会員登録はこちら
アルゼンチン共和国杯 G2   日程:2019年11月3日() 15:35 東京/芝2500m

レース結果

アルゼンチン共和国杯 G2

2019年11月3日() 東京/芝2500m/13頭

本賞金:5,700万 2,300万 1,400万 860万 570万


レコード:2分28秒2
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 5 7

ムイトオブリガード

牡5 56.0 横山典弘  角田晃一 488(-2) 2.31.5 4.8 2
2 2 2

タイセイトレイル

牡4 55.0 戸崎圭太  矢作芳人 484(+4) 2.31.7 1 1/4 11.2 5
3 1 1

アフリカンゴールド

セ4 55.0 C.ルメー  西園正都 464(-4) 2.31.7 アタマ 2.8 1
ラップタイム 7.2 - 11.2 - 11.9 - 12.9 - 12.7 - 12.6 - 12.7 - 12.4 - 12.0 - 11.8 - 11.3 - 11.1 - 11.7
前半 7.2 - 18.4 - 30.3 - 43.2 - 55.9
後半 57.9 - 45.9 - 34.1 - 22.8 - 11.7

■払戻金

単勝 7 480円 2番人気
複勝 7 150円 2番人気
2 260円 6番人気
1 150円 1番人気
枠連 2-5 3,640円 17番人気
馬連 2-7 3,120円 14番人気
ワイド 2-7 800円 10番人気
1-7 380円 1番人気
1-2 570円 6番人気
馬単 7-2 5,590円 21番人気
3連複 1-2-7 3,070円 8番人気
3連単 7-2-1 23,070円 71番人気

アルゼンチン共和国杯のニュース&コラム

【アルゼンチン】昨年2着のムイト、雪辱V!
 アルゼンチン共和国杯が3日、東京競馬場で13頭によって争われ、横山典騎乗で2番人気のムイトオブリガードが優勝し、昨年2着の雪辱を果たした。中2週でジャパンC(24日、東京、GI、芝2400メートル)を目指す。5番人気のタイセイトレイルが2着、1番人気のアフリカンゴールドが3着。障害界の王者オジュウチョウサンは12着に終わった。 照明に照らされたゴール前を1頭だけ悠々と駆け抜けていった。2番人気のムイトオブリガードが、昨年2着の雪辱を果たして重賞初V。ジャパンCへ弾みをつけた。 「思い描いた通りのレースができたね。1頭になるとフワフワするところがあるけど、きょうはけっこう一生懸命走ってくれた」 後続が大混戦になる中で1馬身1/4突き放す完勝に、横山典騎手の表情も緩んだ。スタートを決めて3番手を追走。オジュウチョウサンのスローの逃げでペースは上がらず、直線での瞬発力勝負になったが、上がり3ハロン33秒8の脚を使われては、他馬はなすすべがなかった。 「我(が)が強いところがあって、厩務員さんをてこずらせたり、乗り手の指示に頑固だったりしたけど、(厩舎が)うまくなだめてくれていたし、成長していましたね」と、ジョッキーは気性面の成長を評価した。 それでも「まだゲートで遊んだりしていたけどね」と笑う角田調教師。「その辺りも含めてジョッキーが分かってくれているし、乗り方もポジショニングも完璧でした」と、ベテランジョッキーの腕に感謝だ。 スクリーンヒーロー、その産駒ゴールドアクターなどがこのレースを勝ってGI馬に上り詰めた出世レース。当然、次の目標はジャパンCになる。「何ともなければ行きます。休み明けでも仕上げていたけど、この涼しくなる時期に良くなる馬。次はさらにいいと思いますよ」と、調教師は大舞台へ自信を深めた様子だ。 5歳の秋に本格化の気配。ムイトオブリガードの進撃は、ここから始まる。(柴田章利)★3日東京11R「アルゼンチン共和国杯」の着順&払戻金はこちらムイトオブリガード 父ルーラーシップ、母ピサノグラフ、母の父サンデーサイレンス。鹿毛の牡5歳。栗東・角田晃一厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は市川義美ホールディングス(株)。戦績21戦6勝。獲得賞金1億5975万3000円。重賞は初勝利。アルゼンチン共和国杯は角田晃一調教師が初勝利、横山典弘騎手は1990年メジロモントレー、91年ヤマニングローバル、2004年レニングラード、12年ルルーシュに次いで5勝目。馬名は「どうもありがとう(ポルトガル語)」。
2019年11月4日(月) 05:07

 698

【アルゼンチン】オジュウチョウサン12着…逃げるも失速
 障害界の絶対王者がまたしても馬群に沈んだ。オジュウチョウサンは果敢に逃げて場内を沸かせたが、最後の直線に向くと失速して12着に終わった。「大逃げのつもりだったが、途中からフワフワして進んでいかなくなった。前に馬を置いて早めに踏んでいく形の方がいいのかも」と松岡騎手。和田郎調教師は「ハナに行く競馬はやったことがなかったので。(今後は)どうするか、よく考えないといけない」と語るにとどめた。★3日東京11R「アルゼンチン共和国杯」の着順&払戻金はこちら
2019年11月4日(月) 05:06

 426

【アルゼンチン】レースを終えて…関係者談話
 ◆福永騎手(ルックトゥワイス4着)「一頓挫あって流れも向かない中、最後は伸びて力は見せてくれた」 ◆三浦騎手(トラストケンシン5着)「53キロのハンデもあったが、このメンバーでよく頑張っている」 ◆北村宏騎手(ポポカテペトル6着)「もう少しペースが流れれば、しぶとさを生かせたが…」 ◆石橋騎手(パリンジェネシス7着)「ゲートを出てから我慢できたし、最後も脚を使えていた」 ◆高倉騎手(ノーブルマーズ8着)「東京で好走するときは内ラチ沿いを走っていたからね。内枠の方がよかったかも」 ◆池添騎手(ハッピーグリン9着)「ペースが遅くて上がりの競馬でしたからね。距離も少し長いかも」 ◆浜中騎手(アイスバブル11着)「ジャンプして出てしまったので…。きょうはゲートが全てです」★3日東京11R「アルゼンチン共和国杯」の着順&払戻金はこちら
2019年11月4日(月) 05:06

 745

【アルゼンチン】アフリカンゴールド3着…G前脚が鈍る
 1番人気のアフリカンゴールドは3着。中団から馬群を縫って伸びてきたが、ゴール前で脚いろが鈍り、重賞タイトルは次走以降にお預けとなった。「最初は少し引っ掛かった。向こう正面でリラックスできたが、直線はラスト50メートルで馬が疲れてしまった。でも、これぐらいの距離で重賞を勝てる力はあるよ」と、初めてコンビを組んだルメール騎手は素質を保証した。★3日東京11R「アルゼンチン共和国杯」の着順&払戻金はこちら
2019年11月4日(月) 05:06

 321

アルゼンチン共和国杯のニュースをもっと見る >

【アルゼンチン】厩舎の話
 アイスバブル・池江調教師「前走の崩れ方は不可解だが、仕上がりは今回のほうがいい」 アフリカンゴールド・西園調教師「前走の勝ちっぷりから昇級戦でも楽しみ。好結果を期待」 ウインテンダネス・山本助手「先週ビシッとやり、今週は上がり重点。落馬のダメージはない」 オジュウチョウサン・和田郎調教師「期間がないなかでできることをやった。上積みを期待」 タイセイトレイル・久保助手「ここ2週、強い調教ができている。コースを問わずに走れる」 トラストケンシン・高橋文調教師「前走くらいリラックスしていれば100メートル延びても大丈夫」 ノーブルマーズ・石原助手「折り合いが難しいが、この舞台なら自分のペースで競馬ができる」 ハッピーグリン・長谷川調教師「1週前は重かったが、今週はいい反応。まだ、成長できる」 パリンジェネシス・清水久調教師「大型馬でひと叩きしたことで良化した。伸びも良かった」 ポポカテペトル・友道調教師「1週前の追い切りの動きが良かったし、今週も余裕のある動き」 マコトガラハット・鮫島調教師「しっかり乗り込んできたが、久々という感じはする」 ムイトオブリガード・角田調教師「久々だが、ここを目標にしてきたし、仕上がりはいい」 ルックトゥワイス・藤原英調教師「坂路で4F52秒9なら十分だ。条件の良さを生かしたい」(夕刊フジ)★アルゼンチン共和国杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年10月31日(木) 10:36

 1,804

【アルゼンチン】オジュウチョウサン逆襲追い!
 アルゼンチン共和国杯の追い切りが30日、東西トレセンで行われた。昨年の有馬記念9着以来、2度目の平地重賞挑戦となる二刀流の“障害王”オジュウチョウサンは、美浦のWコースで直線一杯に追われて3頭併せの最先着。前走3勝クラス10着からの巻き返しへ、上積みを感じさせる動きを披露した。 ビシッ、ビシッ-。石神騎手のステッキがうなりをあげる。復活への祈りを込めた闘魂注入だ。惨敗からの巻き返しを誓うオジュウチョウサンが、ハードな3頭併せを敢行した。 「年齢的にズブさを見せるようになってきたので、気持ちをピリッとさせるためにも当該週としては強めに追いました。馬はびっくりしていましたけど、追ってモタモタしていたこの間(前走時)よりいいですね」 長年にわたって苦楽をともにしてきたパートナーは、狙い通りの追い切りに笑みをこぼす。濃霧が晴れた午前8時過ぎにWコースへ姿を現すと、僚馬2頭を追走。残り1ハロンで抜け出してからも、鞍上は右ムチを連打して後続との差を広げた。5ハロン66秒7-12秒4で中ウインアステロイド(2歳未勝利)に1馬身、外ユキノエルドール(障害OP)に2馬身先着。反応の鈍さが目立った前走時とは一変している。 前走・六社S(3勝クラス)は1番人気に推されながら10着。2番手で直線に向いたが伸びを欠き、馬群に沈んだ。和田郎調教師は「どこかが悪かったわけではないが、よく考えてみると(仕上げが)甘かったのかもしれない」と振り返る。 体調が整わずに宝塚記念を回避し、放牧から美浦に戻ってきたのが8月28日。苦手な暑さに、気遣いながらの調整で中身まで作り上げることができなかった。それだけに「本来は間隔があいた方が走るが、今回は使った上積みを期待したい」と指揮官は意気込む。 前走の3勝クラスより、さらに手強い重賞への格上挑戦。復権を託されるのは、2013年10月の新馬戦(11着)以来の騎乗となる松岡騎手だ。「瞬発力勝負になると分が悪いから、持久力を生かすような形がいい。途中から動いてもいいでしょう。みんなが期待しているような競馬をしたい」と、自慢のスタミナでライバルを完封するつもりだ。 昨年の有馬記念ファン投票では3位の支持を集め、レースでも見せ場十分の9着に健闘。障害&芝の“二刀流”は、暮れの列島に感動を与えた。過去10年で7歳以上の馬は【0・0・0・42】と厳しい数字だが、高いハードルを乗り越えてこその障害王だ。平地重賞初Vを飾り、再び夢の舞台へ飛翔する。(漆山貴禎)★アルゼンチン共和国杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年10月31日(木) 05:09

 945

【アルゼンチン】追って一言
 ◆アイスバブル・池江師 「最近、調教で遅れ気味だったし、先着したことは良かった。2500メートルも大丈夫」 ◆アフリカンゴールド・西園師 「上がりで負荷をかける追い切りで予定通り。距離はいいし、最後にどれだけ伸びてくれるかでしょう」 ◆ウインテンダネス・山本助手 「先週、ビシッと乗っているので、当週は上がり重点。落馬後になるがダメージはないし、雰囲気はいい」 ◆タイセイトレイル・久保助手 「ここ2週、強い調教ができています。コースを問わず走るタイプで期待しています」 ◆トラストケンシン・高橋文師 「馬場が悪かったのでしまいはしんどかった。上積みはあるはずだし、前走くらいリラックスしていれば100メートル延びても大丈夫」 ◆ノーブルマーズ・宮本師 「馬場の荒れた時間帯だったが、いい感じで動いていた。この馬なりにきっちりと力をつけてきている」 ◆ハッピーグリン・長谷川師 「1週前は重い感じだったけど、反応がよかった。成長できる部分は多いと思います」 ◆パリンジェネシス・清水久師 「大型馬なので、ひと叩きしたことで良くなっています。しまいの伸びもよかったです」 ◆ポポカテペトル・友道師 「1週前の動きはよく、当週も余裕のある動きだった」 ◆マコトガラハッド・鮫島師 「きっちりと乗ってきたが、1年ぶりという感じもする」 ◆ルックトゥワイス・藤原英師 「もともと調教で時計は出ないが、体調面は悪くない」★アルゼンチン共和国杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年10月31日(木) 05:08

 1,640

【アルゼンチン】ムイトオブリガード鋭伸
 ムイトオブリガードはCWコース6ハロン78秒6-11秒7と、一杯に追われて鋭く伸びた。1週前の同78秒6-12秒2(馬なり)に続く好時計で、調教評価は最高の『S』。5カ月ぶりでも、臨戦態勢は整っている。 「(結果的に)前に馬を置くような形になり、フワッとするところもなかった。ここを目標にしてきたし、いい感じでレースに臨めそう」と角田調教師。昨年2着の悔しさを晴らし、目標のジャパンCへつなげたい。★アルゼンチン共和国杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年10月31日(木) 05:08

 995

アルゼンチン共和国杯の直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


アルゼンチン共和国杯の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

11月3日 15:34更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv108 
3,120円 3,120円
Lv107 
3,070円 9,210円
Lv107 

480円
150円
44,700円
Lv106 
800円 4,000円
Lv104 
3,070円 15,350円

的中情報をもっと見る >

アルゼンチン共和国杯過去10年の結果

2018年11月4日() 東京競馬場/芝2500m 天候: 馬場:
2017年11月5日() 東京競馬場/芝2500m 天候: 馬場:
2016年11月6日() 東京競馬場/芝2500m 天候: 馬場:
1着 シュヴァルグラン 福永祐一 2:33.4 3.9倍 102.4
2着 アルバート 戸崎圭太 1/2 5.4倍 102.0
3着 ヴォルシェーブ M.デムーロ アタマ 4.8倍 102.0

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

アルゼンチン共和国杯のデータ分析とレース傾向

コース図東京芝2500m

1963年創設で、春シーズンに行われていたアルゼンチンジョッキークラブカップ(1975年より現レース名)が前身となるが、レース条件としては1983年まで秋にも開催されていた2500mのハンデ戦の目黒記念を引き継いでいる。施行時期が2週早まった1997年以降はここから中2週でジャパンCへ進むことが可能となり、2008年にはスクリーンヒーローが連勝。2016年も1着馬シュヴァルグランがジャパンCで3着となっている。また2015年には、ゴールドアクターがこのレースをステップに有馬記念を制した。なお、東京芝2500mは5月末にほぼ同条件で行われる目黒記念とこのレースを含め、1年を通して2~3回しか使用されないため、好走馬の連動に注意しなければならない。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

アルゼンチン共和国杯の歴史と概要


2017年の優勝馬スワーヴリチャード

ハンデ戦ながらに将来性豊かな好メンバーが集まる傾向にあり、多くのG1ホースを送り出している一戦。第45回(2007年)を勝ったアドマイヤジュピタは翌年の春の天皇賞に勝利。第46回(2008年)の勝ち馬スクリーンヒーローは、続くジャパンカップも制して周囲を驚かせた。第53回(2015年)のゴールドアクター、第54回(2016年)のシュヴァルグラン、第55回(2017年)のスワーヴリチャードと、このレースを勝った馬がその後G1タイトルを獲得するケースが近年は非常に目立っている。

歴史と概要をもっと見る >

アルゼンチン共和国杯の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年11月23日(
ラジオN杯京都2歳S  G3
2019年11月24日(
ジャパンカップ  G1
京阪杯  G3

競馬番組表

2019年11月23日(
5回東京7日目
5回京都7日目
2019年11月24日(
5回東京8日目
5回京都8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 アーモンドアイ 牝4
90,211万円
3 レイデオロ 牡5
88,155万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 サートゥルナーリア 牡3
31,176万円
2 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
3 クロノジェネシス 牝3
26,043万円
4 ダノンキングリー 牡3
25,281万円
5 ダノンファンタジー 牝3
23,621万円
6 ヴェロックス 牡3
21,907万円
7 ラヴズオンリーユー 牝3
19,950万円
8 グランアレグリア 牝3
19,878万円
9 ワールドプレミア 牡3
19,473万円
10 リオンリオン 牡3
13,748万円
» もっと見る