会員登録はこちら
アメリカジョッキーC G2   日程:2021年1月24日() 15:45 中山/芝2200m

アメリカジョッキーCの歴史と概要


2016年の優勝馬ディサイファ

過去の勝ち馬の欄には、スピードシンボリ、タケホープ、グリーングラス、ホウヨウボーイ、アンバーシャダイミホシンザンなど、往年の名馬の名前がズラリと並ぶ格式高い一戦。第39回(1998年)はこのレースを含め4連勝で天皇賞馬へと上り詰めるメジロブライトが快勝。続く第40回(1999年)は、前年のダービー馬スペシャルウィークの参戦がおおいに話題を集めた(1番人気で堂々1着)。近年はビッグネームの参戦が減った感もあるが、無類の中山巧者ぶりを発揮して勝った第48回(2007年)のマツリダゴッホ、圧巻のまくりで勝利を収めた第53回(2012年)のルーラーシップなど、個性派たちが存在感を示している。

歴代優勝馬

1986年以降の優勝馬を掲載しています。優勝馬の馬齢は2000年以前も現行表記と統一しています。

回数 開催日 優勝馬 性齢 勝ち
タイム
騎手 調教師 レース
結果
第62回
2021年1月24日
中山 芝2200m
アリストテレス 牡4 2:17.9 C.ルメール 音無秀孝 全着順を
見る
第61回
2020年1月26日
中山 芝2200m
ブラストワンピース 牡5 2:15.0 川田将雅 大竹正博 全着順を
見る
第60回
2019年1月20日
中山 芝2200m
シャケトラ 牡6 2:13.7 石橋脩 角居勝彦 全着順を
見る
第59回
2018年1月21日
中山 芝2200m
ダンビュライト 牡4 2:13.3 M.デムーロ 音無秀孝 全着順を
見る
第58回
2017年1月22日
中山 芝2200m
タンタアレグリア 牡5 2:11.9 蛯名正義 国枝栄 全着順を
見る
第57回
2016年1月24日
中山 芝2200m
ディサイファ 牡7 2:12.0 武豊 小島太 全着順を
見る
第56回
2015年1月25日
中山 芝2200m
クリールカイザー 牡6 2:13.6 田辺裕信 相沢郁 全着順を
見る
第55回
2014年1月26日
中山 芝2200m
ヴェルデグリーン 牡6 2:14.0 田辺裕信 相沢郁 全着順を
見る
第54回
2013年1月20日
中山 芝2200m
ダノンバラード 牡5 2:13.1 F.ベリー 池江泰寿 全着順を
見る
第53回
2012年1月22日
中山 芝2200m
ルーラーシップ 牡5 2:17.3 福永祐一 角居勝彦 全着順を
見る
第52回
2011年1月23日
中山 芝2200m
トーセンジョーダン 牡5 2:14.2 内田博幸 池江泰寿 全着順を
見る
第51回
2010年1月24日
中山 芝2200m
ネヴァブション 牡7 2:12.6 横山典弘 伊藤正徳 全着順を
見る
第50回
2009年1月25日
中山 芝2200m
ネヴァブション 牡6 2:13.9 横山典弘 伊藤正徳 全着順を
見る
第49回
2008年1月27日
中山 芝2200m
エアシェイディ 牡7 2:13.6 後藤浩輝 伊藤正徳 全着順を
見る
第48回
2007年1月21日
中山 芝2200m
マツリダゴッホ 牡4 2:12.8 横山典弘 国枝栄 全着順を
見る
第47回
2006年1月22日
中山 芝2200m
シルクフェイマス 牡7 2:13.2 柴田善臣 鮫島一歩 全着順を
見る
第46回
2005年1月23日
中山 芝2200m
クラフトワーク 牡5 2:11.4 横山典弘 後藤由之 全着順を
見る
第45回
2004年1月25日
中山 芝2200m
ダンツジャッジ 牡5 2:15.5 藤田伸二 山内研二 全着順を
見る
第44回
2003年1月26日
中山 芝2200m
マグナーテン セ7 2:12.5 O.ペリエ 藤沢和雄 全着順を
見る
第43回
2002年1月20日
東京 芝2200m
フサイチランハート 牡5 2:13.7 江田照男 河野通文 全着順を
見る
第42回
2001年1月21日
中山 芝2200m
アメリカンボス 牡6 2:13.8 江田照男 田子冬樹 全着順を
見る
第41回
2000年1月23日
中山 芝2200m
マチカネキンノホシ 牡4 2:13.4 岡部幸雄 藤沢和雄 全着順を
見る
第40回
1999年1月24日
中山 芝2200m
スペシャルウィーク 牡4 2:16.8 O.ペリエ 白井寿昭 全着順を
見る
第39回
1998年1月25日
中山 芝2200m
メジロブライト 牡4 2:15.3 河内洋 浅見秀一 全着順を
見る
第38回
1997年1月19日
中山 芝2200m
ローゼンカバリー 牡4 2:14.9 横山典弘 鈴木康弘 全着順を
見る
第37回
1996年1月21日
東京 芝2200m
カネツクロス 牡5 2:15.0 的場均 堀井雅広 全着順を
見る
第36回
1995年1月22日
中山 芝2200m
サクラチトセオー 牡5 2:14.4 小島太 境勝太郎 全着順を
見る
第35回
1994年1月23日
中山 芝2200m
マチカネタンホイザ 牡5 2:14.1 柴田善臣 伊藤雄二 全着順を
見る
第34回
1993年1月24日
中山 芝2200m
ホワイトストーン 牡6 2:15.0 柴田政人 高松邦男 全着順を
見る
第33回
1992年1月26日
中山 芝2200m
トウショウファルコ 牡6 2:12.8 柴田政人 新関力 全着順を
見る
第32回
1991年1月20日
中山 芝2200m
メジロモントレー 牝5 2:13.8 横山典弘 奥平真治 全着順を
見る
第31回
1990年1月21日
中山 芝2200m
サクラホクトオー 牡4 2:13.8 小島太 境勝太郎 全着順を
見る
第30回
1989年1月22日
中山 芝2200m
ランニングフリー 牡6 2:15.6 菅原泰夫 本郷一彦 全着順を
見る
第29回
1988年1月24日
中山 芝2200m
カシマウイング 牡5 2:13.4 的場均 飯塚好次 全着順を
見る
第28回
1987年1月25日
中山 芝2200m
ミホシンザン 牡5 2:15.4 柴田政人 田中朋次 全着順を
見る
第27回
1986年1月19日
中山 芝2200m
スダホーク 牡4 2:13.3 田原成貴 古山良司 全着順を
見る

歴史と位置付け

日米の親善と友好を目的として、ニューヨーク・ジョッキークラブから優勝杯の贈呈を受けるかたちで1960年に創設。第1回はハンデキャップだったが、第2回から別定に改められた。グレード制が導入された1984年にG2に格付け。古馬中長距離路線を進む馬たちの関東圏の主要レースとして定着しており、「AJCC」「AJC杯」「アメリカJCC」などの略称で親しまれている。第25回(1984年)は降雪のため中山ダ1800mで、第37回(1996年)、第43回(2002年)は東京芝2200mで開催された。

開催時期

第1回は1月5日に開催されたが、第2回以降は1月中旬~下旬の開催で固定されている。ただし、第13回(1972年)は馬インフルエンザ流行の影響を受け、4月30日に開催。

競走条件

4歳以上馬が出走可能。負担重量規定は、第1回がハンデキャップ。第2回以降が別定。4歳55kg、5歳以上56kg(それぞれ牝馬は2kg減)。近1年以内のG1競走(牝馬限定戦を除く)の勝ち馬は2kg増。近1年以内の牝馬限定G1競走の勝ち馬、G2競走(牝馬限定戦を除く)の勝ち馬、1年以前のG1競走(牝馬限定戦ならびに2歳戦を除く)の勝ち馬はそれぞれ1kg増。コースは第1回が中山芝2000m、第2~7回が中山芝2600m、第8~10回ならびに第21~24回が中山芝2500m、第11~12回が東京芝2500m、第13~20回が東京芝2400m、第25回が中山ダ1800m、第26回以降が中山芝2200m(一部東京で代替開催あり)。外国産馬は1972年から、外国調教馬は2006年からそれぞれ出走可能となった。

年表

1960年レース創設。中山芝2000mで第1回施行
1961年ハンデ戦から別定戦に変更。施行距離を芝2600mに変更
1967年施行距離を芝2500mに変更
1970年開催場を東京に変更(距離は芝2500m→芝2400m)
1972年混合競走となり外国産馬が出走可能に
1980年開催場を中山に再変更(距離は芝2500m)
1984年グレード制導入。G2に格付け。施行距離を芝2200mに変更されるも、同年は降雪の影響により中山ダ1800mで施行
1996年東京芝2200mで施行
2002年東京芝2200mで施行
2006年国際競走となり外国調教馬の出走が可能に
会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2021年6月20日(
マーメイドステークス  G3
ユニコーンステークス  G3

競馬番組表

2021年6月19日(
1回札幌3日目
3回東京5日目
3回阪神1日目
2021年6月20日(
1回札幌4日目
3回東京6日目
3回阪神2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 グランアレグリア 牝5
90,189万円
2 クロノジェネシス 牝5
87,342万円
3 コントレイル 牡4
83,051万円
4 オジュウチョウサン 牡10
78,846万円
5 キセキ 牡7
66,926万円
6 インディチャンプ 牡6
59,504万円
7 ダノンスマッシュ 牡6
58,435万円
8 ブラストワンピース 牡6
58,242万円
9 マカヒキ 牡8
56,210万円
10 ワグネリアン 牡6
51,244万円
» もっと見る

3歳
1 シャフリヤール 牡3
28,209万円
2 エフフォーリア 牡3
27,992万円
3 ソダシ 牝3
26,623万円
4 ユーバーレーベン 牝3
19,636万円
5 シュネルマイスター 牡3
18,181万円
6 ステラヴェローチェ 牡3
15,816万円
7 タイトルホルダー 牡3
13,738万円
8 ダノンザキッド 牡3
12,555万円
9 グレナディアガーズ 牡3
12,152万円
10 アカイトリノムスメ 牝3
11,932万円
» もっと見る