フロンテアクイーン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
フロンテアクイーン
フロンテアクイーン
フロンテアクイーン
フロンテアクイーン
フロンテアクイーン
フロンテアクイーン
フロンテアクイーン
フロンテアクイーン
写真一覧
現役 牝6 鹿毛 2013年4月23日生
調教師国枝栄(美浦)
馬主三協ファーム 株式会社
生産者林 孝輝
生産地浦河町
戦績27戦[3-9-3-12]
総賞金19,341万円
収得賞金5,275万円
英字表記Frontier Queen
血統 メイショウサムソン
血統 ][ 産駒 ]
オペラハウス
マイヴィヴィアン
ブルーボックスボウ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ブルーバタフライ
兄弟 ザトゥルーエアークリノオウジャ
前走 2019/07/28 クイーンステークス G3
次走予定

フロンテアクイーンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/07/28 札幌 11 クイーンS G3 芝1800 14336.627** 牝6 56.0 三浦皇成国枝栄482(+2)1.47.4 0.434.3⑤⑤⑤⑤ミッキーチャーム
19/05/12 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 1881824.5915** 牝6 55.0 三浦皇成国枝栄480(0)1.32.2 1.734.7⑩⑩ノームコア
19/03/09 中山 11 中山牝馬S G3 芝1800 145710.551** 牝6 54.0 三浦皇成国枝栄480(+6)1.47.7 -0.035.0⑧⑧⑥⑤ウラヌスチャーム
18/12/15 中山 11 ターコイズS G3 芝1600 167138.344** 牝5 55.0 O.マーフ国枝栄474(-2)1.32.9 0.235.8ミスパンテール
18/11/11 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 171225.877** 牝5 56.0 蛯名正義国枝栄476(+2)2.13.7 0.634.7⑦⑦⑦⑦リスグラシュー
18/10/13 東京 11 府中牝馬S G2 芝1800 112221.573** 牝5 54.0 蛯名正義国枝栄474(+14)1.44.8 0.132.9⑤⑤⑥ディアドラ
18/07/29 札幌 11 クイーンS G3 芝1800 11556.942** 牝5 55.0 蛯名正義国枝栄460(-14)1.46.7 0.534.4⑧⑧⑧⑥ディアドラ
18/03/10 中山 11 中山牝馬S G3 芝1800 14465.522** 牝5 54.0 北村宏司国枝栄474(+4)1.49.1 0.135.1カワキタエンカ
17/12/16 中山 11 ターコイズS G3 芝1600 16475.532** 牝4 53.0 北村宏司国枝栄470(+6)1.34.2 0.034.4⑤⑤⑤ミスパンテール
17/11/18 東京 10 ユートピアS 1600万下 芝1600 13114.012** 牝4 55.0 北村宏司国枝栄464(-2)1.34.8 0.132.9⑨⑧レッドアヴァンセ
17/09/30 中山 11 秋風S 1600万下 芝1600 14336.932** 牝4 55.0 田中勝春国枝栄466(+2)1.34.8 0.033.3⑦⑧⑦ジュールポレール
17/09/02 新潟 11 長岡S 1600万下 芝1600 15464.223** 牝4 55.0 北村宏司国枝栄464(+2)1.34.1 0.233.2④④バンゴール
17/05/14 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 1781589.2128** 牝4 55.0 北村宏司国枝栄462(0)1.34.5 0.633.2⑭⑯アドマイヤリード
17/04/22 福島 11 福島牝馬S G3 芝1800 16488.042** 牝4 54.0 北村宏司国枝栄462(0)1.46.8 0.035.5⑧⑧⑨⑦ウキヨノカゼ
17/03/12 中山 11 中山牝馬S G3 芝1800 167149.248** 牝4 53.0 北村宏司国枝栄462(0)1.49.7 0.334.3⑧⑧⑧⑥トーセンビクトリー
17/02/04 東京 11 初音S 1600万下 芝1800 1181018.481** 牝4 54.0 北村宏司国枝栄462(+2)1.46.7 -0.233.2⑦⑧⑧ワンブレスアウェイ
16/11/19 東京 10 ユートピアS 1600万下 芝1600 18485.849** 牝3 54.0 蛯名正義国枝栄460(+8)1.35.3 0.634.8⑦④エテルナミノル
16/10/16 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 1861142.81214** 牝3 55.0 蛯名正義国枝栄452(-4)1.59.8 1.234.3⑬⑪⑪⑭ヴィブロス
16/09/10 中山 11 紫苑S G3 芝2000 181211.353** 牝3 54.0 蛯名正義国枝栄456(+8)2.00.7 1.036.2⑤⑥⑨⑧ビッシュ
16/05/22 東京 11 優駿牝馬 G1 芝2400 1861241.8126** 牝3 55.0 蛯名正義国枝栄448(-2)2.25.4 0.434.1⑮⑯⑮⑪シンハライト

⇒もっと見る


フロンテアクイーンの関連ニュース

 ★美浦・国枝厩舎の主な馬の動向は次の通り。クイーンS7着フロンテアクイーン(牝6)は府中牝馬S(10月14日、東京、GII、芝1800メートル)からエリザベス女王杯(11月10日、京都、GI、芝2200メートル)を目指す方向。函館記念6着レッドローゼス(牡5)は福島記念(11月10日、福島、GIII、芝2000メートル)が目標。4日札幌の1勝クラス(芝2600メートル)を圧勝したボスジラ(牡3)はセントライト記念(9月16日、中山、GII、芝2200メートル)を視野に入れて調整される。

【クイーンS】レースを終えて…関係者談話2019年7月29日(月) 05:05

 ◆藤岡佑騎手(ウラヌスチャーム4着)「プラスアルファを引き出せれば、際どいところまで迫れた」

 ◆武豊騎手(エイシンティンクル5着)「向こう正面まで(ハミを)かんでいるので、折り合いがつけばもっと伸びる」

 ◆ルメール騎手(サトノガーネット6着)「最後はすごく伸びたけど、少し距離が短いのかも」

 ◆三浦騎手(フロンテアクイーン7着)「リズムを守って運べましたが、伸びきれませんでした」

 ◆池添騎手(メイショウショウブ8着)「イレ込みがひどかったが、内容は悪くなかったと思います」

 ◆藤岡康騎手(シャンティローザ9着)「ゲートで立ち遅れてしまいました」

 ◆吉田隼騎手(フィニフティ10着)「ワンターンの方がいいかもしれません」

 ◆荻野極騎手(リンディーホップ12着)「3、4コーナーで手応えが怪しくなってしまいました」

 ◆菱田騎手(リリックドラマ13着)「徐々にクラス慣れすれば」

 ◆国枝師(ダノングレース14着)「バテた馬が下がってきて進路をなくした」

★28日札幌11R「クイーンS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【クイーンS】フロンテアクイーン好位から進めるも7着 三浦「伸び切れなかった」 2019年7月28日() 19:15

 7月28日の札幌11Rで行われた第67回クイーンステークス(3歳以上オープン、GIII、芝1800メートル、牝馬、別定、14頭立て、1着賞金=3600万円)は、川田将雅騎手騎乗の1番人気ミッキーチャーム(4歳、栗東・中内田充正厩舎)が勝利。タイムは1分47秒0(良)。



 重賞2勝目を狙ったフロンテアクイーンは、好位のインでレースを進め、直線ではじりじりと脚を伸ばしたものの、続々と他の馬に交わされて7着に敗れた。



 三浦皇成騎手「リズムを守っていい感じで運べましたが、伸び切れませんでした。タフな競馬の後にひと息入っていたので、使って次は良くなると思います」



★【クイーンS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】クイーンS 杉本清さんなどの見解を紹介!ヒキが強いのはダレ!?2019年7月28日() 10:10

※当欄ではクイーンSについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。




【杉本清】
◎⑬ミッキーチャーム

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑦シャンティローザ
○⑬ミッキーチャーム
▲③フロンテアクイーン
△④ダノングレース
△⑥スカーレットカラー
△⑫ウラヌスチャーム
△⑭カリビアンゴールド
馬連1頭軸流し・3連単1頭軸流しマルチ
⑦→③④⑥⑫⑬⑭

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎③フロンテアクイーン
○⑥スカーレットカラー
▲①サトノガーネット
△④ダノングレース
△⑫ウラヌスチャーム
△⑬ミッキーチャーム

【佐藤哲三(元JRA騎手)】
◎④ダノングレース
○⑬ミッキーチャーム
▲⑫ウラヌスチャーム
☆①サトノガーネット
△③フロンテアクイーン
△⑤メイショウショウブ
△⑥スカーレットカラー
△⑪エイシンティンクル

【安田和博(デンジャラス)】
◎③フロンテアクイーン

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑤メイショウショウブ

【守永真彩】
◎③フロンテアクイーン
3連複1頭軸流し
③-①②④⑬⑭

【目黒貴子】
◎⑪エイシンティンクル



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【U指数的考察】クイーンS U指数上位馬を信頼!斤量55キロ以下の高指数馬が狙い目!2019年7月28日() 10:00

クイーンSの近年の傾向をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2013年以降の結果をもとに検証



<ポイント①>
直近6年で2着連対した12頭のうち9頭が指数5位以内。指数上位馬の信頼度が高いレースといえよう。

指数5位以内

フロンテアクイーン
スカーレットカラー
エイシンティンクル
ウラヌスチャーム
ミッキーチャーム

<ポイント②>
指数1~3位が揃って複勝圏を逃した年はゼロ。なかでも斤量55キロ以下の馬に絞ると、【3.2.3.7】という上々の成績を残している。

指数1~3位かつ斤量55キロ以下

フロンテアクイーン
スカーレットカラー
エイシンティンクル

<ポイント③>
馬券に絡んだ馬の最低指数は92.1。年ごとの出走メンバーのレベルが乱高下しており、一概に決めつけられない面もあるが、指数92.1を下回る馬は、評価を一枚割り引いたほうがいいかもしれない。

指数92.0以下

リリックドラマ
ダノングレース
メイショウショウブ
リンディーホップ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【斬って捨てる!】クイーンS 前走2勝クラス出走馬の好走ゼロ!前走4角2番手以内の馬も苦戦傾向!2019年7月28日() 09:20

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、過去のクイーンSの結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
前走G1出走かつ今回の斤量56キロ以上の馬は連対ゼロ(2008年以降)

フロンテアクイーン
ミッキーチャーム

前走で2勝クラス(旧1000万下)に出走していた馬の好走例は皆無(2008年以降)

リリックドラマ
リンディーホップ

前走G1組を除くと、4歳馬の連対はみられない(2008年以降)

サトノガーネット
ダノングレース
スカーレットカラー
フィニフティ
リンディーホップ
ウラヌスチャーム

前走で芝の非重賞戦に出走、かつ二桁着順だった馬の連対例はゼロ(2008年以降)

フィニフティ
ウインファビラス

【脚質】
前走が重賞勝利またはG1に出走していた馬を除くと、前走の4角通過順が2番手以内だった馬の好走例は皆無(2008年以降)

リリックドラマ
ダノングレース
リンディーホップ
エイシンティンクル

【枠順】
馬番枠7番の好走例はゼロ(2008年以降の札幌開催)

シャンティローザ


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
メイショウショウブ
カリビアンゴールド



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

フロンテアクイーンの関連コラム

閲覧 1,164ビュー コメント 0 ナイス 2

先週は東西で重賞が2レース。

中京記念は3頭出走した3歳馬のワンツー決着。勝ったグルーヴィットロードカナロア産駒らしい絶妙な立ち回りで直線抜け出し接戦を制した。まだG1クラスになると足りない気もするが、センスの良さは今後も大きな武器になりそうだ。

一方、人気で敗れたプリモシーンはラストで伸びを欠いたが、人気を背負った分早めに動いた不利もあったように見えた。地力の一端は示した一戦で、文字通り負けて強しということで良さそうだ。当初本命予定だったクリノガウディーは結局3番手にしてしまったが、意外なことに今回が重賞初騎乗だった森裕太朗騎手の冷静な手綱も光った。もともと知名度以上に腕の立つジョッキーだ。

函館2歳Sは、新種牡馬キズナ産駒のビアンフェが最内枠を生かしての逃げ切りで完勝。もっともこちらはやや例年よりも低調なメンバー構成で、馬場や枠順の恩恵を最大限に生かした勝利だった。

キズナ産駒は早くも重賞初制覇となったが、総じて産駒はセンスとスピードがあり、逆に言えば今後の伸びしろが課題になってくる。ディープインパクトキズナに続く父仔3代ダービー制覇の期待が懸かる種牡馬だが、どちらかといえばマイル以下でスピードを生かすタイプが増えそうだ。初勝利、2勝目までは比較的早くても、クラシックの足音を聞く頃には距離の壁に当たるかもしれない。


~好騎乗連発!注目のルーキーとは?

さて、いよいよ夏競馬も後半戦に入るが、新種牡馬の動向とともに気になるのが、今年デビューした新人ジョッキーたちである。今年は前評判も非常に高かったが、実際に乗れる騎手が多い印象だ。

その筆頭格は、既に20勝を挙げている斎藤新騎手だろう。デビュー週にポンポンと2勝を挙げると、以後も順調に勝ち星を重ね、乗り馬の質も日を追うごとに上がっている。最近は人気馬に乗ることも多く、ルーキー騎手ながら穴で狙うよりも人気で買う機会の方が増えてくるかもしれない。いずれにしても、乗れる新人騎手というのは間違いなさそうだ。

ただ、個人的に気になるルーキー騎手は別にいる。その騎手こそ、函館開催では6勝を挙げる活躍を見せ、目下売り出し中の団野大成騎手だ。

団野騎手の騎乗にはこれまでも何度か唸らされている。初勝利を挙げたタガノジーニアスでは好位の馬群に収まり、直線は外から差し切り勝ち。新人らしからぬ、落ち着いた騎乗だった。函館で穴をあけたファンシャンでは、好スタートから上手く位置を取り直線はインの馬群を捌いて10番人気ながら3着と好走した。

そして先週の競馬では、まず土曜5Rの芝2000m戦でモイに騎乗し最後方から脚を伸ばし6番人気ながら2着と好走、返す刀で土曜6Rの芝1200mでは、ホッコーメヴィウスの末脚を生かし外から差し切った。そして極めつけが日曜8Rの芝1800m。ややズブさのあるレッドサイオンに騎乗すると、道中は馬群でじっくり脚を溜め、4角からスパート。ロスなく最終コーナーを回りつつ加速をつけると、直線では粘るルメール騎乗、単勝1.8倍のフォルコメンを差し切ってみせた。ゴール後には思わずガッツポーズが飛び出すほどで、本人にとっても会心の騎乗だったのではないか。

団野騎手の新人らしからぬところは、差し馬での好走の多さだ。普通、新人騎手や若手騎手といえば減量を生かして主に短距離での逃げ先行に活路を見出す。だが、団野騎手の場合はむしろ脚を溜めて差して来るパターンが多い。その証拠に1200m以下での勝ち鞍が少なく、これまで8勝中僅か1勝のみ。これは他のルーキー騎手と比較しても極端に少ない。

斎藤新騎手→20勝中6勝が1200m以下
岩田望来騎手→11勝中6勝が1200m以下
団野大成騎手→8勝中1勝が1200m以下

以上を見ても明らかだろう。

レースぶりを見ていても脚を溜めるのが上手く、バランスが非常に良いように見える。だから馬の伸びが良く、持っている脚を上手く引き出している印象だ。これから開催は札幌へと移るが、今の調子ならば札幌のダート1700mや芝の1800m・2000m・2600mあたりで狙ってみても面白そうだ。幸い斎藤新騎手や岩田望来騎手ほど人気馬に乗る機会も少ないだけに、馬券的な妙味もありそうだ。何より、団野騎手自身も「中距離が得意」と口にしている。飛躍の夏に期待すると同時に当コラム読者の皆様は、いち早く団野騎手で儲けてほしい。


クイーンステークスはスタミナよりもスピードが生きるレース

さて、今週の重賞は2つ。アイビスサマーダッシュは例年外枠有利のレースで、今年もまずは枠順が重要になるだろう。当然外枠が売れるのだが、それでもなお外枠が儲かる状況。単純な予想だと言われようと、誰に何を思われようとも遠慮なく外枠を、単純思考で狙う方が正解に近づく。

開幕週の札幌ではクイーンSが行われる。こちらは開幕週ということでスピードが重要になる一戦。マーメイドS他、2000m以上の重賞での実績はあまりアテにならず、むしろ1800mでの先行好走歴、そしてマイル以下での実績に注目したい。

上位人気想定の中では、中距離を2連勝のサトノガーネット、中長距離での実績が目立ち1800mだと後方からの競馬になるウラヌスチャームより、マイル重賞勝ちの実績があるミッキーチャームや、小回りでの対応力が高いフロンテアクイーンの方が良いということになる。その中でも、安定感抜群で馬群も捌けるフロンテアクイーンは今回も有力とみる。前走は外枠で流れに乗れず、得意条件に戻れば堅実に駆けてくれるのではないだろうか?

いずれにしても、今週は3場とも開幕週。じっくり馬場を見てから週末の勝負に臨みたい。


※重賞の最終結論は、ブログ『TAROの競馬』にて一部無料公開しますので、是非当日のブログをご覧ください。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。2018年12月14日には最新刊『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)をリリース。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年7月24日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2019年07月24日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(160)
閲覧 1,557ビュー コメント 0 ナイス 3



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、クイーンステークスアイビスサマーダッシュの2レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2019年07月28日(日) 札幌11R 北海道新聞杯 クイーンステークス
【“JRA、かつG1のレース”において9着以内となった経験の有無別成績(2013年以降)】
●あり [6-5-5-28](複勝率36.4%)
●なし [0-1-1-23](複勝率8.0%)
→ビッグレースで善戦したことのある馬を重視したい一戦。特別登録を行った馬のうち“JRA、かつG1のレース”において9着以内となった経験があるのは、ウインファビラススカーレットカラーフロンテアクイーンミッキーチャームメイショウショウブの5頭だけです。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

2019年5月16日(木) 17:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(5/11~5/12)好調サラマッポプロが回収率トップ&3週連続プラスをマーク!!
閲覧 858ビュー コメント 0 ナイス 8



先週は、12(日)に東京競馬場でG1ヴィクトリアマイルが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1ヴィクトリアマイルは、1番人気に単勝4.3倍でラッキーライラック、2番人気アエロリット(単勝5.8倍)、3番人気レッドオルガ(同6.1倍)、4番人気プリモシーン(同6.4倍)、5番人気ノームコア(同9.4倍)、6番人気ミッキーチャーム(同9.7倍)と、6頭が単勝4~10倍内にひしめく大混戦様相。
スタートは速くなく押して出していった2番人気アエロリットが、内の4頭ほどを交わしてハナへ。軽快に飛ばしていくアエロリットに、アマルフィコーストミッキーチャームと続き、クロコスミアソウルスターリングラッキーライラックレッドオルガカンタービレノームコアフロンテアクイーンプリモシーンメイショウオワラデンコウアンジュサウンドキアラミエノサクシードレッツゴードンキサトノワルキューレと続き、最後方にポツンとワントゥワンの態勢で全18頭が3コーナーへ。
高速馬場とはいえ、それを差し引いても軽快なペースで後続に3馬身ほどの差をつけるアエロリットは、ここからほとんど緩めないまま直線を迎えるペースで運び、タイトな流れを演出。
2、3番手のミッキーチャームアマルフィコーストが追撃を開始しますが、前を行くアエロリットよりも先に苦しくなる展開。代わって、馬場の3分どころからラッキーライラックが鋭伸し、直後の外を通ってはノームコアも伸びて迫ります。残り1Fでさすがに先頭キープが苦しくなったアエロリットを、ラッキーライラックノームコアに、さらに大外からはプリモシーンも加わって一気に交わしていくと、内を盛り返してはクロコスミアも迫るゴール手前50m。決着時計は1分30秒台に突入するという、この超高速決着を、ラスト半馬身ほど抜け出して制したのは、D.レーン騎手騎乗のノームコアでした。上がり最速で迫った、クビ差2着プリモシーン以下を競り下し、G1初制覇を飾っています。また鞍上のD.レーン騎手にとっても、嬉しいJRA初G1タイトル奪取となっています。プリモシーンから、1/2馬身差の3着には11番人気クロコスミアが入っています。
公認プロ予想家では、覆面ドクター・英プロnigeプロスガダイプロシムーンプロ馬っしぐらプロら計6名が的中をマークしています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
11(土)は新潟11Rで▲◎○的中を披露。また、12(日)は東京2Rベルゲンハーバー京都4Rでの◎○△的中などで、大幅プラスを達成。週間トータルでは、回収率トップの180%をマーク!3週連続プラス収支を記録しています。また、最新の予想家ランキングでは、不動の首位スガダイプロから1位の座を奪い、こちらもトップに立っています。
 
☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
11(土)は京都6R10Rでの5レース連続的中など、好調予想を連発し大幅プラスを記録。12(日)には新潟6Rトラストシンゲン(単勝36.3倍)、新潟9Rモンアムール(単勝102.8倍)などの本命的中を披露し、連日のプラス収支を達成しました。週間トータル回収率135%、収支はトップの25万8,970円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
11(土)新潟10Rでの◎ファストアズエバー的中、12(日)京都11Rの◎ノボバカラ的中などで、先週もプラス収支をマーク。5週連続週末プラスを達成しています。
 
 
 
この他にも、奥野憲一プロ(158%)、金子京介プロ(126%)、ろいすプロ(120%)、ジョアプロ(115%)、くりーくプロ(111%)らが、週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2019年5月9日(木) 13:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019ヴィクトリアマイル
閲覧 1,804ビュー コメント 0 ナイス 11



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。

5月12日(日) 東京11R 第14回ヴィクトリアマイル(4歳以上G1・牝馬・芝1600m)

【登録頭数:19頭】(フルゲート:18頭)


<優先出走馬>

デンコウアンジュ(C)中2週
前走で久しぶりの重賞勝ち。パドックでは落ち着きもありドッシリとした感じで、かなり出来は良さそうだった。今回は中2週となり間隔も詰っているので軽めの調整だが、前走時の感じからは大きく調子を落とすということはなさそう。

ミッキーチャーム(B)中4週
休み明けの中山牝馬Sではパドックでウルサイ面を見せていたが、前走時は落ち着きもあり馬体重も増えていて良い状態だったのではないかと思う。今回は、休み明け3戦目で前走時にほぼ馬もできていたので、無理にビシビシやる必要はなさそう。関東への輸送もあるので、最終追い切りは馬なりでテンションを上げないような調整が理想的。


<以下、賞金上位馬>

レッツゴードンキ(B)中6週
この中間もいつも通り乗り込まれていて2週前、1週前と坂路で好時計。1週前にはいつものように岩田騎手が追い切りに騎乗して好時計を出していて、引き続き調子は良さそう。

クロコスミア(B)中4週
中山牝馬S、阪神牝馬Sと休み明けの2戦ともにパドックでは良く見せており、この中間も1週前に坂路で好時計が出ていて調子は良さそう。最終追い切りも馬なりで良い動きなら、十分力は出せそう。

ソウルスターリング(C)7ヶ月
休養明けでのレースとなり、2ヶ月ほど前から乗り込まれてきているが、1週前追い切りの動きを見ると馬が小さく見えて、物足りない動きに見えた。牧場である程度仕上げて来る時代だが、トップクラスの藤沢厩舎がどんな感じで仕上げてくるか、最終追い切りの動きには注目したい。

フロンテアクイーン(A)中8週
前走の中山牝馬Sの時にも◎にしたくらい、調教の動きが良かった馬。この中間もしっかりと乗り込まれていて、1週前には南Wを三浦皇成騎手騎乗で追い切られ、内めを回ったとはいえ手応え良く馬なりで先着。パドックでテンションが高くなる馬なので、馬なりで楽に先着できたことはプラスになりそう。

カンタービレ(A)中4週
休み明けの前走時は、追い切りでは併走馬を突き放して先着とかなり仕上がりは良かった。この中間も、1週前追い切りでは楽に先着していて、一度使われての上積みがありそう。

ワントゥワン(C)中4週
昨夏の良い頃に比べると、調教での時計が物足りない印象で、1週前追い切りでもビッシリ追われてわずかに先着と、この辺りにも動きが重い感じを残す。

ノームコア(A)中8週
ここ2戦と比べても坂路、南Wでの時計が出ていて1週前追い切りでは楽に併走相手を突き放し調子は良さそう。1週前に併せ馬で強く追っているので、直前はそんなに強くやらなくても良さそう。

レッドオルガ(C)中4週
いつもと同じで1週前にジョッキーが騎乗して併せ馬で強めに追われている。ただ、走りやすそうな馬場の割に重心が高く、併走相手の手応えと比べても物足りない動きに見えた。

ミエノサクシード(D)中4週
前走時は中間の坂路、CWで好時計が出ていたが、この中間は間の日曜坂路での時計が物足りず、前走ほどの出来ではなさそう。

キャナルストリート(B)3ヶ月
この中間はいつもの1週前追い切りと比べるとかなり良い時計が出ていて、休み明けにしては仕上がりは良さそう。ただこのレースは回避して、土曜の京王杯SCに出走予定。

メイショウオワラ(E)中2週
今回は間隔も詰っているので軽めの調整だが、良い時は坂路で好時計が出ており今回は物足りず。

サトノワルキューレ(C)中4週
休み明けを2回使われているが、その2回ともに1週前追い切りのコースが違っていて、今回も前回とは違いCWを併せ馬で調整。併走相手の手応えがかなり良かったので目立たないが、それでも休み明けを2度使われて前走時よりは良くなっている様子がうかがえる。

アマルフィコースト(D)中4週
この2戦人気薄で好走しているが、坂路でかなり良い時計が出ていたので調子自体が良かったと思う。今回は、1週前追い切りをCWに変えてきた点は気になる。


<以下、除外対象馬>

サウンドキアラ(D)中2週
1月から5戦使われてきていて、今回は中2週で1週前の速い時計は無し。これまでペースの緩いレースばかりが多く、一気の相手強化で厳しいレースになるとどうか。


※なお、ラッキーライラックアエロリットプリモシーンの3頭に関してはプロ予想最前線ニュースにてコメントしておりますのでそちらの公開をお待ち下さい(金曜夜公開予定)。


◇今回はヴィクトリアマイル編でした。
JRAのレースも、毎週予想をしていると運が味方してくれる時と、ソッポを向いてしまう時があるもの。特に運が味方してくれない時というのは、印象に残ることが多いものです。
先行している馬が粘って粘って最後差されることもあれば、凄い勢いで追い込んできたと思ったら差し届かず。2頭の首の上げ下げになればハナ差競り負けと、長く競馬をしているとこのようなことが続くなんてシーンにもしばしば遭遇します。個人的に、そんな時はどうしようもないと諦めるしかないと思っているのですが、ただ私の場合は地方競馬も予想するので、そちらに救いの手があったりもします( ^^) 
JRAの調子が悪いと平日の地方競馬が調子良かったり、またその逆パターンも。今は海外競馬の馬券も発売するようになっていますし、ウマニティでは香港競馬の予想もすることができます。同じ競馬であってもそれぞれ違う視点で予想するため、自分の中でモードを切り替えてそれぞれの予想をしているようなところがあって、引きずっているとモードが切り替わらないので気持ちの切り替えはかなり早い方だと思っています。
それでもどうしてもJRAがメインになってしまいますが、平日の1Rから地方競馬で配当は安くても予想した馬が予想通り走ってくれれば嬉しいものですし、ナイター競馬の最終Rで高配当が当たれば何か得した気分にもなります。先日の香港クイーンエリザベス2世カップでも、その日のJRAの予想が振るわなかったなかでの最後の最後に予想通りの的中と、しっかり予想していればどこかの女神が微笑んでくれるものだなぁと痛感してしまいました。
負けている時こそ勉強できる時だと思っているので、その時に何をしたかが何日後であったり何週間後の的中を呼び込む力になるのだと思います。

それでは次回、オークス編でお会いしましょう。


ヴィクトリアマイル出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2019年5月9日(木) 10:00 覆面ドクター・英
ヴィクトリアマイル2019
閲覧 2,066ビュー コメント 0 ナイス 12



GWは、10連出勤も早めに帰れるので、遠出は出来ませんでしたが(したくない・・・^^;)、競馬もやれたし、子供たちとも外で遊べて、いい時間が過ごせました。NHKマイルCは、グランアレグリアの前が開かずに外に外に行った挙句に、直線でよれて接触もあり、正直ルメール騎手らしからぬ残念騎乗でした。多少ハイペースでも、内から早めスパートの形が外から差すより良かったと思いますが......。割と人気薄に本命を打っての2着続きから、人気馬に本命打って凡走ときていますので、今週末は巻き返したいところです。日本での馬券発売もあったケンタッキーダービーは、本命を打った1番人気馬が降着になりましたが、どっちみちヒモ抜けだったので、運を使い果たさず逆にラッキーくらいに割り切っています(笑)

ヴィクトリアマイルも14回目になるというのに、やはりいまいちG1としてピンときていないのは、安田記念と違って、道中スロー気味だったりして前が残って荒れたりもあり、難しく、大儲けした思い出が無いからかもしれませんね。そろそろ大当たりしないと。

それでは恒例の全頭診断へ。


<全頭診断>
1番人気想定 ラッキーライラック中山記念では古馬の牡馬と一緒に2着と好走したこともあり、前哨戦の阪神牝馬Sで1番人気の支持を集めたが結果は8着と裏切った。アーモンドアイが居なければ5連勝で桜花賞馬となっていたであろう馬だが、瞬発力はイマイチで直線の長いコースは正直あまり向かなそう。人気考えると消して妙味か。今後活躍の場はローカル牝馬中距離重賞では(馬格があって、母方はダート血統でもあり、ダートの鬼の可能性もあるが)。

2番人気想定 アエロリット:東京1600~1800mが最も得意な条件で、海外帰りの疲れも無さそう。今年もそれなりにやれて良い。横山典騎手に戻るのも良さそう。ただ瞬発力は無く、スローからの瞬発力勝負になると分が悪い。自らが鍵を握る道中の流れひとつか。

3番人気想定 ミッキーチャーム:昨秋は逃げて秋華賞2着、そして前哨戦の阪神牝馬Sは先行からの勝利と、逃げても、逃げなくても勝負強いタイプだが、輸送が苦手で中山牝馬Sでは入れ込んで惨敗した。関東圏のこのレースも消して妙味か(先週、同じ理由で軽視のカテドラルは、苦手な輸送を克服してしまったが)。

4番人気想定 レッドオルガ:2月の東京新聞杯で今回と同条件の東京マイルで2着し、母エリモピクシーの仔は皆この条件得意と良いのだが、今回それなりに人気もしそうで妙味はあまり無いか。

5番人気想定 プリモシーン:中山マイルのダービー卿CTでは2着だったが、昨夏の関屋記念を鋭く差し切っており、左回りで直線長いマイル戦ならここでも頭まである楽しみな一頭。

6番人気想定 ソウルスターリング:6戦5勝でオークスを制したあたりまでがピークで、秋に毎日王冠で暴走逃げで沈没して以降、気持ちが切れたのか能力を出せなくなった。もう繁殖で期待でいいのでは。

7番人気想定 ノームコア:前がドン詰まりで1番人気7着だった中山牝馬Sからの参戦だが、人気落とすここは逆に狙い目かも。昨秋のエリザベス女王杯で2番人気だったように実力はある馬。

8番人気想定 デンコウアンジュ:福島牝馬Sを制して6歳でも元気。同じメイショウサムソン産駒フロンテアクイーンとともに、春の直線の短い福島と中山の牝馬重賞Vと活躍。ただ両頭ともに、直線の長い東京でもそれなりにやれるタイプで、ヒモにはありなタイプ。

9番人気想定 カンタービレ:昨秋の秋華賞で3着の後はエリザベス女王杯6着、前哨戦ともいえる阪神牝馬S6着と結果が出ていない。成長力がいまひとつなのかもしれないが、着順ほど内容は悪くなく、それなりにやれても良い。

10番人気以下想定
レッツゴードンキヴィクトリアマイルに4度目の出場となるこの馬だが、10着、11着、6着と結果は出ていない。力は落ちていないがもっとスプリント路線に絞って使った方がいいのでは。

フロンテアクイーン:一昨年の年末から牝馬重賞でずっと活躍してきている馬で、中山牝馬S勝ちでの臨戦となる。昨秋の府中牝馬Sで3着と、東京マイルも平気で、ヒモにはありか。

アマルフィコースト:準オープンで2~3着4回の後に、牝馬重賞でも3着、2着と人気薄で頑張り、しかも前走の2着は実績の乏しかったマイルの阪神牝馬Sでのもので更に前進をみせている。こちらも、ヒモにはありなタイプでは。

クロコスミア:一昨年秋の府中牝馬Sで、今回と同条件の東京マイル勝ちの後は勝ち星は無いが、そう力は落ちておらず、ヒモにはありでは。

サトノワルキューレ:昨年のこの時期はフローラSを豪快な末脚で差し切って、オークスでも3番人気に推されたが、3月の金鯱賞も阪神牝馬Sも惨敗。成長力がいまひとつなのか、体調がすぐれないのか、狙いにくい。

サウンドキアラ:1000万下での5回の2着、3着の後にようやく勝ち上がってきたが、こういう惜敗タイプは強い相手にも食らいつける可能性もある。ただ、まだ一線級とは差があるのでは。

ミエノサクシード:6歳牝馬だが能力はあまり下がっていないようで、今年はマイルのG3とG2で人気薄で3着と頑張っている。頭は無くてもヒモにはありなタイプか。

ワントゥワン:昨秋は3戦連続G3で2着と活躍したが、力がさすがに落ちてきたのか前走はビリ。そろそろ繁殖入りの時期なのでは。

キャナルストリート:牝馬重賞で活躍したブロードストリートの半妹。1400m実績ばかりで、非根幹距離向きのマンハッタンカフェ産駒だけに、東京マイルで激走というのはいまひとつピンと来ない。

メイショウオワラ:11頭立ての10番人気で準オープンを勝ち上がったが、オープンでは2戦ともに通用せず掲示板外。それまでも人気薄での勝ち星が多いのだが、さすがにここでの大金星は無いのでは。


<まとめ>
有力:プリモシーンアエロリット

人気で危険:ラッキーライラックミッキーチャームレッドオルガソウルスターリング

ヒモ穴に:ノームコアデンコウアンジュカンタービレフロンテアクイーンアマルフィコーストクロコスミアミエノサクシード

[もっと見る]

2019年5月5日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2019年05月05日号】特選重賞データ分析編(149)~2019年ヴィクトリアマイル~
閲覧 2,651ビュー コメント 0 ナイス 6



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 ヴィクトリアマイル 2019年05月12日(日) 東京芝1600m


<ピックアップデータ>

【血統別成績(2014年以降)】
○父がサンデーサイレンス系種牡馬 [5-3-5-49](複勝率21.0%)
×父がサンデーサイレンス系以外の種牡馬 [0-2-0-25](複勝率7.4%)

 近年はサンデーサイレンス系種牡馬の産駒が優勢。父にサンデーサイレンス系以外の種牡馬を持つ馬は過信禁物と見るべきでしょう。ただし、父にダイワメジャーを持つ馬は2014年以降[0-0-0-6](複勝率0.0%)、父にマンハッタンカフェを持つ馬は2014年以降[0-0-0-7](複勝率0.0%)。サンデーサイレンス系種牡馬ではありますが、こちらの該当馬もあまり強調できません。

主な「○」該当馬→サトノワルキューレミッキーチャームレッドオルガ
主な「×」該当馬→ソウルスターリングノームコアフロンテアクイーン


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“同年、かつJRA、かつ1600m、かつ重賞のレース”において5着以内となった経験がある」馬は2014年以降[2-3-2-11](複勝率38.9%)
主な該当馬→ミッキーチャームレッドオルガ

[もっと見る]

⇒もっと見る

フロンテアクイーンの口コミ


口コミ一覧

クイーンS備忘録

 fedo_love 2019年7月28日() 20:54

閲覧 55ビュー コメント 0 ナイス 9

【予想】
◎13ミッキーチャーム/川田
〇1サトノガーネット/ルメール
▲3フロンテアクイーン/三浦
▼12ウラヌスチャーム/藤岡佑
△5メイショウショウブ/池添
 6スカーレットカラー/岩田康
→馬連ボックスから取捨し12組

【結果】
①ミッキーチャーム
②スカーレットカラー
③カリビアンゴールド/柴山
④ウラヌスチャーム
⑥サトノガーネット
⑦フロンテアクイーン
⑧メイショウショウブ

【的中】
馬連6-13💮 300×12.2

【振返り】
外出の合間にスマホで情報収集し25分前に投票。用事終わって結果を見てホッとしたんですが、オッズが3.3下がってて、ペットボトル1本のプラスにとどまりました。。。(~_~)上位3頭の相手としてスカーレットカラーが直前になって急激に見込まれたようです。中を割っての末脚は見事でした。
ミッキーチャーム、体重が+10kgでドキッとしましたが、昨年の北海道3連勝→秋華賞2着の頃に戻ったのですね、ここで潔く絞るべきでした。いい位置で折り合いついてコーナー回ったところで先頭に、最後は川田騎手ももったままで着差以上に強かったと思います。3歳で51kgを見込んだメイショウショウブも直線まで粘りましたが、それでも18は長いようです。サトノガーネットは後ろ過ぎ、フロンテアクイーンは逆に先行し過ぎ?ウラヌスチャームには好調藤岡佑騎手でチャーム・ワンツーを期待しましたが、+10kgの過去最重と55kgハンデで外を回わらせて、それでも4着に、とみるべきか?

実は外出前まで、ミッキーチャーム軸の3連複をもくろんでました。上記の馬たちプラス、ダノングレースとカリビアンゴールドで。。。( ;∀;) 123.1倍、、、昨日の運はまだ残っていた。。。タラレバはナシですが、これもそんな自分の備忘録として。

 DEEB 2019年7月28日() 16:32
恥ずかしい馬予想2019.07.28[結果]
閲覧 58ビュー コメント 0 ナイス 2

新潟10R 月岡温泉特別 3歳以上2勝クラス(混合)(特指)
◎ 3 スイープセレリタス…1着
○ 4 ジョーアラビカ…4着
▲ 6 ブレイニーラン…6着
× 7 ☆サンクロワ…10着
[結果:ハズレ×]

新潟11R アイビスサマーダッシュ GⅢ 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 4 ビップライブリー …15着
○11 ライオンボス…1着
▲ 2 ☆ダイメイプリンセス…6着
△ 3 カッパツハッチ…2着
×10 レジーナフォルテ…5着
☆13 トウショウピスト…4着
[結果:ハズレ×]

小倉10R 不知火特別 3歳以上2勝クラス(混合)[指定]
◎13 エイシンデジタル…10着
○ 8 ラテュロス…1着
× 2 ☆ルックスマート…7着
[結果:ハズレ×]

小倉11R 佐世保ステークス 3歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎ 4 スターリーステージ…7着
○10 タイセイブレーク…8着
▲11 メイショウカリン…17着
△ 5 シャンデリアムーン…4着
× 3 エイシンデネブ…1着
☆12 エリーティアラ…15着
[結果:ハズレ×]

札幌 9R 3歳以上1勝クラス(混合)[指定]
◎ 9 リフトトゥヘヴン…1着
○ 3 インナーハート…7着
▲ 8 ディープスピリッツ…12着
× 5 ☆カリブメーカー …9着
[結果:ハズレ×]

札幌11R 北海道新聞杯クイーンステークス GⅢ 3歳以上オープン(国際)牝(特指)
◎ 1 サトノガーネット…6着
○ 3 フロンテアクイーン…7着
▲13 ミッキーチャーム…1着
△ 7 シャンティローザ…9着
× 6 ☆スカーレットカラー …2着
[結果:アタリ△ 複勝 6 260円]

今日は、朝のうちだけチョコッと淀に行ってみようと思ってます。
当たるかな。

[今日の結果:6戦0勝5敗1分]
当たりまへんでした。

[もっと見る]

 藤沢雄二 2019年7月28日() 14:31
7月28日のWIN5予想
閲覧 62ビュー コメント 0 ナイス 7

ようやく夏らしい日差しが出てきました。
暑気払いの費用を捻出すべく今週もWIN5に挑戦です。

【小倉10R 不知火特別】⑭アグネスリバティ ⑬エイシンデジタル ⑫インターセクション
【新潟10R 月岡温泉特別】③スイープセレリタス ②リリーバレロ
【札幌11R クイーンS】⑬ミッキーチャーム ③フロンテアクイーン
【小倉11R 佐世保S】⑤シャンデリアムーン ⑯メイショウカズヒメ ⑭ダイシンバルカン
【新潟11R アイビスサマーダッシュ】⑪ライオンボス
3×2×2×3×1=36

不知火特別は過去5年で馬連万馬券が3回も出ている波乱含みのレース。
基本的にはセオリーの逆をいけばいいことになるのだが、自己条件に戻るアグネスリバティが3番人気ならこれがファーストチョイス。次いで昨日から松山が当たっているのでエイシンデジタル、そして同じ舞台で2勝目を挙げたインターセクションを。

月岡温泉特別は逆に堅いらしい。昨日のレースを見ていると新潟も前が止まらなそうだが、スローの決め手勝負になりそうなら素直に人気サイドのスイープセレリタスとリリーバレロを。

クイーンSはメンバーを見渡すと重賞勝ちがあるのが2頭だけ。だったら深く考えずにそのミッキーチャームとフロンテアクイーンを選択。

佐世保Sも波乱傾向で、とにかく前に行ける馬を選びたい。普通に考えるとシャンデリアムーンなのだが、例年の傾向と昨日のレースを見ると外枠の先行勢は押さえておきたいのでメイショウカズヒメとダイシンバルカン押さえておく。

アイビスサマーダッシュはどうやらライオンボスで堅いみたい。前で手広くいっているので、ここは代打の田辺に全権委任。

今日はそれなりに理由を書けたので当たってくれないかな。

[もっと見る]

⇒もっと見る

フロンテアクイーンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

フロンテアクイーンの写真

フロンテアクイーンの厩舎情報 VIP

2019年7月28日クイーンステークス G37着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

フロンテアクイーンの取材メモ VIP

2019年7月28日 クイーンステークス G3 7着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。