会員登録はこちら
アルゼンチン共和国杯 G2   日程:2018年11月4日() 15:30 東京/芝2500m

レース結果

アルゼンチン共和国杯 G2

2018年11月4日() 東京/芝2500m/12頭

本賞金:5,700万 2,300万 1,400万 860万 570万


レコード:2分29秒6
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 5 6

パフォーマプロミス

牡6 56.0 C.オドノ  藤原英昭 454(+6) 2.33.7 4.8 3
2 6 7

ムイトオブリガード

牡4 55.0 四位洋文  角田晃一 486(+2) 2.33.8 3/4 3.5 1
3 5 5

マコトガラハッド

セ5 51.0 石川裕紀  鮫島一歩 490(+4) 2.33.9 1/2 55.9 11
ラップタイム 7.2 - 11.8 - 11.8 - 12.9 - 12.9 - 12.6 - 13.3 - 13.0 - 12.6 - 12.3 - 11.1 - 11.0 - 11.2
前半 7.2 - 19.0 - 30.8 - 43.7 - 56.6
後半 58.2 - 45.6 - 33.3 - 22.2 - 11.2

■払戻金

単勝 6 480円 3番人気
複勝 6 180円 3番人気
7 160円 1番人気
5 760円 11番人気
枠連 5-6 440円 1番人気
馬連 6-7 910円 2番人気
ワイド 6-7 420円 2番人気
5-6 3,100円 34番人気
5-7 2,390円 29番人気
馬単 6-7 1,910円 4番人気
3連複 5-6-7 13,560円 54番人気
3連単 6-7-5 49,460円 199番人気

アルゼンチン共和国杯のニュース&コラム

【アルゼンチン】切れたパフォーマプロミスV
 第56回アルゼンチン共和国杯(4日、東京11R、GII、3歳上オープン国際(特指)、ハンデ、芝2500メートル、1着本賞金5700万円 =出走12頭)中団を追走した3番人気パフォーマプロミスが上がり3ハロン32秒6の切れ味を発揮し、1月のGII日経新春杯に次ぐ重賞2勝目を飾った。コルム・オドノヒュー騎手(37)=愛国=はJRA重賞初制覇。タイム2分33秒7(良)。今後はジャパンC(25日、東京、GI、芝2400メートル)か有馬記念(12月23日、中山、GI、芝2500メートル)に向かう。1番人気ムイトオブリガードが3/4馬身差の2着だった。 ◆オドノヒュー騎手(パフォーマプロミス1着) 「自信を持って乗りました。先頭に立つと止まるようなところがあって大きな着差をつけて勝つ馬ではありませんが、まだ余力がありそうな感じでした」 ◆四位騎手(ムイトオブリガード2着) 「ゲートの中が不安定であの位置(中団)から。勝った馬が相手だと思って、目標にしたんだけど、もう少しペースが流れてほしかった」 ◆石川騎手(マコトガラハッド3着) 「具合もよかったし、軽ハンデ(51キロ)を生かして頑張ってくれた」 ◆松岡騎手(ウインテンダネス4着) 「馬がテンからやる気になっていたので、ペースを落とした。使ってさらによくなりそう」 ◆北村宏騎手(エンジニア5着) 「デキがよすぎて、(遅い)この流れで力んでしまった」 ◆三浦騎手(ガンコ6着) 「ゲートで他の馬につられて立ち上がってしまった」 ◆北村友騎手(ルックトゥワイス8着) 「スローペースで位置取りの差が出てしまった」 ◆田辺騎手(アルバート10着) 「直線は反応しているんだけど、目立つ脚は使えなかった」パフォーマプロミス 父ステイゴールド、母アイルビーバウンド、母の父タニノギムレット。栗毛の牡6歳。栗東・藤原英昭厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)サンデーレーシング。戦績15戦7勝。獲得賞金2億936万8000円。重賞は2018年GII日経新春杯に次いで2勝目。アルゼンチン共和国杯は藤原英昭調教師、コルム・オドノヒュー騎手ともに初勝利。馬名は「約束を果たす」。
2018年11月5日(月) 05:03

 226

【アルゼンチン】ムイトオブリガードは惜しくも2着 四位「以前とは別の馬みたいに力をつけている」
 11月4日の東京11Rで行われた第56回アルゼンチン共和国杯(3歳以上オープン、GII、芝2500メートル、ハンデ、12頭立て、1着賞金=5700万円)は、コルム・オドノヒュー騎手騎乗の3番人気パフォーマプロミス(牡6歳、栗東・藤原英昭厩舎)が中団追走から直線外めを伸びて、レースの上がり3ハロンが33秒3という瞬発力勝負を制した。タイムは2分33秒7(良)。 すべて東京・芝2400mで1000万条件から3連勝の成績を残していた1番人気のムイトオブリガードは、道中は中団で脚を溜めてメンバー最速となる上がり3ハロン32秒5の末脚で追い込むも、惜しくも勝ち馬に3/4馬身及ばず2着に敗れた。 四位洋文騎手「スパッと出てくれたらもう少し前で競馬してもよかったけど、ゲートが不安定であの位置から。直線は勝ち馬が相手だと思って仕掛けたんだけどね。でも以前とは別の馬みたいに力をつけている」★【アルゼンチン共和国杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2018年11月4日() 19:33

 161

【アルゼンチン】伏兵マコトガラハッドが3着激走 石川「軽ハンデを生かして頑張ってくれた」
 11月4日の東京11Rで行われた第56回アルゼンチン共和国杯(3歳以上オープン、GII、芝2500メートル、ハンデ、12頭立て、1着賞金=5700万円)は、コルム・オドノヒュー騎手騎乗の3番人気パフォーマプロミス(牡6歳、栗東・藤原英昭厩舎)が中団追走から直線外めを伸びて、レースの上がり3ハロンが33秒3という瞬発力勝負を制した。タイムは2分33秒7(良)。 12頭立ての11番人気と伏兵級の評価だった石川裕紀人騎手騎乗のマコトガラハッドが、好スタートを切って好位に取り付くと、最後の直線でも51キロの軽ハンデを生かして渋太く粘り込んで3着に善戦した。 石川裕紀人騎手「初めて乗ったが癖がなくて乗りやすい。具合も良かったし、軽ハンデを生かして頑張ってくれた」★【アルゼンチン共和国杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2018年11月4日() 19:33

 172

【アルゼンチン】逃げたウインテンダネスは4着 松岡「テンにやる気になっていた」
 11月4日の東京11Rで行われた第56回アルゼンチン共和国杯(3歳以上オープン、GII、芝2500メートル、ハンデ、12頭立て、1着賞金=5700万円)は、コルム・オドノヒュー騎手騎乗の3番人気パフォーマプロミス(牡6歳、栗東・藤原英昭厩舎)が中団追走から直線外めを伸びて、レースの上がり3ハロンが33秒3という瞬発力勝負を制した。タイムは2分33秒7(良)。 同舞台で行われた今年の目黒記念の覇者で、4番人気に支持された松岡正海騎手騎乗のウインテンダネスは、強気に先手を奪ってスローペースに持ち込むも、最後の直線で決め手に勝る3頭に交わされ4着に敗れた。 松岡正海騎手「行きたくなかったけど、前回も逃げていてテンにやる気になっていました。ペースは遅い方かと思ったのですがね。デキは使ってさらに良くなりそうですよ」★【アルゼンチン共和国杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2018年11月4日() 19:32

 114

アルゼンチン共和国杯のニュースをもっと見る >

アルゼンチン共和国杯の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

11月4日 15:28更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv114 
180円 9,000円
Lv106 
910円 3,640円
Lv106 
13,560円 81,360円
Lv103 
49,460円 49,460円
Lv102 

13,560円
910円
22,660円

的中情報をもっと見る >

アルゼンチン共和国杯過去10年の結果

2017年11月5日() 東京競馬場/芝2500m 天候: 馬場:
2016年11月6日() 東京競馬場/芝2500m 天候: 馬場:
1着 シュヴァルグラン 福永祐一 2:33.4 3.9倍 102.5
2着 アルバート 戸崎圭太 1/2 5.4倍 102.0
3着 ヴォルシェーブ M.デムーロ アタマ 4.8倍 102.0
2015年11月8日() 東京競馬場/芝2500m 天候: 馬場:
1着 ゴールドアクター 吉田隼人 2:34.0 2.1倍 105.7
2着 メイショウカドマツ 蛯名正義 アタマ 11.0倍 105.7
3着 レーヴミストラル 川田将雅 2 1/2 8.2倍 103.9

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

アルゼンチン共和国杯のデータ分析とレース傾向

コース図東京芝2500m

1963年創設で、春シーズンに行われていたアルゼンチンジョッキークラブカップ(1975年より現レース名)が前身となるが、レース条件としては1983年まで秋にも開催されていた2500mのハンデ戦の目黒記念を引き継いでいる。施行時期が2週早まった1997年以降はここから中2週でジャパンCへ進むことが可能となり、2008年にはスクリーンヒーローが連勝。2016年も1着馬シュヴァルグランがジャパンCで3着となっている。また2015年には、ゴールドアクターがこのレースをステップに有馬記念を制した。なお、東京芝2500mは5月末にほぼ同条件で行われる目黒記念とこのレースを含め、1年を通して2~3回しか使用されないため、好走馬の連動に注意しなければならない。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

アルゼンチン共和国杯の歴史と概要


2017年の優勝馬スワーヴリチャード

ハンデ戦ながらに将来性豊かな好メンバーが集まる傾向にあり、多くのG1ホースを送り出している一戦。第45回(2007年)を勝ったアドマイヤジュピタは翌年の春の天皇賞に勝利。第46回(2008年)の勝ち馬スクリーンヒーローは、続くジャパンカップも制して周囲を驚かせた。第53回(2015年)のゴールドアクター、第54回(2016年)のシュヴァルグラン、第55回(2017年)のスワーヴリチャードと、このレースを勝った馬がその後G1タイトルを獲得するケースが近年は非常に目立っている。

歴史と概要をもっと見る >

アルゼンチン共和国杯の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年11月17日(
東京スポーツ杯2歳S  G3
2018年11月18日(
マイルチャンピオンS  G1

競馬番組表

2018年11月17日(
3回福島5日目
5回東京5日目
5回京都5日目
2018年11月18日(
3回福島6日目
5回東京6日目
5回京都6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
88,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
86,512万円
3 レイデオロ 牡4
73,559万円
4 オジュウチョウサン 牡7
55,899万円
5 サトノクラウン 牡6
48,604万円
6 マカヒキ 牡5
48,298万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 ファインニードル 牡5
47,828万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
41,720万円
2 ワグネリアン 牡3
36,086万円
3 エポカドーロ 牡3
27,016万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 フィエールマン 牡3
17,886万円
6 ケイアイノーテック 牡3
17,668万円
7 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
8 ステルヴィオ 牡3
16,395万円
9 エタリオウ 牡3
14,754万円
10 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
» もっと見る