エポカドーロ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
エポカドーロ
エポカドーロ
エポカドーロ
エポカドーロ
エポカドーロ
エポカドーロ
写真一覧
現役 牡4 黒鹿毛 2015年2月15日生
調教師藤原英昭(栗東)
馬主株式会社 ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン
生産者田上 徹
生産地新ひだか町
戦績 9戦[3-2-1-3]
総賞金27,636万円
収得賞金11,500万円
英字表記Epoca d'Oro
血統 オルフェーヴル
血統 ][ 産駒 ]
ステイゴールド
オリエンタルアート
ダイワパッション
血統 ][ 産駒 ]
フォーティナイナー
サンルージュ
兄弟 ダイワインスパイアダイワフェーム
前走 2019/02/24 中山記念 G2
次走予定 2019/03/31 大阪杯 G1

エポカドーロの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/02/24 中山 11 中山記念 G2 芝1800 11795.335** 牡4 57.0 戸崎圭太藤原英昭496(+6)1.45.7 0.234.2ウインブライト
18/10/21 京都 11 菊花賞 G1 芝3000 18355.538** 牡3 57.0 戸崎圭太藤原英昭490(+4)3.06.9 0.834.8フィエールマン
18/09/23 阪神 11 神戸新聞杯 G2 芝2400 10782.714** 牡3 56.0 戸崎圭太藤原英昭486(-4)2.26.1 0.534.5⑧⑧⑧⑧ワグネリアン
18/05/27 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 1861210.542** 牡3 57.0 戸崎圭太藤原英昭490(-2)2.23.7 0.134.7ワグネリアン
18/04/15 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 164714.571** 牡3 57.0 戸崎圭太藤原英昭492(0)2.00.8 -0.335.1④④④④サンリヴァル
18/03/18 中山 11 スプリングS G2 芝1800 13455.332** 牡3 56.0 戸崎圭太藤原英昭492(-4)1.48.1 0.034.7ステルヴィオ
18/02/10 小倉 9 あすなろ賞 500万下 芝2000 12112.511** 牡3 56.0 戸崎圭太藤原英昭496(-2)2.00.8 -0.635.2スーパーフェザー
18/01/21 京都 5 3歳未勝利 芝1600 16485.641** 牡3 56.0 福永祐一藤原英昭498(+14)1.36.1 -0.435.8ラノカウ
17/10/09 京都 5 2歳新馬 芝1800 106617.243** 牡2 55.0 北村友一藤原英昭484(--)1.50.9 0.534.2タングルウッド

エポカドーロの関連ニュース

【大阪杯】特別登録馬

2019年3月17日() 17:30

【古馬次走報】ディアドラ、ドバイターフへ 2019年2月27日(水) 05:01

 ★中山記念6着ディアドラ(栗・橋田、牝5)は予定通り、モレイラ騎手との新コンビでドバイターフ(3月30日、メイダン、GI、芝1800メートル)へ。5着エポカドーロ(栗・藤原英、牡4)は大阪杯(同31日、阪神、GI、芝2000メートル)に進む。

 ★中山記念7着マルターズアポジー(美・堀井、牡7)は「1800メートルを超える距離は使わない」(堀井師)として次走を検討中。同厩で10着シベリアンスパーブ(牡10)は東風S(3月10日、中山、OP、芝1600メートル)などが視野に。8着ハッピーグリン(ホッカイドウ・田中淳、牡4)は日経賞(同23日、中山、GII、芝2500メートル)を目指す。騎手は未定。9着マイネルサージュ(美・鹿戸、牡7)は福島民報杯(4月14日、福島、OP、芝2000メートル)。

 ★阪急杯を制したスマートオーディン(栗・池江、牡6)は京王杯スプリングC(5月11日、東京、GII、芝1400メートル)から安田記念(6月2日、東京、GI、芝1600メートル)の予定。2着レッツゴードンキ(栗・梅田、牝7)、7着ミスターメロディ(栗・藤原英、牡4)、8着ラインスピリット(栗・松永昌、牡8)は高松宮記念(3月24日、中京、GI、芝1200メートル)の予定。

 ★阪急杯4着ロードクエスト(美・小島、牡6)はダービー卿チャレンジT(3月30日、中山、GIII、芝1600メートル)が選択肢の一つ。11着タイムトリップ(美・菊川、牡5)は京王杯SCが目標で、その前に春雷S(4月7日、中山、OP、芝1200メートル)を使う予定。

 ★伊丹Sを勝ってオープン入りしたロードゴラッソ(栗・藤岡、牡4)はマーチS(3月24日、中山、GIII、ダ1800メートル)へ。

[もっと見る]

【中山記念】ウインブライト連覇!GI馬5頭撃破 2019年2月25日(月) 05:09

 第93回中山記念(24日、中山11R、GII、4歳上オープン国際(指)、別定、芝・内1800メートル、1着本賞金6200万円、1着馬に大阪杯の優先出走権 =出走11頭)GI馬5頭が出走した伝統のGIIは、松岡正海騎乗で5番人気のウインブライトが連覇を果たした。タイム1分45秒5(良)。このあとは芝2000メートルのGI路線で、大阪杯(3月31日、阪神)、香港のクイーンエリザベス2世C(4月28日、シャティン)が視野に入る。GI馬5頭の最先着は2着のラッキーライラック。1番人気のディアドラは6着に敗れた。

 もう本物だ。GI馬5頭がそろった伝統のGIIは、ウインブライトがタイトルホルダーたちを撃破して連覇。引き揚げてきた松岡騎手も馬上で何度も両手を突き上げた。

 「思っていた展開で、エポカドーロの後ろのいいところでレースができました。テン良し、中良し、しまい良し。馬が成長していたし、自信を持っていました」

 マルターズアポジーが飛ばす縦長の隊列を4番手で追走した。後続も息を入れにくい流れの中、3~4コーナーで追われつつ直線は外めへ。後続の追い上げを受け止めながら力強く脚を伸ばすと、先に抜け出したラッキーライラックをゴール寸前にクビ差とらえた。

 これで中山1800メートルで4戦全勝と舞台巧者ぶりもさすがだが、レースレコードに0秒6差の1分45秒5も優秀。「完成度が上がり、スピード勝負にも対応してくれました」。パートナーをたたえた主戦ジョッキーは、ブライトで制した中山金杯の翌日に中山で右尺骨を骨折。1カ月のスピード復帰で2週前追いから調整を施してきただけに、喜びはひとしおだ。

 「外から正攻法の競馬で勝てたのは大きい。やっと大きいところに行けるのかな、と。GIに入っても負けないようにやっていきたい…そう思える自信はつきました」

 デビュー時から40キロ超もビルドアップし、過去最高馬体重の492キロ。畠山調教師が愛馬の充実ぶりに大きな手応えをつかめば、オーナーでクラブ法人ウインの岡田義広代表も「GI馬のような脚を使ってくれました。強くなっていますね。ステイゴールドの成長力はすごい」と舌を巻いた。

 いよいよGI取りへ。馬の状態を見つつ、大阪杯、香港のクイーンエリザベス2世Cの両方、もしくはいずれかを見据える。「この馬でGIを勝ちたい、と思ってやってきました。今は申し分ない。乗っていてすごい楽」。デビュー前から松岡騎手に素質を磨き上げられてきたウインブライト。その黄金の輝きを、大舞台でも放つ。 (千葉智春)

ウインブライト 父ステイゴールド、母サマーエタニティ、母の父アドマイヤコジーン。芦毛の牡5歳。美浦・畠山吉宏厩舎所属。北海道新冠町・コスモヴューファームの生産馬。馬主は(株)ウイン。戦績17戦7勝。獲得賞金2億9952万3000円。重賞は2017年GIIフジテレビ賞スプリングステークス、GIII福島記念、18年GII中山記念、19年GIII中山金杯に次いで5勝目。中山記念は畠山吉宏調教師、松岡正海騎手とも昨年に次いで2勝目。馬名は「冠名+輝かしい」。



★24日中山11R「中山記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【中山記念】レースを終えて…関係者談話2019年2月25日(月) 05:07

 ◆戸崎騎手(エポカドーロ5着) 「展開がうまく向いていい感じだったが、もう少し時計のかかる馬場の方がよかった。でも、昨秋よりも雰囲気はよかった」

 ◆武士沢騎手(マルターズアポジー7着) 「(小倉からの)連闘だったが馬は元気だった。2番手の馬に早めに来られたが、自分の競馬はできた」

 ◆ミナリク騎手(ハッピーグリン8着) 「右回りは合っている。きょうは相手が強かった」

 ◆津村騎手(マイネルサージュ9着) 「距離は二千以上あった方がいい」

 ◆田中勝騎手(シベリアンスパーブ10着) 「千八は長い感じ」

 ◆大野騎手(トルークマクト11着) 「追走でいっぱいだった」



★24日中山11R「中山記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【中山記念】エポカドーロは5着に敗れる 戸崎「時計かかった方が良さそう」 2019年2月24日() 19:25

 2月24日の中山11Rで行われた天皇陛下御在位30年慶祝・第93回中山記念(GII、4歳以上オープン、芝1800メートル、別定、11頭立て、1着賞金=6200万円)は、松岡正海騎手騎乗の5番人気ウインブライト(牡・畠山吉宏厩舎)が4番手追走から直線力強く伸びて昨年に続く連覇を果した。タイムは1分45秒5(良)。

 昨年の皐月賞馬で3番人気の支持を集めたエポカドーロは、道中3番手追走から直線で逆転を狙ったものの、先に抜け出したラッキーライラックに突き放され、後続にも交わされて5着に敗れた。

 戸崎圭太騎手「展開はうまくいって、いい感じでしたが、もう少し時計がかかった方が良さそうです。昨年の秋より雰囲気は良かったです」



★【中山記念】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】中山記念 こじはる、爆問・田中さんほかズラリ!競馬大好き芸能人・著名人が最終決断!2019年2月24日() 09:42

※当欄では中山記念について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。




【小嶋陽菜(こじはる)】
◎⑤ディアドラ
3連単フォーメーション
⑤⑩→①②⑤⑦⑩→①②③⑤⑦⑨⑩

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑧ハッピーグリン
○⑨エポカドーロ
▲①ウインブライト
△⑦ステルヴィオ
△⑩スワーヴリチャード
△⑤ディアドラ
△②マルターズアポジー
馬連1頭軸流し・3連単1頭軸流しマルチ
⑧→①②⑤⑦⑨⑩

【DAIGO】
◎⑤ディアドラ
ワイド
⑤→①
⑤→⑦
⑤→⑨

【杉本清】
◎①ウインブライト

【林修】
注目馬
ディアドラ

【さゆりんご(松村沙友理・乃木坂46)】
◎⑨エポカドーロ

【松村香織(かおたん・SKE48)】
◎⑦ステルヴィオ
○⑨エポカドーロ
▲①ウインブライト
△⑤ディアドラ
△②マルターズアポジー
△⑩スワーヴリチャード
3連単フォーメーション
①⑦⑨→①②⑤⑦⑨⑩→①②⑤⑦⑨⑩

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑤ディアドラ
○⑦ステルヴィオ
▲⑨エポカドーロ
△①ウインブライト
△③ラッキーライラック
△⑩スワーヴリチャード

【見栄晴】
◎③ラッキーライラック

【橋本マナミ】
◎⑤ディアドラ

【渡辺舞】
◎⑤ディアドラ

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎③ラッキーライラック
ワイド
③→⑧

【キャプテン渡辺】
◎①ウインブライト
3連単フォーメーション
①→⑦→⑤⑨
①→⑤⑨→⑦
⑨→①→⑤⑦

【霜降り明星・粗品】
◎⑩スワーヴリチャード
3連単フォーメーション
⑤⑩→①⑤⑨⑩→①③⑤⑦⑧⑨⑩

【霜降り明星・せいや】
◎③ラッキーライラック
複勝


【安田和博(デンジャラス)】
◎⑤ディアドラ

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑨エポカドーロ
3連単2頭軸流しマルチ
⑨→①→②③⑤⑦⑩
⑨→⑩→①②③⑤⑦
3連単ボックス
①⑨⑩
①⑤⑨

【こいで(シャンプーハット)】
◎⑨エポカドーロ
3連単フォーメーション
⑨→⑦→③⑩

【てつじ(シャンプーハット)】
◎③ラッキーライラック
単勝

馬単1着軸流し
③→⑦⑨
3連単フォーメーション
③→⑦⑨→⑦⑨

【船山陽司】
◎②マルターズアポジー

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑩スワーヴリチャード

【大島麻衣】
◎③ラッキーライラック

【高見侑里】
◎⑤ディアドラ

【高田秋】
◎①ウインブライト

【目黒貴子】
◎①ウインブライト

【天童なこ】
◎⑩スワーヴリチャード



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

エポカドーロの関連コラム

閲覧 589ビュー コメント 1 ナイス 3

G2としてはかなりの好メンバーが、大いに揃い盛り上がった中山記念。制したのは昨年の覇者、ウインブライトだった。

マルターズアポジーが引っ張る淀みない流れを早めに仕掛け抜け出す堂々のレースぶりで、昨年と同じく接戦ではあったが内容は昨年以上。地力強化を印象付けた。次走は香港という話もあるが、国内G1ならば、安田記念天皇賞(秋)で観てみたい。イメージするほど中山専用の馬ではないはずだ。

また敗戦組も収穫は多く、2着ラッキーライラックは石橋騎手らしい強気の仕掛けで粘り込み、こちらはヴィクトリアマイル安田記念の路線で注目の存在になりそうだ。

さらに、3着ステルヴィオも成長を感じる内容。今年のマイル戦線の主役になれる内容で、気は早いが安田記念&マイルCSに出てくれば、今年もかなり有力ではないだろうか。

エポカドーロは1800mの継続的な速い流れよりも2000mの方が向きそうで、こちらも巻き返しに注意。大阪杯ならば人気も落ちそうだし、ちょうど良い狙いどころではないか。秋には天皇賞でも見てみたい。

そして、スワーヴリチャードディアドラはあくまでもドバイへ向けての叩き台で、小回り1800mへの適性もイマイチだった。こちらは中東の地での活躍に期待できそうだ。

このようなハイレベルレースは、今後に向けても覚えておくと”2度オイシイ”ことが多い。条件戦や未勝利戦でもしばしばハイレベルレースが転がっているので、そういったレースを見つけたら先々に向けてチェックしておくことをオススメしたい。


~今週末から2キロ減! 藤田菜七子騎手の狙いどころ

さて、今週末は何といっても新人騎手のデビューが最大の関心事だが、さらに藤田菜七子騎手2キロ減にも注目が集まりそうだ。

昨年あたりからメキメキと腕を上げている印象がある同騎手だが、さらに斤量減が加わって、果たしてどれほどの活躍が見込めるか。あわよくば50勝くらいはできるのではないかとみている。

同騎手の活躍のポイントは、

1、短距離
2、軽い馬場
3、中~外枠

といったイメージだ。

過去の成績を調べても、スタートの上手さ、また減量を生かした短距離での活躍が目立ち、馬群を捌くというよりはスムーズに回ってくるタイプなので、逃げ馬でもなければ外枠の方が良い。

またダートでは道悪の成績が良く、特に重馬場になると勝率・連対率・複勝率はいずれも跳ね上がる傾向がある。先日話題を集めたコパノキッキングのように、外から折り合いをつけて末脚を伸ばすのは得意パターンだ。

今週末の騎乗馬を見ると、土曜小倉7Rのダート1000m戦・サイモンゼーレなどは同騎手の持ち味をフルに生かせそうだ。斤量がさらに減ることでよりスピードを生かせるはずで、月並みではあるが、今後しばらくは今まで以上の活躍が見られるのではないだろうか。

なお、今週末は特に日曜日に雨予報が出ている。馬のみならず騎手の馬場による巧拙も実はかなり偏りがある。例えば道悪のデムーロなどは特注である。同時に軽いダートの藤田菜七子も成績が上がるので、是非そういう意味でも注目してみてほしい。


~弥生賞は適性上位のニシノデイジーに注目

さて、今週末の大一番は弥生賞。まだまだ混とんとしている牡馬クラシック戦線だが、その中の主役の一頭であるニシノデイジーが出走してきた。ノーザンFやディープ産駒・ロードカナロア産駒がクラシックを席巻する時代において、西山牧場のこの馬は、ある意味一大勢力に立ち向かう叩き上げのスター候補だ。とりわけ適性が重要になる中山のレースだけに、ハービンジャー産駒の本馬にとっては持ち味を生かしやすい条件だろう。

一方で大混戦模様になりそうなのが、土曜のオーシャンS。現時点で結論は出せないが、中山芝1200mは馬場や展開次第で極端な結末になりやすい。8枠2頭が穴をあけた5年前のような結末がある一方で、昨年は2ケタ馬番に入った人気馬が伸び切れず、勝ったのは7番枠から馬群を捌いた10番人気の伏兵キングハートだった。

波乱必至のレースなので、あまり守りに入らず、馬場や展開を見た上である程度の決め打ちをしてみても面白そうだ。現時点では前走大敗で一気に人気が落ちそうなラブカンプーの巻き返しに期待しているが…。今年は逃げ先行の有力馬が例年以上に揃った気もするので、馬券的には今週末もっとも面白い重賞になりそうだ。

※いつも通り最終結論は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開します。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年2月27日(水) 18:45 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(2/23~2/24)佐藤洋一郎プロが日曜中山10R◎ブラックジョー(単勝140.1倍)的中!G3阪急杯は豚ミンCプロ、はははふほほほプロが◎スマートオーディン的中!
閲覧 983ビュー コメント 0 ナイス 9



先週は、24(日)に中山競馬場でG2中山記念が、阪神競馬場でG3阪急杯が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G2中山記念は、マルターズアポジーが好発から逃げて前半1000mを58秒2(推定)で通過する流れ。そのマルターズアポジーから離れること7~8馬身ほど後方を、単独2番手でポツンと6番人気ラッキーライラック。さらに7~8馬身ほど空いて3番人気エポカドーロを3番手に、以下5番人気ウインブライト、2番人気ステルヴィオ、4番人気スワーヴリチャードと続き、1番人気ディアドラは人気馬の中では最も後方の8番手あたりの追走となって3コーナーへ。2番手ラッキーライラックが後続との差を広げ、逆に前のマルターズアポジーとの差を一気に詰めていくと、縦長の展開らしく3番手エポカドーロの後ろからウインブライトステルヴィオあたりは早めにスパートを開始。
直線を向いて、早々とラッキーライラックが先頭に立つと、3番手エポカドーロの外からウインブライトが次第にエンジン点火。大外ステルヴィオも負けじとこれを追います。一方、1番人気ディアドラは後方で伸びあぐね。ゴール手前残り100mを過ぎたところで、ラッキーライラックのリードは2馬身ほど。最内からスワーヴリチャードエポカドーロウインブライトステルヴィオの4頭が横並びでここに迫る展開に持ち込まれる中、この争いから力強く抜け出したのはウインブライトでした。坂を駆け上がったところから、ラッキーライラックに急追すると、ゴールにかけて勢いを増す末脚で並みいるG1馬たちをはねのけ優勝。中山記念連覇を達成し、重賞5勝目を挙げています。
公認プロ予想家では、伊吹雅也プロ導師嵐山プロ金子京介プロ馬っしぐらプロら計8名が的中をマークしています。
 
G3阪急杯は、3番人気ダイアナヘイローがハナを奪って牽引する形。人気各馬は、ミスターメロディが好位の外、ロジクライが中団インを追走し、3~4コーナーを回って直線勝負へ。ダイアナヘイローの直後から、4番人気レッツゴードンキが迫ると、徐々に外を伸びた後続勢もどっと詰め寄って、直線半ば手前で馬群は一気に凝縮。外からは、リョーノテソーロ、さらに連れてスマートオーディンらが伸びを見せます。1番人気に支持されたミスターメロディは、内から4~5頭のところを通って追い出されますが内に外にとヨレてスムーズに伸びきれず。
内で粘るダイアナヘイローに、一完歩ごとにレッツゴードンキが詰め寄って先頭に躍り出ますが、これらとは一線を画した伸び脚で大外を突き抜ける一頭の影。折り合いに専念し、最後方ポツンから大外を通る競馬となった11番人気スマートオーディンでした。7~8馬身はあろうかという差を直線で一気に逆転し、最後は1馬身差を付けて優勝。3歳時の京都新聞杯以来となる復活Vをあげています。
公認プロ予想家では、はははふほほほプロ豚ミンCプロース1号プロくりーくプロ馬侑迦プロら計13名が的中をマークしています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
24(日)に小倉7Rで9番人気→5番人気→17番人気決着を△△◎的中!3連複1177倍的中で計23万5,400円払戻しのスマッシュヒットを披露しています。さらに、勝負予想指定の中山10Rでは◎ブラックジョー(単勝140.1倍)を的中するなどの活躍を披露しています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
23(土)は中山8Rで○×◎的中、阪神12Rでの◎▲△的中などを披露。24(日)は、阪神5Rでの◎ディバインフォース(単勝63.1倍)から計15万3,820円払戻しを筆頭に、中山1R阪神3R小倉10Rなどさらに上昇。週末トータルでは、回収率138%、収支13万240円の大幅プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
先週は、23(土)中山6R、24(日)小倉1Rなどの的中を披露すると、中山12Rで◎○×的中計55万5,600円払戻しのビッグヒットをマーク!週末トータル回収率130%、収支21万8,180円プラスの好成績を記録し、2週連続の週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
24(日)小倉2Rでの◎○▲パーフェクト的中に、G2中山記念での◎ウインブライトラッキーライラックステルヴィオ的中と好調予想を連発。最後は、勝負予想レース阪神12Rをきっちりと仕留めて締め括ると、週間トータル回収率135%をマークしています。
 
 
 
この他にも、おかべプロ(155%)、馬侑迦プロ(141%)、奥野憲一プロ(140%)、ース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(118%)、岡村信将プロ(115%)、セイリュウ1号プロ(114%)、ース1号プロ(112%)、ゼット1号プロ(102%)、マカロニスタンダーズプロ(102%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2019年2月24日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/中山記念 G2(豚ミンCプロ)
閲覧 664ビュー コメント 0 ナイス 2

国内外のG1の主要前哨戦として、今年も豪華メンバーを集めた中山記念。少頭数の11頭立てながら、見応えのあるレースが期待できそうです。本日、この大注目の一戦を予想してくれるのは、レースリプレイを繰り返し見ることによって、競走馬の基本能力を見抜く予想スタイルで的中を重ねているウマニティ公認プロ予想家の豚ミンCプロ。ここ3週続けて重賞的中と、乗りに乗っている予想家の結論にご注目ください。

本命は⑨エポカドーロ。「前走はあの位置から伸びないのであれば距離に敗因を求めるのが妥当。中山は得意で、皐月賞のような展開が見込める今回はチャンス」と適舞台での変わり身に期待しました。対抗は「54キロの斤量は有利で、一気の差し切りもありえる」⑤ディアドラ。単穴は「得意の中山なら外す理由はとくにない」①ウインブライト。馬券は単勝⑨、ワイドボックス①⑤⑨、3連複①⑤⑨で勝負します。本レース以外の豚ミンCプロの予想は、ウマニティのウマニティのプロ予想MAXでご確認ください。
(ウマニティ編集長・岡田大)


------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ(関東版)競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢30名超のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2019年2月22日(金) 14:00 TARO
逃げの武豊、長丁場の岩田・蛯名……今さら? でもまだ使える一流騎手の得意パターン/中山記念展望
閲覧 1,400ビュー コメント 0 ナイス 5

今年最初のJRA G1・フェブラリーSは1番人気のインティが逃げ切り勝ち。7連勝でのG1制覇となった。キタサンブラックコパノリッキーなど、近年何度も見た武豊騎手による逃げ切りだった。

かつては溜めて末脚を伸ばすのが武豊騎手の必勝パターンだったが、近年は鮮やかな逃げ切りも目立つようになった。たった1回きりなら偶然で済ませられるが、2度3度起こることはもはや必然。武豊騎手の技術力がそれを可能にしているのだろう。

新時代の競馬における、

「逃げの武豊

は今後も覚えておいて損はない。


~覚えておいて損はない”騎手のパターン”

そして、先週の重賞では武豊騎手同様にベテラン騎手が持ち味を生かして好走するシーンが多々見られた。

ダイヤモンドSでは、岩田騎手が人気のユーキャンスマイルで馬群に突っ込んでキッチリ勝たせ、長丁場での強さを改めて見せつけた。思えば15年前、同騎手が初めて中央G1を制したのも長丁場の菊花賞デルタブルース)だった。

「長丁場の岩田」

「イン差しの岩田」

は今でも健在だ。

また、直前のレースでは1倍台の断然人気だったアドマイヤビクターで逃げて3着に敗れていたが、

「逃げの岩田は過信禁物」

というのも、以前から格言として胸に秘めている。先日の佐賀記念でもテーオーエナジーで逃げたものの、早々に捕まって3着に敗れている。逃げの武豊とは対照的である。

長丁場といえば、ダイヤモンドSでカフェブリッツを3着に持ってきた蛯名騎手も、中長距離でこそのジョッキーだ。

昨年のステイヤーズSをリッジマンで制したのが記憶に新しいところだが、それ以前を見ても重賞勝ちは2000m以上がズラリと並ぶ。2000m未満の重賞勝利は2016年の共同通信杯ディーマジェスティ)まで遡る必要があり、以後の重賞7勝は、マリアライト宝塚記念ゴーフォザサミット青葉賞など、いずれも2000m以上だ。

「長丁場の蛯名」

は、20世紀から言われていることだが、現在でも通用する格言といえそうだ。

同じくダイヤモンドSでサンデームーティエを2着に粘らせた江田照騎手は、穴の江田照とかつて言われたが、久々に存在感を見せつけた。そして、最終レースでも返す刀で逃げ切り勝ちを決めた。

またフェブラリーSでは、

「大一番でしれっと2~3着に中穴を持って来る福永」

ともいうべき、ユラノトの好走が見られた。ワグネリアンでダービーを制した印象が鮮烈だが、やはり本来は安定感とソツの無さこそが持ち味の騎手なのだろう。

逃げ先行の川田、荒れ馬場の藤岡佑、差しの北村友などなど…中堅世代の騎手たちにもいろいろ特徴がある。細かな特徴や例外を考えることも大事だが、このように大雑把に騎手の特徴を捉えておくだけでも、馬券には大いに役に立つだろう。


中山記念はスケールよりも小回り対応力を重視

さて、今週は中山記念。11頭と少頭数ながら、なかなか注目のメンバーが揃った印象だ。

当然実績を考えればスワーヴリチャードだろうが、中山1800mへの対応を考えると怪しい面もある。当レースは基本的に立ち回り重視で、中距離の差しタイプは危ない。

そう考えると、狙いたいのは小回り対応のスピードを秘めたタイプ。前走好内容で地力強化を感じさせるウインブライトには注目。松岡騎手も久々に気合が入っており、この馬に乗るというモチベーションも、故障からの早期復帰に繋がったのだろう。

また、久々の適距離に戻って巻き返しに期待できそうなエポカドーロにも注目したい。神戸新聞杯は出遅れ、菊花賞は内が伸びない馬場で、まして3000mはこの馬には長すぎた印象だ。中山1800mならば好勝負は必至とみる。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。2018年12月14日には最新刊『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)をリリース。

[もっと見る]

2019年2月17日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2019年02月17日号】特選重賞データ分析編(138)~2019年中山記念~
閲覧 1,991ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 天皇陛下御在位30年慶祝 中山記念 2019年02月24日(日) 中山芝1800m内


<ピックアップデータ>

【前走の距離別成績(2014年以降)】
○2000m以下 [3-5-4-23](複勝率34.3%)
×2000m超 [2-0-1-20](複勝率13.0%)

 臨戦過程に注意したい一戦。2014年以降に限ると、前走が2000m超のレースだった馬は安定感を欠いています。なお、前走の距離が2000m超、かつ前走の着順が4着以下だった馬は2014年以降[0-0-0-19](複勝率0.0%)と好走例なし。2000m超のレースを経由してきたにもかかわらず3着以内となったのは、その前走で連対を果たしていた馬だけです。

主な「○」該当馬→ステルヴィオディアドラマイネルサージュ
主な「×」該当馬→エポカドーロスワーヴリチャード、ハッピーグリン


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“前年以降、かつJRA、かつ2000m以下、かつG1のレース”において12着以内となった経験がある」馬は2014年以降[5-3-5-18](複勝率41.9%)
主な該当馬→エポカドーロステルヴィオ

[もっと見る]

2018年10月26日(金) 14:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(10/20~10/21)覆面ドクター・英プロが日曜83万オーバーなど披露で収支トップ!
閲覧 642ビュー コメント 0 ナイス 2



先週は、21(日)に京都競馬場でG1菊花賞が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1菊花賞は、単勝3.4倍の1番人気にブラストワンピース、同3.6倍の2番人気エタリオウ、同5.5倍の3番人気エポカドーロと混戦模様のオッズを形成し、以下は少し差が開いて4番人気ジェネラーレウーノ、5番人気メイショウテッコンの上位人気となってスタートの時を迎えます。好スタートを切ったのはジェネラーレウーノで、あっさりと1馬身ほどの差をつけてハナへ。控える形になった最内アイトーンに、エポカドーロカフジバンガードアフリカンゴールドコズミックフォースあたりが外から競りかけ2番手グループ4~5頭の態勢で1週目の3~4コーナーを通過していきます。すんなりと先手争いを制したジェネラーレウーノが、リードを保ったまま前半1000mを62.7秒(推定)で通過。詰めかけた5万5000人の観衆を前に、17頭を従えて1コーナーへと向かいます。1番人気ブラストワンピース、2番人気エタリオウはいずれも中団~後方集団。その他の人気馬は、ジェネラーレウーノを筆頭に各馬先行策で向こう正面を通過し、2週目へ突入していきます。依然、ペースの上がらない一団馬群は、ジェネラーレウーノを先頭に、カフジバンガードエポカドーロコズミックフォースアフリカンゴールドメイショウテッコンフィエールマンアイトーンエタリオウユーキャンスマイルブラストワンピースグロンディオーズタイムフライヤーグローリーヴェイズステイフーリッシュシャルドネゴールドグレイルオウケンムーンの隊列で、3コーナーを迎えます。早めの進出を開始するフィエールマンに、連れるようにしてアフリカンゴールド。さらに後方外からはエタリオウブラストワンピースと外に広がって徐々にポジションを上げにかかると、先頭のジェネラーレウーノのリードはほとんどなくなって直線へ。
各馬外に広がったなかから、最内エポカドーロ、中ほどを通ってエタリオウが内外分かれて一歩抜け出す構え。ここに、2頭の間を突くようにフィエールマンユーキャンスマイルと脚を伸ばし、エタリオウの外からはタイムフライヤーブラストワンピースらも迫ります。最内のエポカドーロタイムフライヤーは脚が鈍り徐々に後退。グイグイとエタリオウを内から追うフィエールマンに、鞍上武豊騎手の左鞭に応えて2頭を追うユーキャンスマイル。これら3頭からは、若干離されてブラストワンピースといった態勢で残り100mを通過。内で一旦先頭に立ったフィエールマンを、再び差し替えそうかという勢いで盛り返すエタリオウ。2頭による激戦に持ち込まれましたが、軍配は内のフィエールマンに上がり、G1初制覇。史上最少となるキャリア4戦での菊花賞Vを飾っています。ハナ差2着エタリオウから1馬身1/2差の3着には10番人気ユーキャンスマイルが入り、1番人気ブラストワンピースはそこから3/4馬身差の4着に敗れています。
公認プロ予想家では、夢月プロサラマッポプロdream1002プロサウスプロら計4名が的中しています
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
21(日)の京都5Rで計9万5,540円払戻しを披露すると、東京8Rでは3連単1036倍×800円分を含む計83万320円払戻しのビッグヒットを達成!さらに、勝負レース指定の東京9Rでもダメ押しとなる10万380円の払戻をマークしました。週間トータルでは、回収率169%、収支は断トツトップの50万2,860円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
新潟2Rでの的中で好スタートを切った21(日)。メインのG1菊花を、◎フィエールマン-▲エタリオウで仕留めると、東京12Rの◎バレッティ的中で締め括り、この日大幅プラスを達成。週間トータルでは、回収率156%の好成績で終えています。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
20(土)を、新潟7Rキョウエイオビエド(単勝84.8倍)、勝負レース東京7R▲○◎、同新潟10Rプリンスオブペスカ(単勝1点1万円勝負)、東京10Rクレマンダルザス(単勝112.6倍)と、自在の予想を展開しプラス収支を達成。21(日)にも新潟9Rの◎ハーツブライト的中などで活躍を披露した先週は、土日2日間計117%の好成績を収め2週連続週末プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
20(土)新潟9Rでの◎キーフラッシュ(単勝18.8倍)の単勝1点1万円勝負的中で、18万オーバーのスマッシュヒットを披露。他にも先週は、同京都8Rの◎プティットクルール(単勝21.8倍)的中や、同東京9R、21(日)東京8R、同京都10Rなどで好調予想を連発。週間トータルでは、回収率119%を達成しています。
 
 
 
この他にも、ジョアプロ(127%←2週連続週末プラス)、西野圭吾プロ(110%←2週連続週末プラス)、きいいろプロ(108%←3週連続週末プラス)、スガダイプロ(102%)、くりーくプロ(101%←2週連続週末プラス)、馬っしぐらプロ(100%←2週連続週末プラス)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。

また、先週は新潟11Rで22万8,540円のスマッシュヒット披露の金子京介プロ(226%)や奥野憲一プロ(113%)ら、JRDBから期間限定参戦中の予想家たちも活躍をみせています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

エポカドーロの口コミ


口コミ一覧
閲覧 46ビュー コメント 0 ナイス 4

https://youtu.be/IXQnblLAmeU

さっ、明日平成31年3月13日はSILENTSIRENのアルバム31313(サイサイさん)の発売日であります。自分はもうフラゲしたんで全部聞きましたけども、REBORNって曲の最初の20秒でなんか泣きました。人生二度目の音楽で泣くという出来事です(初めてはミスチルの終わりなき旅)、まさかこのかわいい声のボーカルの曲で泣くとは。しかも泣いといてアルバムで一番好きな曲かと言われたら他も良いから甲乙つけがたい

今週の競馬は個人的には1,3,13番もしくは1,3,13番人気に注目したいです。スプリングステークスの本命は唯一のオルフェーヴル産駒タガノディアマンテ一択なんですけどね。タガノディアマンテ予想オッズなんでこんな人気無いんですかね、血統だってオルフェーヴル産駒は去年エポカドーロが2着だし、タガノディアマンテの母タガノレヴェントンはタガノトネール(父ケイムホーム、武蔵野ステークス勝ち)とタガノエスプレッソ(父ブラックタイド、デイリー杯2歳ステークス勝ち)の重賞馬二頭出してて良血なんだがな、こんな父が二流で重賞勝ってんだからオルフェーヴル産駒ならもっと人気出ろよ

ここの予想を見てタガノディアマンテ買ったら当たったよって方、そのお金で記念に31313を買ってくれると嬉しいよ。4月公開の映画『ラ』を見に行くでも構いませんよ!(エンディングテーマがREBORN)まあ当たるかどうかは知らないけども!

 Haya 2019年3月1日(金) 07:00
【~術はある~】(2019.3.1.)(オーシャンS、チューリップ... 
閲覧 244ビュー コメント 0 ナイス 6

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。
日増しに暖かになりましたが、昨日までの寒さがウソみたいな暖かさ?
明後日は、ひな祭り。来週6日(水曜)は、”啓蟄”。

何故でしょう?我が懐だけでしょうか?
冬将軍が居座り続けているのは…。 (@_@;)

<啓蟄(けいちつ)とは?>
今年は、3月6日。
春の暖かさを感じて、冬ごもりしていた虫が外に這い出てくるころのことである。「啓」には「ひらく、開放する、(夜が)明ける」などの意味、「蟄」に は「冬ごもりのために虫が土の下に隠れる、とじこもる」という意味がある。暦の二十四節気のひとつで、雨水後15日目の3月6日頃に当たります。


【週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数活用術予想篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ活用術予想篇)
木曜日 : 週末の重賞(インパクトデータ活用術予想篇)
金曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

水曜TARGET frontier JVから血統データへ変更。
木曜インパクトデータをアップデート。

※「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【活用術予想 途中悔過】
第03期(2月24日~3月17日)7日間(中山記念~阪神大賞典:全12戦)

週末は、スタートダッシュができたのか?

日曜、G2中山記念では、4頭を推奨。
(エポカドーロ、ステルヴィオ、スワーヴリチャード、ディアドラ)
馬番コンピの予想では、(7,5,9,1,10)BOX狙いを参考にして、
5番ディアドラ軸で勝負!
3連複(3,5⇒1,7,9,10)
結果は、ハズレ…(ノД`)・。

日曜「中山記念」の軸馬ディアドラは、直線中団のまま6着入線。もう1頭軸馬ラッキーライラックは、先行から直線で弾けて2着入線!思い描いていた通りには、上手くいきませんね…(ノД`)・゜・。反省点として、G2戦だけに有力候補すべて、この先に目標レースがあるため、過去の実績だけでは計り知れない?唯一、中山巧者だけは外せない。ここは、血統から探るしか手立ては無い!?




日曜、G3阪急杯では、4頭を推奨。
(スターオブペルシャ、ダイアナヘイロー、ミスターメロディ、リナーテ)
馬番コンピの予想では、(16,1,3,14,11)BOX狙いを参考にして、
1番レッツゴードンキ軸で勝負!
ワイド(1⇒3,6,14,16,17,18)
結果は、ダブル的中!(ワイド3,770円/700円)

日曜「阪急杯」の軸馬レッツゴードンキは、直線で弾けて2着入線!優勝馬は、意外にも外枠から飛び込んできただけに、驚いた!?一応、狙い通りの結果でした。有難うございました。反省点として、基本的には内枠有利なので、軸馬は7馬番より内側から選定。相手馬は、前走が着差0.4秒以内なら着順は関係なし!そこに穴馬が潜んでいるはず!?ちなみに今年の優勝馬スマートオーディンが、前走・京都金杯10着(着差0.4秒 上がり1位)だった。



【先週ブログのなかで推奨した結果】
中山記念=エポカドーロ(5着)、ステルヴィオ(3着)、スワーヴリチャード(4着)、ディアドラ(6着)
阪急杯=スターオブペルシャ(9着)、ダイアナヘイロー(6着)、ミスターメロディ(7着)、リナーテ(回避)


【今週の重賞データ 検証&有力馬】

【オーシャンS】(芝1200㍍戦)(別定)
【好走データ篇】【プラスデータ】
①前走距離(芝12~1400㍍)
②前走馬体重(480㌔以上)
③前走6番人気以内かつ5着以内


今年出走予定馬で検証(項目順に該当外馬を消去)
➀該当外:コスモドーム、ショウナンアンセム、ナリタスターワン、ユキノアイオロス
②該当外:イエローマリンバ、エスティタート、エントリーチケット、カイザーメランジェ、クインズサリナ、スタークニナガ、ラブカンプー
③該当外:アドマイヤゴッド、キングハート、スノードラゴン、ダイメイフジ、ダイメイプリンセス、ナインテイルズ、ペイシャフェリシタ

【該当馬のみ検証】
①芝1200㍍戦実績(連対率/複勝率)
②中山(芝)実績(連対率/複勝率)

ナックビーナス①(5-5-3-5)56%/72% ②(3-6-1-1)82%/91%
モズスーパーフレア①(5-1-1-2)67%/78% ②(2-1-0-0)100%/100%
レジーナフォルテ①(4-0-2-12)22%/33% ②(1-0-2-5)13%/38%

【オーシャンSの有力馬】
ナックビーナス、モズスーパーフレア、レジーナフォルテ


【チューリップ賞】(芝1600㍍戦)(別定)
【好走データ篇】【プラスデータ】
①前走クラス(重賞組、オープン組)(500万、未勝利=着差0.3秒以上の勝ち馬)
②キャリア(5戦以内)
③前走脚質(上がり3位以内)
④前走4人気以内かつ5着以内(重賞連対経験馬は除く)

今年出走予定馬で検証(項目順に該当外馬を消去)
➀該当外:アフランシール、ココフィーユ、シゲルピンクダイヤ、シャドウディーヴァ、タニノミッション、ハニーウィル、ブリッツアウェイ、マルモネオフォース
②該当外:オーパキャマラード
③該当外:ドナウデルタ、メイショウショウブ
④該当外:サムシングジャスト

【該当馬のみ検証】
①芝1600㍍戦実績(連対率/複勝率)
②阪神(芝)実績(連対率/複勝率)

シェーングランツ①(1-0-0-1)50%/50% ②(0-0-0-1)0%/0%
ダノンファンタジー①(2-1-0-0)100%/100% ②(2-0-0-0)100%/100%
ノーブルスコア①(1-1-1-0)66%/100% ②未出走
ブランノワール①(1-1-0-1)66%/66% ②(1-0-0-0)100%/100%

【チューリップ賞の有力馬】
シェーングランツ、ダノンファンタジー、ノーブルスコア、ブランノワール



【弥生賞】(芝2000㍍戦)(別定)
【好走データ篇】【プラスデータ】
①キャリア(6戦以内)
②前走クラス(重賞組、オープン組)(500万=勝ち馬)
③前走距離(芝16~2000㍍)
④前走脚質(上がり3位内)

今年出走予定馬で検証(項目順に該当外馬を消去)
➀該当外:ナイママ、ラバストーン
②該当外:シュヴァルツリーゼ、ヴァンケドミンゴ
③該当外:サトノラディウス
④該当外:クリノガウディー、ブレイキングドーン、メイショウテンゲン

【該当馬のみ検証】
①芝2000㍍戦実績(連対率/複勝率)
②中山(芝)実績(連対率/複勝率)

カントル①(1-1-0-0)100%/100% ②未出走
ニシノデイジー①(0-0-1-0)0%/100% ②(0-0-1-0)0/100% *ホープ(G1)3着(着差0.3秒)
ラストドラフト①(1-0-0-0)100%/100% ②(1-0-0-0)100%/100% *京成杯(G3)勝ち馬

【弥生賞の有力馬】
カントル、ニシノデイジー、ラストドラフト


【今週末の重賞レースの注目馬】
オーシャンS=ナックビーナス、モズスーパーフレア、レジーナフォルテ
チューリップ賞=シェーングランツ、ダノンファンタジー、ノーブルスコア、ブランノワール
弥生賞=カントル、ニシノデイジー、ラストドラフト



過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
オーシャンS=中山(芝)1200=B(74)内枠有利。
チューリップ賞=阪神(芝)1600=B(75)外枠有利。
弥生賞=中山(芝)2000=B(76)外枠差し馬不利。


【日刊馬番コンピ指数活用術予想 結果報告】
(中山記念)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1~5位までの5頭BOX 10点。
(7,5,9,1,10)BOX
結果 1⇒3⇒7
指数4位⇒6位⇒1位
結果は、ハズレ…(ノД`)・。


(阪急杯)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1~5位までの5頭BOX 10点。
(16,1,3,14,11)BOX
結果 17⇒1⇒3
指数6位⇒2位⇒3位
結果は、ハズレ…(ノД`)・。



【今週末の重賞レースの馬番コンピ指数活用術予想篇】

(オーシャンS)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1~6位までの15頭BOX 10点。


(チューリップ賞)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1位から
指数2、3、8~10位までの5頭へ流して5点。


(弥生賞)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1位から
指数2~6位までの5頭へ流して5点。


詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

[もっと見る]

 ネアルコとハイペリオ 2019年2月26日(火) 19:28
今さら血統で気付いたんですけど
閲覧 72ビュー コメント 0 ナイス 19

オルフェーヴル産駒のG1馬エポカドーロとラッキーライラック。エポカドーロは母父フォーティナイナーでラッキーライラックは母父父父フォーティナイナーなのね。フォーティナイナーにオルフェーヴルは黄金配合かもしれんね

[もっと見る]

⇒もっと見る

エポカドーロの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

エポカドーロの写真

エポカドーロの厩舎情報 VIP

2019年2月24日中山記念 G25着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

エポカドーロの取材メモ VIP

2019年2月24日 中山記念 G2 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。