会員登録はこちら
みやこステークス G3   日程:2019年11月3日() 15:45 京都/ダート1800m

レース結果

みやこステークス G3

2019年11月3日() 京都/ダート1800m/16頭

本賞金:3,800万 1,500万 950万 570万 380万


レコード:1分47秒8
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 1 1

ヴェンジェンス

牡6 56.0 幸英明  大根田裕 492(0) 1.49.1 18.7 7
2 2 3

キングズガード

牡8 56.0 秋山真一  寺島良 470(+2) 1.49.2 1/2 40.2 10
3 7 14

ウェスタールンド

セ7 56.0 C.スミヨ  佐々木晶 486(+2) 1.49.2 クビ 12.1 6
ラップタイム 12.1 - 11.2 - 11.6 - 11.7 - 12.4 - 12.5 - 12.4 - 12.2 - 13.0
前半 12.1 - 23.3 - 34.9 - 46.6 - 59.0
後半 62.5 - 50.1 - 37.6 - 25.2 - 13.0

■払戻金

単勝 1 1,870円 7番人気
複勝 1 460円 8番人気
3 610円 10番人気
14 370円 6番人気
枠連 1-2 2,190円 12番人気
馬連 1-3 19,880円 48番人気
ワイド 1-3 3,770円 44番人気
1-14 2,700円 35番人気
3-14 4,070円 47番人気
馬単 1-3 38,350円 95番人気
3連複 1-3-14 62,920円 158番人気
3連単 1-3-14 473,050円 952番人気

みやこステークスのニュース&コラム

【乗り替わり勝負度チェック!】エリザベス女王杯 シビアな主戦降板で本気モードが漂うこの馬に要注意!
当企画のコンセプトにつきましては、コチラにてご確認ください。今週も“勝ち逃げ馬券師”新良武志氏に、注目の乗り替わりをピックアップしてもらいます。 ※データは2015年以降の結果をもとに集計 編集部(以下、編) 新良さん、先週はお見事でした。土日の4重賞でオススメの乗り替わりを教えていただき、京王杯2歳Sでヴァルナが4番人気3着、ファンタージSでレシステンシアが6番人気1着、みやこSでキングズガードが10番人気2着と狙い目が大暴れ。このコーナーを参考にされている方は相当オイシイ思いができたと思います。 新良(以下、新) ありがとうございます。 編 さらに、継続騎乗だったためにここでは名前が出てきませんでしたが、会員さん向けの予想では、京王杯2歳Sはタイセイビジョン、みやこSはヴェンジェンスと、いずれも勝ち馬に◎を打って的中させたそうですね。 新 先週は怖いくらいにハマってくれました。相手もしっかり拾えていたので、個人的にも、まぁそれなりの利益を上げることができましたよ(笑)。 編 うらやましい限りです。ぜひとも、この好調ムードのまま2週連続のヒット連発を決めちゃってください。 新 頑張ります。 編 先週はG1がありませんでしたが、今週はエリザベス女王杯が行われます。早速、狙い目になりそうな乗り替わりを教えてください。 新 石橋脩騎手からスミヨン騎手に乗り替わる②ラッキーライラックですね。 編 ラッキーライラックと言えば石橋騎手、という印象ですが、ここでスミヨン騎手にバトンタッチですか……。 新 ついにこの時が来た、という感じです。落馬負傷で乗れなかった昨年の秋華賞以外、デビューからすべてのレースでコンビを組んできましたが、非情な決断が下されました。前走は得意とは言えない舞台ながら、ハイペースの展開を3着に粘ったように、決して悪い内容ではなかったんですけどね。 編 厳しい世界ですね。 新 ただ、単なる乗り替わりではなく、陣営にしてみれば相当気合いの入った乗り替わりだと思います。スミヨン騎手に、中途半端な状態の馬を託すわけにはいきませんから。 編 つまり、このジョッキーを乗せてくる時点で、万全の状態であると推測できると? 新 そういうことです。スミヨン騎手は京都の芝で先週までに3勝を挙げていますが、いずれも外回りコースでした。広々としたコースで騎乗させたら、私はルメール騎手以上だと評価しています。本気で勝ちに来ているとみて間違いないでしょう。 編 馬自身は昨年春のチューリップ賞以来、勝ちきれていませんが……。 新 ここで復活があっても驚けません。距離はベストではないにせよ、ギリギリこなせるレベル。期待は大きいです。 編 わかりました。それ以外にオススメの乗り替わりはありますか? 今週も平地重賞が4つ組まれていますが。 新 デイリー杯2歳Sの①レッドベルジュールに注目しています。もともと福永祐一騎手からデットーリ騎手に乗り替わる予定でしたが、騎乗停止で乗れなくなったので、思わぬかたちで武豊騎手に手綱が回ってきました。 編 デットーリ騎手の騎乗が見られると期待していたんですけどね。 新 まぁ、残念な面もありますが、馬にとっては武豊騎手が空いていてよかったと思います。武豊騎手は京都芝1600mの外回りでは、2015~2017年が11.9%、2018年以降が20.0%と高い勝率を残しており、安定感は抜群。非常に高いレベルでの鞍上変更で、まったくマイナスにはならないでしょう。 編 新馬戦は強い勝ち方でしたし、伸びしろはありそうですね。 新 未知の部分はありますし、強敵もたくさんいますが、まとめて面倒を見るだけの素質は秘めているはず。警戒は怠れないですね。 編 わかりました。今週も大爆発といきますように! ★その他の注目乗り替わり★ 土曜東京11R ⑨タイムフライヤー(ルメール→藤岡佑介) 日曜福島11R ②リリックドラマ(菱田裕二→西村淳也) 【プロフィール】 新良武志(しんら・たけし) 20歳を過ぎたころに競馬を覚え、40代半ばまでは負け組人生を送っていたが、データベースソフト『TARGET』と『ウマニティ』のU指数に出会い、データ馬券に開眼。騎手と種牡馬をメインにした斬新なデータ活用術と馬券購入テクニックを武器に、コンスタントに好配当馬券を的中させる“勝ち逃げ馬券師”へと変貌を遂げる。15年秋に雑誌『競馬最強の法則』でデビューし、翌16年春には単行本『毎週コツコツ勝ち逃げリーマン最強馬券術』(ベストセラーズ)を上梓。現在もデータ馬券研究の日々を送る。昨年10月に新創刊された『競馬の天才!』(メディアボーイ)で連載をスタート!最新情報は『“新良式”データ馬券ブログ』で公開中。
2019年11月8日(金) 13:30

 5,216

【みやこS】ヴェンジェンス、波乱重賞初V!
 みやこSが3日、京都競馬場で16頭によって争われ、7番人気のヴェンジェンスが重賞初制覇。カジノドライヴ産駒にとっても、JRA重賞初制覇となった。今後は馬の状態をみながら、優先出走権を獲得したチャンピオンズC(12月1日、中京、GI、ダ1800メートル)を視野に入れる。2着は10番人気のキングズガード、3着は6番人気のウェスタールンドが入り、3連単47万3050円の波乱となった。 覚悟を決めた陣営の作戦勝ちだ。3、4コーナーでひとまくりを決めたヴェンジェンスが、重賞初制覇。7番人気の伏兵が、3連単47万円超の波乱の主役を演じた。 「器用な馬ではない。動き出したら、一気に動かないとやめたりする面があるので、4コーナーで先頭集団にいこう、と。素直にうれしいです」 好騎乗の幸騎手が、誇らしげに振り返った。前半1000メートル通過59秒0のハイペース。ジッと後方待機し、3コーナー手前から鞍上がムチを飛ばして外からまくり、直線入り口で先頭へ。そのまま、後続の追撃を振り切った。デビュー26年目の幸騎手は今年、重賞初制覇。昨年11月11日に落馬負傷し、3カ月ほど休養を余儀なくされただけに、「今年、重賞を勝てていなかったので、うれしいです」と喜びもひとしおだ。 短距離ダートを主戦場としていたが、前走(太秦S)は初めての1800メートル戦で2着と好走。距離延長が吉と出た。大根田調教師は「最近はグッと行きたがる面もなくなって大人になった。大事に使ってきたからよかった」と目を細める。 今後は、馬の状態をみながら、チャンピオンズCを視野に入れる。「上を目指して頑張れる馬なので、一緒に頑張っていきたいです」と幸騎手。着実にレベルアップを遂げた6歳馬が、さらなる高みを目指していく。(山口大輝)★3日京都11R「みやこS」の着順&払戻金はこちら
2019年11月4日(月) 05:05

 369

【みやこS】レースを終えて…関係者談話
 ◆スミヨン騎手(ウェスタールンド3着)「京都は最後方からでは厳しいし、計画通り運べた。休み明けのぶん、最後にへたった」 ◆北村友騎手(アングライフェン4着)「思ったより早く前の馬が下がってきて、4コーナーで減速したのが響いた」 ◆M・デムーロ騎手(ワイドファラオ5着)「いい手応えで進んだけど、ゴチャついたときにトモを落としてしまった」 ◆大野騎手(アナザートゥルース6着)「リズム良く運べた。タフなレースで最後に息が…」 ◆坂井騎手(ロードアルペジオ7着)「1、2着馬と同じ位置で結果的に良かった。よく脚を使った」 ◆藤岡佑騎手(スマハマ9着)「ペースが緩まず、来られてハイペースになってしまった。具合はすごく良かった」★3日京都11R「みやこS」の着順&払戻金はこちら
2019年11月4日(月) 05:04

 633

【みやこS】キングズガード2着、末脚衰えなし
 10番人気のキングズガードが2着。後方からメンバー最速の上がり3ハロン36秒3の末脚を発揮した。「ゴチャついたところに巻き込まれず、スムーズに行きました」と秋山騎手。寺島調教師も「全体時計も速いなかでしっかり走ってくれました」と健闘を称えた。★3日京都11R「みやこS」の着順&払戻金はこちら
2019年11月4日(月) 05:04

 232

みやこステークスのニュースをもっと見る >

【みやこS】ヴェンジェンス好調キープ
 初の1800メートルだった前走・太秦Sで2着だったヴェンジェンスは栗東坂路で幸騎手が跨がり、ラストまで馬なり。スムーズな行きっぷりで好調ぶりを示した。 「先週からいい感じ。馬はできているし、そんなにやる必要はないからこれでいい。前走で1800メートルに対応してくれたし、今回は向正面の半ばまで折り合って行って、そこから1400メートルの競馬ができれば」と、大根田調教師は重賞初Vを期待している。(夕刊フジ)★みやこSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年10月31日(木) 10:38

 691

【みやこS】厩舎の話
 アドマイヤビクター・友道調教師「今週はサッと。ひと叩きしてデキは良くなっている」 アナザートゥルース・高木調教師「ブリンカー効果で安定感が出てきたが、理想は叩いてから」 アングライフェン・安田隆調教師「時計、ラストの動きとも上々だった。成長を感じる」 インティ・野中調教師「落ち着きが出て心身とも成長を感じる。春よりバランスが良くなった。内容のある競馬を期待」 ウェスタールンド・佐々木調教師「太め感はないが、休養明けなので中身ができているか」 キングズガード・寺島調教師「ジョッキーに感触を確かめてもらった。折り合いは良くなった」 スマハマ・高橋亮調教師「順調にきているし、右回りも問題ない。強いメンバーのここで好結果を出してほしい」 スワーヴアラミス・須貝調教師「動きは良かった。重賞でどれくらいやれるか見てみたい」 テーオーエナジー・宮調教師「少しレース間隔は空いたが、仕上がりはいい」 ノーヴァレンダ・斉藤崇調教師「体調に問題はなく雰囲気は前走よりいい。いい競馬ができる」 マイネルユキツバキ・高木調教師「前走は最後までよく頑張った。使って状態は上がっている」 メイショウウタゲ・安達調教師「しっかり乗り込んでいるが、まだピリッとしてこない」 メイショウスミトモ・久保田助手「使って良くなっているが、8歳なので…。流れに乗れれば」 ラビットラン・辻野助手「使ってピリッとしてきたし、もう少し動きやすくなっている」 リアンヴェリテ・中竹調教師「前へ行かないと持ち味を出せないので自分の競馬をするだけだ」 ロードアルペジオ・笹田調教師「動けていた。力は通用すると思うので展開がはまるかどうか」 ワイドファラオ・辻野助手「今回は1800メートルがポイント。うまくなだめながら行ければ」(夕刊フジ)★みやこSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年10月31日(木) 10:37

 931

【みやこS】インティ、春秋ダートGI制覇へ上昇!
 みやこSの追い切りが30日、東西トレセンで行われた。栗東ではフェブラリーS勝ち馬インティが坂路4ハロン52秒3をマークし、併せ馬で1馬身先着。次走のチャンピオンズC(12月1日、中京、GI、ダ1800メートル)で見据える春秋ダート王へ、きっちり走れる態勢は整った。 春秋ダートGI制覇への始動戦に向け、納得の最終リハーサルだ。フェブラリーSの覇者インティが、力強い脚取りで登坂。4ハロン52秒3-12秒4でカゼノコ(OP)に1馬身先着を果たした。 「カゼノコの後ろで我慢できていた。12月に向けて、このレースを叩く上で、予定通りの調整ができている」と野中調教師は納得の表情を浮かべた。CWコースをキャンターで半周して体を温めると、坂路で僚馬を追いかける形でスタート。ゴール前で仕掛けられると一気にかわし、好調ぶりをアピールした。 「馬の横に居るのが課題」と指揮官は説明。23日の1週前追い切りはCWコースでの併せ馬で我慢させ、当週は「馬の後ろからパスしていく形。意味ある内容でした」。師の狙い通りの上昇カーブを描いている。 以前はCWコース入りする際に嫌がる面を見せていたが、今では「坂路の待機所でも我慢できていた。馬に落ち着きが出てきたし、春に比べて馬のバランスも改善してきた」と、心身ともに目に見えて成長している。 前走の帝王賞は粘りを欠いて6着。指揮官は「他馬に来られて楽にハナに行けなかったし、力んでいた」と敗因を分析する。秋は米国遠征プランもあったが、帝王賞の負け方もあってチャンピオンズCに目標をチェンジ。前哨戦に選んだのが、このみやこSだ。 今回、鍵になるのは初めて背負う斤量59キロ。それでもトレーナーは「心配していない。浦和(JBC)も考えていたが、次のためにこちらがいいと思った。内容のある競馬をして欲しい」と力を込めた。4カ月ぶりの実戦で、再び地力を証明。春秋ダート王戴冠への一歩を、力強く踏み出す。(渡部陽之助)★みやこSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年10月31日(木) 05:11

 994

【みやこS】追って一言
 ◆アドマイヤビクター・友道師 「今週はサッと併せる感じで。一度使って良くなっている」 ◆アナザートゥルース・高木師 「先週までにできている。ブリンカーの効果で安定感が出てきた。力もつけている」 ◆アングライフェン・安田隆師 「全体時計もしまいもしっかりしていました」 ◆ウェスタールンド・佐々木師 「先週より動きは良くなっている。体に太め感はないが中身ができているかどうか」 ◆キングズガード・寺島師 「秋山騎手に感触を確かめてもらう程度でしたが、折り合い面が良くなっていますね」 ◆スワーヴアラミス・須貝師 「動きは良かった。重賞でどのくらいやれるか楽しみです」 ◆テーオーエナジー・宮師 「札幌以来になるけど、仕上がりは十分」 ◆ノーヴァレンダ・斉藤崇師 「併せた相手がGI馬で手応えは見劣るが、体調は問題ない」 ◆マイネルユキツバキ・高木師 「前走は特殊な馬場で最後までよく頑張ってくれた。使って状態は上がっている」 ◆メイショウウタゲ・安達師 「しっかり乗り込んでいるけど、またピリッとしてこない。使いつつ良くなれば」 ◆ラビットラン・辻野助手 「休み明けを1回使って、ピリッとして動きやすくなっている。牡馬相手でも力を出せれば遜色はない」 ◆リアンヴェリテ・中竹師 「動きは良かった。同型が多いので展開は厳しいが、自分の競馬をするしかない」 ◆ロードアルペジオ・笹田師 「全体時計は出ているし、動けている。通用する能力はあるので展開がはまれば」★みやこSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年10月31日(木) 05:10

 917

みやこステークスの直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


みやこステークスの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

11月3日 15:43更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv115 
370円 37,000円
Lv112 

3,770円
2,700円
64,700円
Lv110 
610円 61,000円
Lv100 
460円 46,000円
Lv100 
610円 30,500円

的中情報をもっと見る >

みやこステークス過去10年の結果

2017年11月5日() 京都競馬場/ダ1800m 天候: 馬場:
1着 テイエムジンソク 古川吉洋 1:50.1 3.1倍 103.5
2着 ルールソヴァール 幸英明 2 1/2 55.1倍 101.8
3着 キングズガード 藤岡佑介 1 1/4 7.3倍 100.9
2016年11月6日() 京都競馬場/ダ1800m 天候: 馬場:
2015年11月8日() 京都競馬場/ダ1800m 天候: 馬場:不良
1着 ロワジャルダン 浜中俊 1:47.8 23.4倍 102.4
2着 カゼノコ 秋山真一郎 アタマ 17.4倍 102.4
3着 ローマンレジェンド 岩田康誠 クビ 6.1倍 102.4

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

みやこステークスのデータ分析とレース傾向

コース図京都ダート1800m

チャンピオンズカップを目指す有力馬は地方交流Jpn1から直行するケースが大半。ゆえに、地方交流Jpn1で足りない(または足りなくなってきた)馬と、賞金を加算して本番に出走したい馬との争いになりやすく、時に荒れて波乱が起こることもある。とりわけ、過去の実績で斤量を加算(当レースは別定戦)された馬を過度に評価するのは危険。新設された2010年以降、58キロ以上を背負って勝利した馬は、2011年のエスポワールシチー(1番人気)のみ。もっとも、同馬は中央・交流合わせてG1(Jpn1)5勝と別格とも言える存在。基本的に58キロ以上を背負う馬は割り引いて考えたほうがいい。京都ダ1800mは枠順による有利不利が大きいので、脚質も合わせ、予想の際に枠順が大きなウエイトを占める。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

みやこステークスの歴史と概要


2017年の優勝馬テイエムジンソク

ジャパンカップダート(のちのチャンピオンズカップ)の前哨戦として設けられたダート重賞。第1回(2010年)の勝ち馬トランセンドは続くジャパンカップダートを制してG1馬に。第2回(2011年)はすでに複数回G1を勝った実績を持つエスポワールシチーが格の違いを見せつけて圧勝した。第5回(2014年)のインカンテーション、第7回(2016年)のアポロケンタッキー、第8回(2017年)のテイエムジンソクなど、歴代の勝ち馬はその後のG1戦線で大活躍を収めている。

歴史と概要をもっと見る >

みやこステークスの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年12月14日(
ターコイズステークス  G3
2019年12月15日(
朝日フューチュリティ  G1

競馬番組表

2019年12月14日(
5回中山5日目
4回中京5日目
5回阪神5日目
2019年12月15日(
5回中山6日目
4回中京6日目
5回阪神6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 アーモンドアイ 牝4
90,211万円
3 スワーヴリチャード 牡5
89,132万円
4 レイデオロ 牡5
88,155万円
5 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 マカヒキ 牡6
56,210万円
8 キセキ 牡5
52,914万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 サートゥルナーリア 牡3
31,176万円
2 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
3 クロノジェネシス 牝3
26,043万円
4 カレンブーケドール 牝3
25,685万円
5 ダノンキングリー 牡3
25,281万円
6 ダノンファンタジー 牝3
23,621万円
7 ヴェロックス 牡3
21,907万円
8 ラヴズオンリーユー 牝3
19,950万円
9 グランアレグリア 牝3
19,878万円
10 ワールドプレミア 牡3
19,473万円
» もっと見る