会員登録はこちら
アメリカジョッキーC G2   日程:2020年1月26日() 15:45 中山/芝2200m

レース結果

アメリカジョッキーC G2

2020年1月26日() 中山/芝2200m/12頭

本賞金:6,200万 2,500万 1,600万 930万 620万


レコード:2分10秒1
天候:
馬場:稍重



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 8 11

ブラストワンピース

牡5 57.0 川田将雅  大竹正博 546(--) 2.15.0 3.0 1
2 7 10

ステイフーリッシュ

牡5 56.0 C.ルメー  矢作芳人 458(-2) 2.15.2 1 1/4 8.0 5
3 2 2

ラストドラフト

牡4 55.0 O.マーフ  戸田博文 464(+6) 2.15.5 1 3/4 6.8 4
ラップタイム 12.8 - 12.0 - 12.9 - 12.3 - 12.4 - 12.0 - 12.0 - 11.9 - 12.1 - 12.1 - 12.5
前半 12.8 - 24.8 - 37.7 - 50.0 - 62.4
後半 60.6 - 48.6 - 36.7 - 24.6 - 12.5

■払戻金

単勝 11 300円 1番人気
複勝 11 150円 2番人気
10 220円 4番人気
2 210円 3番人気
枠連 7-8 650円 2番人気
馬連 10-11 1,200円 5番人気
ワイド 10-11 520円 6番人気
2-11 580円 8番人気
2-10 810円 12番人気
馬単 11-10 1,980円 4番人気
3連複 2-10-11 2,540円 8番人気
3連単 11-10-2 10,540円 22番人気

アメリカジョッキーCの馬場予想


1回中山開催ならびに土曜日の中山芝のレース結果、近年のAJCCの結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。


水曜日から木曜日にかけて降った雨の影響で、土曜日の芝コースは良馬場(JRA発表)ながらも、含水高めの力を要するコンディションでスタート。馬場の重さがこたえたのか、内めで競馬を進めた馬だけでなく、外々を回る格好になった後方勢も伸びを欠くシーンが続出。好位~中団で立ち回る馬に有利な状況と化した。

だが、馬場が乾くにつれて、先行勢の好走例が増加。10Rの東雲賞では4角先頭の11番人気馬が3着に粘り込んで好配当を演出し、最終レースは4角5番手以内の馬で掲示板を独占している。それゆえ、外差しがバンバン決まっていた先週とはまったく異なる馬場状態と捉えたほうがいいかもしれない。

日曜日の午後は曇天予報。とはいえ、未明から降り続く雨の影響で、さらにタフなコンディションになることは疑いようがない。当然ながら内の禿げた洋芝の下にある野芝部分や路盤にも悪影響を及ぼし、内と中~外の状態差が拡大する可能性もある。

となれば、走りやすい部分を先んじてキープできる、中団より前のポジションで運ぶ馬の優位性が増してくるはず。枠順については、真ん中より外の5~8枠あたりが幅を利かせやすい馬場に推移していくのではないか。

血統面については、1回中山開催の芝2200mの結果を検証すると、父方ではステイゴールドディープインパクトの系統産駒をはじめとするサンデーサイレンス系が好調。キングマンボ系を筆頭格にミスプロ系種牡馬を父あるいは母父に持つ馬も堅実に走っている。

また、近5年のAJCCの好走馬をみると、父サンデーサイレンス系が優勢。ほか、ロベルト系やニジンスキー系、サドラーズウェルズ系といった持久力型の種牡馬を父あるいは母父に持つ馬の奮闘も目立つ。いずれにせよ、瞬発力よりも持続力に優れたタイプの好走が多いので、そのあたりには注意を払いたい。

直近の中山開催と近年の当レースの傾向を合わせて考えると、シンプルにステイゴールドおよびディープインパクトの系統産駒が優位といえそう。そのなかでも、非根幹距離重賞で好走経験のある馬を重視したい。

今回の出走馬で、血統面および先述した馬場傾向(5~8枠)の要点を満たしているのは、⑤スティッフェリオ、⑩ステイフーリッシュ。当欄では、この2頭を注目株として推奨する。



ウマニティ重賞攻略チーム

プロ予想家のアメリカジョッキーC予想動画

13開催連続プラス収支を達成した予想神『スガダイ』の重賞展望をお届け!
完全収支公開のガチンコ勝負を勝ち抜いた本気予想は必見です!

アメリカジョッキーC-厩舎の話


 ◆ウラヌスチャーム斎藤誠師 「思ったより時計が速くなったが、馬が行く気になっている。中山は得意なコース」

 ◆クロスケ・水野師 「この馬なりの動き。状態は変わりない。速い脚に欠けるので、雨が降って馬場が渋れば」

 ◆グローブシアター・小滝助手 「追い出してから反応していて、この馬なりに調子は良さそう。体つきが良くなっていてフレッシュな状態」

 ◆サトノクロニクル・池江師 「動きはさすがですね。脚元は安定していて攻めも動いている。体は少しボテッとしていて息がもつかどうか」

 ◆スティッフェリオ・音無師 「攻め馬はそんなに動く方じゃないのでこんなもの。重賞を勝っている舞台。乗り方はジョッキーに任せる」

 ◆ステイフーリッシュ・矢作師 「坂路の併せ馬でしっかり追った。切れでは少し劣るので早め早めの仕掛けが理想」

 ◆ニシノデイジー・高木師 「いい感じの動き。昨秋より精神的にも大人になった。まだ競馬が上手ではないので、ペースが流れてほしい」

 ◆ブラストワンピース・大竹師 「年明けに帰厩し、いつも通りWコース追いを3本消化。雨が降っても(稍重の)有馬記念で走っているから」

 ◆マイネルフロスト・高木師 「使って良くなるタイプ。今回は調整も順調」

 ◆ミッキースワロー・菊沢師 「しまいの反応を確かめた程度だが、いい雰囲気。体の張りもよく、走り慣れた舞台だからね」

 ◆ラストドラフト・斎藤助手 「動きは素軽く、思い通りの調教ができています。具合がよく、折り合いもつくので距離が延びても大丈夫」

 ◆ルミナスウォリアー・柴山騎手 「苦しくなってモタれることなく、最後はしぶとく食らいついた。9歳でも衰えは感じない」



AJCCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

アメリカジョッキーCのニュース&コラム

プロ予想家の的中情報


アメリカジョッキーCの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

1月26日 15:48更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv121 
1,200円 24,000円
Lv115 
10,540円 10,540円
Lv114 
300円 30,000円
Lv112 
1,200円 12,000円
Lv108 
2,540円 25,400円

的中情報をもっと見る >

アメリカジョッキーC過去10年の結果

2019年1月20日() 中山競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
2018年1月21日() 中山競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
2017年1月22日() 中山競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
1着 タンタアレグリア 蛯名正義 2:11.9 14.7倍 104.3
2着 ゼーヴィント 戸崎圭太 1/2 2.8倍 103.8
3着 ミライヘノツバサ 内田博幸 1 1/4 7.1倍 102.7

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

アメリカジョッキーCのデータ分析とレース傾向

コース図中山芝2200m

年明け最初の芝中距離G2戦とあって前走G1出走馬が2010年以降で6勝しているが、その5頭の前走人気はすべて6番人気以下。2015年には有馬記念に引き続き1番人気に支持されたゴールドシップが7着に敗れているように、G1に照準を合わせていた実績馬よりも、結果はともかく力試しにG1に出走していたタイプが活躍する傾向にある。前走非G1組では、以前は好ローテであった中山金杯組が近年苦戦気味。一方で中5週以上、特にローカル重賞を使われていた馬の好走が目立つ。舞台となる中山芝2200mは4コーナーにゲートが置かれ、直線の急坂を2度上り、なおかつトリッキーな外回りコース。ゆえにコース経験・実績などにも注意しておきたい。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

アメリカジョッキーCの歴史と概要


2016年の優勝馬ディサイファ

過去の勝ち馬の欄には、スピードシンボリ、タケホープ、グリーングラス、ホウヨウボーイ、アンバーシャダイミホシンザンなど、往年の名馬の名前がズラリと並ぶ格式高い一戦。第39回(1998年)はこのレースを含め4連勝で天皇賞馬へと上り詰めるメジロブライトが快勝。続く第40回(1999年)は、前年のダービー馬スペシャルウィークの参戦がおおいに話題を集めた(1番人気で堂々1着)。近年はビッグネームの参戦が減った感もあるが、無類の中山巧者ぶりを発揮して勝った第48回(2007年)のマツリダゴッホ、圧巻のまくりで勝利を収めた第53回(2012年)のルーラーシップなど、個性派たちが存在感を示している。

歴史と概要をもっと見る >

アメリカジョッキーCの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2020年3月1日(
中山記念  G2
阪急杯  G3

競馬番組表

2020年2月29日(
2回中山1日目
1回中京1日目
1回阪神1日目
2020年3月1日(
2回中山2日目
1回中京2日目
1回阪神2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
90,211万円
2 オジュウチョウサン 牡9
66,681万円
3 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
4 マカヒキ 牡7
56,210万円
5 キセキ 牡6
55,914万円
6 ワグネリアン 牡5
49,274万円
7 サートゥルナーリア 牡4
43,273万円
8 フィエールマン 牡5
42,004万円
9 サングレーザー 牡6
41,309万円
10 モズアスコット 牡6
41,171万円
» もっと見る

3歳
1 サリオス 牡3
11,145万円
2 コントレイル 牡3
11,127万円
3 レシステンシア 牝3
10,271万円
4 タイセイビジョン 牡3
8,586万円
5 マイラプソディ 牡3
6,216万円
6 サンクテュエール 牝3
5,746万円
7 ダーリントンホール 牡3
5,574万円
8 コルテジア 牡3
5,555万円
9 ミヤマザクラ 牝3
5,468万円
10 マイネルグリット 牡3
5,467万円
» もっと見る