノムーン:古馬になってからオープン特別1勝止まり。重賞でほとんど通用していない現状での激走を期待するのは酷である。

カイザーメランジェ:オープンでの実績ゼロで、血統的にも特に激走は期待できない。



<まとめ>

有力:ダノンスマッシュ

ヒモに:ロジクライティーハーフグランドボヌールミスターメロディ

[もっと見る]

グランドボヌールの口コミ


口コミ一覧
閲覧 59ビュー コメント 0 ナイス 4

まさか?サマーチャンピオン、10番のグランドボヌールが、

勝つとは、台風10号て、やたらテレビで言うからな!

さて、大井11レース、黒潮盃は、ホワイトヘッドから

狙ってみるか?

〇対抗は、リンノレジェンドかな?

アイオロスの逃げにも期待?


こちらのキーワードは、ホワイト国か?

なんちゃって?

 ちびざる 2019年8月14日(水) 17:26
【交流重賞】サマーチャンピオン(JpnⅢ)の結果
閲覧 83ビュー コメント 2 ナイス 12

1着:⑩グランドボヌール
2着:②ヒザクリゲ
3着:⑨シャインヴィットゥ



1着の⑩グランドボヌールは▲
2着の②ヒザクリゲは〇
3着の⑨シャインヴィットゥは無印

でした。

私の注目馬の①スマートレイチェルは4着でした。


予想買い目は、

ワイド
⑥→①
⑥→②
⑥→⑩

でしたので、予想はハズレました。_| ̄|○


私が注目馬の①スマートレイチェルは4着でした。
今日も内枠を生かして好スタートからハナへ。
⑥ナンチンノンに競られたため、息の付かない展開となりました。
その分、差し有利の展開になりました。
直線手前で飲み込まれる形になりましたが、4着と踏ん張りました。
競り合った⑥ナンチンノンが7着と大敗したことを思えば、踏ん張りましたね。
今回は、展開が向かなかったですね。
現状はダート千二がベストかなって感じですね。


1着の⑩グランドボヌールについて、スタートを五分に出て、中団の外から、
①スマートレイチェルを見る形でレースを進めました。
直線手前で前を捕らえると抜け出し、追い込んできた②ヒザクリゲを振り切りました。
着差以上に強かったと思います。
これまでは、芝のレースを使っていましたが、ダート適性を示したので
今後は、出走するレースの幅が広がりましたね。


2着の②ヒザクリゲは、力をつけていましたね。
このレースでは近走のように前ではなく、中団やや前からの競馬でした。
初めての千四でしたが、最後の伸びを見ると、千四もこなせそうですね。
横山典騎手もその辺りを考慮してに騎乗だったと思います。
この馬も距離にメドがたったので、今後はレース選択の幅が広がったと思います。


的中された方、おめでとうございます。

[もっと見る]

 競馬が大好き(複勝男 2019年8月13日(火) 22:49
サマーチャンピオン
閲覧 62ビュー コメント 0 ナイス 5

サマーチャンピオン

当日の天気と馬場がどうなっているかと
風の影響があるのかどうか

出走馬の個人的な評価
スマートレイチェル52
(昇級初戦で交流重賞できつそうだが、ハンデ戦で背負ってない、逃げれば崩れないかも)

ヒザクリゲ53
(連勝中で勢いは1番あると思う。距離延長でいつもの脚があるかどうか)

ナンチンノン56
(相手は弱くなってますが、距離延長で心配)

シャインヴィットゥ53
(頭打ちの状態でしんどいかな、目先を変えて交流重賞で変わり身あればいいんですが)

グランドボヌール54
(ダート適性があるとみて出走と思うので不気味ですね、ここ2戦の内容なら、後は右回りかな)

ハクユウスターダム52
(堅実な成績ですが相手強化になっているからどこまでついていけるか)

ナラ52
(成績は良くないのでしんどいかな、距離短縮で変わり身あれば)

[もっと見る]

⇒もっと見る

グランドボヌールの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

グランドボヌールの写真

グランドボヌール

グランドボヌールの厩舎情報 VIP

2019年7月21日トヨタ賞中京記念 G35着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

グランドボヌールの取材メモ VIP

2019年7月21日 トヨタ賞中京記念 G3 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。