会員登録はこちら
ダイヤモンドS G3   日程:2020年2月22日() 15:45 東京/芝3400m

レース結果

ダイヤモンドS G3

2020年2月22日() 東京/芝3400m/16頭

本賞金:4,100万 1,600万 1,000万 620万 410万


レコード:3分29秒4
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 8 16

ミライヘノツバサ

牡7 54.0 木幡巧也  伊藤大士 498(-2) 3.31.2 325.5 16
2 7 14

メイショウテンゲン

牡4 55.0 池添謙一  池添兼雄 456(+2) 3.31.2 ハナ 8.2 3
3 1 1

オセアグレイト

牡4 54.0 野中悠太  菊川正達 484(-4) 3.32.0 4.9 2
ラップタイム 13.2 - 12.0 - 12.1 - 12.6 - 12.7 - 12.5 - 12.5 - 12.4 - 12.3 - 11.7 - 12.1 - 12.3 - 12.2 - 12.5 - 12.4 - 12.7 - 13.0
前半 13.2 - 25.2 - 37.3 - 49.9 - 62.6
後半 62.8 - 50.6 - 38.1 - 25.7 - 13.0

■払戻金

単勝 16 32,550円 16番人気
複勝 16 4,680円 16番人気
14 310円 5番人気
1 210円 2番人気
枠連 7-8 2,800円 13番人気
馬連 14-16 128,730円 100番人気
ワイド 14-16 27,710円 103番人気
1-16 21,150円 93番人気
1-14 1,140円 10番人気
馬単 16-14 351,880円 213番人気
3連複 1-14-16 258,470円 294番人気
3連単 16-14-1 3,555,600円 2,333番人気

ダイヤモンドS-厩舎の話


 ◆ヴァントシルム・須貝師 「スタミナはある。立ち回りひとつ」

 ◆オセアグレイト・野中騎手 「前走はスパッと抜けてきたことに成長を感じます」

 ◆サトノティターン・森助手 「動き、息遣いともに少し物足りない」

 ◆タイセイトレイル・矢作師 「前走は多少急仕上げ。折り合いは心配ない」

 ◆タガノディアマンテ・梛木助手 「折り合いもついていました。競馬も上手になってきた」

 ◆ダノンキングダム・安田助手 「最後も余力ある感じ。血統的には距離もこなせていい」

 ◆バレリオ・ミナリク騎手 「仕上がりが良く、精神的にもリラックスできている」

 ◆メイショウテンゲン・池添騎手 「この馬なりにいい動き。体もフットワークも良化」

 ◆リッジマン・久保智助手 「いいころに比べると動きは物足りない。瞬発力が問われる東京でどうか」

 ◆レノヴァール・高野師 「状態は問題なく順調。追い切って高いレベルで維持しています」

ダイヤモンドSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

ダイヤモンドSのニュース&コラム

プロ予想家の的中情報


ダイヤモンドSの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

2月22日 15:43更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv103 
1,140円 5,700円
Lv101 
310円 14,570円
Lv96 

1,140円
210円
9,450円
Lv94 
1,140円 17,100円
Lv92 
310円 15,500円

的中情報をもっと見る >

ダイヤモンドS過去10年の結果

2019年2月16日() 東京競馬場/芝3400m 天候: 馬場:
2018年2月17日() 東京競馬場/芝3400m 天候: 馬場:
1着 フェイムゲーム C.ルメール 3:31.6 2.7倍 101.8
2着 リッジマン 蛯名正義 1 3/4 7.5倍 100.7
3着 ソールインパクト 福永祐一 1 1/4 11.7倍 100.1
2017年2月18日() 東京競馬場/芝3400m 天候: 馬場:
1着 アルバート R.ムーア 3:35.2 2.1倍 103.9
2着 ラブラドライト 酒井学 1 1/4 28.4倍 103.2
3着 カフジプリンス 川田将雅 1 1/4 3.6倍 102.6

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

ダイヤモンドSのデータ分析とレース傾向

コース図東京芝3400m

春の天皇賞のステップレースに位置付けられる重賞だが、年末のステイヤーズSから続く冬の3000m級レースの最終戦という趣が強い。2008年以降、前年のステイヤーズS優勝馬は【2.1.0.1】(着外馬のみ直行)となっている。出走してくれば要チェックである。前走レース別では3000mの万葉S以外に有馬記念や1月のG2を使った馬が活躍しているが、重賞組の前走着順は無視していい。またハンデ戦だけに3勝クラス(旧1600万下)の長距離戦で好走したばかりのイキのいいタイプも侮れない。個別では東京(左回り)長距離戦を得意とする馬には注意が必要で、フェイムゲーム(2014年1着、2015年1着、2016年2着、2018年1着)、ファタモルガーナ(2015年2着、2016年3着)のように過去の好走馬のリピートが目立つ。近走不振でも軽視できない。東京芝3400mはこのレースでのみ施行されるコース。最初のコーナーまでは200m強しかないが、大回りコースでの長距離戦だけに枠による有利不利はない。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

ダイヤモンドSの歴史と概要


2014,15年の優勝馬フェイムゲーム

東京競馬場における最長距離の3400mで争われるマラソンレースで、その時代を代表するステイヤーたちがしのぎを削る。第39~40回(1989~1990年)は3000m超で無類の強さを誇ったスルーオダイナが連覇。ほか、ユウセンショウが第46~47回(1996~1997年)に、フェイムゲームが第64~65回(2014~2015年)に連覇を決め、ユーセイトップランが第48・50回(1998・2000年)の2回、トップでゴール板を通過している。第53回(2003年)を制したイングランディーレは、1年後の春の天皇賞で大番狂わせを演じ、G1タイトルを獲得した。

歴史と概要をもっと見る >

ダイヤモンドSの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2020年10月24日(
富士ステークス  G2
2020年10月25日(
菊花賞  G1

競馬番組表

2020年10月24日(
4回新潟5日目
4回東京5日目
4回京都5日目
2020年10月25日(
4回新潟6日目
4回東京6日目
4回京都6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
106,381万円
2 オジュウチョウサン 牡9
77,453万円
3 キセキ 牡6
64,756万円
4 グランアレグリア 牝4
58,665万円
5 ラッキーライラック 牝5
58,365万円
6 フィエールマン 牡5
57,306万円
7 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
8 マカヒキ 牡7
56,210万円
9 クロノジェネシス 牝4
53,166万円
10 サートゥルナーリア 牡4
52,359万円
» もっと見る

3歳
1 コントレイル 牡3
52,786万円
2 デアリングタクト 牝3
39,771万円
3 サリオス 牡3
31,789万円
4 レシステンシア 牝3
20,813万円
5 ラウダシオン 牡3
17,541万円
6 ヴェルトライゼンデ 牡3
15,081万円
7 タイセイビジョン 牡3
14,031万円
8 マルターズディオサ 牝3
13,300万円
9 スマイルカナ 牝3
12,395万円
10 ウインマリリン 牝3
12,321万円
» もっと見る