レッドランメルト(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
レッドランメルト
レッドランメルト
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2019年1月29日生
調教師国枝栄(美浦)
馬主株式会社 東京ホースレーシング
生産者社台牧場
生産地白老町
戦績16戦[4-3-1-8]
総賞金6,331万円
収得賞金2,400万円
英字表記Red Lammert
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
クイーンズアドヴァイス
血統 ][ 産駒 ]
Orpen
Queen's Bench
兄弟 オクタヴィアヌス
市場価格
前走 2024/06/09 エプソムカップ G3
次走予定

レッドランメルトの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
24/06/09 東京 11 エプソムC G3 芝1800 1859107.01517** 牡5 57.0 T.オシェ国枝栄 520
(+2)
1.46.1 1.434.5⑮⑭⑮レーベンスティール
23/10/15 東京 11 オクトーバー (L) 芝2000 1581413.0813** 牡4 57.0 田辺裕信国枝栄 518
(+8)
2.00.0 2.034.0⑬⑬⑬ヤマニンサルバム
23/07/09 福島 11 七夕賞 G3 芝2000 165927.2125** 牡4 56.0 田辺裕信国枝栄 510
(-10)
2.00.2 0.434.9⑨⑨⑥⑥セイウンハーデス
23/05/07 新潟 11 新潟大賞典 G3 芝2000 162351.51312** 牡4 56.0 荻野極国枝栄 520
(+14)
2.06.6 2.839.0カラテ
23/02/19 小倉 11 小倉大賞典 G3 芝1800 16124.6110** 牡4 55.0 吉田隼人国枝栄 506
(-4)
1.50.6 0.936.9⑤⑤④ヒンドゥタイムズ
23/01/05 中山 11 日刊中山金杯 G3 芝2000 178158.346** 牡4 55.0 北村宏司国枝栄 510
(0)
2.00.5 0.335.8④⑤⑤ラーグルフ
22/12/11 中山 10 常総S 3勝クラス 芝1800 168154.931** 牡3 56.0 北村宏司国枝栄 510
(+8)
1.48.5 -0.034.9ソウルトレイン
22/10/02 中山 10 茨城新聞杯 2勝クラス 芝1800 14221.711** 牡3 55.0 池添謙一国枝栄 502
(-6)
1.48.1 -0.334.8④④ゴーゴーユタカ
22/08/27 札幌 7 3歳以上1勝クラス 芝1800 14341.511** 牡3 54.0 川田将雅国枝栄 508
(+8)
1.48.4 -0.536.1エスコバル
22/06/26 東京 7 3歳以上1勝クラス 芝1800 14462.012** 牡3 54.0 菅原明良国枝栄 500
(-2)
1.47.1 0.233.9⑦⑧⑧ヴィクトゥーラ
22/05/15 東京 5 3歳1勝クラス 芝1800 7552.822** 牡3 56.0 菅原明良国枝栄 502
(-4)
1.46.5 0.133.8エピファニー
22/04/16 中山 9 山藤賞 1勝クラス 芝2000 9559.042** 牡3 56.0 菅原明良国枝栄 506
(-8)
2.01.4 1.135.8⑨⑧④⑤ローシャムパーク
22/02/06 東京 9 ゆりかもめ賞 1勝クラス 芝2400 10226.246** 牡3 56.0 戸崎圭太国枝栄 514
(+6)
2.28.2 0.934.7⑤⑤⑥⑤レヴァンジル
21/12/04 中山 9 葉牡丹賞 1勝クラス 芝2000 158144.517** 牡2 55.0 戸崎圭太国枝栄 508
(+6)
2.01.0 0.435.6⑧⑨⑤④ボーンディスウェイ
21/10/10 東京 3 2歳未勝利 芝2000 12682.621** 牡2 55.0 川田将雅国枝栄 502
(-4)
2.02.7 -0.234.1メトセラ
21/08/22 札幌 5 2歳新馬 芝1800 9551.513** 牡2 54.0 川田将雅国枝栄 506
(--)
1.51.8 0.235.2④⑤⑤スカイフォール

レッドランメルトの関連ニュース

マーメイドS4着ファユエン(美・勢司、牝6)は、小倉記念(8月11日、中京、GⅢ、芝2000メートル)に向かう予定。

エプソムC17着レッドランメルト(美・国枝、牡5)は、七夕賞(7月7日、福島、GⅢ、芝2000メートル)へ。

【エプソムC】レースを終えて…関係者談話 2024年6月10日(月) 04:57

◆岩田望騎手(サイルーン4着)「直線は最後の1ハロンで同じ脚いろになってしまった。距離はこなせますが、1600メートルがベスト。昇級初戦でしたし、頑張っています」

◆橋口師(アルナシーム5着)「スタートが良くて折り合いも完璧で、すごくいい内容のレースをしてくれました。シュッとした脚は使えないですが、最後はもう一回伸びてくれました」

◆三浦騎手(グランディア6着)「状態はすごく良かったし、ここまで来たら掲示板(5着以内)が欲しかった。それでも勝ち馬以外とは差はなかったし、今後も展開がかみ合えば頑張れると思います」

◆丸山騎手(セルバーグ7着)「最後までよく頑張ってくれましたよ」

◆御神本訓騎手(グランスラムアスク8着)「行かない形でもしっかりと競馬できて、馬混みを気にせずに最後も来ている」

◆戸崎騎手(ヴェルトライゼンデ9着)「流れに乗ってスムーズな競馬ができた。雰囲気のある馬だし、復活してくれればいいなと思います」

◆津村騎手(トゥデイイズザデイ10着)「いいリズムでしたが、直線に向いてからの反応がもうひとつでした」

◆丸田騎手(ルージュリナージュ11着)「ゲートはタイミングよく出られたけど、しまい伸び切れなかったです」

◆北村宏騎手(カレンシュトラウス12着)「ブリンカーは効いていましたし、よく頑張ってくれました」

◆石川騎手(マイネルケレリウス13着)「リズムを大事に運びました。最後はよく来ているし、今後は重賞でもやれそうです」

◆菅原明騎手(ノースザワールド14着)「スピードを乗せていったんですが、そこで掛かり気味になってしまいました」

◆北村友騎手(タイムトゥヘヴン15着)「1800メートルに延びるのはプラスかと思ったのですが、いいところに出せませんでした」

◆内田騎手(ワールドウインズ16着)「外から締められてしまってポジションが後ろになってしまった」

◆オシェア騎手(レッドランメルト17着)「休み明けのぶん、ずっと力んでいました」

◆石橋騎手(ラケマーダ18着)「向こう正面で内からプレッシャーがかかって、ポジションを上げざるを得なかった」

[もっと見る]

【エプソムC2024ほか】回収率予報ニュース! 2024/6/9(日)版 2024年6月9日() 09:18


≪2024/6/9(日) 買ってはいけない エプソムC、G3函館スプリントSほか≫

「買ってはいけない」とは・・・予測回収率が低く、文字通り馬券購入の際には避けることをおすすめする馬。
なお、予測回収率が高い馬は回収率予報官プロ提供予想内「一言コメント」および「コメント」欄に記載しています。

メインレースの単勝の予測回収率が低い馬です。
馬券購入の際には避けることをおすすめします。
(2022~23年実績:1,800件中/1着62件/払戻86,900円/回収率48%)

■函館11R 芝1200m 3歳上オープン 15:25 G3函館スプリントS
 ② 50% 144.3倍(16) カイザーメランジェ
 ⑩ 60% 15.0倍(5) ウイングレイテスト
 ⑮ 50% 82.3倍(15) マテンロウオリオン
 ⑯ 60% 21.3倍(7) ゾンニッヒ

■京都11R ダート1800m 3歳上オープン 15:35 三宮S
 ⑤ 60% 72.1倍(15) ザイツィンガー
 ⑨ 60% 16.7倍(7) アルーブルト

■東京11R 芝1800m 3歳上オープン 15:45 G3エプソムC
 ① 60% 8.5倍(4) トゥデイイズザデイ
 ⑧ 60% 109.9倍(17) ワールドウインズ
 ⑨ 60% 69.9倍(15) レッドランメルト
 ⑫ 60% 142.5倍(18) グランスラムアスク
 ⑭ 60% 74.0倍(16) カレンシュトラウス

・買ってはいけない 各レースの人気馬

各レースの出走馬で、単勝オッズ6.0以下かつ予測回収率60%以下の一覧です。
(2022~23年実績:1,383件中/1着210件/払戻76,850円/回収率56%)

函館01R ② 60% 5.6倍(3) メイショウマゴイチ
函館01R ④ 60% 4.3倍(2) グランテレーズ
函館04R ⑥ 60% 5.9倍(2) アークドール
東京04R ⑨ 60% 4.1倍(2) ボクラヲツナグモノ
東京08R ③ 60% 5.7倍(3) ドゥムーラン
函館10R ⑦ 60% 5.7倍(3) クリノグローリー
函館12R ⑤ 50% 5.6倍(3) メリタテス
東京12R ⑬ 60% 2.3倍(1) ニュージーズ


≪2024/6/9(日) 単勝万馬券を狙え≫

対象レースの単勝の予測回収率90%以上の出走馬で最もオッズの高い馬です。
単勝以外の券種でも、この馬を絡めるとオトクですよ。
(2022年7月30日札幌11R、1着フォーワードアゲン/単勝払戻13,420円)

函館12R ⑩ 100% 164.7倍(12) オリンポスカズマ


※表は左から、レース、馬番、予測回収率、単勝オッズ、人気順、馬名です。
※オッズはデータ作成時点のものです。
※オッズや人気順が変わっても予測回収率は変わりません。

[もっと見る]

【エプソムC2024】有名人の予想に乗ろう! 徳光和夫さん、霜降り明星・粗品さんなどズラリ!競馬大好き芸能人・著名人が真剣予想! 2024年6月9日() 06:30


【徳光和夫】
◎⑥レーベンスティール
3連単1頭軸流しマルチ
⑥→③⑩⑪⑬⑯⑱
ワイド流し
⑥-⑦⑭

【粗品(霜降り明星)】
◎⑤タイムトゥヘヴン
3連複1頭軸流し
⑤-①③⑥⑩⑪⑮⑯⑰⑱

【DAIGO】
注目馬
レーベンスティール
マイネルケレリウス

【林修】
注目馬
トゥデイイズザデイ

【あの】
注目馬
トゥデイイズザデイ

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑪サイルーン
○③ルージュリナージュ
▲⑰ニシノスーベニア
△⑥レーベンスティール
△⑩シルトホルン
△⑮アルナシーム
△⑱セルバーグ

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑱セルバーグ
単勝


【キャプテン渡辺】
◎⑩シルトホルン
単勝

馬連流し・ワイド流し
⑩-⑬⑯

【佐野瑞樹】
注目馬
サイルーン

【鈴木淑子】
◎⑥レーベンスティール
馬連BOX
トゥデイイズザデイ
ルージュリナージュ
ヴェルトライゼンデ
レーベンスティール

【長岡一也】
◎⑥レーベンスティール
○⑮アルナシーム
▲③ルージュリナージュ
△①トゥデイイズザデイ
△⑤タイムトゥヘヴン
△⑦マイネルケレリウス
△⑪サイルーン

【原奈津子】
◎⑮アルナシーム
○⑯グランディア
▲⑤タイムトゥヘヴン

【中村愛】
注目馬
アルナシーム

【皆藤愛子】
◎⑩シルトホルン
単勝・複勝

ワイド
⑩-⑰ニシノスーベニア

【舩山陽司】
◎⑨レッドランメルト
3連複1頭軸流し
⑨-①③④⑥⑩⑪⑮

【川島明(麒麟)】
注目馬
サイルーン

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎⑩シルトホルン
ワイドBOX・馬連BOX
トゥデイイズザデイ
ノースザワールド
シルトホルン
サイルーン
アルナシーム
セルバーグ

【恋さん(シャンプーハット)】
注目馬
レーベンスティール
サイルーン

【じゃい(インスタントジョンソン)】
注目馬
グランディア
サイルーン
アルナシーム
ルージュリナージュ

【田原成貴(元JRA調教師)】
注目馬
ルージュリナージュ
ニシノスーベニア
サイルーン
レーベンスティール

【天童なこ】
◎⑪サイルーン

【小木茂光】
◎⑯グランディア
3連単フォーメーション
⑥⑮⑯→①③⑤⑥⑦⑩⑪⑮⑯→⑥⑮⑯

【福原直英】
注目馬
レーベンスティール

【横山ルリカ】
注目馬
サイルーン

【三代目 中村福之助】
◎⑪サイルーン

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑦マイネルケレリウス

【橋本マナミ】
◎⑥レーベンスティール

【酒井一圭(純烈)】
◎①トゥデイイズザデイ

【稲富菜穂】
◎⑮アルナシーム

【小泉恵未】
◎⑯グランディア

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑮アルナシーム

【熊崎晴香(SKE48)】
◎⑪サイルーン

【栗林さみ】
注目馬
グランディア
シルトホルン

【目黒貴子】
◎⑮アルナシーム

【小林雅巳】
◎①トゥデイイズザデイ

【藤原菜々花】
◎⑥レーベンスティール

【中野雷太】
◎⑪サイルーン

※順不同






[もっと見る]

【エプソムC2024】ROBOTIPの勝率予測 馬券対象8頭の混戦模様!競走馬能力重視予測はヴェルトライゼンデを首位評価 2024年6月8日() 12:00

こんにちは!ROBOTIP開発プロジェクトメンバーの曹操です。

今回の担当はエプソムC G3です。フルゲートの上に人気も割れそうなメンバー構成で、予想はかなり難解な印象ですが、勝率予測はどのようになっているでしょうか。

曹操ROBOTIPの基本設定は「競走馬」の能力指数を100%とし、適性は「距離適性」と「周回方向適性」のみを配合、補正は「斤量」「調教評価」「厩舎評価」の補正をONにします。

これによって弾き出された勝率予測は以下の通りです。

曹操ROBOTIPが弾き出したエプソムC全馬の勝率
(順位・馬番・馬名・勝率)
ヴェルトライゼンデ 13.37%
タイムトゥヘヴン  10.85%
ニシノスーベニア  10.18%
ノースザワールド  9.51%
アルナシーム    8.59%
トゥデイイズザデイ 6.31%
シルトホルン    6.25%
グランディア    5.76%

ルージュリナージュ 5.39%
サイルーン     3.91%
セルバーグ     3.69%
カレンシュトラウス 3.46%
ワールドウインズ  3.28%
レッドランメルト  3.03%
レーベンスティール 2.98%
マイネルケレリウス 1.33%
グランスラムアスク 0.81%

ヴェルトライゼンデが首位となりましたが、2位以下の馬たちは下位まで僅差となっています。平均勝率(18頭立ての場合は5.55%)を上回る馬のみを馬券対象にするので、上位8頭がその対象です。

上位6頭の勝率の差を鑑みて隊列にすると以下の通りです。
 ④ > ⑤⑰②⑮ > ①⑩⑯

馬券は④ヴェルトライゼンデを軸にした3連複ながし、合計8,400円で勝負します。

3連複(軸1頭ながし)
④-⑤⑰②⑮①⑩⑯ 各400円

合計8,400円


**************************************
ROBOTIPは自分の競馬予想理論に従って6つの能力指数(競走馬・騎手・血統・調教師・馬主・生産者)と、5つの適性(距離・トラック・馬場状態・周回方向・G前の坂)を自由に配合して出走馬の勝率を予測するロボットです。
ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)すると無料でご利用頂けます。
⇒詳しくはこちらへ!
**************************************

[もっと見る]

【エプソムC2024】重賞データ分析 レーベンスティール、シルトホルンなど計4頭が減点無し 2024年6月8日() 12:00


【馬齢】
2014年以降(過去10年)の1~3着馬延べ30頭の馬齢を確認すると、4歳から7歳までの範囲となっている。ただし、7歳馬の最高着順は3着どまり。まずは、4~6歳馬を重視したいところだ。

(減点対象馬)
ヴェルトライゼンデ ⑧ワールドウインズ ⑭カレンシュトラウス

【前走距離】
2014年以降の1~3着馬延べ30頭の前走使用距離を検証すると、芝1400m、芝1600m、芝1800m、芝2000mの4組に集約される。なお、芝1400m・芝1600m組の好走(3着以内)は、グレード競走からの参戦馬のみ。その点には注意したい。

(減点対象馬)
トゥデイイズザデイ ⑪サイルーン ⑬ラケマーダ

【前走人気】
2014年以降の1~2着馬20頭のうち、19頭は前走で単勝6番人気以内に支持されていた。例外は香港・チャンピオンズマイルから参戦した、2014年の2着馬マイネルラクリマだけ。国内戦で低評価を受けていた馬は、疑ってかかったほうがよさそうだ。

(減点対象馬)
ノースザワールド ③ルージュリナージュ ⑤タイムトゥヘヴン ⑦マイネルケレリウス ⑧ワールドウインズ ⑨レッドランメルト ⑫グランスラムアスク ⑭カレンシュトラウス ⑱セルバーグ

【前走馬体重】
2014年以降の2着以内馬20頭中17頭は、前走の馬体重が500キロ以内。500キロを超えていた3頭はいずれも、OPクラスの芝1800m戦で1着歴、なおかつ東京芝のレースでの1着経験があった。相応の実績がない大型馬は、連対(2着以内)候補として狙いづらい印象を受ける。

(減点対象馬)
レッドランメルト ⑰ニシノスーベニア

【オープン実績】
2014年以降の1~3着馬延べ30頭はいずれも、OPクラスの芝1600~2200m戦で5着以内の入線経験があった。掲示板外から巻き返して複勝圏入りを果たした馬が12頭に至る、前走の着順に寛容なレースではあるが、先述した程度の実績は必要と考えたい。

(減点対象馬)
サイルーン ⑬ラケマーダ


【データ予想からの注目馬】
上記5項目で減点がないのは、⑥レーベンスティール、⑩シルトホルン、⑮アルナシーム、⑯グランディアの4頭。

連軸候補のトップには、⑥レーベンスティールを挙げたい。2014年以降、美浦所属の4歳馬は【3.3.2.11】。そのなかでも、1800m以上の重賞において勝利歴を持つ馬は【1.1.1.2】と、高確率で馬券(3着以内)に絡んでいる。前走大敗からガラリ一変があっても、なんら不思議はない。

同じく美浦所属の4歳馬に該当する、⑩シルトホルンを次位評価。残る2頭、⑮アルナシーム、⑯グランディアにも相応の警戒が必要だろう。

<注目馬>
レーベンスティール ⑩シルトホルン ⑮アルナシーム ⑯グランディア

[もっと見る]

⇒もっと見る

レッドランメルトの関連コラム

閲覧 1,419ビュー コメント 0 ナイス 3


先週の東西重賞はともに内枠有利の流れ。CBC賞は逃げたジャスパークローネが勝利、ラジオNIKKEI賞は道中好位のインを追走したエルトンバローズが抜け出した。

最終的な本命はCBC賞が◎サンキューユウガ、ラジオNIKKEI賞は◎コレペティトールサンキューユウガは最高の立ち回りで2着を確保したが、今回に関しては馬場状態や枠順などすべての条件が向いたことは覚えておきたい。次走以降、今回以上の競馬をするのはなかなか難しいかもしれない。一方のコレペティトールはスタートで少し立ち遅れたことが響いた。もっとも、こちらも内枠を上手く生かせてはいたので、今回以上となると少々厳しいかもしれない。

負けた組の中ではやはりラジオNIKKEI賞で3着だったレーベンスティールのラストの脚が目についた。もともと小回り向きのタイプではないので流れに乗れず差し遅れたのは仕方ないところ。騎乗についてはいろいろ言われそうな内容ではあったが、そもそも上手く乗ることが難しいシチュエーションでもあった。福島芝1800mの開幕週はストレートに能力が発揮される舞台ではない。

~ノーザンファーム産の2歳勢がロケットスタート

さて、少しだけ2歳戦の話題を。先月から始まった2歳戦線もはや1ヶ月あまりが過ぎたが、最初の開催ではノーザンファーム勢が大活躍。やや低調だった昨年から一転、素晴らしいスタートを切った。

最初の開催で2歳戦は合計29レース行われたが、そのうち13レースでノーザンファーム生産馬が勝利。複勝率も60%を超えており、近年の中でも屈指の好スタートといっていい。参考までに昨年の最初の開催との比較を見てみたい。

・2歳戦最初の開催におけるノーザンF勢の成績

2022年 (8-7-5-26)複勝率 43.5% 複勝回収値 66円
2023年 (13-6-8-17)複勝率 61.4% 複勝回収値 127円

ご覧の通り、明らかに今年の方が良い。近年の中では2018年の2歳世代はノーザンファーム勢が絶好調で、サートゥルナーリアグランアレグリアアドマイヤマーズダノンファンタジーケイデンスコールなど、最初の開催にデビューした組がその後大活躍。

今年も素質を感じさせる馬が多く勝ち上がっており、特にボンドガールアマンテビアンコダノンエアズロックあたりは先々も大いに期待できそうだ。世代によってかなり明確に好不調が分かれる傾向があるので、今年の2歳勢は好調…かもしれない、くらいはアタマに入れておくと今後2歳戦の馬券を買う上でもヒントになるかもしれない。

それでは最後に先週からの狙い馬と、今週末の注目馬を。

【次走狙い馬】イルクオーレ 7/1(土)函館11R 4番人気4着

トップスタートから2番手追走も、大外枠で位置を収められなかった。それでも直線はしぶとく粘って見せ場を作っており、現級でも上位の能力は見せた。順調なら次走は札幌前半開催に使えそう。逃げでも番手でも安定した立ち回りが可能なので、あとは馬場や展開、枠次第で圏内好走が叶うだろう。

~今週末の注目馬~

今週は七夕賞から。

レッドランメルト田辺裕信騎手)

注目はレッドランメルト田辺裕信騎手。
もともと3連勝で重賞に挑戦し、小倉大賞典では1番人気の支持を集めた実力馬。直近3戦は戦績だけ見れば重賞の壁に阻まれたように見えるが、枠や馬場が向かなかった面も大きかった。田辺騎手との初コンビでリラックスして運べれば一発が怖い。


※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

栃木県出身、競馬予想家。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。『競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書』(ガイドワークス)など著書多数。最新刊は『馬券力の正体 収支の8割は予想力以外で決まる』(オーパーツ・パブリッシング)。


登録済みの方はこちらからログイン

2021年6月30日(水) 15:54 【ウマニティ】
伊吹雅也のPOG分析室 (2021) ~第6回デビュー前の有力馬~
閲覧 5,778ビュー コメント 0 ナイス 4

 先週末で3回東京・3回阪神・1回札幌が終了し、今週末からは1回福島・3回小倉・1回函館がスタート。現2歳世代にとっては初めてのJRA重賞となる7月17日の函館2歳ステークス(2歳G3・函館芝1200m)を皮切りに、今後は2歳オープンのレースも少しずつ増えてきます。まだ序盤も序盤ですが、既に手応えを感じているプレイヤーもいらっしゃるでしょうし、そうでない方はそろそろ巻き返しに向けた作戦を練っておきたいところです。

 今回は、仮想オーナー枠に余裕がある皆様の参考にしていただくべく、デビュー間近と思われる未出走馬のうち、有力と思しき馬をピックアップしてみました。

 本稿を制作するにあたり、私はまずJRA-VANのデータから「6月30日時点で入厩している未出走の2歳馬」「東西のトレーニング・センターで6月1日から6月30日までの期間中に坂路調教を行った未登録の2歳馬」を抽出。その中から、注目すべきファクターごとに該当馬をまとめています。それぞれの一覧には重複もありますがご了承ください。

 最初に、2021年06月05日01:00更新分の「注目POG馬ランキング」で100位以内だった該当馬をご覧いただきましょう。末尾に付記したのは「注目POG馬ランキング」の順位、並び順は父名順→母名順です。

ウラヤ(牡 父New Approach/母Wadi 野中賢二厩舎) ※72位
ソネットフレーズ(牝 父エピファネイア/母ボージェスト 手塚貴久厩舎) ※26位
パラレルヴィジョン(牡 父キズナ/母アールブリュット 国枝栄厩舎) ※7位
インプレス(牡 父キズナ/母ベアトリス2 佐々木晶三厩舎) ※81位
ラスール(牝 父キタサンブラック/母サマーハ 藤沢和雄厩舎) ※56位
●メトセラ(牡 父キタサンブラック/母ドナブリーニ 矢作芳人厩舎) ※41位
エリカヴィータ(牝 父キングカメハメハ/母マルシアーノ 国枝栄厩舎) ※30位
ヴァラダムドラー(牝 父ジャスタウェイ/母バラダセール 松下武士厩舎) ※47位
コリエンテス(牡 父ディープインパクト/母イスパニダ 堀宣行厩舎) ※1位
フォーグッド(牡 父ディープインパクト/母ウィキッドリーパーフェクト 国枝栄厩舎) ※31位
チェルノボーグ(牡 父ディープインパクト/母コンテスティッド 藤原英昭厩舎) ※46位
フィアレスデザイア(牡 父ディープインパクト/母ヒルダズパッション 藤沢和雄厩舎) ※37位
ダノンマイソウル(牡 父ディープインパクト/母フォエヴァーダーリング 矢作芳人厩舎) ※70位
アカデミー(牝 父ドゥラメンテ/母イサベル 吉岡辰弥厩舎) ※42位
レイフル(牝 父ドゥラメンテ/母シェルズレイ 木村哲也厩舎) ※96位
ソクラテス(牡 父ドゥラメンテ/母ブルーダイアモンド 音無秀孝厩舎) ※18位
スパイダーバローズ(牡 父ハーツクライ/母マラコスタムブラダ 中内田充正厩舎) ※13位
フィデル(牡 父ハーツクライ/母ラッキートゥビーミー 友道康夫厩舎) ※21位
ヴァンガーズハート(牡 父ハービンジャー/母ケイティーズハート 鹿戸雄一厩舎) ※57位
フォアランナー(牡 父ハービンジャー/母ジュモー 西村真幸厩舎) ※91位
サンドレス(牝 父ハービンジャー/母ツルマルワンピース 手塚貴久厩舎) ※54位
グランディア(牡 父ハービンジャー/母ディアデラノビア 中内田充正厩舎) ※50位
リューベック(牡 父ハービンジャー/母ライツェント 須貝尚介厩舎) ※44位
ブラックボイス(牡 父ブラックタイド/母ソングライティング 宮田敬介厩舎) ※35位
スリーパーダ(牝 父ミッキーアイル/母シンハリーズ 斉藤崇史厩舎) ※73位
アンジーニョ(牝 父ミッキーアイル/母ポルケテスエーニョ 高橋義忠厩舎) ※93位
ブレスク(牡 父ルーラーシップ/母パララサルー 国枝栄厩舎) ※43位
ライラスター(牡 父ロードカナロア/母ハープスター 木村哲也厩舎) ※79位

 2021年06月05日01:00更新分の「注目POG馬ランキング」で1位だったコリエンテス(イスパニダの2019)は、所属するシルクホースクラブのホームページによると、7月10日の福島05R(2歳新馬・芝1800m)を当面の目標としている模様。今後も各ワールドで活発な入札が繰り広げられるのではないかと思います。

 第1回の「POG的データ分析」で強調したディープインパクト産駒は下記の通り。

コリエンテス(牡 父ディープインパクト/母イスパニダ 堀宣行厩舎) ※1位
フォーグッド(牡 父ディープインパクト/母ウィキッドリーパーフェクト 国枝栄厩舎) ※31位
●ルヴェルディ(牡 父ディープインパクト/母エクセレンス2 木村哲也厩舎)
ロードレゼル(牡 父ディープインパクト/母エンジェルフェイス 中内田充正厩舎)
アスクオンディープ(牡 父ディープインパクト/母カラズマッチポイント 藤原英昭厩舎)
●ウィズグレイス(牝 父ディープインパクト/母カラライナ 国枝栄厩舎)
●サトノゼノビア(牝 父ディープインパクト/母クイーンカトリーン 国枝栄厩舎)
レッドランメルト(牡 父ディープインパクト/母クイーンズアドヴァイス 国枝栄厩舎)
フォーブス(牝 父ディープインパクト/母ゴーイントゥザウィンドウ 藤原英昭厩舎)
ダノンブリザード(牡 父ディープインパクト/母コンクエストハーラネイト 池江泰寿厩舎)
チェルノボーグ(牡 父ディープインパクト/母コンテスティッド 藤原英昭厩舎) ※46位
ジュエルラビシア(牝 父ディープインパクト/母サファリミス 藤沢和雄厩舎)
●グランスラムアスク(牝 父ディープインパクト/母ジェニサ 矢作芳人厩舎)
ディープグラビティ(牡 父ディープインパクト/母スターシップトラッフルズ 菊沢隆徳厩舎)
マジカルキュート(牝 父ディープインパクト/母ソーマジック 音無秀孝厩舎)
ティズグロリアス(牝 父ディープインパクト/母ティズトレメンダス 木村哲也厩舎)
ルージュスティリア(牝 父ディープインパクト/母ドライヴンスノー 藤原英昭厩舎)
パーソナルハイ(牝 父ディープインパクト/母パーソナルダイアリー 矢作芳人厩舎)
ジャスティンパレス(牡 父ディープインパクト/母パレスルーマー 杉山晴紀厩舎)
フィアレスデザイア(牡 父ディープインパクト/母ヒルダズパッション 藤沢和雄厩舎) ※37位
ウェストファリア(牝 父ディープインパクト/母フィオドラ 手塚貴久厩舎)
ダノンマイソウル(牡 父ディープインパクト/母フォエヴァーダーリング 矢作芳人厩舎) ※70位
レッドラディエンス(牡 父ディープインパクト/母ペルフォルマーダ 藤沢和雄厩舎)

 現2歳のディープインパクト産駒は現時点で6頭がJRAの新馬を使ったものの、勝ち上がったのは今のところコマンドライン(コンドコマンドの2019)のみ。“出遅れ”が気になっている方は多いかもしれません。さすがにそのうち巻き返してくると思いますけど、巻き返しのタイミング次第では入札の人気に影響してくる可能性もありそう。今後も動向を見守っていきたいところです。
 ちなみに、今シーズンの私は「ディープインパクト産駒を一頭も指名しない」という作戦で臨んでいます。活躍馬が出ないと見ているわけではなく、どう考えても例年より人気になりそうだからという理由で回避を選択したわけですが、果たしてどうなるでしょうか。

 比較的成績の良い厩舎に所属している馬はこちら。

ポイズンアロウ(牡 父Arrogate/母Crosswinds 藤沢和雄厩舎)
ソネットフレーズ(牝 父エピファネイア/母ボージェスト 手塚貴久厩舎) ※26位
サトノドルチェ(牡 父オルフェーヴル/母ラッドルチェンド 池江泰寿厩舎)
ラスール(牝 父キタサンブラック/母サマーハ 藤沢和雄厩舎) ※56位
リチュアル(牡 父キングカメハメハ/母メイデイローズ 藤沢和雄厩舎)
ソーブラック(牝 父キンシャサノキセキ/母ピーチブローフィズ 手塚貴久厩舎)
ウェルカムニュース(牡 父サトノアラジン/母レジェンドトレイル 池江泰寿厩舎)
ロードレゼル(牡 父ディープインパクト/母エンジェルフェイス 中内田充正厩舎)
ダノンブリザード(牡 父ディープインパクト/母コンクエストハーラネイト 池江泰寿厩舎)
ジュエルラビシア(牝 父ディープインパクト/母サファリミス 藤沢和雄厩舎)
フィアレスデザイア(牡 父ディープインパクト/母ヒルダズパッション 藤沢和雄厩舎) ※37位
ウェストファリア(牝 父ディープインパクト/母フィオドラ 手塚貴久厩舎)
レッドラディエンス(牡 父ディープインパクト/母ペルフォルマーダ 藤沢和雄厩舎)
オールユアーズ(牝 父ドゥラメンテ/母アイムユアーズ 手塚貴久厩舎)
ポルテーニャ(牝 父ドゥラメンテ/母サンタエヴィータ 西村真幸厩舎)
●マリトッツォ(牝 父ドゥラメンテ/母ポリリズム 友道康夫厩舎)
ヴァランシエンヌ(牝 父ドレフォン/母メリーウィドウ 西村真幸厩舎)
ドウデュース(牡 父ハーツクライ/母ダストアンドダイヤモンズ 友道康夫厩舎)
ファイナルアンサー(牝 父ハーツクライ/母ファイナルディシジョン 手塚貴久厩舎)
スパイダーバローズ(牡 父ハーツクライ/母マラコスタムブラダ 中内田充正厩舎) ※13位
フィデル(牡 父ハーツクライ/母ラッキートゥビーミー 友道康夫厩舎) ※21位
フォアランナー(牡 父ハービンジャー/母ジュモー 西村真幸厩舎) ※91位
サンドレス(牝 父ハービンジャー/母ツルマルワンピース 手塚貴久厩舎) ※54位
グランディア(牡 父ハービンジャー/母ディアデラノビア 中内田充正厩舎) ※50位
ナンヨーアゼリア(牝 父ハービンジャー/母パンデリング 手塚貴久厩舎)
コンフリクト(牡 父ビッグアーサー/母カルナヴァレ 西村真幸厩舎)
ラフシー(牡 父ブラックタイド/母ティップトップ 手塚貴久厩舎)
リンクスルーファス(牝 父ヘニーヒューズ/母ランニングボブキャッツ 手塚貴久厩舎)
ロマンドブリエ(牡 父モーリス/母レーヌドブリエ 池江泰寿厩舎)
ヴィルティス(牝 父ラブリーデイ/母リアリティー 友道康夫厩舎)
アドマイヤジェイ(牡 父ロードカナロア/母ライラプス 友道康夫厩舎)

 第1回の「POG的データ分析」では、友道康夫調教師や中内田充正調教師を特に強調しました。まだまだ面白そうな馬がデビューを控えておりますので、ぜひチェックしてみてください。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる血統大全 2019-2020』(ガイドワークス)、『ウルトラ回収率 2019-2020』(ガイドワークス)、『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全2018秋~2019』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、「ウマニティPOG 2014」では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

レッドランメルトの口コミ


口コミ一覧
閲覧 237ビュー コメント 1 ナイス 6

エプソムカップで帰厩初戦となる馬の外厩情報共有します。

 2番ノースザワールド(菅原明良騎手)滋賀県

 4番ヴェルトライゼンデ(戸崎圭太騎手)ノーザンFしがらき

 5番タイムトゥヘヴン(北村友一騎手)ムラセファーム

 6番レーベンスティール(C.ルメール騎手)ノーザンF天栄

 7番マイネルケレリウス(石川裕紀人騎手)ビッグレッドファーム鉾田

 9番レッドランメルト(T.オシェア騎手)ノーザンF天栄

11番サイルーン(岩田望来騎手)山元トレセン

12番グランスラムアスク(御神本訓史騎手)宇治田原優駿ステーブル

13番ラケマーダ(石橋脩騎手)エイシンステーブル

15番アルナシーム(横山典弘騎手)ノーザンFしがらき

16番グランディア(三浦皇成騎手)ノーザンFしがらき

17番ニシノスーベニア(田辺裕信騎手)西山牧場阿見分場

18番セルバーグ(丸山元気騎手)山岡トレセン

以上になります。

 マシンガンhiro 2024年6月7日(金) 10:41
エプソムC追い切り
閲覧 119ビュー コメント 0 ナイス 2

マイネルケレリウス 87
石川(W) 84.0-67.8-52.9-38.4-24.6-11.7 馬なり
新馬メロンパンマニアと併せ馬らしいが、相手のことなどお構いなしに外めを単走でユッタリ回ってきて、直線もそのまま外を気持ちよく伸び、全く相手にせず単走追いみたいなもの。普段馬体なんて気にしない(見たってわからない)人だけど、そんな私から見ても体の張りとかツヤが良さそうに思えた。絶好調と言っていいんじゃない?

ルージュリナージュ 87
助手(W) 82.8-66.5-51.8-37.3-23.5-11.5 馬なり
外へ行きそうなぐらいの勢いをグッと抑え込んで直線へ向き、残り100m手前ぐらいまでは我慢させてそこから手綱を緩めるとさらに加速し、大きく先行して外を行く未勝馬2頭の併せ馬をスパッと交わした。相手が相手なのでこの馬の伸びが目立つのは当然だが、終始スピードに乗っていたこともあって走りの重心も安定しており、キレのある動きには好感持てる。デキ良さそうなのでキレる脚がハマるかどうか。

ノーズザワールド 87
助手(W) 83.5-66.7-51.5-37.3-23.8-11.2 馬なり
C2メタルスピードを追走し内へ。抑えきれない行きっぷりで直線へ向くと、引っ張る鞍上が持っていかれ気味になるほどグイグイ自分から伸びた。最後は相手も反応良く伸びて併入だが、まずまずの時計でこの上がりなら、デキに関しては文句ないと見たい。能力や府中1800適性が?

レーベンスティール 86
助手(W) 83.8-68.1-53.1-38.2-24.2-11.5 馬なり
OPレモンポップと3歳C1ヴァルドチャの間で3頭併せ。終始手綱をガッチリ引いていたが、自分からグイグイ伸びて前進気勢旺盛。何が気に入らなかったのか残り100mからは内へ行こうと口向きの悪さを見えて気性面の不安は残っているが、それでも走りの勢いや集中力、力強さが削がれることなく一番良い手応えで併入した。能力は間違いなく高そうなんだけど、何か能力以外の内的外的要因でちゃんとレースができてない馬って印象が強い。そういう意味では府中の1800でノビノビとエンジン全開の競馬をしてみて真価を見たいところ。

タイムトゥヘヴン 86
上野(W) 65.0-50.2-35.9-22.8-11.1 馬なり
未勝利ダイシンネイビーを追走し内へ。直線向いてもジックリ抑えて我慢させ、先に手を動かして粘ろうとする相手を、残り100mぐらいから馬なりのまま抜群の加速で交わしてゴール。ゴール過ぎてから1角までちょっと仕掛けて伸ばされていた。数字通りの素軽く鋭い走りで状態は高いレベルで維持していると思う。もともと稽古良く見せるタイプっぽいので騙されそうだがもっと走って良さそうに思う。位置をとれないのに使える脚が短くて、ハマる条件がないんだろうなぁ。

シルトホルン 86
吉田豊(W) 80.0-64.6-51.2-37.2-23.4-11.4 馬なり
OPヴィジョンオブラブと未勝利プラチナバンドを追走し内へ。直線向いても少し追いかける形だったが、残り1F過ぎから自分でクビをグッと下げて鋭い伸びを見せて最先着。高齢馬と未勝利馬相手とは言え鞍上の手は最後まで動くことはなかった。馬場の中ほどを通ったので時計そのままの評価はできないが、上々の内容に見えた。

サイルーン 85+
助手(美坂) 55.8-40.5-25.3-12.2 馬なり
3歳C1エリカサファイアと併せ馬。仕掛け気味に内からついてくる相手に抑えて合わせ、直線でも手綱を絞り気味のまま集中してキビキビした走り。ゴール前ではスーッと抜け出してきた。格下相手に時計も遅めなので素軽く見える面はあるが、先週も65秒台→1F11秒を切る内容で追い切られており、調子は良さそう。距離とコース克服がカギか。

ニシノスーベニア 85+
助手(美坂) 53.7-37.8-24.5-12.1 末仕掛け 
外ラチ沿いを単走で。掻き込み鋭いキビキビしたフットワークで前進気勢を感じさせる。手前を替えられず直線向いてちょっとヨロけたり、ゴール前の伸びがもう一歩という気もするが、活気の良さや動きの迫力が伝わってくる。こういうタイプで脚を溜めにくいから府中は善戦マンなのかも。

レッドランメルト 85+
オシェア(W) 64.5-49.8-35.9-23.0-11.3 末強め
3歳C1ロクシアスの内に併せる。大トビなフットワークで道中も抑えすぎず15-15で流し、直線も終いはシッカリ気合をつけて追われた。騎手騎乗もあって時計は速い。トビが大きいので反応の鋭さは感じないが、そのぶん力強い動きで頭を前に突き出し前進気勢も十分に窺える。休み明けでも自身は走れる状態にはあると思うが、瞬発力勝負には課題があるのかな?と思わせる動きと戦績。

グランディア 85+
助手(CW) 84.3-68-1-52-9-37-3-22.9-11-2 末仕掛け
馬場の外めを単走で大きく回る。軽快な行きっぷりで、終い少し気合をつけられていたがほぼ馬任せに流した。楽なペースで行って末を伸ばしたこともあり、直線は大きく伸びやかで力強いフットワーク。クビも使って活気ある動きだった。先週もいい時計で駆けており状態はOKと見る。

ラケマーダ 85
助手(CW) 85.9-69.3-53.4-37.9-23.7-11.8 馬なり
外めを単走で。しっかり抑えて終いだけちょっと促す程度でほぼ馬なり。上がり重点もあって最後の伸びはまずまずだったが、促されてからもそう重心が沈まず頭の高めな走り。ゴール前で手前を替えていたように馬にまだ余裕があったんだろうが、ワンペースな走りで欲を言えばもう少しシュっと反応して欲しかった気はする。

アルナシーム 85
横山典(CW) 51.6-35.6-11.2 馬なり
先週長めを追って今週は楽に流す。程よい気合で集中力もあり、安定した重心で素軽い走りだった。何か問題があってではなく、仕上がり度合いや輸送、テンション維持のための軽め調整なんでしょう。実際京都阪神以外ではあまり走れていない。

ヴェルトライゼンテ 85
水口(栗坂) 52.3-38.2-25.1-12.5 末一杯
OPウェルカムニュースの後ろにつけて我慢させ、残り1Fは外に併せに行って追い比べ。やや反応が物足りない気もするが、相手も楽をしていたこともあって手応え見劣りやや遅れる。先週もどういう形の併せ馬はわからんが未勝利馬に遅れており、休み明け感があるのかなとも思うが、集中して力強く駆けており、及第点レベルにはあろう。

トゥデイイズザデイ 85
助手(栗坂) 54.1-39.0-24.9-12.1 末仕掛け
単走で力強く弾むようなフットワークの走り。まずまずの活気もあって悪くないが、終いちょっと仕掛けたときに一瞬頭が下がって伸びかけたが、それほど走りが変わったわけではなくメリハリに欠ける印象も。中間もそれほど目立った時計は出しておらず、レース成績同様、悪くはないんだけ何か惹かれるものは・・・。長い直線の1800mはベストだと思うので、極端に速い時計や上がりを求められなければ、ソコソコには来るだろうが・

セルバーグ 84
助手(栗坂) 54.5-39.1-25.0-12.1 末仕掛け
馬の少ない時間帯に外ラチ沿いを単走で。小さなフットワークで重心も高く、口向きも真っすぐ前を向かずに走りに集中してないような印象。あんまり好感持てる動きじゃないが、何かスピードに乗りきらないような印象を受けたのは、日の高さや影の長さからみると遅い時間帯で馬場が悪かったのかも。デキが悪いかは素人ではわからんが、大きな変わり身は感じなかった。

ワールドウインズ 84
助手(栗坂) 52.7-38.6-25.1-12.3 末一杯
未勝利ウエルカムキリシマをやや馬体を離して追走し、終いは一杯に追われて併入。見た目ほど時計は悪くないし、追われて反応はしていたが、伸びはジリジリ。前2週もどういう追走経緯だったのかわからないが、馬なり併せとはいえ新馬に2週続けて遅れており、調教の動きからは強調材料無し。

[もっと見る]

 競馬が大好き(複勝男 2024年6月7日(金) 01:42
エプソムカップ 2
閲覧 197ビュー コメント 0 ナイス 2

エプソムカップ

芝1800M GⅢ 3歳以上

出走馬の個人的な評価

競馬ブックポイント◎3ポイント○2ポイント▲1ポイント◬0.5ポイント

レーベンスティール 25ポイント
(ここ2戦で評価は下がるどころか今回も人気の中心になっているので何とも怪しいが、今回はルメール騎手になるのと東京の1800Mになることで力は出せると思われている。でも59Kgですから。)

トゥデイイズザデイ 19ポイント
(今回は重賞で相手強化になるので前走以上の力が出せれるかどうか?距離は問題ないが初めての東京でどうか?父ディープインパクトですからダメではないでしょうね。)

グランディア 9ポイント
(昇級初戦でどうか?東京コースは連対があるから問題はないと思う。継続騎乗で前走ぐらいの内容ならここでもいい勝負は出来ると思うが実績ないんでね。)

ヴェルトライゼンデ 3.5ポイント
(長期休養明けで今回は様子見でもいいかな。今回も脚元の不安はあるから無事に走れることが重要だけどここまでの実績はかなり上なので、あっさり勝っても驚きはない。)

ニシノスーベニア 3ポイント△8こ
(ダービー卿チャレンジTが4着で目途はついたと思う。東京コースも悪くないし距離が伸びてどうなるかはあるが血統的にはさほど気にしない方がいいかな。開催後半なのも馬的にプラスと思っているので。)

ルージュリナージュ 3ポイント△7こ
(ヴィクトリアマイル5着でここでもいい勝負は出来そう。距離延長は3勝クラスでこの条件で勝利しているので意外と人気は上がりそうかなと、良馬場なら外から差す競馬が嵌まるかも。)

セルバーグ 3ポイント△2こ
(新潟大賞典は躓いて逃げなかったので参考外でもいいか。今回は逃げる競馬でどこまで粘れるか?開催後半で逃げ切りづらいけど前半楽に行ければ、このレースは逃げ残りがあるので。)

アルナシーム 2.5ポイント
(前走2着で広いコースの方が力は出しやすそうで東京コースでは結果が出ていない。今回輸送が上手く行くかどうかが重要かなと。あとは力関係ですね、継続騎乗で進展もあれば。)

サイルーン 1ポイント
(連勝中で昇級初戦で去年の11月からだと4連続連対なので本格化になってるかも。父ディープインパクトで東京コースならね、外せない感じはしますね瞬発力もあるので。)

ノースザワールド 0ポイント△6こ
(ここ2戦道悪で力を出せてないなら今回巻き返す番でもいいし東京コースが数字的には実績無くても去年の毎日王冠でいいレースは出来ている。これも父ディープインパクトなので嵌まるかどうかですね。)

マイネルケレリウス 0ポイント△5こ
(昇級初戦で重賞なので楽ではないし開催後半の馬場がどうか?東京コース向いているし毎回いい脚を使っている。距離短縮で道中の位置取りが後ろ過ぎなければ。)

シルトホルン 0ポイント△3こ
(メイステークスが逃げ粘って3着で今回同型もいるし逃げたい馬でもないとは思っている。ただ東京コースでは逃げないと追い比べで劣勢になりそうなので、まぁ今回吉田豊騎手なら逃げを期待はしてしまうんでね。)

ラケマーダ 0ポイント△2こ 着差 -0.1
(昇級初戦で東京実績もある馬。父がアメリカンペイトリオットで人気はないと思うから妙味はある。良馬場でう案く折り合えれば1発あっても先行力もあるので。)

ワールドウインズ 0ポイント△2こ 着差 1.1
(重賞では頭打ちで力的のも少ししんどいか?コースは悪くないし時計の掛かる馬場ならいい脚で差してはきている。中団から進めれば1発は少しはあるかな。)

カレンシュトラウス 0ポイント 着差 0.4
(メイステークス5着で少しは巻き返して復調の兆しは出てきたかも。今回も同じ条件で相手強化になるので、もう少し前で進めればいい勝負にはなってもいいかな。)

タイムトゥヘヴン 0ポイント 着差 0.6 前々走 0.8
(追い込みなので距離延長でこの脚が使えるかと折り合えるかどうか?中山向きの馬ですから東京でどこまで差せるか?まぁ東京でも32.6の脚は使ったことあるのでそこは気にはなる。)

グランスラムアスク 0ポイント 0.6 前々走 2.8
(色んな条件を使っているので、評価的には良く分からないですね。多分力は下かなと思われるんだけど、今回は御神本騎手で何かあるんでしょうかねぇ?)

レッドランメルト 0ポイント 着差 2.0
(過去5戦dで3戦道悪で参考外が多い。七夕賞5着があるし弱い馬でもない。まぁ休み明けで今年初戦ということで様子見な感じですが、中団あたりで折り合って進めばチャンスはあってもまぁ、オシェア騎手マジックがあるかなぁ。)

現時点予想

◎ トゥデイイズザデイ
○ ルージュリナージュ
▲ アルナシーム
△ レーベンスティール
△ グランディア
穴 マイネルケレリウス
穴 サイルーン

[もっと見る]

⇒もっと見る

レッドランメルトの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

レッドランメルトの写真

レッドランメルト
レッドランメルト

レッドランメルトの厩舎情報 VIP

2024年6月9日エプソムカップ G317着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

レッドランメルトの取材メモ VIP

2024年6月9日 エプソムカップ G3 17着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。