ブレークアップ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ブレークアップ
写真一覧
現役 牡4 栗毛 2018年4月17日生
調教師黒岩陽一(美浦)
馬主阿部 東亜子
生産者谷川牧場
生産地浦河町
戦績17戦[5-3-3-6]
総賞金12,561万円
収得賞金5,250万円
英字表記Breakup
血統 ノヴェリスト
血統 ][ 産駒 ]
Monsun
Night Lagoon
リトルジュン
血統 ][ 産駒 ]
クロフネ
ベストタッセルド
兄弟 ストロンゲストチューダーローズ
市場価格
前走 2022/11/06 アルゼンチン共和国杯 G2
次走予定

ブレークアップの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
22/11/06 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 184717.761** 牡4 54.0 田辺裕信黒岩陽一 500
(+2)
2.31.1 -0.234.4ハーツイストワール
22/10/10 東京 10 六社S 3勝クラス 芝2400 10334.421** 牡4 57.0 戸崎圭太黒岩陽一 498
(+6)
2.26.3 -0.034.2マリノアズラ
22/06/11 東京 11 ジューンS 3勝クラス 芝2400 1571214.662** 牡4 55.0 戸崎圭太黒岩陽一 492
(+4)
2.26.0 0.334.6ヴェラアズール
22/05/08 中京 9 三方ヶ原S 3勝クラス 芝2200 14699.1511** 牡4 55.0 斎藤新黒岩陽一 488
(-6)
2.11.4 2.437.9プリマヴィスタ
22/04/17 中山 12 サンシャイン 3勝クラス 芝2500 1381213.262** 牡4 54.0 戸崎圭太黒岩陽一 494
(-2)
2.33.0 0.235.0パラダイスリーフ
22/03/06 中山 9 湾岸S 3勝クラス 芝2200 1661123.9810** 牡4 56.0 武豊黒岩陽一 496
(+2)
2.13.1 0.736.1⑦⑦⑥⑥キングオブドラゴン
22/01/15 中山 12 4歳以上2勝クラス 芝2200 11784.241** 牡4 53▲ 永野猛蔵黒岩陽一 494
(+2)
2.16.7 -0.235.3ボーンジーニアス
21/12/26 中山 9 グッドラック 2勝クラス 芝2500 167145.933** 牡3 54.0 横山武史黒岩陽一 492
(+4)
2.35.8 0.436.6コーストライン
21/12/05 中山 12 3歳以上2勝クラス 芝2500 8222.213** 牡3 55.0 田辺裕信黒岩陽一 488
(+2)
2.36.9 0.235.0ナリノモンターニュ
21/10/03 中山 7 3歳以上1勝クラス 芝2200 9225.531** 牡3 54.0 横山武史黒岩陽一 486
(+2)
2.13.0 -0.434.6ナムラカミカゼ
21/08/08 新潟 8 3歳以上1勝クラス 芝2200 162321.3510** 牡3 54.0 丸山元気黒岩陽一 484
(-2)
2.14.1 0.536.0④④シルバーエース
21/05/08 中京 11 京都新聞杯 G2 芝2200 115532.5710** 牡3 56.0 団野大成黒岩陽一 486
(-6)
2.14.0 2.838.8レッドジェネシス
21/04/18 中山 4 3歳未勝利 芝2200 17124.431** 牡3 56.0 横山武史黒岩陽一 492
(+6)
2.15.2 -0.637.0カーディナル
21/03/27 中京 5 3歳未勝利 芝2200 16355.633** 牡3 56.0 柴山雄一黒岩陽一 486
(-2)
2.14.4 0.534.9⑨⑨⑩⑩カフジアスール
21/01/17 中京 5 3歳未勝利 芝2000 164862.192** 牡3 56.0 柴山雄一黒岩陽一 488
(-8)
2.01.7 0.135.2⑩⑩ウィンドリッパー
21/01/05 中山 5 3歳未勝利 芝2000 164874.9128** 牡3 56.0 内田博幸黒岩陽一 496
(+4)
2.03.3 1.335.5⑮⑮⑫⑫アサマノイタズラ
20/10/11 東京 5 2歳新馬 芝2000 1371189.799** 牡2 55.0 横山和生黒岩陽一 492
(--)
2.06.1 1.635.3⑫⑩⑪レインフロムヘヴン

ブレークアップの関連ニュース

アルゼンチン共和国杯で重賞初Vを飾ったブレークアップ(美浦・黒岩陽一厩舎、牡4歳)は美浦ウッドチップコース6ハロン84秒0-12秒0。ゴール前で仕掛けられて僚馬と併入した。「3週前からやれているし、体の作りにも余裕があって好感が持てる」と黒岩調教師。

アルゼンチン共和国杯を制したブレークアップは有馬記念へ 2022年11月15日(火) 09:44

アルゼンチン共和国杯優勝のブレークアップ(美・黒岩、牡4)は有馬記念(12月25日、中山、GⅠ、芝2500メートル)へ向かうこととなった。「前走は展開などが向いた面も大きかったですが、レース後も馬は元気いっぱいなので挑戦させたいと思います」と黒岩調教師。鞍上は未定。

僚馬で12日のオキザリス賞を勝ったペリエール(牡2)は全日本2歳優駿(12月14日、川崎、jpnⅠ、ダ1600メートル)を視野に入れて調整される。

[もっと見る]

【エリザベス女王杯 俺のチェックポイント】山口がマジカルラグーンの本気度を感じ取った 2022年11月10日(木) 04:59

エリザベス女王杯の「俺のチェックポイント」3日目は、大阪サンスポの山口大輝記者が愛オークスを制したマジカルラグーンに注目。当レースでは2011年に同じ愛オークススノーフェアリーが連覇を果たして以来、11年ぶりの参戦となる外国調教馬は無視できない存在だ。阪神ダートコースでの追い切りを取材し、陣営の本気度を探った。



遠くアイルランドから参戦するマジカルラグーン。僕は今年の凱旋門賞取材を経験し、欧州への長旅の大変さを改めて痛感した。それだけ状態面の把握は重要になる。追い切りの動きを確認しに阪神競馬場に向かった。

ダートコースでフォーリー騎手を背に、2コーナー過ぎからスピードを上げて、向こう正面もリズム良く追走。余力十分に直線を向くと、ゴール前は軽く仕掛けられて6ハロン85秒0-12秒6をマークした。めりはりの利いた好馬体、力強い脚取りが目を引いた。

鞍上は「とてもいい感触でした。息遣いも良かったですね。向こうでレースに勝ったときと同じような状態にあると思います」と好感触を伝えた。昨年の愛リーディング2位で、日本では短期免許を取得した2016年に京成杯(プロフェット)で重賞制覇した34歳は自信の口ぶりだった。

当レースの海外調教馬の参戦は、スノーフェアリーが連覇を達成した11年以来11年ぶり。愛オークスVの実績は偉大な先輩と同じだ。ただ、近年の外国勢は日本の高速馬場を避ける傾向がある。その点について、ハリントン助手は「速いことは知っていますが、向こうでも良馬場で成績を挙げていますからね」と胸を張った。半兄ノヴェリストは〝キングジョージ〟を制し、日本では種牡馬として6日のアルゼンチン共和国杯を勝ったブレークアップを出すなど活躍中。血統的にも適性がありそうだ。

また、当舞台でレース経験があるフォーリー騎手は「勝負根性があってタフなレースが合います。阪神は激しい競馬になりやすいのでいいと思います」とにやり。スタートが上手なタイプで、前々から粘り込むシーンが目に浮かんできた。

追い切り後は内馬場の芝生で青草をはんでいた。自国でも同じようなリラックスタイムを過ごすそうで、環境の変化に動じないずぶとさを垣間見た。陣営に探りを入れた結論は、勝算あり。午前5時起床で眠い目をこすり電車に揺られたかいがあった。(山口大輝)

[もっと見る]

【アルゼンチン】昇級初戦のブレークアップが強豪撃破!次走はジャパンCか有馬記念を視野 2022年11月7日(月) 04:55

6番人気のブレークアップが好位追走から直線で抜け出し、昇級初戦で重賞制覇。田辺裕信騎手(38)=美・フリー=は今年5度目の重賞勝ちとなった。今後はジャパンC(27日、東京、GⅠ、芝2400メートル)、有馬記念(12月25日、中山、GⅠ、芝2500メートル)が視野に入る。2着は5番人気のハーツイストワール。1番人気のテーオーロイヤルは6着に終わった。




中長距離界にニュースターが誕生だ。6番人気の伏兵ブレークアップが、オープン入り初戦でいきなりの重賞制覇。今年の菊花賞ジョッキー、田辺騎手を背にラスト2ハロン過ぎで抜け出すと、二枚腰を発揮して並ばせることなく押し切った。

「まさか勝てるとは。前走は成長を感じる内容で楽しみにはしていましたが、相手も強かったので、どこまでやれるのかというのが正直なところでした。勝てたのはびっくりで、うれしいです」

昨年12月以来のコンビだった鞍上は、驚きながらも勝利をかみしめた。好ダッシュから行く馬を行かせて3番手のインをロスなく追走。逃げたキングオブドラゴンが直線入り口で内ラチに接触し、その影響を受ける場面もあったが、動じることなく懸命に脚を伸ばして勝利をつかみ取った。

以前は逃げないともろい面があったが、前走の六社Sでは3番手に控える競馬で差し切り。「以前は最後に踏ん張り切れないところがあったが、前走は控えてもしまいの踏ん張りが良く見えました」と田辺騎手も進歩を感じ取り、そのまま今回の競馬に生かした。4歳秋を迎え、本格化してきたとみてよさそうだ。

2019年紫苑S(パッシングスルー)以来のJRA重賞勝ちとなった黒岩調教師は、「(今夏に)初めてしっかり休養させて、前のめりで切れない走りだったのが少し体が起きてバランスが良くなり、しまいの切れにつながったと思います。前回のいい状態を維持することに努めて、レースはジョッキーが上手に乗ってくれました」とガッツポーズで人馬を出迎えた。次走は状態次第でジャパンC有馬記念が視野に入る。さらなる大舞台が楽しみになる走りだった。(三浦凪沙)




ブレークアップ 父ノヴェリスト、母リトルジュン、母の父クロフネ。栗毛の牡4歳。美浦・黒岩陽一厩舎所属。北海道浦河町・谷川牧場の生産馬。馬主は阿部東亜子氏。戦績17戦5勝。獲得賞金1億2561万2000円。重賞は初勝利。アルゼンチン共和国杯黒岩陽一調教師、田辺裕信騎手ともに初勝利。馬名は「空が破れたかのように見えるオーロラ」。




[もっと見る]

【アルゼンチン】ハーツイストワールが致命的な不利も鋭伸し2着 武豊「左回りの走りは違いますね」 2022年11月6日() 18:55

11月6日の東京11Rで行われた第60回アルゼンチン共和国杯(3歳以上オープン、GⅡ、芝2500メートル、ハンデ、18頭立て、1着賞金=5700万円)は、田辺裕信騎手の6番人気ブレークアップ(牡4歳、美浦・黒岩陽一厩舎)が直線で抜け出し重賞初制覇を果たした。タイムは2分31秒1(良)。

前走の札幌日経オープンを快勝したハーツイストワールは、中団の馬群を追走。直線で逃げたキングオブドラゴンが内ラチに激突するアクシデントあり、ブレーキを踏む不利があったが、そこから立て直し内めを鋭く伸びて2着に入った。

武豊騎手「レースはうまく内に(進路を)切り替えて運べましたが、直線のアクシデントでブレーキをかけたのが痛かった。左回りの走りは違いますね」

[もっと見る]

【アルゼンチン】ヒートオンビートは最後もうひと伸びして3着 戸崎「斤量を背負ったなかでも頑張ってくれました」 2022年11月6日() 18:55

11月6日の東京11Rで行われた第60回アルゼンチン共和国杯(3歳以上オープン、GⅡ、芝2500メートル、ハンデ、18頭立て、1着賞金=5700万円)は、田辺裕信騎手の6番人気ブレークアップ(牡4歳、美浦・黒岩陽一厩舎)が直線で抜け出し重賞初制覇を果たした。タイムは2分31秒1(良)。

重賞初制覇を狙ったヒートオンビートは、まずまずのスタートから道中は6、7番手を追走。直線半ばで外からきたラストドラフトと馬体が合わさると、闘志に火がついたのかさらにもうひと伸びして接戦の3着争いを制した。

戸崎圭太騎手「状態は良さそうに感じました。前回、自分が乗ったときはハミに乗っかかるような感じでしたが、きょうは我慢してくれました。斤量を背負ったなかでも、頑張ってくれました」




[もっと見る]

⇒もっと見る

ブレークアップの関連コラム

閲覧 1,529ビュー コメント 0 ナイス 4


アルゼンチン共和国杯ブレークアップが好位から抜け出して勝利。田辺騎手らしい、道中リラックスさせる技術が詰まった一戦だった。

田辺騎手は馬のリズムを重視するタイプのジョッキーで、ゆえにスタミナを温存することが上手い。アスクビクターモア菊花賞制覇も同騎手の技術の賜物だったと思うが、続いての長距離重賞制覇となった。昨年のステイヤーズSも制しており、今や“長丁場の田辺”はひとつの格言になりつつある。

さて、今週末は再び4重賞。エリザベス女王杯も当然注目だが、それは最後に取り上げるとしてココでは武蔵野Sの話を少ししたい。

というのも、武蔵野ステークスは波乱度の高い重賞だ。過去5年で見ても、3連単100万超が2回、20万超が1回。1番人気の馬券圏内は4年前のサンライズノヴァ(1着)ただ一頭のみとなっている。なぜよく荒れるのかということになるが、それはいわゆる「非日常の競馬」だからだろう。

非日常とは何か、もう少しわかりやすく表現すると、普段とは異なる適性を問われる競馬…といえば良いだろうか。ダート競馬で普段問われる適性とは、いわゆる先行力、立ち回り力、パワーといった、とにかく前に行って踏ん張る力だ。基本的にダートは常に前有利。いかに上手に立ち回って粘り込めるか…というのがダート競馬だ。

しかし、武蔵野ステークスはJRAにおける唯一のダート1600mを舞台に行われる。芝スタートに加えて直線も長く、通常のダート競馬における先行力よりも直線の決め手や末脚が重要になる。つまり日常問われている適性とはまったく異なる適性が重要になる。日常と違うのだから、近走の成績などアテにならず、むしろ前年の好走馬や、同コースの実績馬が幅を利かせることになる。前述した4年前の覇者サンライズノヴァは2年前にも当レースを制覇。ソリストサンダーは一昨年11番人気で2着、昨年は3番人気で1着。エアスピネルは一昨年8番人気で3着、昨年は2番人気で2着。

この理屈だと同コースのフェブラリーSも荒れなくては道理に合わないことになるが、フェブラリーSは仮にもG1。トップホースが集まる目標の一戦だけに、紛れは少なくなる。位置づけとしては中途半端になる前哨戦のG3である武蔵野ステークスは、その分紛れも多い。

今年は恐らくレモンポップが人気を集めそうだが、馬券的な妙味はこれまでの話の流れからすれば過去2年既に好走実績があるエアスピネルサンライズノヴァも過去2度当レースを制しており、適性的には申し分ない。新興勢力ならダートに替わって底を見せていないギルデッドミラーあたりだろうか。いずれにしても、武蔵野ステークスは非日常の競馬。今年も穴馬の台頭に期待してみたい。

エリザベス女王杯展望

では、いつも通り最後は週末の注目馬で締めたい。今週末はエリザベス女王杯。注目馬はコチラ。

ウインマイティー和田竜二騎手)

これまでの話の続きになるが、実はエリザベス女王杯も非日常の競馬。数少ない「牝馬のスタミナ戦」である。通常牝馬限定戦はスピードと切れ味が重要になる。ところが長距離のこのレースはむしろスタミナや持久力を問われる。とりわけ阪神開催になると、スタミナ色は強くなる。
というわけで、注目はウインマイティー。牝馬のスタミナホースを多数輩出するゴールドシップ産駒。ウインマイティー自身も前走は長距離の京都大賞典で好走。根性のある和田騎手、追い比べでしぶとさを問われれば浮上してくるはずだ。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

ブレークアップの口コミ


口コミ一覧
閲覧 253ビュー コメント 0 ナイス 6

ヴェラアズール 牡5 57 ムーア



今年の春先は2勝クラスのダート戦を走っていた馬が、想定③人気とは、今年のジャパンCのメンバーレベルを象徴しているかのようだ・・・。



芝の中距離路線に変更後は3-0-2-0と快進撃、それも全て上り最速、前走のGⅡ京都大賞典は大外から差しきって2馬身突き放す快勝、緑風Sで破った相手はAR共和国杯を勝利したブレークアップと、その強さは本物の予感さえしてきている。



週末の雨予報も馬場悪化で、高速決着に不安を残す彼にとってはプラス材料でしかなく、鞍上も剛腕ムーアとくれば狙いたくなる。



しかし、スタート難が常の馬で、後方を余儀なくされる脚質や、

GⅠという舞台での格という点に不安がありなながらの③人気は、決して期待値が高いとは言えないのも事実。



スタートロスがあっても、包まれない外枠で馬場悪化が見込まれた際の連対候補というのが現実的な評価だろう。

逆に内枠で良馬場なら危険な人気馬にもなり得る存在と、現状は認識しておきたい。

 穴党専者 2022年11月12日() 14:43
第47回 エリザベス女王杯 GⅠ◎❺マジカルラグーン
閲覧 315ビュー コメント 7 ナイス 2

半兄ノヴェリストの産駒に先週行われたアルゼンチン共和国杯GⅡを制したブレークアップやら京成杯GⅢを制したラストドラフトがいる。
これまでニューマーケットやらアスコットのような起伏の激しいタフなコースでの実績だけで低評価されておりますが、ノース・ヨークシャ州ヨークにある欧州では非常に珍しい起伏が少ないヨーク競馬場での実績もあり、同馬の持久力に長けた渋太い走りを見る限り血統的にも一発を秘めた逸材である。✧︎( ̄▽+ ̄*)☝

[もっと見る]

 Haya 2022年11月10日(木) 07:00
【~術はある~】(2022.11.10.)(武蔵野S、デイリー杯2歳S... 
閲覧 214ビュー コメント 0 ナイス 3

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

一昨日8日(火)夜は、日本全国で「皆既月食」が起こりました。皆既月食は、月が地球の影に完全に隠されて、幻想的な赤銅色の満月が見られる天体現象。ちなみに、次に日本で皆既月食が見られるのは、約3年後の2025年9月8日。

また、日本で皆既月食と惑星食が同時に見られたのは1580年7月26日以来、442年ぶり!? 惑星食の現象は珍しいものではありませんが、月食の最中に起こることはめったにありません。次回、日本で皆既月食と惑星食が同時に起こるのは2344年。地球全体でみても、次回は2106年の部分月食で、皆既月食となると2235年までないようです(全惑星食が対象)。

【週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数20年分)
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇)
木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
金曜日 : お休み
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【“総合分析”予想 第11期途中経過】
第11期(11月5日~11月27日)8日間(京王杯2歳S~京阪杯)13戦

週末は、当てる事ができたのか!?

土曜、G2京王杯2歳Sでは、4番ペースセッテングに注目!
複勝(4番ペースセッテング) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

土曜「京王杯2歳S」で注目したペースセッテング(2人気)は、スタートでほんの僅か後手を踏み中団追走のまま直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、ペースがミドル??よりになり前が止まらない展開。差して来てはいるがクビ差届かず4着まで…残念。レースは、好位のインに付けたオオバンブルマイ(10人気)が、直線半ばで外に出され、逃げ粘るフロムダスク(11人気)をゴール前で差し切って、これに1馬身差をつけ優勝。さらにハナ差の3着にスピードオブライト(5人気)が入り、3連単配当222万1830円を付ける大波乱決着?? 当然ながら馬券はハズレ…(ノД`)・゜・。 反省点として、軸馬選択の失敗!? 痛恨の出遅れ!? スタート直後の位置取りが後ろ過ぎた為に、直線で前が壁になり追い出すタイミングが遅れた と個人的な見解? 優勝したオオバンブルマイは、全姉ブランボヌール、全弟エントシャイデン、半弟ビアンフェと重賞実績豊富なファミリーの一員で、血統背景を踏まえれば重賞でも侮れない存在だった…残念。
 

土曜、G3ファンタジーSでは、9番サラサハウプリティに注目!
複勝(9番サラサハウプリティ) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

土曜「ファンタジーS」で注目したサラサハウプリティ(7人気)は、中団後方追走のまま直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、前が壁になりスムーズに追い出す事が出来ず何とか5着入線…残念。レースは、先手を取ったリバーラ(10人気)が、そのまま逃げ切り、外から追い込んだブトンドール(2人気)に1.1/4馬身差をつけ優勝。さらに1馬身差の3着にレッドヒルシューズ(5人気)が入り、波乱決着!? 当然ながら馬券はハズレ…(ノД`)・゜・。 反省点として、軸馬選択の失敗!? 4角から直線へ向かう位置取りが悪く、追い出すタイミングが遅れた と個人的な見解? 優勝したリバーラは、リファールのクロス血量12.50% 4×4があり、血統背景を踏まえれば重賞でも侮れない存在だった…残念。


日曜、G2アルゼンチン共和国杯では、17番ハーツイストワールに注目!
複勝(17番ハーツイストワール) 
結果は、2着入線的中!(複勝380円)

日曜「アルゼンチン共和国杯」で注目したハーツイストワール(5人気)は、スタートは良かったものの思いのほか中団追走のまま直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、3番手でレースを進めたブレークアップ(6人気)が、直線の追い比べから抜け出し、内を突いたハーツイストワールに1.1/4馬身差をつけ優勝した。さらにクビ差の3着にヒートオンビート(3人気)が入り、中波乱決着!? 馬券は久々に的中!🎯
反省点として、馬券種の選択?? ワイド馬券で選択していたなら3歳馬キラーアビリティ(8着)だったので、外れていました。欲を言えば、配当額(複勝380円)が400円は欲しかった。ただ、当たったから言えることで、外れていたら…反省。とりあえずは、連敗から脱出できたので”ヨシ!!”
 

日曜、G3みやこSでは、9番タイセイドレフォンに注目!
複勝(9番タイセイドレフォン) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「みやこS」で注目したタイセイドレフォン(5人気)は、スタート良く先団後方追走のまま直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、思いのほか伸びを欠き5着まで…残念。レースは、中団後方から進出したサンライズホープ(11人気)が、直線半ばで抜け出し、内で食い下がったハギノアレグリアス(2人気)にアタマ差をつけ優勝。さらにクビ差の3着に、最後方追走から追い込んだオメガパフューム(1人気)が入ったが、波乱決着!? 当然ながら馬券はハズレ…(ノД`)・゜・。 反省点として、軸馬選択の失敗!? 最後まで迷った相手がハギノアレグリアス(2着)だった。想定していた位置取りが4角5番手以内の馬!! 前走を検証するとタイセイドレフォン(3番手)、ハギノアレグリアス(6番手)、決め手は騎手川田将雅騎手の継続騎乗…残念。

【短 評】
先週末、4戦1勝3敗…危なかったみたいな感じ。ただ、先週の4重賞(京王杯2歳S、ファンタジーS、AR共和国杯、みやこS)で、1番人気馬が馬券に絡んだのはみやこS(3着オメガパフューム)のみで、波乱決着ばかり!? まともな予想では、当てることができなかったはず?? ましてや、馬連・ワイド馬券等を買っていたら、当然ながら馬券はハズレ…(ノД`)・゜・。複勝馬券だから、当てることができた。反省点としては、的中率のアップ!! 具体的なら4戦3勝1敗の的中率75%以上を目指して、今週末4重賞(武蔵野S、デイリー杯2歳S、エリザベス女王杯福島記念)で頑張ります。

【重賞レースの馬番コンピ 回 顧 篇】
(京王杯2歳S)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数1位"
18番ロンドンプランが該当=結果14着ハズレ…(ノД`)・゜・。

ファンタジーS)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数4位"
12番シルフィードレーヴが該当=結果7着ハズレ…(ノД`)・゜・。

アルゼンチン共和国杯)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数2位"
6番キラーアビリティが該当=結果8着ハズレ…(ノД`)・゜・。

(みやこS)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数8位"
1番サクラアリュールが該当=結果9着ハズレ…(ノД`)・゜・。


【重賞レースの馬番コンピポイント篇】
(武蔵野S)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数3位"

*無条件
過去10年内(1-2-1-6/10)
勝率10%/連対率30%/複勝率40%/単勝回収値66/複勝回収値112
近5年内 (1-1-1-2/5)
勝率20%/連対率40%/複勝率60%/単勝回収値132/複勝回収値188

昨年(1着)出現しているだけに、今年は期待薄!?


(デイリー杯2歳S)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数2位"

*無条件
過去10年内(1-4-3-2/10)
勝率10%/連対率50%/複勝率80%/単勝回収値36/複勝回収値116
近5年内 (0-2-1-2/5)
勝率0%/連対率40%/複勝率60%/単勝回収値0/複勝回収値84

2年連続出現しているだけに、今年は期待薄!?


エリザベス女王杯
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数2位"

*無条件
過去10年内(1-1-4-4/10)
勝率10%/連対率20%/複勝率60%/単勝回収値39/複勝回収値109
近5年内 (0-0-2-3/5)
勝率0%/連対率0%/複勝率40%/単勝回収値0/複勝回収値78

2年連続外しているだけに、今年こそは期待大!?


福島記念
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数1位"

*無条件
過去10年内(2-3-2-3/10)
勝率20%/連対率50%/複勝率70%/単勝回収値88/複勝回収値112
近5年内 (1-1-1-2/5)
勝率20%/連対率40%/複勝率60%/単勝回収値78/複勝回収値88

昨年(16着)外しているだけに、今年こそは期待大!?


詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ブレークアップの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  HELPRO   フォロワー:0人 2021年12月5日() 16:09:51
田辺の騎乗ミス。(道理で居残りさせられる訳だ!

ブレークアップの写真

ブレークアップ

ブレークアップの厩舎情報 VIP

2022年11月6日アルゼンチン共和国杯 G21着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ブレークアップの取材メモ VIP

2022年11月6日 アルゼンチン共和国杯 G2 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。