会員登録はこちら
ダイヤモンドS G3   日程:2019年2月16日() 15:45 東京/芝3400m

レース結果

ダイヤモンドS G3

2019年2月16日() 東京/芝3400m/10頭

本賞金:4,100万 1,600万 1,000万 620万 410万


レコード:3分29秒4
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 8 10

ユーキャンスマイル

牡4 54.0 岩田康誠  友道康夫 484(-8) 3.31.5 1.7 1
2 7 8

サンデームーティエ

牡5 50.0 江田照男  谷原義明 438(-4) 3.31.9 2 1/2 51.1 8
3 2 2

カフェブリッツ

牡6 54.0 蛯名正義  池江泰寿 546(+2) 3.32.1 1 1/4 8.4 3
ラップタイム 13.3 - 11.6 - 11.9 - 12.3 - 13.0 - 12.4 - 12.7 - 13.8 - 13.3 - 13.1 - 13.0 - 12.6 - 12.1 - 12.0 - 11.3 - 11.4 - 11.7
前半 13.3 - 24.9 - 36.8 - 49.1 - 62.1
後半 58.5 - 46.4 - 34.4 - 23.1 - 11.7

■払戻金

単勝 10 170円 1番人気
複勝 10 110円 1番人気
8 680円 8番人気
2 210円 3番人気
枠連 7-8 820円 4番人気
馬連 8-10 4,750円 13番人気
ワイド 8-10 1,380円 13番人気
2-10 320円 2番人気
2-8 3,980円 30番人気
馬単 10-8 6,920円 19番人気
3連複 2-8-10 8,630円 23番人気
3連単 10-8-2 40,420円 101番人気

ダイヤモンドSのニュース&コラム

【ダイヤモンド】ユーキャン、東京マラソン圧勝!
 第69回ダイヤモンドステークス(16日、東京11R、GIII、4歳上オープン国際、ハンデ、芝3400メートル、1着本賞金4100万円 =出走10頭)岩田康誠騎乗で1番人気のユーキャンスマイルが4コーナー最後方から鋭く伸びて差し切り、重賞初V。招待を受けたドバイゴールドCは辞退し、天皇賞・春(4月28日、京都、GI、芝3200メートル)に直行する。タイム3分31秒5(良)。2馬身半差の2着には今月いっぱいで定年を迎える谷原義明調教師の管理馬サンデームーティエ(8番人気)が入った。 やはり菊花賞3着の看板は、だてではない。4コーナーを最後方で回ったユーキャンスマイルが馬群を縫うように伸びて2馬身半差の完勝。充実の4歳馬が、長距離路線の新王者襲名へ名乗りを上げた。 「どの進路でも突き抜けられる余裕があった。行き出してからがすごい反応で、楽勝でした」 初コンビの岩田騎手がパートナーの能力を絶賛した。勝負どころで中団から少しずつポジションを下げ、不穏な空気が漂ったが、人馬は余裕綽々。最短距離を回って直線に向くと、次位を1秒2も上回るメンバー最速の上がり3ハロン33秒4で豪快にはじけた。ちなみにこの上がりは、2017年1着のアルバートと並ぶダイヤモンドS史上最速。それを馬群をさばきながらマークしたのだから恐れ入る。 友道調教師も「3000メートル走っての瞬発力がすごい。まさにステイヤーという感じ。操縦性が良くスタミナもあるから長丁場が向いている」と能力を再認識。以前あった右トモ(後肢)の弱さも解消し、直線でモタれず真っすぐ走れたのも収穫だった。 この後は選出されていたドバイゴールドCを回避し、天皇賞・春へ直行の予定。友道厩舎には菊花賞2着馬のエタリオウも控えており、強力な2枚看板で春の盾を取りに行くつもりだ。 長丁場を走った馬とは思えないほど、極上の決め手を見せつけたユーキャンスマイル。2カ月半後の淀でも最高の笑みを見せられそうだ。 (板津雄志)★サンデームーティエ、50キロ生かし2着 1000万下から2階級の格上挑戦だったサンデームーティエが、50キロの軽ハンデを味方に逃げ粘って2着。府中の長い直線を目いっぱい駆け抜け、今月末で定年となる谷原調教師に恩返しの力走を見せた。「ハナに行けばしぶとい馬なんだ。あそこまでいったら勝たせてあげたかったけれど、最後の重賞挑戦でこれだけやってくれれば言うことないよ」と谷原師は満足顔で愛馬をたたえた。★レースを終えて… ◆蛯名騎手(カフェブリッツ3着) 「流れに乗れて、自分のタイミングで仕掛けることができた」 ◆田辺騎手(ソールインパクト4着) 「先行するより中団からの形が合っている。衰えはない」 ◆戸崎騎手(ララエクラテール5着) 「もう少し時計がかかる馬場の方がいいのかも」 ◆浜中騎手(グローブシアター6着) 「距離が長かった。4コーナーで手応えがなくなった」 ◆大野騎手(シホウ7着) 「早めに動いたが、最後はいっぱいになった」 ◆柴山騎手(ルミナスウォリアー8着) 「折り合いは問題なかったが、坂を登っていっぱいになった」 ◆松岡騎手(ピッツバーグ9着) 「少し距離が長かった。2400メートルくらいがいいと思う」 ◆石橋騎手(ブライトバローズ10着) 「少し気持ちが切れている感じで、力むようなところもあった」ユーキャンスマイル 父キングカメハメハ、母ムードインディゴ、母の父ダンスインザダーク。鹿毛の牡4歳。栗東・友道康夫厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は金子真人ホールディングス(株)。戦績10戦4勝。獲得賞金1億2027万2000円。重賞初勝利。ダイヤモンドSは友道康夫調教師、岩田康誠騎手ともに初勝利。馬名は「笑ってごらん」。
2019年2月17日() 05:04

 798

【ダイヤモンド】伏兵サンデームーティエが2着 江田照「勝ち馬とは決め手の差」
 2月16日の東京11Rで行われた第69回ダイヤモンドS(GIII、芝3400メートル、4歳以上オープン、ハンデ、10頭立て、1着賞金=4100万円)は、岩田康誠騎手騎乗の1番人気ユーキャンスマイル(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎)が後方を追走し最後の直線は内から馬群をねじ伏せるように抜け出して重賞初制覇を飾った。タイムは3分31秒5(良)。 50キロの軽ハンデを生かして軽快に逃げた伏兵のサンデームーティエ(8番人気)が、最後の直線に入っても渋太く二の脚を発揮して粘り、2着に善戦した。 江田照男騎手「ある程度、自分の競馬の形をつくれました。勝ち馬とは決め手の差ですかね。それでも3着馬が並びかけてきたときには、ジワジワと差し返してくれましたよ。よく頑張ってくれました」★【ダイヤモンドS】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2019年2月16日() 19:10

 380

【ダイヤモンド】カフェブリッツは3着 蛯名「最後まで頑張ってくれています」
 2月16日の東京11Rで行われた第69回ダイヤモンドS(GIII、芝3400メートル、4歳以上オープン、ハンデ、10頭立て、1着賞金=4100万円)は、岩田康誠騎手騎乗の1番人気ユーキャンスマイル(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎)が後方を追走し最後の直線は内から馬群をねじ伏せるように抜け出して重賞初制覇を飾った。タイムは3分31秒5(良)。 今回が初重賞挑戦ながら、前走の万葉Sで僅差の4着に善戦していたこともあり3番人気の支持を集めたカフェブリッツは、好位追走から最後の直線でもジワジワと脚を伸ばして3着を確保した。 蛯名正義騎手「いい感じで流れに乗れて、自分のタイミングで仕掛けることができました。最後まで頑張ってくれていますよ」★【ダイヤモンドS】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2019年2月16日() 19:10

 270

【ダイヤモンド】帰国初戦のソールインパクトは4着 田辺「衰えはない」
 2月16日の東京11Rで行われた第69回ダイヤモンドS(GIII、芝3400メートル、4歳以上オープン、ハンデ、10頭立て、1着賞金=4100万円)は、岩田康誠騎手騎乗の1番人気ユーキャンスマイル(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎)が後方を追走し最後の直線は内から馬群をねじ伏せるように抜け出して重賞初制覇を飾った。タイムは3分31秒5(良)。 昨秋には豪州遠征を経験し、今回が帰国後の初戦となったソールインパクトは、中団追走から最後までしっかりと脚を伸ばして4着。明け7歳を迎えたものの、まだまだ重賞戦線で通用するところをアピールした。 田辺裕信騎手「海外での2戦が案外だったので、先行するより中団から運びました。最後はジリジリでしたけど、この馬にはこの形が合っていますね。勝ち馬は抜けていましたが、2、3着馬とは小差でしたから。流れ次第ではかわせていたかもしれません。衰えはないですよ」★【ダイヤモンドS】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2019年2月16日() 19:10

 300

ダイヤモンドSのニュースをもっと見る >

【ダイヤモンド】追って一言
 ◆ウインテンダネス・杉山師 「追い出してからしっかり反応していた。距離は心配していません」 ◆カフェブリッツ・池江師 「攻めは豪快な走りをしていたし、順調にきています。スタミナは十分あるし、長距離はいいと思う」 ◆グローブシアター・辻野助手 「前走の内容なら重賞でもやれそう。つくべき所に筋肉がついてきた」 ◆サンデームーティエ・谷原師 「中1週なので軽めで十分。50キロのハンデで思い切った競馬をしたい」 ◆ソールインパクト・戸田師 「動きや状態は問題ない。あとはのど鳴りの症状がレースでどう出るか」 ◆ブライトバローズ・森助手 「しっかりやったが、いいときと比べて物足りない」 ◆ユーキャンスマイル・友道師 「前走は久々のぶん追い出してからもたれたが、1回使って良くなっています」 ◆ルミナスウォリアー・柴山騎手 「先週いっぱいにやっているのでこれでいい。前走よりも状態は良くなっている」★ダイヤモンドSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年2月14日(木) 05:02

 1,099

【古馬次走報】ミツバ、ダイオライト記念へ
 ★昨年のエリザベス女王杯を制したリスグラシュー(栗・矢作、牝5)は、目標とする香港GIクイーンエリザベス2世C(4月28日、シャティン、芝2000メートル)へのステップとして、金鯱賞(3月10日、中京、GII、芝2000メートル)をメインに検討されることになった。同馬を所有するキャロットクラブがホームページで発表した。 ★有馬記念9着オジュウチョウサン(美・和田郎、牡8)は6日に美浦へ帰厩。予定通り阪神スプリングジャンプ(3月9日、阪神、J・GII、芝3900メートル)に向けて調整される。福島記念5着の僚馬ルミナスウォリアー(牡8)はダイヤモンドS(16日、東京、GIII、芝3400メートル)へ。 ★川崎記念を制したミツバ(栗・加用、牡7)はダイオライト記念(3月13日、船橋、交流GII、ダ2400メートル)へ。
2019年2月6日(水) 05:00

 378

プロ予想家の的中情報


ダイヤモンドSの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

2月16日 15:51更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv111 
110円 110円
Lv111 
320円 1,600円
Lv108 
170円 1,530円
Lv107 
110円 11,000円
Lv106 
170円 6,800円

的中情報をもっと見る >

ダイヤモンドS過去10年の結果

2018年2月17日() 東京競馬場/芝3400m 天候: 馬場:
1着 フェイムゲーム C.ルメール 3:31.6 2.7倍 101.8
2着 リッジマン 蛯名正義 1 3/4 7.5倍 100.8
3着 ソールインパクト 福永祐一 1 1/4 11.7倍 100.1
2017年2月18日() 東京競馬場/芝3400m 天候: 馬場:
1着 アルバート R.ムーア 3:35.2 2.1倍 104.0
2着 ラブラドライト 酒井学 1 1/4 28.4倍 103.3
3着 カフジプリンス 川田将雅 1 1/4 3.6倍 102.6
2016年2月20日() 東京競馬場/芝3400m 天候: 馬場:稍重

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

ダイヤモンドSのデータ分析とレース傾向

コース図東京芝3400m

春の天皇賞のステップレースに位置付けられる重賞だが、年末のステイヤーズSから続く冬の3000m級レースの最終戦という趣が強い。2008年以降、前年のステイヤーズS優勝馬は【2.1.0.1】(着外馬のみ直行)となっている。出走してくれば要チェックである。前走レース別では3000mの万葉S以外に有馬記念や1月のG2を使った馬が活躍しているが、重賞組の前走着順は無視していい。またハンデ戦だけに1600万下の長距離戦で好走したばかりのイキのいいタイプも侮れない。個別では東京(左回り)長距離戦を得意とする馬には注意が必要で、フェイムゲーム(2014年1着、2015年1着、2016年2着、2018年1着)、ファタモルガーナ(2015年2着、2016年3着)のように前年の上位馬のリピートが目立つ。近走不振でも軽視できない。東京芝3400mはこのレースでのみ施行されるコース。最初のコーナーまでは200m強しかないが、大回りコースでの長距離戦だけに枠による有利不利はない。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

ダイヤモンドSの歴史と概要


2014,15年の優勝馬フェイムゲーム

東京競馬場における最長距離の3400mで争われるマラソンレースで、その時代を代表するステイヤーたちがしのぎを削る。第39~40回(1989~1990年)は3000m超で無類の強さを誇ったスルーオダイナが連覇。ほか、ユウセンショウが第46~47回(1996~1997年)に、フェイムゲームが第64~65回(2014~2015年)に連覇を決め、ユーセイトップランが第48・50回(1998・2000年)の2回、トップでゴール板を通過している。第53回(2003年)を制したイングランディーレは、1年後の春の天皇賞で大番狂わせを演じ、G1タイトルを獲得した。

歴史と概要をもっと見る >

ダイヤモンドSの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年8月31日(
札幌2歳ステークス  G3
2019年9月1日(
新潟記念  G3
小倉2歳ステークス  G3

競馬番組表

2019年8月31日(
2回札幌5日目
2回新潟11日目
2回小倉11日目
2019年9月1日(
2回札幌6日目
2回新潟12日目
2回小倉12日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
87,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
3 グランアレグリア 牝3
19,878万円
4 ダノンファンタジー 牝3
18,337万円
5 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
6 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
7 ヴェロックス 牡3
16,304万円
8 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
9 ニシノデイジー 牡3
11,910万円
10 ディアンドル 牝3
11,523万円
» もっと見る