ソロル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ソロル
写真一覧
抹消  黒鹿毛 2010年3月29日生
調教師中竹和也(栗東)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者追分ファーム
生産地安平町
戦績43戦[9-4-6-24]
総賞金23,824万円
収得賞金4,125万円
英字表記Solor
血統 シンボリクリスエス
血統 ][ 産駒 ]
Kris S.
Tee Kay
ラバヤデール
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ニキーヤ
兄弟 ルコルセールリープオブフェイス
市場価格
前走 2017/09/16 阪神ジャンプS G3
次走予定

ソロルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/09/16 阪神 8 阪神ジャンプ G3 芝3140 7445.03** 牡7 60.0 北沢伸也中竹和也 496
(+4)
-- ----⑤④④⑦止アップトゥデイト
17/07/29 小倉 8 小倉サマーJ G3 芝3390 142220.961** 牡7 60.0 西谷誠中竹和也 492
(-4)
3.42.7 -0.013.1⑥⑥アップトゥデイト
17/03/05 中山 4 障害4歳以上オープン 芝3200 12332.423** 牡7 60.0 西谷誠中竹和也 496
(0)
3.36.4 1.013.5⑩⑨⑤④ルペールノエル
17/02/11 東京 8 春麗ジャンプ OP 芝3100 14463.013** 牡7 60.0 西谷誠中竹和也 496
(+4)
3.30.4 0.313.6⑥⑥⑦⑧メイショウヒデタダ
17/01/07 中山 8 中山新春JS OP 芝3200 12674.122** 牡7 60.0 西谷誠中竹和也 492
(-10)
3.37.2 0.113.6⑥⑥⑦⑥ポールシッター
16/11/27 京都 4 障害3歳以上オープン 芝3170 9331.814** 牡6 60.0 西谷誠中竹和也 502
(+4)
3.38.9 0.613.8リヴゴーシュ
16/10/29 新潟 4 障害3歳以上オープン 芝2850 14582.117** 牡6 60.0 西谷誠中竹和也 498
(0)
3.08.0 1.713.2⑤⑤⑦⑦ラステラ
16/10/08 東京 4 障害3歳以上未勝利 芝3000 128113.121** 牡6 60.0 西谷誠中竹和也 498
(-4)
3.28.0 -0.713.9サトノギャラント
16/07/10 函館 11 マリーンS OP ダ1700 12557.3512** 牡6 57.5 勝浦正樹中竹和也B 502
(+6)
1.45.3 1.838.5⑧⑧⑨⑪ショウナンアポロン
16/06/25 函館 11 大沼S OP ダ1700 125535.9104** 牡6 58.0 勝浦正樹中竹和也B 496
(-16)
1.42.8 1.136.3④⑤④⑥モンドクラッセ
16/04/16 阪神 11 アンタレスS G3 ダ1800 16612271.61413** 牡6 56.0 藤岡康太中竹和也 512
(+8)
1.51.6 1.738.4⑦⑥⑧⑧アウォーディー
16/03/27 中山 11 マーチS G3 ダ1800 1661253.41014** 牡6 57.5 吉田隼人中竹和也 504
(+14)
1.54.1 1.438.3⑦⑨⑦⑦ショウナンアポロン
16/01/09 中山 11 ポルックスS OP ダ1800 1661113.3913** 牡6 58.0 吉田隼人中竹和也 490
(-4)
1.54.5 2.039.6⑤⑨サンマルデューク
15/12/26 中山 11 師走S OP ダ1800 163526.7104** 牡5 58.0 吉田隼人中竹和也 494
(-10)
1.52.3 0.638.5⑥⑤⑤④サンマルデューク
15/11/08 京都 11 みやこS G3 ダ1800 1181014.9511** 牡5 56.0 C.ルメー中竹和也B 504
(+12)
1.50.3 2.538.5⑥⑥⑥⑦ロワジャルダン
15/10/06 金沢 10 白山大賞典 G3 ダ2100 12--------5** 牡5 55.0 藤岡康太中竹和也 492
(--)
2.17.0 2.1----マイネルバイカ
15/08/16 札幌 11 エルムS G3 ダ1700 138136.135** 牡5 56.0 吉田隼人中竹和也B 492
(-12)
1.43.5 0.537.3⑥⑤⑤⑤ジェベルムーサ
15/07/12 函館 11 マリーンS OP ダ1700 13116.331** 牡5 57.5 吉田隼人中竹和也B 504
(0)
1.44.3 -0.036.5⑦⑧⑦⑦ヒラボクプリンス
15/06/27 函館 11 大沼S OP ダ1700 11444.423** 牡5 57.0 藤岡康太中竹和也B 504
(+10)
1.44.2 0.337.1⑥⑦⑤⑤ジェベルムーサ
15/03/29 中山 11 マーチS G3 ダ1800 166115.028** 牡5 57.5 蛯名正義中竹和也 494
(-8)
1.53.0 0.337.9⑧⑦⑦⑦マイネルクロップ

⇒もっと見る


ソロルの関連ニュース

 第20回小倉サマージャンプ(28日、小倉8R、J・GIII、障害3歳上オープン(混)、別定、芝3390メートル、1着本賞金2900万円 =出走11頭)中団を進んだ6番人気ヨカグラが3周目の3コーナーで1番人気アップトゥデイトなどをかわして先頭に立ち、重賞初制覇を飾った。タイム3分41秒3(良)。今後は中山大障害(12月22日、中山、J・GI、芝4100メートル)が大目標になる。なお、西谷騎手は連覇を飾ると同時に、白浜、高田騎手に並ぶ障害重賞歴代1位の19勝目を記録した。



 ◆西谷騎手(ヨカグラ1着) 「やる気のスイッチが入っていました。チャンピオンホースが相手ですから、早め早めで小細工をせずに競馬をしました。バンケットも駄目でないので、暮れの中山も楽しみです」

 ◆白浜騎手(アップトゥデイト2着) 「スタートで出遅れて途中から2番手になった。ダンツキャンサーに来られてしのいだと思ったら勝ち馬に来られてしまった。3、4コーナーを先頭で回れていたら…」



ヨカグラ 父ハービンジャー、母ダンスオールナイト、母の父エルコンドルパサー。栗毛のセン5歳。栗東・中竹和也厩舎所属。北海道千歳市・社台ファームの生産馬。馬主は(有)社台レースホース。戦績31戦5勝(うち障害12戦4勝)。獲得賞金8766万5000円(うち障害7168万5000円)。重賞初勝利。小倉サマージャンプ中竹和也調教師が2017年ソロルに次いで2勝目。西谷誠騎手は09年エイシンボストン、17年ソロルに次いで3勝目。馬名は「夜神楽」。

【小倉サマーJ】ヨカグラが重賞初V~アップトゥデイトは2着 2018年7月28日() 14:14

 7月28日の小倉8Rで行われた第20回小倉サマージャンプ(障害3歳以上オープン、J・GIII、芝3390メートル、別定、11頭立て、1着賞金=2900万円)は、西谷誠騎手騎乗の6番人気ヨカグラ(セン5歳、栗東・中竹和也厩舎)がジャンプ重賞初制覇。ヴィーヴァギブソンが離して逃げ、2番手に断然人気のアップトゥデイトヨカグラは序盤は後方待機、道中で徐々に前をうかがい、逃げ馬が失速した最後の3コーナーで一気に先頭へ。直線の最終障害をクリアした時点でアップトゥデイトの追撃も終了。ゴールでは2馬身半差をつける完勝だった。タイムは3分41秒3(良)。

 2着にアップトゥデイト(1番人気)、さらに5馬身差遅れた3着にアグリッパーバイオ(3番人気)。

 小倉サマージャンプを勝ったヨカグラは、父ハービンジャー、母ダンスオールナイト、母の父エルコンドルパサーという血統。北海道千歳市・社台ファームの生産馬で、馬主は (有)社台レースホース。通算成績は31戦5勝(うち障害12戦4勝)。重賞初制覇。小倉サマージャンプは、中竹和也調教師は2017年ソロルに次いで2勝目、西谷誠騎手は2009年エイシンボストン、2017年ソロルに次いで3勝目。

 ◆西谷誠騎手(1着 ヨカグラ)「今日はやる気のスイッチが入っていました。チャンピオンホースが相手ですから、早め早めの競馬で小細工をせずに一か八かの競馬をしました。スタッフがきっちり仕上げてくれたのが大きかったと思います。バンケットもだめではないので、暮れの中山も楽しみです」

 ◆白浜雄造騎手(2着 アップトゥデイト)「スタートで遅れてしまいましたが、途中から2番手でいけました。ダンツキャンサーに来られて、しのいだと思ったら勝ち馬に来られてしまい…。3、4コーナーを先頭で回れていたら良かったのですが。今日はまいりました」



★28日小倉8R「小倉サマージャンプ」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

マーチSを勝ったソロルが引退、乗馬に 2017年9月21日(木) 14:13

 2014年のマーチS(GIII)、17年の小倉サマージャンプ(J・GIII)を勝ったソロル(牡7歳、栗東・中竹和也厩舎)が9月22日付で競走馬登録を抹消する。JRA通算41戦9勝、獲得賞金2億3824万8000円、地方通算2戦0勝、獲得賞金462万円。今後は北海道安平町の追分ファームリリーバレーで乗馬となる予定。

ソロルの競走成績はこちら

[もっと見る]

【小倉サマーJ】マーチS優勝馬ソロルがJ重賞初制覇 2017年7月29日() 14:14

 7月29日の小倉8Rで行われた第19回小倉サマージャンプ(障害3歳以上オープン、J・GIII、芝・3390メートル、別定、14頭立て、1着賞金=2900万円)は、西谷誠騎手騎乗の6番人気ソロル(牡7歳、栗東・中竹和也厩舎)がジャンプ重賞初制覇。タイムは3分42秒7(良)。メイショウヒデタダが引っ張る流れをソロルは中団で追走。直線は外から伸びて、2番手追走から押し切りをはからんとする1番人気のアップトゥデイトをハナ差とらえた。さらに1馬身1/4差遅れた3着には好位追走から直線はインをついたマイネルフィエスタ

 小倉サマージャンプを勝ったソロルは、父シンボリクリスエス、母ラバヤデール、母の父サンデーサイレンスという血統。北海道安平町・追分ファームの生産馬で、馬主はサンデーレーシング。通算成績は42戦9勝(うち障害7戦2勝)。重賞は2014年マーチS・GIIIに次いで2勝目。平地&障害の両方での重賞制覇は史上11頭目。小倉サマージャンプは、中竹和也調教師は初優勝、西谷誠騎手は2009年エイシンボストンに次いで2勝目。

 ◆西谷誠騎手(1着 ソロル)「ハナ差負けているかなと思ったけど、届いてくれてよかった。馬にとってはきついレースだったけど、すべて応えてくれました」

★29日小倉8R「小倉サマージャンプ」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【マリーンS】ソロル、13秒0も合格点 2016年7月8日(金) 05:03

 トップハンデ57・5キロのソロル(栗・中竹、牡6)は、勝浦騎手を背にWコースで5ハロン70秒2、3ハロン41秒0-13秒0をマーク。鋭い反応ではなかったが、攻め駆けしないだけに合格点といえる。前脚のさばきは力強く、筋骨隆々の馬体は見栄えも抜群だ。

 「前走は3、4コーナーで手応えが悪くても伸びてきてくれて、『ああ、こういう馬なんだ』と。馬の個性をつかめました」と勝浦騎手。2カ月以上レース間隔があいた前走を叩いて体調面の上積みも確か。「調教の動きは前回よりいいですし、今回は前進しかないと思っています」と自信をのぞかせた。

★マリーンSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【エルムS】ソロル、2馬身先着13秒22015年8月13日(木) 05:06

 ソロルは、函館Wコースで併せ馬を行った。ヨカグラ(新馬)を相手に外を回って直線に向くと、一気に突き放して2馬身先着。一杯に追われて5ハロン68秒2、3ハロン39秒5-13秒2を計時した。

 吉田隼騎手は「ビュッとは動かないけど、しまいであれだけ反応してくれれば十分。状態はキープしている。1回、競馬に乗って勝っているんで、いいイメージでいける」と好感触を伝えた。中竹調教師は「早めに動いてもいいので、しぶとさを生かす叩き合いの形なら」と期待を込めた。

エルムSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ソロルの関連コラム

閲覧 957ビュー コメント 0 ナイス 3

 兵庫チャンピオンシップは、菊水賞に始まって園田ダービーで終わる兵庫三冠の二冠目であるが、過去21回の歴史の中で、地方馬が優勝したのは第1回のミツアキサイレンス(笠松)と第2回のロードバクシン(兵庫)のみ。過去10年でも3着以内だったのは、2019年のバンローズキングス(兵庫)の3着のみ。南関東などの他地区もこの時期がクラシックシーズンにあたり、他地区からの参戦がないこともあり、中央馬の独壇場となっている。

 その中央馬の中でも断然有力なのは、1勝クラス以上で2着馬に0.5秒差以上着差をつけて勝利している馬だ。それらの過去10年のこのレースでの成績は【4・3・1・1】。1着の該当馬は、2017年のタガノディグオ、2018年のテーオーエナジー、2019年のクリソベリル、2022年のブリッツファング。2着の該当馬は、2019年のヴァイトブリック、2020年のダノンファラオ、2021年のゴッドセレクション。3着の該当馬は、2017年のクイーンマンボ。唯一の4着馬は、リゾネーターで4着だが、これについては後で述べる。

 さらに伏流Sの連対馬も有力でこのレースでの成績は、【2・4・0・1】と優秀だ。1着の該当馬は、2013年のコパノリッキー、2015年のクロスクリーガー。2着の該当馬は、2014年のランウェイワルツ、2015年のリアファル、2021年のゴッドセレクション、2022年のノットゥルノ。唯一、4着以下だったのは、2017年のリゾネーター(4着)だが、同馬は前走の伏竜Sが1月5日以来の約3ヵ月の休養明けだったことから、休養明け好走の反動が出たものと推測される。

 また、同年のヒヤシンスSの連対馬も有力。過去10年のこのレースでの成績は【1・2・1・0】と複勝率100%だ。1着の該当馬は、2014年のエキマエ。2着の該当馬は、2014年のランウェイワルツ、2016年のゴールドドリーム、2019年のヴァイトブリック。2013年のソロル。ヒヤシンスSの優勝馬は2015年のゴールデンバローズ、2017年のエポカリス、2022年のコンバスチョンのように、UAEダービーに向かうこともあるが、出走してくるようであれば、伏竜Sの連対馬と同じように信頼できる。

 逆に、穴馬はわりとパターン化しており、伏竜Sで3着以下だった馬の巻き返し。その中でも伏竜Sで4角5番手以内だった馬がよく巻き返している、該当馬は2013年のソロル(2番人気・3着)、2016年のケイティブレイブ(2番人気・1着)、2017年のノーブルサターン(5番人気・2着)、2020年のダノンファラオ(2番人気・2着)、2022年のノットゥルノ(2番人気・2着)。遡れば2012年に5番人気で3着のプーラヴィーダも前記に該当している。

 これは伏竜Sが短距離路線馬の出走により、前が苦しい流れになるからだろう。伏竜Sで3着以内だと人気になるが、敗退すると人気を落とすので、ヒモ穴に一考の価値はある。


 まとめるとこうなる!

 ●本命候補
 ・中央の1勝クラス以上で0.5秒差以上圧勝した実績のある馬。
 ・前走の伏竜Sで連対した馬。
  (伏竜Sが3ヵ月以上の休養明けだった場合を除く)
 ・同年のヒヤシンスSの連対馬。

 ●穴馬候補
 ・前走の伏竜Sで4角5番手以内でレースをした馬。


登録済みの方はこちらからログイン

2022年5月3日(火) 00:00 山崎エリカ
【山崎エリカのダートグレード攻略】~兵庫チャンピオンシップ2022~
閲覧 1,411ビュー コメント 0 ナイス 4

 兵庫チャンピオンシップは、菊水賞に始まって園田ダービーで終わる兵庫三冠の二冠目であるが、過去21回の歴史の中で、地方馬が優勝したのは第1回のミツアキサイレンス(笠松)と第2回のロードバクシン(兵庫)のみ。過去10年でも3着以内だったのは、2019年のバンローズキングス(兵庫)の3着のみ。南関東などの他地区もこの時期がクラシックシーズンにあたり、他地区からの参戦がないこともあり、中央馬の独壇場となっている。

 その中央馬の中でも断然有力なのは、1勝クラス以上で2着馬に0.5秒差以上着差をつけて勝利している馬だ。それらの過去10年のこのレースでの成績は、【4・3・1・1】。1着の該当馬は、2012年のオースミイチバン、2017年のタガノディグオ、2018年のテーオーエナジー、2019年のクリソベリル。2着の該当馬は、2019年のヴァイトブリック、2020年のダノンファラオ、2021年のゴッドセレクション。3着の該当馬は、2017年のクイーンマンボ。唯一の4着馬は、リゾネーターで4着だが、これについては後で述べる。

 さらに伏流Sで連対馬も有力でこのレースでの成績は、【2・3・0・1】と優秀だ。1着の該当馬は、2013年のコパノリッキー、2015年のクロスクリーガー。2着の該当馬は、2014年のランウェイワルツ、2015年のリアファル、2021年のゴッドセレクション。唯一、4着以下だったのは、2017年のリゾネーターで4着。同馬は過去10年で唯一、1番人気馬でありながら馬券圏外に敗れているのだが、前走の伏竜Sが1月5日以来の約3ヵ月の休養明けの出走だったことから、休養明け好走の反動が出たものと推測される。

 また、同年のヒヤシンスSの連対馬も有力。過去10年のこのレースでの成績は、【1・2・2・0】。1着の該当馬は、2014年のエキマエ。2着の該当馬は、2014年のランウェイワルツ、2016年のゴールドドリーム、2019年のヴァイトブリック。3着該当馬は、2011年のラヴィアンクレール、2013年のソロル。ヒヤシンスSの優勝馬は2015年のゴールデンバローズ、2017年のエポカリス、今年の優勝馬コンバスチョンのように、UAEダービーに向かうこともあるが、出走してくるようであれば、伏竜Sの連対馬同様に信頼できる。

 逆に、穴馬はわりとパターン化しており、伏竜Sで3着以下だった馬の巻き返し。その中でも伏竜Sで4角5番手以内だった馬がよく巻き返している、該当馬は、2012年のプーラヴィーダ(5番人気・3着)、2013年のソロル(2番人気・3着)、2016年のケイティブレイブ(2番人気・1着)、2017年のノーブルサターン(5番人気・2着)、2020年のダノンファラオ(2番人気・2着)。これは伏竜Sが短距離路線馬の出走により、前が苦しい流れになりやすいことが影響している。伏竜Sで3着以内だと人気になるが、敗退すると人気を落とすので、ヒモ穴に一考の価値はある。


 まとめるとこうなる!

 ●本命候補
 ・中央の1勝クラス以上で0.5秒差以上圧勝した実績のある馬。
 ・前走の伏竜Sで連対した馬。
  (伏竜Sが3ヵ月以上の休養明けだった場合を除く)
 ・同年のヒヤシンスSの連対馬。

 ●穴馬候補
 ・前走の伏竜Sで4角5番手以内でレースをした馬。

[もっと見る]

2021年5月3日(月) 10:00 山崎エリカ
【山崎エリカのダートグレード攻略】~兵庫チャンピオンシップ2021~
閲覧 1,217ビュー コメント 0 ナイス 4

 兵庫チャンピオンシップは、前年の兵庫ジュニアグランプリ以来、地方馬と中央馬が激突する3歳最初のダートグレードだ。将来の古馬重賞ウイナーと、生涯1勝クラス(旧500万下)の馬が競うことや、南関東がこの時期がクラシックシーズンにあたり、南関のトップクラスも参戦してこないため、能力差が大きくなりやすい。

 このため中央馬の独壇場で、過去10年中8度も1~3番人気馬が連対。さらに過去10年で1~3番人気馬が3着以内を独占したことが4度もあるほど。2011年に唯一、高知のホクセツサンデーが連対しているが、この年は東日本大震災の影響で、JRA勢にとってこのレースの前哨戦としての意味合いを持つ、伏竜Sが開催中止。ヒアシンスSの勝ち馬ラヴィアンクレールなど、有力馬がぶっつけ本番で挑んだ背景もあった。関西圏のこのレースは、強豪の南関東勢が滅多に出走してこないこともあり、中央馬が断然有利のレースと考えてもいいだろう。

 断然有利な中央馬の中でも、有力なのは前記した伏竜Sの連対馬。過去10年のこのレースでの成績は、【2・2・0・1】と優秀だ。1着の該当馬は、2013年のコパノリッキー、2015年のクロスクリーガー。2着の該当馬は、2014年のランウェイワルツ、2015年のリアファル。遡れば、2009年のこのレースの2着馬スーニも、2008年のこのレースの優勝馬ナンヨーリバーも、伏竜Sの優勝馬だ。唯一、4着以下だったのは、2017年のリゾネーターで4着。同馬は伏竜Sが約3ヵ月の休養明けの出走だったことから、休養明け好走の反動が出たものと推測される。

 また、同年のヒヤシンスSの連対馬も有力。過去10年のこのレースでの成績は、【1・2・2・0】。1着の該当馬は、2014年のエキマエ。2着の該当馬は、2014年のランウェイワルツ、2016年のゴールドドリーム、2019年のヴァイトブリック。3着該当馬は、2011年のラヴィアンクレール、2013年のソロル。ヒヤシンスSの連対馬は、2015年のゴールデンバローズや2017年のエポカリスのように、UAEダービーに向かうこともあるが、出走してくるようであれば、伏竜Sの連対馬同様に信頼できる。

 逆に、穴パターンはワンパターンで、伏竜Sで3着以下だった馬の巻き返し。その中でも伏竜Sで4コーナー5番手以内だった馬がよく巻き返している、該当馬は、2012年のプーラヴィーダ(5番人気・3着)、2013年のソロル(2番人気・3着)、2016年のケイティブレイブ(2番人気・1着)、2017年のノーブルサターン(5番人気・2着)、2020年のダノンファラオ(2番人気・2着)。これは伏竜Sが短距離路線馬の出走により、前が苦しい流れになりやすいことが影響している。伏竜Sで3着以内だと人気になるが、大敗すると一気に人気を落とすので、ヒモ穴に一考の価値はある。


 まとめるとこうなる!

 ●本命候補
 ・前走の伏竜Sで連対した馬。
  (伏竜Sが3ヵ月以上の休養明けだった場合を除く)
 ・同年のヒヤシンスSの連対馬。

 ●穴馬候補
 ・前走の伏竜Sで4コーナー5番手以内でレースをした馬。


山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

[もっと見る]

2020年5月5日(火) 16:00 山崎エリカ
【山崎エリカのダートグレード攻略】~兵庫チャンピオンシップ2020~
閲覧 1,960ビュー コメント 0 ナイス 9

 ゴールデンウィークに3日間連続で行われる、ダートグレード第3弾は、 JpnⅡ・兵庫チャンピオンシップ。このレースは、昨年の兵庫ジュニアグランプリ以来、地方馬と中央馬が激突する3歳最初のダートグレードです。将来の古馬重賞ウイナーと、生涯1勝クラス(旧500万下)の馬が競うレースのため、能力差が大きく、過去10年中8度も1~3番人気馬が連対しているのがポイント。また、過去10年で1~3番人気馬が3着以内を独占したことが3度もあります。

 当然、地方馬は不振で、中央馬の独壇場。2011年に唯一、高知のホクセツサンデーが連対していますが、この年は、東日本大震災の影響で、このレースの前哨戦としての意味合いを持つ伏竜Sが開催中止。確かにこの年は高知がややレベルが高かったものの、ヒアシンスSの勝ち馬など、有力馬がぶっつけ本番で挑むことになった背景もありました。関西圏のこのレースは、強豪の南関東勢が滅多に出走してこないこともあり、中央馬が断然有利のレースと考えてもいいでしょう。

 前記したように、このレースは、前哨戦としての意味合いを持つ伏竜Sの連対馬が活躍するレース。過去10年のこのレースでの成績は、【2・2・0・1】と優秀。1着の該当馬は、2013年のコパノリッキー、2015年のクロスクリーガー。2着の該当馬は、2014年のランウェイワルツ、2015年のリアファル。遡れば、2009年のこのレースの2着馬スーニーも、2008年のこのレースの優勝馬ナンヨーリバーも、伏竜Sの勝ち馬でした。唯一、4着以下だったのは、2017年のリゾネーターで4着。同馬は伏竜Sが休養明けでの勝利でしたから、その反動が出たのでしょう。

 また、同年のヒヤシンスSの連対馬も有力。過去10年のこのレースでの成績は、【2・2・2・0】。1着の該当馬は、2010年のバーディバーディ、2014年のエキマエ。2着の該当馬は、2014年のランウェイワルツ、2016年のゴールドドリーム、2019年のヴァイトブリック。3着該当馬は、2011年のラヴィアンクレール、2013年のソロル。ヒヤシンスSの連対馬は、ゴールデンバローズやエポカリスのようにUAEダービーに向かうこともありますが、出走してくれば、伏竜Sの連対馬同様に信頼できるでしょう。

 逆に、穴パターンはワンパターンで、ほどんどが伏竜S3着以下からの巻き返し。その中でも前走の伏竜Sで4コーナー5番手以内だった馬がよく巻き返しています。該当馬は、2012年のプーラヴィーダ(3着)、2013年のソロル(3着)、2016年のケイティブレイブ(1着)、2017年のノーブルサターン(2着)。これは伏竜Sが短距離路線馬の出走により、前が苦しい流れになりやすいから。伏竜Sで3着以内だと人気になりますが、大敗すると一気に人気を落とすので、ヒモ穴に一考の価値はあるでしょう。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・前走の伏竜Sで連対した馬。
  (伏竜Sが休養明けだった場合を除く)
 ・同年のヒヤシンスSの連対馬。

 ●穴馬候補
 ・前走の伏竜Sで4コーナー5番手以内でレースをした馬。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

[もっと見る]

2019年5月1日(水) 17:45 山崎エリカ
【山崎エリカのダートグレード攻略】~兵庫チャンピオンシップ2019~
閲覧 1,123ビュー コメント 0 ナイス 10

 令和元年。二番目のダートグレードは、兵庫チャンピオンシップ。このレースは、昨年の兵庫ジュニアグランプリ以来、地方馬と中央馬が激突する3歳最初の交流重賞。将来の古馬重賞ウイナーと、生涯500万下の馬が競うレースのため、能力差が大きく、過去10年中8度も1~3番人気馬が連対しているのがポイント。また、過去10年で1~3番人気馬が3着以内を独占したことが4度もあります。

 当然、地方馬は不振で、中央馬の独壇場。2011年に唯一、兵庫のホクセツサンデーが連対していますが、この年は、東日本大震災の影響で、このレースの前哨戦としての意味合いを持つ伏流Sが開催中止。確かにこの年は兵庫がややレベルが高かったものの、ヒアシンスSの勝ち馬など、有力馬がぶっつけ本番で挑むことになった背景もありました。関西圏のこのレースは、強豪の南関東勢が滅多に出走してこないこともあり、中央馬が断然有利のレースと考えてもいいでしょう。

 前記したように、このレースは、前哨戦としての意味合いを持つ伏流Sの連対馬が活躍するレース。過去10年のこのレースでの成績は、【2・3・0・1】と優秀。1着の該当馬は、2013年のコパノリッキー、2015年のクロスクリーガー。2着の該当馬は、2009年のスーニ、2014年のランウェイワルツ、2015年のリアファル。遡れば、2008年のこのレースの勝ち馬ナンヨーリバーも伏流Sの勝ち馬でした。唯一、4着以下だったのは、2017年のリゾネーターで4着。同馬は伏流Sが休養明けでの勝利でしたから、その反動が出たのでしょう。

 また、同年のヒヤシンスSの連対馬も有力。過去10年のこのレースでの成績は、【2・1・3・0】。1着の該当馬は、2010年のバーディバーディ、2014年のエキマエ。2着の該当馬は、2014年のランウェイワルツ、2016年のゴールドドリーム。3着該当馬は、2011年のラヴィアンクレール、2013年のソロル。ヒヤシンスSの連対馬は、ゴールデンバローズやエポカリスのようにUAEダービーに向かうこともありますが、出走してくれば、伏流Sの連対馬同様に信頼できるでしょう。

 逆に、穴パターンはワンパターンで、ほどんどが伏流S3着以下からの巻き返し。その中でも前走の伏流Sで4コーナー5番手以内だった馬がよく巻き返しています。該当馬は、2012年のプーラヴィーダ(3着)、2013年のソロル(3着)、2016年のケイティブレイブ(1着)、2017年のノーブルサターン(5着)。これは伏流Sが短距離路線馬の出走により、前が苦しい流れになりやすいから。伏流Sで3着以内だと人気になりますが、大敗すると一気に人気を落とすので、ヒモ穴に一考の価値はあるでしょう。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・前走の伏流Sで連対した馬。
  (伏流Sが休養明けだった場合を除く)
 ・同年のヒヤシンスSの連対馬。

 ●穴馬候補
 ・前走の伏流Sで4コーナー5番手以内でレースをした馬。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

[もっと見る]

2014年2月21日(金) 19:00
濃霧注意報~フェブラリーS(2014年)展望~
閲覧 684ビュー コメント 0 ナイス 6

先週の共同通信杯コラム内で「日曜東京は開催されるはず」などと書いたら、まさかまさかの土日連日中止。
天候が回復し、除雪が急ピッチで進んでも、交通網がマヒしては開催出来ませんよね。
普段雪に埋もれている分、視野が狭くなっているんだなぁと猛省しました。
また、備えの無い場所への突然の自然災害がもたらす影響というのも、改めて知ることが出来たように思います。
山梨県の皆様をはじめとした、今回の雪害に遭われた方々の生活が一刻も早く正常なものに戻ることを祈るばかりです。

競馬……特に馬にとっても、ここ数週の天候や輸送トラブルの影響は大きかったはず。
特に東京競馬に出走していた関西馬は可哀想でした。
出走を取り消した馬も居ましたし、実力が発揮出来なかった馬も多かったと思います。
彼ら、彼女らの今後の状態に悪影響が無いことを併せて祈りたいですね。

さて、本当に久々に"普通の天気"で開催が行われそうな今週。
待ち構えるのは、今年最初の中央G1・フェブラリーSです。
どこか落ち着かなかったここ数週の鬱憤を晴らすような的中を目指したいところですね。
今回の当コラムのお題も勿論このレース。上手く好走馬に触れていけると良いのですが、果たして……。



少し前は、人気、実力共に兼ね備えた超一線級の馬が小細工なしに好走するイメージのあった当レース。
ですが、ここ2年はいずれも1番人気馬が馬券に絡むことが出来ず、配当的には波乱の結果になっています。
流れが流れなだけに今年も荒れる……と考えたくなるところですが、メンバーを見る限り、今年は上位拮抗の接戦。
昨年~現在に至るまで崩れず走り続けてきたホッコータルマエワンダーアキュートニホンピロアワーズの3頭と、
彼ら既勢力をJCダートでまとめて蹴散らした新星・ベルシャザール
近走の内容やレースレベルからも、この4頭が揃って馬券圏外に沈むというシーンは想像しにくいです。

ただ、それぞれ不安点を抱えているのも事実。
ホッコータルマエは実績こそ完全に抜けていますが、東京マイルを走るのは3歳時の1000万特別戦以来。
この時は先行して押し切る横綱相撲でしたが、今回はメンバーがまるで違うG1レース。
ムスカテールに詰め寄られた前走の川崎記念、エスポワールシチーに敗れた南部杯、
ジリジリとした伸びに終わった昨年の東海Sなど、ヒヤリとさせた舞台は全て左回りですし、
JCダートと同じような"善戦止まり"に終わってしまう可能性は否定出来ません。
血統的には中距離よりもマイルの方が合っているように映るだけに評価が難しいですが、
実績通りの強さを見せ付けることが出来るかどうか。

なかなか勝ち星に手が届かないものの、堅実さは全く変わらないワンダーアキュート
本馬の敵は、やはり自身の年齢……どの程度能力を維持出来るかといった部分になるでしょう。
昨年のエスポワールシチーのような例外も居ますが、当レースで一度好走した馬は、翌年度以降は着順を落としがち。
昨年は不利さえなければ……と思わせる惜しい内容でしたが、今年はどこまで詰めて来られるでしょうか。

東海Sを圧勝し、左回りへの不安を一掃したニホンピロアワーズ
ですが、今回の東京マイルは同じ左回りでも中京とは全く違う性質を持った舞台。
特に不安視されるのが、スタートから暫くの間芝を走らなければならないという点でしょう。
キャリア的にはベテランと言える7歳馬でありながら、芝もマイルも走ったことが無いという珍しい馬なので、
今回の条件でいつも通りの先行力を見せられるかどうかは未知。
外枠に入った時の強さが特に目立つという揉まれ弱さを秘めた馬でもあるので、
前半で行き脚が付かないと厳しい形になってしまう可能性があります。
が、血統的にはダートというよりもむしろ芝っぽい構成なので、逆に芝スタートを味方に付けてくる可能性も。
こればかりは実際に走ってみないと何とも言えないのが悩ましいところです。

そしてG1連勝を狙うベルシャザール
本馬の悩ましい点は、"このメンバーに再度完勝出来るほど強いのか"ということ。
確かにJCダートの内容は文句の付けようが無く、レベルも高いものだったのですが、それ以前のレースに関しては、
着順こそしっかり伴っていたものの、レースレベルはそれほど抜けたものではありませんでした。
JCダートの展開は、前目でレースを進めていたホッコータルマエニホンピロアワーズよりも、
中団後ろでレースを進めていた本馬&ワンダーアキュートに向いたものでもあったので、
前走の結果だけで今回も勝ち負け!と断言するのは少々怖い気がします。
また、久々のレースだと走りがモサモサする印象があるので、3ヶ月近くレース間隔が開いたのも気になるところ。
個人的には今回一番取捨選択が難しいのはこの馬だと思っています。

……という具合に有力馬のマイナス材料ばかりを挙げて来ましたが、
そこを突いて上位に浮上出来る馬が居るのかというのも難しい問題です。
実績的にはJCダートで前述の馬達と接戦したブライトライングランドシチー
かつて当レースを制したゴールドアリュールの半弟であるゴールスキー辺りが挙げられるでしょうか。

ブライトラインは前走の根岸Sで4着という結果でしたが、出負けして序盤に脚を使ってしまったのが敗因。
それでも中団~後方に構えた馬が台頭する中を好位から粘っており、力があるところは見せました。
調教でいつも終いバタバタになってしまうように気性面に課題はありますが、
持てる能力を余すことなく出し切れれば圏内争いに飛び込める可能性はあるでしょう。

グランドシチーは前走の東海Sで左回りへの不安を払拭。
脚質が極端すぎる故に展開待ちな面はありますが、前崩れの流れになればいつでも浮上してきそうな雰囲気があります。
レースぶりからマイルという距離は短すぎるのではという懸念がありますが、
母、兄、妹はマイル以下の短距離に適性を見せていますし、本馬自身も以前は1400mでスピード負けしていませんでした。
距離が長くなるよりは短くなったほうが良さそうな血統と言えますし、ハマれば怖い1頭です。

血統通りにダートで開花したゴールスキーは、ベルシャザール同様評価に悩む馬。
ダート転向後は確かに安定した着順を刻んできているのですが、レースレベルは高くもなく低くもなく。
偉大な兄の存在がある分どうしても血統だけで人気を集めてしまいますが、スケールは少し小さく映ります。
しかし、似たようなローテで似たようなレベルの走りをしていたベルシャザールがJCダートを快勝しているだけに、
あっさり無印にするのも何だか怖く……(根岸Sで最終的に無印にして勝たれたトラウマ)

この3頭の他に穴馬を挙げるなら、伸びしろのある4歳勢が面白そう。
特に、昨秋~年始にかけて好レースを続けているベストウォーリアソロルに注目しています。

ベストウォーリアは、今回と同じ舞台のレースであるユニコーンSと武蔵野Sで好走。
特に武蔵野Sは、直線でなかなか前が開かずに脚を余す格好になりながら、勝ったベルシャザールと0.1秒差。
スムーズに進路確保が出来ていたなら勝っていたのではと思わせる内容でした。
一昨年の当レースの勝ち馬テスタマッタと同じエーピーインディ系の血統馬で、のびのびと走れる舞台がベスト。
中1週のローテとなるのがやや心配ですが、東京コースに戻るのは大歓迎なはず。

ソロルはレースぶりに不器用さを感じる馬なのですが、今回と同舞台のヒヤシンスSで1.36.6というタイムで2着、
昨秋の京都1800mで行われた花園Sでは1.48.6というタイムで快勝と、意外なくらい高速決着に適性を見せています。
当レースは芝並の走破時計になることが多いですが、本馬の持ち時計なら十分に対応出来そう。
3歳の早い段階で東京マイルで優秀な走りを見せているというのは、サクセスブロッケンカネヒキリといった、
過去の当レース優勝馬達と同じ。
本馬自身ゴールドアリュールゴールスキーの近親ということでかなり奥はありそうですし、
ここでいきなり一線級に並んできても不思議はないと見ています。



こうして挙げてみると、4歳から8歳まで満遍なく有力馬が揃ったなぁという印象。
古豪が存在感を見せ付けるのか、新勢力が台頭するのか、
それともホッコータルマエのような若い王者が更にその座を強固なものにするのか。
今回もまた色々な意見や見解が乱れ飛ぶのだと思います。

私もこれから頭を悩ませたいところですが、今週末はお友達の結婚式に参列するために東海地方へ赴かねばなりません。
そのため、じっくりと悩んでいる時間はなさそうなのですが……逆に思い切りのいい予想が出来るかも。
100%晴れやかな気分で新郎新婦を祝うためにも、ばっちりと結果を出したいものです。

[もっと見る]

ソロルの口コミ


口コミ一覧

決まった!

 しんちゃん52 2017年9月16日() 07:55

閲覧 346ビュー コメント 2 ナイス 9

今日は中山で2レース、阪神で3レースの
合計5レースの購入が決まりました、パチパチパチ。

阪神8R 阪神ジャンプステークス
◎③ハギノパトリオット
〇⑤アップトゥデイト
△④ソロル
△⑥ミヤジタイガ
馬連③ー④・⑤・⑥と三連複③・⑤ー④・⑥への5点へ300円。

アップトゥデイトがこの頭数なら3着以内は間違いないね、出来れば3着でお願いしたいね。
ソロルは初コースと乗り替わりはマイナスなんでホントは切りたかったんだけど・・・。
と言う訳で差せるハギノパトリオットを本命にして見た。
ミヤジタイガも阪神ならと思ったけどアップと同じ脚質なので本命には至らずって感じ?
出来ればも少し頭数揃ってくれた方が予想のしがいもあるんだけどね。そこんとこヨロピコ(^O^)/

阪神10R 瀬戸内海特別
◎⑤ウィズアミッション
△①スターオブペルシャ
△③オメガタックスマン
△⑦バリス
△⑪メイショウベルボン
△⑫オールポッシブル
馬連⑤ー①・③・⑦・⑪・⑫への5点へ200円。

ここは道悪想定で。千二では追走に苦労してたんで千四は有利かな?
川田騎手が3回連続で騎乗するんで3度目の正直に期待だな。
2度ある事は3度あるではない様に頼みます。

阪神11R オークランドレーシングクラブトロフィー
◎④クールオープニング
△⑤マイネルバサラ
△⑪ドラゴンバローズ
△⑫コパノアラジン
△⑬ガンサリュート
馬連④ー⑤・⑪・⑫・⑬への4点へ200円。

鉄砲効かないのに前走3着。位置取りも悪かったのにね。
叩き2戦目で今回は位置取れると思うんで5走前の再現を期待ざんすぅ。

中山10R 松戸特別
◎②ワイドリーザワン
△③ベストセラーアスク
△⑤デグニティクローズ
△⑦ティーラウレア
△⑧バイタルフォース
△⑨テイエムコンドル
枠連②ー③・⑤・⑦・⑧と馬連②ー⑨への5点へ200円。

バイタルフォースが抜けているぅ~気がするけど二四は若干長いと重箱の隅を突いてみました。
休み明けだったけど6走前で実際負けてるしね。
と言う訳で毎回出遅れて追走に苦労しているんで距離延長は間違いなく良さそう。
久し振りに嵌るかな?因みにテイエムコンドル君と一緒に来てくれると
馬連・枠連のダブル的中で喜びも倍増でーす。

中山11R レインボーステークス
◎①ショウナンマルシェ
△④テオドール
△⑤プロフェット
△⑥ゲッカコウ
△⑦ワールドレーヴ
△⑨カレンリスベット
馬連①ー④・⑤・⑥・⑦・⑨への5点へ200円。

二千は長いかな?って思ってたけど前走3着。しかも58kg。
内枠で先行抜け出しが期待出来そうです。
関係無いけどテオドールって牡馬だったんだ、牝馬かと思ってたよ。

と言う訳で今日はこの5レースで勝負です。3日間競馬の初日なんで
大爆発したいところですな。

 エロボン 2016年3月27日() 01:26
マーチS、出走各馬のポイント
閲覧 294ビュー コメント 1 ナイス 3

37…イッシンドウタイ
37…ドコフクカゼ
28…バスタータイプ
26…サンマルデューク
20…クリノスターオー
14…モズライジン
12…トウショウフリーク
8…ソロル
3…ショウナンアポロン
3…マイネルクロップ
3…キクノソル


人気どころではイッシンドウタイ、穴ではトウショウフリークとソロル辺りがお買い得になってますね。

[もっと見る]

 浪花のクマ 2015年11月8日() 21:53
今週の重賞予想結果
閲覧 362ビュー コメント 4 ナイス 14

アルゼンチン共和国(GⅡ)
○⇒◎⇒△で3連複的中!

今週の4重賞の軸馬の結果は
メイショウカドマツは4番人気で2着
ソロルは5番人気11着
サイモンゼーレは12番人気8着
メジェルダ は6番人気2着


第53回アルゼンチン共和国(GⅡ)
1 ○ ゴールドアクター
2 ◎ メイショウカドマツ
3 △ レーヴミストラル


第6回みやこS(GⅢ)
1 ー ロワジャルダン
2 ☆ カゼノコ
3 ー ローマンレジェンド
11 ◎ ソロル


第51回京王杯2歳S(GⅡ)
1 ○ ボールライトニング
2 ー アドマイヤモラール
3 ▲ シャドウアプローチ
8 ◎ サイモンゼーレ


第20回ファンタジーS(GⅢ)
1 ー キャンディバローズ
2 ◎ メジェルダ
3 ▲ ブランボヌール

[もっと見る]

⇒もっと見る

ソロルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ソロルの写真

ソロル

ソロルの厩舎情報 VIP

2017年9月16日阪神ジャンプS G30着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ソロルの取材メモ VIP

2017年7月29日 小倉サマージャンプ G3 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。