ダノンキングリー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ダノンキングリー
ダノンキングリー
ダノンキングリー
ダノンキングリー
ダノンキングリー
ダノンキングリー
ダノンキングリー
ダノンキングリー
ダノンキングリー
ダノンキングリー
ダノンキングリー
ダノンキングリー
ダノンキングリー
ダノンキングリー
写真一覧
現役 牡5 黒鹿毛 2016年3月25日生
調教師萩原清(美浦)
馬主株式会社 ダノックス
生産者三嶋牧場
生産地浦河町
戦績12戦[6-1-2-3]
総賞金48,779万円
収得賞金20,000万円
英字表記Danon Kingly
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
マイグッドネス
血統 ][ 産駒 ]
Storm Cat
Caressing
兄弟 ダノングッドミッキーグッドネス
前走 2021/06/06 安田記念 G1
次走予定

ダノンキングリーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/06/06 東京 11 安田記念 G1 芝1600 1471147.681** 牡5 58.0 川田将雅萩原清 456
(+6)
1.31.7 -0.033.1⑧⑧グランアレグリア
20/11/01 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 124413.3312** 牡4 58.0 戸崎圭太萩原清 450
(-6)
2.00.7 2.935.8⑤⑥⑥アーモンドアイ
20/06/07 東京 11 安田記念 G1 芝1600 142212.957** 牡4 58.0 戸崎圭太萩原清 456
(0)
1.32.4 0.834.6⑥⑤グランアレグリア
20/04/05 阪神 11 大阪杯 G1 芝2000 12683.813** 牡4 57.0 横山典弘萩原清 456
(-2)
1.58.5 0.134.3ラッキーライラック
20/03/01 中山 11 中山記念 G2 芝1800 9332.511** 牡4 56.0 横山典弘萩原清 458
(+6)
1.46.3 -0.334.2ラッキーライラック
19/11/17 京都 11 マイルCS G1 芝1600 17113.925** 牡3 56.0 横山典弘萩原清 452
(-2)
1.33.4 0.434.1⑥⑦インディチャンプ
19/10/06 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 10891.611** 牡3 54.0 戸崎圭太萩原清 454
(0)
1.44.4 -0.233.4⑩⑩⑨アエロリット
19/05/26 東京 11 東京優駿 G1 芝2400 18474.732** 牡3 57.0 戸崎圭太萩原清 454
(+4)
2.22.6 0.034.5⑤⑤⑤ロジャーバローズ
19/04/14 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 18245.833** 牡3 57.0 戸崎圭太萩原清 450
(-4)
1.58.1 0.034.5④⑤サートゥルナーリア
19/02/10 東京 11 共同通信杯 G3 芝1800 7114.231** 牡3 56.0 戸崎圭太萩原清 454
(+4)
1.46.8 -0.232.9④④アドマイヤマーズ
18/12/15 中山 9 ひいらぎ賞 500万下 芝1600 158154.621** 牡2 55.0 戸崎圭太萩原清 450
(0)
1.33.7 -0.635.5⑧⑧⑤ミトロジー
18/10/08 東京 5 2歳新馬 芝1600 188175.421** 牡2 55.0 戸崎圭太萩原清 450
(--)
1.37.5 -0.033.4カレンブーケドール

ダノンキングリーの関連ニュース

 エプソムCが13日、東京競馬場で18頭によって争われ、石橋騎乗で3番人気のザダルが差し切り重賞初制覇。トーセンラー産駒によるJRA重賞勝ちも初となった。クビ差の2着に6番人気サトノフラッグが入り、2番人気ファルコニアが3着。1番人気アルジャンナは10着に終わった。

 素質馬の復活に思わず石橋騎手もガッツポーズが出た。3番人気のザダルが直線で力強い伸び脚を繰り出して、念願の重賞初勝利。今後に弾みをつけた。

 「うれしかったです。操縦性の高い馬なのでリズム良く運ぶことを考えていました。雨も降ってきたので馬場のいいところに誘導して、コースを選びながらリズムよくいけました」

 道中は中団の外めを追走し、直線はスムーズに馬場のいい外へ。先行勢を捕えたあとは、追い上げるサトノフラッグをクビ差で抑えて、父トーセンラーにも初の重賞タイトルをもたらした。

 もともとデビュー3連勝でダービートライアルのプリンシパルSを勝った逸材。4歳時の昨年はオープンの関越Sを勝ったが、重賞は善戦止まりで手が届いていなかった。今回は昨秋の毎日王冠(5着)以来約8カ月の休養明け。それでも「ここ2週の追い切りに乗らせてもらって、新馬から良くなってきた頃を知っていますから、そのときと遜色ないな、と思っていました」とジョッキーは自信を持って臨んでいた。

 前週の安田記念を勝ったダノンキングリーと同じ8カ月ぶりの5歳馬の勝利。大竹調教師は「ここまで適当なレースがなかったし、球節がきれいな馬じゃないので、(休養で)クリーニングしました。ジョッキーは菊花賞(13着)まで乗っていたし、何も言わずに送り出したけど、イメージ通りの競馬をしてくれましたね」と鞍上をたたえ、期待馬の復活を喜んだ。

 次走については未定だが、まだキャリア10戦と伸びしろ十分のザダル。プリンシパルSは突然のひょうで延期になった影響で、中1週と間隔が詰まるダービーへの出走は断念しなければならなかった。今度こそ大舞台へ-。秋に向けての期待は膨らむばかりだ。 (柴田章利)



ザダル 父トーセンラー、母シーザシー、母の父レモンドロップキッド。栗毛の牡5歳。美浦・大竹正博厩舎所属。北海道新冠町・新冠橋本牧場の生産馬。馬主は(有)キャロットファーム。戦績10戦5勝。獲得賞金1億2638万3000円。重賞初勝利。エプソムC大竹正博調教師が2016年ルージュバックに次いで2勝目。石橋脩騎手は初勝利。馬名は「世界一の夕日が見られるクロアチア西部の都市名。父名、母名より連想」。

★13日東京11R「エプソムC」の着順&払戻金はこちら

【乗り替わり勝負度チェック!】エプソムカップ2021 休み明けを苦にしない実力馬がかつての主戦を背に躍動! 2021年6月12日() 12:00



当企画のコンセプトにつきましては、コチラにてご確認ください。今週も“勝ち逃げ馬券師”新良武志氏に、注目の乗り替わりをピックアップしてもらいます。
※データは2017年以降の結果をもとに集計


編集部(以下、編) 東京の5週連続G1が終わり、久しぶりにG1の組まれていない週を迎えることになりました。

新良(以下、新) 上半期はまだ宝塚記念が残っていますが、春のG1シリーズも一段落といったところですね。

編 夏競馬の足音が徐々に聞こえてきている感じがします。

新 札幌が開幕しましたから、なおのことでしょう。

編 ビッグレースの少ないシーズンに入りますが、馬券にはレースの格は関係ありません。

新 おっしゃる通りです。G2もG3も、くまなくヒットさせていきたいと思います。

編 日曜日は東京でエプソムC、札幌で函館スプリントSが行われますが、どちらを攻めていきましょう?

新 エプソムを取り上げたいですね。

編 ズバリ、どれが狙い目になりますか?

新 田辺裕信騎手から石橋脩騎手に乗り替わる⑮ザダルです。

編 石橋騎手は3歳時にこの馬の主戦を務めていましたので、手戻りのかたちになりますね。

新 はい。日本ダービーへの出走はなかったものの、プリンシパルSを制したコンビの復活です。

編 セントライト記念でも3着に好走していますね。

新 そうなんです。このコンビは実績十分で、石橋騎手は馬のことをとてもよく理解していると思います。

編 それが大きな強調材料になるわけですね。

新 そういうことです。田辺騎手も悪くはありませんが、この馬に関しては戦力アップと評価していいでしょう。石橋騎手は東京芝1800mで、2017~2019年が9.8%、2020年以降が10.0%とまずまずのコース勝率をマーク。この舞台も歓迎です。

編 馬は長期休養明けになりますが、状態のほうは……。

新 休み明けはなんの問題もありません。この馬は生産こそ新冠橋本牧場ですが、育成・外厩調教はノーザンファームが担当。今のノーザンファームは、レース間隔の空いた馬を仕上げる技術がズバ抜けていますから。

編 そういえば、天栄調教で安田記念を勝ったダノンキングリーも昨秋の天皇賞(秋)以来の競馬でした。

新 まさに典型的な成功例ですよね。ザダル自身も間隔をとって使われてきた馬ですので、久々は慣れていることでしょう。

編 能力的にはいかがですか?

新 前走の毎日王冠は5着で、勝ったサリオス以下との差はわずかでした。相手関係は今回のほうが楽ですので、十分に通用するでしょう。

新 同じ舞台ですし、さらに着順を上げてくる可能性は高そうですね。

編 持ち味の鋭い末脚を披露して、外から豪快に差し切ってほしいです。


★その他の注目乗り替わり★
札幌10R ⑥グレースオブナイル鮫島克駿吉田隼人
札幌11R ③シゲルピンクルビー和田竜二泉谷楓真
中京11R ⑧サクラアリュール武豊福永祐一


【プロフィール】
新良武志(しんら・たけし)
かつてはどこにでもいる競馬ファンの1人だったが、データベースソフト【TARGET】との出合いを経て、眠っていた馬券師としての素質が開花。騎手・種牡馬にウマニティU指数を組み合わせた独自のデータ活用術を考案し、常勝スタイルを確立させる。2015年秋にメディアデビュー。雑誌、WEBを中心に精力的に予想家活動を行っている。著書に『毎日コツコツ勝ち逃げリーマン馬券術』(ベストセラーズ)、『ジョッキー未来予測2019』(秀和システム)。
最新情報は『“新良式”データ馬券ブログ』で公開中。

[もっと見る]

【乗り替わり勝負度チェック!】大倉山特別 騎手&調教師の兄弟タッグが札幌開幕週のメイン獲りを狙う! 2021年6月11日(金) 16:00



当企画のコンセプトにつきましては、コチラにてご確認ください。今週も“勝ち逃げ馬券師”新良武志氏に、注目の乗り替わりをピックアップしてもらいます。
※データは2017年以降の結果をもとに集計


編集部(以下、編) 先週は推奨した8鞍のうち、3着が2本という結果でした。その前の週がすごかったので、反動が出てしまったという感じですかね。

新良(以下、新) 激走した馬の次走の話ではないので、それは言い訳にはなりませんね。やはり、安定して的中させてナンボだと思います。

編 安田記念シュネルマイスター(4番人気3着)をピックアップできたのは良かったですよね。

新 いえ、安田記念川田将雅騎手がテン乗りでダノンキングリーを勝利に導きましたから、あれを指名できていないと……。

編 いつもながら、自分に厳しいですね。とはいえ、いつまでも過去を反省していては前に進めません。今週も頑張っていきましょう!

新 もちろんそのつもりです。しっかりとリベンジ、V字回復といきたいですね。

編 期待しております。今週の土曜日は、久しぶりに重賞が組まれていない開催日になりました。

新 夏競馬の期間は、この番組構成が増えますよね。重賞のない土曜日は、2場もしくは3場のメインレースのなかから、最も期待できそうな乗り替わりをチョイスしていきたいと思います。

編 よろしくお願いします。早速ですが、本日の狙い目は、どのレース、どの乗り替わりになりますか?

新 今週開幕する札幌から、大倉山特別を取り上げます。注目しているのは、M.デムーロ騎手から武豊騎手に乗り替わる⑫ロフティーピークです。

編 最近調子を取り戻してきた感のある名手から、いまだ健在のレジェンドへの乗り替わり。どのあたりが推奨根拠になりますか?

新 いちばんは、武豊騎手の土日の動きですね。

編 といいますと?

新 日曜日はエプソムCでマイラプソディに騎乗することになっています。ならば土曜日も東京で乗ればいいのではと思いますよね? 3場とも重賞は組まれていませんから。

編 確かにそうですね。

新 にもかかわらず、わざわざ札幌まで行くわけです。これにはなにかしらの意味があると考えるのが自然でしょう。

編 勝負がかりの馬がいると?

新 そういうことです。私は、弟の武幸四郎調教師が管理する馬に色気があるのではないかと読みました。このロフティーピークだけでなく、新馬戦でも幸四郎厩舎の馬に騎乗することになっていますからね。

編 なるほど。

新 このあたりがセットになって、まとめて勝ちに来ているのではないかとみています。

編 重賞もない札幌に来る理由は、そこにあるというわけですね。

新 はい。馬は武豊騎手と一度コンビを組んで3着という実績がありますし、昨夏の北海道シリーズでは1勝2着1回と結果を残しました。近走はダートで敗れていますが、洋芝はしっかりこなせるタイプですので、おおいに期待できると思います。

新 幸四郎調教師も、兄とタッグを組むとなれば、自ずと仕上げにも力が入りそうですしね。

編 デキが良いことを前提に臨みたいです。頑張ってもらいましょう。


★その他の注目乗り替わり★
中京8R ③ハッピーオーサム岩田望来福永祐一
東京9R ⑦メッシーナ(ルメール→戸崎圭太
中京11R ②オールイズウェル菱田裕二川田将雅


【プロフィール】
新良武志(しんら・たけし)
かつてはどこにでもいる競馬ファンの1人だったが、データベースソフト【TARGET】との出合いを経て、眠っていた馬券師としての素質が開花。騎手・種牡馬にウマニティU指数を組み合わせた独自のデータ活用術を考案し、常勝スタイルを確立させる。2015年秋にメディアデビュー。雑誌、WEBを中心に精力的に予想家活動を行っている。著書に『毎日コツコツ勝ち逃げリーマン馬券術』(ベストセラーズ)、『ジョッキー未来予測2019』(秀和システム)。
最新情報は『“新良式”データ馬券ブログ』で公開中

[もっと見る]

【東西トレセンけいこ総見】エプソムC&函館スプリントS 2021年6月10日(木) 04:47

 板津 今週は東京と札幌の2重賞。推奨馬をコンパクトにまとめてお願いします。では東京のエプソムCからいきましょう。

 片山 栗東はワンダープチュックが坂路でハツラツとした動きをみせた。体重が軽い見習いが乗ったにしても、シャープな身のこなし。7歳でも年齢的な衰えはまったく感じなかったし、ひと叩きして型通りに上向いとるわ。

 板津 ワンダーはメイSで小差4着でしたから穴で面白そう。美浦ではヤシャマルの動きが光りました。坂路のラスト1ハロン11秒8はこの日の最速。3連勝中の勢いを感じます。他ではミラアイトーンが南ダートで3週連続の好調教。久々を1回使われたことで動きが素軽くなっています。安田記念を勝ったダノンキングリーと同じで、今はダート追いが激アツ!?

 片岡 そろそろ函館スプリントSの話もしてええか? 札幌組ではカレンモエが抜群の追い切りを見せたけど、芝で5ハロン61秒4の一番時計をマークしたケープコッドも負けてへん。休み明けを叩いて良くなっているし、滞在競馬も向きそうな感じ。洋芝にも実績があるし、一発ありそうや。

 長田 函館組からはシゲルピンクルビーを推奨。Wコースで終始余裕のある手応えでしたし、軽快なフットワークが目につきました。2日の栗東坂路でも4ハロン52秒8-11秒9と上々の動きを見せていますし、仕上げに抜かりはないですね。



エプソムCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★函館スプリントSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【エプソムC】本格化ファルコニア12秒2 2021年6月9日(水) 10:34

 条件戦を連勝したファルコニアは、もともと昨年のスプリングSで4着、京都新聞杯で3着の実力馬。本格化したならG獲りの可能性は十分だ。栗東坂路で2本。1本目は4F71秒6、2本目は3Fからペースを上げ12秒8-12秒2。ブレのないフォームで脚取りもしっかりしていた。

 「デキは上向いているよ。転厩前はゲートが安定しなかったが、入念に練習して、前で競馬ができている。ここでいいレースをすれば展望が広がる。伸び伸び走らせたほうがいいので府中は合っている」と高野調教師。鞍上は安田記念ダノンキングリー)勝ちの川田騎手で、ムードはいい。(夕刊フジ)



エプソムCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

ダノンキングリーは自厩舎で疲れ癒す~安田記念V一夜明け 2021年6月8日(火) 04:53

 安田記念で8番人気の低評価を覆して、待望のGI初制覇を飾ったダノンキングリー(美・萩原、牡5)は一夜明けた7日、自厩舎で疲れを癒した。萩原調教師は「今朝の様子はいつものレース後と特に変わりありません。レースでは川田騎手がこの馬の短所を殺し、長所を生かして、うまく乗ってくれたと思います。野田オーナーにぜひGIをと思っていましたし、いい馬を預けていただいて感謝しています」とコメント。今後は未定だが宝塚記念への参戦予定はなく、近日中に放牧に出される。



ダノンキングリーの競走成績はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダノンキングリーの関連コラム

閲覧 1,137ビュー コメント 0 ナイス 1



安田記念オークス~ダービー週に引き続き外が伸びる馬場の中で行われ、外枠から折り合って運んだ伏兵・ダノンキングリーが差し切り勝ち。断然の支持を集めたグランアレグリアは僅かに及ばず2着に敗れた。枠順の差が明暗を分けた形だ。

期待した◎シュネルマイスターは外から伸びたものの3着まで。あと一歩だったが、3歳勢の中でも決して突出した存在ではなかった同馬がグランアレグリアなどチャンピオン級と接戦に持ち込んだことは、改めて3歳馬有利を証明したとも言えそうだ。来年以降、さらに3歳馬の挑戦が増えることを期待したい。

~狙いは東京芝短距離戦

さて、先週は週末に向けての準備の大事さを書いたが、私にとって最大の準備は「週末の狙いどころを定めること」であり、もう少し具体的に書くと「狙うべき競馬場・コースを定めること」である。

今週末は札幌競馬が開幕するが、東京&中京は引き続き続戦。そこで、馬場が読めそうな東京芝を今週も狙いたい。

東京芝は日本ダービー週にCコースになったが、外有利が続いている。展開により外先行、外差しと様々だが、基本的に内枠の先行馬は厳しい。もちろん例外もあるが、頭数が揃えばやはり外が有利。馬場が全面的に荒れて来ると外も荒れて来るため結局インが有利…のようなケースもあるのだが、まだその段階には至っていない。

こういった馬場の場合、特にコーナー2回コースの方が馬場の影響を受けやすく、向こう正面を走る距離が短い舞台の方が、より顕著な傾向が出る。東京芝コースで言えば、芝1800mよりも1600mや1400mの方が狙いやすい。

というわけで、今週末も東京芝1400m~1600mを引き続き狙いたい。該当レースは下記の通り。

土曜東京5R 芝1400m
土曜東京8R 芝1600m
土曜東京10R 芝1600m
日曜東京4R 芝1400m
日曜東京6R 芝1600m
日曜東京12R 芝1600m

以上6レースの中から、狙いを定めて行くつもりだ。

エプソムカップの注目馬

今週末はG1ひと休み、東京競馬場ではエプソムカップが行われる。前述通り今の荒れて来ている馬場状態もポイントになりそうだ。ココでは注目馬を一頭挙げておきたい。

ザダル

今季初戦となるが昨年の毎日王冠では5着とまずまずの結果を残した。もともと重賞でも通用する素質を秘めた馬で、本質的には2000mの方が良さそうだが、今の荒れて来て差しが届く状況なら1800mも問題ないだろう。5歳馬だがキャリアは浅く、これから本格化していく馬。久々でも初戦から狙っていきたい。


エプソムカップの最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2021年6月11日(金) 10:10 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(6/5~6/6) G1安田記念 シムーンプロが◎ダノンキングリー的中で142,800円払戻し! ジャンヌプロは◎▲○的中!
閲覧 442ビュー コメント 0 ナイス 0



6(日)に行われたG1安田記念ほか、様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
6(日)の中京4R3歳未勝利で◎▲○的中33万900円払戻しのスマッシュヒットをマークすると、東京6R2歳新馬では◎×○の印で798,300円払戻しのビッグヒットを記録。土日2日間トータルでは、回収率248%、収支71万1460円プラスでいずれもトップに立っています。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
6(日)G1安田記念では、◎ダノンキングリー(単勝47.6倍)の単勝1点勝負的中で142,800円払戻しを達成。他にも、5(土)中京3R3歳未勝利での◎ニホンピロラブリー(単勝299.9倍)、6(日)の勝負予想中京2R3歳未勝利、同東京2R3歳未勝利などで活躍をアピールしました。週間トータルでは、回収率186%、収支12万5670円の大幅プラスとしています。
 
☆☆☆注目プロ →ジャンヌプロ
6(日)G1安田記念を、◎ダノンキングリーグランアレグリアシュネルマイスターの完璧な予想で仕留め、単勝・馬連・3連複計7万380円を払戻し。勝負予想の東京10R麦秋S中京8R3歳以上1勝クラスなどでも好調予想を披露しています。
 
 
 
この他にも、山口吉野プロ(142%)、岡村信将プロ(140%)、金子京介プロ(132%)、霧プロ(125%)、豚ミンCプロ(108%)、田口啄麻プロ(107%)、マカロニスタンダーズプロ(106%)、暴君アッキープロ(104%)、ジョアプロ(104%←2週連続週末プラス)が回収率100%超をマークしています。
 
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2021年5月30日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2021年05月30日号】特選重賞データ分析編(256)~2021年安田記念
閲覧 2,137ビュー コメント 0 ナイス 4



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 農林水産省賞典 安田記念 2021年06月06日(日) 東京芝1600m


<ピックアップデータ>

【“東京、かつ重賞のレース”において“着順が1着、かつ2位入線馬とのタイム差が0.1秒以上”となった経験の有無別成績(2017年以降)】
○あり [3-4-4-15](3着内率42.3%)
×なし [1-0-0-37](3着内率2.6%)

 コース適性に注目したい一戦。東京の重賞を勝ち切ったことがない馬はもちろん、タイム差なしでの優勝経験しかなかった馬も信頼できません。“東京巧者”と判定する基準を高めに設定しましょう。

主な「○」該当馬→グランアレグリアサリオスダノンキングリーダノンプレミアム
主な「×」該当馬→カラテケイデンスコール


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の条件が“国内のレース”、かつ前走の着順が1着・前走の1位入線馬とのタイム差が0.4秒以内」だった馬は2017年以降[4-4-3-29](3着内率27.5%)
主な該当馬→カラテグランアレグリアケイデンスコール

[もっと見る]

2020年10月31日() 08:00 覆面ドクター・英
天皇賞(秋)・2020
閲覧 2,964ビュー コメント 0 ナイス 14

菊花賞。無敗三冠馬コントレイルの誕生は、アリストテレスに思ったより食い下がられましたが、予想通りでもありました。ただ、ヒモに関しては、妙味がないとみたサトノフラッグ(数百円しか持っていない)が3着、ディープボンド(こちらを厚く持っていた)が4着となって大儲けとはならず。ただ、最終オッズをみると3着4着の順が逆でも意外にも配当の差があまりなく、これにはショックでした。良血サトノをわざわざ軽視して、穴馬ディープボンド捻りだしたつもりだったのですが(笑)
WIN5はまた4つ止まりで、スワーヴアラミス1点で失敗しました。年内に大きいのを当てたいものです。
菊花賞当日予想コメントを読んでない方向けに再掲しますが、「育成や調整技術が進んで、力量最上位馬が故障したり、体調を崩さずにクラシック路線を完走できるようになってきました。余分な前哨戦を使わなくてもよくなった分、体調管理も逆にしやすくなった、ということではないでしょうか。来年以降も、案外ポンポンと三冠馬が出現するようになるのかもしれません(笑) 晩成血統が排除されてきた結果、秋になって上昇することも無い、早い時期からの力関係が、そのまま持続するのかもしれません。某大手グループ由来の血統とはいえ、牡牝ともに、違う牧場から活躍馬が出るのはいいことですよね」。

さて、秋の天皇賞はアーモンドアイが出てくるからか、たった12頭の登録と、私が30年近く競馬をやってきて最少頭数の登録ではないかと思われます。



<全頭診断>
1番人気想定 アーモンドアイ:昨年同様、グループ馬が最内の一番いいところを開けてくれるのかもしれないが、そろそろ闘争心が衰えて繁殖向きになってくる時期でもありそう。また、グループ的にも繁殖牝馬は毎年一頭しか産めないだけに、ディープインパクト良血牡馬に勝って欲しいという采配もあるかも。

2番人気想定 クロノジェネシス:渋った宝塚記念を圧勝したため「重馬場の馬」みたいに言われていて、競馬雑誌とかでは「アーモンドアイとは適性真逆で一緒には来ない」というような論調が多いが、そんなことは無く、良馬場でも鋭く差し込んでこれるはず。それより、掛かったり出遅れたりのほうが心配な我の強い馬。

3番人気想定 フィエールマン菊花賞と、春の天皇賞連覇で、すっかり実績としてはステイヤーなのだが、福島でのラジオNIKKEI賞で鋭く差してきたように本質的には中距離のほうが良いと個人的には思っている馬。体調が整えばトップレベルでやれるし、種牡馬としてもディープインパクトの正統派後継としてやれる馬。牝馬の強い時代に一発風穴を開けるとしたらこの馬では。

4番人気想定 ダノンキングリー:昨年は皐月賞3着、ダービー2着、毎日王冠勝ちと活躍したが、今年は大阪杯で3着、安田記念で7着と安定していた馬が崩れだした。叩いたマイルCSが、今秋最大の勝負どころか。

5番人気想定 キセキ:差せるようになってきて宝塚記念2着、京都大賞典2着と復活してきた。ただスピード勝負の東京2000mが向いているかというと微妙。

6番人気想定 ダノンプレミアム;昨秋は秋の天皇賞2着、マイルCS2着と活躍したが、安田記念で13着と期待を大きく裏切った。スピードを生かせるここは向く舞台なのだろうが、尻すぼみになっていく中内田厩舎だけに……。

7番人気想定 ブラストワンピース:一昨年の有馬記念馬だが、不器用すぎて買いどころが難しい馬。東京2000mのスピード勝負は、正直向いていないとの印象。

8番人気想定 ダイワキャグニー:去勢して秋の初戦の毎日王冠では2着と好走した。ただ昔と違って、前哨戦をあまり使わなくなり、毎日王冠は勝ったサリオスから2着が3馬身ちぎられている。秋の天皇賞ではあまり要らないのでは。

9番人気想定 スカーレットカラー:昨秋は府中牝馬Sを勝ったように勢いあったが、5歳秋の牝馬で昨年までの勢いがみられず。

10番人気以下想定
ウインブライト:中山が得意で、香港でも結果を出したように、東京の瞬発力勝負はあまり向かない。間隔が空き過ぎの騎手も馬もプラスではない。

ジナンボーディープインパクト×アパパネという、絵にかいたような良血配合。オープンで好勝負できるようになってきただけで立派で、G1でどうこういうほどでない。

カデナ:2月の小倉大賞典では鋭く末脚を伸ばして久々の勝利も、その後馬券になれず。相手が強いここは要らない。


<まとめ>
有力:フィエールマンアーモンドアイクロノジェネシス

[もっと見る]

2020年10月30日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】90%以上の人が負けるのが馬券なのだから、面倒でもアタマを使うしかない/天皇賞(秋)展望
閲覧 2,276ビュー コメント 0 ナイス 10



菊花賞コントレイルが無敗の3冠を達成。15年前、ディープインパクトの際はもの凄い大歓声が飛び交う現地で観ていたが、今回は自宅でのテレビ観戦。コロナ禍での競馬となり歓声も最低限のものだったが、決して楽なレースとは言えないながらも地力で競り合いを制した姿は想像を超えるものだった。

3冠を、それも無敗で達成できた最大の要因はコントレイルの能力はもちろんのこと、器用さやレースセンスを兼ね備えている点が大きい。レースセンスにおいては、大跳びで基本的に馬群の外を回す以外選択の余地がなかった父ディープインパクト以上かもしれない。菊花賞でも馬群の中でジッと我慢、折り合いを欠きつつもギリギリのところで我慢できたことで、最後の競り合いに勝つことができた。細かい危機を上手く回避して運んだ福永騎手の冷静な手綱も光った。

2着アリストテレスは大健闘。外から終始コントレイルにプレッシャーを与えつつ、自身の持ち味である長くいい脚を最大限に引き出した。ルメール騎手は完璧に乗ったが、今回はコントレイルの底力が一枚上だった。3冠馬のクラシックにおける2着馬は出世しないと言われているが、アリストテレスはまだまだ先を感じさせる内容だった。今から来年の天皇賞(春)を楽しみにしたい。

なお、馬券的には◎コントレイルから、○ディープボンド、▲アリストテレスで勝負。直線はほぼ的中を確信したが、最後の最後でサトノフラッグに交わされてしまった。



~自分自身を知ることが回収率向上の第一歩

ところで前回多点買いについて書いたが、多点買いをするには予算が…という方は、まず券種選びを精査することをオススメしたい。馬券で成果を出すために券種選びはかなり重要で、券種選びのもとになるのは”予算”である。

具体的に言うと、例えば1レースの予算が500円という方が3連複や3連単をメインで買うのは”無謀”に近い。これは、連敗耐久力をかなり問われるようになるためで、極論すれば20連敗や30連敗をしても平気なメンタルを保ち同じような買い方を続けられるならばそれもアリだが、実際はそうはいかない人がほとんどだからだ。

テレビで見ていると、実は予想も馬券も上手な芸人のキャプテン渡辺さんは、連敗をいくらしようとも変わらず少点数での勝負を貫いている。もちろんテレビ的な事情や見栄えなども考慮していると思われるので一概には言えないが、あの姿勢を貫けるメンタルがないと厳しい。

使える予算が少ない場合は3連系ではなく、ワイドなど、比較的当たりやすい馬券に切り替えるべきである。ちなみに前回のコラムで書いた、

『1~5~9頭のフォーメーション30点買い』

を、ワイドに転化すると、

『1~5の部分のワイド5点買い』

ということになる。

これは3連複の3列目、つまり9頭の部分を省略した形だ。ワイドと3連複の関係性は、ワイドで2頭当てた上で、残りのひと枠を当てに行くのが3連複、当てに行かないのがワイドだ。ワイドは3頭目の外れリスクがない分、高配当のボーナスを狙わないという選択なので、どちらにせよそれはトレードオフの関係性になる。

高配当を狙える分、3列目が抜けてゼロになるリスクを甘んじて受け入れるか、あるいはそこを狙わない分確実に的中し、一方で3頭目で大穴が引っ掛かった場合の配当上振れの可能性を放棄するか…ということ。これはどちらが正しいということではなく、自分がどちらを選んでいるか、あるいは自分の予算の中でどちらを選ぶ方が適切かの判断である。大事なことは、自分自身の状況を把握し、自分が何を選択し、どういうゲーム(どれくらい負け続けられるのか、あるいはどれくらいの頻度で当たれば良いのか)をしているかということを理解していることだ。

なぜ理解していることが大事かというと、自分自身でどんなゲームをしているか理解していないと、負けが続いたときに心が折れたり、ブレたりするからである。例えば的中率1割でも勝てる方法を選んでいる場合、1回ごとの試行が的中率1割しかないので普通に20連敗くらいの可能性は考慮しなくてはいけないと思うが、その場合20連敗してもそういうゲームを行っているのだという理解がないとブレてしまう。ブレると本来当たるべき時に弱気になってしまい、結局リスクだけを背負い、大事なリターンを得られない→負け確定になってしまうからだ。

このようなことを考えて馬券を買うのは面倒かもしれないが、馬券は90%以上の人が負けるギャンブルであるし、控除率25%と考えるならば、他者の平均より133%勝たないとプラスにはならない遊びなのである。これは数字にするとイマイチ実感を持てないが、野球でいえばチーム打率.250のチームで、打率.325打つことに等しい。

そのような圧倒的な成績を目指すためには当然のことながら面倒くさいことを受け入れるほかないのではないか。もちろん、余程の天才や強運の持ち主であればこの限りではないが…。

天皇賞(秋)展望&強力牝馬2頭に割って入る可能性のある伏兵候補

さて、今週は天皇賞(秋)。今回はアーモンドアイの史上最多G1・8勝目なるかに注目が集まる。

そのアーモンドアイにとって、東京芝2000mはベストに近い舞台だろう。マイルもこなすとはいえ、前走のように差し遅れるリスクを考えると、追走が楽になる2000mの方がレースはしやすく、広い東京コースで不利を受ける可能性も限りなく低くなる。今回は前哨戦を圧勝したサリオス京都大賞典を制したグローリーヴェイズ札幌記念を制したノームコア、昨年人気を分け合ったサートゥルナーリアなどのライバルは不在で、順当に好走を決める可能性が高そうだ。

もっとも勝つかといわれると半信半疑の面もある。というのも安田記念の内容がいかに間隔が詰まっていたにしても、少々物足りないものだったからだ。圧倒的な脚を見せて3着だった昨年と比べると、今年は2着がやっとという内容。取りこぼしはあるのでは?

だとすれば逆転候補筆頭はベタだがクロノジェネシスだろう。東京の決め手比べは合うだろうし、上昇度ならアーモンドアイより上だ。

ココではアーモンドアイ、そして宝塚記念圧勝のクロノジェネシス以外から、伏兵候補を一頭挙げてみたい。

ダノンキングリー

昨年は毎日王冠を完勝した後、天皇賞(秋)を回避しマイルCSへ向かったが、中距離路線を経験したあとのマイル参戦で難しい面があった。今年も中山記念完勝→大阪杯3着から挑んだ安田記念ではペースの違いに戸惑った印象が強かった。今回は1年越しのベストと思える天皇賞(秋)参戦。直行でのローテも予定通りで、前述の2強に迫る可能性が最も高いのは本馬とみる。

※週末の重賞の結論は、『TAROの競馬』にて一部無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2020年10月29日(木) 14:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 天皇賞(秋)2020
閲覧 1,521ビュー コメント 0 ナイス 5



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


11月1日(日)東京11R 第162回天皇賞(秋)(3歳以上G1・芝2000m)


【登録頭数:12頭】(フルゲート:18頭)


アーモンドアイ (動きB 時計A)5ヶ月
この中間もいつもと同じような調整。1週前追い切りの動きを見ると、昨年ほどの気合い乗りはないもののルメール騎手騎乗で追い切られて楽に先着。状態に関しては特に気になるとこともなく、順調な仕上がり。

ウインブライト (動きD 時計D)8ヶ月
中山記念以来の休み明け。乗り込み量は豊富も、1週前追い切りでは良い時のような沈み込むような走りがまだ見られない。

クロノジェネシス (動きB 時計B)4ヶ月
休み明けで、この中間も乗り込みは豊富。1週前追い切りでは、前走時の手応えと比べると物足りない印象を受けたが、併走相手に合わせるような走りで仕上りは悪くなさそう。

フィエールマン (動きC 時計B)6ヶ月
熱発でオールカマーを回避しての出走。もともと休み明けから走る馬だが、逆に今回はなぜ前哨戦を使おうとしたのかが気になるところ。結果的に休み明けでの出走となるが、1週前追い切りは、終いの伸び脚は良かったもののエンジンがかかるまでに時間がかかっているような走りだった。

ブラストワンピース (動きE 時計D)4ヶ月
この馬も牧場で仕上げてくる馬だが、この中間は時計も平凡で、1週前追い切りの動きを見ても今ひとつ。併走馬の楽な手応えと比べると、鞍上の手が激しく動いて伸びきれなかった。

キセキ (動きB 時計B)中2週
京都大賞典からの中2週だが、しっかり時計を出してきており疲れはなさそう。あと、この中間は、坂路での追い切りにメニュー変更していて、この辺りは2000m戦を意識した調整か。

ダノンプレミアム (動きA 時計A)5ヶ月
休み明けも、この中間は好時計を数多くマーク。1週前追い切りの動きからも、昨年2着時のモタモタした走りと比較し、今年は手応えも抜群で出来はかなり良さそう。

ダノンキングリー (動きA 時計A)5ヶ月
2週前、1週前と強めに追われて先着と、前走(安田記念)時とは別馬のようなこの中間。今回は調教内容、動きともに良い。

ダイワキャグニー (動きB 時計C)中2週
間隔が詰まっているので、1週前追い切りは馬なりで控えめな内容。それでも、走りに柔らかさがあり、動きは悪くなく見えた。ただ、前走得意の東京でサリオスに突き放されていて、トップクラスとの壁があるように感じた。

スカーレットカラー (動きA 時計B)3ヶ月
もともと調教ではデビュー前から好時計の出る馬で、この中間も2週前、1週前と好時計が出ていて状態は良さそう。乗り込み量も豊富。1週前追い切りでは、直線一気の伸びを披露していて、出来は前走以上と言ってもよさそう。

カデナ (動きD 時計E)中2週
前走時と比べると多少は良くなった感じはするが、それでもまだ全体的に物足りないところが多い。

ジナンボー (動きC 時計B)中7週
なかなか調教内容があてにならない馬だが、それでも乗り込み豊富、1週前には併走馬に抜かせずそのまま先着と好印象。良い出来を維持できている感じ。


このコラムからの推奨馬はアーモンドアイダノンプレミアムダノンキングリーの3頭をあげておきます。



◇今回は天皇賞(秋)編でした。
あのミュージシャンとあのミュージシャンが共演したらどんなメロディーを奏でるだろうか。あのコメディアンとあのコメディアンが組んだらどんな笑いを届けてくれるだろうか。あの俳優とあの俳優がコラボレーションしたらどんな素晴らしい作品が完成するだろうか。
そして、あの馬とあの馬とあの馬が対戦することになったら競馬ファンはどれだけドキドキ、わくわくしながら毎日を過ごせるだろうか。この天皇賞(秋)組からも、ジャパンカップ有馬記念と、無敗の3冠馬2頭を迎え撃つ古馬勢の多くの参戦を期待したいと思っています。“あの馬”が多ければ多いほど夢は大きく膨らんで、この暗い世の中に希望を与えてくれるかもしれません。

それでは次回、デイリー杯2歳S(予定)編でお会いしましょう。


天皇賞(秋)出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダノンキングリーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 96ビュー コメント 14 ナイス 71

7月24日(土)新潟5R 2歳新馬 芝1600に⑭コリエンテス(川田騎手)が出走します。


エイトの印  ◎◯◎○○○◎(左から本紙)
単勝2.0倍  1番人気予想

東スポの印 ▲◎○◎△◎○◎(左から本紙)
単勝1番人気予想




※この世代の出資馬のデビュー第1号です。
といっても、コリエンテスの他には1頭だけです(笑)

堀厩舎だけにド派手な追い切りはありませんが、かなり綿密に調教を重ねてきています。
回避や除外で延びた分、もう使わないと仕方ないくらいには仕上がっているでしょう。

ここは負けてもらっては困ります。
よく『新馬は内容だ。勝たなくても。』
と言う人がいますが、それは重賞勝ちくらいまでの馬のこと(笑)
後々G1を勝つような馬はどんな条件だろうが能力で勝ちます。

ちなみにそれではここで今年のここまでのG1勝ち馬の新馬戦成績を見てみましょう。

カフェファラオ 新馬1着
ダノンスマッシュ 新馬2着 
レイパパレ 新馬1着
ソダシ 新馬1着
エフフォーリア 新馬1着
ワールドプレミア 新馬1着 
シュネルマイスター 新馬1着
グランアレグリア 新馬1着
ユーバーレーベン 新馬1着
シャフリヤール 新馬1着
ダノンキングリー 新馬1着
クロノジェネシス 新馬1着

ね❔(笑)そういうことなんですよ。


条件的には1600も全く気になりませんね。
能力があるなら負けない条件だと思います。
はい、勝つでしょう❗
頑張れ👊😆🎵コリエンテス❗


【関係者談話】

7月21日
堀宣行調教師
「21日に南Wコースで追い切りを行いました。終いはサッと脚を伸ばしていますが、依然として息遣いには良化の余地を残す状況とは言え、厩舎のGPSでラスト1ハロンは11.5秒を計時できているように、終いの反応は良好でしたね。中間にはテンションが高めの時期もありましたが、レース予定が延びたことが良い方に向き、徐々に落ち着きが増してきていますね。東京開催中は左回りでの追い切りだったので左トモに負担が掛かっていましたが、福島開催となって右回りで追い切るようになったことで、トモの左右差が目立たくなりました。牧場にいた当時より期待が高かった逸材で、我々も高いポテンシャルを見込んでいますが、入厩後も十分な調教量を積んでいることで、ここで出走させても将来に悪影響はないと考え、24日の新潟・芝1,600mに向かうことにしました。前2週に渡って騎乗の準備をしてくれていた戸崎圭太騎手には先約があることから、今回は川田将雅騎手で出馬投票させていただく予定です。出来れば初戦からチャンスを掴んで、この先に繋げたいところですが、その一方でたくさん課題を残す状況であり、完成されるのはこれからなのも事実です。この先も成長を待ちながら、長期的な視野のもと、素質を引き出していきたいと考えています」



一口馬主DB コリエンテス
コース分析&見どころガイド

長い直線で上がり勝負のマイル戦!高速の決め手が問われるコース
見どころ1
[スタート]
向こう正面中ほどからの発走。最初のコーナーまでの距離が約550mと十分な距離があるため、スタートにおける枠の有利不利はあまりない。また、200mほどでC級の坂をのぼり始めるため、ペースはあまり上がらないケースが多い。いずれにせよ最後は瞬発力勝負となりやすいため、前半はいかに脚を溜めるかが焦点だ。人気のコリエンテスも先行争いよりは、自身の折り合いに専念したいところだろう。新馬戦で好走するディープインパクト産駒は、うまく折り合って、先行~中団で脚を溜める形が多い。
見どころ2
[丘越え]
新潟外回りコースは、京都ほどの勾配ではないが、C級の丘が道中に設置されている点が特徴だ。この丘では角度が鋭いコーナーに差し掛かりながらの上り下りということで、このあたりで一息入る形になりやすい。コリエンテスとしてもここではまだ折り合いに専念して、脚を溜めるべきだろう。外外を回さらされると距離ロスの大きいコーナーのため、ある程度インにはつけたいか。
見どころ3
[ゴール前直線]
約660m、さらに残り400mからは完全平坦の、小細工が効かない長い長い直線だ。道中ペースが緩んで脚を溜めた分、クラスに関わらず速い決め手が必要な瞬発力勝負となる。コリエンテスにとっても、末脚のキレが試される攻防になるだろう。高い人気に応えられるか。



[新潟芝1600m(外) 新馬クラスの傾向分析]

新潟芝1600m(外)新馬クラスは、瞬発力と器用さが問われやすい条件だ。他場の芝1600mと比較すると、器用さ、瞬発力がより強く要求され、新馬クラスでは特に瞬発力の要求度合いが強まる傾向にある点が特徴。コリエンテスとしても、こういった能力が発揮できるかがポイントとなるだろう。

脚質別では、新潟芝1600m(外)コースは、他場の芝1600m戦と同様、前に行った馬がやや有利と言えるコースだが、新馬クラスでは、その中でも先行の割合がかなり高くなる傾向が出ており、比率的には前に付けた馬の勝率がかなり高い。コリエンテスとしても、ある程度前で競馬がベストか。

 ビター ティー 2021年6月27日() 09:07
牝馬の勢いを取り戻せるか? 今年のG1の牡・牝対決、上半期...
閲覧 211ビュー コメント 0 ナイス 6

 昨年のJRA芝平地牡・牝馬混合GⅠの優勝は、『9頭:1頭』の比率で牝馬が牡馬を圧倒しました。今年はそれほどの勢いが見られませんが『夏は牝馬』の格言もあり、上半期総決算『宝塚記念』をこの観点から予想してみたいと思います。
(世代限定の2歳GⅠや3歳GⅠ、及び牝馬G1はカウントしていません。)


それでは、まず昨年のGⅠの結果を振り返ってみましょう。

①上半期   4:1
②下半期   5:0
③年間通算  9:1

  高松宮記念   モズスーパーフレア  1:0 (8/18)
  大阪杯     ラッキーライラック  2:0 (2/12)
  天皇賞(春)   フィエールマン    2:1 (1/14)
  安田記念    グランアレグリア   3:1 (3/14)
  宝塚記念    クロノジェネシス   4:1 (2/18)

ここまでが上半期(経過順に勝利数を積み上げています)

  スプリングS  グランアレグリア   1:0 (7/16)
  天皇賞(秋)   アーモンドアイ    2:0 (3/12)
  マイルCS   グランアレグリア   3:0 (5/17)
  ジャパンC   アーモンドアイ    4:0 (3/13)
  有馬記念    クロノジェネシス   5:0 (5/18)

ここまでが下半期

この数値を年間で通算すると        9:1

次に、今年上半期のこれまでの結果を示して昨年と比較してみます。

①上半期   1:3

  高松宮記念   ダノンスマッシュ ※0:1 (7/18)← →モズスーパーフレア  1:0 (8/18)
  大阪杯     レイパパレ     1:1 (2/13)← →ラッキーライラック  2:0 (2/12)
  天皇賞(春)   ワールドプレミア ※1:2 (2/17)← →フィエールマン    2:1 (1/14)
  安田記念    ダノンキングリー ※1:3 (1/14)← →グランアレグリア   3:1 (3/14)
  宝塚記念    (   ?   ) ?:? (5/13)← →クロノジェネシス   4:1 (2/18)

 安田記念終了時点で優勝馬の比率は、今年と昨年では正反対の1:3(昨年3:1)です。牝馬がかなり引き放された感があるように思われますが、※印のレースに関しては牝馬もそれほど差のない2着または3着に健闘しているので、展開のアヤで昨年並みの牝馬の活躍した年になっていたかもしれません。

【今年上半期のGⅠで上位入賞した牝馬】
  高松宮記念 2着レシステンシア   クビ差 ※
  天皇賞(春) 3着カレンブーケドール 0.5秒 ※
  安田記念  2着グランアレグリア  アタマ差※

 出走馬に対する牝馬の出走率は、今年が19.4%(12/62)。昨年は21.2%(14/66)と、ほぼ同じ割合で牝馬が出走しているものの出走率が若干下がっていることと牝馬の勝率の低下に関係があるのでしょうか。

 もし関係があったとしても、今回の『宝塚記念』では13頭中5頭も牝馬が出走し、牝馬出走率は38.5%。量(出走数)でも質(G1馬3頭)でも牝馬が巻き返し必至ではないかと思われます。

 昨年、牝馬が9勝を挙げた内、複数のレースで勝利したのがアーモンドアイ2勝、グランアレグリアが3勝、クロノジェネシスも2勝です。

 アーモンドアイは引退しましたが、既にGⅠ馬となったレイパパレがその穴を埋めるだけの期待を持たせる存在になりつつあると思います。ですから、年間では牝馬の巻き返しが可能と考え、『宝塚記念』がそのきっかけになり得るかを検証しながら予想を進めたいと思います。


 過去10年間の上位入賞馬の傾向をまとめてみます。(詳しくは日記の末尾に掲載している資料でご確認ください。)

【過去10年間】

前年有馬記念出走馬   4-6-3-28
前年JC出走馬     1-4-5-25
その他前年GⅠ出走馬  5-3-2-41
前年GⅠ不出走馬    1-1-2-33

年明けレース 0~1R 0-0-0-5 →有馬・JC出走 0-0-0-1  不出走 0-0-0-4
年明けレース 2~3R 8-6-6-59 →有馬・JC出走 4-4-5-30  不出走 4-2-1-29
年明けレース 4R以上 2-4-4-50 →有馬・JC出走 0-2-1-12  不出走 2-2-3-38


 宝塚記念が今年の2戦目~3戦目の馬が8勝で、今年4戦目以上が2勝。今年の初レースだった馬や今年1戦を挟んだだけで出走してきた馬は、複勝圏内に1頭も入っていないことが分かります。

 8勝を挙げている『2~3戦目組』の丁度半分が、前年の有馬記念やJCに出走するか、今年の国内GⅠまたは海外のGⅠに出走している格の高いのが『グランプリGI宝塚記念』です。

 8勝を挙げている『2~3戦目組』の残り半分が、前年の有馬記念にもJCにも出走していませんが、前年のGⅠに出走しています。

 不思議なことに、4勝を挙げている『前年の有馬記念・JCに出走組』で、両レースへの出走馬は2着以下に敗れています。唯1頭、ゴールドシップだけがリーピーターとして前年の有馬記念・JC2レースに出走し、連覇を果たしています。

 もちろん、ゴールドシップも宝塚記念で初優勝した時は、有馬記念にしか出走していません。そして偶然にも宝塚記念の前走は天皇賞春で7着になっています。

 クロノジェネシスも連覇を狙っていますが、昨年は『前年の有馬記念・JCの不出走組』で、今年はJCに出走して1着になっていることと、前走が海外遠征であることが懸念材料です。

 昨年のクロノジェネシスは前走大阪杯2着で年明け3戦目での出走、今年の前走はドバイシーマクラシック2着で年明け2戦目で宝塚記念に出走します。昨年末から前走までのレース後の負荷、疲労の蓄積による影響が昨年より大きく、レース結果に響くのではないかという思いが懸念されるのです。 

 今年の出走は13頭中『前年の有馬記念・JCの不出走組』が9頭と大多数です。その内6頭が昨年のGⅠにも出走していないので、この6頭の中で今年G1に出走し1着になったレイパパレが本命サイドになります。

残りの5頭は穴馬として印を打てるのか選択する対象となります。いわゆる『上がり馬』として複勝候補に残せるのは宝塚記念の前走として相性の良い『鳴尾記念組(1勝・2着2回・3着1回)』からユニコーンライオンを選ぶことになります。

 ユニコーンライオンは、宝塚記念で2勝を挙げている『今年4戦目以上組』の1頭で、この組からカデナ、アリストテレス、モズベッロと合わせて4頭が連下候補になります。

 『今年2~3戦目組』からは、対抗候補としてカレンブーケドールとキセキの2頭を選びます。

 以上を総合的に判断して最終的に予想を


△1.ユニコーンライオン 鳴尾記念1着  4戦目 不出走 不出走  不出走
◎2.レイパパレ     大阪杯1着   2戦目 不出走 不出走  不出走
 3.メロディーレーン  ジューンS10着 6戦目 不出走 不出走  不出走
 4.ワイプティアーズ  鳴尾記念5着  3戦目 不出走 不出走  不出走
 5.アドマイヤアルバム 目黒記念3着  5戦目 不出走 不出走  宝塚記念14着
 6.シロニイ      天皇賞春16着  5戦目 不出走 不出走  不出走
○7.クロノジェネシス  ドバイシ2着  2戦目 1着  不出走  天皇賞秋3着、宝塚記念1着、大阪杯2着
×8.カデナ       安田記念6着  5戦目 不出走 不出走  天皇賞秋8着、宝塚記念12着、大阪杯4着
×9.アリストテレス   天皇賞春4着  4戦目 不出走 不出走  菊花賞GⅠ2着
▲10.カレンブーケドール 天皇賞春3着  3戦目 5着  4着   
△11.モズベッロ     大阪杯2着   4戦目 15着  不出走  宝塚記念3着、天皇賞春7着
 12.ミスマンマミーア  目黒記念12着  5戦目 不出走 不出走  不出走
△13.キセキ       QE2世C4着  3戦目 12着  8着   天皇賞秋5着、宝塚記念2着


 データを信じるか信じないかは自分次第!

これでなんとか的中しますよう 幸運を祈ります。


宝塚記念過去10年間の上位入賞馬とレース分析のために拾い出した各年のデータは、資料として最後に示しました。このデータを根拠に予想を立てました。興味のある方は参考にご覧ください。



2020年
   馬名       前走   今年R数 前年有馬 前年JC その他前年GⅠ

1着クロノジェネシス 大阪杯2着  3戦目 不出走 不出走  エリ女5着、秋華賞1着、オークス3着、桜花賞3着
2着キセキ      天皇賞春5着 3戦目 12着  8着   天皇賞秋5着
3着モズベッロ    天皇賞春7着 4戦目 不出走 不出走  不出走

前年有馬記念出走馬   0-1-0-2
前年JC出走馬     0-1-0-2
その他前年GⅠ出走馬  1-0-0-8
前年GⅠ不出走馬    0-0-1-4

年明けレース 0~1R 0-0-0-1 →有馬・JC出走 0-0-0-0  不出走 0-0-0-1
年明けレース 2~3R 1-1-0-7 →有馬・JC出走 0-1-0-3  不出走 1-0-0-4
年明けレース 4R以上 0-0-1-7 →有馬・JC出走 0-0-0-1  不出走 0-0-1-6

2019年

1着リスグラシュー  QE2世C3着 3戦目 不出走 不出走  香港ヴァ2着、エリ女1着、ヴィクトリアM2着
2着キセキ      大阪杯2着  2戦目 5着  2着   天皇賞秋3着
3着スワーヴリチャードドバイシ3着 3戦目 不出走 3着   天皇賞秋10着、安田記念3着、大阪杯1着

前年有馬記念出走馬   0-1-0-3
前年JC出走馬     0-1-1-1
その他前年GⅠ出走馬  1-0-0-3
前年GⅠ不出走馬    0-0-0-2

年明けレース 0~1R 0-0-0-1 →有馬・JC出走 0-0-0-0  不出走 0-0-0-1
年明けレース 2~3R 1-1-1-6 →有馬・JC出走 0-1-1-3  不出走 1-0-0-3
年明けレース 4R以上 0-0-0-2 →有馬・JC出走 0-0-0-1  不出走 0-0-0-1

2018年
 
1着ミッキーロケット 天皇賞春5着 4戦目 不出走 不出走  天皇賞秋12着、宝塚記念6着、大阪杯7着
2着ワーザー     香港ライオン⑥4戦目 不出走 不出走  香港ゴールド2着、香港スチュワ3着、香港C2着
3着ノーブルマーズ  目黒記念2着 6戦目 不出走 不出走  不出走

前年有馬記念出走馬   0-0-0-1
前年JC出走馬     0-0-0-1
その他前年GⅠ出走馬  1-1-0-7
前年GⅠ不出走馬    0-0-1-5

年明けレース 0~1R 0-0-0-0 →有馬・JC出走 0-0-0-0  不出走 0-0-0-0
年明けレース 2~3R 0-0-0-11 →有馬・JC出走 0-0-0-1  不出走 0-0-0-10
年明けレース 4R以上 1-1-1-2 →有馬・JC出走 0-0-0-0  不出走 1-1-1-2

2017年

1着サトノクラウン  大阪杯6着  3戦目 不出走 不出走  香港ヴァース1着、天皇賞秋14着、宝塚記念6着
2着ゴールドアクター 天皇賞春7着 3戦目 3着  4着   天皇賞春12着
3着ミッキークイーン ヴィクトM7着3戦目 5着  不出走  エリ女3着、ヴィクトリアM2着

前年有馬記念出走馬   0-0-1-3
前年JC出走馬     0-0-0-4
その他前年GⅠ出走馬  1-1-0-1
前年GⅠ不出走馬    0-0-0-3

年明けレース 0~1R 0-0-0-0 →有馬・JC出走 0-0-0-0  不出走 0-0-0-0
年明けレース 2~3R 1-1-1-4 →有馬・JC出走 0-0-1-4  不出走 1-1-0-0
年明けレース 4R以上 0-0-0-4 →有馬・JC出走 0-0-0-0  不出走 0-0-0-4

2016年
  
1着マリアライト   目黒記念2着 3戦目 4着  不出走  エリ女1着
2着ドゥラメンテ   ドバイシー2着3戦目 不出走 不出走  ダービー1着、皐月賞1着
3着キタサンブラック 天皇賞春1着 3戦目 2着  1着   宝塚記念3着、天皇賞春1着

前年有馬記念出走馬   1-0-1-4
前年JC出走馬     0-0-1-5
その他前年GⅠ出走馬  0-1-0-6
前年GⅠ不出走馬    0-0-0-3

年明けレース 0~1R 0-0-0-0 →有馬・JC出走 0-0-0-0  不出走 0-0-0-0
年明けレース 2~3R 1-1-1-10 →有馬・JC出走 1-0-1-5  不出走 0-1-0-5
年明けレース 4R以上 0-0-0-4 →有馬・JC出走 0-0-0-0  不出走 0-0-0-4


2015年

1着ラブリーデイ   鳴尾記念1着 6戦目 不出走 不出走  不出走
2着デニムアンドルビー天皇賞春10着 3戦目 9着  11着   天皇賞秋7着、宝塚記念5着ヴィクトリアM7着
3着ショウナンパンドラヴィクトM2着 3戦目 不出走 不出走  エリ女6着、秋華賞1着

前年有馬記念出走馬   0-1-0-4
前年JC出走馬     0-1-0-1
その他前年GⅠ出走馬  0-0-1-5
前年GⅠ不出走馬    1-0-0-4

年明けレース 0~1R 0-0-0-1 →有馬・JC出走 0-0-0-0  不出走 0-0-0-1
年明けレース 2~3R 0-1-1-7 →有馬・JC出走 0-1-0-3  不出走 0-0-1-4
年明けレース 4R以上 1-0-0-5 →有馬・JC出走 0-0-0-2  不出走 1-0-0-3


2014年
  
1着ゴールドシップ  天皇賞春7着 3戦目 3着  15着   宝塚記念1着、天皇賞春5着
2着カレンミロティック鳴尾記念4着 4戦目 6着  不出走  不出走
3着ヴィルシーナ   ヴィクトM1着4戦目 不出走 7着   エリ女10着、安田記念8着、ヴィクトリアM1着

前年有馬記念出走馬   1-1-0-3
前年JC出走馬     1-0-1-5
その他前年GⅠ出走馬  0-0-0-2
前年GⅠ不出走馬    0-0-0-0

年明けレース 0~1R 0-0-0-0 →有馬・JC出走 0-0-0-0  不出走 0-0-0-0
年明けレース 2~3R 1-0-0-7 →有馬・JC出走 1-0-0-6  不出走 0-0-0-1
年明けレース 4R以上 0-1-1-2 →有馬・JC出走 0-1-1-1  不出走 0-0-0-1


2013年
  
1着ゴールドシップ  天皇賞春7着 3戦目 1着  不出走  菊花賞1着、ダービー5着、皐月賞1着
2着ダノンバラード  鳴尾記念3着 5戦目 不出走 不出走  不出走
3着ジェンティルドンナドバイシ2着 2戦目 不出走 1着   秋華賞1着、オークス1着、桜花賞1着

前年有馬記念出走馬   1-0-0-1
前年JC出走馬     0-0-1-1
その他前年GⅠ出走馬  0-0-0-1
前年GⅠ不出走馬    0-1-0-4

年明けレース 0~1R 0-0-0-0 →有馬・JC出走 0-0-0-0  不出走 0-0-0-0
年明けレース 2~3R 1-0-1-2 →有馬・JC出走 1-0-1-1  不出走 0-0-0-1
年明けレース 4R以上 0-1-0-5 →有馬・JC出走 0-0-0-1  不出走 0-1-0-4


2012年
  
1着オルフェーヴル  天皇賞春11着 3戦目 1着  不出走  菊花賞1着、ダービー1着、皐月賞1着
2着ルーラーシップ  QE2世C1着  4戦目 4着  不出走  宝塚記念5着、ドバイシーマ6着
3着ショウナンマイティ鳴尾記念2着 4戦目 不出走 不出走  菊花賞8着

前年有馬記念出走馬   1-1-0-3
前年JC出走馬     0-0-0-3
その他前年GⅠ出走馬  0-0-1-4
前年GⅠ不出走馬    0-0-0-5

年明けレース 0~1R 0-0-0-0 →有馬・JC出走 0-0-0-0  不出走 0-0-0-0
年明けレース 2~3R 1-0-0-3 →有馬・JC出走 1-0-0-2  不出走 0-0-0-1
年明けレース 4R以上 0-1-1-10 →有馬・JC出走 0-1-0-2  不出走 0-0-1-8


2011年
 
1着アーネストリー  金鯱賞3着  2戦目 不出走 不出走  天皇賞秋3着、宝塚記念3着
2着ブエナビスタ   ヴィクM2着 3戦目 2着  2着   天皇賞秋4着、宝塚記念2着、ヴィクトリアM2着
3着エイシンフラッシュ天皇賞春2着 3戦目 7着  8着  ダービー1着、皐月賞3着

前年有馬記念出走馬   0-1-1-4
前年JC出走馬     0-1-1-2
その他前年GⅠ出走馬  1-0-0-4
前年GⅠ不出走馬    0-0-0-3

年明けレース 0~1R 0-0-0-2 →有馬・JC出走 0-0-0-1  不出走 0-0-0-1
年明けレース 2~3R 1-1-1-2 →有馬・JC出走 0-1-1-2  不出走 1-0-0-0
年明けレース 4R以上 0-0-0-9 →有馬・JC出走 0-0-0-4  不出走 0-0-0-5


【過去10年間】

前年有馬記念出走馬   4-6-3-28
前年JC出走馬     1-4-5-25
その他前年GⅠ出走馬  5-3-2-41
前年GⅠ不出走馬    1-1-2-33

年明けレース 0~1R 0-0-0-5 →有馬・JC出走 0-0-0-1  不出走 0-0-0-4
年明けレース 2~3R 8-6-6-59 →有馬・JC出走 4-4-5-30  不出走 4-2-1-29
年明けレース 4R以上 2-4-4-50 →有馬・JC出走 0-2-1-12  不出走 2-2-3-38

[もっと見る]

 ナリタブライアン 2021年6月24日(木) 22:07
2021年春G1馬当て 第13戦宝塚記念 
閲覧 424ビュー コメント 13 ナイス 51

安田記念、流石ルメールの騎乗と思いましたが、ダノンキングリーの川田が更に上へ
春最後のG1、宝塚記念の一番人気は、クロノジェネシスでしょうか?

現在、先頭のみすてぃさん、最後まで逃げ切れるか?
ジョウテンさん、または、別の方が差し切るのか楽しみですd(⌒ー⌒)!

<宝塚記念>
1枠1番 ユニコーンライオン(牡5、栗東・矢作) 坂井

2枠2番 レイパパレ(牝4、栗東・高野) 川田

3枠3番 メロディーレーン(牝5、栗東・森田) 幸

4枠4番 ワイプティアーズ(牡6、栗東・加用) 和田竜
4枠5番 アドマイヤアルバ(セ6、美浦・柄崎) 酒井

5枠6番 シロニイ(牡7、栗東・池江) 松若
5枠7番 クロノジェネシス(牝5、栗東・斉藤崇) C.ルメール

6枠8番 カデナ(牡7、栗東・中竹) 松山
6枠9番 アリストテレス(牡4、栗東・音無) 武豊

7枠10番 カレンブーケドール(牝5、美浦・国枝) 戸崎
7枠11番 モズベッロ(牡5、栗東・森田) 池添

8枠12番 ミスマンマミーア(牝6、栗東・寺島) 岩田望
8枠13番 キセキ(牡7、栗東・辻野) 福永

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダノンキングリーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
7:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年10月27日(火) 00:14:57
ヒロシ、馬場不向きの前走以外は好走している、輸送のないコースでプラス
スガダイ、買う対象としては外せない、良馬場でプラス、自在性あり、
6:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年6月7日() 03:30:47
スローなら○。
5:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年6月7日() 03:16:12
主戦騎手○。マイルCSは、ど返し。

⇒もっと見る

ダノンキングリーの写真

ダノンキングリーの厩舎情報 VIP

2021年6月6日安田記念 G11着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ダノンキングリーの取材メモ VIP

2021年6月6日 安田記念 G1 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。