ブレスク(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  黒鹿毛 2019年2月1日生
調教師国枝栄(美浦)
馬主株式会社 G1レーシング
生産者追分ファーム
生産地安平町
戦績 4戦[0-0-0-4]
総賞金78万円
収得賞金0万円
英字表記Blesk
血統 ルーラーシップ
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
エアグルーヴ
パララサルー
血統 ][ 産駒 ]
ディープインパクト
タンタスエルテ
兄弟
市場価格
前走 2022/07/30 3歳未勝利
次走予定

ブレスクの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
22/07/30 札幌 6 3歳未勝利 芝2000 1267151.6104** 牡3 53▲ 大久保友国枝栄B 506
(-4)
2.02.6 0.335.8⑪⑪⑪⑪ヒルノロワール
22/07/02 福島 3 3歳未勝利 ダ1700 1561126.6913** 牡3 56.0 内田博幸国枝栄B 510
(-12)
1.50.1 3.239.3⑬⑬⑭⑮サラフィエル
22/03/06 中山 1 3歳未勝利 ダ1800 1651028.8510** 牡3 56.0 菅原明良国枝栄B 522
(+10)
2.01.0 2.841.5⑥⑤⑫⑬ミッキーストロング
21/11/14 東京 5 2歳新馬 芝1800 9666.839** 牡2 55.0 田辺裕信国枝栄 512
(--)
1.55.3 3.836.4⑨⑨⑨エンパイアウエスト

ブレスクの関連ニュース

先週、東京の新馬戦をシャンドゥレールで勝ち、史上15人目となるJRA通算1000勝に王手をかけた国枝栄調教師は、2日にブレスク(福島3R3歳未勝利)、フォーグッド(福島7R3歳未勝利)、ルナソル(函館4R3歳未勝利)、クライミングリリー(函館10R洞爺湖特別)、3日にロジザキア(福島5R2歳新馬)の計5頭をスタンバイ。

「調教師になった頃は1000勝という数字は思ってもいなかった。馬が頑張って走って勝ってくれたおかげだね。1000勝しても調教師は続けていくわけだし、通過点だと思っています」と指揮官は肩肘張らずに自然体でその瞬間を迎えようとしている。

【チューリップ】サークルオブライフ国枝師「いい動き」 2022年2月24日(木) 04:43

 《美浦》阪神JFを勝ち昨年の最優秀2歳牝馬に輝いたサークルオブライフ(国枝)は、Wコース3頭併せで5ハロン81秒5-11秒9。直線で仕掛けられて中スノーホルンロード(未勝利)と併入、外ブレスク(未勝利)に4馬身先着した。「順調。時計は少し速くなったけどいい動きだった。今は480キロ後半(前走時478キロ)くらいあるけど、だんだんと暖かくなってくるだろうし、ちょうど良くなると思う」と国枝調教師。

 《栗東》阪神JF3着ウォーターナビレラ(武幸)は、武豊騎手を背にCWコースで6ハロン81秒1-11秒8をマーク。ゴール前で仕掛けられると、パワフルなフットワークで駆け抜けてワールドウインズ(古馬OP)に1馬身先着した。鞍上は「動きはこの馬なりにいい感じですよ。状態はいいと思うし、落ち着きもありますね」と好気配を伝えた。

 同4着ナミュール(高野)は坂路で一杯に追われ、ラスト1ハロン12秒2(4ハロン53秒2)を計時。ハギノモーリス(未勝利)にクビ差遅れたが、力強い脚取りを見せた。高野調教師は「いい動きでしたね。無理なくいい追い切りができたと思います。元気でフレッシュですし、このまま行ってくれれば」とうなずいた。

 菜の花賞を勝ったサウンドビバーチェ(高柳大)はCWコース単走。馬なりでスムーズな加速を披露し、6ハロン82秒8-ラスト1ハロンを11秒4でフィニッシュ。平助手は「合格点だと思います。やれば時計は出ますし、心身ともに成長しています。テンションが上がりやすいのですが、今のところ落ち着いていますね」と語った。

 オーソレミオ(昆)はCWコースでの3頭併せで、馬なりのまま6ハロン81秒5-11秒9をマーク。内ユーベルント(古馬1勝クラス)に2馬身先着し、外マテンロウルーチェ(未勝利)に1馬身遅れた。昆調教師は「やれば時計は出そうだったので馬なりでやった。いい動きだったね」と語った。

[もっと見る]

ブレスクの関連コラム

閲覧 3,375ビュー コメント 0 ナイス 3

 秋季競馬の開幕戦にあたる4回中山・5回中京が先週いっぱいで幕を閉じ、今週末からは4回東京・4回阪神・5回新潟がスタート。ちなみに、阪神競馬はここから11月6日開幕の5回阪神、12月4日開幕の6回阪神と、3か月連続で開催されます。6回阪神では12月12日に阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳G1・阪神芝1600m外)が、12月19日に朝日杯フューチュリティステークス(2歳G1・阪神芝1600m外)が施行される予定。連続開催でダメージを受けた馬場への適性もポイントになりそうです。
 例年と同じく、9月中旬から10月中旬までの間に施行されるJRAの2歳重賞は、今週末10月9日のサウジアラビアロイヤルカップ(2歳G3・東京芝1600m)のみ。G1シーズンのスタートと重なっていることもあり、一時的にPOGへの関心を失っている方も少なくないでしょう。しかし、スペシャル以外の各ワールドでは今後も仮想オーナー募集枠が順次解放される予定。現状のラインナップを見直し、改めて手駒を揃えるのにはちょうど良いタイミングかもしれません。

 今回は、2歳戦が開幕する直前の時点における注目POG馬ランキング(2021/06/05 01:00更新)の上位100頭を対象として、各馬の近況をまとめてみました。今後の入札を検討するうえでの参考資料としてご活用ください。

 既にJRAのレースで勝ち上がりを果たしている馬は32頭。ちなみに、注目POG馬ランキングでベスト10入りを果たしていた馬は3頭だけです。まだまだ序盤戦の最中とはいえ、早期勝ち上がりの難しさを改めて実感しますね。

●2位 コマンドライン(コンドコマンドの2019) 1戦1勝
●3位 ダンテスヴュー(クロウキャニオンの2019) 2戦1勝
●6位 レッドベルアーム(レッドファンタジアの2019) 1戦1勝
●14位 ベルクレスタ(ベルアリュール2の2019) 2戦1勝
●21位 フィデル(ラッキートゥビーミーの2019) 1戦1勝
●22位 リアグラシア(リアアントニアの2019) 3戦1勝
●24位 ハイアムズビーチ(ユキチャンの2019) 2戦1勝
●25位 トゥデイイズザデイ(キトゥンズクイーンの2019) 1戦1勝
●26位 ソネットフレーズ(ボージェストの2019) 1戦1勝
●29位 キラーアビリティ(キラーグレイシスの2019) 2戦1勝
●32位 アライバル(クルミナルの2019) 2戦1勝
●35位 ブラックボイス(ソングライティングの2019) 2戦1勝
●36位 ホウオウプレミア(アドマイヤテンバの2019) 1戦1勝
●39位 クレイドル(オーマイベイビーの2019) 2戦1勝
●44位 リューベック(ライツェントの2019) 2戦1勝
●50位 グランディアディアデラノビアの2019) 2戦1勝
●51位 サトノヘリオス(エアマグダラの2019) 2戦1勝
●53位 メリトクラシー(メリオーラの2019) 2戦1勝
●55位 スタニングローズ(ローザブランカの2019) 3戦1勝
●59位 プルパレイ(マイジェンの2019) 3戦2勝
●61位 ヴァーンフリート(ロスヴァイセの2019) 1戦1勝
●64位 アバンチュリエ(パンデイアの2019) 1戦1勝
●66位 ステルナティーア(ラルケットの2019) 1戦1勝
●67位 モンゴリアンキング(Minoretteの2019) 1戦1勝
●69位 セリフォス(シーフロントの2019) 2戦2勝
●73位 スリーパーダ(シンハリーズの2019) 2戦1勝
●74位 ロムネヤ(ヤンキーローズの2019) 1戦1勝
●78位 ルージュラテール(レッドメデューサの2019) 2戦1勝
●84位 グランアプロウソ(Fiduciaの2019) 1戦1勝
●87位 ミント(ビートマッチの2019) 1戦1勝
●89位 フェズカズマ(シナジーウィスパーの2019) 2戦1勝
●100位 コラリン(モルジアナの2019) 3戦2勝

 本賞金額はセリフォス(シーフロントの2019)が3800万円で単独トップ。2220万円のコラリン(モルジアナの2019)が単独2位、1900万円のスリーパーダ(シンハリーズの2019)とアライバル(クルミナルの2019)が3位タイでした。4頭ともデビュー当初からそれなり注目を集めていましたが、人気の中心と言えるほどではなかったので、今後の入札においては面白い存在となりそう。伸びしろがありそうで、なおかつ実績のわりに手頃な価格で落札できそうな雰囲気なら、積極的に狙っていくべきかもしれません。

 デビュー済み、かつ未勝利の馬は35頭。デビュー戦で期待を裏切ってしまった評判馬など、入札における人気が急落した馬もいるので、あえてこの辺りを狙ってみるのもひとつの手でしょう。

●1位 コリエンテス(イスパニダの2019) 1戦0勝
●4位 アグリ(オールドタイムワルツの2019) 1戦0勝
●5位 レディナビゲーター(レディスキッパーの2019) 2戦0勝
●9位 グットディール(マリアヴァレリアの2019) 1戦0勝
●11位 ラクスバラディー(リッチダンサーの2019) 3戦0勝
●13位 スパイダーバローズ(マラコスタムブラダの2019) 1戦0勝
●15位 マイシンフォニー(テディーズプロミスの2019) 3戦0勝
●17位 アドマイヤラヴィ(アドマイヤミヤビの2019) 1戦0勝
●18位 ソクラテス(ブルーダイアモンドの2019) 1戦0勝
●23位 プルサティーラ(カヴァートラブの2019) 2戦0勝
●31位 フォーグッド(ウィキッドリーパーフェクトの2019) 1戦0勝
●38位 ママコチャ(ブチコの2019) 2戦0勝
●40位 ダノンアーリー(ファイネストシティの2019) 2戦0勝
●41位 メトセラ(ドナブリーニの2019) 1戦0勝
●42位 アカデミー(イサベルの2019) 1戦0勝
●45位 ダノンフォーナイン(タミーザトルピードの2019) 1戦0勝
●47位 ヴァラダムドラー(バラダセールの2019) 1戦0勝
●48位 サトノアヴァロン(サトノシュテルンの2019) 1戦0勝
●49位 セレブレイトガイズ(ライフフォーセールの2019) 1戦0勝
●58位 ティーガーデン(ルミナスパレードの2019) 1戦0勝
●60位 エルバリオ(インナーアージの2019) 3戦0勝
●62位 ローマンネイチャー(キューティゴールドの2019) 1戦0勝
●72位 ウラヤ(Wadiの2019) 1戦0勝
●75位 ナインティゴット(フルマークスの2019) 3戦0勝
●76位 ショウナンハクラク(Shonan Adelaの2019) 2戦0勝
●77位 グールドベルト(アナンジュパスの2019) 1戦0勝
●79位 ライラスターハープスターの2019) 1戦0勝
●81位 インプレス(ベアトリス2の2019) 1戦0勝
●88位 ソリダリティ(ミュージカルロマンスの2019) 1戦0勝
●91位 フォアランナー(ジュモーの2019) 1戦0勝
●92位 プレミアムスマイル(ジンジャーパンチの2019) 1戦0勝
●93位 アンジーニョ(ポルケテスエーニョの2019) 2戦0勝
●95位 ロジマギーゴー(ゴーマギーゴーの2019) 3戦0勝
●98位 ダグザ(タリサの2019) 2戦0勝
●99位 フェニックスループマルセリーナの2019) 1戦0勝

 残る32頭は現時点で未出走。もっとも、JRA-VANによると下記の13頭は10月5日時点で入厩済みとなっていました。おそらく近日中にデビューするでしょうし、ひと通りチェックしておいた方が良さそうです。

●8位 アルファヒディ(ドバイマジェスティの2019) 0戦0勝
●16位 スタニングスター(Stacelitaの2019) 0戦0勝
●19位 ショウナンアデイブ(シーヴの2019) 0戦0勝
●20位 サンセットクラウド(ロードクロサイトの2019) 0戦0勝
●27位 リアド(タイタンクイーンの2019) 0戦0勝
●30位 エリカヴィータ(マルシアーノの2019) 0戦0勝
●46位 チェルノボーグ(コンテスティッドの2019) 0戦0勝
●56位 ラスール(サマーハの2019) 0戦0勝
●65位 ダノンギャラクシー(ベネンシアドールの2019) 0戦0勝
●82位 エピファニー(ルールブリタニアの2019) 0戦0勝
●83位 グルアガッハ(マネーキャントバイミーラヴの2019) 0戦0勝
●90位 アートハウス(パールコードの2019) 0戦0勝
●96位 レイフル(シェルズレイの2019) 0戦0勝

 未出走、かつまだ入厩していない注目POG馬ランキング上位馬は下記の通り。

●7位 パラレルヴィジョン(アールブリュットの2019) 0戦0勝
●10位 ディーンズリスター(ラヴズオンリーミーの2019) 0戦0勝
●12位 アストロフィライト(ウェイヴェルアベニューの2019) 0戦0勝
●28位 ピエドラデルーナスイープトウショウの2019) 0戦0勝
●33位 サリエラ(サロミナの2019) 0戦0勝
●34位 カラパナブラック(ウリウリの2019) 0戦0勝
●37位 フィアレスデザイア(ヒルダズパッションの2019) 0戦0勝
●43位 ブレスク(パララサルーの2019) 0戦0勝
●52位 マリーナドンナジェンティルドンナの2019) 0戦0勝
●54位 サンドレス(ツルマルワンピースの2019) 0戦0勝
●57位 ヴァンガーズハート(ケイティーズハートの2019) 0戦0勝
●63位 ライラックワイン(ライラックスアンドレースの2019) 0戦0勝
●68位 ショショローザ(マンデラの2019) 0戦0勝
●70位 ダノンマイソウル(フォエヴァーダーリングの2019) 0戦0勝
●71位 ミッキーキング(ミッキークイーンの2019) 0戦0勝
●80位 デアリングオウカ(デアリングバードの2019) 0戦0勝
●85位 グラヴィタス(ヴィルシーナの2019) 0戦0勝
●86位 ルージュエクレール(マーブルケーキの2019) 0戦0勝
●94位 サラビ(ザズーの2019) 0戦0勝
●97位 アドマイヤカーム(アドマイヤシーマの2019) 0戦0勝

 このうちグラヴィタス(ヴィルシーナの2019)は残念ながら既にJRAの登録を抹消されているのでご注意ください。
 早い時期から注目を集めていたとはいえ、さすがに現時点で初陣のメドが立っていないとなると、入札を決断する心理的ハードルはだいぶ高いはず。その分、意外と手頃な価格で落札できるのではないかと思います。気になる馬は今のうちに確保しておきましょう。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる血統大全 2019-2020』(ガイドワークス)、『ウルトラ回収率 2019-2020』(ガイドワークス)、『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全2018秋~2019』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、「ウマニティPOG 2014」では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。


登録済みの方はこちらからログイン

2021年6月30日(水) 15:54 【ウマニティ】
伊吹雅也のPOG分析室 (2021) ~第6回デビュー前の有力馬~
閲覧 4,625ビュー コメント 0 ナイス 4

 先週末で3回東京・3回阪神・1回札幌が終了し、今週末からは1回福島・3回小倉・1回函館がスタート。現2歳世代にとっては初めてのJRA重賞となる7月17日の函館2歳ステークス(2歳G3・函館芝1200m)を皮切りに、今後は2歳オープンのレースも少しずつ増えてきます。まだ序盤も序盤ですが、既に手応えを感じているプレイヤーもいらっしゃるでしょうし、そうでない方はそろそろ巻き返しに向けた作戦を練っておきたいところです。

 今回は、仮想オーナー枠に余裕がある皆様の参考にしていただくべく、デビュー間近と思われる未出走馬のうち、有力と思しき馬をピックアップしてみました。

 本稿を制作するにあたり、私はまずJRA-VANのデータから「6月30日時点で入厩している未出走の2歳馬」「東西のトレーニング・センターで6月1日から6月30日までの期間中に坂路調教を行った未登録の2歳馬」を抽出。その中から、注目すべきファクターごとに該当馬をまとめています。それぞれの一覧には重複もありますがご了承ください。

 最初に、2021年06月05日01:00更新分の「注目POG馬ランキング」で100位以内だった該当馬をご覧いただきましょう。末尾に付記したのは「注目POG馬ランキング」の順位、並び順は父名順→母名順です。

ウラヤ(牡 父New Approach/母Wadi 野中賢二厩舎) ※72位
ソネットフレーズ(牝 父エピファネイア/母ボージェスト 手塚貴久厩舎) ※26位
パラレルヴィジョン(牡 父キズナ/母アールブリュット 国枝栄厩舎) ※7位
インプレス(牡 父キズナ/母ベアトリス2 佐々木晶三厩舎) ※81位
ラスール(牝 父キタサンブラック/母サマーハ 藤沢和雄厩舎) ※56位
●メトセラ(牡 父キタサンブラック/母ドナブリーニ 矢作芳人厩舎) ※41位
エリカヴィータ(牝 父キングカメハメハ/母マルシアーノ 国枝栄厩舎) ※30位
ヴァラダムドラー(牝 父ジャスタウェイ/母バラダセール 松下武士厩舎) ※47位
コリエンテス(牡 父ディープインパクト/母イスパニダ 堀宣行厩舎) ※1位
フォーグッド(牡 父ディープインパクト/母ウィキッドリーパーフェクト 国枝栄厩舎) ※31位
チェルノボーグ(牡 父ディープインパクト/母コンテスティッド 藤原英昭厩舎) ※46位
フィアレスデザイア(牡 父ディープインパクト/母ヒルダズパッション 藤沢和雄厩舎) ※37位
ダノンマイソウル(牡 父ディープインパクト/母フォエヴァーダーリング 矢作芳人厩舎) ※70位
アカデミー(牝 父ドゥラメンテ/母イサベル 吉岡辰弥厩舎) ※42位
レイフル(牝 父ドゥラメンテ/母シェルズレイ 木村哲也厩舎) ※96位
ソクラテス(牡 父ドゥラメンテ/母ブルーダイアモンド 音無秀孝厩舎) ※18位
スパイダーバローズ(牡 父ハーツクライ/母マラコスタムブラダ 中内田充正厩舎) ※13位
フィデル(牡 父ハーツクライ/母ラッキートゥビーミー 友道康夫厩舎) ※21位
ヴァンガーズハート(牡 父ハービンジャー/母ケイティーズハート 鹿戸雄一厩舎) ※57位
フォアランナー(牡 父ハービンジャー/母ジュモー 西村真幸厩舎) ※91位
サンドレス(牝 父ハービンジャー/母ツルマルワンピース 手塚貴久厩舎) ※54位
グランディア(牡 父ハービンジャー/母ディアデラノビア 中内田充正厩舎) ※50位
リューベック(牡 父ハービンジャー/母ライツェント 須貝尚介厩舎) ※44位
ブラックボイス(牡 父ブラックタイド/母ソングライティング 宮田敬介厩舎) ※35位
スリーパーダ(牝 父ミッキーアイル/母シンハリーズ 斉藤崇史厩舎) ※73位
アンジーニョ(牝 父ミッキーアイル/母ポルケテスエーニョ 高橋義忠厩舎) ※93位
ブレスク(牡 父ルーラーシップ/母パララサルー 国枝栄厩舎) ※43位
ライラスター(牡 父ロードカナロア/母ハープスター 木村哲也厩舎) ※79位

 2021年06月05日01:00更新分の「注目POG馬ランキング」で1位だったコリエンテス(イスパニダの2019)は、所属するシルクホースクラブのホームページによると、7月10日の福島05R(2歳新馬・芝1800m)を当面の目標としている模様。今後も各ワールドで活発な入札が繰り広げられるのではないかと思います。

 第1回の「POG的データ分析」で強調したディープインパクト産駒は下記の通り。

コリエンテス(牡 父ディープインパクト/母イスパニダ 堀宣行厩舎) ※1位
フォーグッド(牡 父ディープインパクト/母ウィキッドリーパーフェクト 国枝栄厩舎) ※31位
●ルヴェルディ(牡 父ディープインパクト/母エクセレンス2 木村哲也厩舎)
ロードレゼル(牡 父ディープインパクト/母エンジェルフェイス 中内田充正厩舎)
アスクオンディープ(牡 父ディープインパクト/母カラズマッチポイント 藤原英昭厩舎)
●ウィズグレイス(牝 父ディープインパクト/母カラライナ 国枝栄厩舎)
●サトノゼノビア(牝 父ディープインパクト/母クイーンカトリーン 国枝栄厩舎)
レッドランメルト(牡 父ディープインパクト/母クイーンズアドヴァイス 国枝栄厩舎)
フォーブス(牝 父ディープインパクト/母ゴーイントゥザウィンドウ 藤原英昭厩舎)
ダノンブリザード(牡 父ディープインパクト/母コンクエストハーラネイト 池江泰寿厩舎)
チェルノボーグ(牡 父ディープインパクト/母コンテスティッド 藤原英昭厩舎) ※46位
ジュエルラビシア(牝 父ディープインパクト/母サファリミス 藤沢和雄厩舎)
●グランスラムアスク(牝 父ディープインパクト/母ジェニサ 矢作芳人厩舎)
ディープグラビティ(牡 父ディープインパクト/母スターシップトラッフルズ 菊沢隆徳厩舎)
マジカルキュート(牝 父ディープインパクト/母ソーマジック 音無秀孝厩舎)
ティズグロリアス(牝 父ディープインパクト/母ティズトレメンダス 木村哲也厩舎)
ルージュスティリア(牝 父ディープインパクト/母ドライヴンスノー 藤原英昭厩舎)
パーソナルハイ(牝 父ディープインパクト/母パーソナルダイアリー 矢作芳人厩舎)
ジャスティンパレス(牡 父ディープインパクト/母パレスルーマー 杉山晴紀厩舎)
フィアレスデザイア(牡 父ディープインパクト/母ヒルダズパッション 藤沢和雄厩舎) ※37位
ウェストファリア(牝 父ディープインパクト/母フィオドラ 手塚貴久厩舎)
ダノンマイソウル(牡 父ディープインパクト/母フォエヴァーダーリング 矢作芳人厩舎) ※70位
レッドラディエンス(牡 父ディープインパクト/母ペルフォルマーダ 藤沢和雄厩舎)

 現2歳のディープインパクト産駒は現時点で6頭がJRAの新馬を使ったものの、勝ち上がったのは今のところコマンドライン(コンドコマンドの2019)のみ。“出遅れ”が気になっている方は多いかもしれません。さすがにそのうち巻き返してくると思いますけど、巻き返しのタイミング次第では入札の人気に影響してくる可能性もありそう。今後も動向を見守っていきたいところです。
 ちなみに、今シーズンの私は「ディープインパクト産駒を一頭も指名しない」という作戦で臨んでいます。活躍馬が出ないと見ているわけではなく、どう考えても例年より人気になりそうだからという理由で回避を選択したわけですが、果たしてどうなるでしょうか。

 比較的成績の良い厩舎に所属している馬はこちら。

ポイズンアロウ(牡 父Arrogate/母Crosswinds 藤沢和雄厩舎)
ソネットフレーズ(牝 父エピファネイア/母ボージェスト 手塚貴久厩舎) ※26位
サトノドルチェ(牡 父オルフェーヴル/母ラッドルチェンド 池江泰寿厩舎)
ラスール(牝 父キタサンブラック/母サマーハ 藤沢和雄厩舎) ※56位
リチュアル(牡 父キングカメハメハ/母メイデイローズ 藤沢和雄厩舎)
ソーブラック(牝 父キンシャサノキセキ/母ピーチブローフィズ 手塚貴久厩舎)
ウェルカムニュース(牡 父サトノアラジン/母レジェンドトレイル 池江泰寿厩舎)
ロードレゼル(牡 父ディープインパクト/母エンジェルフェイス 中内田充正厩舎)
ダノンブリザード(牡 父ディープインパクト/母コンクエストハーラネイト 池江泰寿厩舎)
ジュエルラビシア(牝 父ディープインパクト/母サファリミス 藤沢和雄厩舎)
フィアレスデザイア(牡 父ディープインパクト/母ヒルダズパッション 藤沢和雄厩舎) ※37位
ウェストファリア(牝 父ディープインパクト/母フィオドラ 手塚貴久厩舎)
レッドラディエンス(牡 父ディープインパクト/母ペルフォルマーダ 藤沢和雄厩舎)
オールユアーズ(牝 父ドゥラメンテ/母アイムユアーズ 手塚貴久厩舎)
ポルテーニャ(牝 父ドゥラメンテ/母サンタエヴィータ 西村真幸厩舎)
●マリトッツォ(牝 父ドゥラメンテ/母ポリリズム 友道康夫厩舎)
ヴァランシエンヌ(牝 父ドレフォン/母メリーウィドウ 西村真幸厩舎)
ドウデュース(牡 父ハーツクライ/母ダストアンドダイヤモンズ 友道康夫厩舎)
ファイナルアンサー(牝 父ハーツクライ/母ファイナルディシジョン 手塚貴久厩舎)
スパイダーバローズ(牡 父ハーツクライ/母マラコスタムブラダ 中内田充正厩舎) ※13位
フィデル(牡 父ハーツクライ/母ラッキートゥビーミー 友道康夫厩舎) ※21位
フォアランナー(牡 父ハービンジャー/母ジュモー 西村真幸厩舎) ※91位
サンドレス(牝 父ハービンジャー/母ツルマルワンピース 手塚貴久厩舎) ※54位
グランディア(牡 父ハービンジャー/母ディアデラノビア 中内田充正厩舎) ※50位
ナンヨーアゼリア(牝 父ハービンジャー/母パンデリング 手塚貴久厩舎)
コンフリクト(牡 父ビッグアーサー/母カルナヴァレ 西村真幸厩舎)
ラフシー(牡 父ブラックタイド/母ティップトップ 手塚貴久厩舎)
リンクスルーファス(牝 父ヘニーヒューズ/母ランニングボブキャッツ 手塚貴久厩舎)
ロマンドブリエ(牡 父モーリス/母レーヌドブリエ 池江泰寿厩舎)
ヴィルティス(牝 父ラブリーデイ/母リアリティー 友道康夫厩舎)
アドマイヤジェイ(牡 父ロードカナロア/母ライラプス 友道康夫厩舎)

 第1回の「POG的データ分析」では、友道康夫調教師や中内田充正調教師を特に強調しました。まだまだ面白そうな馬がデビューを控えておりますので、ぜひチェックしてみてください。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる血統大全 2019-2020』(ガイドワークス)、『ウルトラ回収率 2019-2020』(ガイドワークス)、『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全2018秋~2019』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、「ウマニティPOG 2014」では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

ブレスクの口コミ


口コミ一覧
閲覧 141ビュー コメント 0 ナイス 8

* 7月2日 
* 小倉①❷❸❽
* 福島 ❸⑧❾
* 函館 ❹❽❾
* 7月3日

極凄馬
勝率46% 複勝率77%
U指数2位馬との指数差が4.0以上

小倉1R 2歳未勝利
5 ウメムスビ凄馬度5.2【極】
(▲重複)
◎10シャープソーン
◯1クリノヒーロー
▲5ウメムスビ
△9サイレントストーム
X3ブラーヴ
消2フェルヴェンテ
(その他4)

福島8R 3歳以上1勝クラス
10 ラッキーミーティア凄馬度4.4【極】
(9位 重複無し)
◎12ルージュフェリーク
◯11メデタシメデタシ
▲5レッドカルム
△2ショウナンオワン
X3クーシフォン
消6メテオダヴリル


超凄馬
勝率36% 複勝率68%
U指数2位馬との指数差が2.0以上

小倉3R 3歳未勝利
12 マメコ凄馬度3.7
(11位 重複無し)
◎17プリモカリーナ
◯11デュードメール
▲9エンジェルシリカ
△15アンブロジアーナ
X2ホウショウルイーズ
消10リサディーン
(その他12)

福島3R 3歳未勝利
8 サラフィエル凄馬度3.6
(15位 重複無し)
◎11ブレスク
◯12チュラーダ
▲10ジャスティンダイヤ
△4アオイトランプ
X2ローゼンヴォルフ
消1サイモンラーソン

福島9R 開成山特別
6 グランシエロ凄馬度3.5
(8位 重複無し)
◎10アクアテラリウム
◯9ヴィブラツィオーネ
▲1ロンギングエーオ
△2レベンディス
X8エレガントチャーム
消3マイネルアルザス
(その他4)

小倉8R 3歳以上1勝クラス
6 サンクフィーユ凄馬度3.3
(◎重複)
◎6サンクフィーユ
◯8マンクスホップ
▲1ダイシンビヨンド
△7アメリカンスター
X4ブリンク
消2シゲルイワイザケ
(その他4)

小倉2R 3歳未勝利
3 ロックユアハート凄馬度2.6
(X重複)
◎7イプノーズ
◯2ミスティファイ
▲9メイショウジェゼロ
△12モズクイーン
X3ロックユアハート
消1テイエムラトーヌ
(その他6)

函館9R 長万部特別
11 スクルトゥーラ凄馬度2.4
(◎重複)
◎11スクルトゥーラ
◯5サトノレーヴ
▲14ラキエータ
△12プラソン
X3ナリタエール
消4ホウオウジュレップ

函館4R 3歳未勝利
13 レディベル凄馬度2.2
(7位 重複無し)
◎2コルティーナ
◯6オーラライト
▲7ルナソル
△14ラウレッタ
X10ボルダーズビーチ
消8クオーレドーロ
(その他8)

函館8R 3歳以上1勝クラス
5 ヤマノマタカ凄馬度2.0
(X重複)
◎8エヴィダンシア
◯4ディサイド
▲7オブジェダート
△3ルージュジャドール
X5ヤマノマタカ
消10サーティファイド
(その他6)

 プラス1 2021年11月13日() 19:36
自作プログラム予想(2021/11/14(日))
閲覧 485ビュー コメント 1 ナイス 1

さて 今日は 買い目について検討して プログラム修正をしてみましたが、果たして 明日以降の回収率アップにつながるかどうか



エリザベス女王杯GⅠの予想出力は 事前予想のとおり

アカイトリノムスメ
レイパパレ
ウインマリリン

の3頭でしたが、ウインマリリンを軸に 穴⇒穴 でも狙ってみようかと思案中です


POG指名関係の カイカノキセキ(福島10R) と ヘンボッケ(東京2R) も気になるところなんですけど、予想プログラム的には 厳しい という判定なんで あんまり期待しないほうが良いでしょうかね



福島①

15マテンロウマジック,12タイキマクスウェル,14ティグル

福島②

10セレブレイトガイズ,13ラフシー,12リゾルテッツァ

福島③

1スクウェアセイル,3カフェプリンセス,6ナリノクリスティー

福島④

1テーオーソクラテス,5クリップスプリンガ,7アプルーヴァル

福島⑤

8ホウオウアクセル,7ジンゴイスト,2テイエムカチドキ

福島⑥

4テーオーシリウス,5メイショウカムロ,1エバーマノ

福島⑦

1ルージュグラース,6タツリュウオー,2シゲルカチョウ

福島⑧

5ミッキーパンチ,7ウインリブルマン,8タイフォン

福島⑨

8ナムラボス,16ニシノミズカゼ,1ネオトリニティー

福島⑩

2ショウナンマッハ,5リトス,11ラインアルテア

福島⑪

4ヴァンケドミンゴ,3ブラヴァス,14マイネルファンロン

福島⑫

10アンクラウデッド,9コンソレーション,13ベルジュネス

東京①

6リンクスルーファス,13ヤマタケコーチャン,12ポイズンアロウ

東京②

9ローシュタイン,4キセキノエンジェル,7ノーブルフロスト

東京③

3コスモダークナイト,1ロンギングエーオ,11サイモンバロン

東京④

6ランカンカン,1シベール,8フォーヴィスム

東京⑤

6ブレスク,4トリプルスリル,5エンパイアウエスト

東京⑥

1テールデトワール,4ユキノエリザベス,5タマテバコ

東京⑦

5キュムロンニンバス,4コスモノアゼット,7カツノサンキュウ

東京⑧

6クロワドフェール,8ミアマンテ,5ウインルーア

東京⑨

9グランパラディーゾ,12オルクリスト,14フルヴォート

東京⑩

3ダイワクンナナ,1ルビーカサブランカ,6フィオリキアリ

東京⑪

9ビッククインバイオ,6ホープフルサイン,3プールヴィル

東京⑫

13エターナリー,15ボルサリーノ,14ダイワドノヴァン

阪神①

10パーティーベル,7ザンゲツ,8クロニクルノヴァ

阪神②

1メイショウジブリ,9リリーアロー,3クロガネ

阪神③

15メルシー,12ミスボニータ,6アンジェリーナ

阪神④

6ソクラテス,12ジャスティンエース,3スパイダーバローズ

阪神⑤

7スタニングスター,6レッドデクスター,5オメガラブロッシュ

阪神⑥

2イナズマテーラー,6ラヴィータエベラ,9ハイエストポイント

阪神⑦

6ストロングライン,5タガノキングロード,1リバプールタウン

阪神⑧

2ゲンティアナ,3レヴェッツァ,6オヌール

阪神⑨

4グランディア,1ジャスティンパレス,3モズタンジロウ

阪神⑩

5ジェネティクス,15カレンロマチェンコ,16イモータルスモーク

阪神⑪

1レイパパレ,9ウインマリリン,3アカイトリノムスメ

阪神⑫

15テーオーダヴィンチ,5メイショウツワブキ,4ケイアイドリー

[もっと見る]

 藤沢雄二 2021年11月6日() 09:02
月替わりでツキを得よ!~POG第23節~
閲覧 220ビュー コメント 2 ナイス 12

今週のPOG戦線は土曜日の早い時間帯に3頭が出走します。

攻勢を期待していた10月が散々な結果に終わったので、新しい月を迎えて気分一新で頑張ってほしいものです。

【出走】
・11月6日 福島2R
☆メルヴィル(西村淳也騎手)

まずは福島の未勝利戦にメルヴィルが出走します。

【メルヴィル】
助 手 ◇ 栗東 坂稍 1 回-52.8-38.5-25.0-12.5 馬ナリ余力
助 手 10.17 栗東 坂重 1 回-58.5-42.6-28.5-14.7 馬ナリ余力
助 手 10.21 栗東 坂良 1 回-51.9-37.3-24.4-12.6 馬ナリ余力
ジュノー(古1勝)強めに0.1秒先行同入
平沢健 10.27 栗東 坂良 1 回-52.1-37.9-25.0-13.0 一杯に追う
ジュノー(古1勝)一杯に0.1秒先行0.2秒遅れ
西村淳 11. 3 栗東 坂良 1 回-52.3-38.8-25.3-12.9 馬ナリ余力
スマートキャノン(二未勝)一杯を0.5秒追走0.1秒先着

新馬戦の前と比べると、ちょっと坂路の時計の終いがかかっているのが気になります。
今の栗東の坂路が重いコンディションであるのなら構わないですし、音無厩舎の条件馬だと終い1Fが13秒台前半というのはザラにいるので、それを考えたら走っている方だとは思いますが、気がかりは気がかりです。

とはいえ福島まで行くのだから結果が全てよね…という思いもあるわけで、開幕週の外枠ですけど、揉まれないのを考えれば決して悪くはないかと思います。

西村騎手には「思い切って乗ってこい!」
それだけですね。


・11月6日 阪神3R
☆トゥードジボン(藤岡佑介騎手)

阪神のマイルの未勝利戦にトゥードジボンが出走します。

【トゥードジボン】
横山和 ■ 栗東 CW良 83.2-66.9-52.7-39.3-12.8 [5] 馬ナリ余力
藤岡佑 11. 3 栗東 CW良 71.4-54.9-40.2-11.9 [5] 強めに追う

前回は和生があまりにも下手に乗ったので、決して無視はできませんがそんなに気にしなくてもいいのかもしれません。
どっちかというと、新潟ならともかく阪神で和生を起用した四位采配の方に疑問が残るわけで、馬の力はここでも通用すると思っています。
いや、通用してくれないと困る。
とにかくここは変わり身を信じます。


・11月6日 東京5R
☆ダノンギャラクシー(クリストフ・ルメール騎手)

さて今シーズンの我がドラフト1位のダノンギャラクシーが出陣です。

【ダノンギャラクシー】
助 手 7.18 美南 坂良 1 回-61.0-45.0-29.5-15.0 馬ナリ余力
レッドランメルト(新馬)馬ナリに0.2秒先行同入
助 手 7.25 美南 坂良 1 回-55.2-40.3-26.7-13.3 馬ナリ余力
オウケンムーン(古オープン)馬ナリに0.1秒先行同入
助 手 8. 8 美南 W重 72.1-55.6-40.5-26.0-12.5 [5] 馬ナリ余力
ロジモーリス(三未勝)馬ナリの外1.0秒先行0.2秒遅れ
助 手 8.11 美南 W良 73.9-57.4-41.9-27.0-13.1 [2] 馬ナリ余力
ベロア(新馬)馬ナリの内0.7秒追走同入
助 手 8.15 美南 W不 71.1-55.4-40.3-25.6-12.3 [3] G前仕掛け
ロジモーリス(三未勝)馬ナリの外0.2秒先行同入
助 手 10. 3 美南 W良 72.6-57.3-42.4-28.0-13.9 [2] 馬ナリ余力
サトノラディウス(古3勝)馬ナリの外0.5秒先行同入
助 手 10. 7 美南 坂良 1 回-54.2-39.1-25.2-12.4 馬ナリ余力
ミッキーセレスタ(古1勝)馬ナリに0.3秒先行0.1秒遅れ
助 手 10.10 美南 坂良 1 回-56.2-41.3-27.6-14.1 馬ナリ余力
パガニーニ(新馬)馬ナリを0.3秒追走同入
助 手 10.13 美南 坂稍 1 回-53.1-38.2-24.7-12.5 馬ナリ余力
カレンブーケドール(古オープン)馬ナリを0.3秒追走同入
助 手 10.15 美南 坂良 1 回-63.2-46.2-29.7-14.6 馬ナリ余力
助 手 10.17 美南 坂良 1 回-57.5-42.4-28.5-14.5 馬ナリ余力
ボスジラ(古オープン)馬ナリに0.2秒先行同入
助 手 10.20 美南 W稍 67.3-51.7-37.6-24.3-11.9 [4] 強めに追う
レッドローゼス(障オープン)馬ナリの外0.9秒先行同入
助 手 10.24 美南 坂良 1 回-56.8-42.0-27.8-14.0 馬ナリ余力
ブレスク(新馬)馬ナリを0.4秒追走同入
ルメー 10.27 美南 W稍 68.3-52.9-38.2-24.3-11.9 [5] 馬ナリ余力
サークルオブライフ(二1勝)馬ナリの外0.6秒先行同入
助 手 10.31 美南 坂良 1 回-56.1-40.8-26.4-13.3 馬ナリ余力
オウケンムーン(古オープン)末強めに0.6秒先行同入
助 手 11. 3 美南 W良 82.7-66.4-51.8-37.9-24.8-12.5 [5] 強めに追う
ラコンタール(新馬)馬ナリの外0.6秒先行0.2秒遅れ

1週スライドしたのがどうかって話ですけど、相手関係には恵まれた感はあるものの、調教の時計は先週の方が良かったんじゃない?って感じで半信半疑ではあります。

まあ国枝調教師がルメールを確保したのであれば、せめて格好はつけてほしいところです。
正直、祈るだけですw

【調教】

【クワイエットホーク】
岡田祥 10. 7 栗東 坂良 1 回-56.8-40.6-26.4-13.1 馬ナリ余力
10. 8 栗東 プール
助 手 10. 9 栗東 CW良 42.9-13.4 [7] 馬ナリ余力
バシール(新馬)馬ナリの内同入
助 手 10.14 栗東 坂良 1 回-54.7-40.1-26.0-12.6 馬ナリ余力
岡田祥 10.17 栗東 CW稍 56.0-40.3-12.5 [6] 馬ナリ余力
バシール(新馬)馬ナリの内同入
助 手 10.24 栗東 坂良 1 回-57.4-42.4-27.7-13.6 馬ナリ余力
レッドベルアーム(二1勝)馬ナリに0.6秒先行同入
岡田祥 10.28 栗東 坂良 1 回-55.3-39.4-25.3-12.5 馬ナリ余力
マテンロウメーヴェ(二未勝)馬ナリを0.3秒追走アタマ先着
岡田祥 11. 4 栗東 CW良 67.7-52.1-38.1-12.3 [4] 強めに追う
アタカンテ(新馬)強めの内同入

【キャンデセント】
岩田望 ◇ 栗東 坂良 1 回-53.8-38.7-25.2-12.5 馬ナリ余力
助 手 10.17 栗東 坂重 1 回-58.2-42.4-27.6-13.8 馬ナリ余力
岩田望 10.20 栗東 坂良 1 回-58.4-42.2-27.4-13.5 馬ナリ余力
助 手 10.27 栗東 坂良 1 回-58.4-41.7-26.2-12.6 馬ナリ余力
エイカイマッケンロ(二未勝)馬ナリを0.4秒追走同入
助 手 10.30 栗東 坂良 1 回-61.8-44.8-28.7-14.1 馬ナリ余力
助 手 10.31 栗東 坂良 1 回-57.3-41.4-26.7-13.1 馬ナリ余力
松 田 11. 4 栗東 CW良 83.9-66.9-52.3-38.2-12.3 [6] 馬ナリ余力
エイカイステラ(古2勝)馬ナリの内0.7秒追走同入

【フィデル】
川 田 ◇ 栗東 芝稍 80.4-64.1-49.8-35.8-11.5 [4] 馬ナリ余力
助 手 10.28 栗東 坂良 1 回-56.3-40.9-26.1-13.0 馬ナリ余力
助 手 10.31 栗東 CW良 86.2-72.5-58.5-43.8-14.1 [5] 馬ナリ余力
11. 2 栗東 プール 1周
助 手 11. 3 栗東 坂良 1 回-59.6-44.4-29.8-15.0 馬ナリ余力
助 手 11. 4 栗東 CW良 84.1-68.1-53.4-39.3-12.1 [8] 馬ナリ余力
リノユニヴァース(古1勝)一杯の外0.9秒先行同入

【カレンマックナイト】
助 手 10.22 栗東 坂良 1 回-56.3-40.8-27.0-13.7 馬ナリ余力
助 手 10.27 栗東 坂良 1 回-55.8-40.2-26.2-13.1 馬ナリ余力
リリーラッシャー(二未勝)強めに0.8秒先行0.4秒遅れ
助 手 11. 3 栗東 坂良 1 回-53.0-39.1-26.2-13.5 一杯に追う
フェニックスループ(二未勝)一杯を0.5秒追走1.0秒遅れ

【在厩】
☆ルージュラテール(10月23日のアイビーSは6着→11月28日の白菊賞へ)
☆キャンデセント(11月27日の京都2歳Sを福永祐一騎手で予定)
☆フィデル(野路菊Sはザ石の為、回避→11月27日の京都2歳Sへ)
△コンシリエーレ(10月上旬に美浦に入厩も再放牧→11月27日のカトレアSへ)
△ジュンエキサイト(10月30日の新馬戦は4着)
△カレンマックナイト(9月10日にゲート試験に合格)
△クワイエットホーク(10月21日にゲート試験に合格)

【放牧】
△アスクワイルドモア(9月4日の札幌2歳Sは2着)
☆リューベック(9月4日の札幌2歳Sは6着)
△ファンタジア(9月20日の新馬戦を勝利)
☆オールユアーズ(9月20日の新馬戦は3着)
△バンブリッジ(10月10日の新馬戦は4着)
☆フォアランナー(10月17日の未勝利戦は7着)
△ソレジャートポスト(10月31日の未勝利戦は8着→12月の中京開催を目標)
△リンダポッケ(5月21日にゲート試験に合格)

【未入厩】
☆グルヴェイグの2019
☆ポーレンの2019(今月、しがらきに移動予定)

在厩組の状況を考えると、カレンマックナイトの仕上がり次第ではこのあと2週間は出走がなさそうです。
その分、ジャパンカップの週には大挙して…ということになりそうですが、まあとにかく今日の3頭にいい結果を望みます。
そりゃあもちろん3戦3勝がベストですが、世の中そんなに上手くいかないのは直近の10月の結果が証明済みなので、せめてどれか1頭は勝ち上がってほしいですね。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ブレスクの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ブレスクの写真

投稿写真はありません。

ブレスクの厩舎情報 VIP

2022年7月2日3歳未勝利13着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ブレスクの取材メモ VIP

2022年7月30日 3歳未勝利 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。