ポンデザール(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ポンデザール
ポンデザール
写真一覧
現役 牝5 黒鹿毛 2015年3月27日生
調教師堀宣行(美浦)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績10戦[4-0-0-6]
総賞金5,584万円
収得賞金2,700万円
英字表記Pont des Arts
血統 ハーツクライ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
アイリッシュダンス
ジョコンダ2
血統 ][ 産駒 ]
Rossini
La Joconde
兄弟 サトノクラウンフィリオアレグロ
前走 2020/03/28 日経賞 G2
次走予定

ポンデザールの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/03/28 中山 11 日経賞 G2 芝2500 143348.5109** 牝5 54.0 石橋脩堀宣行498(-2)2.34.4 1.536.5⑫⑫⑬⑬ミッキースワロー
20/01/18 小倉 11 愛知杯 G3 芝2000 1681526.41012** 牝5 54.0 藤岡康太堀宣行500(+16)2.03.0 1.937.6⑪⑭⑮⑮デンコウアンジュ
19/11/10 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 183544.3816** 牝4 56.0 藤岡康太堀宣行484(-8)2.15.8 1.734.4⑩⑪⑨⑨ラッキーライラック
19/09/01 札幌 11 丹頂S OP 芝2600 14585.421** 牝4 50.0 石川裕紀堀宣行492(0)2.40.8 -0.635.3⑧⑧⑧⑤ハナズレジェンド
19/07/14 函館 10 北海ハンデ 2勝クラス 芝2600 128115.131** 牝4 53.0 藤岡康太堀宣行492(+6)2.41.7 -0.135.5⑩⑩⑩⑤ドリームスピリット
19/05/19 新潟 10 荒川峡特別 500万下 芝2400 9554.531** 牝4 55.0 丸田恭介堀宣行486(+28)2.29.0 -0.034.4⑦⑦⑦⑥ヴァンクールシルク
18/08/26 札幌 6 3歳未勝利 芝2600 14335.131** 牝3 54.0 J.モレイ堀宣行458(-14)2.46.2 -0.235.8⑩⑩⑪④コロンバスデイ
18/08/19 札幌 2 3歳未勝利 ダ2400 12555.035** 牝3 54.0 J.モレイ堀宣行472(+16)2.37.6 0.840.0⑧⑧⑥⑥ワイズワン
18/02/12 東京 4 3歳未勝利 芝2400 1661110.1512** 牝3 54.0 石橋脩堀宣行456(-4)2.31.5 1.336.5トラストケンシン
18/01/06 中山 3 3歳新馬 ダ1800 15118.456** 牝3 54.0 石橋脩堀宣行460(--)1.58.4 0.739.6⑪⑫⑫⑬アトムアストレア

ポンデザールの関連ニュース

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、日経賞の近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
中山芝2500mの重賞で3着以内の経験がある馬を除くと、7歳以上馬の連対例はゼロ(2009年以降)

マイネルカレッツァ
ヤマカツライデン

前走で2200m未満のレースに出走していた馬の連対例は皆無(2009年以降)

ウインイクシード
ソウルスターリング
ポンデザール

前走でG3格のレースに出走、かつ4着以内だった馬の連対例はゼロ(2009年以降)

ウインイクシード

前走オープン特別組の好走例は皆無(2009年以降)

ヤマカツライデン
アイスバブル

前走G1出走馬を除くと、年明け緒戦馬の連対例はゼロ(2009年以降)

マイネルカレッツァ

中3週以内のローテで臨んだ馬の連対例はみられない(2009年以降の中山開催)

ソウルスターリング
サンアップルトン

【人気】
13番人気以下の好走例は皆無(2009年以降)
※10時00分現在の13番人気以下

マイネルカレッツァ
ヤマカツライデン

【脚質】
前走の初角通過順が1番手だった馬の好走例はゼロ(2009年以降)

ヤマカツライデン
スティッフェリオ

【枠順】
馬番2番枠の連対例はみられない(2002年以降の中山開催)

マイネルカレッツァ

【血統】
ダンチヒを経由しない父ノーザンダンサー系の連対例はゼロ(2009年以降)

ソウルスターリング

ディープインパクト産駒の連対例は皆無(産駒初出走以降)

レッドレオン
アイスバブル


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
サトノクロニクル
エタリオウ
ガンコ
モズベッロ
ミッキースワロー



ウマニティ重賞攻略チーム

【ズバリ!調教診断】日経賞2020 中山巧者のトーセンホマレボシ産駒が好仕上がり!音無厩舎のステイゴールド産駒も侮れず! 2020年3月27日(金) 20:00

土曜日に行われる日経賞の出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


サトノクロニクル
中間は栗東坂路で調整を重ね、25日の本追い切りでは4F52秒7をマーク。終い2Fを24秒5-12秒0の加速ラップでまとめてきた。軽快な脚取りからは、長期休養明けを叩いた上積みが十分にうかがえる。上位を狙える状態とみたい。

マイネルカレッツァ
美浦坂路の最終追いでは4F51秒4を計時。ケイコ駆けしない馬としては動いたほうだが、ややモタれる面をみせていたあたりに不安が残る。ただでさえ、約1年2カ月ぶりの実戦かつ格上挑戦という厳しい条件。好走は容易ではない。

ポンデザール
今週の本追い切りは美浦Wで3頭併せを施したが、5F71秒ソコソコの控えめな内容。折り合いがついていた点は評価できる一方で、強豪牡馬が顔を揃えるレースへの調整過程としては物足りない。今回も苦しい戦いになるのではないか。

レッドレオン
栗東坂路の最終追いではステッキが数発入り、手応え劣勢のまま3歳未勝利馬に後れをとってしまった。ただ、脚取りはしっかりとしていたし、前走(日経新春杯2着)の最終追い時も似たような内容だったので過度に気にする必要はない。力を出せる態勢とみる。

ヤマカツライデン
今週の本追い切りは栗東CWで単走。ノビノビと走っていたが、いい頃と比べて迫力の面で今ひとつ。2017年の函館記念3着を最後に馬券対象から遠ざかっている現況を覆すほどのデキに達しているとは言い難い。ここは静観が妥当だろう。

ウインイクシード
美浦Wで行われた最終追いでは、3頭併せの真ん中というストレスのかかる位置にいながらも、素軽い身のこなしを示し、鞍上の手応え以上に余裕が感じられた。状態は決して悪くなく、軽んじて扱えない1頭といえよう。

ソウルスターリング
この中間は美浦坂路で調整。派手なタイムこそ刻んでいないが、25日に行われた坂路追いの動きは前回(中山記念3着)の最終追い時と比べても遜色ないように映る。デキはいい意味での平行線。テンションを維持できるようなら、上位進出の可能性は十分にある。

エタリオウ
1週前に栗東CWで実施した3頭併せでは、確かな脚取りで上々のタイムをマーク。当週の坂路追いでは時計こそ地味ながらも、力強い脚さばきで活気に満ちた姿を披露した。いい仕上がり具合ではないか。

ガンコ
休み明けだった前回の中間よりも攻めの本数を増やし、1週前に栗東CWで6F80秒弱のタイムを記録。一応の態勢は整ったとみていい。ただ、一昨年の当レース優勝を最後に掲示板すら届いていない現状。一気の巻き返しを望むのは厳しい。狙うなら次戦以降だろう。

モズベッロ
今週の追い切りは栗東坂路でダイメイフジと併せ馬を実施。ケイコ巧者を相手に手応えこそ劣勢だったが、集中を切らすことなく登坂する姿をみるに心配無用。むしろ、精神面の成長をうかがい知ることができた。争覇圏内の1頭だ。

サンアップルトン
中間の時計は地味だが、オンオフの切り替えがスムーズにできているあたりは好感が持てる。ただ、今回と同じく中3週だったサンシャインSの調整過程と比べるとケイコのボリュームは薄い。近走の安定感は認めても、相手強化の別定G2で勝ち負けまではどうか。

スティッフェリオ
中間はいつも通りに栗東坂路中心の調整。最終追いでは、併走遅れを喫してしまい見映えこそ悪いが、終い2Fは25秒2-12秒5で収めており、この馬にしてみれば及第点以上の内容。走り自体も安定感があり、力を発揮できる態勢は整っている。侮れない存在になりそうだ。

アイスバブル
帰栗後はジックリと調整を続けているが、今週の単走追いの気配は平凡。道中の進みは悪くないものの、最後は苦しそうな素振りを見せるなど、いい頃の走りと比べると見劣りがする。本当に良くなるのは、ここを叩いてからではないか。

ミッキースワロー
美浦Wの最終追い切りでは、スピード感たっぷりの走りを披露した。頭の位置は高めだが、それはいつものこと。回転鋭いフットワークは光るものがある。活気も程よく、醸し出す雰囲気は前回以上。好仕上がり。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【U指数的考察】日経賞2020 5歳以上の低指数馬は苦戦必至!指数8位以下同士の組み合わせは期待薄! 2020年3月27日(金) 16:00

土曜日に行われる日経賞の近年の結果をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2014年以降の結果をもとに検証



<ポイント①>
2014年以降の勝ち馬6頭のうち5頭が指数5位以内。振り回すにしても、指数上位馬を軽く扱わないほうがいい。

指数5位以内

サトノクロニクル
ヤマカツライデン
ソウルスターリング
エタリオウ
ミッキースワロー

<ポイント②>
指数8位以下の馬が2頭以上馬券に絡んだケースはゼロ。指数8位以下同士を組み合わせた戦略は推奨できない。

指数8位以下

マイネルカレッツァ
ポンデザール
レッドレオン
ウインイクシード
ガンコ
モズベッロ
サンアップルトン

<ポイント③>
2014年以降、指数96.0未満の5歳以上馬の好走例は皆無。伸びしろの大きい4歳馬はその限りではないが、指数96.0に満たない5歳以上の馬は苦戦必至。

指数96.0未満の5歳以上馬

マイネルカレッツァ
ポンデザール
ウインイクシード
ガンコ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【日経賞】厩舎の話 2020年3月27日(金) 05:04

 ◆ウインイクシード・鈴木伸師 「早めに入厩させて好仕上がり。中山は合うし引っ掛からないので距離もこなす」

 ◆エタリオウ・安田助手 「輸送を控えているので、当週は調整程度。しっかりと仕上がっています」

 ◆サトノクロニクル・池江師 「いい動き。前回は長休明けで攻めも動かなかったが、5着で能力はあるなと感じた」

 ◆サンアップルトン・柴田善騎手 「予定通り。初めて乗ったときより背中からトモ(後肢)の感じは良くなっている。現状でどれだけ走れるか」

 ◆スティッフェリオ・音無師 「遅れはしたけど、調教は動かないタイプだからね。動きは十分。好位差しの形で運びたい」

 ◆ソウルスターリング・藤沢和師 「順調にきている。オークス馬だし、この距離も得意だろう。引退レースで頑張ってくれると思う」

 ◆ポンデザール・森助手 「帰厩して10日で使った前走と比べ、今回はしっかり乗り込めた。毛づやが良く、体調も良さそう」

 ◆ミッキースワロー・菊沢師 「無理なく楽に動けていたし、終わってからもケロッとしている。状態に関してはいい意味での平行線」

 ◆モズベッロ・森田師 「先週と日曜(22日)にしっかりとやっている。肩のバランスの悪いところがあったが、徐々にましになってきている」

 ◆レッドレオン・小滝助手 「坂路でサラッと。体つきは変わっていませんが、しっかりと調教はできています」

日経賞の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【日経賞】厩舎の話 2020年3月27日(金) 05:04

 ◆ウインイクシード・鈴木伸師 「早めに入厩させて好仕上がり。中山は合うし引っ掛からないので距離もこなす」

 ◆エタリオウ・安田助手 「輸送を控えているので、当週は調整程度。しっかりと仕上がっています」

 ◆サトノクロニクル・池江師 「いい動き。前回は長休明けで攻めも動かなかったが、5着で能力はあるなと感じた」

 ◆サンアップルトン・柴田善騎手 「予定通り。初めて乗ったときより背中からトモ(後肢)の感じは良くなっている。現状でどれだけ走れるか」

 ◆スティッフェリオ・音無師 「遅れはしたけど、調教は動かないタイプだからね。動きは十分。好位差しの形で運びたい」

 ◆ソウルスターリング・藤沢和師 「順調にきている。オークス馬だし、この距離も得意だろう。引退レースで頑張ってくれると思う」

 ◆ポンデザール・森助手 「帰厩して10日で使った前走と比べ、今回はしっかり乗り込めた。毛づやが良く、体調も良さそう」

 ◆ミッキースワロー・菊沢師 「無理なく楽に動けていたし、終わってからもケロッとしている。状態に関してはいい意味での平行線」

 ◆モズベッロ・森田師 「先週と日曜(22日)にしっかりとやっている。肩のバランスの悪いところがあったが、徐々にましになってきている」

 ◆レッドレオン・小滝助手 「坂路でサラッと。体つきは変わっていませんが、しっかりと調教はできています」

[もっと見る]

【日経賞】特別登録馬 2020年3月22日() 17:30

[もっと見る]

⇒もっと見る

ポンデザールの関連コラム

閲覧 2,061ビュー コメント 0 ナイス 8



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はAA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



11月10日(日)京都11R 第44回エリザベス女王杯(3歳以上G1・牝馬・芝2200m)


<優先出走馬>

スカーレットカラー(A)中3週
デビュー前から調教では速い時計の出ていた馬。半年前までは出走取消が多かったが、ここ数戦は追い切りもしっかり消化し、レースでも安定して力を出せるようになっていて馬体がしっかりできてきたように思う。調教ではデビューから数戦レースにも騎乗していた太宰騎手(レースでは岩田騎手が騎乗予定)がしっかり調教をつけていて、このジョッキーの影の支えが大きい印象。1週前追い切りでは、その太宰騎手が騎乗して前走時よりも力強い走りで、この時点でしっかり仕上がっており良い状態で出走できそう。


<賞金上位順>

クロノジェネシス(A)中3週
前走休み明けで+20キロだったがパドックで見た感じではトモが細く見えるくらいで、太い感じにはまったく見えなかった。この中間もしっかり時計を出していて、1週前追い切りの動きを見ると走りに勢いがみられるようになり、1度使われて気合いが乗ってきているという印象。馬体を絞る必要はないと思うので、テンションを上げ過ぎない最終追い切りができればここでも勝ち負けになりそう。

ラヴズオンリーユー(C)6ヶ月
オークス以来の休み明けとなるが2週前、1週前と併せ馬で追われている。動きを見るとこれまでより強めに追われていて、いかにも休み明けと言った印象を受け、ぶっつけ本番はややマイナスとなりそう。

ラッキーライラック(C)中3週
休み明けの前走時はパドックでは胸前に余裕があるくらいだったが、追い切りは硬さがいつも以上にある感じだった。この中間も1週前にCWで強めに追われているが、硬さがまだ残っていて、動きも重い感じに見えた。

クロコスミア(B)中3週
2年連続このレース2着の好走実績あり。今年も札幌記念、府中牝馬Sをステップに使われてきて、1週前追い切りでは昨年よりも気合いの入った力強い動きを見せた。

フロンテアクイーン(C)中3週
若い頃はパドックでのイレ込みが激しいところがあった馬だが、近走は落ち着きがあり気性的に成長はしているように思う。今回は関西への輸送があるので気を使うところはあると思うが、昨年も落ち着いて周回できていたので直前でビッシリ追ってテンションを上げてしまうようなことがなければ。ただ、ちょっと距離は長いような気はする。

ポンデザール(A)中9週
4連勝中と勢いのある馬。イレ込むこともなくレースでの折り合いも問題ない。この中間もしっかり乗り込まれ、1週前追い切りの動きを見ても気負うことなくリラックスして走れていて状態も良さそう。

ウラヌスチャーム(D)中3週
前走時から栗東で調整中。ただ1週前追い切りの動きを見ると、力強さがなく伸び脚もイマイチ。

ゴージャスランチ(C)3ヶ月
前2走は坂路での調整だったが、この中間は南Wでの追い切りが中心。調教内容を変えてきたことは気になる。

サトノガーネット(B)中3週
クイーンS時は馬の動きが硬い感じがあったが前走、今回と動きが柔らかくなった感じで上積みがありそう。

センテリュオ(A)中9週
前走の新潟記念では◎にした馬だが、初の左回りとコーナー2つのコースで息が入らなかったのか直線は伸びる感じがなかった。この中間も坂路で好時計を多くマークしていて調子は良さそうで、右回りコーナー4つのコースに変わっての変り身がありそう。

サラキア(E)中2週
前走から中2週で1週前に速い時計を出していない。前走時よりも馬体を減らしたくないところはあると思う。

レッドランディーニ(E)中3週
マーメイドSで2着の実績はあるが、定量戦で一線級相手だと厳しいところはありそう。調教でも目立つ時計が出ている訳でもないので、一発がありそうな感じもない。

アルメリアブルーム(D)中3週
小柄な馬で、使うたびの馬体増減が大きい馬。デビューからよく見ている馬だが、何とかオープンまで上がってきた感じがあり、突き抜けるような強さはない。

レイホーロマンス(C)中2週
休み明けの前走時は乗り込んでいた割に速い時計が出ていなかった。この中間は坂路での時計が良くなってきていて、それでもまだこの馬としては物足りないが、少し上積みがありそう。

シャドウディーヴァ(B)中3週
この中間も栗東での調整。前走時も追い切りの動きが良く見えたが、今回も1週前追い切りでは併せ馬で一杯に追われて好時計で先着と、引き続き調子は良さそう。

ブライトムーン(B)中1週
この中間は間隔が詰まっているので1週前には速い時計は出していないが、最終追い切りでしっかり時計を出しているようなら力は出せそう。

ミスマンマミーア(C)中4週
休み明けの前走時、パドックではかなり余裕がある馬体に映った。この中間は時計を多く出してきているが、ガラッと変わってきた感じの時計が出ている訳ではない。



◇今回はエリザベス女王杯編でした。
今週4(祝月)に、浦和競馬場では初のJBCが行われました。JBC当日の1日の売得金は2016年の川崎での48億円を10億円近く上回る58億円のJBCレコード(地方競馬場での開催時のみ)。さらに、浦和競馬場単体での売得金としても、レコードを43億円以上も上回る1日あたり売得金記録を更新しました。これは地方競馬の馬券発売網の充実や宣伝効果、さらにこれまで19回積み重ねてきた関係者の努力の結果だと思います。浦和での開催で2年前(川崎)の売り上げを上回ることができたことは、今後その他の競馬場での開催(特にまだJBCを開催したことのない競馬場)検討の際の指針になりますし、大きな意義をもった今回だったように思います。地方競馬は地方競馬で、これからもそれぞれの個性を出して盛り上がって行ってもらいたいものです。

それでは次回、マイルチャンピオンシップ編(予定)でお会いしましょう。


エリザベス女王杯出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年11月6日(水) 19:00 覆面ドクター・英
エリザベス女王杯・2019
閲覧 2,316ビュー コメント 0 ナイス 15

三連休(今年はなんか多くてありがたかったのですが)+メルボルンCと競馬三昧のまま次の週末がすぐ来てくれて、11月はいい感じで来ています。メルボルンCは、前走でメールドグラースの2着だったのに52kgと斤量恵まれたヴァウアンドディクレア(C.ウィリアムズ騎手の悲願のメルボルンC勝ちに忖度じゃないかという恵量)に本命を打ち、当たったのですが、ヒモは繰り上がりあっても全部抜けで残念でした。


では恒例の全頭診断へ

<全頭診断>
1番人気想定 クロノジェネシス:悲願のG1制覇を秋華賞で成し遂げたが、もともと京都得意の北村友騎手の好騎乗もあってのもので、今回距離が延びるのは正直そう良くはないと思っている。ただ、外を回しての末脚一辺倒のような若い頃の競馬から、前走では先行して抜け出す器用なレースができるようになったところを見せた。成長した今、実力があるのは確かでやれてよい。

2番人気想定 ラヴズオンリーユー:4戦4勝のオークス馬。リアルスティールの下という良血で、春は能力だけで何となく勝ってしまった感じだった。順調に使えない馬で秋華賞はパスしたが、調教ではCWで猛時計を出しており、脚部不安は大丈夫そう。20kg以上馬体が増えているとの矢作調教師のコメントもあり、更なる成長を加味すると、能力断然で順調ならあっさりまであるか。

3番人気想定 ラッキーライラック:府中牝馬Sでは直線でやる気が失せたのか、3着と相変わらず勝ち切れず。桜花賞アーモンドアイに完敗してからは、レース終盤に投げ出すようになった。成長度合いを含め人気からすると妙味の無い馬だが、スミヨン騎手の闘魂注入で最後まで力を出し切れば、能力自体は高く巻き返しの可能性はあり。ただ、やっぱり、スミヨン人気もあって……。

4番人気想定 スカーレットカラーヴィクトワールピサ産駒らしく晩成な感じもあり、ようやく府中牝馬S勝ちで重賞制覇。母父ウォーエンブレムはスタミナがあり、決してマイラーではなくここも狙い目。

5番人気想定 クロコスミア:一昨年のこのレースで9番人気2着と和田騎手の奇襲が決まったが、前哨戦の府中牝馬Sで5着とイマイチ。ただ、距離を問わずずっと重賞でそれなりには来ており、地味ゆえに2200mで再度輝く可能性もあるが、6歳秋だけにそう上積みは無いのでは。

6番人気想定 ゴージャスランチマンハッタンカフェ産駒らしく非根幹距離が得意で準オープンを勝ってきた。引き続きの非根幹距離ではあるが、大一番での激走種牡馬ではなく、力が足りないのでは。

7番人気想定 ウラヌスチャーム:距離が長く7着だった京都大賞典からの距離短縮で、マーフィー騎手への乗り替わり。ここで一発を期待してもいいかもしれない。

8番人気想定 ポンデザール:4連勝中で前走は札幌で2600m戦を圧勝してきた。2200mに関しては、正直もっと距離があった方がいいのだろうが、ギリギリやれる距離か。

9番人気想定 センテリュオ:5月に準オープンを勝ってからは重賞の壁もあり、4着→7着と冴えないのだが、ルメール騎手を確保できたあたり、まだ伸びしろのある馬なんだろう。人気次第か。

10番人気想定 サラキア:正直、逃げるのは巧くない石橋脩騎手の逃げで3着だった前走だが、川田騎手に乗り替わっても大一番でやれる力は無いのでは。

11番人気以下想定
フロンテアクイーン:府中牝馬Sでは2着と健在ぶりをアピールしたが、重賞で好走を繰り返していた昨年でも7着止まりで、2200m適性は低そう。

シャドウディーヴァ:13番人気で4着と頑張った秋華賞だったが、若い馬が有利なレースとはいえ、ここはまだトップレベルとは差がある。

アルメリアブルーム:前走は京都巧者らしく北村友騎手が6番人気で勝たせてしまったが、ちょっとまだ力が足りないのでは。

サトノガーネット:いかにも距離が足りなかった府中牝馬Sだけに距離延長は良さそうだが、オープン実績ゼロでそもそも力不足か。

レッドランディーニ:5月に2勝クラスを勝った勢いで臨んだマーメイドSでは、51kgの恵量を生かして10番人気2着。ただ、秋初戦の府中牝馬Sでは7着とイマイチで、まだトップレベルまでは強くないか。

ミスマンマミーア:前走準オープンで3着の馬で、スタミナはあるが大仕事は無いのでは。

レッドラフェスタ:準オープン2着からの参戦だが、ちょっと力が落ちるか。

レイホーロマンス:前走10着とピークを過ぎた感じの6歳秋で要らないか。

ブライトムーン:準オープン3着からの参戦だが、大仕事するには力が足りない印象。


<まとめ>
最有力:ラヴズオンリーユー

有力:スカーレットカラークロノジェネシス

ヒモに:ウラヌスチャームポンデザール

[もっと見る]

2019年11月3日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2019年10月27日号】特選重賞データ分析編(175)~2019年エリザベス女王杯~
閲覧 2,557ビュー コメント 0 ナイス 6



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 エリザベス女王杯 2019年11月10日(日) 京都芝2200m外


<ピックアップデータ>

【前走の条件別成績(2013年以降)】
○G1・G2のレース [6-5-6-59](複勝率22.4%)
×G1・G2のレース以外 [0-1-0-27](複勝率3.6%)

まずは臨戦過程を素直に評価したほうが良さそう。前走の着順が8着以下だった馬は2013年以降[0-0-0-25](複勝率0.0%)ですし、前走がG1・G2のレースでなかった馬も苦戦しています。G3・オープン特別・条件クラスのレースを経由してきた馬は、たとえその前走が好内容であっても過信禁物です。

主な「○」該当馬→クロノジェネシスフロンテアクイーンラヴズオンリーユー
主な「×」該当馬→アルメリアブルームサラキアポンデザール


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“前年以降、かつJRA、かつG1・G2のレース”において優勝経験がある」馬は2013年以降[3-5-5-27](複勝率32.5%)
主な該当馬→クロノジェネシスラヴズオンリーユー

[もっと見る]

ポンデザールの口コミ


口コミ一覧
閲覧 144ビュー コメント 0 ナイス 4

3月28日(土)中山・阪神・中京

中山11R日経賞
◎3.ポンデザール  20
・14.ミッキースワロー  18.5
・8.エタリオウ  17.5
・1.サトノクロニクル (18.5)
・7.ソウルスターリング  17.5
・6.ウインイクシード  16
・12.スティッフェリオ  16

中京11R名鉄杯
◎2.テーオージーニアス  20
・4.ドリュウ  19
・12.マルカソレイユ  16
・3.マリームーン (18.5)
・6.エイコーン (16)
・7.バイラ  15.5
・13.ビックリシタナモー  14

~レーティングについて~
 馬名右の数値は、該当馬の実力に騎手の巧拙、枠順やコーナーの有利不利を加味して算出した独自のレーティングです。1ポイント=0.2秒の差を示し、5ポイントで入線タイム差が約1秒と想定しています。(カッコ)付き数値は長期休養馬、もしくは8カ月以上前のレースぶりを見て算出したものです。予想の参考としてご覧ください。

【勝負馬券】
(カッコ内は前週までの年間回収率)
単勝◎=1点(113%)

以上

 ゼファー 2020年3月28日() 13:21
第68回 日経賞GⅡ
閲覧 144ビュー コメント 0 ナイス 13

<馬場状態>

雨は降らずになんとか堪えている空模様
それでも傷みが積み重なってきた中山の芝
2500mならスタミアが問われる。

<展開>

5
2
4.6
7.9.12

1.3.10.13
8.11.14

<馬券>

3連複ボックス

サトノクロニクル
ポンデザール
ウインイクシード
サンアップルトン
ミッキースワロー

[もっと見る]

 ゼファー 2020年1月18日() 12:26
第57回 愛知杯GⅢ
閲覧 255ビュー コメント 0 ナイス 13

<馬場状態>

昨日は飲み過ぎて頭が機能していません。

さて、雨が降っている様です・・・

<展開>

9
1・4・7
2・8・10・16
11・12・14

3・5・6・13・15

<馬券>
前に行きたい馬が多く、雨馬場
思い切って後ろからの2頭を中心に、総流し

13:レッドランディーニ
15:ポンデザール

⇒総流し

案外、Sペースで前有利パターンなら、

サヴォワールエメ
センテリュオ

⇒ 数点

[もっと見る]

⇒もっと見る

ポンデザールの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ポンデザールの写真

ポンデザール
ポンデザール

ポンデザールの厩舎情報 VIP

2020年3月28日日経賞 G29着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ポンデザールの取材メモ VIP

2020年3月28日 日経賞 G2 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。