ポンデザール(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ポンデザール
ポンデザール
写真一覧
現役 牝5 黒鹿毛 2015年3月27日生
調教師堀宣行(美浦)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績12戦[5-0-0-7]
総賞金9,316万円
収得賞金4,100万円
英字表記Pont des Arts
血統 ハーツクライ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
アイリッシュダンス
ジョコンダ2
血統 ][ 産駒 ]
Rossini
La Joconde
兄弟 サトノクラウンフィリオアレグロ
前走 2020/08/23 札幌記念 G2
次走予定

ポンデザールの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/08/23 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 127108.934** 牝5 55.0 C.ルメー堀宣行500(+8)2.00.0 0.635.3⑦⑥⑥⑤ノームコア
20/08/08 札幌 11 札幌日経OP (L) 芝2600 146103.621** 牝5 54.0 C.ルメー堀宣行492(-6)2.37.6 -0.735.6⑥⑤ボスジラ
20/03/28 中山 11 日経賞 G2 芝2500 143348.5109** 牝5 54.0 石橋脩堀宣行498(-2)2.34.4 1.536.5⑫⑫⑬⑬ミッキースワロー
20/01/18 小倉 11 愛知杯 G3 芝2000 1681526.41012** 牝5 54.0 藤岡康太堀宣行500(+16)2.03.0 1.937.6⑪⑭⑮⑮デンコウアンジュ
19/11/10 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 183544.3816** 牝4 56.0 藤岡康太堀宣行484(-8)2.15.8 1.734.4⑩⑪⑨⑨ラッキーライラック
19/09/01 札幌 11 丹頂S OP 芝2600 14585.421** 牝4 50.0 石川裕紀堀宣行492(0)2.40.8 -0.635.3⑧⑧⑧⑤ハナズレジェンド
19/07/14 函館 10 北海ハンデ 2勝クラス 芝2600 128115.131** 牝4 53.0 藤岡康太堀宣行492(+6)2.41.7 -0.135.5⑩⑩⑩⑤ドリームスピリット
19/05/19 新潟 10 荒川峡特別 500万下 芝2400 9554.531** 牝4 55.0 丸田恭介堀宣行486(+28)2.29.0 -0.034.4⑦⑦⑦⑥ヴァンクールシルク
18/08/26 札幌 6 3歳未勝利 芝2600 14335.131** 牝3 54.0 J.モレイ堀宣行458(-14)2.46.2 -0.235.8⑩⑩⑪④コロンバスデイ
18/08/19 札幌 2 3歳未勝利 ダ2400 12555.035** 牝3 54.0 J.モレイ堀宣行472(+16)2.37.6 0.840.0⑧⑧⑥⑥ワイズワン
18/02/12 東京 4 3歳未勝利 芝2400 1661110.1512** 牝3 54.0 石橋脩堀宣行456(-4)2.31.5 1.336.5トラストケンシン
18/01/06 中山 3 3歳新馬 ダ1800 15118.456** 牝3 54.0 石橋脩堀宣行460(--)1.58.4 0.739.6⑪⑫⑫⑬アトムアストレア

ポンデザールの関連ニュース

 ◆ルメール騎手(ポンデザール4着)「いい競馬はできた。ただ、向こう正面から流れが忙しかったし、距離は長い方がいい」

 ◆横山武騎手(イェッツト5着)「しまいの脚が武器になるので、それを信じて競馬をしました。格上挑戦でこの内容ですし、重賞でもやれる力があります」

 ◆横山和騎手(トーセンスーリヤ6着)「本来はもっとハミをグッと取る馬。気持ちが乗り切っていなかったのかも。それでも6着だし、力をつけている」

 ◆藤岡佑騎手(カウディーリョ7着)「もまれないように外の3番手につけた。勝ちにいっての結果だし、内容はあったと思う」

 ◆木幡育騎手(トーラスジェミニ8着)「ペースは良かったと思いますが、3コーナーから後続がプレッシャーをかけてきて、厳しくなりました」

 ◆石川騎手(ブラックホール9着)「道中で余裕がなく、勝負どころでも反応できなかった。体重が増えて、具合の良さは感じたけど…」

 ◆吉田隼騎手(アドマイヤジャスタ10着)「もう少し内めの枠を引いて、1、2着馬みたいなイメージで乗りたかった」

 ◆坂井騎手(ドレッドノータス11着)「取りたい位置は取れましたが、ペースが上がったところで苦しくなりました」

 ◆川島騎手(ルミナスウォリアー12着)「一生懸命走ってくれた。9歳だけど、オープン特別ならまだやれると思う」

★23日札幌11R「札幌記念」の着順&払戻金はこちら

【有名人の予想に乗ろう!】札幌記念2020 草野仁さん、ジャンポケ・斉藤さんほかズラリ!競馬大好き芸能人・著名人がファイナルジャッジ! 2020年8月23日() 05:30


※当欄では札幌記念について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【草野仁】
◎①ノームコア
単勝

3連単2頭軸流しマルチ
①→⑥→②③⑦⑧⑨⑩⑪

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑦ブラックホール
単勝


【DAIGO】
◎⑥ラッキーライラック

【田中裕二(爆笑問題)】
◎③トーセンスーリヤ
○⑫トーラスジェミニ
▲⑥ラッキーライラック
△②ペルシアンナイト
△⑪アドマイヤジャスタ
△⑦ブラックホール
△⑩ポンデザール
3連単1頭軸流しマルチ
③→②⑥⑦⑩⑪⑫

【杉本清】
◎⑥ラッキーライラック
○①ノームコア
▲⑩ポンデザール
☆⑪アドマイヤジャスタ
△⑦ブラックホール
△③トーセンスーリヤ
△②ペルシアンナイト

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑥ラッキーライラック
○①ノームコア
▲⑫トーラスジェミニ
△③トーセンスーリヤ
△⑦ブラックホール
△⑩ポンデザール

【細江純子(元JRA騎手)】
◎⑥ラッキーライラック

【橋本マナミ】
◎⑥ラッキーライラック
○⑩ポンデザール
▲①ノームコア
△⑪アドマイヤジャスタ
△②ペルシアンナイト
△③トーセンスーリヤ
△⑦ブラックホール
△⑫トーラスジェミニ

【神部美咲】
◎⑥ラッキーライラック

【小木茂光】
注目馬
ペルシアンナイト
アドマイヤジャスタ
トーラスジェミニ
3連単フォーメーション
②⑪⑫→①②⑥⑦⑨⑩⑪⑫→②⑪⑫

【キャプテン渡辺】
◎⑫トーラスジェミニ
単勝

ワイド・馬連
⑫-①ノームコア

【安田和博(デンジャラス)】
◎①ノームコア

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑦ブラックホール
3連複2頭軸流し
⑥-⑦-⑪⑫
3連単2頭軸流しマルチ
⑦→⑪→①②③⑥⑧⑨⑩⑫
⑦→⑫→①②③⑥⑧⑨⑩⑪

【ギャロップ林】
◎②ペルシアンナイト
馬連流し
②-①③④⑦⑨⑩⑪⑫

【こいで(シャンプーハット)】
◎⑨イェッツト
3連単フォーメーション
①⑥→①⑥→⑨

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑨イェッツト
3連単2頭軸流しマルチ
⑨→⑥→①②③④⑤⑦⑧⑩⑪⑫
3連単フォーメーション
⑥→⑨→①②③⑦⑩⑪
⑥→①②③⑦⑩⑪→⑨

【浅越ゴエ】
◎⑦ブラックホール
ワイド
⑥-⑦
②-⑦
3連単1頭軸流しマルチ
⑦→①②⑥

【盛山晋太郎(見取り図)】
◎⑥ラッキーライラック
3連単2頭軸流しマルチ
⑥→⑦→①②③④⑧⑨⑩⑪⑫
⑥→⑪→①②③④⑦⑧⑨⑩⑫

【リリー(見取り図)】
◎①ノームコア
馬連
①-⑥ラッキーライラック

【船山陽司】
◎④ドレッドノータス

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑥ラッキーライラック

【大島麻衣】
◎⑥ラッキーライラック

【熊崎晴香(SKE48)】
◎③トーセンスーリヤ
○⑥ラッキーライラック
▲⑦ブラックホール
△⑫トーラスジェミニ
△⑪アドマイヤジャスタ
△②ペルシアンナイト

【皆藤愛子】
◎①ノームコア

【高田秋】
◎⑦ブラックホール

【栗林さみ】
◎⑦ブラックホール

【守永真彩】
◎⑨イェッツト
3連複フォーメーション
③⑨-①③⑥⑦⑨⑫-①③⑥⑦⑨⑫

【目黒貴子】
◎①ノームコア



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【札幌記念】陣営狙い通り!ポンデザール余力たっぷり 2020年8月21日(金) 05:00

 サマー2000シリーズ第4戦・札幌記念の追い切りが20日、札幌競馬場で行われた。札幌日経OPをレコード勝ちしたポンデザールは、中1週を考慮してダートコース単走でソフトに仕上げた。調教評価は『B』ながら調整は順調。滞在効果で3戦3勝を誇る札幌芝なら侮れない存在だ。

 ◇

 ポンデザールは、曇天の札幌ダートコースを淡々と駆け抜けた。超抜時計を叩き出した19日のラッキーライラックとは真逆の“静”の調整。齊藤助手がその意図を説明した。

 「前走後は馬体の回復に重点を置いて調整しています。日に日に元気の良さが出ているので、レースに向けてそれを余らせるように追いました」

 前走の札幌日経OPから中1週での最終追い切りは終始、馬なりで4ハロン57秒2-13秒6を計時。動き、時計ともに地味で調教評価は『B』ながら、予定通りの調整に陣営は納得の表情だ。馬体重も前走から2キロ増の494キロまで戻り、態勢は整っている。

 札幌では3戦3勝のコース巧者で、3年連続の北海道シリーズ参戦。当地で一昨年8月に初勝利を挙げると、昨年は格上挑戦で丹頂Sを制した。今年も茨城・美浦からはるばるやって来て、前回は従来の記録を一気に1秒1塗り替えるコースレコードをマーク。相性の良さは健在だ。

 同助手は「気の入りやすい面があって、レース当日の装鞍所、パドック、返し馬でチャカついて発汗することがある。こっちでは落ち着いているので、輸送がない滞在競馬はマッチしているんでしょう」と分析する。

 ただ、今回は2000メートルの距離がポイント。全5勝が2400メートル以上で、同助手は「忙しくはなる」と認める。それでも、半兄サトノクラウンは2017年宝塚記念(2200メートル)を制覇していて、妹も得意な舞台なら対応できていい。齊藤助手は「想像以上に洋芝も合っている。タフな展開になりそうなのもいいと思います」と期待を込めた。

 堀厩舎とルメール騎手のタッグは、2016年にネオリアリズムで優勝。単勝5番人気ながら、モーリスなどGIウイナー3頭を蹴散らした。今夏の平地重賞は、1番人気の勝利が13戦で一度だけと波乱の決着続き。伏兵ポンデザールの大駆けに要注意だ。(川端亮平)

札幌記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【札幌記念】中1週ポンデザール軽く調整 2020年8月20日(木) 10:34

 芝2600メートルの札幌日経OPをコースレコードで圧勝したポンデザールは、中1週のタイトなローテもあり、札幌ダートコースを4F57秒1で楽に流した。

 北海道で4戦4勝(札幌3+函館1)と完璧なほどの洋芝巧者で、「前走は強い競馬でした」と齊藤助手。「ルメール騎手が『(2600メートルの)長い距離が合う』と言っていたので2000メートルがカギ」なのは確かだが、半兄が宝塚記念Vなど2000メートル前後で活躍したサトノクラウンなら血統的にはOK。4年前にワンツー(ネオリアリズムモーリス)の堀厩舎ならチャンスはある。

(夕刊フジ)

札幌記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【札幌記念】レース展望 2020年8月17日(月) 15:28

 札幌競馬の日曜メインには札幌記念(23日、GII、芝2000メートル)が行われる。今年も4頭のGIウイナーをはじめ、GIIながら豪華メンバーが名を連ねている。

 GI3勝と断然の実績を誇るラッキーライラック(栗東・松永幹夫厩舎、牝5歳)が主役を担う。前走の宝塚記念は6着に敗れたが、稍重馬場や積極的な競馬が裏目に出た影響で、決して力負けではない。2走前の大阪杯でのレースぶりは圧巻で、GIIのここなら力は上位だろう。栗東のCWコースで行われた1週前追い切りでは6ハロン79秒5-12秒9をマークした。最終追い切りは札幌競馬場の芝コースで行う予定。良い状態で向かえるだろう。初めての洋芝をこなせるかが鍵となるが、斤量は前走よりも1キロ軽い55キロと魅力的。秋に向けても負けられない一戦になる。

 唯一の3歳馬ブラックホール(美浦・相沢郁厩舎、牡)は古馬と初対戦となる。昨年の札幌2歳S勝ち馬で、洋芝は3戦2勝、2着1回と適性の高さは証明済み。札幌で行われた1週前追い切りは、レースでも騎乗する石川騎手が跨り、芝コース6ハロン74秒6-12秒0で6馬身先着した。ジョッキーが「正直、1週前の段階でここまで動けるとは思わなかった」と話すように、仕上がりは上々のようだ。54キロの斤量も魅力的で、古馬一蹴の可能性は十分にある。

 昨年のヴィクトリアマイル覇者のノームコア(美浦・萩原清厩舎、牝5歳)は、安田記念(4着)以来の出走となる。1週前追い切りでは美浦のWコースで5ハロン65秒9-12秒3をマーク。一杯に追われて2馬身先着した。約1年半ぶりの2000メートルだが、名手、横山典弘騎手とのコンビ継続でどんな競馬を見せてくれるかが期待される。

 アドマイヤジャスタ(栗東・須貝尚介厩舎、牡4歳)は前走の函館記念を15番人気ながら制した。2018年にホープフルSで2着となった実力馬が復活を印象付けた。相手はさらに強化されるが、重賞連勝なるか注目だ。

 札幌日経オープンをレコード勝ちしたポンデザール(美浦・堀宣行厩舎、牝5歳)も連勝を狙う。5戦4勝と好相性の札幌でGIウイナーたちに挑む。

 近走不振だが、マカヒキ(栗東・友道康夫厩舎、牡7歳)とペルシアンナイト(栗東・池江泰寿厩舎、牡8歳)のGI馬たちの底力も侮れない。

札幌記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【札幌記念】特別登録馬 2020年8月16日() 17:30

[もっと見る]

⇒もっと見る

ポンデザールの関連コラム

閲覧 1,259ビュー コメント 0 ナイス 1

先週末は夏の大一番・札幌記念と小倉競馬場では北九州記念が行われた。

札幌記念は横山典騎手騎乗のノームコアが内枠を生かし、ロスなく立ち回り、直線鮮やかに抜け出した。まさに同騎手の真骨頂を見せつける好騎乗だった。

真骨頂とは何か…というとそれは内枠を生かした最高の立ち回りはもちろんだが、それ以上に素晴らしいのがスタートから道中の位置取りにあると思う。じっくりレースを見返すとわかるが、今回横山典騎手はスタートから4コーナーまで、ノームコアに対して最低限の進路支持以外、

「ほぼ何もしていない」

のだ。いわゆる出たなりでスムーズに加速させ、道中はほぼニュートラルのまま、馬の邪魔をせずに走らせている。道中で馬の気分のおもむくままに促しているからこそ、スペースをじっくり見極める余裕があるし、またできたスペースにスッと入れて行くことができる。直線伸びて来るのは道中の運びの良さがあるからこそであって、誰もがあの進路を取れるわけではない。

2着のペルシアンナイト=大野騎手も”らしさ”が出た騎乗。大野騎手はあまり積極策を好むタイプではなく、どちらかといえばじっくり溜めることが多い。サウンドトゥルースノードラゴンでのG1制覇を思い出せばわかりやすい。ペルシアンナイトは近走マイルを使われていたが、距離延長となる今回は同騎手のスタイルが上手く生きた。4コーナーで一瞬外に出したくなるところでもうワンテンポ追い出しを待ち、ノームコアの後ろを追い掛けるように仕掛けたのもファインプレーだった。あそこでの”溜め”が直線の伸びに繋がった。

ちなみにこのようなケースの大野騎手は基本的にアタマまで届かないことが多い。それを想定して3連単は2〜3着付けの勝負。騎手がわかると買い方も工夫ができる。



また、負けた中でも4着のポンデザールは馬のリズムを生かしながら追走するルメール騎手らしい騎乗で、最後はじわじわ伸びた。5着イェッツト横山武史騎手も、一発を狙って馬群を突く思い切った騎乗で健闘を見せた。

行くべき馬ではキッチリ行き切る、トーラスジェミニ木幡育也騎手、どちらかといえば無茶をせず馬のリズムを大事にするアドマイヤジャスタ吉田隼人騎手など、それぞれの騎手が個性を発揮したレースだった。もちろん、それがハマるかどうかは当日の展開や馬場による。アドマイヤジャスタは今回、大外を回すロスのある競馬に見えたかもしれないが、そのリズム重視の騎乗が函館記念ではハマったわけで、今回の結果だけで論評するのはアンフェアだろう。


〜高速馬場から一転、雨の影響を受けた北九州記念

北九州記念は当初超高速決着が予想されたが、午前中にスコールのような雨があり一気に馬場が悪化。やや重での開催となった。

予想外の雨に思えたかもしれないが、金曜段階の気象予報でも、雨の可能性が示されていた。日曜の雨は、いわばその予報通りでもあり、多少の悪化は想定内。イン差しを決めたレッドアンシェル、後方から強烈な脚を使ったアウィルアウェイあたりは、多少でも渋った馬場が味方した可能性もある。

いずれにしても、競馬は様々な様相が複雑に絡み合って結果が導き出される。騎手がどう乗るか、天気がどうなるか、それも含めての予想なのだと、改めて感じさせられた東西重賞の結果だった。


〜雨の可能性大? キーンランドカップの注目馬

さて、今週末は新潟2歳ステークスキーンランドC。新潟は日曜午後まではなんとか持ちそうだが、札幌は雨予報が出ている。早ければ土曜の昼くらいから降り出す可能性があり、日曜の午前中には本降りになる予想もある。現状の札幌芝はまだ馬場状態が良いが、路盤は連続開催で荒れて来ている。ココにひと雨あれば、一気に外が伸びる馬場になる可能性が高いのではないだろうか。

16頭と頭数が揃った一戦だが、やや外有利の追い比べを想定したい。では、注目馬を2頭最後に挙げておきたい。

ライトオンキュー
長期休養明けを一戦叩かれた前走UHB賞は完勝と言える内容で差し切り。相手に恵まれた面もあるが、馬自身もかなり力をつけて来ているで、昨年4着時よりは相手関係も楽になる。タフな馬場も問題なく、週末の雨も追い風になりそうだ。

フィアーノロマーノ
本質的に1200mはやや短い印象もあり、前走は立ち回り勝負の中で差し遅れて4着。それでも最後に差を詰めてきたあたり、流れと馬場ひとつで十分勝負になりそう。550キロ近い超大型馬で跳びが大きく、コーナーが緩い札幌に替わるのはプラス。タフな馬場をこなすパワーもあるので、雨が降ればチャンス到来とみる。

※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2020年8月20日(木) 16:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2020札幌記念 
閲覧 1,197ビュー コメント 0 ナイス 9



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


8月23日(日) 第56回札幌記念(3歳以上G2・芝2000m)


【登録頭数:13頭】(フルゲート:16頭)

<賞金上位馬>

ラッキーライラック(B)中7週
この中間も1週前にCWで強めに追われているが、今回のほうが力強さのある動きで出来は良さそう。この後札幌までの輸送もあるので、最終追い切りの動きも気になるところ。

ノームコア(A)中10週
この中間は美浦の南Wで乗り込まれて好時計を連発していて調子は良さそう。1週前の動きを見ても、走りに勢いがあり馬も元気な感じに見える。

ペルシアンナイト(B)中7週
昨年5着時と同じようにこの中間は札幌競馬場での調整。2週前に強めに追われて1週前はジョッキー騎乗で追い切られて併せ馬では先着。昨年は強めの追い切りが多かったが、今年は軽めの調整で時計も出ているので仕上がりは今年のほうが良さそう。

ドレッドノータス(E)5ヶ月
休み明けの参戦で、この中間の栗東での時計は平凡で特に目立つところもない。

マカヒキ ※出走回避予定

トーセンスーリヤ(B)中7週
この中間も美浦で調整。2週前、1週前と強めに追われて好時計が出ていて、状態は良さそう。

アドマイヤジャスタ(C)中4週
前走久しぶりの勝利から今回は中4週。札幌で調整されていて日曜日には時計を出しているが、1週前に速い時計を出していない。前走時のパドックでは大きな馬の割に太め感がなく仕上がっていた感じなので、そこからさらに良くなるという感じではなさそう。

ポンデザール(A)中1週
札幌芝コースでは芝2600m戦ではあるものの、3戦3勝と相性の良い馬。前走から中1週だが、前走時札幌競馬場で入念に乗り込まれていてパドックでもマイナス体重だった割にはふっくらと見せていたので、上積みも期待できそう。

トーラスジェミニ(D)中4週
この中間は札幌競馬場での調整。2週前、1週前と追い切られているが終いの時計がかかっていて物足りない内容。美浦では坂路で調教されている馬なので、滞在でダートか芝での調整しかできない点はこの馬にはマイナスになりそう。

ルミナスウォリアー(E)中1週
この中間は中1週で速い時計は出していない。高知から戻ってきた前走時の調教でも特に目立つ時計は出ていなかったので、ここから良くなるという感じはない。

ブラックホール(B)3ヶ月
ダービー以来のレースとなるこの中間、札幌競馬場で乗り込まれていて1週前には芝コースでかなり速い時計を出しており、走りを見ても状態は良さそう。昨年重賞勝ちのある札幌で好走も期待できそう。

カウディーリョ(B)中4週
この馬も札幌芝では2戦2勝と相性が良い。この中間は日曜日に札幌ダートでかなり速い時計が出ていて、前走を一度使われての上積みがありそう。

イェッツト(B)中2週
この中間は日曜日に札幌ダートで速い時計を出していて、前走時よりも良さそうな感じ。格上挑戦だが、前走時のパドックではかなりの好馬体をアピールしており、叩き2戦目での上積みも期待できそう。


☆コラムからの推奨馬は、ノームコアポンデザールの2頭を上げておきます。



◇今回は札幌記念編でした。
早いもので今年の札幌開催も残り3週となります。今年はコロナウイルスの影響で函館での滞在ができないこともあり、札幌で出走する馬は札幌で調教するか、トレセンで調教して輸送してくるか、レース10日前まで牧場で調整してギリギリに入厩してレースに臨むかのいずれかになっていると思います。実際、毎週のように調教内容をチェックしていると、今年はトレセンから輸送して使ってきている馬が多いように感じています。
一方、札幌競馬場にはWコースがないのでダートか芝で調整しなくてはなりません。普段坂路やWコースで調整されている馬にとって滞在が長くなることにプラスはあまりないと思われ、函館競馬場が使えない点は残りの札幌開催に大きな影響があると思っています。滞在組を選ぶかトレセンからの輸送組を選ぶか、馬によって違いはあるとは思いますが、トレセンの坂路やWコースで調教されている馬のほうが輸送さえクリアすれば有利に働くのではないか、そう個人的には考えています。

それでは次回、ローズS編(予定)でお会いしましょう。


札幌記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2020年8月14日(金) 10:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(8/8~8/9) 霧プロ土曜札幌10R◎○▲的中などで週計21万超の大幅プラス! 伊吹雅也プロはG3レパードS◎ケンシンコウから3連複ゲット
閲覧 358ビュー コメント 0 ナイス 1

 
9(日)のG3レパードS、G3エルムSほか、様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家や、その的中の数々をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
先週は、8(土)に札幌11R札幌日経オープンで○ポンデザールボスジラナイママ、3連複本線的中(2800円分的中8万8200円払戻し)を披露。9(日)G3レパードSでは、◎ケンシンコウの予想を披露し3連複的中計5万7280円払戻しを達成。連日のプラス収支をマーク、トータル回収率242%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
8(土)は、札幌8R3歳以上1勝クラスでの7万2300円払戻し(1,205%回収)や、札幌10R桑園特別の◎フクノグリュックキタノヴィジョンタマモサンシーロでのパーフェクト的中計15万540円払戻し(3,345%回収)で大幅プラス! 9(日)も、札幌2R3歳未勝利◎▲○的中、札幌4R3歳未勝利的中、札幌8R3歳以上1勝クラス的中など、札幌を中心とした快進撃はとどまらず。土日2日間トータルで、回収率193%、収支21万9500円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
9(日)札幌2R3歳未勝利サウンドヒーローで的中。その後も新潟5R2歳新馬新潟10R信濃川特別などをしっかりと仕留め、週間トータル回収率100%を達成。これで連続週末プラスを「7」に伸ばしています。
 
☆☆☆注目プロ →きいいろプロ
8(土)札幌10R桑園特別では、◎フクノグリュック(単勝23.9倍)から計27万5200円払戻しのスマッシュヒットを達成。9(日)にはG3エルムS札幌12R3歳以上1勝クラスなどの的中を積み重ねた先週は、トータル回収率122%、収支11万300円プラスとしています。
 
☆☆☆注目プロ →金子京介プロ
9(日)新潟2R3歳未勝利では、「トモ腰良く、しっかり歩けている」と評した◎クリノナイスガイ(単勝34.3倍)から○クレドゥボヌール(単勝49.8倍)で仕留めるファインプレー。馬単1028.5倍含む計27万7730円払戻しを記録しています。週間トータル回収率221%、収支21万7840円プラスとしています。
 
 
 
この他にも、あおまるプロ(201%←2週連続週末プラス)、ジャンヌプロ(122%←2週連続週末プラス)、暴君アッキープロ(121%←6週連続週末プラス)、馬侑迦プロ(116%)、ろいすプロ(107%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2019年11月8日(金) 15:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019エリザベス女王杯
閲覧 2,164ビュー コメント 0 ナイス 8



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はAA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



11月10日(日)京都11R 第44回エリザベス女王杯(3歳以上G1・牝馬・芝2200m)


<優先出走馬>

スカーレットカラー(A)中3週
デビュー前から調教では速い時計の出ていた馬。半年前までは出走取消が多かったが、ここ数戦は追い切りもしっかり消化し、レースでも安定して力を出せるようになっていて馬体がしっかりできてきたように思う。調教ではデビューから数戦レースにも騎乗していた太宰騎手(レースでは岩田騎手が騎乗予定)がしっかり調教をつけていて、このジョッキーの影の支えが大きい印象。1週前追い切りでは、その太宰騎手が騎乗して前走時よりも力強い走りで、この時点でしっかり仕上がっており良い状態で出走できそう。


<賞金上位順>

クロノジェネシス(A)中3週
前走休み明けで+20キロだったがパドックで見た感じではトモが細く見えるくらいで、太い感じにはまったく見えなかった。この中間もしっかり時計を出していて、1週前追い切りの動きを見ると走りに勢いがみられるようになり、1度使われて気合いが乗ってきているという印象。馬体を絞る必要はないと思うので、テンションを上げ過ぎない最終追い切りができればここでも勝ち負けになりそう。

ラヴズオンリーユー(C)6ヶ月
オークス以来の休み明けとなるが2週前、1週前と併せ馬で追われている。動きを見るとこれまでより強めに追われていて、いかにも休み明けと言った印象を受け、ぶっつけ本番はややマイナスとなりそう。

ラッキーライラック(C)中3週
休み明けの前走時はパドックでは胸前に余裕があるくらいだったが、追い切りは硬さがいつも以上にある感じだった。この中間も1週前にCWで強めに追われているが、硬さがまだ残っていて、動きも重い感じに見えた。

クロコスミア(B)中3週
2年連続このレース2着の好走実績あり。今年も札幌記念、府中牝馬Sをステップに使われてきて、1週前追い切りでは昨年よりも気合いの入った力強い動きを見せた。

フロンテアクイーン(C)中3週
若い頃はパドックでのイレ込みが激しいところがあった馬だが、近走は落ち着きがあり気性的に成長はしているように思う。今回は関西への輸送があるので気を使うところはあると思うが、昨年も落ち着いて周回できていたので直前でビッシリ追ってテンションを上げてしまうようなことがなければ。ただ、ちょっと距離は長いような気はする。

ポンデザール(A)中9週
4連勝中と勢いのある馬。イレ込むこともなくレースでの折り合いも問題ない。この中間もしっかり乗り込まれ、1週前追い切りの動きを見ても気負うことなくリラックスして走れていて状態も良さそう。

ウラヌスチャーム(D)中3週
前走時から栗東で調整中。ただ1週前追い切りの動きを見ると、力強さがなく伸び脚もイマイチ。

ゴージャスランチ(C)3ヶ月
前2走は坂路での調整だったが、この中間は南Wでの追い切りが中心。調教内容を変えてきたことは気になる。

サトノガーネット(B)中3週
クイーンS時は馬の動きが硬い感じがあったが前走、今回と動きが柔らかくなった感じで上積みがありそう。

センテリュオ(A)中9週
前走の新潟記念では◎にした馬だが、初の左回りとコーナー2つのコースで息が入らなかったのか直線は伸びる感じがなかった。この中間も坂路で好時計を多くマークしていて調子は良さそうで、右回りコーナー4つのコースに変わっての変り身がありそう。

サラキア(E)中2週
前走から中2週で1週前に速い時計を出していない。前走時よりも馬体を減らしたくないところはあると思う。

レッドランディーニ(E)中3週
マーメイドSで2着の実績はあるが、定量戦で一線級相手だと厳しいところはありそう。調教でも目立つ時計が出ている訳でもないので、一発がありそうな感じもない。

アルメリアブルーム(D)中3週
小柄な馬で、使うたびの馬体増減が大きい馬。デビューからよく見ている馬だが、何とかオープンまで上がってきた感じがあり、突き抜けるような強さはない。

レイホーロマンス(C)中2週
休み明けの前走時は乗り込んでいた割に速い時計が出ていなかった。この中間は坂路での時計が良くなってきていて、それでもまだこの馬としては物足りないが、少し上積みがありそう。

シャドウディーヴァ(B)中3週
この中間も栗東での調整。前走時も追い切りの動きが良く見えたが、今回も1週前追い切りでは併せ馬で一杯に追われて好時計で先着と、引き続き調子は良さそう。

ブライトムーン(B)中1週
この中間は間隔が詰まっているので1週前には速い時計は出していないが、最終追い切りでしっかり時計を出しているようなら力は出せそう。

ミスマンマミーア(C)中4週
休み明けの前走時、パドックではかなり余裕がある馬体に映った。この中間は時計を多く出してきているが、ガラッと変わってきた感じの時計が出ている訳ではない。



◇今回はエリザベス女王杯編でした。
今週4(祝月)に、浦和競馬場では初のJBCが行われました。JBC当日の1日の売得金は2016年の川崎での48億円を10億円近く上回る58億円のJBCレコード(地方競馬場での開催時のみ)。さらに、浦和競馬場単体での売得金としても、レコードを43億円以上も上回る1日あたり売得金記録を更新しました。これは地方競馬の馬券発売網の充実や宣伝効果、さらにこれまで19回積み重ねてきた関係者の努力の結果だと思います。浦和での開催で2年前(川崎)の売り上げを上回ることができたことは、今後その他の競馬場での開催(特にまだJBCを開催したことのない競馬場)検討の際の指針になりますし、大きな意義をもった今回だったように思います。地方競馬は地方競馬で、これからもそれぞれの個性を出して盛り上がって行ってもらいたいものです。

それでは次回、マイルチャンピオンシップ編(予定)でお会いしましょう。


エリザベス女王杯出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2019年11月6日(水) 19:00 覆面ドクター・英
エリザベス女王杯・2019
閲覧 2,427ビュー コメント 0 ナイス 15

三連休(今年はなんか多くてありがたかったのですが)+メルボルンCと競馬三昧のまま次の週末がすぐ来てくれて、11月はいい感じで来ています。メルボルンCは、前走でメールドグラースの2着だったのに52kgと斤量恵まれたヴァウアンドディクレア(C.ウィリアムズ騎手の悲願のメルボルンC勝ちに忖度じゃないかという恵量)に本命を打ち、当たったのですが、ヒモは繰り上がりあっても全部抜けで残念でした。


では恒例の全頭診断へ

<全頭診断>
1番人気想定 クロノジェネシス:悲願のG1制覇を秋華賞で成し遂げたが、もともと京都得意の北村友騎手の好騎乗もあってのもので、今回距離が延びるのは正直そう良くはないと思っている。ただ、外を回しての末脚一辺倒のような若い頃の競馬から、前走では先行して抜け出す器用なレースができるようになったところを見せた。成長した今、実力があるのは確かでやれてよい。

2番人気想定 ラヴズオンリーユー:4戦4勝のオークス馬。リアルスティールの下という良血で、春は能力だけで何となく勝ってしまった感じだった。順調に使えない馬で秋華賞はパスしたが、調教ではCWで猛時計を出しており、脚部不安は大丈夫そう。20kg以上馬体が増えているとの矢作調教師のコメントもあり、更なる成長を加味すると、能力断然で順調ならあっさりまであるか。

3番人気想定 ラッキーライラック:府中牝馬Sでは直線でやる気が失せたのか、3着と相変わらず勝ち切れず。桜花賞アーモンドアイに完敗してからは、レース終盤に投げ出すようになった。成長度合いを含め人気からすると妙味の無い馬だが、スミヨン騎手の闘魂注入で最後まで力を出し切れば、能力自体は高く巻き返しの可能性はあり。ただ、やっぱり、スミヨン人気もあって……。

4番人気想定 スカーレットカラーヴィクトワールピサ産駒らしく晩成な感じもあり、ようやく府中牝馬S勝ちで重賞制覇。母父ウォーエンブレムはスタミナがあり、決してマイラーではなくここも狙い目。

5番人気想定 クロコスミア:一昨年のこのレースで9番人気2着と和田騎手の奇襲が決まったが、前哨戦の府中牝馬Sで5着とイマイチ。ただ、距離を問わずずっと重賞でそれなりには来ており、地味ゆえに2200mで再度輝く可能性もあるが、6歳秋だけにそう上積みは無いのでは。

6番人気想定 ゴージャスランチマンハッタンカフェ産駒らしく非根幹距離が得意で準オープンを勝ってきた。引き続きの非根幹距離ではあるが、大一番での激走種牡馬ではなく、力が足りないのでは。

7番人気想定 ウラヌスチャーム:距離が長く7着だった京都大賞典からの距離短縮で、マーフィー騎手への乗り替わり。ここで一発を期待してもいいかもしれない。

8番人気想定 ポンデザール:4連勝中で前走は札幌で2600m戦を圧勝してきた。2200mに関しては、正直もっと距離があった方がいいのだろうが、ギリギリやれる距離か。

9番人気想定 センテリュオ:5月に準オープンを勝ってからは重賞の壁もあり、4着→7着と冴えないのだが、ルメール騎手を確保できたあたり、まだ伸びしろのある馬なんだろう。人気次第か。

10番人気想定 サラキア:正直、逃げるのは巧くない石橋脩騎手の逃げで3着だった前走だが、川田騎手に乗り替わっても大一番でやれる力は無いのでは。

11番人気以下想定
フロンテアクイーン:府中牝馬Sでは2着と健在ぶりをアピールしたが、重賞で好走を繰り返していた昨年でも7着止まりで、2200m適性は低そう。

シャドウディーヴァ:13番人気で4着と頑張った秋華賞だったが、若い馬が有利なレースとはいえ、ここはまだトップレベルとは差がある。

アルメリアブルーム:前走は京都巧者らしく北村友騎手が6番人気で勝たせてしまったが、ちょっとまだ力が足りないのでは。

サトノガーネット:いかにも距離が足りなかった府中牝馬Sだけに距離延長は良さそうだが、オープン実績ゼロでそもそも力不足か。

レッドランディーニ:5月に2勝クラスを勝った勢いで臨んだマーメイドSでは、51kgの恵量を生かして10番人気2着。ただ、秋初戦の府中牝馬Sでは7着とイマイチで、まだトップレベルまでは強くないか。

ミスマンマミーア:前走準オープンで3着の馬で、スタミナはあるが大仕事は無いのでは。

レッドラフェスタ:準オープン2着からの参戦だが、ちょっと力が落ちるか。

レイホーロマンス:前走10着とピークを過ぎた感じの6歳秋で要らないか。

ブライトムーン:準オープン3着からの参戦だが、大仕事するには力が足りない印象。


<まとめ>
最有力:ラヴズオンリーユー

有力:スカーレットカラークロノジェネシス

ヒモに:ウラヌスチャームポンデザール

[もっと見る]

2019年11月3日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2019年10月27日号】特選重賞データ分析編(175)~2019年エリザベス女王杯~
閲覧 2,601ビュー コメント 0 ナイス 6



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 エリザベス女王杯 2019年11月10日(日) 京都芝2200m外


<ピックアップデータ>

【前走の条件別成績(2013年以降)】
○G1・G2のレース [6-5-6-59](複勝率22.4%)
×G1・G2のレース以外 [0-1-0-27](複勝率3.6%)

まずは臨戦過程を素直に評価したほうが良さそう。前走の着順が8着以下だった馬は2013年以降[0-0-0-25](複勝率0.0%)ですし、前走がG1・G2のレースでなかった馬も苦戦しています。G3・オープン特別・条件クラスのレースを経由してきた馬は、たとえその前走が好内容であっても過信禁物です。

主な「○」該当馬→クロノジェネシスフロンテアクイーンラヴズオンリーユー
主な「×」該当馬→アルメリアブルームサラキアポンデザール


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“前年以降、かつJRA、かつG1・G2のレース”において優勝経験がある」馬は2013年以降[3-5-5-27](複勝率32.5%)
主な該当馬→クロノジェネシスラヴズオンリーユー

[もっと見る]

ポンデザールの口コミ


口コミ一覧

☆札幌記念を振り返る☆

 ユウキ先生 2020年8月23日() 20:49

閲覧 146ビュー コメント 0 ナイス 10

今日のスーパーG2・札幌記念の主役はG1・3勝利馬ラッキーライラックでした!

良いスタートを切り、最初のコーナーを2番手で通過!

最初の1000メートルは1分程で道中は折り合いもついていました。最終コーナーで先頭に並びかけ「勝ったかな」と思っていましたが残り100メートル程で同じくG1馬・ノームコアに交わされ万事休す。

ペルシアンナイトにも抜かれて3着に敗れました。

勝ったノームコアはラッキーライラックに狙いを搾った作戦勝ちという貫禄のV!2着のペルシアンナイトも人気薄ながら最後まで頑張りました☆

自身の馬券は◎ラッキーライラック〇ポンデザールだったのでハズレ~(つ﹏

 ブルー☆ギラヴァンツ 2020年8月23日() 12:48
8/23 単複王 No. 83 札幌記念 No. 84 北九州記念
閲覧 189ビュー コメント 0 ナイス 3

8/23の単複王です
No.570 小倉 9レース 西部スポニチ賞(2勝クラス)  芝 1200m ◎ ラミエル ◯ ファストフォース
No.571 小倉 10レース 薩摩S(3勝クラス)  ダート 1700m ◎ ブルーメンクローネ ◯ マリオ
No.572 小倉 11レース 北九州記念(G3)  芝 1200m ◎ モズスーパーフレア ◯ ジョーカナチャン
No.573 新潟 9レース 閃光特別(1勝クラス)  芝 1000m ◎ タツオウカケンラン ◯ スターライトキス
No.574 新潟 10レース 阿賀野川特別(2勝クラス)  芝 2200m ◎ エンデュミオン ◯ フォーラウェイ
No.575 新潟 11レース NST賞(OP)  ダート 1200m ◎ タガノアム ◯ メイショウギガース
No.576 札幌 9レース クローバー賞(OP)  芝 1500m ◎ カイザーノヴァ ◯ ノックオンウッド
No.577 札幌 10レース 大通公園特別(2勝クラス)  ダート 1700m ◎ ロンドンデリーエア ◯ シュプリームゾーン
No.578 札幌 11レース 札幌記念(G2)  芝 2000m ◎ ラッキーライラック ◯ ノームコア
No.579 札幌 12レース 手稲山特別(2勝クラス)  芝 1200m ◎ ミニオンペール ◯ キャスパリーグ
続いて
No.83 札幌記念 ◎ ラッキーライラック ○ ノームコア ▲ ペルシアンナイト ☆ アドマイヤジャスタ ポンデザール
No.84 北九州記念 ◎ モズスーパーフレア ○ ジョーカナチャン ▲ タイセイアベニール ☆ ゴールドクイーン ラブカンプー
明日8/23のメインレースは
小倉 11レース 北九州記念(G3) 芝 1200m
新潟 11レース NST賞(OP) ダート 1200m
札幌 11レース 札幌記念(G2) 芝 2000m
です
北九州記念(G3) ◎ モズスーパーフレア ○ ジョーカナチャン ▲ タイセイアベニール ☆ ゴールドクイーン ラブカンプー
NST賞(OP) ◎ タガノアム ○ メイショウギガース ▲ ヒロシゲゴールド ☆ ホウショウナウ ヒデノヴィーナス
札幌記念(G2) ◎ ラッキーライラック ○ ノームコア ▲ ペルシアンナイト ☆ アドマイヤジャスタ ポンデザール
よろしくお願いします

[もっと見る]

 ちびざる 2020年8月22日() 23:18
【GⅡ】札幌記念の予想
閲覧 276ビュー コメント 4 ナイス 22


<指数的には、1頭抜けた存在がいて、上位も指数値が高く平穏決着か>

◎:⑥ラッキーライラック
〇:①ノームコア
▲:⑦ブラックホール
△:③トーセンスーリヤ
△:⑩ポンデザール
△:⑫トーラスジェミニ



【買い目】
※オッズ等により、変更する可能性アリ

馬連フォーメーション
⑥①→⑦③⑩⑫



 ◎は⑥ラッキーライラックにしました。
 指数1位。某スポーツ紙調教評価1位
前走の宝塚記念は、6着でした。
その前走は5番手から早めに動いていっての6着。
早めに動いた分、最後は力尽きた感じでしたね。
カギは、洋芝への対応になりそうですね。
今後、海外遠征を視野に入れるなら克服しておきたいところ。
血統的には全然こなせそうですが・・・・。(^^;


 ○は①ノームコアにしました。
指数2位。某スポーツ紙調教評価3位
前走の安田記念は4着。
その前走は位置取りが後ろすぎましたね。
それでも4着まで脚を伸ばしました。
現状では、マイルがベストだとは思いますが
紫苑ステークス1着や愛知杯2着から距離は問題なさそう。
1番枠を上手く生かせれば面白いと思います。
鞍上の横山典騎手がどう乗るのか注目したいですね。


 ▲は⑦ブラックホールにしました。
指数3位。
前走は日本ダービーで7着でした。
その前走は、後方からの競馬で脚を伸ばしましたが
位置取りが後ろすぎましたね。
札幌は、昨年の札幌2歳ステークスを勝っているように
洋芝適性はあると思います。
近走は厳しい結果が続いていますが、勝ち鞍のある地で
好走があってもおかしくはないと思います。
あとは春からの成長にも期待したいですね。


△以下では、⑩ポンデザールに注目ですね
前走の札幌日経オープンは1着でした。
その前走は、中団からじっくり乗って差し切りました。
今回は前走より距離短縮となるので
そこがカギとなりそう。
スタミナ勝負の展開に持ち込みたいところ。
ルメール騎手がどういう騎乗するかにも注目したいですね。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ポンデザールの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  fc0703d559   フォロワー:2人 2020年8月8日() 01:23:19
7ワケ、◉、同コース2勝、仕上がる、
11.14.13 8.12.7.3

ポンデザールの写真

ポンデザール
ポンデザール

ポンデザールの厩舎情報 VIP

2020年8月23日札幌記念 G24着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ポンデザールの取材メモ VIP

2020年8月23日 札幌記念 G2 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。