会員登録はこちら
京都記念 G2   日程:2019年2月10日() 15:35 京都/芝2200m

レース結果

京都記念 G2

2019年2月10日() 京都/芝2200m/12頭

本賞金:6,200万 2,500万 1,600万 930万 620万


レコード:2分10秒0
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 6 8

ダンビュライト

牡5 56.0 松若風馬  音無秀孝 492(+2) 2.14.8 8.5 6
2 7 10

ステイフーリッシュ

牡4 56.0 藤岡佑介  矢作芳人 460(+4) 2.14.8 クビ 3.4 1
3 8 12

マカヒキ

牡6 57.0 岩田康誠  友道康夫 514(+10) 2.14.9 クビ 4.4 2
ラップタイム 12.9 - 11.2 - 13.1 - 13.1 - 13.0 - 12.2 - 12.2 - 12.0 - 11.9 - 11.1 - 12.1
前半 12.9 - 24.1 - 37.2 - 50.3 - 63.3
後半 59.3 - 47.1 - 35.1 - 23.2 - 12.1

■払戻金

単勝 8 850円 6番人気
複勝 8 220円 6番人気
10 140円 1番人気
12 180円 4番人気
枠連 6-7 610円 3番人気
馬連 8-10 1,510円 6番人気
ワイド 8-10 530円 7番人気
8-12 790円 15番人気
10-12 410円 3番人気
馬単 8-10 3,540円 21番人気
3連複 8-10-12 2,190円 8番人気
3連単 8-10-12 17,060円 70番人気

京都記念のニュース&コラム

【京都記念】1年ぶり美酒!ダンビュ2つ目重賞ゲット
 第112回京都記念(10日、京都11R、GII、4歳上オープン国際、別定、芝・外2200メートル、1着本賞金6200万円 =出走12頭)松若風馬騎乗で6番人気のダンビュライトが好位追走から直線で力強く伸びて快勝。昨年のAJCC以来となる重賞2勝目を飾り、春のGI戦線に弾みをつけた。タイム2分14秒8(良)。2着は1番人気のステイフーリッシュ、3着は2番人気のマカヒキが入った。 無我夢中で左ムチを振り、手綱をしごいた。横一線に広がった直線で、鞍上の必死の鼓舞激励に応えたダンビュライトが昨年のAJCC以来の勝利で重賞2勝目。一昨年のきさらぎ賞(アメリカズカップ)以来、2年ぶりの重賞制覇となった松若騎手が声を弾ませた。 「昨年は重賞を勝てず、今年はしっかり勝って勢いづけたいと思っていたので、本当によかったです」 好スタートから2番手につけると、前半1000メートル通過が63秒3のスローペース。向こう正面でブラックバゴがまくっていったが、慌てず我慢し、4コーナー手前で進出を開始した。直線では、外から迫るステイフーリッシュ(2着)やダービー馬マカヒキ(3着)といった実績馬を封じ込んだ。これでコンビを組んで3戦3勝。抜群の相性に「すごくいいタイミングで乗せてもらっていますし、こういうチャンスを生かせるかが大事なので勝ててよかった」と喜んだ。 近走は勝負どころで包まれるなど、不完全燃焼続き。昨秋の天皇賞で放馬して競走除外になるなど馬場入りで気性面の難しさを見せていたが、分厚いメンコ(覆面)を着用するなどして対応した。音無厩舎所属で同馬を熟知する鞍上が平常心で走らせ、持ち味の息の長い脚を引き出した。 「幼いところはありますが、能力はある馬ですし、きょう重賞を勝って改めて力を感じました。僕自身も、もっと上を目指して頑張ります」 次走は未定だが、春のGI戦線がくっきり見える勝利。完全復活を遂げた一昨年の皐月賞3着馬が、悲願のビッグタイトルを視界にとらえた。 (斉藤弘樹)★10日京都11R「京都記念」の着順&払戻金はこちら
2019年2月11日(月) 05:04

 575

【京都記念】レースを終えて…関係者談話
 ◆福永騎手(パフォーマプロミス4着) 「57キロを背負ってもスタートよくいい位置を取れたし、最後までしぶとく頑張っています」 ◆幸騎手(ケントオー5着) 「3コーナー手前で挟まれて下がったのがもったいなかった」 ◆池添騎手(ブラックバゴ6着) 「掛かるから向こう正面で行く形に。そこでリラックスしてくれればいいんですが…。その割に直線も頑張っています」 ◆松山騎手(ダッシングブレイズ7着) 「しっかり脚を使って差のないところまで来てくれました」 ◆和田騎手(タイムフライヤー8着) 「いい意味で気を抜いて走れていた。ただ、向こう正面で来られて反応し、勝手が違う競馬になってしまった」 ◆高倉騎手(ノーブルマーズ9着) 「2走前あたりから乗り難しくなってきました。流れもスローすぎて折り合わず、直線は余力がありませんでした」 ◆坂井騎手(カフジプリンス10着) 「手応えがよくない割には頑張ってくれました」 ◆川田騎手(ハートレー11着) 「素晴らしい馬なのに、どうしてレースでは動いてくれないんでしょうかね」 ◆国分恭騎手(アクションスター12着) 「傷み気味の馬場を気にして、道中はノメッていた」★10日京都11R「京都記念」の着順&払戻金はこちら
2019年2月11日(月) 05:03

 769

【京都記念】マカヒキ、復調気配も3着
 第112回京都記念(10日、京都11R、GII、4歳上オープン国際、別定、芝・外2200メートル、1着本賞金6200万円 =出走12頭)2016年のダービー馬マカヒキは3着。後方4番手あたりから長くいい脚を使い、復調の兆しをうかがわせるレースぶりだった。「よく伸びているんですが…」と岩田騎手。続けて「ただ、4コーナーから追い出しにかかると、まだモタモタして…。ラストはいい脚を使っているし、前回(有馬記念10着)より馬の状態は良くなっていました」と復活への手応えを感じ取っていた。★10日京都11R「京都記念」の着順&払戻金はこちら
2019年2月11日(月) 05:03

 525

【京都記念】ステイフーリッシュ、クビ差の2着
 第112回京都記念(10日、京都11R、GII、4歳上オープン国際、別定、芝・外2200メートル、1着本賞金6200万円 =出走12頭)1番人気に推されたステイフーリッシュは2着。好位から馬場の外めを抜け出してきたが、真横から先に抜け出した勝ち馬にクビ差及ばなかった。藤岡佑騎手は「ポジションを取りに行って、出入りが激しくても落ち着いて走れていました。4コーナーを回って、自信を持って追い出したんですが…。今回は勝った馬が強く、うまく立ち回られましたね」と無念の表情。それでも相手なりに走れる地力と安定感は示した。★10日京都11R「京都記念」の着順&払戻金はこちら
2019年2月11日(月) 05:03

 426

京都記念のニュースをもっと見る >

【京都記念&共同通信杯&クイーンC】キーマンズトーク・友道康夫調教師
 友道厩舎が今週の東西3重賞で“総取り”を狙う。10日の東京「第53回共同通信杯」は2歳王者アドマイヤマーズ、同日の京都「第112回京都記念」は’16ダービー馬マカヒキ、9日の東京「第54回クイーンC」は阪神JF3着のビーチサンバという豪華布陣だ。友道康夫調教師(55)から“トリプル”の確かな手応えが伝わってきた。 --強力な3頭出し。日曜の東京は真打ちアドマイヤマーズの登場だ 友道康夫調教師「朝日杯FSのあと短期の放牧に出て、先月の11日に帰ってきた。馬体はふっくらして大きくなったし、成長を感じるね」 --最終追いは坂路 「先週しっかり追ったので、今週は単走でサッと。ゆったりした感じだったから、(4F)56秒くらいかと思ったのにこの時計(54秒3)。調子がいい証拠だね」 --シーズン初戦にいい状態で臨めそう 「ムダ肉がつかないタイプで、うっすらとアバラが見えている。そんなに間隔も空いてない分、調整はしやすかった」 --過去の4戦はマイル。ここで1F延びる 「朝日杯FSを見据えていたので、マイルを使っていただけ。折り合いがつくから距離延長は心配していない。これまでどおりのレースで、次の皐月賞へつなげたい」 --マカヒキは有馬記念10着以来 「前々走の天皇賞・秋はけいこの動きは良かったんだが、当日の馬体が減っていたし、疲れがあったようだ。無理せずジャパンCを回避して有馬記念へ臨んだが、まだ復調気配を見せてきたくらいだったね」 --最終追いはPコースで馬なり 「在厩でじっくり調整してきた。先週のCWコースでの動きも良かったし、ようやく昨夏の札幌記念(2着)当時のデキに戻ってきた」 --完全復活は間近 「本来の能力を出せる状態だと思う。中山より京都のほうが合うし、勝って大阪杯へ臨みたい」 --ビーチサンバは阪神JFのゴール前、しぶとく詰め寄った 「直線でバランスを崩すようなところもあったけど、最後は詰めてきた。冬毛が伸び毛ヅヤはもうひとつだが、馬自体は良くなっている。トモの緩さが残るので、瞬発力勝負になると分が悪いが、東京マイルでは結果を残しているし、今度も楽しみにしている」(夕刊フジ)★京都記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★共同通信杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★クイーンCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年2月7日(木) 12:58

 2,197

【京都記念】厩舎の話
 アクションスター・田中助手「外を回ったので時計的にも十分。馬場は渋ったほうがいい」 カフジプリンス・坂井騎手「しまいを軽く流して1F12秒1。長期休養明けを感じさせない」 ケントオー・高橋厩務員「行きっぷりが悪かったのは周りに馬がいなかったからか。いい状態」 ステイフーリッシュ・藤岡佑騎手「単走で流す感じで順調。ここへきてフォームが安定し、いい走りになってきた」 タイムフライヤー・和田騎手「前走時よりも仕上がりはいい。切れるタイプではないので、今の馬場は合うと思う」 ダッシングブレイズ・斉藤崇調教師「しまいまでしっかり動けていた。変わりなくいい状態だ」 ダンビュライト・松若騎手「しっかりやったし、動きも良かった。中間は落ち着いているので、このままの感じでレースへ臨みたい」 ノーブルマーズ・石原助手「持ったままで1F12秒5。数字以上にスピード感があった。この馬のリズムで走れれば」 パフォーマプロミス・福永騎手「馬場に出たときからやる気に満ちていたし、伸び伸びと走っていた。いい状態だね」 ハートレー・手塚調教師「動きは良かったし、体もそれなりにふっくらしている。土曜に雨が降りそうなのが気になる」 ブラックバゴ・斎藤誠調教師「動きは良かった。このひと追いと輸送で体は絞れると思う」(夕刊フジ)★京都記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年2月7日(木) 12:47

 1,663

【調教ズームイン】ノーブルマーズ反応絶品
 馬なりながら、ノーブルマーズが坂路で弾むような動きを見せつけた。CWでしまい重点の調整だった前走時(日経新春杯4着)の最終追い(CW4ハロン53秒0-11秒8)は正直、物足りなさを覚えたが、今回は調教の質、走りともに文句なし。完調と言い切れるほどの状態だ。 タイムは4ハロン54秒0-12秒5。閉門直前の、馬場の荒れた時間帯を考えれば上等の数字といっていい。ゴール前の反応の良さは絶品で、鞍上が仕掛けていれば、さらに時計が詰まっていたのは間違いない。伸びを感じさせるフォームで、楽々と急勾配を駆け上がってくる姿はホレボレするほどだった。 まさに『言い訳の利かない』仕上がり。道中の折り合い、脚の使いどころが難しい馬ではあるが、好勝負を予感させる臨戦態勢だ。(宇恵)★京都記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年2月7日(木) 12:00

 1,231

【京都記念】タイム、復活の時計!2歳時以来の勝利へ
 京都記念の追い切りが6日、東西トレセンで行われた。栗東では、2頭のGI馬のうちの1頭、タイムフライヤーが坂路でラスト1ハロン12秒1と鋭い伸びを披露。サンケイスポーツ調教評価で最高の『S』となった。一昨年のGIホープフルS以来となる白星へ態勢を整えた。 どんよりとした曇り空を吹き飛ばす猛烈リハだ。復活を期すタイムフライヤーが、荒れた馬場を苦にすることなく、パワフルな走りで登坂。手綱を取った和田騎手が大きくうなずいた。 「前走は少し硬さがあったけど、今回は滑らかになった感じがありますね。前回も(調教で)動いていたし、仕上がっていたと思うけど、今回の方がいいと思う」 ゆったりとした入りから、徐々にスピードに乗って直線へ。ラストの急勾配をチップを蹴散らしながら駆け上がって4ハロン52秒5。最後の2ハロンを12秒0-12秒1のハイラップでまとめた。 午前7時の馬場開門から30分ほどが経過し、他馬の調教で馬場が掘り返され、力を要する時間帯。そのなかでの好時計に松田調教師は「変わらず、調教は動きますね。まだトモ(後肢)が緩いなかで、(力の要る)ふかふかの馬場でも上手に走れている」と納得の表情だ。 一昨年のホープフルSを制して以来、白星から遠ざかっている。それでも、休み明けだった前走の中山金杯では勝ち馬と0秒2差の5着。当時の2着で、今回も上位人気が予想されるステイフーリッシュが斤量据え置きの56キロなのに対し、こちらは今回1キロ減の55キロ。指揮官は「(ステイとは前走)0秒1差でしたからね」と逆転に向けてニヤリと笑みを浮かべた。 前走の馬体重は10キロ増の464キロだったが「それで伸びなかったというわけではないからね。マイナス要因ではなかった」。結果には結びつかなかったが、陣営は“数字”が示す肉体的な成長を感じ取っている。 「きょう、しっかりとやったことで気持ちも入ってくる」 松田師は改めて、万全のデキと強調した。ダービー馬マカヒキと、出走メンバーでわずか2頭のGIホース。完全復活の時は、間違いなく近づいてきている。(山口大輝)★京都記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年2月7日(木) 05:06

 1,488

京都記念の直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


京都記念の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

2月10日 15:33更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv122 
17,060円 17,060円
Lv119 
850円 85,000円
Lv118 
850円 25,500円
Lv117 
2,190円 13,140円
Lv113 
530円 26,500円

的中情報をもっと見る >

京都記念過去10年の結果

2018年2月11日() 京都競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
1着 クリンチャー 藤岡佑介 2:16.3 10.5倍 100.1
2着 アルアイン 川田将雅 6.6倍 99.0
3着 レイデオロ D.バルジュー クビ 1.6倍 99.0
2017年2月12日() 京都競馬場/芝2200m 天候: 馬場:稍重
1着 サトノクラウン M.デムーロ 2:14.1 4.4倍 102.2
2着 スマートレイアー 岩田康誠 1 1/4 23.3倍 101.2
3着 マカヒキ R.ムーア クビ 1.7倍 101.2
2016年2月14日() 京都競馬場/芝2200m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

京都記念のデータ分析とレース傾向

コース図京都芝2200m

国内外のビッグレースを目指すG1級の有力馬が年明け後の始動戦として出走するケースの多いレース。ゆえに、前走で出走していたレースの格が結果に直結しやすい。近年は特に顕著で、2007年以降の3着以内馬は前走G1組が半数近くを占めている。ローテについては、有馬記念と香港国際競走からのステップが有力。前者は複勝率50%超という高値安定の成績。後者に至っては、全勝という圧巻のパフォーマンスを見せつけている。該当馬が出走すれば、迷わず馬券の中心に据えるべきだ。舞台となる京都芝2200mは、3コーナー過ぎの下り坂で一気にペースが速くなる。従って、一瞬のキレよりもスピードの持続力を問われやすいコースと言えよう。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

京都記念の歴史と概要


2015年の優勝馬ラブリーデイ

かつて年に2回開催されていた歴史ある古馬重賞。ハンデ戦から別定戦に改められた1994年以降は実績上位馬が参戦しやすくなり、同年の第87回は前年の菊花賞ビワハヤヒデが出走。2着のルーブルアクトに7馬身差をつける圧勝劇を演じた。第93回(2000年)のテイエムオペラオー、第100回(2007年)のアドマイヤムーン、第103回(2010年)のブエナビスタ、第108回(2015年)のラブリーデイ、第109~110回(2016~2017年)連覇のサトノクラウンなど、G1を複数回勝利した強豪が威厳を誇示するケースも多い。

歴史と概要をもっと見る >

京都記念の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年8月25日(
キーンランドカップ  G3
新潟2歳ステークス  G3

競馬番組表

2019年8月24日(
2回札幌3日目
2回新潟9日目
2回小倉9日目
2019年8月25日(
2回札幌4日目
2回新潟10日目
2回小倉10日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
87,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
3 グランアレグリア 牝3
19,878万円
4 ダノンファンタジー 牝3
18,337万円
5 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
6 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
7 ヴェロックス 牡3
16,304万円
8 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
9 ニシノデイジー 牡3
11,910万円
10 ディアンドル 牝3
11,523万円
» もっと見る