サルサディオーネ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
サルサディオーネ
写真一覧
現役 牝5 栗毛 2014年5月3日生
調教師羽月友彦(栗東)
馬主菅原 広隆
生産者荒谷牧場
生産地青森県
戦績23戦[4-4-1-14]
総賞金6,810万円
収得賞金3,440万円
英字表記Salsa Dione
血統 ゴールドアリュール
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ニキーヤ
サルサクイーン
血統 ][ 産駒 ]
リンドシェーバー
シーサイドエンゼル
兄弟 サルサレイアサルサファンタジア
前走 2019/08/24 BSN賞 (L)
次走予定

サルサディオーネの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/08/24 新潟 11 BSN賞 (L) ダ1800 128125.942** 牝5 53.0 池添謙一羽月友彦518(+14)1.50.7 0.037.4--アイファーイチオー
19/07/04 川崎 11 スパーキング G3 ダ1600 14--------2** 牝5 55.0 岩田康誠羽月友彦504(--)1.41.4 0.8----ファッショニスタ
19/05/05 東京 10 ブリリアント (L) ダ2100 162446.11414** 牝5 53.0 吉田豊羽月友彦502(+2)2.10.3 2.238.6アングライフェン
19/02/27 川崎 11 エンプレス杯 G2 ダ2100 13--------7** 牝5 55.0 丸山元気羽月友彦500(--)2.18.2 2.9----プリンシアコメータ
19/01/30 川崎 11 川崎記念 G1 ダ2100 11--------7** 牝5 55.0 丸山元気羽月友彦495(--)2.19.5 4.5----ミツバ
18/12/12 船橋 11 クイーン賞 G3 ダ1800 11--------2** 牝4 54.0 丸山元気羽月友彦501(--)1.53.4 0.7----アイアンテーラー
18/11/04 京都 12 JBCレディ Jpn1 ダ1800 165950.1912** 牝4 55.0 丸山元気羽月友彦506(0)1.53.1 2.740.4アンジュデジール
18/08/25 新潟 11 BSN賞 OP ダ1800 12225.331** 牝4 51.0 池添謙一羽月友彦506(0)1.51.8 -0.036.7ナムラミラクル
18/08/12 新潟 10 柳都S 1600万下 ダ1800 10893.835** 牝4 55.0 丸山元気羽月友彦506(+6)1.52.4 1.439.4ミッシングリンク
18/06/30 中京 11 白川郷S 1600万下 ダ1800 166129.1410** 牝4 54.0 酒井学羽月友彦500(-6)1.52.5 1.537.6ミキノトランペット
18/06/03 東京 12 三浦特別 1000万下 ダ1600 15467.751** 牝4 55.0 丸山元気羽月友彦506(+10)1.37.1 -0.237.0タガノカトレア
18/04/21 福島 11 福島牝馬S G3 芝1800 121180.21112** 牝4 54.0 丸山元気羽月友彦496(+8)1.52.9 6.142.0キンショーユキヒメ
18/02/28 川崎 11 エンプレス杯 G2 ダ2100 11--------3** 牝4 54.0 丸山元気羽月友彦488(--)2.16.5 0.2----アンジュデジール
18/01/21 中京 11 東海S G2 ダ1800 162493.21216** 牝4 53.0 丸山元気羽月友彦494(-4)1.55.8 4.041.2⑧⑭テイエムジンソク
17/12/28 阪神 11 ベテルギウス OP ダ1800 162480.31411** 牝3 53.0 丸山元気羽月友彦498(+2)1.53.4 1.439.4ルールソヴァール
17/11/05 京都 11 みやこS G3 ダ1800 161281.01015** 牝3 52.0 丸山元気羽月友彦496(+12)1.54.9 4.842.2テイエムジンソク
17/10/05 大井 11 レディスプレ G2 ダ1800 16--------14** 牝3 53.0 岩田康誠羽月友彦484(--)1.56.6 3.5----クイーンマンボ
17/08/06 新潟 11 レパードS G3 ダ1800 155987.1122** 牝3 54.0 吉田豊羽月友彦490(+2)1.53.1 0.238.6ローズプリンスダム
17/07/02 中京 7 3歳以上500万下 ダ1800 16594.621** 牝3 52.0 和田竜二羽月友彦488(+2)1.52.2 -0.837.3アオイテソーロ
17/02/11 京都 6 3歳500万下 ダ1800 1461011.546** 牝3 54.0 幸英明羽月友彦486(0)1.52.0 1.438.0グランドディアマン

⇒もっと見る


サルサディオーネの関連ニュース

 BSN賞(L、ダ1800メートル)が24日、新潟競馬場で12頭によって争われ、2番手から伸びた8番人気アイファーイチオー(栗・上村、牡5)が逃げた4番人気サルサディオーネとの激しい追い比べをハナ差で制し、オープン初勝利を飾った。1番人気ローズプリンスダムは9着に敗れた。

 ◆丸山騎手(アイファーイチオー1着)「2回目の騎乗で持ち味を引き出せた。長くいい脚を使ってくれたし、1、2コーナーも楽に行かせてもらえた」

 ◆池添騎手(サルサディオーネ2着)「逃げるのが自分の形。いいリズムで頑張ってくれた」

 ◆西村淳騎手(ローズプリンスダム9着)「ゲートで隣の馬と遊ぼうとしたり、道中もハミを取らなかったりで集中していない感じでした」

【リステッドレース・データ分析(特別編)】BSN賞 関西馬が攻勢!順調に使われている馬が優位!2019年8月24日() 10:30

BSN賞の過去のレース結果をもとに、ファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。

※2013年以降の結果をもとに検証

【全般】
前走5着以内の馬が攻勢

エポック
ローズプリンスダム
サルサディオーネ

順調に使われている馬(中7週以内)の上位占有率が高い

エポック
ローズプリンスダム
コパノチャーリー
サトノアッシュ
ニットウスバル
マインシャッツ
アイファーイチオー
サルサディオーネ

同年の左回りのレースにおいて複勝圏内経験がある馬の上位入線が目につく

ローズプリンスダム
サトノアッシュ
アイファーイチオー
サルサディオーネ

2013年以降の1~2着馬はすべて栗東所属馬

エポック
ピオネロ
コパノチャーリー
サトノアッシュ
ナムラミラクル
ホーリーブレイズ
マインシャッツ
アイファーイチオー
サルサディオーネ

【人気】
人気サイド(1~4番人気)が堅調
※10時00分現在の1~4番人気

グレンツェント
ローズプリンスダム
ナムラミラクル
サルサディオーネ

【脚質】
先行勢が好成績

ローズプリンスダム
コパノチャーリー
サトノアッシュ
ナムラミラクル
サルサディオーネ

※近走の内容を参考に先行策をとりそうな馬を想定

前走の4角通過順が4番手以内だった馬の好走率が高い

ピオネロ
ローズプリンスダム
コパノチャーリー
アイファーイチオー
サルサディオーネ

【枠順】
中~外枠(5~8枠)がやや優勢

コパノチャーリー
サトノアッシュ
ナムラミラクル
ニットウスバル
ホーリーブレイズ
マインシャッツ
アイファーイチオー
サルサディオーネ

【血統】
ミスプロ系種牡馬を父もしくは母父に持つ馬の上位占有率が高い

グレンツェント
エポック
コパノチャーリー
サトノアッシュ
ニットウスバル
ホーリーブレイズ
サルサディオーネ

パワーまたはスタミナ型のターントゥ系種牡馬の産駒が毎年のように上位進出

グレンツェント
ピオネロ
ローズプリンスダム
ナムラミラクル
ホーリーブレイズ
マインシャッツ
サルサディオーネ


【6項目以上該当馬】
サルサディオーネ(10項目)
ローズプリンスダム(7項目)
コパノチャーリー(6項目)
サトノアッシュ(6項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【古馬次走報】マテラスカイ、BCスプリント目標ローテ 2019年7月11日(木) 05:05

 ★プロキオンS5着マテラスカイ(栗・森、牡5)は、BCスプリント(11月2日、サンタアニタ、GI、ダ1200メートル)を目標にしたローテーションが組まれる。7着キングズガード(栗・寺島、牡8)は、チャンピオンズC(12月1日、中京、GI、ダ1800メートル)を目標に、何戦か挟む予定。15着アードラー(栗・音無、牡5)は、阿蘇S(8月10日、小倉、OP、ダ1700メートル)を予定。

 ★七夕賞快勝のミッキースワロー(美・菊沢、牡5)は放牧へ。秋は産経賞オールカマー(9月22日、中山、GII、芝2200メートル)で始動、天皇賞・秋(10月27日、東京、GI、芝2000メートル)に向かう。5着アウトライアーズ(美・小島、牡5)は、栗東入りして小倉記念(8月4日、小倉、GIII、芝2000メートル)に向かう。鞍上は丸田騎手を予定。6着タニノフランケル(栗・角居、牡4)も小倉記念を予定。ここには巴賞3着カデナ(栗・中竹、牡5)も参戦する。

 ★プロキオンS8着ウインムート(栗・加用、牡6)は、コリアC(9月8日、ソウル、GIII、ダ1800メートル)に登録。選出されなければ東京盃(10月2日、大井、交流GII、ダ1200メートル)へ。

 ★ラジオN賞1着ブレイキングドーン(栗・中竹、牡3)は、神戸新聞杯(9月22日、阪神、GII、芝2400メートル)へ。13着レッドアネモス(栗・友道、牝3)は、ローズS(9月15日、阪神、GII、芝1800メートル)を視野。僚馬で天皇賞・春5着ユーキャンスマイル(牡4)は、新潟記念(9月1日、新潟、GIII、芝2000メートル)を視野に入れる。

 ★マリーンS1着リアンヴェリテ(栗・中竹、牡5)、2着のモズアトラクション(栗・松下、牡5)はともにエルムS(8月11日、札幌、GIII、ダ1700メートル)へ。

 ★函館SS除外のダノンスマッシュ(栗・安田隆、牡4)は川田騎手で、2着アスターペガサス (栗・中竹、牡3)は福永騎手でともにキーンランドC(8月25日、札幌、GIII、芝1200メートル)へ。

 ★スパーキングレディーCでの2着のサルサディオーネ(栗・羽月、牝5)は、BSN賞(8月24日、新潟、L、ダ1800メートル)へ。

 ★韋駄天S10着レッドラウダ(栗・音無、牡6)は、藤田菜七子騎手でアイビスSD(28日、新潟、GIII、芝1000メートル)を予定。

 

[もっと見る]

【スパーキングレディーカップ(Jpn3)A1下牝馬オープン選定馬】(川崎)~ファッショニスタが優勝2019年7月4日(木) 21:09

4日、川崎競馬場の第11Rに行われた第23回 スパーキングレディーカップ(Jpn3)A1下牝馬オープン選定馬(ダート 左1600m サラブレッド系3才以上 別定)は川田将雅騎手騎乗の1番人気・4番ファッショニスタ牝5)が優勝した。
勝ちタイムは1分40秒6(不良)。さらに4馬身差の2着に6番人気・2番サルサディオーネ牝5)、そこから6馬身差の3着に11番人気・9番ローレライ(牝5)が入った。
ファッショニスタは、父ストリートセンス、母アクアリスト、母の父Coronado’sQuestという血統で安田隆行厩舎の所属馬。生産は沙流郡日高町・ダーレー・ジャパン・ファーム有限会社。馬主はゴドルフィン。通算成績は16戦6勝。
スパーキングレディーカップ(Jpn3)A1下牝馬オープン選定馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【スパーキングLC】ファッショニスタが重賞初制覇 2019年7月4日(木) 20:36

 7月4日の川崎11Rで行われたホクトベガメモリアル第23回スパーキングレディーカップ(3歳以上牝馬オープン、交流GIII、ダート・左1600メートル、別定、14頭立て、1着賞金=2500万円)は、川田将雅騎手騎乗の1番人気ファッショニスタ(牝5歳、栗東・安田隆行厩舎)が2番手追走から直線半ばで先頭に立ち、後続に4馬身差をつけて初タイトルを獲得した。タイムは1分40秒6(不良)。

 2着には逃げ粘ったサルサディオーネ(6番人気、JRA)、さらに6馬身差遅れた3着に内めを追い込んだローレライ(11番人気、大井)、そこからさらにクビ差遅れた4着に3歳のマドラスチェック(3番人気、JRA)が入った。

 スパーキングレディーCを勝ったファッショニスタは、父ストリートセンス、母アクアリスト、母の父コロナドズクエストという血統。北海道日高町・ダーレー・ジャパン・ファーム有限会社の生産馬で、馬主はゴドルフィン。通算成績は16戦6勝。重賞初制覇。スパーキングレディーCは、安田隆行調教師、川田将雅騎手ともに初優勝。

 ◆川田騎手(ファッショニスタ 1着)「テンに速い馬がそろっていたから、もう少し後ろからのイメージだったけど、結果としていい位置で競馬ができた」

 ◆岩田康騎手(サルサディオーネ 2着)「砂をかぶると嫌がる馬だから、こういう競馬になった。不良馬場だけど頑張ってくれた」

 ◆本田重騎手(ローレライ 3着)「直線でいいところが開いた。手応えも良くて、しまいをしっかり使ってくれた」

 ◆斎藤騎手(マドラスチェック 4着)「枠順と斤量で前に行きたかったけど、二の脚がつかなかった。もまれ弱い面が出たのと、経験の差が出たのかも」

 ◆的場文騎手(マルカンセンサー 5着)「道中でついていければ、これくらいはやれる。右回りのほうがいい」

 ◆左海誠騎手(ミッシングリンク 6着)「返し馬は良かったんだけど、馬場のせいか、ノメって走っていた」

 ◆御神本訓騎手(ラーゴブルー 7着)「出負けと、3コーナーで先頭集団について行けなかった」

 ◆古川騎手(ゴールドクイーン 8着)「行きっぷりが悪かったし、コーナーも上手に回れなかった」

[もっと見る]

【スパーキングLC】レース展望 2019年7月3日(水) 14:22

 4日(木)に川崎競馬場で、第23回スパーキングレディーC(交流GIII、3歳以上オープン、牝馬、別定、ダート・左1600メートル)が行われる。これまでJRA勢18勝、地方勢3勝(いずれも船橋所属馬)とJRA勢に分がある一戦だが、今年は果たしてどんな結果となるか。注目の一戦を展望する。



★“齋藤親子タッグ”で重賞初Vを狙うマドラスチェック



 メンバー唯一の3歳馬で、前走の関東オークス(交流GII)で2着していることからも上位人気の一角となりそうなマドラスチェック(3歳、美浦・齋藤誠厩舎)は、今年3月にデビューした新人・齋藤新騎手と新コンビを結成。あえて美浦で厩舎を営む父・齋藤誠調教師とは離れた栗東デビューを選択した若武者だが、注目の一戦で親子の力を見せつけることになるか。



 今回は、関東オークスに続いて2戦連続の川崎コースということで舞台自体は問題ないが、何といっても気になるのは2100mから一気に500mの距離短縮される点。52キロの斤量はいかにも有利に映るが、最内枠からスムーズに立ち回れるかどうかが、上位進出のカギとなりそうだ。



 なお、1着ゴールを果たせば、アンジュデジール(2017年)以来2年ぶりとなる3歳馬による制覇となる。齋藤新騎手にとっては中央・地方を通じて初重賞騎乗で勝利という快挙がかかっているが、果たしてどのような結果が出るか注目したい。



★実績上位のゴールドクイーンは初マイル克服がカギ



 3歳時に芝1200mの葵S(重賞)で重賞初Vを果たし、前走のかきつばた記念(交流GIII)で2つ目の重賞タイトルを獲得。芝・ダートで重賞制覇を果たしており、ここでは実績最上位の存在といえるゴールドクイーン(4歳、栗東・坂口智康厩舎)は、未知の領域となる1600mの距離を克服できるか否かが大きなカギを握っている。



 初体験となるマイル戦に加えて、左回りもデビュー3戦目に出走して10着大敗となった昇竜S(3歳オープン)以来となるが、担当の坂口弘真助手は「前走は久々のためにスタートがいつもほど良くなかったけど、それでも勝ってくれました。左回りは久しぶりですが、苦にするような感じはないし、ひと叩きして上向いています。ポイントは距離の1600mに尽きますね。スピードが生きるぶん、馬場は渋った方がいいと思います」とコメント。



 内枠にサルサディオーネ、ラーゴブルー、ミッシングリンクといった同型の先行馬が複数いることで難しい立ち回りを余儀なくされることになりそうだが、目下の充実度でどこまで自分の力を出し切れるか注目したいところだ。



★抜群の安定感を誇るファッショニスタが初の地方参戦



 これまでキャリア15戦で【5.7.1.2】と抜群の安定感を誇り、重賞勝ちの実績こそないものの昨秋のJBCレディスクラシック(交流GI)で3着に善戦するなど、牝馬重賞戦線では上位の力を持つことを証明しているファッショニスタ(5歳、栗東・安田隆行厩舎)が、初の地方遠征に挑む。



 初舞台となるだけに、管理する安田隆行調教師は「前走(天保山S・2着)は牡馬相手に、スピードがあるところを見せてくれました。いい内容だったと思います。その後も順調にきていますよ。JBCレディスクラシックで3着に来ているように牝馬同士なら力上位で、距離も守備範囲。あとはコースがどうかですね。地方は初めてですし、大型馬なので小回りへの対応がカギ」と慎重な姿勢だが、能力自体は通用していい。



 逃げ・差し自在に力を出し切れる脚質だけに、内外に並ぶ先行馬を行かせて脚を溜める形となりそうだが、ペースアップする勝負どころの3、4コーナーで極端に置かれるようなことがなければ、上位争いに顔を出してくる可能性が高いのではないだろうか。

★自分の形で行ければ渋太いサルサディオーネ



 今年に入ってからの3戦は7、7、14着と苦しいレースが続いているものの、昨年のエンプレス杯(交流GII)3着、クイーン賞(交流GIII)2着と、牝馬の交流重賞で何度も見せ場を作っているサルサディオーネ(5歳、栗東・羽月友彦厩舎)も、通用していい一頭。



 一にも二にも自分の力を出し切れるかどうかが結果に左右する馬で、管理する羽月友彦も「体調面は相変わらずいいですね。毎回のことですが、気難しさが課題。ハナに行くか2番手でも外でうまく運ばないとだめ。距離に関しては2100mもこなすものの、マイルの方が競馬はしやすいはず。まともなら重賞を勝つだけのモノは持っているので、なんとか力を出し切る競馬ができれば」と語っている。



 絶好の内枠に入ったものの、外から先行馬が殺到しそうな組み合わせとなっているだけに、スタート直後から隊列が決まるまでをいかにスムーズに乗り切れるかが結果に直結しそう。ラヴェリータに騎乗してこのレースを2勝(09、10年)した経験もあり、3歳秋以来のコンビ再結成となる岩田康誠騎手の手綱捌きに期待したいところだ。



★地元の南関勢もラーゴブルーを筆頭に注目馬がズラリ



 強力なJRA勢を迎え撃つ地元の南関勢も、注目馬がズラリと揃っている。その中でも最注目の存在になるのは、前走のマリーンC(交流GIII)で初の交流重賞制覇を果たしているラーゴブルー(5歳、川崎・内田勝義厩舎)だろう。



 そのマリーンCは7頭立ての少頭数で行われたものの、昨年のスパーキングレディーCの覇者でもあるリエノテソーロや、交流重賞勝ちの実績があるアイアンテーラーが相手だっただけに、価値のある結果といえる。多頭数の内枠だけにレース序盤の立ち回りは無難にこなしたいところだが、しっかり力を出し切りさえすれば前走の再現があってもいいのではないか。



 昨年のTCK女王盃(交流GIII)を制した実績があり、JRAからの移籍初戦となった前走の京成盃グランドマイラーズで3着と新天地でまずまずの再スタートを切ったミッシングリンク(5歳、浦和・小久保智厩舎)も注目の一頭。6月28日に南関東歴代1位となる1277勝目をマークした小久保智調教師の元で、どこまで全盛期の力を取り戻せているのか注目したい。



 もう一頭挙げるなら、大井のレジェンド・的場文男騎手が騎乗するマルカンセンサー(4歳、大井・高野毅厩舎)か。近2走は、自己条件をいずれも圧倒的な内容で連勝中。今回は重賞で相手が一気に強化されるが、4走前のTCK女王盃(交流GIII)で2着に好走した実績があるだけに、目下の勢いなら通用する可能性がありそう。先行馬が揃ったことで、後方待機馬に展開が向く可能性がありそうなのも、この馬にとっては歓迎だ。

[もっと見る]

⇒もっと見る

サルサディオーネの関連コラム

閲覧 863ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、4(日)に京都競馬場でJpn1JBCクラシック、Jpn1JBCスプリント、Jpn1JBCレディスクラシックが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
Jpn1JBCクラシックは、1番人気サンライズソアに、テーオーエナジーシュテルングランツテイエムジンソクといったところが加わって一団の先行勢で1コーナーを通過。軽快なラップを刻んだうえに、向こう正面でテイエムジンソクが積極策でハナを叩こうとしたためさらに馬群は縦長となる展開に。早々、手応えが怪しくなる馬もちらほらみられ始める中、3コーナーで外を回って3番人気ケイティブレイブが手応えよく進出。2番人気オメガパフュームはその直後、4番人気アポロケンタッキーはさらに2~3馬身後方で4コーナーから直線へ。迎えた直線、サンライズソアテーオーエナジーの横並びで残り300mを通過すると、その後方から抜群の伸び脚でケイティブレイブが迫り、こちらも脚色良くオメガパフュームケイティブレイブから2馬身ほどのところまで浮上。サンライズソアテーオーエナジーを競り落として単独先頭になったのも束の間、これを目標に伸びたケイティブレイブが残り100mで交わし去ってそのまま先頭でゴール。交流G1・3勝目を挙げています。3/4馬身差2着にオメガパフュームがラストで浮上し、サンライズソアはそこから1馬身差の3着に敗れています。
公認プロ予想家では、いっくんプロスガダイプロジョアプロ赤木一騎プロ馬っしぐらプロ馬侑迦プロら計6名が的中しています。
 
Jpn1JBCスプリントは、1番人気マテラスカイがスムーズにハナを奪って1馬身ほどのリードで牽引。序盤の攻防はそれほど激しいものにはならなかったものの、軽快なペースで運ぶマテラスカイ。狙いすましたようにその直後の最内を確保し、終始ぴったりとマテラスカイをマークする位置で運んだ4番人気グレイスフルリープが2番手で続き、4コーナーを出ます。先を行くマテラスカイと、追うグレイスフルリープ。この2頭が後続との差をやや広げ、勝負の行方は一騎打ちの様相。残り200mでも1馬身半差をキープしていたマテラスカイのリードはここから徐々になくなり、グレイスフルリープの脚色優勢で叩き合いに持ち込まれると、残り50mで内のマテラスカイを交したグレイスフルリープが先頭でゴール。国内G1初勝利を決めています。2着はクビ差でマテラスカイ。直線半ばまでは、前を行く2頭から4~5馬身ほど後方で繰り広げられていた3番手争いは、ラブバレットキタサンミカヅキに、レッツゴードンキキングズガードモーニンといった後方勢が加わっての攻防となりましたが、5番人気キタサンミカヅキがこの争いから抜け出し3着に入っています
公認プロ予想家では、伊吹雅也プロ☆まんでがんプロ蒼馬久一郎プロ赤木一騎プロ他6名が的中しています
 
Jpn1JBCレディスクラシックは、アイアンテーラーのペースで展開。締まったペースに縦長となる馬群の中、中団の1番人気ラビットランアンジュデジールといったところが、3コーナー過ぎで進出を開始。3番手プリンシアコメータを早々に交わして先団に取り付く構えを見せると、4コーナーではアイアンテーラーサルサディオーネの直後まで迫ったこの2頭が、ここで一気に先頭を奪って併せ馬で直線勝負へ。最内アンジュデジールに外からラビットランが襲い掛かり、3番手を窺っては2番人気クイーンマンボといった態勢。後続からは、3番人気フォンターナリーリアンデスクイーンといったところも伸びを見せますが、これらはすぐに脚が上がって後退。代わってさらに外を通って5番人気ファッショニスタが鋭い伸びで3番手クイーンマンボに並び掛ける勢い。直線半ば、一旦はクイーンマンボに完全に交わされた6番人気アンジュデジールでしたが、再び盛り返す粘り腰でゴール直前では差し返す根性をみせると、最後は内からグイっと出てアタマ差V。嬉しい初G1制覇を飾っています。2着ラビットランから1/2馬身差の3着には5番人気ファッショニスタが入っています。
公認プロ予想家では、西野圭吾プロはははふほほほプロ山崎エリカプロ金子京介プロ蒼馬久一郎プロろいすプロ他9名が的中しています
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
3(土)福島11Rで計11万320円払戻しのスマッシュヒット。4(日)にも、東京6Rでのスマッシュヒットなど前半から好調をアピールすると、福島9Rでは◎フラッグアドミラル(単勝23.6倍)から3連複319倍含む計33万6,000円、東京9Rでは◎トーラスジェミニ(単勝35.3倍)から馬単ほか総獲りの計10万7,390円払戻しなどの活躍ぶり。週末トータルでは、回収率147%、収支トップの339,190円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
3(土)は福島9RG2京王杯2歳Sで的中をマーク。4(日)には東京4RJpn1JBCクラシックでの◎○▲パーフェクト的中などを披露すると、東京12Rでは34万3,000円のビッグヒットを記録。土日2日間では、回収率118%、収支13万690円プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
4(日)JBCスプリントでは、『相手は今年の東京盃で4着以内となったキタサンミカヅキグレイスフルリープ』と評し、▲◎○的中を披露!前日の3(土)G2京王杯2歳Sでの◎×▲的中と合わせ、週末トータル回収率148%をマークし、2週連続週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
4(日)東京8Rの◎エントシャイデン(単勝73.8倍)、勝負レース福島10Rでの◎マイネルサーパス的中で週末プラス(トータル回収率103%)を達成。
 
 
 
この他にも、馬侑迦プロ(132%)、馬っしぐらプロ(106%)、dream1002プロ(103%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。

また、先週はJRDBから期間限定参戦中の赤木一騎プロ(238%)、金子京介プロ(126%)らも活躍をみせています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年10月31日(水) 18:30 競馬プロ予想MAX
最速プロ予想『シューナカ☆』Vol.56・JBC 3競走特別編 ――京都開催でも、注目すべきはコース適性ではなく・・・?
閲覧 1,451ビュー コメント 0 ナイス 8



前回の~天皇賞(秋)編~では、2番人気1着レイデオロへの「今回のメンバーでは能力的に一枚上の存在では」(スガダイプロ)、「本質的には2000m以下が合っている。人気次第では、本命に推したい」(サラマッポプロ)、4番人気2着サングレーザーに対する「好走するにはいろいろと恵まれないと厳しいだろうが、前走・札幌記念時以上の神騎乗が可能なモレイラ騎手で怖さある」(スガダイプロ)、「末脚を活かすことができれば上位進出の可能性は十分」(河内一秀プロ)などの声を掲載。また、10着に敗れたスワーヴリチャードに対しては「(1番人気になりそうな感じかな?)だったらあまり積極的には買いたくない。やはり人気を考えれば前走が内容的に物足りない」(スガダイプロ)といった見解も聞かれた当コラム。今週も、レース展望や人気馬の取捨検討にぜひお役立て下さい。
なお、今週はJRA初開催となるJBC3競走特別編として、JBCレディスクラシックJBCスプリントJBCクラシックの3競走スペシャル編成でお届けします。
○コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。⇒ http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7125

本日のターゲットは、11/4(日)JBCレディスクラシックJBCスプリントJBCクラシック
今回は、ウマニティ公認プロ予想家のサラマッポ伊吹雅也岡村信将くりーくの4人にアノ注目馬を中心に、その他の特注馬も含め見解を直撃!
※見解は全て10/29(月)時点のものです。


●今回のプロ予想家陣
サラマッポプロ・・・独自の馬体・走法分析から未知の適性を見抜き、厳選したレース&穴馬を狙い撃ちするスタイルで毎年プラス収支をマーク(近11年中9年で年間プラス達成!今年も9/23終了時点で年回収率102%とプラス継続中)。
伊吹雅也プロ・・・埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』において「データ分析」のコーナーを担当する。2018年02月23日には最新刊『コース別 本当に儲かる血統大全 2018-2019』(ガイドワークス)をリリースするなど著者としての活動も精力的に行っている。
岡村信将プロ・・・フリーランス競馬ライター。『ラップギア』と『瞬発指数』を構築し、2008年には単行本『タイム理論の新革命・ラップギア』の発刊に至る。ウマニティでは創設当初の2007年より公認プロ予想家初期メンバーとして活躍中。
くりーくプロ・・・調教中心に予想を展開。関西の新馬戦+重賞が主戦場で、全頭調教評価コメントにも定評。


●各レース出走馬へのコメント(各レース1頭)
フォンターナリーリJBCレディスクラシック
 サラマッポ 着実に力を付けており、牝馬同士のここでは力量上位と言えますね。4着だった前走は、初コースでの初ナイターに加え、休み明けでの大幅馬体増も影響した印象です。今回は走り慣れた京都コースで本来の力を出せるはずで、近走成績から人気薄は必至。今回は狙い時と思えますね。
 岡村信将 一歩一歩、堅実にオープン入りしてきた馬ですが、前走のブリーダーズGC(Jpn3)ではトップクラスとの力の差を見せつけられた格好になってしまいました。ラップ的には京都ダート1800mがベストなのかも知れませんが、ブリーダーズGCはこの馬が今まで得意としていた不良馬場での1.8秒差だけに、逆転の糸口を見出しづらい現状です。
 くりーく 前走8月のブリーダーズGCでは、馬体重が大きく増えていてモレイラ騎手騎乗でも伸びきれなかったところを見ると、太めが残っていたのではないかと思います。そこから約1ヶ月半ぶりのレースとなりますが、この中間は間隔が空いている割には強め一本で1週前追い切りの動きを見るとまだモタモタした感じ。最終追い切りでビシッと追ってこないと、今回も太め残りで力が出せないかもしれません。
 伊吹雅也 JBCレディスクラシックを目指すような馬にとって、前哨戦のレディスプレリュードを避けるメリットはほとんどなく、結果的に両レースとも同じようなメンバー構成になりがち。東京盃→JBCスプリントの路線と同じ構図ですね。実際“同年のレディスプレリュード”に出走していなかった馬は2013年以降[0-3-3-35](複勝率14.6%)と勝ち切れていません。前走の着順が4着以内だった馬は2013年以降[5-4-4-27](複勝率32.5%)、前走の馬体重が500kg以上だった馬は2013年以降[4-1-1-9](複勝率40.0%)なので、ある程度は高く評価すべきだと思いますが……。あえてレディスプレリュード不出走組を狙うにしても、サルサディオーネあたりの方が面白いんじゃないでしょうか。


マテラスカイJBCスプリント
 伊吹雅也 私は今のところこの馬に◎を打つつもりです。“同年の東京盃”において4着以内となった経験がある馬は2010年以降[6-4-3-10](複勝率56.5%)と堅実。この時期のダート短距離路線は他にこれといったレースがなく、先ほどフォンターナリーリのところでも触れましたがJBCスプリントと同水準のメンバーが東京盃にも集まってしまいますから、この組を素直に重視するしかありません。しかも、前走の単勝人気順が3番人気以内だった馬は2010年以降[8-5-6-26](複勝率42.2%)。今回はコース替わりもプラスに働くでしょうし、教科書通りに巻き返してくると思いますよ。
 くりーく 前走時は休み明けで輸送があって+18㎏とかなり太かった印象で、ゴール前の脚にも影響したのではないかとみています。前走を使われて今回は馬体も締まってくると思うので、あとはこの馬の走りやすい馬体までどれだけ絞れてくるかだと思います。この中間の追い切り内容を見ても、いつもと変わらない時計は出ていて上積みは感じられます。あと、この馬は坂路での追い切りで右にモタれようとして左手綱を引っ張るところがいつも見られる馬で、左回りの方がさらに走りそうな感じもあります。前走時は、直線で特に内にササるようなところも見せていなかったので、それほど心配する必要はなさそうですが、やや気になる癖ではあります。
 岡村信将 今年に入っていきなり強くなったイメージの、不思議な馬ですね。武豊騎手の騎乗が要因か、それとも1200mの距離なのか。どちらにしても、スタートが速くなったことが一番の要因でしょう。ここまで変わるものかと、正直驚いています。ただ・・・

[もっと見る]

2018年8月22日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2018年08月22日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(112)
閲覧 1,765ビュー コメント 0 ナイス 4



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、ひまわり賞、BSN賞、朱鷺ステークス、小倉日経オープン、キーンランドカップ新潟2歳ステークスの6レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2018年08月25日(土) 小倉09R ひまわり賞
【“JRAのレース”において1着、もしくは“2~4着、かつ1位入線馬とのタイム差が0.8秒以内”となった経験の有無別成績(2012年以降)】
●あり [6-6-6-23](複勝率43.9%)
●なし [0-0-0-60](複勝率0.0%)
→過去の戦績を素直に評価したい一戦。なお“JRAのレース”において4コーナー通過順が2番手以内となった経験のない馬は2012年以降[0-0-5-72](複勝率6.5%)と優勝争いに食い込めていません。


▼2018年08月25日(土) 新潟11R BSN賞
【前走の4コーナー通過順別成績(2015年以降)】
●4番手以内 [3-3-2-7](複勝率53.3%)
●5番手以下 [0-0-1-27](複勝率3.6%)
→2014年以前も基本的には同様でしたが、近年は特に先行力の高い馬が優勢。特別登録を行った馬のうち、前走の条件が“国内のレース”、かつ前走の4コーナー通過順が4番手以内なのは、エポックサルサディオーネマイネルバサラの3頭だけです。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】
新潟ダ1800m×ゼンノロブロイ×無条件
→複勝回収率170%


▼2018年08月26日(日) 新潟10R 朱鷺ステークス
【馬齢別成績(2012年以降)】
●6歳以下 [6-6-6-46](複勝率28.1%)
●7歳以上 [0-0-0-18](複勝率0.0%)
→高齢馬は評価を下げた方が良さそう。また、前走の条件が“国内のレース”、かつ前走の4コーナー通過順が4番手以内だった馬は2012年以降[1-1-0-21](複勝率8.7%)と安定感を欠いています。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

2018年4月18日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2018年04月18日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(94)
閲覧 2,425ビュー コメント 0 ナイス 5



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週の掲載は、福島牝馬ステークス、オアシスステークス、読売マイラーズカップサンケイスポーツ賞フローラステークスの4レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2018年04月21日(土) 福島11R 福島牝馬ステークス
【“中央場所、かつ重賞のレース”において4着以内となった経験の有無別成績(2013年以降)】
●あり [5-4-4-31](複勝率29.5%)
●なし [0-1-1-33](複勝率5.7%)
→実績馬を素直に重視したい一戦。なお、馬番が1~5番だった馬は2013年以降[0-0-2-23](複勝率8.0%)、11~16番だった馬は[0-2-1-26](複勝率10.3%)と、それぞれ勝ち切れていません。


▼2018年04月21日(土) 東京11R オアシスステークス
【前走の条件が“JRA、かつ重賞のレース”ならびに“地方、かつダートグレード競走のレース”ではなかった馬の、前走の着順別成績(2013年以降)】
●3着以内 [2-2-3-9](複勝率43.8%)
●4着以下、競走中止 [0-2-1-44](複勝率6.4%)
→前走が重賞だった馬と前走好走馬に注目したいところ。特別登録を行った馬のうち、前走の条件が“JRA、かつ重賞のレース”ならびに“地方、かつダートグレード競走のレース”だったのはゴールデンバローズサルサディオーネサンライズノヴァトウシンモンステラトラキチシャチョウローズプリンスダムワンミリオンスの7頭だけ、前走の着順が3着以内だったのはサトノファンタシーサルサディオーネドリームキラリブライトンロックリーゼントロックの5頭だけです。


▼2018年04月22日(日) 京都11R 読売マイラーズカップ

[もっと見る]

2018年1月23日(火) 19:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(1/20~1/21)日曜京都12R◎ゼットマックイーン(単勝205.3倍)的中の馬券生活プロが回収率320%でトップ!
閲覧 1,361ビュー コメント 0 ナイス 12



先週は、21(日)に中京競馬場でG2東海S、中山競馬場でG2AJCCがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G2東海Sは、1番人気のテイエムジンソクが単勝1.3倍の支持を集めゲートイン。そのテイエムジンソクが、サルサディオーネとの先手争いを制して1コーナーで先頭に立つと、その後はペースを落としてマイペースの逃げを展開。終始1馬身ほどのリードをキープし、2番手に2番人気ディアデルレイを従えて直線へ。依然手応え十分といった感じで、鞍上の古川騎手が横をちらりと確認してから追い出しを開始すると、苦しくなって後退するディアデルレイに代わって2番手には13番人気の伏兵コスモカナディアンが浮上します。後続はやや引き離され、3番手にモルトベーネが伸びてきた頃には既に大勢は決した構え。遥か前を行く2頭の争いは、テイエムジンソクコスモカナディアンを3/4馬身下し悠々と先頭で駆け抜け決着。テイエムジンソクが重賞2勝目を手にしています。2着コスモカナディアンから6馬身差の3着には、6番人気モルトベーネが入っています。
公認プロ予想家では、山崎エリカプロスガダイプロほか、計6名が的中しています。
 
G2AJCCは、ダンビュライトショウナンバッハトミケンスラーヴァらが出を窺うところへ、1コーナーまでにマイネルミラノがこれを制して先頭へ。前半1000mを61.3秒(推定)のスローペースで通過すると、単独2番手ダンビュライトとなって徐々にペースアップ。3番手トミケンスラーヴァ以下は、ここから大きく離れての追走で縦長の隊列となります。マイネルミラノ先頭のまま、直後にダンビュライト、3~4コーナーで押し上げたミッキースワローが3番手に続く形で直線に入ると、残り200mを切ってダンビュライトが先頭へ。1番人気ミッキースワローは、道中外々を回りながら押し上げたことが堪えたか、抜け出したダンビュライトとの差をなかなか縮めることが出来ず。2番手で粘り込みを図るマイネルミラノをようやく捉えられるか、といった脚色で残り100mを通過。結局、2番人気ダンビュライトが早め先頭から先頭を譲らずゴールし、重賞初制覇を飾っています。2馬身差の2着にはミッキースワローが入り、そこから1/2馬身差の3着には8番人気マイネルミラノが入っています。
公認プロ予想家では、岡村信将プロ山崎エリカプロほか、計7名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →馬券生活プロ
21(日)の京都12Rで、◎ゼットマックイーン(単勝205.3倍)からの馬連1000円分的中で、26万5,800円払戻しのビッグヒット!20(土)にも◎プエルタデルソル(単勝32.3倍)からの馬連的中(17万6,800円払戻し)の中京6Rなどで活躍を見せた先週は、2日連続のプラス収支を達成しています。週末トータルでは回収率320%(←トップ)、収支37万1,480円プラスの好成績をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
日曜メインはG2東海S京都11RG2AJCCと3連続的中!特に◎○▲パーフェクト的中(馬券は馬連のみ)となったG2東海Sでは、8万5,200円の払戻しを達成しています。土日2日間では、トータル回収率191%をマーク。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
20(土)は、中京11Rでの▲サトノプライムルドルフィーナアガスティア的中などの活躍を披露。翌21(日)は、中京10R京都10RG2東海Sなどで好調予想を連発し、2日間ともに回収率100%超を達成しました。週末トータル成績では回収率122%を記録しています。
 
 
 
この他にも、セイリュウ1号プロ(190%)、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(137%)、【U指数】3連複プリンセスプロ(134%)、岡村信将プロ(112%)、サラマッポプロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年11月10日(金) 10:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(11/3~11/5)佐藤洋一郎プロら、好調11名が回収率100%超!
閲覧 1,061ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は、3(祝金)に京都競馬場でG3ファンタジーSが、4(土)に東京競馬場でG2京王杯2歳Sが、5(日)に東京競馬場でG2アルゼンチン共和国杯、京都競馬場でG3みやこSがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3ファンタジーSは、コーディエライトがハナを奪い一団のままスローな流れで3~4コーナーを通過。迎えた直線、粘り込みを図るコーディエライトアルモニカモズスーパーフレアあたりが追撃を始め、残り200mを過ぎます。依然、先頭はコーディエライトで、後続からは代わってペイシャルアスアマルフィコーストベルーガが進出。残り50mを過ぎ、ひと際目立つ末脚を披露したのは大外のベルーガでした。そのまま、5番人気ベルーガが差し切って連勝で重賞初制覇!1/2馬身差の2着に3番人気コーディエライト、さらにそこからハナ差の3着に1番人気アマルフィコーストが入っています。
公認プロ予想家ではサウスプロほか計4名が的中しています。
 
G2京王杯2歳Sは、2番人気タイセイプライドを先頭に直線へ。2番手はアサクサゲンキで、直後からはカシアスも迫り、単勝1.8倍の1番人気に推されたタワーオブロンドンはその後ろの外の5番手あたり。直線半ばを過ぎて、タイセイプライドが苦しくなり代わって先頭に立ったアサクサゲンキに、2頭の間を割ってカシアスが並び掛けますが、これを残り100mで一瞬にして外からまとめて交わし去ったタワーオブロンドンがV。2馬身差の2着に5番人気カシアス、さらにそこから1/2馬身差の3着に4番人気アサクサゲンキが入っています。
公認プロ予想家では岡村信将プロきいいろプロ山崎エリカプロマカロニスタンダーズプロろいすプロほか計16名が的中しています。
 
G2アルゼンチン共和国杯は、スタート直後から横並びでなかなか先頭が決まらない中、マイネルサージュが押し出される形でハナへ。1番人気に推された3歳馬スワーヴリチャードは中団のインを追走。先頭のマイネルサージュと2番手カレンミロティックが後続をやや引き離す形で、隊列は向こう正面を通過していきます。3~4コーナーでその差が縮まって馬群ひと塊の態勢で直線勝負へ。内を割って早々スワーヴリチャードが先頭を窺うと、馬群からはソールインパクトアルバートセダブリランテスといったところが伸びを見せます。抜け出したスワーヴリチャードのリードは3馬身ほど。ここからなかなか差が詰まらずの状態が続き、結局そのまま内ラチ沿いを悠々と駆け抜けたスワーヴリチャードが先頭でゴール。得意の府中で重賞2勝目を挙げています。2馬身1/2差の2着に7番人気ソールインパクト、さらにそこから1馬身1/4差の3着に3番人気セダブリランテスが入っています。
公認プロ予想家ではdream1002プロほか計4名が的中しています。
 
G3みやこSは、サルサディオーネが引っ張る展開を、4角手前で楽な手応えのテイエムジンソクが並び掛け、2番手にルールソヴァールの態勢で直線へ。直線に入り、この2頭が後続との差を広げると、1番人気エピカリスタムロミラクルキングズガードあたりが離れた3番手グループから伸び脚を披露。しかし、前は既に大勢決した構えで、セーフティーリードを早々築いた2番人気テイエムジンソクが勝利。重賞初勝利を挙げています。2馬身1/2差の2着も直線入り口で後続との差を確保した9番人気ルールソヴァールが粘り込み、そこから1馬身1/4差の3着に3番人気キングズガードが入っています。
公認プロ予想家では導師嵐山プロ岡村信将プロ河内一秀プロほか計8名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
4(土)福島4Rで、◎ヤマタケジャイアン(単勝82.8倍)-○タガノアーバニティからの3単5,014倍を含む計58万4,240円の高額払戻しを記録。2週連続のホームラン的中を披露した先週はトータル回収率122%、収支12万5,900円プラスをマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
3(金)福島3Rを◎トーホウリーガルで仕留め10万4,720円の払戻し。翌4(土)福島5Rを◎○で仕留め21万円払戻し、と連日のスマッシュヒットを記録!他にもヒットを量産した先週はトータル回収率111%で終えています。
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
4(土)東京6Rで3連単的中、12万4,350円払戻しをマークすると、5(日)には東京3R(3連単的中14万20円払戻し)、京都3R(3連単的中ほか計24万2,980円払戻し)で連続スマッシュヒットを披露!週末のトータルでは回収率116%、収支12万80円プラスをマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
3(金)福島7Rでの◎▲○パーフェクト的中(計12万3,180円払戻し)、5(日)京都3Rでの計12万5,400円払戻しなどの活躍を見せ2週連続のプラス達成!週末トータルでは回収率113%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
4(土)東京10Rでの◎○▲的中、5(日)東京10Rでの馬単514倍含む計18万600円払戻しのビッグヒットなどの活躍を披露。週末のトータル回収率135%、収支11万4,440円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →西野圭吾プロ
4(土)は福島11R(計11万9,900円払戻し)、勝負予想福島12R(○◎的中)などの的中で回収率351%を記録!週末のトータルでは回収率141%をマークしています。
 
 
 
この他にも、dream1002プロ(151%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(146%)、エース1号プロ(123%)、くりーくプロ(107%)、岡村信将プロ(101%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

サルサディオーネの口コミ


口コミ一覧
閲覧 45ビュー コメント 0 ナイス 3

━━━━ 8月24日(土) ━━━━


新潟11R
BSN賞

◎ 4番 ローズプリンスダム
○ 12番 サルサディオーネ
▲ 3番 ピオネロ
△ 7番 ナムラミラクル
△ 1番 グレンツェント
△ 2番 エポック
△ 9番 ホーリーブレイズ

三連複軸1頭流し

軸:4
相手:1, 2, 3, 7, 9, 12

大ハズレ~ ⑪がない。軸もハズレ~
---------------------------------------


小倉11R
釜山S

◎ 6番 ビックリシタナモー
○ 9番 ナンヨーイザヨイ
▲ 5番 ボードウォーク
△ 4番 エネスク
△ 2番 アポロユッキー
△ 3番 クルークハイト
△ 11番 ネオスターダム

三連複軸1頭流し

軸:6
相手:2, 3, 4, 5, 9, 11

軸大ハズレ~ 相手ならBOX馬券で③⑤⑨で当たってるのに惜しい。でも獲りマイか?


3連複
3-5-9 860円 1番人気

3連単
3-5-9 7,670円 18番人気



---------------------------------------


札幌11R
WASJ第2戦

◎ 9番 プロフェット
○ 6番 カリビアンゴールド
▲ 2番 カレンシリエージョ
△ 3番 ゴールドフラッグ
△ 1番 ドゥーカ
△ 4番 ペイドメルヴェイユ
△ 13番 オブリゲーション

三連複軸1頭流し

軸:9
相手:1, 2, 3, 4, 6, 13

大ハズレ~ ⑪➉③ なし。

 しんすけ47 2019年8月24日() 06:51
新潟ジャンプステークス&瀬波温泉特別&BSN賞
閲覧 57ビュー コメント 0 ナイス 21

新潟 新潟 奥歯ガタガタ言わせたろかーい(^^♪

とたまには粋がってみたいもんですな。

取り敢えずは踏み切ってジャンプぅ~♪

を楽しみましょ!

新潟8R 新潟ジャンプステークス

◎⑪デュアルメジャー
〇⑥マイブルーヘブン
▲②メドウラーク
△③マイネルピクトル
△⑦トーヨーピース
△⑧コウユーヌレエフ

馬連⑪ー②・③・⑥・⑦・⑧への5点。
三連複⑥・⑪ー②・③・⑦・⑧への4点。

昇級初戦馬三連発!狙ってる訳ではないけれども。ちなみに次のレースも昇級初戦馬!
重賞と言ってもメンバーは小粒感が。前走の時計ならここでも通用しそうなんで狙ってみよう!

新潟9R 瀬波温泉特別

◎⑧メヌエット
△①トイガー
△③マテリアルワールド
△⑪ケイツーリラ

馬連⑧ー①・③・⑪への3点。

ここもいまいち信頼性に欠ける面子だな・・・。人気のトイガーも嵌った感があるからね、前走は。
メヌエットは気性が成長してカイバも良く食べ体が変わって来たそうな。成長してきたのかな?

新潟11R BSN賞

◎④ローズプリンスダム
△②エポック
△⑥サトノアッシュ
△⑫サルサディオーネ

馬連④ー②・⑥・⑫への3点。

新潟は得意だし夏場も良し。状態も上がって来てるしね。今日は西村クンDayだな、きっと。

最後は小倉ですな。

もうひと頑張りだ!

[もっと見る]

 ブルー☆ギラヴァンツ 2019年8月23日(金) 21:05
8/24 単複王 No. 84 新潟ジャンプステークス
閲覧 41ビュー コメント 0 ナイス 3

こんばんは明日8/24単複王です
No.587 小倉 9レース ひまわり賞(OP) ◎ ローランダー ◯ テイエムヤマカゼ
No.588 小倉 10レース 西海賞(2勝クラス) ◎ ルタンブル ◯ ブライトムーン
No.589 小倉 11レース 釜山S(3勝クラス) ◎ ナンヨーイザヨイ ◯ ビックリシタナモー
No.590 新潟 8レース 新潟JS(G3) ◎ メドウラーク ◯ コウユーヌレエフ
No.591 新潟 9レース 瀬波温泉特別(2勝クラス) ◎ トイガー ◯ アフターバーナー
No.592 新潟 10レース 稲妻S(3勝クラス) ◎ レッドラウダ ◯ サラドリーム
No.593 新潟 11レース BSN賞(L) ◎ サルサディオーネ ◯ グレンツェント
No.594 札幌 9レース ルスツ特別(1勝クラス) ◎ アドマイヤアルパマ ◯ アリンナ
No.595 札幌 10レース WASJ第1戦(2勝クラス) ◎ ロードラズライト ◯ ヴァリアント
No.596 札幌 11レース WASJ第2戦(3勝クラス) ◎ マイハートビート ◯ カリビアンゴールド
No.597 札幌 12レース ニセコ特別(1勝クラス) ◎ ホウオウトゥルース ◯ ウインドオブホープ
続いて
No. 84 新潟ジャンプステークス ◎ メドウラーク ○ コウユーヌレエフ △ トーヨーピース ☆ マイネルピクトル シゲルヒノクニ
https://youtu.be/HW4iJBIgVVs
よろしくおねがいします

[もっと見る]

⇒もっと見る

サルサディオーネの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

サルサディオーネの写真

サルサディオーネ

サルサディオーネの厩舎情報 VIP

2019年8月24日BSN賞 (L)2着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

サルサディオーネの取材メモ VIP

2018年8月25日 BSN賞 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。