ドンフォルティス(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ドンフォルティス
写真一覧
現役 牡4 栗毛 2015年4月9日生
調教師牧浦充徳(栗東)
馬主山田 貢一
生産者アイズスタッド株式会社
生産地日高町
戦績11戦[4-1-1-5]
総賞金4,458万円
収得賞金3,510万円
英字表記Don Fortis
血統 ヘニーヒューズ
血統 ][ 産駒 ]
Hennessy
Meadow Flyer
グロッタアズーラ
血統 ][ 産駒 ]
フジキセキ
サダムブルーアイズ
兄弟 ラーナアズーラナンベーサン
前走 2018/12/23 ギャラクシーS OP
次走予定

ドンフォルティスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/12/23 阪神 12 ギャラクシー OP ダ1400 16114.229** 牡3 56.0 和田竜二牧浦充徳506(+8)1.22.5 1.036.1⑦⑦ゴールドクイーン
18/11/18 東京 11 霜月S OP ダ1400 167146.444** 牡3 55.0 北村宏司牧浦充徳498(+4)1.23.8 0.035.6⑫⑪サトノファンタシー
18/10/02 金沢 11 白山大賞典 G3 ダ2100 11--------10** 牡3 52.0 戸崎圭太牧浦充徳494(--)2.15.8 4.4----グリム
18/08/05 新潟 11 レパードS G3 ダ1800 15344.524** 牡3 56.0 石橋脩牧浦充徳494(0)1.52.5 0.537.8⑦⑦⑥⑦グリム
18/07/11 大井 11 ジャパンDD G1 ダ2000 14--------6** 牡3 56.0 武豊牧浦充徳494(--)2.06.4 0.6----ルヴァンスレーヴ
18/04/01 中山 10 伏竜S OP ダ1800 9665.531** 牡3 57.0 石橋脩牧浦充徳502(+5)1.54.7 -0.236.5ルヴァンスレーヴ
17/12/13 川崎 11 全日本2歳優 G1 ダ1600 13--------2** 牡2 55.0 武豊牧浦充徳497(--)1.41.8 0.2----ルヴァンスレーヴ
17/10/31 門別 10 北海道2歳優 G3 ダ1800 9--------1** 牡2 55.0 武豊牧浦充徳498(--)1.55.5 -0.3----フィールシュパース
17/09/30 阪神 9 ヤマボウシ賞 500万下 ダ1400 13453.521** 牡2 54.0 武豊牧浦充徳486(-6)1.25.0 -0.536.8⑧⑧オーロスターキス
17/07/22 中京 1 2歳未勝利 ダ1200 15113.211** 牡2 54.0 M.デムー牧浦充徳492(+8)1.12.6 -0.536.3⑦⑤マッスルマサムネ
17/07/08 中京 6 2歳新馬 ダ1400 161210.443** 牡2 54.0 小牧太牧浦充徳484(--)1.26.5 0.737.9⑬⑫マイネルオスカル

ドンフォルティスの関連ニュース

ギャラクシーSの過去のレース結果をもとに、ファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。

※2013、2017年の同名レースならびに2014~2016年のファイナルSの結果をもとに検証

【全般】
3歳馬が好成績

ドンフォルティス
ハヤブサマカオー
バイラ
ゴールドクイーン

前走でダ1200~1600m戦に出走していた馬の上位占有率が高い

ドンフォルティス
ナムラミラクル
ユラノト
ハヤブサマカオー
バイラ
ゴールドクイーン
アキトクレッセント
ワンダーサジェス
レッドゲルニカ
サノイチ
ショコラブラン

前走が重賞(着順不問)、あるいは非重賞で2着以内だった栗東所属馬が攻勢

ナムラミラクル
ユラノト
ワンダーサジェス
ヒロブレイブ

前走が東京戦、かつ掲示板を確保していた馬の好走例が多い

ドンフォルティス
ナムラミラクル
ユラノト
アキトクレッセント

同年5月以降に1600万下を勝ち上がり、その後1度でもオープンで走った経験のある馬の好走率が高い

ナムラミラクル
ユラノト

同年に今回と同距離のオープンクラスにおいて掲示板に入った経験のある馬が優勢(JRAのレースに限る)

ドンフォルティス
ナムラミラクル
ハヤブサマカオー
バイラ
タガノエスプレッソ
ラインシュナイダー
ゴールドクイーン
アキトクレッセント
ヒデノインペリアル
レッドゲルニカ

同年に1600m以上のレースにおいて掲示板に入った経験のある馬の上位入線が目立つ(JRAのレースに限る)

ドンフォルティス
ロイヤルパンプ
ナムラミラクル
ユラノト

【人気】
1、2番人気の共倒れはゼロ
※10時00分現在の1~2番人気

ドンフォルティス
ユラノト

好走馬の大半が前走6番人気以内

ドンフォルティス
ナムラミラクル
ユラノト
ハヤブサマカオー
ゴールドクイーン
レッドゲルニカ

【脚質】
ペース次第で何でもあり

※ペースにより前残りと差し台頭の両極端

【枠順】
5~8枠がやや優勢

ゴールドクイーン
アキトクレッセント
ワンダーサジェス
ヒロブレイブ
ヒデノインペリアル
レッドゲルニカ
サノイチ
ショコラブラン

【血統】
父あるいは母父にミスプロ系種牡馬を配し、かつサンデーサイレンスを内包している馬が狙い目

ユラノト
タガノエスプレッソ
ラインシュナイダー
ワンダーサジェス
サノイチ

父あるいは母父にボールドルーラー系種牡馬を配している馬の上位入線が多い

ハヤブサマカオー
ゴールドクイーン
ヒロブレイブ
レッドゲルニカ

父ヴァイスリージェント系の期待値が高い

ショコラブラン


【5項目以上該当馬】
ユラノト(8項目)
ドンフォルティス(7項目)
ナムラミラクル(7項目)
ゴールドクイーン(6項目)
ハヤブサマカオー(5項目)
レッドゲルニカ(5項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

【みんなの反省会】ダート界で完全にトップに立ったルヴァンスレーヴ 2018年12月2日() 20:09

デスク チャンピオンズCは3歳馬ルヴァンスレーヴが快勝しました。前走のマイルCS南部杯で昨年の最優秀ダートホース、ゴールドドリームに完勝していますし、強い馬ですねえ。

仲和弘TM ええ。ゴールドドリームに対してきっちり答えを出していますし、(4月の伏竜Sで)ドンフォルティスに敗れてはいますけど、完全にダート界のトップに立ちました。今後の進路は分かりませんが、海外に行っても楽しみな馬です。

デスク 今回は2番枠。スタートに不安がある馬ですから、出遅れた場合は包まれて力を出し切れないのではないかという見方もありましたけど、問題なかったですね。無難にスタートを切って、2~3番手でレースを進めました。

仲TM (1000メートル通過が61秒9と)ペースは緩め。2着には、道中最後方にいたウェスタールンド(8番人気)が入りましたけど、基本的に前残りの競馬でしたよね。ルヴァンスレーヴがあのポジションを取れたのは大きかったです。

デスク ミルコ・デムーロ騎手は「ずっといい手応えで、馬なりで(レースを)進められた」と話していました。引っ掛かってもいなかったですね。

仲TM そういう(引っ掛かる)ところはなかったですね。ただ、(3番人気で3着だったサンライズソアの)モレイラ騎手が、もっと積極的な競馬をするのではないかなと思っていました。

デスク サンライズソアはここ3戦で逃げるか、2番手につける競馬をしていましたけど、今回は5~6番手。

仲TM モレイラ騎手がペースを作れなかったことが、流れが遅くなる鍵となったと思います。(その点からも)勝ち馬の位置取りは良かったですね。

デスク そのサンライズソアは直線で一旦、勝ち馬に迫りました。

仲TM 最後に盛り返していますし、いい位置を取っていたらもっと抵抗できたと思います。もったいないですね。

デスク 2着のウェスタールンドは、素晴らしい末脚を見せましたね。

仲TM ええ。上がり3ハロンは(メンバー最速の)34秒4で、芝並み。1頭だけ違い脚いろでした。

デスク 勝ち馬は2位の35秒6。

仲TM ウェスタールンドは4コーナーでは離れた最後方でした。でも、中団や後方にいた馬が外に出していく中で、内のスペースを突いたことでロスなく運べましたね。

デスク 残り400メートルでもう6~7番手に浮上していましたね。

仲TM 結果オーライかもしれないですけど、自分の競馬に徹したことで結果を出したということです。

デスク 前走の武蔵野Sは道中で他馬と何度も接触して7着。佐々木昌三調教師は「参考外」と語っていました。今回と同じく最後方から2着に食い込んだ2走前のシリウスSが、本来の走りなんでしょうね。

仲TM 前にいた馬とは違い、届かずに惜しいレースでした。でも、(強烈な末脚という)武器を持っている馬ですから、どこかできっと(ビッグタイトル獲得という)結果を出しますよ。

デスク JBCレディスクラシックを制しているアンジュデジールは今回、9番人気でしたが、逃げて4着と健闘しました。

仲TM 作戦成功でしょう。しぶとく粘りましたよね。

デスク 上位人気馬のうち、2番人気だったケイティブレイブは中団から4コーナーで外へ。伸びを欠いて11着でした。仲TMの本命でしたね。

仲TM そうなんですよ。なぜ脚(末脚)を使えなかったのか。不可解です。

デスク 馬体重は10キロ増で528キロ。過去最高でした。

仲TM そのことも含めて、敗因が分かりづらい。乗り役さんに聞かないと…。

デスク その他に気になった馬はいますか。

仲TM 後ろから行った馬は(4コーナーで)外を回しているんですけど、(後方2番手から7着に終わった)ノンコノユメはむちゃくちゃ外に出していました。(流れ次第という)他力本願の馬は仕方ないですけどね。

デスク まあ、今回はルヴァンスレーヴの強さが際立ったレースでした。まずは、来年のフェブラリーSで秋春のJRAダートGI制覇に挑むようですから、期待しましょう。



★【チャンピオンズC】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【U指数的考察】霜月S 指数5位以内が中心! 指数7~11位に妙味アリ!2018年11月18日() 10:40

霜月Sの近年の傾向をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2013年以降の結果をもとに検証

<ポイント①>
波乱決着になる年もあるが、基本的に指数上位の安定度が高い一戦。毎年必ず指数1~5位のうち、最低1頭は3着以内を確保している。なかでも、前走東京ダ1400m出走馬、あるいはコース不問で6着以下に敗れていた馬の期待値が高い。

指数1~5位かつ条件を満たす馬

ブラゾンドゥリス
サトノファンタシー
サクセスエナジー
コウエイエンブレム

<ポイント②>
指数7~11位の牡馬が毎年のように馬券に絡んでおり、好配当を演出するケースもしばしば。近走の成績にかかわらず、条件を満たす馬に対する警戒は怠れない。

指数7~11位

アキトクレッセント
ダノングッド
ニットウスバル
アードラー
ラテンロック

<ポイント③>
指数94.0未満かつ指数順位12位以下の好走例はみられない。

指数94.0未満かつ指数順12位以下

バイラ
プロトコル
ダンツゴウユウ
ドンフォルティス



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【メインレース・データ分析(特別編)】霜月S ミスプロの血脈を重要視!前走6着以下敗退馬の巻き返しに注意!2018年11月18日() 10:20

霜月Sの過去のレース結果をもとに、ファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。

※2013年以降の結果をもとに検証

【全般】
5歳以上かつ栗東所属馬の上位占有率が高い

アキトクレッセント
キョウエイアシュラ
サトノファンタシー
ダノングッド
サンライズメジャー
コウエイエンブレム
ラテンロック

前走東京ダート1400m組が攻勢

アキトクレッセント
ダノングッド

前走6着以下敗退馬の巻き返しが顕著

アキトクレッセント
キョウエイアシュラ
ブラゾンドゥリス
サトノファンタシー
ダノングッド
サクセスエナジー
バイラ
ニットウスバル
プロトコル
マッチレスヒーロー
ドンフォルティス
コウエイエンブレム
ラテンロック

前年あるいは同年に1600万下から上のクラス(JRAのレースに限る)、かつ1400m以上のレースで優勝経験のある馬の上位入線が多い

アキトクレッセント
ブラゾンドゥリス
サトノファンタシー
サクセスエナジー
バイラ
アードラー
ダンツゴウユウ
ドンフォルティス
コウエイエンブレム

【人気】
年によって極端な決着

※人気を過度に意識する必要はない

【脚質】
速い上がりに対する適応力が重要

ダノングッド
ニットウスバル
アードラー
ダンツゴウユウ

※近走の走りを参考に上がり上位馬を想定

やや先行優勢(差し、追い込み勢同士のワンツー決着はゼロ)

ブラゾンドゥリス
サトノファンタシー
サクセスエナジー
コウエイエンブレム

※近走の走りを参考に先行策をとりそうな馬を想定

【枠順】
近年は馬番枠2~6番のうち最低1頭が馬券絡み

キョウエイアシュラ
ブラゾンドゥリス
サトノファンタシー
ダノングッド
サクセスエナジー

2桁馬番が毎年のように連対圏内

プロトコル
マッチレスヒーロー
ダンツゴウユウ
サンライズメジャー
ドンフォルティス
コウエイエンブレム
ラテンロック

【血統】
父もしくは母父にミスプロ系種牡馬を持つ馬の上位占有率が高い

アキトクレッセント
キョウエイアシュラ
ダノングッド
ニットウスバル
ダンツゴウユウ
コウエイエンブレム
ラテンロック


【5項目以上該当馬】
ダノングッド(6項目)
コウエイエンブレム(6項目)
アキトクレッセント(5項目)
サトノファンタシー(5項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【古馬次走報】エアスピネル、福永騎手でマイルCSへ 2018年10月24日(水) 12:17

 ★富士S4着エアスピネル(栗・笹田、牡5)は、福永騎手の予定でマイルCS(11月18日、京都、GI、芝1600メートル)に向かう。同5着ペルシアンナイト(栗・池江、牡4)も連覇を目指して同レースへ、同7着同着で僚馬のジャンダルム(牡3)、同10着のウインブライト(美・畠山、牡4)も参戦する。

 ★室町S4着キングズガード(栗・寺島、牡7)は、予定通りJBCスプリント(11月4日、京都、交流GI、ダ1200メートル)へ向かう。

 ★ポートアイランドS4着ブラックスピネル(栗・音無、牡5)は、武蔵野S(11月10日、東京、GIII、ダ1600メートル)でダートに初挑戦。僚馬でオパールS3着モズスーパーフレア(牝3)は京阪杯(11月25日、京都、GIII、芝1200メートル)へ。

 ★北陸Sを勝ったモズワッショイ(栗・牧浦、牝5)は、オータムリーフS(11月25日、京都、OP、ダ1200メートル)を視野。僚馬でNST賞3着以来のベック(牡7)も同レースで復帰予定。室町S2着のヴェンジェンス(栗・大根田、牡5)も同レースへ。

 ★秋嶺Sを勝ったダンツゴウユウ(栗・谷、牡4)は、霜月S(11月18日、東京、OP、ダ1400メートル)へ。同レースには室町S5着アードラー(栗・音無、牡4)も参戦。白山大賞典10着ドンフォルティス(栗・牧浦、牡3)も視野に入れる。

 ★エルムS10着ノーブルサターン(栗・牧浦、牡4)は、福島民友C(11月18日、福島、OP、ダ1700メートル)で復帰する。

 ★信越S勝ちのスターオブペルシャ(美・藤沢和、セン5)はオーロC(11月11日、東京、芝1400メートル)へ。僚馬タワーオブロンドン(牡3)、サトノアレス(牡4)は、ともにキャピタルS(11月24日、東京、OP、芝1600メートル)を目指す。富士S11着のハッピーグリン(ホッカイドウ・田中淳、牡3)も同レースに向かう。

 ★菊花賞18着オウケンムーン(美・国枝、牡3)は年内は休養する。

 ★ブラジルC14着ハービンマオ(美・中舘、牝3)は名古屋グランプリ(12月24日、名古屋、交流GII、ダ2500メートル)へ。

[もっと見る]

【白山大賞典】レース展望 2018年10月1日(月) 11:52

 2日(火)に金沢競馬場で、第38回白山大賞典(交流GIII、3歳以上オープン、別定、ダート・右2100メートル)が行われる。JBCクラシックを見据える上でも注目される一戦を展望していきたい。



★注目は交流重賞3勝目を目指すミツバ



 注目一番手は、2走前のマーキュリーC(交流GIII)で連覇を果たし、前走のエルムS(GIII)でも道中最後方のポジションから捲り気味に進出して3着まで押し上げたJRAのミツバ(栗東・加用正厩舎、牡6歳)だろう。



 エルムSのレース後に、主戦の松山弘平騎手は「きょうは枠順が悪かったですね。コースはこなすと思っていたし、もう少し外の枠なら勝負できたのですが…」と語っているように小回りの札幌コースと内目の3番枠が影響した形。



 金沢コースは今回が初めてになるが、11頭立ての落ち着いた頭数で真ん中の6番枠なら、前走以上の走りを見せることができる可能性が高そうだ。



★有利な52キロで出走する3歳馬のドンフォルティス



 2、3歳重賞戦線では常に主役級の活躍を見せてきており、新たに戸崎圭太騎手を鞍上に迎えたドンフォルティス(栗東・牧浦充徳厩舎、牡3歳)が、初めて古馬に挑戦する。



 初対戦ということで古馬との力関係は未知数だが、52キロの斤量で出走できるのは有利。金沢コースも初めてになるが、川崎や門別で結果を出していることを考えれば、苦にすることはないだろう。



 唯一の着外となる6着に敗れているのが、自身にとって最長距離だった2000mのジャパンダートダービーで、さらに100m長い2100mというのは気になるところだが、能力的には十分に通用していいはずだ。



★グリムは先行力が魅力も2100m克服がカギ



 レパードS(GIII)を逃げ切り重賞初制覇を果たしたグリム(栗東・野中賢二厩舎、牡3歳)は、有力どころに差し馬が多いメンバー構成だけに先行力が魅力的に映るが、初距離となる2100mへの対応がカギを握りそう。



 古馬との対戦は初めてとなるが、53キロの斤量で出走できるだけに、通用する可能性は高そう。1200m戦でデビューしてから徐々に距離を延ばしてきているだけに、一にも二にも未経験のラスト300mをどう乗り切るかによって結果は大きく変わる。

 重賞タイトルを獲得した前走に続き、2戦連続での騎乗となる内田博幸騎手の手腕にも期待したいところだ。



★半年ぶりに復帰のセンチュリオンも実力は通用



 昨秋から今春にかけてオープン特別を2勝、前走のマーチS(GIII)では重賞初制覇も果たしているセンチュリオン(美浦・田村康仁厩舎、牡6歳)は、半年ぶりの実戦復帰で力を出し切れるかがカギとなる。



 初の地方遠征となるだけに馬場への適性も課題となりそうだが、2100mの距離はすでに経験しており問題はなく、中京で結果を出しているだけに長距離輸送もこなしてくれるのではないか。



 鞍上は重賞Vの幸英明騎手から大野拓弥騎手に乗り替わりとなるが、コンビを組んで3勝を挙げているだけに、むしろ心強いと考えて良いだろう。



★交流重賞なら見直したいマイネルバサラ



 昨年の浦和記念(交流GII)を6馬身差で圧勝するなど実績では見劣りしないマイネルバサラ(美浦・松山将樹厩舎、牡5歳)も、先行馬が残る展開になれば見せ場を作れるかもしれない。



 近走は苦戦が続いているが、地方の交流重賞に限れば1、3、3、5着と崩れていない。2400mのダイオライト記念(交流GII)でもケイティブレイブ、アポロケンタッキーとGI馬2頭に続く3着に好走しているだけに、ここで一変する可能性がありそう。



 実績を残しているだけに、他馬より重い57キロの斤量なのは仕方ないところ。デビューから26戦のうち21戦でコンビを組んでおり、浦和記念制覇時にも騎乗していた柴田大知騎手の手綱捌きに期待したいところだ。



★悲願の交流重賞Vに手が届きそうなカツゲキキトキト



 白山大賞典には、JRAから5頭が参戦。それを迎え撃つ地方勢は、地元の金沢から3頭、北海道・兵庫・愛知から各1頭がエントリーしている。中でも地方代表の筆頭格と言えるのは、愛知から参戦するカツゲキキトキト(愛知・錦見勇夫厩舎、牡5歳)だ。



 ここまで3歳春の5連勝を含む重賞15勝の実績を残しており、強力なJRA勢を相手にした交流重賞でも、持ち前の先行力を武器に、再三に渡って上位争いに絡む活躍を見せている。



 白山大賞典へは2016年から3年連続での出走となるが、昨年はインカンテーションの2着に善戦している。マイペースに持ち込めれば、昨年以上の結果を出すことができる可能性が十分にありそうだ。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ドンフォルティスの関連コラム

閲覧 1,627ビュー コメント 0 ナイス 9

ジャパンCのアーモンドアイは強いのは分かり切っていましたが、それにしても異常なレコード勝ちで本当に強かったですね。この馬自身は後ろから行って、前が止まらない流れを期待していたのですが、先行している時点で「参りました」という感じですね。ロードカナロア自身は安田厩舎だったのでスプリンターになっただけで、産駒の中距離馬はこれからもたくさん出てくると思います。予想のほうは、2着以下もだいたい予想通りだったのですが、馬券的には残念な結果に。まあ、単勝1.4倍の馬を本命にしたくなくてシュヴァルグランに本命を打って散ったわけで、納得もしているところですが......。
さて、気持ちを切り替えてチャンピオンズカップ。昨年のチャンピオンズカップは、気ムラな面も手伝ってか、なぜか世間評価は上がって来なかった8番人気ゴールドドリームが、栗東坂路で動けていて鞍上はR.ムーア騎手ということで本命で狙い打ち。2着テイエムジンソク、3着コパノリッキーも含め気持ちよく3連単15万馬券を的中出来たレース。私にとっては、夏休みのハワイツアー資金調達に貢献してくれた縁起の良いレースでもありますので、今年もドカンと当てたいと思っています。

それでは恒例の全頭診断を。


<全頭診断>

1番人気想定 ルヴァンスレーヴ:7戦6勝とスローからの上がり勝負でドンフォルティスをかわせなかった伏竜S以外は全部勝ち切っており、当然有力。

2番人気想定 ゴールドドリーム:休み明けの前走はルヴァンスレーヴに完敗したが、マイルはちょっと忙しい感じになってきていて、1800mで斤量差1kgなら逆転があってもいい。

3番人気想定 ケイティブレイブ:逃げ・差し自在で、今年はダイオライト記念、日本テレビ盃、JBCクラシックを勝ち、帝王賞は2着とダート路線の主役に君臨しており、当然やれていい。

4番人気想定 オメガパフューム:ダートは強いと評判の3歳世代No.2で、7戦4勝2着2回3着1回とすべて馬券になっている馬。前有利な中京が微妙にしても、好勝負可能だろう。

5番人気想定 サンライズノヴァ:ハラハラさせながらもしっかり差し切ってという競馬で3連勝中だが、勝ち切るには中京はあまり向いていない感じもする。

6番人気想定 サンライズソア:今年は名古屋大賞典、平安S勝ちにJBCクラシック3着と、伸び盛りの時期だけにここでも好走を十分期待できる。

7番人気想定 ノンコノユメ:今年は1月に根岸Sで復活の勝利をあげ、その勢いのままにフェブラリーSも勝ったが、以降は3戦連続4着といまひとつな状況。昨年9着、一昨年6着とあまり中京1800mは向いていないようで、東京マイルあたりが一番いいのだろうが、人気が無いならヒモにはありか。

8番人気想定 インカンテーション:8歳の暮れだが、衰え少なく長く活躍してきた。ただ、前走の内容を見るとはさすがにちょっと衰えてきたかなあという印象。そこそこ人気だろうし、消して妙味か。

9番人気想定 アンジュデジール:JBCレディスクラシックを鋭く差して勝ったが、牡馬相手には通用しておらず買えない。

10番人気以下想定 

センチュリオン:3月にオープン特別とマーチSを連勝し、秋も白山大賞典で2着したが、JBCクラシックでは11着と惨敗。今回、人気を落としそうだが3着ならあるかも。

パヴェル:アメリカのダートG1馬で、G1では他にも2着、3着各1回に4着3回と強い馬なのだろうが、アメリカと日本の砂質は違いあまり買いたくない。

アポロケンタッキー:+16kgで惨敗したJBCクラシックだったが、1月の川崎記念ではさらに1kg重い575kgでも2着と走っており、そこだけに原因を求める訳にはいかないか。巨漢馬のこのくらいの馬体重変動はそれほど問題ではないのかもしれない。以前ステロイド使用が問題になった馬でもあり、さらに増えるのはさすがに良くないのだろうが。今回は一気に人気を落としそうだが、このレースは昨年取り消し、一昨年5着とそこそこやれてもいい。

ウェスタールンド:夏にオープン入りしてすぐシリウスS2着の後、前走の武蔵野Sでは接触の不利もあって3番人気7着と負けたが、巻き返しは十分にあるとみている。ヒモ候補。

クインズサターン:昨秋にオープン入りして以降、今年は重賞で2着2回3着2回と結構強い相手に人気以上に走っており、ヒモに入れる手はありか。

アスカノロマン:一昨年のこのレースの3着馬で前走のJBCクラシックでも6着と意外にまだ衰えは小さいようで、3連単の3着あたりには入れてもいいのかも。

ヒラボクラターシュオメガパフュームのところでも触れた、豊作と言われる今年の3歳牡馬ダート路線。この馬もそれを証明するように古馬を相手に、9月、11月にオープン特別を勝っていて、その前の同世代相手のレパードSではグリムの2着に好走の実績あり。ヒモに加えるのはありか。

チュウワウィザード:6戦4勝の戦歴で、3歳暮れで既にこの舞台まで駆け上がってきた。来年あたりは主役になっているかも。先物買いでヒモに入れるかどうか。

ミツバ:追い込んだり、派手な大逃げを打ったりと気難しい馬で、ここ2戦は1番人気を裏切り、かつ前走の白山大賞典は11着と惨敗でもあり人気落とすだろうが、要は気持ちが乗れば走れていい。昨年も12番人気6着とそこそこやれており、穴としてヒモには加えたい。

メイショウスミトモ:遅咲きダートステイヤーで昨年9月にシリウスS(2000m)、12月には交流重賞の名古屋GP(2500m)を制したが、今年はさすがに衰えてきていて買えない。

ダノングッド:1600万下クラスに上がって以降は1200~1400mが主戦場で、短距離の追い込み馬となっている現状では、この舞台は合わない。


<まとめ>あまり消せる馬がおらず、特に3着は手広くいく予定。

有力:ルヴァンスレーヴゴールドドリームケイティブレイブオメガパフュームサンライズノヴァ

ヒモに:サンライズソアノンコノユメセンチュリオンアポロケンタッキー

穴に(3着なら):ウェスタールンドクインズサターンアスカノロマンヒラボクラターシュチュウワウィザードミツバ


登録済みの方はこちらからログイン

2018年8月7日(火) 18:13 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2018) ~第7回 U指数から見る注目馬~
閲覧 1,486ビュー コメント 0 ナイス 6

今シーズン最初のJRA重賞、7月22日の函館2歳ステークス(2歳G3・函館芝1200m)を制したのはアスターペガサス(R Heat Lightningの2016)でした。また、7月21日の中京2歳ステークス(2歳オープン・中京芝1600m)ではアドマイヤマーズ(ヴィアメディチの2016)が、8月4日のダリア賞(2歳オープン)ではアウィルアウェイ(ウィルパワーの2016)がそれぞれ2勝目をマーク。8月26日の新潟2歳ステークス(2歳G3・新潟芝1600m外)、9月1日の札幌2歳ステークス(2歳G3・札幌芝1800m)、9月2日の小倉2歳ステークス(2歳G3・小倉芝1200m)に出走を予定している馬のラインナップも固まりつつあります。この他にも評判馬や良血馬のデビューが相次いでいて、少しずつプレイヤーごとの明暗が分かれているところです。

 ただ、私がこの時期に再三繰り返している通り、最終的な順位を左右するようなビッグレースが行われるのはまだまだ先。G1、G2、G3、オープンの各ワールドはこれからも仮想オーナー募集枠が解放されていきますから、たとえ出遅れているとしても悲観する必要はまったくありません。今後は人気と将来性の兼ね合いが入札のポイントになってくるでしょう。

 今回は、これからラインナップを充実させていこうと考えている皆さんの参考としていただくべく、ウマニティ独自のスピード指数「U指数(結果U指数)」をベースに、既出走馬のパフォーマンスをランキング化してみました。

 まずは単純な「U指数」のトップ10をご覧ください(8月5日終了時点。以下同)。

●07月21日 中京09R 中京2歳S 芝1600m アドマイヤマーズ 88.0
●07月21日 中京01R ダ1200m アールロッソ 87.6
●07月21日 中京01R ダ1200m デターミネーション 87.0
●07月14日 函館01R ダ1000m デンバーテソーロ 86.9
●08月05日 小倉01R 芝1200m ルチアーナミノル 86.5
●07月22日 函館11R 函館2歳S 芝1200m アスターペガサス 85.9
●07月22日 函館11R 函館2歳S 芝1200m ラブミーファイン 85.9
●06月03日 東京05R 芝1600m グランアレグリア 85.6
●08月04日 小倉02R 芝1800m ヤマニンマヒア 85.6
●07月07日 中京01R 芝1200m セプタリアン 85.4

 函館2歳ステークスのアスターペガサスよりも高いU指数をマークした馬は5頭います。特に中京2歳ステークスでアドマイヤマーズが記録した88.0は、芝を使った馬の中だと頭ひとつ抜けた高水準です。父のダイワメジャーはもともとPOG期間中の成績が優秀な種牡馬であり、母のヴィアメディチも現役時代にリューリー賞(仏G3)などを勝っている実績馬。少なくともマイル路線ならかなりの活躍を期待できそうですし、クラシック戦線で主役を張る可能性もあるんじゃないでしょうか。

 もっとも、「U指数」は格の高いレースほど高い数値が出やすい指標。また、新馬よりも未勝利の方が、早い時期のレースよりも遅い時期のレースの方が、それぞれ高い数値になりがちです。

 各馬の特性を正確に把握するべく、カテゴリー別に作成したランキングもご覧いただきましょう。新馬、かつ芝のレースに限定した「U指数」のトップ10は下記の通りでした。

●06月03日 東京05R 芝1600m グランアレグリア 85.6
●07月28日 新潟05R 芝1400m グレイシア 84.7
●06月03日 東京05R 芝1600m ダノンファンタジー 83.4
●06月03日 阪神05R 芝1400m シングルアップ 82.5
●07月22日 函館05R 芝1800m ウィクトーリア 81.5
●08月04日 札幌05R 芝1200m アドレ 81.2
●06月17日 函館05R 芝1200m ナンヨーイザヨイ 81.1
●06月23日 阪神05R 芝1200m ジャカランダシティ 81.0
●06月24日 阪神05R 芝1800m ブレイキングドーン 81.0
●06月16日 函館05R 芝1000m ウインスピリタス 80.8

 昨年もこの時期に同様のランキングを作成しましたが、新馬、かつ芝のレースに限定した「U指数」のトップはステルヴィオ(ラルケットの2015)、2位はダノンプレミアム(インディアナギャルの2015)。皆さんもご存じの通り、この2頭は後に朝日杯フューチュリティステークスでワンツーフィニッシュを決めています。今年はグランアレグリア(タピッツフライの2016)、グレイシアクーデグレイスの2016)と、牝馬が上位を占める結果に。しばらくはこの2頭が最優秀2歳牝馬争いを引っ張っていくことになるかもしれません。

 未勝利、かつ芝のレースに限定した「U指数」のトップ10は下記の通り。

●08月05日 小倉01R 芝1200m ルチアーナミノル 86.5
●08月04日 小倉02R 芝1800m ヤマニンマヒア 85.6
●07月07日 中京01R 芝1200m セプタリアン 85.4
●07月28日 札幌01R 芝1800m コントラチェック 85.2
●08月04日 小倉02R 芝1800m ミヤケ 84.3
●06月30日 函館01R 芝1200m カルリーノ 83.5
●07月29日 札幌01R 芝1200m キタイ 83.1
●08月04日 新潟02R 芝1000m クロムウェル 82.5
●08月04日 新潟02R 芝1000m フレンドリボン 82.5
●08月04日 新潟02R 芝1000m シャウエン 82.5

 このうちコントラチェック(リッチダンサーの2016)、ヤマニンマヒア(ヤマニンカルフールの2016)はディープインパクト産駒です。どちらも2戦目であっさりと勝ち上がりましたし、デビュー戦の勝ち馬はいずれも既にオープンクラスのレースで連対を果たしている馬。今後も引き続き注目しておくべきでしょう。

 新馬、かつダートのレースに限定した「U指数」のトップ10はこちら。

●06月30日 福島06R ダ1150m ホールドユアハンド 81.4
●07月14日 福島06R ダ1150m ジョウラン 80.7
●07月07日 函館06R ダ1000m ヒストリコ 80.5
●06月16日 阪神05R ダ1200m チュウワフライヤー 79.4
●06月16日 阪神05R ダ1200m アールロッソ 79.4
●06月16日 東京05R ダ1400m ラインカリーナ 79.3
●07月14日 福島06R ダ1150m アンジェリーブル 79.3
●07月29日 札幌06R ダ1700m リープリングスター 79.1
●07月29日 札幌06R ダ1700m モーンストルム 79.1
●07月29日 札幌06R ダ1700m フクノワイルド 78.2

 未勝利、かつダートのレースに限定した「U指数」のトップ10は下記の通りとなっています。

●07月21日 中京01R ダ1200m アールロッソ 87.6
●07月21日 中京01R ダ1200m デターミネーション 87.0
●07月14日 函館01R ダ1000m デンバーテソーロ 86.9
●07月08日 福島01R ダ1150m ニシノコトダマ 83.0
●07月08日 福島01R ダ1150m アンビル 83.0
●08月04日 札幌01R ダ1000m スマートスリロス 82.9
●07月08日 福島01R ダ1150m グレートデー 82.3
●07月14日 函館01R ダ1000m スマートスリロス 81.3
●07月08日 福島01R ダ1150m エリーバラード 79.5
●07月08日 福島01R ダ1150m ウィローグラウス 79.5

 ちなみに、昨年はドンフォルティス(グロッタアズーラの2015)がダートの未勝利で高いU指数をマークしていました。POG期間中にかなりの賞金を獲得する馬がいるでしょうから、こちらの各馬にもぜひ注目してみてください。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる騎手大全 2017秋~2018』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG 2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

2018年8月5日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/レパードS G3(スガダイプロ)
閲覧 810ビュー コメント 0 ナイス 0

本日はウマニティ公認プロ予想家のスガダイプロに2週連続で登場してもらいます。先週の当欄で提供したクイーンSの予想は不発に終わるも、もうひとつの重賞のアイビスSDはしっかり的中。持ち前の予想力の高さを示してくれました。今週のターゲットはレパードS。本年のダート1800m以上、重賞ともにプラス収支を計上している最強予想家は、どこに狙いを定めたのでしょうか。

本命は⑧プロスパラスデイズ「安定感には欠けるものの勝つときは実に鮮やか。とくに前走の濃尾特別は時計的にも優秀で、力通りの走りができれば、重賞のここでも通用する」とそのポテンシャルを高く評価しました。対抗は「揉まれ弱い反面、すんなり先行できれば粘り込み可能」な⑥グリム。単穴は「勝ち味に遅いが安定感が魅力」の⑭グレートタイム。以下、④ドンフォルティスを押さえ、馬券は単複⑧、馬連流し⑧→④⑥⑭、3連複ボックス④⑥⑧⑭で勝負します。本レース以外のスガダイプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください。

(ウマニティ編集長・岡田大)


------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢30名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2018年7月29日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2018年07月29日号】特選重賞データ分析編(109)~2018年レパードステークス~
閲覧 1,320ビュー コメント 0 ナイス 2



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 レパードステークス 2018年08月05日(日) 新潟ダ1800m


<ピックアップデータ>

【出走数別成績(2014年以降)】
○8戦以下 [4-3-4-24](複勝率31.4%)
×9戦以上 [0-1-0-22](複勝率4.3%)

 少ないレース数で出走にこぎ着けた馬を重視したい一戦。キャリア9戦以上で3着以内となったのは、ジャパンダートダービー2着の実績があった2016年2着のケイティブレイブだけです。使い詰めでこのレースに駒を進めてきた馬、条件クラスのレースで長く足踏みしていた馬は評価を下げましょう。

主な「○」該当馬→アドマイヤビクターグレートタイムドンフォルティス
主な「×」該当馬→エングローサーテイエムディランビッグスモーキー


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“JRA、かつ1800m、かつ重賞かオープン特別のレース”において3着以内となった経験がある」馬は2014年以降[4-2-1-3](複勝率70.0%)
主な該当馬→グレートタイムドンフォルティス

[もっと見る]

2017年12月4日(月) 12:00 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2017) ~第8回 U指数で見る条件別注目馬~
閲覧 4,288ビュー コメント 0 ナイス 6

 今年も残すところあと1か月。今月は12月10日の阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳GI・阪神芝1600m外)、12月17日の朝日杯フューチュリティステークス(2歳GI・阪神芝1600m外)、12月28日のホープフルステークス(2歳GI・中山芝2000m内)と、各路線の2歳チャンピオン決定戦が立て続けに施行されます。今年からホープフルステークスがGIに昇格したので、JRA賞最優秀2歳牡馬ならびに牝馬のタイトル争いがどうなるかも興味深いところですね。

 個人的に、JRA賞は「当該カテゴリーでもっとも“頑張った”馬=当該カテゴリーにおいてもっとも多くの賞金を獲得した馬」が受賞すべきだと考えているものの、実際は「出走数の少ない馬ほど強く見えがち」「施行時期の遅いレースほど高く評価されがち」「距離の長いレースほど格上に見られがち」などといった傾向がありますから、おそらくホープフルステークスの勝ち馬は(牡牝を問わず)ほぼ無条件でタイトルを獲得することになるでしょう。例外として考えられるのは、ホープフルステークスを超人気薄の馬が勝った場合、すなわち投票者の大半がその馬の潜在能力を見誤っているケースくらい。客観的な指標とは関係なく決まる賞だからこそ、結果がどうなるか楽しみで仕方ありません。

 2017年の当コラムは本稿が最終回で、ウマニティPOGも仮想オーナー募集枠の開放は12月4日が最後。“総括”的な意味合いを込め、今回はウマニティ独自のスピード指数「U指数(結果U指数)」をベースに、既出走馬がこれまでのレースで見せたパフォーマンスをランキング化してみました。入札の検討材料として、さらには2歳GI3競走のヒントとして、ぜひご活用ください。

 まずは単純な「U指数」のトップ10をご覧いただきましょう(11月19日終了時点。以下同)。

●11月12日 福島10R 福島2歳S 芝1200m アンヴァル 96.7
●10月07日 東京11R サウジアラビアRC 芝1600m ダノンプレミアム 95.2
●11月04日 東京11R 京王杯2歳S 芝1400m タワーオブロンドン 95.2
●09月03日 札幌10R すずらん賞 芝1200m リュウノユキナ 94.1
●10月07日 東京11R サウジアラビアRC 芝1600m ステルヴィオ 92.9
●11月18日 東京11R 東京スポーツ杯2歳S 芝1800m ワグネリアン 92.7
●10月22日 京都08R なでしこ賞 ダ1400m ハヤブサマカオー 92.6
●11月12日 福島10R 福島2歳S 芝1200m リュウノユキナ 92.6
●11月04日 東京11R 京王杯2歳S 芝1400m カシアス 92.6
●11月04日 東京11R 京王杯2歳S 芝1400m アサクサゲンキ 91.7

 トップは11月12日の福島2歳ステークス(2歳オープン・福島芝1200m)を圧勝した牝馬のアンヴァルアルーリングボイスの2015)。高いU指数が出やすいレースではあるものの、見た目の派手さに見合うだけの価値はあります。年内は休養予定とのことですが、マイル前後の距離も問題なくこなせるようであれば今後が楽しみです。
 2位タイは10月7日のサウジアラビアロイヤルカップ(2歳GIII・東京芝1600m)をレコード勝ちしたダノンプレミアム(インディアナギャルの2015)と、11月4日の京王杯2歳ステークス(2歳GII・東京芝1400m)を制したタワーオブロンドン(スノーパインの2015)。どちらも朝日杯フューチュリティステークスに出走を予定しているそうで、おそらく人気の中心となるでしょう。
 個人的に注目しているのはリュウノユキナ(ネオカラーの2015)。9月3日のすずらん賞(2歳オープン・札幌芝1200m)に加え、2着だった福島2歳ステークスのU指数もベスト10入りを果たしました。なお、前走までは北海道の桑原義光厩舎に所属していましたが、現在は船橋の齊藤敏厩舎に移籍しています。再度のJRA挑戦に期待して指名するのも面白そうです。

 ここから先は、クラス(新馬、未勝利、500万下から上のクラス)とトラックおよび距離(芝1600m以下、芝1700m以上、ダート)ごとに集計したランキングをご覧いただきましょう。U指数は上級条件のレースほど高い数字が出やすい指標ですし、ここから先の番組は路線もより明確になってくるので、ご自身の指名戦略に合わせてご活用いただければと思います。なお、世代限定戦のU指数には「遅い時期のレースほど高い数値が出やすい」という傾向もありますので、付記してある日付にもぜひご注目ください。

【新馬、かつ芝1600m以下のレースにおけるU指数トップ10】
●08月19日 小倉05R 芝1200m モズスーパーフレア 84.9
●10月21日 京都04R 芝1400m ナディア 84.6
●10月29日 新潟05R 芝1600m ノーブルアース 84.5
●11月19日 東京06R 芝1400m ロードライト 84.1
●11月19日 東京06R 芝1400m マートルリース 84.1
●08月06日 小倉06R 芝1200m サイエン 84.0
●08月19日 小倉05R 芝1200m ジャスパープリンス 83.9
●11月05日 京都06R 芝1400m サウンドキアラ 83.9
●10月01日 阪神05R 芝1400m アルモニカ 83.8
●08月05日 小倉05R 芝1200m バーニングペスカ 83.4
●08月05日 小倉05R 芝1200m ラブカンプー 83.4

 トップのモズスーパーフレア(Christies Treasureの2015)はデビュー2~3戦目こそ7着、5着に敗れていますが、この2戦はどちらも重賞でしたし、展開にも恵まれなかった印象。それぞれ勝ち馬とのタイム差はわずかでしたから、これからまた地道に賞金を稼いでくれるかもしれません。

【未勝利、かつ芝1600m以下のレースにおけるU指数トップ10】
●11月19日 東京04R 芝1600m テトラドラクマ 89.6
●11月11日 京都03R 芝1600m パクスアメリカーナ 89.5
●08月19日 札幌02R 芝1200m リンシャンカイホウ 88.2
●11月11日 京都03R 芝1600m ラセット 88.0
●10月21日 東京03R 芝1400m ラストプリマドンナ 87.9
●08月26日 小倉01R 芝1200m ペイシャルアス 87.7
●09月03日 小倉01R 芝1200m アンヴァル 87.3
●08月13日 小倉01R 芝1200m アサクサゲンキ 87.2
●10月07日 京都02R 芝1600m レッドランディーニ 86.9
●10月09日 東京02R 芝1600m プリモシーン 86.6
●10月09日 東京02R 芝1600m テトラドラクマ 86.6

 リンシャンカイホウ(トリプルアクトの2015)は9月30日のカンナステークス(2歳オープン・中山芝1200m外)でも2着に好走。同等の指数をマークした馬は要注目です。

【500万下から上のクラス、かつ芝1600m以下のレースにおけるU指数トップ10】
●11月12日 福島10R 福島2歳S 芝1200m アンヴァル 96.7
●10月07日 東京11R サウジアラビアRC 芝1600m ダノンプレミアム 95.2
●11月04日 東京11R 京王杯2歳S 芝1400m タワーオブロンドン 95.2
●09月03日 札幌10R すずらん賞 芝1200m リュウノユキナ 94.1
●10月07日 東京11R サウジアラビアRC 芝1600m ステルヴィオ 92.9
●11月12日 福島10R 福島2歳S 芝1200m リュウノユキナ 92.6
●11月04日 東京11R 京王杯2歳S 芝1400m カシアス 92.6
●11月04日 東京11R 京王杯2歳S 芝1400m アサクサゲンキ 91.7
●10月07日 東京11R サウジアラビアRC 芝1600m カーボナード 91.4
●10月07日 東京11R サウジアラビアRC 芝1600m テンクウ 91.4
●11月11日 京都11R デイリー杯2歳S 芝1600m ジャンダルム 91.4

 サウジアラビアロイヤルカップ組は4着のテンクウ(ピサノドヌーヴの2015)までがランクイン。人気の中心だった上位2頭はもちろん、3着のカーボナード(ディアマンティナの2015)あたりも引き続き期待できるのではないかと思います。

【新馬、かつ芝1800m以上のレースにおけるU指数トップ10】
●10月08日 東京05R 芝2000m ブラゾンダムール 82.2
●06月25日 阪神05R 芝1800m ダノンプレミアム 81.0
●10月08日 東京05R 芝2000m ジェシー 81.0
●10月22日 京都05R 芝2000m グレイル 80.9
●10月22日 京都05R 芝2000m ストーミーバローズ 80.9
●10月28日 京都05R 芝1800m スーパーフェザー 80.8
●10月28日 京都05R 芝1800m レッドヴェイロン 80.8
●11月19日 東京05R 芝1800m ブラストワンピース 80.7
●07月16日 福島05R 芝1800m ノームコア 79.8
●10月09日 京都05R 芝1800m タングルウッド 79.7

 ダノンプレミアムは6月25日の時点で81.0をマーク。次走のサウジアラビアロイヤルカップも優秀な内容でしたし、今後もしばらくは“主役”として君臨できるんじゃないでしょうか。

【未勝利、かつ芝1800m以上のレースにおけるU指数トップ10】
●10月22日 東京02R 芝2000m カフジバンガード 86.6
●09月02日 小倉02R 芝2000m シャルドネゴールド 85.7
●09月02日 小倉02R 芝2000m ウォルビスベイ 85.1
●11月11日 京都04R 芝1800m アイトーン 84.8
●11月18日 福島04R 芝1800m トーセンクリーガー 84.6
●09月30日 阪神03R 芝1800m ヘンリーバローズ 84.4
●09月23日 阪神03R 芝1800m マイスターシャーレ 84.3
●09月23日 阪神03R 芝1800m ムーンレイカー 84.3
●11月18日 東京03R 芝2000m エイムアンドエンド 84.2
●11月18日 東京03R 芝2000m ニシノマメフク 84.2

 トップは2000mのレースで86.6をマークしたカフジバンガード(エミリアの2015)。11月18日の東京スポーツ杯2歳ステークス(2歳GIII・東京芝1800m)は4着どまりだったものの、2000m以上のレースが増える今後は楽しみです。

【500万下から上のクラス、かつ芝1800m以上のレースにおけるU指数トップ10】
●11月18日 東京11R 東京スポーツ杯2歳S 芝1800m ワグネリアン 92.7
●11月05日 東京09R 百日草特別 芝2000m ゴーフォザサミット 90.5
●11月05日 東京09R 百日草特別 芝2000m ナスノシンフォニー 89.9
●11月05日 東京09R 百日草特別 芝2000m ディロス 89.9
●11月12日 京都09R 黄菊賞 芝2000m ジュンヴァルロ 89.5
●11月18日 東京11R 東京スポーツ杯2歳S 芝1800m ルーカス 89.3
●11月18日 東京11R 東京スポーツ杯2歳S 芝1800m シャルルマーニュ 89.3
●11月12日 京都09R 黄菊賞 芝2000m ケイティクレバー 88.9
●11月12日 京都09R 黄菊賞 芝2000m ドンアルゴス 88.9
●11月12日 京都09R 黄菊賞 芝2000m タニノフランケル 88.9

 ランキングを見る限り、11月5日の百日草特別(2歳500万下・東京芝2000m)はなかなかレベルの高い一戦だった模様。上位馬は引き続きマークしておくべきだと思います。

【新馬、かつダートのレースにおけるU指数トップ10】
●11月04日 東京05R ダ1300m ミスターメロディ 90.2
●10月28日 東京04R ダ1400m プロミストリープ 88.3
●10月15日 京都04R ダ1200m クレヴァーパッチ 88.2
●11月19日 京都06R ダ1200m ヌーディーカラー 84.6
●11月19日 京都06R ダ1200m ブライトエンパイア 84.6
●09月24日 中山04R ダ1200m デンコウケンジャ 84.5
●08月13日 新潟06R ダ1800m ルヴァンスレーヴ 83.4
●07月30日 札幌06R ダ1700m ハヤブサマカオー 83.3
●10月28日 京都04R ダ1200m ロードエース 83.2
●10月14日 東京04R ダ1400m ダークリパルサー 83.0

【未勝利、かつダートのレースにおけるU指数トップ10】
●09月16日 阪神01R ダ1200m ヤマニンレジスタ 89.5
●09月16日 阪神01R ダ1200m バイラ 88.8
●11月04日 福島01R ダ1150m スリーチェイサー 88.2
●09月02日 札幌01R ダ1700m ハヤブサレジェンド 87.8
●10月08日 京都01R ダ1400m マッスルマサムネ 87.2
●11月18日 東京02R ダ1600m ショーム 87.1
●11月04日 福島01R ダ1150m ソングオブファイア 86.8
●08月27日 新潟01R ダ1200m タマモアモーレ 86.5
●08月19日 小倉01R ダ1000m ニシノダンテ 86.2
●10月29日 東京02R ダ1600m ゴライアス 86.0

【500万下から上のクラス、かつダートのレースにおけるU指数トップ10】
●10月22日 京都08R なでしこ賞 ダ1400m ハヤブサマカオー 92.6
●10月22日 京都08R なでしこ賞 ダ1400m オーロスターキス 88.7
●09月30日 阪神09R ヤマボウシ賞 ダ1400m ドンフォルティス 88.7
●11月18日 京都09R もちの木賞 ダ1800m ビッグスモーキー 87.9
●10月22日 京都08R なでしこ賞 ダ1400m ユニオンローズ 87.6
●11月18日 京都09R もちの木賞 ダ1800m サージュミノル 87.5
●11月11日 東京09R オキザリス賞 ダ1400m ダークリパルサー 87.4
●10月14日 東京09R プラタナス賞 ダ1600m ルヴァンスレーヴ 87.2
●11月11日 東京09R オキザリス賞 ダ1400m クレヴァーパッチ 86.8
●11月18日 京都09R もちの木賞 ダ1800m サクラアリュール 86.7
●11月18日 京都09R もちの木賞 ダ1800m コマビショウ 86.7

 ダート路線の馬は今後の入札でもそれほど人気にならないはず。低額で落札できそうなポイントゲッターが欲しい場合は検討してみてください。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる騎手大全 2016秋~2017』(ガイドワークス)など。2016年12月02日には監修を務める人気シリーズの最新刊『ウルトラ回収率 2017-2018』(ガイドワークス)を、2017年04月12日には最新刊『コース別 本当に儲かる血統大全 2017-2018』(ガイドワークス)をリリース。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG 2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

2017年8月1日(火) 20:23 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2017) ~第5回 U指数的既出走馬分析~
閲覧 1,824ビュー コメント 0 ナイス 12

今年の6月3日から7月30日までに施行されたJRA、かつ2歳限定のレースは98鞍。既に763頭が“デビュー”を果たし、そのうち96頭が勝ち上がりました。7月22日の中京2歳ステークス(2歳オープン・中京芝1600m)ではアマルフィコーストが、7月23日の函館2歳ステークス(2歳GⅢ・函館芝1200m)ではカシアスが2勝目をマークしています。既に重賞ウイナーの仮想オーナーとなったプレイヤーがいる一方、私のようにまだ“デビュー”した馬すらいないというプレイヤーもいるわけで、ある意味コントラストがはっきりしている時期ですね。

 もっとも、本当に明暗が分かれるのはまだまだ先。既に仮想オーナー枠を使い切っている私も「脚をためる作戦なので全馬未出走なのは予定通り!」「ダービーデイまでにゴボウ抜きしてやるぜ!」などと強がっていられますし(笑)、G1、G2、G3、オープンの各ワールドはこれからも仮想オーナー募集枠が解放されていきますので、評判馬や良血馬、そして既に結果を残している馬などを追加指名することができます。ウマニティPOGの特性を考えると、スペシャル以外のワールドは、むしろ今月以降の時期が指名馬選びの本番とすら言えるでしょう。

 今回は、これからラインナップを充実させていこうと考えている皆さんの参考としていただくべく、ウマニティ独自のスピード指数「U指数(結果U指数)」をベースに、既出走馬のパフォーマンスをランキング化してみました。

 まずは単純な「U指数」のトップ10をご覧ください(7月23日終了時点。以下同)。

●07月23日 函館11R 函館2歳S 芝1200m カシアス 87.7
●07月23日 函館11R 函館2歳S 芝1200m ウインジェルベーラ 87.7
●07月22日 中京09R 中京2歳S 芝1600m アマルフィコースト 86.9
●07月22日 中京09R 中京2歳S 芝1600m アドマイヤアルバ 86.9
●07月23日 函館11R 函館2歳S 芝1200m アリア 86.7
●07月23日 函館11R 函館2歳S 芝1200m デルマキセキ 85.7
●07月22日 中京01R ダ1200m ドンフォルティス 85.4
●07月23日 函館11R 函館2歳S 芝1200m パッセ 84.7
●07月23日 中京01R 芝1600m スカーレットカラー 84.4
●07月01日 函館01R 芝1200m カシアス 84.4

 大前提として、「U指数」は格の高いレースほど高い数値が出やすい指標。上記のベスト10が中京2歳ステークスや函館2歳ステークスの上位馬ばかりなのは当然です。また、新馬よりも未勝利の方が、早い時期のレースよりも遅い時期のレースの方が、それぞれ高い数値になりがちな印象。こうした傾向を踏まえたうえで分析するのがセオリーと言えます。

 各馬の特性を加味するべく、カテゴリー別に作成したランキングもご覧いただきましょう。新馬、かつ芝のレースに限定した「U指数」のトップ10は下記の通りでした。

●06月04日 東京05R 芝1600m ステルヴィオ 81.2
●06月25日 阪神05R 芝1800m ダノンプレミアム 81.0
●06月04日 阪神05R 芝1400m ヴァイザー 80.3
●06月10日 阪神05R 芝1400m アマルフィコースト 79.9
●07月16日 福島05R 芝1800m ノームコア 79.8
●06月04日 阪神05R 芝1400m タガノスカイハイ 79.4
●06月04日 阪神05R 芝1400m タニノミステリー 79.4
●07月15日 福島05R 芝1200m オジョーノキセキ 79.3
●06月18日 阪神05R 芝1600m コスモインザハート 79.3
●07月02日 福島06R 芝1200m パッセ 79.2

 昨年もこの時期に同様のランキングを作成しましたが、新馬、かつ芝のレースに限定した「U指数」で2位に食い込んでいたのがアエロリット(アステリックスの2014)。その後の活躍ぶりは皆さんもご存じの通りです。当時のコラムで私がアエロリットを「血統的にも将来性が高そう」と評していたように、「U指数」以外の面でも強調材料がある馬は要注目だと思います。今年はステルヴィオ(ラルケットの2015)、ノームコア(クロノロジストの2015)あたりが面白そう。ぜひ注目してみてください。

 未勝利、かつ芝のレースに限定した「U指数」のトップ10は下記の通り。

●07月23日 中京01R 芝1600m スカーレットカラー 84.4
●07月01日 函館01R 芝1200m カシアス 84.4
●07月09日 中京01R 芝1600m シュバルツボンバー 84.3
●07月02日 中京01R 芝1400m コーディエライト 84.1
●07月09日 福島02R 芝1200m ビリーバー 83.9
●07月09日 福島02R 芝1200m リープフラウミルヒ 82.9
●07月08日 中京01R 芝1200m ナムラバンザイ 81.9
●07月23日 函館01R 芝1200m キョウエイルフィー 81.6
●07月23日 中京01R 芝1600m シャルルマーニュ 81.4
●07月23日 中京01R 芝1600m タニノミステリー 81.4

 スカーレットカラー(ヴェントスの2015)が勝ち上がった7月23日の中京01R(2歳未勝利・芝1600m)では、2着のシャルルマーニュ(エイブルアローの2015)や3着のタニノミステリー(ブライダルベールの2015)も高い「U指数」をマーク。レベルが高い一戦だったのかもしれませんね。

 新馬、かつダートのレースに限定した「U指数」のトップ10はこちら。

●07月08日 中京06R ダ1400m マイネルオスカル 81.5
●06月17日 阪神05R ダ1200m ゴールドクイーン 81.3
●07月08日 中京06R ダ1400m レディバード 80.9
●06月17日 阪神05R ダ1200m ヴィグラスファイア 78.0
●06月17日 阪神05R ダ1200m マッスルマサムネ 78.0
●07月08日 中京06R ダ1400m ドンフォルティス 77.6
●07月08日 中京06R ダ1400m アサクサゲンキ 77.6
●06月17日 東京05R ダ1400m マイネルユキツバキ 77.3
●07月15日 福島06R ダ1150m ココロノイコロ 76.8
●07月15日 福島06R ダ1150m ハルキストン 75.5

 未勝利、かつダートのレースに限定した「U指数」のトップ10は下記の通りとなっています。

●07月22日 中京01R ダ1200m ドンフォルティス 85.4
●07月22日 中京01R ダ1200m マッスルマサムネ 82.1
●07月09日 福島01R ダ1150m コスモジョーカー 81.9
●07月15日 函館01R ダ1000m シンデレラマキ 80.0
●07月22日 中京01R ダ1200m バイラ 79.5
●07月09日 福島01R ダ1150m ヴォルフスブルク 79.1
●07月09日 福島01R ダ1150m ドリュウ 78.4
●07月22日 中京01R ダ1200m メイショウオーパス 74.2
●07月09日 福島01R ダ1150m コントラスト 72.9
●07月09日 福島01R ダ1150m パリモンマルトル 72.9

 それぞれ芝を主戦場としてきた馬よりは落札しやすいと思いますし、芝のビッグレースで活躍するだけのポテンシャルがある馬も混ざっていそう。こちらもしっかりとチェックしておきましょう。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる騎手大全 2016秋~2017』(ガイドワークス)など。2016年12月02日には監修を務める人気シリーズの最新刊『ウルトラ回収率 2017-2018』(ガイドワークス)を、2017年04月12日には最新刊『コース別 本当に儲かる血統大全 2017-2018』(ガイドワークス)をリリース。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG 2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

ドンフォルティスの口コミ


口コミ一覧

恥ずかしい馬予想2018.12.23[結果]

 DEEB 2018年12月24日(月) 12:03

閲覧 64ビュー コメント 0 ナイス 2

中山 8R キャンドルライト賞 3歳以上1000万下(混合)[指定]
◎ 4 スズカグラーテ…5着
○11 エニグマ…2着
▲ 1 ブラックランナー …4着
△ 7 ジオラマ…3着
[結果:アタリ○ ワイド7-11 1,120円]

中山 9R グッドラックハンデキャップ 3歳以上1000万下(混合)[指定]
◎15 ヴァントシルム…1着
○10 サトノグロワール…2着
▲ 8 マスターコード…3着
△ 5ミ ルトプレスト…4着
[結果:アタリ○ 馬連10-15 620円、ワイド8-10 410円]

中山10R 2018フェアウェルステークス 3歳以上1600万下(混合)[指定]
◎14 オーヴァーライト…3着
○15 タガノヴィッター …6着
▲12 ビックリシタナモー …11着
△10 アシャカダイキ…8着
× 5 ☆ガンジー …7着
[結果:ハズレ×]

中山11R 有馬記念 GⅠ 3歳以上オープン(国際)(指定)
◎12 レイデオロ…2着
○ 6 サトノダイヤモンド…6着
▲ 1 オジュウチョウサン…9着
△ 8 ブラストワンピース…1着
×11 ミッキーロケット…4着
[結果:アタリ△ 馬連8-12 940円]

中山12R クリスマスカップ 3歳以上1000万下(混合)[指定]
◎ 6 スワーヴアーサー …1着
○11 ショウナンマッシブ…3着
▲ 1 ドウディ…12着
△ 7 パルティトゥーラ…14着
×16 アーヒラ…4着
[結果:ハズレ×]

阪神 5R 障害3歳以上未勝利(混合)
◎ 6 サウスオブボーダー …3着
○ 5 プリンシパルスター …1着
▲ 2 セガールフォンテン…中止
△ 7 シゲルメジロザメ…5着
[結果:ハズレ×]

阪神 6R メイクデビュー阪神 2歳新馬(混合)[指定]
◎10 グランヴィクトリア…11着
○13 アスタールビー …2着
▲ 4 ダイヤクイン…6着
△11 ローマンウォリアー …12着
[結果:アタリ○ 枠連2-7 640円]

阪神 7R 3歳以上500万下[指定]
◎ 5 アスカノハヤテ…9着
○ 6 ナムラカブト…10着
▲ 2 キクノゼファー …13着
△ 7 エレスチャル…5着
[結果:ハズレ×]

阪神 8R 3歳以上1000万下(混合)[指定]
◎ 6 ミスズフリオーソ…4着
○ 5 バニーテール…3着
▲ 7 ジュニエーブル…8着
△ 2 カレンジラソーレ…9着
[結果:ハズレ×]

阪神 9R 千両賞 2歳500万下(混合)(特指)
◎ 7 マイネルウィルトス…2着
○ 3 ルプリュフォール…4着
▲ 8 ウルクラフト…11着
△11 アーデンフォレスト…9着
[結果:ハズレ×]

阪神10R クリスマスキャロル賞 3歳以上1000万下(混合)[指定]
◎ 2 エアアルマス…7着
○ 3 アバルラータ…3着
▲12 ブルベアトリュフ…4着
△10 ☆オールザゴー …2着
× 8 アルジャーノン…5着
[結果:アタリ○ 複勝10 520円]

阪神11R サンタクロースステークス 3歳以上1600万下(混合)(特指)
◎12 カフジバンガード…5着
○ 2 サトノケンシロウ…6着
▲ 3 ミスディレクション…3着
△14 サトノグラン…7着
× 9 クリノヤマトノオー …1着
[結果:ハズレ×]

阪神12R ギャラクシーステークス 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 3 ナムラミラクル…3着
○ 4 ユラノト…2着
▲ 1 ドンフォルティス…9着
×11 ☆ワンダーサジェス…11着
× 7 ☆タガノエスプレッソ…8着
[結果:ハズレ×]

これから、仁川に行きます。
有馬記念は、阪神競馬場で観戦します。
有馬記念の応援馬は、やっぱり、オジュウチョウサンです。

[今日の結果:13戦4勝8敗1分]
馬券の結果は、もうチョイですが、オジュウチョウサンの頑張りには感動しました。

 清瀬のよっちゃん 2018年12月23日() 17:06
★有馬記念が当たり、今日はプラス回収ヽ(‘ ∇‘ )ノ バンザーイ... 
閲覧 342ビュー コメント 2 ナイス 28

今週のビンゴは塗り潰しが無かったので、今日当てた有馬記念の馬券です!!

有馬記念をも当り、今日の予想コロシアムはプラス回収になりました!!
 https://umanity.jp/coliseum/profile.php




今週の予想結果
(私の予想コロシアムの登録は、◎単勝と◎○▲△の馬単・3連単のBOXです)


土曜メインレースの予想結果です     


中山10R 中山大障害 J・GⅠ 芝4,100

 ◎ ⑨アップトゥデイト  競争中止(1番人気)
 ○ ⑤ニホンビロバロン    1着(3番人気)
 ▲ ⑩ルペールノエル     7着(4番人気)
 △ ④マイネルプロンプト   3着(6番人気)
2着・タイセイドリームを外し当り無し

ビンゴ馬:⑤ニホンビロバロン  1着(3番人気)塗り潰し無し



阪神11R 阪神カップ GⅡ 芝1,400

 ◎ ⑩サトノアレス     15着(5番人気)
 ○ ⑮ジュールポレール    5着(1番人気)
 ▲ ⑭ワントゥワン      7着(7番人気)
 △ ⑫レーヌミノル     13着(14番人気)
1着・ダイアナヘイローを外し当り無し

ビンゴ馬:⑭ワントゥワン    7着(7番人気)塗り潰し無し




日曜メインレースの予想結果です


中山11R 有馬記念 GⅠ 芝2,500

 ◎ ⑫レイデオロ       2着(1番人気)
 ○ ⑩ミッキースワロー   11着(10番人気)
 ▲ ③モズカッチャン     8着(4番人気)
 △ ⑧ブラストワンピース   1着(3番人気)
馬単(2、400円)が当たり

ビンゴ馬:⑩ミッキースワロー 11着(10番人気)塗り潰し無し

※有馬記念は去年も当てたので、2連覇です!
  https://umanity.jp/home/view_diary.php?id=0748306330&owner_id=2ec1608dab


阪神12R ギャラクシーステークス オープン ダート1,400

 ◎ ⑤ハヤブサマカオー   13着(5番人気)
 ○ ①ドンフォルティス    9着(2番人気)
 ▲ ③ナムラミラクル     3着(3番人気)
 △ ⑨ゴールドクイーン    1着(8番人気)
2着・ユラノトを外し当り無し

ビンゴ馬:①ドンフォルティス  9着(2番人気)塗り潰し無し






★メインレースの予想は、馬単が1レースのみと不出来な予想でしたが、有馬記念が実馬券を購入し当ったので現金収支はプラスになりました!


★競馬でビンゴは、塗り潰し無しに終わってしまった、来週が最後なので、もう一つでもビンゴを達成したいです!



★POG馬の特別登録

金曜日

中山競馬場11RGⅠホープフルステークス(芝2,000)にサートゥルナーリア・牡・中竹和也(栗東)が登録

中山競馬場11RGⅠホープフルステークス(芝2,000)にアドマイヤジャスタ・牡・須貝尚介(栗東)が登録




※ビンゴ馬については、下記の日記を参照下さい

https://umanity.jp/home/view_diary.php?id=eb94b07552&owner_id=2ec1608dab

[もっと見る]

 DEEB 2018年12月23日() 10:49
恥ずかしい馬予想2018.12.23
閲覧 159ビュー コメント 0 ナイス 4

趣味が競馬です。へたくそです。当たりません…。
恥ずかしい予想を…記録用に書きます。
今日も競馬を楽しみましょう。

中山 8R キャンドルライト賞 3歳以上1000万下(混合)[指定]
◎ 4 スズカグラーテ
○11 エニグマ
▲ 1 ブラックランナー
△ 7 ジオラマ

中山 9R グッドラックハンデキャップ 3歳以上1000万下(混合)[指定]
◎15 ヴァントシルム
○10 サトノグロワール
▲ 8 マスターコード
△ 5ミ ルトプレスト

中山10R 2018フェアウェルステークス 3歳以上1600万下(混合)[指定]
◎14 オーヴァーライト
○15 タガノヴィッター
▲12 ビックリシタナモー
△10 アシャカダイキ
× 5 ☆ガンジー

中山11R 有馬記念 GⅠ 3歳以上オープン(国際)(指定)
◎12 レイデオロ
○ 6 サトノダイヤモンド
▲ 1 オジュウチョウサン
△ 8 ブラストワンピース
×11 ミッキーロケット

中山12R クリスマスカップ 3歳以上1000万下(混合)[指定]
◎ 6 スワーヴアーサー
○11 ショウナンマッシブ
▲ 1 ドウディ
△ 7 パルティトゥーラ
×16 アーヒラ

阪神 5R 障害3歳以上未勝利(混合)
◎ 6 サウスオブボーダー
○ 5 プリンシパルスター
▲ 2 セガールフォンテン
△ 7 シゲルメジロザメ

阪神 6R メイクデビュー阪神 2歳新馬(混合)[指定]
◎10 グランヴィクトリア
○13 アスタールビー
▲ 4 ダイヤクイン
△11 ローマンウォリアー

阪神 7R 3歳以上500万下[指定]
◎ 5 アスカノハヤテ
○ 6 ナムラカブト
▲ 2 キクノゼファー
△ 7 エレスチャル

阪神 8R 3歳以上1000万下(混合)[指定]
◎ 6 ミスズフリオーソ
○ 5 バニーテール
▲ 7 ジュニエーブル
△ 2 カレンジラソーレ

阪神 9R 千両賞 2歳500万下(混合)(特指)
◎ 7 マイネルウィルトス
○ 3 ルプリュフォール
▲ 8 ウルクラフト
△11 アーデンフォレスト

阪神10R クリスマスキャロル賞 3歳以上1000万下(混合)[指定]
◎ 2 エアアルマス
○ 3 アバルラータ
▲12 ブルベアトリュフ
△10 ☆オールザゴー
× 8 アルジャーノン

阪神11R サンタクロースステークス 3歳以上1600万下(混合)(特指)
◎12 カフジバンガード
○ 2 サトノケンシロウ
▲ 3 ミスディレクション
△14 サトノグラン
× 9 クリノヤマトノオー

阪神12R ギャラクシーステークス 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 3 ナムラミラクル
○ 4 ユラノト
▲ 1 ドンフォルティス
×11 ☆ワンダーサジェス
× 7 ☆タガノエスプレッソ

これから、仁川に行きます。
有馬記念は、阪神競馬場で観戦します。
有馬記念の応援馬は、やっぱり、オジュウチョウサンです。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ドンフォルティスの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ドンフォルティスの写真

ドンフォルティス

ドンフォルティスの厩舎情報 VIP

2018年12月23日ギャラクシーS9着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ドンフォルティスの取材メモ VIP

2018年12月23日 ギャラクシーS 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。