ウインムート(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ウインムート
ウインムート
ウインムート
写真一覧
現役 牡5 青鹿毛 2013年3月21日生
調教師加用正(栗東)
馬主株式会社 ウイン
生産者コスモヴューファーム
生産地新冠町
戦績26戦[8-2-2-14]
総賞金15,897万円
収得賞金5,700万円
英字表記Win Mut
血統 ロージズインメイ
血統 ][ 産駒 ]
Devil His Due
Tell a Secret
コスモヴァレンチ
血統 ][ 産駒 ]
マイネルラヴ
イブキローマン
兄弟 ドリームバレンチノウインアキレア
前走 2018/07/08 プロキオンステークス G3
次走予定

ウインムートの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/07/08 中京 11 プロキオンS G3 ダ1400 14335.523** 牡5 56.0 和田竜二加用正502(0)1.21.1 0.836.2マテラスカイ
18/06/16 阪神 11 天保山S OP ダ1400 1651011.651** 牡5 58.0 松山弘平加用正502(-2)1.23.6 -0.137.1ヒデノインペリアル
18/05/13 京都 11 栗東S OP ダ1400 16367.731** 牡5 56.0 松山弘平加用正504(-2)1.22.7 -0.035.8ブラゾンドゥリス
18/01/20 京都 11 すばるS OP ダ1400 1661116.3711** 牡5 57.0 岩田康誠加用正506(+4)1.25.7 1.938.5ドライヴナイト
17/12/24 阪神 12 ギャラクシー OP ダ1400 161115.4816** 牡4 56.0 菱田裕二加用正502(-2)1.25.5 1.839.6アキトクレッセント
17/10/09 東京 11 グリーンCC OP ダ1400 16352.915** 牡4 57.0 松山弘平加用正504(+2)1.22.7 0.535.9サンライズノヴァ
17/09/09 阪神 11 エニフS OP ダ1400 15343.011** 牡4 56.0 松山弘平加用正502(+10)1.23.4 -0.236.0ゴーインググレート
17/08/16 佐賀 8 サマーチャン G3 ダ1400 11--------3** 牡4 55.0 D.ホワイ加用正492(--)1.26.4 0.3----ラインシュナイダー
17/07/22 中京 11 桶狭間S 1600万下 ダ1400 15359.741** 牡4 57.0 D.ホワイ加用正494(+10)1.22.8 -0.436.4サトノファンタシー
17/07/01 福島 11 テレビU福島 1600万下 芝1200 1671312.9711** 牡4 57.0 戸崎圭太加用正484(-10)1.08.6 1.035.2ワンスインナムーン
17/03/04 中山 11 オーシャンS G3 芝1200 163617.9714** 牡4 56.0 松山弘平加用正494(+4)1.09.6 1.336.0メラグラーナ
17/02/05 京都 10 山城S 1600万下 芝1200 14225.231** 牡4 55.0 松山弘平加用正490(0)1.10.0 -0.335.3ファインニードル
17/01/22 京都 11 石清水S 1600万下 芝1400 14348.137** 牡4 55.0 菱田裕二加用正490(+2)1.24.2 0.936.0ムーンエクスプレス
16/12/23 阪神 11 六甲アイラS 1600万下 芝1400 1881718.5910** 牡3 56.0 菱田裕二加用正488(+4)1.23.0 0.637.1スナッチマインド
16/11/27 京都 10 渡月橋S 1600万下 芝1400 171216.495** 牡3 55.0 菱田裕二加用正484(+12)1.25.5 0.436.1セイウンコウセイ
16/08/13 札幌 11 STV賞 1000万下 芝1500 144510.841** 牡3 54.0 菱田裕二加用正472(-4)1.28.8 -0.134.6テラノヴァ
16/07/30 札幌 10 羊ヶ丘特別 500万下 芝1500 13443.411** 牡3 54.0 菱田裕二加用正476(-8)1.28.7 -0.134.8シンシアズブレス
16/06/25 阪神 9 出石特別 500万下 芝1400 15119.032** 牡3 54.0 松山弘平加用正484(0)1.22.6 0.336.4グレイスミノル
16/05/29 京都 11 白藤賞 500万下 芝1600 1481322.994** 牡3 56.0 菱田裕二加用正484(0)1.35.3 0.334.7ビナイーグル
16/05/08 京都 6 3歳500万下 芝1400 146923.472** 牡3 56.0 松山弘平加用正484(-4)1.21.9 0.033.9ウェーブヒーロー

⇒もっと見る


ウインムートの関連ニュース

 9月24日(振・月)の浦和競馬11Rで行われた第29回テレ玉杯オーバルスプリント(交流GIII、3歳以上オープン、選定馬、グレード別定、ダート・左1400メートル、12頭立て、1着賞金=2100万円)は4人組バンド、TUBEのボーカル・前田亘輝が所有する4番人気ノブワイルド(牡6歳、浦和・小久保智厩舎)が左海誠二騎手に導かれ、JRA勢4頭を破って逃げ切り勝ち。重賞初制覇を果たした。タイムは1分26秒1(稍重)。2着は2番人気オウケンビリーヴ(JRA)で、3着は9番人気トーセンハルカゼ(浦和)。

 ノブワイルドは好スタートからネロとのハナ争いを制して、3~4コーナーにかけてリードを広げると、最後まで脚いろが鈍ることなく逃げ切った。中団から4コーナーで3番手まで押し上げていたオウケンビリーヴが、3/4馬身差の2着。道中は9番手だったトーセンハルカゼが直線で外から一気に伸びて、さらにハナ差の3着に入った。

 オウケンビリーヴ以外のJRA勢は、戸崎圭太騎手の5連覇がかかっていた3番人気ネロが5着で、5番人気ドライヴナイトは6着、1番人気ウインムートは8着だった。

 ノブワイルドは、父ヴァーミリアン、母コウエイベスト、母の父アンバーシャダイという血統。北海道新ひだか町・城地清満氏の生産馬で、前田亘輝氏の所有馬。通算成績は23戦9勝(うち地方18戦8勝)。重賞初勝利。オーバルスプリントは、小久保智調教師は2008年トーセンラヴに次いで2勝目。左海誠二騎手は1999年アローセプテンバー、2009年ノースダンデーに次いで3勝目。

 ◆左海誠二騎手「強いですね。好スタートで思いの外、楽に先頭に立てました。逃げた方がより力を発揮できますね。浦和の馬で勝ててよかったです」



★【オーバルスプリント】払い戻し確定!! 全着順も掲載

【オーバルスプリント】レース展望 2018年9月23日() 16:57

 3連休の最終日となる24日(祝・月)に浦和競馬場で、第29回オーバルスプリント(交流GIII、3歳以上オープン、別定、ダート・左1400メートル)が行われる。秋のJBCスプリントを占う上でも目が離せない注目の一戦を展望したい。



 盛岡競馬場で行われた前走のクラスターC(交流GIII)で重賞初制覇を飾ったオウケンビリーヴ(栗東・安田隆行厩舎、牝5歳)が、交流重賞連勝を目指して浦和競馬場に初登場する。



 1200m戦だった前走からは1ハロンの距離延長となるが、僅差の2着だった2走前のスパーキングレディーCではマイルを克服しているだけに、問題なくこなせるとみる。斤量は1キロ増となるが、まだ他馬より軽い53キロだけに、ここも大きなチャンスだと言っていいのではないか。

 中央でダート1400mのオープン特別を3勝しており、重賞でも17年サマーチャンピオン(交流GIII)、そして前走のプロキオンS(GIII)で3着に善戦しているウインムート(栗東・加用正厩舎、牡5歳)は、南関東を知り尽くす名手・内田博幸騎手騎乗で待望の重賞初制覇を狙う。



 ダート路線を使うようになってからは一貫して1400m戦を選択しているように、この距離はまさにベストな舞台といえる。好位からでも安定して力を発揮できるようになっていることからも、大崩れは考えにくい。



 1分20秒3という圧巻のレコード決着だったプロキオンSで騎乗した和田竜二騎手も「ペースは速くても、形はベストでした。止まってはいませんが…。こちらも重賞級だと思いますけど、きょうは勝ち馬が強すぎました」と語っているだけに、相手が楽になる今回は期待できるのではないか。



 芝重賞2勝を挙げており、今年に入ってダートの交流重賞でも東京スプリント(交流GIII)3着、クラスターC(交流GIII)2着と善戦しているネロ(栗東・森秀行厩舎、牡7歳)は、久々のコンビとなる戸崎圭太騎手が騎乗する。



 ここ数戦と比べると相手は楽になった印象で、上位人気の支持を集めるのは間違いなさそうだが、今回は一にも二にも1400mの距離を克服できるのかが大きなカギとなりそう。



 ここまでの勝利は全て1000~1200m戦で挙げたもので、1400~1600mに延びると2歳時に芝1400mの500万特別で3着したのが最高成績。3走前には今回と同舞台の浦和・ダート1400mのさきたま杯で勝ち馬から2秒2離されて11頭立ての8着に大敗しているだけに、今回も苦戦する可能性はありそうだ。

 全6勝をダート1400m戦で挙げており、3走前には中央でオープン特別・すばるSを制している実績もあるドライヴナイト(栗東・奥村豊厩舎、牡5歳)が、初となる地方遠征で13着に大敗したプロキオンSからの巻き返しを目指す。



 初重賞挑戦だった前走は、浜中俊騎手が「重賞で時計も速かったですね。これをいい経験にしてくれれば」と語っているように完敗の形だが、元々夏場に結果を出していなかったことや、ハイペースで好走時よりポジションが後ろになったことを考えれば仕方のないところ。



 地方の馬場への適性は未知数だが、前走と比べるとペースが緩むのは確実で、本来の先行策が取れそう。すべてがかみ合えば、一変の可能性もあるのではないだろうか。



 JRAから参戦する4頭を迎え撃つ南関勢は7頭が出走する。同舞台のさきたま杯(交流GIII)で3着に善戦したアンサンブルライフや、レジェンド・的場文男騎手が騎乗するスアデラに期待が集まりそうだが、同舞台の前走で2着馬に2秒5の大差をつける大楽勝を果たしたノブワイルド(浦和・小久保智厩舎、牡6歳)も注目したい一頭だ。



 その前走はA2B1クラスの特別戦だっただけに、今回は一気に相手が強化される形になるが、楽な手応えのまま逃げ切って1分27秒0(重)で走破しているだけに、もうひと押しで1分26秒台へのさらなる時計短縮が叶うようなら通用していい。



 最内枠を引いた的場文男騎手騎乗のスアデラが先手を主張する可能性は高いが、スムーズに先行できるようなら見せ場を作ることができるのではないか。

[もっと見る]

【オーバルスプリント】JRA出走予定馬が決定2018年9月20日(木) 18:07

 9月24日(月・振替休日)に浦和競馬場で行われるテレ玉杯オーバルスプリントのJRA所属の出走予定馬および騎乗予定騎手が決定した。

 「第29回テレ玉杯オーバルスプリント」(浦和競馬場、交流GIII、3歳以上オープン、グレード別定、ダート・左1400メートル)

【JRA所属の出走予定馬】4頭ウインムート(牡5歳、栗東・加用正厩舎、内田博幸騎手)オウケンビリーヴ(牝5歳、栗東・安田隆行厩舎、北村友一騎手)ドライヴナイト(牡5歳、栗東・奥村豊厩舎、藤岡佑介騎手)ネロ(牡7歳、栗東・森秀行厩舎、戸崎圭太騎手)

[もっと見る]

【プロキオンS】スカイ圧逃劇!日本レコード1秒2更新 2018年7月9日(月) 05:06

 第23回プロキオンステークス(8日、中京11R、GIII、3歳上オープン国際(指)、別定、ダ1400メートル、1着本賞金3600万円  =出走14頭)武豊騎乗で5番人気のマテラスカイが、鮮やかな逃げ切り勝ち。従来のタイムを1秒2も更新する、1分20秒3(不良)の日本レコードで重賞初制覇を飾った。今後はJBCスプリント(11月4日、京都、交流GI、ダ1200メートル)を目指す。1番人気のインカンテーションが2着、2番人気のウインムートが3着に入った。

 雨上がりの中京競馬場に衝撃が走った。マテラスカイが不良の“高速馬場”をスイスイと逃げ切って重賞初制覇。従来の日本レコードを1秒2も更新する1分20秒3に武豊騎手は驚きを隠せなかった。

 「1200メートルを使っていたので、ラストが心配でしたが、問題はなかった。タイムが出やすい馬場とはわかっていましたが、それにしても強かったですね」

 スタート後にスッと1馬身のリードを奪うと、あとは独壇場。「大きなポイントはスタートだと思っていました。決まったときに迷うことなく行けました」とジョッキー。直線に入っても鞍上は手綱を持ったまま。ラスト1ハロン過ぎにムチが入ると2番手以下を突き放し、4馬身差の快勝を飾った。

 昨年12月の1000万下戦(7着)以来となる7ハロン戦にも森調教師は、「距離は心配していなかったですよ。1400メートルの方が競りかけてくる馬がいないと思っていましたからね」と、してやったりの表情だ。

 今年に入ってからは6戦4勝で、3月にはドバイ遠征(ゴールデンシャヒーン5着)も経験。「腰がパンとしてきた。全然(馬が)違います。夏は放牧に出して、JBCスプリントに向かうと思います」と森調教師は胸を張る。

 コンビを組んで5戦4勝の武豊騎手は「いいタイミングで乗せてもらいました。馬が充実しています」と締めくくった。尾張でみせた衝撃の逃走劇。誰も追いつくことができないスピードで、GIの高みまで走り続ける。 (山口大輝)

★8日中京11R「プロキオンS」の着順&払戻金はこちら

マテラスカイ 父スパイツタウン、母モスタケレー、母の父ラーイ。栗毛の牡4歳。栗東・森秀行厩舎所属。米国産。馬主は大野剛嗣氏。戦績19戦6勝(うち海外1戦0勝)。獲得賞金1億2054万4100円(うち海外675万4100円)。重賞初勝利。プロキオンSは、森秀行調教師が初勝利、武豊騎手は1997年バトルライン、2000年ゴールドティアラ、09年ランザローテに次ぐ4勝目。馬名は「冠名+空」。

[もっと見る]

【プロキオンS】ウインムート、積極的戦法も3着2018年7月9日(月) 05:05

 第23回プロキオンステークス(8日、中京11R、GIII、3歳上オープン国際(指)、別定、ダ1400メートル、1着本賞金3600万円  =出走14頭)オープン特別を連勝中のウインムートは3着。勝ち馬の直後につける積極的な戦法で、直線でもしぶとく粘ったが、最後は力尽きた。「ペースは速くても形はベストだった。止まってはいないが…。こっちも重賞級と思うが、きょうは勝ち馬が強すぎたよ」と和田騎手は相手をたたえた。

★8日中京11R「プロキオンS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【プロキオンS】レースを終えて…関係者談話2018年7月9日(月) 05:05

 ◆松山騎手(サクセスエナジー4着) 「砂をかぶって頭を上げるところがあった。勝負どころでは外に出せ、斤量が重い中でも差を詰めている。内枠でいい競馬できて収穫はあった」

 ◆武藤騎手(ブラゾンドゥリス5着) 「最後もしぶとく頑張っています。1400メートルでこういう競馬を続けていければ」

 ◆M・デムーロ騎手(ドリームキラリ6着) 「(直線で)ウインムートがフラフラしてスペースがなかった。脚はあったのでもったいない競馬になった」

 ◆藤岡佑騎手(キングズガード7着) 「追い込み一辺倒のタイプにはここまでが精いっぱい。よく脚は使っています」

 ◆川田騎手(ダノングッド8着) 「性格の難しさが出たレースでした」

 ◆藤懸騎手(ナムラミラクル9着) 「スタートして両サイドから挟まれたのがすべて」

 ◆幸騎手(ブライトライン10着) 「4コーナーまで手応えはあった。最後は久々の分だと思います」

 ◆福永騎手(ルグランフリソン11着) 「流れが速くてついていけなかった」

 ◆下原騎手(エイシンヴァラー12着) 「周りが速かった。もう少し内めを回らないと差し馬には厳しい」

 ◆浜中騎手(ドライヴナイト13着) 「重賞で時計も速かったので、これをいい経験にしてくれれば」

 ◆酒井騎手(サイタスリーレッド14着) 「ジワーッといったけど、ラストもグンとくるところがなかった」

★8日中京11R「プロキオンS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ウインムートの関連コラム

閲覧 1,032ビュー コメント 0 ナイス 7



先週は、8(日)に福島競馬場でG3七夕賞、中京競馬場でG3プロキオンSがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3七夕賞は、1コーナーまでにハナを奪い切ったマイネルミラノが逃げて前半1000mを58.2秒の流れで牽引。雨上がりで稍重スタートとなったこの日のタフな馬場状態を考えるとかなりのハイペースを刻むマイネルミラノに対し、2番手グループのバーディーイーグルワンブレスアウェイ以下も大きく離されることなく追走。3コーナーにかけて後方から上位人気の一角マイネルサージュが早めの進出を開始すると、1番人気サーブルオールもこの辺りから外を回して先団に取り付く構え。直線入り口まで先頭をキープしていたマイネルミラノに代わってワンブレスアウェイが先頭へ。しかし、すぐさま外からサーブルオールメドウラークマイネルサージュの3頭に詰め寄られる展開となり、内を突いては最低人気パワーポケットもジリジリと伸びて上位争いへ。この争いから抜け出したのは、こちらも11番人気の伏兵メドウラークでした。厳しい展開と馬場に各馬脚が上がって力尽きる中、最後まで力強い脚取りを維持したメドウラークがそのまま先頭でゴール! 7歳にして初の重賞制覇を飾っています。クビ差の2着に4番人気マイネルサージュ、さらにそこから2馬身差の3着には12番人気パワーポケットが入り、3連単は256万馬券となる大波乱決着を演じています。
公認プロ予想家では、シムーンプロ“帰ってきた”凄馬勝子プロ馬っしぐらプロスガダイプロおかべプロら、計5名が的中しています。
 
G3プロキオンSは不良馬場でスタートを迎えます。外枠からマテラスカイが軽快に飛ばして先頭に立つと、最後方をポツンと追走のダノングッド一頭を除き全馬ほぼ一団の態勢でレースは展開。手応え十分のマテラスカイに、2番手にはこちらは気合をつけながら追走の形でウインムートとなって直線入り口へ。直線を迎えても、歴然の脚取りで早くも独走を窺わせるマテラスカイ。懸命に脚を伸ばすウインムート、以下との差は広がる一方で、残り200mを通過。結局、そこからの1Fでもその差を縮められるどころかむしろ広げてみせた5番人気マテラスカイがそのまま圧逃V。時計も、従来の記録を1秒2更新する、1分20秒3(不良)の日本レコードを計時し、重賞初制覇を飾っています。2着には後方から差してきた1番人気インカンテーションが入り、そこから1/2馬身差の3着にウインムートが入っています。
公認プロ予想家では、覆面ドクター・英プロサウスプロ伊吹雅也プロ豚ミンCプロろいすプロ他、計7名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
8(日)は、函館3Rで◎スズノアリュール(単勝34.4倍)的中で10万3,200円の払戻し、函館10Rで◎デルマキセキ(単勝41.6倍)的中等の好調予想を披露すると、極めつけはG3七夕。「鞍上と手が合いそうで、道悪もこなす」と評した◎メドウラーク(単勝100.8倍)の単複で鮮やかに的中し、12万6,600円の払戻をマーク! 週末2日間のトータルでは回収率134%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
7(土)は中京2Rでの◎ブンゴ(単勝52.1倍)的中などでトータルプラスを計上。8(日)には福島2Rの◎エンパイアシュアー(単勝25.2倍)-▲マーマレードガール的中や、中京3Rでの◎タガノブディーノ(単勝31.3倍)-▲カラレイアでの17万8,190円払戻し、中京9Rの▲プリュス-◎ステイオンザトップ的中などをマーク。随所に穴馬ヒットを披露し、連日のプラス収支を決めています。週末トータルでは、回収率175%、収支24万2,520円の大幅プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
7(土)は福島4Rでの17万9,080円払戻し、函館7Rでの3連単2点勝負的中含む35万150円払戻しのビッグヒットなどをマーク。勢いのまま迎えた8(日)にも、中京5Rでの的中や、G3プロキオンSでの10万6,500円払戻しなどの活躍を披露。土日ともに大幅プラス達成の先週は、回収率165%、収支トップの47万230円プラスをマークしています。
 
 
 
この他にも、おかべプロ(233%)、馬っしぐらプロ(130%)、ゼット1号プロ(124%)、夢月プロ(108%←2週連続週末プラス)、マカロニスタンダーズプロ(101%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年7月8日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/プロキオンS G3(豚ミンCプロ)
閲覧 654ビュー コメント 0 ナイス 5

本日予想を提供してくれるウマニティ公認プロ予想家は、ウマニティの予想コンテストで圧倒的な実績を残し、今年3月に満を持してプロデビューを果たした豚ミンCプロです。レースリプレイを繰り返し見直すことによって競走馬の能力や適性を的確に見抜く“神眼”を携えた男が狙いを定めたのはプロキオンS。古豪と新興勢力が相まみえる注目の一戦を、豚ミンCプロはどう分析したのでしょうか?

本命は「ドバイの内容を見るに、かなり力を付けた印象」の⑬マテラスカイ「超ハイペースになって先行勢総崩れという展開にならなければ好走必至」と期待を寄せます。対抗はマテラスカイとの兼ね合いが鍵だが、先手を取れればしぶとい」ドリームキラリ。単穴は「前走が強い内容で、今回も好位からの粘り込みが望めそう」な③ウインムート。印を打つのはこの3頭で、馬券は単勝⑬、馬連流し⑬→②③、ワイドボックス②③⑬で勝負します。本レース以外の、豚ミンCプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください。
(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢30名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2017年3月9日(木) 17:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(3/4~3/5)シムーンプロが阪神3Rで3複1954倍を的中!
閲覧 840ビュー コメント 0 ナイス 11

先週は、4(土)に中山競馬場でG3夕刊フジ賞オーシャンステークスが、阪神競馬場でG3チューリップ賞が、5(日)には中山競馬場でG2報知杯弥生賞がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3夕刊フジ賞オーシャンステークスは、押して押してトウショウピストがハナを叩く中、内からウインムートがこれを交わし先団を形成。2頭が後続を引き連れる形で馬群は4コーナーを通過します。直線半ば単独先頭に躍り出たトウショウピストの外から、ブレイブスマッシュが迫り、さらに後方からはクリスマスナックビーナスメラグラーナと牝馬3頭が内外に広がって強襲を開始。ゴール直前、メラグラーナがこの争いを制し1着でゴール。高松宮記念の優先出走権獲得とともに自身重賞初Vを手中にしました。1/2馬身差の2着にはインを突いて伸びたナックビーナス、さらにそこからアタマ差の3着にはクリスマスが入っています。
 
公認プロ予想家ではサウスプロおかべプロ☆まんでがんプロろいすプロら計10名が的中しています。
 
G3チューリップ賞は、スタート後数頭が横に広がって出を窺う幕開けの中、外から気合いをつけてワールドフォーラブが先頭に立ち3コーナーへ。ここに掛かり気味にアンバーミニーが並び掛けたことで序盤は比較的流れる展開に。注目の2歳女王ソウルスターリングはやや前向き過ぎる素振りを覗かせながらも5番手に落ち着き、リスグラシューはそこから3~4馬身後方を追走。人気どころはいずれも中団馬群となって、コーナーを回って直線勝負へ。カワキタエンカが抜け出した直後まで進出したソウルスターリングが、残り200m手前で早々先頭に立ちます。リスグラシューミリッサあたりも追い上げを見せますが、その差は一向に縮まらず。結局、直線で先手必勝の競馬をみせた女王が、影を踏ませずの完勝で連勝を4に伸ばしました。2馬身差の2着には、上り最速でリスグラシューの外から追い込んだミスパンテールが入り、そこから1/2馬身差の3着にリスグラシューが入っています。
 
公認プロ予想家では西野圭吾プロスガダイプロ岡村信将プロ馬っしぐらプロ他6名が的中しています。
 
G2報知杯弥生賞は、スタート後の長い直線を活かしてスルスルとマイスタイルがハナを奪い切って逃げの手に出ます。2番人気に推されたダイワキャグニーが2番手、1番人気カデナは中団後方、コマノインパルスはさらに後方からとなって向こう正面へ。ここでコマノインパルスが徐々にポジションを押し上げにかかり、隊列が凝縮していきます。それでも前半1000mは1分3秒2のスローペースとあって、各馬脚を溜めた状態での上り勝負の様相で直線勝負へ。楽逃げの格好となったマイスタイルは依然として手応え十分。後続も同じ脚色となってなかなか差が詰まらない中、大外を通って目立つ伸びをみせたのはカデナ。内ラチぴったりを逃げ粘るマイスタイルに一完歩ごとに詰め寄り、ゴール直前で差し切ってV。京都2歳Sに続く重賞連勝を飾りました。1/2馬身差2着のマイスタイルから1馬身1/4差の3着には好位のインからしぶとく脚を伸ばしたダンビュライトが入り、ここまでの3頭が皐月賞への優先出走権を手にしています。
 
公認プロ予想家では導師嵐山プロKOMプロスガダイプロマカロニスタンダーズプロら5名が的中しています。
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
5(日)阪神3Rで『距離延長で良さが出れば。差しで穴を開ける鞍上にも期待。』とした◎スズカブルグ(単勝75.1倍)から○◎△3連複1954.2倍をゲット!複勝・馬連・ワイドと合せ計27万8860円払戻しのホームラン的中を記録しました。週末トータル回収率198%、収支22万880円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →ジ ョ アプロ
4(土)に、勝負予想とした小倉8Rで◎オールドクラシック(単勝11.0倍)の単勝&複勝計7万円払戻しを記録するなどトータル回収率132%の活躍を見せると、5(日)小倉2Rでは3連単31万6190円的中を披露!他にも阪神10Rの◎スーサンジョイ的中など含め土日両日回収率100%超えの好調となった先週は、トータル回収率141%、収支28万2720円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
5(日)小倉1Rで◎プエルタデルソル(単勝35.5倍)の予想を披露し、単勝&馬連的中計37万3490円払戻しのビックヒットをマーク!他にも、随所に本命◎精度の高さをみせた先週は、週末トータル回収率141%、収支20万6190円プラスの好成績を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
4(土)小倉6Rでの◎ハトマークレディ-○タガノヴェルリー馬連的中(9万7000円払戻し)、G3オーシャンSでのクリスマス複勝的中(2万2000円払戻し)など、先週も随所に“真骨頂”の1点予想的中を披露。週末トータルでは回収率134%を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →西野圭吾プロ
5(日)阪神11Rチューリップ賞で「初戦は調教量少なく7分のデキもあったかどうかだった。今回、初戦とは比べ物にならないほど調教量を積んで、楽しめる」と評した◎ミスパンテールから、▲◎○での3連複1点的中含め、馬連&ワイドをゲットし計7万5700円を払戻し!週末トータルでは回収率105%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
4(土)小倉9Rの◎マイネルパッセ(単勝34.7倍)、5(日)小倉10R、同阪神10Rの◎○的中、G2中山11Rの△▲◎的中など好調予想を幾度となく披露し連日プラス収支をマーク!週末トータルでは回収率112%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
4(土)中山7Rで◎ダイワエキスパートから◎△○3連単的中を披露し12万8600円を払戻し。5(日)中山2Rでは◎○×の印で3連単320.6倍を1000円分的中させ32万600円払戻しのビックヒットを記録しました。
 
☆☆☆注目プロ →サウスプロ
4(土)中山3Rで、3連複2点勝負を敢行し○◎△的中。11万5500円払戻しのスマッシュヒットを披露すると、続く小倉4Rでは馬連3点勝負で▲◎的中を披露。19万8660円の高額払い戻しをマークしています。
 
この他にも馬っしぐらプロ (131%)、【U指数】馬単マスタープロ(127%)、くりーくプロ(112%)、エース1号プロ(107%)が週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果速報はこちら
 
来週も競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

2016年8月16日(火) 18:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(8/13~8/14)スガダイプロがG3関屋記念含め的中率45%、回収率118%、土日プラスをマーク!
閲覧 765ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は、14(日)に新潟競馬場でG3関屋記念が、札幌競馬場でG3エルムステークスが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3関屋記念は、スタート直後先頭に立ったピークトラムを交わして2番人気ロサギガンティアがハナを叩きこのまま隊列が決まるかというところへ、スタートでやや後手を踏んだレッドアリオンがまとめて外から交して先頭に。1番人気マジックタイムは後方5番手、3番人気ヤングマンパワーは6番手あたりを追走して直線勝負へ。早々いっぱいになったレッドアリオンを交わしてロサギガンティアが先頭に躍り出るとその外からダノンリバティ、さらに外からはヤングマンパワーが脚を伸ばして迫ります。残り200mを過ぎて脚色が鈍ったロサギガンティアを、ダノンリバティヤングマンパワーが交わして一騎打ちの様相に。内からラングレー、中ほどからはダンスアミーガマジックタイムあたりも末脚を伸ばしますがこれらは3着争いまで。ゴール直前で内のダノンリバティを捉えたヤングマンパワーが重賞2勝目を挙げています。クビ差2着のダノンリバティから1馬身1/4差の3着にはマジックタイムが入っています。
 
公認プロ予想家ではスガダイプロ霧プロ導師嵐山プロら4名が的中しています。
 
G3エルムステークスは、1番人気モンドクラッセクリノスターオーの8枠両頭が隊列を従えて道中マイペースの流れを刻んでいきます。好位にヒラボクプリンスショウナンアポロンロワジャルダンといったところが続き、2番人気ジェベルムーサは中団のインを追走。リッカルドブライトラインも中団からとなって、後方にマルカフリートナムラビクターサイモントルナーレナリタスーパーワンの態勢で3コーナーへ突入。ブライトラインが押し上げ、その後ろからはリッカルド、ワンテンポ遅れて外に持ち出されたジェベルムーサも進出を開始。中でも抜群の手応えを見せたリッカルドモンドクラッセクリノスターオーを射程圏に入れて直線の叩き合いへ。逃げ切りを図るモンドクラッセを残り100mで競り落とした伏兵リッカルドが、最後再び盛り返しを見せクビ差まで迫った2着クリノスターオーの追撃も封じて堂々のV。嬉しい重賞初制覇を飾りました!1番人気モンドクラッセはそこからさらに1馬身1/2差の3着に敗れています。
 
公認プロ予想家ではジ ョ アプロらが的中しています。
 
------------------------------------------------------------------------------

☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
14(日)関屋記念を○ダノンリバティ-◎マジックタイムのワイドで仕留め、1万6900円払戻し。他にも先週は、13(土)新潟3R(馬連140.1倍等的中!)、小倉10R(○スズカビスタ複勝7.9倍等的中!)、札幌4R(3連複65.1倍、馬連22.4倍的中!)。14(日)札幌2R(◎アポロリベリオン単勝11.3倍等的中!)、新潟3R(◎ルールブリタニア単勝12.6倍等的中!)などなど、安定した広角打法で安打量産し、土日両日プラスを達成!週末トータル的中率45%、回収率118%の好成績をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →馬っしぐらプロ
13(土)札幌8Rで○◎▲的中を披露し計3万2770円を払戻し。同札幌11Rでは2万3280円払戻し、さらに続く新潟11Rでは6万1570円払戻しなど固め打ちを披露!14(日)にも新潟12Rでのウエスタンユーノーの単勝的中など好調予想を披露した先週は、トータル回収率133%のトップ成績をマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
13(土)新潟3Rアームズレングスの単勝37.4、複勝17.3倍を的中し計27万3500円のスマッシュヒットをマーク!さらに、同日札幌11Rでは、◎ウインムートから馬連78.8倍、3連単337.1倍&970.1倍(3着同着につき2通り払戻し)計34万240円のビッグヒット!週末トータル回収率115%、収支11万3540円プラスの好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →サウスプロ
13(土)新潟3Rで▲アームズレングス-◎エバーパッションの馬連的中し46万2330円払戻しを披露!続く新潟4Rでも枠連1点的中で20万8000円払戻しとビッグヒット連発をマーク!週末トータルでは回収率110%を達成しています。
  
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
13(土)の勝負レース札幌3Rをきっちりと仕留めると、同勝負レース指定の新潟11Rでは▲ウインガニオン-◎アルマエルナトで馬連368.7倍を400円分的中し14万7480円を払戻し!この他にも土日通じて安定した成績を披露した先週は、週末トータル回収率117%の好成績を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
14(日)の勝負レース新潟1Rで『かきこみ走法でダート適性高そう。初ダートの今回が狙い目。』と狙った◎シゲルコング-○ハルクンノテソーロの馬連、ワイド1点勝負的中を披露!4万8000円を払戻しています。土日トータルでは、回収率128%を記録しています。

 
この他にもくりーくプロ(119%)、シムーンプロ(104%)が週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。


今週もウマニティプロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

ウインムートの口コミ


口コミ一覧
閲覧 64ビュー コメント 0 ナイス 27

ノブワイルドが逃げ切り勝ち。やや重馬場も味方したように思います。2着はオウケンビリーヴ、3着にトーセンハルカゼが最高突っ込んできました。波乱の結果です。

私の本命だったウインムートは3コーナー辺りから手応えが怪しくなり終了しました。

この三連休の的中は、堅かったオールカマーのトリ神様のみ。

来週から秋のG1開幕です。頑張りましょう。

 ちびざる 2018年9月24日(月) 17:17
【交流重賞】テレ玉杯オーバルスプリントの結果
閲覧 25ビュー コメント 0 ナイス 2

※交流重賞の結果のみ。

1着:②ノブワイルド
2着:⑫オウケンビリーヴ
3着:⑧トーセンハルカゼ


1着の②ノブワイルドは△
2着の⑫オウケンビリーヴは〇
3着の⑧トーセンハルカゼは無印

でした。

私の注目馬の⑤ウインムートは8着でした。

予想買い目は、
馬単ボックス
⑤⑨⑫
3連複流し
②→⑤⑨⑫

予想はハズレました。_| ̄|○

映像は見ていないので、レースの感想は書けません。m(__)m


私が注目馬の⑤ウインムートは8着でした。
レース映像は見ていないので何とも言えませんが
地方のダートが合わなかったのか騎手が乗り替わりましたが
それが原因なのか。
ちょっと分かりかねる敗戦でした。


1着の②ノブワイルドは、3/4馬身差でしたが、JRA勢を差し置いての勝利は見事でした。
地元で内枠でやはり地の利を生かした形でした。
次走のダートグレート重賞はどうかとなると話は別で
今回はハマったって感じだと思います。

2着の⑫オウケンビリーヴはJRA勢では最先着でした。
やはり地方のダートになれているという感じはします。
ただ、千四より千二って感じがします。
今回勝って距離にメドを立てたかったと思います。
ただ2着なので悲観するほどではないのですが、次走どこを使うのか注目したいですね。


的中された方、おめでとうございます。

[もっと見る]

 山崎エリカ 2018年9月24日(月) 11:33
オーバルスプリントの予想
閲覧 47ビュー コメント 0 ナイス 10

1番人気は勝てないジンクスを打ち破れるか?
1番人気はウインムート
_____________________

2011年にグレードレースとして生まれ変わり、今年で早8年目のテレ玉杯オーバルスプリント。このレースはかつて12月に南関東限定重賞「S2」として行われていましたが、格上げに伴って9月に移行。最近は、秋の大一番へ向けての始動戦として、すっかり定着しました。

実はこのオーバルスプリントには、「1番人気は勝てない」というジンクスがあって、過去7年とも1番人気が優勝していません。昨年も全日本2歳優駿の優勝馬で、NHKマイルC・2着のリエノテソーロが1番人気に支持されましたが、結果は勝ち馬から大きく離されての5着でした。


続きは、こちら!
→https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=10941

予想は、こちら!
→https://nar.umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?user_id=3100000007&race_id=2018092418070111

[もっと見る]

⇒もっと見る

ウインムートの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ウインムートの写真

ウインムート
ウインムート
ウインムート

ウインムートの厩舎情報 VIP

2018年7月8日プロキオンステークス G33着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ウインムートの取材メモ VIP

2018年7月8日 プロキオンステークス G3 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。