サンレイポケット(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
サンレイポケット
写真一覧
現役 牡5 黒鹿毛 2015年5月2日生
調教師高橋義忠(栗東)
馬主永井 啓弍
生産者様似共栄牧場
生産地様似町
戦績14戦[4-3-3-4]
総賞金9,533万円
収得賞金2,400万円
英字表記Sanrei Pocket
血統 ジャングルポケット
血統 ][ 産駒 ]
トニービン
ダンスチャーマー
アドマイヤパンチ
血統 ][ 産駒 ]
ワイルドラッシュ
ロイヤルカード
兄弟 ワンダフルラッシュファイナルブロー
前走 2020/10/11 毎日王冠 G2
次走予定

サンレイポケットの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/10/11 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 116718.953** 牡5 56.0 荻野極高橋義忠472(-4)1.46.0 0.534.4⑤⑤⑤サリオス
20/09/06 新潟 11 新潟記念 G3 芝2000 188169.953** 牡5 54.0 荻野極高橋義忠476(-4)1.59.9 0.032.4⑪⑪ブラヴァス
20/06/13 東京 11 ジューンS 3勝クラス 芝2400 187134.831** 牡5 55.0 戸崎圭太高橋義忠480(+6)2.33.1 -0.037.2⑬⑬⑨⑧アイファーキングズ
20/05/02 京都 10 下鴨S 3勝クラス 芝2000 13569.942** 牡5 55.0 荻野極高橋義忠474(-2)2.00.2 0.233.1⑨⑨⑫⑨ヒンドゥタイムズ
20/03/20 阪神 11 尼崎S 3勝クラス 芝2200 1089----** 牡5 55.0 荻野極高橋義忠---- ------ミスディレクション
20/02/29 中京 11 中京スポニチ 2勝クラス 芝2000 12332.511** 牡5 57.0 荻野極高橋義忠476(0)1.59.8 -0.034.5⑩⑩⑩⑩ニューポート
20/01/06 京都 9 許波多特別 2勝クラス 芝2200 12564.322** 牡5 57.0 荻野極高橋義忠476(0)2.15.0 0.035.8⑧⑨⑦⑧ショウリュウイクゾ
19/12/08 中京 12 栄特別 1勝クラス 芝2000 168166.431** 牡4 57.0 荻野極高橋義忠476(+4)2.01.2 -0.133.8⑬⑬⑩⑩ミスマリア
19/11/02 京都 12 3歳以上1勝クラス 芝1800 135719.763** 牡4 54▲ 亀田温心高橋義忠472(-16)1.47.3 0.134.1⑪⑪ボッケリーニ
19/10/20 新潟 7 3歳以上1勝クラス 芝2000 106617.372** 牡4 54▲ 亀田温心高橋義忠488(+6)1.59.9 0.034.4⑨⑩ハンターバレー
19/10/06 京都 8 3歳以上1勝クラス 芝1600 1558135.2146** 牡4 57.0 難波剛健高橋義忠482(+12)1.35.2 0.433.9⑫⑬ルプリュフォール
18/06/03 阪神 9 城崎特別 500万下 芝2000 107721.67** 牡3 54.0 幸英明高橋義忠470(-2)-- ----⑩⑩⑩止サラス
18/05/26 京都 7 3歳500万下 芝2000 1281125.5810** 牡3 56.0 幸英明高橋義忠472(-10)2.02.2 1.735.7⑪⑪⑤⑨キボウノダイチ
18/04/28 京都 5 3歳未勝利 芝2000 155920.271** 牡3 56.0 幸英明高橋義忠482(-2)2.02.0 -0.334.7⑭⑭⑭⑩ウインルチル
18/03/31 阪神 4 3歳未勝利 芝2000 162369.8811** 牡3 55☆ 小崎綾也高橋義忠484(--)2.03.1 1.835.1⑭⑭⑭⑮アールスター

サンレイポケットの関連ニュース

 ★京都大賞典2着キセキ(栗・角居、牡6)は天皇賞・秋(11月1日、東京、GI、芝2000メートル)に参戦。僚馬のマグナレガーロ(牡5)、ワイドファラオ(牡4)は、ともにみやこS(11月8日、阪神、GIII、ダ1800メートル)へ。

 ★南部杯でGI初制覇を飾ったアルクトス(美・栗田、牡5)、6着ゴールドドリーム(栗・平田、牡7)はチャンピオンズC(12月6日、中京、GI、ダ1800メートル)に向かう。4着サンライズノヴァ(栗・音無、牡6)は武蔵野S(11月14日、東京、GIII、ダ1600メートル)からチャンピオンズCへ。

 ★レパードS勝ちのケンシンコウ(美・小西、牡3)は武蔵野Sへ。

 ★京都大賞典9着バイオスパーク(栗・浜田、牡5)はカシオペアS(11月1日、京都、L、芝1800メートル)か福島記念(11月15日、福島、GIII、福島、芝2000メートル)へ。10着カセドラルベル(栗・西村、牝4)はエリザベス女王杯(11月15日、阪神、GI、芝2200メートル)に挑戦する。17着アルバート(栗・橋口、牡9)はステイヤーズS(12月5日、中山、GII、芝3600メートル)で平地重賞新記録の4勝目に挑む。

 ★スプリンターズS10着モズスーパーフレア(栗・音無、牝5)は、松若騎手でJBCスプリント(11月3日、大井、交流GI、ダ1200メートル)へ。同レースには東京盃4着ラプタス(栗・松永昌、セン4)、7着ヤマニンアンプリメ(栗・長谷川、牝6)も参戦。

 ★レディスプレリュード2着マドラスチェック(美・斎藤誠、牝4)、3着プリンシアコメータ(美・矢野、牝7)、4着レーヌブランシュ(栗・橋口、牝3)はいずれもJBCレディスクラシック(11月3日、大井、交流GI、ダ1800メートル)へ。

 ★帝王賞3着チュウワウィザード(栗・大久保、牡5)は、JBCクラシック(11月3日、大井、交流GI、ダ2000メートル)へ。僚馬サンデーウィザード(牡8)は福島民友C(11月1日、福島、L、ダ1700メートル)へ。

 ★安田記念6着アドマイヤマーズ(栗・友道、牡4)は川田騎手でスワンS(31日、京都、GII、芝1400メートル)に向かう。長岡京Sを勝ってオープン入りしたメイショウオーパス(栗・飯田祐、牡5)も同レースに登録する。

 ★毎日王冠3着サンレイポケット(栗・高橋忠、牡5)は、アルゼンチン共和国杯(11月8日、東京、GII、芝2500メートル)へ。同レースには京都大賞典8着アイスバブル(栗・池江、牡5)も参戦予定。

 ★平安S5着スワーヴアラミス(栗・須貝、牡5)はブラジルC(25日、東京、L、ダ2100メートル)へ。

 ★夕刊フジ杯オパールS3着トウショウピスト(美・土田、牡8)はラピスラズリS(12月6日、中山、L、芝1200メートル)を視野。4着アマルフィコースト(栗・牧田、牝5)はタンザナイトS(12月19日、阪神、OP、芝1200メートル)へ。9着カツジ(栗・池添兼、牡5)はスワンS、僚馬で14着ヤマカツマーメイド(牝3)はルミエールAD(25日、新潟、L、芝1000メートル)に進む。

 ★毎日王冠9着アイスストーム(栗・吉村、牡5)は中日新聞杯(12月12日、中京、GIII、芝2000メートル)へ。僚馬でオパールS6着プリディカメント(栗・吉村、牝5)は京阪杯(11月29日、阪神、GIII、芝1200メートル)に向かう。

 ★小倉日経OP2着ボッケリーニ(栗・池江、牡4)はカシオペアSへ。

 ★都大路S11着後、休養しているヴァルディゼール(栗・渡辺、牡4)は藤岡佑騎手との新コンビでカシオペアSへ。僚馬でポートアイランドS12着ドリームソルジャー(牡6)は福島記念へ。

【毎日王冠】年長馬を一蹴!サリオス3馬身差圧勝 2020年10月12日(月) 04:56

 毎日王冠が11日、東京競馬場で11頭によって争われ、メンバーただ1頭のGI馬で1番人気に推されたサリオスが3馬身差の完勝。年長馬との初対決で結果を出し、重賞3勝目をマークした。初コンビのルメール騎手は、スプリンターズSから2週連続重賞V。2着は4番人気のダイワキャグニー、3着に5番人気サンレイポケットが入った。

 宿敵のいないGIIで、強さを見せつけた。朝日杯FS勝ちで、メンバー中ただ1頭のGI馬サリオスが、単勝1・3倍の人気に応えるV。日本ダービー2着以来の実戦で、初対戦の年長馬たちをあっさり蹴散らした。

 「完璧なレースでした。いい競馬ができてうれしく思います」

 初コンビで一発回答のルメール騎手も大満足の内容だ。前半1000メートル通過が58秒0。前日までの大雨から馬場は回復したとはいえ、稍重の緩い状態を考えるとかなり速い流れになった。スタートを決めてすんなり4番手の好位置を取ると、直線は追い出しをギリギリまで我慢させる。先に抜け出しを図るダイワキャグニーに並びかけるところでムチ一発、ゴール前で気を抜かせないようにもう一発。それだけで楽々と3馬身差をつけた。

 「いいスタートをしたので、すぐに内田さん(ダイワキャグニー内田博幸騎手)の後ろが取れました。冷静に走って息も入っていたし、勝つ自信がありましたね」

 道中から勝利を確信していたジョッキーの思いに応えるパフォーマンス。今年の3歳世代は古馬混合の重賞でなかなか勝てず、レベルを疑問視する声も聞かれたが、本当に強い馬にはそんな雑音も関係なかった。

 京都のグローリーヴェイズと同日重賞Vとなったシルクレーシングの米本昌史代表は「サリオスはクラブの3歳世代のエース格だと思っていたので、この結果は最高」と語り、次走について「マイルCS(11月22日、阪神、GI、芝1600メートル)か香港マイル(12月13日、シャティン、GI、芝1600メートル)になるのでは」と明かした。

 最大のライバル・コントレイルとの再戦が年内に実現する可能性は、ほぼないだろう。帰ってきた強いサリオスが、これからはマイル路線の中心に君臨する。(柴田章利)

 ■サリオス 父ハーツクライ、母サロミナ、母の父ロミタス。栗毛の牡3歳。美浦・堀宣行厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)シルクレーシング。戦績6戦4勝。獲得賞金3億1788万5000円。重賞は2019年サウジアラビアRC、GI朝日杯FSに次いで3勝目。毎日王冠堀宣行調教師が2010年アリゼオ、11年ダークシャドウに次いで3勝目。クリストフ・ルメール騎手は初勝利。馬名は「ローマ神話に登場する戦闘の踊りの発明者。母名より連想」。

[もっと見る]

【毎日王冠】サンレイポケットが強敵相手に3着 2020年10月12日(月) 04:54

 5番人気のサンレイポケットは3着。サリオスをすぐ前に見る形で5番手からレースを進め、直線はしぶとくジワジワと末脚を伸ばした。2度目の重賞挑戦で強敵相手に上々といえる内容。荻野極騎手は「今回は距離が1800メートルに短縮しましたが、きょうはうまくペースも向きましたね。ラストはイメージ通りの脚を使ってくれましたね」と納得の表情だった。

[もっと見る]

【毎日王冠】サンレイポケットは2戦連続3着 荻野極「ラストはイメージ通りの脚」 2020年10月11日() 19:47

 10月11日の東京11Rで行われた第71回毎日王冠(3歳以上オープン、GII、芝・1800メートル、別定、11頭立て、1着賞金=6700万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の1番人気サリオス(牡3歳、美浦・堀宣行厩舎)が直線で満を持して追い出されると一気に突き抜け圧巻の勝利。勝ちタイムは1分45秒5(稍重)。



 サンレイポケットは、前走の新潟記念に続き重賞で連続3着。サリオスを前に見る位置でレースを進めると直線外から末脚を伸ばし激しい3着争いを制した。



 ◆荻野極騎手「距離が1800メートルに短縮されたが、うまくペースが向きましたね。ラストはイメージ通りの脚を使ってくれました」



★【毎日王冠】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【毎日王冠】秋初戦を快勝!サリオスが4番手追走から軽々と抜け出し古馬を一蹴 2020年10月11日() 15:59

 10月11日の東京11Rで行われた第71回毎日王冠(3歳以上オープン、GII、芝・1800メートル、別定、11頭立て、1着賞金=6700万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗で断然1番人気に支持されたサリオス(牡3歳、美浦・堀宣行厩舎)が勝利。トーラスジェミニがハイラップを刻む中、道中はリズム良く4番手を追走し、直線に入ると538キロの雄大な馬体から繰り出されるパワフルな走りで軽々と抜け出して先頭ゴール。春の皐月賞日本ダービー2着の世代屈指の実力馬が秋初戦で古馬を一蹴し、この先のGI戦線に弾みをつけた。勝ちタイムは1分45秒5(稍重)。



 3馬身差の2着にはダイワキャグニー(4番人気)、さらにハナ差遅れた3着にサンレイポケット(5番人気)が入った。



 毎日王冠を勝ったサリオスは、父ハーツクライ、母サロミナ、母の父Lomitasという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)シルクレーシング。通算成績は6戦4勝。重賞は19年サウジアラビアRC(GIII)、朝日杯FS(GI)に次いで3勝目。毎日王冠は、堀宣行調教師は10年アリゼオ、11年ダークシャドウに次いで3勝目、C.ルメール騎手は初勝利。



 ◆クリストフ・ルメール騎手(1着 サリオス)「気持ち良かったです。完璧なレースができましたし、馬がいい競馬をしてくれました。直線で馬のパワーを感じることができたので、坂まで我慢。馬場が緩かったので、最後まで集中しました。馬も冷静で、息が入りました。このポジションで、勝つ自信がありました」



★【毎日王冠】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【毎日王冠】入線速報(東京競馬場) 2020年10月11日() 15:49

東京11R・毎日王冠(4回東京2日目 東京競馬場  芝・左1800m サラ系3歳以上オープン)は、1番手9番サリオス(単勝1.3倍/1番人気)、2番手5番ダイワキャグニー(単勝10.6倍/4番人気)、3番手7番サンレイポケット(単勝18.9倍/5番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連5-9(5.8倍) 馬単9-5(6.8倍) 3連複5-7-9(16.9倍) 3連単9-5-7(34.3倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2020101105040211
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

⇒もっと見る

サンレイポケットの関連コラム

閲覧 883ビュー コメント 0 ナイス 7



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


10月11日(日)東京11R 第71回毎日王冠(3歳以上G2・芝1800m)

【登録頭数:11頭】(フルゲート:18頭)

サリオス(B)4ヶ月半
ダービー以来の休み明け。これまで1週前追い切りはすべて木曜日に追い切られてきていたが、今回は初めて水曜日に追ってきた。ルメール騎手の予定に合わせたのかもしれないが、前倒しで追い切れるくらいなので悪く捉える必要はないだろう。動きを見ても、前哨戦の1週前の動きとしては上々の内容。大型馬さながらの多少重い感じはあるが、終いはしっかりと伸び、先着している。

ダイワキャグニー(A)4ヶ月
勝ち鞍の8戦すべてが東京競馬場で、芝1800mに関しても5勝と相性が良いようにも見えるが、24戦のうち16戦が東京競馬場でのレース。得意というよりは経験が多いと言ったほうが良いかもしれない馬。それでもこの中間は乗り込み量も多く、1週前追い切りの動きには力強さがあり、出来はかなり良さそうに見えた。

カデナ(D)中4週
この中間は乗り込み量が少なく、1週前の動きを見ると終い脚が上がりフラフラしているところが見られ、物足りなさが残る。

トーラスジェミニ(D)中6週
中6週と間隔は空いてはいるものの、坂路での時計がこの馬としては終い掛かっている。夏場も休みなく使われていて、疲れが残っているかもしれない。

コントラチェック(C)中9週
1週前の坂路を見ると、動きは良いものの力みが感じられる走り。そういったタイプなので、コーナー2つのコースよりはコーナ4つのコースのほうが向いているように思う。

サトノインプレッサ(C)4ヶ月半
ダービーから休み明けでここを迎える、矢作厩舎にしてはトレセンでの追い切り本数が多いタイプの馬。1週前追い切りでは時計こそ出ているものの鞍上の手が動いていて、まだダービー前のような余裕の手応えといった感じではない。

アイスストーム(B)中4週
この中間は中4週での出走になるが、2週前、1週前と坂路で好時計が出ていて追い切りの内容は前走時よりも良い。道悪が向かない馬なので、良馬場なら好走が期待できるかもしれない。

ザダル(B)中9週
1週前追い切りでは3頭併せの外に併せて先着を果たすも、馬なりの内2頭に終いやっと先着した感じでやや重たい感じが残る走り。

サンレイポケット(B)中4週
好走が続く近走は追い切りでも好時計が出ていた。この中間は、1週前に併せ馬で先着と引き続き良い状態をキープできている感じ。

カイザーメランジェ(D)1年1ヶ月
長期休養明けでこの中間は乗り込み量豊富。休み前よりも好時計が出ていて、字面上は悪くない印象を受ける。ただ、休み前にはスプリント戦を走っていた馬で戸惑ってしまいそう。

ワンダープチュック(B)中4週
叩き2戦目の前走時は追い切りの時計も良化し、状態は良かった。この中間は引き続き坂路で同じような時計を出せており、大きな馬の叩き3戦目でさらに良くなってきそう。


このコラムからの推奨馬は、ダイワキャグニーサリオスザダルの3頭を挙げておきます。


◇今回は毎日王冠編でした。
毎日王冠京都大賞典というと、レース名を聞くだけで秋のG1レースに向けて「さあこれから!!」と胸が高鳴る思いや、期待が膨らむという方も少なくないと思います。近年は育成牧場での調整が主流となり、前哨戦を使わずいきなり本番というスタイルも多くみられ、本番前のひと叩きのシーンも少なくなってきたように思います。個人的には、オグリキャップイナリワンの壮絶な追い比べや、エルコンドルパサーグラスワンダーに影をも踏ませないサイレンススズカの逃げ切りなど、記憶に残るレースが多いこの毎日王冠京都大賞典には、本番でも人気になるようなトップホースに1頭でも出走してきてもらいたい――そんな風に毎年願いつつ出走馬を眺めてしまうレースでもあります。

それでは次回、菊花賞編(予定)でお会いしましょう。

毎日王冠出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年12月13日(金) 13:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(12/7~12/8)KOMプロが土曜阪神10R◎メイショウタカトラ(単勝125.4倍)的中などで回収率210%のトップ!新参者プロは阪神JF◎△○的中などで2週連続プラス60万オーバー達成!
閲覧 682ビュー コメント 0 ナイス 3


 
7(土)に行われたG3中日新聞杯、8(日)G1阪神JF、G3カペラSほか、様々なスマッシュヒットが記録された先週。
好成績を収めた注目プロ予想家や、その的中の数々をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →新参者プロ
7(土)の中京8R3歳以上1勝クラスでは、△スーパーブレイクナンヨープランタン×マイネルプリンチペで3連単68万2240円馬券的中のビッグヒット!8(日)には、「自信度AA」とした勝負予想G1阪神JFを◎レシステンシアマルターズディオサクラヴァシュドールで仕留め、3連単8万6720円馬券を200円分的中するスマッシュヒットを達成。他にも、中京7R2歳未勝利中山12R3歳以上2勝クラスなどの的中を披露した先週は、回収率200%、収支トップの62万8320円プラスを記録しています。2週連続プラス、同収支60万オーバーを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →KOMプロ
7(土)阪神10R境港特別では、単勝125.4倍の最低人気メイショウタカトラに本命◎を打ち、単勝含む計175,260円の払戻しを記録!他にも、7(土)中京3R3歳以上1勝クラス、同G3中日新聞杯サトノガーネット、8(日)中京7R2歳未勝利中京12R栄特別など随所に好配当を演出し、週末2日間のトータル回収率は全予想家中トップの210%、収支は50万1860円の大幅プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
7(土)中京8R3歳以上1勝クラスを◎スーパーブレイク(単勝62.1倍)から的中!単勝・馬連・馬単計25万8220円払戻しのビッグヒットをマークしました。8(日)にはG3カペラSを▲コパノキッキングテーオージーニアスシュウジ中山12R3歳以上2勝クラスを×◎○で仕留めるなどの活躍を披露し、週間トータル回収率137%を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
7(土)の勝負予想中山11R師走Sで▲◎○的中を披露!すると、翌8(日)には同じく勝負予想指定とした中京12R栄特別で、「中京芝2000mは、前走で京都芝1800m外のレースを使っていた馬の期待値が高いコースで、このコース替わりはプラスに働く」とした◎サンレイポケットから◎▲○的中をマーク!週末トータルでは、回収率164%とし、これで3週連続週末プラスを達成しています
 
 
 
この他にもイレコンデルパサープロ(168%)、覆面ドクター・英プロ(164%)、おかべプロ(144%←4週連続週末プラス)、山崎エリカプロ(143%)、【U指数】3連複プリンセスプロ(141%)、豚ミンCプロ(137%)、導師嵐山プロ(130%)、蒼馬久一郎プロ(129%←2週連続週末プラス)、セイリュウ1号プロ(129%)、ゼット1号プロ(127%←3週連続週末プラス)、シムーンプロ(122%)、エース1号プロ(118%←3週連続週末プラス)、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(104%)、nigeプロ(100%←2週連続週末プラス)が、週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2018年4月30日(月) 18:50 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(4/28~4/29)中穴◎3本GETの岡村信将プロが回収率125%、収支13万4,850円プラスをマーク!
閲覧 1,318ビュー コメント 0 ナイス 8



先週は、29(日)に京都競馬場でG1天皇賞(春)が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1天皇賞(春)は、ただ1頭のG1馬で前年2着のシュヴァルグランが単勝3.0倍で1番人気。以下は、2番人気レインボーライン(単勝6.0倍)、3番人気ガンコ(同6.6倍)、4番人気クリンチャー(同8.0倍)、5番人気サトノクロニクル(同9.8倍)と、ここまでが単勝ひとケタ台の支持を集め17頭がゲートイン。
注目のスタートは、ヤマカツライデンが速くすんなりとハナへ。次いで、競り掛けたトミケンスラーヴァ、少し離れてガンコと続き、直後の4番手にシュヴァルグランカレンミロティックは直後の5番手に収まり、ソールインパクトミッキーロケットが好位で追走し、8番手あたりにクリンチャー。ここから途切れ途切れで、チェスナットコートトーセンバジルアルバートサトノクロニクルピンポンレインボーラインシホウトウシンモンステラ、最後方にスマートレイアーの位置取りで隊列が定まります。
早くも縦長となった馬群は、前半1000m1分00秒1(推定)の締まったペースを刻み、1週目のスタンド前を全馬が通過。2周目に入り、後続を引き離しての逃げのまま3コーナーを目指すヤマカツライデンに、後続勢が徐々に差を詰めに掛かる展開。2、3番手から虎視眈々のガンコシュヴァルグラン、2馬身ほど後ろの馬群の中にクリンチャーと押し上げてサトノクロニクルレインボーラインは依然後方集団からとなって3コーナーから4コーナーに掛けて通過していきます。
直線入り口で先頭に立ったガンコに、外からすかさずシュヴァルグランが並び掛け一気に先頭へ。後続からは、クリンチャーミッキーロケットトーセンバジルあたりがシュヴァルグラン目がけて追撃を開始。さらに1列後ろから、レインボーラインチェスナットコートらも末脚発揮の構えを見せます。残り200mを過ぎて、2番手争いは内ラチ沿いに進路をとったミッキーロケット、馬群を縫うように鋭い末脚で迫るレインボーライン、唯一シュヴァルグランの外から並び掛けようと迫るクリンチャーの3頭に絞られ、ガンコトーセンバジルあたりはここで後退。ゴール手前まで粘るシュヴァルグランを、内に進路をとったレインボーラインが強襲し、最後の最後にグイっとひと伸びしてとらえV。クビ差でG1初制覇をあげています。2着シュヴァルグランから1/2馬身差の3着にはクリンチャーが入っています。
公認プロ予想家では、KOMプロ伊吹雅也プロはははふほほほプロスガダイプロサラマッポプロおかべプロ他、計12名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
28(土)は東京3Rの◎ドーファン(12万3,190円払戻し)、京都5Rの◎サンレイポケット的中(19万9,980円払戻し)、29(日)には京都10Rの◎バイラ的中(15万1,470円払戻し)など、中穴◎GETのスマッシュヒット3本を記録!週末トータルでは回収率125%、収支13万4,850円プラスを達成しています!
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
28(土)の勝負レースG2青葉を、◎ゴーフォザサミットエタリオウスーパーフェザーの予想で仕留め計6万7050円の払戻しを記録。29(日)のG1天皇賞(春)も◎シュヴァルグランクリンチャーからしっかり的中してみせた先週は、回収率101%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
先週は、29(日)G1天皇賞(春)での◎○×的中、勝負レース新潟11Rでの3連複的中計11万6,480円払戻しなどの予想を披露。週末トータル成績は回収率186%のトップ成績をマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
28(土)を新潟2Rの○◎▲的中、新潟3Rでの◎トラストノブナガ1点的中、京都5Rでの◎サンレイポケット1点的中などでプラスで終えると、29(日)にも好調予想を披露。新潟7Rの◎トーホウレジーナ的中、京都7Rの○◎▲的中、東京11Rの◎○▲的中などで2日連続のプラス収支を決め、週末トータル回収率126%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →馬侑迦プロ
28(土)を回収率92%で終えると、29(日)は新潟1Rでの△△◎予想や、京都12Rでの△トウケイワラウカド的中などで週末プラスを達成!トータル回収率109%の好成績で終えています。
 
 
 
この他にも、おかべプロ(177%)、西野圭吾プロ(127%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(122%)、くりーくプロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

サンレイポケットの口コミ


口コミ一覧
閲覧 169ビュー コメント 0 ナイス 5

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

先週は台風14号、今週末は秋雨前線と毎週のように襲い掛かる自然災害?
そんな中、街路樹の葉も日ごとに赤や黄色に彩りをましています。
今月23日(金)は霜降(ソウコウ)に入り、いよいよ紅葉がピークを迎え始めそうです!?

我が家の懐は、すでに大型台風が通り過ぎて逝きました…。(>_

 ビター ティー 2020年10月12日(月) 12:15
いまさらの話「サリオス」 これからの話「サンライズノヴァ」
閲覧 182ビュー コメント 1 ナイス 14

 昨日の毎日王冠。やっぱり強かったサリオス! スーパーG2なら、この馬が『(限定的)最強馬』
 いや、+10kgは伊達じゃない。しっかり成長して秋のG1戦線に戻ってきてくれました。これなら、「コントレイル」とのライバル関係がしっかり維持されたと安堵いたしました。
 どちらも圧勝の秋初戦。横綱相撲のレースで、この2頭に限れば安心して見ることができました。もう一度、直接対決を見たいと思うのですが、今年中は無理かもしれませんね。次走を考えると別路線に行くことが予想されますので。
 グランプリの有馬記念も、どちらかが海外競馬を選択すれば難しいでしょう・・・。残念!
 いずれは、ライバル対決が見られることを期待したいと思います。


 昨日の3歳ライバル対決といえば、サリオスとサトノインプレッサですが、対決する前の段階で終わってしまいましたね。G1並みのスーパーG2でさえ、僅かの不利が影響して勝つことが困難になるというのに・・・あの出遅れでは ⤵ ⤵ フー(深いため息)

 スタートと同時に予想不的中を覚悟させられる悪夢の光景を目の当たりに、テンションが下がりながらもサリオスの勝ち方に興味関心を切り替えて観戦していました。
 先団好位に付けて、勝負所では馬なりで楽々と先行集団に迫り、鞭はわずか2・3発。並ぶ間もなく先頭を交わすと、流す感じで3馬身差の圧勝。楽勝。完勝!!


 一方のライバルといえば、最後方から、一瞬追い上げるかに見えたところもあったものの、終始ブービー争いで、勝負を捨てたかのような有様でした。本調子ではないままの出走?騎手が無理させない何か理由があったのかもしれませんが・・・。(2回目の)残念!

 3着には6枠=緑のサンレイポケットが入りましたね。岡田編集長のサイン馬券?が当たった形になりました。結果的に \(^_^)/ (私は、サトノインプレッサが絡まなかった時点でアウトですが)

 次回のYouTube「ウマニティチャンネル」の編集長にも注目です。



 さて、本日の地方競馬JPN1南部杯(岩手競馬)ですが。昨年の覇者サンライズノヴァが気になります。

 南部杯は優勝馬のリピーター率が非常に高いレースです。過去15年間の優勝馬は8頭。その内、連覇を果たしたのは、ユーオピアに始まりコパノリッキーまで5頭もいます。

 しかも、連覇しなかった馬が2年続いたことは、特別な1例を除いて15年間ありません。その特殊な例外というのが、エスポワールシチーの断続的な3勝(初優勝後、2着敗退。さらに2連勝)という4年連続連対の準パーフェクトな例外です。

 この傾向から推測すれば、サンライズノヴァが連勝または、エスポワールシチーと同じように、少なくとも今年は準優勝して、来年には優勝しなければならない運命(義務)を背負わせられているのです。

 勝手にプレッシャーをかけてサンライズノヴァに申し訳ありません。ただし、連覇を果たした馬の共通点は、1番人気または2番人気だったという、紛れもない事実です。


 これまで、連覇できなかったのは、次の年に出走しなかったオーロマイスターとルヴァンスレーヴの2頭だけなのです。出走してくれば、ほぼ連覇が約束されている特別な運命的レース。それが南部杯。さらにプレッシャーをかけてしまいました。

 ついでに、もう一つ。サンライズノヴァに追い風のデータ。連覇した馬は幸騎手のブルーコンコルドを除いて、翌年は騎手替わりで優勝しています。サンライズノヴァも吉原騎手から松若騎手への乗り替わりで、優勝を後押し?しています。

 では、向かい風のデータはないのか?プレッシャーを和らげるために申し上げておきます。翌年、出走しなかったオーロマイスターは、4番人気からの優勝です。


 昨年優勝のサンライズノヴァも4番人気からの優勝で共通しています。だから、優勝できなくてもしかたがない・・・かも。ただし、出走してきた場合には、例外だった2着のエスポワールシチー以外は騎手が替わっても優勝していますよ。(やっぱり、プレッシャーをかけてしまいます)

 これだけ、データが揃っていれば、サンライズノヴァが気にならない訳がありません。今から単勝1・2番人気にだれか押し上げてくれれば完璧ですね。私にはそんな破格の経済力はありませんから、他人頼みです。

 後、数時間で熟考して買い目を決めたいと思います。もし、予想が的中すれば5番人気(現在16.5倍)で穴党には美味しい話でした。


 

[もっと見る]

 黒イルカ 2020年10月11日() 23:17
今週の反省。 予想を当てるのは難しい。
閲覧 93ビュー コメント 0 ナイス 11

毎日王冠、京都大賞典と東西でのGⅡ。

土曜日のレース予想は散々。
日曜は重賞レースの前、10Rまでに予想したレースが当たれば、
重賞では馬券を購入しようと決めていたが、日曜も予想は外れまくった。

今週は自分にツキはないと判断し新馬戦に出走してきたマイPOG馬の
応援馬券のみ購入で、重賞レースの馬券購入は見送った。

でも、一応予想はして、予想コロには登録。
予想の結果はというと、
京都大賞典は、グローリーヴェイズを道悪が残ると思い、消し、
キングオブコージも斤量増は道悪では一層厳しそうと消し、
全然かすりもしなかった。

毎日王冠は、3着サンレイポケットが抜けていて、3連複がはずれ。
こちらの予想では、◎〇▲の3連単、6点を買い目に入れ、ヒモを絞って外れた。
3連単を予想に足したのは、オッズ的に物足りなかったからなのだが、
予想が一度決まった時点での買い目は3連複7点、3連単6点の計13点だったので、
ヒモ馬を1頭増やしても、3連複が2点増えるだけだったのだが、
トリガミになるような気がして、追加はしなかった。

一応、自分の中での予想をする時の決まり、
「実際に馬券を購入することを想定して、買い目を決める。」
だからね。

毎度思うことは、馬券の買い方が上手になりたい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

サンレイポケットの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
8:
  fc0703d559   フォロワー:2人 2020年10月8日(木) 23:50:35
スガダ、道悪美味い、騎手戻りは嫌、
安井、○
7:
  fc0703d559   フォロワー:2人 2020年10月8日(木) 22:27:12
うまな、データ消去
6:
  fc0703d559   フォロワー:2人 2020年10月6日(火) 00:40:16
me 着実にステップアップ

⇒もっと見る

サンレイポケットの写真

サンレイポケット

サンレイポケットの厩舎情報 VIP

2020年10月11日毎日王冠 G23着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

サンレイポケットの取材メモ VIP

2020年10月11日 毎日王冠 G2 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。