ダンビュライト(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ダンビュライト
ダンビュライト
ダンビュライト
ダンビュライト
ダンビュライト
ダンビュライト
写真一覧
現役 牡4 黒鹿毛 2014年3月3日生
調教師音無秀孝(栗東)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績14戦[3-1-3-7]
総賞金18,847万円
収得賞金2,525万円
英字表記Danburite
血統 ルーラーシップ
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
エアグルーヴ
タンザナイト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
キャサリーンパー
兄弟 ラブラドライトモルガナイト
前走 2018/06/24 宝塚記念 G1
次走予定

ダンビュライトの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/06/24 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 164810.355** 牡4 58.0 武豊音無秀孝480(+12)2.12.3 0.736.4⑥⑤⑤⑦ミッキーロケット
18/04/29 香港 8 QE2世C G1 芝2000 8--------7** 牡4 57.0 T.ベリー音無秀孝468(--)2.01.7 1.5----パキスタンスター
18/04/01 阪神 11 大阪杯 G1 芝2000 1671420.186** 牡4 57.0 浜中俊音無秀孝482(+8)1.58.8 0.634.5スワーヴリチャード
18/01/21 中山 11 AJCC G2 芝2200 11673.921** 牡4 55.0 M.デムー音無秀孝474(-4)2.13.3 -0.335.4ミッキースワロー
17/12/24 阪神 11 サンタS 1600万下 芝2000 10662.011** 牡3 56.0 松若風馬音無秀孝478(0)2.01.7 -0.133.8クリノヤマトノオー
17/10/22 京都 11 菊花賞 G1 芝3000 187158.345** 牡3 57.0 武豊音無秀孝478(-2)3.19.7 0.840.8⑦⑦キセキ
17/09/24 阪神 11 神戸新聞杯 G2 芝2400 14338.644** 牡3 56.0 武豊音無秀孝480(+16)2.25.2 0.635.0レイデオロ
17/05/28 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 181114.576** 牡3 57.0 武豊音無秀孝464(-2)2.27.3 0.433.8⑤⑤レイデオロ
17/04/16 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 1851056.1123** 牡3 57.0 武豊音無秀孝466(-4)1.57.9 0.134.3⑥⑥⑤アルアイン
17/03/05 中山 11 報知杯弥生賞 G2 芝2000 12449.153** 牡3 56.0 C.ルメー音無秀孝470(-2)2.03.5 0.335.0⑤⑤⑤⑤カデナ
17/02/05 京都 11 きさらぎ賞 G3 芝1800 8445.623** 牡3 56.0 C.ルメー音無秀孝472(0)1.50.4 0.336.1⑤④アメリカズカップ
16/12/18 阪神 11 朝日杯FS G1 芝1600 18484.5213** 牡2 55.0 C.ルメー音無秀孝472(+8)1.36.5 1.135.5⑥⑥サトノアレス
16/10/08 東京 11 サウジRC G3 芝1600 9773.522** 牡2 55.0 C.ルメー音無秀孝464(0)1.34.7 0.234.2⑥⑥ブレスジャーニー
16/07/09 中京 5 2歳新馬 芝1600 13224.931** 牡2 54.0 松若風馬音無秀孝464(--)1.40.7 -0.837.2⑤⑤キクノルア

ダンビュライトの関連ニュース

 ★宝塚記念を制したミッキーロケット(栗・音無、牡5)は京都大賞典(10月8日、京都、GII、芝2400メートル)からジャパンC(11月25日、東京、GI、芝2400メートル)を目指す。同厩で5着ダンビュライト(牡4)は毎日王冠(10月7日、東京、GII、芝1800メートル)から天皇賞・秋(同28日、東京、GI、芝2000メートル)。3着ノーブルマーズ(栗・宮本、牡5)はアルゼンチン共和国杯(11月4日、東京、GII、芝2500メートル)へ。6着サトノダイヤモンド(栗・池江、牡5)、同厩で11着ストロングタイタン(牡5)は未定。

 ★ダービー3着コズミックフォース(美・国枝、牡3)、同厩で15着オウケンムーン(牡3)はともに菊花賞(10月21日、京都、GI、芝3000メートル)を目標にセントライト記念(9月17日、中山、GII、芝2200メートル)で始動する公算が大きくなった。「オーナーサイドとは、菊花賞を目標にその辺りから行こうかと話している」と国枝調教師。14着グレイル(栗・野中、牡3)はセントライト記念が視野に。

 ★24日東京の3歳上500万下(芝2400メートル)を勝ったトラストケンシン(美・高橋文、牡3)はセントライト記念を目指す。その前に新潟で1戦する予定で、信濃川特別(8月4日、1000万下、芝2000メートル)が有力。



ミッキーロケットの競走成績はこちら

武豊騎手GI500回騎乗達成「関係者の皆さまに感謝」 2018年6月25日(月) 11:58

 武豊騎手(49)=栗・フリー=が24日の宝塚記念ダンビュライト5着)で、中央競馬史上初となるGIレース500回騎乗を達成した。GI初騎乗は1987年・菊花賞(レオテンザン6着)。

 ◆武豊騎手 「500回も騎乗できたということは、それだけ騎乗依頼を受けたということで、関係者の皆さまに感謝しています。もっともっとこの数字も増やしていけるよう、頑張っていきたいです」



★24日阪神11R「宝塚記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【宝塚記念】混戦制した!ロケット奪取初GI 2018年6月25日(月) 05:08

 第59回宝塚記念(24日、阪神11R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝・内2200メートル、1着本賞金1億5000万円 =出走16頭)和田竜二騎乗で7番人気のミッキーロケットが早め先頭から、香港のワーザーの追撃をクビ差で振り切り快勝。7度目の挑戦でGI初制覇となった。タイム2分11秒6(稍重)。夏場は休養して、秋はジャパンC(11月25日)を目標にする。1番人気のサトノダイヤモンドは積極的なレース運びを見せたが6着と最後は力尽きた。上位人気馬が崩れ、3連単は49万円超の波乱となった。

 来るなよ、来るなよ-。最後の直線で迫りくる香港馬ワーザーを、音無調教師は祈るような気持ちで見ていた。早め先頭に立った愛馬ミッキーロケットが押し切ると、歓喜と安堵(あんど)が入り交じった表情を浮かべた。

 「めちゃくちゃうれしい。なかなか勝てなかった馬で、これまでは(賞金不足による)除外などを考えながらやってきましたから。勝ってほっとしました」

 昨年1月の日経新春杯以来、1年5カ月も遠ざかっていた勝利を、GIで味わえた。これ以上ない最高の結果だ。

 この中間、ミッキーロケットは好ムードに包まれていた。トレーナーは2週連続で追い切りに騎乗した和田騎手とともに絶好調を感じ取り、「GIメンバーが相手なので強気なことは言えなかったけど、前走の天皇賞・春(4着)よりさらに良くなっていたので、ひそかに自信があったんですよ」と色気を持っていた。

 昨年まで課題だったスタートが決まるようになったのも大きかった。「今年はスタートの心配がなくなった。そのおかげで好位につけて、内をピッタリ回ってこられた。直線で内に頼るところがある馬だけど、和田君もよく分かっているから」。3歳秋から長くコンビを組む和田騎手の手腕をたたえた。

 師にとっては、ミッキーアイルで勝った2016年マイルCS以来のGI制覇。「(和田騎手と同様に)僕も遠ざかっていたけど、ぼちぼち勝てる頃かなと」と周囲を笑わせた。

 「秋はどこか(のGI)を狙えれば。個人的にはジャパンCかなと思っている」

 次戦は夏休みを挟んで京都大賞典(10月8日、京都、GII、芝2400メートル)での始動が有力。秋は王者としてさらなる高みを目指す。

★入場&売り上げ

 24日の阪神競馬場の入場人員は6万5800人で前年比122・4%と大幅にアップした一方、宝塚記念の売り上げは192億1928万7700円で同90・9%とダウン。12レース行われた今年の平地GIのうち、売り上げダウンはフェブラリーS大阪杯皐月賞、天皇賞・春に次ぐ5レース目となった。この日で上半期の開催が終了。総売り上げは1兆3930億535万2100円で前年比101・3%、開催競馬場入場人員は318万6754人で同100・1%と僅かながらともにアップした。





★24日阪神11R「宝塚記念」の着順&払戻金はこちら



★アラカルト

音無秀孝調教師 延べ13頭の出走で初勝利。JRA・GIは2016年マイルCSミッキーアイル)以来の9勝目。

◆生産者ノーザンファーム 4年連続での6勝目で、JRA・GIは118勝目。

キングカメハメハ産駒 15年ラブリーデイに次ぐ2勝目で、JRA・GIは21勝目。

◆5歳馬 14年ゴールドシップから5年連続での17勝目。他は4歳33勝、6歳7勝、7歳2勝だが、近年は5歳馬の活躍が目立つ。

宝塚記念でGI初制覇 1984年のグレード制導入後、15年ラブリーデイ以来の17度目。なお、今年の古馬芝GIは6レース全てGI未勝利馬が優勝。

武豊騎手 ダンビュライトは5着だったが、JRA・GIは前人未到の500回目(75勝)の騎乗だった。騎乗数2位は横山典弘騎手の389回(26勝)。

ミッキーロケット 父キングカメハメハ、母マネーキャントバイミーラヴ、母の父ピヴォタル。鹿毛の牡5歳。栗東・音無秀孝厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は野田みづき氏。戦績22戦5勝。獲得賞金3億6247万8000円。重賞は2017年GII日経新春杯に次いで2勝目。宝塚記念音無秀孝調教師は初勝利、和田竜二騎手は2000年テイエムオペラオーに次いで2勝目。馬名は「冠名+ロケット」。

[もっと見る]

【宝塚記念】レースを終えて…関係者談話2018年6月25日(月) 05:05

 ◆武豊騎手(ダンビュライト5着) 「できれば内ラチ沿いを取りたかった。3、4コーナーでもゴチャついてしまいました」

 ◆岩田騎手(ステファノス7着) 「直線で割ってくれるかと思ったけど、ラスト1ハロンで止まった。距離は問題なかったです」

 ◆M・デムーロ騎手(キセキ8着) 「落ち着いていたし、折り合いも問題なかったけど、外枠がしんどかったです。きょうは内の馬場がよかったので直線は内に行きましたが、狭かった」



 ◆戸崎騎手(パフォーマプロミス9着) 「馬の感じはよかったけど、スタートしてからいつもの進みっぷりがなかった。斤量か馬場が影響したのか、終始、たまるところがありませんでした」

 ◆松山騎手(スマートレイアー10着) 「スタートがよく、前めで流れに乗れましたが、勝負どころで苦しくなりました」

 ◆川田騎手(ストロングタイタン11着) 「勝ちにいく競馬を意識してレースを組み立てましたが、4コーナーではかなり苦しかったです。距離が若干長いのと、GIのメンバーや乾ききってない馬場などがあったと思います」



 ◆石橋騎手(サトノクラウン12着) 「スタートもうまく決まって思った位置を取れたのですが…。気持ちを乗せるために馬の中に入れるイメージだったが、勝負どころで反応させることができなかった」

 ◆藤岡康騎手(アルバート13着) 「促していきましたが、リズムに乗れないままレースが終わってしまいました」

 ◆池添騎手(ゼーヴィント14着) 「いいスタートじゃなかったので、好位を取りにいったのですが、抜けすぎるぐらいハミが抜けた」

 ◆秋山騎手(タツゴウゲキ15着) 「ちょっとずつ去年の(いいときの)感じに戻ってくればいいんじゃないでしょうか」

 ◆小牧騎手(サイモンラムセス16着) 「自分のペースで競馬をさせてもらえなかった。いい経験になったんじゃないかな」



★24日阪神11R「宝塚記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【宝塚記念】勝ち馬と同厩舎のダンビュライトは5着 武豊「できれば内ラチ沿いを取りたかった」2018年6月24日() 20:33

 6月24日の阪神11Rで行われた第59回宝塚記念(3歳以上オープン、GI、芝2200メートル、定量、16頭立て、1着賞金=1億5000万円)は、和田竜二騎手騎乗の7番人気ミッキーロケット(牡5歳、栗東・音無秀孝厩舎)が接戦を制した。



 ミッキーロケットと同厩舎で直前の追い切りでも併せ馬を行っていた武豊騎手騎乗のダンビュライトは、道中は勝ち馬とほぼ同じポジションを追走したものの、勝負どころの3、4コーナーで徐々に離され、粘りを発揮したものの5着に敗れた。



 武豊騎手「できれば内ラチ沿いを取りたかったです。3~4コーナーでもゴチャついてしまいました」

★【宝塚記念】払い戻し確定! 全着順も掲載

[もっと見る]

【宝塚記念】馬場の有利不利、教えます!2018年6月24日() 12:42

土曜日の阪神芝のレース結果、近年の宝塚記念の結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。


週中の降雨に加え、週末も雨が降るあいにくの空模様。土曜日の芝コースは終日タフなコンディションで開催された。しかし、含水率の上昇に伴う路盤の緩みが目立つ一方で、芝の生育状況は至って良好。事実、土曜日は内を通った馬が手ごたえを無くしつつも止まらないケースが目についた。時計を要する馬場とはいえ、極端に走りづらいという状態ではない。

土曜日の結果を振り返ると、枠順における内外の大きな有利不利は見られない半面、馬番は内~中が安定している印象。とくに内回りでは、こうした傾向が顕著に出ており、多頭数で行われた8Rは3番→4番→8番で決着している。

ただし、阪神芝コースは前日までの傾向が、翌日に激変することも珍しくない馬場読み泣かせの難コース。近年の宝塚記念開催週を検証すると、土曜日は内優勢の年が多いにもかかわらず、日曜日開催の宝塚記念は近10年で6~8枠馬が9勝と状況は一変している。これは、内めを通る馬が続出したことによる馬場の酷使が大きな要因だ。

今年は例年よりも芝および路盤の状態が良く、ここ数年のような激変までは考えづらいものの、レースが重なるに連れて内ラチ沿いの芝の劣化が進むことは頭に入れておくべき。したがって、内ラチ近辺を通る(通らされる)馬や、多頭数の1枠馬は少し割り引いたほうがいいかもしれない。枠順では、2~4枠あたりが連軸に適しているのではないだろうか。

脚質については、土曜日の決着だけを見ると、先行~好位差し優勢。一方、決め手上位の馬であれば、中団からの差しも馬券圏内に届いている。よって、力を要する馬場に対応できるタイプであれば、問題なし。過度に意識する必要はない。

血統面に関しては、近年の宝塚記念の好走馬を見直すと、父方ではサンデーサイレンス系とキングマンボ系が優勢。大系統に視点を向けると、ノーザンダンサー系種牡馬を父あるいは母父に持つ馬の活躍が目立つ。面白いところでは、ノーザンテーストを内包している馬の好走例が多く、毎年のように連対馬を送り出している。

今回の出走馬で、血統面および先述した馬場傾向などの要件をクリアしているのは、③サトノダイヤモンド、④ミッキーロケット、⑥アルバート、⑦パフォーマプロミス、⑧ダンビュライトの5頭。ただし、7歳以上馬は2008年以降3着以内ゼロの大不振。よって、⑥を除いた4頭を狙いどころとして推奨したい。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダンビュライトの関連コラム

閲覧 638ビュー コメント 0 ナイス 2

 早いもので通算6シーズン目となる「ウマニティPOG 2018」の開幕からおよそ1か月が経過しました。先週までにJRAのレースでデビューした2歳馬は396頭。そのうち39頭が既に勝ち上がりを果たしています。7月22日には函館2歳ステークス(2歳GⅢ・函館芝1200m)が行われ、世代最初のJRA重賞ウイナーが誕生する見込み。シーズン最初の山場と言っていいでしょう。

 ただ、私が繰り返し強調している通り、最終的な順位を左右するようなビッグレースが施行されるのはまだまだ先。しかも、スペシャルワールドを除く各ワールドはこれから仮想オーナー募集枠が順次開放されていくため、入札に勝てばまだどの馬も獲得が可能です。いまからエントリーする方でも優勝を狙えるようなルールになっていますので、ご興味を持った方はぜひ入札に参加してみてください。

 今回は、デビュー間近と思われる馬、すなわち現時点で未出走、かつ東西のトレーニングセンターに入厩している馬の中から、有力と思しき馬をまとめてみました。

 本稿を制作するにあたり、私はまずJRA-VANのデータから「7月2日の時点で入厩している未出走の2歳馬」「東西のトレーニングセンターで6月1日から7月2日までの期間中に坂路調教を行った未出走の2歳馬(競走馬として未登録の馬を含む)」を抽出。今回はその中から注目すべきファクターごとに該当馬をご紹介します。それぞれの一覧には重複もありますがご了承ください。

 まずは第1回入札前の時点における「注目POG馬ランキング(2018/06/01 18:00更新)」で100位以内に入っていた馬から。末尾に付記したのは「注目POG馬ランキング(2018/06/01 18:00更新)」の順位、並び順は父名順→母名順です。

●ワールドウォッチ(牡 父Iffraaj/母Baldovina 厩舎未登録) ※100位
ダノンジャスティス(牡 父Kingman/母マンビア 中内田充正厩舎) ※46位
ラズライトノヴァ(牡 父オルフェーヴル/母アナスタシアブルー 藤原英昭厩舎) ※37位
テンペスタージ(牡 父オルフェーヴル/母ディラローシェ 戸田博文厩舎) ※95位
シェドゥーヴル(牡 父オルフェーヴル/母ヒルダズパッション 木村哲也厩舎) ※25位
アルママ(牡 父オルフェーヴル/母ホエールキャプチャ 畠山吉宏厩舎) ※73位
ブラヴァス(牡 父キングカメハメハ/母ヴィルシーナ 友道康夫厩舎) ※3位
クラージュゲリエ(牡 父キングカメハメハ/母ジュモー 池江泰寿厩舎) ※76位
クリソベリル(牡 父ゴールドアリュール/母クリソプレーズ 音無秀孝厩舎) ※78位
レッドエンヴィー(牡 父ジャスタウェイ/母スタイルリスティック 須貝尚介厩舎) ※23位
ゲンティアナ(牝 父ディープインパクト/母アゼリ 松永幹夫厩舎) ※38位
●サトノソロモン(牡 父ディープインパクト/母イルーシヴウェーヴ 厩舎未登録) ※9位
ダノンチェイサー(牡 父ディープインパクト/母サミター 池江泰寿厩舎) ※16位
サターン(牡 父ディープインパクト/母シャンロッサ 角居勝彦厩舎) ※42位
シェーングランツ(牝 父ディープインパクト/母スタセリタ 藤沢和雄厩舎) ※14位
ミッキーバディーラ(牝 父ディープインパクト/母バディーラ 音無秀孝厩舎) ※88位
ノーブルスコア(牝 父ディープインパクト/母ファイナルスコア 藤原英昭厩舎) ※61位
プランドラー(牡 父ディープインパクト/母プラウドスペル 池江泰寿厩舎) ※11位
サトノジェネシス(牡 父ディープインパクト/母マルペンサ 堀宣行厩舎) ※6位
コントラチェック(牝 父ディープインパクト/母リッチダンサー 藤沢和雄厩舎) ※63位
セントレオナード(牡 父ディープインパクト/母リリーオブザヴァレー 堀宣行厩舎) ※79位
アメリカンウェイク(牝 父ハーツクライ/母アナアメリカーナ 斉藤崇史厩舎) ※34位
カテドラル(牡 父ハーツクライ/母アビラ 池添学厩舎) ※49位
グロリアーナ(牝 父ハーツクライ/母ベネンシアドール 木村哲也厩舎) ※82位
バイキングクラップ(牡 父ハーツクライ/母マジックストーム 堀宣行厩舎) ※22位
キタサンバルカン(牡 父ルーラーシップ/母ウィズザフロウ 奥村武厩舎) ※91位
ウラノメトリア(牡 父ルーラーシップ/母ミクロコスモス 矢作芳人厩舎) ※29位
バニュルス(牡 父ロードカナロア/母ピーチブローフィズ 藤原英昭厩舎) ※89位

 例年もこの時期にほぼ同様のルールで一覧を作成していますが、昨年はジェネラーレウーノワグネリアンが、一昨年はソウルスターリングダンビュライトがいました。秋にデビューするのが“王道”と言われた時代は完全に過ぎ去り、この時期からの始動がクラシック戦線を目指す馬の“セオリー”になった印象すらあります。
 なお、報道によると、注目POG馬ランキング3位のブラヴァスヴィルシーナの2016)は7月8日に中京芝2000mの2歳新馬で、同11位のプランドラー(プラウドスペルの2016)は7月22日に中京芝2000mの2歳新馬でデビュー予定とのこと。どちらも面白いレースになるんじゃないでしょうか。

 ここから先は、当コラムの今シーズン第1回「POG的データ分析」を参考に、有力と思われる馬を紹介していきます。
 やはり気になるのはディープインパクト産駒。該当馬は下記の通りでした。

ゲンティアナ(牝 父ディープインパクト/母アゼリ 松永幹夫厩舎) ※38位
ベルヴォワ(牝 父ディープインパクト/母アルーリングボイス 矢作芳人厩舎) ※198位
●サトノソロモン(牡 父ディープインパクト/母イルーシヴウェーヴ 厩舎未登録) ※9位
トーセンカンビーナ(牡 父ディープインパクト/母カンビーナ 角居勝彦厩舎) ※158位
ダノンチェイサー(牡 父ディープインパクト/母サミター 池江泰寿厩舎) ※16位
サターン(牡 父ディープインパクト/母シャンロッサ 角居勝彦厩舎) ※42位
メッシーナ(牝 父ディープインパクト/母シユーマ 萩原清厩舎) ※124位
シェーングランツ(牝 父ディープインパクト/母スタセリタ 藤沢和雄厩舎) ※14位
マジックリアリズム(牝 父ディープインパクト/母ソーマジック 尾関知人厩舎) ※250位
ビックピクチャー(牝 父ディープインパクト/母ネヴァーピリオド 藤原英昭厩舎) ※110位
ミッキーバディーラ(牝 父ディープインパクト/母バディーラ 音無秀孝厩舎) ※88位
ノーブルスコア(牝 父ディープインパクト/母ファイナルスコア 藤原英昭厩舎) ※61位
プランドラー(牡 父ディープインパクト/母プラウドスペル 池江泰寿厩舎) ※11位
ミッキースピリット(牡 父ディープインパクト/母フリーティングスピリット 音無秀孝厩舎) ※323位
ダノンキングリー(牡 父ディープインパクト/母マイグッドネス 萩原清厩舎) ※164位
サトノジェネシス(牡 父ディープインパクト/母マルペンサ 堀宣行厩舎) ※6位
ボスジラ(牡 父ディープインパクト/母ミスパスカリ 国枝栄厩舎) ※187位
サトノエルドール(牡 父ディープインパクト/母ミゼリコルデ 国枝栄厩舎) ※331位
ディープサドラーズ(牡 父ディープインパクト/母メイキアシー 藤原英昭厩舎) ※165位
●メイショウテンゲン(牡 父ディープインパクト/母メイショウベルーガ 厩舎未登録) ※653位
アイトマコト(牝 父ディープインパクト/母ラヴェリータ 池江泰寿厩舎) ※163位
コントラチェック(牝 父ディープインパクト/母リッチダンサー 藤沢和雄厩舎) ※63位
セントレオナード(牡 父ディープインパクト/母リリーオブザヴァレー 堀宣行厩舎) ※79位

 該当馬の大半はいわゆる“POG本”などでも大きく取り上げられていましたが、注目POG馬ランキングがそれほど高くない馬もいますから、ひと通りチェックしておきたいところです。

 ノーザンファームの生産馬は93頭もいたので、その中から注目POG馬ランキングが101~500位だった馬をピックアップしてみました。穴っぽい種牡馬の産駒を含め、こちらもそれぞれ期待できるのではないかと思います。

ウィクトーリア(牝 父ヴィクトワールピサ/母ブラックエンブレム 小島茂之厩舎) ※204位
シャルマント(牝 父エンパイアメーカー/母ライツェント 鹿戸雄一厩舎) ※300位
アスカリ(牡 父キングカメハメハ/母フィロンルージュ 西園正都厩舎) ※112位
スコッチリール(牝 父ジャスタウェイ/母ストラスペイ 林徹厩舎) ※387位
●ヴェロックス(牡 父ジャスタウェイ/母セルキス 厩舎未登録) ※229位
ディキシーナイト(牡 父ダイワメジャー/母カメリアローズ 国枝栄厩舎) ※249位
ミトロジー(牡 父ダイワメジャー/母リードストーリー 尾関知人厩舎) ※378位
メッシーナ(牝 父ディープインパクト/母シユーマ 萩原清厩舎) ※124位
ミッキースピリット(牡 父ディープインパクト/母フリーティングスピリット 音無秀孝厩舎) ※323位
ボスジラ(牡 父ディープインパクト/母ミスパスカリ 国枝栄厩舎) ※187位
バンクショット(牡 父トーセンジョーダン/母バプティスタ 池添学厩舎) ※283位
アルテヴェルト(牡 父ハーツクライ/母アルテリテ 庄野靖志厩舎) ※253位
コパカティ(牝 父ハービンジャー/母アロマティコ 佐々木晶三厩舎) ※196位
マジストラル(牡 父ハービンジャー/母アンブロワーズ 高野友和厩舎) ※203位
ピサノメタルシティ(牡 父ハービンジャー/母グレイトフルデッド 武幸四郎厩舎) ※431位
ストームリッパー(牡 父ハービンジャー/母スピードリッパー 鹿戸雄一厩舎) ※404位
フィリアプーラ(牝 父ハービンジャー/母プリンセスカメリア 菊沢隆徳厩舎) ※266位
チェサピークベイ(牡 父ハービンジャー/母フロールデセレッソ 戸田博文厩舎) ※364位
ウレキサイト(牡 父ブラックタイド/母ラフィントレイル 松永幹夫厩舎) ※462位
イベリスリーフ(牝 父ヘニーヒューズ/母クローバーリーフ 中舘英二厩舎) ※273位
ドラウプニル(牡 父ルーラーシップ/母ヴェルザンディ 斉藤崇史厩舎) ※262位
ディアンドル(牝 父ルーラーシップ/母グリューネワルト 奥村豊厩舎) ※252位
スイートウィスパー(牝 父ルーラーシップ/母ケアレスウィスパー 萩原清厩舎) ※340位
ゲインスプレマシー(牡 父ルーラーシップ/母スカーレットレディ 高柳瑞樹厩舎) ※214位
レッドシルヴァーナ(牝 父ロードカナロア/母シルバーフォックス 松田国英厩舎) ※146位
ニューポート(牡 父ロードカナロア/母ハッピーパレード 石坂正厩舎) ※356位
エスタジ(牝 父ロードカナロア/母マリーシャンタル 木村哲也厩舎) ※115位
セイクリッドキング(牡 父ロードカナロア/母モアザンセイクリッド 加藤征弘厩舎) ※457位
ヴィアロマーナ(牡 父ロードカナロア/母ローマンエンプレス 久保田貴士厩舎) ※237位
ローザジルベルト(牡 父ワークフォース/母ローズバド 橋口慎介厩舎) ※230位

 調教師別成績の上位組を見ると、下記の馬たちが入厩済みです。

池江泰寿調教師>
クラージュゲリエ(牡 父キングカメハメハ/母ジュモー 池江泰寿厩舎) ※76位
ダノンチェイサー(牡 父ディープインパクト/母サミター 池江泰寿厩舎) ※16位
プランドラー(牡 父ディープインパクト/母プラウドスペル 池江泰寿厩舎) ※11位
アイトマコト(牝 父ディープインパクト/母ラヴェリータ 池江泰寿厩舎) ※163位

中内田充正調教師>
デュアラブル(牝 父Curlin/母ハリケーンフラッグ 中内田充正厩舎) ※209位
ダノンジャスティス(牡 父Kingman/母マンビア 中内田充正厩舎) ※46位
ピンクブロッサム(牝 父ハービンジャー/母ルナレガーロ 中内田充正厩舎) ※846位
メイショウハート(牡 父メイショウボーラー/母デビルインマインド 中内田充正厩舎)

角居勝彦調教師>
トーセンカンビーナ(牡 父ディープインパクト/母カンビーナ 角居勝彦厩舎) ※158位
サターン(牡 父ディープインパクト/母シャンロッサ 角居勝彦厩舎) ※42位
エルモンストロ(牡 父ルーラーシップ/母ミンティエアー 角居勝彦厩舎)

音無秀孝調教師>
クリソベリル(牡 父ゴールドアリュール/母クリソプレーズ 音無秀孝厩舎) ※78位
ミッキーバディーラ(牝 父ディープインパクト/母バディーラ 音無秀孝厩舎) ※88位
ミッキースピリット(牡 父ディープインパクト/母フリーティングスピリット 音無秀孝厩舎) ※323位
ジョニーズララバイ(牡 父マンハッタンカフェ/母メジロアリス 音無秀孝厩舎) ※241位

浅見秀一調教師>
ブラボーフェスタ(牡 父ナカヤマフェスタ/母スギノエスペランザ 浅見秀一厩舎)

藤原英昭調教師>
ラピタ(牡 父エイシンフラッシュ/母パイタ 藤原英昭厩舎) ※200位
ラズライトノヴァ(牡 父オルフェーヴル/母アナスタシアブルー 藤原英昭厩舎) ※37位
ロードアブソルート(牡 父キングカメハメハ/母パーフェクトトリビュート 藤原英昭厩舎)
ビックピクチャー(牝 父ディープインパクト/母ネヴァーピリオド 藤原英昭厩舎) ※110位
ノーブルスコア(牝 父ディープインパクト/母ファイナルスコア 藤原英昭厩舎) ※61位
ディープサドラーズ(牡 父ディープインパクト/母メイキアシー 藤原英昭厩舎) ※165位
バニュルス(牡 父ロードカナロア/母ピーチブローフィズ 藤原英昭厩舎) ※89位
エイカイキャロル(牝 父ロードカナロア/母ラフェクレール 藤原英昭厩舎)

 当然ながらこのあたりも将来のスター候補ですし、意外と注目されていない馬もいるので、ぜひチェックしてみてください。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる騎手大全 2017秋~2018』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG 2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年6月20日(水) 16:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2018宝塚記念編
閲覧 1,201ビュー コメント 0 ナイス 10



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。



宝塚記念

【外国馬】
ワーザー(C)
昨年暮れの香港C(2着)ではここにも出走しているステファノス(4着)、スマートレイアー(5着)と差のない競馬。ただ、香港G1を3勝しているとはいえ順調さを欠いていて、ましてやレース経験のないアウェイの日本での競馬。そんなに簡単に勝てるほど日本の馬は弱くはないだろう。


【ファン投票による上位10頭】

キセキ(D)
角居厩舎の馬にしては、毎回様々なコースで追われて調教内容が定まらないところがある馬。それだけ馬の脚に不安材料があるのか、気性に問題があるのか、それとも馬の個性が掴めていないのか、いずれにしても角居流の王道に乗せられないのは何か理由があってのものだろう。1週前追い切りも、CWで首が高くなるのはいつものこととはいえ胸前も起き気味で全体的に重心が高くなってしまっている印象。良く見えるという感じにはなく、まだ状態面での不安は残る現状。

ヴィブロス(B)
ドバイ遠征からの帰国後初戦だが、しっかり乗り込まれていて坂路では2走前の休み明け・中山記念時よりも時計が出ている。1週前追い切りでは3頭併せの内に併せて先着と、動き自体もしっかりしていて上積みは十分期待できる。

スマートレイアー(A)
今年は大阪杯天皇賞(春)と古馬の王道を使ってきたが、展開が向かなかったというよりは流れに乗れなかった感じだった。結果を見ると、それほど大きくは負けていないし、前走は勝ち馬の次に速い上がりの脚を使っていて、力の差というよりは後方一気の一発狙いの乗り方がうまくハマらなかったと言ったほうが良いだろう。この中間もここを目標にしっかり乗り込まれて、1週前追い切りでは外に併せて勢いのある動き見せている。そして今回は2戦1勝2着1回と好成績を残している6月のレース。夏の牝馬という言葉もあるように、得意の季節で何かやってくれそうな雰囲気がある。

ステファノス(A)
この馬は過去4回香港に遠征していてその帰国初戦で凡走したのが3回。ただそのうち2回はその次のG1で2着に好走。そして残りの1回が今回。この中間の調教内容を見るとこれまで5週連続で速い時計を出していてかなりハードに乗られている。それだけ強く追い切れるいうことは状態が良い証拠だと思うし、変わり身は十分期待できそうだ。

ミッキーロケット(C)
前走時はかなり入念に乗り込まれていた印象があったが、この中間は速い時計2本と間隔の割に本数が少ない感じ。1週前追い切りも時計こそ出ているものの、終いの伸び脚は物足りず残り1週で変わってこれるかといった印象。最終追い切りの動きに注目したい一頭。

アルバート(E)
重賞に限れば3000m以上のレースでしか勝ち鞍はなく、この距離でこの相手となるとかなり厳しい。1週前追い切りの動きを見ても、特に良い動きでもなく同厩舎のサトノクラウンの滞同馬的な存在として考えたほうが良いか。

パフォーマプロミス(B)
この馬としては、休み明けを一度使われて、遅れはしたもののこの中間に1本でも併せ馬で強く追えたことに意味があり、上積みはありそう。あとは最終追い切りの動きを見てから。


【以下、出走決定賞金順】

タツゴウゲキ(E)
長期休養明けの前走時から坂路での調教に変更。この中間もCWに戻さず坂路での調整となっていて、戻せない理由があるということかもしれない。その辺りはマイナス材料と考えた方が良いだろう。

ストロングタイタン(B)
この中間の調整内容は、前走時の調整内容とそれほど変わりなくきている感じ。ただ日曜日の坂路での時計は前走以上に出ているので、上積みがあるかもしれない。

ゼーヴィント(D)
この中間は単走での追い切りと、初の関西への輸送を考慮してか調整内容に変化がみられる。ただ、パドックでイレ込む馬なのでそれだけでは直らないと思われる。1週前追い切りの動きを見ても気負い気味に走っているので、気性面の課題は大きいだろう。

ノーブルマーズ(B)
2戦連続2着に好走していることもあるのか、1週前追い切りの動きは良く見えた。主張して逃げそうな馬がいて、離れた2番手でのレースはできそうなメンバー構成なので、デビューから全レース手綱を取っている高倉騎手がどう乗るのかにも注目したい一頭。持ち時計1位タイのこのコースで、思い切ったレースができると面白いかもしれない。

サイモンラムセス(C)
連闘後のレースということもあってか、1週前追い切りは終い脚が上がったというよりは軽く流した感じに映った。動き自体は悪くはない印象で、今回もハナに行きそうだし、格下馬でも連勝中と勢いがあるので軽視はしないほうが良いだろう。


※なお、サトノダイヤモンドサトノクラウンダンビュライトに関してはシューナカコラムでコメントしていますのでそちらをご覧下さい。



◇今回は宝塚記念編でした。
先日、競馬学校の入試説明会に親子で参加してきました。と言っても、子供はまだ小学2年生なので試験を受けるとしてもまだ先の話。ただ、競馬学校も時代とともに方針や試験内容が少しずつ変わっていくと思っていたので、今の状況を知りたかったことと今後どのような心構えを持って騎手を目指していけば良いか整理したかったというのが今回参加した理由でもありました。
説明会では、学校説明、施設見学などがあったなかで今年入学した競馬学校1年生(4名)に直接質問できる時間があったのですが、どの子も騎手という職業に憧れ、そこを目標に夢を持ってこの学校に入ってきていることがとても伝わってきました。何より普通の大人よりしっかりしていました。この夢を持った若い子たちが今後の日本の競馬を背負って行ってくれるのかと思うと、日本の競馬の未来は明るいなぁという思いになって少し安心しました。
競馬学校での生活は若い子たちには厳しいかもしれませんが、施設を見ても騎手を目指すうえではかなり恵まれた環境だと思います。レースを見ていても年々若い騎手のレベルが確実に上がっているということが分かります(それ以上にオジサンたちが頑張り過ぎているところもありますが)。勝負の世界では、相手は世界トップレベルの外国人騎手だったり、何十年も日本のトップを走ってきている騎手だったりと、デビューしたばかりの経験のない騎手が相手になる訳がありません。ただそんなトップレベルの騎手たちと切磋琢磨することによって5年後、10年後には日本の競馬を背負う立場になって引っ張っていってくれることになるのだと思います。馬主さんもトレーナーもJRAも各地方競馬と連携して中央地方関係なく若い騎手たちにはたくさんチャンスを与えてもらいたいと思います。
今回入試説明会に参加して騎手になるために一番大事なことは何かということが分かったので、それだけでも千葉県まで時間をかけて行った甲斐があったと思っています。また、若い世代の子たちが競馬の世界に夢を持ってくれていることを肌で感じることができたので自分も何かサポートができることがあれば協力していきたいという思いになりました。今回は宝塚記念とあまり関係ない内容になってしまいましたが、宝塚記念にも力をつけてきている若い騎手が数名騎乗予定になっているのでこのチャンスを活かして思い切った騎乗をしてもらいたいと思っています。

それでは次回サマー2000シリーズ・七夕賞編(予定)でお会いしましょう。



宝塚記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。

※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2018年6月20日(水) 14:30 覆面ドクター・英
宝塚記念2018
閲覧 1,204ビュー コメント 0 ナイス 14



大阪杯というG1もできて、ますます一流馬が向かわないローテーションとなってきた印象のある宝塚記念。年々、一流馬の回避が相次ぎ、出走馬のレベル低下が指摘されているが、馬券的にはそれはそれで楽しそう。今年も人気馬達はかなり怪しい感じで大荒れもありそうなメンバー構成でもある。昔は、非根幹距離だけに、G1に届かなかったそれなりに強い馬が悲願のG1制覇というパターンがよくあり、最近ではディープインパクト牝馬の激走もたびたび見られているレースだが、今年はまた違った結末になるのでは。

それでは、恒例の全頭診断へ。

1番人気想定 サトノダイヤモンド 誰もが認める能力の持ち主だが、海外遠征を経て、しぼんでしまった。フォームが小さくなったとか、ノド鳴りも言われており、あまり無理をしないで種牡馬入りでいいようにも思うが、あまりにもこれまでより相手が弱くなる今回、勝ってしまってもおかしくはない。ただ、金鯱賞でラビット的役割だった僚馬サトノノブレスすらかわせないようでは全盛期とはあまりにも違い過ぎる。それでもこのメンバーなら人気になってしまうので、馬券作戦的にはあまり買いたくないタイプ。

2番人気想定 キセキ 菊花賞は、掛かる馬だけに不良馬場で巧く折り合い2馬身差の圧勝を見せたが、前走の日経賞で9着と惨敗したように、安定感に欠けるタイプ。距離はこのくらいの方が菊花賞より良いのだろうが、これまた人気を背負ってドンと来いというタイプではない。

3番人気想定 ダンビュライト 多頭数出しのノーザンFがもっとも勝たせたい馬ではないかと言われてもいるが、AJCCは勝ったものの一流にはちょっと足りない実力にも思えて微妙なところ。

4番人気想定 ヴィブロス 海外では強いのだが、日本ではどうもいまひとつで秋華賞以外は結果が出ていない。ディープインパクト産駒牝馬の宝塚記念での活躍をみんなが言い出したが、馬体重が増えても430kg台とそうパワフルなタイプでもないこと、府中牝馬Sでクロコスミアあたりに負けていることなどからも、真の一流馬というほどでもない実力か。

5番人気想定 パフォーマプロミス 梅雨時期で渋りやすい馬場にぴったりのステイゴールド産駒で、日経新春杯勝ちや目黒記念での3着など、厳しいペースでの2200mあたりが一番向く可能性あり。絶好調(というか、当然というべきかの)一流・藤原英厩舎の結果を急がない馬づくりだけに、6歳でもここで大きなところとっておかしくない馬。人気的にも馬券では重視したい馬。

6番人気想定 サトノクラウン 昨年の覇者で、期待されると来ない、期待されないと走るという、一見つかみどころが無さそうにもみえる馬だが、要は日本の高速馬場が向かないということなのでは。馬場が渋ればやれるかもしれないが、やや衰えもありそうで、特に強調すべき点も無い。

7番人気想定 ワーザー 香港のトップレベルの馬で、距離的にはもう少し短いほうがいいのかもしれないという馬。ただ、梅雨で少し馬場が渋ったりで時計が早くならなければ、やれておかしくないし、人気にもそうならなそうで是非買いたい馬。

8番人気想定 ミッキーロケット 神戸新聞杯で当時かなり強かったサトノダイヤモンドをひやっとさせたり、菊花賞を挟んでの年明けの日経新春杯を制したりと、先々もう少しやれるかと思わせておきながら、スタートの悪さなどもあって以降は昨年12月の中日新聞杯での1番人気2着くらいで、正直さっぱりな状況。ただ昔から「雨のキングマンボ(系)」と言われるように馬場が渋って意外な好走もありえるかも。

9番人気想定 ストロングタイタン 鳴尾記念で重賞制覇したように勢いあり、人気しないなら是非買いたいところ。

10番人気以下想定
ステファノス 昨年は大阪杯2着やオールカマー2着などでは頑張ったが、ここにきてさすがに衰えてきた感があり、藤原英厩舎と言えども、こちらはあまり買いたくない。

ゼーヴィント 昨年はAJCC2着、七夕賞1着と活躍したが、今年は日経賞目黒記念も6着といまひとつな結果。ただ距離的には2000m前後が良さそうで、巻き返しがあってもいい。

スマートレイアー 様々な条件で、追い込んだり逃げたり頑張ってきたが、さすがに8歳牝馬にここで頑張れというのは酷では。

ノーブルマーズ オープン特別2着の後に目黒記念でも2着と頑張った。ただ本来、オープン特別でステイヤーとしての活躍が向くタイプで、ここではなくこの後のローカル2600mあたりが活躍の場では。

サイモンラムセス 8歳にして逃げて連勝してオープン入りしたが、ここでどうこういうほどではない。

タツゴウゲキ 昨夏は秋山騎手の好騎乗はあったにせよ、小倉記念新潟記念を連勝したのだが、その後は脚部不安で9か月休養して、休養明け復帰戦の鳴尾記念では10着と冴えず。ひと叩きで急上昇とはいかないのでは。

アルバート 常識的に考えると明らかに距離不足で序盤ついていけない可能性が高いのだろうが、3年前の夏にはモレイラ騎乗で洋芝の札幌で2000mを2分を切る時計で走っており、序盤からやる気をうまく引き出し、スタミナを問われる厳しい流れになれば激走あるかも。


<まとめ>
人気馬も、ことごとくあてにならない感じで、どうせなら穴狙いが楽しいレースでは。

有力:ワーザー、パフォーマプロミスストロングタイタン

ヒモに:アルバートミッキーロケット

人気で微妙:サトノダイヤモンドサトノクラウンヴィブロスキセキダンビュライト

[もっと見る]

2018年6月17日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2018年06月17日号】特選重賞データ分析編(103)~2018年宝塚記念~
閲覧 2,275ビュー コメント 0 ナイス 4



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 宝塚記念 2018年06月24日(日) 阪神芝2200m内


<ピックアップデータ>

【“JRA、かつ2000~2200m、かつG1かG2のレース”における優勝経験の有無別成績(2012年以降)】
○あり [6-6-5-20](複勝率45.9%)
×なし [0-0-1-45](複勝率2.2%)

 距離適性を高いレベルで問われる一戦。“JRA、かつ2000~2200m、かつG1かG2のレース”において優勝経験がなかったにもかかわらず3着以内となったのは、2014年3着のヴィルシーナだけです。なお、そのヴィルシーナも2012年の秋華賞(3歳G1・京都芝2000m内)とエリザベス女王杯(3歳以上G1・京都芝2200m外)で2着となった経験がある馬でした。今年はこの条件をクリアしている馬がほとんどいないので注意しましょう。

主な「○」該当馬→ヴィブロスサトノクラウンダンビュライト
主な「×」該当馬→キセキステファノスパフォーマプロミス


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「馬齢が5歳以下」だった馬は2012年以降[6-4-6-40](複勝率28.6%)
主な該当馬→ヴィブロスキセキ

[もっと見る]

2018年5月25日(金) 22:15
【濃霧注意報DX】~日本ダービー(2018年)展望~
閲覧 1,445ビュー コメント 0 ナイス 8



 普段はディープな競馬ファンであることを極力隠し、”普通の競馬好き”という皮を被って生活している私ですが、先週辺りから普段は全く競馬に触れていない方々から、「そろそろダービーだっけ?」と聞かれることが増えました。
 その都度、出走馬の見解や血統など諸々を熱く語りたくなる衝動を抑えて、「はい、そうですよ(にっこり)」などと無難な返答を繰り返しているわけですが、1年を通してこんな現象が発生するのは、ダービーと有馬記念の時くらい。関係者、ファンのみならず、ごくごく一般の方にとっても特別なレースなんだなぁと実感します。


■2018春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=10147


 私ももう20年以上競馬を観てきていますが、ダービーウィークの高揚感、当日発走直前の何とも言えない緊張感、そしてレースが終わった後の余韻……これらは何度でも何度でも体感したくなってしまいます。そこに”予想的中”というメインディッシュが加われば、より忘れられない一日になるのは間違いないでしょう。
 今回もまたコラム執筆を通して納得いく最高の結論を導き出せることを祈りつつ……気合を入れて日本ダービー展望、まいります。



 ダービーを考える上で毎年難しい問題として挙がるのが、”皐月賞の結果が直結するか否か”という点。先週のオークス桜花賞組による上位独占という結果だったのは記憶に新しいところですが、皐月賞とダービーでは求められる適性がまるで違うために、両レースで全く違う結果になることもしばしば。昨年の皐月賞1~3着馬がダービーでは揃って圏外に沈み、皐月賞5,6着馬と青葉賞勝ち馬が上位に……といった、極端な逆転現象も発生しています。
 今年の皐月賞は昨年ほどの大荒れではなかったものの、1着が7番人気馬、2着が9番人気馬、3着が8番人気馬という、普通に考えれば十分に波乱と言えるレベルの決着。勝ったエポカドーロは着差的にも完勝と言える内容ではありましたが、逃げ馬3頭が道中後続を大きく離すという特殊な展開だったことも考えると、各馬の力量差がしっかりと出た結果とは言えないように感じています。昨年のような、敗れた馬による逆転、もしくは別路線の馬の台頭があるような予感がしてなりません。

 ……とは言っても、クラシックで2馬身差を付けて勝つというのはなかなかできない芸当。エポカドーロの能力の高さは認めるべきでしょう。非常に高いレースセンスを生かして理想的な立ち回りができていたというのも勝因ではあるのでしょうが、勝負所の手応え、追ってからの反応の速さ、刻んだラップも高い評価ができるもの。7番人気というのは少し過小評価されていたように思いますし、これからも中距離路線の一線級で活躍できる馬になるはず。
 ただ、ダービーの舞台でどうかという点に関しては、イメージが少々ズレるというのが正直なところ。父オルフェーヴルという血統面に加え、前半から回転の速いフットワークは小回りでこそ最大のパフォーマンスを発揮できるという印象。ここまでの連対は全て小回り・内回りコースでのものですし、短距離色の濃い母系から2400mへの距離延長も歓迎ではなさそう。東京の長い直線で末脚勝負となると分が悪いように思います。

 皐月賞2着馬サンリヴァルも懐疑的な目で見てしまう1頭。
 新潟のデビュー勝ち以降は全て中山でのレースを選択している上、余裕残しの仕上がりだった弥生賞を叩いて、皐月賞では-12kgというかなりしっかりした仕上げ。ダービーよりも皐月賞の方に照準を合わせていた感が強くあります。
 血統面は父ルーラーシップ、母母にオークス馬のウメノファイバー……一見すると東京は合いそうに映りますが、このウメノファイバーから連なる牝系の出身馬は何故か小回り巧者が多数。近親にAJCCやオールカマーを勝った中山巧者ヴェルデグリーンがいることからも、東京よりは中山寄りの適性の持ち主と見ていいのではないでしょうか。昨年ダービーで着順を落とした同父のダンビュライトと似たイメージもあり、好走するにはかなり高いハードルを越える必要がありそう。

 同3着のジェネラーレウーノもレースぶりが悪かったとは思いませんし、むしろその粘り腰は評価されるべきところ。ですが、そうした粘りで勝負するタイプであるが故に、ある程度の瞬発力も求められるダービーでは苦戦を強いられそう。
ここ数週の東京の高速馬場に対応できそうな血も持ってはいますが、本馬のレースぶりからはそうした”軽さ”はあまり感じられず……また違った条件で狙ってみたい存在と言えます。

 では、皐月賞組で巻き返しの可能性が高そうなのは……と考えた時、一番よくあるパターンなのが、”人気で凡走した”馬。昨年ワンツーだったレイデオロスワーヴリチャードも、このパターンに近い馬だったと思います。
 特に今年の皐月賞は後方からいい脚を使いつつも届かなかった馬が多く、その中にダービーでの逆転を果たす馬がいても不思議ではなさそう。
 
 その中でも真っ先に名前が挙がるのは、・・・

[もっと見る]

2018年4月27日(金) 16:00 甘粕代三
【QE2世C】恒例!レース展望デブ対談~現地競馬記者”文傑(ぶん・けつ)”氏とQE2を斬る(後編)
閲覧 674ビュー コメント 0 ナイス 2

甘粕 さて、そろそろメーン・デッシュのクイーンエリザベス2世カップの展望と行こうじゃないか。
文傑 そうだね。そろそろ腹も減ってきたことだし(笑)
甘粕 食いすぎにご注意を(爆)
文傑 余計なお世話だ!

アルアインなお経過観察必要
甘粕 日本馬から行こうか。皐月賞馬、アルアイン実は大本命に据えようと考えていたんだ。2000mの皐月賞馬、先行できる脚質は沙田にピッタリだしね。
文傑 それが昨日(26日)のアクシデント。影響はどうだい? 一体どうしたんだ?
甘粕 ディープの子だけに普段から煩いところはある。でも池江厩舎では1頭だけで調教することはないので、ああいうことはこれまでなかったんだ。でも香港には帯同馬を連れてこなかったんで、寂しがってあんなことになってしまった。最後は直線3ハロンのキャンターができたんで、必要な負荷はかけられた、と言ってたことは伝えたよね。
文傑 ああ。そのコメントを額面通りに受けとっていいんだろうか?
甘粕 そこなんだよ。必要な負荷がかけられたこととダメージは別物と考えた方がいいんじゃないか?
文傑 全く同感だ。
甘粕 今朝は馬場入りからパドックのスクーリング、ゲートと大人しくこなしてた。明日土曜日の状態も見て最終結論を出したい。

ダンビュライト、父子2代制覇の期待
文傑 もう一頭の日本馬、ダンビュライトは?
甘粕 皐月賞ではアルアインの3着。今年1月ようやくAJCC(G2)を勝って堂々の香港入り。アルアインよりも前で競馬ができるし、早めにタイムワープに並びかけていければ、アルアインとのワンツーフィニッシュもありうると期待してるんだ。現に音無秀孝調教師は4角でタイムワープに並びかける競馬をしたいと表明している。
文傑 でも、ダンビュライトに勝つまでの力があるだろうか?
甘粕 さっきワンツーフィニッシュを夢見ていたっていったけどあくまで2着を想定してのことだ。
文傑 そうだね。レーシングプログラムを見て気づいたんだけど、父親がルーラーシップじゃないか。
甘粕 いいところに気づいたね。2012年のこのレースの勝ち馬だ。G1の勲章はこのレースだけだけど、それで種牡馬入りできたんだ。
文傑 香港はほとんどがせん馬だから血統の物語とは無縁だけど、父子2代制覇の期待がかかってるんだね。
甘粕 その通り。それにこの馬は社台ファーム早来、代変わりしてノーザンファーム、この牧場の伝統的な血統なんだよ。3代母がオークスダイナカール、そして2代母がオークス母娘2代制覇ばかりか秋の天皇賞で並み居る牡馬強豪を蹴散らした女傑、エアグルーヴ。ノーザンファーム血統の結晶のような馬だ。
文傑 そこに母父がサンデーサイレンスだものね。
甘粕 ノーザンファームとしては父同様、ここを勝って種牡馬入りの資格を満たしたいだろうね。
文傑 調教師が来られなくても、その期待にはハッスルせざるを得ないか。
甘粕 そこには期待できるんじゃないか。

自分のペースならタイムワープ
甘粕 それじゃあ、日本勢を迎え撃つ地元勢見てみようじゃないか。これはお前さんのお仕事だ。まずタイムワープ。前々走の香港ゴールドカップでは遂に2000m2分の壁を破った。
文傑 今は馬場が速いからなあ。自分のペースで逃げられたのもでかいね。
甘粕 しかし、前走のチェアマンズ・トロフィーは殿負け。
文傑 不得手の1600m、おまけに競りかけられて空前のハイペース、あれでは殿負けも仕方ない。逃げ馬が逃げられない時はあんなものさ。
甘粕 今回は先手取れるかね?
文傑 8頭立ての少頭数、せりかけてくる馬もいないだろう。
甘粕 そこでダンビュライトだよ。音無調教師は4角で先頭に並びかける積極的な競馬させると言ってる。
文傑 そこまでにどれだけ足をためられるか、そこがカギだね。

香港デブの秘密兵器は…
甘粕 歯切れが悪いね。タイムワープ本命じゃないのか?
文傑 へへ。実は狙いは……。
甘粕 もったいぶるなよ、このデブ!
文傑 お前だってデブだろ!
甘粕 お前さんほどじゃないよ。何狙ってんだい?
文傑 ピンハイスター! ダービー見てないのか?
甘粕 もちろん見てるよ。沙田2000mを殿強襲で勝ったのを見たのは、あのスノーフェアリー以来だ。強かったことは認めるけど、あの神業を2度続けて演じられるだろうか。そこがひっかかる。今回はモレイラに鞍が戻るけど。
文傑 元々はモレイラのお手馬。4歳三冠のファーストレグを勝ったナッシングライクモアがいたからダービーはライアン・ムーアに手綱を委ねた。ピンハイはダービー前までモレイラが乗ってたから手の内に入っている。
甘粕 でもタイムワープが単騎、自分のペースで行けば早くはならんだろう。
文傑 そこはモレイラ、雷神そしてマジックマン。心配ご無用だ。

トニー一押しのパキスタンまた不安
甘粕 さて、香港のアルアインというか、パキスタンスターはどうかね。
文傑 アルアインは調教中に止まったんでレース中に止まったパキスタンスターとは格が違うだろう(笑)
甘粕 でも香港の知り合いに"パキスタンスターが香港に移籍してきたのか"って随分からかわれたよ。
文傑 昨年はネオリアリズムの2着。あの次のレース中に止まっちゃったわけだけど、復活にはまだ半信半疑なんだよ。
甘粕 トニー(アンソニー・クルーズ調教師)はタイムワープよりもパキスタンスターが一押しだと太鼓判を押してたんだけど。
文傑 トニーはパキスタン好きだからなあ。それに復帰まで相当力も注いできたし、その気持ちはわかる。
甘粕 同感。その気持ちに乗ろうかと思っていたところに、またまたアクシデント。
文傑 乗り代わりか?
甘粕 前走は指示通りじゃなかったと激怒した。トニーはモレイラ降ろして鞍上強化とシルベスタ・デソウサをわざわざイギリスから呼んだのに、なんでだか分からないけども来られなくなって直前に乗り代わり。オーストラリアのK.マカヴォイ。この乗り代わりをどう見る?
文傑 問題ないよ。
甘粕 そうかなあ? トニーの思いはわかるけど稀代の癖馬の乗り替わりに楽観はできないんじゃないか?
文傑 ただ、タイムワープが自分のペースで行ったら後方一気のパキスタンスターは足を余してってことは十分考えられる。
甘粕 有力馬2頭を含む3頭出しと勝負がかりのトニーもその点は痛し痒し。でも、それは嬉しい悲鳴なんじゃないか。
文傑 勝負になるのはこれまで話し合った5頭までじゃないか。そのほかイーグルウェイ、ゴールドマウント、ディノーゾは4連複、4連単のヒモまでかな。
甘粕 そうだね。しかしビューティーの冠の郭少明さん一家と並ぶ大馬主ファミリー、蕭百君さんファミリーは今回大変な快挙を成し遂げた。お父様の蕭百君さんがイーグルウェイ、ディノーゾの2頭出し、次男の蕭剣新さんがタイムワープと一家で3頭出し。一頭持ちは一人のオーナーで4頭までに限られてる香港で春の最高峰、女王盃に3頭出しなんて空前絶後。これからもないんじゃないか。一方の郭さんファミリーもチャンピオンズマイルにビューティーオンリーとジェネレーションと父子で2頭出ししてるけど、暮れには蕭さんファミリーに負けちゃいられないと今から闘志燃やしてるんじゃないだろうか。
文傑 それはありうるね(爆)メーンディッシュは終わったけど、デザートは?
甘粕 ちょっとは我慢して痩せてみたらどうだ?デザートはレースが終わってからのお楽しみだ。
文傑 シット!

前編はこちらです


==================
★今年のドバイターフを見事的中させた”日本と香港を股にかけて活躍する”海外プロ甘粕代三プロと、”競馬記者歴20年超!香港競馬界の博学多識” 文傑(ぶん・けつ)プロが、海外馬券販売レース、クイーンエリザベス2世カップの予想提供をいたします。当日の予想にご期待ください。現地ならではの直前ナマ情報にご期待ください。
==================

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダンビュライトの口コミ


口コミ一覧
閲覧 131ビュー コメント 0 ナイス 3

☆宝塚記念の結果☆
ブログ収支は、-6000Pでした。

実際の馬券は、この馬場だったらワーザーも上位くるかも?と思ったので、
昨日の買い目ワイド 15-3・7に、ワイド13-15を買い足しましたが、本命馬ゼーヴィントが14着でハズレ・・・。
途中から池添の手が動いてるのにゼーヴィントの反応鈍いな~と思ってたらズルズルと下がってしまって4コーナー手前でぼくの馬券は外れました。
なので、4コーナーからはサトノダイヤモンドの応援に徹しましたが、それも6着で、気分的に2回負けた気がした今年の宝塚記念でした。

出走馬達へのコメント
1着ミッキーロケット
内枠を活かしてコースロスなく立ち回って、好位から早めに抜け出して、最後はワーザーの追撃もしのぎきって1着!
馬ももちろん頑張りましたけど、和田がかなり上手く乗ったな~という印象でした。
超久々のGI勝利インタビューで「胸を張ってオペラオーに報告しに行きたい」と涙ぐんで言ってましたね~。
今は昔と違って頻繁に乗り替わりがあるから、この馬にはこの騎手という馬と主戦騎手の絆みたいなコンビ感は薄れてますが、和田とテイエムオペラオーの深い絆みたいなのがすごく伝わってきました。

2着ワーザー
2分11秒台の決着でも上位にきたのは驚きましたけど、レースの上がり3Fが36.3という持久力勝負になったのがよかったのかな~。
2着に負けはしたけど、最後の力強い猛追で同タイムのクビ差2着まで追いつめたところは香港の年度代表馬の意地を見ました。

3着ノーブルマーズ
2着馬には3馬身差つけられての3着でしたけど、1枠を活かして内でロスなく立ち回って最後までしぶとく粘ってたし、OP以上で勝ったことない馬がGI3着ですからね~。
これは馬も騎手もかなり頑張りました。
こういう思わぬ激走馬がいるから3連系の馬券って難しいですね~。

4着ヴィブロス
ドバイ以来で牡馬相手のGIというのを考慮すると頑張ってるけど・・・。
1着馬との着差を見ると、距離も少し長そうな気がするし、持久力勝負になりやすい阪神内回りよりは、直線長いコースの方がよさそう。
牡馬相手にはなるけど、コースや距離は天皇賞秋とか毎日王冠がベストに近いかもしれませんね。

5着ダンビュライト
なんだかんだでGIだと3~6着辺りによく来ますけど、突出した能力がないかわりに、能力のバランスがいいんで、コース・展開などに関係なくそこそこ走るんでしょうね~。
ダート使ったら、どこまでやれるのかな~?と思ったりもします。

6着サトノダイヤモンド
早めにまくっていく強気の競馬で4コーナーでは、おおおおおおおおお!!!!!と声が出そうになりました。
強かった頃ならあの競馬でも勝ててたかもですが、あの競馬で6着に負けちゃうところが復調途上ってところなのかな~。
精神的な問題なのか、ピークを過ぎて衰えてるのか、フランス遠征以降の不振の原因はわかりませんが、大好きな馬なので秋の復活Vに期待したいです。

8着キセキ
後方でじっくり構えて、直線でバテた馬を抜いていったら7着だったという、あまり評価できない感じの内容ですが、日経賞以来っていうのもあったし、直線長いコースでパンパンの良馬場の方が持ち味の鋭い末脚が活きるんで、秋の東京GIでどこまでやってくれるか見てみたいです。

9着パフォーマプロミス
GIの壁なのか、勝ち時計が速かったのか、敗因はよくわからないけど、もっとやれると思ったんですけどね~。

--------------------------------------------------------------------------------
☆ころがし馬券大会(日曜日の結果報告)☆
投資2000Pが0Pになっちゃいました。

☆超おいしい馬券大会(日曜日の結果報告)☆
投資3000Pが0Pになっちゃいました。

--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
超おいしい馬券大会
・1日1レース限定
・投資額、馬券の種類、買い目の点数ともに自由で無制限
・余裕があれば買い目に加えて合計ポイントの記載もお願いします
・1年間で回収率の1番高い人が優勝

ころがし馬券大会
・最初は1000Pスタート
・毎回全額使いきる
・馬券の種類、買い目の点数、レース数ともに自由で無制限
・1年間で1番高いポイントまでころがせた人が優勝

どの企画も、
枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までコメント欄にて受け付けております。

ルールの詳細や買い目の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。
買い目は、コメント欄に書いてくださればOKです。

参加者は誰でも大歓迎ですし、気が向いた時だけの参加も全然OKな自由すぎる環境なので、常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。

このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、いろいろな記録については、このブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。

--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
今年の宝塚記念は、
1着がワダ(騎手)で、2着がワーザー(馬)っていうややこしい結末でした。

(全然ややこしくないし、ワダとワーザーって言いたいだけやんと言われたら、返す言葉がないです)

 DEEB 2018年6月24日() 19:32
恥ずかしい馬予想2018.06.24[結果]
閲覧 103ビュー コメント 0 ナイス 3

東京11R ウッドバイン競馬場賞パラダイスステークス 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 8 スターオブペルシャ…9着
○ 5 ショウナンアンセム…1着
▲ 2 タガノブルグ…5着
△ 3 ロードクエスト…2着
× 9 トーセンデューク…10着
[結果:ハズレ×]

阪神 6R 3歳以上500万下[指定]
◎ 6 メイショウマトイ…10着
○ 9 ウェルカムゴールド…13着
▲11 スズカフューラー …6着
△13 チュウワウィザード…1着
× 1 ☆タイセイブルグ…8着
[結果:ハズレ×]

阪神 7R 3歳以上500万下[指定]
◎ 9 ジャーミネイト…5着
○ 4 アドマイヤアゼリ…1着
× 8 ☆ニッポンテイオー …6着
[結果:ハズレ×]

阪神 8R 出石特別 3歳以上500万下(混合)(特指)
◎ 5 シャドウブリランテ…4着
○ 3 モーヴサファイア…1着
× 6 ☆タガノタイト…8着
[結果:ハズレ×]

阪神10R 花のみちステークス 3歳以上1600万下(混合)(特指)
◎ 6 ジープルメリア…3着
○ 3 マテラスカイ…1着
▲14 タガノヴィッター …9着
△ 2 クリノリーソクツモ…6着
×15 ゼンノサーベイヤー …5着
☆16 ディープミタカ…4着
[結果:ハズレ×]

阪神11R 宝塚記念 GⅠ 3歳以上オープン(国際)(指定)
◎ 3 サトノダイヤモンド…6着
○15 ゼーヴィント…14着
▲ 8 ダンビュライト…5着
△ 7 パフォーマプロミス…9着
×13 ワーザー …2着
[結果:ハズレ×]

函館11R UHB杯 3歳以上1000万下(混合)[指定]
◎ 7 ロイヤルメジャー …3着
○ 1 クリーンファンキー …1着
▲ 9 キングキングキング…5着
×10 ☆アイアンクロー …10着
[結果:ハズレ×]

函館12R 津軽海峡特別 3歳以上1000万下(混合)(特指)
◎12 サウスザスナイパー …6着
○ 3 パレスハングリー …4着
×10 ☆ノースランドボーイ…13着
[結果:ハズレ×]

今日は、2018年上半期の総決算、宝塚記念ですね。
何を応援しようか迷いましたが、ゼーヴィントを応援することにしました。
昼から仁川に行って、宝塚記念だけ観てきます。

[今日の結果:8戦0勝8敗9分]
競馬の上半期の総決算らしく、全敗完敗惨敗の結果でした。
笑えます。

[もっと見る]

 モズ@ 2018年6月24日() 17:36
宝塚記念回顧
閲覧 115ビュー コメント 0 ナイス 11



12.2 - 10.9 - 11.7 - 12.3 - 12.3 -
12.0 - 11.8 - 12.1 - 12.2 - 11.7 - 12.4

先頭に立った小牧騎手が
早々とスローに落とそうとしたせいで
タツゴウゲキに競られてしまい、

慌ててペースを引き上げた事によって
序盤から想定外の展開。

後半は緩めに流れ続けて
先行勢としては楽なペースだったと思う。




1着ミッキーロケット

上がりの競馬で良さが出ない馬で
この展開への適性は感じるが、

それならば昨年は
もう少し頑張ってほしかったし、
地力面からはとても推せなかった。

昨年よりも
終盤が楽なペースで流れているので、
勝因としてはその辺りと
周りが微妙過ぎた事にはなると思う。



2着ワーザー

香港の体重測定はアテにならないので
-27は特に何とも思わなかったが、
この展開で走るのは予想外。

後半が楽な感じで流れたので、
その分大外からの運びでも
問題はあまり無かったのかなと思う。



3着ノーブルマーズ

ここへの適性は
元々持っていそうな馬だったので
好走自体に不思議は無いが、

枠順と展開、
相手のレベルに助けられた部分は
とにかく大きいか。



4着ヴィブロス

全くのノーマークで4着。

エリザベス女王杯で
加速負けしていた馬なので、
展開は合ったのかなと思う。



5着ダンビュライト

序盤が速まった事で先行できず。

流れ自体は悪くなかったが、
あの位置取りではここが限界か。



6着サトノダイヤモンド

本当にサトノダイヤモンドの主戦なの?
と疑いたくなるほどの酷い騎乗。
持続に不安がある馬で何をやってるのか。

外目で消耗する馬を
内で見ながら進めると思っていたら、
自分から積極的に消耗しにいくとは。

反応が悪いってイメージが先行しすぎて
完全に馬の良さを潰してしまってる。






結果的に
後半が緩む最初の想定は合っていたが、

序盤が速まった分
思った以上に緩く流れてしまった印象。

あまりスッキリしないレース結果なので
早く忘れて来週に切り替えたい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダンビュライトの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  花太郎18   フォロワー:164人 2017年1月7日() 18:44:04
H28年12月18日(日)

ダンビュライトの写真

ダンビュライトの厩舎情報 VIP

2018年6月24日宝塚記念 G15着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ダンビュライトの取材メモ VIP

2018年6月24日 宝塚記念 G1 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。