ポタジェ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ポタジェ
ポタジェ
ポタジェ
ポタジェ
ポタジェ
ポタジェ
ポタジェ
ポタジェ
ポタジェ
ポタジェ
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2017年2月4日生
調教師友道康夫(栗東)
馬主金子真人ホールディングス 株式会社
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績18戦[6-4-2-6]
総賞金36,282万円
収得賞金14,600万円
英字表記Potager
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ジンジャーパンチ
血統 ][ 産駒 ]
Awesome Again
Nappelon
兄弟 ルージュバックケイブルグラム
市場価格2億520万円(2018セレクトセール)
前走 2022/10/30 天皇賞(秋) G1
次走予定

ポタジェの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
22/10/30 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 153434.6813** 牡5 58.0 吉田隼人友道康夫 468
(+2)
1.58.4 0.933.4⑫⑪⑪イクイノックス
22/10/09 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 106612.976** 牡5 58.0 吉田隼人友道康夫 466
(+2)
1.44.6 0.534.5サリオス
22/06/26 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 1881822.9811** 牡5 58.0 吉田隼人友道康夫 464
(-4)
2.11.5 1.836.9⑫⑫⑪⑪タイトルホルダー
22/04/03 阪神 11 大阪杯 G1 芝2000 164858.781** 牡5 57.0 吉田隼人友道康夫 468
(+2)
1.58.4 -0.135.3⑤⑤⑤④レイパパレ
22/03/13 中京 11 金鯱賞 G2 芝2000 13458.744** 牡5 56.0 吉田隼人友道康夫 466
(-8)
1.58.0 0.834.2⑪⑫⑫⑫ジャックドール
22/01/23 中山 11 AJCC G2 芝2200 14463.625** 牡5 56.0 川田将雅友道康夫 474
(0)
2.13.1 0.435.4⑥⑦⑩⑧キングオブコージ
21/10/31 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 162423.356** 牡4 58.0 川田将雅友道康夫 474
(+2)
1.58.7 0.834.1エフフォーリア
21/10/10 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 13458.743** 牡4 56.0 吉田隼人友道康夫 472
(+8)
1.45.0 0.234.0④④④シュネルマイスター
21/05/09 新潟 11 新潟大賞典 G3 芝2000 146103.512** 牡4 56.0 西村淳也友道康夫 464
(0)
1.59.3 0.036.9⑦⑦サンレイポケット
21/03/14 中京 11 金鯱賞 G2 芝2000 1081019.863** 牡4 56.0 北村友一友道康夫 464
(0)
2.01.9 0.136.4ギベオン
21/01/30 東京 11 白富士S (L) 芝2000 13562.011** 牡4 55.0 川田将雅友道康夫 464
(+6)
1.59.0 -0.134.0⑤⑧⑧サンレイポケット
20/11/14 阪神 9 岸和田S 3勝クラス 芝2000 9331.311** 牡3 55.0 川田将雅友道康夫 458
(+4)
1.58.4 -0.035.1④④④④ダノンマジェスティ
20/08/15 小倉 10 西部日刊スポ 2勝クラス 芝2000 10771.911** 牡3 54.0 川田将雅友道康夫 454
(+2)
1.57.8 -0.235.1⑤④ブルーミングスカイ
20/07/04 阪神 9 生田特別 1勝クラス 芝2000 10661.411** 牡3 54.0 川田将雅友道康夫 452
(0)
2.03.2 -0.237.1ペプチドオーキッド
20/06/07 阪神 8 3歳以上1勝クラス 芝2000 9661.412** 牡3 54.0 武豊友道康夫 452
(+4)
2.00.6 0.334.4⑥⑥⑤アルサトワ
20/05/09 東京 11 プリンシパル (L) 芝2000 11225.432** 牡3 56.0 武豊友道康夫 448
(-2)
1.59.8 0.033.3⑤⑤⑤ビターエンダー
19/11/10 京都 9 黄菊賞 1勝クラス 芝2000 10783.012** 牡2 55.0 C.スミヨ友道康夫 450
(0)
2.02.1 0.034.5⑥⑥④④シンプルゲーム
19/09/29 中山 5 2歳新馬 芝1800 146101.311** 牡2 54.0 川田将雅友道康夫 450
(--)
1.50.1 -0.234.6⑬⑬⑦⑧ハーレムシャドウ

ポタジェの関連ニュース

天皇賞・秋13着ポタジェ(栗・友道、牡5)は、有馬記念(12月25日、中山、GI、芝2500メートル)に向かう。僚馬でカシオペアSを勝ったアドマイヤビルゴ(牡5)は、中山金杯(1月5日、中山、GⅢ、芝2000メートル)を予定。

【3歳以上次走報】アイアンバローズは岩田望騎手でステイヤーズSへ 2022年11月2日(水) 14:36

京都大賞典6着アイアンバローズ(栗・上村、牡5)は、岩田望騎手でステイヤーズS(12月3日、中山、GⅡ、芝3600メートル)へ。同11着アリストテレス(栗・音無、牡5)は有馬記念(12月25日、中山、GI、芝2500メートル)を視野。

スワンS3着ルプリュフォール(栗・松永幹、騸6)は阪神C(12月24日、阪神、GⅡ、芝1400メートル)を予定。6着ロータスランド(栗・辻野、牝5)は岩田望騎手でマイルCS(20日、阪神、GI、芝1600メートル)へ。

天皇賞・秋13着ポタジェ(栗・友道、牡5)は、様子をみてジャパンC(27日、東京、GI、芝2400メートル)か有馬記念を予定。

オーシャンS10着スマートクラージュ(栗・池江、牡5)は京阪杯(27日、阪神、GⅢ、芝1200メートル)へ。

★オータムリーフS2着ケイアイドリー(栗・村山、牡5)はギャラクシーS(12月4日、阪神、OP、ダ1400メートル)へ。

みやこSに登録のあるクリノフラッシュ(栗・橋田、牝7)は同レースを自重し、福島民友C(11月20日、福島、L、ダ1700メートル)に向かう。

[もっと見る]

【天皇賞・秋】レースを終えて…関係者談話 2022年10月31日(月) 04:56

◆藤岡佑騎手(ジャックドール4着)「前とかなり離れて難しい展開でしたが、直線は馬場のいいところに持ち出しました。上がり目があると思うので、また頑張りたいです」

◆C・デムーロ騎手(シャフリヤール5着)「いい位置で運べました。直線は休み明けのぶん、反応がジリジリだったが、使って次は良くなりそう」

◆菅原明騎手(カラテ6着)「2番手以下は思ったほどペースが流れず、自分が思い描いた位置取りではありませんでした」

◆松山騎手(マリアエレーナ7着)「最初のコーナーで不利はありましたが、立て直して最後まで一生懸命に走ってくれました」

◆M・デムーロ騎手(ユーバーレーベン8着)「周りが速くて後方からになったが、4コーナーで上がっていく感じは良かった」

◆福永騎手(ジオグリフ9着)「直線は前が開いていたが、頭を上げて割っていくことができませんでした」

◆マーカンド騎手(アブレイズ10着)「もう少し前の位置を取りたかったが、よく頑張っている」

◆岩田康騎手(ノースブリッジ11着)「少し強引に位置を取りましたが、力みなく運べました。これからの成長に期待です」

◆三浦騎手(カデナ12着)「後ろの混戦の中では差がなくゴールできました。馬場が少し渋ってくれれば良かったですが」

◆吉田隼騎手(ポタジェ13着)「一歩目をジャンプするように出て、うまくスピードに乗れませんでした。コーナー4つのコースの方が良さそうです」

◆横山和騎手(レッドガラン14着)「この馬なりに脚を使っていますが、上がりが速すぎました」

◆浜田師(バビット15着)「道中はリラックスしてスムーズに走っていました」

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】天皇賞(秋)2022 徳光和夫さん、山本昌さんなど多士済々!競馬大好き芸能人・著名人がファイナルジャッジ! 2022年10月30日() 05:30


※当欄では天皇賞(秋)について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【徳光和夫】
3連複ボックス
マリアエレーナ
パンサラッサ
ダノンベルーガ
イクイノックス
ジャックドール
ユーバーレーベン
ワイド流し
⑦-②④⑥⑧⑩⑫⑬⑭

【山本昌(山本昌広・元プロ野球選手)】
◎⑧シャフリヤール
単勝

馬単
⑧→⑦イクイノックス
3連単フォーメーション
⑧→②⑩→①②③④⑥⑦⑨⑩
⑧→①②③④⑥⑦⑨⑩→②⑩

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑨ジャックドール
○⑦イクイノックス
▲③パンサラッサ
△⑤ダノンベルーガ
△⑥ジオグリフ
△⑧シャフリヤール

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎②カラテ
複勝


【キャプテン渡辺】
◎⑧シャフリヤール
馬単・馬連
⑧→⑦イクイノックス
3連単フォーメーション
⑦⑧→⑦⑧→⑤
⑧→⑦→④⑩

【DAIGO】
◎⑧シャフリヤール
ワイド
⑧-⑨
③-⑧

【林修】
注目馬
イクイノックス

【長岡一也】
◎⑦イクイノックス
○⑨ジャックドール
▲⑤ダノンベルーガ
△③パンサラッサ
△⑥ジオグリフ
△⑧シャフリヤール
△⑩ノースブリッジ

【神部美咲】
◎⑧シャフリヤール
馬連
⑧-⑦イクイノックス
馬連流し
⑧-①④⑤⑥⑨

【原奈津子】
◎⑧シャフリヤール
○⑤ダノンベルーガ
▲⑥ジオグリフ

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑧シャフリヤール
3連単フォーメーション
⑧→⑤⑥⑦→①④⑤⑥⑦⑨
⑤⑥⑦→⑧→①④⑤⑥⑦⑨

【ギャロップ林】
◎⑩ノースブリッジ
単勝

馬連流し
⑩-①②③⑤⑥⑦⑧⑨
3連単2頭軸流しマルチ
⑩→⑤→①②③⑥⑦⑧⑨

【恋さん(シャンプーハット)】
◎⑨ジャックドール
3連単フォーメーション
⑨→①③⑦⑧→①②③④⑤⑥⑦⑧
①③⑦⑧→⑨→①②③④⑤⑥⑦⑧

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑨ジャックドール
馬単
⑨→⑧シャフリヤール
3連単
⑨→⑧→⑤
3連単1着軸流し
⑨→③⑤⑥⑦⑧

【浅越ゴエ】
◎⑦イクイノックス
3連単フォーメーション
⑦→⑤⑥⑧→①⑤⑥⑧⑩

【月亭八光】
◎⑧シャフリヤール
3連単フォーメーション
⑧→⑤⑦⑭→①②③④⑤⑥⑦⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮
⑤⑦⑭→⑧→①②③④⑤⑥⑦⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮

【岩部彰(ミサイルマン)】
◎⑥ジオグリフ
馬単
⑥→⑦イクイノックス
⑦→⑥
3連単フォーメーション
⑥⑦→⑤⑧⑨⑩→⑥⑦
⑤⑧⑨⑩→⑥⑦→⑥⑦
3連単ボックス
①⑨③
③⑤⑩

【西代洋(ミサイルマン)】
◎⑨ジャックドール
3連単フォーメーション
⑨→⑤→①②③④⑥⑦⑧⑩
⑨→①②③④⑥⑦⑧⑩→⑤

【下田真生(コウテイ)】
◎⑧シャフリヤール
3連単
⑧→①→⑥
⑧→⑦→⑤

【九条ジョー(コウテイ)】
◎③パンサラッサ
複勝


【篠原梨菜】
◎⑦イクイノックス

【杉本清】
◎⑦イクイノックス
○③パンサラッサ
▲⑨ジャックドール
☆⑧シャフリヤール
△⑥ジオグリフ
△⑩ノースブリッジ

【粗品(霜降り明星)】
◎⑨ジャックドール
馬連流し
⑨-③⑤⑥⑦⑧

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎⑩ノースブリッジ
ワイド流し
⑩-③④⑧⑨⑫
シャフリヤール-②③④⑨⑫

【船山陽司】
◎⑩ノースブリッジ

【皆藤愛子】
◎①マリアエレーナ

【高田秋】
◎⑧シャフリヤール

【小木茂光】
◎⑥ジオグリフ
3連単フォーメーション
⑥⑧⑨→①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩→⑥⑧⑨

【守永真彩】
◎⑦イクイノックス
3連複フォーメーション
⑦-⑧⑨-②③④⑤⑥⑧⑨

【田中裕二(爆笑問題)】
◎③パンサラッサ
○⑨ジャックドール
▲⑦イクイノックス
△⑧シャフリヤール
△⑥ジオグリフ
△②カラテ
△⑫バビット
3連単1頭軸流しマルチ
③→②⑥⑦⑧⑨⑫

【田中将大(東北楽天ゴールデンイーグルス)】
◎⑤ダノンベルーガ

【中村均(元JRA調教師)】
◎⑦イクイノックス
○⑧シャフリヤール
▲⑨ジャックドール
☆①マリアエレーナ
△②カラテ
△⑤ダノンベルーガ
△⑥ジオグリフ

【細江純子(元JRA騎手)】
注目馬
マリアエレーナ
ジャックドール
ダノンベルーガ
イクイノックス
カラテ
ノースブリッジ

【田原成貴(元JRA調教師)】
◎⑦イクイノックス
○⑧シャフリヤール
▲⑨ジャックドール
△⑤ダノンベルーガ
△⑩ノースブリッジ
△②カラテ
△⑥ジオグリフ

【橋本マナミ】
◎⑦イクイノックス
○⑥ジオグリフ
▲⑤ダノンベルーガ
☆⑧シャフリヤール
△①マリアエレーナ
△③パンサラッサ
△④ポタジェ
△⑨ジャックドール

【酒井一圭(純烈)】
◎⑦イクイノックス

【田中道子】
◎⑦イクイノックス

【黒澤ゆりか】
◎⑧シャフリヤール
○⑦イクイノックス
▲⑨ジャックドール
△③パンサラッサ
△④ポタジェ

【旭堂南鷹】
◎⑩ノースブリッジ
○⑨ジャックドール
▲⑧シャフリヤール
△③パンサラッサ
△⑤ダノンベルーガ

【やべきょうすけ】
◎⑦イクイノックス
○⑧シャフリヤール
▲⑥ジオグリフ
△③パンサラッサ
△④ポタジェ
△⑤ダノンベルーガ
△⑨ジャックドール

【稲富菜穂】
◎⑦イクイノックス
○⑨ジャックドール
▲⑥ジオグリフ
△⑧シャフリヤール
△④ポタジェ
△⑤ダノンベルーガ
△①マリアエレーナ

【津田麻莉奈】
◎⑦イクイノックス

【土屋伸之(ナイツ)】
◎⑥ジオグリフ

【安田和博(デンジャラス)】
◎②カラテ
○⑨ジャックドール
▲⑦イクイノックス
△③パンサラッサ
△⑤ダノンベルーガ
△⑥ジオグリフ
△⑧シャフリヤール

【駒場孝(ミルクボーイ)】
◎②カラテ

【内海崇(ミルクボーイ)】
◎⑧シャフリヤール

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎⑤ダノンベルーガ
○①マリアエレーナ
▲⑦イクイノックス
☆②カラテ
△⑥ジオグリフ
△⑧シャフリヤール
△⑨ジャックドール

【じゅんいちダビッドソン】
◎③パンサラッサ

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎⑨ジャックドール
○⑦イクイノックス
▲④ポタジェ
△②カラテ
△③パンサラッサ
△⑤ダノンベルーガ
△⑧シャフリヤール

【中野雷太】
◎⑧シャフリヤール

【福原直英】
◎⑨ジャックドール

【清水久嗣】
◎⑧シャフリヤール

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑤ダノンベルーガ

【大島麻衣】
◎⑨ジャックドール

【熊崎晴香(SKE48)】
◎⑧シャフリヤール
○⑥ジオグリフ
▲⑨ジャックドール
△①マリアエレーナ
△④ポタジェ
△⑦イクイノックス
△②カラテ

【高見奈央】
◎⑨ジャックドール
○⑧シャフリヤール
▲⑦イクイノックス
△⑤ダノンベルーガ
△③パンサラッサ

【雪平莉左】
◎⑦イクイノックス

【西脇彩華】
◎⑨ジャックドール
○⑧シャフリヤール
▲⑦イクイノックス
△⑥ジオグリフ
☆③パンサラッサ
☆②カラテ

【ほのか】
◎⑧シャフリヤール
○⑦イクイノックス
▲④ポタジェ
☆⑨ジャックドール
△③パンサラッサ
△⑭ユーバーレーベン

【熊切あさ美】
◎⑨ジャックドール
○⑦イクイノックス
▲⑤ダノンベルーガ
☆③パンサラッサ
△①マリアエレーナ
△②カラテ

【天童なこ】
◎⑦イクイノックス
○⑥ジオグリフ
▲①マリアエレーナ
☆⑧シャフリヤール
△⑤ダノンベルーガ
△②カラテ
△⑨ジャックドール
△⑩ノースブリッジ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【天皇賞・秋】ZBAT!イチ推し 2022年10月30日() 04:46

❹枠⑥番ジオグリフ

さらなる高みを目指してビルドアップは完了。皐月賞ジオグリフは決戦前日、美浦北Cコースをハッキングで2周して調整を終えた。5カ月ぶりの実戦を前に、中間は坂路とWコースでコンスタントに併せ馬を重ねたが気負った様子はなく馬体の張りも目を引く。

「今回は少し調教のやり方も変えていろいろチャレンジさせてもらってますが、負担になっている様子はありません。夏を越して馬体も増えているけど、太いということもない。ざっくりした言い方になりますが〝いい〟ですよ」と木村調教師も仕上がりに満足げな口ぶり。トレーナー自ら「うちの厩舎のエース」と信頼を寄せるクラシックホースが、得意距離での年長馬撃破へ万全の構えだ。

❶枠①番マリアエレーナ

初めてGⅠに挑む4歳牝馬は、午後3時57分に到着。「前走は直線でラチ沿いをぶれずに走り、体幹の強さや松山騎手の技術を感じました。本当に強い馬は一気に強くなる。一流の馬になったと思います」と吉田調教師。

❷枠③番パンサラッサ

札幌記念2着の5歳牡馬は、午後3時48分に現地入りした。「(発馬後の)2、3歩目が遅いが、折り合いがつくようになってきたことと関係する。マイナスに捉えてはいない。自分の形で走ってほしい」と矢作調教師。

❸枠④番ポタジェ

大阪杯以来のGⅠ2勝目を狙って午後3時43分に決戦の地に入った。「宝塚記念は暑さもあってひと息のデキでした。(調教後馬体重も)予定通りです。ここを目標に調整をしてきて、いいと思います」と友道調教師。

❸枠⑤番ダノンベルーガ

美浦坂路をキャンターで1本駆け上がった(4ハロン65秒3)。フットワークは素軽い。「馬体に張りも出て、調教の量もちょうどいい形で終えられた。国内のGⅠではこの舞台が一番適性を感じます」と堀調教師。

❹枠⑦番イクイノックス

僚馬ジオグリフとそろって馬場入りし、北Cコースをハッキングで2周。馬体はすっきり仕上がる。「けさも両方の手前でバランス良く走れたし、懸念材料はありません。上昇曲線を描きつつ向かえます」と木村調教師。

❺枠⑧番シャフリヤール

GⅠ3勝目が懸かる昨年の日本ダービー馬は、午後4時8分に到着した。「馬体にも精神面にもたくましさを感じるあたり、海外のレースを経験したことが大きいと思う。状態も申し分ないよ」と藤原調教師。

❺枠⑨番ジャックドール

札幌記念Vで勢いに乗るモーリス産駒は、午後4時9分に東京競馬場に到着した。「何事もなく、順調にここまできた。当日の馬体重は輸送を考慮して510キロくらいになるんじゃないかと思う」と藤岡調教師。

[もっと見る]

【天皇賞・秋】前走後の談話 2022年10月30日() 04:45

マリアエレーナ「スタートをしっかり出てくれたし、取りたいポジションを取ることができた」(松山騎手=小倉記念1着)

カラテ「本当に素晴らしい走りをしてくれた。距離がもつのか不安だったが、もつと信じて乗った」(菅原明騎手=新潟記念1着)

パンサラッサ「ここのところは出脚、二の脚が遅くて行き切るまでに苦労してしまう」(吉田豊騎手=札幌記念2着)

ポタジェ「4コーナーの手応えが一番悪かったのが少し物足りない。違う条件の方がいいのかもしれない」(吉田隼騎手=毎日王冠6着)

ダノンベルーガ「リズム良く競馬ができて、直線もスペースができて、あとは伸び勝つだけだったのですが…」(川田騎手=日本ダービー4着)

ジオグリフ「距離はタメが利けばこなせると思うし、きょうの結果だけで結論づけるのは早いと思う」(福永騎手=日本ダービー7着)

イクイノックス「3、4コーナーもリズム良く、直線でドウデュースの外に出したときは勝つと思った」(ルメール騎手=日本ダービー2着)

シャフリヤール「ドバイのときとは馬が違った。道中のバランスが良くなかった」(Cデムーロ騎手=プリンスオブウェールズS4着)

ジャックドール「思っていた以上に折り合ってくれていたので、それが一番の勝因」(藤岡佑騎手=札幌記念1着)

ノースブリッジ「ゲートの一瞬でこういうレースになってしまった」(岩田康騎手=毎日王冠5着)

バビット「好調時をほうふつさせるいい走りだった」(浜田師=産経賞オールカマー4着)

アブレイズ「いいポジションが取れたし、一瞬〝もらったかな〟と思った」(大野騎手=府中牝馬S5着)

ユーバーレーベン「休み明けのせいか、気持ちがなかった」(Mデムーロ騎手=札幌記念11着)

カデナ「(4コーナーでのロスは)馬は悪くなく、人間の責任だと思う」(今村騎手=小倉記念7着)

[もっと見る]

⇒もっと見る

ポタジェの関連コラム

閲覧 2,787ビュー コメント 0 ナイス 6



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



10月30日(日)東京11R 第166回天皇賞(秋)(3歳以上G1・芝2000m)

【登録頭数:15頭】(フルゲート:18頭)


<前走:日本ダービー出走馬>(5ヶ月)

イクイノックス(2着、484kg(-8kg))<B>
前走のダービー時以外は間隔をジックリとって使われてきた馬で、今回も5ヶ月ぶりで実戦を迎える。調教内容はこれまでから大きく変化していないが、1週前の動きを見ると多少重い感じに見えた。2週前の坂路では終い強めに追われていたが、そのあたりが関係しているのかもしれない。

ダノンベルーガ(4着、494kg(-10kg))<C>
こちらもダービー以来の休み明けとなり乗り込み量は豊富。ただ、2週前、1週前と2週連続強めに追われ、日曜日も坂路で時計になるところをやっている。1週前も併走馬相手にモタモタして何とか先着できたという動きだったので、この馬もまだ素軽さに欠ける印象。

ジオグリフ(7着、492kg(-4kg))<A>
ダービー以来の休み明けでも、乗り込み豊富で南Wと坂路で好時計。1週前追い切りでは、乗り慣れていない北村宏騎手が騎乗しての追い切りでかなり持ってかれる感じになっていたが、手応えは抜群。伸び脚もしっかりしていて出来はかなり良さそう。直前はテンションを上げないような控えめな追い切りができれば理想的。




<前走:札幌記念出走馬>(中9週)

ジャックドール(1着、516kg(+8kg))<C>
札幌記念からの休み明け。ただ大きな馬の割に乗り込み量はそれほど多くはない。1週前追い切りでは好時計で先着するも、まだ重さを残しているように映った。

パンサラッサ(2着、470kg(-6kg))<C>
これまでも1週前には強めに追うことが多かった馬で、この中間も1週前は併せ馬で強めに追われている。速い時計は出ているが、やや首が上がり気味で終いの伸びが甘い動きだった。

ユーバーレーベン(11着、498kg(前々走海外))<B>
この中間も乗り込み量は豊富で、1週前追い切りでは遅れはしたものの動きは上々。前走時の最終追い切り時のような、ササり気味になるところもなくスムーズな走りで前走時からの上積みがありそう。




<前走:小倉記念出走馬>(中10週)

マリアエレーナ(1着、424kg(-2kg))<A>
この中間も追い切りでは好時計を連発。1週前追い切りでは素軽さが窺え、仕上がり良好。東京は初めてだが、左回りの2000m以上のレースでは4戦2勝ですべて3着以内と向く条件。

カデナ(7着、478kg(±0kg))<C>
この中間も坂路での調整。走りやすそうな馬場だった1週前追い切りだが、終い脚が上がり気味で物足りない動き。




<前走:その他のレース>

シャフリヤールプリンスオブウェールズS:4着、前走海外)4ヶ月半)<B>
前走が海外で休み明けでの出走とあって乗り込み量は豊富。追い切りには3週連続福永騎手が騎乗(レースはCデムーロ騎手が騎乗予定)しての調整となっていて、追われるごと時計を詰めている。終いの伸びも良く仕上りは良さそう。

ノースブリッジ毎日王冠:5着、494kg(+2kg)中2週)<B>
休み明けを使われての叩き2戦目。前走時のパドックでは、太め感はなかったがテンションが高めだった。この中間、1週前は軽めの調整で力みもなく、動きは素軽かった。日曜にも長めから速い時計を出していて、調子落ちは感じられない。

ポタジェ毎日王冠:6着、466kg(+2kg)中2週)<D>
休み明けの前走時、パドックでは+2kgの数字以上に緩さがある印象を受けた。この中間も軽めの調整で強めに追われていないので、大きな変わり身はなさそう。

カラテ新潟記念:1着、532kg(-8kg)中7週)<C>
坂路中心で追い切られることが多い馬だが、この中間は2週前、1週前とCWでの併せ馬。1週前映像からは、力強さは伝わってきたが首が高く追われてからの反応が鈍く伸び脚も物足りなかった。かなり大きな馬なので、まだ太めが残っている様子。

バビットオールカマー:4着、474kg(+14kg)中4週)<C>
休み明けの前走時は、追い切りでは良い動きだったが、さすがに馬体に余裕を感じるパドック。この中間も乗り込まれているが、1週前追い切りではまだ重さを残す走りだった。

アブレイズ(府中牝馬S:5着、498kg(+8kg)中1週)<B>
坂路で速い時計が出る馬で、前走時も追い切りで好時計をマークし、レースでも一瞬見せ場という内容だった。今回は中1週となるため、速い時計は出していないが使ってくるからには出来落ちはなさそう。

レッドガラン京都大賞典:9着、514kg(+4kg)中2週)<C>
坂路で好時計が出るタイプで、前走時も坂路で好タイムをマークしていた。ただ、大きな馬でパドックでは硬さが感じられた。中2週のこの中間は、先週金曜日に坂路で追われ終い好時計を計時していて、出来自体は悪くない印象を受ける。


※今回このコラムでの中間の状態からの推奨馬は、ジオグリフマリアエレーナシャフリヤールの3頭をあげておきます。


◇今回は、天皇賞(秋)編でした。
天皇賞(秋)連対馬の最終追い切り内容を分析してみると、過去10年の連対馬20頭のうち13頭がWコースで追い切られています。ちなみに、1週前追い切りに関しても14頭がWコースでの追い切り。1週前、最終追い切りともに坂路で追い切られていた馬は、5頭(関東1、関西4)となっていました。これを過去5年までに絞ってみると、連対馬10頭のうち8頭がWコースでの追い切りで、1週前に関しても9頭がWコースでの追い切りとその比率は上がります。やはり、天皇賞(秋)に関しても、「Wコース追い」が近年優勢との傾向が出ているようです。
特に関東馬は、坂路調教で連対した馬はスピルバーグのみでそれも8年前。関東馬で坂路仕上げというパターンは、軽視していいと考えています。一方で、関西馬は、坂路オンリー調整での連対例こそ同様に少なくなってきていますが、輸送を控えることから1週前にCWで強めに追い、最終追い切りは坂路で息を整える内容というパターンも十分考えられます。そうした背景から、関東馬ほど軽視する必要はないでしょう。
先週の菊花賞、今週の天皇賞(秋)と、連対馬の調教内容について綴ってきていますが、その他のレースに関しても近年はWコースで追い切られた馬のほうが、頭数も多く成績も良いように感じます。そのあたりは、外厩で調整する馬が多くなってきていることも影響しているのではないかと考えています。
私が競馬の予想で調教内容を重視するようになったきっかけは、フジキセキサイレンススズカのようにデビュー前から栗東坂路を破格の時計で駆け上がってくる馬に影響を受けたからであり、近年坂路調教馬たちの元気が感じられないというのはどこか寂しいものです。ただそれも時代の流れ。仕方ないことといえばそうなのかもしれませんし、その時代その時代で取り残されないように予想をしていかなくてはなりませんね。


※天皇賞(秋)出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2022年10月23日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2022年10月23日号】特選重賞データ分析編(329)~2022年天皇賞(秋)
閲覧 3,070ビュー コメント 0 ナイス 4



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 天皇賞(秋) 2022年10月30日(日) 東京芝2000m


<ピックアップデータ>

【馬番別成績(2017年以降)】
○1~10番 [5-5-5-34](3着内率30.6%)
×11~18番 [0-0-0-25](3着内率0.0%)

 枠順が明暗を分ける可能性もありそう。2017年以降の3着以内馬15頭は、いずれも馬番が1~10番でした。外枠有利な展開にはなりづらいコースですし、11番から外に入ってしまった馬は過信禁物と見ておいた方が良いかもしれません。

主な「○」該当馬→未定
主な「×」該当馬→未定


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“JRA、かつG1のレース”において“着順が1着、もしくは1位入線馬とのタイム差が0.1秒以内”となった経験がある」馬は2017年以降[5-5-5-27](3着内率35.7%)
主な該当馬→イクイノックスジオグリフシャフリヤールポタジェ

[もっと見る]

2022年10月14日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】G1を超えるG2も今は昔/秋華賞展望
閲覧 1,984ビュー コメント 0 ナイス 3


3日間開催では東西で毎日王冠京都大賞典のG2が行われた。

この2レースはかつて「G1を超えるG2」と言われて盛り上がったこともあったものだが、近年はやや存在感が希薄になっている。それは直行ローテの馬が増えたためで、一流馬は天皇賞(秋)が使い始めの一戦、そこからジャパンカップ有馬記念、あるいは香港へ、というのが主流になっている。

もちろん直行が増えた理由はひとつではない。仕上げ技術の向上により以前のようにトライアルを使うことが一般的でなくなったのもあるし、G1の賞金が高額になり、そこで勝ち負けできる馬はG2に出走するメリットがあまりなくなった…ということもあるだろう。

参考までに、例えばテイエムオペラオーが走っていた2000年と比較すると、秋G1の賞金は以下のように変化している。

天皇賞(秋)ジャパンカップ有馬記念の賞金推移(2000年→2022年)

天皇賞(秋)  1億3200万円 →2億円
ジャパンカップ 2億5000万円 →4億円
有馬記念    1億8000万円 →4億円

ご覧の通り軒並み賞金は上がっており、とりわけ有馬記念などは倍以上になっている。その間、G2の賞金はほとんど変わっていないのだから、当然有力馬はこれまで以上にG1重視のローテを組む方が合理的だ。

…いきなりお金の話を始めてどうしたのかと思われるかもしれないが、そういう視点で先週のG2を見直すと、やはり「G1を超えるG2」というような認識を改めなくてはならないように思う。

サリオスが勝った毎日王冠は確かに豪華メンバーではあったが、それでは秋G1で即通用するかというと実は相手関係からも怪しい面がある、それは京都大賞典上位組に関しても同様だ。

参考までに過去5年の両レースの勝ち馬を並べてみる。

毎日王冠過去の過去5年の勝ち馬

2017年 リアルスティール 
2018年 アエロリット
2019年 ダノンキングリー
2020年 サリオス
2021年 シュネルマイスター

京都大賞典の過去5年の勝ち馬

2017年 スマートレイアー 
2018年 サトノダイヤモンド
2019年 ドレッドノータス
2020年 グローリーヴェイズ
2021年 マカヒキ

上記の馬たちがその後の秋G1でどうだったのかというと…実は国内G1で馬券圏内に好走したのは昨年のシュネルマイスター(マイルCS2着)のみ。むしろ負けた組の中からシュヴァルグランインディチャンプキセキなど、秋G1での好走馬が出ている。

つまり、これらのレースで好走しているようでは、秋G1に余力を残せないか、あるいは毎日王冠の場合1800mに適性を見せすぎている。むしろ、何らかの理由で負けているくらいの馬の方が、まだ今後巻き返しの期待をできるということになる。

今年は毎日王冠から、3着のダノンザキッド、6着のポタジェ京都大賞典からはボッケリーニあたりを巻き返し候補として覚えておきたい。いずれにしても、かつてほどレベルの高いレースではなくなっており、だからこそジャスティンカフェヴェラアズールのような上がり馬を狙う…というのが両レースのトレンドなのかもしれない。この傾向は来年まで覚えておきたい。

秋華賞展望

では、いつも通り最後は週末の注目馬で締めたい。今週末は3歳牝馬の3冠レース最終戦、秋華賞が行われる。注目馬はコチラ。

アートハウス川田将雅騎手)

前哨戦のローズSは好位から抜け出し完勝。春のオークスは不発に終わっただけに改めてのG1挑戦となるが、今回のポイントはなんといっても、

「阪神芝2000mの川田」

は買い。川田騎手は阪神芝2000mの鬼で、2020年以降を見ても、川田騎手×阪神芝2000mは複勝率7割超、ほとんどが人気馬騎乗ながら複勝回収値も100円超。
アートハウスはスタートを決めて器用に立ち回れるので、人馬ともに期待大。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2022年10月6日(木) 14:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 毎日王冠2022 
閲覧 2,584ビュー コメント 0 ナイス 3



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



10月9日(日) 東京11R 第73回毎日王冠(3歳以上G2・芝1800m)

【登録頭数:10頭】(フルゲート:18頭)


<前走:エプソムC出走馬>(4ヶ月)
ノースブリッジ(1着、492kg(-4kg))<A>
休み明けでも、かなりしっかり乗り込まれていて、3週連続南Wで好時計。1週前追い切りでは、岩田康騎手騎乗で迫力満点の動きをアピールした。

ジャスティンカフェ(4着、490kg(±0kg))<D>
1週前は金曜日に併せ馬で先着するも、この中間は坂路での時計が平凡。前走時のような目立つ時計が少ない印象を受ける。


<前走:宝塚記念出走馬>(3ヶ月半)
ポタジェ(11着、492kg(-4kg))<C>
前走時はお腹のあたりに多少の余裕が感じられた。休み明けで長めからの乗り込み豊富で時計も上々だが、1週前追い切りは終いもうひと伸びほしい動きだった。

キングオブコージ(17着、498kg(-8kg))<C>
休み明けの前走時は、マイナス体重でも緩さがあった。この中間は坂路での調整。休み明けでも時計は優秀で、あとは馬体が締まってくれば。




<前走:その他のレース>
レイパパレヴィクトリアマイル:12着、440kg(+6kg)5ヶ月)<A>
ヴィクトリアマイルからの休み明けだが、この中間は坂路で好時計をマーク。終いの時計が優秀で、好走時の状態に近い。

サリオス安田記念:3着、528kg(-22kg)4ヶ月)<B>
馬体が絞れスッキリした印象だった前走時。この中間は、3週前、2週前、1週前と追われる毎に時計を詰めてきていて、休み明けでも仕上がりは良さそう。

キングストンボーイ(関越S:2着、502kg(±0kg)中9週)<C>
夏に一度使われていて、この中間も南Wで長めから2本の追い切りを消化してきている。ただ、1週前追い切りでは併走相手に手応えで見劣り動きに重さが感じられた。

ダノンザキッド関屋記念:3着、526kg(±0kg)中7週)<C>
この中間も坂路で好時計が出ていて、日曜日の追い切りがCWを長めからという過程。ただかなり大きな馬で、動きを見ても1週前は反応が鈍く太め残りも窺える状況だけに、残り1週でどこまで絞れるかだろう。

レッドベルオーブ(小倉日経OP:1着、482kg(-2kg)中5週)<C>
休み明けを一度使われての叩き2戦目だが、1週前追い切りを見ると首が高めで終いの伸びがイマイチに映った。

ハッピーアワー(朱鷺S:14着、446kg(-2kg)中5週)<E>
この中間は乗り込み量が少なく時計も平凡で、ここを使ってくるような調整内容ではない。




※今回このコラムでの中間の状態からの推奨馬は、ノースブリッジレイパパレサリオスの3頭をあげておきます。


◇今回は、毎日王冠編でした。
――サイレンススズカグラスワンダーエルコンドルパサーの3強対決。
個人的な戦前の感触としては、逃げるサイレンススズカを、グラスワンダーが捉えることができるのか。ここまで生で馬を見たことのなかったエルコンドルパサーは、少し力が足りないのでは、というのが正直なところだった98年毎日王冠
心情的にはサイレンススズカを応援していて、この後、天皇賞(秋)には出走できない3歳2頭には負けてもらいたくない。そんな気持ちで何週間も前からドキドキとワクワクがとまらなかったことを今でも記憶しています。迎えた当日の東京競馬場は、G1レースかと見紛うほどの超満員となっていました。詰めかけたファンであふれかえるパドックでも、落ち着きのある姿を見せていたサイレンススズカ。やや仕上り不足に映ったグラスワンダー。そして初めて見るエルコンドルパサーはというと、予想に反して私のイメージをガラッと変えてくるほど好印象の佇まいで周回していました。柔らかい動きでかなりの仕上りを伝えるには十分、何度確認してもパドックからは何一つ悪いところがないといった感じで、これまで何千、何万頭と馬を見てきた私でしたが、これほど第一印象の良い馬というのは記憶にありませんでした。
レースは、サイレンススズカの逃げ切りで決着し、ただ1頭サイレンススズカに迫ったエルコンドルパサーが2着。グラスワンダーは、ケガからの復帰初戦でまだ万全ではなかったためか5着に敗退。この日東京競馬場にいたファンの中には、彼らのレースを生で観戦したことがその後大きな財産となり、忘れることのない1日になったという人も多いのではないでしょうか。その後サイレンススズカは残念なことになってしまいましたが、エルコンドルパサーグラスワンダーが大活躍を果たしたのは、皆さんもよくご存知のとおりです。
先週の凱旋門賞での日本馬の敗退を見ると、日本のトップクラスの馬でも欧州に滞在して2400m路線のレースを使い続けていかないと、なかなか勝てる日はこないのではないかと思います。凱旋門賞に挑戦する馬は年々多くなっていますが、エルコンドルパサーディアドラのように長期滞在して挑戦する馬の割合はかなり少ないと思います。今年勝ったアルピニスタは、前走のヨークシャーオークスでは61キロを背負って勝利しています。凱旋門賞を勝つには、タフな馬場をこなす馬体と根性、慣れない環境で挑戦し続けていくことも必要なのではないかと思います。

毎日王冠出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2022年10月2日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2022年10月02日号】特選重賞データ分析編(326)~2022年毎日王冠
閲覧 2,094ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 毎日王冠 2022年10月09日(日) 東京芝1800m


<ピックアップデータ>

【“同年、かつJRA、かつ1600~2200m、かつG1・G2のレース”において5着以内となった経験の有無別成績(2013年以降)】
○あり [7-8-5-32](3着内率38.5%)
×なし [2-1-4-51](3着内率12.1%)

 格の高いレースを主戦場としてきた馬が中心。2013年以降の3着以内馬27頭中20頭は、年明け以降にJRA、かつ1600~2200mのG1・G2で5着以内となったことがある馬でした。一応付け加えておくと“同年、かつJRA、かつ1600~2200m、かつG1・G2のレース”において5着以内となった経験がない、かつ出走数が14戦以内の馬は2013年以降[2-0-4-17](3着内率26.1%)で、例年ならばそれなりに高く評価できる水準。ただし、今年はキャリア14戦以内の馬が多いので、強調材料と見做すべきではないかもしれません。

主な「○」該当馬→サリオスポタジェレイパパレ
主な「×」該当馬→キングストンボーイジャスティンカフェレッドベルオーブ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“前年以降、かつ東京、かつ1400m超、かつ2勝クラス以上のレース”において2着以内となった経験がある」馬は2013年以降[9-8-8-34](3着内率42.4%)
主な該当馬→キングストンボーイジャスティンカフェポタジェ

[もっと見る]

2022年6月23日(木) 13:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 宝塚記念2022  
閲覧 2,389ビュー コメント 0 ナイス 11



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



6月26日(日)阪神11R 第63回宝塚記念(3歳以上G1・芝2200m)


【登録頭数:20頭】(フルゲート:18頭)


<前走:大阪杯出走馬>(3ヶ月)
ポタジェ(1着、468kg(+2kg))<C>【優先出走馬(ファン投票4位)】
休み明けで乗り込み豊富。1週前追い切りの動きを見ると力強い走りで迫力もあるが、終い重心が高くなり伸びきれず。

アリーヴォ(3着、500kg(-2kg))<C>【優先出走馬(ファン投票26位)】
この中間はこれまでの追い切りと比べると時計がかかっている感じあり。大きな馬で太め残りが心配。

ヒシイグアス(4着、494kg(+9kg))<A>【優先出走馬(ファン投票23位)】
この中間は3週連続レーン騎手が騎乗しての調整。動きも素軽く終いの伸びも良好で、出来は前走以上。

アフリカンゴールド(7着、468kg(±0kg))<C>【賞金上位馬④】
この中間もCWで前走時と変わらない時計が出ていて調子は良さそうだが、元々硬さのある動きをする馬で先行勢も揃っていて、これまで以上の出来でないと厳しい。

エフフォーリア(9着、522kg(+6kg))<C>【優先出走馬(ファン投票2位)】
この中間は、日曜日に坂路で追っていたところを南Wに変え、乗り込み不足を解消する内容に変えてきた。ただ、左にモタれたり手応えもイマイチで、何よりも迫力が感じられない。

キングオブコージ(11着、506kg(+10kg))<B>【賞金上位馬③】
前走時も乗り込まれていたが、馬体を絞れず太め残り。乗り込み量は今回も豊富で、併せ馬の本数を増やしてきた。1週前追い切りでは、坂路馬なり調整で時計平凡も、重め感なく、動きも素軽く仕上りは良さそう。

ウインマリリン(16着、462kg(-10kg))<B>【賞金上位馬②】
前走時は休み明けでも馬体が減っていて、パドックではトモが寂しく元気もなかった。この中間も南Wでの調整だが、動きも良くなり終いの伸びにも良化が窺え、上積みが感じられる。





<前走:天皇賞(春)出走馬>(中7週)
タイトルホルダー(1着、474kg(-2kg))<A>【優先出走馬(ファン投票1位)】
今年3戦目で、この中間も南Wで好時計をマーク。1週前追い切りの映像からも、左回りということもあってコーナリングもスムーズで、集中した走りで順調ムードが漂う。

ディープボンド(2着、504kg(-6kg))<AA>【優先出走馬(ファン投票8位)】
大きな馬の叩き3戦目で、この中間も乗り込み豊富で坂路、CWと好時計を連発。1週前追い切りの動きを見ても、直線に向く時の手応えが抜群で、追われてからの伸び脚も重め感がなく素軽くなった印象を受ける。それでいて重心は高くならず力強さを伝えていて、近走の中ではベストの状態で出走できそう。

ヒートオンビート(4着、478kg(-2kg))<B>【除外対象馬】
この中間は2週前、1週前と好時計が出ており、併せ馬でも先着をはたすなど前走時よりも好印象。除外対象馬だが仕上がりは良く、出来は前走以上。

アイアンバローズ(5着、496kg(-2kg))<B>【賞金上位馬⑧】
前走時はCWでの時計は特に変わらなかったものの、坂路での時計がかかっていた。この中間は日曜日の坂路での時計もしっかり出ていて、好走時の出来に近い内容だった。

マイネルファンロン(6着、478kg(-12kg))<B>【賞金上位馬⑤】
休み明けの前走時は、追われて終い伸びる追い切り内容だったが、今回の1週前追い切りでは自分から走っていくスピード感があった。気持ちの面での変わり身が感じられる内容。

メロディーレーン(9着、352kg(+6kg))<B>【優先出走馬(ファン投票17位)】
かなり小柄な牝馬で、これまであまり高評価を与えたことのない馬。ただこの中間は、CW、坂路とこれまで見たことのないような好時計が出ていて、一変の状況。1週前追い切りでも、ジョッキー騎乗とはいえ終いしっかり伸びて先着していて、前走とは明らかに出来が異なる。他馬との比較では水準に近づいたくらいの評価だが、この馬自身としては近走では一番の出来に近い。





<前走:その他のレース>
デアリングタクトヴィクトリアマイル:6着、486kg(+22kg)中5週)<C>【優先出走馬(ファン投票7位)】
休み明けの前走時は+22キロ。中間の追い切りの動きは予想以上に良いものだったが、パドックではお腹のあたりに余分な肉がだいぶ残っている感じに映った。この中間は2週前(坂路)と1週前(CW)の動きを見るに、足先だけで走っている感じで力強さや迫力が感じられない。反動が出ているのか、ガラッと良くなった感じがない。

パンサラッサドバイターフ:1着、3ヶ月)<B>【優先出走馬(ファン投票15位)】
距離を意識してなのか、1週前はCWを長めからの追い切り。有馬記念の時も同じような追い切りだったが、今回のほうが走りに余裕があり終いの伸びも良かった。連勝しているだけあって、馬も成長している感じ。

オーソリティドバイシーマクラシック:3着、3ヶ月)<B>【優先出走馬(ファン投票25位)】
1週前追い切りはやや気追い気味にも見える動きだったが、坂路、南Wと好時計が出ていて出来は良さそう。あとは関西への輸送と右回りでの競馬を克服できるか。

ステイフーリッシュ(ドバイゴールドカップ:1着、3ヶ月)<D>【賞金上位馬①】
海外で2連勝しての帰国初戦。この中間の乗り込み量は少なく、1週前追い切りでは同様に海外帰りのパンサラッサと併せて直線で離されてしまった。出来自体に不安あり。

グロリアムンディ(アンタレスS:2着、496kg(-8kg)中9週)<C>【賞金上位馬⑦】
調教駆けする馬で、この中間も好時計で先着していて動きも良く出来は良さそう。ただ、芝では1勝クラスを勝てなかった馬で決め手もなく、一気の相手強化に対応できるかは疑問。

ギベオン鳴尾記念:4着、508kg(+4kg)中2週)<B>【賞金上位馬⑥】
休み明けの前走時は、追い切りでの動きも良く、パドックでもスッキリした感じで太め感はなく好仕上りだった。この中間は間隔が詰まっているが、先週CWで好時計をマークするなど叩き2戦目での上積みも期待できそう。

サンレイポケット鳴尾記念:3着、480kg(±0kg)中2週)<B>【除外対象馬】
除外対象馬だが、休み明けの前走時に坂路で良い動きを見せていて、この中間も1週前に好時計と上積みが窺える。





※今回このコラムでの中間の状態からの推奨馬は、ディープボンドタイトルホルダーヒシイグアスの3頭をあげておきます。



◇今回は、宝塚記念編でした。
宝塚記念というと、出走予定だったスーパークリークが回避して1強になったオグリキャップオサイチジョージに敗れた第31回。なかなかG1を勝てなかったメジロライアンが、同期のメジロマックイーンを負かしてG1初勝利を飾った第32回。天皇賞(春)3連覇をライスシャワーに阻止されたメジロマックイーンが、キッチリ人気に応えて強い競馬を見せた第34回。スペシャルウィークステイゴールドを、直線並ぶ間もなく突き放し圧倒的な強さでグラスワンダーが制した第40回あたりが印象に残っています。
昔の宝塚記念は頭数もそれほど揃わず、断然人気馬が強い競馬を見せるか、2強、3強対決というレースが多かった印象がありますが、近年は頭数、海外遠征明けでの出走、牝馬の活躍なども増え、昔とは様相がだいぶ変わった感じがします。その一方で、春の天皇賞から参戦してくる王道組に元気がないようなところもあり、その路線から確固たる主役級が出てくると宝塚記念はもっと盛り上がるのではないかと思います。今年は菊花賞天皇賞(春)の勝ち馬が海外出走組を迎え撃つ形になりますので、面白いレースになりそうです。




🎤あなたの夢はエフフォーリアタイトルホルダーかそれともデアリングタクトか。私の夢は・・・です。


宝塚記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ポタジェの口コミ


口コミ一覧
閲覧 114ビュー コメント 0 ナイス 4

場外ホームラン狙ってみたけどカスリもせず!
G1馬全切りは無茶だったか
でも◯イクイノックスもG1初優勝で
2着パンサラッサも国内G1馬じゃないし
3着ダノンベルーガも非G1馬だし
4着ジャックドールも非G1馬だし
なんかG1馬達がやたら頼りなく見えてたんだけどね
シャフリヤールも斤量58じゃもうひとつだろうしポタジェも同じ
ジオグリフも時計勝負だめだろうし(ダート走ってみて欲しい)
ユーバーレーベンも早い脚ないし外枠もダメだし
なら!と思ってノース・カラテ・マリアを指名したんだけど
ここら辺の馬では天皇賞秋の家賃は高かったようだ

しかし負けはしたけどパンサラッサの逃げは圧巻でした
沸かすなー清々しい逃げでした!
捕まえたイクイノックスも凄いC.ルメール様も間違わないね
ダノンベルーガ川田は力はあるのだろうけどなんか間が悪い感じ
無理にG1狙わず順序立ててレース使った方が良さそう
まだ共同通信杯G3一回しか勝ってなくてG1善戦マンになっちゃってるよ(堀厩舎だし迷走しそう)

イクイノックスのこの後どこに出るのでしょう?
体質的には間隔とって有馬記念目指すのだろうか
できればJCでドウデュースとの再戦が見たいですけどね

イクイノックスは父キタサンブラックとの親子二代天皇賞秋制覇ですかーおめでとうございました

 DEEB 2022年10月30日() 17:04
恥ずかしい馬予想2022.10.30[結果]
閲覧 83ビュー コメント 0 ナイス 5

東京10R ペルセウスステークス 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎13 レモンポップ…1着
○10 タイセイサムソン…2着
× 6 ☆ケイアイターコイズ…7着
☆ 4 ショーム…9着
☆12 スズカフェスタ…15着
[結果:アタリ△ 馬連 10-13 310円、ワイド 10-13 190円]

東京11R 天皇賞(秋) GⅠ 3歳以上オープン(国際)(指定)
◎ 7 イクイノックス…1着
○ 8 シャフリヤール…5着
▲ 4 ポタジェ…13着
△ 6 ジオグリフ…9着
× 1 ☆マリアエレーナ…7着
☆14 ユーバーレーベン…8着
[結果:ハズレ×]

東京12R 秋嶺ステークス 3歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎ 4 イグザルト…10着
○12 レッドゲイル…1着
▲13 レーヴリアン…2着
☆16 ビップエレナ…4着
[結果:アタリ○ 馬連 12-13 2,920円]

阪神 2R 2歳未勝利牝
◎ 4 ゼットスティール…1着
○ 2 ダイメイセブン…5着
× 1 ☆ウイニンググレイス…4着
[結果:ハズレ×]

阪神11R カシオペアステークス (L) 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 7 プログノーシス…2着
○ 1 エアファンディタ…4着
▲ 4 ソリタリオ…9着
△15 ワールドバローズ…3着
×11 ☆エンデュミオン…6着
☆ 5 ワンダフルタウン…12着
[結果:ハズレ×]

新潟 4R 障害3歳以上未勝利
◎ 3 アナンダライト…5着
○ 8 レザネフォール…1着
▲ 1 カイトレッド…3着
△10 ☆クリノオウジャ…4着
× 4 ブルメンダール…2着
[結果:ハズレ×]

新潟10R 鳥屋野特別 3歳以上2勝クラス(混合)
◎15 ロスコフ…4着
○ 8 ゴールドブリーズ…12着
☆ 4 カムカム…2着
[結果:アタリ○ 複勝 4 1,500円]

新潟11R ルミエールオータムダッシュ (L) 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 2 ロードベイリーフ…11着
○ 9 ☆ビリーバー…4着
▲ 4 シンシティ…15着
△ 5 マウンテンムスメ…2着
×11 ショウナンバニラ…13着
×18 ジュニパーベリー…5着
☆ 6 アルピニズム…17着
[結果:ハズレ×]

[今日の結果:8戦2勝5敗1分]
次の土日も、何とか競馬ができそうです。

[もっと見る]

 赤萬坊 2022年10月30日() 10:00
天皇賞・秋 おおざっぱ予想
閲覧 367ビュー コメント 0 ナイス 7

天皇賞・秋
◎10 ノースブリッジ
◯7 イクイノックス
▲1 マリアエレーナ
△2 カラテ

単勝複勝10
馬連BOX→1.2.7.10
三連複BOX→1.2.7.10

G1馬のパンサラッサポタジェジオグリフシャフリヤールユーバーレーベンをまとめて消してしまうという暴挙
なんだかあまり買いたくない感じのダノンベルーガジャックドールも消してしまおう

うーん、メチャクチャな馬券だと思う
でもコレが買いたいんだからしょーがない
自分に都合の良い根拠は一応あるわけだし
たまには大振りしてみるのも一興

当たればソロホームランから
満塁場外ホームランもある馬券だぞ(`・ω・´)

か、確率は薄いけど…コレデ(´・ω・`)イイヤ

[もっと見る]

⇒もっと見る

ポタジェの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
4:
  HELPRO   フォロワー:0人 2021年10月31日() 19:13:48
流石に一線級には通用しなかったが川田騎乗ではこれも仕方ない。日本人鞍上は所詮は縁故で全てが決まるのだから。この傾向を打破しない限り真のジョッキーは育ちはしない。競馬学校も所詮はエセ鞍上とチャンスを与えられない下手鞍上の共闘。やはり武豊も作られた鞍上と言う良い証拠。(道理で外人から笑われる訳だ!)
3:
  fc0703d559   フォロワー:6人 2020年8月15日() 09:13:33
関係、良血、前走楽勝
2:
  fc0703d559   フォロワー:6人 2020年6月7日() 00:00:05
使って良化の友道厩舎。上積み。

⇒もっと見る

ポタジェの写真

ポタジェの厩舎情報 VIP

2022年10月30日天皇賞(秋) G113着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ポタジェの取材メモ VIP

2022年10月30日 天皇賞(秋) G1 13着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。