バスラットレオン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
バスラットレオン
バスラットレオン
バスラットレオン
バスラットレオン
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2018年3月25日生
調教師矢作芳人(栗東)
馬主広尾レース 株式会社
生産者三嶋牧場
生産地浦河町
戦績 9戦[3-0-2-4]
総賞金9,790万円
収得賞金3,600万円
英字表記Bathrat Leon
血統 キズナ
血統 ][ 産駒 ]
ディープインパクト
キャットクイル
バスラットアマル
血統 ][ 産駒 ]
New Approach
ザミリア
兄弟
前走 2021/05/30 東京優駿 G1
次走予定

バスラットレオンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/05/30 東京 11 東京優駿 G1 芝2400 1781753.91215** 牡3 57.0 藤岡佑介矢作芳人 484
(+2)
2.25.4 2.936.8シャフリヤール
21/05/09 東京 11 NHKマイル G1 芝1600 18244.63** 牡3 57.0 藤岡佑介矢作芳人 482
(+2)
-- ----シュネルマイスター
21/04/10 中山 11 NZT G2 芝1600 16363.221** 牡3 56.0 藤岡佑介矢作芳人 480
(0)
1.33.1 -0.934.6タイムトゥヘヴン
21/03/13 阪神 6 3歳1勝クラス 芝1600 10771.911** 牡3 52★ 古川奈穂矢作芳人 480
(+2)
1.34.2 -0.434.6ビップランバン
21/01/10 中京 11 シンザン記念 G3 芝1600 156104.223** 牡3 56.0 坂井瑠星矢作芳人 478
(0)
1.33.7 0.435.5ピクシーナイト
20/12/20 阪神 11 朝日杯FS G1 芝1600 1661125.084** 牡2 55.0 坂井瑠星矢作芳人 478
(-4)
1.32.8 0.534.8グレナディアガーズ
20/11/28 阪神 11 京都2歳S G3 芝2000 10226.946** 牡2 55.0 坂井瑠星矢作芳人 482
(+20)
2.02.1 0.535.9ワンダフルタウン
20/09/05 札幌 11 札幌2歳S G3 芝1800 14463.913** 牡2 54.0 坂井瑠星矢作芳人 462
(0)
1.48.5 0.337.2ソダシ
20/07/26 札幌 5 2歳新馬 芝1800 7112.611** 牡2 54.0 藤岡佑介矢作芳人 462
(--)
1.51.3 -0.433.6モリノカンナチャン

バスラットレオンの関連ニュース

 ★マーメイドS3着シャドウディーヴァ(美・斎藤誠、牝5)は、関屋記念(8月15日、新潟、GIII、芝1600メートル)から新潟記念(9月5日、新潟、GIII、芝2000メートル)へ。同厩舎でしらかばSを勝ったシャンデリアムーン(牝5)は、UHB賞(8月15日、札幌、OP、芝1200メートル)に向かう。

 ★マーメイドS2着クラヴェル(栗・安田翔、牝4)は中京記念(7月18日、小倉、GIII、芝1800メートル)に向かうことを、キャロットクラブが23日に発表した。4着アンドラステ(栗・中内田、牝5)も中京記念を視野に入れることを、社台サラブレッドクラブが発表。

 ★栗東・矢作厩舎の動向は以下の通り。函館スプリントS3着ミッキーブリランテ(牡5)はキーンランドC(8月29日、札幌、GIII、芝1200メートル)に向かう。16着ジャスティン(牡5)はクラスターC(8月9日、盛岡、交流GIII、ダ1200メートル)へ。日本ダービー15着バスラットレオン(牡3)は京成杯AH(9月12日、中山、GIII、芝1600メートル)へ。

 ★葵Sを勝って放牧中のレイハリア(美・田島、牝3)は、引き続き亀田騎手でキーンランドCに進む。

 ★スレイプニルSを勝ったハヤヤッコ(美・国枝、牡5)は、今週中に放牧へ。チャンピオンズC(12月5日、中京、GI、ダ1800メートル)を目標に、秋はシリウスS(10月2日、中京、GIII、ダ1900メートル)での始動が有力。4着ネオブレイブ(美・小西、牡5)はBSN賞(8月28日、新潟、L、ダ1800メートル)へ。

 ★天皇賞・春14着メイショウテンゲン(栗・池添兼、牡5)は札幌日経オープン(8月7日、函館、L、芝2600メートル)に向かう。僚馬で栗東S4着ロイヤルパールス(牡6)は、マリーンS(7月10日、函館、OP、ダ1700メートル)へ。

 ★葵S5着モントライゼ(栗・松永幹、牡3)はアイビスSD(7月25日、新潟、GIII、芝1000メートル)へ。

 ★阪急杯16着ベストアクター(美・鹿戸、セン7)は関屋記念で戦列復帰の模様。

 ★平安S15着ケンシンコウ(美・小西、牡4)はジュライS(7月17日、福島、L、ダ1700メートル)。

 ★安田記念5着トーラスジェミニ(美・小桧山、牡5)は、七夕賞(7月11日、福島、GIII、芝2000メートル)に向かう。

 ★ユニコーンS7着ティアップリオン(美・奥平、牡3)は右前肢の骨折が判明。全治6カ月の見込み。

 ★アンタレスS6着ロードゴラッソ(栗・藤岡、牡6)は、マリーンSに駒を進める。

【祐一独占手記】史上3人目のダービー連覇「シャフリヤールの力に助けられた」 2021年5月31日(月) 05:00

 日本ダービーが30日、東京競馬場で行われ、4番人気のシャフリヤール(栗東・藤原英昭厩舎、牡3歳)が末脚を伸ばしてハナ差V。3歳馬7398頭の頂点に立った。鞍上の福永祐一騎手(44)=栗東・フリー=は、2018年のワグネリアン、昨年のコントレイルに続くダービー3勝目で史上3人目の連覇を達成。大接戦の激闘を振り返るとともに、厩舎と一丸となってつかんだ勝利について、独占手記を寄せた。

 ◇

 デビュー戦で勝った直後から、今年の日本ダービーシャフリヤールとともに挑戦したいと思っていました。この大舞台を目標に牧場、厩舎と一丸となって作り上げてきたパートナーで勝つことができ、ホースマン冥利に尽きる最高の経験をさせてもらいました。

 みんなが素晴らしい走りをした、紙一重の競馬でした。いいスタートが切れて1コーナー手前で取りたい位置が取れましたが、そこからペースが遅くなって内で動くに動けない苦しい状況になり、極限まで脚をためることに専念しました。最後の直線は進路を確保した段階でエフフォーリアサトノレイナスが抜け出していて、つかまえるのは困難だと思いましたが、素晴らしい瞬発力を見せてくれました。

 決してスムーズな騎乗ではなく、シャフリヤールの力に助けられました。GIを勝つ馬に共通する体幹の良さがあって、ばねの塊のような本当に素晴らしい馬。騎乗経験はありませんが、お父さんのディープインパクトに近いんじゃないかなと思います。

 また、藤原英昭厩舎とのタッグで勝てたことも最高にうれしかったです。師匠の北橋修二先生、主戦起用してもらっていた瀬戸口勉先生が続けて定年で引退された2007年。新たな拠点となったのが藤原英厩舎でした。馬術経験豊富な技術集団で、調教の乗り方などを一から教えてもらいました。一頭一頭に明確なビジョンを描いて、競走馬として作り上げていく面白さ、難しさも学んできました。

 その中でダービーには心に刻まれている思い出があります。藤原英厩舎所属で10年に優勝したエイシンフラッシュは、デビュー戦では手綱を取っていましたが、本番で指名されたのは自分ではありませんでした。当時は厩舎の一番馬を勝たせるだけの技術が身についていませんでしたし、もっと精進していつかは…と感じました。

 ワグネリアンで初めて優勝した18年では、引き揚げてきた検量室で真っ先に祝福してくれたのが藤原英先生と同厩舎の荻野助手でした。自厩舎の皐月賞エポカドーロは2着に敗れたのに、まるで勝利した陣営のように出迎えてくれました。なかなかできないことで素晴らしい人間性だと思います。そのときに、いつか必ず一緒にダービーを勝ちたいと強く思いました。

 そして、今年は先生にとって特別な思いがあるダービーで初めて騎乗依頼をもらいました。最高の状態に仕上がっていて、冷や冷やさせながらも勝つことができて本当に良かったです。ダービー連覇で通算3勝目。あれだけ切望していたものが立て続けに手に入るとは思ってもいませんでしたが、ワグネリアンで得た自信、コントレイルで出した結果が、自分の経験則となって力になっています。これからも縁あって巡り合ったパートナーが素晴らしい馬生を送れるように、騎手として全力を尽くしていきます。(JRA騎手)



福永祐一(ふくなが・ゆういち) 1976(昭和51)年12月9日生まれ、44歳。滋賀県出身。栗東・北橋厩舎所属で96年3月にデビュー。同年53勝で最多勝利新人騎手に輝き、2011、13年にJRAリーディング獲得。30日現在、JRA通算2448勝。重賞はGI30勝を含む152勝。160センチ、52キロ。週末の競馬開催日に本紙でコラム「新ユーイチが行く」を連載中。

★30日東京11R「日本ダービー」の着順&払戻金はこちら

★第88回日本ダービーVTR…予想通り大外枠からバスラットレオンが逃げ、前半1000メートルを60秒3で通過した。向こう正面でシャフリヤールエフフォーリアのななめ後ろにつける7番手。外の馬が早めに動き出したため位置取りは下がったが、4コーナー手前ではエフフォーリアの横に並びかけた。直線で内から抜け出したエフフォーリアに対し、シャフリヤールは外へ。進路の確保に苦労する場面もあったが、前があいてからはジワジワと差を詰め、内からエフフォーリアに並んだところがゴール。約10センチ差でシャフリヤールが栄光を手にした。

【福永騎手・ダービーアラカルト】●ダービー3勝目…ダービー3勝は、武豊騎手の5勝に次ぐ歴代単独2位の記録。●JRA・GI…2日の天皇賞・春ワールドプレミア)以来、今年2勝目で通算30勝目。JRA重賞は、前週の平安Sオーヴェルニュ)に続く今年5勝目で通算152勝目。●乗り替わりV…シャフリヤールは前走の毎日杯川田将雅騎手が騎乗。前走から乗り替わりでのダービー制覇は1985年シリウスシンボリ(岡部幸雄→加藤和宏)以来36年ぶり。

[もっと見る]

【日本ダービー】レースを終えて…関係者談話 2021年5月31日(月) 04:53

 ◆戸崎騎手(グレートマジシャン4着)「ゲート裏でテンションは高かったが、ゲートは普通に出てくれた。ペースが遅くて前の馬がフラフラする影響は少しあったが、力のあるところは証明できたと思う」

 ◆田辺騎手(タイトルホルダー6着)「スタートから出していったが、外(バスラットレオン)が速かったので馬の後ろに入れてあのポジション(好位)に。この馬なりに頑張っているが、後半のスピード勝負は向かないです」

 ◆川田騎手(ヨーホーレイク7着)「力みっぱなしの競馬になってしまい、僕自身がうまく乗ることができなかったです」

 ◆松山騎手(グラティアス8着)「スタミナを生かす競馬を考えていました。3コーナーから早めに来られてプレッシャーもあったが、最後までしっかりと走ってくれています」

 ◆大野騎手(バジオウ9着)「ペースが落ち着いて少しスムーズさを欠いたが、最後は脚を使っている」

 ◆和田竜騎手(ワンダフルタウン10着)「勝ち馬にいい位置を取られて、その後ろから。リズム重視で進んだが、時計が速すぎた」

 ◆友道師(レッドジェネシス11着)「しまいは来ていたし、頑張っていると思う」

 ◆浜中騎手(ラーゴム12着)「1コーナーから力みが強く、他馬とぶつかって馬が怒ってしまった」

 ◆石橋騎手(タイムトゥヘヴン13着)「上位とは瞬発力の差が出たけど、距離を我慢してくれたのはよかった」

 ◆池添騎手(ヴィクティファルス14着)「最後の坂でいっぱいになったが、これからの成長に期待」

 ◆藤岡佑騎手(バスラットレオン15着)「注文をつけてハナへ。4コーナーで仕掛けてからも反応していた」

 ◆武豊騎手(ディープモンスター16着)「早めに動いていったが、最後は抵抗できなかった」

 ◆M・デムーロ騎手(アドマイヤハダル17着)「みんなが速くてあの位置(後方2番手)から。向こう正面から力を信じて上がっていったが、直線は頑張れなかった」

★30日東京11R「日本ダービー」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】日本ダービー2021 徳光和夫さん、雨上がり・蛍原さんなど多士済々!競馬大好き芸能人・著名人がファイナルジャッジ! 2021年5月30日() 05:30


※当欄では日本ダービーについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【徳光和夫】
◎①エフフォーリア
3連単1頭軸流しマルチ
①→④⑧⑩⑪⑫⑯
複勝
アドマイヤハダル

【蛍原徹(雨上がり決死隊)】
◎⑮アドマイヤハダル
単勝

3連単1頭軸流しマルチ
⑮→①②⑧⑭⑯

【DAIGO】
◎①エフフォーリア
ワイド
①-⑩
①-⑧
①-⑬
ワイドボックス
⑧⑩⑬

【田中将大(東北楽天ゴールデンイーグルス投手)】
◎①エフフォーリア
○⑬グレートマジシャン
▲⑦グラティアス
☆⑫ワンダフルタウン
△⑧ヨーホーレイク

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑧ヨーホーレイク
○⑦グラティアス
▲①エフフォーリア
△⑫ワンダフルタウン
△⑭タイトルホルダー
△⑮アドマイヤハダル
△⑤ディープモンスター
馬連流し・3連単1頭軸流しマルチ
⑧→①⑤⑦⑫⑭⑮

【木梨ノリゾー(木梨憲武)】
◎①エフフォーリア
○⑬グレートマジシャン
▲⑤ディープモンスター
☆⑯サトノレイナス
△⑩シャフリヤール
△⑪ステラヴェローチェ

【所ジョージ】
◎⑬グレートマジシャン
○⑤ディープモンスター
▲③タイムトゥヘヴン
☆①エフフォーリア
△⑯サトノレイナス

【杉本清】
◎①エフフォーリア
○⑯サトノレイナス
▲⑬グレートマジシャン
☆⑩シャフリヤール
△④レッドジェネシス
△⑤ディープモンスター
△⑫ワンダフルタウン
△⑮アドマイヤハダル

【草野仁】
◎①エフフォーリア
○⑯サトノレイナス
△⑩シャフリヤール
△⑬グレートマジシャン
△⑫ワンダフルタウン
△⑭タイトルホルダー
△⑥バジオウ

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎①エフフォーリア

【レッド吉田(TIM)】
◎⑫ワンダフルタウン

【松田丈志(オリンピック競泳メダリスト)】
◎⑩シャフリヤール

【林修】
注目馬
エフフォーリア

【棚橋弘至(プロレスラー)】
◎①エフフォーリア
○⑭タイトルホルダー
注⑰バスラットレオン

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎①エフフォーリア
○⑯サトノレイナス
▲⑦グラティアス
△②ヴィクティファルス
△⑪ステラヴェローチェ
△⑭タイトルホルダー
△⑮アドマイヤハダル

【増沢末夫(元JRA調教師)】
◎⑯サトノレイナス

【柴田政人(元JRA調教師)】
注目馬
サトノレイナス
アドマイヤハダル

【中村均(元JRA調教師)】
◎①エフフォーリア
○⑯サトノレイナス
☆⑪ステラヴェローチェ
☆⑬グレートマジシャン
△⑩シャフリヤール
△⑤ディープモンスター
△⑫ワンダフルタウン

【小原伊佐美(元JRA調教師)】
◎①エフフォーリア

【田原成貴(元JRA調教師)】
◎⑩シャフリヤール
○①エフフォーリア
▲⑯サトノレイナス
△⑪ステラヴェローチェ
△⑧ヨーホーレイク
△⑬グレートマジシャン
△⑦グラティアス

【細江純子(元JRA騎手)】
注目馬
エフフォーリア
サトノレイナス
グラティアス
ヨーホーレイク

【谷中公一(元JRA調教助手)】
◎①エフフォーリア

【東信二(元JRA騎手)】
◎①エフフォーリア

【吉沢宗一(元JRA騎手)】
◎①エフフォーリア

【橋本マナミ】
◎①エフフォーリア
○⑫ワンダフルタウン
▲⑭タイトルホルダー
△⑯サトノレイナス
△⑤ディープモンスター
△⑧ヨーホーレイク
△⑩シャフリヤール
△⑬グレートマジシャン

【横山ルリカ】
◎⑯サトノレイナス

【黒澤ゆりか】
◎①エフフォーリア
○⑭タイトルホルダー
▲⑯サトノレイナス
△⑩シャフリヤール
△⑮アドマイヤハダル

【神部美咲】
◎①エフフォーリア
3連単1頭軸流しマルチ
①→⑧⑫⑭⑮⑯
ワイド
①-⑩
①-⑪

【旭堂南鷹】
◎⑫ワンダフルタウン
○①エフフォーリア
△⑦グラティアス
△②ヴィクティファルス
△⑤ディープモンスター

【稲富菜穂】
◎⑭タイトルホルダー
○①エフフォーリア
▲⑧ヨーホーレイク
△⑯サトノレイナス
△⑦グラティアス
△②ヴィクティファルス
△⑩シャフリヤール

【やべきょうすけ】
◎①エフフォーリア
○⑩シャフリヤール
▲⑬グレートマジシャン
△⑦グラティアス
△⑧ヨーホーレイク
△⑪ステラヴェローチェ
△⑫ワンダフルタウン

【小木茂光】
◎⑤ディープモンスター
3連単フォーメーション
①⑤⑬→①②⑤⑦⑧⑩⑪⑫⑬⑭⑯→①⑤⑬

【ノブ(千鳥)】
◎①エフフォーリア

【津田麻莉奈】
◎①エフフォーリア

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎②ヴィクティファルス
枠連
①-④

【キャプテン渡辺】
◎⑪ステラヴェローチェ
馬連・ワイド流し
⑪-①⑩
3連単フォーメーション
①→⑩⑪→⑩⑪

【山内健司(かまいたち)】
◎⑩シャフリヤール

【土屋伸之(ナイツ)】
◎⑧ヨーホーレイク

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑯サトノレイナス
○①エフフォーリア
▲⑩シャフリヤール
△④レッドジェネシス
△⑫ワンダフルタウン
△⑬グレートマジシャン
△⑮アドマイヤハダル

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎⑬グレートマジシャン
○①エフフォーリア
▲⑦グラティアス
☆⑫ワンダフルタウン
△②ヴィクティファルス
△⑧ヨーホーレイク
△⑩シャフリヤール

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎①エフフォーリア
○⑬グレートマジシャン
▲⑩シャフリヤール
△⑦グラティアス
△⑪ステラヴェローチェ
△⑫ワンダフルタウン
△⑭タイトルホルダー

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑩シャフリヤール
単勝

3連単フォーメーション
①⑩→①⑩→②⑧⑪⑫⑬⑭⑯
①⑩→②⑧⑪⑫⑬⑭⑯→①⑩
3連単2頭軸流しマルチ
⑩→⑬→①②⑤⑦⑧⑪⑫⑭⑮⑯
⑩→⑭→①②⑤⑦⑧⑪⑫⑬⑮⑯

【ギャロップ林】
◎⑪ステラヴェローチェ
単勝

ワイド流し
⑪-⑧⑩⑫⑬

【こいで(シャンプーハット)】
◎⑤ディープモンスター
3連単2頭軸流しマルチ
⑤→①→②④⑦⑧⑩⑫⑬⑯

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑬グレートマジシャン
単勝

3連単2頭軸流しマルチ
⑬→①→⑩⑫⑯
⑬→⑩→①②④⑤⑦⑧⑪⑫⑭⑮⑯

【浅越ゴエ】
◎②ヴィクティファルス
複勝

馬連
②-①エフフォーリア
ワイド流し
②-①⑤⑧⑬
3連単2頭軸流しマルチ
②→①→⑤⑧⑬

【岩部彰(ミサイルマン)】
◎⑤ディープモンスター
馬単
⑤→①エフフォーリア
①→⑤
ワイド流し
⑤-⑬⑭
3連単フォーメーション
①⑤→②③④⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯⑰→①⑤
②③④⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯→①⑤→①⑤
3連単ボックス
①⑨③
③⑤⑩

【西代洋(ミサイルマン)】
◎⑥バジオウ
3連単フォーメーション
①⑥⑯→①⑥⑯→①②④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑫⑬⑭⑮⑯
①⑥⑯→①②④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑫⑬⑭⑮⑯→①⑥⑯

【盛山晋太郎(見取り図)】
◎⑭タイトルホルダー
3連単2頭軸流しマルチ
⑭→①→②⑤⑥⑦⑧⑩⑪⑫⑬⑮⑯⑰

【リリー(見取り図)】
◎②ヴィクティファルス
3連単2頭軸流しマルチ
②→⑩→①④⑨⑫⑭⑯⑰

【岡野陽一】
◎⑧ヨーホーレイク
○①エフフォーリア
▲⑦グラティアス
△②ヴィクティファルス
△④レッドジェネシス
△⑮アドマイヤハダル
△⑯サトノレイナス

【川合亮太(シティホテル3号室)】
注目馬
エフフォーリア
グレートマジシャン

【船山陽司】
◎⑫ワンダフルタウン

【上村彩子】
◎⑯サトノレイナス

【篠原梨菜】
◎①エフフォーリア

【鷲見玲奈】
◎①エフフォーリア
馬単流し
①→⑪⑭⑯
①→②⑧⑩⑮

【野村彩也子】
◎⑭タイトルホルダー

【高野貴裕】
◎⑭タイトルホルダー

【小笠原亘】
◎①エフフォーリア

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑮アドマイヤハダル

【大島麻衣】
◎①エフフォーリア

【熊崎晴香(SKE48)】
◎⑬グレートマジシャン
○①エフフォーリア
▲⑤ディープモンスター
△⑧ヨーホーレイク
△⑫ワンダフルタウン
△②ヴィクティファルス

【高見奈央】
◎⑯サトノレイナス
○①エフフォーリア
▲⑭タイトルホルダー
△⑫ワンダフルタウン
△④レッドジェネシス

【柴田阿弥】
◎⑯サトノレイナス

【高田秋】
◎①エフフォーリア

【原奈津子】
◎⑭タイトルホルダー
○①エフフォーリア
▲⑪ステラヴェローチェ

【神谷由香】
◎①エフフォーリア
○⑯サトノレイナス
▲⑭タイトルホルダー
△④レッドジェネシス
☆⑫ワンダフルタウン

【森咲智美】
◎⑬グレートマジシャン
○①エフフォーリア
▲⑩シャフリヤール
△⑧ヨーホーレイク
△⑭タイトルホルダー
☆⑯サトノレイナス

【ほのか】
◎①エフフォーリア
○⑤ディープモンスター
▲⑦グラティアス
☆⑫ワンダフルタウン
△④レッドジェネシス
△⑧ヨーホーレイク
△⑭タイトルホルダー
△⑮アドマイヤハダル

【守永真彩】
◎①エフフォーリア
3連複フォーメーション
①-⑬⑯-②⑥⑦⑧⑩⑪⑬⑭⑯

【天童なこ】
◎⑩シャフリヤール
○⑬グレートマジシャン
▲①エフフォーリア
☆⑯サトノレイナス
△⑦グラティアス
△⑤ディープモンスター
△⑧ヨーホーレイク
△⑭タイトルホルダー

【目黒貴子】
◎①エフフォーリア



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【日本ダービー】直前気配 2021年5月30日() 04:50

 <美浦トレセン>

 桜花賞2着サトノレイナスは坂路を4ハロン64秒2で駆け上がった。国枝調教師は「大丈夫。前回と比べてもはつらつさや張りはいいんじゃないかな。気持ちも穏やか。ゲートも含め、あとはルメさんにお任せ」と名手に悲願成就を託す。

 皐月賞2着タイトルホルダーは南の角馬場をじっくり時間をかけて周回。「左手前が好きで、走りに左右で差があるタイプ。右回りでも結果を出しているけど、左回りはいいよ」と栗田調教師は東京替わりを歓迎。

 グラティアスは坂路でキャンター(4ハロン64秒0)を消化するなど入念に運動をこなした。「中間は現状でやれる最大限のことをやれた。中身はすごくタフに仕上がっている」と加藤征調教師。

 グレートマジシャンは厩舎周りで運動。「予定通り。落ち着いていますよ。馬体重も480キロ前後で出せそう」と宮田調教師。

 バジオウは北の角馬場で運動。「状態はキープより一段階上げられた。不安なく行けます」と田中博調教師。

 タイムトゥヘヴンも運動のみ。「息遣いが良くなっている。折り合えば距離は大丈夫」と斎藤助手。

 <東京競馬場>

 関西馬のバスラットレオンは午後3時27分に到着。矢作調教師は「何事もなく順調にきている。中途半端な外(枠)よりかは大外(〔8〕枠(17)番)のほうがいい。やることは決まっているからね」と堂々の逃げ宣言だ。

 アドマイヤハダルは午後3時28分に到着。大久保調教師は「外に行く馬もいるのでポジション取りが大事になると思います」とポイントに挙げた。

 ワンダフルタウンは午後3時29分に到着。「追い切り後も硬さを見せず、いい意味で気が乗っている。あとはジョッキーに任せます。青写真を描いてるだろうからね」と高橋忠調教師。

 ディープモンスターは午後3時35分に到着。父ディープインパクトと同じ(5)番枠から頂点を狙う。「前走より東京2400メートルの方が競馬はしやすいと思う。あとはジョッキーに任せます」と兼武助手。

 皐月賞9着のヴィクティファルスは午後3時36分に現地へ到着。池添学調教師は「内枠(〔1〕枠(2)番)はいいと思うし、スタートも上手な馬なのでスッと好位につけられれば。距離は我慢できると思う」と力を込めた。

 ラーゴムは午後3時49分に到着。「順調にきているので調教でやってきた成果をレースで出せるかどうかですね。左回りに替わるのはいいと思います。いいところをみせてほしいですね」と斉藤崇調教師。

 ステラヴェローチェ午後3時50分に到着。皐月賞3着からの逆転を期す。「鞍上とも相談してメンコを着けて臨みます。厩舎としても先週のソダシのリベンジを果たしたいですね」と山田助手。

 京都新聞杯の勝ち馬レッドジェネシスは午後3時50分に到着した。友道調教師は「距離は延びれば延びるほどいい。近走は力を付けているからね」と期待を込めた。

 ヨーホーレイクは午後3時52分に決戦の地に着いた。「直線の長いコースはいいし、しまいは確実に伸びてくれるからね」と友道調教師。

 シャフリヤールは午後3時55分に到着。「前走後に成長できて、リラックスもできたのでうまく調整できた。操縦性が高いので、経験豊富な福永騎手がうまく乗ってくれるでしょう」と藤原英調教師。



日本ダービーの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【重賞データ分析】日本ダービー2021 5項目チェックからエフフォーリアの相手に浮かび上がった2頭とは⁉︎ 2021年5月29日() 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は日本ダービー・データ分析 をお届けします!


【キャリア】
2011年以降の2着以内20頭のキャリアを確認すると、4戦から9戦の間。3戦以下ならびに10戦以上の馬は低調な結果に終わっている。

(減点対象馬)
グラティアス ⑩シャフリヤール ⑬グレートマジシャン 

【ステップレース】
2011年以降の2着以内20頭における前走使用レースをみると、皐月賞京都新聞杯青葉賞の3パターンに限定される。これ以外のステップで臨んだ馬は2着連対圏に届いていない。

(減点対象馬)
タイムトゥヘヴン ⑥バジオウ ⑩シャフリヤール ⑬グレートマジシャン ⑯サトノレイナス ⑰バスラットレオン

【前走着順】
前走の着順については皐月賞なら7着、京都新聞杯であれば2着、青葉賞の場合は1着が目安。2011年以降の2着以内馬は例外なくこの条件を満たしていた。

(減点対象馬)
ヴィクティファルス ⑨ラーゴム 

【前走人気】
2011年以降の2着以内に入った全馬が、前走で単勝7番人気以内の支持を集めていた。前走の単勝人気順が8番手以下だった馬は強調しづらい。

(減点対象馬)
タイムトゥヘヴン ⑤ディープモンスター ⑧ヨーホーレイク ⑭タイトルホルダー 

【重賞実績】
2011年以降の1~2着馬20頭すべてに、芝1800m以上のJRA重賞で2着以内の好走経験があった。重賞連対経験がない馬や、重賞好走歴が1800m未満の距離に偏っている馬は疑ってかかるべきだろう。

(減点対象馬)
ディープモンスター ⑥バジオウ ⑪ステラヴェローチェ ⑮アドマイヤハダル ⑯サトノレイナス ⑰バスラットレオン


【データ予想からの注目馬】
上記5項目で減点がないのは、①エフフォーリア、④レッドジェネシス、⑫ワンダフルタウンの3頭。最上位には①エフフォーリアを推す。2011年以降、前走が皐月賞1着、なおかつ東京芝重賞で連対歴を持つ馬は【3.1.1.1】の好パフォーマンスを示している。強い内容で皐月賞を制した、①エフフォーリアの能力を素直に評価したい。

近10回【1.1.1.3】のキャリア3勝以上かつ京都新聞杯優勝馬に当てはまる④レッドジェネシス、【3.1.1.6】の重賞連勝中の馬に該当する⑫ワンダフルタウンも上位評価に値する存在だ。

<注目馬>
エフフォーリア ④レッドジェネシス ⑫ワンダフルタウン

[もっと見る]

⇒もっと見る

バスラットレオンの関連コラム

閲覧 1,010ビュー コメント 0 ナイス 4

 先週5月30日(日)のダービーデイをもって「ウマニティPOG 2020」が終了。各ワールドの最終順位が確定しました。今回は前シーズンの最終結果や優勝争いの様子を振り返ってみましょう。
 ちなみに、現3歳世代の本賞金ランキングを確認してみると、現時点におけるトップは日本ダービーを制したシャフリヤール(25450万円)、2位は皐月賞馬のエフフォーリア(24510万円)、3位はG1を2勝したソダシ(23700万円)となっています。ディープインパクト産駒で全兄にアルアインがいるシャフリヤールはともかく、エピファネイア産駒のエフフォーリアクロフネ産駒のソダシは、指名の難度が高かったかもしれません。実際、私が参加した一般的なルールのPOGでも、エフフォーリアソダシを誰も指名していない団体がありました。前評判の高い馬が期待を裏切りがちだったこともあって、優勝ラインが例年よりだいぶ低かった団体は少なくないはず。G1級だけでなく、堅実にポイントを積み上げていくための駒が揃っていたかどうかも問われたシーズンと言えそうです。

 最高位クラスのスペシャルワールドで優勝を果たしたのはたけぼう54さん。総獲得賞金は全ワールドを通じてトップの11億7298万円でした。
 スペシャルワールドは1頭1オーナー制。仮想オーナー募集枠が順次解放され、1頭の馬を最大12~37名が獲得できる他のワールドと違い、他のプレイヤーが獲得した馬にはもう入札できません。そんなルールの下で他ワールドのチャンピオンを上回ったというのはとんでもない快挙。ウマニティユーザーの中ではもっとも的確に現3歳世代の勢力図を見抜いていたということですし、日本全国の競馬ファンまで対象を広げても、間違いなく五指には入るでしょう。
 特に素晴らしいのは、エフフォーリアをデビュー前に指名されている点。8月7日の第10回入札まで仮想オーナー募集枠が残っていたように、決して前評判の高い馬ではありませんでしたが、このタイミングで未出走の実力馬をピックアップできたという事実は、たけぼう54さんの指名候補リストがいかに充実したものであったかを示す何よりの証拠と言えます。一般的なドラフト制のPOGでも、終盤はどうしても入札に対する熱意が薄れてきてしまうもの。最後の最後まで最高のラインナップを目指していく姿勢はぜひ見習いたいものです。
 たけぼう54さんは獲得した馬20頭のうち17頭が(獲得後に)勝ち上がりを果たしており、そのうち11頭がオープンクラスのレースで3着以内に好走を果たしました。前出のエフフォーリアだけでなく、バスラットレオンピクシーナイトも重賞を制覇。ちなみに、ディープインパクト産駒は一頭たりとも指名していません。ご存知の通り、ディープインパクトは現2歳世代が実質的なラストクロップ。来シーズン以降の指針にすべく、その指名戦略をじっくり観察しておきましょう。
 スペシャルワールドの2位はddb1c93afaさん。ククナステラヴェローチェタイトルホルダーモントライゼらが重賞戦線でポイントを積み重ねた結果、シュネルマイスターを指名していたムーンシュタイナーさん、シャフリヤールを指名していた上海こうぞうさん、ソダシを指名していた横断歩道さんといった、G1ウイナーの仮想オーナーに先着を果たしました。ddb1c93afaさんは16種牡馬の産駒を獲得していて、いま見ても非常に興味深い、バラエティに富んだラインナップ。ピンクカメハメハがサウジダービーを制すなど、活躍の場も様々です。こういった指名スタイルは私がずっと目指してきたところですし、大変勉強になります。

 G1ワールドを制したのは蒼井光太郎さん。オークス終了時点で2位につけていた四白流星タイテエムさんの指名馬シャフリヤール日本ダービーを勝ったものの、約2億5千万円あったポイント差を埋めるには至らず、逃げ切り勝ちとなりました。
 蒼井光太郎さんはエフフォーリアソダシの指名に成功。ソダシを6月5日の第1回入札で獲得している点はもちろん、百日草特別を勝った直後の第24回入札でエフフォーリアを獲得している点も見逃せません。デビュー戦や初勝利前後くらいのタイミングならともかく、オープン入りを果たしてからの入札は、落札価格の上昇やそれ以前の獲得賞金が加算されないことを考えると相応にリスキー。確かな相馬眼に加え、リスクテイクが非常に的確だったのも勝因のひとつと言えるでしょう。

 G2ワールドはシャフリヤールを指名していた仮想オーナーによる優勝争いとなり、亀虎馬さんがサビさんをわずかに抑え優勝を果たしています。亀虎馬さんはアカイトリノムスメシャフリヤールダノンザキッドレッドジェネシスレッドベルオーブと計5頭の重賞ウイナーを指名していたほか、サトノレイナスヨーホーレイクの獲得にも成功。なお、このうちダノンザキッドを除く6頭はすべてディープインパクト産駒です。入札がヒートアップしがちな中で的確に“当たり”のディープインパクト直仔を揃えたわけですから、こちらもお見事というほかありません。

 G3ワールドの優勝争いもシャフリヤールが明暗を分ける展開。オークス終了時点で4位だったアルテのおどうさん、同じく7位だったブライアンさんはそれぞれシャフリヤールを指名していたものの、シャフリヤールの筆頭オーナーだったブライアンさんには1.5倍の3億円が加算されたため、逆転勝利となりました。ちなみに、ブライアンさんもアルテのおどうさんも第1回の入札でシャフリヤールを獲得していたのですが、落札価格の高かったブライアンさんが筆頭オーナーの座を確保しています。今後もこのボーナスポイントが最終結果に影響してくる場面は多々あるはず。可能な限り狙っていきましょう。

 オープンワールドは大接戦。エフフォーリアを指名していたたち777さんが、シャフリヤールの勝利によって浮上したふくにーなさんを1483万円差で下し、優勝を果たしました。たち777さんはエフフォーリアシュネルマイスターを初勝利後に、ソダシを札幌2歳ステークスの後に獲得。追加指名が可能な「ウマニティPOG」のルールにおける、お手本のような立ち回りです。

 今年も各ワールドの上位プレイヤーはいずれ劣らぬ精鋭揃い。指名馬リストにはこのゲームを勝ち抜くためのノウハウが詰まっています。ぜひ参考にしてみてください。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる血統大全 2019-2020』(ガイドワークス)、『ウルトラ回収率 2019-2020』(ガイドワークス)、『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全2018秋~2019』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、「ウマニティPOG 2014」では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。


登録済みの方はこちらからログイン

2021年5月26日(水) 13:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 東京優駿(日本ダービー)2021 
閲覧 1,646ビュー コメント 0 ナイス 9



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


5月30日(日)東京11R 第88回東京優駿日本ダービー) (3歳G1・芝2400m)

【フルゲート18頭】


<優先出走馬>

アドマイヤハダル 動きB 時計A 中5週 新馬472㎏→前走482㎏
この中間も3週前、2週前と坂路で好時計が出ていて、1週前はジョッキー騎乗でCWを長めから追い切られて先着。全体的に追い切りの時計は優秀。

エフフォーリア 動きB 時計C 中5週 新馬516㎏→前走504㎏
ここ2戦は2週前もトレセンで時計を出していたが、今回は日曜日からと1本追い切り本数が少ない。動きに関しても、前2走の1週前追い切りでは押さえきれないくらいの手応えで直線に向いてきていたが、今回の1週前追い切りではそれが見受けられず。ややおとなしい印象で迫力がもう少しほしいところだった。

ステラヴェローチェ 動きA 時計A 中5週 新馬488㎏→前走500㎏
この中間もかなり乗り込み量豊富で、2週前、1週前の追い切りの動きを見ると楽な手応えで余裕の先着。パワーがあり、出来もかなり良さそう。

タイトルホルダー 動きA 時計B 中5週 新馬472㎏→前走462㎏
弥生賞、皐月賞と王道のローテーションで好成績を残しているが、地味な存在。それでもこの中間も順調に調整されていて、1週前追い切りの動きも素軽さがあり上積みが感じられた。

バジオウ 動きD 時計C 中2週 新馬456㎏→前走464㎏
前走から中2週となるが、軽めで木曜、日曜と時計を出していて疲れはなさそう。ただ、1週前追い切りは、首が高く重心の高い走りで物足りい動きだった。

ヨーホーレイク 動きD 時計C 中5週 新馬492㎏→前走504㎏
この中間もCW中心の調整で乗り込みは豊富。1週前追い切りは、併走相手に先着しているものの、外の2頭は持ったままで追われてはおらず、明らかに手応えで見劣った。レースでも追い切りでもワンパンチ足りない印象が残る。

ワンダフルタウン 動きA 時計A 中3週 新馬444㎏→前走466㎏
新馬戦がダノンザキッドの2着で重賞2勝馬。前走が長期休養明けで、追い切りの内容、動きからも重さが残る出来だったと思うが、しぶとく勝ち切るところは能力の高さゆえ。前走を使われ、1週前の坂路での動きもさらに良くなっていて、今回は上積みが感じられる。


<賞金上位馬>

ダノンザキッド※骨折のため出走回避。

サトノレイナス 動きA 時計A 中6週 新馬472㎏→前走474㎏
2歳時の調教は全体的に控えめな内容だったが、3歳を迎え前走時からかなり速い時計をマークするようになってきてギアを上げてきた感じ。1週前追い切りでは力強い動きで迫力も感じさせていて、牡馬相手でも引けを取らない。

ヴィクティファルス 動きD 時計B 中5週 新馬484㎏→前走478㎏
この中間も2週前、1週前と速い時計は出ているが、1週前追い切りの動きを見ると併走相手に動きで見劣り終いも伸びきれていない。

バスラットレオン 動き映像なし 時計D 中2週 新馬462㎏→前走482㎏
前走(◎)はスタート後に躓いて落馬競走中止。前走まともに走っていたら結果はどうであれ、ここには出走していなかったかもしれない。それでいて展開を大きく左右することになる馬なので、レースを面白くしてくれる興味深い存在ではある。ただ、いくら前走ほとんど走っていないとはいえ、もう一度仕上げ直さなくてはならないのでプラスということはなさそう。

レッドジェネシス 動きC 時計B 中2週 新馬476㎏→前走488㎏
京都新聞杯から中2週となるが、その前走時に休み明けでしっかり乗り込まれていて、この中間も1週前、日曜とこれまでと同じように追い切られているので疲れはなさそう。1週前追い切り映像からは、やや重の芝コースで多少脚を取られるところがあったので、良馬場のほうが向いているように感じた。

ラーゴム 動きB 時計B 中5週 新馬506㎏→前走516㎏
きさらぎ賞皐月賞と無理のないローテーションでこの中間も乗り込み量は豊富。1週前の動きを見ると、まだ重たさは残るが終いしっかりと伸びることが出来ていた。あと1週あることを考慮すると、デキ自体は良さそう。

グラティアス 動きB 時計C 中5週 新馬488㎏→前走500㎏
休み明けの皐月賞を一度使われての叩き2戦目だが、この中間追い切り時計がガラッと良くなった印象はない。それでも、ジョッキーが跨って行われた1週前追い切りは折り合いがしっかりつき、終いもキッチリと先着。やや迫力は欠くものの仕上がり好感。

シャフリヤール 動きB 時計A 中8週 新馬450㎏→前走448㎏
この中間は間隔も空いているので乗り込み豊富。今回の1週前追い切りでは強めに追われて先着。まだ走りに硬さがある感じでそのあたりが良くなってくれば、一層強くなるだろう。

タイムトゥヘヴン 動きD 時計E 中2週 新馬480㎏→前走478㎏
NHKマイルCからの中2週で、この中間は軽めの調整。ここ2戦の調教内容を見るに、前走が目標でここはおまけの参戦か。それほど余力は感じられない。

ディープモンスター 動きD 時計C 中5週 新馬458㎏→前走444㎏
2歳時は併せ馬で遅れることはなかったが、前走時の1週前追い切りで遅れてこの中間も1週前追い切りで遅れた。動きに関しても、ゆったりした入りで併走相手の手応えも決して良いものではないなかで追い比べで先着を果たせていないくらいなので、これでは状態が良いとはコメントできない。

グレートマジシャン 動きA 時計B 中8週 新馬478㎏→前走474㎏
この中間、1週前追い切りでは押さえきれないくらいの気合い乗りで、かなりの迫力を感じさせている。ただ、それ以上に気難しい面が出ていたという印象。今回は乗り替わりとなり、残り1週でどれだけジョッキーとコンタクトが取れるようになるかが鍵。素質はかなり高いはず。


☆このコラムからの推奨馬はサトノレイナスステラヴェローチェワンダフルタウングレートマジシャンタイトルホルダーの5頭をあげておきます。



◇今回は日本ダービー編でした。
昨年の無観客でのダービーから早いもので1年が過ぎ、今年もダービーウイークがやってきました。過去のダービー馬の名前を眺めていると、その時の記憶が蘇る馬がとても多いことに気付かされます。それだけ他のレースとは違う何かがあるのだと思います。特に新馬戦の予想をするようになってからと、POGに参加するようになってからというもの、スタートからゴールという流れが出来上がり、1年ごとに整理されて記憶しているように思います。
そしてこの1年は、コロナの影響で短期免許で来日する外国人ジョッキーがいなかったこともあり、ルメール騎手に人気馬が集中していた印象のシーズン。そのルメール騎手が、牝馬のサトノレイナスで今年はダービーに出走するということは、それだけの能力があると判断しても良いのではないかと思っています。ちなみに、今年のダービーに登録している18頭の新馬戦での騎乗ジョッキーは、福永騎手が4頭、ルメール騎手、戸崎騎手がともに3頭です。そして新馬戦から乗り替わることなく、同じ騎手でダービーに出走する予定の馬は、エフフォーリア(横山武)、サトノレイナス(ルメール)、ワンダフルタウン(和田竜)の3頭だけ。出走を予定していた馬が故障したり、体調が整わなかったりして急遽違う馬で参戦ということもありますが、そもそもどれだけ順調かつ無事にここを迎えられているかを示す指標ともいえる部分でしょう。『ダービーは運がある馬が勝つ』と言われますが、このあたりも明暗を分ける一つの要素になってくるのかもしれません。
今年も馬主、調教師、生産者、騎手、そして競馬ファンの夢を乗せて17頭の馬が走ります。競馬場には限られた人数の人しか入れませんが、テレビやラジオなどで日本中から夢の舞台を楽しんでいただきたいと思います。

日本ダービー出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2021年5月7日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】キズナ産駒の特徴/NHKマイルカップ展望
閲覧 2,017ビュー コメント 0 ナイス 4



天皇賞(春)ワールドプレミアが制覇。最終的には3番人気だったが、本来であれば1番人気になっていたような馬だろう。不正受給の件で多少心証が悪かったと推測できるが、もちろん馬には罪がなく、結果的にオッズは美味しくなった。

あくまでも予想はフラットに…という意味では買い時だったのかもしれない。

~同期のキズナエピファネイアの比較

その天皇賞(春)で1番人気の支持を集めたのはディープボンドキズナ産駒初のG1勝利が懸かっていたが、残念ながら2着止まりだった。

同産駒のこれまでの重賞クラス別成績は以下の通り。(※データはいずれも先週終了時点)

G3(5-0-5-36)
G2(4-2-1-14)
G1(0-2-1-25)

G1ではマルターズディオサの阪神JF2着、ファインルージュ桜花賞3着、そして今回のディープボンド天皇賞(春)2着とあと一歩勝ち切れていない。逆にG2~G3では強く、G1前のトライアルでは数多くの活躍馬を輩出している。前述のG1好走馬3頭も、直近のレースではすべて勝利して挑んでいた。

これは偶然ではなく、キズナ産駒は好位抜け出しの正攻法の競馬が得意で、よく言えば素直、悪く言えば大物感に欠ける面があるためだ。実際過去の重賞で追い込みによる馬券圏内は2000年の京成杯を制したクリスタルブラックのみで、多くが逃げ~好位抜け出し。スローになりやすく90点の競馬で勝てるトライアルはそれで通用するが、120点の競馬を必要とされる本番になると、何かにやられる…というのがこれまでのパターンになっている。

ちなみに、現役時代も、そして種牡馬としても同期となるエピファネイア産駒の重賞クラス別成績は以下の通り。

G3(1-1-5-23)
G2(1-3-2-9)
G1(4-2-1-3)

キズナ産駒とはまるで逆の傾向で、G1で圧倒的な強さを示している。もちろんこれは無敗の3冠馬デアリングタクトの成績が多く含まれているのは確かだが、それ以外にもエフフォーリア皐月賞制覇他、オーソクレースアリストテレスといった面々がG1で好走している。一方で相手が弱いはずのG2やG3では勝ち切れず、とりわけG3では1番人気馬4頭が出走し未勝利。デアリングタクト金鯱賞で取りこぼしたのも傾向通りだったのかもしれない。

キズナ産駒とエピファネイア産駒の大きな違いは折り合い面。比較的素直で操縦しやすいタイプが多いキズナ産駒と比べると、エピファネイア産駒は父同様に折り合いが難しい印象がある。それだけ聞くと良くないことのようだが、逆に言えば、難しさを抱えながら結果を出しているともいえるわけで、だからこそハマれば大一番で激走するスケールの大きさがある。

さて、そんな中で今週末のNHKマイルカップにはキズナ産駒のバスラットレオンニュージーランドトロフィーを制して挑む。バスラットレオンも同産駒らしい先行馬で、前走も逃げ切り勝ち。これまでの傾向通りならば、2~3着まで…ということになるが、手薄な印象もするメンバー構成だけに、今回は果たしてどうだろうか。

なお、念のため補足しておくと今後キズナ産駒をG1で軽視せよということではない。データは所詮データでしかないので、その中身を精査することに意味がある。

~NHKマイルカップの注目馬

というわけで、今週末はNHKマイルカップ。注目馬を一頭を挙げておきたい。

ソングライン

桜花賞でも注目したが道中メイケイエールが掛かり気味で暴走したあおりを受ける不利を受け万事休す。2走前の紅梅ステークスの勝利内容はさらに上のクラスでも…と思わせたものだっただけに、前走が実力ではないはずだ。ちなみに本馬もキズナ産駒。同産駒らしい操縦性の高さも備えた差し馬なので、混戦の今年は出番もあるはずだ。

※NHKマイルカップの最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2021年4月9日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2021年04月09日
閲覧 1,280ビュー コメント 0 ナイス 0

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2021年4月10日()の凄馬!>
極凄馬
阪神1R 3歳未勝利
イフィゲニア(+4.3)

超凄馬
新潟1R 3歳未勝利
セリシア(+3.7)

超凄馬
阪神8R 4歳以上500万以下
フェアレストアイル(+3.5)

超凄馬
中山11R ニュージーランドT G2
バスラットレオン(+3.4)

超凄馬
新潟12R 平ヶ岳特別
ワンダーカタリナ(+2.7)

超凄馬
新潟7R 4歳以上500万以下
オパールシャルム(+2.1)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2021年4月11日、集計数:41,012レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は、ウマニティ会員登録(無料) することで受信できます。
凄馬メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<凄馬メール受信設定の仕方>
こちら から、ウマニティ会員登録を行ってください。
仮登録メール受信→確認リンク押下→登録完了メール受信、の手順で会員登録は完了です。
②ウマニティにログインし、各種メール設定 より、凄馬メール受信をオンに設定する。

日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

[もっと見る]

2021年3月12日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2021年03月12日
閲覧 1,719ビュー コメント 0 ナイス 6

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2021年3月13日()の凄馬!>
極凄馬
阪神6R 3歳500万以下
バスラットレオン(+5.7)

極凄馬
阪神4R 3歳未勝利
リプレーザ(+5.5)

極凄馬
中山4R 3歳未勝利
アップリバー(+5.2)

極凄馬
中京1R 3歳未勝利
エイシンギアアップ(+4.6)

極凄馬
阪神1R 3歳未勝利
トウシンモンブラン(+4.5)

極凄馬
阪神2R 3歳未勝利
イルデレーヴ(+4.2)

極凄馬
中京2R 3歳未勝利
マリオンエール(+4.1)

極凄馬
中山2R 3歳未勝利
イサチルプリンス(+4.0)

超凄馬
中山5R 3歳未勝利
コスモマイン(+3.1)

超凄馬
中京3R 3歳未勝利
スマートワン(+3.0)

超凄馬
阪神9R ゆきやなぎ賞
ニホンピロマリブ(+2.6)

超凄馬
阪神10R 但馬ステークス
ダノンマジェスティ(+2.5)

超凄馬
阪神3R 3歳未勝利
マインジャラン(+2.3)

超凄馬
中山6R 3歳未勝利
ワカミヤクオーレ(+2.2)

超凄馬
中山1R 3歳未勝利
ジンジャーブラッド(+2.1)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2021年3月14日、集計数:40,749レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は、ウマニティ会員登録(無料) することで受信できます。
凄馬メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<凄馬メール受信設定の仕方>
こちら から、ウマニティ会員登録を行ってください。
仮登録メール受信→確認リンク押下→登録完了メール受信、の手順で会員登録は完了です。
②ウマニティにログインし、各種メール設定 より、凄馬メール受信をオンに設定する。

日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

[もっと見る]

2021年1月15日(金) 14:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(1/9~1/11) 岡村信将プロが月曜中京10R◎ツーエムアロンソ的中などの活躍で3日連続プラス達成
閲覧 500ビュー コメント 0 ナイス 2



10(日)に行われたG3シンザン記念、11(月)のG3フェアリーSほか様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
9(土)を回収率110%、10(日)を同141%として迎えた11(月)。中京6R3歳1勝クラスなどを仕留めると、中京10R寿Sでは「出たら買うと決めていたこの距離」での◎ツーエムアロンソ(単勝114.8倍)を狙い撃ち見事単勝的中。45万9200円払戻し(11,480%)をマークし、週末3日間トータル回収率200%、収支48万5200円プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →nigeプロ
先週は、9(土)に中山9R黒竹賞(18万2160円払戻し)、勝負予想中山10R初春S(10万3640円払戻し)とスマッシュヒット2本を記録。週末3日間トータル回収率251%、収支19万9640円の大幅プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →あおまるプロ
11(月)中京1R3歳未勝利で、◎▲○的中を披露し3連単2780.2倍含む計62万7560円払戻しのビッグヒットを達成! 他にも、10(日)のG3シンザン記念では◎バスラットレオンルークズネスト、11(月)のG3フェアリーSでは◎ファインルージュホウオウイクセルで的中をマークしました。週間トータルでは、回収率220%、収支39万5970円プラスを記録しています。
 
 
 
この他にも、にしのけいごプロ(135%←2週連続週末プラス)、織本一極プロ(125%)、スガダイプロ(114%)、田口啄麻プロ(111%)、ジョアプロ(107%←2週連続週末プラス)、くりーくプロ(105%←2週連続週末プラス)、馬侑迦プロ(103%)、暴君アッキープロ(102%←2週連続週末プラス)、霧プロ(100%)らがプラス収支をマークしています。
 
 
 
今週も「プロ予想MAX」ならびにプロテスト最終審査の動向にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

バスラットレオンの口コミ


口コミ一覧

重賞回顧 日本ダービー

 組合長 2021年6月3日(木) 21:35

閲覧 69ビュー コメント 0 ナイス 7

馬券は散々でしたが、いいレースを見せてもらいました。

もう少し流れる展開かと思いましたが、逃げ宣言のバスラットレオンが溜め逃げをしたことにより、我慢比べの展開になりました。所長◎のタイトルホルダーも、あのペースでは動くに動けず、持ち味が生きない展開になってしまいました。最年少ダービージョッキーを目指した横山武騎手のエフフォーリアは、最内で包まれるのを嫌がったのか、最初のコーナーでは3番手を進む展開。そこからじっくり我慢して、他の馬につられることなく、じっくり位置を下げて直線に賭けるレースぶりは拍手しかありませんでした。最高のレースをしたと思いますが、勝ったのは更に後ろにいてエフフォーリアの後をついていった福永騎手のシャフリヤール。前の馬をさばきながら、馬場の伸びるポジションをどの馬が取るか?2番人気のサトノレイナスは外からエフフォーリアを交わしにかかったため、エフフォーリアの周りがポケットのように開きました。そこで瞬時にエフフォーリアのうちに進路を取ったシャフリヤールがゴールでハナ差でいての優勝。4角同じ位置にいながら、外寄りを回した戸崎騎手のグレートマジシャンは4着。

早めの進出で勝ちに行ったサトノレイナスは止まってはいないものの後ろから来た馬の目標にされて5着が精いっぱい。後ろから自分の競馬をしたステラヴェローチェは何とか3着に上がったところがゴール。ここまで接戦のダービーは久しぶりで、最後の最後まで気が抜けませんでした。

春を終えたところで、牡馬も牝馬も混戦模様となりました。秋にうまく成長曲線を持ってこれるよう各馬夏の充電をうまくしてほしいものです。

 【ワイドOOJA】武 2021年5月30日() 13:47
バスラットレオン
閲覧 98ビュー コメント 0 ナイス 3

あと、ラーゴム
残るかな?
差しが届いてない印象。

[もっと見る]

 プラス1 2021年5月30日() 12:37
東京優駿(日本ダービー)GⅠ 買い目(2021/5/30) 
閲覧 474ビュー コメント 0 ナイス 4

ダービー馬券はもう買われましたでしょうか



買うポイントは 01エフフォーリア(1番人気単勝1.8倍)を買うかどうか、というところでしょうか

ちなみに 単勝は 01エフフォーリアを買わなければ (01エフフォーリア以外が優勝すれば)回収率は(理論上)140%ぐらいになります

馬連は17頭立てで136通りですが、1番人気の組み合わせ 1-16 と 2番人気の組み合わせ 1-10 を買わなければ(1-16、1-10以外の組み合わせで決着すれば)100%越えです





さて、私はというと 01エフフォーリアは買いません

まぁ、人気している馬なので 来るのかも知れません

ただ 来たとしても 儲からないですよね

儲からない馬券を当てても意味がないので買わないという寸法です



じゃぁ、何を軸にするのか というところなのですが、軸馬がいませんでした

普通でいうと 軸馬がいないようなレースは 点数が多くなるわりに当たらないので 買うべきではありません

が、軸馬がいないレースを買う 例外があるとすると 人気がある馬が信用できず そんなに実力差がなさそうなレースでしょうか



まぁ、結果的に みんなの目が確かで 人気通りの決着になるのかも知れませんが、そんなに人気馬の決着にならない可能性があるのでは ということで 

02ヴィクティファルス

04レッドジェネシス

06バジオウ

14タイトルホルダー

17バスラットレオン

を狙ってみます



そんな買い目が来るわけがない ドブ銭やで、
まぁ、そうかもしれません。でも 来てしまったら と思うと狙わざるを得ません


答えが出るまで あと3時間 。


私はもう決めましたけど 後悔が無い 馬券選びをしたいですね

[もっと見る]

⇒もっと見る

バスラットレオンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
11:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年11月28日() 08:53:31
10:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年9月5日() 08:33:09
ラボ水、
相手③ジオルティ、⑤スライリー。
押さえ ⑫ヴィゴーレ、⑦コスモアシュラ、⑥バスラットレオン、⑪ウイングリュック
9:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年9月5日() 01:21:23
サクラ、対抗○、好位、適正

⇒もっと見る

バスラットレオンの写真

バスラットレオンの厩舎情報 VIP

2021年5月30日東京優駿 G115着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

バスラットレオンの取材メモ VIP

2021年5月30日 東京優駿 G1 15着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。