今週の重賞レース

東海テレビ杯東海S G2   日程:2021年1月24日()  中京/ダート1800m

【東海ステークス2021予想】フェブラリーSに向け注目の一戦にインティ、ダノンスプレンダーら16頭

今週末の中京競馬場では、日曜メインに東海ステークスが組まれている。優勝馬に対しフェブラリーSの優先出走権が付与される、重要度の高いダート重賞だ。

まず注目はインティ。一昨年のフェブラリーSを制して以降、勝ち星がない。それでもチャンピオンズCで2年連続3着を確保するなど、G1ホースとしての存在感は示している。自分のリズムで運ぶことができれば、久々の重賞制覇を成す場面も十分にあり得るだろう。

ポルックスSを制したダノンスプレンダー、ブラジルCで復活星を挙げたハヤヤッコも有望。ほか、重賞2勝のアナザートゥルース、リステッド連勝で挑むオーヴェルニュ、師走Sを快勝したタイキフェルヴールなどにもチャンスがありそうだ。

ウマニティ重賞攻略では、5つの視点から「東海ステークスの予想」を開催週の月曜日から毎日更新しています。 ①血統予想(月曜日)②U指数予想(火曜日)③データ予想(火曜日)④プロ予想(水曜日)⑤馬場予想(日曜日) レース検討に是非ご活用ください!

U指数)をご覧いただくには、ウマニティ会員登録無料)が必要です。
<
>
予想
U指数
馬名
性齢・調教師
負担
重量
 
戦績
収得賞金  
前走
 
2走前
 
3走前
 
4走前
 
5走前
 
6走前
 
7走前
 
8走前
口コミ

アナザートゥルース

セ7

 高木登

57.0

7-7-3-8 6,960万

20/12/06

13

チャンピオ G1

中京/ダ1800m

20/09/30

5

日本テレビ盃  

船橋/ダ1800m

20/08/09

3

エルムS G3

札幌/ダ1700m

20/04/19

2

アンタレス G3

阪神/ダ1800m

20/03/11

1

ダイオライト  

船橋/ダ2400m

20/01/29

5

川崎記念  

川崎/ダ2100m

19/12/19

3

名古屋GP  

名古/ダ2500m

19/11/28

2

浦和記念  

浦和/ダ2000m


149件

インティ

牡7

 野中賢二

57.0

7-1-3-5 11,250万

20/12/06

3

チャンピオ G1

中京/ダ1800m

20/10/12

9

MCS南部杯  

盛岡/ダ1600m

20/02/23

14

フェブラリ G1

東京/ダ1600m

20/01/26

3

東海S G2

京都/ダ1800m

19/12/01

3

チャンピオ G1

中京/ダ1800m

19/11/03

15

みやこS G3

京都/ダ1800m

19/06/26

6

帝王賞  

大井/ダ2000m

19/05/06

2

かしわ記念  

船橋/ダ1600m


425件
97.1

オーヴェルニュ

牡5

 西村真幸

56.0

6-3-0-9 5,200万

20/12/20

1

ベテルギウス  

阪神/ダ1800m

20/11/01

1

福島民友C  

福島/ダ1700m

20/08/15

4

阿蘇S OP

小倉/ダ1700m

20/07/18

5

ジュライS  

阪神/ダ1800m

20/06/20

7

三宮S OP

阪神/ダ1800m

20/03/29

1

名古屋城S 3勝

中京/ダ1800m

20/01/11

1

五条坂特別 2勝

京都/ダ1800m

19/12/14

4

2勝クラス  

阪神/ダ1800m


40件
96.0

グレートタイム

牡6

 藤原英昭

56.0

3-7-2-7 2,500万

20/12/20

9

ベテルギウス  

阪神/ダ1800m

20/10/25

2

ブラジルC  

東京/ダ2100m

20/10/03

9

シリウスS G3

中京/ダ1900m

20/07/18

7

ジュライS  

阪神/ダ1800m

20/06/20

1

夏至S 3勝

東京/ダ1600m

20/03/29

3

名古屋城S 3勝

中京/ダ1800m

20/02/16

4

北山S 3勝

京都/ダ1800m

19/11/09

2

観月橋S 3勝

京都/ダ1800m


162件
94.5

ケイアイパープル

牡5

 村山明

56.0

4-1-1-5 2,400万

20/07/12

4

マリーンS OP

函館/ダ1700m

20/05/30

1

東大路S 3勝

京都/ダ1800m

20/05/02

1

2勝クラス  

京都/ダ1800m

20/01/18

4

小倉城特別 2勝

小倉/ダ1700m

19/12/22

12

2勝クラス  

阪神/ダ1800m

19/10/27

12

西湖特別 2勝

東京/ダ1600m

19/10/05

3

北國新聞杯 2勝

京都/ダ1800m

19/09/16

1

1勝クラス  

阪神/ダ1800m


12件
95.5

コマビショウ

牡6

 南井克巳

56.0

4-3-2-17 2,400万

20/12/20

8

ベテルギウス  

阪神/ダ1800m

20/07/18

11

ジュライS  

阪神/ダ1800m

20/06/20

4

三宮S OP

阪神/ダ1800m

20/05/10

7

ブリリアント  

東京/ダ2100m

20/04/19

5

アンタレス G3

阪神/ダ1800m

20/03/31

6

マーチS G3

中山/ダ1800m

20/02/29

4

仁川S  

阪神/ダ2000m

20/01/26

10

東海S G2

京都/ダ1800m


105件
96.0

タイキフェルヴール

牡6

 牧浦充徳

56.0

5-2-0-6 3,800万

20/12/12

1

師走S  

中山/ダ1800m

20/07/18

8

ジュライS  

阪神/ダ1800m

19/01/20

1

舞鶴S 1600

京都/ダ1800m

18/12/28

5

立志S 1600

中山/ダ1800m

18/08/25

1

瀬波温泉特 1000

新潟/ダ1800m

18/03/31

6

UAダービー  

アラ/ダ1900m

18/02/18

2

ヒヤシンス OP

東京/ダ1600m

18/01/14

9

京成杯 G3

中山/芝2000m


24件
91.7

ダイシンインディー

牡5

 戸田博文

56.0

4-0-2-14 2,400万

20/12/10

3

名古屋GP  

名古/ダ2500m

20/11/01

9

福島民友C  

福島/ダ1700m

20/10/25

10

ブラジルC  

東京/ダ2100m

20/10/03

14

シリウスS G3

中京/ダ1900m

20/06/06

7

スレイプニ OP

東京/ダ2100m

20/05/02

1

春光S 3勝

東京/ダ2100m

20/04/18

3

下総S 3勝

中山/ダ1800m

20/03/22

9

韓国馬事会 3勝

中山/ダ1800m


45件
95.9

ダノンスプレンダー

牡5

 安田隆行

56.0

5-2-3-1 3,600万

21/01/10

1

ポルックス OP

中山/ダ1800m

20/11/29

3

カノープス OP

阪神/ダ2000m

20/10/03

4

シリウスS G3

中京/ダ1900m

20/07/12

1

フィリピン 3勝

阪神/ダ1800m

20/05/31

1

與杼特別 2勝

京都/ダ1900m

20/03/07

2

2勝クラス  

中山/ダ1800m

20/01/05

3

2勝クラス  

京都/ダ1800m

19/11/24

3

2勝クラス  

京都/ダ1900m


50件
93.3

テーオーフォース

牡6

 岡田稲男

56.0

4-0-0-17 2,400万

20/12/12

8

師走S  

中山/ダ1800m

20/11/29

13

カノープス OP

阪神/ダ2000m

20/03/31

8

マーチS G3

中山/ダ1800m

20/02/29

5

仁川S  

阪神/ダ2000m

20/01/12

11

ポルックス OP

中山/ダ1800m

19/11/23

1

花園S 3勝

京都/ダ1800m

19/11/09

7

観月橋S 3勝

京都/ダ1800m

19/07/27

11

薩摩S 3勝

小倉/ダ1700m


17件
94.7

デュードヴァン

牡4

 加藤征弘

55.0

3-1-0-4 2,600万

20/12/12

5

師走S  

中山/ダ1800m

20/11/14

14

武蔵野S G3

東京/ダ1600m

20/08/09

4

レパードS G3

新潟/ダ1800m

20/06/21

2

ユニコーン G3

東京/ダ1600m

20/05/17

1

青竜S OP

東京/ダ1600m

20/04/18

11

アーリント G3

阪神/芝1600m

19/11/23

1

カトレア賞 1勝

東京/ダ1600m

19/10/26

1

新馬  

東京/ダ1600m


94件
95.5

ハナズレジェンド

牡8

 矢作芳人

56.0

6-8-7-29 3,450万

20/12/29

7

東京大賞典  

大井/ダ2000m

20/11/29

1

カノープス OP

阪神/ダ2000m

20/09/19

9

ケフェウス OP

中京/芝2000m

20/09/06

6

丹頂S OP

札幌/芝2600m

20/08/01

1

STV賞 3勝

札幌/芝1800m

20/07/11

6

五稜郭S 3勝

函館/芝2000m

20/06/21

4

垂水S 3勝

阪神/芝2000m

20/04/05

14

難波S 3勝

阪神/芝1800m


129件
96.6

ハヤヤッコ

牡5

 国枝栄

56.0

4-4-2-7 4,300万

20/10/25

1

ブラジルC  

東京/ダ2100m

20/09/20

5

ラジオ日本 OP

中山/ダ1800m

20/08/29

3

BSN賞  

新潟/ダ1800m

20/06/27

10

アハルテケ OP

東京/ダ1600m

20/05/23

12

平安S G3

京都/ダ1900m

20/03/08

2

総武S OP

中山/ダ1800m

20/02/08

10

アルデバラ OP

京都/ダ1900m

20/01/12

2

ポルックス OP

中山/ダ1800m


82件

ムイトオブリガード

牡7

 角田晃一

56.0

6-4-1-12 6,250万

20/03/22

4

阪神大賞典 G2

阪神/芝3000m

19/11/24

8

ジャパンC G1

東京/芝2400m

19/11/03

1

アルゼンチ G2

東京/芝2500m

19/05/26

5

目黒記念 G2

東京/芝2500m

19/03/31

8

大阪杯 G1

阪神/芝2000m

19/03/10

7

金鯱賞 G2

中京/芝2000m

19/01/13

6

日経新春杯 G2

京都/芝2400m

18/11/04

2

アルゼンチ G2

東京/芝2500m


222件
92.5

メモリーコウ

牝6

 松永幹夫

54.0

4-4-5-7 3,260万

20/12/03

5

クイーン賞  

船橋/ダ1800m

20/08/13

2

ブリーダーズ  

門別/ダ2000m

20/07/15

4

スパーキング  

川崎/ダ1600m

20/04/25

3

オアシスS  

東京/ダ1600m

20/04/02

2

マリーンC  

船橋/ダ1600m

20/02/29

12

仁川S  

阪神/ダ2000m

20/01/22

3

TCK女王盃  

大井/ダ1800m

19/11/09

1

観月橋S 3勝

京都/ダ1800m


31件
97.0

ロードアクシス

牡6

 奥村豊

56.0

4-2-2-15 2,400万

20/10/17

6

太秦S OP

京都/ダ1800m

20/09/20

2

ラジオ日本 OP

中山/ダ1800m

20/07/12

5

マリーンS OP

函館/ダ1700m

20/06/28

9

大沼S  

函館/ダ1700m

20/04/12

5

吾妻小富士 OP

福島/ダ1700m

20/03/22

1

韓国馬事会 3勝

中山/ダ1800m

20/03/07

4

上総S 3勝

中山/ダ1800m

19/07/27

2

薩摩S 3勝

小倉/ダ1700m


65件

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:302,896人(01月21日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

データ
予想

【東海ステークス2021予想】インティとダノンスプレンダーが5項目オールクリア

【馬齢】

1回中京で行われた近7回(2013~2019年)の3着以内延べ21頭の馬齢をみると、4歳から8歳まで幅広い。ただし、6歳以上の2着連対圏入りは前走G1出走馬、または過去の当レースで連対経験があったリピーターホースに限られる。その点には注意が必要だろう。

【前走着順】

前走の着順については、JRA重賞ならば7着以内、それ以外の場合は4着以内が目安。1回中京で行われた近7回の1~2着馬延べ14頭のうち13頭が該当する。例外は2018年2着のコスモカナディアン(前走師走S12着)1頭のみ。同馬は当レースと同じ左回りのJpn1・川崎記念で3着の実績があった。相応の戦歴がないうえに、先述の着順をクリアしていない馬は評価を控えめにしたい。

【前走人気】

前走の人気に関しては、国際G1およびJRA重賞なら不問だが、それ以外であれば4番人気がボーダーライン。1回中京で行われた近7回の1~2着全馬がこの条件を満たしていた。

【前走使用距離】

1回中京で行われた近7回の2着以内延べ14頭の前走を距離で分けると、ダート1800m、ダート2000m、ダート2500mの3パターン。これ以外のステップで臨んだ馬の最高着順は3着止まりとなっている。

【中央場所実績】

1回中京で行われた近7回の2着以内延べ14頭すべてに、前年以降の中央場所(東京・中山・京都・阪神)かつ1600~2000mのレースで勝利歴、または前年以降の中央場所かつ1600~2000mの重賞で5着以内の経験があった。この条件に合致しない馬は、疑ってかかるべきだろう。

【データ予想からの注目馬】
上記5項目で減点がないのは、インティダノンスプレンダーの2頭。最上位にはインティを推す。1回中京施行の近7回、前走がダートG1だった7歳馬は【1.2.0.1】という上々の成績。本馬自身、当該コースで【2.0.2.0】と崩れていないことも好印象だ。

2番手はダノンスプレンダー。1回中京施行の近7回、中1週以内の臨戦馬の成績が今ひとつである点はネックの一方、JRAかつダートのオープンクラスで勝利経験を持つ栗東所属の5歳牡馬は【3.0.1.1】の好パフォーマンスを示している。軽くは扱えないだろう。

<注目馬>
インティ ダノンスプレンダー

このレースの傾向やデータをもっと見る

U指数
予想

【東海ステークス2021予想】U指数、コース実績、臨戦過程でマイナス面のないインティが本命!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

まず、1着に関しては大きな番狂わせはない。2016年が5位・4番人気、2017年が6位・1番人気、2018年が1位・1番人気、2019年が4位・1番人気、2010年が5位・2番人気というように、直近5年は指数と人気の順位を足して一桁に収まっている馬が勝ち星を挙げている。軸は指数も人気も上位の馬というアプローチで問題ないだろう。

ただし、2017年は15位・12番人気のモルトベーネが2着、12位・10番人気のメイショウウタゲが3着、2018年は11位・13番人気のコスモカナディアンが2着と、ヒモ荒れはそれなりに起こっている。ゆえに、相手も指数上位に狙い撃って点数を絞るのは危険。連勝馬券は手広く攻めることを推奨したい。

文句なしの軸馬候補は、2年前1着、昨年3着で、前走のG1チャンピオンズカップで3着に好走した1位インティ(100.9)。2位に2.1の指数差を付けている“凄馬”でもあり、嫌う要素はちょっと見当たらない。不動の中心とは、まさにこのことだろう。
 
ヒモ候補としては、上位人気が予想される2位のアナザートゥルース(98.8)、下位人気必至ながら4位に評価されているロードアクシス(97.0)、左回り実績が光る6位タイのタイキフェルヴールの3頭をピックアップしたい。

出走予定馬のU指数をチェックする

 ウマニティの会員数:302,896人(01月21日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

血統
予想

【東海ステークス2021予想】母の父アフリート系は人気の有無を問わずに要注意

昨年は京都ダート1800mで代替開催されたため、2年ぶりに中京ダート1800mにて施行される。一昨年は母の父アフリート系のインティ(母の父Northern Afleet)とスマハマ(母の父アフリート)が1・3着で入線していたが、過去にもモルトベーネ(母の父アフリート)やナムラタイタン(母の父アフリート)が人気薄ながら馬券に絡む活躍を見せているので、まずはアフリートの血を引く馬に気を配りたい。

ほか、フォーティナイナーやアグネスデジタル、Kingmamboなど、父または母の父がMr. Prospector直系種牡馬となる馬が上位を賑わせており、中京で開催された直近5回の勝ち馬含め13~19年の3着以内馬21頭中18頭がこれに該当する。

インティは、父ケイムホーム×母キティ(母の父Northern Afleet)。Bernardiniが出たNorthern Fableに遡る牝系で、母はJRAのダート戦で4勝。本馬は一昨年の勝ち馬で、中京ダート1800mでは「2-0-2-0」と抜群の相性を誇る。前走、同コースで行われたチャンピオンズC-G1でも10番人気3着と健在ぶりを示しており、一線級の既存勢力として胸を貸す立場だろう。父の産駒はスピードが最大の武器となるので、中京であれば馬場が渋っても問題ない。

アナザートゥルースは、父アイルハヴアナザー×母キョウエイトルース(母の父フジキセキ)。ダートグレード競走で活躍したサウンドトゥルーやルールソヴァールの半弟で、サンツェッペリンが出たFioritaに遡る牝系。本馬は外目からスムーズに運べるかたちが理想となるので、前走においては展開面での不利があったことも否めず。3、4走前は58kgを背負いながらウェスタールンドと差のない競馬をしており、息の長い活躍をする血統背景を踏まえても見限りは早計だろう。

タイキフェルヴールは、父フリオーソ×母アッシュベリー(母の父Any Given Saturday)。4代母Sugar and SpiceはOur MimsやAlydarの半妹で、80年マザーグースS-米G1など重賞3勝。本馬は脚元と相談しながら使われてきたので、6歳ながらキャリアは13戦とまだまだ若い。父は8歳までJRA所属馬を相手に活躍を続けた南関東を代表する名馬で、本馬も続けて競馬を使えるあたりに本格化を匂わせる。本来は広いコースの方が向きそうなタイプでもあり、ここは試金石の一戦として大いに注目したい。

(文・シンヤカズヒロ)

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

過去10年の結果

【東海ステークス2021予想】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2020年1月26日() 京都/ダ1800m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 7 エアアルマス 松山弘平 1:50.2 3.8 2 36.0 103.5
2 15 ヴェンジェンス 幸英明 1:50.3 1/2 6.4 3 35.7 103.0
3 13 インティ 武豊 1:50.4 1/2 2.3 1 36.1 102.6
4 3 アングライフェン M.デムーロ 1:50.9 12.9 5 36.2 100.5
5 14 キングズガード 秋山真一郎 1:50.9 アタマ 16.0 6 35.7 100.5
2019年1月20日() 中京/ダ1800m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 4 インティ 武豊 1:49.8 1.5 1 35.9 108.3
2 3 チュウワウィザード 川田将雅 1:50.1 4.8 2 35.8 107.1
3 5 スマハマ 藤岡佑介 1:51.2 7.9 4 37.2 102.4
4 10 コスモカナディアン 丸山元気 1:51.4 1 1/4 32.6 6 36.8 101.6
5 2 アスカノロマン 太宰啓介 1:51.7 1 3/4 85.5 8 36.8 100.3
2018年1月21日() 中京/ダ1800m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 8 テイエムジンソク 古川吉洋 1:51.8 1.3 1 38.1 103.5
2 6 コスモカナディアン 丹内祐次 1:51.9 3/4 100.7 13 37.9 103.1
3 3 モルトベーネ 秋山真一郎 1:52.9 22.7 6 38.9 98.9
4 5 サンマルデューク 岡田祥嗣 1:52.9 クビ 164.1 14 37.8 98.9
5 15 クインズサターン 池添謙一 1:53.0 クビ 17.5 5 37.7 98.4

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【東海ステークス2021予想】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2015年の優勝馬コパノリッキー

レース創設時はダート重賞が少なかったこともあり、第1回(1984年)のアンドレアモンを筆頭に、第3回(1986年)のライフタテヤマ、第7~8回(1990~91年)連覇のナリタハヤブサ、第11回(1994年)のライブリマウント、第12回(1995年)のキョウトシチーなど、各時代を代表するダートホースが勝ち馬に名を連ねる。第14回(1997年)は地方船橋競馬所属のアブクマポーロが、中央勢を一蹴してみせた。近年は第31回(2014年)のニホンピロアワーズ、第32回(2015年)のコパノリッキーらG1ホースの活躍も目立っている。

歴史と概要をもっと見る

東海テレビ杯東海S特集 バックナンバー