ダノンキングリー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ダノンキングリー
ダノンキングリー
ダノンキングリー
ダノンキングリー
ダノンキングリー
ダノンキングリー
ダノンキングリー
ダノンキングリー
ダノンキングリー
ダノンキングリー
ダノンキングリー
ダノンキングリー
写真一覧
現役 牡4 黒鹿毛 2016年3月25日生
調教師萩原清(美浦)
馬主株式会社 ダノックス
生産者三嶋牧場
生産地浦河町
戦績10戦[5-1-2-2]
総賞金35,481万円
収得賞金13,500万円
英字表記Danon Kingly
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
マイグッドネス
血統 ][ 産駒 ]
Storm Cat
Caressing
兄弟 ダノングッドミッキーグッドネス
前走 2020/06/07 安田記念 G1
次走予定

ダノンキングリーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/06/07 東京 11 安田記念 G1 芝1600 142212.957** 牡4 58.0 戸崎圭太萩原清456(0)1.32.4 0.834.6⑥⑤グランアレグリア
20/04/05 阪神 11 大阪杯 G1 芝2000 12683.813** 牡4 57.0 横山典弘萩原清456(-2)1.58.5 0.134.3ラッキーライラック
20/03/01 中山 11 中山記念 G2 芝1800 9332.511** 牡4 56.0 横山典弘萩原清458(+6)1.46.3 -0.334.2ラッキーライラック
19/11/17 京都 11 マイルCS G1 芝1600 17113.925** 牡3 56.0 横山典弘萩原清452(-2)1.33.4 0.434.1⑥⑦インディチャンプ
19/10/06 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 10891.611** 牡3 54.0 戸崎圭太萩原清454(0)1.44.4 -0.233.4⑩⑩⑨アエロリット
19/05/26 東京 11 東京優駿 G1 芝2400 18474.732** 牡3 57.0 戸崎圭太萩原清454(+4)2.22.6 0.034.5⑤⑤⑤ロジャーバローズ
19/04/14 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 18245.833** 牡3 57.0 戸崎圭太萩原清450(-4)1.58.1 0.034.5④⑤サートゥルナーリア
19/02/10 東京 11 共同通信杯 G3 芝1800 7114.231** 牡3 56.0 戸崎圭太萩原清454(+4)1.46.8 -0.232.9④④アドマイヤマーズ
18/12/15 中山 9 ひいらぎ賞 500万下 芝1600 158154.621** 牡2 55.0 戸崎圭太萩原清450(0)1.33.7 -0.635.5⑧⑧⑤ミトロジー
18/10/08 東京 5 2歳新馬 芝1600 188175.421** 牡2 55.0 戸崎圭太萩原清450(--)1.37.5 -0.033.4カレンブーケドール

ダノンキングリーの関連ニュース

【七夕賞】レース展望

2020年7月6日(月) 16:31

 夏の開催2週目を迎える福島では、日曜メインにハンデ重賞で、サマー2000シリーズ(全5戦)初戦、夏の風物詩の七夕賞(12日、GIII、芝2000メートル)が行われる。

 GIの大阪杯で6着に粘ったジナンボー(美浦・堀宣行厩舎、牡5歳)が重賞初Vに挑む。前走は逃げたダノンキングリーを2番手でぴったりマーク。残り200メートルで上位馬たちには離されたが、見せ場は十分に作った。GIIIでは2着、3着と、あと一歩の競馬をしている。ハンデも56キロならば走りに大きく影響することはないだろう。父ディープインパクト、母がGI5勝のアパパネという良血馬が、ここを制して改めてGI戦線に乗り込むか。

 福島巧者の2頭、クレッシェンドラヴ(美浦・林徹厩舎、牡6歳)とマイネルサーパス(美浦・高木登厩舎、牡4歳)も上位争いの一角を担う。中山金杯(7着)以来となるクレッシェンドラヴは歩様に違和感が出たため、春は全休した。約半年ぶりのレースとなるが、休み明けも苦にしないタイプで問題はないだろう。ハンデは57キロを背負うが、4戦して連対を外していない好相性の舞台で、昨年の福島記念以来となる重賞2勝目を狙う。

 マイネルサーパスは前走の福島民報杯Vなど、福島の芝では3戦2勝、2着1回で、コース相性は抜群。重馬場だった前走はもちろん、不良馬場だった昨年のラジオNIKKEI賞でも2着に好走しており、悪化が予想される馬場にも対応できるだろう。ハンデの56・5キロさえ克服できれば、初重賞初勝利を手に入れることは可能だ。

 オセアグレイト(美浦・菊川正達厩舎、牡4歳)は、ダイヤモンドS3着、目黒記念6着など、この春は長めの距離を使ってきた。ハンデの55キロは手ごろだが、2000メートルは昨年3月の未勝利戦(3着)以来となるだけに、距離への対応が課題となりそうだ。

 福島民報杯3着のウインイクシード(美浦・鈴木伸尋厩舎、牡6歳)も逆転の目はある。昨夏にオープン入りすると、昇級初戦となった福島記念で12番人気ながらも4着に健闘した。中山金杯ではタイム差なしの2着と充実期を迎えており、立ち回り次第では重賞初勝利の可能性は十分にある。中山金杯がハンデ55キロでの好走で、今回の56キロは仕方がないところだ。

 ブラヴァス(栗東・友道康夫厩舎、牡4歳)は前走の新潟大賞典で0秒3差の4着。初めての重賞挑戦でポテンシャルの高さを示した。母のヴィルシーナをはじめ叔父にシュヴァルグラン、叔母にヴィブロスといったGI馬を持つ良血馬が開花の時を迎えている。ハンデは前走と同じ55キロ。他馬との比較では妥当といえそうだ。

 2018年チャレンジCの勝ち馬のエアウィンザー(栗東・角居勝彦厩舎、牡6歳)はトップハンデタイの57キロが鍵となりそうだ。芝に戻す2019年の紫苑S優勝馬パッシングスルー(美浦・黒岩陽一厩舎、牝4歳)はハンデ54キロで久々のVを狙う。前走のマーメイドSで3着のリュヌルージュ(栗東・斉藤崇史厩舎、牝5歳)は最軽量のハンデ52キロで侮れない。

七夕賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【安田記念】レースを終えて…関係者談話 2020年6月8日(月) 04:56

 ◆横山典騎手(ノームコア4着)「十分に頑張っているし、まだ良くなるね」

 ◆津村騎手(ケイアイノーテック5着)「前半はゆっくり構えて後半で一気に動かしていった。頑張ってくれたし、やりたいレースはできた」

 ◆川田騎手(アドマイヤマーズ6着)「勝負どころで少し動きづらかったのは久々のぶんかもしれません。これだけ素晴らしいメンバーの中で、よく頑張っています」

 ◆戸崎騎手(ダノンキングリー7着)「3コーナーでペースが落ち着いてノメったときにハミを取ってしまった。そのぶん、直線で伸び切れませんでした」

 ◆三浦騎手(ダノンスマッシュ8着)「残り300メートルで甘くなりましたが、やりたいレースはできた。頑張っています」

 ◆田辺騎手(ペルシアンナイト9着)「思ったよりも流れに乗れた。馬場は緩かったが、時計が速くてスピードを求められる競馬だったので…」

 ◆岩田望騎手(ヴァンドギャルド10着)「いい位置で競馬ができたし、このメンバーでよく頑張っています」

 ◆北村友騎手(ミスターメロディ11着)「道中の行きっぷりは良かったが、もう少し脚をためて運べればよかった」

 ◆内田騎手(セイウンコウセイ12着)「ハナにはこだわらず、無理せず走らせたが、コーナーで進みが悪くなった」

 ◆レーン騎手(ダノンプレミアム13着)「内側の傷んだ芝を気にして、残り500メートルでバランスを崩してリズムが悪くなった」

 ◆石橋騎手(クルーガー14着)「隣の馬(アーモンドアイ)につられて、アオって出た」



★7日東京11R「安田記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【安田記念】ダノンキングリー7着で初の掲示板外 戸崎「直線で伸び切れなかった」 2020年6月7日() 19:16

 6月7日の東京11Rで行われた第70回安田記念(3歳以上オープン、GI、芝1600メートル、定量、14頭立て、1着賞金=1億3000万円)は、池添謙一騎手騎乗の3番人気グランアレグリア(牝4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が直線早めに抜け出し後続に2馬身半差をつけ完勝。東京競馬場で開催される5週連続GIのラストを飾る春のマイル王決定戦を制した。タイムは1分31秒6(稍重)。



 落馬負傷から復帰した戸崎騎手と4戦ぶりにコンビを組んだダノンキングリーは、悲願のGI初制覇ならず7着で初の掲示板外。発馬を決め流れに乗ると、やや位置を下げて追走。直線、馬場の真ん中から自慢の脚を繰り出すも伸びを欠いてしまった。



 ◆戸崎圭太騎手「3コーナーでペースが落ち着いて、ノメったときにハミを取ってしまったぶん、直線で伸び切れませんでした」



★【安田記念】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

サンスポ連載企画『四天王の決断!』今週は豚ミンCプロが登場(G1安田記念2020) 2020年6月7日() 12:04

     


毎週日曜のサンケイスポーツ(関東版)競馬面で展開中の、ウマニティ「プロ予想MAX」とのタイアップ企画『プロ予想MAX四天王の決断!』。

今週は、豚ミンCプロG1安田記念予想が掲載されています。

それでは早速、予想をご覧いただきましょう。


アーモンドアイを筆頭に、豪華メンバーが集結した今年の安田記念。本日、この大一番の予想を担当してくれるのは、ウマニティ公認プロ予想家の豚ミンCさんです。今年は5カ月を消化して的中率22%・回収率111%、先週は回収率247%と、高いレベルでの安定感はさすがの一語。ここも渾身の予想を披露してもらいましょう。
 
本命は②ダノンキングリー。「府中のマイルはベスト条件のひとつで、馬券圏内に来る可能性は十分。鞍上の戸崎騎手も復帰してからそろそろ調子を上げてくるはずで、復活Vに期待したい」と力を込めます。対抗は「牝馬同士の前走は文句ナシの完勝。今回はレベルが上がるが、昨年のような不利がなければ勝ち負け必至」の⑤アーモンドアイ。単穴は「前走が価値ある内容で、スムーズな競馬ができれば上位進出もありそう」な⑪グランアレグリア。馬券は単勝②、馬連②⑤、ワイド②⑪、3連複②⑤⑪で勝負します。

本レース以外の豚ミンCプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください。(ウマニティ編集長・岡田大)



※なお、こちらの予想は『四天王の決断!』企画用の特別予想となっており、最終的にウマニティで販売する予想とは買い目・内容が異なる場合が御座います(締切などの都合上)。
最新見解は、ウマニティ「プロ予想MAX」をご覧ください。

------------------------------------------------
「プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ(関東版)競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】安田記念2020 徳光さん、ジャンポケ・斉藤さんほか多数!競馬大好き芸能人・著名人がファイナルジャッジ! 2020年6月7日() 05:30


※当欄では安田記念について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【徳光和夫】
◎⑧ケイアイノーテック
複勝


【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑭ダノンスマッシュ
単勝


【田中将大(マー君・NYヤンキース)】
◎⑤アーモンドアイ
○⑪グランアレグリア
▲⑥インディチャンプ
△③ノームコア
△⑧ケイアイノーテック

【DAIGO】
◎⑤アーモンドアイ
○⑨アドマイヤマーズ
▲⑪グランアレグリア
△②ダノンキングリー
ワイド
⑤-⑨
⑥-⑪
②-⑥
⑨-⑪

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑬ヴァンドギャルド
○⑤アーモンドアイ
▲⑪グランアレグリア
△②ダノンキングリー
△⑥インディチャンプ
△⑨アドマイヤマーズ
△⑧ケイアイノーテック
馬連1頭軸流し・3連単1頭軸流しマルチ
⑬→②⑤⑥⑧⑨⑪

【杉本清】
◎⑤アーモンドアイ
○⑥インディチャンプ
▲②ダノンキングリー
☆①ダノンプレミアム
☆⑭ダノンスマッシュ
△③ノームコア
△⑪グランアレグリア
△⑬ヴァンドギャルド

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎②ダノンキングリー
○⑤アーモンドアイ
▲⑬ヴァンドギャルド

【松田丈志(オリンピック競泳メダリスト)】
◎⑤アーモンドアイ

【林修】
注目馬
インディチャンプ

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑤アーモンドアイ
○⑥インディチャンプ
▲③ノームコア
△①ダノンプレミアム
△⑨アドマイヤマーズ
△⑪グランアレグリア

【増沢末夫(元JRA調教師)】
◎⑤アーモンドアイ

【中村均(元JRA調教師)】
◎⑤アーモンドアイ

【小原伊佐美(元JRA調教師)】
◎⑤アーモンドアイ

【嶋田功(元JRA調教師)】
◎⑤アーモンドアイ

【細江純子(元JRA騎手)】
◎⑤アーモンドアイ
○⑥インディチャンプ
▲②ダノンキングリー
△⑪グランアレグリア
△⑬ヴァンドギャルド
△⑧ケイアイノーテック

【谷中公一(元JRA調教助手)】
◎⑤アーモンドアイ

【東信二(元JRA騎手)】
◎⑤アーモンドアイ

【橋本マナミ】
◎⑤アーモンドアイ
○⑥インディチャンプ
▲⑨アドマイヤマーズ
△⑪グランアレグリア
△①ダノンプレミアム
△②ダノンキングリー
△⑦ペルシアンナイト

【神部美咲】
◎⑤アーモンドアイ
馬単1着軸流し
⑤→③⑪

【林家三平】
◎⑤アーモンドアイ
3連単1着軸流し
⑤→①⑥⑨⑪
馬単
⑥→⑤
①→⑤

【稲富菜穂】
◎⑥インディチャンプ
○⑤アーモンドアイ
▲⑨アドマイヤマーズ
△①ダノンプレミアム
△②ダノンキングリー
△⑦ペルシアンナイト

【やべきょうすけ】
◎⑤アーモンドアイ
○⑪グランアレグリア
▲①ダノンプレミアム
△②ダノンキングリー
△⑥インディチャンプ
△⑨アドマイヤマーズ
△⑭ダノンスマッシュ

【小木茂光】
注目馬
インディチャンプ
アドマイヤマーズ
グランアレグリア
3連単フォーメーション
⑥⑨⑪→①②③⑤⑥⑦⑨⑪⑬⑭→⑥⑨⑪

【津田麻莉奈】
◎⑥インディチャンプ

【キャプテン渡辺】
◎⑨アドマイヤマーズ
ワイド・馬連
⑨-⑥インディチャンプ

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑦ペルシアンナイト
○⑥インディチャンプ
▲⑤アーモンドアイ
△①ダノンプレミアム
△②ダノンキングリー
△③ノームコア
△⑨アドマイヤマーズ
3連単2頭軸流しマルチ
⑦→⑥→①②③⑤⑨⑪⑭
⑦→⑤→①②③⑨⑪⑭

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎⑤アーモンドアイ
○⑨アドマイヤマーズ
▲⑪グランアレグリア
☆①ダノンプレミアム
△⑬ヴァンドギャルド
△⑭ダノンスマッシュ

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎⑤アーモンドアイ
○⑨アドマイヤマーズ
▲⑥インディチャンプ
△②ダノンキングリー
△③ノームコア
△④クルーガー
△⑪グランアレグリア

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑥インディチャンプ
3連単フォーメーション
⑥→⑤→①⑨⑪
⑥→①⑨⑪→⑤
⑤→⑥→①⑨⑪

【ギャロップ林】
◎⑪グランアレグリア
馬単
⑪→⑤アーモンドアイ
3連単フォーメーション
⑤→⑪→①②⑥

【こいで(シャンプーハット)】
◎①ダノンプレミアム
3連単
⑤→⑥→①
⑤→①→⑥

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑧ケイアイノーテック
3連単2頭軸流しマルチ
⑧→⑤→①②⑥⑨⑪⑭
3連単フォーメーション
⑤→①②⑥⑨⑪⑭→⑧

【浅越ゴエ】
◎⑤アーモンドアイ
3連単1着軸流し
⑤→①②⑥⑨

【盛山晋太郎(見取り図)】
◎①ダノンプレミアム
3連単2頭軸流しマルチ
①→⑤→②③⑥⑦⑨⑪⑬⑭

【リリー(見取り図)】
◎⑨アドマイヤマーズ
複勝


【浜田順平(カベポスター)】
◎⑬ヴァンドギャルド

【船山陽司】
◎①ダノンプレミアム

【さくまみお】
◎⑤アーモンドアイ

【上村彩子】
◎⑨アドマイヤマーズ

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑨アドマイヤマーズ

【大島麻衣】
◎⑤アーモンドアイ

【宮澤佐江】
◎⑤アーモンドアイ
3連単フォーメーション
⑤⑥→⑤⑥→①③⑨⑪
⑤→③⑪→③⑪

【熊崎晴香(SKE48)】
◎⑤アーモンドアイ
○③ノームコア
▲②ダノンキングリー
△⑥インディチャンプ
△⑨アドマイヤマーズ
△④クルーガー

【皆藤愛子】
◎⑤アーモンドアイ

【高田秋】
◎⑤アーモンドアイ

【小宮有紗】
◎⑤アーモンドアイ
○⑪グランアレグリア
▲②ダノンキングリー
△⑥インディチャンプ
△①ダノンプレミアム

【大原優乃】
◎⑤アーモンドアイ
○⑪グランアレグリア
▲⑨アドマイヤマーズ
△①ダノンプレミアム
△⑥インディチャンプ

【えなこ】
◎⑤アーモンドアイ
○⑥インディチャンプ
▲⑨アドマイヤマーズ
△①ダノンプレミアム
△⑪グランアレグリア

【ほのか】
◎⑤アーモンドアイ
○⑥インディチャンプ
▲⑨アドマイヤマーズ
注⑩ミスターメロディ
△②ダノンキングリー
△⑬ヴァンドギャルド

【守永真彩】
◎⑤アーモンドアイ
3連複フォーメーション
⑤-②⑨-①②⑥⑦⑪⑬

【天童なこ】
◎⑥インディチャンプ

【目黒貴子】
◎⑤アーモンドアイ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【安田記念】最新ナマ情報 2020年6月7日() 04:52

◆昨秋より状態◎〔1〕ダノンプレミアム

 オーストラリア遠征からの帰国初戦に向け、午後4時9分に東京競馬場に到着。「追い切りの動きだけで言えば、GIで2着を続けた昨年秋よりもいいくらい。遠征の疲れが残った様子もありません。強い相手もいますが、この馬の力を出し切る競馬ができれば」と猿橋助手。



◆東京得意で期待〔2〕ダノンキングリー

 共同通信杯毎日王冠と東京で重賞2勝をマークするコース巧者は、金曜午後に東京競馬場へ移動済み。土曜朝は厩舎周辺で引き運動を行った。「輸送を考慮して早めに競馬場に入りました。変わりなく順調です。距離は2000メートルより1600メートルの方がいいと思います」と萩原調教師。



◆「回復早く順調」〔3〕ノームコア

 持ち時計最速を誇る昨年のヴィクトリアマイル覇者は、美浦トレセンの厩舎周辺で引き運動のメニューを消化した。「中2週は懸念材料だと思ったが、思っていた以上に回復が早く、調教もしっかりできている。体の使い方も前走よりいいと思う。順調です」と萩原調教師。



◆前めで一発狙う〔4〕クルーガー

 ダービー卿CTで復活を遂げた8歳馬は、午後3時57分に東京競馬場に到着。「元気もあるし、暑さにも負けていません。前走のいい状態を維持できています。一発を狙うには、前めのポジションを取る方がいいと思う」と高野調教師。



◆胸借りるつもり〔6〕インディチャンプ

 昨年度の最優秀短距離馬は、グレード制導入後3頭目の連覇を狙って午後3時57分に東京競馬場に到着した。「相手が強いからそれを意識した仕上げをしてきて、昨年よりいい状態だと思うよ。胸を借りるつもりで、あとは福永騎手に任せます」と音無調教師。



◆うまく立ち回る〔7〕ペルシアンナイト

 2017年のマイルCS以来の勝利を狙って、午後4時7分に東京競馬場に到着した。「ドバイが中止になって少し間隔はあきましたが、馬の元気は良さそう。スタートを五分に出て、うまく立ち回れれば」と兼武助手。



◆平田師「手応え」〔8〕ケイアイノーテック

 一昨年のNHKマイルCの勝ち馬は、午後3時20分に東京競馬場に到着。「前走で装着したチークピーシズが効いていて、ようやくかみ合ってきた。いい状態で、今までより手応えを感じている。自分の形でどこまで」と平田調教師。



◆香港と同じ状態〔9〕アドマイヤマーズ

 昨年の香港マイルを勝って以来の復帰戦に向けて、午後3時34分に東京競馬場に到着。「馬体重が増えているのは成長分。半年ぶりだけど、香港のときと同じくらいの仕上がりになっている。強い馬より早めに動く形で」と友道調教師。



◆「ハナ行きたい」〔10〕ミスターメロディ

 昨年の高松宮記念に続くGI2勝目を狙って、午後4時7分に東京競馬場に到着。「(ドバイ遠征は中止も)状態はいいよ。スタートを決めてハナに行きたい」と藤原英調教師。



◆変わりなく順調〔11〕グランアレグリア

 昨年の桜花賞馬は前日の土曜に美浦トレセンを出発して午前6時54分に東京競馬場に入厩した。「問題なく無事に到着して、引き運動を行いました。変わりなく来ています」と大江原助手は順調さを伝えた。



◆堂々の逃げ宣言〔12〕セイウンコウセイ

 2017年の高松宮記念勝ち馬は、美浦の北馬場で体をほぐして最終調整を終えた。上原調教師は「状態はいいですね。前走の京王杯SCは外から行く馬がいたので2番手から。悪い内容ではないし、マイルならすんなり逃げられそう」と、約4年8カ月ぶりのマイル戦を楽しみにしていた。



◆好位で流れ乗る〔13〕ヴァンドギャルド

 重賞未勝利ながら素質を秘めるディープインパクト産駒は、午後4時7分に東京競馬場に到着。「ここを目標にやってきて、状態はいいよ。(外枠も)頭数が少ないからね。スタートを決めて、好位で脚をためる形で」と藤原英調教師。



◆ためて距離克服〔14〕ダノンスマッシュ

 前哨戦の京王杯SC勝ち馬は、悲願のGI制覇を目指して午後3時55分に東京競馬場に到着。「いい状態で来ています。距離が200メートル延びるので、うまくリラックスしてためて走って、何とか頑張ってほしいです」と安田隆調教師。

安田記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダノンキングリーの関連コラム

閲覧 3,518ビュー コメント 0 ナイス 12

ダービーは、馬券的にはメインである3連単がダメで稼げませんでしたが、見ごたえのあるいいレースだったと思います。断然人気とはいえ、勝ったコントレイルへの「相当な不利など無ければ、この相手にまず負けない、サリオスは善戦するも逆転はない」というところまでは良かった当コラム内容。が、しかし3着ヴェルトライゼンデが10番人気(執筆時点5番人気想定)なら、買っておけば良かったなあという結果に。ヴェルトライゼンデは、皐月賞コラムの際に「スミヨン騎手が、『道悪は良くない』とコメントしていた」ということに触れましたが、今回その通り、良馬場で巻き返してきました。やはり、スミヨン騎手レベルになると言っていることはきっと正しいのでしょうね。皐月賞の走りががっかりで、巻き返しよりは人気で消して妙味かと思ったのですが……。3番人気8着のワーケアや、4番人気11着のサトノフラッグの評価を下げられていただけに、惜しい結果となってしまいました。まあこればかりは仕方がないですかね、コロナで辛い日々が続きますが、5月はWIN5の分も含めて月間過去最高くらいに稼げたので、切り替えて安田記念で頑張ります(WIN5は、3週連続「4」止まりで、もうちょとやれたのではと正直思っていますが)。


今年の安田記念はフルゲート割れの14頭立てとなったが、なかなかの好メンバー。
ただアーモンドアイインディチャンプは強く、馬券的には3着で穴を狙う程度か。

<全頭診断>
1番人気想定 アーモンドアイヴィクトリアマイルが楽勝だったので、間隔は詰まるがここを使ってきた。中2週でも前走のダメージは、ほとんど無いだろうから、さっさと稼いで休ませるのが確かに正解かも。秋も、天皇賞とJCの東京限定の2戦というのが作戦的に一番良いのでは。安田記念は、ヴィクトリアマイルよりは重い斤量56kgを背負って、厳しいペースでの粘り合いとなる一戦。昨年のコラムでも書いたように、本質的にはアーモンドアイにとって適性はいまひとつなレースだが、マイル戦にも慣れが見込め、今年のメンバーならそう苦労しないで勝ってしまうのではとみる。昨年も1800mなら楽勝、というか1620mでも差し切っていた感じで(笑)、G1での勝ち星をもう一つ積むチャンス。

2番人気想定 インディチャンプ:昨年の東京新聞杯勝ち、安田記念勝ち、マイルCS勝ち、今年は読売マイラーズCで圧勝と、現役マイラーの最強クラスにはいる馬。前走マイラーズCは2馬身差の楽勝で、唯一アーモンドアイを逆転する可能性があるとすればこの馬か(とはいえ、逆転は厳しそうだが)。崩れるのは考えにくい、充実期間に入っている。

3番人気想定 ダノンキングリー:昨年は皐月賞3着、ダービー2着と活躍し、秋も毎日王冠勝ち、今年も中山記念勝ち、大阪杯3着と1600~2000mあたりでは大崩れなく走っている。前走大阪杯は逃げて3着だったが、それなりにはやれそう。いつも力通りには走るタイプで、大物喰いの激走はあまりないタイプでは。

4番人気想定 グランアレグリア:昨年の桜花賞馬で、前走の高松宮記念で2着したが、東京マイルは昨年のNHKマイルCで1番人気5着止まりだったように、あまり適性は感じない。ただ、もまれず気分よく走りさえすれば激走はあるタイプで(頭もあるが大凡走もあるタイプ)、枠や展開次第の側面も大きそう。もまれ弱いだけに、今回フルゲートとならないのは良いのでは。

5番人気想定 ダノンプレミアム:昨秋のマイルCSではインディチャンプに1馬身半負けた。ちょっと長いであろう豪クイーンエリザベスS3着と地味な結果だったが、日本の高速マイルは向いている印象。巻き返しはあり得る存在で、ここは妙味もありそう。

6番人気想定 アドマイヤマーズ:私と相性の悪い馬で、グランアレグリアに寄せてのラフプレー気味の朝日杯FS勝ちにしろ、人気のグランアレグリアがヨレて降着となったNHKマイルC勝ちにしろ、昨秋の同舞台富士Sで1番人気9着だったように、全く強いと思ったことのない馬。だが、今年は香港でG1を勝ってきた。日本でイマイチながら香港で強かったエイシンプレストンのように、時計の遅い決着が向くのかもしれない。「並ぶと耳を絞ってもうひと頑張りする」とM.デムーロ騎手が言っており、勝ち馬に並ぶと頑張るのかもしれないが、今の時計の速い東京で買おうとは今回も思わないし、アーモンドアイにラフプレー気味に寄せていくのは、日本国中誰も見たくないのではないだろうか。

7番人気想定 ノームコア:昨年のヴィクトリアマイルを勝ち、昨秋の富士Sも勝ち、今年のヴィクトリアマイルも3着と、東京マイルは最適舞台。アーモンドアイは強いにしても、好走が期待できる。

8番人気想定 ダノンスマッシュ:NHKマイルC以来の1400m以上戦だった前走の京王杯SCを逃げて勝ってきた。ただ、更に200m延びて、逃げの上手くない三浦騎手(内枠の逃げはそれなりの数値を出ているようだが、馬の力より下の騎乗ばかりと私自身は思っている)だけに、ちょっと厳しいのでは。ここまでそれなりにチャンスのある馬にも乗ってのG1での全敗は、偶然でなく必然という状況だけに、何でこの騎手指名?という印象

9番人気想定 ミスターメロディ:昨年の高松宮記念はかなり巧く乗ってのラッキーパンチ的な勝利ではあったものの、芝ダート兼用の馬で、以降いろいろと稼ぎどころはあるかと思ったが……。芝でもダートでもさっぱり。東京マイル向きではなく、激走は期待薄。

10番人気以下想定
ペルシアンナイト:昨秋のマイルCSはマーフィー騎手の力で3着にねじこんできたが、以前より力が落ちており、ここでの激走は厳しいか。

ヴァンドギャルド:前走のマイラーズCはゲートは悪かったが3着まで差してはきた。ただ爆発力のあるタイプではなさそうで、ここで上位は難しいとみる。

クルーガー:前走のダービー卿CTは、8歳ながら4番人気の支持を集め、2馬身差をつけて1着と激走を果たした。芝ダート兼用馬で、ここにきての充実で穴馬にはいいのでは。

ケイアイノーテック:前走京王杯SCはやれるのではと期待したが、8番人気6着とイマイチ。大外をまわして差し届く馬場にはならなそうで、期待できない。

セイウンコウセイ:加齢でズブくなってきても、芝マイル以上実績ゼロでの激走は期待できない。


<まとめ>
最有力:アーモンドアイ

有力:インディチャンプ

ヒモに:ダノンキングリーダノンプレミアムノームコア


登録済みの方はこちらからログイン

2020年6月5日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】安田記念展望/意外と1倍台が勝ち切れない東京芝千六のG1
閲覧 1,993ビュー コメント 0 ナイス 4

先週の当コラムで「ダービーは”恵まれた馬”が穴をあけるレース」と書いたが、今年恵まれたのはやはり内枠の伏兵馬だった。6番枠のヴェルトライゼンデが10番人気で3着、最内枠のサトノインプレッサが9番人気であわやの4着。道中ロスなく溜めた組が圧倒的に有利なレースだった。

もっとも、1〜2着は完全に能力上位の2頭。好スタートからスッと好位につけたコントレイル、中団から運んだサリオスのワンツーフィニッシュ。皐月賞より着差は広がったが、いずれにしてもこの2頭の能力が抜けていたというのが今年の牡馬クラシック戦線ということなのだろう。

無敗の2冠馬となったコントレイルは、秋は菊花賞を目指す模様。無敗の3冠馬になれるかは、まず無事に夏を越す必要があるので簡単なことではないが、本馬の器用さはどんな舞台になっても大きな武器になりそうだ。

また、敗戦組の中では5着のディープボンドには菊花賞で穴をあける資質があるように感じた。長くいい脚を使えるという点も、長丁場の舞台には合いそうだ。秋まで忘れないでおきたい。


安田記念の展望

さて、今週末はいよいよ春の東京G1シリーズの締め括りとなる安田記念。そして今年もアーモンドアイが恐らく断然の支持を集める中で出走する。

昨年の安田記念では1.7倍の支持を集めながらも、スタートで後手を踏んで流れに乗れず、鋭く追い込んだものの3着止まり、インディチャンプアエロリットの後塵を拝した。今年はヴィクトリアマイルを圧勝しての参戦となるが、果たして昨年のようなことがあるのか、ないのか。不安があるとすればデビュー以来初となる中2週だろうか。

当初は宝塚記念に向かうことが濃厚とも思われたが、前走の消耗が少ない内容を見てか、それとも舞台を考えてか、今回は安田記念を選んできた。間隔を取ることをテーマにこれまでも使われてきただけに、やはりこのローテは少し気になる。

もっともアーモンドアイは前述のコントレイル同様に器用な競馬ができるタイプ。昨年もあれだけの厳しい競馬になりながらも差のないところまで追い込んで来ており、不発は考えにくいか。

それでも、ライバル勢も強力。昨年の覇者インディチャンプは、今年はマイラーズCを制してコマを進めてきた。また、昨年は人気を裏切ったダノンプレミアムは海外帰り初戦となるが、昨秋のマイルCSでは2着に来ているように衰えはない。気性を考えればマイルに戻るのもプラスだろう。前走の高松宮記念では猛然と追い込んで2着に突っ込んだグランアレグリア、中距離路線から再びマイル路線に舵を切ってきたダノンキングリー京王杯SCを制し、さらに距離を延ばして来るダノンスマッシュなど、なかなか粒揃いだ。

この中で逆転候補として注目したいのはグランアレグリア。前走は1200mに対応しきれなかったが、無理に対応しようとしなかったのは今回を見据えてのことだろう。マイルの方が流れに乗りやすいことは間違いなく、新馬戦を圧勝した舞台でひと泡吹かす可能性もあるのではないか。

どのみちアーモンドアイは断然人気。昨年の例もあるだけに少し馬券的には工夫してみたい。軸にするにしても、3連単のアタマ固定はハイリスク・ローリターンなので、買うなら3連複で十分。3連単なら2〜3着付けで楽しんでみるのもアリだろう。

というのも、東京芝1600mのG1はしばしば断然人気が敗れる波乱が起こってきた舞台。2010年以降で見ても、1倍台の断然人気馬は9頭出走し、昨年のアーモンドアイの3着を含め(4-2-1-2)と意外なほど勝ち切れていない。安田記念においても、集計期間外ながら古くはグラスワンダーエアジハードに差し切られたり、また2016年にも単勝1.7倍のモーリスが、単勝36.9倍のロゴタイプの逃げ切りを許している。歴史は繰り返す…今年も少しは波乱の可能性を頭に入れておきたい。

安田記念の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2020年4月10日(金) 13:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(4/4~4/5) nigeプロが勝負予想3連勝で週間回収率348%をマーク!
閲覧 385ビュー コメント 0 ナイス 3



5(日)行われたG1大阪杯ほか、様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家や、その的中の数々をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →nigeプロ
4(土)の勝負予想指定阪神11RコーラルSでは、馬連2点勝負で◎レッドルゼルサクセスエナジー的中GET。5(日)はさらに調子を上げ、阪神5R3歳1勝クラスをきっちり単勝1点で仕留めると、勝負予想指定の中山11R春風Sでは、「時計の出る馬場が理想。その点で、良馬場でも時計が出ている今の馬場は合う。相手関係的にも前走と比べたらかなり楽。」と狙った◎ルッジェーロから計14万5690円のスマッシュヒットを披露。さらに、勝負予想指定阪神12R鳴門S○◎△的中でダメ押しと絶好調。週間トータル回収率348%、収支はトップの20万8020円プラスのハイアベレージを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
4(土)は中山5R3歳未勝利中山7R3歳1勝クラス阪神12R4歳上2勝クラスなどで活躍をアピール。5(日)にも中山1R3歳未勝利中山10R浅草特別などの予想を披露し、的中率90%、回収率101%を達成しています。週間トータルでは回収率228%、収支9万450円をマークし、2週連続週末プラスとしています。
 
☆☆☆注目プロ →ジャンヌプロ
5(日)G1大阪では、「前走は明らかにたたき台。ダノンキングリーがどうしても大阪内回りが合うはずもなく、適性の差を考えると十分逆転は可能」とした◎ラッキーライラックから、○クロノジェネシスへの馬連、ワイド含むパーフェクト的中を披露! 4(土)のG3ダービー卿チャレンジトロフィーでは、▲クルーガーの単複で仕留めプラス的中。他にも、5(日)中山3R3歳未勝利での◎○▲パーフェクト的中などを披露しています。
 
 
 
この他にも、【U指数】馬単マスタープロ(479%)、奥野憲一プロ(141%←2週連続週末プラス)、ろいすプロ(120%)、サラマッポプロ(118%)、蒼馬久一郎プロ(112%)、山崎エリカプロ(107%)、スガダイプロ(106%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2020年4月3日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】大阪杯展望/川田騎手騎乗で今年は前に行けそうなブラストワンピース
閲覧 1,663ビュー コメント 0 ナイス 4

先週末の高松宮記念ではなかなか珍しい経験をした。

当コラムでも大穴候補として推奨し、最終予想でも本命にした◎クリノガウディーが想定通りの走りで1位入線も、なんと降着。ゴール直後の歓喜から一転、不的中となってしまった。3連複13万馬券×300円が紙クズ(実際にはネット投票なので紙ではない)になった他、レース直後に多く届いていた祝福の声もどう反応して良いかわからなくなってしまった(苦笑)。配信している「競馬ノート」の読者の中には3連単を買っていた方も何人かいて、170万超の馬券が消えてしまったのはさすがにショックが大きかったかもしれない。



もっとも、降着自体はたまにあることだし、どんな理由であれ4着は4着なので20分くらいで立ち直れたのだが、各馬の走りがだいたい見立て通りだっただけにその推理を馬券に生かせなかったのが悔しいところだ。

さて、ちょっと愚痴になってしまったので回顧を。勝ったモズスーパーフレアは1200mでは極めてシンプルな穴のパターン。直近2走はいずれも差しが届く荒れた馬場で逃げて失速しており、その中でもとりわけ前走のシルクロードSは4着と良く粘っていた。今回スンナリ行けたことで一変は納得の結果だろう。

2着グランアレグリアも掛かる気性を考えれば1200mが合わないこともなく、道悪もスタミナを問われた分良かったとみている。道悪が良いわけではなく、1200mなら道悪、タフな馬場くらいの方が良いということ。

さらに言えばモズアスコットの出遅れも先週の当コラムで「ゲートが下手過ぎるデムーロ」と書いたように想定通りだった。デムーロ騎手は出遅れる可能性のある馬ではキッチリ出遅れてくれるので、馬券的にはありがたい存在だ。各指標をみても現状は喜んで買う騎手ではなく、基本的にはデムーロからの鞍上強化を狙う方がお得なのである。昨年暮れの香港国際競走ではデムーロ乗り替わりの馬が2勝を挙げたが、それも決して偶然ではない。

騎手に関してはイメージだけでなく、現在の力量や癖をキッチリと掴む必要がある。そして騎手の能力は絶対的なものでもないので、馬との相性やコース、距離なども含めて複合的に考える必要がある。

それは難しいというのであれば、是非、4/14(火)発売の新著『競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書』を読んでいただきたい。こちらではJRA所属のすべての騎手について触れているので、馬券の大いなる見方になってくれるはずだ。


〜波乱度は低い!? 大阪杯展望

さて、今週末は大阪杯アーモンドアイサートゥルナーリアなどの名前がないのは残念だが、中距離路線の有力各馬がまずまず揃った。

人気は上位拮抗という感じを想定しているが、その中で注目したいのはブラストワンピース。昨年6着と人気を裏切っているために少々買いづらいイメージもあるかもしれないが、阪神芝2000mを走るならば池添騎手よりも川田騎手の方が断然手が合うだろう。上手くゲートを決めて位置を取りに行く競馬ができれば、昨年とは異なるレースをできる可能性が高い。昨年のような外を回して届かないという競馬にはならず、先行して抜け出す競馬になるとみている。

安定感という点ではやはりダノンキングリーが一番だろうか。前哨戦が鮮やか過ぎたのは少し気にならないこともないが、それでもレース運びも上手く、2000mの距離もベストに近い。連複軸での信頼度という点ではブラストワンピースよりも上かもしれない。

その他、伏兵をあえて挙げるならば、近走力を付けてきているサトノソルタスだろうか。上手く流れに乗ってこられれば、2〜3着くらいに入れる可能性はありそうだ。

先週は波乱の決着となったが、今週はどちらかといえば堅い決着の可能性が高いと考えているので、買い方も重要になりそうだ。


※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2020年4月2日(木) 14:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2020大阪杯
閲覧 1,303ビュー コメント 0 ナイス 3



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はAA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


4月5日(日) 阪神11R 第64回大阪杯(4歳以上G1、芝2000m)


【優先出走馬】

ダノンキングリー(C)中4週
<1週前追い切り>
南W併せ馬の内。前走時と同じように追われている割に、伸び脚はそれほどでもない。ここを強く追われて、最終追い切りで馬なりでグイグイ伸びる動きに変わってくれば良いが……。


【以下、賞金順】

ブラストワンピース(A)中9週
<1週前追い切り>
南W併せ馬の内。前走時の力みが抜けて折り合いもしっかりついていて、一度使われての上積みがありそう。

ラッキーライラック(D)中4週
<1週前追い切り>
CW単走。もともと(映像から伝わってくる)こういった走りの馬だが、力強さがなく時計ほどの伸び脚はない。

クロノジェネシス(AA)中4週
<1週前追い切り>
CW併せ馬の内。抜群の手応えで直線一気に伸び、併走馬を並ぶ間もなく抜き去り、大外を走っていた他厩舎の馬をもパス。

ワグネリアン(C)4ヶ月半
<1週前追い切り>
DPコース3頭併せの内。もともとこのコースでは良い動きは見せないが、前を走る2頭が速く追い抜けず。休み明けでまだ物足りなさが残る走り。

ヴェロックス※出走回避

ロードマイウェイ(B)中2週
<1週前追い切り>
坂路単走。前走時はおとなしく折り合いもついていたが、今回は押さえるのに苦労するくらい気合いが乗っている感じ。この気合いが良いほうに出れば。

マカヒキ(D)4ヶ月半
<1週前追い切り>
CW併せ馬の内。時計は出ているが動きに力強さがなく、伸び脚もイマイチ。

ステイフーリッシュ(C)中6週
<1週前追い切り>
坂路単走。手応えの割に終いの伸び脚がイマイチ。

クレッシェンドラヴ※出走回避

カデナ(C)中4週
<1週前追い切り>
坂路単走。勢いよく駆け上がってきたが、脚の回転の速さの割に伸びきれず。

レッドジェニアル(B)中10週
<1週前追い切り>
CW併せ馬の内。押さえたままでも、最後まで抜かせず先着。

サトノソルタス(C)中2週
<1週前追い切り>
映像なし。中2週と間隔が詰まっていて、水、木、金、土、日と坂路で軽く乗られているが、追い切りと言えるのは日曜日の坂路くらい。ただそれも、終いの時計が少し出ている程度。

ジナンボー(B)中5週
<1週前追い切り>
南W3頭併せの内。終いもうひと伸びがほしい感じも、休み明けを一度使われての上積みはありそう。



◇今回は大阪杯編でした。
海外ではドバイワールドカップが中止になるなど、コロナウイルスの影響は日に日に増すばかり。このような状況下では、競馬開催中止という最悪の事態を避けるため(競馬関係者から感染者出てしまったら自粛しなくてはならないかもしれない)にも、観客を入れての競馬開催はなかなかできそうもなく、無観客競馬は長引くのではないかと思います。普段、競馬場で馬券を買っていてネット投票の術を持たない方もいると思いますが、このような人たちでも馬券が買えるように、これからはコンビニでも馬券を買えるようなシステムを考えたほうが良いのではないかと思います。実は、25年くらい前に私が東京で一人暮らしをしている時にコンビニを使った電話投票を試験的に行っていたことがあり、たまたま私が住んでいる家の近くのコンビニで会員を募集していたので申し込み、コンビニで馬券を買っていたことがありました。システムは、専用銀行口座を作りお金を入金しておき、コンビニに置かれている専用マークシートを塗り投票するとレシートが出てくる、とこんな感じだったと記憶しています。試験的だったので半年か1年で終わってしまいましたが、その後この“コンビニ投票システム”の話すら出てこないまま今に至っています。
現在、競馬場では『UMACA』というキャッシュレスで馬券が買えるシステムが出来上がっています。それを有効活用して、全国のコンビニに『UMACA投票機』を置くようにしたらどうかと思います。競馬場に毎週のようにきている年配の方たちで、『電話投票』は持っていないけど『UMACA』なら持っているという人たちもたくさんいると思います(競馬場を歩いていると、首から『UMACA』をぶら下げて歩いている年配の方たちを見かけることが思いの外多い感じがしています)。全国すべてのコンビニとはいかなくても、一つの市や町で3店舗(セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンで1店ずつ、駅前のコンビニに投票機を置くとか)ぐらいあれば、競馬場まで足を運ぶことを考えれば近いものだと思います。
誰もが予想しなかったこのような事態が今後も起こる可能性はいくらでもあると思いますし、その時にコンビニで馬券が買えるようになっていれば、今回カバーできない層の売り上げを伸ばすことができるかもしれません。何よりも、昔から競馬場で馬券を買って日本の競馬を支えてきてくれた年配の方々も、引き続き競馬を楽しめるのではないかと思っています。スポーツくじがコンビニで買えるなら、馬券もコンビニで!なんとか農林水産省の方々には頑張ってもらいたいものです。もっとも、最良はこのような事態が収束し、今後起こらず、普通に競馬場で観戦できる平和で健康に生活できる日が続いていくことなのでしょうが(そして、“頼み”の(?)コンビニですら発症者が出ていたりするくらいの昨今ですしね^^;)。

それでは次回、桜花賞編でお会いしましょう。


大阪杯出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2020年3月30日(月) 18:00 覆面ドクター・英
大阪杯・2020
閲覧 1,634ビュー コメント 0 ナイス 9

高松宮記念は難しかったですね...。降着のクリノガウディーはG1になると張り切るんでしょうか。雨の後の内から乾くパターンともなると、栗東坂路48秒台という猛時計仕上げのモズスーパーフレアあたりも怖いなぁとは感じていましたが、コラムで要らないと記した手前もあって思い切れませんでした。まあ、常に逃げ馬というのは激走する可能性が高いわけで....。前にも書いたように、もし自分が騎手だったら、最短距離をある程度主導権を握って走れるので、逃げられる限り逃げの手を選ぶと思いますしね。

さて、大阪杯はフルゲートとならなそうですがG1馬が多数と上り馬が加わり楽しみな一戦です。阪神の内回り2000mというのはアンカツ騎手が得意としていたように、勝ちに行くと勝てないという難しいコースで、騎手の力量も結果にかなり関わってきそうです。


<全頭診断>
1番人気想定 ダノンキングリー:8戦5勝で前走の中山記念も快勝してきた。勝つ時はかなり強く見える勝ち方をするので、人気になりやすいタイプ。距離はもっと短い方が良いと思われ、前走でのその見た目のアピール度十分な勝ちっぷりを披露してしまっているぶん妙味は無く、ヒモ扱いが良いのではと考えている。

2番人気想定 ブラストワンピース新潟記念は相手が弱かったので大外というか外ラチ沿いをズコーンと差してきたが、基本的には直線は長くないほうが良い様子。距離的にもこのくらいが絶好の舞台では。メンタル的に海外は向かないと最初から思っていたので、凱旋門賞の惨敗はノーカウント。前走のAJCCも快勝したし、主役を張れる存在だろう。

3番人気想定 ラッキーライラック:昨秋はスミヨン騎手に乗り替わって迎えたエリザベス女王杯で、チューリップ賞以来となる勝ち星をあげた。香港でも2着して、中山記念でも2着と早熟というわけでなく、能力を高く維持し、好調を保ち続けてきているここまで。やや渋り気味な馬場も味方しそうで、好走は十分可能。

4番人気想定 クロノジェネシス:前走は相手がそれほどでなかったとはいえ、2馬身半差の完勝でまだまだ強くなってきている感じはある。馬場が渋っても平気で、ここもやれるのでは。

5番人気想定 ワグネリアン:昨秋のJCで3着と、本来長いであろう距離を友道厩舎の育成力でこなして好走した。距離はここの方が断然良く、5歳春という充実期間で頭まであるとみている一頭。

6番人気想定 ヴェロックス:昨年はクラシックで2着、3着、3着と好走したが、世代の王道路線の馬が、前走で小倉のハンデ戦G3小倉大賞典を使ってきたあたりで私としては「???」。そしてそこで1番人気9着と敗れ、成長力、状態に問題がある現状ではないだろうか。→回避予定のよう

7番人気想定 ロードマイウェイ:5連勝で昨年11月末のチャレンジCを制したが、休み明けの金鯱賞は2番人気10着と惨敗した。ひと叩きしたからといってここで通用はしないだろう。

8番人気想定 マカヒキ:3年前も昨年もこのレースでは4着と、そこそこやれる下地あるのだが……。瞬発力を生かす東京でも差し切れない現状で、7歳という年齢だけに上積みも期待できず、要らないとみる。

9番人気想定 ステイフーリッシュ:瞬発力は無いが先行してしぶといタイプで、G1の厳しい流れはいいのかもしれない。前に行って、もたせるのが得意なオーストラリア仕込みの坂井騎手が、自厩舎の馬で張り切って頑張るシーンに期待も。

10番人気以下想定
カデナ:前走の小倉大賞典での勝利が約3年ぶりとなるが、完勝でここに来ての本格化もあり得る。穴で狙う価値はありそう。5戦3勝で弥生賞を制したように、当時は世代トップレベルと目されていた馬の復活で、色々とかみ合わずに低迷が続いたが、ここでもやれるだけの器だと思うのだが。

サトノソルタス:ゆっくり強くなってきて昨秋に準オープン勝ち、前走金鯱賞サートゥルナーリアの2着と頑張っている。ただ2馬身差をつけられたように、まだトップレベルとは差があるのでは。

レッドジェニアル:昨春の京都新聞杯勝ちの後は結果を出せていないように、ここで激走というタイプではないか。

ジナンボーディープインパクト×アパパネという良血馬だが、まだ小倉大賞典で3着止まりというように力が足りないだろう。

クレッシェンドラヴ:もう6歳で、G3の福島ならやれるが、という馬でG1でどうこういう感じではないのでは。


<まとめ>
有力:ブラストワンピース

ヒモに:ダノンキングリーラッキーライラック

穴で:ステイフーリッシュカデナ

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダノンキングリーの口コミ


口コミ一覧

POG・・・・・4頭確保

 シベール 2020年7月3日(金) 09:29

閲覧 46ビュー コメント 0 ナイス 11

今週のPOG、応札した4頭、全部落札の見通しです。
アウイルアウエイ、インディチャンプの妹、ダノンキングリーの弟、ジェンティルドンナの娘、メジャーエンブレムの娘、の4頭でした。

今回は兄弟にオープン馬がいる馬を、応札件数を確認しながら 落札に結び付けました。

良い仕事が出来たと自画自賛です。笑い

今週は以前落札したなかの2頭が新馬デビューします。

どんな競馬をするでしょうか、楽しみです。

 qaz 2020年6月28日() 21:40
2020上期重賞激闘譜  単勝回収率112% 複勝回収率120%
閲覧 71ビュー コメント 0 ナイス 7

毎度のことですが、備忘録として投稿しておきます。


宝塚記念。皆さんはいかがだったでしょうか。
私は、◎が出遅れスタート直後にレース終了w

結構攻めたコメントを記載しましたので、
ど派手に外しておりますが、コロシアムの予想張っておきます。

https://umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?user_id=9a61000ac5&race_id=2020062809030811

函館SSの払戻し46000円に4000円を追加して、5万円ベットして・・・一瞬で溶けました。
上期のプラスを考えれば、必要経費と考えることにしたいと思います。

では、結果一覧です。
エクセルのコピペなので見にくいところがあるかもしれませんがご容赦ください。

2020上期

レース名 本命馬 人気 結果(着) 単勝 複勝
京都金杯 ダイアトニック 2 人気 2 着 単 0 複 210
京成杯 スカイグルーヴ 1 人気 2 着 単 0 複 150
日経新春杯 モズベッロ 2 人気 1 着 単 490 複 210
AJCC ミッキースワロー 2 人気 4 着 単 0 複 0
根岸S ミッキーワイルド 2 人気 11 着 単 0 複 0
シルクロードS ナランフレグ 8 人気 3 着 単 0 複 530
東京新聞杯 レッドヴェイロン 1 人気 9 着 単 0 複 0
きさらぎ賞 アルジャンナ 1 人気 3 着 単 0 複 110
デイリー杯クイーンC アカノニジュウイチ 5 人気 4 着 単 0 複 0
京都牝馬ステークス サウンドキアラ 1 人気 1 着 単 430 複 210
フェブラリーS インティ 2 人気 14 着 単 0 複 0
中山記念 ダノンキングリー 1 人気 1 着 単 250 複 120
阪急杯 ダイアトニック 1 人気 3 着 単 0 複 150
フィリーズレビュー ヤマカツマーメイド 2 人気 2 着 単 0 複 170
阪神大賞典 キセキ 1 人気 8 着 単 0 複 0
高松宮記念 グランアレグリア 2 人気 2 着 単 0 複 210
マーチS スワーヴアラミス 1 人気 1 着 単 270 複 140
大阪杯 ワグネリアン 4 人気 5 着 単 0 複 0
ニュージーランドT シーズンスギフト 5 人気 2 着 単 0 複 230
阪神牝馬S サウンドキアラ 1 人気 1 着 単 320 複 160
桜花賞 ミヤマザクラ 7 人気 5 着 単 0 複 0
アンタレスS ベストタッチダウン 1 人気 14 着 単 0 複 0
皐月賞 サリオス 2 人気 2 着 単 0 複 170
フローラS スカイグルーヴ 1 人気 5 着 単 0 複 0
マイラーズC ヴァンドギャルド 2 人気 3 着 単 0 複 120
青葉賞 オーソリティ 3 人気 1 着 単 430 複 150
スイートピーS L アカノニジュウイチ 4 人気 3 着 単 0 複 230
天皇賞 春 フィエールマン 1 人気 1 着 単 200 複 130
NHKマイル タイセイビジョン 3 人気 4 着 単 0 複 0
ヴィクトリアマイル アーモンドアイ 1 人気 1 着 単 140 複 110
平安S ロードレガリス 1 人気 10 着 単 0 複 0
オークス デアリングタクト 1 人気 1 着 単 160 複 130
ダービー サリオス 2 人気 2 着 単 0 複 140
安田記念 アーモンドアイ 1 人気 2 着 単 0 複 110
マーメイドS サマーセント 7 人気 1 着 単 1470 複 430
エプソムC ピースワンパラディ 1 人気 7 着 単 0 複 0
函館SS ジョーマンデリン 3 人気 3 着 単 0 複 230
ユニコーンS カフェファラオ 1 人気 1 着 単 200 複 120
宝塚記念 グローリーヴェイズ 5 人気 16 着 単 複

的中率は64%
単勝回収率112%
複勝回収率120%

京成杯はワイド1点買いで1000%
◎が圧倒的人気のアーモンドアイだったヴィクトリアマイルと安田記念も
3連複できっちり仕留めて大幅プラスを回収していますので、
見た目ほど地味な回収でもなかったのが救いです。

単勝回収率150%を目指す買い方もできるのですが、どうしても的中率が下がります。
逆に、的中率を80%にあげると回収率が下がります。

上期は転がしで利殖を試みていた関係で、連敗が少なく複勝回収率が110%以上を
着実に確保することを目標に掲げていましたので、
ノルマは達成できたかと思います。コロガシの場合は馬場が読めていることや、
得意の競馬場であることなどの要素が合致した場合にのみ勝負しています。

上期これ以上の結果を出されている方もいらっしゃることと思いますが、
瞬間風速でなく、プラス収支を継続し続けることが難しいのです。
何度も方針変更の誘惑にも駆られました。


一定期間で区切って100%を超え続けることは、想定以上に難しいことです。
振り返ることが嫌になるくらいの結果が表面化するので、
この手の投稿はほとんど見かけないと思います。


これ以前の結果は前回の日記でご確認いただけます。
https://umanity.jp/home/view_diary.php?id=14b7ef5625&owner_id=9a61000ac5

(かなりの長文なので、ご容赦ください)


気が向いたら下期も継続するかも・・・謎

[もっと見る]

 おじぽに 2020年6月27日() 20:36
宝塚、軸はサートゥルも相手は?
閲覧 283ビュー コメント 0 ナイス 7

現在サートゥルの単勝オッズは2.8倍…

思ったより売れてない

大阪杯のラッキーとクロノの駆けっぷりが圧巻だっただけに

票が割れて2倍台後半という事か…

ただそこはサートゥル、ルメール騎乗で乗り損ねは考え辛いし

大阪杯の3着はダノンキングリーという相手レベルも考えると

やはりサートゥルから入るのが無難だろうか

もちろん相手にラッキー、クロノは外せないが

もし薄めを連れて来れば意外とオイシイ配当になる訳なので

ここはグランプリ宝塚記念だけに宝クジを買うつもりで

サートゥルから馬連総流しで遊んでみたい 

宝塚記念
馬連⑤から
特に厚めは⑦⑪⑯⑱、以下①③⑥⑧⑰他総流し 

ドカンとヒモ荒れしてくれれば…という淡い希望

見も出来ない当方としては苦肉の策である汗

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダノンキングリーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
6:
  fc0703d559   フォロワー:0人 2020年6月7日() 03:30:47
スローなら○。
5:
  fc0703d559   フォロワー:0人 2020年6月7日() 03:16:12
主戦騎手○。マイルCSは、ど返し。
4:
  fc0703d559   フォロワー:0人 2020年6月7日() 02:23:21
先行、上がりの競馬。

⇒もっと見る

ダノンキングリーの写真

ダノンキングリーの厩舎情報 VIP

2020年6月7日安田記念 G17着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ダノンキングリーの取材メモ VIP

2020年6月7日 安田記念 G1 7着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。