セイウンコウセイ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
セイウンコウセイ
セイウンコウセイ
写真一覧
現役 牡6 栗毛 2013年3月8日生
調教師上原博之(美浦)
馬主西山 茂行
生産者桜井牧場
生産地新ひだか町
戦績26戦[7-6-0-13]
総賞金25,784万円
収得賞金7,400万円
英字表記Seiun Kosei
血統 アドマイヤムーン
血統 ][ 産駒 ]
エンドスウィープ
マイケイティーズ
オブザーヴァント
血統 ][ 産駒 ]
Capote
Patently Clear
兄弟 ハイカックウアステュート
前走 2019/01/27 シルクロードS G3
次走予定

セイウンコウセイの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/01/27 京都 11 シルクロード G3 芝1200 1871415.7515** 牡6 58.0 池添謙一上原博之508(+10)1.09.6 1.336.3ダノンスマッシュ
18/11/04 京都 10 JBCスプリ Jpn1 ダ1200 165918.3714** 牡5 57.0 池添謙一上原博之498(-6)1.12.8 2.438.4⑥⑦グレイスフルリープ
18/09/30 中山 11 スプリンター G1 芝1200 1661114.8812** 牡5 57.0 池添謙一上原博之504(+4)1.09.2 0.935.7ファインニードル
18/06/17 函館 11 函館SS G3 芝1200 16115.931** 牡5 57.0 池添謙一上原博之500(0)1.07.6 -0.034.5ヒルノデイバロー
18/05/12 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 185108.4512** 牡5 57.0 三浦皇成上原博之500(+10)1.20.0 0.534.3ムーンクエイク
18/03/25 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 181112.856** 牡5 57.0 松田大作上原博之490(-14)1.08.8 0.335.5ファインニードル
18/01/28 京都 11 シルクロード G3 芝1200 18479.952** 牡5 58.0 松田大作上原博之504(+6)1.08.6 0.334.6ファインニードル
17/11/26 京都 12 京阪杯 G3 芝1200 165107.657** 牡4 56.0 松田大作上原博之498(+4)1.09.0 0.234.4ネロ
17/10/28 京都 11 毎日スワンS G2 芝1400 186115.9314** 牡4 58.0 幸英明上原博之494(-4)1.23.4 1.036.2⑦⑧サングレーザー
17/10/01 中山 11 スプリンター G1 芝1200 16236.1311** 牡4 57.0 幸英明上原博之498(-4)1.08.1 0.533.8⑦⑤レッドファルクス
17/06/18 函館 11 函館SS G3 芝1200 138122.114** 牡4 56.0 幸英明上原博之502(+2)1.07.3 0.534.9ジューヌエコール
17/03/26 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 18368.751** 牡4 57.0 幸英明上原博之500(0)1.08.7 -0.234.5④④レッツゴードンキ
17/01/29 京都 11 シルクロード G3 芝1200 137117.042** 牡4 55.0 松田大作上原博之500(+6)1.07.8 0.033.6ダンスディレクター
17/01/07 京都 11 淀短距離S OP 芝1200 1661110.151** 牡4 55.0 松田大作上原博之494(+2)1.08.0 -0.233.8セカンドテーブル
16/11/27 京都 10 渡月橋S 1600万下 芝1400 1771322.5111** 牡3 55.0 松田大作上原博之492(-6)1.25.1 -0.436.1キングハート
16/10/15 東京 10 白秋S 1600万下 芝1400 1861221.3813** 牡3 55.0 内田博幸上原博之498(+16)1.21.5 0.835.4ヴェルステルキング
16/07/03 福島 10 さくらんぼ特 1000万下 芝1200 11553.011** 牡3 54.0 内田博幸上原博之482(-6)1.08.0 -0.034.2メラグラーナ
16/05/29 東京 6 3歳500万下 芝1400 188179.941** 牡3 56.0 三浦皇成上原博之488(-2)1.20.8 -0.235.1ワンブレスアウェイ
16/05/01 東京 7 3歳500万下 芝1400 13688.542** 牡3 56.0 吉田豊上原博之490(-4)1.20.7 0.634.6ワンスインナムーン
16/03/21 中山 2 3歳未勝利 ダ1200 167141.311** 牡3 56.0 三浦皇成上原博之494(0)1.12.0 -1.337.9ミラクルバイオ

⇒もっと見る


セイウンコウセイの関連ニュース

 ★米GIペガサスワールドCターフで9着に敗れたアエロリット(美・菊沢、牝5)は31日に帰国し、千葉県白井市の競馬学校で1週間の検疫に入る。その後は福島・ノーザンファーム天栄に移動してヴィクトリアマイル(5月12日、東京、GI、芝1600メートル)を目指す。

 ★根岸S2着ユラノト (栗・松田、牡5)はフェブラリーS(2月17日、東京、GI、ダ1600メートル)へ。3着クインズサターン(栗・野中、牡6)も登録する。11着クロスケ(美・水野、牡4)は総武S(3月3日、中山、OP、ダ1800メートル)へ。

 ★チャンピオンズC3着サンライズソア(栗・河内、牡5)は田辺騎手と新コンビを組んでフェブラリーSに出走する。

 ★毎日王冠8着後、戦列を離れているスズカデヴィアス(栗・橋田、牡8)は金鯱賞(3月10日、中京、GII、芝2000メートル)で復帰する。

 ★ポルックスS4着クルーガー(栗・高野、牡7)は、オファーを受けたドンカスターマイル(4月6日、豪ランドウィック、GI、芝1600メートル)への出走を検討中。近日中に検疫施設を有するノーザンファーム天栄に移動する。

 ★愛知杯6着レッドジェノヴァ(美・小島、牝5)は福島牝馬S(4月20日、福島、GIII、芝1800メートル)などが視野に。7着レイホーロマンス(栗・橋田、牝6)は中山牝馬Sが視野に。12着エテルナミノル(栗・本田、牝6)は小倉大賞典(2月17日、小倉、GIII、芝1800メートル)に向かう。

 ★シルクロードS5着アレスバローズ(栗・角田、牡7)、15着セイウンコウセイ(美・上原、牡6)はともに高松宮記念(3月24日、中京、GI、芝1200メートル)へ。7着ペイシャフェリスタ(美・高木、牝6)、13着キングハート(美・星野、牡6)は夕刊フジ賞オーシャンS(同2日、中山、GIII、芝1200メートル)を予定。カーバンクルS2着ナックビーナス(美・杉浦、牝6)は高松宮記念が目標だが、オーシャンSを挟むか否か考慮中。

 ★万葉S5着アルター (美・古賀慎、セン7)は阪神大賞典(3月17日、阪神、GII、芝3000メートル)を目標に調整。



アエロリットの競走成績はこちら

【次は買い】シルクロードS5着・アレスバローズ 2019年1月28日(月) 11:01

シルクロードS・10番人気5着

 《レース》テンからガツンとハミを取ったセイウンコウセイの逃げは前半3F33秒3のオーバーペース。絶好位の勝ち馬に最適の流れのなか、中団からまくリ気味に進出し、直線半ばで先頭に躍り出た。最後は差されたものの、次につながるパフォーマンスだった。

 《次走ポイント》川田騎手も「近走を思えば、外枠((17)番)で厳しいハンデ(57・5キロ)を背負ってよく頑張っています」と手応えを感じた様子。サマースプリントシリーズの覇者だが、もともと季節は不問。地力と潜在能力の高さからも次は不気味だ。 (大阪サンスポ・正木)



★27日京都11R「シルクロードS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【シルクロード】レースを終えて…関係者談話 2019年1月28日(月) 05:04

 ◆松山騎手(アンヴァル4着) 「外から早めに来られて苦しい形になったけど、それを思えばよく頑張っています」

 ◆川田騎手(アレスバローズ5着) 「枠もハンデもきついなか、近走を思えばよく頑張っています。これが次につながってくれれば」

 ◆秋山騎手(ダイメイプリンセス6着) 「順調に使っていけば、着実に本来の姿に戻ると思います」

 ◆三浦騎手(ペイシャフェリシタ7着) 「スタートで寄られて位置取りが悪くなった。ラストは伸びているだけに、残念でした」

 ◆高倉騎手(ビップライブリー8着) 「スタート後、両サイドから挟まれ、不完全燃焼のまま、終わってしまいました」

 ◆坂井騎手(リョーノテソーロ9着) 「突き抜けるぐらいの感触もあったのですが、直線で進路があかなくて…」

 ◆川須騎手(ライトフェアリー10着) 「もう一列前で競馬ができれば理想だったのですが…」

 ◆福永騎手(ナインテイルズ11着) 「中1週の影響もあったのかも」

 ◆中谷騎手(キングハート13着) 「出遅れたし、直線も前が壁になった」

 ◆森一騎手(ラインスピリット14着) 「自分の競馬はできましたが、ラストでパタッと止まってしまいました」

 ◆池添騎手(セイウンコウセイ15着) 「ブリンカーが効きすぎて、ガツンとハミをかんでオーバーペースになってしまいました」



★27日京都11R「シルクロードS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【シルクロード】トップHのセイウンコウセイは15着 池添「オーバーペースになってしまった」2019年1月27日() 19:38

 1月27日の京都11Rで行われた第24回シルクロードステークス(4歳以上オープン、GIII、芝1200メートル、ハンデ、18頭立て、1着賞金=3900万円)は、北村友一騎手騎乗の1番人気ダノンスマッシュ(牡4歳、栗東・安田隆行厩舎)が、好位から抜け出して、父ロードカナロア(2012年)との父子制覇を達成した。タイムは1分08秒3(良)。



 GI勝ちの実績もありトップハンデの58キロを背負ったセイウンコウセイは、好スタートから先手を奪って後続を引き離すも、最後の直線で脚をなくして失速。次々と後続に抜かれて15着に大敗した。



 池添謙一騎手「ブリンカーが効きすぎて、ガツンとハミをかみ、オーバーペースになってしまいました」

★【シルクロードS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【斬って捨てる!】シルクロードS ハンデ53キロ以下の連対ゼロ!芝1200mの過去実績も要チェック!2019年1月27日() 10:52

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、シルクロードSの近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
8歳以上の連対例はゼロ(2009年以降)

ナインテイルズ
ラインスピリット
ティーハーフ

連勝中の馬を除くと、4歳馬の好走例はなし(2009年以降)

ダノンスマッシュ
リョーノテソーロ
ラブカンプー
アンヴァル

ハンデ53キロ以下の連対例は皆無(2009年以降)

エスティタート
ライトフェアリー
アンヴァル

ハンデ54キロ、かつ牝馬の連対例はみられない(2009年以降)

ペイシャフェリシタ
ラブカンプー

前走がタイム差なしの1着だった馬の好走例は皆無(2009年以降)

ナインテイルズ

前走で2秒0以上の大敗を喫していた馬の好走例はみられない(2009年以降)

セイウンコウセイ

前走でG3より下のクラスに出走、かつ10着以下敗退馬の連対例はゼロ(2009年以降)

ライトフェアリー
トウショウピスト
アレスバローズ

前走で京阪杯に出走、かつ0秒6以上敗退馬の好走例はみられない(2009年以降)

アレスバローズ

芝1200m重賞で3着以内の経験、または芝1200mで3勝以上の実績がない馬の連対例は皆無(2009年以降)

リョーノテソーロ
エスティタート
サイタスリーレッド

【人気】
単勝オッズ帯20.0~29.9倍の連対例はゼロ(2009年以降)
※10時30分現在の単勝オッズ20.0~29.9倍

ラインスピリット

【枠順】
馬番枠5番、14番の好走例は皆無(2009年以降)

ビップライブリー
セイウンコウセイ

馬番枠10番、15番の連対例はゼロ(2009年以降)

ラブカンプー
トウショウピスト

重賞で3回以上の勝利経験がある馬を除くと、大外枠の好走例はみられない(2009年以降)

ティーハーフ

【血統】
ノーザンファーム生産馬の好走例はゼロ(2009年以降)

ビップライブリー


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
フミノムーン
キングハート
ダイメイプリンセス



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【重賞データ分析】シルクロードS 馬券の中心はミスプロ系!人気薄の大激走に要警戒!2019年1月27日() 10:21

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、シルクロードSのファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。




【全般】
好走馬の大半が5~6歳馬(2008年以降)

キングハート
ビップライブリー
エスティタート
ペイシャフェリシタ
サイタスリーレッド
ダイメイプリンセス
セイウンコウセイ

57キロ以上の馬が毎年のように上位進出(2008年以降)

サイタスリーレッド
セイウンコウセイ
アレスバローズ
ティーハーフ

55キロ以上の牝馬の好走が目立つ(2008年以降)

ダイメイプリンセス

【人気】
1~4番人気が及第点の成績(1999年以降)
※10時00分現在の1~4番人気

ナインテイルズ
ダノンスマッシュ
ラブカンプー
セイウンコウセイ

多頭数では、2桁人気馬の好走率が高まる(2011年以降)
※10時00分現在の10番人気以下

フミノムーン
キングハート
ビップライブリー
エスティタート
サイタスリーレッド
ライトフェアリー
トウショウピスト
アレスバローズ
ティーハーフ

【脚質】
逃げ・先行有利(1999年以降)

ダノンスマッシュ
ラインスピリット
ペイシャフェリシタ
ラブカンプー
サイタスリーレッド
セイウンコウセイ

※近走の内容を参考に先行策をとりそうな馬を想定

【枠順】
多頭数の場合は内枠(1~2枠)をプラス評価(1999年以降)

ナインテイルズ
ダノンスマッシュ
フミノムーン
キングハート

【血統】
父もしくは母父にミスプロ系種牡馬を持つ馬が優勢(2012年以降)

ダノンスマッシュ
フミノムーン
キングハート
ビップライブリー
ラインスピリット
リョーノテソーロ
ラブカンプー
ライトフェアリー
セイウンコウセイ
アンヴァル
ティーハーフ

芝1200mの国内G1を自身が勝利、もしくは産駒を輩出している種牡馬を父または母父に持つ馬の好走例が多い(近年の傾向)

ダノンスマッシュ
フミノムーン
キングハート
ビップライブリー
ラインスピリット
ラブカンプー
ダイメイプリンセス
セイウンコウセイ
トウショウピスト
アンヴァル
ティーハーフ


【4項目以上該当馬】
セイウンコウセイ(6項目)
ダノンスマッシュ(5項目)
キングハート(5項目)
フミノムーン(4項目)
ビップライブリー(4項目)
ラブカンプー(4項目)
サイタスリーレッド(4項目)
ティーハーフ(4項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

セイウンコウセイの関連コラム

閲覧 744ビュー コメント 0 ナイス 4



先週は、26(土)に中京競馬場でG3愛知杯、27(日)東京競馬場でG2根岸S、京都競馬場でG3シルクロードSが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3愛知杯は、1コーナーまでに先頭を奪ったランドネがそのまま主導権。2番手以下もすんなりと隊列が決まった馬群は、先頭のランドネが1分2秒2(推定)のスローペースで前半1000mを通過していきます。1番人気ノームコアは後方集団の前目。2番人気レッドジェノヴァはその6~7馬身ほど前方中団インを追走する形で、各馬3コーナーへ。少しづつペースアップを図るランドネに、外から2番手追走のヤマニンエルフィンが積極的に競りかけ、この2頭が馬体を併せるようにして4コーナーを出ます。直線に入って、後続を再び突き放すランドネ。そこに、4番手外から伸びて迫ったのは8番人気ワンブレスアウェイでした。レッドジェノヴァはインを伸び、ノームコアは外を通って、それぞれ3番手争いまで浮上しますが、前には届かず。ゴール前でランドネを交わし、後続の追撃も封じたワンブレスアウェイが優勝。6歳にして重賞初勝利をあげています。
公認プロ予想家では、金子京介プロ山崎エリカプロ導師嵐山プロマカロニスタンダーズプロ奥野憲一プロら、計9名が的中。また、プロテスト最終審査としてプロ予想MAX参戦中の新参者さん雋さんらも的中を披露しています。
 
G2根岸Sは、ダッシュ良くマテラスカイがハナに立ち、終始1馬身ほどのリードを保っての逃げ。外を回って早めの進出を開始する2番人気コパノキッキングに対して、出遅れて最後方からの競馬となった1番人気サンライズノヴァは、後方集団の外を回って直線へ。手応え十分のマテラスカイが2馬身ほどにリードを広げますが、残り300mを過ぎたところで一杯に。代わって先頭は内からユラノト。そしてここに、外を通ってコパノキッキングがグイグイと伸びて迫ると、残り200mで一気に先頭へ。いつもの形で外を選択したサンライズノヴァは、ここから思うように伸びず後退。単独3番手には内を通ったクインズサターンが浮上しますが、コパノキッキングユラノトの2頭には及ばず。前2頭による争いは、少しずつコパノキッキングが差を広げていき、最後は3/4馬身差をつけてゴール。コパノキッキングが4連勝を決め、前走G3カペラSに続く重賞2勝目をあげています。
公認プロ予想家では、サウスプロら計5名が的中。プロテスト最終審査参加ユーザーからは内田の予想さんャンヌさんあげだしさんらが的中しています。
 
G3シルクロードSは、横一線の先行争いから押して出ていったセイウンコウセイがハナを奪って、そのまま後続を5~6馬身ほど引き離す逃げ。前半3Fを33.3秒(推定)で通過し、2番手ラブカンプー以下、ラインスピリットアレスバローズアンヴァルといったところを従えて直線へ。まず手応えよく伸びて、セイウンコウセイに迫ったのはアレスバローズ。勢いそのままに残り200m手前で、一気に先頭に立ちます。1番人気ダノンスマッシュは内で詰まり、進路を外に切り替えて仕切り直しの追い出し。先頭のアレスバローズと、その直後に続くエスティタートアンヴァルを目標に、徐々にその差を詰め始めます。ダノンスマッシュと併せ馬の形で、外を伸びてはティーハーフも鋭い伸びを披露して争覇争いへ。しかし、4~5頭が馬体を並べたのも束の間、ダノンスマッシュが中を割って一瞬にして抜け出すと、ラストは余力をもって1馬身1/4差でV。連勝で重賞2勝目を飾っています。
公認プロ予想家では、☆まんでがんプロ馬っしぐらプロほか計5名が的中。プロテスト最終審査参加ユーザーからは、イレコンデルパサーさんら4名が的中をマークしています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
26(土)G3愛知杯を◎ワンブレスアウェイ(単勝31.8倍)▲ノームコアで的中すると、続く東京11Rでは◎ブラックスピネルトリコロールブルーで仕留め、この日の大幅プラスを記録。さらに、27(日)には中京8Rでは、◎コパノピエールダノンディーヴァ的中を披露。連日のプラス収支マークとなった先週は、トータル回収率203%、収支11万3,610円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
26(土)は京都6Rでの単勝+◎○馬連1点勝負的中を披露すると、東京11Rでは◎ブラックスピネル(単勝15.4倍)で単勝をゲット。2日連続プラス収支がかかった27(日)は、中京8Rで単勝+◎○馬連、ワイド各1点勝負的中計8万300円払戻しのスマッシュヒットを披露。土日ともプラス回収率で締め括っています。2日間のトータルでは、回収率182%、収支8万4,460円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →豚ミンCプロ
26(土)は中京2R東京4Rなどの的中を披露。迎えた27(日)は、中京6Rでの◎○△、中京9R◎○ワイド、中京12Rの▲○◎と的中を積み重ねプラス収支をマーク。週末トータル回収率119%を記録し、これで3週連続週末プラス達成となっています。
 
 
 
この他にも、おかべプロ(199%)、岡村信将プロ(127%)、金子京介プロ(124%←2週連続週末プラス)、ゼット1号プロ(122%←4週連続週末プラス)、蒼馬久一郎プロ(103%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(102%←2週連続週末プラス)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
また、プロテスト最終審査参加者からは、イレコンデルパサーさん(211%)、新参者さん(125%)、暴君アッキーさん(100%)らが、審査初週プラスの好スタートを切っています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年10月3日(水) 16:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(9/29~10/2)土曜中山5R3単6513.9倍的中の佐藤洋一郎プロがトータル回収率161%!岡村信将プロは4週連続週末プラス達成!
閲覧 634ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、30(日)に中山競馬場でG1スプリンターズSが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1スプリンターズS当日は、阪神競馬が中止(10/2に再延期し、開催)となるなど、迫りくる台風24号によって施行が危ぶまれる状況での開催。レース直前には本降りの雨が降りだす中、稍重発表で全16頭がゲートインの時を迎えます。今年の高松宮記念覇者ファインニードルが1番人気の支持を集め、2番人気にはナックビーナス。この2頭だけが単勝ひとケタ台という“2強”様相のオッズを形成し、以下3番人気ワンスインナムーン、4番人気レッツゴードンキ、5番人気に3連覇を狙うレッドファルクスが続く構図。
迎えたスタートでは、ラブカンプーナックビーナスワンスインナムーンあたりが好発進を決め、一方でダイメイプリンセスヒルノデイバローキャンベルジュニアといったところは後方から。きっちりとスタートを決めたファインニードルは、行きたい馬を行かせる格好で中団を確保。隊列は、しばらく併走状態が続いた後にワンスインナムーンがハナを奪い、2番手ラブカンプー。3番手以下は、ナックビーナスラインスピリットセイウンコウセイまでが先行集団を形成し、馬群が途切れてアレスバローズファインニードルヒルノデイバローラッキーバブルズスノードラゴンキャンベルジュニアと中団グループ。後方にかけてはダイメイプリンセスレッツゴードンキレッドファルクスティーハーフが続き、最後方をムーンクエイクの追走となって全16頭が3コーナーに突入していきます。
逃げるワンスインナムーンのリードは3馬身ほど。ここから4コーナーにかけて、ラブカンプーを中心に後続が差を詰めにかかって馬群はひと塊に。ファインニードルは依然中団外目の位置取りで4コーナーを回って直線を向きます。粘り込みを図るワンスインナムーンの直後からは、内ラインスピリット、中ラブカンプー、外ナックビーナスの態勢で3頭が差を詰め、その後ろからはセイウンコウセイヒルノデイバローあたりが追撃。さらにその後方外を通って、力強い伸び脚で迫るファインニードル。最内からはダイメイプリンセスも脚色良く伸びてきます。
残り100mでラブカンプーワンスインナムーンを交わして堂々の先頭へ。そして、エンジン全開のファインニードルは、先頭から4~5馬身ほどのところまで浮上。徐々にラブカンプーが苦しくなると、射程圏に入れて猛追するファインニードルは貫禄の伸び。結局、その勢いのままにファインニードルがゴール直前で差し切りを決め優勝。スプリントG1春秋制覇を達成しています。クビ差2着に11番人気ラブカンプー。さらにそこから1/2馬身差の3着には、内で窮屈な競馬になりながらラスト50mで馬群を割って浮上した13番人気ラインスピリットが入っています。
公認プロ予想家では、導師嵐山プロはははふほほほプロら計5名が的中しています
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
29(土)の中山5Rで、◎オトナノジジョウ(単勝72.8倍)-○ココフィーユ(単勝20.0倍)-△キャルスカイ(単勝26.6倍)で的中し、3連単6513.9倍を含む計68万510円払戻しのビッグヒットを記録しています。週間トータルでは、回収率161%、収支トップの28万8,400円大幅プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
29(土)阪神9R、30(日)中山6R、2(火)阪神7Rなどで引き続きの好調予想を披露。しり上がりに調子を上げた先週は、開催3日間のトータル回収率107%としプラス収支をマーク。これで4週連続週末プラスとなっています。
 
☆☆☆注目プロ →馬侑迦プロ
29(土)を、中山8Rなどの的中で的中率34%、回収率151%。30(日)を、中山2RG1スプリンターズSなどの的中含む的中率66%、回収率117%。2(火)を、阪神4R的中含む的中率54%、回収率119%と、3日間全勝を達成。週間的中率47%、同回収率145%の安定した成績で先週を終えています。
 
☆☆☆注目プロ →サウスプロ
29(土)のG3シリウスSを◎○△の本線的中!計15万5,140円払戻しのスマッシュヒットを記録しています。他にも、2(火)の阪神7R的中などで活躍を披露しています。
 
 
 
この他にも、【U指数】3連単プリンスプロ(189%)、【U指数】3連複プリンセスプロ(129%)、導師嵐山プロ(115%)、おかべプロ(106%←2週連続週末プラス)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2018年9月30日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/スプリンターズS G1(スガダイプロ)
閲覧 1,476ビュー コメント 0 ナイス 3

18年秋のG1シリーズがスタートします。トップバッターとして今週行われるのはスプリンターズS。関東地方に台風直撃が予想されるだけに、無事に開催されることを祈るばかりです。本日、このレースを予想してくれるのは、前回登場時に京成杯オータムハンデキャップを的中させたウマニティ公認プロ予想家のスガダイプロ。抜群の勝負強さを誇るウマニティのエースの連続的中に期待しましょう。

本命は「今年、国内で3戦3勝。馬場も不問で信頼度は高い」ファインニードル「昨年のこのレースでは敗れているが、折り合いを欠いたまま、馬群の大外を追走する最悪のかたちだった。乗り方がまずかっただけで中山は問題ない」と太鼓判を押しました。対抗は「道悪巧者」の⑪セイウンコウセイ。単穴は「ブリンカー着用で注目できる」キャンベルジュニア。以下、①、③、⑫を押さえ、馬券は馬連・3連複1頭軸流し⑧→①③⑦⑪⑫で勝負します。本レース以外のスガダイプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください。

(ウマニティ編集長・岡田大)


------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢30名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2018年9月26日(水) 16:00 覆面ドクター・英
スプリンターズS2018
閲覧 1,378ビュー コメント 0 ナイス 9



いよいよ秋競馬が本格化してG1シーズンが始まります。日々、忙しいせいか、歳をとったせいか、あと数か月で今年も終わりなんて信じられないです。G1は待ち遠し過ぎて、もうだいぶ前からスプリンターズSに関しては買いたい馬を決めていたのですが、さあどうなるでしょうか。願わくば、昨年のチャンピオンズCの時のように帯封ゲットで好スタートを切りたいものですが。

それでは恒例の全頭診断です。


1番人気想定 ファインニードル:3月の高松宮記念を制して、秋始動戦のセントウルSも8分程度のつくりで、着差以上の完勝だった。安田記念を制したモズアスコットが出てこないメンバーでは、ここでの本命はこの馬で仕方ない。自信の本命(来なかったら職場の競馬好きにも笑われるが・・・)。

2番人気想定 ナックビーナス:鞍上モレイラ騎手だけに、中山も巧く乗ってしまうはず(小回りが巧いので、札幌だとお手上げ状態)。前走もモレイラ騎手で予想外の逃げで2馬身半差の圧勝で、高松宮記念で3着だった時よりもファインニードルとの差を詰められるのでは。

3番人気想定 レッツゴードンキ桜花賞を獲ってから短距離志向になってきてスプリント路線でも活躍中。ただ、前走は衰えを感じる内容で、この人気なら消すべき馬。

4番人気想定 レッドファルクス:まだこんなに人気になるのかなあ?というのが正直な印象。かつて強かった馬だが、ここ2走のG1での走りは衰えを感じるもの。騎乗停止でM・デムーロ騎手が乗れなくなり、戸崎騎手への乗り替わりではびっくり騎乗も望み薄で、こちらも消すべき馬とみている。今後はダートならまだやれるのでは。

5番人気想定 アレスバローズ:G3を連勝中で、ディープインパクト×トニービンで差し脚がしっかりしている上り馬。遅刻王である菱田騎手はおろされたようだが(私自身も遠距離通学だった高校時代は遅刻四天王と言われていたが、社会人になってからは遅刻ゼロ・病欠ゼロでタフに働き続けています(^_^;))、藤岡佑騎手は今なら買える騎手であり、乗り替わりを含めて楽しみな一頭。

6番人気想定 ムーンクエイク:5月に京王杯SCでG2勝ちしたが、初の1200m戦だったキーンランドCで惨敗したように本質的にスプリンターではないのだろう。忙しいレースの流れに慣れるにしてもまだ時間が掛かりそうで、能力が高いことは認めてもここは消して妙味なのでは。

7番人気想定 ラブカンプー:スピードを生かして春からずっと好走し続けてきたこと、53kgの軽量ということで余分に人気になりそうだが、そろそろ疲れが出てきておかしくない時期。何より、速い馬にガシガシ来られて厳しい展開となっての予想外の凡走、というシーンがそろそろあるのではとみている。

8番人気想定 セイウンコウセイ:昨年の高松宮記念を重馬場巧者として制してから1年3か月勝ち星から遠ざかっていたが、函館SSでは久々の復活V。鞍上・池添騎手とも手が合っている可能性があり、今回も逃げに拘らなくてもうまく力を引き出せばやれていい。

9番人気想定 ラッキーバブルズ:2年前の香港スプリントで2着だったように強かった馬だが。さすがにピークは過ぎており日本の高速馬場で買いたいとは思わない。

10番人気以下想定
ダイメイプリンセス:新潟直千に滅法強く、この条件では恐らく日本での現役最強馬だが、前走の北九州記念でも2着したように直千でなくても好走できるようになっていて、地力強化を感じる。ただ、中山に関しては4月の同コースの船橋S(1600万下)で6着とあまり買いたい感じはしない。

キャンベルジュニア:もともとは中距離を使っていて段々と距離を詰めてきて前走で初めての1200m参戦。慣れが見込める今回は、能力的に激走があってもいい。南半球産でフェアリーキング系×母父デインヒル系なので、距離うんぬんより前後半の差の無い締まったペースのレースに向くはずで、ここは期待大の人気薄馬。

ワンスインナムーン:印象は薄いのかもしれないが昨年のこのレースで6番人気3着した馬で、昨年同様の朱鷺Sを勝っての臨戦で臨む今回。この時期がいいのか今年も激走ありえる雰囲気なうえに、人気しないのであればおいしい存在なのかもしれない。

ラインスピリット:OPでは3勝2着2回3着2回と頑張っているが、G3では3着が最高とここで激走を期待できる馬ではない。

スノードラゴン:10歳とは思えない調教の動きを見せているが、芝ではもう2年半馬券になっておらず、買い要素なし。

グレイトチャーターサクラバクシンオー産駒最後の世代で、ちょうど私が競馬を始めた頃のスターホースだったバクシンオーの仔だけに頑張って欲しいが、前走無欲の追い込みでオープン(G3)初馬券内では、あまり期待できない。

ティーハーフ:3年前がピークで3連勝で函館SSを制してから、5月の京都で3年ぶりの勝利を強烈な追い込みで決めた。ただ、その後は2桁着順が続いているようにここでは期待できない。

ヒルノデイバロー:人気薄の中で激走が見込めるのはこの馬では。オープンでの2着が5回あり(G2で1回、G3で2回、OPで2回)、ムラ馬でいつ走るかわかりにくい馬だが四位騎手はこの馬を手に入れている。余談だが、職人肌で頑固すぎなせいか技量ほどは勝ち星があがらなかった四位騎手だが、私と同年齢で札幌のスープカレーが大好きなど共通項が多数あって大好きな騎手。残りの騎乗で大活躍してほしいと思っている。

タマモブリリアン:最近は短距離で牝馬が活躍する傾向のダンスインザダーク産駒牝馬で、7月のバーデンバーデンCでOP勝ちを果たした。ただ、かなり低レベルな一戦での勝利で、前走キーンランドC(13着)が示すように、ここで激走する感じはしない。

アドマイヤゴッド:母父ダンチヒの影響が強いからかハーツクライ産駒にしては珍しい短距離馬。昨年7月に函館で1600万下を勝ってオープン入りするも、一度もオープン連対のない状況だけに望み薄。

キングハート:昨年の函館SSで2着、そして今年3月の中山1200mのオーシャンSを10番人気で制して重賞ウイナーとなったが、その後は二桁着順続きで得意コースでも厳しいだろう。

カイザーメランジェ:超マイナー種牡馬のサクラオリオン(父エルコンドルパサー)産駒で、母父がサクラプレジデントという、サクラ軍団が強かった時期のオールドファンは喜びそうな配合だが、賞金的に出走は厳しいだろうし、1600万下で6着止まりでは・・・・・・。極悪馬場などでないと出番はないだろう。

ブラヴィッシモ:再OP入りして以降は約2年勝ち星がなく、稍重馬場の1400mでのOP2着が最高と壁に当たっている。もうひと花咲かせるには、血統構成からも今流行りのオーストラリア移籍も良いかもしれない一頭。


<まとめ>
本命:ファインニードル

ヒモ:ナックビーナスアレスバローズセイウンコウセイキャンベルジュニア

穴に:ヒルノデイバローワンスインナムーン

人気で消し(大恥かくかもしれないが):レッツゴードンキレッドファルクスラブカンプー

[もっと見る]

2018年9月23日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2018年09月23日号】特選重賞データ分析編(117)~2018年スプリンターズステークス~
閲覧 1,962ビュー コメント 0 ナイス 4



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 スプリンターズステークス 2018年09月30日(日) 中山芝1200m外


<ピックアップデータ>

【“JRA、かつ1400m以上、かつ重賞かオープン特別のレース”における優勝経験の有無別成績(2015年以降)】
○あり [3-3-3-15](複勝率37.5%)
×なし [0-0-0-23](複勝率0.0%)

 2016年と2017年のスプリンターズステークスは、同年に“JRA、かつ1400m以上、かつ重賞かオープン特別のレース”を勝っていた馬が3頭ずつ出走しており、いずれも1~3着を占めました。また、2015年のスプリンターズステークスも1~2着馬は同年に“JRA、かつ1400m以上、かつ重賞かオープン特別のレース”を勝っていた馬。さらに、2015年3着のウキヨノカゼは7走前に芝1600mの重賞を勝っていた馬です。近年の流れを考えると、1200m以下のレースばかり使ってきた馬は評価を下げるべきだと思います。

主な「○」該当馬→レッツゴードンキレッドファルクスワンスインナムーン
主な「×」該当馬→セイウンコウセイダイメイプリンセスラブカンプー


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の着順が4着以内」だった馬は2015年以降[3-1-3-18](複勝率28.0%)
主な該当馬→セイウンコウセイラブカンプー

[もっと見る]

2018年6月20日(水) 16:50 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(6/16~6/17)日曜100万オーバーのサウスプロ筆頭に、ろいすプロ、山崎エリカプロ、岡村信将プロらが回収率130%超を達成!
閲覧 591ビュー コメント 0 ナイス 10



先週は、17(日)に函館競馬場でG3函館スプリントSが、東京競馬場でG3ユニコーンSが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3函館スプリントSは、ポンと好発を決めた2番人気ワンスインナムーンを内から交わした3番人気セイウンコウセイが先頭へ。軽快なラップを刻み前半3Fを33.1秒(推定)で通過すると、1番人気ナックビーナスも3番手に続き上位人気3頭が後続を率いる形で直線へ。最内で粘り込みを図るセイウンコウセイに、ワンスインナムーンナックビーナスと迫り、最内を突いてはタマモブリリアン、後続からはヒルノデイバローラインスピリットあたりも徐々にエンジン点火。残り100mを切って後続勢が前との差を一気に詰め、馬群が一気に凝縮しますが、先頭を行くセイウンコウセイも必死の応戦。最後際どく追い込んだ10番人気ヒルノデイバローセイウンコウセイがハナ差振り切って、逃げ切りV。G1高松宮記念以来の重賞2勝目をあげています。3着には、1、2着馬の間をしぶとく伸びて最後まで食い下がった1番人気ナックビーナスが入っています。
公認プロ予想家では、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロエース1号プロ山崎エリカプロ夢月プロ河内一秀プロ他、計12名が的中しています。
 
G3ユニコーンSは、セイウンクールガイが逃げて一団馬群のまま直線へ。序盤後方追走から外々を回って進出した1番人気ルヴァンスレーヴは、早くも先団に取り付き4番手。2番人気グリムは好位の馬群の中、3番人気グレートタイムはその直後のインとなって叩き合いに持ち込まれます。抜群の手応えのルヴァンスレーヴがあっさりと抜け出すと、そのまま勝負付けを済ませて独走へ。2番手で粘り腰を見せるセイウンクールガイに、徐々に後続各馬も迫りますが、これらは離れた2着争いまで。結局、3馬身1/2差を付けて1番人気ルヴァンスレーヴが完勝を飾っています。一方、ゴール手前で5~6頭が横一線となった混戦の2着争いは、外に持ち出してラスト伸びたグレートタイムと、馬群を縫うように伸びて上り最速をマークしたエングローサーの2頭が最後に抜け出し一騎打ちの態勢に。軍配は外グレートタイムに上がり、アタマ差で7番人気エングローサーの結果となっています。
公認プロ予想家では、はははふほほほプロサラマッポプロ岡村信将プロジョアプロ佐藤洋一郎プロ他、計7名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →サウスプロ
17(日)の東京1Rで、いきなりの3連単31万2,820円馬券的中、計125万オーバー払戻しのホームランをマークすると、他にも函館5R函館12Rなどで的中を披露!週末2日間トータルで、回収率238%、収支99万6,350円プラスのトップ成績をマーク!
 
☆☆☆注目プロ →ろいすプロ
16(土)の東京2Rミュゼット(単勝12.2倍)、東京5Rラインカリーナ(単勝89.4倍)、17(日)東京2Rケイツーリラ(単勝64.7倍)など、随所に好調予想を披露!週末トータル回収率191%の好成績をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
先週は、17(日)阪神11Rでの◎○▲パーフェクト予想(馬券は◎ベステンダンク-○タイセイサミットの馬連ほか的中)や、G3函館スプリントSでの◎セイウンコウセイ-△ヒルノデイバロー馬連的中などをマーク!週末トータルでは回収率132%を記録し、2週連続の週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
17(日)の函館1R函館2RG3函館スプリントS東京12R阪神3Rなど、随所に好調◎を披露した先週は、回収率130%、収支13万2,000円のプラスを記録。こちらも2週連続週末プラスをマークしています。
 
 
この他にも、おかべプロ(126%)、【U指数】3連単プリンスプロ(120%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(115%←6週連続週末プラス)、河内一秀プロ(114%←2週連続週末プラス)、サラマッポプロ(110%)、馬侑迦プロ(107%)、霧プロ(102%)、夢月プロ(102%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

セイウンコウセイの口コミ


口コミ一覧
閲覧 121ビュー コメント 0 ナイス 4

<馬場状態>

連続開催の9日目で、馬場が荒れて重たい

特に直線は、切脚が活きない馬場
バテ無いジリジリ脚が活きそう

<展開>
サイタスリーレッドが、ハナを狙う
スタミナ勝負に持ち込む流れは、以下のラップ想定

12.1-10.7-10.9-11.1-11.6-12.5=1.08.9

馬場が悪いのに、かなり速い流れ、ラスト1F:12.5まで落ちる。
この流れを前で受けてしまう馬は、しんどい
(しんどい馬)
ダノンスマッシュ△
ラインスピリット×
ラブカンプー△
ライトフェアリー×
セイウンコウセイ×
トウショウピスト×
アンヴァル△

<馬券>
淀短距離ステークス(L)が今回の馬場にもっとも近いが、
流れが厳しくなる今回、さてどうなる・・・
1番強かった馬は、アンヴァルだが、Hペースに飲まれるので△
ナインテイルズも強いが、1番枠で岩田J⇒福永Jが心配で△
ティーハーフは大外で-2kgで面白いが、更にペースが上がると末脚が鈍りそうで△
それなら、
馬場が悪い最内で伸びあぐねたビップライブリー▲と、
前が詰まって追えなかったリョーノテソーロ〇を馬券にしたい。

第52回 スプリンターズステークスGⅠは実力上位だが、
ラブカンプーも、ラインスピリットも、ダイメイプリンセスも本調子に無い
MデムーロJなので、ラブカンプーだけ押さえておく△

注目は、第13回キーンランドカップGⅢ
3着したペイシャフェリシタが同ハンデで走れるなら◎

 グリーンセンスセラ 2019年1月27日() 12:31
🐎無料情報 当たりはずれあり。 自己責任で。2019年1月27日... 
閲覧 116ビュー コメント 0 ナイス 4

━━━━ 1月27日(日) ━━━━


東京11R
根岸S(G3)

◎ 12番 サンライズノヴァ
○ 11番 コパノキッキング
▲ 2番 ユラノト
△ 4番 ケイアイノーテック
△ 1番 クインズサターン
△ 15番 キタサンミカヅキ
△ 16番 マテラスカイ

三連複軸1頭流し

軸:12
相手:1, 2, 4, 11, 15, 16


軸12が単勝1番人気だけどやはり1~3番を軸にしないとね。惜しいね。外れ
この予想は相手の出目だけで決着するというパターンがよくある。( ´艸`)(笑)

払戻金

馬連
2-11 1,250円 4番人気
3連複
1-2-11 5,220円 17番人気

3連単
11-2-1 18,930円 58番人気



---------------------------------------


京都11R
シルクロードS(G3)

◎ 10番 ラブカンプー
○ 14番 セイウンコウセイ
▲ 2番 ダノンスマッシュ
△ 1番 ナインテイルズ
△ 3番 フミノムーン
△ 6番 ラインスピリット
△ 16番 アンヴァル

三連複軸1頭流し

軸:10
相手:1, 2, 3, 6, 14, 16


---------------------------------------


中京11R
伊勢特別

◎ 2番 コマビショウ
○ 5番 サマーサプライズ
▲ 11番 ナンヨープルートー
△ 3番 イェドプリオル
△ 7番 ジャストコーズ
△ 9番 テイエムオスカー
△ 10番 サノノカガヤキ

三連複軸1頭流し

軸:2
相手:3, 5, 7, 9, 10, 11

🎯 払戻金
馬連
2-11 1,150円 5番人気


3連複
2-7-11 4,930円 19番人気

3連単
11-2-7 29,530円 99番人気

[もっと見る]

 しんすけ47 2019年1月27日() 08:23
シルクロードステークス
閲覧 106ビュー コメント 0 ナイス 14

今日は27日で鮒の日ですね。

キンブナ・ギンブナ・ニゴロブナ・ゲンゴロウブナ♪

鮒ずしの鮒はニゴロブナ。
私も鮒になりたいな(^^♪
すいすーい。

京都11R シルクロードステークス

◎⑭セイウンコウセイ
△①ナインテイルズ
△②ダノンスマッシュ
△⑤ビップライブリー
△⑥ラインスピリット
△⑨ペイシャフェリシタ

馬連⑭ー①・②・⑤・⑥・⑨への5点。

奇しくも東西の重賞の本命馬はGI馬となりましたー。パチパチパチ。
厳寒期の京都コースは得意としてますね。前走も京都のダートだから使ったとの事で。
チークに変えてブリンカーにした効果にも期待。外枠も内枠の先行馬を見ながら行けるんで。
トウショウピストがすぐ外なのが一抹の不安巻ありだけどね。

[もっと見る]

⇒もっと見る

セイウンコウセイの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

セイウンコウセイの写真

セイウンコウセイ
セイウンコウセイ

セイウンコウセイの厩舎情報 VIP

2019年1月27日シルクロードS G315着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

セイウンコウセイの取材メモ VIP

2019年1月27日 シルクロードS G3 15着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。