今週の重賞レース

2021年6月27日( 宝塚記念 G1
ダイヤモンドS G3   日程:2021年2月20日() 15:45 東京/芝3400m



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 5 10

グロンディオーズ

牡6 54.0 三浦皇成  田村康仁 540(+12) 3.31.2 17.2 7 34.5 ⑦⑥⑦⑦
2 2 3

オーソリティ

牡4 56.0 川田将雅  木村哲也 510(-4) 3.31.2 クビ 2.9 1 34.8 ⑤③④③
3 7 13

ポンデザール

牝6 54.0 C.ルメー  堀宣行 492(-4) 3.32.1 3.6 2 35.3 ⑪⑩⑩⑨
4 1 1

ナムラドノヴァン

牡6 53.0 内田博幸  杉山晴紀 494(0) 3.32.2 1/2 16.8 6 35.2 ⑬⑭⑬⑫
5 2 4

ヒュミドール

セ5 55.0 吉田豊  小手川準 464(+2) 3.32.3 クビ 7.6 3 35.9 ③③④③
6 8 16

アイスバブル

牡6 55.0 石川裕紀  池江泰寿 458(+12) 3.32.5 1 1/2 78.8 14 35.9 ⑦⑥⑥⑥
7 4 8

ジャコマル

牡7 54.0 田中勝春  松永幹夫 464(-8) 3.32.6 1/2 53.7 12 36.5 ②②②①
8 7 14

タイセイトレイル

牡6 55.0 北村宏司  矢作芳人 498(-4) 3.33.1 19.3 9 36.8 ③③③③
9 6 11

ボスジラ

牡5 56.0 横山武史  国枝栄 522(+4) 3.33.2 1/2 13.1 5 36.3 ⑬⑬⑬⑩
10 4 7

ミスマンマミーア

牝6 53.0 松若風馬  寺島良 456(-2) 3.33.3 3/4 35.8 11 35.9 ⑯⑮⑮⑮
11 3 6

ブラックマジック

牡4 54.0 石橋脩  戸田博文 450(0) 3.33.5 3/4 12.4 4 37.4 ①①①②
12 3 5

サトノガーネット

牝6 55.0 岩田望来  矢作芳人 438(-6) 3.33.5 アタマ 72.5 13 36.1 ⑮⑮⑮⑮
13 6 12

ワセダインブルー

牡6 54.0 大野拓弥  池上昌和 456(+2) 3.34.1 97.8 15 36.9 ⑦⑩⑪⑭
14 1 2

ダノンテイオー

牡5 53.0 津村明秀  大久保龍 466(0) 3.34.7 3 1/2 220.9 16 37.8 ⑪⑩⑪⑩
15 8 15

パフォーマプロミス

牡9 57.5 M.デムー  藤原英昭 468(+2) 3.35.0 1 1/2 17.8 8 38.3 ⑦⑥⑦⑦
16 5 9

メイショウテンゲン

牡5 56.0 横山典弘  池添兼雄 464(+2) 3.36.0 29.3 10 39.0 ⑤⑥⑦⑫
ラップタイム 13.3 - 12.3 - 12.6 - 12.9 - 12.7 - 12.8 - 12.3 - 13.1 - 12.8 - 12.7 - 12.5 - 12.6 - 11.9 - 11.6 - 11.4 - 11.8 - 11.9
前半 13.3 - 25.6 - 38.2 - 51.1 - 63.8
後半 58.6 - 46.7 - 35.1 - 23.7 - 11.9

■払戻金

単勝 10 1,720円 7番人気
複勝 10 330円 7番人気
3 140円 1番人気
13 140円 2番人気
枠連 2-5 1,050円 2番人気
馬連 3-10 2,520円 7番人気
ワイド 3-10 950円 10番人気
10-13 1,100円 15番人気
3-13 270円 1番人気
馬単 10-3 7,360円 24番人気
3連複 3-10-13 3,050円 5番人気
3連単 10-3-13 28,150円 58番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:316,045人(06月21日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

厩舎
の話

【ダイヤモンドステークス2021予想】オーソリティ「コントロールはできている」 メイショウテンゲン「具合の良さ感じる」

 ◆アイスバブル・兼武助手「前走がじりじりとした伸び。距離を延ばすことで新たな面を出してくれれば」

 ◆オーソリティ・木村師「前走後もいつも通りの調整ができているし、コントロールはできている。巻き返したい」

 ◆グロンディオーズ・高木助手「前走はエンジンがかかったところでゴール。この距離でどうかだが、折り合いに全く不安はない」

 ◆サトノガーネット・矢作師「引退レースですが、前向きさを出すために薄いブリンカーをつける。稽古では効果を感じるので期待したい」

 ◆ジャコマル・松永幹師「ゆったりとした長丁場はいいけど、(直線で)ヨーイドンのレースは厳しい。早めに動くレースがしたいね」

 ◆タイセイトレイル・矢作師「勝ち切れないので、先行策から早めに仕掛けるレースがしたい」

 ◆ナムラドノヴァン・杉山晴師「心身ともにいい状態。左回りで4勝していますし、長い距離は合っています」

 ◆パフォーマプロミス・瀬戸助手「年齢的な衰えは感じません。走り方が上手なので、長い距離でも走れる」

 ◆ヒュミドール・小手川師「絶好調だった昨秋と比べるとどうかだが、順調」

 ◆ブラックマジック・斎藤助手「1戦ごとに(体が)しっかりとしてきたし、力を発揮できれば楽しみです」

 ◆ボスジラ・国枝師「休み明けを使った今回の方が気配がいい。稽古の動きは良かったので、改めて」

 ◆ポンデザール・堀師「この時季としてはいい状態。馬場のいい東京ならなんとかなっていい」

 ◆ミスマンマミーア・寺島師「前回は馬場が合っていた。距離は延びますが、こなしてくれると思います」

 ◆メイショウテンゲン・池添兼師「具合の良さは感じるね。昨年2着。競走条件は向いている」

 ◆ワセダインブルー・大野騎手「最後はひと脚を使う。重賞を2度使って慣れが見込めるのでもう少しやれていい」

ダイヤモンドSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:316,045人(06月21日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

データ
予想

【ダイヤモンドステークス2021予想】6項目オールクリアはオーソリティ、サンアップルトン、ナムラドノヴァン、ヒュミドール、ワセダインブルーの5頭

【所属】

2011年以降の所属別成績は、美浦【7.5.3.56】、栗東【3.5.7.60】。勝率、連対率、複勝率のいずれも、前者が後者を上回っている。なお、関西馬の好走は前走2着以内、または前走で5番人気以内の支持を集めていた馬に限られる。関西馬を狙う場合は前走の人気と着順に注意したいところだ。

【性別】

2011年以降、牡・せん馬の【10.10.10.110】に対し、牝馬は【0.0.0.6】。サンプル数が少ないとはいえ、傾向的に牝馬は疑ってかかるべきだろう。

【ハンデ】

2011年以降の1~3着延べ30頭の負担重量をみると、50キロから58.5キロまで幅広い。ただし、前走がG3より下のクラスで3着以下敗退、かつ前回から斤量軽減がなかった馬の2着連対圏入りはゼロ。該当馬の巻き返しは困難と言わざるを得ない。

【前走馬体重】

前走で国内戦に出走、かつ前走の馬体重が500キロを超えていた馬は劣勢を強いられており、過去10年で2着連対圏を確保できたのは2頭だけ。どちらも東京の芝2400m以上のオープンクラスで勝利経験があった。オープンクラスの東京長丁場で勝ち鞍がない、前走500キロ超の大型馬は3着止まりの状況が続いている。

【前走4角通過順位】

2011年以降、前走で国内戦を使用し、その際の4角通過順が1番手だった馬は連対ゼロと今ひとつの結果に終わっている。該当馬に手を出すのはリスクが高い。

【近走成績】
前走惨敗からの一変も珍しくないレースだが、2011年以降の3着以内馬を振り返ると、近2走とも芝のレースで2ケタ着順だった馬の好走例は皆無。大敗続きの馬は評価を下げる必要がある。

【データ予想からの注目馬】
上記6項目で減点がないのは、オーソリティサンアップルトンナムラドノヴァンヒュミドールワセダインブルーの5頭。最上位はオーソリティとする。2011年以降、美浦所属の4歳馬は【2.1.1.4】と活躍。本馬自身、東京芝のG2で2勝を挙げていることも好感が持てる。

当レースと比較的相性がいい前走万葉S組のナムラドノヴァンを2番手に。以下は、サンアップルトンヒュミドールワセダインブルーの3頭横並びの評価としたい。

<注目馬>
オーソリティ ナムラドノヴァン サンアップルトン ヒュミドール ワセダインブルー

このレースの傾向やデータをもっと見る

U指数
予想

【ダイヤモンドステークス2021予想】一長一短の大混戦メンバーのなかでポンデザールが一歩リード!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

昨年優勝したミライヘノツバサ(14位・16番人気)をカバーするのはさすがに難しいが、馬券の中心となる軸馬を選ぶという観点では、U指数はおおいに活用できる。2016年2着のフェイムゲーム(1位・2番人気)、2017年1着のアルバート(3位・1番人気)、2018年1着のフェイムゲーム(1位・1番人気)、2019年1着のユーキャンスマイル(1位・1番人気)というように、指数上位の人気馬が結果を残している年が多い。昨年のような例外を除けば基本的に荒れにくいレースなので、指数の裏付けのある人気サイドを軸に据えるスタンスで臨むといいだろう。

今年は人気も指数も確実に上位という馬が少なく、なかなか狙いどころを絞りづらいが、そのなかで上位人気の一角を形成すると目される5位ポンデザール(97.7)は有力視できる。ステイヤーズS3着の長距離実績に加え、ルメール騎手の継続騎乗という強調材料を抱える点も評価したい。

以下、天皇賞(春)3着歴を持つ1位のパフォーマプロミス(99.8)、G1以外ではまったく崩れていない7位のオーソリティ(97.4)、U指数は12位にとどまっているものの、前年2着の実績が光るメイショウテンゲン(94.7)を押さえておく。

出走予定馬のU指数をチェックする

 ウマニティの会員数:316,045人(06月21日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

血統
予想

【ダイヤモンドステークス2021予想】昨年はドリームジャーニー&オルフェーヴル 全兄弟の産駒が1・3着

昨年は最低人気のミライヘノツバサが単勝325.5倍で勝利する大波乱となったが、同馬の勝利によってドリームジャーニーは種牡馬としてのJRA重賞初制覇を達成。なお、3着にもオルフェーヴル(=ドリームジャーニーの全弟)産駒のオセアグレイトが入線していた。ステイゴールドに所縁ある血統の好走は多く、16年に直仔トゥインクルが勝利するほか、近親フェイムゲームは14・15・18年と3勝の偉業を成し遂げている。

また、父として3勝(05年ウイングランツ、06年マッキーマックス、10年フォゲッタブル)、母の父として2勝(17年アルバート、19年ユーキャンスマイル)を挙げるダンスインザダークも存在感を放つ。

オーソリティは、父オルフェーヴル×母ロザリンド(母の父シンボリクリスエス)。エピファネイアやリオンディーズ、サートゥルナーリアの甥にあたる血統で、2代母シーザリオは05年オークスなど重賞3勝。本馬は好相性を示すステイゴールドの直系で、東京は2戦2勝(20年青葉賞-G2、20年アルゼンチン共和国杯-G2)の実績を持つ。母ロザリンドはエピファネイアの全妹にあたり、不良馬場の菊花賞-G1を制した伯父の実績からスタミナ勝負にも不安はなく、近親の成績を踏まえれば広いコースでこそのタイプだろう。

ヒュミドールは、父オルフェーヴル×母アヴェクトワ(母の父チチカステナンゴ)。ロンググレイスやロングシンホニーが出たスイーブに遡る牝系で、2代母キストゥヘヴンは06年桜花賞など重賞4勝。本馬もステイゴールドの直系であることを強調しやすく、父系や母系、血統構成からはスタミナ勝負でこそ真価を発揮するイメージが描ける。それだけにスローペースの前残りになってしまった前走は消化不良の一戦で、今回は仕切り直しの一戦として改めて注目してみたい。

ブラックマジックは、父ディープインパクト×母ナイトマジック(母の父Sholokhov)。フォイヤーヴェルクの全弟で、母ナイトマジックは10年バーデン大賞-独G1など重賞5勝。牝系はノヴェリストやPakistan Starが出たNigeriaに遡る。本馬は晩成型のドイツ血統らしい成長曲線を描いており、ゆったり走れる長丁場も歓迎のタイプだろう。過去にディープインパクト産駒として連対した2頭とは、母系にSadler's Wells(=Fairy King)の血を引く点で共通する。

(文・シンヤカズヒロ)

【血統予想からの注目馬】
オーソリティ ヒュミドール ブラックマジック

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

過去10年の結果

【ダイヤモンドステークス2021予想】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2020年2月22日() 東京/芝3400m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 16 ミライヘノツバサ 木幡巧也 3:31.2 325.5 16 37.4 106.6
2 14 メイショウテンゲン 池添謙一 3:31.2 ハナ 8.2 3 37.2 106.6
3 1 オセアグレイト 野中悠太郎 3:32.0 4.9 2 38.7 103.9
4 6 レノヴァール 横山典弘 3:32.0 ハナ 9.3 4 38.5 103.9
5 11 タイセイトレイル 中谷雄太 3:32.5 10.9 5 38.8 102.2
2019年2月16日() 東京/芝3400m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 10 ユーキャンスマイル 岩田康誠 3:31.5 1.7 1 33.4 105.4
2 8 サンデームーティエ 江田照男 3:31.9 2 1/2 51.1 8 34.8 104.1
3 2 カフェブリッツ 蛯名正義 3:32.1 1 1/4 8.4 3 34.7 103.4
4 7 ソールインパクト 田辺裕信 3:32.2 1/2 17.1 5 34.6 103.1
5 6 ララエクラテール 戸崎圭太 3:32.5 1 3/4 10.4 4 34.6 102.1
2018年2月17日() 東京/芝3400m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 14 フェイムゲーム C.ルメール 3:31.6 2.7 1 35.3 101.8
2 1 リッジマン 蛯名正義 3:31.9 1 3/4 7.5 5 35.7 100.7
3 6 ソールインパクト 福永祐一 3:32.1 1 1/4 11.7 6 36.0 100.1
4 7 リッチーリッチー 内田博幸 3:32.1 クビ 21.3 7 35.8 100.1
5 3 プレストウィック 戸崎圭太 3:32.2 クビ 7.3 4 36.2 99.7

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【ダイヤモンドステークス2021予想】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2014,15年の優勝馬フェイムゲーム

東京競馬場における最長距離の3400mで争われるマラソンレースで、その時代を代表するステイヤーたちがしのぎを削る。第39~40回(1989~1990年)は3000m超で無類の強さを誇ったスルーオダイナが連覇。ほか、ユウセンショウが第46~47回(1996~1997年)に、フェイムゲームが第64~65回(2014~2015年)に連覇を決め、ユーセイトップランが第48・50回(1998・2000年)の2回、トップでゴール板を通過している。第53回(2003年)を制したイングランディーレは、1年後の春の天皇賞で大番狂わせを演じ、G1タイトルを獲得した。

歴史と概要をもっと見る

ダイヤモンドS特集 バックナンバー