ワンダーアキュート(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ワンダーアキュート
写真一覧
抹消  鹿毛 2006年3月14日生
調教師佐藤正雄(栗東)
馬主山本 信行
生産者フクダファーム
生産地三石町
戦績48戦[13-10-8-17]
総賞金47,369万円
収得賞金32,730万円
英字表記Wonder Acute
血統 カリズマティック
血統 ][ 産駒 ]
Summer Squall
Bali Babe
ワンダーヘリテージ
血統 ][ 産駒 ]
Pleasant Tap
Casa Petrone
兄弟 ワンダースピードワンダーゼネラス
前走 2015/12/29 東京大賞典 G1
次走予定

ワンダーアキュートの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
15/12/29 大井 10 東京大賞典 G1 ダ2000 14--------3** 牡9 57.0 和田竜二佐藤正雄509(--)2.04.5 1.5----サウンドトゥルー
15/12/06 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 1623117.6146** 牡9 57.0 和田竜二佐藤正雄522(+10)1.50.9 0.537.6⑪⑪⑫⑫サンビスタ
15/10/12 盛岡 11 MCS南部杯 G1 ダ1600 15--------3** 牡9 57.0 和田竜二佐藤正雄512(--)1.37.1 0.3----ベストウォーリア
15/06/24 大井 11 帝王賞 G1 ダ2000 12--------8** 牡9 57.0 和田竜二佐藤正雄507(--)2.05.0 2.3----ホッコータルマエ
15/05/05 船橋 11 かしわ記念 G1 ダ1600 10--------1** 牡9 57.0 和田竜二佐藤正雄508(--)1.37.4 -0.2----ベストウォーリア
15/02/22 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 1671346.4109** 牡9 57.0 F.ベリー佐藤正雄524(+8)1.36.8 0.536.4④⑧コパノリッキー
14/12/29 大井 10 東京大賞典 G1 ダ2000 16--------7** 牡8 57.0 武豊佐藤正雄516(--)2.04.9 1.9----ホッコータルマエ
14/12/07 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 1661110.955** 牡8 57.0 武豊佐藤正雄522(+13)1.51.5 0.535.9⑭⑬⑬⑬ホッコータルマエ
14/11/03 盛岡 10 JBCクラシ G1 ダ2000 16--------3** 牡8 57.0 武豊佐藤正雄509(--)2.01.4 0.6----コパノリッキー
14/06/25 大井 12 帝王賞 G1 ダ2000 11--------1** 牡8 57.0 武豊佐藤正雄513(--)2.03.5 -0.4----コパノリッキー
14/05/05 船橋 11 かしわ記念 G1 ダ1600 8--------3** 牡8 57.0 武豊佐藤正雄509(--)1.39.6 0.4----コパノリッキー
14/02/23 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 162410.056** 牡8 57.0 武豊佐藤正雄516(+2)1.36.5 0.535.2⑦⑪コパノリッキー
13/12/29 大井 10 東京大賞典 G1 ダ2000 9--------2** 牡7 57.0 武豊佐藤正雄514(--)2.06.9 0.3----ホッコータルマエ
13/12/01 阪神 11 JCダート G1 ダ1800 164815.762** 牡7 57.0 武豊佐藤正雄522(+3)1.50.4 0.035.9⑩⑨⑩⑩ベルシャザール
13/11/04 金沢 10 JBCクラシ G1 ダ2100 12--------2** 牡7 57.0 武豊佐藤正雄519(--)2.13.0 0.4----ホッコータルマエ
13/09/23 船橋 11 日本テレビ盃 G2 ダ1800 12--------1** 牡7 58.0 武豊佐藤正雄502(--)1.50.3 -0.0----ソリタリーキング
13/06/26 大井 11 帝王賞 G1 ダ2000 12--------3** 牡7 57.0 武豊佐藤正雄514(--)2.03.5 0.5----ホッコータルマエ
13/02/17 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 165109.273** 牡7 57.0 和田竜二佐藤正雄518(0)1.35.3 0.235.9⑩⑩グレープブランデー
13/01/30 川崎 11 川崎記念 G1 ダ2100 11--------2** 牡7 57.0 和田竜二佐藤正雄518(--)2.15.5 0.1----ハタノヴァンクール
12/12/29 大井 10 東京大賞典 G1 ダ2000 12--------3** 牡6 57.0 和田竜二佐藤正雄516(--)2.06.0 0.1----ローマンレジェンド

⇒もっと見る


ワンダーアキュートの関連ニュース

 フェブラリーSの追い切りが15日、東西トレセンで行われた。栗東では、川崎記念3着のアウォーディーがCWコースで確かな伸びを披露。初めてのマイル戦で一昨年のJBCクラシック以来の復活Vを狙う。美浦では、サウンドトゥルーに新コンビのミナリク騎手が騎乗し、坂路で態勢を整えた。

 もうひと花咲かせる。気温5度と寒さが少し和らいだ栗東で、8歳を迎えたアウォーディーが活気ある走りを披露。動きを見届けた松永幹調教師は、満足げに切り出した。

 「いい動きだったね。しまいをやる予定だったけど、テンから行きっぷりがよかった。乗っている助手も『いい』と。肉体的な衰えは感じない」

 CWコースで序盤から軽快にピッチを刻んだ。スムーズなコーナリングで直線に向くと、一杯に追われてもうひと伸び。最後まで脚いろは鈍らず、6ハロン80秒8、3ハロン38秒5-12秒0でまとめた。3着だった前走の川崎記念(1月31日)から間隔は詰まっているが、しっかり負荷をかけて仕上げた。

 2015年秋にダートに転じて覚醒。6連勝を飾って翌16年のJBCクラシックでGIウイナーの仲間入りを果たした。だが、それ以降は7戦して全て掲示板を確保しながら勝ち切れていない。武豊騎手は「最近は集中力の持続があれっという感じ。気持ちの部分だと思う」と敗因を分析する。

 そこで今回は新味を求め、芝、ダート含めて初めてのマイル戦に矛先を向けてきた。トレーナーは「スタートは遅くないので、マイル戦でもついていけないことはない。集中して気を抜くことなく走れるんじゃないかな。芝スタートもいいと思う」と意図を説明。武豊騎手も「力はあるから1600メートルで集中できれば。血統的には府中の申し子。血が騒いで目覚めてほしいね」と期待を込めた。

 砂替わりで変身したように、潮目で力を発揮してきたアウォーディー。歴戦のベテランが不気味な気配を漂わせている。 (川端亮平)

フェブラリーSの枠順はこちら 調教タイムも掲載

★8歳馬のGI

 フェブラリーSの8歳馬では、2008年ブルーコンコルドと13年エスポワールシチーの2着が最高着順。JRAの平地GIで8歳馬のVは、09年天皇賞・秋とマイルCSカンパニー、10年スプリンターズSのウルトラファンタジー(香港)、11年高松宮記念キンシャサノキセキと芝で3頭の例がある。交流GIではタイムパラドックスブルーコンコルドエスポワールシチーワンダーアキュートヴァーミリアンの5頭が8歳で優勝。ワンダーアキュートは15年かしわ記念を9歳で制している。

古豪ワンダーアキュートが登録抹消 種牡馬入り 2016年1月4日(月) 15:34

 2012年のJBCクラシックなど交流GIを3勝するなど足かけ7年にわたって重賞7勝をマークした古豪ワンダーアキュート(栗東・佐藤正雄厩舎、牡10歳、父カリズマティック、母ワンダーヘリテージ)が6日付で競走馬登録を抹消されることになった。通算成績は48戦13勝(うち地方20戦4勝)。獲得賞金は8億7630万6000円(うち地方4億261万円、付加賞含む)。重賞はGIIIシリウスS、GIII武蔵野S(2009年)、GII東海S(11年)、交流GI・JBCクラシック(12年)、交流GII日本テレビ盃(13年)、交流GI帝王賞(14年)、交流GIかしわ記念(15年)の7勝。今後は北海道新ひだか町のアロースタッドで種牡馬となる予定。

ワンダーアキュートの競走成績はこちら

[もっと見る]

【東京大賞典】サウンドトゥルーが暮れのダート王に 2015年12月29日(火) 16:43

 史上初の東京大賞典3連覇へ。歴戦のダート王ホッコータルマエの目論見を打ち砕いたのは、JBCクラシック2着、チャンピオンズC3着と着実に力をつけてきたダート界の新星サウンドトゥルーだった。

 12月29日(火)の大井競馬10R、第61回東京大賞典(国際GI、サラ3歳以上、選定馬、定量、ダート2000メートル、14頭立て、1着賞金=8000万円)は、大野拓弥騎手騎乗で3番人気のサウンドトゥルー(美浦・高木登厩舎、セン5歳)が直線大外から鋭く追い込んでGI初制覇。タイムは2分3秒0(良)。

 当然のようにコパノリッキーがハナへ。スーッと外からコパノリッキーをぴったりマークに出たのはホッコータルマエ。相手は1頭、といわんばかりに外めの1馬身後ろにつけてプレッシャーをかける。好スタートを切ったワンダーアキュートと、意欲的に前につけるハッピースプリントが並んで3番手。

 4コーナーで外から並びかけたホッコータルマエコパノリッキーを競り落として直線半ばで一旦は先頭に立ったが、馬場の外めを一気にサウンドトゥルーが突き抜けた。

 ホッコータルマエ(1番人気)は1馬身3/4差の2着。さらに6馬身差の3着には6年連続の出走でここが引退レースとなるワンダーアキュート(6番人気)、そこからさらにクビ差遅れた4着にはコパノリッキー(2番人気)が入線した。

 暮れの大一番で初GI制覇。ダート王の称号を手にしたサウンドトゥルーの手綱を取った大野拓弥騎手は、「一戦一戦、本当に強くなっていて、それでも、なかなかGIを勝てなかったんですが、最後の東京大賞典できれいに締めくくれて本当に良かったと思います」と笑顔をみせた。「展開はこの馬に向いていると思いながら乗っていましたが、思ったよりペースが速くて追走に苦労していました。それでも気合をつけたら、食らいつこうという格好を見せてくれたので-。直線ではホッコータルマエをすぐにとらえられるだろうと思っていましたが、さすがにGIを何度も勝っている馬ですね。最後は接戦になりましたが、勝ててよかったです」と愛馬の頑張りをたたえた。

 東京大賞典の勝ち馬サウンドトゥルーは、父フレンチデピュティ、母キョウエイトルース、母の父フジキセキという血統。栗毛のセン5歳。北海道新ひだか町・岡田スタツドの生産馬で、山田弘氏の所有馬。通算成績は32戦8勝(うち地方3戦2勝)。重賞は2015年交流GII・日本テレビ盃に次いで2勝目。高木登調教師、大野拓弥騎手ともに東京大賞典は初優勝。

[もっと見る]

【古馬次走報】ワンダーアキュート、東京大賞典へ2015年12月9日(水) 05:03

 ★チャンピオンズC6着ワンダーアキュート(栗・佐藤正、牡9)は引退レースとして東京大賞典(29日、大井、交流GI、ダ2000メートル)へ。8着グレープブランデー(栗・安田、牡7)、13着コーリンベリー(美・小野、牝4)はフェブラリーS(2016年2月21日、東京、GI、ダ1600メートル)を目標にする。9着ナムラビクター(栗・福島、牡6)、14着ローマンレジェンド(栗・藤原英、牡7)は東海S(16年1月24日、中京、GII、ダ1800メートル)へ。

 ★ジャパンC4着ジャングルクルーズ(美・藤沢和、セン6)はメトロポリタンS(16年4月23日、東京、OP、芝2400メートル)が目標。17着ペルーサ(同、牡8)は有馬記念(27日、中山、GI、芝2500メートル)に登録する。16着アドマイヤデウス(牡4)は引き続き岩田騎手で有馬記念へ。

 ★逆瀬川Sを勝ってオープン入りしたガリバルディ(栗・藤原英、牡4)は京都記念(16年2月14日、京都、GII、芝2200メートル)を目指す。

 ★ステイヤーズS5着ネオブラックダイヤ(美・鹿戸、牡7)は万葉S(16年1月5日、京都、OP、芝3000メートル)。8着スズカデヴィアス(栗・橋田、牡4)はアメリカジョッキークラブC(同24日、中山、GII、芝2200メートル)へ。

 ★金鯱賞10着アロマカフェ(美・小島太、牡8)はディセンバーS(20日、中山、OP、芝2000メートル)などが視野に。

 ★タンザナイトS3着マイネルエテルネル(栗・西園、牡5)は淀短距離S(16年1月9日、京都、OP、芝1200メートル)へ。

[もっと見る]

【チャンピオン】ワンダーアキュート衰えなし2015年12月2日(水) 11:24

 南部杯3着をステップに、9歳の大ベテラン、ワンダーアキュートが上昇カーブを描いている。

 栗東CWコースで馬なり。今年のGIかしわ記念などコンビ8勝の和田騎手が騎乗し、ゆったり気味の道中からラストも抑え気味にフィニッシュした。「先週時計を出して、だいたい仕上がったから。周りが強くなっただけで、9歳とはいえ若いころと変わらずに走る気は十分。力を出せないことはない」と、ジョッキーは好感触だ。

 11~13年と3年連続でJCダート2着(阪神)の能力は「紙一重」だ。「右回り、左回りではなく、いかに道中で脚をためるかだけ。今回も流れでしょう。ペースが速いとため切れないタイプ。前走の南部杯も深い馬場にしては速かったけど、その割にはしぶとく食らいついていたかな。運さえ向けば」と、まだまだJRA・GIの夢をあきらめてはいない。(夕刊フジ

チャンピオンズカップの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

【MCS南部杯】ベストウォーリアが堂々と連覇達成!2015年10月12日(月) 16:54

 12日の盛岡11Rで行われた第28回マイルチャンピオンシップ南部杯(3歳上オープン、交流GI、ダート1600メートル、15頭立て、1着賞金=4500万円、1着馬にJBCクラシック、JBCスプリントの優先出走権)は、福永祐一騎手騎乗の1番人気ベストウォーリア(牡5歳、栗東・石坂正厩舎)が好位追走から抜け出して快勝。連覇を達成した。タイムは1分36秒8(稍重)。

 圧倒的人気に応える、文句なしの横綱相撲だった。手応え十分に好位を追走していたベストウォーリアが、直線で楽々と抜け出す。まさに力の違いを見せつけての連覇。みちのくのファンから大歓声を浴びた。

 レースはタガノトネールエーシンビートロンポアゾンブラックの3頭が雁行状態で先行。その後ろにベストウォーリアダブルスターが追走して、ワンダーアキュートは6番手からの競馬となった。4コーナー手前でエーシンビートロンが先行争いから脱落。タガノトネールが単騎先頭の形で直線に向くが、ベストウォーリアは4コーナー手前から前を射程圏に入れて進出する。直線半ばで粘るタガノトネールをかわすと、力強い脚取りで突き放し、2馬身差をつけてフィニッシュ。堂々の連覇を成し遂げた。2着は4番人気のタガノトネール。ハナ差3着が2番人気のワンダーアキュートだった。

 ベストウォーリアは、父Majestic Warrior、母Flirtatious Miss 、母の父Mr. Greeleyという血統の米国産馬で、馬場幸夫氏の所有馬。通算成績は20戦9勝(うち地方6戦2勝)。重賞はGIIIユニコーンS(2013年)、GIIIプロキオンS、交流GIマイルチャンピオンシップ南部杯(14年)、GIIIプロキオンS(15年)に次いで5勝目。石坂正調教師は14年ベストウォーリアに次いで南部杯2勝目、福永祐一騎手は初勝利。

 福永騎手は「非常に乗りやすい馬で、どんなレースでもできるので、外枠を引いた時点でこういう好位からの競馬になると思っていました。外の馬が早めにプレッシャーをかけてきたので、楽な流れではなかったと思うのですが、馬が頑張って力を発揮してくれました。ああいうところでひるまないのが強さですね。最後は脚が上がり気味でしたが、地力の高さでしのいでくれました。たくさんこの競馬場に来させてもらって、乗っていてとても心地良い競馬場です。圧倒的1番人気に推されていたので、何としても勝たなければいけないと思っていましたが、こうしていい報告ができてよかったです」と人気のプレッシャーをはねのけての勝利に穏やかな笑みを浮かべていた。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ワンダーアキュートの関連コラム

閲覧 967ビュー コメント 1 ナイス 4

 日本テレビ盃は、JBCクラシックのステップレース。実績馬はこの先のJBCクラシックチャンピオンズカップ東京大賞典へと続く始動戦になります。つまり、実績馬にとって、このレースの位置付けは叩き台。基本的には夏場に順調にレースを使われている上り馬が活躍しています。

 しかし、上がり馬が出走してくることがそれほど多くないのも事実。特にブリーダーズゴールドカップが牝馬限定戦へと様変わりした近年はその傾向がより強く、夏の上がり馬は白山大賞典やこの後行われるシリウスSへと駒を進めることが多くなりました。

 ただし、上がり馬でも同年のマーキュリーカップの優勝馬がここに出走してくれば有力。過去10年では2013年のソリタリーキングの2着のみですが、遡れば2005年のこのレースの優勝馬サカラ―トや2009年のマコトスパルビエロもこのレースの優勝しています。

 また、休養明けの実績馬同士の対戦図式の場合は、直近の6月末に行われる帝王賞の上位馬が優勢となります。帝王賞は上半期のダートの総決算で、日本テレビ盃よりも格上のレースですから、その傾向はより顕著。同年の帝王賞で3着以内だった馬の過去10年の成績は【4・1・4・0】で3連複の軸馬としては信頼できます。

 1着の該当馬は、2010-2011年のフリオーソ、2011年のスマートファルコン、2013年のワンダーアキュート、2018年のケイティブレイブ。2着の該当馬は、2015年のクリソライト。3着馬の該当馬は、2016年と2018年のサウンドトゥルー、2017年のケイティブレイブ、2019年のノンコノユメです。遡れば2008年も帝王賞でワン、ツーを決めたフリオーソとボンネビルレコードが着順が入れ替わる形でともにこのレースで連対しています。またボンネビルレコードは翌年も帝王賞3着、このレースでも3着でした。

 しかし、帝王賞で3コーナー先頭だった馬に限れば、さらに信頼できます。その成績は過去10年で【2・1・0・0】で、2011年のスマートファルコン、2013年のワンダーアキュート、2015年のクリソライトがそのパターンで連対。2008年のフリオーソもそうです。これは単に逃げて上位入線するような馬は強いというのもありますが、帝王賞と比べると日本テレビ盃のほうが、前哨戦らしく前有利の流れになりやすいというのもあるでしょう。

 さらに前走で中央のグレードレースで3着以内だった馬の活躍も【2・1・1・0】と目立ちます。1着の該当馬は、2012年のソリタリーキング、2016年のアウォーディー。2着の該当馬はトランセンド、3着の該当馬は2015年のコパノリッキーです。また2008年には、もともと中距離実績があった馬ではありますが、前走1400mのプロキオンSで3着だったサンライズバッカスが、このレースでも3着と善戦しています。それらも十分に信用できるでしょう。

 また、日本テレビ盃は、2003年以降の16年間も1~4番人気馬が1~3着を独占しており、全て馬複3桁配当で決着。さらに恐ろしいことに1番人気が12年連続で3着以内を死守しており、突き詰めると穴馬が馬券に絡んだことはありません。無条件に1番人気を警戒したほうがいいレベルで、最大の穴馬は4番人気馬ということになります。

 しかし、それだとただの数字遊びになるので、4番人気で3着以内だった馬たちを見ていくと、「逃げ馬」という共通項がありました。4番人気ながらこのレースで3着以内だった2012年のマグニフィカ(3着)、2014年のグラッツィア(3着)、2019年のロンドンタウン(2着)は、このレースで逃げた馬でした。また、前記3頭には過去にダートグレード勝ちの実績があることが共通項。とにかく逃げ馬が好走しやすいレースなので、前記の該当馬が出走していれば、買っておいても損はないでしょう。


 まとめるとこうなります!
 
 ●本命候補
 ・同年のマーキュリーカップ優勝馬。
 ・前走の帝王賞で3着以内だった馬。
  (特に、3コーナー先頭で3着以内だった馬は有力)
 ・前走でダートグレードに出走し、3着以内だった馬。
 
 ●穴馬候補
 ・今回逃げられる可能性が高い馬。
  (ダートグレード勝ちの実績があることが条件)


山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!


登録済みの方はこちらからログイン

2020年3月10日(火) 12:25 山崎エリカ
【山崎エリカのダートグレード攻略】~ダイオライト記念2020~
閲覧 1,304ビュー コメント 0 ナイス 11

 ダートグレードでは名古屋グランプリに次ぐ、長距離2400mで行われるダイオライト記念。主に川崎記念の上位馬やフェブラリーSでは、距離不足の実績馬が集います。また、地方で行われるダートグレードは、1番人気が上位争いして、本命サイドで決着することがほとんど。ダイオライト記念は過去10年で1番人気の3着以内が6回と、けっこう人気に応えられていません。

 それではこれまでにどのような馬が1番人気、それも単勝オッズ1.0倍台の断然の1番人気に支持され、人気を裏切ってきたのでしょうか? 傾向はいたってワンパターン。過去10年で1番人気を裏切ったのは2010年のフリオーソ、2012年のワンダーアキュート、2014年のムスカテール、2015年のサミットストーンの4頭。この4頭ともに前走のG1・川崎記念フェブラリーSで2着、3着と好走していた共通項がありました。

 2012年には、3連単13万5060円の特大万馬券が飛び出したこともありましたが、これも前走・フェブラリーSの3着の1番人気馬ワンダーアキュートと前走・川崎記念の3着馬フリーオーソがともに馬券圏外に敗れただけのこと。今回がG2でも前走のG1・川崎記念フェブラリーSを大目標として結果を出し、お釣りのない状態で通用するほど、楽な相手でもないということでしょう。

 確かに前走川崎記念の優勝馬は、過去10年で唯一、2013年にハタノヴァンクールが出走して連対していますが、当時のハタノヴァンクールは、前々走の東京大賞典でも2着と勢いがあった馬。しかし、そんなハタノヴァンクールでさえも、このレースではG1で連対実績のないオースミイチバンに先着を許してしまったことを忘れずにいたほうがいいでしょう。

 しかし、これまでの実績なくして通用しないのが競馬。過去10年の連対馬20頭中、6頭が過去1年以内のダ2000m以上のG1で連対実績のある馬でした。該当馬は、2011年・スマートファルコン(1着)、2012年・ランフォルセ(1着)、2013年・ハタノヴァンクール(2着)、2014年・ニホンピロアワーズ(1着)、2015年・クリソライト(1着)、2018年・ケイティブレイブ(1着)。遡れば、2008-2009年のフリオーソ(1着)や2008年のボンネビルレコード(2着)もそう。

 前記の2008年-2009年フリオーソ、ランフォルセ、ハタノヴァンクールは前走の川崎記念でも連対していた馬たち。しかし、ボンネビルレコードやスマートファルコン、クリソライトのように前走で川崎記念フェブラリーSを使っていないか、ニホンピロアワーズケイティブレイブのように、前走のフェブラリーSで4着以下に負けている馬たちのほうがより信頼ができます。

 ちなみに、過去10年で、過去1年以内にダ2000m以上の距離のG1で連対実績があった馬で、前走の川崎記念フェブラリーSで2着、3着以下の馬だった馬を除けば、このレースでの連対率は、過去113年まで遡ってもパーフェクトの連対率。荒れる傾向のダイオライト記念ですが、前記の該当馬なら本命馬として信頼できるでしょう。

 逆にダイオライト記念で、穴を開けるタイプは、前年の名古屋グランプリで3着以内だった馬。昨年の優勝馬チュウワウィザードこそ、前走の東海Sで後のフェブラリーSの優勝馬インティの2着に好走していたこともあって1番人気に支持されましたが、2013年にオースミイチバンが6番人気で1着、2014年トウショウフリークが3番人気で2着とこの舞台で活躍を見せています。

 特にオースミイチバンのように、名古屋グランプリで3着以内に好走しながらも、東海S・14着、佐賀記念・4着と近走2000m以下のレースで結果を出せていない馬というのは、ステイヤー適性が高い馬ですから、穴馬としては最適でしょう。

 また、もっと人気薄を狙うのであれば、やっぱり地方馬の一発でしょう。このレースは過去10年で、地方馬が6頭3着以内に入線しています。該当馬は、2011年カキツバタロイヤル(2着)、2012年トーセンルーチェ(3着)、2014年のサミットストーン(2着)、2016年ユーロビート(3着)、2017年ユーロビート(2着)、ウマノジョー(3着)。

 では、それらの共通項はというと、過去半年以内に地元のダ2100m以上の重賞で3着以内の実績があることでした。特に2016年以降に地方馬が3度も馬券に絡んでいるのは、2015年より2月の大井で行われる金盃が距離2600mで行われるようになったからでしょう。3頭とも金盃で連対していた馬たちです。2014年まではダイオライト記念の直前で長距離重賞が用意されていませんでしたが、金盃が長距離で行われるようになったことで、以前よりも地方馬が活躍しやすくなったはず。今後も穴メーカーになると見ています。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・過去1年以内のダ2000m以上のG1で連対実績がある馬。
  (前走の川崎記念フェブラリーSで2着、3着以内だった馬を除く)

 ●穴馬候補
 ・前年の名古屋グランプリで3着以内だった馬。
 ・半年以内にダ2100m以上の重賞で3着以内の実績がある地方馬。
  (特に、金盃組が有力)

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

[もっと見る]

2019年12月28日() 04:30 山崎エリカ
【山崎エリカのダートグレード攻略】~東京大賞典2019~
閲覧 1,768ビュー コメント 0 ナイス 11

 地方競馬もクライマックス。いよいよ年の瀬恒例の一年の総決算、東京大賞典が行われます。ダートの王道路線は、秋は10月のJBCクラシックから始まり、続いてチャンピオンズC、そして最終戦がこのレースとなります。例年、JBCクラシックやチャンピオンズCの上位馬が集うため、年によってはチャンピオンズC以上のハイレベルな戦いになることも少なくありません。

 本来は、秋のG1戦ではもっとも賞金が高い中央のチャンピオンズCを大目標とし、東京大賞典は消化レースでもいいはずですが、東京大賞典のほうがハイレベルになることがある理由は大きく2つ。有終の美を飾りたがる日本人の国民性と、東京大賞典がもっとも実力どおりに決まると言われているチャンピオンディスタンス(大井外回り2000mは、コースの癖も少ない)で行われることです。

 実際に東京大賞典よりも少しだけ賞金が高いチャンピオンズCをピークに仕上げて、展開が合わなかった…、外枠で外々を回った…などの理由で取りこぼすよりも、紛れが生じることが少ないこの舞台で、順当に勝ち上がりたい、賞金を加算して来年度に繋げたいと考えている陣営も少なくないようです。また、このレースはG1レース3連発の最終戦となるので、成績が不安定になりやすい休養明け1~2戦目の出走馬が少なく、実績馬が実力を出しやすいというのもあります。

 つまり、東京大賞典はあまり荒れていないということ。5番人気のアポロケンタッキーが優勝した一昨年が稀であり、2007年~2015年、そして2017年、2018年も1~3番人気馬が連対を果たしています。その中でも有力は、過去10年で9勝している前走チャンピオンズC(旧ジャパンカップダートを含む)の出走馬たち。当然、チャンピオンズC連対馬が最有力で、その成績は【1・3・3・0】と優秀です。

 1着の該当馬は、2014年のホッコータルマエ。2着の該当馬は、2011年と2013年のワンダーアキュート、2016年のアウォーディー。3着の該当馬は、2010年のシルクメビウス、2012年のワンダーアキュート、2016年のサウンドトゥルーです。東京大賞典で3連複の軸馬として信頼するならば、前走チャンピオンズCの連対馬ということになるでしょう。

 また、前走のチャンピオンズCでやや敗退から巻き返してくる馬は、前々走のJBCクラシックの上位馬が多いです。そこでJBCクラシックの連対馬に焦点を当てると、過去10年のこのレースでの成績は、【3・7・1・2】となかなか優秀。4着以下に敗れた馬は、2014年のクリソライトと2015年のコパノリッキーで、その2頭には前走のチャンピオンズCで7着以下に凡退しているという共通項がありました。つまり、JBCクラシックの連対馬が、前走のチャンピオンズCで大敗していなければ、積極的に狙ってもOKということです。

 逆に穴パターンはというと、前記したことにも繋がりますが、前走のチャンピオンズCの3~6着からの巻き返しが大半。G1勝ちの実績があると、2017年のケイティブレイブのように前走のチャンピオンズCで4着でも1番人気に支持される場合もあります。しかし、G 1勝ちの実績がないと3年前のアポロケンタッキーのようにあまり人気がありません。アポロケンタッキーはチャンピオンズCで4着でしたが、このレースでは5番人気の低評価で優勝しました。

 また、2015年のワンダーキュートは同年のかしわ記念勝ちの実績がありましたが、それ以降のG1レースで連対実績がなかったことが嫌われたのか、前走のチャンピオンズC・6着ながら6番人気という低評価。しかし、このレースでは3着と巻き返しています。このようにこのレースは、チャンレジCの3~6着から巻き返して来ることがしばしばありますが、G1勝ちの実績がなかったり、その手前の成績がひと息だったりすると一気に人気を落とす傾向があります。それらをヒモ穴に加えると、高配当をGETできるかもしれません。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・同年のJBCクラシックかチャンピオンズCの連対馬。
  ただし、JBCクラシックの連対馬は、前走のチャンピオンズCで7着以下に負けていないことが条件。

 ●穴馬候補
 ・前走のチャンピオンズCで3~6着だった馬。
  4~6着のG1勝ちの実績がない馬やその手前の成績が不振だと人気薄になります。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

[もっと見る]

2019年9月22日() 17:07 山崎エリカ
【山崎エリカのダートグレード攻略】~日本テレビ盃2019年~
閲覧 1,444ビュー コメント 0 ナイス 8

 日本テレビ盃は、JBCクラシックの前哨戦。実績馬にとっては、この先のJBCクラシック→チャンピオンズC→東京大賞典へと続く始動戦になります。つまり、実績馬にとって、このレースの位置付けは叩き台。基本的には夏場に順調にレースを使われている上り馬が活躍しています。

 しかし、上がり馬が出走してくることがそれほど多くないのも事実。特に、ブリーダーズゴールドCが牝馬限定戦へと様変わりした近年はその傾向がより強く、夏の上がり馬はこの後に行われるシリウスSや翌週の白山大賞典へと駒を進めることが多くなりました。休養明けの実績馬同士の対戦図式になることがとても多くなったのです。

 ただし、同年のマーキュリーCの優勝馬がここに出走してくれば有力。過去10年では、2009年のマコトスパルビエロが1着、2013年のソリタリーキングが2着、遡れば2005年のこのレースの優勝馬サカラ―トもマーキュリーCの勝ち馬でした。

 さらに同年7月以降の中央のオープン勝ち馬も有力。該当馬は2015年のサウンドトゥルーのみですが、同馬はこのレースで同年の帝王賞馬クリソライトに3馬身、フェブラリーSの優勝馬コパノリッキーに10馬身差をつけて圧勝しました。前走で中央のオープンで勝利した馬も、この舞台では信頼できることになります。

 また、休養明けの実績馬同士の対戦図式の場合は、より直近の6月末に行われる帝王賞の上位馬が優勢となります。帝王賞は上半期のダートの総決算で、日本テレビ盃よりも格上のレースですから、その傾向はより顕著。同年の帝王賞で3着以内だった馬の過去10年の成績は【4・1・4・0】で3連複の軸馬としては信頼できます。

 1着の該当馬は、2010-2011年のフリオーソ、2011年のスマートファルコン、2013年のワンダーアキュート、2018年のケイティブレイブ。2着の該当馬は、2015年のクリソライト。3着馬の該当馬は、2009年のボンネビルレコード、2016年、2018年のサウンドトゥルー、2017年のケイティブレイブです。遡れば2008年も帝王賞でワン、ツーを決めたフリオーソとボンネビルレコードが着順が入れ替わる形で、ともに連対しています。

 しかし、帝王賞で3コーナー先頭だった馬に限れば、さらに信頼できます。その成績は過去10年で【2・1・0・0】で、2011年のスマートファルコン、2013年のワンダーアキュート、2015年のクリソライトがそのパターンで連対。2008年のフリオーソもそうです。これは単に逃げて上位入線するような馬は強いというのもありますが、帝王賞と比べると日本テレビ盃のほうが、前哨戦らしく前有利の流れになりやすいというのもあるでしょう。

 さらに滅多に出走してきませんが、前走で中央のグレードレースで連対していた馬の活躍も目立ちます。2012年の勝ち馬ソリタリーキング、2010年の2着馬トランセンドは、5月に行われていた東海Sの連対馬。現在は、東海S平安Sとの施行時期が入れ替わり、平安Sが5月。それらが出走してくれば、信頼してもいいでしょう。

 まとめると、優先すべきは、同年の夏のマーキュリーCや中央のオープンを勝利した馬。それらが出走していない場合は、帝王賞3着以内の馬、特に逃げて3着以内の馬が有力で、その次が平安Sの連対馬ということになります。

 また、日本テレビ盃は、一昨年こそ4番人気のアポロケンタッキーが優勝したものの、2005年以降は1~3番人気馬が連対。4番人気馬が優勝した一昨年も配当が低く、過去11年とも馬複配当3桁台で決着しています。データからは穴馬が推せないレースですが、強いてあげるなら、帝王賞で3番人気以内に支持されながらも人気を裏切った馬の巻き返しでしょう。

 2010年のスマートファルコン、2017年のアポロケンタッキーサウンドトゥルー帝王賞で3番人気以内に支持されながらも4着以下に敗れて、このレースで連対を果たしています。このタイプは人気以上の走りが見せられるので、警戒したほうがいでしょう。

 他では、2012年のマグニフィカ、2014年のグラッツィアのように、こでまで逃げてグレードレースを優勝したことがある馬も4番人気で3着と善戦しています。マグニフィカハジャパンダートダービーを逃げ切り勝ちした馬、グラッツィア武蔵野Sを逃げ切り勝ちした馬です。とにかく逃げ馬が好走しやすいレースなので、今回も逃げられる可能性が高いならば、ヒモ穴として馬券に加えることをオススメします!


 まとめるとこうなります!
 
 ●本命候補
 ・同年のマーキュリーC優勝馬。
 ・中央の同年7月以降のオープン特別の勝ち馬。
 ・前走の帝王賞で3着以内だった馬。
  (特に、3コーナー先頭で3着以内だった馬は有力)
 ・前走の平安Sで連対していた馬。
 
 ●穴馬候補
 ・同年の帝王賞で3番人気以内に支持されながらも4着以下だった馬。
 ・逃げてダートグレード勝ちの実績がある馬で、今回逃げられる可能性が高い馬。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

[もっと見る]

2019年3月12日(火) 13:55 山崎エリカ
【山崎エリカのダートグレード攻略】~ダイオライト記念2019~
閲覧 1,387ビュー コメント 0 ナイス 12

 地方交流重賞では名古屋グランプリに次ぐ、長距離2400mで行われるダイオライト記念。主に川崎記念の上位馬やフェブラリーSでは、距離不足の実績馬が集います。また、地方交流重賞は1番人気が勝って本命サイドで決着することがとても多いですが、ダイオライト記念は過去10年で1番人気の3着以内が6回と、けっこう人気に応えられていません。

 それではこれまでにどのような馬が1番人気、それも単勝オッズ1.0倍台の断然の1番人気に支持され、人気を裏切ってきたのでしょうか? 傾向はいたってワンパターン。過去10年で1番人気を裏切ったのは2010年のフリオーソ、2012年のワンダーアキュート、2014年のムスカテール、2015年のサミットストーンの4頭。この4頭ともに前走のG1・川崎記念フェブラリーSで2着、3着と好走していた共通項がありました。

 2012年には、3連単13万5060円の特大万馬券が飛び出したこともありましたが、これも前走・フェブラリーSの3着の1番人気馬ワンダーアキュートと前走・川崎記念の3着馬フリーオーソがともに馬券圏外に敗れただけのこと。今回がG2でも前走のG1・川崎記念フェブラリーSを大目標として結果を出し、お釣りのない状態で通用するほど、楽な相手でもないということでしょう。

 確かに前走川崎記念の優勝馬は、過去10年で唯一、2013年にハタノヴァンクールが出走して連対していますが、当時のハタノヴァンクールは、前々走の東京大賞典でも2着と勢いがあった馬。しかし、そんなハタノヴァンクールでさえも、このレースではG1で連対実績のないオースミイチバンに先着を許してしまったことを忘れずにいたほうがいいでしょう。(昨年のケイティブレイブも同年の川崎記念の優勝馬ではありますが、前走のフェブラリーSで11着大敗からの巻き返しV)

 しかし、これまでの実績なくして通用しないのが競馬。過去10年の連対馬20頭中、7頭が過去1年以内のダ2000m以上の距離のG1で連対実績のある馬でした。該当馬は、2009年・フリオーソ(1着)、2011年・スマートファルコン(1着)、2012年・ランフォルセ(1着)、2013年・ハタノヴァンクール(2着)、2014年・ニホンピロアワーズ(1着)、2015年・クリソライト(1着)、2018年・ケイティブレイブ(1着)。遡れば、2018年のフリオーソ(1着)やボンネビルレコード(2着)もそう。

 2008年-2009年フリオーソ、ランフォルセ、ハタノヴァンクールは前走の川崎記念でも連対していた馬たち。しかし、ボンネビルレコードやスマートファルコン、クリソライトのように前走で川崎記念フェブラリーSを使っていないか、ニホンピロアワーズケイティブレイブのように、前走のフェブラリーSで4着以下に負けている馬たちのほうがより信頼ができます。

 ちなみに、過去10年で、過去1年以内にダ2000m以上の距離のG1で連対実績があった馬で、前走の川崎記念フェブラリーSで2着、3着以下の馬だった馬を除けば、このレースでの連対率は、過去11年、12年まで遡ってもパーフェクトの連対率。地方交流重賞の中では荒れる傾向のダイオライト記念ですが、前記の該当馬ならな信頼できるでしょう。

 逆にダイオライト記念で、穴を開けるタイプは、前年の名古屋グランプリで3着以内だった馬。2013年にオースミイチバンが6番人気で1着、2014年トウショウフリークが3番人気で2着とこの舞台で活躍を見せています。特にオースミイチバンのように、名古屋グランプリで3着以内に好走しながらも、東海S・14着、佐賀記念・4着と近走ダ2000m以下のレースで結果を出せていない馬というのは、ステイヤー適性が高い馬ですから、穴馬としては最適です。

 また、もっと人気薄を狙うのであれば、やっぱり地方馬の一発でしょう。このレースは過去10年で、地方馬が6頭3着以内に入線しています。該当馬は、2011年カキツバタロイヤル(2着)、2012年トーセンルーチェ(3着)、2014年のサミットストーン(2着)、2016年ユーロビート(3着)、2017年ユーロビート(2着)、ウマノジョー(3着)。

 では、それらの共通項はというと、過去半年以内に地元のダ2100m以上の重賞で3着以内の実績があることでした。特に2016年以降に地方馬が3度も馬券に絡んでいるのは、2015年より2月の大井で行われる金盃が距離2600mで行われるようになったからでしょう。3頭とも金盃で連対していた馬たちです。2014年まではダイオライト記念の直前で長距離重賞が用意されていませんでしたが、金盃が長距離で行われるようになったことで、以前よりも地方馬が活躍しやすくなったはず。今後も穴メーカーになるでしょう。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・過去1年以内のダ2000m以上の距離のG1で連対実績がある馬。(前走の川崎記念フェブラリーSで2着、3着以内だった馬を除く)

 ●穴馬候補
 ・前年の名古屋グランプリで3着以内だった馬。
 ・半年以内に地元のダ2100m以上の重賞で3着以内の実績がある地方馬。(特に、金盃組が有力)。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

[もっと見る]

2018年12月29日() 10:45 山崎エリカ
【山崎エリカのダートグレード攻略】~東京大賞典2018~
閲覧 1,115ビュー コメント 0 ナイス 8

 地方競馬もクライマックス。いよいよ年の瀬恒例の一年の総決算、東京大賞典が行われます。ダートの王道路線は、秋は10月のJBCクラシックから始まり、続いてチャンピオンズC、そして最終戦がこのレースとなります。例年、JBCクラシックやチャンピオンズCの上位馬が集うため、年によってはチャンピオンズC以上のハイレベルな戦いになることも少なくありません。

 本来は、秋のG1戦ではもっとも賞金が高い中央のチャンピオンズCを大目標とし、東京大賞典は消化レースでもいいはずですが、東京大賞典のほうがハイレベルになることがある理由は大きく2つ。有終の美を飾りたがる日本人の国民性と、東京大賞典がもっとも実力どおりに決まると言われているチャンピオンディスタンス(大井外回り2000mは、コースの癖も少ない)で行われることです。

 実際に東京大賞典よりも少しだけ賞金が高いチャンピオンズCをピークに仕上げて、展開が合わなかった…、外枠で外々を回った…などの理由で取りこぼすよりも、紛れが生じることが少ないこの舞台で、順当に勝ち上がりたい、賞金を加算して来年度に繋げたいと考えている陣営も少なくないようです。また、このレースはG1・3連発の最終戦となるので、成績が不安定になりやすい休養明け1~2戦目の出走馬が少なく、実績馬が実力を出しやすいというのもあります。

 つまり、東京大賞典はあまり荒れていないということ。5番人気のアポロケンタッキーが優勝した一昨年が稀であり、2007年~2015年、そして昨年も1~3番人気馬が連対を果たしています。その中でも有力は、過去10年で9勝している前走チャンピオンズC(旧ジャパンカップダートを含む)出走馬たち。当然、チャンピオンズC連対馬が最有力で、その成績は【2・3・3・0】と優秀です。

 1着の該当馬は、2008年のカネヒキリ、2014年のホッコータルマエ。2着の該当馬は、2011年と2013年のワンダーアキュート、2016年のアウォーディー。3着の該当馬は、2010年のシルクメビウス、2012年のワンダーアキュート、2016年のサウンドトゥルーです。東京大賞典で3連複の軸馬として信頼するならば、前走チャンピオンズCの連対馬ということになるでしょう。

 また、前走のチャンピオンズCでやや敗退から巻き返してくる馬は、前々走のJBCクラシックの上位馬が多いです。そこでJBCクラシックの連対馬に焦点を当てると、過去10年のこのレースでの成績は、【4・7・2・2】となかなか優秀。4着以下に敗れた馬は、2014年のクリソライトと2015年のコパノリッキーで、その2頭には前走のチャンピオンズCで7着以下に凡退しているという共通項がありました。つまり、JBCクラシックの連対馬が、前走のチャンピオンズCで大敗していなければ、積極的に狙ってもOKということです。

 逆に穴パターンはというと、前記したことにも繋がりますが、前走のチャンピオンズCの3~6着からの巻き返しが大半。G1勝ちの実績があると、昨年のケイティブレイブのように前走のチャンピオンズC・4着でも1番人気に支持される場合もあります。しかし、G1勝ちの実績がないと3年前のアポロケンタッキーのようにあまり人気がありません。アポロケンタッキーはチャンピオンズCで4着でしたが、このレースでは5番人気の低評価で優勝しました。

 また、2015年のワンダーキュートは同年のかしわ記念勝ちの実績がありましたが、それ以降のG1レースで連対実績がなかったことが嫌われたのか、前走のチャンピオンズC・6着ながら6番人気という低評価。しかし、このレースでは3着と巻き返しています。このようにこのレースは、チャンレジCの3~6着から巻き返して来ることがしばしばありますが、G1勝ちの実績がなかったり、その手前の成績がひと息だったりすると一気に人気を落とす傾向があるので、それらをヒモ穴に加えると、高配当をGETできるかもしれません。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・同年のJBCクラシックかチャンピオンズCの連対馬。
  ただし、JBCクラシックの連対馬は、前走のチャンピオンズCで7着以下に負けていないことが条件。

 ●穴馬候補
 ・前走のチャンピオンズCで3~6着だった馬。
  4~6着のG1勝ちの実績がない馬やその手前の成績が不振だと人気薄になります。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

[もっと見る]

⇒もっと見る

ワンダーアキュートの口コミ


口コミ一覧

名古屋大賞典の予想

 山崎エリカ 2017年3月30日(木) 11:05

閲覧 381ビュー コメント 1 ナイス 8

JRA勢、能力拮抗の混戦?
___________________

日本で一番直線が短い楕円コースの名古屋で行われる名古屋大賞典。先日行われた黒船賞が短距離路線の実績馬の始動戦ならば、こちらは中距離路線の実績馬の始動戦となることが多く、これまでにエスポワールシチーやワンダーアキュート、アウォーディーなどがここから始動しました。名古屋大賞典の前後にJRAではハンデ戦のマーチSが行われますが、実績馬はハンデを背負わされることを嫌って、ここへ出走してくることが多いです。

よって、例年の対戦図式は、主に休養明けの実績馬vs佐賀記念の上位馬となります。この場合、休養明けの実績馬が優勢であっても不思議ないですが、このレースに関しては佐賀記念の上位馬が優勢。なぜなら佐賀記念の上位馬は、エスポワールシチーやワンダーアキュート、アウォーディーのような強豪が出走してくれば、対戦を避けるように、より出走手当てが高いダイオライト記念やマーチSに出走することが多いからです。

つまり、佐賀記念の連対馬は、強豪が出走して来ない場合のみ、ここへ出走してくるということ。そのため前走の佐賀記念で連対していた馬のこのレースでの過去10年の成績は【3・3・1・0】と、けっこう優秀。複勝率100%を誇ります。今年は、佐賀記念の勝ち馬ロンドンタウンが川崎記念の勝ち馬オールブラッシュやG2の上位馬との対戦を避けて、マーチSへ出走しました。これは名古屋大賞典のメンバー質が高い証でしょう。


続きは、こちら。
http://umanity.jp/sp/racedata/columndet_view.php?cid=8757

予想は、こちら。
http://nar.umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?user_id=3100000007&race_id=2017033024270311

 山崎エリカ 2017年3月15日(水) 07:07
ダイオライト記念の予想
閲覧 171ビュー コメント 0 ナイス 16

今年も荒れる!?ダイオライト記念に期待
__________________

ダートグレードでは名古屋グランプリに次ぐ、長距離2400mで行われるダイオライト記念。主に川崎記念の上位馬やフェブラリーSでは、距離不足の実績馬が集います。また、地方で行われるダートグレードと言えば、総体的に堅く収まる傾向にあります。しかし、ダイオライト記念は、けっこう荒れる!?

特に最近は、波乱の傾向が顕著で、2010年のフリオーソ、2012年のワンダーアキュート、2013年のハタノヴァンクール、2014年のムスカテールなど、単勝オッズ1.0倍台の馬がことごとく人気を裏切っているのです。2010年、2012年は、断然1番人気のフリオーソ、ワンダーアキュートがともに4着凡退により、馬連6千円台の高配当が出現。さらに2012年は2番人気のフリーオソも5着に惨敗したために、3連単13万5060円の超高配当が出現しました。


続きはこちら→http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8703


予想はこちら→http://nar.umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?user_id=3100000007&race_id=2017031519120311

[もっと見る]

 やすの競馬総合病院 2016年11月28日(月) 22:32
チャンピオンズカップ・JCダートの過去10年の的中傾向の巻
閲覧 213ビュー コメント 0 ナイス 2

今週はチャンピオンズカップですが、ぼくの過去10年の予想成績を振り返って、チャンピオンズカップ(2013年まではJCダートですが・・・)との相性がどうなのかを検証してみたいです。

2015年:ハズレ
2014年:ワイド14.7倍的中!!!
2013年:3連複21.6倍的中!!!
2012年:ハズレ
2011年:ハズレ
2010年:ハズレ
2009年:ハズレ
2008年:ハズレ
2007年:ハズレ
2006年:ワイド5.9倍的中!!!(馬連とワイドを買い間違えて運よく的中も赤字的中)

2006年のように、ぼくの頭が悪いが故に起こったアクシデントのような赤字的中はあったとはいえ、2012年まではかなり相性悪いGIだったんですね~。

そういえば、2011年のJCダートで、前日のブログ予想では買い目に入ってたのに、当日、ワンダーアキュートの+14kgという馬体重を見て不安になって、予想から消したらワンダーアキュートが2着にきて悶絶という珍事件もありました(笑)

しかし、近年は2013年、2014年で的中と、このレースとけっこう相性良くなってきてるんで、今年も頑張っていきますよ~。

☆おまけ☆
中京競馬場は直線も長くなったし、もっとGIあってもいい競馬場だと思うんで、年にGI2つじゃ少ない気がしますね~。

個人的には、中京であと1つか2つ。新潟でも1つぐらいGIあってもいいのにな~と思ったりします。

逆に、
東京のNHKマイルC、ヴィクトリアマイル、安田記念とか、
阪神の阪神JF、朝日杯FS、桜花賞とか、
同じ競馬場で同じ距離のGIちょっと多いな・・・っていうのもあったりします。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ワンダーアキュートの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  福招き猫(=゚ω゚=)   フォロワー:3人 2009年2月17日(火) 15:53:25
【メイクデビュー】(京都2R)~ワンダーアキュートが逃げ切る
レース後のコメント
1着 ワンダーアキュート 小林徹弥騎手
「スムーズにレースができたことが良かったですね。ハナには別にこだわっていませんでした。出たなりでレースをしようと思っていました。ただ、物見の激しい馬ですね。返し馬の段階からターフビジョンを見たりしていましたから。直線もフワフワしていて、並ばれてもフワフワしていて交わされてからようやく走る気になったみたい。差し返してからようやく真面目に走ったぐらいです。でも、その分のびしろは期待できそうですね」

ワンダーアキュートの写真

ワンダーアキュート

ワンダーアキュートの厩舎情報 VIP

2015年12月6日チャンピオンズカップ G16着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ワンダーアキュートの取材メモ VIP

2015年12月6日 チャンピオンズカップ G1 6着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。