ダノンキングリー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
ダノンキングリー
ダノンキングリー
ダノンキングリー
ダノンキングリー
ダノンキングリー
ダノンキングリー
ダノンキングリー
ダノンキングリー
ダノンキングリー
写真一覧
現役 牡3 黒鹿毛 2016年3月25日生
調教師萩原清(美浦)
馬主株式会社 ダノックス
生産者三嶋牧場
生産地浦河町
戦績 7戦[4-1-1-1]
総賞金25,281万円
収得賞金10,150万円
英字表記Danon Kingly
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
マイグッドネス
血統 ][ 産駒 ]
Storm Cat
Caressing
兄弟 ダノングッドミッキーグッドネス
前走 2019/11/17 マイルチャンピオンS G1
次走予定

ダノンキングリーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/11/17 京都 11 マイルCS G1 芝1600 17113.925** 牡3 56.0 横山典弘萩原清452(-2)1.33.4 0.434.1⑥⑦インディチャンプ
19/10/06 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 10891.611** 牡3 54.0 戸崎圭太萩原清454(0)1.44.4 -0.233.4⑩⑩⑨アエロリット
19/05/26 東京 11 東京優駿 G1 芝2400 18474.732** 牡3 57.0 戸崎圭太萩原清454(+4)2.22.6 0.034.5⑤⑤⑤ロジャーバローズ
19/04/14 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 18245.833** 牡3 57.0 戸崎圭太萩原清450(-4)1.58.1 0.034.5④⑤サートゥルナーリア
19/02/10 東京 11 共同通信杯 G3 芝1800 7114.231** 牡3 56.0 戸崎圭太萩原清454(+4)1.46.8 -0.232.9④④アドマイヤマーズ
18/12/15 中山 9 ひいらぎ賞 500万下 芝1600 158154.621** 牡2 55.0 戸崎圭太萩原清450(0)1.33.7 -0.635.5⑧⑧⑤ミトロジー
18/10/08 東京 5 2歳新馬 芝1600 188175.421** 牡2 55.0 戸崎圭太萩原清450(--)1.37.5 -0.033.4カレンブーケドール

ダノンキングリーの関連ニュース

 2番人気のダノンキングリーは5着。最内枠の(1)番からロスなく好位の直後を立ち回ったが、直線では、前走の毎日王冠勝ちのようにはじけなかった。初コンビを組んだ横山典騎手は「思い描いていたことはできた。直線に向いてこれからグンと来るかと思ったが…」と切り出し、「馬は初の京都コースで関西遠征も初めてだったからね。まだ若い馬だから、これからいろんな経験を積んでいけば能力はいいものを持っているから」と、ベテランらしく落ち着いた口調で続けた。



★17日京都11R「マイルCS」の着順&払戻金はこちら

【マイルCS】ダノンキングリー再度古馬撃破ならず5着 横山典「思い描いていたことはできた」 2019年11月17日() 19:04

 11月17日の京都11Rで行われた第36回マイルチャンピオンシップ(3歳以上オープン、GI、芝・外1600メートル、定量、17頭立て、1着賞金=1億1000万円)は、池添謙一騎手騎乗の3番人気インディチャンプ(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)が春の安田記念に続くマイルGI連覇。タイムは1分33秒0(良)。



 前走の毎日王冠で年長のGIウイナー5頭を撃破したダノンキングリーは、最内枠スタートから無難なスタートを切り、好位のインをロスなく追走。直線に入って脚を伸ばすも前走のような豪脚を見せることなく5着。1997年の優勝馬タイキシャトルに並ぶ最少キャリアでのマイルCS制覇はならなかった。



 横山典弘騎手「思い描いていたことはできた。直線へ向いてこれからグンとくるかと思ったが…」



★【マイルCS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】マイルCS2019 こじはる、五輪メダリストほか多数!競馬大好き芸能人・著名人がファイナルジャッジ! 2019年11月17日() 09:50

※当欄ではマイルCSについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。




【小嶋陽菜(こじはる)】
◎①ダノンキングリー
3連単1頭軸流しマルチ
①→④⑦⑩⑭⑰

【松田丈志(オリンピック競泳メダリスト)】
◎⑤インディチャンプ

【DAIGO】
◎⑭ダノンプレミアム
ワイド1頭軸流し
⑭-①⑮

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑮ダイアトニック
○①ダノンキングリー
▲⑭ダノンプレミアム
△⑤インディチャンプ
△②グァンチャーレ
△⑦ペルシアンナイト
△⑪カテドラル
馬連1頭軸流し・3連単1頭軸流しマルチ
⑮→①②⑤⑦⑪⑭

【徳光和夫】
3連単ボックス
グァンチャーレ
インディチャンプ
プリモシーン
クリノガウディー
モズアスコット
ワイド1頭軸流し
⑤-①②⑦⑧⑩⑫⑭⑮

【杉本清】
◎⑰レイエンダ

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎⑩アルアイン
ワイド1頭軸流し
⑩-③⑤⑥⑨⑭

【林修】
注目馬
ダノンキングリー

【さゆりんご(松村沙友理・乃木坂46)】
◎⑭ダノンプレミアム
馬連1頭軸流し
⑭-②⑮

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑮ダイアトニック
○⑭ダノンプレミアム
▲⑤インディチャンプ
△①ダノンキングリー
△②グァンチャーレ
△⑪カテドラル
△⑰レイエンダ

【増沢末夫(元JRA調教師)】
◎①ダノンキングリー

【谷中公一(元JRA調教助手)】
◎⑭ダノンプレミアム

【東信二(元JRA騎手)】
◎⑭ダノンプレミアム

【橋本マナミ】
◎⑦ペルシアンナイト

【横山ルリカ】
◎⑤インディチャンプ

【稲富菜穂】
◎⑤インディチャンプ
○⑮ダイアトニック
▲⑫モズアスコット
△①ダノンキングリー
△⑩アルアイン
△⑭ダノンプレミアム

【やべきょうすけ】
◎①ダノンキングリー
○⑤インディチャンプ
▲⑭ダノンプレミアム
△③マイスタイル
△⑦ペルシアンナイト
△⑧プリモシーン
△⑰レイエンダ

【小木茂光】
注目馬
アルアイン
インディチャンプ
ダノンキングリー
3連単フォーメーション
①⑤⑩→①③④⑤⑦⑩⑫⑭⑮⑰→①⑤⑩

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎②グァンチャーレ

【キャプテン渡辺】
◎⑨クリノガウディー

【土屋伸之(ナイツ)】
◎⑩アルアイン
○⑭ダノンプレミアム
▲⑨クリノガウディー
△①ダノンキングリー
△②グァンチャーレ
△⑤インディチャンプ
△⑦ペルシアンナイト

【安田和博(デンジャラス)】
◎①ダノンキングリー
○⑭ダノンプレミアム
▲⑮ダイアトニック
△③マイスタイル
△⑤インディチャンプ
△⑦ペルシアンナイト
△⑩アルアイン

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎⑭ダノンプレミアム
○①ダノンキングリー
▲⑮ダイアトニック
☆⑫モズアスコット
△④レッドオルガ
△⑥フィアーノロマーノ
△⑧プリモシーン
3連単フォーメーション
⑭→①→④⑥⑧⑫⑮
⑭→④⑥⑧⑫⑮→①
⑭→①⑧⑫⑮→①⑧⑫⑮

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎⑭ダノンプレミアム
○⑤インディチャンプ
▲②グァンチャーレ
△①ダノンキングリー
△③マイスタイル
△⑫モズアスコット
△⑮ダイアトニック

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑫モズアスコット
単勝

3連単フォーメーション
①⑤⑨⑩⑪⑭⑮→⑫→①②③⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑭⑮⑰
①⑤⑨⑩⑪⑭⑮→①②③⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑭⑮⑰→⑫

【ギャロップ林】
◎⑤インディチャンプ
3連単フォーメーション
⑤⑭→⑤⑭→①③④⑧⑨⑪⑫⑮⑰

【こいで(シャンプーハット)】
◎⑧プリモシーン
3連単2頭軸流しマルチ
⑧→①→②⑤⑦⑨⑩⑫⑭⑮

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑧プリモシーン
複勝

3連単2頭軸流しマルチ
⑧→③→①⑤⑦⑩⑪⑫⑭⑮⑰

【浅越ゴエ】
◎⑭ダノンプレミアム
3連単フォーメーション
⑭→①⑧⑩→①③⑧⑩
①⑩→⑭→①③⑧⑩

【盛山晋太郎(見取り図)】
◎⑦ペルシアンナイト
馬連1頭軸流し
⑦-①②③⑧⑨⑪⑫⑮
3連複2頭軸流し
⑦-⑭-①②③⑤⑧⑨⑩⑪⑮

【リリー(見取り図)】
◎⑦ペルシアンナイト
3連複1頭軸流し
⑦-①②③⑤⑧⑨⑭⑮⑰

【船山陽司】
◎⑦ペルシアンナイト

【上村彩子】
◎⑮ダイアトニック

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎①ダノンキングリー

【大島麻衣】
◎⑭ダノンプレミアム

【熊崎晴香(SKE48)】
◎⑫モズアスコット
○①ダノンキングリー
▲⑭ダノンプレミアム
△⑪カテドラル
△⑩アルアイン
△⑤インディチャンプ

【祥子】
◎⑭ダノンプレミアム

【高見侑里】
◎⑭ダノンプレミアム

【高田秋】
◎⑭ダノンプレミアム

【ほのか】
◎⑭ダノンプレミアム
単勝

馬連1頭軸流し
⑭-①⑦⑨⑩⑫⑮⑯
3連単
⑭→⑦→⑯

【守永真彩】
◎⑦ペルシアンナイト
3連複フォーメーション
⑦-①⑭⑮-①②③⑤⑩⑫⑭⑮⑰

【天童なこ】
◎⑤インディチャンプ

【目黒貴子】
◎⑭ダノンプレミアム



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【斬って捨てる!】マイルCS2019 前走大敗馬の深追いは禁物!前走の単勝人気も切り口のひとつ! 2019年11月17日() 09:35

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、マイルCSの近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
前走G1優勝馬あるいは前年のマイルCSで3着以内に入っていた馬を除くと、6歳以上馬の連対例はなし(2008年以降)

グァンチャーレ

G1で2着以内の経験がある馬を除くと、3歳馬の連対例は皆無(2008年以降)

カテドラル
エメラルファイト

前走1着馬を除くと、牝馬の連対例はゼロ(2008年以降)

レッドオルガ
プリモシーン

前走が2ケタ着順だった馬の好走例はみられない(2008年以降)

フィアーノロマーノ
プリモシーン
アルアイン

前走でスワンSに出走していた美浦所属馬の好走例はゼロ(2008年以降)

タイムトリップ

前走1秒0以上敗退馬の好走例は皆無(2008年以降)

フィアーノロマーノ
プリモシーン
アルアイン

前走1着馬を除くと、前年のマイルCSに出走かつ馬券に絡めなかった馬の好走例はみられない(2008年以降)

モズアスコット

前走で府中牝馬Sまたは毎日王冠に出走し、複勝圏を逃した馬の連対例はゼロ(2008年以降)

ペルシアンナイト
プリモシーン

【人気】
前走G2~G3格のレースに出走し、そのレースで5番人気以下だった馬の連対例は皆無(2008年以降)

クリノガウディー
カテドラル
タイムトリップ
エメラルファイト

【枠順】
馬番枠6番、9番、14番の好走例はみられない(2008年以降)

フィアーノロマーノ
クリノガウディー
ダノンプレミアム

馬番枠3番、15番の連対例はゼロ(2008年以降)

マイスタイル
ダイアトニック

【血統】
キングマンボを経由しない父ミスプロ系の連対例は皆無(2008年以降)

タイムトリップ

父、母父ともにヘイルトゥリーズン系種牡馬という馬の好走例はみられない(2008年以降)

グァンチャーレ
クリノガウディー
ダノンプレミアム

サンデーサイレンスの直仔種牡馬を母父に持つ馬の好走例は皆無(2008年以降)

エメラルファイト


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
ダノンキングリー
インディチャンプ
レイエンダ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【覆面記者の耳よりトーク】マイルCS 2019年11月17日() 07:00

 今週の『覆面記者の耳よりトーク』は、マイルCSを徹底取材。“ダノンの2頭”が上位人気だが、同舞台で8戦6連対を誇るグァンチャーレと、2年連続連対中のペルシアンナイトに注目。先週のエリザベス女王杯に続き、高配ゲットを狙う。



 記者A 先週のエリザベス女王杯は2着のクロコスミアを推奨して、馬連3380円、3連単2万6480円を的中。この勢いで今週も当てようや。ダノンの“2強ムード”だが、そんな簡単におさまるんか?

 記者B 楽観視はできません。ダノンプレミアムは初の中2週が気がかり。R調教師は「もともと使うと硬くなるタイプで、間隔が詰まっているのは割り引きだろう。激しい競馬をした天皇賞・秋の後だけに、消耗度も大きそう」と指摘していました。

 記者C 関東馬ダノンキングリーの方は、初の京都コースがどうか。Y騎手は「京都外回りの3コーナーからの下りはかなり特殊。経験しているかどうかは、上のクラスになればなるほど重要」と話していた。長距離輸送でテンションが上がるようなら、前走のように出遅れの心配も…。

 記者D それなら同舞台で8戦6連対のグァンチャーレが狙い目や。X騎手は「前走は1400メートルでもマイルを見据えて折り合いを重視した競馬で5着。今回は内めの好枠も引き当てたし、巻き返しがありそう」と舞台替わりで前進を見込んでいた。

 記者E 2年連続連対中のペルシアンナイトは、今年も上位争いでしょう。「エンジンの掛かりが遅いタイプで、この舞台がベスト」とM調教師はプッシュしていました。

 記者B 春のマイル王インディチャンプについて、L助手は「抜け出してソラを使う面は変わっていない。そういう“クセ馬”にテン乗りで結果を出すのは、大舞台に強い池添騎手とはいえ簡単ではない」と乗り替わりの影響をささやいていました。

 記者A 波乱の可能性も十分やな。本命はグァンチャーレ。馬連(2)-(7)(10)(1)(5)(9)(12)(14)(15)と3連複2頭軸(2)(7)-(10)(1)(5)(9)(12)(14)(15)で勝負!(大阪サンスポ)

[もっと見る]

【マイルCS】最新ナマ情報 2019年11月17日() 05:05

◆輸送も順調に〔1〕ダノンキングリー

 3度目の挑戦でGI初制覇を狙うディープインパクト産駒は、午後0時43分に決戦の地へ到着。イレ込む様子はなく、馬房でもリラックスした姿が印象的だ。「普段と変わらない所要時間で無事に到着しました。いつもと変わりない状態です。いいレースをしてほしいですね」と萩原調教師は期待感をにじませた。

◆鞍上に託した〔2〕グァンチャーレ

 安田記念4着馬は坂路で15-15程度の調整(4ハロン62秒5)。「いつも通りの調整です。枠順はいいところだと思います。あとはジョッキー(松岡騎手)に任せるだけです」。北出調教師は前向きにまとめた。

◆前走同様順調〔3〕マイスタイル

 ゆったりとしたペースで坂路(4ハロン75秒0)を駆け上がった。佐藤調教厩務員は「前回も良かったし、そんなに変わってはいないけど、順調にきたね。前回の競馬が今回につながるようならね」と胸の内を明かした。

◆「極限」仕上げ〔4〕レッドオルガ

 CWコースを周回して最終調整を終えた。田中大助手は気配の良さに満足げ。「いい感じです。仕上げはバッチリ。攻めてきましたし、極限といえる仕上がりですよ」とハイトーンで答えた。

◆音無師は満足〔5〕インディチャンプ

 春のマイル王者は坂路で4ハロン66秒0。落ち着いた姿で急勾配を駆け上がった。音無調教師は「順調にきましたし、見た目も前回より締まっている。いいですよ。レースで瞬発力を発揮できれば」と楽しみにする。

◆状態に手応え〔6〕フィアーノロマーノ

 坂路をキャンター(4ハロン67秒4)で流した。「状態は言うことないです。与えられた枠で頑張るだけですが、偶数番は良かったですね。右回りは合っていますので」と高野調教師は語った。

チャンスある〔7〕ペルシアンナイト

 一昨年の覇者は坂路4ハロン60秒9-14秒6。「最後の1ハロンで15秒を切る、いつものウチの調整です。順調にきましたね。京都は相性がいいコースですし、立ち回り次第でチャンスがあると思います」と兼武助手。

◆「中間攻めた」〔8〕プリモシーン

 騎手&厩舎の連覇へ、午後0時43分に到着。楠助手は「(2走前に)栗東滞在も経験してタフになった。精神的にドッシリし、以前と違い絞りにくくなったけど、前走を踏まえて中間は攻めた。外回りはいいし、右回りの方が走りの質がいい」と、前走1番人気15着からの巻き返しを期す。

◆精神面で成長〔9〕クリノガウディー

 CWをキャンターで周回した。「最終追い後も変わりなくきましたね。以前よりも落ち着きがあり、精神面の成長を感じます。プラス体重で出られそうです」と藤沢則調教師は気配の良さを告げた。

◆ムーアに託す〔10〕アルアイン

 春の大阪杯の覇者は、坂路でラスト1ハロン14秒0と脚を伸ばした。兼武助手は「前回は輸送で思いのほか体が減りましたが、今回はプラス体重で出走できると思います。あとは鞍上(ムーア騎手)に託します」と話した。

◆最終追い良し〔11〕カテドラル

 坂路で4ハロン63秒9-14秒7をマーク。軽くしまいを伸ばした「最終追い切りの後もいい感じ。状態は前回よりもいいと思いますよ。あとはジョッキーに任せるだけです」。大下助手は武豊騎手の手腕に期待した。

◆状態“完成形”〔12〕モズアスコット

 坂路で4ハロン64秒9と軽めのキャンターで駆け上がった。玉井助手は「追い切り後も変わりなくきました。状態は前回から良くなっていますよ。ようやく馬が完成された感じです」と目を細めた。

◆一発虎視眈々〔13〕タイムトリップ

 今年8戦目のタフネスは午後0時45分に到着。浅野助手は「何度も京都は来ているし、いつもと変わらない。最近は涼しくなって具合がいい。しまいはしっかりと脚を使ってくれる馬。時計がかかればなおいい」と一発を狙う。

◆「状態はいい」〔14〕ダノンプレミアム

 前売りで1番人気に推されたディープ産駒は、CWを軽快なキャンターで周回。最終追い後も順調だ。「中間はうまく調整してこられました。前回よりも状態はいいと思いますね。マイル戦ですし、京都も合うので」と中内田調教師は期待する。

◆上積み実感!!〔16〕エメラルファイト

 ただ一頭の芦毛は午後0時29分に京都入りし、馬房で落ち着いた様子。佐藤美厩務員は「輸送は無事にクリア。雰囲気もいい。1回使って内面的に上積みを感じる。体形的にもマイルはベスト。挑戦者としてどこまでやれるか」と期待する。

◆初B着に期待〔17〕レイエンダ

 ダービー馬の全弟は先陣を切って午後0時4分に到着。本間助手は「道中はおとなしかった。体は前走と同じか少しプラスになると思う。兄(レイデオロ)と比べて気性が幼く、リズムを崩すとやめる面がある。(初B着は)チークピーシズでもかなり集中力が出たので、同じくらい効くのでは」と能力全開を望む。



マイルCSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダノンキングリーの関連コラム

閲覧 1,480ビュー コメント 0 ナイス 3

マイルチャンピオンシップは池添騎手が騎乗したインディチャンプが勝利。絶好の5番枠から上手く脚を溜め、直線でダノンプレミアムが抜け出しを図った時点でもまだ追い出しを待つ余裕があった。見た目通りの完勝で、春秋マイルG1連覇を成し遂げた。

ダノンプレミアムはこれでG1連続2着。2歳時に無敗で朝日杯FSを制して以降G1タイトルと縁がないが、川田騎手とともに築いた先行抜け出しスタイルは安定感がある。来年こそ、もっとも適性がありそうな大阪杯を使ってほしい。同じことはダノンキングリーにも言える。来年こそは国内G1でベスト舞台と思える天皇賞(秋)でその姿を見たい。

それにしても、テン乗りでいきなり結果を出した池添騎手は見事だった。インディチャンプは燃えやすい気性で、油断すると掛かって行ってしまうような危うさがあるが、前任の福永騎手同様に見事に脚を溜めて持ち味を生かした。外国人騎手全盛の時代ではあるが、インディチャンプに関しては日本人騎手の当たりの柔らかさが合う印象だ。

騎手の能力は絶対的なものではなく、馬との相性次第。そんなことを考えさせられる結果でもあった。また、数多くいる騎手の中から池添騎手を選択した、陣営の勝利でもあった。予定通りなら、次走は香港マイルへとレーン騎手とのコンビで向かうというが果たしてどのような結果が待っているのか。正直なところ、いかに名手でも当たりがキツいタイプのレーン騎手と手が合うとはあまり思えないのだが…。


~手薄なメンバーで伏兵の出番がありそうなジャパンカップ

さて、今週末はいよいよジャパンカップ。世界各国の強豪が東京2400mを舞台に激突…と言いたいところだが、残念なことに史上初めて日本馬のみで行われることになった。

海外勢の不参戦は残念ではあるが、馬場が速すぎること、何より日本馬が強すぎることが最大要因だろう。日本馬が強くなればなるほど海外勢の参戦が減ってしまうのは残念ではあるが仕方ない。今年は今年のジャパンカップを楽しみたい。

もっとも、その日本勢もやや手薄な印象。天皇賞(秋)を圧勝したアーモンドアイは香港へ向かうことになり、サートゥルナーリア有馬記念へ、その他の組も今年は有馬記念を使う馬が多く、ジャパンカップは”豪華なアルゼンチン共和国杯”のような状況だ。

その中で注目が集まるのは実績組だろうか。昨年のダービー馬ワグネリアンを筆頭に、昨年のジャパンカップ3着馬スワーヴリチャード、G1・2勝のレイデオロ天皇賞(秋)では最後に追い込みの脚が目立ったユーキャンスマイルあたりが人気を集めそうだ。

ただ、どの馬も例年のジャパンカップであれば中穴人気程度の戦績でもあり、正直なところ信頼度は低い。紛れの少ない舞台ではあるが、過去の実績で押し出された人気馬を買うくらいならば、新興勢力に目を向けてみたい。

現時点で期待したい穴馬は2頭。

まずはエタリオウ。未だに最強の1勝馬のままではあるが、今年に入ってからも重賞で安定した走りを見せており、横山典騎手も今回で3走目。前走は完全に脚を余すような内容だったが、もともと相手なりに走れるタイプでもあり、G1の舞台での巻き返しに期待したい。もともとジャパンカップ天皇賞(春)菊花賞など、京都の長距離G1実績馬が強いレースでもある。過去にはトーセンジョーダンジャガーメイルサウンズオブアースエピファネイア他、数多くの伏兵馬が好走しており、その点でもエタリオウの巻き返しが怖い。

もう一頭はルックトゥワイス。こちらは春の目黒記念で待望の重賞初制覇。条件戦でくすぶっていた期間が長かった分、既に6歳ながら今が充実期の印象だ。アルゼンチン共和国杯では明らかに脚を余したが、結果的にはダメージの少ない前哨戦だったとプラスに捉えたい。また、目黒記念をレーン騎手騎乗で制しているように外国人騎手と手が合うタイプで、今回久々に来日するデットーリ騎手に乗り替わるのは大きなプラスだろう。

ジャパンカップの結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年11月15日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】反省を生かせた武蔵野S/豪華メンバー・マイルCS展望
閲覧 1,423ビュー コメント 0 ナイス 3

先週の当コラムではエリザベス女王杯の穴馬として、マーフィー騎手のウラヌスチャーム、そして2年連続2着のクロコスミアを挙げたが、最終的な本命は◎サトノガーネット

レースは逃げたクロコスミアがスローに落とし、直線ではラッキーライラックに交わされたものの粘りに粘って3年連続の2着。一方、期待したサトノガーネットは9着と惨敗。まるで想定と異なるレース展開になってしまったこともあるが、人気を見て欲にまみれた予想をするとロクなことがないな…という意味でも反省のレースだった。どうも、秋はオッズに目がくらむ。

それにしても勝ったラッキーライラックは鮮やかだった。スローの流れをインで溜め、直線は上がり32秒8。7年前、父オルフェーヴルでは早仕掛けによりあと一歩のところで凱旋門賞制覇を逃したスミヨン騎手だったが、その娘で、今度は仕掛けを我慢して強烈な末脚を引き出したのだから、競馬はドラマである。


~ハズレをただのハズレで終わらせない

さて、エリザベス女王杯は悔しいレースだったが、収穫もあった。土曜の武蔵野Sだ。先週の当コラムで、

『ダートの差し追い込み決着は”非日常”。なかなか見られるものではないが、上手くハマれば大きな馬券を手にできる可能性がある。これから冬場を迎えるとタフなダートのレースも増えて来るので、みやこSのような差し追い込み馬が台頭する波乱のパターンは頭に入れておきたい』

と書いたが、早速その教訓を生かす機会が訪れたのだ。

本命に推奨したのは◎タイムフライヤー。ここ2走は掛かってしまい全く力を出せない競馬ながら見せ場を作っており、溜めることができれば一変の可能性ありとみた。そして今回は陣営も溜める競馬を示唆。距離も縮めて来たし、狙うならココしかないという読みだった。

あとは相手だが、差し馬の流れになる可能性があるとみて、みやこSの教訓を生かした。そこで穴で狙ったのがワンダーリーデル。直線は抜け出したタイムフライヤーワンダーリーデルが差し切り勝ち。3連系の馬券は難しすぎるとみて、馬連での波乱を狙ったのも功を奏し、馬連にして2万円台の馬券がキレイに舞い込んだ。



別に、ココで当たった自慢をしたいわけではない(多少はしたいが)。そうではなく、競馬は続いているということを言いたいのだ。ただ今週が終われば来週、来週が終わればまた再来週では教訓が生きない。頭とお金を使った渾身の予想だからこそ、的中も不的中も先に生かさなければ意味がない。外れてもタダでは転ばない、その気持ちを大事にしたい。

競馬はストーリーであり、また記憶のギャンブルでもあるのだ。


~ダノン2騎にインディチャンプ、豪華メンバーが揃うマイルCS

さて、今週末は今年の京都ラストG1・マイルチャンピオンシップ。来年の秋に京都競馬場が改装工事に入るため、京都での当レースの開催は2023年までしばしのお別れとなる。

そして今年は締め括りにふさわしい豪華メンバーが揃いそうだ。天皇賞(秋)アーモンドアイとの激戦を繰り広げたダノンプレミアム皐月賞~ダービーでは惜しくも及ばなかったものの秋初戦の毎日王冠を快勝したダノンキングリー、今年の安田記念の覇者インディチャンプなどが参戦してきた。

上位勢はいずれ劣らぬ強豪揃いだが、その中で狙ってみたいのはインディチャンプ安田記念では出遅れたアーモンドアイ、そして今回人気を集めるだろうダノンプレミアムらが後方でもがくのを尻目に、好スタートからインを捌いて抜け出しを決めた。前述の2頭よりは生粋のマイラーといったタイプで、多少折り合い面での難しさがあるだけに、毎日王冠からゆったり間隔を取って距離短縮となる今回は絶好の狙い目だろう。池添騎手の騎乗も面白そうなので、あとは内枠を引きたいところだ。

上位勢は強力だが、伏兵で怖い馬も挙げておきたい。

最大の惑星候補はクリノガウディー。まだ1勝馬の身ながら、朝日杯FSではアドマイヤマーズの2着など、重賞での実績は豊富だ。近走はイマイチの印象もあるが、2走前の京成杯AHはロスが大きく脚を余しており、前走の富士Sも不利があった。京都の外回りは合いそうだし、スムーズならチャンスがあるはずだ。

また、上がり馬のダイアトニックも侮れない。全6勝中5勝が1400mという生粋の1400m巧者だが、ロードカナロア産駒らしい器用さと自在性が武器。上手く立ち回れれば、実績上位勢にひと泡吹かすシーンもありそうだ。

マイルチャンピオンシップの結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2019年11月14日(木) 14:20 覆面ドクター・英
マイルCS・2019
閲覧 2,186ビュー コメント 0 ナイス 10

エリザベス女王杯は、ある程度予測してはいましたが、乗り替わったスミヨン騎手がラッキーライラックの能力をしっかり引き出して、最内をついて突き抜け、圧勝という結果でした。スノーフェアリーでムーア騎手に二度やられたように、何で内を掬うのが有利な京都で最内ズコーンとやられるのかなあ?と正直思ってしまいますが、それをきっちりやってのけるのが世界トップレベルの騎手たちということなんでしょうね。父オルフェーヴルの評価が下がっている状況下、ラッキーライラックの頑張りは親孝行だし、凱旋門賞オルフェーヴルで勝ち切れなかったスミヨン騎手も嬉しそうでしたね。


それでは恒例の全頭診断へ

<全頭診断>
1番人気想定 ダノンプレミアム安田記念は脚元がゴトゴトしての最下位に終わり、その後休み明けの天皇賞・秋の走りを見てからここで狙おうと思っていたのですが......。秋初戦からいきなり走っちゃいましたね。ただ、得意のマイルで、調教の動きからも順調で当然最有力。

2番人気想定 ダノンキングリー皐月賞3着、ダービーで2着、秋初戦の毎日王冠では複数の古馬G1馬相手に最後方からずばっと差し切り勝ちと、斤量差は減るがまだまだ伸び盛り。昔は、高額な良血馬を次々落札するも、不発弾ばかりつかまされてきた印象(笑)のダノン軍団だが、最近は好成績の馬が多くなり、同馬主同士での争いも更に増えていくのだろう。

3番人気想定 インディチャンプ安田記念を制した春のマイル王は、毎日王冠をそれなりの3着と叩いての参戦。安田記念は色々うまく行き過ぎての戴冠(要は福永騎手の好騎乗)でもあり、実力上位グループに居るがそう突き抜けた強さではない。

4番人気想定 アルアイン:大外だったり、速い時計での決着だったり向かない材料はあったにせよ、物足りない秋の天皇賞14着。昨年のこのレースは惜しい3着だったが、ちょっと力が落ちてきている印象で、堅実だった馬が崩れ出すとなかなか立ち直らないもの

5番人気想定 ダイアトニック:前哨戦のスワンSで1番人気に応えて鋭く差し切ったが、1400mベストな感があり、引き続きスミヨン騎手の騎乗で人気になりそうなだけに悩ましいところ。

6番人気想定 ペルシアンナイト:昨年のこのレースでの2着以降は馬券圏内無しで、ピークを過ぎており、今回は相手が特に弱くないので引き続き買わない予定(というか、衰えたと指摘して私自身も買わずにここまで来れている以上、恐らく引退までもう買わない)。

7番人気想定 レイエンダ新潟記念を使ったのは正直イマイチかと思ったが、母父シンボリクリスエスだけに叩いて上昇するロベルト系というあたりを意識してのローテなのかもしれない。また、前走レース後のスミヨン騎手はもう1Fあった方がいいというコメント出しているが、この数十年、何でもマイラーに作ってくる感のある藤沢和厩舎だけに、ここら辺りがストライクゾーンで、激走あるかも。

8番人気想定 モズアスコット:昨年は連闘で安田記念を制覇したり、1番人気でマイルCS惨敗したりと激動の一年。明け5歳となった今年正直パッとしない状況で、調子を崩したフランケル産駒は狙いにくいというのが定説となってしまっているところも、この馬に関してはあり。ただ、前走のスワンSは瞬発力負けであり、今回瞬発力頼りでない鞍上・和田騎手に乗り替わってくるようなので、やれる可能性は十分ある。

9番人気想定 プリモシーン:鋭い末脚で活躍してきたが、秋初戦の府中牝馬Sで1番人気でブービー15着と大凡走。過去最高馬体重もあったが、闘争心が失せ、もう繁殖入りしたい心境なのでは。これまでの実績から、ガラリ一変ももちろんあっておかしくないのだが、牝馬の不可解な負け方の後というのは、巻き返しをあまり期待できないもの。

10番人気以下想定
マイスタイル:田中勝騎手と函館記念を楽逃げで制し、距離短縮のスワンSでも3着と好走した。ただG1でこの騎手を買おうとは全く思わない。私が競馬を始めた30年前くらいは、岡部ラインの「乗れる若手」だったのだが(笑)

グァンチャーレ:オープン特別が主戦場で長く活躍してきていて、たまに重賞で2着や3着に来るキャラ。前走は不利があったとはいえ、G1では要らない。

カテドラル:3歳馬でアーリントンC2着、NHKマイルC3着とこの世代のマイル路線では、頑張っているのだが、相手に恵まれた感もあり、激走はあまり期待できない。

クリノガウディー:朝日杯FSでアドマイヤマーズの2着、今夏の中京記念でも2着とそれなりの力はあるようだが、安定感が無く凡走も多い。ただ調教の動きは良く、いい波が来ているのかもしれない。

レッドオルガ:母エリモピクシーだけに春のヴィクトリアマイルでは血統から3番人気となったが11着と惨敗し、まあそんなものかなと思ったら、秋になり富士S3着とやはり東京マイルが向く血統であることを示した。ただ、京都マイル向きかというとそうでもないのでは。

フィアーノロマーノ:春はダービー卿CT勝ちの巨漢馬。瞬発力は劣るが、京都で内枠でも引いて先行できたらしぶといかも。

エメラルファイト:3歳馬で春には10番人気でスプリングSを勝ってしまったが、ダービー12着、秋になり富士S7着と、まだこれから強くなっていく馬で現時点では厳しいのでは

タイムトリップ:古馬になってからはオープン実績ゼロで、距離ももっと短いほうが良い。


<まとめ>
有力:ダノンプレミアムダノンキングリーレイエンダ

ヒモに:インディチャンプモズアスコットダイアトニック

穴で:クリノガウディーフィアーノロマーノ

[もっと見る]

2019年11月10日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2019年11月10日号】特選重賞データ分析編(176)~2019年マイルチャンピオンシップ~
閲覧 2,457ビュー コメント 0 ナイス 6



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 マイルチャンピオンシップ 2019年11月17日(日) 京都芝1600m外


<ピックアップデータ>

【“同年、かつJRA、かつG1・G2、かつ出走頭数が16頭以上のレース”において5着以内となった経験の有無別成績(2013年以降)】
○あり [6-5-5-39](複勝率29.1%)
×なし [0-1-1-50](複勝率3.8%)

 年明け以降の戦績を素直に評価したい一戦。少頭数やG3・オープン特別のレースを主戦場としてきた馬は苦戦しています。なお“同年、かつJRA、かつG1のレース”において5着以内となった経験がある馬は2013年以降[6-4-3-27](複勝率32.5%)とより堅実です。

主な「○」該当馬→ダノンキングリーダノンプレミアムプリモシーン
主な「×」該当馬→アルアインペルシアンナイトレイエンダ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の出走頭数が13頭以上」だった馬は2013年以降[6-5-6-75](複勝率18.5%)
主な該当馬→ダノンプレミアムプリモシーン

[もっと見る]

2019年10月11日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】「競馬を見るのが一番の趣味」穴男の坂井騎手/秋華賞は展開がカギ
閲覧 1,310ビュー コメント 0 ナイス 4

昨年の秋華賞の週、モレイラの考察とともに開始した当コラムもちょうど1年になる。

今後も予想はもちろん、騎手のことや馬券のこと、また競馬ファンとして、アウトサイダーだからこそ考えるべき様々な事象を取り上げていきたい。

先週は東西で今後のG1へと続くG2が行われた。未だに毎日王冠&京都大賞典といえば、東西でサイレンスズカとセイウンスカイが鮮やかに逃げ切った21年前を思い出してしまうが、今年はダノンキングリーが今後に向けて楽しみな勝ち方を見せてくれた。

ダービー以来となった今回、出遅れは少々想定外ではあったが、直線は難なく差し切り。今後は天皇賞(秋)ではなくマイルCS路線が有力とのことだが、どの路線であっても有力だろう。ただ中距離仕様のレースをずっと繰り返してきていただけに、久々のマイル戦の流れに戸惑う可能性は頭に入れておきたい。個人的には今からでも天皇賞(秋)路線へと切り替えてくれないかなと思っているのだが…。

一方の京都大賞典は伏兵、ドレッドノータスが好位から抜け出し波乱を演出した。2着にも逃げ粘ったダンビュライトが入線、人気を集めたグローリーヴェイズエタリオウエアウィンザーの3頭はいずれも掲示板にすら乗れず、大波乱の結末となった。


~イン差しで穴を連発する坂井騎手

今回、波乱の主役となったドレッドノータスだが、鞍上の坂井瑠星騎手の好騎乗も光った。坂井騎手は今年のフィリーズレビューで初の重賞制覇を果たしたが、当時は同着。初めて単独での重賞制覇となった。

坂井騎手といえば、腕を磨くために単身でオーストラリア渡航し修行していたことでも知られるが、

「競馬を見るのが一番の趣味」

というほど技術向上へのモチベーションが高い。特に目立つのはインにこだわる騎乗で、今夏の北海道でもしばしば穴をあけており、今後にも期待を持てる若手騎手だ。現状はまだまだ知名度も低く穴馬での好走も多いので、特に芝の内枠では注意したい。

また、3着に入ったシルヴァンシャーの脚も印象に残った。4コーナーのコース取りを考えれば上位2頭よりも明らかに長くいい脚を使っており、久々ながら成長を感じる一戦だった。


~名手が馬を育てる

ちょうど一年前の当コラム初回にて、

「モレイラの凄さは今さら語るまでもないだろうが、それでも敢えて一つだけ挙げるとすれば、それはズブい馬を動かしていく技術、そして、その効果を次走以降にも継続していくことである。端的に言えば、”モレイラによって馬が変わる”のだ」

と書いたが、まさにシルヴァンシャーもモレイラ騎乗によって馬が変わった一例だろう。昨秋までは一介の1勝馬に過ぎなかった同馬に、モレイラが騎乗すると瞬く間に2連勝。その後、戸崎騎手に乗り替わり3連勝を経て故障をしてしまったが、久々のレースとなった今回、いきなりのG2挑戦で3着と地力強化を印象付けた。

名馬が騎手を育てる…いわばテイエムオペラオーと和田騎手のようなケースもあるが、競馬には名手が名馬を育てるという側面もある。今年の秋はデットーリをはじめ、ムーア、スミヨン、マーフィー、Cデムーロなどなど、五指に余る世界の名手が日本に集う予定である。馬たちにとっても、新たな出会いによって素質を開花させるケースが見られるかもしれない。今から楽しみにしたい。


~波乱含みの秋華賞は展開がカギ

さて、今週末は3歳牝馬の最後の1冠、秋華賞が行われる。桜花賞&オークス馬が不在の上に台風の動向が予断を許さない状況となっており、開催の有無、また馬場への影響が気になるところだ。

一応の主役はダノンファンタジーだろう。昨年の2歳牝馬チャンピオンにして前哨戦のローズSを完勝、重賞4勝の実績はメンバーの中でも抜きん出ている。ただ、前走でもギリギリ折り合ったレースぶりからも距離延長が歓迎のタイプとはいえず、一抹の不安もある。レベルが高い年だと堅く収まることの多いレースではあるが、今年に関しては前述した馬場状態も含めて不透明な部分も多く波乱の余地もありそうだ。

ポイントになりそうなのは展開だろう。恐らくコントラチェックが逃げることになるだろうが、これに対してメイショウショウブら先行勢がどう絡んでいくか、それによって大いにレースの質も変わってきそうだ。古い話になるが、1999年の秋華賞では早めに動いたヒシピナクルに呼応して早仕掛けとなり、最後はブゼンキャンドル&クロックワークの差し追い込みで大波乱。そうかと思えば翌年の2000年はヤマカツスズランが楽逃げから粘り込み、インで息を潜めたティコティコタックが絡みまたも大波乱。

先行有利でスタミナを問われない立ち回り戦になるか、前がやり合って差しが届くスタミナ戦になるか、どちらになるかを見極めたい一戦だ。週末の馬場状態はもちろん、コントラチェックら逃げ先行勢の枠順、そして各陣営のコメントにも注目したい。


秋華賞の最終結論は、『TAROの競馬』にて無料公開の予定です。是非当日のブログをご覧ください。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2019年10月4日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】減量騎手の活躍が目立つ秋/東西G2展望
閲覧 838ビュー コメント 0 ナイス 3

秋G1の開幕戦、スプリンターズSはルメール騎手騎乗のタワーオブロンドンが鮮やかに抜け出し、G1初制覇を飾った。

先週の当コラムで「モズスーパーフレアの枠順がカギになる」と述べたが、4枠7番というまずまずの枠を引き、今度はスンナリ逃げることができた。だが、イベリスファンタジストマルターズアポジーら外枠勢が2番手以降を固めたために、内枠の各馬にとっては少々難しい隊列となった。

その中で、厳しい競馬となったのがダノンスマッシュ。どちらに転ぶかわからない1枠2番であったが、外枠各馬が先団を形成したために、内枠勢は押し込められ位置取りを下げた上で外に進路を切り替えざるを得なくなった。しかし、外にはルメールのタワーオブロンドンがいたため、結果的には絶好の標的になってしまった。最後はスムーズに抜け出してきたタワーオブロンドン、内から外に切り替え、追い出しまでに時間を要したダノンスマッシュの差が、1着と3着という明暗を分けることとなった。

スプリント戦は一瞬の判断やコース取り、隊列が結果を大きく左右する。馬券的には人気決着で堅かったが、展開や隊列、また騎手の攻防など、1分余りの間に様々なことが繰り広げられた1200m戦の醍醐味が詰まったレースだった。また、タワーオブロンドンはサマースプリントSで3戦を消化した後のスプリンターズS制覇。一流馬ほどトライアルを飛ばしての直行ローテなどが主流となりつつある中で、久々に使い込んで強くなる馬を見た気がする。やはり競走馬はレースに出てこそだ。タフなローテに耐えられる一流馬がいると、競馬は盛り上がる。


~減量騎手の活躍目立つ

先週はG1で大いに盛り上がったが、もう一つ見逃せない現象があった。それは減量騎手の活躍である。

▲=3キロ減のジョッキーに限っても、岩田望騎手が2勝、菅原明騎手が1勝2着2回、斎藤騎手が1勝2着1回と活躍したほか、藤田菜七子騎手や亀田騎手も勝利し、団野騎手も複数回馬券に絡んでいた。

特に日曜中山7Rは、逃げた藤田菜七子騎手騎乗の5番人気ヴィエナブローがそのまま逃げ切り、2着にはインを突いた菅原明騎手騎乗の13番人気シトラスクーラー。3連複は47万、3連単は241万の超高額配当となった。中山、阪神ともに最終週ながら立ち回りが生きる馬場状態で減量騎手がその特典を生かしやすい下地があったのかもしれないが、それでも乗り鞍に恵まれにくい2場開催の中での活躍は見事だった。

基本的に若い騎手はその活躍が目立つ前が馬券的には狙いとなる。前述の減量騎手の中でも、斎藤騎手や岩田騎手は比較的乗り馬の質も良く、早期から活躍も目立っていた。一方、菅原明騎手あたりは当初は苦戦していたが、夏場を過ぎたあたりから急に目立つようになってきた。新人騎手の割には意外と差し馬での活躍が目立つのも特徴だ。亀田騎手はルーキー騎手らしく積極策やダートでの活躍が目立っている。

今は情報が回るのも早く、腕が立つジョッキーは瞬く間に知られて人気になってしまう。今のうちから上手く特徴を掴んで、どんどん馬券に生かしたい。今週末は3場開催に加えてトップジョッキーが海外遠征で不在。若手騎手を狙うには良い週末かもしれない。


~2強に割って入れるか、負けられないダノンキングリー

さて、今週末は国内G1はひと休みとなるが、いよいよ秋の東京&京都開催がスタートする。

毎日王冠は秋の天皇賞に向けてダノンキングリーが始動する。既にアーモンドアイサートゥルナーリアの2強が出走を決めているだけに、ココは負けられない戦いになりそうだ。

少頭数でもありむやみやたら穴を狙うレースではないかもしれないが、怖いのは同じ3歳馬のランフォザローゼス。近2走は全く良いところがないが、セントライト記念は外枠に加えて掛かってしまいレースにならなかった。一気の距離短縮で変わり身がありそうだ。

一方、西の京都大賞典は頭数が揃い馬券的にも面白そうだ。現時点で期待しているのはエタリオウ。最強の1勝馬と言われて久しいが、得意の京都に加えて鞍上の横山典騎手は今回で2走目。この秋は随所に勝負強さを見せており、得意の前哨戦&連続騎乗でどんなレースを見せてくれるか。今回は一転しての先行策もあるのではないかと考えている。立ち回り次第では、シルバーコレクター返上もありそうだ。


※週末の重賞の最終結論は、ブログ『TAROの競馬』にて一部レースを無料公開の予定です。是非当日のブログをご覧ください。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダノンキングリーの口コミ


口コミ一覧

チャンピオンズC

 シベールの日曜日 2019年11月28日(木) 10:20

閲覧 54ビュー コメント 0 ナイス 9

昨日、今日 寒いですね。
皆さん お体ご自愛下さい。
チャンピオンズC、昨日の日記から少し調べてみました。
https://spaia.jp/column/horserace/8943
皆さんはこのサイト ご存知でしょうか?
これはあくまでご参考に、と言う意味です。
どのサイトも、100%はあり得ません。
当たることも、外れることもある、と言うことです。

で、今年の三歳馬、この年末になって古馬混合のG1での成績は、優勝馬 なし。
2着に先週のカレンが入り、エリザベスではラブズが3着と共に牝馬のみ。
G2でダノンキングリーが勝ちと。

連勝中のクリソベリル、有力馬には違いなくても古馬に交じってどこまでか?
疑う気持ちが台頭。
まだ木曜、じっくり考えましょうね。

 おがちゃん 2019年11月23日() 07:05
馬券に絡む寸評上位馬 (11月23日)
閲覧 38ビュー コメント 0 ナイス 1

自称「優馬」研究家のおがちゃんです。
馬券に絡む「優馬」の寸評の統計を取っています。
80パーセント複勝馬券に絡む馬をウマニティの読者予想で公開しています。

http://umanity.jp/coliseum/registration_list2.php

11月23日の寸評上位馬です。

< 勝ち負け >

< 好勝負 >

東京9R  △⑩ダイメイコリーダ

京都2R  注①グレースオブナイル
京都10R 注⑭ナンヨーイザヨイ

< 上位争い >

東京2R  〇⑫メリディアンローグ
東京3R  〇⑤ヴィクターバローズ
東京9R  〇⑨セラン
東京10R 〇②ブルベアイリーデ

京都2R  ◎⑨マカロンパフェ

11月17日の寸評上位馬結果です。

< 勝ち負け >

東京2R  〇⑯ブランシュフルール 7着、4番人気

< 好勝負 >

東京2R  ◎⑰パイネ 4着、2番人気
東京4R  注⑩シゲルタイタン 5着、3番人気
東京7R  〇①キタノユウキ 11着、2番人気

京都2R  〇⑩ゴルトファルベン 1着、2番人気
京都7R    ⑯テーオーポシブル 5着、9番人気
京都11R 〇①ダノンキングリー 5着、2番人気

福島3R  注④サツキワルツ 7着、3番人気

< 上位争い >

東京4R  〇⑦アイアムイチリュウ 3着、2番人気

京都3R  〇⑭レアリザトゥール 1着、3番人気
京都7R    ⑤サウンドテーブル 9着、10番人気

福島9R  ▲⑯シルバーストーン 1着、2番人気
福島10R △⑤ウレキサイト 3着、6番人気
福島11R 〇⑦ジョーダンキング 8着、4番人気

実績

勝ち負け 勝率 32%、連対率 49%、複勝率 65%

好勝負  勝率 25%、連対率 43%、複勝率 55%

上位争い 勝率 22% 連帯率 37% 複勝率 50%

[もっと見る]

 パトラッシュ 2019年11月22日(金) 08:59
ジャパンカップのU指数分析は?マイルCSの結果は?
閲覧 594ビュー コメント 0 ナイス 7

まず、先週お約束したマイルチャンピオンシップの分析からです。

◎ 的中しています。
これらの馬は、全く上位に来ていません。

4歳以上、指数99以下は消し
アルアイン
タイムトリップ
フイアーノロマーノ
レイエンダ
レッドオルガ


△ それなりに検討していますが、頭には来れてません。ただし的中していれば、結構な配当ということで何年か買い続けると、良いことがあるかも?

指数100以上かつ2位以内に限定すると単勝回収率は170.0%
モズアスコット 1位
マイスタイル  2位

△これも的中していますが、買う点数が多いので、効率的かと言えば×
これも何年か買い続けることが条件?
上位好走馬のほとんどが10位以内で、5位以内の2頭と6~10位の1頭で決まるケースが多い。1~5位+1~5位+6~10位という組み合わせの3連複フォーメーション

モズアスコット
マイスタイル
インディチャンプ
ダイアトニック
ダノンプレミアム


モズアスコット
マイスタイル
インディチャンプ
ダイアトニック
ダノンプレミアム

ペルシアンナイト
グアンチャーレ
ダノンキングリー
プリモシーン
※ 第10位は、4歳以上98.3のアルアイン、3歳で最上位97.3のクリノガウディーを入れるか、9位までにするか?


さて、ジャパンカップですが


<ポイント①>
・ヒモ荒れはあるが、勝ち切れるのは上位人気で、2012年以降はすべて5番人気以内が勝利。U指数も5位以内が堅実で、5番人気以内かつU指数5位以内の馬の単勝回収率は162.2%。

指数1位 スワーヴリチャード
指数2位 シュバルグラン
指数3位 レイデオロ
指数4位 ワグネリアン
指数5位 ユーキャンスマイル

ということで、私の本命シュバルグランを除く4頭を買いということですね。

<ポイント②>
・信頼できる5番人気以内かつU指数5位以内の馬を1着固定にして馬単総流しで購入した際の回収率は107.4%。近年ほぼ用なし状態の外国馬を買い目から除くと回収率は138.4%。
4×13=52通りで、元が取れてるみたい。結構な穴馬がヒモには来てるってことですね。

<ポイント③>
・高指数の出にくい3歳馬を除くと、2012年以降で馬券になった馬はすべて指数98.5以上。2着連対にハードルを上げると指数99以上。指数99未満の古馬は【0.0.3.24】。上位人気の該当例はほぼないが、指数98.5に満たない古馬ならびに外国馬を外せば購入対象をかなり絞り込める。

指数98.5に満たない古馬

ダイワギャグニー
ジナンボー
タイセイトレイル
ウインテンダネス

穴っぽい馬もほぼ用無し、という結果になりました。

統計的な結果なんで、何年か買い続けることが必要かも。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダノンキングリーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ダノンキングリーの写真

ダノンキングリーの厩舎情報 VIP

2019年11月17日マイルチャンピオンS G15着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ダノンキングリーの取材メモ VIP

2019年11月17日 マイルチャンピオンS G1 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。