エポカドーロ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
エポカドーロ
エポカドーロ
エポカドーロ
エポカドーロ
エポカドーロ
写真一覧
現役 牡3 黒鹿毛 2015年2月15日生
調教師藤原英昭(栗東)
馬主株式会社 ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン
生産者田上 徹
生産地新ひだか町
戦績 6戦[3-2-1-0]
総賞金26,206万円
収得賞金11,500万円
英字表記Epoca d'Oro
血統 オルフェーヴル
血統 ][ 産駒 ]
ステイゴールド
オリエンタルアート
ダイワパッション
血統 ][ 産駒 ]
フォーティナイナー
サンルージュ
兄弟 ダイワインスパイアダイワフェーム
前走 2018/05/27 東京優駿 G1
次走 2018/09/23 神戸新聞杯 G2

エポカドーロの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/09/23 阪神 11 神戸新聞杯 G2 芝2400 -- 1078------** 牡3 56.0 戸崎圭太藤原英昭-- --------
18/05/27 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 1861210.542** 牡3 57.0 戸崎圭太藤原英昭490(-2)2.23.7 0.134.7ワグネリアン
18/04/15 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 164714.571** 牡3 57.0 戸崎圭太藤原英昭492(0)2.00.8 -0.335.1④④④④サンリヴァル
18/03/18 中山 11 スプリングS G2 芝1800 13455.332** 牡3 56.0 戸崎圭太藤原英昭492(-4)1.48.1 0.034.7ステルヴィオ
18/02/10 小倉 9 あすなろ賞 500万下 芝2000 12112.511** 牡3 56.0 戸崎圭太藤原英昭496(-2)2.00.8 -0.635.2スーパーフェザー
18/01/21 京都 5 3歳未勝利 芝1600 16485.641** 牡3 56.0 福永祐一藤原英昭498(+14)1.36.1 -0.435.8ラノカウ
17/10/09 京都 5 2歳新馬 芝1800 106617.243** 牡2 55.0 北村友一藤原英昭484(--)1.50.9 0.534.2タングルウッド

エポカドーロの関連ニュース

 9月23日に阪神競馬場で行われる「第66回神戸新聞杯」(GII、阪神11R、3歳オープン、馬齢、芝2400メートル、1着賞金5400万円)の枠順が21日に確定した。



 負傷の主戦・福永騎手から藤岡康騎手に乗り替わる今年のダービー馬ワグネリアン(牡、栗東・友道康夫厩舎)は3枠3番、ダービーでワグネリアンの2着に入った皐月賞馬のエポカドーロ(牡、栗東・藤原英昭厩舎)は7枠8番、ダービーで僅差の4着に入ったエタリオウ(牡、栗東・友道康夫厩舎)は2枠2番、今春の京都新聞杯を勝っているステイフーリッシュ(牡、栗東・矢作芳人厩舎)は4枠4番、青葉賞の勝ち馬ゴーフォザサミット(牡、美浦・藤沢和雄厩舎)は1枠1番、GIホープフルS優勝のタイムフライヤー(牡、栗東・松田国英厩舎)は5枠5番に決まった。

 神戸新聞杯は23日、阪神競馬場(11R)で、午後3時35分にスタートが切られる。



神戸新聞杯の枠順はこちら 調教タイムも掲載

【神戸新聞杯】テッコン、3連勝で菊主役に名乗り! 2018年9月21日(金) 05:07

 菊花賞トライアル神戸新聞杯(23日、阪神、GII、芝2400メートル)の追い切りが20日、東西トレセンで行われた。栗東では、ラジオNIKKEI賞に続く重賞連勝を狙うメイショウテッコンがCWコースで4ハロン52秒7をマーク。菊花賞での父子制覇に向けて上々の仕上がりをアピールした。

 秋の大舞台へ、ここでしっかり爪痕を残す。ラジオNIKKEI賞の勝ち馬メイショウテッコンが、GI馬3頭の牙城を崩すべく活気あふれる最終調整。手綱を取った中塚助手が満足げにうなずいた。

 「動きは良かったですね。火、水曜と調整程度に乗って、落ち着いていました。しまいまで、しっかりと走れていた。目立った時計は少ないですが、中身のある調整をしてきています」

 午前9時前、ハロー掛けが終わった直後のCWコースに姿を見せた。ギルマ(2歳未勝利)を前に置き、後ろにはスノードリーム(1000万下)。早めに外のギルマを捕まえると、直線では内のスノードリームとの併せ馬を制し、外に5馬身差、内に1馬身半差の先着を果たした。一杯に追われて、タイムは4ハロン52秒7-12秒6。テンションが上がりやすい点が課題だったが、終始落ち着いた走りだった。

 高橋忠調教師が「もともと(体質が)弱い馬で、能力はあったが無理はできなかった」と話すように、秘める能力に肉体がついてこなかった。しかし、5月の白百合Sを快勝すると、続く前走で重賞タイトルを獲得。「いろんな意味で(肉体面が能力に)ついてきたかな。まだまだですが、そう感じます」。完全な本格化とはいかないが、着実にステップアップを果たしている。

 もちろん、見据えているのは本番の菊花賞。ダービー馬ワグネリアン皐月賞エポカドーロとの対決も望むところだ。

 「スタミナはあるし、速い脚が使えるイメージ。京都の長いところ(菊花賞)でさらにもう一歩力を出せるよう、強い相手にどこまでの競馬ができるかですね」

 挑戦者の立場ながら、高橋忠師に臆するところはない。同じように春2冠不出走だった父マンハッタンカフェが初めてGIを制したのが菊花賞。晩成型の血筋を持つメイショウテッコンが、トライアルで高らかに名乗りを上げる。 (山口大輝)

神戸新聞杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【神戸新聞杯】厩舎の話2018年9月21日(金) 05:06

 ◆エタリオウ・友道師 「長距離に合う体つきになってきた。阪神外回りは合っていると思う」

 ◆エポカドーロ・藤原英師 「動きはよかった。心臓が大きいし、持っている能力があるから、距離も克服できる」

 ◆ステイフーリッシュ・藤田助手 「身体能力は高いし、気性面と体が成長している」

 ◆タイムフライヤー・和田騎手 「動いているし、やるごとに良くなっている。状態はよさそう」

 ◆ハーベストムーン・西谷助手 「併せ馬で気合を乗せて、具合はいい。初の芝でどこまで」

 ◆ビッグスモーキー・清水久師 「芝でも走っているし、ここで走れれば先々が楽しみ」

 ◆ワグネリアン・友道師 「すごくいい状態だし、普通に走れればいい結果は出る。あとは久々で当日の落ち着きだね」

神戸新聞杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【産経賞オールカマー&神戸新聞杯】東西調教ウオッチャー 2018年9月21日(金) 05:05

 片岡 社杯の産経賞オールカマーからいこか。

 山川 木曜追いではショウナンバッハの動きが良く見えました。Wコースで単走でしたが、荒れた馬場も気にせずラスト1ハロン12秒2(4ハロン52秒8)を馬なりでマーク。時計がかかっていた馬場を考えると数字的にも優秀です。7歳ですが、全く衰えは感じません。AJCC3着の実績もある舞台ですしね。

 片岡 水曜追いではゴールドアクター。格下馬を1秒ほど追走して、直線は内から併入したけど、ゴール後も気を抜かせないように1ハロンぐらいスピードを保ったまま流していた点に好感が持てるわ。絶好調時と比べるとまだ物足りないけど、どん底状態からは確実に上向いとる。あとは馬の気持ちが戻るかどうかやな。神戸新聞杯はどうや?

 長田 栗東からはタイムフライヤーを推奨します。サンスポ調教評価『S』となったように、坂路で2本目に4ハロン51秒6-12秒1の好タイムをマークしました。パワフルな脚取りが目立ちましたし、松田調教師も「いい時の状態に戻ってきたね」と期待していました。

 片岡 もう1頭頼むわ。

 長田 エポカドーロですね。芝コースの併せ馬で馬なりでしたが、直線で抜かされそうになると鋭く反応して差し返す動きを見せました。追うごとに良化しているし、態勢は整ったとみていいと思います。

産経賞オールカマーの出馬表はこちら 調教タイムも掲載★神戸新聞杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【神戸新聞杯】厩舎の話2018年9月20日(木) 10:51

 アドマイヤアルバ・須貝調教師「体重は変わらないが、実が入ってきた。2400メートルもいい」

 エタリオウ・友道調教師「長距離に対応した体つきになってきた。折り合い面にも問題はない」

 エポカドーロ・藤原英調教師「春の2冠で能力を秘めていることが分った。ひと夏を越し、プラスのイメージしかない」

 ステイフーリッシュ・藤田助手「テンションを上げないように単走で。背中もしっかりした」

 タイムフライヤー・松田調教師「いい状態。ホープフルSを勝ったころは調教で動いていた」

 ハーベストムーン・西谷助手「中間は併せ馬で気合を乗せた。初の芝、この相手でどこまで」

 ビッグスモーキー・清水久調教師「芝でも走れているし、ここで好走できれば先々が楽しみ」

 メイショウテッコン・高橋忠調教師「使っているので仕上げに手間取るところはなかった。距離は長いほうがいい」

 ワグネリアン・友道調教師「春は前のめりの走り方だったが、重心が後ろにかかり、乗りやすくなっている」

(夕刊フジ)

神戸新聞杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【神戸新聞杯】ワグ、新コンビ・藤岡康との態勢OK! 2018年9月20日(木) 05:05

 菊花賞トライアル神戸新聞杯の追い切りが19日、栗東トレセンで行われた。ダービー馬ワグネリアンは坂路を単走で小気味よく駆け上がり、臨戦態勢を整えた。落馬負傷した福永祐一騎手(41)=栗・フリー=に替わり、鞍上は藤岡康太騎手(29)=栗・フリー=に決まった。皐月賞エポカドーロは芝コースで素軽い動きを披露した。

 ダービー馬ワグネリアンが、いよいよ始動戦を迎える。急きょコンビを組むことになった藤岡康騎手を背に坂路での最終追い切り。普段から、調教で何度もまたがってきた鞍上が、改めて好感触を伝えた。

 「先週しっかりやっているので、今朝はしまいの反応を確かめる感じでやりました。馬なりで(ラスト1ハロン)11秒台ですからね」

 性能が違うとばかりに新パートナーが絶賛する。坂路では前半のゆったりとしたラップから、徐々にペースアップ。楽々と駆け上がり、最後まで馬なりにもかかわらず、余力十分に4ハロン53秒6-11秒9をマークした。

 「54秒ぐらいの指示だったので、予定通り。1週前にもしっかりやっているからね」と友道調教師も仕上がりの良さに自信を見せた。

 夏場は福島のノーザンファーム天栄で調整。じっくり疲れをとり、ひと回り大きくなって栗東に帰厩した。以前は神経質なところもあったが、調教でも実戦でもゆっくりと馬場入りができるようになり、精神面で大人に。トレーナーも「先週乗った(福永)祐一君も『パワーアップして、操縦性がよくなっている』と言ってくれたからね」と成長ぶりに自信を見せた。

 主戦の福永騎手が先週の阪神競馬で落馬負傷(頭蓋骨骨折など)し、今回乗れないアクシデントも、「すごくいい状態だし、普通に走れればいい結果は出る。あとは、久々で当日の落ち着きだね」と友道調教師は期待を寄せる。

 陣営の思惑通りに成長を遂げたワグネリアン皐月賞馬などライバルがそろったが、ダービー馬が最高の形で、秋の始動戦に臨む。 (長田良三)

★友道師期待「調教は祐一君より乗っている」

 神戸新聞杯に出走予定のワグネリアンの鞍上が、藤岡康太騎手に決まった。友道調教師が19日、発表した。

 「火曜の朝時点では、(福永)祐一君は乗れる見込みだったんですが、(火曜)昼からの検査でドクターストップがかかったと電話がありました」と経緯を説明。藤岡康太騎手については「調教は祐一君より乗っているし、馬も乗り難しいタイプじゃないので」と話した。また、藤岡康太騎手が騎乗予定だったビッグスモーキーの鞍上は、浜中俊騎手に決まった。

神戸新聞杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

エポカドーロの関連コラム

閲覧 676ビュー コメント 0 ナイス 11



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。



9月23日(日) 第66回 神戸新聞杯(G2、3歳 芝・外2400m Bコース)

(登録馬:11頭)

アドマイヤアルバ(C)
先週のセントライト記念は登録だけで予定通りこちらへ。休み明けで乗り込み量は豊富だが、先週の1週前追い切りの動きを見ると外の馬に手応えでは見劣り、押して押してやっと先着といかにも休み明けで動きが重い感じ。

エタリオウ(C)
変則日程や間隔が詰まっていなければ、3本~4本は追い切られて出走してきている馬でこの中間も本数は多く乗られている。乗り込み量は十分な一方で、ダービー1週前の動きと比べると先週の追い切りの動きは反応が鈍い印象を受けた。

エポカドーロ(B)
この中間は長めから4本時計を出していて、1週前追い切りでは戸崎騎手が跨り直線強めに追われた。スッと先着している様子からも仕上がりは良さそう。直前に強く追いすぎると当日のパドックでテンションが高くなることが懸念されるタイプ。最終追い切りは馬なりで良い動きを見せるようなら、好走が期待できるだろう。

ゴーフォザサミット(D)
休み明けの札幌記念を使われての叩き2戦目になるが、1週前追い切りの動きを見ても変わってきた感じがない。今回は長距離輸送も控えていて、1週前でこの動きでは不安が残る。

ステイフーリッシュ(A)
この厩舎らしく休み明けでもそれほど乗り込まれていないが、1週前追い切りでは手応えも終いの伸び脚も抜群に良く見えた。馬体重の増減が大きい馬なので、この状態なら最終追い切りは馬なりでテンションを上げないような追い切りが理想的。

タイムフライヤー(C)
若葉Sの時よりは長めから好時計が出ており数字的には良さそうな感じ。ただ1週前追い切りの動きを見ると力強さがなく、走り全体が小さく見える点は気になる。

ダブルシャープ(C)
休み明けで+14㎏での出走となった前走は、パドックでは太め感もなく成長分と合わせれば馬体が戻ったというところか。レースでは直線で伸びきれなかったが、その辺りは休み明けの分だと思われる。使われて良くなったと言いたいところだが、この中間の1週前追い切りの時計は物足りない。むしろレースを使っての反動が出ている可能性もあるので、最終追い切りの動きには注意したい一頭。

ハーベストムーン(E)
ダートではオープン特別勝ちがあるが、休み明けで初めての芝レース参戦で一線級相手。さすがに厳しいだろう。ましてやこの中間の調教内容を見ても、良い時の坂路での速い時計が出ておらず状態面での不安もある。

ビッグスモーキー(B)
芝では2戦していて、勝ち鞍こそないもののすみれS3着の実績もあり慣れれば走ってくるのかもしれない。この中間も前走時から引き続き好時計が出ていて、調子は良さそう。

メイショウテッコン(A)
オープン、G3と連勝中。この中間も坂路とCWで好時計が出ていて状態は良好。好走時は調教で時計が出る馬で、今回は単騎で行けそうなメンバーと好材料も多い。跳びが大きいことからも外回りのこのコースも向きそうだ。

ワグネリアン(B)
ダービー以来のレースで、この中間もいつもと同じ3週前に坂路、2週前と1週前にCWでという過程。少し違う点は2週前のCWでの追い切りが併せ馬ではないことくらいで、1週前の動きを見ても前半の押さえも効いて直線スッと伸びていて仕上りは良さそう。あとは福永騎手が乗れないのでその影響がどうか。


◇今回は神戸新聞杯編でした。
静岡県には『エクセル浜松』があるものの競馬場もなく、特に私の住んでいる田舎では普通に生活していると競馬に関わっている人に会うことはほとんどありません。ところが、この地域にもひょんなことから競馬に関わる人が近くにやってくることになろうとは、巡り合わせというのは不思議なものです。
私の住む町には大井川鐡道という、毎日SLが走っている鉄道があります(大井川鐵道の鉄道事業収入は、沿線人口の減少などを背景に、その9割をSL列車への乗車を目的とする観光客から得る構造となっていた。2011年度(平成23年度)からは2期連続で最終赤字を計上。存続が危ぶまれる事態となった)。当時、苦境に立たされた大井川鐵道を救おうと様々な再建計画が検討されていく中で、最終的に大井川鐡道の90%の株式を所有する形で再建に手を上げてくれたのが、エクリプス日高という北海道の会社でした。エクリプス日高と聞いて競馬センサーが反応しない訳がなく、調べてみるとエクリプス日高のオーナーさんは競走馬を所有している馬主さんでした。夢のある競馬の世界で馬を持っている人だからこそ、潰れそうな鉄道会社の再建に手を上げてくれたのではないかと感じましたし、SLを救ってくれたのが競馬の世界の人ということで私としては当時とても嬉しく思ったものです。その大井川鐡道も、2017年にはエクリプス日高の完全子会社となり、現在は2014年から期間限定で運行している『きかんしゃトーマス号』の人気も手伝って週末には関東圏、関西圏ナンバーの自動車を見かけることも多くなるほど、遠くからたくさんの方々が訪れるようになって活気が戻ってきています。
新東名の開通、静岡空港の開港と交通の便も良くなり訪れやすくなっているので、自然の中で温泉に浸かってのんびり過ごしたい方、茶畑の中を走る『きかんしゃトーマス』を見てみたい方など、子供から大人まで楽しめますのでご興味のある方はぜひいらしてみてください。


(撮影:くりーく)

競馬界も、今週の神戸新聞杯では皐月賞馬とダービー馬の対決、来週からはG1レース、さらに来月に入れば凱旋門賞と、夢のある舞台が続いていきます。台風、地震とそれどころではない方も多いと思いますが、競馬に限らず野球、サッカー、テニスなど夢のある舞台で頑張っている人たちのパフォーマンスが勇気となり、希望の星となることを期待したいと思っています。

それでは次回、毎日王冠京都大賞典編(予定)でお会いしましょう。

神戸新聞杯出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年6月16日() 12:00 ウマニティ編集長
【予想コロシアム】ダービー3連単&3連複的中の予想家が第142回大会を制圧!
閲覧 640ビュー コメント 0 ナイス 5

まずはお知らせです。日曜日の11時50分ごろより、東京競馬場のゴール前特設ステージにて、ウマニティ主催のユニコーンステークス予想検討会が開催されます。午前中から現地にお越しの方は、ぜひイベント会場まで足をお運びください。また、フジビュースタンドのゲストルームでは、ウマニティ公式オフ会も行われます。参加を予定されている皆さん、会場でお会いしましょう。そして、楽しい時間を共有しましょう。

それでは、ウマニティ予想コロシアムのほうに目を移します。先週をもちまして、第142回大会が終了しました。オークス日本ダービーが行われるなど注目度の高かった本大会を制したのは、的中率34%・回収率2,131%という圧倒的な成績を叩き出したタニシコさんです。2位の上海こうぞうさんに3.9の予想偏差値差をつけての文句ナシのV。これが嬉しい初優勝となりました。タニシコさん、おめでとうございます!

大会を通じて安定した予想実績を残してきたタニシコさんですが、優勝の最大の要因は大波乱となった日本ダービー3連単と3連複を大的中させたからにほかなりません。勝ったワグネリアンに○、2着のエポカドーロに◎を打ち、この2頭を中心に勝負して3,377,900円の払戻し。まさに見事の一語に尽きるでしょう。続く第143回大会でも、アグレッシブな予想を披露してほしいと思います。2連覇を目指して今週も頑張ってください。

ここ最近、成績が更新されるたびに順位が激しく変動してきた“キング・オブ・コロシアム”争いは、前回更新時に頂点に立ったウィークさんが初防衛を果たしてみせました。第142回大会は的中率17%・回収率141%という素晴らしい成績をマークしてその座をキープ。2位のごりぼすさんに2の予想家レベル差をつけています。このところ長期政権を築く絶対王者が現れていないので、ウィークさんには行けるところまで行ってほしいですね。第143回大会での王者の予想に期待しましょう。




なお、予想コロシアムのランキングに入るためには、規定予想レース数をクリアする必要があります。週間ランキングは6レース、大会ランキングは24レースの登録が条件となりますので、仮に超高額配当を一発当てたとしても、予想レース数が規定に満たない場合は上位にランクされませんのでご注意を!

予想自慢の方も、競馬初心者の方も、予想コロシアムでぜひ腕試しをしてみませんか? お金を賭けずに競馬予想ができ、成績も自動集計してくれますので、予想シミュレーションツールとして、とても便利ですよ!

大会成績の上位者には、トロフィーや賞状のアイテムがプレゼントされ、更に副賞として、ウマニティを更に楽しくする『ウマニティ・ポイント』が進呈されます。

優勝者:    10万ポイント
2位~10位:  5万ポイント
11位~20位: 3万ポイント

『予想コロシアム』に参加するにはウマニティの会員登録(無料)が必要です。
まだ会員でない方は、コチラから会員登録(無料)してください。

[もっと見る]

2018年6月2日() 08:00 山崎エリカ
【山崎エリカのG1ナビゲーション】~2018安田記念~
閲覧 1,459ビュー コメント 0 ナイス 2



先週の日本ダービーは、とってもセンセーショナル! 福永騎手が19度目の挑戦で、福永家悲願のダービー制覇を果たしました。キングヘイローで大失態(1~2コーナーから引っ掛かり倒して、逃げ馬セイウンスカイのハナを叩く)した初挑戦の日本ダービーから、本当に長い道のりでした。


■2018春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=10147


 福永騎手は、キングヘイローのトラウマからか、これまで折り合いに拘りすぎるほど、後方からの騎乗が目立ちましたが、今回は積極策。しかし、キングヘイローのときと大きく異なるのは、前にコズミックフォースという壁を作りながらの積極策だったことです。
 私は、当初ワグネリアンが本命◎の予定でしたが、東京があまりに高速馬場の上に大外17番枠。折り合いに拘る優等生的な競馬をした場合、相当にロスのある競馬になると想定して本命にするのをやめました。しかし、エポカドーロが逃げて、2番手がコズミックフォースという外枠の競馬になるとは想定できなかったので仕方がありません。

 また、1番人気のダノンプレミアムは直線で詰まって脚を余しての6着凡退。馬の状態が万全ではなかった部分もあるにせよ、一番の敗因は、川田騎手が上手く進路が取れなかったことが理由なのに、大喜びで福永騎手を祝福しに行くとは何事か? 馬を精一杯走らせた上での敗北→祝福ならばともかく、ミスした上での祝福は陣営にも競馬ファンにも失礼だとは考えないのかなあ?

 さて、今週は、安田記念。今年は、昨年の安田記念からガラリとメンバーが入れ替わり、古馬中距離路線組も混在。勢力図が気になる方も多いのではないでしょうか? 今週も出走馬が経由した過去1年以内のレベル(決着指数)が高かったレースをピックアップしてみましたので、ぜひ、参考にしてください♪


 ★レベル1位 2017年 天皇賞(秋) (PP指数27pt)

 天皇賞(秋)当日は、不良馬場でスタートし、さらに雨が降り続いて極悪馬場。4コーナーで外へ広がっていく中で、サトノクラウンが内に進路を取り、出遅れて後方からの競馬となったキタサンブラックがそれに続く形。極悪馬場らしく、道中ペースが緩まずに、ラスト1Fで14秒0まで失速したレース。キタサンブラックは出遅れたことで展開にも恵まれ、進路にも恵まれました。
 
 極悪馬場らしく、前に行って、我が身かわいさに4コーナーから馬場の良い外を通した馬は、展開も厳しく、コーナーロスも多く、最悪だったレース。このレースを先行して馬場の中目を通して4着だったリアルスティールは、なかなか強い内容だったと言えます。しかし、道悪の消耗戦で厳しいレースをしたことで、調子を崩し、今年のドバイターフは前哨戦を使えずにぶっつけ本番という形。今回は、休養明け2戦目。一度レースを使われたことで、上積みはあるのかと言ったところ。

[もっと見る]

2018年5月30日(水) 18:40 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(5/26~5/27)日本ダービー的中くりーくプロを筆頭に、スガダイプロら計13名がトータルプラス!
閲覧 1,024ビュー コメント 0 ナイス 7



先週は、27(日)に東京競馬場でG1日本ダービーが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1日本ダービーは、皐月賞回避から仕切り直しの一戦となったダノンプレミアムが単勝2.1倍で1番人気の支持。以下、2番人気ブラストワンピースが同4.6倍、3番人気キタノコマンドールが同8.0倍、10倍台にエポカドーロワグネリアンステルヴィオの3頭が続く形で発走を迎えます。
上位人気勢では、ブラストワンピースがやや出遅れる中、先手争いはエポカドーロが制して1コーナーへ。ジェネラーレウーノダノンプレミアムテーオーエナジーコズミックフォースワグネリアンゴーフォザサミットサンリヴァルあたりも差なく続き、中団以降にブラストワンピースステイフーリッシュタイムフライヤージャンダルムオウケンムーングレイルキタノコマンドールステルヴィオエタリオウの追走。最後方はアドマイヤアルバで、一団馬群は少しずつ縦長になりながら向こう正面へ。
エポカドーロジェネラーレウーノを前に置き、鞍上がなだめながら追走のダノンプレミアムはここでようやく少し落ち着きを見せますが、後方ではこの日の馬場にしてはスローな流れにやや掛かり気味の馬もチラホラ。前半1000mを60.8秒(推定)で通過すると、3コーナーにかけて徐々に好位勢が前へのプレッシャーを強めるようにして3コーナーに突入していきます。外を回ってコズミックフォースエポカドーロジェネラーレウーノの2頭に並び掛け、背後からはワグネリアンも早めのスパート。インの4番手あたりをキープしてはダノンプレミアムの態勢で4コーナーを回って、大歓声の直線へ。
エポカドーロが渋太く先頭をキープするなか、コズミックフォースワグネリアンが外から襲い掛かり、最内を突くダノンプレミアムも徐々にエンジンを点火。2列目からはブラストワンピースも外に持ち出されてスパートを開始し、ゴーフォザサミットも末脚に賭けます。しかし、この日の馬場も相まって、内を行く早め抜け出しのエポカドーロコズミックフォースワグネリアンダノンプレミアムの4頭との差はなかなか縮まらず、むしろ広がっていく展開。ゴール手前100mでようやく後方勢も差を詰めてきますが、時すでに遅し。結局、内4頭による長い叩き合いを制した5番人気ワグネリアンが、最内でゴール直前まで食い下がったエポカドーロを差し切って優勝。嬉しいG1初制覇を日本ダービーの大舞台であげ、鞍上・福永祐一騎手も日本ダービー初制覇を飾っています。1/2馬身差2着の4番人気エポカドーロから、クビ差の3着には16番人気のコズミックフォースが粘りこんでいます。1番人気ダノンプレミアムは前との差を最後まで詰め切れず6着敗退。
公認プロ予想家では、はははふほほほプロくりーくプロエース1号プロの3名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
27(日)のG1日本ダービーでは◎ワグネリアンの予想を披露し単勝を的中。この他にも高精度で的中を散りばめた先週は、週末トータル回収率212%のトップ成績をマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →ジョアプロ
26(土)の京都6Rで◎デルマカルヴァドス(単勝26.6倍)的中計16万4,000円払戻しのスマッシュヒットをマーク!東京4R京都9R京都10R、27(日)京都8Rなどで好調予想を披露した先週は、週末トータル回収率166%、収支14万6,640円プラスを達成しています!
 
☆☆☆注目プロ →きいいろプロ
26(土)の東京6Rで◎○▲3連複86.8倍1点的中を含む計14万2,000円払戻しのパーフェクト予想を披露すると、京都12Rでは18万4,300円払戻しのスマッシュヒットをマーク!週末トータル回収率137%、収支17万7,850円プラスの好成績で終えています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
26(土)京都12Rの◎ヒップホップスワンや、27(日)京都8Rの◎サイモンラムセスなどで好調予想を披露すると、G2目黒記念も◎ウインテンダネスで的中!週末トータルでは回収率123%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
26(土)は東京4Rなどで的中を披露すると、この日の京都12R、翌27(日)の東京5R京都9Rと勝負レースをことごとく的中。締めくくりにG1日本ダービー(◎ワグネリアン)、G2目黒記念(◎ノーブルマーズ)の重賞連続ゲットを達成し連日のプラス収支を確定!週末トータルでは回収率112%を達成しています。
 
 
この他にも、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(145%←3週連続週末プラス)、馬侑迦プロ(127%)、☆まんでがんプロ(117%)、KOMプロ(116%←2週連続週末プラス)、ゼット1号プロ(112%)、豚ミンCプロ(112%)、エース1号プロ(102%)、西野圭吾プロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2018年5月26日() 12:00 ウマニティ編集長
【予想コロシアム】いよいよ日本ダービー!競馬好き飲み会もあるぞ!!
閲覧 840ビュー コメント 0 ナイス 12

一年で最も競馬が盛り上がる週末を迎えました。ダービーウィークです。現3歳世代のサラブレッドのナンバーワンが決まります。皐月賞上位組、別路線好走組、アクシデントにより皐月賞回避を余儀なくされた2歳チャンプのダノンプレミアム。素晴らしいメンバーが揃いました。本当に楽しみです。予想をするのもレースを見るのも。そしてこれに先立ち、土曜日の夜には第4回競馬好き飲み会が開催されます。豪華ゲストに楽しい企画に美味しいお酒。こちらも大盛況必至です。参加される皆さん、よろしくお願いします。笑顔と興奮と喜びに満ちたこの最高のイベントを、存分に楽しみましょう。

競馬好き飲み会が終わったあとは、日曜日の競馬予想にシフトチェンジ。未勝利もG1も払戻率は原則的に同じですが、やっぱり特別なレースであるダービーは当てたいですよね。今週は、ダービー的中の強力な援軍になってくれそうな予想家を紹介します。僕が注目したのは、ウマニティ予想コロシアムのレース分析部門のNo.1予想家H&Mさんです。今年はビッグレースで勝負強さを見せており、G1では回収率288.9%という圧倒的な成績をマーク。下記4つのレースを見事に的中させています。

皐月賞
エポカドーロ◎で10万円超の払戻し!

天皇賞(春)
シュヴァルグランを軸に馬連・3連複をズバリ!

ヴィクトリアマイル
◎○の1、3着ワイドでガッチリ!

オークス
馬連2点予想で大的中!

H&Mさんは今年、古馬戦の回収率82.6%に対し、3歳限定戦は同99.2%を計上。芝2000m超では回収率132.8%を誇っています。G1、3歳限定戦、芝2400mと得意条件が重なるダービー予想に大きな注目が集まることは言わずもがな。レース分析部門No.1予想家の底力に期待しましょう。




なお、予想コロシアムのランキングに入るためには、規定予想レース数をクリアする必要があります。週間ランキングは6レース、大会ランキングは24レースの登録が条件となりますので、仮に超高額配当を一発当てたとしても、予想レース数が規定に満たない場合は上位にランクされませんのでご注意を!

予想自慢の方も、競馬初心者の方も、予想コロシアムでぜひ腕試しをしてみませんか? お金を賭けずに競馬予想ができ、成績も自動集計してくれますので、予想シミュレーションツールとして、とても便利ですよ!

大会成績の上位者には、トロフィーや賞状のアイテムがプレゼントされ、更に副賞として、ウマニティを更に楽しくする『ウマニティ・ポイント』が進呈されます。

優勝者:    10万ポイント
2位~10位:  5万ポイント
11位~20位: 3万ポイント

『予想コロシアム』に参加するにはウマニティの会員登録(無料)が必要です。
まだ会員でない方は、コチラから会員登録(無料)してください。

[もっと見る]

2018年5月25日(金) 22:58 夢月
【各馬の前走と妙味】~2018日本ダービー~
閲覧 1,079ビュー コメント 0 ナイス 5



東京芝2400m左回りで行われる日本ダービー
簡単にレースの特徴を説明したうえで出走馬の前走を踏まえた妙味について書いていきたいと思います。


■2018春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=10147


■レースの特徴■
直線を迎えるとすぐに急坂があり、そのまま長い直線のため瞬発力と持続力を同時に求められるコース。
内をロスなく立ち回ってどれだけスタミナを温存出来るかが鍵となります。
求められるものが多く地力を発揮しやすいので荒れにくいレースと言えるでしょう。
力を出しやすいということは極端なペースになりにくいということでもあるので、前にしろ後ろにしろ極端な脚質は軽視した方が良さそうです。
BコースからCコースに替わるので穴が来やすいのはやはり内枠。
それに加えて今回は平均的な時計から1秒以上も速い超高速馬場で、例年以上に切れ味が求められるでしょう。
冒頭に述べた基本的な考えとは逆になってしまいますが、今年の場合は決め手さえあれば何とかなりそうな馬場。とくれば、(例年と比べて)多少荒れやすいと言えるのではないでしょうか。


■前走の分析■

アドマイヤアルバ
●前走京都新聞杯 G2 2着 (経由3頭)
やや折り合いを欠くも、中団の後ろで何とか我慢。
3~4コーナーで大外から一気の仕掛けで押し上げ手応え良く直線を迎えたが、早め先頭に立っていた馬をとらえられなかった。
ラストは脚が鈍っていたものの、仕掛けどころや通ったコースを考えればなかなか強い競馬をしており、戦績通り能力が高い。
ただ今回は相手が大幅に強化。
決め手ではどうしても上位陣に見劣りしてしまうし、まだ折り合い面でも課題がある。
本来は距離が伸びたほうが良いタイプなだけにもったいないところなのだが……。上手に競馬が出来ない以上厳しいか。

エタリオウ
●前走青葉賞 G2 2着 (経由2頭)
スタートで促すも1コーナーを過ぎたあたりでスっと折り合い、近走で一番スムーズに運ぶ。
終始外を回して直線で早めに抜け出したが、勝ち馬の決め手に屈した。
非常に長く脚を使えるタフな馬なので本質的にはステイヤーだろう。
より切れ味が求められる今回はさすがに厳しい印象だが、鞍上がボウマン騎手に替わるのは不気味。
さばきが硬くパワーの伝わる走りなので、道悪になれば一気にパフォーマンスを上げてきそうで要注意だ。

エポカドーロ
●前走皐月賞 G1 1着 (経由12頭)
好スタートから二手に分かれた中団馬群の先頭。
直線を迎えた時点では先頭集団に大きく離されていたが、鋭く伸びて最後は突き放した。
逃げた馬は1000m59.2で通過してハイペースを刻んでいたが、エポカドーロは61秒よりも遅いペースで1000mを通過しており、先頭から4番手の馬が既になかなかのスローペース。
そのまま前と差を詰めることなく直線を迎えたので後ろは届くわけがないし、エポカドーロが楽勝なのも納得だ。
パワータイプでスタミナを活かす馬なので切れ味勝負の今回は適性的に疑問。
さらに前走の派手な勝ち方から相当過剰人気になるのでは。

[もっと見る]

⇒もっと見る

エポカドーロの口コミ


口コミ一覧

U指数データ予想[神戸新聞杯]

 たくひら 2018年9月21日(金) 17:49

閲覧 46ビュー コメント 0 ナイス 2

《神戸新聞杯 近5年データ》
①前走98以上・・・(5-2-1-4)勝率42% 連対率58% 複勝率67%
[該当馬]
1/ゴーフォザサミット
6/メイショウテッコン
過去毎年勝っています。このデータには注目です。

②4走連続90以上・・・(4-4-2-15)勝率16% 連対率32% 複勝率40%
[該当馬]
1/ゴーフォザサミット
2/エタリオウ
3/ワグネリアン
5/タイムフライヤー
8/エポカドーロ
9/アドマイヤアルバ
穴馬がたくさん走っているデータです。

《おまけ》
③重賞で上がり最速を出した馬・・・(4-2-4-5)勝率27% 連対率40% 複勝率67%
[該当馬]
1/ゴーフォザサミット
3/ワグネリアン
5/タイムフライヤー
9/アドマイヤアルバ
かなり複勝率が高いので注目ですね。

《データ+データ》
①+②・・・(5-1-0-3)勝率56% 連対率67% 複勝率67%
①+③・・・(4-1-1-1)勝率57% 連対率71% 複勝率86%
②+③・・・(3-1-2-4)勝率30% 連対率40% 複勝率60%

☆推奨馬
1/ゴーフォザサミット・・・該当データ①,②,③
3/ワグネリアン・・・該当データ②,③

 やすの競馬総合病院 2018年9月20日(木) 20:47
神戸新聞杯の予想オッズの上位人気馬を見てコメントするの巻
閲覧 132ビュー コメント 0 ナイス 1

☆神戸新聞杯のnetkeiba.comの予想オッズ☆
1番人気エポカドーロ(2.1倍)
ダービー以来の4ヶ月ぶりの仕上がり状態と、馬場状態や展開などでダービーよりさらにタフな2400m戦になった場合にスタミナ量が足りるかもどうなんでしょうね。
まあ、頭数少ないし、このメンバーで菊花賞トライアルなのを考慮すると、エポカドーロが主導権握れる楽な流れになる可能性の方が高いかもしれません。
楽な流れにしすぎるとワグネリアンに切れ味の差で分が悪いだけに仕掛けるタイミングが重要になってきそうです。

2番人気ワグネリアン(2.8倍)
楽な流れになれば仕上がり次第で突き抜ける可能性まで十分ありそうですが・・・。
ダービー以来の4ヶ月ぶりの仕上がり状態と、ダービーよりさらにタフな競馬になった場合のスタミナ量はどうなんでしょうね。
藤岡康に乗り替わったんで予想オッズより実際のオッズがおいしくなるかもですが、本番で乗る福永の事を考えて次走に向けて大事に乗りすぎてしまう可能性もあるのかな?

3番人気エタリオウ(4.4倍)
1勝馬なんで勝ち切れない面はあるけど、通算成績(1.4.0.2)で安定感はありますね~。
デムーロ乗せてきたのはここに対する意気込みを感じるし、ダービーで0.2差4着と善戦できてるから、ダービー以来の4ヶ月ぶりですけど仕上がり次第ではGI馬相手でも楽しみかも。

4番人気ステイフーリッシュ(12.5倍)
ダービー10着だけで判断しちゃダメかもですが、世代上位クラスとの能力差がどうかな~。
テン乗りの川田がどんな騎乗するのかわかりませんが、ダービー以来の4ヶ月ぶりなんで仕上がり状態もどうなんでしょうね。

5番人気メイショウテッコン(16.4倍)
後続を引きつけて逃げたり、好位からの競馬した場合は、エポカドーロ相手に分が悪い気がするけど・・・。
2400mより1800mの方がどう見ても強い競馬してると思うんで、2番手以下を離すような大逃げをしたらスタミナ量が足りなくなるかも。
連勝中で好調の勢いでどこまでやれるのかな。

6番人気ゴーフォザサミット(16.8倍)
札幌記念を使って休み明け2走目なのは仕上がりの面で有利だと思うし、メンバー中2位の上がり3Fで青葉賞1着という実績があるのもいい感じ。
引き続き蛯名騎乗やし楽しみです。

7番人気アドマイヤアルバ(24.5倍)
ダービー以来の4ヶ月ぶりですけど、ここに向けてどの程度仕上がってるのかな~?
ダービーでメンバー中最速の上がり3F33.4を出してた馬なんで不気味なとこあるし、1800m以下でしか勝ってないけど、2000m以上の方が高いパフォーマンスを出せてる気がするんですよね~。
丸山から岩田に替わるのも騎手強化やし、この人気なら仕上がり次第でけっこうおもしろいかも?

8番人気タイムフライヤー(27.8倍)
ホープフルS1着まではいいんですけど、3歳になってからの3戦を見てると、世代上位クラスとの能力差がありそうな気がするかな~。
ダービー以来の4ヶ月ぶりなんで仕上がり状態もどうなんでしょうね。

--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、基本的にはこのブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」をご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。

--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
パソコンつけたら、グーグルクロームのデザインが変わっててびっくりしました。

[もっと見る]

 馬券のAエース 2018年9月20日(木) 13:54
神戸新聞杯≪データ攻略ポイント≫ 
閲覧 223ビュー コメント 0 ナイス 10

【神戸新聞杯】阪神2400m

以前は阪神2000mで施行。
2400mになってからは過去11回
11年中7回が3連単配当が4ケタ(1万円以下)と
実績上位馬がしっかり結果を出しているレース。
菊花賞に向かう為には、それなりに仕上げてきて当たり前。

【傾向】
①上がり3F最速の馬が必ず3着以内に入っている。
②過去11回中10回がこのレースの上がり3位までの馬が2頭入っている(差し有利)
近4年は上がりの1・2・3位での決着。
③10番人気以下の馬の3着以内、ナシ

【絞り込み条件】
①1着馬:11頭中9頭がGⅠで上がり3F3位以内を経験
②前走出走レース:重賞以外は2着までの成績で出走
③前走距離:前走1着馬は1600mでもOK、2着以下は1800m以上であること
④クラス:条件クラスからの出走は芝で連続連対中であること(札幌・函館帰りを除く)
⑤前走・前々走のどちらかで上がり3F3位以内の経験があること(例外はGⅠ3着以内経験馬)

【ローテ】
①過去11年の3着以内馬33頭中26頭は休み明け、
8月以降レースを使った馬は最高2着【0-2-3-63】中3週未満は【0-0-2-39】と連対はナシ
②ダービー・青葉賞以外の2400m以上を使ったことのある馬【0-0-1-37】

≪好走条件≫
・単勝1倍台【4-3-0-0】

≪凡走条件≫
・⑩人気以下【0-0-0-71】
・前走OP・条件戦の2着以下【0-0-0-26】
・前走500万下【0-0-0-29】
・前走2500m以上【0-0-0-21】
・キャリア10戦以上の馬【1-0-0-34】※例外ディープスカイのみ(ダービー1着馬)

【見解】
ダービー出走馬が断然の成績
すでに人気も3強になりそうですね^^;
前走ダービー5着以内馬【10-6-0-5】・ワグネリアン・エポカドーロ・エタリオウ
その中で『ダービー最先着馬は100%連対』
ただ、≪勝ち馬条件≫ダービー不出走組以外の優勝馬は
ダービーで〇〇〇〇〇〇〇の馬
これにはワグネリアンは該当せずヽ( ̄д ̄;)ノ

ワグネリアンはダービーよもやの先行策に出ましたが
今週の調教を見る限り、今回は溜めて瞬発力勝負を受けると思います!
福永からの乗り替りで、変な癖はつけて欲しくないですし頭数も少ないので
普通に回って来てくれれば・・・の指示の可能性も高いですね。
馬は信用できても、阪神2400mでは連対率6.4%、複勝回収率17%の騎手がどうか?
で2番人気に甘んじる可能性も!?
当レースの1番人気が【7-2-0-2】とくるなら連対率が高く、
≪勝ち馬条件≫を満たす馬との馬連の可能性が高いとみているので、
エポカとどちらが1番人気になるかも注目。
荒れるとしたら、≪勝ち馬条件≫のダービー未出走馬が勝つパターン^^;ないか?(笑)

[もっと見る]

⇒もっと見る

エポカドーロの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

エポカドーロの写真

エポカドーロの厩舎情報 VIP

2018年5月27日東京優駿 G12着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

エポカドーロの取材メモ VIP

2018年5月27日 東京優駿 G1 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。