ダノングッド(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ダノングッド
写真一覧
現役 牡6 栗毛 2012年4月23日生
調教師村山明(栗東)
馬主株式会社 ダノックス
生産者三嶋牧場
生産地浦河町
戦績27戦[6-3-0-18]
総賞金10,431万円
収得賞金3,300万円
英字表記Danon Good
血統 Elusive Quality
血統 ][ 産駒 ]
Gone West
Touch of Greatness
マイグッドネス
血統 ][ 産駒 ]
Storm Cat
Caressing
兄弟 ミッキーグッドネスミッキーマインド
前走 2018/07/08 プロキオンステークス G3
次走予定

ダノングッドの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/07/08 中京 11 プロキオンS G3 ダ1400 1461014.378** 牡6 56.0 川田将雅村山明516(0)1.21.5 1.234.9⑭⑭マテラスカイ
18/05/26 東京 11 欅ステークス OP ダ1400 1671424.285** 牡6 57.0 田辺裕信村山明516(+4)1.24.4 0.634.9⑫⑫ドリームキラリ
18/04/15 中山 10 京葉S OP ダ1200 152326.791** 牡6 56.0 田辺裕信村山明512(-4)1.09.9 -0.235.6⑬⑬ベストマッチョ
18/03/10 阪神 11 ポラリスS OP ダ1400 1481327.0810** 牡6 56.0 福永祐一村山明516(+4)1.23.7 1.337.9サトノファンタシー
17/12/28 阪神 11 ベテルギウス OP ダ1800 162332.097** 牡5 56.0 松山弘平村山明512(-2)1.52.9 0.939.0ルールソヴァール
17/11/19 福島 11 福島民友C OP ダ1700 14338.458** 牡5 56.0 丸田恭介村山明514(-4)1.46.0 0.938.4ディアデルレイ
17/06/24 函館 11 大沼S OP ダ1700 143337.0112** 牡5 56.0 小崎綾也村山明518(+7)1.43.5 0.738.1テイエムジンソク
17/04/19 大井 11 東京スプリン G3 ダ1200 10--------4** 牡5 56.0 福永祐一村山明511(--)1.12.9 0.2----キタサンサジン
17/04/01 阪神 11 コーラルS OP ダ1400 1681618.087** 牡5 55.0 福永祐一村山明506(0)1.22.8 0.536.1⑧⑥スマートアヴァロン
17/03/20 中京 11 夢見月S OP ダ1400 134524.776** 牡5 56.0 福永祐一村山明506(-2)1.24.1 1.037.0⑨⑨コウエイエンブレム
17/02/04 京都 11 大和S OP ダ1200 165920.3914** 牡5 55.0 小崎綾也村山明508(+4)1.12.3 1.136.4⑨⑪ワディ
16/12/25 阪神 12 ファイナルS OP ダ1400 1671412.0613** 牡4 56.0 A.アッゼ村山明504(0)1.24.3 1.738.4タガノエスプレッソ
16/12/11 中山 11 カペラS G3 ダ1200 164718.3710** 牡4 56.0 丸田恭介村山明504(-12)1.11.5 1.337.0⑫⑫ノボバカラ
16/07/10 中京 11 プロキオンS G3 ダ1400 155820.376** 牡4 56.0 丸田恭介村山明516(+4)1.22.6 0.537.1ノボバカラ
16/06/11 阪神 11 安芸S 1600万下 ダ1400 16593.311** 牡4 57.0 福永祐一村山明512(+10)1.22.9 -0.036.6④④サウススターマン
16/05/01 京都 12 高瀬川S 1600万下 ダ1400 166117.051** 牡4 57.0 福永祐一村山明502(0)1.23.7 -0.236.6サウススターマン
16/03/06 中山 10 上総S 1600万下 ダ1800 148149.946** 牡4 56.0 岩田康誠村山明502(-2)1.53.8 0.839.0ブチコ
16/01/16 京都 11 雅ステークス 1600万下 ダ1800 145712.572** 牡4 54.0 岩田康誠村山明504(+10)1.51.8 0.036.8サージェントバッジ
15/12/27 中山 8 フェアウェル 1600万下 ダ1800 1651015.8813** 牡3 56.0 松若風馬村山明494(-2)1.55.3 2.142.0キープインタッチ
15/10/24 京都 12 3歳以上1000万下 ダ1900 9116.551** 牡3 55.0 松山弘平村山明496(+4)1.59.0 -0.635.9トップディーヴォ

⇒もっと見る


ダノングッドの関連ニュース

 ◆松山騎手(サクセスエナジー4着) 「砂をかぶって頭を上げるところがあった。勝負どころでは外に出せ、斤量が重い中でも差を詰めている。内枠でいい競馬できて収穫はあった」

 ◆武藤騎手(ブラゾンドゥリス5着) 「最後もしぶとく頑張っています。1400メートルでこういう競馬を続けていければ」

 ◆M・デムーロ騎手(ドリームキラリ6着) 「(直線で)ウインムートがフラフラしてスペースがなかった。脚はあったのでもったいない競馬になった」

 ◆藤岡佑騎手(キングズガード7着) 「追い込み一辺倒のタイプにはここまでが精いっぱい。よく脚は使っています」

 ◆川田騎手(ダノングッド8着) 「性格の難しさが出たレースでした」

 ◆藤懸騎手(ナムラミラクル9着) 「スタートして両サイドから挟まれたのがすべて」

 ◆幸騎手(ブライトライン10着) 「4コーナーまで手応えはあった。最後は久々の分だと思います」

 ◆福永騎手(ルグランフリソン11着) 「流れが速くてついていけなかった」

 ◆下原騎手(エイシンヴァラー12着) 「周りが速かった。もう少し内めを回らないと差し馬には厳しい」

 ◆浜中騎手(ドライヴナイト13着) 「重賞で時計も速かったので、これをいい経験にしてくれれば」

 ◆酒井騎手(サイタスリーレッド14着) 「ジワーッといったけど、ラストもグンとくるところがなかった」

★8日中京11R「プロキオンS」の着順&払戻金はこちら

【プロキオンステークス】有名人の予想に乗ろう!(爆笑・田中ほか多数)2018年7月8日() 10:45

※当欄では日曜日に開催されるプロキオンステークスについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。




【田中裕二(爆笑問題)】
◎②ドリームキラリ
○③ウインムート
▲⑬マテラスカイ
△①サクセスエナジー
△⑦キングズガード
△⑧ドライヴナイト
△⑨エイシンヴァラー
馬連1頭軸流し・3連単1頭軸流しマルチ
②→①③⑦⑧⑨⑬

【松村香織(かおたん・SKE48)】
◎③ウインムート
○⑦キングズガード
▲⑧ドライヴナイト
△①サクセスエナジー
△②ドリームキラリ
△⑥インカンテーション
馬単1頭軸流しマルチ
③→⑦⑧
馬単マルチ
⑦→⑧
馬単1着軸流し
③→①②⑥
3連単フォーメーション
③⑦⑧→①②③⑥⑦⑧→①②③⑥⑦⑧

【稲富菜穂】
◎⑦キングズガード
○③ウインムート
▲⑬マテラスカイ
△①サクセスエナジー
△②ドリームキラリ
△⑥インカンテーション

【安田和博(デンジャラス)】
◎③ウインムート

【涼宮菜月】
◎⑥インカンテーション
○⑦キングズガード
▲①サクセスエナジー
△③ウインムート
△④ブライトライン
△⑧ドライヴナイト
△⑩ダノングッド

【森咲智美】
◎②ドリームキラリ

【天童なこ】
◎⑤ルグランフリソン



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【プロキオンステークス】斬って捨てる!2018年7月8日() 10:35

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、過去のプロキオンステークスの結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
左回りで2着以内の経験がない馬の連対例はゼロ(現行条件に移行した2012年以降)

ダノングッド

ダート1400mで2着以内の経験がない馬の連対例は皆無(2012年以降)

インカンテーション
ナムラミラクル

NAR所属馬の好走例はなし(2012年以降)

エイシンヴァラー

前走7着以下敗退馬の連対例はゼロ(2008年以降)

ルグランフリソン
ブラゾンドゥリス
サイタスリーレッド

前走でJRA重賞に出走していた馬の好走例は皆無(2012年以降)

ブライトライン

前走で1600万下戦に出走していた馬の好走例はなし(2012年以降)

ナムラミラクル
マテラスカイ

前走で同年5月以降のJRAオープン特別戦に出走していた馬は、そのレースで1着あるいは0秒5差以内の敗戦馬を除くと、連対例は皆無(2008年以降)

ルグランフリソン
ダノングッド
ブラゾンドゥリス
サイタスリーレッド

【人気】
1番人気かつ、単勝オッズ3.5倍以上の好走例はゼロ(2008年以降)
※10時00分現在の単勝オッズ3.5倍以上かつ、1番人気

ドリームキラリ

5~8枠かつ、5番人気以下の連対例は皆無(2012年以降)
※10時00分現在の5~8枠かつ、5番人気以下

ドライヴナイト
エイシンヴァラー
ダノングッド
ナムラミラクル
ブラゾンドゥリス
マテラスカイ
サイタスリーレッド

キングマンボを経由しない父ミスプロ系かつ、3番人気以下の好走例はなし(2012年以降)
※10時00分現在のキングマンボを経由しない父ミスプロ系かつ、3番人気以下

ルグランフリソン
エイシンヴァラー
ダノングッド
マテラスカイ

【脚質】
前走4角12番手以降だった馬(国内のレースに限る)の連対例は皆無(2012年以降)

ダノングッド

【枠順】
4枠の好走例はゼロ(2012年以降)

ルグランフリソン
インカンテーション

【血統】
父ノーザンダンサー系の好走例は皆無(2012年以降)

ドリームキラリ
ブラゾンドゥリス


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
サクセスエナジー
ウインムート
キングズガード



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【プロキオンステークス】ズバリ調教診断!2018年7月7日() 16:30

日曜日に行われるプロキオンステークスの出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


サクセスエナジー
1週前に栗東CWで長めから追われ、併走馬に遅れはしたが、しっかり負荷をかけた調教を消化したという意味では悪くない。栗東坂路で行われた最終追い切りでは、馬場状態の良い時間帯だったとはいえ、ラスト1F11秒8の伸び脚を披露。追われて頭が高くなる点は気がかりだが、ここ一連のデキは維持できているとみていい。

ドリームキラリ
栗東坂路で実施した1週前追い切りは上がり重点で、しっかりと加速ラップを刻み、ドレッドノータスに追走先着。同じく坂路で行われた最終追い切りでは、抜群の反応を見せ、ラスト1F12秒2の好ラップを計時した。首の可動域が狭い点はいただけないものの、四肢の動きについては文句なし。現状の力を出せるだけのデキにある。

ウインムート
間隔が詰まることもあってか、この中間は栗東坂路で軽めの調整。とはいえ、最終追い切りでは軽々とラスト2F24秒3の好ラップを記録。前脚が少しカラ回りしているようにも見えるが、同馬にとってはマシなほう。いい状態をキープしているのではないか。

ブライトライン
帰厩後は栗東坂路でみっちり乗り込まれており、調教量の不足はない。ただし、中間の時計に目立つものはなく、最終追い切りの動きもピーク時と比べて鈍い印象。坂路調教のみならず、プール調整も熱心に行われているので、本調子にはないのかもしれない。

ルグランフリソン
ケイコにムラのあるタイプで評価するに悩ましい1頭。栗東坂路で行われた最終追い切りのフットワークもバラバラで、同馬のつかみどころのなさが窺える。とはいえ、追われてからの反応は悪くなく、ズルい面を見せながらも、キッチリと脚を伸ばしている点は好感が持てる。この馬なりに良い状態ととらえてもいいのではないか。

インカンテーション
この中間は栗東CW主体の調整。2週前に好時計をマーク、1週前は長めから併せ馬を行うなど、負荷をかけた調教を消化していることは評価できる。ただし、最終追い切りは馬なりのマイペース調整。年齢を考慮して無理のない仕上げを施しているのかもしれないが、久々の短距離戦であることを踏まえると、物足りない印象を受ける。

キングズガード
最終追い切りは栗東CWで併せ馬を実施。併走馬を並ばせて我慢させるかたちをとったせいか、少しかかり気味。そのうえ、鞍上の仕掛けに対する反応も鈍く、加速するまでに時間を要してしまった。走破時計は及第点なので、大きなマイナス材料とまでは言えない半面、好評価をするわけにもいかない判断に悩ましい1頭である。

ドライヴナイト
夏場の中2週ということもあってか、この中間は栗東CWで軽めの調整。最終追い切りは半マイルから追われ、マズマズの時計を記録。派手さはないが、まとまりのあるフォームで駆けるさまは、なかなかのもの。いい状態でレースに臨めるのではないか。

エイシンヴァラー
約2カ月ぶりの実戦となるが、園田で丹念に乗り込まれており、調教量の不足はなさそう。6月29日には半マイル49秒5の好ラップを計測。中央在籍時も調教駆けする馬だったので、額面以上の評価はできないものの、動ける態勢にあるとみていい。

ダノングッド
1週前に栗東坂路でラスト1F11秒8をマーク。栗東CWで行われた最終追い切りでは上がり重点の調整とはいえ、ラスト1F11秒台半ばの好ラップを計時した。軸のブレない力強い走りは目を見張るものがある。良好な状態であることは間違いない。

ナムラミラクル
中1週を考慮して、この中間は軽めの調整。とはいえ、栗東坂路で実施した最終追い切りではキッチリと及第点のラップを刻んでおり、決して悲観するような内容ではない。急上昇とまでは言い切れないが、この馬なりに順調な仕上がり具合ではないか。

ブラゾンドゥリス
この中間は南Wと坂路を併用して入念な乗り込み。今週の追い切りでは4F51秒9の好タイムをマーク。前回の最終追い切り時と比べて大幅に時計を詰めてきた。なによりも、いつものようにバッタリと失速しなかった点は好材料。2度使われて、気配は確実に上昇している。

マテラスカイ
栗東坂路で行われた今週の追い切りでは、バランスのとれたラップを馬なりで計時。動きを検証する限り、休み明け圧勝後の反動や疲れは見られない。前回の中間気配が抜群だったので、それ以上とまでは行かないかもしれないが、決して雰囲気は悪くない。

サイタスリーレッド
最終追い切りは栗東坂路で実施。酒井学騎手が騎乗したため、それなりの時計は出ているが、特筆できるようなものではない。前回の最終追い切り時よりもラップの刻み方は良くなっているが、お終いの甘さは相変わらず。上昇は感じられず、一変まではどうか。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【プロキオンステークス】重賞データ分析2018年7月7日() 14:00

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、日曜日に行われるプロキオンステークスのファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。


【全般】
前走オープン特別組の活躍が顕著(現行条件に移行した2012年以降)

ドリームキラリ
ウインムート
ルグランフリソン
ドライヴナイト
ダノングッド
ブラゾンドゥリス
サイタスリーレッド

2012年以降の1~2着馬すべてに左回りの連対経験

サクセスエナジー
ドリームキラリ
ウインムート
ブライトライン
ルグランフリソン
インカンテーション
キングズガード
ドライヴナイト
エイシンヴァラー
ナムラミラクル
ブラゾンドゥリス
マテラスカイ
サイタスリーレッド

東京ダ1600m巧者が幅を利かせやすい(2012年以降)

ドリームキラリ
ブライトライン
ルグランフリソン
インカンテーション
ナムラミラクル
ブラゾンドゥリス

※東京ダ1600mで3着以内の経験がある馬を採用

【人気】
1~2番人気が堅実(2012年以降)
※土曜日13時30分現在の1~2番人気

インカンテーション
マテラスカイ

【脚質】
中団(4角5~10番手あたり)からキレる脚を使える馬が強い(2012年以降)

ブライトライン
ルグランフリソン
インカンテーション
エイシンヴァラー
ダノングッド
ブラゾンドゥリス

※近3走の走りを参考に想定

【枠順】
穴(8番人気以下)を狙うなら内優先(2012年以降)
※土曜日13時30分現在の1~3枠かつ、8番人気以下

ブライトライン

【血統】
近年は父エーピーインディ系の活躍が目立つ

インカンテーション
キングズガード
ドライヴナイト

ダート&芝兼用型のサンデーサイレンス系を父に持つ馬の好走が多い(2012年以降)

サクセスエナジー
ブライトライン


【3項目以上該当馬】
ブライトライン(5項目)
インカンテーション(5項目)
ルグランフリソン(4項目)
ブラゾンドゥリス(4項目)
ドリームキラリ(3項目)
ドライヴナイト(3項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【覆面記者の耳よりトーク】プロキオンS 2018年7月6日(金) 12:21

 今週の『覆面記者の耳よりトーク』は、ダート重賞のプロキオンSが対象。ハイペースの厳しい流れが予想されるなか、情報からは展開、コース実績、末脚からキングズガードがイチ推し。同じくハマれば末脚強烈なダノングッドが穴候補に浮上した。逆に初の中央重賞でモマれるリスクがあるサクセスエナジー、ハナに立てないと持ち味が出ないドリームキラリには“危険信号”だ。

 記者A 好メンバーのダート重賞。雨で脚抜きのいいダートやろうし、ペースや展開もシビアになりそうやな。

 記者B Z助手は「これだけ速い馬がそろって雨馬場なら、ハイペースの前崩れになりそう」と差し、追い込み馬の出番は十分と見立てていました。

 記者C 中京で行われるようになった前6年でも差し、追い込み勢が幅を利かせています。そこでイチ推しはキングズガード。一昨年3着、昨年Vの“常連”です。

 記者D 管理する寺島調教師は「ベストは右回りの1400メートルダートですが、最近は左回りにも対応してくれています」と好感触やった。中京ダートではGI・チャンピオンズCで8着とはいえ上がり最速の末脚。それを除けば4戦【1120】とすべて馬券圏内の安定感やで。

 記者B 交流重賞を2連勝中のサクセスエナジーは「中央の激しい流れでモマれたときは結果を出せていませんね」とQ騎手が指摘。中央での重賞は初めてで、しかもメンバー最重量の斤量58キロ。戸惑いがあるかも。

 記者D もっと危ないのはドリームキラリや。今回はマテラスカイをはじめ、ダッシュ自慢がけっこう、いる。「ハナに立ってこそ粘りが増すタイプだから、立てないと苦しいのでは」とG調教師は見ていたわ。

 記者A 大穴ならダノングッドやな。鞍上は初コンビの川田騎手やけど、先週のCBC賞でテン乗りのアレスバローズを五分の発馬で中団から勝利に導いた。今回も強烈な末脚を引き出すかもしれんで。

プロキオンSの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダノングッドの関連コラム

閲覧 809ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、8(日)に福島競馬場でG3七夕賞、中京競馬場でG3プロキオンSがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3七夕賞は、1コーナーまでにハナを奪い切ったマイネルミラノが逃げて前半1000mを58.2秒の流れで牽引。雨上がりで稍重スタートとなったこの日のタフな馬場状態を考えるとかなりのハイペースを刻むマイネルミラノに対し、2番手グループのバーディーイーグルワンブレスアウェイ以下も大きく離されることなく追走。3コーナーにかけて後方から上位人気の一角マイネルサージュが早めの進出を開始すると、1番人気サーブルオールもこの辺りから外を回して先団に取り付く構え。直線入り口まで先頭をキープしていたマイネルミラノに代わってワンブレスアウェイが先頭へ。しかし、すぐさま外からサーブルオールメドウラークマイネルサージュの3頭に詰め寄られる展開となり、内を突いては最低人気パワーポケットもジリジリと伸びて上位争いへ。この争いから抜け出したのは、こちらも11番人気の伏兵メドウラークでした。厳しい展開と馬場に各馬脚が上がって力尽きる中、最後まで力強い脚取りを維持したメドウラークがそのまま先頭でゴール! 7歳にして初の重賞制覇を飾っています。クビ差の2着に4番人気マイネルサージュ、さらにそこから2馬身差の3着には12番人気パワーポケットが入り、3連単は256万馬券となる大波乱決着を演じています。
公認プロ予想家では、シムーンプロ“帰ってきた”凄馬勝子プロ馬っしぐらプロスガダイプロおかべプロら、計5名が的中しています。
 
G3プロキオンSは不良馬場でスタートを迎えます。外枠からマテラスカイが軽快に飛ばして先頭に立つと、最後方をポツンと追走のダノングッド一頭を除き全馬ほぼ一団の態勢でレースは展開。手応え十分のマテラスカイに、2番手にはこちらは気合をつけながら追走の形でウインムートとなって直線入り口へ。直線を迎えても、歴然の脚取りで早くも独走を窺わせるマテラスカイ。懸命に脚を伸ばすウインムート、以下との差は広がる一方で、残り200mを通過。結局、そこからの1Fでもその差を縮められるどころかむしろ広げてみせた5番人気マテラスカイがそのまま圧逃V。時計も、従来の記録を1秒2更新する、1分20秒3(不良)の日本レコードを計時し、重賞初制覇を飾っています。2着には後方から差してきた1番人気インカンテーションが入り、そこから1/2馬身差の3着にウインムートが入っています。
公認プロ予想家では、覆面ドクター・英プロサウスプロ伊吹雅也プロ豚ミンCプロろいすプロ他、計7名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
8(日)は、函館3Rで◎スズノアリュール(単勝34.4倍)的中で10万3,200円の払戻し、函館10Rで◎デルマキセキ(単勝41.6倍)的中等の好調予想を披露すると、極めつけはG3七夕。「鞍上と手が合いそうで、道悪もこなす」と評した◎メドウラーク(単勝100.8倍)の単複で鮮やかに的中し、12万6,600円の払戻をマーク! 週末2日間のトータルでは回収率134%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
7(土)は中京2Rでの◎ブンゴ(単勝52.1倍)的中などでトータルプラスを計上。8(日)には福島2Rの◎エンパイアシュアー(単勝25.2倍)-▲マーマレードガール的中や、中京3Rでの◎タガノブディーノ(単勝31.3倍)-▲カラレイアでの17万8,190円払戻し、中京9Rの▲プリュス-◎ステイオンザトップ的中などをマーク。随所に穴馬ヒットを披露し、連日のプラス収支を決めています。週末トータルでは、回収率175%、収支24万2,520円の大幅プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
7(土)は福島4Rでの17万9,080円払戻し、函館7Rでの3連単2点勝負的中含む35万150円払戻しのビッグヒットなどをマーク。勢いのまま迎えた8(日)にも、中京5Rでの的中や、G3プロキオンSでの10万6,500円払戻しなどの活躍を披露。土日ともに大幅プラス達成の先週は、回収率165%、収支トップの47万230円プラスをマークしています。
 
 
 
この他にも、おかべプロ(233%)、馬っしぐらプロ(130%)、ゼット1号プロ(124%)、夢月プロ(108%←2週連続週末プラス)、マカロニスタンダーズプロ(101%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2015年6月17日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 ~第322話ユニコーンS(謎解き編)
閲覧 313ビュー コメント 0 ナイス 1

第322話 「ユニコーンS


10年 34.9-24.3-37.4 =1.36.6 △1▼3△11 平坦戦
11年 34.3-24.7-37.2 =1.36.2 ▼3▼2△ 7 平坦戦
12年 35.0-24.7-36.8 =1.36.5 ▼3▼2△ 3 平坦戦
13年 35.6-25.0-35.4 =1.36.0 ▼6▼2△ 1 瞬発戦 重
14年 34.4-25.1-36.5 =1.36.0 ▼8▼2△ 6 瞬発戦 稍

重馬場だった13年以外はテンの方が速い前傾ラップとなっています。
それでいて瞬発戦or平坦戦となっているので瞬発力があって長くいい脚が使えるタイプの馬が有利というレースです。

3歳のダートGⅢですが春はここを目標にするダート馬が多いためなかなかメンバーが揃うレースでもあります。
レースでの上り1位の馬の成績は
0-3-1-3 勝率0.0% 連対率42.9% 複勝率57.1%
となっていて馬券になる確率はかなり高いものの勝ち馬は1頭もいません。
過去5年では上り1位の馬は全て4コーナー10番手以下の位置取りでした。
つまりここでは「直線だけの競馬では勝ちきれない」ということが言えるでしょう。
では過去5年の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
バーディバーディ  【瞬3平1消0】▼ 5▼4△ 4 ▼ 1▼ 9△1
アイアムアクトレス 【瞬1平3消0】△ 2▼2▼ 1 ▼14△ 2△2
ストローハット   【瞬2平0消0】▼ 8▼3△ 5 ▼ 9△ 2△5
ベストウォーリア  【瞬2平0消1】▼ 1▼6△ 1 △ 9▼ 6△9
レッドアルヴィス  【瞬3平0消0】▼10▼5△ 4 ▼ 4▼10▼1
2着馬
バトードール    【瞬3平0消0】▼11▼2△ 7 ▼ 3▼ 6△4
グレープブランデー 【瞬4平2消0】▼ 4▼6△10 ▼ 3▼ 6△6
オースミイチバン  【瞬2平0消0】△ 5▼7△ 9 △ 3▼ 6△3
サウンドリアーナ  【瞬1平1消1】△ 6▼3△ 1 ▼ 5▼ 1△2
コーリンベリー   【瞬1平2消1】△ 2▼1△ 3 △ 1▼ 9△5

連対馬全てに瞬発戦実績がありました、これは必須かなと思います。
また10頭中8頭には連続加速実績がありました。
実際このレースでも10年以外は全て連続加速となっているラップなのでこれはあった方がベターでしょう。

馬券的には固いレース傾向となっています。
過去5年で1番人気2勝、3番人気3勝、となっていて5番人気以下で馬券になったのは5頭いますが全て3着でした。
穴を狙うなら3着固定か?

・前走4着以内
・前走4角4番手以内
・前走1800m以上の距離短縮組
という馬が有利のレースで前走4着以内というのが馬券的に固い理由の一つでしょう。
これにラップギア傾向を加味すると今年の登録メンバーでは
ゴールデンバローズ
の1頭。
前走はUAEダービー3着で直線先頭に立つもMUBTAAHIJにあっさり突き放されました。
あれはMUBTAAHIJが強すぎでその後よく3着に粘ったなというのが正直な感想。
海外遠征の疲れさえなければ勝ち負けでしょう。
次点にはアルタイルダノングッドピンストライプでしょうか。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
ゴールデンバローズアルタイルピンストライプ

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

ダノングッドの口コミ


口コミ一覧
閲覧 148ビュー コメント 0 ナイス 13

今日は福島メインが1個だけ。
マイナス収支だよん♪

中々上手く行きまへんなぁ~。

明日は当たりますでしょうか?

福島11R 七夕賞

◎⑤マイネルサージュ
△②キンショーユキヒメ
△⑥サーブルオール
△⑩レイホーロマンス
△⑪マイネルミラノ

枠連⑤ー⑤と馬連⑤ー②・⑩・⑪への4点へ300円。
馬単⑤ー②・⑥・⑩・⑪への4点へ200円。

前走みたいに展開向くかは疑問だけど・・・。頭数減った分差しやすいんじゃないかな?
福島巧者は間違いないしね。ツーさんには今日の最終の借りを返してもらわないとね。

中京11R プロキオンステークス

◎⑨エイシンヴァラー
△③ウインムート
△⑥インカンテーション
△⑦キングズガード
△⑧ドライヴキング
△⑩ダノングッド

馬連⑨ー③・⑥・⑦・⑧・⑩への5点へ300円。

先行馬ばかりですなぁ~。軽い馬場になりそうだしね。ここのところの好走歴は馬場悪化時。
良いんでないかい?交流重賞でキングズガード負かしてるんでここでも通用しないかな?
人気は皆無なんで来ると僕マンモスうれぴぃ(^^♪

函館11R マリーンステークス

◎⑤タムロミラクル
△⑦ヒデノインペリアル
△⑨ストロングバローズ
△⑩ユラノト
△⑫ハイランドピーク
△⑬サンライズメジャー

馬連⑤ー⑦・⑨・⑩・⑫・⑬への5点へ300円。

前走は痛恨の出遅れ。でも小回り千七は間違いなく合ってます。
岩田も2度目なんで上手く乗って来るでしょう。
ディアデルレイがいるんで前も前走みたいに楽出来ないだろうしね。

明日もレース絞れへんかった・・・。

 HENKA 2018年7月5日(木) 23:52
プロキオンステークス
閲覧 155ビュー コメント 1 ナイス 7

今回は予想も早いわ。
何故なら次走狙い目リストに
2頭入ってたから。
狙い目①ドライヴナイト
この馬、先行でも差しでも
競馬ができる。
今回は浜中に変わるので
多分ビビって引いた競馬をするはず。
そうなったらこの馬は反応するんです。
内に突っ込んだら尚更面白い。
普段ならクソ騎乗だがこの時期の中京なら
あるんだよね。
狙い目②
ダノングッド
ここ二戦は差しにまわり
完璧な布石。
そこへ空気読めない川田への乗り替わり。
逃げ、先行したら単もあるよ。
とりあえずこの2頭。
ヒモでもよいので
是非。

当たるますように。

[もっと見る]

 銀色のサムライ 2017年7月9日() 19:05
馬券メモ(2017/7/8・9)
閲覧 91ビュー コメント 0 ナイス 8

早速ですが、今週予想したレースの本命馬の成績を振り返っていきます。


【3回中京3日】

■5R ミッキーマインド 1人気1着

2着馬とはクビ差の接戦でしたが、余裕の手応えで勝ち切ったので、着差以上に強い走りだったと思います。
ダノンレジェンドやダノングッドの下ですから、将来的にはダートで活躍する馬になるかも!?

■7R イェーガーオレンジ 2人気3着

好位から上手くレースを運んでいるように見えたんですが…。
今回は相手が悪かったですかね。

■8R フォンス 2人気3着

馬体を戻していましたから、休み明けでも何とかなると思っていたんですけどね…。
叩きつつ良化するはずなので、次走以降の勝ち上がりに期待したいです。

■9R アウステルリッツ 2人気10着

直線入り口までレース運びは問題なかったんですが、直線に差し掛かってからは全くに無抵抗…。
休み明けだったから、という事なんでしょうね。

■10R エルデュクラージュ 4人気10着

前半の位置取りが全てですね。
前々で勝負しなきゃどうにもならないタイプですから、スタートで後手を踏んだのが致命的でした。

■11R ビップライブリー 1人気3着

外を回った馬のノビが目立っていましたので、
結果論になりますけど、最内枠を引いた時点で疑うべきでしたね。

■12R マイネルラック 2人気2着

中団やや前めの位置からよく追い込んでいると思います。
今後も極端な前残りにならなければ、好勝負してきそうです。


【2回福島3日】

■7R フォレストクイーン 2人気6着

注文通りの逃げでしたが、後続に突かれた事で早々に息切れしてしまいました。
小回り1200mはピッタリだと思ったんですけどね…。

■8R ブランメジェール 1人気3着

初の1150m参戦でもしっかりと対応していたと思います。
現級にメドを立てていますが、相手なりにしか走れないタイプなのかも。

■9R サーブルノワール 6人気9着

単騎で逃げれればもしかしたら…と思っていましたが、甘くなかったです。
芝のキレ味勝負では分が悪いので、実績が示す通り、ダートでこそのタイプだと思います。

■10R ダイワドレッサー 1人気4着

重賞で好走歴のある馬が2階級降級でまさかの凡退…。
それなりの着順に入りましたけど、内容自体は全然ダメでしたから、
叩き2走目の次走は様子見が妥当なのかもしれません。

■11R ワンプレスアウェイ 1人気1着

降級戦でしたし、相手も楽でしたから、
55.5kgでも勝ってくれなきゃ困る存在でした。

■12R リヴァイアサン 2人気3着

小回り1700mなら勝ち負け、と考えていましたが、
上位2頭はかなり強かったです。


【2回函館1日】

■5R アルレーサー 1人気2着

追い切りの動きが抜群でしたから、楽に勝ち切ってくれると思っていました。
でも、直線に入ってから思うような末脚を発揮できず、後続に差されてしまいました。

■6R シンデレラマキ 1人気2着

レース映像ではわずかに先着しているのかな?という感じでしたが、
外の馬に差されてしまい2着どまり。
でも、未勝利戦ならば、すぐに勝ち上がれる馬だと思います。

■10R ブライティアスター 6人気9着

色々な要素が噛み合わないと現級では勝負にならないですね。
素直に前走成績の良い馬を狙うべきでした。

■11R ブラックバゴ 3人気1着

後方からのレースになりましたが、
強気の捲る競馬で楽々差し切って見せました。
キレる脚が一瞬しか使えない馬なので、小回りコースがベストです。

■12R ダブルフェイス 3人気9着

ハナを奪ってなんぼ、という馬ですから、
スタート後にあっさりハナを譲った時点でジエンドです。


【3回中京4日】

■5R タムロリバティ 2人気2着

スタートでの出遅れが悔やまれるレースになってしまいました。
まだ緩いところがあるようですし、レースを使いつつ良化していくのでしょう。

■7R パステラリア 1人気1着

逃げていた馬が残る展開を差し切ったのですから、
今回のメンバーでは地力が一枚抜けていましたね。

■8R フォレストタウン 4人気5着

外枠からでもハナを奪える、と考えたのがダメでした。
そこまでスピードのある馬じゃないので、外枠からハナを奪うのはほぼ無理な状況だったんですよね…。
もっと冷静な考えを持つべきでした。

■9R スノーマン 3人気6着

課題のスタートはそこまで悪くなかったんですが、直線でのノビがイマイチ。
距離を伸ばしてみるのも良いかも!?なんて思っています。

■10R ロードプレミアム 4人気3着

スタートで後手を踏んで、序盤の位置取りが後方になってしまったのが痛かったです。
でも、好調期に入っているのは明らかなので、近いうちに勝ち上がるチャンスがやってくると思います。

■11R(プロキオンS)イーデンホール 3人気8着

勝ったキングズガードみたいに内から差し込むレースをしてほしかったんですけど、
展開が向いたにも関わらず、そんなに伸びていませんから、単純に力不足だったんだと思います。

■12R チャレアーダ 2人気1着

1600mは初出走でしたけど、ピッタリ合っていましたね。
1000万下に昇級しても即通用するでしょうし、牡馬相手も互角に戦えるはずです。


【2回福島3日】

■5R グランデウィーク 1人気1着

気難しさを全面に出したレースでしたし、
直線で外に振られる不利がありながらも、しっかり勝ち切ったのは能力が高い事の裏返しだと思います。

■7R パルフェクォーツ 1人気2着

かなり楽なメンバー構成だっただけに、勝っておかなきゃいけないレースでした。
この時期の未勝利戦で勝てるレースを落としたのは相当痛い事だと思います。

■8R エミノマユアク 4人気8着

楽に先行できているように見えたんですけど、直線でサッパリ。
復調に手間取っている事を感じざるを得ないレースでした。

■9R アイスコールド 2人気4着

逃げるコパノマリーンに照準を合わせながらのレースでしたが、
逆に突き放されてしまいましたね。

■10R スルターナ 1人気1着

スタートで出遅れてしまいましたが、
少しずつポジションを上げながら、一気に差し切りました。
この時期の1000万下にしては楽な相手関係だったので、順当勝ちだったと思います。

■11R(七夕賞)フェルメッツァ 8人気5着

追っ付けながらの追走でしたけど、よく5着に踏ん張ったと思います。
自分の持ち時計で走っていますから、相手が悪かったですね。

■12R ポンポン 2人気10着

マイペースでスイスイ逃げているように見えましたが、
直線であっさり脱落してしまいました。


【2回函館2日】

■5R クリノクーニング 2人気1着

オルフェーヴル産駒の初勝利はレコード勝ちのおまけ付きでした。
追い切りの感じではカレンシリエージョとの一騎打ち、と考えていましたが、
着差以上に強い勝ちっぷりでしたし、先々が楽しみな存在だと思います。

■10R ベリースコール 2人気2着

シンガリから3、4番手という絶望的な位置からよく追い込んだと思います。
展開さえ向けば現級を勝ち切れる実力があるはずなんですけど、この馬向きの展開になる機会が少なくて…。

■11R テイエムジンソク 1人気1着

ほぼ持ったままのレースで勝ってしまいました。
重賞になると相手が一気に強くなりますけど、次走予定のエルムSの主役を張っても不思議ないほどの馬だと思います。

■12R スズカゼ 2人気5着

マイペースで逃げる事ができましたが、直線で失速。
休み明けの分なのか、距離が長かったのか…。


本命馬はそこそこ馬券圏内に来てるんですけどね…。
今週も調子が良いのか悪いのか分からないような、中途半端な成績に終わってしまいました。

変に欲を出したレースは全部外してしますので、
冷静な気持ちで予想していく事を次週の目標にしたいと思います。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダノングッドの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ダノングッドの写真

ダノングッド

ダノングッドの厩舎情報 VIP

2018年7月8日プロキオンステークス G38着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ダノングッドの取材メモ VIP

2018年7月8日 プロキオンステークス G3 8着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。