会員登録はこちら
みやこステークス G3   日程:2019年11月3日()  京都/ダート1800m

みやこステークスのニュース&コラム

インティは川田将雅騎手と新コンビ結成でみやこSへ
 今年のGI・フェブラリーSの勝ち馬で、交流GI・帝王賞6着後から戦列を離れているインティ(栗・野中、牡5)が、川田将雅騎手との新コンビで、みやこS(11月3日、GIII、京都、ダ1800メートル)に出走することが10日、分かった。主戦の武豊騎手が海外遠征を予定しているために、スイッチする。 「馬の方は順調です」と野中調教師。ひと叩きして、大目標のチャンピオンズC(12月1日、中京、GI、ダ1800メートル)に向かう。
2019年10月10日(木) 11:38

 423

ジョーダンキングはMデムーロ騎手との新コンビでみやこSへ
 シリウスS4着ジョーダンキング(栗・藤原英、牡6)は、M・デムーロ騎手との新コンビでみやこS(11月3日、京都、GIII、ダ1800メートル)へ。★ジョーダンキングの競走成績はこちら
2019年10月4日(金) 11:23

 220

インティ、復帰戦はみやこSかJBCクラシック
 今年2月のGI・フェブラリーSの勝ち馬で、6月の交流GI・帝王賞6着後から戦列を離れているインティ(栗・野中、牡5)が、JBCクラシック(11月4日、浦和、交流GI、ダ2000メートル)、みやこS(11月3日、京都、GIII、ダ1800メートル)のどちらかで復帰することが28日、明らかになった。 「9月中に栗東に戻すことになると思う。前走の疲れは、もう抜けているよ」と野中調教師。大目標のチャンピオンズC(12月1日、中京、GI、ダ1800メートル)に向けて注目の復帰戦になる。
2019年8月29日(木) 05:01

 244

ただ今の時間は追い切り情報はありません。

※更新時間の目安は水曜日05:00頃となります。
(年始やG1レースで異なる場合があります)

まだコラムはありません。
予想家コラムは
レース開催週の月曜日より順次公開されます

みやこステークス過去10年の結果

2017年11月5日() 京都競馬場/ダ1800m 天候: 馬場:
1着 テイエムジンソク 古川吉洋 1:50.1 3.1倍 103.5
2着 ルールソヴァール 幸英明 2 1/2 55.1倍 101.8
3着 キングズガード 藤岡佑介 1 1/4 7.3倍 100.9
2016年11月6日() 京都競馬場/ダ1800m 天候: 馬場:
2015年11月8日() 京都競馬場/ダ1800m 天候: 馬場:不良
1着 ロワジャルダン 浜中俊 1:47.8 23.4倍 102.4
2着 カゼノコ 秋山真一郎 アタマ 17.4倍 102.4
3着 ローマンレジェンド 岩田康誠 クビ 6.1倍 102.4

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

みやこステークスのデータ分析とレース傾向

コース図京都ダート1800m

チャンピオンズカップを目指す有力馬は地方交流Jpn1から直行するケースが大半。ゆえに、地方交流Jpn1で足りない(または足りなくなってきた)馬と、賞金を加算して本番に出走したい馬との争いになりやすく、時に荒れて波乱が起こることもある。とりわけ、過去の実績で斤量を加算(当レースは別定戦)された馬を過度に評価するのは危険。新設された2010年以降、58キロ以上を背負って勝利した馬は、2011年のエスポワールシチー(1番人気)のみ。もっとも、同馬は中央・交流合わせてG1(Jpn1)5勝と別格とも言える存在。基本的に58キロ以上を背負う馬は割り引いて考えたほうがいい。京都ダ1800mは枠順による有利不利が大きいので、脚質も合わせ、予想の際に枠順が大きなウエイトを占める。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

みやこステークスの歴史と概要


2017年の優勝馬テイエムジンソク

ジャパンカップダート(のちのチャンピオンズカップ)の前哨戦として設けられたダート重賞。第1回(2010年)の勝ち馬トランセンドは続くジャパンカップダートを制してG1馬に。第2回(2011年)はすでに複数回G1を勝った実績を持つエスポワールシチーが格の違いを見せつけて圧勝した。第5回(2014年)のインカンテーション、第7回(2016年)のアポロケンタッキー、第8回(2017年)のテイエムジンソクなど、歴代の勝ち馬はその後のG1戦線で大活躍を収めている。

歴史と概要をもっと見る >

みやこステークスの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年10月19日(
富士ステークス  G3
2019年10月20日(
菊花賞  G1

競馬番組表

2019年10月19日(
3回新潟3日目
4回東京6日目
4回京都6日目
2019年10月20日(
3回新潟4日目
4回東京7日目
4回京都7日目
2019年10月21日(月)
4回東京4日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
88,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 サートゥルナーリア 牡3
31,176万円
2 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
3 クロノジェネシス 牝3
24,993万円
4 ダノンキングリー 牡3
24,181万円
5 ダノンファンタジー 牝3
23,621万円
6 グランアレグリア 牝3
19,878万円
7 ヴェロックス 牡3
18,521万円
8 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
9 リオンリオン 牡3
13,748万円
10 カレンブーケドール 牝3
13,594万円
» もっと見る