インカンテーション(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
インカンテーション
インカンテーション
インカンテーション
インカンテーション
写真一覧
抹消  鹿毛 2010年3月24日生
調教師羽月友彦(栗東)
馬主有限会社 ターフ・スポート
生産者谷川牧場
生産地浦河町
戦績36戦[11-4-5-16]
総賞金38,067万円
収得賞金16,500万円
英字表記Incantation
血統 シニスターミニスター
血統 ][ 産駒 ]
Old Trieste
Sweet Minister
オリジナルスピン
血統 ][ 産駒 ]
Machiavellian
Not Before Time
兄弟 ソルモンターレヒラボクビジン
前走 2018/12/02 チャンピオンズカップ G1
次走予定

インカンテーションの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/12/02 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 1581575.51013** 牡8 57.0 三浦皇成羽月友彦506(+4)1.51.8 1.737.4ルヴァンスレーヴ
18/11/10 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 168167.246** 牡8 57.0 三浦皇成羽月友彦502(-4)1.35.6 0.936.1⑤⑦サンライズノヴァ
18/07/08 中京 11 プロキオンS G3 ダ1400 14464.212** 牡8 57.0 三浦皇成羽月友彦506(+2)1.21.0 0.735.4⑩⑪マテラスカイ
18/05/02 船橋 11 かしわ記念 G1 ダ1600 12--------3** 牡8 57.0 三浦皇成羽月友彦504(--)1.39.4 0.2----ゴールドドリーム
18/02/18 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 163620.063** 牡8 57.0 三浦皇成羽月友彦512(+5)1.36.1 0.136.7⑦⑥ノンコノユメ
17/12/29 大井 10 東京大賞典 G1 ダ2000 16--------7** 牡7 57.0 三浦皇成羽月友彦507(--)2.05.9 1.7----コパノリッキー
17/11/11 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 1671313.961** 牡7 57.0 三浦皇成羽月友彦502(-8)1.35.5 -0.135.4サンライズソア
17/10/03 金沢 11 白山大賞典 G3 ダ2100 10--------1** 牡7 56.0 岩田康誠羽月友彦510(--)2.13.6 -0.5----カツゲキキトキト
17/05/05 船橋 11 かしわ記念 G1 ダ1600 10--------2** 牡7 57.0 岩田康誠羽月友彦504(--)1.40.3 0.4----コパノリッキー
17/03/26 中山 11 マーチS G3 ダ1800 162425.4101** 牡7 57.5 勝浦正樹羽月友彦504(-2)1.52.0 -0.138.3ディアデルレイ
17/02/19 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 16816125.01513** 牡7 57.0 藤岡康太羽月友彦506(-6)1.36.5 1.437.5ゴールドドリーム
17/01/22 中京 11 東海S G2 ダ1800 163511.9412** 牡7 56.0 藤岡康太羽月友彦512(+4)1.54.2 1.037.4⑩⑩⑪⑪グレンツェント
16/11/06 京都 11 みやこS G3 ダ1800 1651027.598** 牡6 56.0 藤岡康太羽月友彦508(+6)1.51.0 0.937.6アポロケンタッキー
16/01/24 中京 11 東海S G2 ダ1800 12674.3311** 牡6 56.0 内田博幸羽月友彦502(+4)1.54.1 2.238.6⑨⑧⑤⑤アスカノロマン
15/05/23 京都 11 平安S G3 ダ1900 16116.241** 牡5 57.0 内田博幸羽月友彦498(+10)1.55.1 -0.336.7クリノスターオー
15/02/22 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 1671413.852** 牡5 57.0 内田博幸羽月友彦488(-8)1.36.4 0.136.2コパノリッキー
15/01/25 中京 11 東海S G2 ダ1800 14344.833** 牡5 56.0 大野拓弥羽月友彦496(+10)1.51.6 0.736.7⑭⑭⑭⑬コパノリッキー
14/12/07 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 168158.0410** 牡4 57.0 大野拓弥羽月友彦486(-2)1.51.8 0.836.5⑫⑬⑪⑪ホッコータルマエ
14/11/09 京都 11 みやこS G3 ダ1800 167145.521** 牡4 56.0 大野拓弥羽月友彦488(+6)1.50.2 -0.136.0⑩⑪⑨⑧ランウェイワルツ
14/09/20 新潟 11 ラジオ日本賞 OP ダ1800 12551.411** 牡4 57.0 大野拓弥羽月友彦482(0)1.51.2 -0.035.7スターバリオン

⇒もっと見る


インカンテーションの関連ニュース

 2017年の武蔵野S・GIIIなどJRA重賞5勝のインカンテーション(牡8歳、栗東・羽月友彦厩舎)が12月19日付で競走馬登録を抹消した。今後は北海道浦河町のイーストスタッドで種牡馬となる予定。

 同馬はJRA通算32戦10勝、JRA獲得賞金3億8067万9000円(付加賞含む)。JRA重賞はレパードS・GIII(2013年)、みやこS・GIII(14年)、平安S・GIII(15年)、マーチS・GIII、武蔵野S・GIII(17年)。地方4戦1勝、白山大賞典・JpnIII(17年)を制している。父シニスターミニスター、母オリジナルスピン、母の父マキアヴェリアンという血統で、12月2日のチャンピオンズC・GI(13着)がラストランとなった。



★インカンテーションの競走成績はこちら

ダート重賞6勝・インカンテーションが引退 2018年12月8日() 05:00

 2013年のレパードSなどダートで重賞6勝を挙げ、今年のフェブラリーSでも3着に好走したインカンテーション(栗・羽月、牡8、父シニスターミニスター)が、前走のチャンピオンズC13着を最後に引退することが7日、分かった。レース中に左前繋靱帯炎を発症したため。羽月調教師は「長い間、よく頑張ってくれました。やっぱり、初めて重賞を勝ったレパードSが印象に残っています」とねぎらった。通算36戦11勝。今後については、北海道浦河町のイーストスタッドで種牡馬生活を送ることが決まっている。

インカンテーションの競走成績はこちら

[もっと見る]

【チャンピオン】レースを終えて…関係者談話2018年12月3日(月) 05:05

 ◆横山典騎手(アンジュデジール4着) 「いいペースでいけたし、このぐらいは走ってもおかしくはない。頑張ってくれたし、言うことはありません」

 ◆C・デムーロ騎手(オメガパフューム5着) 「道中も折り合いがついて走れていた。ただ、今までより相手が強かった」

 ◆戸崎騎手(サンライズノヴァ6着) 「ゲートで待たされて少し出が遅かった。自分のリズムでいこうと思ったし、しっかり伸びてはいるんですが…」

 ◆内田騎手(ノンコノユメ7着) 「同じような脚質の馬がいて、それより外を回らされた。伸びてはいるけど、やめるようなところが出た」

 ◆松山騎手(ミツバ8着) 「しっかり真面目に走ってくれた。3、4コーナーの勝負どころでズブくなって、外に押し出される形になってしまいました」

 ◆四位騎手(ヒラボクラターシュ9着) 「もまれたことがなかったんですが、いい形でいけました。最後は止まってしまったけど、いい経験になった」

 ◆太宰騎手(アスカノロマン10着) 「直線でオッと思ったけど、最後は脚が上がりました」

 ◆吉田隼騎手(センチュリオン12着) 「周りが速かったですね。内で脚をためたけど、みんな止まっていなかったし、メンバーも強かった」

 ◆三浦騎手(インカンテーション13着) 「ゲートを上手に出たんですが、3コーナーから馬の気持ちをつなげられなかった。その辺でムラが出ましたね」

 ◆小牧騎手(アポロケンタッキー14着) 「スタートが今ひとつで…。前に行きたかったけどね。ひと脚使うと思ったけど、馬が嫌気がさしましたね」

 ◆グティエレス騎手(パヴェル15着) 「スタートが良く好位につけて運べた。4コーナーでスパートしたけど、包まれて集中力を失い、伸びませんでした」

★2日中京11R「チャンピオンズC」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】チャンピオンズカップ 大魔神、マー君ほか多士済々!競馬大好き芸能人・著名人がガチ予想!2018年12月2日() 09:37

※当欄ではチャンピオンズカップについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。




【佐々木主浩(大魔神)】
◎②ルヴァンスレーヴ
3連単フォーメーション
②→⑦⑧→⑤⑦⑧⑨⑪
複勝
サンライズノヴァ

【田中将大(マー君・NYヤンキース)】
◎②ルヴァンスレーヴ
○⑨サンライズソア
▲⑧ケイティブレイブ
☆⑮インカンテーション
△①アンジュデジール
△⑪オメガパフューム
3連単1頭軸流しマルチ
②→①⑧⑨⑪⑮

【岩瀬仁紀(中日ドラゴンズ・今季限りで引退)】
◎⑨サンライズソア

【山本昌(山本昌広・元プロ野球選手)】
◎⑨サンライズソア

【小嶋陽菜(こじはる)】
3連単ボックス
アンジュデジール
ルヴァンスレーヴ
ケイティブレイブ
サンライズソア
オメガパフューム

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑮インカンテーション
○②ルヴァンスレーヴ
▲⑧ケイティブレイブ
△③パヴェル
△⑦サンライズノヴァ
△⑨サンライズソア
△⑪オメガパフューム
馬連1頭軸流し・3連単1頭軸流しマルチ
⑮→②③⑦⑧⑨⑪

【DAIGO】
◎②ルヴァンスレーヴ
ワイド
②→⑨

【徳光和夫】
3連単ボックス
ルヴァンスレーヴ
サンライズノヴァ
ケイティブレイブ
オメガパフューム
ミツバ
ワイド1頭軸流し
サンライズソア→①②③⑤⑦⑧⑬⑭

【杉本清】
◎⑧ケイティブレイブ

【林修】
注目馬
ルヴァンスレーヴ

【松田丈志(オリンピック競泳メダリスト)】
◎⑧ケイティブレイブ

【池田美優(みちょぱ)】
◎⑧ケイティブレイブ
馬連
⑧→②
⑧→⑪

【さゆりんご(松村沙友理・乃木坂46)】
◎⑧ケイティブレイブ

【松村香織(かおたん・SKE48)】
◎②ルヴァンスレーヴ
○⑧ケイティブレイブ
▲⑪オメガパフューム
△⑦サンライズノヴァ
△⑨サンライズソア
△⑫ウェスタールンド
3連単フォーメーション
②⑧⑪→②⑦⑧⑨⑪⑫→②⑦⑧⑨⑪⑫

【稲富菜穂】
◎②ルヴァンスレーヴ
○⑨サンライズソア
▲⑧ケイティブレイブ
△⑪オメガパフューム
△⑬ミツバ
△⑤ノンコノユメ

【やべきょうすけ】
◎②ルヴァンスレーヴ
○⑪オメガパフューム
▲⑧ケイティブレイブ
△①アンジュデジール
△⑤ノンコノユメ
△⑦サンライズノヴァ
△⑨サンライズソア

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑥アスカノロマン
単勝


【キャプテン渡辺】
◎⑤ノンコノユメ
馬単・馬連
⑤→②

【土屋伸之(ナイツ)】
◎⑨サンライズソア
○②ルヴァンスレーヴ
▲⑧ケイティブレイブ
△①アンジュデジール
△③パヴェル
△⑫ウェスタールンド
△⑬ミツバ

【安田和博(デンジャラス)】
◎①アンジュデジール
○⑧ケイティブレイブ
▲⑦サンライズノヴァ
△②ルヴァンスレーヴ
△⑤ノンコノユメ
△⑨サンライズソア
△⑪オメガパフューム
3連単フォーメーション
②⑦⑧→②⑤⑦⑧⑨⑪→①
3連複2頭軸流し
①→⑧→②⑤⑦⑨⑪

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎⑦サンライズノヴァ
○②ルヴァンスレーヴ
▲⑤ノンコノユメ
△④アポロケンタッキー
△⑧ケイティブレイブ
△⑨サンライズソア
△⑪オメガパフューム
△⑭ヒラボクラターシュ
3連単2頭軸流しマルチ
⑦→②→④⑤⑥⑧⑨⑪⑫⑭

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎⑧ケイティブレイブ
○⑨サンライズソア
▲②ルヴァンスレーヴ
△⑤ノンコノユメ
△⑦サンライズノヴァ
△⑪オメガパフューム
△⑮インカンテーション

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑧ケイティブレイブ
3連単2頭軸流しマルチ
⑧→⑦→①②⑤⑨⑪⑫⑬⑭⑮
⑧→⑨→①②⑤⑦⑪⑫⑬⑭⑮

【こいで(シャンプーハット)】
◎⑦サンライズノヴァ
3連単フォーメーション
⑦⑤→⑦⑤→②③⑧⑨⑪⑫

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑦サンライズノヴァ
3連単2頭軸流しマルチ
⑦→⑨→②③⑧⑪

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑨サンライズソア

【今井りか】
◎②ルヴァンスレーヴ

【祥子】
◎⑧ケイティブレイブ
○②ルヴァンスレーヴ
▲⑤ノンコノユメ
△⑨サンライズソア
△⑪オメガパフューム
△⑭ヒラボクラターシュ
馬連1頭軸流し
⑧→②⑤
3連単フォーメーション
⑧→②⑤⑪→②⑤⑨⑪⑭
3連複ボックス
②⑤⑧⑨⑪⑭

【上村彩子】
◎②ルヴァンスレーヴ

【目黒貴子】
◎⑧ケイティブレイブ

【天童なこ】
◎⑫ウェスタールンド



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【斬って捨てる!】チャンピオンズカップ 前走5着以内が好走の必須条件!複勝圏外続きの馬は期待薄!2018年12月2日() 09:27

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、チャンピオンズカップの近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
外国調教馬の好走例はゼロ(ジャパンカップダート時を含む、2008年以降)

パヴェル

8歳以上馬の好走例は皆無(2008年以降)

インカンテーション

G1(Jpn1含む)2着以内の経験がある馬を除くと、3歳馬の連対例はみられない(2008年以降)

ヒラボクラターシュ

長期休養明けをひと叩きしたダートG1(交流G1を除く)勝利経験のある馬を除くと、前走6着以下敗退馬の連対例はゼロ(2008年以降)

パヴェル
アスカノロマン
センチュリオン
ウェスタールンド
ミツバ
インカンテーション

ダートG1(中央に限る)勝利経験のある馬を除くと、前走で武蔵野Sに出走、かつ2着以下に敗れていた馬の好走例は皆無(2008年以降)

ウェスタールンド
インカンテーション

近2走とも6着以下に敗れていた馬の好走例はなし(2008年以降)

アスカノロマン

近3走(国内のレースに限る)とも4着以下に敗れていた馬の連対例はゼロ(2008年以降)

ノンコノユメ
アスカノロマン

前走で海外のレースに出走していた馬の好走例は皆無(2008年以降)

パヴェル

同年の帝王賞で2着以内に入っていた馬の連対例はみられない(2008年以降)

ケイティブレイブ

ダート重賞未勝利馬の連対例はゼロ(2008年以降)

ウェスタールンド
ヒラボクラターシュ

【人気】
前走で国内のレースに出走、かつ前走の単勝人気が7番人気以下だった馬の連対例はゼロ(2008年以降)

アスカノロマン
センチュリオン

【脚質】
前走で上がり3ハロン1位の末脚を繰り出しながら、2着以下に敗れていた馬の好走例は皆無(2008年以降)

ノンコノユメ

【枠順】
前走G1/Jpn1で3着以内だった馬を除くと、3枠の連対例はゼロ(2008年以降)

アポロケンタッキー
ノンコノユメ

馬番枠7番、11番、15番の好走例は皆無(2008年以降)

サンライズノヴァ
オメガパフューム
インカンテーション

馬番枠6番の連対例はゼロ(2008年以降)

アスカノロマン

前走1着馬を除くと、6~8枠の連対例は皆無(中京開催の2014年以降)

センチュリオン
オメガパフューム
ウェスタールンド
ミツバ
インカンテーション

【血統】
グレイソヴリン系以外のナスルーラ系種牡馬を父に持つ馬の好走例はゼロ(2008年以降)

インカンテーション


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
アンジュデジール
ルヴァンスレーヴ
サンライズソア



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【チャンピオン】最新ナマ情報2018年12月2日() 05:07

◆体にハリが出た〔1〕アンジュデジール

 坂路で4ハロン75秒5-17秒8。リラックスして雰囲気は良さそうだ。佐藤調教厩務員は「体調はいいし、前走から短い期間でも成長して体にハリが出ている。枠も恵まれているし、崩れることのない馬だからね」と期待を込めた。

◆快挙へ態勢着々〔2〕ルヴァンスレーヴ

 前売り1番人気馬はノンコノユメと同じ馬運車で午前10時54分に中京競馬場に到着。萩原調教師は「輸送は通常通り到着しました。到着してからも特に変わりはないです」と淡々。前身のジャパンCダートを含めて、4頭目となる3歳馬のVへ態勢は整った。

◆内枠ついてない〔4〕アポロケンタッキー

 浦和記念から中8日での参戦となる巨漢馬は坂路で4ハロン68秒1-16秒3。富岡助手は「状態は変わらずですね。もまれない位置を取らないと力が出せないから、内枠はついていないね」と思案顔だった。

◆最高枠から激走〔6〕アスカノロマン

 メンバー最多のキャリア41戦を誇る古豪は、角馬場で調整した。「枠も一番いいところをもらったし、あとは乗り役に任せます。状態が上がっているぶん楽しみですね」と川村調教師。

◆覚悟の後方一気〔7〕サンライズノヴァ

 3連勝中のゴールドアリュール産駒は、坂路で4ハロン64秒0-16秒1。「変わりなく順調です。これまでいろいろ試してきたけど、今の競馬のパターンが一番いい。戸崎騎手も開き直って乗ってくれているからね」と音無調教師。強敵に相手に後方一気を決めるか。

◆調整に太鼓判!!〔9〕サンライズソア

 CWコースを1周。きびきびとした動きが目を引いた。「前走は直前が軽かったのもあったのか、少し体が重かったかも。今回は思ったように調整できているし、今までで一番順調に来ているんじゃないかな」と河内調教師は楽しみなようすだった。

◆陣営デキに笑顔〔11〕オメガパフューム

 GI初制覇を狙う3歳馬は、坂路でラスト1ハロン15秒0(4ハロン67秒1)と軽くしまいを伸ばした。安田翔調教師は「当日に影響ないようにという指示で、集中力を保たせるようにしました。馬体に丸みが出て、中身が充実していますね」と笑みを浮かべた。

◆京都より中京合う〔10〕センチュリオン

 関東馬で一番乗りの午前10時46分に到着した。「スムーズで馬運車の中でも落ち着いていました。(前走の)京都よりこちらの方が合うんじゃないかと思っています」と堀江助手はコース適性に望みを託した。

◆後は鞍上に託す〔12〕ウェスタールンド

 坂路を軽快なキャンターで4ハロン73秒6をマーク。佐々木調教師は「今朝は軽く乗ってという指示。走るフォームがいいよね。スムーズにいってくれればいいし、後はジョッキーに頑張ってもらいます」と期待を込めた。

◆予定通りに来た〔14〕ヒラボクラターシュ

 上り調子の3歳馬はCWコースで軽快なキャンター調整。大久保調教師は「予定通りにここまで来られました。もまれるともろいところがあるので、枠はこの馬にとってはいいでしょう。好位から運べれば」とスムーズな展開を願っていた。

◆勝ち負けできる〔15〕インカンテーション

 GI初制覇を狙う8歳馬は、坂路で4ハロン65秒2と元気いっぱいに駆け上がった。長谷川助手は「中京は合わないことはないし、楽しみな状態で持っていけますね。勝ち負けできる一頭だと思っています」と力を込めた。

◆変わり身に期待〔13〕ミツバ

 角馬場の運動のみで最終調整。蓮見助手は「状態は悪くないと思う。去年も差のない6着だったし、真面目に走って全能力を出し切ってくれれば」と変わり身に期待を寄せた。

◆さらに良化〔3〕パヴェル

 唯一の外国馬は、中京競馬場のダートコースで軽めの調整。ダクとキャンターで約2周して最終調整を終えた。モラ調教師は「馬の状態は金曜よりさらに良化しています」と好感触。馬場を歩いたグティエレス騎手は「思ったほど馬場は深くはなく、チャンピオンズCの前にもレースに乗るので、それを生かしたい」とやる気を見せた。

★チャンピオンズCの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

インカンテーションの関連コラム

閲覧 543ビュー コメント 1 ナイス 6



先週は、2(日)に中京競馬場でG1チャンピオンズCが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1チャンピオンズCは、前走の南部杯でゴールドドリーム(チャンピオンズCは登録→回避)を撃破した3歳馬ルヴァンスレーヴが人気の中心で単勝1.9倍の1番人気。以下、2番人気にケイティブレイブ(単勝5.0倍)、3番人気にサンライズソア(同8.2倍)、4番人気にオメガパフューム(同9.2倍)、5番人気にサンライズノヴァ(同10.0倍)と続き上位人気を形成。
スタートでは、1番人気ルヴァンスレーヴの内からアンジュデジールが出ていき先頭へ。外からヒラボクラターシュが競りかけ2番手につけると、ルヴァンスレーヴは3番手のインで1コーナーに突入。ケイティブレイブは中団、サンライズソアは好位の5番手あたりにつけ、一団は向こう正面へ。
逃げるアンジュデジールの2~3馬身ほど後方の2番手にルヴァンスレーヴが続き、以下はヒラボクラターシュインカンテーションパヴェルサンライズソアミツバアスカノロマンケイティブレイブオメガパフュームといった中団にかけての位置取り。後方には、センチュリオンアポロケンタッキーサンライズノヴァノンコノユメの追走となって、離れて最後方にポツンとウェスタールンドの態勢で前半1000mを通過していきます。
マイペースの逃げとなったアンジュデジールを目がけて、3コーナー過ぎから各馬が差を詰めに掛かると、徐々に横に広がって直線入り口へと突入。逃げるアンジュデジールヒラボクラターシュの間を突いて追い出しを開始するルヴァンスレーヴに、この日は好位5番手あたりから外を回して直線を迎えたサンライズソアが一気にアンジュデジールに襲い掛かる展開。そして、4コーナー最後方から内ラチ沿いを突いて脚を伸ばすウェスタールンドもあっという間にその直後まで進出し迫ります。残り200mを過ぎてアンジュデジールルヴァンスレーヴサンライズソアと横並びになり、一時は叩き合いに持ち込まれるかにみえた瞬間、ここから1段階上のギアを披露して突き放したルヴァンスレーヴ。結局、最後は2馬身1/2差までその差を広げる完勝の内容で、JRA・G1初制覇を飾っています。2着にはルヴァンスレーヴが抜け出した後を通って浮上した8番人気ウェスタールンドが入り、そこからクビ差の3着にサンライズソアが入っています。
公認プロ予想家では、☆まんでがんプロサラマッポプロシムーンプロサウスプロ豚ミンCプロ西野圭吾プロ他、計8名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
先週は、1(土)中山10R、2(日)中山5Rなどの的中を記録すると、G1チャンピオンズCでは◎ウェスタールンド(単勝32.1倍)から○◎▲的中計71,450円払戻しのファインプレー予想を披露!2日間トータルで回収率119%をマークし、3週連続週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →豚ミンCプロ
1(土)中京5Rでの◎▲○的中、2(日)中山8Rの◎○的中、勝負予想中京9Rトライン(単勝11.4倍)、阪神11Rカフェブリッツ(単勝20.2倍)、中山11Rダイメイフジ(単勝8.0倍)、G1チャンピオンズC▲○◎的中など随所に好調予想をマークした先週は、土日トータル回収率トップの187%、収支11万7,040円の大幅プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
1(土)は中山1Rでの◎○的中、阪神10Rでの◎○的中、G3チャレンジCの◎○的中、阪神12Rの△◎○的中などを筆頭に、大幅プラスを達成。2(日)にも勝負予想中京12Rなどで好調をアピールした先週は、トータル回収率136%、収支17万190円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
1(土)は中京4R(◎○▲的中)や中山9Rなどで的中をマーク。2(日)も阪神7R中山10R中京12Rなどの的中で活躍を披露しました。週末のトータル回収率は103%を記録し、2週連続の週末プラスを達成しています。
 
 
この他にも、馬っしぐらプロ(176%←5週連続週末プラス)、dream1002プロ(166%)、伊吹雅也プロ(158%)、ジョアプロ(104%←2週連続週末プラス)、おかべプロ(104%←4週連続週末プラス)、またJRDBから期間限定参戦中の金子京介プロ(106%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年11月27日(火) 16:00 覆面ドクター・英
チャンピオンズカップ2018
閲覧 1,627ビュー コメント 0 ナイス 9

ジャパンCのアーモンドアイは強いのは分かり切っていましたが、それにしても異常なレコード勝ちで本当に強かったですね。この馬自身は後ろから行って、前が止まらない流れを期待していたのですが、先行している時点で「参りました」という感じですね。ロードカナロア自身は安田厩舎だったのでスプリンターになっただけで、産駒の中距離馬はこれからもたくさん出てくると思います。予想のほうは、2着以下もだいたい予想通りだったのですが、馬券的には残念な結果に。まあ、単勝1.4倍の馬を本命にしたくなくてシュヴァルグランに本命を打って散ったわけで、納得もしているところですが......。
さて、気持ちを切り替えてチャンピオンズカップ。昨年のチャンピオンズカップは、気ムラな面も手伝ってか、なぜか世間評価は上がって来なかった8番人気ゴールドドリームが、栗東坂路で動けていて鞍上はR.ムーア騎手ということで本命で狙い打ち。2着テイエムジンソク、3着コパノリッキーも含め気持ちよく3連単15万馬券を的中出来たレース。私にとっては、夏休みのハワイツアー資金調達に貢献してくれた縁起の良いレースでもありますので、今年もドカンと当てたいと思っています。

それでは恒例の全頭診断を。


<全頭診断>

1番人気想定 ルヴァンスレーヴ:7戦6勝とスローからの上がり勝負でドンフォルティスをかわせなかった伏竜S以外は全部勝ち切っており、当然有力。

2番人気想定 ゴールドドリーム:休み明けの前走はルヴァンスレーヴに完敗したが、マイルはちょっと忙しい感じになってきていて、1800mで斤量差1kgなら逆転があってもいい。

3番人気想定 ケイティブレイブ:逃げ・差し自在で、今年はダイオライト記念、日本テレビ盃、JBCクラシックを勝ち、帝王賞は2着とダート路線の主役に君臨しており、当然やれていい。

4番人気想定 オメガパフューム:ダートは強いと評判の3歳世代No.2で、7戦4勝2着2回3着1回とすべて馬券になっている馬。前有利な中京が微妙にしても、好勝負可能だろう。

5番人気想定 サンライズノヴァ:ハラハラさせながらもしっかり差し切ってという競馬で3連勝中だが、勝ち切るには中京はあまり向いていない感じもする。

6番人気想定 サンライズソア:今年は名古屋大賞典、平安S勝ちにJBCクラシック3着と、伸び盛りの時期だけにここでも好走を十分期待できる。

7番人気想定 ノンコノユメ:今年は1月に根岸Sで復活の勝利をあげ、その勢いのままにフェブラリーSも勝ったが、以降は3戦連続4着といまひとつな状況。昨年9着、一昨年6着とあまり中京1800mは向いていないようで、東京マイルあたりが一番いいのだろうが、人気が無いならヒモにはありか。

8番人気想定 インカンテーション:8歳の暮れだが、衰え少なく長く活躍してきた。ただ、前走の内容を見るとはさすがにちょっと衰えてきたかなあという印象。そこそこ人気だろうし、消して妙味か。

9番人気想定 アンジュデジール:JBCレディスクラシックを鋭く差して勝ったが、牡馬相手には通用しておらず買えない。

10番人気以下想定 

センチュリオン:3月にオープン特別とマーチSを連勝し、秋も白山大賞典で2着したが、JBCクラシックでは11着と惨敗。今回、人気を落としそうだが3着ならあるかも。

パヴェル:アメリカのダートG1馬で、G1では他にも2着、3着各1回に4着3回と強い馬なのだろうが、アメリカと日本の砂質は違いあまり買いたくない。

アポロケンタッキー:+16kgで惨敗したJBCクラシックだったが、1月の川崎記念ではさらに1kg重い575kgでも2着と走っており、そこだけに原因を求める訳にはいかないか。巨漢馬のこのくらいの馬体重変動はそれほど問題ではないのかもしれない。以前ステロイド使用が問題になった馬でもあり、さらに増えるのはさすがに良くないのだろうが。今回は一気に人気を落としそうだが、このレースは昨年取り消し、一昨年5着とそこそこやれてもいい。

ウェスタールンド:夏にオープン入りしてすぐシリウスS2着の後、前走の武蔵野Sでは接触の不利もあって3番人気7着と負けたが、巻き返しは十分にあるとみている。ヒモ候補。

クインズサターン:昨秋にオープン入りして以降、今年は重賞で2着2回3着2回と結構強い相手に人気以上に走っており、ヒモに入れる手はありか。

アスカノロマン:一昨年のこのレースの3着馬で前走のJBCクラシックでも6着と意外にまだ衰えは小さいようで、3連単の3着あたりには入れてもいいのかも。

ヒラボクラターシュオメガパフュームのところでも触れた、豊作と言われる今年の3歳牡馬ダート路線。この馬もそれを証明するように古馬を相手に、9月、11月にオープン特別を勝っていて、その前の同世代相手のレパードSではグリムの2着に好走の実績あり。ヒモに加えるのはありか。

チュウワウィザード:6戦4勝の戦歴で、3歳暮れで既にこの舞台まで駆け上がってきた。来年あたりは主役になっているかも。先物買いでヒモに入れるかどうか。

ミツバ:追い込んだり、派手な大逃げを打ったりと気難しい馬で、ここ2戦は1番人気を裏切り、かつ前走の白山大賞典は11着と惨敗でもあり人気落とすだろうが、要は気持ちが乗れば走れていい。昨年も12番人気6着とそこそこやれており、穴としてヒモには加えたい。

メイショウスミトモ:遅咲きダートステイヤーで昨年9月にシリウスS(2000m)、12月には交流重賞の名古屋GP(2500m)を制したが、今年はさすがに衰えてきていて買えない。

ダノングッド:1600万下クラスに上がって以降は1200~1400mが主戦場で、短距離の追い込み馬となっている現状では、この舞台は合わない。


<まとめ>あまり消せる馬がおらず、特に3着は手広くいく予定。

有力:ルヴァンスレーヴゴールドドリームケイティブレイブオメガパフュームサンライズノヴァ

ヒモに:サンライズソアノンコノユメセンチュリオンアポロケンタッキー

穴に(3着なら):ウェスタールンドクインズサターンアスカノロマンヒラボクラターシュチュウワウィザードミツバ

[もっと見る]

2018年7月11日(水) 08:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(7/7~7/8)シムーンプロがG3七夕賞◎メドウラーク的中で12万6,600円払戻し!
閲覧 1,166ビュー コメント 0 ナイス 7



先週は、8(日)に福島競馬場でG3七夕賞、中京競馬場でG3プロキオンSがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3七夕賞は、1コーナーまでにハナを奪い切ったマイネルミラノが逃げて前半1000mを58.2秒の流れで牽引。雨上がりで稍重スタートとなったこの日のタフな馬場状態を考えるとかなりのハイペースを刻むマイネルミラノに対し、2番手グループのバーディーイーグルワンブレスアウェイ以下も大きく離されることなく追走。3コーナーにかけて後方から上位人気の一角マイネルサージュが早めの進出を開始すると、1番人気サーブルオールもこの辺りから外を回して先団に取り付く構え。直線入り口まで先頭をキープしていたマイネルミラノに代わってワンブレスアウェイが先頭へ。しかし、すぐさま外からサーブルオールメドウラークマイネルサージュの3頭に詰め寄られる展開となり、内を突いては最低人気パワーポケットもジリジリと伸びて上位争いへ。この争いから抜け出したのは、こちらも11番人気の伏兵メドウラークでした。厳しい展開と馬場に各馬脚が上がって力尽きる中、最後まで力強い脚取りを維持したメドウラークがそのまま先頭でゴール! 7歳にして初の重賞制覇を飾っています。クビ差の2着に4番人気マイネルサージュ、さらにそこから2馬身差の3着には12番人気パワーポケットが入り、3連単は256万馬券となる大波乱決着を演じています。
公認プロ予想家では、シムーンプロ“帰ってきた”凄馬勝子プロ馬っしぐらプロスガダイプロおかべプロら、計5名が的中しています。
 
G3プロキオンSは不良馬場でスタートを迎えます。外枠からマテラスカイが軽快に飛ばして先頭に立つと、最後方をポツンと追走のダノングッド一頭を除き全馬ほぼ一団の態勢でレースは展開。手応え十分のマテラスカイに、2番手にはこちらは気合をつけながら追走の形でウインムートとなって直線入り口へ。直線を迎えても、歴然の脚取りで早くも独走を窺わせるマテラスカイ。懸命に脚を伸ばすウインムート、以下との差は広がる一方で、残り200mを通過。結局、そこからの1Fでもその差を縮められるどころかむしろ広げてみせた5番人気マテラスカイがそのまま圧逃V。時計も、従来の記録を1秒2更新する、1分20秒3(不良)の日本レコードを計時し、重賞初制覇を飾っています。2着には後方から差してきた1番人気インカンテーションが入り、そこから1/2馬身差の3着にウインムートが入っています。
公認プロ予想家では、覆面ドクター・英プロサウスプロ伊吹雅也プロ豚ミンCプロろいすプロ他、計7名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
8(日)は、函館3Rで◎スズノアリュール(単勝34.4倍)的中で10万3,200円の払戻し、函館10Rで◎デルマキセキ(単勝41.6倍)的中等の好調予想を披露すると、極めつけはG3七夕。「鞍上と手が合いそうで、道悪もこなす」と評した◎メドウラーク(単勝100.8倍)の単複で鮮やかに的中し、12万6,600円の払戻をマーク! 週末2日間のトータルでは回収率134%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
7(土)は中京2Rでの◎ブンゴ(単勝52.1倍)的中などでトータルプラスを計上。8(日)には福島2Rの◎エンパイアシュアー(単勝25.2倍)-▲マーマレードガール的中や、中京3Rでの◎タガノブディーノ(単勝31.3倍)-▲カラレイアでの17万8,190円払戻し、中京9Rの▲プリュス-◎ステイオンザトップ的中などをマーク。随所に穴馬ヒットを披露し、連日のプラス収支を決めています。週末トータルでは、回収率175%、収支24万2,520円の大幅プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
7(土)は福島4Rでの17万9,080円払戻し、函館7Rでの3連単2点勝負的中含む35万150円払戻しのビッグヒットなどをマーク。勢いのまま迎えた8(日)にも、中京5Rでの的中や、G3プロキオンSでの10万6,500円払戻しなどの活躍を披露。土日ともに大幅プラス達成の先週は、回収率165%、収支トップの47万230円プラスをマークしています。
 
 
 
この他にも、おかべプロ(233%)、馬っしぐらプロ(130%)、ゼット1号プロ(124%)、夢月プロ(108%←2週連続週末プラス)、マカロニスタンダーズプロ(101%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2018年5月1日(火) 13:40 山崎エリカ
【山崎エリカのダートグレード攻略】~かしわ記念2018~
閲覧 1,734ビュー コメント 0 ナイス 22

 ゴールデンウィークのダートグレード第2弾は、船橋で行われるG1・かしわ記念。このレースは、上半期の大一番・帝王賞の前哨戦ですが、いかにもG1戦らしく、G1ウイナーが多く参戦します。また、距離1600mの条件設定ということもあり、JRAから参戦してくるほとんどの馬は、前走でフェブラリーSに出走していた馬。時々、休養明けの実績馬が出走してくることもありますが、スタミナが必要とされるダート戦らしく、それらは苦戦している傾向があります。

 実際に過去10年の連対馬20頭全てが、同年のフェブラリーS以降のレースに出走していた馬。休養明けで挑んだ2013年のローマンレジェンドや2011年のエスポワールシチーは、1番人気に支持されながらも3着が精一杯でした。また、勝ち馬10頭中、8頭は過去1年以内にG1勝ちの実績があり、他2頭は、このレース出走時4歳だった2009年のエスポワールシチーと2013年ホッコータルマエのみ。つまり、勝ち負けできる馬を狙うのであれば、休養明けではないことと、過去1年以内にG1勝ちの実績があることが条件となります。

 また、このレースでは、前走のフェブラリーSで着順に関係なく、4コーナー5番手以内でレースをした馬の活躍が目立ちます。該当馬は、昨年のコパノリッキー(1着)、2014年のコパノリッキー(1着)、2013年のエスポワールシチー(2着)、2012年のエスポワールシチー(1着)、2010年のエスポワールシチー(1着)、2009年のカネヒキリ(2着)、2008年のブルーコンコルド(2着)。逆に通用しなかったのは、2016年のモーニンと(8着)と2014年のサクセスブロッケン(4着)のみですが、モーニンはは前走のフェブラリーSが初制覇だった馬。

 つまり、前走のフェブラリーSで4コーナー5番手以内でレースは、このレースではかなり信頼できるということ。これはフェブラリーSが前がきつい流れになることが多いのに対して、かしわ記念はそれほどテンが速い馬が出走していないことが多く、前が残りやすいからでしょう。まとめると、過去1年以内にG1勝ちの実績があり、前走のフェブラリーSがG1初制覇ではないこと、さらに前走のフェブラリーSで4コーナー5番手以内で競馬をした馬は、かなり信頼ができる上にそこまで人気にもならないので本命馬には最適です。

 他では前走マーチSに出走し、ハンデ57.5キロを背負って優勝した馬も有力。過去10年で該当馬は2頭のみですが、昨年のインカンテーション(2着)、2009年のエスポワールシチー(1着)と連対率は100%。また、この2頭は、同年のフェブラリーSで逃げているという共通項がありました。前を意識して動ける馬でありながら、前走のマーチSで重いハンデを背負って勝った勢いあるタイプは要警戒でしょう。しかも、昨年のこのレースでは、フェブラリーSで展開に恵まれて連対したベストウォーリアに票が集まる形で、インカンテーションは5番人気と人気がありませんでした。

 最後にこのレースでの穴馬はというと、前走で3コーナー先頭だった馬。2016年の2着馬ソルテ(5番人気)、2010年の2着馬フリーオーソ(5番人気)ともにその条件を満たしていました。前走がダートグレードでなければ、フジノウェーブ記念を勝ったソルテのように地元の重賞を勝っていることが条件になりますが、フリーオーソはダイオライト記念で逃げバテ5着からの巻き返し。過去1年以内にG1で連対実績があれば、格下のレースで凡退していたとしても、巻き返しのチャンスがあります。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・過去1年以内にG1勝ちの実績があり、前走のフェブラリーSで4コーナー5番手以内の競馬をしていた馬。
  (前走のフェブラリーSが初重賞制覇ではないことが条件)
  ・前走のマーチSでハンデ57.5キロを背負って優勝した馬。
  (該当馬には、前々走のフェブラリーSで逃げているという共通項あり)

 ●穴馬候補
 ・地元の重賞を前走3コーナー先頭のレースをして勝利した馬。
 ・前走のダートグレードで3コーナー先頭のレースをして凡退した馬。
  (過去1年以内にG1連対実績のあることが条件)


山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

[もっと見る]

2018年2月20日(火) 15:40 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(2/17~2/18)日曜総額177万超払戻のサウスプロをはじめ、サラマッポプロ、スガダイプロ、いっくんプロら計12名が週末プラス達成!
閲覧 1,425ビュー コメント 0 ナイス 11



先週は、18(日)に東京競馬場でG1フェブラリーSが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1フェブラリーSは、昨年の覇者で17年最優秀ダートホースのゴールドドリームが単勝2.1倍で1番人気。以下は、2番人気テイエムジンソク、3番人気サンライズノヴァと単勝ひと桁台、10倍台には4番人気ノンコノユメ、5番人気ケイティブレイブが続き、良馬場でスタートを迎えます。
好発は内枠3頭とテイエムジンソクあたりが決め、この中から1枠両頭が積極策の姿勢。ニシケンモノノフがハナを取りきると、2番手にケイティブレイブ、3番手にノボバカラ、4番手テイエムジンソク、直後にララベルが続き、ここまでが先団を形成。馬群が途切れて、中団グループにベストウォーリアロンドンタウンインカンテーションが続き、後方勢はベストウォーリアアウォーディーメイショウスミトモレッツゴードンキゴールドドリームノンコノユメサウンドトゥルーとなって、最後方キングズガードの隊列で3コーナーへ。前半3F34.1秒(推定)のハイペースとなる中、依然縦長の馬群は先行勢と中団以降の間でポッカリと途切れる隊列を保ちながら4コーナーに掛けて展開。テイエムジンソクは3番手から徐々に促され、ゴールドドリームは後方から外々を回るように早めの進出を開始します。
先頭をキープするニシケンモノノフに、ケイティブレイブが並び掛けるようにして4コーナーを出ると、外からテイエムジンソクも懸命の伸びを見せますが、これら先行3頭の脚色はすぐに一杯に。後続勢が一気に差を詰めるなか、ゴールドドリームが力強い脚色で坂を駆け上がり、そのまま一気に先頭へ。連れて伸びたインカンテーション、インを割るレッツゴードンキあたりが目立つ伸びを見せると、さらに後方から大外を通ってはノンコノユメがエンジン点火。一旦は、完全に抜け出したゴールドドリームと、その内で応戦する6番人気インカンテーションを、まとめて差し切る勢いのノンコノユメ。ゴール直前で横並びとなりますが、この争いを勢いで完全に勝った外ノンコノユメがクビ差抜け出しV。嬉しいJRA・G1初勝利を挙げています。2着はゴールドドリーム、そこからクビ差の3着にインカンテーションが入っています。
公認プロ予想家では、dream1002プロきいいろプロ霧プロ西野圭吾プロKOMプロ伊吹雅也プロマカロニスタンダーズプロほか計11名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →サウスプロ
18(日)は東京1Rでの3連単的中、計45万3,880円払戻しのビッグヒットを皮切りに、京都8Rの69万2,400円払戻し、東京12Rの41万670円払戻しなど、総払戻額170万オーバーの大活躍!!週末トータル回収率285%、収支133万4,630円プラスの大幅プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
17(土)東京8Rでは、◎ピックミータッチから3連単・3連単・馬単全的中計12万5,750円を払戻し!18(日)にも、京都5Rでの◎○▲パーフェクト的中などの好調予想を披露した先週は、2日連続のプラス収支をマーク。週末トータル回収率215%、収支11万1,040円プラスの好成績を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →dream1002プロ
18(日)のG1フェブラリーSを△◎○3連単的中で仕留め、払戻し8万オーバーを記録。他にも小倉10Rなどの的中を披露し、週末トータル回収率187%をマークしています。
 
 
 
この他にも、ジョアプロ(141%)、KOMプロ(131%)、おかべプロ(121%)、【U指数】3連単プリンスプロ(120%)、伊吹雅也プロ(120%)、スガダイプロ(120%)、【U指数】3連複プリンセスプロ(116%)、イータン育成プロ(105%)、いっくんプロ(105%)、岡村信将プロ(105%)、蒼馬久一郎プロ(101%)、【U指数】馬単マスタープロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
また、現在開催中の『プロテスト最終予想審査(2/3~25)』挑戦者の中からは、ゴッツァンゴールさん(314%)、馬侑迦さん(112%)、福福777さん(106%)、内田の予想さん(103%)らがトータルプラスの活躍を披露しています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想に加え、『プロテスト』ラストウィークでの正真正銘ファイナルバトルの行方にもぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2018年2月20日(火) 12:30 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』2/17,18の結果(フェブラリーS,ダイヤモンドS)
閲覧 790ビュー コメント 0 ナイス 2



2月18日(日)に行われました東京11Rの「フェブラリーS G1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【3位】ノンコノユメ(10.7倍)
2着:総合ポイント【1位】○ゴールドドリーム(2.1倍)
3着:総合ポイント【6位】△インカンテーション(20.0倍)

第2グループ・総合ポイント3位のノンコノユメが1着、第1グループ・総合ポイント1位のゴールドドリームが2着、第3グループ・総合ポイント6位のインカンテーションが3着という結果でした。


なんと言っても△ニシケンモノノフ(横山典騎手)ですね。やられました。積極策や逃げまでは当然想定していたのですが、あの馬場で34.1秒(推定)で行くとは......。ただ、◎テイエムジンソクはそのハイペースが無くても、あのパドックや返し馬を見た感じでは厳しかったかなと。初競馬場、関東圏への長距離輸送という環境でこの馬を過信してしまったのは、痛恨でした。


【3連複軸2頭流し】
◎○=印
10,14=1,2,4,5,6,7,15(7点)

【馬単】
◎→○
10→14(1点)

計8点 払い戻し0円


続いて、2月17日(土)に行われました東京11Rの「ダイヤモンドS G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】▲フェイムゲーム(2.7倍)
2着:総合ポイント【7位】△リッジマン(7.5倍)
3着:総合ポイント【11位】△ソールインパクト(11.7倍)

第1グループ・総合ポイント1位のフェイムゲームが1着、第3グループ・総合ポイント7位のリッジマンが2着、第3グループ・総合ポイント11位のソールインパクトが3着という結果でした。


こちらは▲フェイムゲームが、去年ほどの上り勝負にはならずラスト1Fが掛かるちょうど14年・15年のような展開になって強さを見せましたね。一方、本命◎ホウオウドリームは、やはり現状は上りの速い瞬発戦でないと厳しそうですね。そもそもが、◎ホウオウドリームがもう少し人気が落ち着いてくれて、スローからの瞬発力勝負なら▲フェイムゲームが危ういだろう、というのが予想の中心としてあったので、完敗当然の結果でした(+_+)反省です。


【馬連流し】
◎=○▲☆
5=7,8,14(3点)

【馬単流し】
◎→印
5=1,3,6,7,8,14(6点)

計9点 払い戻し0円

[もっと見る]

⇒もっと見る

インカンテーションの口コミ


口コミ一覧

インカンテーション

 りのりん 2018年12月19日(水) 17:42

閲覧 45ビュー コメント 0 ナイス 12

引退テーション…












ほんとすみませんw

インカンテーション、引退ですかぁ…

ずっと応援して、馬券買ってた子なので名残惜しいですね…

種馬になるようなので、子供達が出てきたら全力で応援します!

インカンテーション、今まで夢とお小遣いをありがとうw

これからも種馬として期待してます!!

 ゼファー 2018年12月2日() 01:42
第19回 チャンピオンズカップGⅠ
閲覧 418ビュー コメント 0 ナイス 5

馬場は、前年とほぼ同じ印象
少し今年の方が時計が出るかな~ぐらいのイメージ。

コース形態は、
800m上がって、700m下り、直線300mへ

ノンコノユメと、 サンライズノヴァは、直線向くまでギアが上がらないイメージ
直線が300mしか無いが、ギア5まで上がるのか・・・ギア4までしか上がらないのでは?

さて展開
前半ゆっくり入って、残り1000mからの持続力勝負か?
そこでもペースが上がらず、決脚勝負か?
コース形態に関係なく、パヴェルが前半から飛ばすのか?

隊列は、以下のイメージ
9・1・3・15・8・14 = 6・4・12・10・11・2 = 13・7・5

展開が全く分からないので、ペース別に馬券を組み立ててみる。

Hペース
3走前に1800m 1.49.2を持つパヴェルが、
「好位で包まれない競馬を」と「前走は前が壁になって10着」なら、
昇りから始まる前半から飛ばして行く
直線の坂でバテてラスト1F:13.5の流れ

◎ケイティブレイブ:第41回帝王賞競走(G1)2着
〇インカンテーション:第35回 フェブラリーステークスGⅠ3着
▲パヴェル:アメリカ野郎は底知れない
△ノンコノユメ:中京コースでは届いて3着
△サンライズソア:踏ん張って3着
△オメガパフューム:前走より厳しい流れで3着まで

消:ルヴァンスレーヴ:MCS南部杯はMペースで、Hペースの体験が無い
消:サンライズノヴァ:1800mのHペースでは脚が殺がれる

Sペース
ハナを主張する馬がいない
サンライズソアが自然とハナへ、番手に1番枠のアンジュデジールで流れが落ち着く
残り1000mでもスピードが上がらず、800mから動き出す脚を余す馬も出る流れ

◎ルヴァンスレーヴ:Mデムーロが後ろから前に位置を上げ直線で突き抜ける
〇インカンテーション:先行勢の中では決脚上位で展開を味方に上位へ
▲ウェスタールンド:第22回シリウスステークスGⅢの上り35.1で差す
△サンライズソア:決脚が無く、決脚組に差されて3着まで 
△ケイティブレイブ:決脚が無い分、粘って3着
△サンライズノヴァ:中京コースでは届いて3着まで
△パヴェル:アメリカ野郎は底知れない
△センチュリオン:展開が向く

Mペース
中京コース形態に沿って、前半800mは流れが落ち着き
残り1000mからのロングスパート戦

◎ルヴァンスレーヴ:ゴールドドリームを差した決脚が活きる
〇オメガパフューム:第18回JBCクラシック2着の体験がここに活きる
▲ケイティブレイブ:第18回JBCクラシックと同じ1000mロングスパート戦
△:アンジュデジール、1番枠を横典Jが活かす
△:パヴェル、アメリカ野郎は底知れない
△:ウェスタールンド、第23回武蔵野ステークスGⅢは不利で度外視
△:ヒラボクラターシュ、福島民友カップなのに、なぜか気になる好走
△:インカンテーション、第23回武蔵野ステークスGⅢは不利で度外視

[もっと見る]

 リョーバ 2018年11月26日(月) 20:40
チャンピオンズC ローテから見る注目の7頭
閲覧 105ビュー コメント 0 ナイス 7

2018年も最後の月。12月最初のG1はチャンピオンズCです。
ダートの王者を決めるレースは坂の多い中京競馬場1800m。
ステップレースである武蔵野Sのほか、JBCクラシックや南部杯からの挑戦者が多くいます。

出走予定馬は以下の通り。

アスカノロマン
アポロケンタッキー
アンジュデジール
インカンテーション
ウェスタールンド(除外対象)
オメガパフューム
クインズサターン(除外対象)
ケイティブレイブ
ゴールドドリーム
サンライズソア
サンライズノヴァ
センチュリオン
ダノングッド(除外対象)
チュウワウィザード(除外対象)
ノンコノユメ
パヴェル(外国馬)
ヒラボクラターシュ
ミツバ
メイショウスミトモ
ルヴァンスレーヴ

大方の予想通り、能力差はローテーションから見えてきます。

■レースローテーション
〇武蔵野S(18.11.10 東京)
東京ダ1600m
インカンテーション(4人気6着)
ウェスタールンド(3人気7着)
クインズサターン(7人気2着)
サンライズノヴァ(1人気1着)

ハナをきって逃げたルグランフリソンを、最後の直線のみで差し切ったサンライズノヴァ
後3F34.8秒とすさまじいタイムで駆け抜けた。若干出遅れ、最後方からだったがうまく脚を溜めていた。
逃げ・先行の能力次第ではあるが、後ろからでも十分すぎる能力を見せつけた。

〇JBCクラシック(18.11.04 京都)
京都ダ1900m
アスカノロマン(14人気6着)
アポロケンタッキー(4人気13着)※浦和記念を経由
オメガパフューム(2人気2着)
ケイティブレイブ(3人気1着)
サンライズソア(1人気3着)
センチュリオン(8人気11着)
ノンコノユメ(5人気4着)

ケイティブレイブが中団から攻め、直線で一気に差し切った。
道中先頭はサンライズソアとテイエムジンソク。ケイティブレイブとオメガパフュームに差されるかたちに。
ノンコノユメが若干の出遅れで最後方からだったが、後3F36.3秒で最速。半馬身差の4着まで詰めた。

〇マイルCS南部杯(18.10.08 盛岡)
盛岡ダ1600m
ゴールドドリーム(1人気2着)
ノンコノユメ(3人気4着)
ルヴァンスレーヴ(2人気1着)

ノンコノユメが大きく出遅れ。最後方から。
ゴールドドリーム、ルヴァンスレーヴは道中中団。
最終直線、一気に抜け出したルヴァンスレーヴがそのままの勢いで1着
タイム差としても後3Fの0.2秒差がそのまま出たかたち
もう少し距離が長くても着順は変わらなかっただろう

ここまでの戦いを見るに、能力としては

◎S級
ゴールドドリーム
ルヴァンスレーヴ

〇A級
オメガパフューム
ケイティブレイブ
サンライズソア
サンライズノヴァ
ノンコノユメ

の7頭となり、紐候補として、という程度では
アポロケンタッキー
アンジュデジール
インカンテーション
まではまだ切らずに検討余地を残そうと思いますが、
その他は「消し」でよいかと考えています。

その他レース予想はブログにて
http://isshoukenmei.wpblog.jp/

[もっと見る]

⇒もっと見る

インカンテーションの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
21:
  HELPRO   フォロワー:0人 2018年7月8日() 15:43:19
年齢も落ち目でも能力は見せた。
ただ、これ以上を望むのはこの鞍上ではどうしても無理(先行しないとどんなに馬が良くても勝たせられない今の現状)なので、あるとしたら鞍上を最高レベルのジョッキーに変えるしかないだろう。
鞍上さえ良かったらもっと勝ち星を詰めたかもしれないが、初めからそれほど期待されてた馬じゃなかったのでこればかりは仕方ない。
20:
  HIDE   フォロワー:16人 2015年5月23日() 17:34:57
平安S優勝おめでとう!

さぁ次は帝王賞G1GETだね^^
19:
  HIDE   フォロワー:16人 2015年1月26日(月) 11:08:13
東海ステークス無念の3着^_^;
痛恨の出遅れ、さらに落鉄、大野騎手との運気も噛み合わない感じ
がします。2戦連続の敗因が同一だけに悔しく思います。

⇒もっと見る

インカンテーションの写真

インカンテーションの厩舎情報 VIP

2018年12月2日チャンピオンズカップ G113着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

インカンテーションの取材メモ VIP

2018年12月2日 チャンピオンズカップ G1 13着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。