会員登録はこちら
アメリカジョッキーC G2   日程:2019年1月20日() 15:45 中山/芝2200m

レース結果

アメリカジョッキーC G2

2019年1月20日() 中山/芝2200m/11頭

本賞金:6,200万 2,500万 1,600万 930万 620万


レコード:2分10秒1
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 7 8

シャケトラ

牡6 56.0 石橋脩  角居勝彦 522(+2) 2.13.7 38.5 7
2 4 4

フィエールマン

牡4 57.0 C.ルメー  手塚貴久 480(0) 2.13.7 アタマ 1.7 1
3 8 10

メートルダール

牡6 56.0 O.マーフ  戸田博文 488(+2) 2.13.8 3/4 25.9 5
ラップタイム 12.5 - 11.5 - 12.7 - 12.6 - 12.9 - 12.8 - 12.4 - 11.7 - 11.8 - 10.9 - 11.9
前半 12.5 - 24.0 - 36.7 - 49.3 - 62.2
後半 58.7 - 46.3 - 34.6 - 22.8 - 11.9

■払戻金

単勝 8 3,850円 7番人気
複勝 8 550円 8番人気
4 110円 1番人気
10 340円 5番人気
枠連 4-7 1,670円 7番人気
馬連 4-8 2,820円 9番人気
ワイド 4-8 1,060円 12番人気
8-10 5,570円 32番人気
4-10 690円 6番人気
馬単 8-4 11,590円 27番人気
3連複 4-8-10 11,560円 31番人気
3連単 8-4-10 123,550円 217番人気

アメリカジョッキーCのニュース&コラム

【次は買い】AJCC5着・サクラアンプルール
★AJCC・4番人気5着 《レース》中団の後ろで脚をためたが、前半の5F通過が62秒2と遅め。勝負どころから馬群の外を回り伸びてきたが、最後は脚いろが同じになって掲示板止まり。流れが合わず、持ち味を生かし切れなかった。 《次走ポイント》有馬記念から中3週と本馬にしては短いローテでも、「以前に乗ったときよりも(状態は)良かった。内に入りたかったけど、なかなか入れなかった。最後はこの馬なりに伸びたが…」と、蛯名騎手は大外枠を敗因にあげた。ただ、8歳でも体力の衰えはなく、得意の中山ならまだまだ好走は可能。日経賞(3月23日、中山、GII、芝2500メートル)あたりで好枠にはまれば面白い。 (東京サンスポ・片岡)★20日中山11R「AJCC」の着順&払戻金はこちら
2019年1月21日(月) 11:04

 738

【AJCC】シャケトラV!フィエールマン撃破
 第60回アメリカジョッキークラブカップ(20日、中山11R、GII、4歳上オープン国際、別定、芝・外2200メートル、1着本賞金6200万円=出走11頭)一昨年の有馬記念以来、1年1カ月ぶりの出走となったシャケトラが早め先頭から押し切って重賞2勝目を挙げた。管理する角居勝彦調教師(54)=栗東=は昨年7月の道交法違反で6カ月の調教停止が7日に明けた後の初勝利となった。タイム2分13秒7(良)。1番人気のフィエールマンは追い込み届かず2着に敗れた。 これが世界を制した厩舎力だ。左第3中手骨の骨折により、一昨年の有馬記念以来1年1カ月ぶりだったシャケトラが快勝。引き揚げてきた愛馬を見届けると、角居調教師は穏やかにほほえんだ。 「休み明けなので直線は息切れするんじゃ…と思っていました。馬を大事にしてくれるオーナー(金子真人氏)なのでじっくり調整。ビッシリ仕上げていましたからね」 中団5番手を追走。3コーナーで進出すると、4コーナーで先団を射程にとらえる。直線入り口で早々と先頭に立つと、フィエールマンの追撃をしぶとくしのぎきった。 一昨年の日経賞に次ぐ重賞2勝目は、厩舎の今年初勝利。角居師にとっては、昨夏の道路交通法違反(酒気帯び運転)による6カ月の調教停止処分が6日に満了し、復帰後の初Vとなった。「今年の初勝利が重賞。びっくりしています」。これで現役最長の16年連続重賞勝利となった。喜びを感じつつ、表彰台に立つのは「まだまずいですから」と自粛して上村洋行技術調教師に任せ、反省の色を見せた。 「1年ぶりでも先生(角居師)からは“できているよ”と聞いていたので、勝つイメージを持って競馬をしました。素晴らしい動きで、直線で手前を替えてからも素晴らしい伸び脚でした」 石橋騎手にとっても待望のVだ。昨秋10月8日の東京で落馬し、右足関節を脱臼骨折。今月5日に復帰してから初の重賞制覇を、金曜夜にインフルエンザで乗れなくなった戸崎騎手の代打で決めた。2着フィエールマンにはデビュー3戦で騎乗しており「相手も強い馬と知っていたけれど、よく頑張ってくれました」と相棒をたたえた。 今後は未定だが、順調なら大阪杯や天皇賞・春などGI戦線が視野に入るだろう。「まだまだ良くなると思います」と角居調教師がいえば、「1年ぶりでこの競馬。能力があります」と石橋騎手も地力を評価する。ウオッカ(ダービーなどGI7勝)、ヴィクトワールピサ(ドバイワールドCなどGI3勝)など世界への挑戦にも貪欲な厩舎の仕上げで、復活を果たしたシャケトラ。その視界に再び、頂点への道が映り始めた。 (千葉智春)★20日中山11R「AJCC」の着順&払戻金はこちら
2019年1月21日(月) 05:08

 1,371

【AJCC】ジェネラーレウーノ、展開向かず4着
 第60回アメリカジョッキークラブカップ(20日、中山11R、GII、4歳上オープン国際、別定、芝・外2200メートル、1着本賞金6200万円=出走11頭)2番人気ジェネラーレウーノは4着。2番手で折り合いよく進んだが、4コーナー手前で勝ったシャケトラに外から早めに来られる厳しい展開。直線もしぶとく食い下がったが、結果的に不得手な形になってしまった。「いい感じで運べたが、決め手勝負になってしまうとつらい。馬は頑張ってくれたけど、今はノーマークでは行かせてもらえないから…」と田辺騎手は不向きな展開に敗因を求めた。★20日中山11R「AJCC」の着順&払戻金はこちら
2019年1月21日(月) 05:07

 685

【AJCC】フィエールマン、猛追も届かず2着
 第60回アメリカジョッキークラブカップ(20日、中山11R、GII、4歳上オープン国際、別定、芝・外2200メートル、1着本賞金6200万円=出走11頭)菊花賞馬フィエールマンが2着に敗れた。 道中は中団の6番手でピタリと折り合ったが、4コーナーでルメール騎手のゴーサインにやや反応が鈍く、ゴール前は地力で伸びたものの勝ち馬にアタマ差及ばなかった。 引き揚げてきたルメール騎手は「しようがない。勝った馬の後ろで完璧なレースができたし、直線もリラックスしてよく伸びたけど。休み明けだし、3000メートルのあとでちょっと距離も短かった」と淡々と振り返った。手塚調教師は「届くと思ったけど残念。きょうは4コーナーの手応えが勝った馬ほどではなかった。今後については改めて考えたい。ドバイ(シーマC)に選出されるかどうかは微妙だし…」と無念の表情で競馬場を後にした。★20日中山11R「AJCC」の着順&払戻金はこちら
2019年1月21日(月) 05:07

 532

アメリカジョッキーCのニュースをもっと見る >

【根岸S】サンライズノヴァ一変期待!ダンビュライトと併入
 《栗東》 昨年の2着馬サンライズノヴァ(音無、牡5)は、坂路でAJCC出走のダンビュライトと併せ馬。一杯に追われ、余力残しの相手と併入。4ハロン52秒6-12秒4を計時した。「1週前だから、しっかりやった。前走のチャンピオンズC(6着)は中京ダート(の砂質)が合っていなかった感じ。今度は実績ある東京ダートだし、久々でも走れるタイプだからね」と、音無調教師はGIII・武蔵野S勝ちなど好成績を残す東京で一変の期待をかける。 今週の東海Sを自重して根岸Sに回るクインズサターン(野中、牡6)は、東海S出走のカゼノコとCWコースでの併せ馬で半馬身遅れ。それでも馬なりで5ハロン71秒2-12秒3をマークしており、問題はない。「デキはいい意味で安定しているよ。東海Sの中京1800メートルより、根岸Sの東京1400メートルの方がこの馬には合っている」と野中調教師。2走前の武蔵野Sではサンライズノヴァの2着に激走、過去5勝のうち4勝を挙げるコース相性を重視しての選択が、吉と出るか。
2019年1月17日(木) 12:09

 1,760

【AJCC】ショウナンバッハ馬なりで伸び上々
 ショウナンバッハは以前は美浦坂路で追われていたが、最近はWコースで本追い切りがパターン。4Fからスッとペースを上げ、馬なりのまま上々の伸びを見せた。 「中日新聞杯(2着)は外を回す競馬でいい伸びを見せた。年齢的な衰えはなく、Wコースで追うようになってから成績も安定」と、上原調教師は手応え十分だ。(夕刊フジ)★AJCCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年1月17日(木) 11:30

 1,132

【AJCC】メートルダール貫禄の2馬身先着
 美浦Wコースでレッドアーサーを2馬身追走。インから貫禄の伸びを見せ、2馬身先着した。 斉藤助手「前走は仕掛けのタイミングが合わなかった感じ。ダメージもなく調整は順調」(夕刊フジ)★AJCCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年1月17日(木) 11:25

 1,251

【AJCC】厩舎の話
 アクションスター・和田勇調教師「けいこの動きはまずまずだけど、年齢的に上積みはどうか」 ジェネラーレウーノ・矢野調教師「楽な形で走れていた。今年もいいスタートを切りたい」 シャケトラ・辻野助手「息はできたが、芯が緩い。使ってからかも」 ステイインシアトル・池江調教師「ある程度仕上がっているので上がり重点。鉄砲も利く」 ダンビュライト・音無調教師「動きはいい。当日のテンションがカギ。昨年のような競馬を」 マイネルミラノ・相沢調教師「最近は前に行けなくなっているから…」 ミライヘノツバサ・伊藤大調教師「517キロあるのでレースでは510キロ前後。筋肉も戻った」(夕刊フジ)★AJCCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年1月17日(木) 11:24

 1,654

アメリカジョッキーCの直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


アメリカジョッキーCの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

1月20日 15:43更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv118 

123,550円
2,820円
151,750円
Lv116 
1,060円 4,240円
Lv116 
11,560円 34,680円
Lv113 
123,550円 247,100円
Lv113 
2,820円 28,200円

的中情報をもっと見る >

アメリカジョッキーC過去10年の結果

2018年1月21日() 中山競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
2017年1月22日() 中山競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
1着 タンタアレグリア 蛯名正義 2:11.9 14.7倍 104.4
2着 ゼーヴィント 戸崎圭太 1/2 2.8倍 103.8
3着 ミライヘノツバサ 内田博幸 1 1/4 7.1倍 102.8
2016年1月24日() 中山競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
1着 ディサイファ 武豊 2:12.0 5.0倍 100.1
2着 スーパームーン C.ルメール 1 1/4 6.5倍 99.0
3着 ショウナンバッハ 戸崎圭太 クビ 9.6倍 99.0

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

アメリカジョッキーCのデータ分析とレース傾向

コース図中山芝2200m

年明け最初の芝中距離G2戦とあって前走G1出走馬が2010年以降で5勝しているが、その5頭の前走人気はすべて6番人気以下。2015年には有馬記念に引き続き1番人気に支持されたゴールドシップが7着に敗れているように、G1に照準を合わせていた実績馬よりも、結果はともかく力試しにG1に出走していたタイプが活躍する傾向にある。前走非G1組では、以前は好ローテであった中山金杯組が近年苦戦気味。一方で中5週以上、特にローカル重賞を使われていた馬の好走が目立つ。舞台となる中山芝2200mは4コーナーにゲートが置かれ、直線の急坂を2度上り、なおかつトリッキーな外回りコース。ゆえにコース経験・実績などにも注意しておきたい。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

アメリカジョッキーCの歴史と概要


2016年の優勝馬ディサイファ

過去の勝ち馬の欄には、スピードシンボリ、タケホープ、グリーングラス、ホウヨウボーイ、アンバーシャダイミホシンザンなど、往年の名馬の名前がズラリと並ぶ格式高い一戦。第39回(1998年)はこのレースを含め4連勝で天皇賞馬へと上り詰めるメジロブライトが快勝。続く第40回(1999年)は、前年のダービー馬スペシャルウィークの参戦がおおいに話題を集めた(1番人気で堂々1着)。近年はビッグネームの参戦が減った感もあるが、無類の中山巧者ぶりを発揮して勝った第48回(2007年)のマツリダゴッホ、圧巻のまくりで勝利を収めた第53回(2012年)のルーラーシップなど、個性派たちが存在感を示している。

歴史と概要をもっと見る >

アメリカジョッキーCの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年5月26日(
目黒記念  G2
東京優駿  G1

競馬番組表

2019年5月25日(
2回東京11日目
3回京都11日目
2019年5月26日(
2回東京12日目
3回京都12日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
85,655万円
3 アーモンドアイ 牝4
72,022万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
54,977万円
6 マカヒキ 牡6
51,710万円
7 アルアイン 牡5
48,870万円
8 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
9 キセキ 牡5
46,841万円
10 レッツゴードンキ 牝7
44,174万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 サートゥルナーリア 牡3
22,716万円
3 グランアレグリア 牝3
19,878万円
4 ダノンファンタジー 牝3
18,337万円
5 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
6 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
7 ファンタジスト 牡3
11,012万円
8 ヴェロックス 牡3
10,942万円
9 ニシノデイジー 牡3
9,910万円
10 ケイデンスコール 牡3
8,801万円
» もっと見る