今週の重賞レース

2020年10月3日( シリウスステークス G3
2020年10月4日( スプリンターズS G1
エルムステークス G3   日程:2020年8月9日() 15:35 札幌/ダート1700m



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 8 13

タイムフライヤー

牡5 56.0 C.ルメー  松田国英 490(+6) 1.43.4 3.0 1 35.7 ⑦⑦⑦④
2 5 8

ウェスタールンド

セ8 57.0 藤岡佑介  佐々木晶 488(+8) 1.43.7 4.2 2 35.5 ⑭⑭⑫④
3 6 10

アナザートゥルース

セ6 58.0 大野拓弥  高木登 484(0) 1.43.8 3/4 11.1 5 36.5 ②②②①
4 7 12

ハイランドピーク

牡6 56.0 横山和生  土田稔 470(-4) 1.44.0 10.2 4 36.6 ②③③②
5 3 4

ワンダーリーデル

牡7 57.0 横山典弘  安田翔伍 532(+6) 1.44.0 クビ 21.6 9 35.7 ⑫⑬⑭⑬
6 7 11

アルクトス

牡5 56.0 田辺裕信  栗田徹 546(-12) 1.44.1 クビ 12.5 6 36.3 ⑨⑨⑨⑧
7 2 2

エアスピネル

牡7 56.0 武豊  笹田和秀 488(0) 1.44.1 クビ 6.3 3 36.5 ④⑥⑥⑥
8 5 7

ワイルドカード

牡6 56.0 北村宏司  木村哲也 532(-14) 1.44.2 1/2 42.1 12 36.3 ⑩⑨⑩⑧
9 4 5

アディラート

牡6 56.0 吉田隼人  須貝尚介 508(-2) 1.44.8 3 1/2 36.3 10 37.1 ⑦⑦⑦⑧
10 4 6

リアンヴェリテ

牡6 56.0 国分恭介  中竹和也 484(-2) 1.44.8 クビ 17.2 7 37.6 ①①①②
11 6 9

ロードゴラッソ

牡5 57.0 池添謙一  藤岡健一 482(+8) 1.45.1 1 3/4 39.3 11 37.1 ⑫⑨⑩⑪
12 8 14

バスカヴィル

牡6 56.0 浜中俊  加藤征弘 482(-4) 1.45.5 2 1/2 55.2 13 38.0 ④③③⑥
13 3 3

サトノティターン

牡7 56.0 藤岡康太  堀宣行 584(+2) 1.45.9 2 1/2 19.0 8 37.7 ⑩⑨⑫⑭
14 1 1

ヒラボクラターシュ

牡5 56.0 横山武史  大久保龍 530(+7) 1.47.0 69.7 14 39.5 ④③③⑪
ラップタイム 6.7 - 11.2 - 12.4 - 12.4 - 12.3 - 12.2 - 12.2 - 11.7 - 12.3
前半 6.7 - 17.9 - 30.3 - 42.7 - 55.0
後半 60.7 - 48.4 - 36.2 - 24.0 - 12.3

■払戻金

単勝 13 300円 1番人気
複勝 13 140円 1番人気
8 150円 2番人気
10 260円 5番人気
枠連 5-8 800円 2番人気
馬連 8-13 900円 1番人気
ワイド 8-13 380円 1番人気
10-13 730円 7番人気
8-10 630円 5番人気
馬単 13-8 1,560円 1番人気
3連複 8-10-13 2,680円 3番人気
3連単 13-8-10 9,480円 3番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:291,612人(10月01日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

馬場
予想

【エルムステークス2020予想】中~外枠優勢!速い上がりを使える馬に要警戒!

土曜日の札幌ダートのレース結果、近年のエルムステークスの結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

この中間は雨量こそ少ないものの、連日ぐずついた天候。その影響もあって、土曜日のダートコースは適度に湿り気のある状態で競馬が行われた。

土曜日の結果を振り返ると、ペースや力関係を抜きにしても、好位から前めに位置した馬の粘り強さが印象的だった。一方で、中団あたりに控えていた差し馬の上位進出も目につく。

事実、条件クラスのダート1700m戦2鞍では、上がり3ハロン上位3番手以内の馬が【2.2.1.1】という好成績を残している。基本的に前有利ではあるが、展開ひとつで待機勢も間に合うコンディションとみて差し支えない。

枠順に関しては、ダート1700mに限ると、中~外めが優位の情勢。先週もほぼ同様の傾向だった。つまり、距離ロスなく走れるメリットよりも、インで揉まれるなどのデメリットのほうが大きいということだ。

日曜日の降水確率は10%。雨の心配はあまりしなくてもよさそう。となれば、前週ならびに土曜日の傾向を踏襲する可能性は高い。よって、軸足は中~外枠(5~8枠あたり)に寄せたほうが、好結果を期待できるのではないか。

血統面については、近5年のエルムステークスにおける1~2着馬の父系をみると、サンデーサイレンス系、ノーザンダンサー系、ロベルト系、グレイソヴリン系の4パターンに集約される。該当馬はプラスに評価したい。

また、前走の4角通過順位が5番手以内だった4~6歳馬の活躍が目立つのも特徴的。しっかりと頭に入れておきたいポイントといえるだろう。

今回の出走馬で、血統面および先述した馬場傾向(5~8枠)の要点をクリアしているのは、⑪アルクトス、⑫ハイランドピーク、⑬タイムフライヤー。よって当欄では、この3頭を注目株として推奨する。

【馬場予想からの注目馬】
アルクトス ハイランドピーク タイムフライヤー
プロ
予想

【エルムステークス2020予想】真夏のダート祭り!ダート神「nige」と予想神「スガダイ」の注目馬大公開!

13開催連続プラス収支を達成した予想神『スガダイ』の重賞展望をお届け!
完全収支公開のガチンコ勝負を勝ち抜いた本気予想は必見です!

出演:スガダイ(予想神) nige(ダート神) 岡田大(ウマニティ編集長)

スガダイなどプロ予想家の予想を見る

厩舎
の話

【エルムステークス2020予想】ウェスタールンド「小回りでも上手に走れる」リアンヴェリテ「ハナにこだわって行きたい」

 ◆アナザートゥルース・大野騎手 「いつも休み明けはモサッとしている感じはあるけど、気持ち的にピリピリしているので動けるかも」

 ◆アルクトス・田辺騎手 「仕上がりはいいですね。休み明けのこの条件で、秋に向けてどういう競馬ができるか」

 ◆ウェスタールンド・藤岡佑騎手 「仕上がりは悪くないと思う。馬自身は小回りも上手に走れますし、流れやさばきひとつ」

 ◆エアスピネル武豊騎手 「馬なりで確かめる程度。久しぶりに乗ったけどいい動きでした。距離的には前走より今回の方がいいかも」

 ◆サトノティターン・齊藤助手 「先週の段階でしっかりやっていますし、ブリンカーをつけたきょうの感覚は悪くなかった。精神状態もいいですね」

 ◆タイムフライヤー・ルメール騎手 「単走でリラックスさせる感じ。反応、フットワークも良かったし、コンディションは良さそう。瞬発力もあるし、きついコーナーでも速い反応ができる」

 ◆バスカヴィル・加藤征師 「具合がいいので美浦からの直前輸送で出走。スタートを決めて流れに乗れれば、ここでもやれていい」

 ◆ヒラボクラターシュ・山口助手 「感触を確かめる程度で、いい感じ。休みは長いけど、いい状態に持って来られたと思います」

 ◆リアンヴェリテ・国分恭騎手 「しまい重点でしっかり動いたし、反応も良かった。ハナにこだわって行きたいです」

 ◆ロードゴラッソ・藤岡師 「間があいているので、しまいまでしっかりやりました。体もできているし、小回りでも結果を残している」

 ◆ワイルドカード・太田助手 「輸送で体が減ったので、回復させることに主眼を置いてやってきました。前半のハミの取り方に物足りなさがあるので、修正しながらやっています」

 ◆ワンダーリーデル・吉田助手 「脚元に負担をかけないように、芝で追い切りました。順調です。小回りになりますが、自分の競馬に徹してどこまでやれるかですね」



エルムSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:291,612人(10月01日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

U指数
予想

【エルムステークス2020予想】指数上位かつ人気サイドの馬を素直に信頼できるレース

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

2016年1着のリッカルド(U指数11位・7番人気)や2019年2着のハイランドピーク(U指数8位・10番人気)のように、低指数の人気薄の激走がたまに発生するが、全体を通して見ると高指数の上位人気が安定して力を発揮するレースで、過去5年は毎年「6位以内かつ5番人気以内」の条件を満たす馬が必ず2頭3着以内に入っている点で共通する。軸を決める際は無理に捻る必要はない。人気と実力を伴った馬を素直に信頼すれば、自ずと好結果につながるだろう。

今年の登録馬の平均指数は97.3で、過去5年間の出走馬平均95.9を大きく上回っている。つまり、今年のメンバーは非常にレベルが高いということ。例年は97以上100未満あたりの馬の好走が目立つが、取捨の基準は少々厳しめに設定したほうがよさそうだ。上位人気確実だが、初ダートの前走で適性を見せた1位のエアスピネル(101.8)、8歳ながらにいまだ衰えを見せない2位のウェスタールンド(101.5)、このレースと相性の良いマリーンS組で3位のタイムフライヤー(101.2)の3頭は、しっかり押さえておくべきだろう。ほか、リピーターの好走が散見されるレースでもあるので、昨年の3着馬で5位のサトノティターン(99.3)にも注意の目を光らせておきたい。

出走予定馬のU指数をチェックする

データ
予想

【エルムステークス2020予想】減点ナシは3頭!トップ評価はハイランドピーク!

【前走使用競馬場】

2010年以降(2013年は函館開催)の1~3着馬の前走使用競馬場をみると、中央・地方を問わずバラエティに富んでいる。ただし、東京・中山・阪神をステップに臨んだ馬の最高着順は3着止まり。該当馬は疑ってかかるべきだろう。

【前走単勝人気】

2010年以降、前走重賞1着馬や前年のエルムステークスで2着以内に入っていた馬を除くと、前走の単勝オッズが7番人気以下だった馬の連対例はゼロ。相応の勢いや舞台実績がないと、前走が低評価だった馬の上位進出は難しい。

【長期休養明け】

2010年以降、ここが年明け初戦で複勝圏入りを果たした馬は2頭。ともに前走G1出走馬だった。前走でG2/Jpn2以下使用の年明け初戦馬は、評価を下げる必要がある。

【前走芝戦出走馬】

2010年以降、前走が芝のレースだった馬の好走例は皆無。該当馬に手を出すのはリスクが高い。

【前走函館凡走馬】

2010年以降、前走函館戦4着以下敗退からエルムステークスで巻き返しに成功した馬は2頭。ともに前年の当レースで2着以内に好走していた。舞台実績に乏しい、前走函館凡走馬は狙いづらい。

【データ予想からの注目馬】
上記5項目で減点がないのは、アルクトスタイムフライヤーハイランドピークの3頭。現時点の最上位はハイランドピークとしたい。当レースと好相性の前走函館オープン特別組であることに加え、2018年優勝&2019年2着というレース実績も高く評価できる。

同じく前走函館オープン特別組のタイムフライヤーを2番手に。前哨戦を制した勢いに乗って、待望の重賞2勝目をゲットする可能性も十分に考えられる。アルクトスも忘れてはならない1頭。G1/Jpn1で積み上げてきた経験値を思えば、互角以上の戦いを繰り広げても不思議はない。

<注目馬>
ハイランドピーク タイムフライヤー アルクトス

このレースの傾向やデータをもっと見る

血統
予想

【エルムステークス2020予想】小回りコースをパワーで押し切ることに長けた血統を評価しやすい

昨年は後方から進めたモズアトラクションの追い込みが鮮やかに決まっていたが、レース上がりを要すると15年ジェベルムーサや11年ランフォルセなどTom Rolfeの血を引く馬が勝利しており、15年においては該当馬が1~3着を独占してみせた。

また、総じて小回りコースを力任せに立ち回れる血統を評価しやすく、ブライアンズタイムを筆頭にRoberto持ちが幅を利かせていることも特徴と言えるだろう。

タイムフライヤーは、父ハーツクライ×母タイムトラベリング(母の父ブライアンズタイム)。04年ジャパンCダート‐G1を制するなど、JRAダート重賞3勝、地方交流重賞6着と活躍したタイムパラドックスの甥。昨年は本競走で6着に敗れているが、母系を踏まえても休み明けよりは一叩き欲しいタイプでもあり、初ダートであったことを考慮すれば上々の内容を示していた。臨戦過程は昨年よりも評価しやすいだけに、上位人気でも素直に信頼すべきだろう。

ハイランドピークは、父トーセンブライト×母ハイランドダンス(母の父ゼンノロブロイ)。09年毎日杯‐G3を制したアイアンルックの甥で、3代母ダンスダンスダンスは牝馬ながら91年皐月賞‐G1で5着。父がブライアンズタイムの直仔なので、18年1着・19年2着の連続好走も頷ける。ただし、脚抜きのいい馬場を得意にしている節もあり、パサパサに乾燥した馬場状態には一抹の不安を残す。

ヒラボクラターシュは、父キンシャサノキセキ×母ヒラボクウィン(母の父ワイルドラッシュ)。12年平安S-G3を制したヒラボクキングの甥で、3代母Florameraはブライアンズタイムの半妹。10年に本競走を制したクリールパッションも同牝系の間柄で、血統的には最も注目に値する一頭と言えるだろう。前走大敗はノド鳴りの影響とあれば致し方なく、手術した効果も見込めるとのことなので改めて見直してみたい。

エアスピネルは、父キングカメハメハ×母エアメサイア(母の父サンデーサイレンス)。母は05年秋華賞‐G1の勝ち馬で、全弟エアウィンザーも18年チャレンジC-G3を制している。近親にも重賞勝ち馬がズラリと並ぶ血統馬で、本馬もマイル重賞で3勝を挙げるほか、クラシック戦線でも上位を賑わせてきた。こちらも遡ればブライアンズタイムと同じGolden Trail牝系で、同牝系のモズアスコットがダート替わりで根岸S-G3、フェブラリーS-G1と連勝したことは記憶に新しい。

(文・シンヤカズヒロ)

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

過去10年の結果

【エルムステークス2020予想】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2019年8月11日() 札幌/ダ1700m
天候: 馬場:稍重
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 4 モズアトラクション 藤岡康太 1:41.9 6.1 2 36.0 103.6
2 13 ハイランドピーク 横山和生 1:42.2 1 1/2 31.4 10 36.6 102.2
3 6 サトノティターン 藤岡佑介 1:42.4 1 1/4 10.0 4 36.0 101.3
4 11 レッドアトゥ 福永祐一 1:42.4 アタマ 15.5 7 36.5 101.3
5 14 リアンヴェリテ 国分恭介 1:42.4 ハナ 6.6 3 37.7 101.3
2018年8月12日() 札幌/ダ1700m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 8 ハイランドピーク 横山和生 1:42.0 4.1 2 36.7 101.0
2 2 ドリームキラリ 藤岡佑介 1:42.2 1 1/4 5.3 3 36.9 100.1
3 3 ミツバ 松山弘平 1:42.5 3.9 1 35.8 98.7
4 9 ロンドンタウン 蛯名正義 1:42.5 ハナ 10.8 5 36.9 98.7
5 4 アンジュデジール 横山典弘 1:42.8 1 1/2 17.7 7 37.2 97.4
2017年8月13日() 札幌/ダ1700m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 2 ロンドンタウン 岩田康誠 1:40.9 12.2 4 35.6 102.2
2 4 テイエムジンソク 古川吉洋 1:41.0 1/2 1.5 1 36.0 101.7
3 3 ドリームキラリ 三浦皇成 1:41.0 ハナ 38.3 8 36.0 101.7
4 1 コスモカナディアン 丹内祐次 1:41.4 2 1/2 16.8 6 35.9 99.9
5 14 ショウナンアポロン 横山和生 1:41.5 1/2 266.7 13 35.1 99.5

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【エルムステークス2020予想】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2012、2014年の優勝馬ローマンレジェンド

夏の北海道シリーズ唯一のダート重賞で、秋のビッグレースを目標にする実力馬と、勢いのある上がり馬があいまみえる。「シーサイドステークス」として函館で開催された第1回(1996年)は、のちにドバイにも遠征するキョウトシチーが勝利。第8回(2003年)には前年のJBCクラシック勝ち馬アドマイヤドンが参戦し、力の違いを見せつけた。第9~10回(2004~2005年)はパーソナルラッシュが連覇。第17回(2012年)、第19回(2014年)はローマンレジェンドが隔年でV2を達成している。

歴史と概要をもっと見る

エルムステークス特集 バックナンバー