レッドガラン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
レッドガラン
レッドガラン
レッドガラン
写真一覧
現役 牡7 鹿毛 2015年3月11日生
調教師安田隆行(栗東)
馬主株式会社 東京ホースレーシング
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績28戦[7-1-5-15]
総賞金21,206万円
収得賞金8,100万円
英字表記Red Galant
血統 ロードカナロア
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
レディブラッサム
ダンスオンザルーフ
血統 ][ 産駒 ]
シンボリクリスエス
ダンシングサンデー
兄弟 ダルムシュタットエイシンブギーマン
市場価格
前走 2022/12/04 チャンピオンズカップ G1
次走予定

レッドガランの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
22/12/04 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 1636189.21311** 牡7 57.0 斎藤新安田隆行 520
(0)
1.52.9 1.036.9⑪⑩⑫⑬ジュンライトボルト
22/10/30 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 15611279.71414** 牡7 58.0 横山和生安田隆行 520
(+6)
1.58.7 1.233.4⑬⑬⑭イクイノックス
22/10/10 阪神 11 京都大賞典 G2 芝2400 144528.3139** 牡7 56.0 岩田康誠安田隆行 514
(-4)
2.25.3 1.034.1⑪⑩⑫⑩ヴェラアズール
22/08/21 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 1671332.399** 牡7 57.0 岩田康誠安田隆行 518
(0)
2.02.1 0.937.0⑩⑩⑩⑨ジャックドール
22/05/08 新潟 11 新潟大賞典 G3 芝2000 1581414.271** 牡7 57.5 岩田康誠安田隆行 518
(0)
1.57.7 -0.134.9④⑤カイザーバローズ
22/03/06 阪神 11 大阪城S (L) 芝1800 12444.124** 牡7 57.5 斎藤新安田隆行 518
(-6)
1.45.1 0.334.5アルサトワ
22/02/13 阪神 11 京都記念 G2 芝2200 13446.936** 牡7 56.0 斎藤新安田隆行 524
(+4)
2.12.3 0.434.3⑦⑤⑥⑤アフリカンゴールド
22/01/05 中山 11 日刊中山金杯 G3 芝2000 174815.941** 牡7 56.0 斎藤新安田隆行 520
(-6)
2.00.1 -0.435.2⑤⑤⑥⑥スカーフェイス
21/12/11 阪神 11 リゲルS (L) 芝1600 12554.623** 牡6 57.0 斎藤新安田隆行 526
(+12)
1.34.3 0.333.2⑥⑤エアロロノア
21/10/31 阪神 11 カシオペアS (L) 芝1800 15479.354** 牡6 57.0 斎藤新安田隆行 514
(+2)
1.47.3 0.133.4⑤⑤ファルコニア
21/10/03 中京 11 ポートアイS (L) 芝1600 164711.053** 牡6 57.0 斎藤新安田隆行 512
(-2)
1.32.9 0.334.3⑫⑩⑧プリンスリターン
21/03/14 中山 10 東風S (L) 芝1600 147124.016** 牡6 57.0 横山和生安田隆行 514
(-2)
1.35.5 1.136.9④④④トーラスジェミニ
21/02/13 阪神 11 洛陽S (L) 芝1600 10772.513** 牡6 56.0 岩田康誠安田隆行 516
(0)
1.35.3 0.132.7⑤⑤サトノフェイバー
21/01/05 中京 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 16488.636** 牡6 56.0 北村友一安田隆行 516
(+2)
1.33.5 0.433.6⑫⑬⑬ケイデンスコール
20/12/12 阪神 11 リゲルS (L) 芝1600 17484.323** 牡5 57.0 北村友一安田隆行 514
(0)
1.33.3 0.233.3⑦⑧シュリ
20/11/01 京都 11 カシオペアS (L) 芝1800 187146.334** 牡5 57.0 浜中俊安田隆行 514
(+2)
1.46.3 0.234.6⑤④ランブリングアレー
20/06/06 阪神 11 鳴尾記念 G3 芝2000 167139.235** 牡5 56.0 北村友一安田隆行 512
(-2)
2.00.8 0.736.6パフォーマプロミス
20/05/10 新潟 11 新潟大賞典 G3 芝2000 16364.716** 牡5 56.0 鮫島克駿安田隆行 514
(0)
1.59.4 0.835.0⑪⑩トーセンスーリヤ
20/03/08 阪神 11 大阪城S (L) 芝1800 16234.421** 牡5 55.0 北村友一安田隆行 514
(0)
1.46.9 -0.235.4サトノフェイバー
20/02/01 東京 11 白富士S (L) 芝2000 146911.953** 牡5 56.0 M.デムー安田隆行 514
(+4)
1.59.2 0.133.7⑬⑫⑭インビジブルレイズ

⇒もっと見る


レッドガランの関連ニュース

◆川田騎手(シャマル5着)「外枠からリズム良く、いい形で競馬を進められました。得意ではない距離でも最後までよく走ってくれています」

◆幸騎手(サンライズホープ6着)「外々を回って、ロスの多い競馬になってしまいました」

◆鮫島駿騎手(スマッシングハーツ7着)「前に行ったぶん、最後苦しくなったかもしれません」

武豊騎手(ノットゥルノ8着)「いい位置で流れに乗れましたが、ペースが遅かったですからね」

◆ルメール騎手(オーヴェルニュ9着)「直線でギアを上げることができませんでした」

◆斎藤騎手(レッドガラン11着)「初ダートでしたし、経験馬を相手によく頑張ってくれたと思います」

◆ムーア騎手(グロリアムンディ12着)「いい走りができていた。近いうちに勝てる馬だと思います」

◆レーン騎手(バーデンヴァイラー14着)「瞬発力がなかったですね」

◆松若騎手(サンライズノヴァ15着)「いいときと比べると、グッとくるところがありませんでした」

【有名人の予想に乗ろう!】チャンピオンズC2022 大久保先生、ジャンポケ・斉藤さんほか多数!競馬大好き芸能人・著名人が真剣予想! 2022年12月4日() 05:30


※当欄ではチャンピオンズカップについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑫テーオーケインズ
○①グロリアムンディ
▲③ハピ
△②サンライズホープ
△⑤ジュンライトボルト
△⑨ノットゥルノ
△⑩クラウンプライド

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎①グロリアムンディ
ワイド
①-③ハピ

【徳光和夫】
3連複ボックス
グロリアムンディ
オーヴェルニュ
ノットゥルノ
バーデンヴァイラー
シャマル
タガノビューティー
ワイド流し
⑨-①②③⑤⑦⑫⑭⑯

【DAIGO】
◎⑫テーオーケインズ
ワイド
⑨-⑫
⑨-⑩

【林修】
注目馬
◎⑫テーオーケインズ

【熊切あさ美】
◎⑫テーオーケインズ
3連複ボックス
サンライズホープ
ハピ
ジュンライトボルト
クラウンプライド
テーオーケインズ
シャマル

【神部美咲】
◎⑫テーオーケインズ
馬単流し
⑫→⑤⑨

【篠原梨菜】
◎⑫テーオーケインズ

【キャプテン渡辺】
◎⑫テーオーケインズ
馬連・ワイド
⑫-⑦オーヴェルニュ
3連単フォーメーション
⑫→⑤⑦→⑤⑦
3連単
⑫→①→⑪

【長岡一也】
◎⑫テーオーケインズ
○⑨ノットゥルノ
▲①グロリアムンディ
△③ハピ
△⑤ジュンライトボルト
△⑩クラウンプライド
△⑬シャマル

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑨ノットゥルノ
単勝

3連単フォーメーション
⑫→⑨→⑤⑩
⑫→⑤⑩→⑨
⑫→⑨→②③④⑦⑪
⑫→②③④⑦⑪→⑨

【ギャロップ林】
◎⑤ジュンライトボルト
3連単フォーメーション
⑤⑫→⑤⑫→①②③④⑦⑨⑩⑬⑮

【恋さん(シャンプーハット)】
◎①グロリアムンディ
3連単フォーメーション
①⑫→①②⑫⑬→①②③⑤⑦⑧⑨⑩⑫⑬

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑤ジュンライトボルト
馬単
⑤→⑫テーオーケインズ

【浅越ゴエ】
◎⑫テーオーケインズ
3連単1頭軸流しマルチ
⑫→①②④⑥⑪⑬
3連単フォーメーション
①⑫→①⑫→②④⑥⑪⑬

【月亭八光】
◎⑩クラウンプライド
単勝

3連単1着軸流し
⑩→①②③④⑤⑦⑨⑫⑬

【岩部彰(ミサイルマン)】
◎⑩クラウンプライド
3連単2頭軸流しマルチ
⑩→⑫→①②③⑤⑦⑨⑪⑬
3連単フォーメーション
⑫→⑩→①②③⑤⑦⑨⑪⑬
⑫→①②③⑤⑦⑨⑪⑬→⑩
3連単ボックス
①⑨③
③⑤⑩

【西代洋(ミサイルマン)】
◎④スマッシングハーツ
3連単2頭軸流しマルチ
④→⑫→①③⑤⑦⑨⑩⑪⑭

【下田真生(コウテイ)】
◎⑫テーオーケインズ
3連単フォーメーション
⑫→③⑨→⑧⑯
⑫→③⑨→⑭
⑫→①→⑥⑯

【九条ジョー(コウテイ)】
◎③ハピ
複勝


【原奈津子】
◎⑤ジュンライトボルト
○⑨ノットゥルノ
▲⑫テーオーケインズ

【船山陽司】
◎⑦オーヴェルニュ

【皆藤愛子】
◎⑤ジュンライトボルト

【高田秋】
◎③ハピ

【粗品(霜降り明星)】
◎⑦オーヴェルニュ
3連単フォーメーション
⑦⑫→①③⑤⑦⑫→①③⑤⑦⑨⑩⑪⑫⑬

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎⑤ジュンライトボルト
ワイド流し
⑤-②④⑩⑪⑫⑯

【レッド吉田(TIM)】
◎⑩クラウンプライド

【杉本清】
◎⑫テーオーケインズ

【小木茂光】
◎①グロリアムンディ
3連単フォーメーション
①②⑫→①②③⑤⑦⑨⑩⑪⑫→①②⑫

【守永真彩】
◎⑫テーオーケインズ
3連複フォーメーション
⑩⑫-①⑩⑫-①③⑤⑦⑨⑩⑫

【田中将大(東北楽天ゴールデンイーグルス)】
◎①グロリアムンディ

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑬シャマル

【酒井一圭(純烈)】
◎⑫テーオーケインズ

【中村均(元JRA調教師)】
◎⑫テーオーケインズ

【細江純子(元JRA騎手)】
注目馬
テーオーケインズ
グロリアムンディ
オーヴェルニュ
バーデンヴァイラー

【田原成貴(元JRA調教師)】
◎⑫テーオーケインズ

【橋本マナミ】
◎⑫テーオーケインズ

【横山ルリカ】
◎①グロリアムンディ

【黒澤ゆりか】
◎⑫テーオーケインズ
○⑤ジュンライトボルト
▲⑩クラウンプライド
△①グロリアムンディ
△②サンライズホープ

【旭堂南鷹】
◎⑩クラウンプライド

【やべきょうすけ】
◎①グロリアムンディ
○⑫テーオーケインズ
▲⑤ジュンライトボルト
△③ハピ
△⑦オーヴェルニュ
△⑨ノットゥルノ
△⑩クラウンプライド

【稲富菜穂】
◎⑫テーオーケインズ

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑫テーオーケインズ
○⑤ジュンライトボルト
▲③ハピ
△①グロリアムンディ
△②サンライズホープ
△⑪バーデンヴァイラー
△⑬シャマル

【津田麻莉奈】
◎⑫テーオーケインズ

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎⑤ジュンライトボルト
○⑫テーオーケインズ
▲②サンライズホープ
☆①グロリアムンディ
△⑦オーヴェルニュ
△⑨ノットゥルノ
△⑪バーデンヴァイラー

【駒場孝(ミルクボーイ)】
◎⑫テーオーケインズ

【内海崇(ミルクボーイ)】
◎⑩クラウンプライド

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎⑤ジュンライトボルト
○⑩クラウンプライド
▲⑫テーオーケインズ
△①グロリアムンディ
△③ハピ
△⑦オーヴェルニュ
△⑬シャマル

【中野雷太】
◎⑫テーオーケインズ

【清水久嗣】
◎⑪バーデンヴァイラー

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑫テーオーケインズ

【大島麻衣】
◎⑫テーオーケインズ

【熊崎晴香(SKE48)】
◎⑤ジュンライトボルト

【高見奈央】
◎⑫テーオーケインズ
○⑩クラウンプライド
▲②サンライズホープ
△⑦オーヴェルニュ
△⑥レッドガラン

【雪平莉左】
◎⑤ジュンライトボルト

【西脇彩華】
◎⑩クラウンプライド
○⑤ジュンライトボルト
▲⑫テーオーケインズ
△③ハピ
☆⑬シャマル

【ほのか】
◎⑤ジュンライトボルト

【天童なこ】
◎⑨ノットゥルノ
○①グロリアムンディ
▲⑫テーオーケインズ
☆⑤ジュンライトボルト
△⑪バーデンヴァイラー
△③ハピ
△⑦オーヴェルニュ
△⑩クラウンプライド
△⑬シャマル



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【チャンピオン】前走後の談話 2022年12月4日() 04:50

グロリアムンディ「良馬場ではトップスピードが少し足りない」(福永騎手=宝塚記念12着)

サンライズホープ「行き脚がつかなかったことが結果的にいい方に出た」(幸騎手=みやこS1着)

ハピ「よく頑張っている。来年はもっと良くなるはず」(横山典騎手=みやこS4着)

スマッシングハーツ「もうひとつ、ふたつ工夫したかったが…」(鮫島駿騎手=武蔵野S4着)

ジュンライトボルト「4コーナーの加速力を生かした競馬ができればと思っていた」(石川騎手=シリウスS1着)

レッドガラン「この馬なりに脚を使っているが、上がりが速すぎた」(横山和騎手=天皇賞・秋14着)

サンライズノヴァ「ペースが落ち着いてしまったし、馬場も湿っていた方がいい」(松若騎手=武蔵野S9着)

クラウンプライド「逃げ方としてはプラン通り。GⅠを勝つ力は有していると思う」(福永騎手=JBCクラシック2着)

バーデンヴァイラー「ゴール板で止まるくらい余裕もなかった」(福永騎手=シリウスS15着)

テーオーケインズ「自分から動いても最後までいい脚を使ってくれた。強い馬」(松山騎手=JBCクラシック1着)

シャマル「初距離、初コースなど初物ずくめだったが、今の充実ぶりを示す内容だった」(川須騎手=南部杯3着)

タガノビューティー「きょうは流れが向かなかった」(石橋騎手=武蔵野S6着)

サクラアリュール「勝負どころで内をさばいていきたかった」(藤岡康騎手=みやこS9着)

[もっと見る]

【初ダート出走馬 12/4(日)版】中山2Rフィールザダイヤはきょうだいが軒並みダート向きで期待 2022年12月3日() 17:00

初めてダート戦を走る馬の取捨選択は、予想する上で重要なファクターのひとつです。当欄では、12/4(日)の出走馬たちの中から初ダートとなる馬をピックアップしています。ぜひ馬券検討にお役立てください。


【12月4日(日)中山】
1R 2歳未勝利 ダ1200m
ロケッツアン

2R 2歳未勝利 ダ1800m
エーレウォーン ⑪ハクシンジャベリン ⑫リチャ ⑬ホウオウバーデン ⑭フィールザダイヤ ⑯ニシノセイラン

6R 2歳1勝クラス ダ1200m
ナックブレイブ

ダート続戦組と比較すると初ダート組の方が人気を集めそうな2R。ここは⑭フィールザダイヤが面白そうだ。母のフィールザビュウの子供たちは軒並みダートで走るし、新種牡馬サトノダイヤモンドも母方次第でダートで勝てる馬を出しそうな気配がある。何より他の初ダート組はダートで一変するだけの強調材料に欠ける印象があり、ここはチャンスに思える。外目の枠にも恵まれた印象だ。


【12月4日(日)中京】
1R 2歳未勝利 ダ1800m
モイル ④ウインドアカネール ⑥ヴォードヴィル ⑧ツーエムルーイー

2R 3歳以上1勝クラス ダ1900m
レッドファーロ

6R 3歳以上1勝クラス ダ1200m
スマイルアップ ⑮ニシノリース

11R チャンピオンズカップ ダ1800m
レッドガラン

日曜中京は妙味のありそうな馬は多いものの、「これ」とプッシュできるだけの材料に乏しい馬ばかり。その中でも1Rの⑧ツーエムルーイーは楽しめるかも知れない。母の母が米二冠馬タバスコキャットの全妹に当たる血筋出身であり、半兄のラージヒルがキングズベスト産駒ながらダートを中心に活躍したところを見てもダート指向の強い牝系に思える。ダート続戦組に強そうな馬が何頭か存在するが、スタートからの立ち回り次第で楽しめそうだ。


【12月4日(日)阪神】
1R 2歳未勝利 ダ1400m
スカプラリオ ⑥ミヤジトレヴ

3R 2歳未勝利 ダ1800m
ラミアストラーダ ②モズマーカッシン ⑥キャビネットバトル

7R 3歳以上1勝クラス ダ1800m
バガン

8R 3歳以上2勝クラス ダ1400m
サルビア

11R ギャラクシーステークス ダ1400m
メイショウミモザ

3Rの①ラミアストラーダは遡ると往年のグリーングラスやタイガーボーイなどが出ている青森由来の牝系出身。エピファネイア産駒ながらダート適性はまずまず見込めるか。今回のメンバー中でも相対的に能力は高そうだが、初ダートの最内枠だけに立ち回りがカギになりそう。スタート良く出て終始スムーズに立ち回れるようならば勝負になってもおかしくはないが、全幅の信頼は置きづらい。

[もっと見る]

【重賞データ分析】チャンピオンズC2022 テーオーケインズ、ジュンライトボルト、バーデンヴァイラーの3頭が複勝圏データをすべてクリア 2022年12月3日() 12:00


ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!チャンピオンズカップ・データ分析 をお届けします!


【馬齢】
名称がチャンピオンズカップに変わり、場所も中京に移った2014年以降の1~3着馬延べ24頭の馬齢をみると、3歳から7歳までの範囲。ただし7歳の複勝圏入りは、中京ダート1800mのG1かG2において連対(2着以内)経験があった馬のみ。3歳の好走(3着以内)はジャパンダートダービーの勝ち馬に限られる。その点には配慮が必要だろう。

(減点対象馬)
ハピ ⑥レッドガラン ⑧サンライズノヴァ ⑩クラウンプライド ⑮サクラアリュール

【前走使用レース】
2014年以降の3着以内馬延べ24頭の前走使用レースを大まかに分けると、JBC諸競走、南部杯日本テレビ盃、JRA・ダートG3競走の4パターンに限定される。これ以外のステップで臨んだ馬は複勝圏に達していない。

(減点対象馬)
グロリアムンディ ⑥レッドガラン ⑯レッドソルダード

【前走着順】
前走の着順についてはJRA・ダートG3競走なら不問。それ以外の場合はJBC諸競走が4着以内、南部杯は9着以内、日本テレビ盃なら1着がひとつの目安。2014年以降、この条件を満たしていなかった前走非JRA・ダートG3競走組は、みな複勝圏外に敗れている。

(減点対象馬)
グロリアムンディ ⑥レッドガラン ⑦オーヴェルニュ ⑨ノットゥルノ ⑯レッドソルダード

【前走人気】
前走の単勝人気に関しては、JBC諸競走・南部杯なら5番人気、日本テレビ盃は1番人気、JRA・ダートG3競走であれば10番人気がボーダーライン。2014年以降の3着以内に入った全馬がこの条件をクリアしていた。

(減点対象馬)
グロリアムンディ ②サンライズホープ ⑥レッドガラン ⑦オーヴェルニュ ⑧サンライズノヴァ ⑨ノットゥルノ ⑯レッドソルダード

【距離実績】
2014年以降の3着以内馬延べ24頭のうち、18頭にダート1800m以上のG1・Jpn1で3着以内の経験があり、残りの6頭にはダート1800m以上の重賞で連対(2着以内)歴があった。ダート重賞実績に乏しい馬はもちろん、ダート重賞での良績が1800m未満の距離に偏っている馬は、疑ってかかるべきだろう。

(減点対象馬)
スマッシングハーツ ⑥レッドガラン ⑧サンライズノヴァ ⑬シャマル ⑭タガノビューティー ⑯レッドソルダード


【データ予想からの注目馬】
上記5項目オールクリアは、⑤ジュンライトボルト、⑪バーデンヴァイラー、⑫テーオーケインズの3頭。

チャンピオンズカップとして施行された過去8年の勝ち馬はいずれもダートのG1・Jpn1ウイナー。その点を踏まえて、最上位には前年覇者の⑫テーオーケインズを挙げたい。

過去8年【3.4.0.12】のノーザンファーム生産馬に該当し、ダートで底を見せていない⑤ジュンライトボルトを2番手評価。同じくノーザンファーム生産馬の⑪バーデンヴァイラーも侮れない存在だ。

<注目馬>
テーオーケインズ ⑤ジュンライトボルト ⑪バーデンヴァイラー

[もっと見る]

【ROBOTIPの勝率予測】チャンピオンズC2022 血統指数×左回り・ダ1800m・坂コースによる算出結果首位は、グロリアムンディ 2022年12月3日() 12:00


こんにちは!ウマニティのROBOTIP開発プロジェクトメンバーの孫権です。
本日は4(日)に行われるG1チャンピオンズカップを予想していきたいと思います。

まず、孫権のROBOTIP設定は「血統」の能力指数を100%重視しています。レース条件に応じて、必要な場合には他の能力指数(競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者)を配合しますが、基本的には「血統」指数オンリーで展開します。
そして、適性については、血統の「距離適性」「トラック適性」「周回方向適性」「G前の坂の有無適性」を配合します。
以上が、私孫権のROBOTIP設定の基本方針です。

今週のチャンピオンズCでは、設定で「距離適性」「トラック適性」「周回方向適性」「G前の坂の有無適性」各25%で、左回りダート1800m坂あり条件にフィットさせたセッティングで臨みたいと思います。補正については「調教評価」のみをONとします。
これによって弾き出された勝率予測は以下の通りです。


孫権ROBOTIPが弾き出したチャンピオンズC全馬の勝率
(順位・馬番・馬名・勝率)

1 ①グロリアムンディ    13.20%
2 ⑨ノットゥルノ      11.74%
3 ⑤ジュンライトボルト   11.44%
4 ⑯レッドソルダード    8.04%
5 ④スマッシングハーツ   7.23%

6 ⑮サクラアリュール     6.24%
7 ③ハピ           5.57%
8 ⑭タガノビューティー    4.96%
9 ⑥レッドガラン       4.86%
10 ⑧サンライズノヴァ    4.73%
11 ②サンライズホープ    4.50%
12 ⑫テーオーケインズ    3.91%
13 ⑪バーデンヴァイラー   3.83%
14 ⑦オーヴェルニュ     3.60%
15 ⑬シャマル        3.59%
16 ⑩クラウンプライド    2.56%


ROBOTIPの基本的な考え方として、平均勝率(16頭立ての場合は6.25%)を上回る馬のみを馬券対象にしますので、今回のチャンピオンズCでは上位5頭までが馬券の対象ということに。
勝率の差で隊列を組むと以下の並びになります。

 ①>⑨⑤>>⑯④


グロリアムンディがトップ、ただそれ以上に3位→4位間の差が大きく出ているというのが、今回の血統指数ベースでの勢力図のようです。
まずは、⑫テーオーケインズ(12位)を無視した戦いというのが大きいでしょうか。同馬の戦歴が示すように、勝ち切る以外は案外4着以下に転ぶというケースも見られるタイプですし、今回は圏外に敗れる可能性も含め崩れるほうに張るというくらいに捉えたいと思っています。
あとは、剛腕R.ムーア騎手のイン絶好位捌きに賭けつつ、⑨ノットゥルノ、⑤ジュンライトボルトの新興勢力に上位進出を期待します。
基本はその上位3頭のワイド、そして単勝と馬連をボーナスとして織り交ぜた計9点(10,000円)で勝負とします。


【孫権のチャンピオンズC勝負馬券】


ワイド通常
①-⑨
1点×2500円=2,500円
①-⑤
1点×2500円=2,500円
⑤-⑨
1点×2000円=2,000円

ワイドながし
①-④⑯
2点×300円=600円

単勝

1点×1000円=1,000円

馬連通常
①-⑨
1点×400円=400円
①-⑤
1点×700円=700円
⑤-⑨
1点×300円=300円


**************************************
ROBOTIPは自分の競馬予想理論に従って6つの能力指数(競走馬・騎手・血統・調教師・馬主・生産者)と、5つの適性(距離・トラック・馬場状態・周回方向・G前の坂)を自由に配合して出走馬の勝率を予測するロボットです。
ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)すると無料でご利用頂けます。
⇒詳しくはこちらへ!
**************************************

[もっと見る]

⇒もっと見る

レッドガランの関連コラム

閲覧 2,787ビュー コメント 0 ナイス 6



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



10月30日(日)東京11R 第166回天皇賞(秋)(3歳以上G1・芝2000m)

【登録頭数:15頭】(フルゲート:18頭)


<前走:日本ダービー出走馬>(5ヶ月)

イクイノックス(2着、484kg(-8kg))<B>
前走のダービー時以外は間隔をジックリとって使われてきた馬で、今回も5ヶ月ぶりで実戦を迎える。調教内容はこれまでから大きく変化していないが、1週前の動きを見ると多少重い感じに見えた。2週前の坂路では終い強めに追われていたが、そのあたりが関係しているのかもしれない。

ダノンベルーガ(4着、494kg(-10kg))<C>
こちらもダービー以来の休み明けとなり乗り込み量は豊富。ただ、2週前、1週前と2週連続強めに追われ、日曜日も坂路で時計になるところをやっている。1週前も併走馬相手にモタモタして何とか先着できたという動きだったので、この馬もまだ素軽さに欠ける印象。

ジオグリフ(7着、492kg(-4kg))<A>
ダービー以来の休み明けでも、乗り込み豊富で南Wと坂路で好時計。1週前追い切りでは、乗り慣れていない北村宏騎手が騎乗しての追い切りでかなり持ってかれる感じになっていたが、手応えは抜群。伸び脚もしっかりしていて出来はかなり良さそう。直前はテンションを上げないような控えめな追い切りができれば理想的。




<前走:札幌記念出走馬>(中9週)

ジャックドール(1着、516kg(+8kg))<C>
札幌記念からの休み明け。ただ大きな馬の割に乗り込み量はそれほど多くはない。1週前追い切りでは好時計で先着するも、まだ重さを残しているように映った。

パンサラッサ(2着、470kg(-6kg))<C>
これまでも1週前には強めに追うことが多かった馬で、この中間も1週前は併せ馬で強めに追われている。速い時計は出ているが、やや首が上がり気味で終いの伸びが甘い動きだった。

ユーバーレーベン(11着、498kg(前々走海外))<B>
この中間も乗り込み量は豊富で、1週前追い切りでは遅れはしたものの動きは上々。前走時の最終追い切り時のような、ササり気味になるところもなくスムーズな走りで前走時からの上積みがありそう。




<前走:小倉記念出走馬>(中10週)

マリアエレーナ(1着、424kg(-2kg))<A>
この中間も追い切りでは好時計を連発。1週前追い切りでは素軽さが窺え、仕上がり良好。東京は初めてだが、左回りの2000m以上のレースでは4戦2勝ですべて3着以内と向く条件。

カデナ(7着、478kg(±0kg))<C>
この中間も坂路での調整。走りやすそうな馬場だった1週前追い切りだが、終い脚が上がり気味で物足りない動き。




<前走:その他のレース>

シャフリヤールプリンスオブウェールズS:4着、前走海外)4ヶ月半)<B>
前走が海外で休み明けでの出走とあって乗り込み量は豊富。追い切りには3週連続福永騎手が騎乗(レースはCデムーロ騎手が騎乗予定)しての調整となっていて、追われるごと時計を詰めている。終いの伸びも良く仕上りは良さそう。

ノースブリッジ毎日王冠:5着、494kg(+2kg)中2週)<B>
休み明けを使われての叩き2戦目。前走時のパドックでは、太め感はなかったがテンションが高めだった。この中間、1週前は軽めの調整で力みもなく、動きは素軽かった。日曜にも長めから速い時計を出していて、調子落ちは感じられない。

ポタジェ毎日王冠:6着、466kg(+2kg)中2週)<D>
休み明けの前走時、パドックでは+2kgの数字以上に緩さがある印象を受けた。この中間も軽めの調整で強めに追われていないので、大きな変わり身はなさそう。

カラテ新潟記念:1着、532kg(-8kg)中7週)<C>
坂路中心で追い切られることが多い馬だが、この中間は2週前、1週前とCWでの併せ馬。1週前映像からは、力強さは伝わってきたが首が高く追われてからの反応が鈍く伸び脚も物足りなかった。かなり大きな馬なので、まだ太めが残っている様子。

バビットオールカマー:4着、474kg(+14kg)中4週)<C>
休み明けの前走時は、追い切りでは良い動きだったが、さすがに馬体に余裕を感じるパドック。この中間も乗り込まれているが、1週前追い切りではまだ重さを残す走りだった。

アブレイズ(府中牝馬S:5着、498kg(+8kg)中1週)<B>
坂路で速い時計が出る馬で、前走時も追い切りで好時計をマークし、レースでも一瞬見せ場という内容だった。今回は中1週となるため、速い時計は出していないが使ってくるからには出来落ちはなさそう。

レッドガラン京都大賞典:9着、514kg(+4kg)中2週)<C>
坂路で好時計が出るタイプで、前走時も坂路で好タイムをマークしていた。ただ、大きな馬でパドックでは硬さが感じられた。中2週のこの中間は、先週金曜日に坂路で追われ終い好時計を計時していて、出来自体は悪くない印象を受ける。


※今回このコラムでの中間の状態からの推奨馬は、ジオグリフマリアエレーナシャフリヤールの3頭をあげておきます。


◇今回は、天皇賞(秋)編でした。
天皇賞(秋)連対馬の最終追い切り内容を分析してみると、過去10年の連対馬20頭のうち13頭がWコースで追い切られています。ちなみに、1週前追い切りに関しても14頭がWコースでの追い切り。1週前、最終追い切りともに坂路で追い切られていた馬は、5頭(関東1、関西4)となっていました。これを過去5年までに絞ってみると、連対馬10頭のうち8頭がWコースでの追い切りで、1週前に関しても9頭がWコースでの追い切りとその比率は上がります。やはり、天皇賞(秋)に関しても、「Wコース追い」が近年優勢との傾向が出ているようです。
特に関東馬は、坂路調教で連対した馬はスピルバーグのみでそれも8年前。関東馬で坂路仕上げというパターンは、軽視していいと考えています。一方で、関西馬は、坂路オンリー調整での連対例こそ同様に少なくなってきていますが、輸送を控えることから1週前にCWで強めに追い、最終追い切りは坂路で息を整える内容というパターンも十分考えられます。そうした背景から、関東馬ほど軽視する必要はないでしょう。
先週の菊花賞、今週の天皇賞(秋)と、連対馬の調教内容について綴ってきていますが、その他のレースに関しても近年はWコースで追い切られた馬のほうが、頭数も多く成績も良いように感じます。そのあたりは、外厩で調整する馬が多くなってきていることも影響しているのではないかと考えています。
私が競馬の予想で調教内容を重視するようになったきっかけは、フジキセキサイレンススズカのようにデビュー前から栗東坂路を破格の時計で駆け上がってくる馬に影響を受けたからであり、近年坂路調教馬たちの元気が感じられないというのはどこか寂しいものです。ただそれも時代の流れ。仕方ないことといえばそうなのかもしれませんし、その時代その時代で取り残されないように予想をしていかなくてはなりませんね。


※天皇賞(秋)出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2022年2月11日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】小倉芝千二の顕著な傾向/京都記念展望
閲覧 1,828ビュー コメント 0 ナイス 2



きさらぎ賞マテンロウレオが最後の最後でダンテスヴューを交わして勝利。横山典騎手は今年早くも3つ目の重賞制覇となった。

もっとも、3着に逃げたメイショウゲキリンが粘ったように、メンバーレベルには疑問が残る。勝ったマテンロウレオホープフルS6着馬、2着のダンテスヴューは東京スポーツ杯4着馬。近年のきさらぎ賞勝ち馬を並べてみても、2016年のサトノダイヤモンド以降はコレといった活躍馬が出ていない。今年もクラシック路線では苦戦を強いられる可能性が高そうだ。

~引き続き外有利が継続しそうな小倉芝

さて、先週特徴が出ていたのは4週目の小倉芝コース。3週目に雨の影響を受けたことで一気に馬場が悪化したが、引き続きAコース開催となった先週末も外有利傾向が継続。とりわけ馬場状態の影響を受けやすい芝千二は外有利で、1~3枠(0-0-0-30)と壊滅。5レース中4レースで7~8枠の馬が制するなど顕著な傾向が出ていた。

今週末から小倉はBコースに替わり。ただ、仮柵だけでは傷んでいる部分を保護しきれない可能性が高い。恐らく先週同様の傾向が続く可能性が高く、引き続き外枠が狙いとなりそうだ。

今週末の芝千二は以下の6レース。

土曜小倉2R
土曜小倉10R
土曜小倉12R
日曜小倉2R
日曜小倉6R
日曜小倉11R

いずれも18頭とフルゲートが揃ったので、先週同様の傾向に期待したい。

というわけで、恒例の次走狙い馬を一頭。

ニューノーマル(土曜小倉2レース4着)

今回は内枠が不運だったが、それでもまずまず伸びた。未勝利なら上位の脚あり。初戦は千四で勝ち馬に迫り2着、2戦目は開幕週千二で流れ乗れずロス大。追われてからは堅実で、勝ち切れるかはともかく未勝利で連複軸なら手堅い。

京都記念の注目馬

最後はいつも通り今週末の注目馬で締めたい。

今回は京都記念からこの馬を。

レッドガラン斎藤新騎手)

前走の中山金杯では距離を懸念されたが、直線は力強く抜け出し。ゴール前はまだ余力もあり、完勝だった。約1年7カ月ぶりの芝二千だったが、結果的にはむしろ合っていたと感じさせる内容。血統的にも父ロードカナロアにばかり目が行くが、母父はシンボリクリスエス、母母はダンスインザダークダンスパートナーの全妹というスタミナ血統。今回さらに距離が延びるがこなせる下地はありそうだ。今年は上位人気勢が手薄でもあり、目下の勢いで十分好勝負になるとみている。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2022年2月6日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2022年02月06日号】特選重賞データ分析編(292)~2022年京都記念
閲覧 1,702ビュー コメント 0 ナイス 2



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 農林水産省賞典 京都記念 2022年02月13日(日) 阪神芝2200m内


<ピックアップデータ>

【“前年以降、かつJRA、かつG1・G2のレース”において3着以内となった経験の有無別成績(2016年以降)】
○あり [6-6-5-14](3着内率54.8%)
×なし [0-0-1-35](3着内率2.8%)

 実績馬が圧倒的に優勢。なお“JRA、かつG1のレース”において3着以内となった経験がない馬も2016年以降[0-0-1-39](3着内率2.5%)と苦戦していました。格の高いレースを主戦場としてこなかった馬は、基本的に過信禁物と見るべきでしょう。

主な「○」該当馬→ユーバーレーベンレッドジェネシス
主な「×」該当馬→サンレイポケットマリアエレーナラーゴムレッドガラン


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「馬齢が5歳以下」の馬は2016年以降[6-4-4-17](3着内率45.2%)
主な該当馬→マリアエレーナユーバーレーベンラーゴムレッドジェネシス

[もっと見る]

2021年2月10日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2021年02月10日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(240)
閲覧 2,174ビュー コメント 0 ナイス 2



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、洛陽ステークス・クイーンカップ・バレンタインステークス・北九州短距離ステークス・京都記念共同通信杯の6レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2021年02月13日(土) 阪神11R 洛陽ステークス
【“前年以降、かつJRA、かつオープンクラスのレース”において3着以内となった経験の有無別成績(2018年以降)】
●あり [3-3-3-15](複勝率37.5%)
●なし [0-0-0-13](複勝率0.0%)
→近年は実績馬が優勢。特別登録を行った馬のうち“2020年以降、かつJRA、かつオープンクラスのレース”において3着以内となった経験があるのは、アルジャンナサトノフェイバーシャイニービームメイケイダイハードレッドガランの5頭です。


▼2021年02月13日(土) 東京11R デイリー杯クイーンカップ
【生産者別成績(2017年以降)】
●ノーザンファーム [4-3-3-8](3着内率55.6%)
●ノーザンファーム以外 [0-1-1-35](3着内率5.4%)
→2016年以前を含めてもノーザンファーム生産馬は堅実。なお、生産者がノーザンファーム以外、かつ“JRA、かつ重賞のレース”において上がり3ハロンタイム順位が2位以内となった経験のない馬は2017年以降[0-0-0-32](3着内率0.0%)でした。


▼2021年02月14日(日) 東京10R バレンタインステークス

[もっと見る]

レッドガランの口コミ


口コミ一覧
閲覧 93ビュー コメント 0 ナイス 10

今日は中京競馬場でチャンピオンズCが行われますね〜♪

昨年の覇者であるテーオーケインズが今年も圧倒的な人気となっています!

馬券的には寂しい感じがしますがその強さを信じて◎でいきます(^o^)

追い込み馬に期待して○ハピと▲タガノビューティにも期待します☆

あとは大穴にダート初参戦のレッドガランも面白いかと(^^)

 覆面ドクター・英 2022年12月4日() 09:26
覆面ドクター・英のチャンピオンズC・2022
閲覧 122ビュー コメント 0 ナイス 7

まずはJCの回顧から。マイルCSうまく行き過ぎた感があり2週続けては難しいんだろうなと思っていましたが、それほど脚は無かったにしろ、不利を受けて川田騎手やや大げさに立ち上がって、Cデムーロ騎手が騎乗停止となりましたが、それなくても厳しかったかなあ・・。ムーア騎手いまいち騎乗を連続してましたが日曜はそれなりで、きっちり大一番で結果出しました。人気になり過ぎて当日あえて買わなかったので、全然惜しくなくて、切り替えすぐできましたが、やはり馬に近い人たちで情報持ってるんでしょうね、人気過ぎて嫌いたくなるくらい実績からしたら人気でしたからね・・。

それではチャンピオンズCの話へ。毎年書いていますが、年寄りには、イマイチG1という認識のしにくいレースです(笑)第23回とかなってるとドキッとしますが14回目まではJCダートということらしいので、それでももう10年近く経っているのかと思うと自分も歳とったなあと思います。JCダートの方が正直好きだったんですが、チャンピオンズCになって、それほど大きい馬券当ててない気がするので、今年は頑張ります。

W杯の話をしますが、勝ち上がって幸せですが、どのスポーツでもそうですが、日本代表にのぼりつめるだけの人たちは才能も努力もものすごいものがあり、2戦目までの結果だけみて誹謗中傷するのとかは違うと思います。私も小学校時代に札幌の100人超の強豪校でサッカーをやっていましたが、控え止まりでした。練習試合(室蘭遠征)で後にJリーガーとなる京谷選手(車いすバスケでも日本代表に)、深川選手(C大阪やコンサドーレ札幌にも居ました)とかは、別格で子供ながらにこういう人たちがプロになったりするんだろうな、と思いました。草サッカーでも草野球でも、ちょっとプレーしてみると、自分のしょぼさ、プロや代表の素晴らしさがわかると思います。ちなみにサッカー少年団のひとつ下に俳優の戸次重幸さん、ふたつ下にフットサルのプロチームのエスポラーダ北海道の元監督の小野寺さんなど、将来輝く人は、小学校時代から、やはり輝いていました。

それでは恒例の全頭診断へ。

<全頭診断>
1番人気想定 テーオーケインズ:昨年のこのレースの覇者で、今年も海外遠征のサウジカップはダメだったが平安S勝ち、帝王賞4着とりこぼすもJBCクラシック勝ちとダート路線の横綱として、挑戦者を相手にする立場。ただ今年の挑戦者は正直強くないので連覇あるのでは。

2番人気想定 クラウンプライド:日本では新馬と1勝クラス連勝するもリステッド競走で6着と負けてのUAEダービーだったが勝ってしまい、ケンタッキーダービーにも出走したがここは13着と大敗した。日本テレビ盃2着、JBCクラシック2着とこの秋も頑張っている。リーチザクラウン自体がかなりの良血馬でもあり、キングヘイロー同様、自身の競走成績以上に種牡馬として結果を出すのは少しもおかしくない。母の方にもキングカメハメハアグネスタキオン、ホワイトマズルと底力ありそうな配合でもあり、ここもやれてよい。

3番人気想定 ジュンライトボルト:友道厩舎らしく、ずっと芝を使ってきたが、オープン馬となってからは頭打ちで、ダート路線に転身してきたが、そのダートでここ3戦2勝2着1回と、もう一花咲かせている状況。前走はシリウスSを勝ちハピを封じての参戦。ダートであんまり使ってないので、のびしろあるのかもしれないが5歳秋でもあり、うまく弱い相手のところを選んで稼げた感じで、あんまり買いたくないタイプの馬。

4番人気想定 グロリアムンディ:新馬戦で芝で1番人気勝ちの後は7戦で4戦で1番人気、3戦で2番人気と期待されながら勝てずじまいだったが、ダートに路線変更して、4連勝した後の重賞挑戦のアンタレスSでも2着と頑張った。ただなぜか賞金積んだせいか、宝塚記念に今更の挑戦で、12着と大敗しての休み明け。ちょっと見ないくらい変なローテだが調教は動いており、ムーア騎手を確保してきたように、ノーザンF陣営は本気で、十分圏内。

5番人気想定 ノットゥルノジャパンダートダービー勝ち馬の3歳馬だが前走の日本テレビ盃で7着というのが現状の実力では。早い時期から古馬と互角以上にやれる時代になってきたが、ちょっと力落ちるのでは。

6番人気想定 オーヴェルニュ:昨年のこのレース6着で、今年も東海S2ちゅあく、シリウスS3着など頑張ってはいるが、正直昨年より力が明らかに落ちており、馬券圏内突入は難しいのでは。

7番人気想定 ハピ:デビューから3連勝したのだがジャパンダートダービー4着、レパードS3着とややもたつくも、シリウスS2着、みやこS4着と古馬相手でも善戦できる3歳馬で、キズナ産駒だけありこのくらいの時期が強くなってきそう。前半もたつくので頭まではないかもしれないが、ヒモには加えたい。

8番人気想定 シャマル:ここまでの7勝中、1200Mで5勝、1400Mで2勝と、短い距離により適性高く、今回の1800Mは、向かない。

9番人気想定 サンライズホープ:前走みやこSは11番人気ながら、出遅れつつも勝ってしまった。シリウスS勝ちも昨年10月あり、人気より実力あるタイプ。ヒモには入れたい。

10番人気以下想定
バーデンヴァイラー:夏のマーキュリーC勝ちはあるものの、春のアンタレスSは3番人気15着、秋のシリウスSでも3番人気15着と不甲斐ない結果。ここでの大仕事は無理では。

レッドガラン:今年は中山金杯勝ち、夏には新潟大賞典勝ちと、頑張っているが、初ダートがG1というのは買いたくない。

タガノビューティー:1400Mベストの差し馬で、力が落ちてきており、買えない。

サクラアリュール:名前の通り父がゴールドアリュールなのだが、今年夏にプロキオンSで12番人気3着と頑張ってはいるのだが、ちょっと中央では厳しくなってきており、地方転出がいいのでは。

レッドソルダード:3月に準オープンを勝ってオープン入りしたが、馬券になってないように実力不足。

サンライズノヴァ:8歳の古豪も今年は全く馬券に絡めず、要らない。

スマッシングハーツ:重賞実績ゼロで、力不足。

<まとめ>
有力:テーオーケインズクラウンプライドグロリアムンディ

ヒモに:ハピサンライズホープ

穴で:不在

[もっと見る]

 ナリタブライアン 2022年12月3日() 20:33
2022年秋G1馬当て 第8戦チャンピオンカップ 
閲覧 238ビュー コメント 9 ナイス 34

こんばんは
先週は、亀さん、みすてぃさん、ジョウテンさんが見事的中(*^▽^)/★*☆♪
ここの所調子のよかったシルバーシードさん、まねきねこのひげさんが絶不調(>_

[もっと見る]

⇒もっと見る

レッドガランの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
3:
  HELPRO   フォロワー:0人 2022年3月6日() 15:39:52
期待外れの斎藤新。腕なし未熟の助手レベル!関係者のガキはほんとに役立たず!
エセ助手斎藤!
2:
  HELPRO   フォロワー:0人 2021年3月14日() 15:15:16
親の顔が見たい!えせわお!
1:
  HELPRO   フォロワー:0人 2020年11月1日() 15:55:32
真っ直ぐ追えないなら職種を変えた方が良い。
関東鞍上にまで劣るのでは仕方ないだろう。
何のための居残りか良く考えて頂きたい。

レッドガランの写真

レッドガラン
レッドガラン
レッドガラン

レッドガランの厩舎情報 VIP

2022年12月4日チャンピオンズカップ G111着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

レッドガランの取材メモ VIP

2022年10月30日 天皇賞(秋) G1 14着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。