エアアルマス(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
エアアルマス
エアアルマス
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2015年5月6日生
調教師池添学(栗東)
馬主株式会社 ラッキーフィールド
生産者Sekie Yoshihara & Tsunebumi Yoshihara
生産地
戦績16戦[7-3-1-5]
総賞金16,328万円
収得賞金7,750万円
英字表記Air Almas
血統 Majestic Warrior
血統 ][ 産駒 ]
A.P. Indy
Dream Supreme
Nokaze
血統 ][ 産駒 ]
Empire Maker
Macarena Macarena
兄弟 エアファンディタ
前走 2020/01/26 東海テレビ杯東海S G2
次走予定

エアアルマスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/01/26 京都 11 東海S G2 ダ1800 16473.821** 牡5 56.0 松山弘平池添学484(+4)1.50.2 -0.136.0ヴェンジェンス
19/11/09 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 16352.0111** 牡4 56.0 川田将雅池添学480(-4)1.36.2 1.636.4⑦⑩ワンダーリーデル
19/10/12 京都 11 太秦S OP ダ1800 166123.111** 牡4 57.0 川田将雅池添学484(-2)1.49.1 -0.437.7ヴェンジェンス
19/09/07 阪神 11 エニフS (L) ダ1400 11781.411** 牡4 56.0 川田将雅池添学486(+6)1.23.6 -0.035.7⑨⑨ヴァニラアイス
19/06/09 阪神 10 安芸S 3勝クラス ダ1400 11442.611** 牡4 57.0 川田将雅池添学480(-2)1.23.3 -0.735.3④④アメリカンファクト
19/05/12 京都 10 錦ステークス 1600万下 芝1600 108102.515** 牡4 56.0 池添謙一池添学482(+2)1.32.0 0.433.9⑧⑨オールフォーラヴ
19/03/23 阪神 10 天神橋特別 1000万下 芝1600 12552.711** 牡4 56.0 C.ルメー池添学480(-6)1.33.3 -0.433.4⑧⑥サウンドキアラ
19/02/23 阪神 12 4歳以上1000万下 芝1600 11553.924** 牡4 57.0 C.ルメー池添学486(+2)1.34.7 0.233.5⑥④メイショウオーパス
18/12/23 阪神 10 Cキャロル賞 1000万下 芝1600 12221.517** 牡3 56.0 浜中俊池添学484(+2)1.36.0 0.734.5⑨⑦ペルソナリテ
18/11/24 京都 12 3歳以上1000万下 芝1600 148132.412** 牡3 56.0 川田将雅池添学482(+2)1.33.5 0.033.7⑥⑤エントシャイデン
18/10/13 京都 7 3歳以上500万下 芝1600 13441.611** 牡3 55.0 松山弘平池添学480(0)1.34.7 -0.233.8⑨⑧トゥザフロンティア
18/09/23 阪神 7 3歳以上500万下 芝1600 188184.222** 牡3 55.0 川田将雅池添学480(+20)1.33.6 0.233.5⑦⑦チトニア
18/05/20 東京 6 3歳500万下 芝1600 147113.113** 牡3 56.0 C.ルメー池添学460(-6)1.34.0 0.433.7⑨⑨アメリカンワールド
18/04/14 阪神 11 アーリントン G3 芝1600 137108.0510** 牡3 56.0 福永祐一池添学466(+2)1.34.2 0.835.2⑥⑤タワーオブロンドン
17/12/02 阪神 4 2歳未勝利 芝1600 13452.011** 牡2 55.0 C.ルメー池添学464(-2)1.34.2 -0.733.8ロードダヴィンチ
17/11/05 京都 6 2歳新馬 芝1400 147112.412** 牡2 55.0 C.ルメー池添学466(--)1.22.5 0.334.8⑤⑤サウンドキアラ

エアアルマスの関連ニュース

【フェブラリー】レースの注目点

2020年2月18日(火) 15:20

★芝GI馬、地方馬3頭など多彩なメンバーが登録 2020年最初のJRA・GIを制すのはどの馬?



 2月23日、東京競馬場ではフェブラリーSが実施される。同競走は1984年に「フェブラリーハンデキャップ(GIII)」として創設され、1994年には「フェブラリーS」に改称され、GIIに昇格。1997年にはGIに昇格した。今年のフェブラリーSには、連覇を狙うインティ(牡6歳、栗東・野中賢二厩舎)を筆頭に、芝のGI馬モズアスコット(牡6歳、栗東・矢作芳人厩舎)、タイムフライヤー(牡5歳、栗東・松田国英厩舎)、地方競馬からは、2018年の覇者で現在は大井競馬所属のノンコノユメ(セン8歳、荒山勝徳厩舎)、ミューチャリー(牡4歳、船橋・矢野義幸厩舎)、モジアナフレイバー(牡5歳、大井・福永敏厩舎)が参戦を予定しており、ダートの頂上決戦にふさわしい激戦が展開されそうだ。



 フェブラリーSでは、関西馬が2000年から2017年にかけて18連勝するなど、関西馬の勝利が多く、1997年のGI昇格以降の所属別勝利数は関東馬が3勝、関西馬が19勝、地方馬が1勝となっている。今年は関東馬2頭、関西馬19頭、地方馬3頭の計24頭が登録しているが、果たして、2020年最初のJRA・GIを制すのはどの馬だろうか。



★昨年は逃げ切り勝ちで戴冠 連覇に挑むインティ武豊騎手の戦法に注目!



 インティ(牡6歳、栗東・野中賢二厩舎)が、コパノリッキー(2014・15年)以来のフェブラリーS連覇を目指す。同馬は、デビュー2戦目の未勝利戦で勝ちあがると、その後は快進撃を続け、7連勝でフェブラリーSを制し、GI初挑戦でビッグタイトルを手にした。インティはその後未勝利で、前走の東海Sでは3着だったが、昨年制したフェブラリーSで1年ぶりの勝利を挙げることができるかどうか。



 インティは昨年のフェブラリーSではスタートから積極的に主導権を握り、逃げ切り勝ちを決めている。同馬は前走の東海Sでは5~6番手からレースを進めて3着となったが、今回はどのような戦法で臨むだろうか。なお、インティに騎乗予定の武豊騎手は、歴代最多のフェブラリーS5勝を挙げている。



★JRA・GI実施機会3連勝狙う矢作芳人調教師 根岸Sを制したモズアスコットなど2頭を登録



 2019年度のJRA賞最多賞金獲得調教師を受賞した矢作芳人調教師(栗東)が、グレード制が導入された1984年以降で2人目となるJRA・GI実施機会3連勝を狙う。同調教師は2019年度の年度代表馬リスグラシュー、最優秀2歳牡馬コントレイルなどの管理調教師で、昨年は国内外でGI5勝を挙げる活躍をみせた。矢作調教師は昨年末に実施された12月22日の有馬記念リスグラシュー)→12月28日のホープフルSコントレイル)を連勝しており、フェブラリーSを勝てば、2004年の松田国英調教師以来、2人目のJRA・GI実施機会3連勝となる。



 矢作調教師は、根岸Sを制したモズアスコット(牡6歳)、ドリームキラリ(牡8歳)の2頭をフェブラリーSに登録しているが2020年最初のJRA・GIも制すことができるか(※ドリームキラリは2月17日現在、除外対象)。なお、同調教師はVならグレード制が導入された1984年以降で21人目のJRA・GI通算10勝となる。



モズアスコットタイムフライヤー 芝&ダート双方でのGI制覇なるか



 モズアスコット(牡6歳、栗東・矢作芳人厩舎)、タイムフライヤー(牡5歳、栗東・松田国英厩舎)には、芝&ダート双方でのGI制覇がかかる。モズアスコットは、2018年の安田記念勝ち馬で、初のダート戦出走となった前走の根岸Sを制し、今回はダート2戦目でのGI制覇を目指す。また、タイムフライヤーは、2017年のホープフルS優勝後は未勝利だが、昨年8月以降はダート戦に出走を続けており、2走前にはフェブラリーSと同コースの武蔵野Sで2着に入っている。



 モズアスコットはFrankel産駒の米国産馬で、同馬が勝てば、外国産馬のフェブラリーS制覇は2016年モーニン以来4年ぶり、タイムフライヤーが勝てば、ハーツクライ産駒はJRAダートGI初制覇となるが、ダートでもGIタイトルを手にすることができるか。Vなら、芝&ダート双方でのGI制覇はクロフネアグネスデジタルイーグルカフェアドマイヤドンに続き5頭目となる。なお、ダート戦4戦0勝のタイムフライヤーが勝てば、GI昇格以降初のダート戦未勝利馬によるフェブラリーS制覇となる。



★5年連続の参戦となるノンコノユメ セン馬初のJRA・GI2勝目なるか



 2018年の覇者ノンコノユメ(セン8歳、大井・荒山勝徳厩舎)は、5年連続の参戦となる。同馬は、昨年のゴドルフィンマイル出走後、大井競馬に移籍し、移籍後も統一ダートGIで好走しており、前走の東京大賞典では勝ったオメガパフュームから1馬身差の2着に入っている。同馬がフェブラリーSを勝てば、セン馬初のJRA・GI2勝馬となり、また、同レース初の隔年優勝馬となる。なお、ノンコノユメは現在東京で実施しているダート重賞4競走をすべて制しており、今回勝てば史上5頭目の東京重賞5勝を同時に達成する。



★今年のJRA重賞で早くも3勝をマーク 松山弘平騎手はサンライズノヴァに騎乗予定



 松山弘平騎手は、今年の開催初日となった1月5日に、サウンドキアラとのコンビで京都金杯を勝って幸先の良いスタートを切ると、東海Sエアアルマス)、きさらぎ賞コルテジア)を制し、2月17日現在、今年のJRA重賞で3勝をマーク。自身の前年までのJRA重賞年間最多勝利数(2勝)を早くも更新している。松山騎手は、昨年の南部杯勝ち馬サンライズノヴァ(牡6歳、栗東・音無秀孝厩舎)との初コンビでフェブラリーSに参戦する予定だが、2017年皐月賞アルアイン)以来のJRA・GI制覇を果たすことができるかどうか。なお、サンライズノヴァは2003年のフェブラリーS勝ち馬ゴールドアリュールの産駒で、同産駒はフェブラリーSで歴代最多の4勝を挙げている。



★東京ダート戦は6戦5勝、2着1回 アドマイヤオーラ産駒のアルクトス



 アルクトス(牡5歳、美浦・栗田徹厩舎)は、東京のダート戦で6戦5勝、2着1回という成績を残している。同馬は昨年4月以降、オアシスS1着、樫S1着、プロキオンS1着、南部杯2着と4戦連続で連対しているが、JRA・GI初挑戦となる今回はどのような走りを見せてくれるだろうか。なお、アルクトスは前走の南部杯から中131日での出走で、Vなら、フェブラリーSがGIに昇格した1997年以降で最も前走との間隔が長い優勝馬となる。



 アルクトスは2015年に死亡したアドマイヤオーラの産駒で、同産駒のJRA現役馬はアルクトスを含め6頭。アドマイヤオーラは現役時代、GIには手が届かなかったが、産駒のアルクトスが天国の父に悲願のGIタイトルを贈ることができるかどうか。Vなら、同馬を管理する栗田徹調教師もJRA・GI初制覇となる。なお、同馬に騎乗予定の田辺裕信騎手は2014年のフェブラリーSで、16頭立て16番人気のコパノリッキーを勝利に導いている。



★レース当日が52歳のバースデー 最年長Vを狙う横山典弘騎手



 昨年の武蔵野S勝ち馬ワンダーリーデル(牡7歳、栗東・安田翔伍厩舎)に騎乗予定の横山典弘騎手は、レース当日の2月23日が52歳の誕生日となる。1997年のGI昇格以降、フェブラリーSの最年長優勝記録は武豊騎手が昨年に記録した49歳11力月3日だが、横山典弘騎手は自らのバースデーを祝う勝利を挙げ、この記録を更新することができるかどうか。



 また、ワンダーリーデルを管理する安田翔伍調教師は、父・安田隆行調教師がフェブラリーSで2勝を挙げており、同レースの父子制覇がかかる。今年のフェブラリーSには父の安田隆行調教師もミッキーワイルド(牡5歳)を出走させる予定となっており、安田親子にとって今回が初めてのJRA・GIでの親子対決となる。



★JBCスプリントの覇者ブルドッグボス マル地馬18年ぶりのJRA・GI制覇なるか



 昨年のJBCスプリントで統ーダートGI初制覇を遂げたブルドッグボス(牡 8歳、栗東・加用正厩舎)は、2017年4月の天王山S(5着)を最後に、JRA登録を抹消したが、今回は再びJRAへ移籍しての出走となる。同馬は2017年4月までに19戦7勝を挙げ、地方競馬所属時にはJBCスプリント、クラスターCと2つのダート交流重賞を制すなど18戦5勝の成績を残している。元地方(マル地)馬がJRA・GIを勝てば、2002年マイルCSトウカイポイント)以来、18年ぶりとなるが、ブルドッグボスは統ーダートGI2勝目を挙げることができるかどうか。Vなら、加用正調教師は開業27年目でJRA・GI初制覇となる。なお、同馬には和田竜二騎手が騎乗する予定。



★21年ぶりV目指す地方馬は3頭が出走予定 モジアナフレイバーは初のJRA参戦



 今年のフェブラリーSには、地方馬3頭が出走を予定している。ノンコノユメ(セン8歳、大井・荒山勝徳厩舎)は一昨年のフェブラリーS優勝馬で今回は1年ぶりにJRAでの出走となる。ミューチャリー(牡4歳、船橋・矢野義幸厩舎)は、昨年のセントライト記念(12着)以来のJRA参戦で、前走の川崎記念では4着となっている。モジアナフレイバー(牡5歳、大井・福永敏厩舎)は、今回が初のJRA参戦となるが、昨年は統ーダートGIの帝王賞で5着、南部杯で4着、東京大賞典で3着と着順を一戦ごとに上げており、フェブラリーSで統ーダートGI初制覇なるか注目される。



 地方馬がフェブラリーSを勝てば、1999年のメイセイオペラ以来、21年ぶり2頭目となるが、今年の地方馬3頭はJRA勢を相手にどのような走りを見せてくれるだろうか。なお、ノンコノユメには真島大輔騎手、ミューチャリーには御神本訓史騎手、モジアナフレイバーには繁田健一騎手が騎乗する予定。



フェブラリーSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【きさらぎ賞】コルテジア、人気馬ナデ斬った! 2020年2月10日(月) 05:08

 きさらぎ賞が9日、京都競馬場で8頭によって争われ、7番人気で松山騎乗のコルテジアが、好位から抜け出して重賞初勝利。今後は放牧を挟んで皐月賞(4月19日、中山、GI、芝2000メートル)に直行する。2着は4番人気のストーンリッジ、1番人気のアルジャンナは3着に敗れた。

 時折、雪が舞った淀のターフでの波乱劇。その主役は8頭中7番人気のコルテジアだ。伏兵を重賞初勝利に導いた松山騎手が白い息を弾ませた。

 「長く脚を使えると思ったので、早めにしっかり前を捕まえに行って押し切る、強い競馬をしてくれました」

 最内枠からポンと出て、緩いペースの道中は3番手で流れに乗る。勝負どころからは、先に動いたストーンリッジをぴたりとマーク。「直線に向いたときの手応えが良かったので、かわせるなと思いました」。しぶとく粘る相手をゴール前でかわすと、断然人気のアルジャンナの猛追も許さなかった。

 ジョッキーは京都金杯(サウンドキアラ)、東海Sエアアルマス)に続く今年の重賞3勝目で、早くも年間自己最多記録を更新。「たくさんチャンスをもらっているので、まだまだがんばっていきたい」と表情を引き締めた。

 鈴木孝調教師にとっては開業11年目で、待望のJRA重賞初勝利。「昨年、グランドボヌールで交流重賞(サマーチャンピオン)を勝って、今年は中央で重賞を勝ちたいと思っていました」と破顔。さらに「馬体の張りや毛づや、シルエットが良くなった。切れ味勝負では分が悪いと思ったんですけどね」と、メンバー2位タイの上がり(3ハロン33秒9)をマークしての勝利に目を細めた。

 前田幸治オーナーは「強かったね。休んで良くなったので、この後は大山ヒルズへ放牧に出て皐月賞に直行します。(ホープフルSを勝った同じノースヒルズ生産の)コントレイルと2頭でね」と明言した。手綱を託される松山騎手は「前走より乗りやすくなって状態も良くなっていたので、これからが楽しみです」と力を込めた。

 かつてはスペシャルウィークネオユニヴァースなどが“如月”のタイトルを弾みにクラシックで勇躍した。コルテジアもパワーアップを図って“皐月”の舞台に向かう。  (川端亮平)

コルテジア 父シンボリクリスエス、母シェルエメール、母の父ジャングルポケット。青鹿毛の牡3歳。栗東・鈴木孝志厩舎所属。北海道新冠町・(株)ノースヒルズの生産馬。馬主は前田幸治氏。戦績6戦2勝。獲得賞金5554万6000円。重賞は初勝利。きさらぎ賞鈴木孝志調教師、松山弘平騎手ともに初勝利。馬名は「礼儀、礼節(イタリア語)」。



★9日京都11R「きさらぎ賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【うわさの3歳馬】ダート合いそうファイティング 2020年2月8日() 14:09

 【東京3R】ファイティングは先週のWコースで5F66秒6、ラスト1F12秒1。今週の坂路で4F51秒5、12秒2と最後までしっかり。母は芝で活躍したが、マジェスティックウォリアー産駒はベストウォーリア南部杯連覇)やエアアルマス東海S)などダートで圧倒的。石毛調教師も「ダートは合いそうだし、乗り込んで仕上がりもいい。集中して走れれば」と期待を込める。(夕刊フジ)

[もっと見る]

【プレビュートーク】前走に続いて58キロクリア!!村瀬キッキング連覇 2020年1月28日(火) 10:43

 村瀬 東海Sは◎エアアルマスが勝ったけど、AJCCの◎ミッキースワローは痛恨の不利。どうも波に乗れないなあ。

 南 ワシは東海Sの◎インティが3着。馬プレは馬連やから2着でええのに。ま、2月に入るし、切り替えるにはええタイミングゆうことで。

 村瀬 ですね。さ、東京開幕週のメーンはフェブラリーSの前哨戦。クリソベリルのサウジC(2月29日)がどうなるかですけど、先週の東海S組ともども、意識は高いはずです。まずは◎コパノキッキングかな。

 南 前走は菜七子Jがうまく乗ったな。58キロでたいしたもんや。村山師は「ここからフェブラリーSへ。去年より自在性が出てきたし、いい感じで仕上がりそう。マイルにつながる競馬を」と。マーフィーJとの人馬V2は十分やろな。

 村瀬 ええ。マイルだとひと工夫必要かもしれませんけど、7Fならね。鞍上も自信を持って乗ってくるでしょう。

 南 ワシは新鮮さで◎ミッキーワイルドを狙ってみよか。ダートで【3・5・1・0】、そのうち【3・2・1・0】が東京や。安田隆師は「状態はいい。相手がそろっているから、ここはチャンレジャー精神で。今後への試金石になる」ゆうとるけど、いつも控えめやから。内心、自信はあるんちゃうかな。

 村瀬 ホント、安定してますよね。これと3走前の霜月Sでクビ差だったのがスマートアヴァロン。ここ2走が58キロを背負って小差(2)(3)着。56キロの今回はすごく不気味な感じがします。

 南 そやけど重賞初参戦やで。そううまくいくかどうか。注目の砂替わりはモズアスコット。矢作師は「けいこで動くし、ダートを試したかった。芝のGI馬だからなかなかチャンスがなかったけど、今回はいい機会。フェブラリーSにメドが立つ競馬を」ゆうて楽しみにしとる様子。1週前は坂路4F50秒6と相変わらず豪快な動きを見せとるで。

 村瀬 ルメールJを確保してるんだから本気度はMAXでしょうね。

 南 あとはワイドファラオか。小滝助手は「1800メートルだとバテる感じがあるんで、1400~1600メートルがいい」ゆうとった。動きは抜群にええで。

 村瀬 58キロの経験がないのがどうか。ちょっと様子を見たいですね。(夕刊フジ)



根岸Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

東海Sを勝ったエアアルマスが骨折 全治未定 2020年1月28日(火) 10:12

 先週の東海Sで重賞初制覇を飾ったエアアルマス(栗東・池添学、牡5)が右前骨折していたことが28日、わかった。池添学調教師は「レース後の上がり運動で歩様がおかしくなりました。あした、手術をします。全治はわかりません。残念です」と話した。



エアアルマスの競走成績はこちら

[もっと見る]

【東海S】ダート界に新星!エアアルマス重賞初V 2020年1月27日(月) 05:05

 東海Sが26日、京都競馬場で16頭によって行われ、2番人気で松山騎乗のエアアルマスが3番手追走から直線で抜け出してV。重賞初制覇を飾るとともに、フェブラリーSの優先出走権を獲得した。2着に3番人気ヴェンジェンス、1番人気のインティは3着に敗れた。

 ダート路線に新たなGI候補生が誕生だ。砂5戦目のエアアルマスが重賞初制覇。1年3カ月ぶりにコンビを組んだ松山騎手が笑みを浮かべる。

 「砂を被らず、もまれなければ強い競馬ができるとわかっていたので、そこだけに集中して、いい位置を取ることを考えました。強いメンバーのなか、手応えもよく、強い内容でした」

 外めの3番手を追走。砂を被らない位置でスムーズに運び、直線入り口で、楽な手応えのまま先頭に立ち、そのまま押し切った。

 ダート転向後、初の重賞となった前走の武蔵野Sでは、砂を被り11着に大敗した。そこで今回は耳まで覆うメンコを装着。まさに陣営の工夫と鞍上の好騎乗が実ってのV。ダートでは5戦4勝となり、フェブラリーS(2月23日、東京、GI、ダ1600メートル)への視界が広がった。

 GI参戦について池添学調教師は「行くなら(鞍上は)そのまま。ただ、前回は砂を被ったこともありますが、左回りは2戦していまひとつ結果が伴っていない。馬の状態もみて決めたいです」とは慎重に語った。またコンビを組んで2戦2勝の松山騎手は「いい馬ですし、GIの舞台でもしっかりと走ってくれると思います」と今後へ期待を寄せる。次走は未定だが、陣営にはひと足早く、春が近づいた。 (山口大輝)

★26日京都11R「東海S」の着順&払戻金はこちら



エアアルマス 父マジェスティックウォリアー、母ノカゼ、母の父エンパイアメーカー。鹿毛の牡5歳。栗東・池添学厩舎所属。米国・S&Tヨシハラ氏の生産馬。馬主は(株)ラッキーフィールド。戦績16戦7勝。獲得賞金1億6328万8000円。重賞は初勝利。東海S池添学調教師、松山弘平騎手ともに初勝利。馬名は「冠名+世界最高級アルマスキャビアより」。

[もっと見る]

⇒もっと見る

エアアルマスの関連コラム

閲覧 1,966ビュー コメント 0 ナイス 3

先週は土日で重賞が3レース、そのうちクイーンC共同通信杯が3歳限定戦。

なぜそこを強調するかというと、相変わらず3歳限定戦で1番人気馬が勝てない流れは変わらず、先週もルナシオンが10着、マイラプソディも断然人気に支持されながら4着と人気を裏切った。これで年明けから3歳重賞の1番人気馬は6連敗。2着も2度あるだけであとはすべて着外、果たしてこの流れは今後のクラシックトライアル戦線でも続くのかどうか。

先週の当コラムでは、「もしマイラプソディ以外から入るならば、安易に2頭軸などに逃げるのは避けておいた方が良いだろう」と書いたが、結果的にはその通りになった……なんて書いたところで当方の軸馬である◎シングンバズーカが馬券に絡まないのでは全く意味がないのだが…。

さて、その共同通信杯を制したのはダーリントンホール。ルメール騎手がスローを見越して早めに動き、最後は後続を封じた。ただ、馬場状態も含めてすべてが上手く行った印象もあり今回の内容でG1に繋がるかというと微妙なところ。牡馬路線を考えると無敗のサリオスは距離に不安があるし、コントレイルも厳しい競馬を経験しないまま本番に突入して行く。なんとなくだが、今年は波乱の牡馬クラシック戦線となる予感がする。


インティ次第では波乱の余地もありそう

さて、今週末はいよいよ今年最初のJRA・G1となるフェブラリーS。注目はやはり昨年の覇者インティだろうか。

というのも、今年はダートの主要路線を制した馬が軒並み回避している。昨年無敗でチャンピオンズカップを制したクリソベリル、3年連続でフェブラリーS連対のゴールドドリーム、JBCクラシック&川崎記念の覇者チュウワウィザード東京大賞典連覇のオメガパフューム東海Sの覇者エアアルマスといった面々が不出走。それぞれの事情はあるにせよ、やや寂しい顔ぶれとなった。

もっとも、インティが盤石かと問われると微妙なところ。昨年は破竹の連勝で臨み本番も逃げ切りを決めたが、なんだかんだそれ以来勝てていないのは気掛かり。前走の東海Sでは控える競馬を試みたが58キロが影響したにせよ3着止まり。最後は伸び負けた印象もあり、果たして巻き返しがなるかどうか。追い風要因としては、目の上のタンコブ的な存在だったドリームキラリが出走できなかったことだろう。相手関係を見渡しても何が何でもハナという存在はなく、スンナリ先手を奪うことができれば、武豊騎手の十八番でもある逃げ切りが決まる可能性もある。

ただ、もし多少とも紛れが生じるならば伏兵勢にも注目したい。インティ以外ならヴェンジェンスの充実ぶりが侮れない。みやこS当時はまだ展開がハマったような印象もあったが、前走の東海Sでは自ら動く競馬で2着確保。内容的にはインティを上回っている印象もあり、初の東京ダート1600mをこなせるようならば好勝負になって良い。できれば包まれない外寄りの枠を引きたいところだろうか。

また、穴馬ならばモジアナフレイバーが侮れない。こちらもとにかく行きたがる馬で、前走の東京大賞典ではやや早仕掛けに見えたがそれでもラストまでよく伸びていた。メンバーが揃った勝島王冠では他馬を圧倒する脚を見せており、掛かる気性を考えればマイルへの短縮もプラスだろう。あとは中央での騎乗経験が少ない鞍上次第だが、本馬の場合は脚を溜めやすい内寄りの枠の方が良いかもしれない。中央ではまだ未知の存在である分そこまで人気にはならないだろうが、実力的には勝ち負けになっても何ら驚けない。

その他にも予定通りのぶっつけ参戦となるアルクトスも怖い。当舞台ではまだ負け知らずで、馬群の中でも競馬ができるのは多頭数のG1では強みになるし、適性の高さを生かせれば出番があるか。もともとフェブラリーSは舞台巧者が強いレースでもある。

いずれにしてもインティ次第では波乱の余地もありそうな一戦。当コラムが公開される頃には枠順も決まっているだろうし、枠の並びを見た上で結論を出したい。


フェブラリーSの結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2020年2月19日(水) 16:00 覆面ドクター・英
フェブラリーS・2020
閲覧 1,792ビュー コメント 0 ナイス 9



いよいよ今年一発目のG1がやってきました。今年は有力馬がごっそり、超高額賞金レースのサウジC(1着賞金がなんと約11億円)に向かうため、層が薄くなるのが例年とは違うところです。トップレベルの馬たちは、フェブラリーSとチャンピオンズC(昔はジャパンカップダート)の年2つの中央G1と交流G1を中心にローテーション組むことが多かったのが、海外も選択肢に入ってきたというのは時代の流れなんでしょう。サウジCは高額賞金ももちろん魅力的ではありますが、日本馬の優秀さを世界に見せつけて、海外向けの馬産・海外での種牡馬入りなどの道筋につながるという一面もあります。そうした夢も広がるので、気持ちよく送り出して応援したいと思っています(実力馬たちが日本のG1に出てこないのは寂しいですが)。日高の奥の方はもう、今やインド人の乗り役だらけで(もちろんインド人も歓迎なんですが)、待遇がもう少し良くなって日本人もより多く働ける環境になっていってくれると、道民としても嬉しいんですけどね。

さて、フェブラリーSの今年のポイントですが、大きく以下の2点だと思っています。

#1 昨年覇者のインティ。実力が落ちてきているといっても、一線級がサウジCに行ってしまい、チャンピオン決定戦というには相手が強力ではない状況で、連覇で王座防衛とするのか。

#2 芝のG1馬であるモズアスコットが、初ダートの前走根岸Sでコパノキッキングを本来の短距離路線に押し戻すだけの強い勝ち方。豪快に差し切ったその実力が本物で、ここでも再度好走するのかどうか。


<全頭診断>
1番人気想定 インティ:昨年は6連勝の勢いもあって私自身も本命を打って、1番人気に応えてくれた。ただ今年は逃げても逃げなくてもいまひとつのレースぶりで、前走の東海Sでもエアアルマスには粘られ、ヴェンジェンスには差され、と、だらしない結果。相手が思ったほどG1でも強くならないとはいえ、ゆったりと下り坂状態で、消去法的とはいえ「1番人気になるの?」という感じで......。妙味は全くなし。でも、じゃあどの馬が強いか、というと、「あれ、あんまり居ないなあ・・」というのが悩ましいところ。武豊騎手に競りかける騎手は少ないが、矢作厩舎の逃げ馬のドリームキラリを佐藤友騎手にスイッチしてきたのは、若手の坂井騎手の将来を案じてか(笑)ならば、武騎手と禍根を残さないように地方騎手の起用で遠慮せずに前でガリガリ競らせて、矢作厩舎のモズアスコットの差し切りズドンが決まる、というのが今年のシナリオか?

2番人気想定 モズアスコット:2018年の安田記念馬でその後は低迷が続いた。前走の初ダートの根岸Sではコパノキッキングをズバッと差し切ってみせた。父フランケルはガリレオ×デインヒル×レインボウクエストなので芝配合なのかなあとは思うが、母はヘネシー×ミスワキで東京のマイルなら引き続き強いレースをみせられるのでは。東京マイルのダートは芝的なスピードや瞬発力もプラスで、ちょうどいい配合なのかも。気難しいフランケル産駒だけに連続好走はしないのかもしれないが、能力的には十分足りてアグネスデジタルのように芝ダート両方のG1制覇もあるところまではきていそう(前走同様の出遅れから、やる気を消失するパターンもありえる)。

3番人気想定 アルクトス:昨秋は3連勝でプロキオンSも制した勢いで臨んだ南部杯でも2着(ゴールドドリームには先着)。メキメキ実力をつけてきたが、ここに4ヶ月半のぶっつけというのはいくら鉄砲実績があるとはいえ、ノーザンFの馬でもなく正直マイナスでは。

4番人気想定 ヴェンジェンス:11月にみやこSを勝って臨んだチャンピオンズCは7着と一線級には跳ね返された形だが、東海S2着(1着のエアアルマスは骨折で今回出れず)と7歳にして充実期間に入っている。ただ東京マイル適性はいまひとつでは。

5番人気想定 サンライズノヴァ:似た適性の必要な南部杯で約1年ぶりの勝ち星をあげたが、あのレースは吉原騎手の好騎乗が光った一戦。以前ほど末脚に迫力が無くなってきていて、そう信頼はできない。ただ影の実力者として最近特に活躍している松山騎手を確保できたというのは大きい。

6番人気想定 ノンコノユメ:去勢や地方転出などいろいろあったが、それでもなお高いレベルで頑張っている8歳セン馬。東京マイルは実績通り向くのだが、8歳の今はちょっとスピード的に忙しい可能性もある(実際、最近は1800mや2000mで好成績)。

7番人気想定 ワイドファラオ:芝マイルの重賞勝ち馬でもあり、初ダートのユニコーンSでもいきなり勝ってしまったが、その後はそうでもない結果。例年より弱い相手とはいえ、ちょっと力が足りないのでは。

8番人気想定 モジアナフレイバー:母がセイウンコウセイの半姉で、地方馬でも父バトルプラン(その父エンパイアメーカー)とそれなりのスケール感があり、そう格落ち感は無い。東京大賞典では3着に突っ込んできたが、南部杯で4着だったように東京マイル適性はそう高くないのでは。

9番人気想定 ミッキーワイルド:期待して本命を打った前走根岸Sで11着と惨敗。がっかりだったが、デムーロ騎手が全然合わなかった可能性もあり、主戦の北村友騎手に戻る今回再度期待してみる手はありか。ただマイルより1400mが良い馬で、前走惨敗から1F延びるのは歓迎ではない。

10番人気以下想定
タイムフライヤー:2歳G1ホープフルS勝ちのある馬なのだが、長らく低迷して昨夏からダートに路線変更した。武蔵野Sで2着したようにこの条件への適性はあり、絶好の穴馬として狙えるのでは(モズアスコット同様、勝てば芝ダートの両方制覇となる。まあ頭までは無さそうだが)。

ワンダーリーデル:昨秋の武蔵野Sで横山典騎手の神騎乗で9番人気ながら初重賞制覇となったが、その後もイマイチで7歳でもあり、上がり目には乏しいか。

デルマルーヴル:余談だが、皮膚科医の浅沼先生の馬で、先生自身は千歳のロータリークラブの講演で「馬主はハイリスク、ノーリターン~壮大な無駄遣い」と言っていた(^^; 馬自身は、レパードSで2着した後はダートのステイヤー寄りの交流重賞ばかり使ってきているだけあって人気を落とす要素満載で、確かに母父コマンズから長めの距離が向いているのかもしれないというキャラ。ただ、厳しいペースでスタミナが生きる展開になれば、父パイロ(この条件で強いエーピーインディ系)でもあり、通用しておかしくない。穴として狙える馬では。

スマートアヴァロン:8歳になってもオープン特別で3着を拾い続ける馬主孝行な馬。根岸S3着とそう弱くはないがマイル実績に乏しく、さすがにここでは。

キングズガード:9歳を迎えるも昨年11月にはみやこS2着と元気ではあるが、G1でどうこういう力はもうないのでは。

ダノンフェイス:重賞勝ちは無いが、武蔵野S3着、根岸S4着とそれなりの力はある。ただ、爆発力が無く7歳だけに、一変もないか。

ミューチャリー:羽田盃勝ち、東京ダービー2着、JDD3着と川崎記念4着とそれなりの実力馬だが、地方でも長めの距離を使われており東京マイルのスピード勝負向きでない印象。

クリノガウディー東京新聞杯3着からここへ登録。母父ディアブロとダートをこなせる素地はありそうだが、さすがに初ダートがG1というのは......。

ブルドッグボス:中央でもオープン特別複数勝ち、地方転出後も長く頑張っているが、マイル実績ゼロというのはさすがに厳しい。

ケイティブレイブ:ドバイで開腹手術をして帰国初戦の浦和記念勝ちはびっくりさせられた。その後の2戦は本来の粘りがなく、長岡騎手を乗せてくること自体、期待薄。

ロードグラディオ:準オープンを勝って臨んだ前走のオープン初戦で7着だったように実力不足。

ヨシオ:ジャニュアリーSは1200mが向いたのか1年9か月ぶりの勝利だったが、前走は根岸S15着。ここから巻き返すのは難しい。

ラプタス:1400mで未勝利から準オープンまで4連勝の上り馬だが、オープン初戦で逃げて8着と止まったように、G1でいつもより1F長いマイルでは厳しいのでは。

ドリームキラリ:8歳となり粘りが無くなってきた、逃げないと全くダメな馬だけに要らない。ただ同厩舎のモズアスコットのアシストをすべく(建前上は、チームプレー禁止なので口にしないだろうが)、前半ハイペースを演出してインティと競る重要な役割。出遅れは勘弁してほしい。

テーオージーニアス:昨秋から力をつけてきて重賞でも好走できるようになってきたが、1200m向きで、1400mの前走根岸Sでも終いに鈍っていたように、マイルのここは向かない。


<まとめ>
有力:モズアスコット

ヒモに:アルクトスインティヴェンジェンスサンライズノヴァノンコノユメ

穴で:タイムフライヤーデルマルーヴル

[もっと見る]

2020年1月31日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】タフな馬場が続いた1月開催&週末の重賞展望
閲覧 1,062ビュー コメント 0 ナイス 3

先週は京都で東海S、中山でAJCCと東西で2つのG1が開催された。

東海Sはダート路線に切り替えて4戦3勝と勢いのあるエアアルマスが、好位から抜け出し完勝。昨年の覇者インティを完封しフェブラリーSへ向けて順調なスタート…と思われたがレース後に骨折が判明。残念ながら休養に入ってしまった。

一方インティは1番人気に支持されるも3着止まり。今回は逃げではなく控える手に出て、武豊騎手らしく次戦の本番へ向けて試すような競馬だっただけに結果は度外視だったのかもしれないが、それでも破竹の連勝を続けていた昨年と比べると勢いに陰りがみられる印象だ。ゴールドドリームクリソベリルらが予定通り海外遠征で不在となれば人気的には今年も主役となるだろうが、果たして巻き返しはなるのだろうか。個人的にはやや不安な気がしている。

中山のAJCCはブラストワンピース凱旋門賞以来の一戦を完勝。得意のパワーを問われる馬場状態が味方した面もあるだろうが、まずは順調な復帰戦となった。この後の路線は未定ながら、国内なら間違いなく宝塚記念が合うと思うので、是非今年こそ出て来てほしいものだ。


~3場ともに力の要る芝

もう一つ先週の競馬で印象的だったのは、各場の馬場状態だ。週半ばから悪天候に見舞われる地域が多かった上、中山&京都は1回開催の最終週となっただけに3場とも力を要する芝になった。

例えばわかりやすい傾向だと、中山芝ではディープインパクト産駒が土日で7頭出走し、馬券圏内はゼロ。7頭中6頭が4番人気以内だったことを考えれば、やはり同産駒にはキツイ馬場だったとみて間違いない。

小倉芝はまだ2週目だったが、こちらもやはり雨の影響でタフ化。日曜の小倉8Rでは、前週の内伸びだった開催初日の8Rで外枠から5着と健闘したジュブリーユが連闘策で臨み、今度は外が伸びる馬場の恩恵を受けて9番人気で勝利した。

中山は今週末から東京に替わるので、中山の馬場が合わなかった組の巻き返しに期待ができる。また、小倉に関しては今年はあと4週もあるので、こちらも各週末の馬場傾向を記憶しておくことで、今後まだまだ出し入れで馬券を獲れる場面が訪れそうだ。1月のタフな馬場が続いた傾向を、2月の開催に生かしていきたい。


~波乱含みのシルクロード

さて、今週末は東西でシルクロードSと根岸Sという、G1にもつながりそうな2つの重賞レースが開催される。

波乱の香りがするのはシルクロードS。今週からBコース替わりとなるだけに馬場状態にも注目だが、それ以上に展開面がカギになりそう。逃げの手を貫くモズスーパーフレアに加えて、斎藤騎手を配して参戦のラブカンプー、古豪セイウンコウセイなど、テンが速い馬たちが参戦してきた。出方次第では前がやり合い差しが届きそうだし、あるいはそれぞれが譲り合う形になれば、京都芝1200mらしい逃げ&イン有利の決着もあるかもしれない。いずれにしても馬場と展開を読んで、ある程度決め打ちする覚悟が必要だろう。

現時点での注目はカラクレナイ。一連の競馬で安定して走れているが、本来はもっと溜めた方が持ち味が生きる馬。前走は早めの競馬で結果を出したが、前がやり合うことで溜めが利けば、さらに鋭い脚を使えるはずだ。

根岸ステークスの方も混戦模様だが、こちらは安定感のあるミッキーワイルドに注目したい。ただ主戦の北村友騎手が騎乗停止で乗れないのは痛い。代役はデムーロ騎手となるが、現在のデムーロ騎手は喜んで飛びつけるようなパフォーマンスを見せていない。まさか2年くらい前まではこんなことを書く日が来るとは思っていなかったが、不安はジョッキーといえるかもしれない。

いずれにしても今週は東西重賞ともにフルゲート。馬券的にも楽しみな週末だ。


※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2020年1月31日(金) 12:15 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(1/25~1/26)いっくんプロが日曜小倉メイン門司Sで58万オーバー払戻し達成!
閲覧 656ビュー コメント 0 ナイス 5



26(日)に行われたG2AJCC、G2東海Sほか、様々なスマッシュヒットが記録された先週。
好成績を収めた注目プロ予想家や、その的中の数々をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
26(日)G2東海Sで◎エアアルマスヴェンジェンスインティのパーフェクト的中を披露した先週。同じく勝負予想指定の小倉11R門司Sでは、◎クリノフウジングアンスマートフルーレで計58万7700円払戻しのビッグヒットを達成。他にも京都1R3歳未勝利京都8R4歳以上1勝クラスなどで的中をマークし、回収率126%、収支19万3590円プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
25(土)は小倉12R脊振山特別の◎ナリスパルフェクォーツマイネルウィルトス本線的中などでプラス。26(日)には勝負予想指定の小倉1R3歳未勝利チェインストーリー×ビハインドザサンスマートラビリンス的中でスタートを切ると、同勝負予想京都6R3歳新馬ヴォートルエロー×パラスアテナブライトオーシャン的中、中山9R若竹賞×シーズンズギフトマイネルデステリョキングサーガ的中などを披露。週間トータルでは回収率111%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →KOMプロ
26(日)の勝負予想G2AJCCを◎△×的中で仕留めた先週は、他にも同中山12R4歳上2勝クラス、同京都3R3歳未勝利、25(土)小倉12R脊振山特別などで好回収的中をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →金子京介プロ
25(土)中山8R4歳上2勝クラス、26(日)中山5R3歳未勝利などの的中をマークすると、同中山8R4歳上1勝クラスでは、「好調キープ、トモ腰安定」評価の○フィストバンプ、「結構良い形。芝しか無理な血統だが返し馬まとも」と評した△ライトカラカゼの予想で、計12万1590円払戻しのスマッシュヒットを記録。週間トータル回収率130%を達成しています。
 
 
 
この他にも、導師嵐山プロ(145%)、ゼット1号プロ(111%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
また、プロテスト最終審査参加者からは、Umavishさん(201%)、馬っしぐらさん(120%←2週連続週末プラス)、内田の予想さん(115%)、西野圭吾さん(108%←3週連続週末プラス)、ゆめさん(101%)らが、プラス収支で最後の竜門ラスト1週へと進めています。
 
 
 
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2018年10月12日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2018年10月12日
閲覧 1,084ビュー コメント 0 ナイス 1

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2018年10月13日()の凄馬!>
極凄馬
新潟2R 2歳未勝利
タイセイスキャット(+7.5)

極凄馬
東京9R プラタナス賞
ダイシンインディー(+6.1)

極凄馬
京都2R 2歳未勝利
デターミネーション(+5.9)

超凄馬
京都7R 3歳以上500万以下
エアアルマス(+3.4)

超凄馬
新潟6R 3歳以上500万以下
キタサンヴィクター(+3.0)

超凄馬
新潟3R 3歳以上500万以下
ワンダーアマービレ(+2.7)

超凄馬
京都6R 3歳以上500万以下
バーニングペスカ(+2.2)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率47%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2018年10月14日、集計数:33,115レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください

[もっと見る]

エアアルマスの口コミ


口コミ一覧
閲覧 492ビュー コメント 0 ナイス 8

フェブラリーステークス

東京競馬場
ダート1600M

今年はメンバーが揃っていないので、ゴールドドリーム、クリソベリルはサウジアラビア
オメガパフュームは左回りとか相性で出ないのか?チュウワウィザードはドバイ直行
普通ならこの4頭は出てくるんだけど、エアアルマスは骨折なので仕方ないが

過去10年ではダートなのにサンデーサイレンス系が5勝3着以内9回
ミスタープロスペクター系が2勝3着以内8回
最近はナスルーラ系が迫ってきてますが・・・1勝3着以内6回

登録馬の個人的な評価

モズアスコット
(前走の勝利で信じて買えるかどうか?スタートがあまりいい馬ではないから、今回も後ろから差しになりそうで、ただ芝スタートで前に行けることが出来ればレースは楽になるが、まぁ中団から進めて差す競馬かと)

インティ
(マイル以下で57Kgまでならまだ崩れていないので、さらに脚質に幅が出てきたからレースはしやすっくなったと思う。理想は去年の同じような流れで先行抜け出しが理想ですが、ハイペースならしんどいと思う)

アルクトス
(GⅠで休み明けは辛いと思うが休み明けは苦にせず、先行馬ですがハイペース向きな感じなので、インティをマークする競馬が理想かなと、後は状態面ですね)

サンライズノヴァ
(東京は得意で今回の相手ならチャンスはあると思う。前走は59Kgで健闘もしている。状態が良いみたいなので中団が前にいればいいんですがスタート得意ではないので)

モジアナフレイバー
(能力は高いと思うので不利なく折り合って進めばチャンスあると思うけど、課題は初めての東京の馬場と繁田騎手の東京経験が心配)

ワイドファラオ
(重賞で入着までの競馬なのでもどかしいが、今回は重賞勝利の同じ舞台。1Kg減もあるから前進も期待したい)

ワンダーリーデル
(武蔵野ステークスと同じ舞台になって不気味ですね。穴になった時に好走するかもしれないので、叩いて上積みあれば時計的にも十分勝機あります。)

タイムフライヤー
(今回穴馬的存在、武蔵野ステークス2着あるからコースも合う。まぁ外人のフォーリー騎手で要注意かな)

デルマルーヴル
(最近中央走ってないから人気はないけど東京コースで差し脚を生かせるはずなので侮れず。を追い込み一気もあるかも)

ミューチャリー
(実はかなりマイルの適性が高いかもしれない馬と思っているので、東京の環境に問題なければ、久々のマイルで激走シーンはあると思うが、御神本騎手の中央馬場経験で割り引きかも)

ノンコノユメ
(最近の堅実ぶりはここでも侮れない、東京ダートマイルはこの馬はベストで今回のメンバーなら十分チャンスがあるはず、真島騎手に不安はあるが)

ヴェンジェンス
(7歳ですがまだ見限れなくて穴馬的になっている。コースも問題ないと思うしどんな展開になっても堅実に伸びてきそうですね。今回も差す競馬かな思います)

キングズガード
(9歳でも差し脚は健在、展開待ちになると思う)

ミッキーワイルド
(前走は全く反応せずだったから叩いて巻き返しがあるならこの馬が怖いかなと明らかに人気落ちてるので盲点
になっているかな。あとは距離延長でこの相手でどうかということだけ)

ケイティブレイブ
(この条件は得意ではないし、長岡騎手になるので人気もないかなと、力はあるが)

ブルドッグボス
(距離延長で人気はなさそう、元中央馬でコースは問題ないと思うし、勢いは無視できないんだけど、ここまで印がまわらない感じになってますね)

 数馬三択 2020年2月20日(木) 11:31
フェブラリーS
閲覧 545ビュー コメント 0 ナイス 7

天皇誕生日に 行われる、フェブラリーS。


昨年と今年、連続して出走する馬は 4頭います。

インティ(1着)
サンライズノヴァ(7着)
ワンダーリーデル(9着)
ノンコノユメ(13着)

※()内は 昨年の着順です。



12月のGI チャンピオンズカップ出走馬は 6頭。

インティ(3着)
キングズガード(5着)
ヴェンジェンス(7着)
タイムフライヤー(8着)
ワンダーリーデル(11着)
ワイドファラオ(14着)


※インティと ワンダーリーデルの2頭が
両GIレース出走歴を 持って、フェブラリーSに
出走して来ました。



昨年のチャンピオンズカップ(12月1日、中京)
1着 クリソベリル(不出走)


東京大賞典(12月29日、大井)
1着 オメガパフューム(不出走)


12月のGIレースの1着馬が、どちらも不出走の意味は?

今年のダート重賞に出走して連対、
馬券になっている馬に プラス材料があります。


東海ステークス
1着エアアルマス(不出走)
2着ヴェンジェンス


根岸ステークス
1着モズアスコット
2着コパノキッキング(不出走)



インティとモズアスコットは人気上位馬でも
テーマを持って出走して来ます。

[もっと見る]

 ちびざる 2020年2月11日(火) 18:17
【雑感】松山騎手について・・・。
閲覧 258ビュー コメント 0 ナイス 29

先週の日曜のメインからきさらぎ賞を回顧。
勝ったのは、コルテジアでした。
好スタートもすぐに、控える形で3番手のインからの競馬。
3コーナーから4コーナーでは、インから外に位置取りを替え
直線へ。直線では手ごたえよく、先に抜け出すストーンリッジ
のを待ってから追い出すとストーンリッジを交わし先頭でゴール板を駆け抜けました。
強い内容だったと思います。
次走は皐月賞へ直行のようです。
相手は、強くなりますが、どういう競馬をするのか注目ですね。


さて、今日の本題に入りたいと思います。今回は、きさらぎ賞で勝利騎手になった松山騎手について。
今年は好調で、既に重賞3勝。自身の年間最多重賞勝利を2か月で達成してしまいました。(^^;
今年の騎乗を見てると勝負所の判断力と道中の位置取りが冴えている感じがします。
ブレイクの予感を感じています。
あとはGⅠ勝利を期待したいですね。
アルアインで皐月賞を勝っていますが、今年はチャンスありそうな感じですね。
エアアルマスとクリアサウンドの故障は残念ですが、きさらぎ賞を勝ったコルテジア以外にも
土曜日のエルフィンステークスを勝ったデアリングタクトも楽しみの1頭ですね。
それ以外にもこれから騎乗チャンスはありそう。
トップジョッキーを脅かす存在になってもらいたいですね。


最後に、共同通信杯について。現時点での私の注目馬は、マイラプソディですね。
新馬戦でのレースが鮮烈でした。
マイPOG馬のルリアンも出走していました。
直線でルリアンが抜け出し勝ったかと思った刹那、並ぶもなくあっさり交わされました。
結局、ルリアンは2着でしたが、その後骨折が判明し休養中です。
マイラプソディに潰されたって勝手に思っています。(笑)
その後も、野路菊ステークス、京都2歳ステークスと思ってたいた通りの
強さで三連勝を飾りました。一時はホープフルステークス出走も言われていましたが
自重し成長を促すことを選択し、ここまで出走を待ちました。
ここでどんなレースをするのか注目したいと思います。
このレースにマイPOG馬のフィレオアレグロも出走予定ですが
ルリアンのように潰されないように頑張って欲しいですね。(^^;

[もっと見る]

⇒もっと見る

エアアルマスの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

エアアルマスの写真

エアアルマス
エアアルマス

エアアルマスの厩舎情報 VIP

2020年1月26日東海テレビ杯東海S G21着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

エアアルマスの取材メモ VIP

2020年1月26日 東海テレビ杯東海S G2 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。