会員登録はこちら
アメリカジョッキーC G2   日程:2018年1月21日() 15:45 中山/芝2200m

レース結果

アメリカジョッキーC G2

2018年1月21日() 中山/芝2200m/11頭

本賞金:6,200万 2,500万 1,600万 930万 620万


レコード:2分10秒1
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 6 7

ダンビュライト

牡4 55.0 M.デムー  音無秀孝 474(-4) 2.13.3 3.9 2
2 3 3

ミッキースワロー

牡4 56.0 横山典弘  菊沢隆徳 484(+4) 2.13.6 2.1 1
3 7 9

マイネルミラノ

牡8 56.0 柴田大知  相沢郁 498(-2) 2.13.7 1/2 77.7 8
ラップタイム 12.8 - 11.2 - 12.3 - 12.5 - 12.5 - 12.0 - 12.2 - 11.8 - 11.8 - 12.1 - 12.1
前半 12.8 - 24.0 - 36.3 - 48.8 - 61.3
後半 60.0 - 47.8 - 36.0 - 24.2 - 12.1

■払戻金

単勝 7 390円 2番人気
複勝 7 140円 2番人気
3 120円 1番人気
9 680円 9番人気
枠連 3-6 450円 1番人気
馬連 3-7 460円 1番人気
ワイド 3-7 220円 1番人気
7-9 2,060円 19番人気
3-9 1,730円 16番人気
馬単 7-3 1,120円 3番人気
3連複 3-7-9 6,440円 17番人気
3連単 7-3-9 24,620円 78番人気

アメリカジョッキーCのニュース&コラム

【古馬次走報】ゴールドアクター日経賞や大阪杯など視野
 ★AJCC11着のゴールドアクター(美・中川、牡7)は近日中に短期放牧へ。日経賞(3月24日、中山、GII、芝2500メートル)、大阪杯(4月1日、阪神、GI、芝2000メートル)などを視野に入れる。5着トーセンビクトリー(栗・角居、牝6)は、中山牝馬S(3月10日、中山、GIII、芝1800メートル)へ向かう。 ★東海S2着コスモカナディアン(美・金成、牡5)は、フェブラリーS(2月18日、東京、GI、ダ1600メートル)に登録。除外なら仁川S(同24日、阪神、OP、ダ2000メートル)へ。 ★AJCC3着マイネルミラノ(美・相沢、牡8)は、近日中に北海道のビッグレッドファーム明和で休養。産経賞オールカマー(9月23日、中山、GII、芝2200メートル)が秋の目標に。 ★すばるS3着サウススターマン(栗・加用、牡7)、4着のラインシュナイダー(栗・沖、牡6)は、ともにバレンタインS(2月11日、東京、OP、ダ1400メートル)へ。また、東海S7着オールマンリバー(栗・五十嵐、牡6)も同レースを視野に入れる。 ★石清水Sを勝ちオープン入りしたニシノラッシュ(栗・宮本、牡6)は、阪急杯(2月25日、阪神、GIII、芝1400メートル)へ向かう。 ★師走S10着サンライズソア(栗・河内、牡4)は、仁川Sへ参戦予定。★ゴールドアクターの競走成績はこちら
2018年1月25日(木) 05:01

 773

【古馬次走報】ダンビュライト、大阪杯目標
 ★AJCCで重賞初制覇を飾ったダンビュライト(栗・音無、牡4)は、大阪杯(4月1日、阪神、GI、芝2000メートル)を目標にする。 ★秋華賞7着後、休養していたアエロリット(美・菊沢、牝4)は、今週末に帰厩。中山記念(2月25日、中山、GII、芝1800メートル)で復帰する。 ★東海Sを制したテイエムジンソク(栗・木原、牡6)は、予定通りフェブラリーS(2月18日、東京、GI、ダ1600メートル)に向かう。同3着のモルトベーネ(栗・松永昌、牡6)、同5着クインズサターン(栗・野中、牡5)もフェブラリーSに登録。同4着サンマルデューク(美・小島太、牡9)は、仁川S(2月24日、阪神、OP、ダ2000メートル)に向かう。 ★AJCC4着ディサイファ(美・小島太、牡9)は、中山記念を予定しているが、フェブラリーSに挑む可能性も。 ★アレキサンドライトSを快勝したフェニックスマーク(美・田島、牡4)は、放牧を挟んでマーチS(3月25日、中山、GIII、ダ1800メートル)などが視野に。 ★日経新春杯2着のロードヴァンドール(栗・昆、牡5)は、日経賞(3月24日、中山、GII、芝2500メートル)に駒を進める。 ★石清水S1着のニシノラッシュ(栗・宮本、牡6)は、阪急杯(2月25日、阪神、GIII、芝1400メートル)へ。 
2018年1月24日(水) 05:00

 1,203

【次は買い】AJCC3着マイネルミラノ
★AJCC・8番人気3着 《レース》テンからではなく、途中からハナに立つのが最近の形。そこまで無駄な脚を使わずに縦長の展開に持ち込み、久々に見せ場を作った。 《次走ポイント》「うまく行かせてもらえたとはいえ、まだ衰えていない」と柴田大騎手。ローカル重賞ではもちろん注目だが、後続の仕掛けが難しい2200メートルが間違いなくベストで、秋の産経賞オールカマー(9月23日、中山、GII)が今から待ち遠しい。(夕刊フジ)★21日中山11R「アメリカJCC」の着順&払戻金はこちら
2018年1月22日(月) 11:08

 798

【AJCC】ダンビュ、またミルコが重賞V導いた!
 第59回アメリカジョッキークラブカップ(21日、中山11R、GII、4歳上オープン国際、別定、芝・外2200メートル、1着本賞金6200万円 =出走11頭)ミルコ・デムーロ騎乗の2番人気ダンビュライトが、2番手から抜け出して重賞初制覇を飾った。タイム2分13秒3(良)。このあとは放牧に出され、大阪杯(4月1日、阪神、GI、芝2000メートル)に向かう。2着は1番人気のミッキースワロー、3着は逃げたマイネルミラノ。ゴールドアクターは最下位の11着に敗れた。 人馬ともに勢いは止まらない。準オープンの前走を快勝したダンビュライトが、連勝で初タイトルを奪取。日経新春杯に続く2週連続重賞制覇のM・デムーロ騎手も笑みがはじけた。 「調教に乗って、すごくいい状態だと思っていた。2番手で、展開もすごく良かった。前に行くとフワッとするけど、同じペースだったので早めに動き、直線も本当にいい脚を使ってくれた」 ダッシュ良く好位に付け、前半4ハロン過ぎに逃げたマイネルミラノに接近する。ペースは上がったが、無理には追いかけない。1000メートル通過1分1秒3のミドルペースの中、前と4馬身差。後続とは、その倍以上の差をつける絶好の展開。4コーナーで差を詰め、直線残り200メートルで競り落とす。最後は手綱を抑えて2馬身差の完勝だ。 “仕事人”の腕がさえ渡った。日経新春杯のパフォーマプロミスと同じく、初騎乗での好リードで「すごくいい勝ち方。能力はとても高い。ぼくも頑張ります」と相棒をたたえ、自身を鼓舞する。 「最初にハナに行きかけてアレ?と思ったけど、緩いペースをうまく追いかけた。うれしい」 待望の初タイトルに導いた鞍上を、音無調教師も称賛。昨年は皐月賞3着など、3冠ロードで上位争いを繰り広げながら重賞に手が届かなかっただけに、喜びもひとしおだ。「今回はさらにいい状態だったからね」と地力強化を感じとる。 今後は放牧に出て、大阪杯を目標にする。「もっと上で戦うには成長が欲しい。精神的にまだ幼いし、馬体重ももう少し増えた方がいい」とトレーナーが心身のパワーアップを望むのも期待の大きさの表れ。2012年にAJCCを制し、同年春に香港のクイーンエリザベス2世CでGI初制覇を飾った父ルーラーシップのように、ダンビュライトも大きく羽ばたこうとしている。 (千葉智春)★21日中山11R「アメリカJCC」の着順&払戻金はこちらダンビュライト 父ルーラーシップ、母タンザナイト、母の父サンデーサイレンス。黒鹿毛の牡4歳。栗東・音無秀孝厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)サンデーレーシング。戦績11戦3勝。獲得賞金1億7347万3000円。重賞初勝利。AJCCは音無秀孝調教師、ミルコ・デムーロ騎手ともに初勝利。馬名は「無色透明、淡いピンク、黄色、紫などの色彩をもつパワーストーン」。
2018年1月22日(月) 05:06

 1,050

アメリカジョッキーCのニュースをもっと見る >

【AJCC】菊沢師「ここが試金石」スワロー上昇度に自信
 伝統の古馬重賞「第59回AJCC」は長らく4歳のVがない。ただ、今年は生きのいい4歳がズラリ。なかでも同舞台のセントライト記念を圧勝したミッキースワローはまさに成長急で、菊沢隆徳調教師(47)も心身ともにパワーアップを感じ取っている。 --最終追いはWコースで馬なりのまま5F68秒1、ラスト1F12秒9 菊沢隆徳調教師「他厩舎の2頭が見えるところにいたので、ちょうどよかった。先週に併せているのでもう十分。躍動感があるいい動きだった」 --精神的にもリフレッシュされた印象がある 「馬場入りもスムーズだったし、“それ行け”と行かせても落ち着いている。精神状態がいい」 --菊花賞時の調整過程と比べて 「菊に向かうまでは大変だった。セントライト記念の反動をケアしながらの調整。精神的にもしんどかった。それでもあの内容。今はそれもリフレッシュできた」 --その要因は 「長くウチの厩舎に居座ることで慣れてきたんでしょ。以前は苦しいときは尻尾を振ったり分かりやすかった。今はそれがない。新馬の前に3、4人落とされていることを思うとね(笑)」 --肉体面は 「トモのバランスが取れてきた。体に幅が出て中身も詰まってきたように感じる」 --初の古馬相手の舞台は中山2200メートルをチョイス 「セントライト記念の内容を思えばここかな、と。いい物差しになりそうだし、ここは試金石になる」(夕刊フジ)★アメリカJCCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年1月18日(木) 11:28

 1,648

【AJCC】厩舎の話
 ゴールドアクター・中川調教師「ズブくなって動かないが、仕上がりは上々。中山はいい」 シホウ・笹田調教師「前走は折り合いはついたが、距離が長かった。この距離で変われば」 ショウナンバッハ・平田助手「先週、今週と動きは文句ない。この舞台なら一発があっても」 ダンビュライト・音無調教師「調教では、いい走り。どんなレースになっても対応できる」 ディサイファ・小島太調教師「動きは良かった。力は出せる」 トミケンスラーヴァ・竹内調教師「調教は動かないので遅れは問題ない。自分の競馬で」 トーセンビクトリー・辻野助手「小回り巧者だし、2200メートルでこのメンバーなら」 マイネルディーン・鹿戸調教師「2走前に好勝負したように脚はある。ただ相手は強い」 マイネルミラノ・相沢調教師「中1週なのでこんなもの。舞台はいいし、自分の形なら」 レジェンドセラー・木村調教師「時計は出そうとして出した。デキは安定している」(夕刊フジ)★アメリカJCCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年1月18日(木) 11:27

 1,758

【AJCC】大人になったスワロー、躍動感抜群!
 アメリカジョッキークラブカップの追い切りが17日、東西トレセンで行われた。セントライト記念を勝ち菊花賞6着以来となるミッキースワローは、馬なりで軽快な動きを披露。3カ月ぶりを感じさせないフットワークで、調教評価は『S』。天皇賞・春(4月29日、京都、GI、芝3200メートル)に向けても重要な一戦となる。 落ち着いた雰囲気と抜群の推進力。明け4歳になったミッキースワローが、ひと皮むけた大人の走りを披露した。 菊花賞6着以来、約3カ月ぶりの実戦だけに、仕上がり具合に注目が集まった。Wコースに菊沢調教師が騎乗して登場。すんなりと馬場入りし、他厩舎の併せ馬を前に見ながらスタートする。もともとビシビシと調教時計を出さない厩舎だけに、直線は馬なり。スムーズな加速を見せ、5ハロン67秒8、3ハロン38秒6-12秒9でフィニッシュした。 「どう見えた?」と記者に逆質問する調教師だが、それはもちろん、状態に自信を持っている証拠。「たまたま前に2頭いたので見えるところで追ったけど、躍動感があるし、いい動き。昨秋までよりトモ(後肢)のバランスが取れてきた」と、成長した姿に笑みを浮かべた。 体質が弱くデビューしたのが3歳2月。ダービーなど望むべくもなかったので、クラシック登録はしていなかった。それがあれよあれよという間にセントライト記念をV。追加登録料を払って菊花賞に出走したが、不良馬場もあり6着に敗れた。 「セントライト記念の反動が大きくて、菊花賞はレースに向かうまでが大変だった。苦しいところがあると馬場入りを嫌がったりする馬だけど、今回はすんなり。こちらも『それいけっ!』という感じで乗ったよ。リフレッシュしていますね」 不安を抱えつつだった昨年までと、トレーナーの表情も明らかに違う。順調な仕上がりぶりがうかがえた。 「(セントライト記念で)勝っている舞台なのでここから始動。古馬に胸を借りるつもりです」と菊沢師。勝てば、天皇賞・春という大きなタイトルが現実味を帯びてくる。1年前はデビューすらしていなかったミッキースワロー。ツバメ飛ぶ春に向けて、同世代も古馬も、まとめて打ち破る。 (柴田章利)★アメリカJCCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年1月18日(木) 05:09

 1,737

【AJCC】ゴールドアクター、一番時計79秒5
 昨年の宝塚記念2着以来のゴールドアクターが、Wコースで猛時計。約7カ月ぶりの実戦となるが、中川調教師は仕上がりに納得の表情だ。 「テンから速くなったけど、最後までしっかりやれた。コンディションはいいと思う」 吉田隼騎手(レースは武豊騎手)が騎乗し、6ハロンからリヴェルディ(1000万下)を6馬身ほど追走。直線で内に併せると、一杯に追われて併入した。先行した相手に手応えは見劣ったが、重心の低いフォームは健在で6ハロン79秒5はこの日の一番時計だった。 昨秋は状態が上がらず休養に充てたが、態勢を整えてきたなら、唯一のGI馬の地力がものをいう。休み明けは6戦5勝で、芝2200メートルも一昨年の産経賞オールカマー勝ちを含め4戦2勝2着2回。何より注目が、武豊騎手との初コンビだ。 「何回か一緒のレースで走っているし、分かってくれているのでは」と中川調教師がいえば、名手も「あれだけ実績のある馬。中山コースでも結果を出しているし、いいんじゃないかな」と楽しみにする。この後は大阪杯(4月1日、阪神、GI、芝2000メートル)、宝塚記念(6月24日、同、芝2200メートル)が視界にある。復権に向けて、まずは始動戦で好発進を決めたい。 (千葉智春)★アメリカJCCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年1月18日(木) 05:08

 2,280

アメリカジョッキーCの直前追い切り情報をもっと見る >

アメリカジョッキーCの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

1月21日 15:44更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv116 
1,730円 51,900円
Lv114 
390円 390円
Lv113 
460円 2,300円
Lv110 
6,440円 32,200円
Lv109 
460円 460円

的中情報をもっと見る >

アメリカジョッキーC過去10年の結果

2017年1月22日() 中山競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
1着 タンタアレグリア 蛯名正義 2:11.9 14.7倍 104.4
2着 ゼーヴィント 戸崎圭太 1/2 2.8倍 103.8
3着 ミライヘノツバサ 内田博幸 1 1/4 7.1倍 102.8
2016年1月24日() 中山競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
1着 ディサイファ 武豊 2:12.0 5.0倍 100.1
2着 スーパームーン C.ルメール 1 1/4 6.5倍 99.0
3着 ショウナンバッハ 戸崎圭太 クビ 9.6倍 99.0
2015年1月25日() 中山競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
1着 クリールカイザー 田辺裕信 2:13.6 13.8倍 103.0
2着 ミトラ 柴山雄一 1 1/4 35.6倍 101.9
3着 エアソミュール C.デムーロ 1/2 8.1倍 101.4

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

アメリカジョッキーCのデータ分析とレース傾向

コース図中山芝2200m

年明け最初の芝中距離G2戦とあって前走G1出走馬が2010年以降で5勝しているが、その5頭の前走人気はすべて6番人気以下。2015年には有馬記念に引き続き1番人気に支持されたゴールドシップが7着に敗れているように、G1に照準を合わせていた実績馬よりも、結果はともかく力試しにG1に出走していたタイプが活躍する傾向にある。前走非G1組では、以前は好ローテであった中山金杯組が近年苦戦気味。一方で中5週以上、特にローカル重賞を使われていた馬の好走が目立つ。舞台となる中山芝2200mは4コーナーにゲートが置かれ、直線の急坂を2度上り、なおかつトリッキーな外回りコース。ゆえにコース経験・実績などにも注意しておきたい。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

アメリカジョッキーCの歴史と概要


2016年の優勝馬ディサイファ

過去の勝ち馬の欄には、スピードシンボリ、タケホープ、グリーングラス、ホウヨウボーイ、アンバーシャダイミホシンザンなど、往年の名馬の名前がズラリと並ぶ格式高い一戦。第39回(1998年)はこのレースを含め4連勝で天皇賞馬へと上り詰めるメジロブライトが快勝。続く第40回(1999年)は、前年のダービー馬スペシャルウィークの参戦がおおいに話題を集めた(1番人気で堂々1着)。近年はビッグネームの参戦が減った感もあるが、無類の中山巧者ぶりを発揮して勝った第48回(2007年)のマツリダゴッホ、圧巻のまくりで勝利を収めた第53回(2012年)のルーラーシップなど、個性派たちが存在感を示している。

歴史と概要をもっと見る >

アメリカジョッキーCの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年8月19日(
札幌記念 G2
TV西日本北九州記念 G3

競馬番組表

2018年8月18日(
2回札幌1日目
2回新潟7日目
2回小倉7日目
2018年8月19日(
2回札幌2日目
2回新潟8日目
2回小倉8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る