今週の重賞レース

2021年9月26日( 産経賞オールカマー G2 神戸新聞杯 G2
エルムステークス G3   日程:2021年8月8日() 15:35 函館/ダート1700m



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 B タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 3 4

スワーヴアラミス

牡6 56.0 松田大作  須貝尚介 480(0) 初B 1.44.5 9.3 4 37.6 ③④⑤④
2 8 13

オメガレインボー

牡5 56.0 横山和生  安田翔伍 460(+2) 1.44.6 1/2 16.6 7 37.4 ⑧⑧⑧④
3 7 11

ロードブレス

牡5 58.0 坂井瑠星  奥村豊 504(-10) 1.44.8 1 1/4 29.2 11 37.4 ⑧⑧⑨⑨
4 4 6

ウェスタールンド

セ9 56.0 藤岡佑介  佐々木晶 488(-10) 1.44.9 1/2 8.2 3 37.0 ⑭⑭⑬⑪
5 6 10

レピアーウィット

牡6 57.0 横山武史  堀宣行 554(+2) 1.45.0 3/4 9.4 5 38.4 ③④③③
6 2 2

ケイティブレイブ

牡8 58.0 団野大成  清水英克 528(+8) 1.45.2 3/4 42.8 12 38.3 ⑥⑥⑤④
7 6 9

ヴェンジェンス

牡8 56.0 幸英明  大根田裕 488(-2) 1.45.6 2 1/2 18.2 9 39.2 ②②②②
8 4 5

タイムフライヤー

牡6 57.0 武豊  橋口慎介 484(+2) 1.45.7 3/4 14.6 6 38.1 ⑬⑬⑪⑨
9 1 1

ダンツキャッスル

牡5 56.0 菱田裕二  谷潔 480(-6) B 1.45.8 1/2 17.8 8 38.3 ⑪⑩⑨⑪
10 5 7

ソリストサンダー

牡6 56.0 戸崎圭太  高柳大輔 478(-4) 1.45.9 3/4 3.9 2 38.9 ⑥⑦⑤④
11 7 12

ロードゴラッソ

牡6 56.0 吉田隼人  藤岡健一 466(-4) 1.45.9 ハナ 98.8 13 38.2 ⑪⑩⑪⑬
12 5 8

トップウイナー

牡5 56.0 和田竜二  鈴木孝志 464(+2) B 1.46.2 1 3/4 28.5 10 39.9 ①①①①
13 8 14

デルマルーヴル

牡5 57.0 岩田康誠  戸田博文 502(+1) 1.46.7 124.9 14 38.7 ⑩⑫⑬⑭
14 3 3

アメリカンシード

牡4 56.0 C.ルメー  藤岡健一 484(+10) 1.47.9 3.1 1 41.3 ③③③④
ラップタイム 6.8 - 11.5 - 12.0 - 11.9 - 12.1 - 12.0 - 12.4 - 12.9 - 12.9
前半 6.8 - 18.3 - 30.3 - 42.2 - 54.3
後半 62.3 - 50.2 - 38.2 - 25.8 - 12.9

■払戻金

単勝 4 930円 4番人気
複勝 4 320円 4番人気
13 410円 6番人気
11 770円 10番人気
枠連 3-8 1,250円 5番人気
馬連 4-13 4,290円 16番人気
ワイド 4-13 1,280円 16番人気
4-11 3,330円 43番人気
11-13 5,580円 59番人気
馬単 4-13 7,710円 32番人気
3連複 4-11-13 40,610円 134番人気
3連単 4-13-11 194,430円 639番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:320,147人(09月21日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

馬場
予想

【エルムステークス2021予想】展開次第で差し馬も間に合う馬場!天気の推移や風による傾向変化に注意!

土曜日の函館ダートのレース結果、最近の函館ダート1700mで施行されたオープン特別競走の結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

この中間は月曜日と水曜日に少量の雨が降ったものの、その後の雨量はゼロ。土曜日も好天に恵まれ、ダートコースは終日良馬場(JRA発表)で開催を終えた。

土曜日の結果を振り返ると、ダート競走5クラすべてで4角3番手以内の馬が勝利を収めている一方、2~3着には中団以降に位置した待機勢の食い込みも見られる。ゆえに、展開次第で差し馬も間に合う馬場と捉えたほうがよさそうだ。

枠順については中~外枠優勢。1着馬全5頭が5枠より外。2着馬も3頭を数えるなど、真ん中より外の枠が恵まれやすい状況になっている。対照的に内枠は先行馬が踏ん張り切れないケースが目につき、差し・追い込み勢も突き抜けまでには至っていない。

ここまで偏った傾向が出ていれば、日曜日も土曜日と似たような状況と想定するのが筋だろう。だが、日曜日の予報を確認すると、不透明な部分が多く、開催中に天気が急変する可能性も十分に考えられる。

また、東南東の風(ゴール前の直線が向かい風気味)が強くなる見通し。前日と比べて、外から進出を目論む待機勢には負荷がかかりやすくなる。その点はしっかりと頭に入れておくべきだ。

ただでさえ、コース構造的に真ん中より内めの枠が恵まれやすい函館ダート1700m。過度の外枠依存は危険のように思える。ゆえに意識を少し移して、内過ぎず外過ぎない、3~6枠あたりに対する警戒を強めたほうがいいかもしれない。

血統面に関しては、函館ダート1700mで施行された直近10回のオープン特別競走(マリーンS、大沼S)を参考にすると、複数回連対を果たしている種牡馬は、ハーツクライ、ゴールドアリュール、クロフネ、キングカメハメハ。この4パターンのどれかに当てはまる産駒は、相応の評価をする必要があるだろう。

今回の出走メンバーで、血統面と先述した馬場傾向(3~6枠)の要点をともに満たしているのは、④スワーヴアラミス、⑤タイムフライヤー。よって当欄では、この2頭を連軸候補として推奨する。

【馬場予想からの注目馬】
スワーヴアラミス ⑤タイムフライヤー
厩舎
の話

【エルムステークス2021予想】ソリストサンダー「時計も動きも十分」 タイムフライヤー「変わっていい」

 ◆ウェスタールンド・赤池助手「状態はいい。自分の競馬をしてくれたら」

 ◆オメガレインボー・横山和騎手「いい感じを維持。学習能力の高さが武器だし、いい形でゴール板に向かえれば」

 ◆ケイティブレイブ・清水英師「長期休養明けでまだ仕上がりは八分程度。直線の短いコースでどれだけやれるか」

 ◆スワーヴアラミス・須貝師「ダメージもなく、しっかりできている。力はあるし、小回りの北海道も合っている」

 ◆ソリストサンダー・篠田助手「時計も動きも十分。1700メートルは大得意で、前走を見てもコーナー4つの舞台はいい」

 ◆タイムフライヤー・五十嵐助手「滞在が合っていて元気いっぱい。変わっていい」

 ◆ダンツキャッスル・菱田騎手「いい状態を保っています。メンタルが充実していて、ブリンカーも効いている」

 ◆デルマルーヴル・戸田師「前走の疲れはなさそう。パサパサの馬場はよくないので、雨で脚抜きが良くなってほしい」

 ◆トップウイナー・和田竜騎手「小倉を使ってこっちに来ているけど、乗った感じも変わりない。前走のように、もまれずに運びたいです」

 ◆レピアーウィット・堀師「キックバックの練習をしているので、相手に対処したレースをしてほしい」

 ◆ロードゴラッソ・藤岡師「体が締まって張りが出てきたし、前走よりいい。展開が速くなればチャンスは出てくる」

 ◆ロードブレス奥村豊師「広いコースのほうがいいタイプなので、斤量も含めて小回りコースが課題ですね」



エルムSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

U指数
予想

【エルムステークス2021予想】U指数1、2位を占めた昨年1、2着馬のリピートを狙う!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

2016年1着のリッカルド(11位、7番人気)や2019年2着のハイランドピーク(8位、10番人気)のように、低指数の人気薄の激走がたまに発生するが、全体を通して見るとこのレースは高指数かつ上位人気の馬が安定して力を発揮する傾向にある。過去5年間は「6位以内かつ5番人気以内」の条件を満たす馬が必ず2頭3着以内に入っている点で共通。昨年は、重賞実績十分のタイムフライヤー(3位、1番人気)とウェスタールンド(2位、2番人気)がワンツーを決めた。軸を決める際は無理に捻る必要はない。人気と実力の伴った馬を素直に信頼すれば、自ずと好結果につながるレースだ。

奇しくも、今年の1位は⑥ウェスタールンド(101.8)、2位は⑤タイムフライヤー(100.9)と、昨年の1、2着馬が上位を占める格好となった。2頭とも前走内容や馬齢などを理由にやや人気を落としそうで、妙味のある狙い目になる公算が大きい。買い目にはしっかり入れておくべきだろう。

以下、このレースと好相性のマリーンS上位好走組で5位に付けている④スワーヴアラミス(98.8)と、ダートではまだ底を見せていない8位の③アメリカンシード(97.5)を押さえておく。

出走予定馬のU指数をチェックする

データ
予想

【エルムステークス2021予想】アメリカンシード筆頭に、スワーヴアラミス、ソリストサンダー、レピアーウィット、ロードブレスが続く

【馬齢】

2011年以降(2011~2012年・2014~2020年は札幌、2013年は函館で施行)の1~3着延べ30頭の馬齢を確認すると、4歳から9歳まで幅広い。その一方、7歳以上の好走は前走が重賞5着以内の馬に限られる。覚えておきたいポイントだ。

(減点対象馬)
②ケイティブレイブ ⑥ウェスタールンド ⑨ヴェンジェンス

【前走単勝人気】

2011年以降、前走・重賞1着馬や前年のエルムステークスで2着以内に入っていた馬を除くと、前走の単勝人気順が7番手以降だった馬の連対例はゼロ。相応の勢いや舞台実績がないと、前走が低評価だった馬の上位進出は難しい。

(減点対象馬)
⑧トップウイナー

【前走北海道エリア凡走馬】

2011年以降、前走・北海道エリア(函館・札幌)戦4着以下敗退からエルムステークスで巻き返しに成功した馬は2頭。ともに前年の当レースで2着以内に好走していた。舞台実績に乏しい、前走・北海道エリア凡走馬は狙いづらい印象を持つ。

(減点対象馬)
⑫ロードゴラッソ

【間隔】

2011年以降の2着以内延べ20頭中18頭は、前走からの間隔が中4週以上だった。例外の2頭はともに中3週の臨戦かつ前走1着馬。中2週以内の馬や、中3週の前走敗退馬は苦戦を強いられている。

(減点対象馬)
①ダンツキャッスル ⑤タイムフライヤー ⑥ウェスタールンド ⑧トップウイナー ⑫ロードゴラッソ ⑬オメガレインボー ⑭デルマルーヴル

【データ予想からの注目馬】
上記4項目で減点がないのは、③アメリカンシード、④スワーヴアラミス、⑦ソリストサンダー、⑩レピアーウィット、⑪ロードブレスの5頭。トップには③アメリカンシードを推す。2011年以降、前走2着以内馬は7勝を含む12連対と活躍。平安Sが5月施行となった2013年以降、同レース経由馬が【1.2.1.3】と高確率で馬券に絡んでいることもプラス材料だ。

2、3番手には、目下4年連続連対中の前走マリーンS組に該当する④スワーヴアラミス、ダート1700mで【3.0.2.1】の良績を挙げている⑦ソリストサンダーの順でピックアップ。以下は、⑩レピアーウィット、⑪ロードブレスの2頭横並びの評価としたい。

<注目馬>
アメリカンシード ④スワーヴアラミス ⑦ソリストサンダー ⑩レピアーウィット ⑪ロードブレス

このレースの傾向やデータをもっと見る

 ウマニティの会員数:320,147人(09月21日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

血統
予想

【エルムステークス2021予想】8年ぶりに函館ダート1700mが舞台、Singspielに所縁ある血統に注目

今年は東京オリンピックの開催に伴う開催日割の変更があり、エルムSは札幌ダート1700mから函館ダート1700mに舞台を移して施行される。なお、札幌競馬場のスタンド改修工事に伴い、2013年にも当該コースにて代替開催されているため、今年は2013年の結果に重きを置いて考えてみたい。

重馬場として施行された2013年のエルムSは、ストリートセンス産駒の3番人気フリートストリートが勝利。同馬は母の父がIn The Wings直仔のSingspielとなるが、今開催の函館ダート1700mでもメイショウイッコン(母の父In The Wings)やシハーブ(母の父Singspiel)が勝ち馬として名を連ねているため、この血脈のコース相性自体を強調できるところがありそうだ。


スワーヴアラミスは、父ハーツクライ×母ベイトゥベイ(母の父Sligo Bay)。母の父Sligo BayはSingspielの従弟にあたる血統で、父系も同じSadler's Wells系であることから、両馬は近しい血統構成となっている。本馬はマリーンSをハンデ57.5kgで勝利していることからコース実績も申し分なく、直近のレースぶりからは完全に復調したと見て差し支えないだろう。なお、札幌含め、北海道のダート1700mは「2-1-0-0」と底を見せていない。

アメリカンシードは、父Tapit×母Sweet Talker(母の父Stormin Fever)。2013年の代替開催時に逃げて2着と好走したエーシンモアオバーは母の父Rubianoとなるが、本馬の父TapitはRubianoの半妹にあたるTap Your Heelsの産駒。「逃げてこそ」と思わせる戦歴にはエーシンモアオバーを彷彿とさせるものがあり、ここも自分のペースで運べれば十分に重賞制覇のチャンスはありそうだ。

ロードブレスは、父ダノンバラード×母ミステリューズ(母の父ナリタトップロード)。ダノンバラードの母レディバラードは地方ダートグレード競走を2勝した実績を持ち、Singspielの従妹にあたる血統背景もレース傾向からは興味深いものがある。本馬は血統表の5代以内に3本引くHaloらしさを感じさせる機動力があり、20年浦和記念2着の実績からも函館の小回りコースは望むところだろう。

【血統予想からの注目馬】
スワーヴアラミス ③アメリカンシード ⑪ロードブレス

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

過去10年の結果

【エルムステークス2021予想】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2020年8月9日() 札幌/ダ1700m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 13 タイムフライヤー C.ルメール 1:43.4 3.0 1 35.7 103.8
2 8 ウェスタールンド 藤岡佑介 1:43.7 4.2 2 35.5 102.5
3 10 アナザートゥルース 大野拓弥 1:43.8 3/4 11.1 5 36.5 102.1
4 12 ハイランドピーク 横山和生 1:44.0 10.2 4 36.6 101.2
5 4 ワンダーリーデル 横山典弘 1:44.0 クビ 21.6 9 35.7 101.2
2019年8月11日() 札幌/ダ1700m
天候: 馬場:稍重
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 4 モズアトラクション 藤岡康太 1:41.9 6.1 2 36.0 103.6
2 13 ハイランドピーク 横山和生 1:42.2 1 1/2 31.4 10 36.6 102.2
3 6 サトノティターン 藤岡佑介 1:42.4 1 1/4 10.0 4 36.0 101.3
4 11 レッドアトゥ 福永祐一 1:42.4 アタマ 15.5 7 36.5 101.3
5 14 リアンヴェリテ 国分恭介 1:42.4 ハナ 6.6 3 37.7 101.3
2018年8月12日() 札幌/ダ1700m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 8 ハイランドピーク 横山和生 1:42.0 4.1 2 36.7 101.0
2 2 ドリームキラリ 藤岡佑介 1:42.2 1 1/4 5.3 3 36.9 100.1
3 3 ミツバ 松山弘平 1:42.5 3.9 1 35.8 98.7
4 9 ロンドンタウン 蛯名正義 1:42.5 ハナ 10.8 5 36.9 98.7
5 4 アンジュデジール 横山典弘 1:42.8 1 1/2 17.7 7 37.2 97.4

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【エルムステークス2021予想】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2012、2014年の優勝馬ローマンレジェンド

夏の北海道シリーズ唯一のダート重賞で、秋のビッグレースを目標にする実力馬と、勢いのある上がり馬があいまみえる。「シーサイドステークス」として函館で開催された第1回(1996年)は、のちにドバイにも遠征するキョウトシチーが勝利。第8回(2003年)には前年のJBCクラシック勝ち馬アドマイヤドンが参戦し、力の違いを見せつけた。第9~10回(2004~2005年)はパーソナルラッシュが連覇。第17回(2012年)、第19回(2014年)はローマンレジェンドが隔年でV2を達成している。

歴史と概要をもっと見る

 ウマニティの会員数:320,147人(09月21日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

エルムステークス特集 バックナンバー