パワーポケット(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
パワーポケット
写真一覧
現役 牡6 黒鹿毛 2012年4月1日生
調教師中野栄治(美浦)
馬主柳原 達也
生産者ダイヤモンドファーム
生産地浦河町
戦績28戦[4-2-2-20]
総賞金6,872万円
収得賞金1,200万円
英字表記Power Pocket
血統 エンパイアメーカー
血統 ][ 産駒 ]
Unbridled
Toussaud
タカラグリーン
血統 ][ 産駒 ]
タマモクロス
グリーンソング
兄弟 ダイヤヘルメスダイヤペルセウス
前走 2018/07/08 七夕賞 G3
次走予定

パワーポケットの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/07/08 福島 11 七夕賞 G3 芝2000 1268138.1123** 牡6 50.0 江田照男中野栄治534(-6)2.01.2 0.438.2⑥⑦④メドウラーク
18/06/23 東京 11 夏至S 1600万下 ダ1600 1671440.288** 牡6 54.0 三浦皇成中野栄治540(+6)1.36.3 1.138.1ナムラミラクル
18/06/16 東京 11 ジューンS 1600万下 芝2000 955177.598** 牡6 57.0 柴田善臣中野栄治534(-6)2.04.8 1.935.4クラウンディバイダ
18/05/26 東京 4 障害4歳以上未勝利 芝3000 1471158.4108** 牡6 60.0 大江原圭中野栄治540(+4)3.24.3 1.913.6⑤⑥サンホッブズ
18/04/28 新潟 4 障害4歳以上未勝利 芝2890 1371111.4612** 牡6 60.0 石神深一中野栄治536(0)3.15.9 5.013.6⑪⑫⑫⑫マテンロウハピネス
18/03/10 中山 10 サンシャイン 1600万下 芝2500 1281186.01011** 牡6 54.0 江田照男中野栄治536(-2)2.37.0 1.437.3④④⑤⑤カラビナ
18/02/25 阪神 10 伊丹S 1600万下 ダ1800 163644.4913** 牡6 57.0 太宰啓介二ノ宮敬538(-14)1.53.9 1.238.7④④④ザイディックメア
18/01/06 中山 9 招福S 1600万下 ダ1800 1647157.6146** 牡6 57.0 柴山雄一二ノ宮敬552(+6)1.53.1 0.738.4⑨⑨⑦⑦サクラルコール
17/01/22 中山 10 アレキサンド 1600万下 ダ1800 1661112.5616** 牡5 56.0 田中勝春二ノ宮敬546(0)1.56.8 3.742.0⑪⑪⑩⑫ディアドムス
16/12/17 中山 10 仲冬S 1600万下 ダ1800 1561126.486** 牡4 57.0 田中勝春二ノ宮敬546(+6)1.53.4 0.837.9⑧⑧④リーゼントロック
16/11/20 東京 10 錦秋S 1600万下 ダ1600 163632.196** 牡4 57.0 田中勝春二ノ宮敬540(-2)1.35.1 0.536.1ディアデルレイ
16/10/22 東京 10 秋嶺S 1600万下 ダ1600 161267.5127** 牡4 56.0 田中勝春二ノ宮敬542(+2)1.37.3 0.936.7ドリームキラリ
16/10/02 中山 12 内房S 1600万下 ダ1800 162322.81115** 牡4 57.0 L.オール二ノ宮敬540(+4)1.55.2 3.441.6ロンドンタウン
16/07/30 小倉 11 KBC杯 1600万下 ダ1700 16115.3313** 牡4 57.0 武豊二ノ宮敬536(-2)1.46.1 1.638.9サンライズホーム
16/07/16 福島 11 安達太良S 1600万下 ダ1700 15233.725** 牡4 57.0 蛯名正義二ノ宮敬538(-2)1.45.6 0.337.6リッカルド
16/01/09 中山 11 ポルックスS OP ダ1800 16115.7114** 牡4 55.0 三浦皇成二ノ宮敬540(0)1.54.8 2.340.1サンマルデューク
15/12/26 中山 11 師走S OP ダ1800 16594.0211** 牡3 54.0 三浦皇成二ノ宮敬540(+4)1.52.9 1.239.1⑤⑤⑤⑥サンマルデューク
15/11/08 京都 9 花園S 1600万下 ダ1900 16233.111** 牡3 55.0 三浦皇成二ノ宮敬536(+2)1.55.5 -0.636.8マヤノオントロジー
15/09/26 中山 10 茨城新聞杯 1000万下 ダ1800 16365.941** 牡3 54.0 三浦皇成二ノ宮敬534(+14)1.50.2 -0.236.9リッカルド
15/07/19 福島 12 3歳以上500万下 ダ1700 157132.711** 牡3 54.0 L.オール二ノ宮敬520(-2)1.44.4 -0.537.5ムーンレンジャー

⇒もっと見る


パワーポケットの関連ニュース

 ★プロキオンSを勝ったマテラスカイ(栗・森、牡4)は、夏休みを挟んでJBCスプリント(11月4日、京都、交流GI、ダ1200メートル)が今秋の目標。4着サクセスエナジー(栗・北出、牡4)も放牧を挟み、同レースを目標にローテーションを組む。7着キングズガード(栗・寺島、牡7)は、東京盃(10月10日、大井、交流GII、ダ1200メートル)に向かう。

 ★七夕賞3着パワーポケット(美・中野、牡6)は、1600万下の佐渡S(28日、新潟、芝2000メートル)とTVh賞(同、札幌、芝1800メートル)の両にらみで調整。6着レイホーロマンス(栗・橋田、牝5)は小倉記念へ。9着マイネルミラノ(美・相沢、牡8)は新潟記念へ。

【古馬次走報】インカンテーション、南部杯へ直行 2018年7月11日(水) 05:01

 ★天皇賞・春14着ガンコ(栗・松元、牡5)は産経賞オールカマー(9月23日、中山、GII、芝2200メートル)からジャパンC(11月25日、東京、GI、芝2400メートル)、有馬記念(12月23日、中山、GI、芝2500メートル)へと向かう。鞍上は引き続き藤岡佑騎手の予定。

 ★鳴尾記念4着マルターズアポジー(美・堀井、牡6)は札幌記念(8月19日、札幌、GII、芝2000メートル)へ向かう。

 ★七夕賞3着パワーポケット(美・中野、牡6)は準オープンの佐渡S(28日、新潟、芝2000メートル)とTVh賞(同、札幌、芝1800メートル)の両にらみで調整される。

 ★安田記念を制したモズアスコット(栗・矢作、牡4)は、秋はスワンS(10月27日、京都、GII、芝1400メートル)→マイルCS(11月18日、京都、GI、芝1600メートル)→香港マイル(12月9日、シャティン、GI、芝1600メートル)のローテが有力。

 ★プロキオンS2着インカンテーション(栗・羽月、牡8)は、南部杯(10月8日、盛岡、交流GI、ダ1600メートル)へ直行する。

 ★七夕賞6着レイホーロマンス(栗・橋田、牝5)は、小倉記念(8月5日、小倉、GIII、芝2000メートル)に向かう。

 ★木曽川特別で3勝目を挙げたダノンマジェスティ(栗・音無、牡3)は、神戸新聞杯(9月23日、阪神、GII、芝2400メートル)。

[もっと見る]

【七夕賞】単勝万馬券!11番人気メドウ重賞初制覇 2018年7月9日(月) 05:04

 第54回七夕賞(8日、福島11R、GIII、3歳上オープン国際(特指)、ハンデ、芝2000メートル、1着本賞金4100万円 =出走12頭)サマー2000シリーズの初戦は、丸田恭介騎乗で11番人気のメドウラークが直線で鮮やかに抜け出して重賞初制覇。単勝万馬券(1万80円)の激走で、3着にも最低人気のパワーポケットが入り、3連単256万円超の大波乱となった。タイム2分0秒8(良)。1番人気のサーブルオールは4着、3番人気のプラチナムバレットは4コーナーで落馬し、競走中止となった。

 開場100周年を迎えた福島の名物GIIIで、ブービー人気が単勝万馬券の特大砲を打ち上げた。大波乱の主役は、7歳馬メドウラークと丸田騎手の初コンビ。レースの上がり3ハロンが38秒6と、芝とは思えないほどの“超”消耗戦で、持ち味のしぶとさを存分に発揮した。

 「最高ですね。本当に道悪が上手な馬で、軟らかい馬場でもいい手応えで回ってこられたし、馬の豊富なキャリアにも助けられた。初めて重賞を勝ったのも福島。特別な縁を感じますね」

 2010年福島記念ダンスインザモア)で重賞初制覇を飾った思い出の場所で、丸田騎手が声を弾ませた。

 鞍上の言葉通り良馬場でも緩さが残る馬場が味方した。加えて、マイネルミラノが作った1000メートル通過が58秒2のハイペース。前にいる人気馬がスタミナを削られる中、馬のリズムに合わせて後方を進んだメドウラークは手応え良く勝負の3、4コーナーへ。外から勢いよく上がってきたマイネルサージュの「まくり」を許さず、そのままクビ差振り切った。

 橋田調教師も低迷していた愛馬の復活に感慨深げ。「よく最後まで辛抱してくれた。4コーナーで2着馬に締められずに押し切ったのは、いい判断だった。乗り役を褒めてやってください」と人馬をたたえた。15年のジューンS以来、実に3年ぶりの勝利で勢いをつけ、このままサマー2000シリーズを戦うつもりだ。

 丸田騎手といえば、前週の福島開幕日でも特別戦で2桁人気馬を3連続で3着に導き、この日も2勝を挙げる活躍だ。

 「(穴をあけている)自覚はないですけどね。レースではせこく立ち回ることを心掛けています」

 そう謙遜するデビュー12年目の32歳が、穴党の心強い味方として、まだまだ夏競馬を盛り上げていく。 (板津雄志)

★8日福島11R「七夕賞」の着順&払戻金はこちら

メドウラーク 父タニノギムレット、母アゲヒバリ、母の父クロフネ。鹿毛の牡7歳。栗東・橋田満厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は吉田勝己氏。戦績34戦6勝。獲得賞金1億4591万7000円。重賞初勝利。七夕賞橋田満調教師、丸田恭介騎手ともに初勝利。馬名は「マキバドリ」。

[もっと見る]

【七夕賞】パワー3着、江田してやったり 2018年7月9日(月) 05:03

 第54回七夕賞(8日、福島11R、GIII、3歳上オープン国際(特指)、ハンデ、芝2000メートル、1着本賞金4100万円 =出走12頭)しんがり12番人気の50キロ、パワーポケットが低評価に猛反発! 直線インからじわじわと伸びて3着となり、3連単256万馬券の立役者となった。「以前、2500メートルで乗せてもらったとき(5走前のサンシャインS=11着)、距離が長過ぎるだけで元気があっていい馬だと思ったんだ。直線も外に出すつもりはなかったし、一生懸命走る馬だからこういう(緩い)馬場もこなしてくれた」と穴男・江田照騎手はしてやったりの表情。

★8日福島11R「七夕賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【七夕賞】最低人気のパワーポケットが3着善戦 江田照「元気があっていい馬だと思っていた」 2018年7月8日() 20:25

 7月8日の福島11Rで行われた第54回七夕賞(3歳以上オープン、GIII、芝2000メートル、ハンデ、12頭立て、1着賞金=4100万円)は、丸田恭介騎手騎乗のメドウラークが差し切り勝ち。重賞初制覇を果たした。



 中団追走から勝負どころで早めに動いて進出した最低人気のパワーポケットが、渋太く伸びて粘り込み3着に善戦した。



 江田照男騎手「以前に2500メートル戦で乗ったときは距離が長過ぎただけで、元気があっていい馬だと思っていた。一生懸命走るので、こういう馬場もこなしてくれた」

★【七夕賞】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【七夕賞】11番人気メドウラークが重賞初制覇 2018年7月8日() 15:53

 7月8日の福島11Rで行われたサマー2000シリーズ(全5戦)の第1戦、第54回七夕賞(3歳以上オープン、GIII、芝2000メートル、ハンデ、12頭立て、1着賞金=4100万円)は、丸田恭介騎手騎乗の11番人気メドウラーク(牡7歳、栗東・橋田満厩舎)が差し切り勝ち。重賞初制覇を果たした。タイムは2分0秒8(良)。2着にマイネルサージュ(4番人気)、3着にパワーポケット(12番人気)が入り、3連単は256万3330円の高配当となった。

 メドウラークは後方2番手から向こう正面でポジションを上げていき、直線で横一戦の激戦の中から力強く抜け出した。最後方から4コーナーでは勝ち馬の外につけていたマイネルサージュが、クビ差の2着。中団から4コーナーで3番手にいたパワーポケットが、さらに2馬身差の3着だった。



 1番人気サーブルオールは4着で、2番人気レイホーロマンスは6着。3番人気プラチナムバレットは4コーナーで自ら前の馬に触れて転倒し、競走を中止した。

 メドウラークは、父タニノギムレット、母アゲヒバリ、母の父クロフネという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は吉田勝己氏。通算成績は34戦6勝。重賞初勝利。七夕賞橋田満調教師、丸田恭介騎手ともに初勝利。

 ◆丸田恭介騎手「(良馬場でも)馬場が軟らかくなっていました。道悪が上手なので、いい手応えで回れましたね。こういう馬場は得意です。3~4コーナーにかけて、2着馬に外からかぶされないようにしました。(開設100周年を迎えた)長く歴史ある舞台(福島競馬場)で重賞を勝たせていただいて、光栄です」



★【七夕賞】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

パワーポケットの関連コラム

閲覧 847ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、8(日)に福島競馬場でG3七夕賞、中京競馬場でG3プロキオンSがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3七夕賞は、1コーナーまでにハナを奪い切ったマイネルミラノが逃げて前半1000mを58.2秒の流れで牽引。雨上がりで稍重スタートとなったこの日のタフな馬場状態を考えるとかなりのハイペースを刻むマイネルミラノに対し、2番手グループのバーディーイーグルワンブレスアウェイ以下も大きく離されることなく追走。3コーナーにかけて後方から上位人気の一角マイネルサージュが早めの進出を開始すると、1番人気サーブルオールもこの辺りから外を回して先団に取り付く構え。直線入り口まで先頭をキープしていたマイネルミラノに代わってワンブレスアウェイが先頭へ。しかし、すぐさま外からサーブルオールメドウラークマイネルサージュの3頭に詰め寄られる展開となり、内を突いては最低人気パワーポケットもジリジリと伸びて上位争いへ。この争いから抜け出したのは、こちらも11番人気の伏兵メドウラークでした。厳しい展開と馬場に各馬脚が上がって力尽きる中、最後まで力強い脚取りを維持したメドウラークがそのまま先頭でゴール! 7歳にして初の重賞制覇を飾っています。クビ差の2着に4番人気マイネルサージュ、さらにそこから2馬身差の3着には12番人気パワーポケットが入り、3連単は256万馬券となる大波乱決着を演じています。
公認プロ予想家では、シムーンプロ“帰ってきた”凄馬勝子プロ馬っしぐらプロスガダイプロおかべプロら、計5名が的中しています。
 
G3プロキオンSは不良馬場でスタートを迎えます。外枠からマテラスカイが軽快に飛ばして先頭に立つと、最後方をポツンと追走のダノングッド一頭を除き全馬ほぼ一団の態勢でレースは展開。手応え十分のマテラスカイに、2番手にはこちらは気合をつけながら追走の形でウインムートとなって直線入り口へ。直線を迎えても、歴然の脚取りで早くも独走を窺わせるマテラスカイ。懸命に脚を伸ばすウインムート、以下との差は広がる一方で、残り200mを通過。結局、そこからの1Fでもその差を縮められるどころかむしろ広げてみせた5番人気マテラスカイがそのまま圧逃V。時計も、従来の記録を1秒2更新する、1分20秒3(不良)の日本レコードを計時し、重賞初制覇を飾っています。2着には後方から差してきた1番人気インカンテーションが入り、そこから1/2馬身差の3着にウインムートが入っています。
公認プロ予想家では、覆面ドクター・英プロサウスプロ伊吹雅也プロ豚ミンCプロろいすプロ他、計7名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
8(日)は、函館3Rで◎スズノアリュール(単勝34.4倍)的中で10万3,200円の払戻し、函館10Rで◎デルマキセキ(単勝41.6倍)的中等の好調予想を披露すると、極めつけはG3七夕。「鞍上と手が合いそうで、道悪もこなす」と評した◎メドウラーク(単勝100.8倍)の単複で鮮やかに的中し、12万6,600円の払戻をマーク! 週末2日間のトータルでは回収率134%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
7(土)は中京2Rでの◎ブンゴ(単勝52.1倍)的中などでトータルプラスを計上。8(日)には福島2Rの◎エンパイアシュアー(単勝25.2倍)-▲マーマレードガール的中や、中京3Rでの◎タガノブディーノ(単勝31.3倍)-▲カラレイアでの17万8,190円払戻し、中京9Rの▲プリュス-◎ステイオンザトップ的中などをマーク。随所に穴馬ヒットを披露し、連日のプラス収支を決めています。週末トータルでは、回収率175%、収支24万2,520円の大幅プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
7(土)は福島4Rでの17万9,080円払戻し、函館7Rでの3連単2点勝負的中含む35万150円払戻しのビッグヒットなどをマーク。勢いのまま迎えた8(日)にも、中京5Rでの的中や、G3プロキオンSでの10万6,500円払戻しなどの活躍を披露。土日ともに大幅プラス達成の先週は、回収率165%、収支トップの47万230円プラスをマークしています。
 
 
 
この他にも、おかべプロ(233%)、馬っしぐらプロ(130%)、ゼット1号プロ(124%)、夢月プロ(108%←2週連続週末プラス)、マカロニスタンダーズプロ(101%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年7月3日(火) 15:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2018七夕賞編
閲覧 774ビュー コメント 0 ナイス 11



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


7月8日(日) 七夕賞(G3 芝2000m ハンデ) 【登録頭数:12頭】

キンショーユキヒメ 54kg(B)
もともと調教駆けする馬で1週前追い切りでもいつもと同じくらいの好時計が出ていて、悪い印象はない。牝馬にしては大きな馬で使い減りするタイプでもなく、状態面でのマイナスはなさそう。

マイネルミラノ 57kg(A)
休み明けの前走を使われ、この中間は1週前にCWを長めから追い切られてこれまでの好走時に出ていた時計よりもさらに良い時計が出ていて、上積みがありそう。

マイネルフロスト 57kg(D)
好走時には最終追い切りで良い動きを見せる馬。この中間は、長期休養明けを使われたがそれほど目立つ時計は出ていない。1週前段階では、大きな変り身は感じられないといったところか。

マイネルサージュ 55kg(B)
前走から少し間隔が空いたが入念な乗り込み。3戦3連対と得意の福島ということもあり、マイネル軍団の中にあってとりわけこの馬は、ここに早くから狙いを定めていた感じ。

ワンブレスアウェイ 53kg(C)
近走は1週前、日曜、最終追い切りと馬場状態の違いはあるにせよ比較的良い時計が出ていて、レースでも重賞で好走するなど全体的に充実が窺える。この中間もいつも通りの内容で、調子落ちなく良い状態をキープできている感じ。

サーブルオール 55kg(A)
前走は2ヶ月間隔が空いていた影響か3走前、2走前と比べてもお腹に少し余裕があり、気性的にも2走前のような気合い乗りはなく少しおとなしく見せていた。それでもレースでは上位3頭に迫る内容で力のあるところをアピール。もともと長期休養明け以外はトレセンでの乗り込み量は少なく、この中間は間隔も詰っているので直前の日曜日に4Fから時計を出す程度だが、好タイムが出ていて上積みはありそう。

レイホーロマンス 51kg(B)
今年は牝馬限定重賞を使われて大崩れのない成績。ここ2戦は勝負どころで思い通りに追い上げて行くことができず着順は悪くなっているが、着差はそれほどなくこの馬なりに確実に終いの脚は使えている。状態に関してもこの中間は1週前にCWを長めから一杯に追われて好時計マークと、小柄な牝馬だが状態面の不安はなさそう。今回は乗り替わりとなるが、ハンデは51kgでスムーズな競馬ができれば直線勝負がハマる可能性も。

バーディーイーグル 53kg(E)
休み明けのメイS、そして前走のエプソムCと使われての出走となるが、この中間も調教面での変り身は見られず。今年で3年連続の参戦となるこのレースだが、前2年と比べて今年は違うというところが感じられない現状では、上位争いは厳しそう。

シルクドリーマー 53kg(D)
半年ぶりのレースで乗り込み量は豊富も、年齢的にも成績的にもいきなり勝ち負けとまでは・・・・・・。

メドウラーク 54kg(F)
約3年勝ち鞍がなく、当時と比べて調教内容が良くなっているかとそうでもなく……。レースでの成績も急に良くなることはなさそう。

プラチナムバレット 57kg(C)
長期の休み明けを3戦使われているが、この中間はCWでの時計がここ3戦よりもかなり良くなっている。一見、変わり身がありそうにも見えるが重賞を勝つような馬は強く追えば簡単にこれぐらいの時計は出てしまうのが今の栗東の馬場。さらにこの中間は騎乗しているのが体重の軽い岩崎騎手ということもあり、単純に良くなっているとは判断しない方が賢明か。特に、前走でもレース中にハ行しているように脚に爆弾を抱えているような馬で時計を出しすぎるのもちょっと怖いところがある。能力があるのは分かるが、なかなか強くは推せない面もあり。

パワーポケット 50kg(F)
ダートを使っていた馬が、障害を使って芝を使い、連闘でダート戦を使って中1週で格上の芝重賞に挑戦と普通ではなかなかあり得ないローテーション。使ってきても相手が強い。



◇今回は七夕賞編でした。
宝塚記念が終わり今年も半分が過ぎたことになり、いよいよ本格的な夏競馬に突入しました。今年はG1レースにこだわらずステップレースを中心に幅を広げて書いてきた当コラムは、この夏も休まず営業の予定。まずは手始めに、夏競馬と言えばサマーシリーズということで、札幌記念を中心としたサマー2000シリーズから始めてみようと思っています。春シーズンは、調教VTRの見かたをこれまで以上にこだわった点が奏功し、皐月賞サンリヴァル)、安田記念モズアスコット)、宝塚記念ミッキーロケット)などなど<最終追い切り評価A>で拾い上げることができたので、この勢いをそのままに調教予想に磨きをかけていきたいと思います。なかなか暑い日が続きますが、馬がバテる前に人がバテないようにしっかり水分補給をして夏競馬を楽しんでいきましょう!!
それでは次回は、サマー2000シリーズ函館記念編(予定)でお会いしましょう。


七夕賞出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。

※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

パワーポケットの口コミ


口コミ一覧
閲覧 173ビュー コメント 0 ナイス 5

こじはる(小嶋陽菜) 競馬予想 3連単 2018/最新予想は『七夕賞』『七夕賞』 ─2018/07/08 15:57 http://keiba51.blog.fc2.com/blog-entry-847.html

元AKB48の『こじはる』こと小嶋陽菜さんによる競馬予想をまとめたページです。

競馬ファンにはすっかりお馴染みのこじはる(小嶋陽菜)の3連単5頭ボックス予想。


今年は2年ぶりのプラス収支を目指しているこじはる(小嶋陽菜)。

2018年、ここまでの競馬予想成績はどうなっているのでしょうか。

・2018年成績:26戦6勝。
・収支:-31,350円。
・勝率:23.0%。
※『七夕賞』終了時点


【2018年的中レース】
・05/20 オークス(GI) 3連単 3,360円
・03/04 弥生賞(GII) 3連単 1,320円
・02/25 中山記念(GII) 3連単 41,500円
・02/18 フェブラリーS(GI) 3連単 41,560円
・01/21 AJCC(GII) 3連単 12,290円
・01/14 京成杯(GIII) 3連単 24,620円


大波乱の決着となった『七夕賞』は完敗。

このところ馬券は絶不調、7連敗で今年7勝目はまたもお預けとなりました。

気になる次回の3連単5頭ボックス予想は『函館記念』です。


===========

◆こじはる(小嶋陽菜)、2018年競馬予想&結果!

≪七夕賞(GIII)≫  ハズレ( ̄x ̄)乂ブーッ! ブッブー!!( ̄▽ ̄)乂 バツ!!
◇◎ 6.サーブルオール

◆3連単5頭ボックス
2.キンショーユキヒメ
3.マイネルフロスト
6.サーブルオール
7.ワンブレスアウェイ
11.マイネルミラノ

◆レース結果
1着 4.メドウラーク
2着 5.マイネルサージュ
3着 8.パワーポケット

◆払戻金
3連単:4-5-8 2,563,330円 1238番人気

 モズ@ 2018年7月8日() 17:25
七夕賞回顧
閲覧 80ビュー コメント 2 ナイス 6



12.4 - 10.8 - 11.2 - 12.0 - 11.8 -
11.9 - 12.1 - 12.6 - 12.9 - 13.1


マイネルミラノは
もう少し楽にハナを奪えるかと思ったが、
押して出て行く必要がある事を考えると
序盤はこれくらい流れてしまうのかという感じ。

レース内容としては
今年の福島民報杯に近く、
マイネルサージュが好走するのは納得。

ただ、勝ち馬のメドウラークは
京都重馬場専用のイメージしかなく
完全にノーマーク。

ちゃんと振り返れば
この展開での好走が読めたのかもしれないが、
今更過去走を見直す気にもなれない。

そして3着パワーポケットに至っては
どうやって買うの?という話。


出走登録馬が出た時点で
手を出すべきじゃないレースだとは思ったけど、
結果的に今週は完全スルーが正解だった。

[もっと見る]

 ちびざる 2018年7月8日() 16:39
【GⅢ】七夕賞の結果
閲覧 75ビュー コメント 0 ナイス 2


1着:④メドウラーク
2着:⑤マイネルサージュ
3着:⑧パワーポケット



私の◎にした⑥サーブルオールは4着でした。
1着の④メドウラークは無印
2着の⑤マイネルサージュは▲
3着の⑧パワーポケットは無印
でした。

買い目は

3連複1頭軸流し
⑥→③⑤⑦①②

でしたので、馬券はハズレました。_| ̄|○


まずは、⑥サーブルオールに関して、今日の馬場が合わないと思いましたね。
速いペースの逃げ馬を追いかける形になりましたが
追走で脚を使った感じになりましたし、最後は力尽きた感じでした。
この結果で評価を下げたくはないですね。
次走もう1回見てみたいですね。

1着の④メドウラークは、絶好の位置で競馬をしていました。
直線で、⑤マイネルサージュと⑥サーブルオールの間を割って伸びてきました。
抜け出す脚もありましたし、快勝でした。こんな力があったのかと驚きました。Σ(・□・;)


2着の⑤マイネルサージュは、速い流れを後ろでジッと我慢していました。
⑥サーブルオールの動き出しを待って動いていったのも良かったですね。
この馬の競馬はできたと思います。
勝ち馬は捕らえきれませんでしたが、上がり最速も脚でクビ差まで迫っているので
惜しいレースでした。
やはり福島では走りますね。


的中された方、おめでとうございます。

[もっと見る]

⇒もっと見る

パワーポケットの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

パワーポケットの写真

パワーポケット

パワーポケットの厩舎情報 VIP

2018年7月8日七夕賞 G33着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

パワーポケットの取材メモ VIP

2018年7月8日 七夕賞 G3 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。