エポカドーロ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
エポカドーロ
エポカドーロ
エポカドーロ
エポカドーロ
エポカドーロ
写真一覧
現役 牡3 黒鹿毛 2015年2月15日生
調教師藤原英昭(栗東)
馬主株式会社 ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン
生産者田上 徹
生産地新ひだか町
戦績 6戦[3-2-1-0]
総賞金26,206万円
収得賞金11,500万円
英字表記Epoca d'Oro
血統 オルフェーヴル
血統 ][ 産駒 ]
ステイゴールド
オリエンタルアート
ダイワパッション
血統 ][ 産駒 ]
フォーティナイナー
サンルージュ
兄弟 ダイワインスパイアダイワフェーム
前走 2018/05/27 東京優駿 G1
次走予定

エポカドーロの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/05/27 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 1861210.542** 牡3 57.0 戸崎圭太藤原英昭490(-2)2.23.7 0.134.7ワグネリアン
18/04/15 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 164714.571** 牡3 57.0 戸崎圭太藤原英昭492(0)2.00.8 -0.335.1④④④④サンリヴァル
18/03/18 中山 11 スプリングS G2 芝1800 13455.332** 牡3 56.0 戸崎圭太藤原英昭492(-4)1.48.1 0.034.7ステルヴィオ
18/02/10 小倉 9 あすなろ賞 500万下 芝2000 12112.511** 牡3 56.0 戸崎圭太藤原英昭496(-2)2.00.8 -0.635.2スーパーフェザー
18/01/21 京都 5 3歳未勝利 芝1600 16485.641** 牡3 56.0 福永祐一藤原英昭498(+14)1.36.1 -0.435.8ラノカウ
17/10/09 京都 5 2歳新馬 芝1800 106617.243** 牡2 55.0 北村友一藤原英昭484(--)1.50.9 0.534.2タングルウッド

エポカドーロの関連ニュース

 エポカドーロの皐月賞優勝祝賀会が24日、京都市内のホテルで関係者やユニオンオーナーズクラブの会員ら約400人を集めて行われ、藤原英調教師、戸崎騎手らのトークショーなどで大いに盛り上がった。同馬は神戸新聞杯(9月23日、阪神、GII、芝2400メートル)で始動し、菊花賞(10月21日、京都、GI、芝3000メートル)へ向かう。



★エポカドーロの競走成績はこちら

【宝塚記念】東西調教ウオッチャー 2018年6月22日(金) 05:04

 柴田 関東馬は厳選3頭だぞ。

 長田 それしかいないじゃないですか。まあ、関西馬からいきますわ。イチオシはヴィブロスですね。

 柴田 坂路で4ハロン58秒7-13秒8って、遅すぎるだろ。

 長田 何をおっしゃいますか。1週前に福永騎手が乗ってWコースで3頭併せ。6ハロン80秒9-11秒3と抜群の切れを見せました。当週の時計が遅いからといって侮ると、ダービーのエポカドーロみたいに痛い目に遭いますよ。

 柴田 そんな昔の話は忘れた。関東馬は3頭の中で厳選すればゼーヴィント。Wコースで1週前に6ハロン83秒7-12秒4を単走で追って、今週は4ハロンから3頭併せで53秒7-12秒2。道中はしっかり脚をためて、直線で一気に2頭を抜き去った。骨折休養明け3戦目で、完全に復調を感じさせる内容。一変してもおかしくないぞ。

 長田 時計的に優秀だったのは音無厩舎勢。2頭で併せたミッキーロケットダンビュライトですが、特にミッキーが良かったです。坂路の馬場状態はよくない中、4ハロン50秒7-12秒3で1馬身先着しましたからね。力は出せる態勢です。



宝塚記念の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【宝塚記念】上昇パフォーマプロミス終い12秒2! 2018年6月20日(水) 11:51

 目黒記念3着から上昇カーブを描くパフォーマプロミスは、雨中の栗東CWコースで単走。余力たっぷりにラスト1F12秒2をマークした。

 「ここが目標。1回使って着実に上向いた。体質が弱かったのが脚や腰がしっかりしてコンスタントに使えるようになった。スローペースの前走でも折り合いに問題はなかったし、2200メートルは良さそう」と田代助手。過去10年で5勝のステイゴールド産駒、エポカドーロ皐月賞V&ダービー2着の藤原英厩舎×戸崎騎手だけに侮れない。(夕刊フジ)

宝塚記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【若駒ピカイチ】ショウリュウイクゾ 2018年6月19日(火) 05:00

 ◆ショウリュウイクゾ(17日、阪神新馬、芝1600メートル)=栗・佐々木、牡、父オルフェーヴル、母ショウリュウムーン(その父キングカメハメハ

 《戦評》出遅れて後方から。勝負どころでも物見をするなど、幼さをのぞかせたが、直線は馬群の間を突き抜けた。上がり3ハロン34秒5はメンバー最速。追ってから味があった。

 《血統》父は初年度からラッキーライラック阪神JF)、エポカドーロ皐月賞)と2頭のGI馬を出した。母は現役時にチューリップ賞など重賞3勝を含め、1600~1800メートルで通算5勝の活躍馬。

 《将来性》母も手がけた佐々木調教師は「切れ味は母親譲り。(馬群の)間を割ってきたし、新馬戦としてはいい競馬だった」と評価。次走は新潟2歳S(8月26日、新潟、GIII、芝1600メートル)を視野に入れている。血統的にも成長力があり、今後が楽しみだ。



ショウリュウイクゾの競走成績はこちら

[もっと見る]

【安田記念】前走に続き落鉄…アエロ、クビ差2着 2018年6月4日(月) 05:05

 第68回安田記念(3日、東京11R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝1600メートル、1着本賞金1億1000万円 =出走16頭)クビ差に泣いた2着アエロリットは、レース後、右前脚の落鉄が判明した。菊沢調教師は「戻ってきて(蹄鉄が)ないのでびっくりした。どこで外れたかはわからないけど、映像を見ると直線ではもうなかった」と、左前脚を落鉄した前走に続いてのアクシデントに落胆の表情。ダービー(エポカドーロ)から2週連続“銀”の戸崎騎手は「柔らかみがあって前回よりすごく状態は良かった。最後も持ち味は発揮している」とパートナーの健闘をたたえた。





★3日東京11R「安田記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【次走報】ダービー2着エポカドーロ、神戸新聞杯で始動 2018年5月31日(木) 05:00

 ★2着エポカドーロ(栗・藤原英、牡)は、神戸新聞杯(9月23日、阪神、GII、芝2400メートル)で始動し、菊花賞へ向かう予定。

 ★9着アドマイヤアルバ(栗・須貝、牡)、11着タイムフライヤー(栗・松田、牡)はともに放牧へ。秋は、菊花賞を目標にする。

 ★12着キタノコマンドール(栗・池江、牡)は、近日中に放牧に出される。今後は未定。

 ★14着グレイル(栗・野中、牡)は放牧を挟み、セントライト記念(9月17日、中山、GII、芝2200メートル)か神戸新聞杯を視野に入れる。

 ★16着ジェネラーレウーノ(美・矢野、牡3)は、今週中に福島県のノーザンファーム天栄へ放牧。セントライト記念を視野に。

[もっと見る]

⇒もっと見る

エポカドーロの関連コラム

閲覧 552ビュー コメント 0 ナイス 5

まずはお知らせです。日曜日の11時50分ごろより、東京競馬場のゴール前特設ステージにて、ウマニティ主催のユニコーンステークス予想検討会が開催されます。午前中から現地にお越しの方は、ぜひイベント会場まで足をお運びください。また、フジビュースタンドのゲストルームでは、ウマニティ公式オフ会も行われます。参加を予定されている皆さん、会場でお会いしましょう。そして、楽しい時間を共有しましょう。

それでは、ウマニティ予想コロシアムのほうに目を移します。先週をもちまして、第142回大会が終了しました。オークス日本ダービーが行われるなど注目度の高かった本大会を制したのは、的中率34%・回収率2,131%という圧倒的な成績を叩き出したタニシコさんです。2位の上海こうぞうさんに3.9の予想偏差値差をつけての文句ナシのV。これが嬉しい初優勝となりました。タニシコさん、おめでとうございます!

大会を通じて安定した予想実績を残してきたタニシコさんですが、優勝の最大の要因は大波乱となった日本ダービー3連単と3連複を大的中させたからにほかなりません。勝ったワグネリアンに○、2着のエポカドーロに◎を打ち、この2頭を中心に勝負して3,377,900円の払戻し。まさに見事の一語に尽きるでしょう。続く第143回大会でも、アグレッシブな予想を披露してほしいと思います。2連覇を目指して今週も頑張ってください。

ここ最近、成績が更新されるたびに順位が激しく変動してきた“キング・オブ・コロシアム”争いは、前回更新時に頂点に立ったウィークさんが初防衛を果たしてみせました。第142回大会は的中率17%・回収率141%という素晴らしい成績をマークしてその座をキープ。2位のごりぼすさんに2の予想家レベル差をつけています。このところ長期政権を築く絶対王者が現れていないので、ウィークさんには行けるところまで行ってほしいですね。第143回大会での王者の予想に期待しましょう。




なお、予想コロシアムのランキングに入るためには、規定予想レース数をクリアする必要があります。週間ランキングは6レース、大会ランキングは24レースの登録が条件となりますので、仮に超高額配当を一発当てたとしても、予想レース数が規定に満たない場合は上位にランクされませんのでご注意を!

予想自慢の方も、競馬初心者の方も、予想コロシアムでぜひ腕試しをしてみませんか? お金を賭けずに競馬予想ができ、成績も自動集計してくれますので、予想シミュレーションツールとして、とても便利ですよ!

大会成績の上位者には、トロフィーや賞状のアイテムがプレゼントされ、更に副賞として、ウマニティを更に楽しくする『ウマニティ・ポイント』が進呈されます。

優勝者:    10万ポイント
2位~10位:  5万ポイント
11位~20位: 3万ポイント

『予想コロシアム』に参加するにはウマニティの会員登録(無料)が必要です。
まだ会員でない方は、コチラから会員登録(無料)してください。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年6月2日() 08:00 山崎エリカ
【山崎エリカのG1ナビゲーション】~2018安田記念~
閲覧 1,345ビュー コメント 0 ナイス 2



先週の日本ダービーは、とってもセンセーショナル! 福永騎手が19度目の挑戦で、福永家悲願のダービー制覇を果たしました。キングヘイローで大失態(1~2コーナーから引っ掛かり倒して、逃げ馬セイウンスカイのハナを叩く)した初挑戦の日本ダービーから、本当に長い道のりでした。


■2018春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=10147


 福永騎手は、キングヘイローのトラウマからか、これまで折り合いに拘りすぎるほど、後方からの騎乗が目立ちましたが、今回は積極策。しかし、キングヘイローのときと大きく異なるのは、前にコズミックフォースという壁を作りながらの積極策だったことです。
 私は、当初ワグネリアンが本命◎の予定でしたが、東京があまりに高速馬場の上に大外17番枠。折り合いに拘る優等生的な競馬をした場合、相当にロスのある競馬になると想定して本命にするのをやめました。しかし、エポカドーロが逃げて、2番手がコズミックフォースという外枠の競馬になるとは想定できなかったので仕方がありません。

 また、1番人気のダノンプレミアムは直線で詰まって脚を余しての6着凡退。馬の状態が万全ではなかった部分もあるにせよ、一番の敗因は、川田騎手が上手く進路が取れなかったことが理由なのに、大喜びで福永騎手を祝福しに行くとは何事か? 馬を精一杯走らせた上での敗北→祝福ならばともかく、ミスした上での祝福は陣営にも競馬ファンにも失礼だとは考えないのかなあ?

 さて、今週は、安田記念。今年は、昨年の安田記念からガラリとメンバーが入れ替わり、古馬中距離路線組も混在。勢力図が気になる方も多いのではないでしょうか? 今週も出走馬が経由した過去1年以内のレベル(決着指数)が高かったレースをピックアップしてみましたので、ぜひ、参考にしてください♪


 ★レベル1位 2017年 天皇賞(秋) (PP指数27pt)

 天皇賞(秋)当日は、不良馬場でスタートし、さらに雨が降り続いて極悪馬場。4コーナーで外へ広がっていく中で、サトノクラウンが内に進路を取り、出遅れて後方からの競馬となったキタサンブラックがそれに続く形。極悪馬場らしく、道中ペースが緩まずに、ラスト1Fで14秒0まで失速したレース。キタサンブラックは出遅れたことで展開にも恵まれ、進路にも恵まれました。
 
 極悪馬場らしく、前に行って、我が身かわいさに4コーナーから馬場の良い外を通した馬は、展開も厳しく、コーナーロスも多く、最悪だったレース。このレースを先行して馬場の中目を通して4着だったリアルスティールは、なかなか強い内容だったと言えます。しかし、道悪の消耗戦で厳しいレースをしたことで、調子を崩し、今年のドバイターフは前哨戦を使えずにぶっつけ本番という形。今回は、休養明け2戦目。一度レースを使われたことで、上積みはあるのかと言ったところ。

[もっと見る]

2018年5月30日(水) 18:40 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(5/26~5/27)日本ダービー的中くりーくプロを筆頭に、スガダイプロら計13名がトータルプラス!
閲覧 912ビュー コメント 0 ナイス 7



先週は、27(日)に東京競馬場でG1日本ダービーが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1日本ダービーは、皐月賞回避から仕切り直しの一戦となったダノンプレミアムが単勝2.1倍で1番人気の支持。以下、2番人気ブラストワンピースが同4.6倍、3番人気キタノコマンドールが同8.0倍、10倍台にエポカドーロワグネリアンステルヴィオの3頭が続く形で発走を迎えます。
上位人気勢では、ブラストワンピースがやや出遅れる中、先手争いはエポカドーロが制して1コーナーへ。ジェネラーレウーノダノンプレミアムテーオーエナジーコズミックフォースワグネリアンゴーフォザサミットサンリヴァルあたりも差なく続き、中団以降にブラストワンピースステイフーリッシュタイムフライヤージャンダルムオウケンムーングレイルキタノコマンドールステルヴィオエタリオウの追走。最後方はアドマイヤアルバで、一団馬群は少しずつ縦長になりながら向こう正面へ。
エポカドーロジェネラーレウーノを前に置き、鞍上がなだめながら追走のダノンプレミアムはここでようやく少し落ち着きを見せますが、後方ではこの日の馬場にしてはスローな流れにやや掛かり気味の馬もチラホラ。前半1000mを60.8秒(推定)で通過すると、3コーナーにかけて徐々に好位勢が前へのプレッシャーを強めるようにして3コーナーに突入していきます。外を回ってコズミックフォースエポカドーロジェネラーレウーノの2頭に並び掛け、背後からはワグネリアンも早めのスパート。インの4番手あたりをキープしてはダノンプレミアムの態勢で4コーナーを回って、大歓声の直線へ。
エポカドーロが渋太く先頭をキープするなか、コズミックフォースワグネリアンが外から襲い掛かり、最内を突くダノンプレミアムも徐々にエンジンを点火。2列目からはブラストワンピースも外に持ち出されてスパートを開始し、ゴーフォザサミットも末脚に賭けます。しかし、この日の馬場も相まって、内を行く早め抜け出しのエポカドーロコズミックフォースワグネリアンダノンプレミアムの4頭との差はなかなか縮まらず、むしろ広がっていく展開。ゴール手前100mでようやく後方勢も差を詰めてきますが、時すでに遅し。結局、内4頭による長い叩き合いを制した5番人気ワグネリアンが、最内でゴール直前まで食い下がったエポカドーロを差し切って優勝。嬉しいG1初制覇を日本ダービーの大舞台であげ、鞍上・福永祐一騎手も日本ダービー初制覇を飾っています。1/2馬身差2着の4番人気エポカドーロから、クビ差の3着には16番人気のコズミックフォースが粘りこんでいます。1番人気ダノンプレミアムは前との差を最後まで詰め切れず6着敗退。
公認プロ予想家では、はははふほほほプロくりーくプロエース1号プロの3名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
27(日)のG1日本ダービーでは◎ワグネリアンの予想を披露し単勝を的中。この他にも高精度で的中を散りばめた先週は、週末トータル回収率212%のトップ成績をマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →ジョアプロ
26(土)の京都6Rで◎デルマカルヴァドス(単勝26.6倍)的中計16万4,000円払戻しのスマッシュヒットをマーク!東京4R京都9R京都10R、27(日)京都8Rなどで好調予想を披露した先週は、週末トータル回収率166%、収支14万6,640円プラスを達成しています!
 
☆☆☆注目プロ →きいいろプロ
26(土)の東京6Rで◎○▲3連複86.8倍1点的中を含む計14万2,000円払戻しのパーフェクト予想を披露すると、京都12Rでは18万4,300円払戻しのスマッシュヒットをマーク!週末トータル回収率137%、収支17万7,850円プラスの好成績で終えています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
26(土)京都12Rの◎ヒップホップスワンや、27(日)京都8Rの◎サイモンラムセスなどで好調予想を披露すると、G2目黒記念も◎ウインテンダネスで的中!週末トータルでは回収率123%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
26(土)は東京4Rなどで的中を披露すると、この日の京都12R、翌27(日)の東京5R京都9Rと勝負レースをことごとく的中。締めくくりにG1日本ダービー(◎ワグネリアン)、G2目黒記念(◎ノーブルマーズ)の重賞連続ゲットを達成し連日のプラス収支を確定!週末トータルでは回収率112%を達成しています。
 
 
この他にも、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(145%←3週連続週末プラス)、馬侑迦プロ(127%)、☆まんでがんプロ(117%)、KOMプロ(116%←2週連続週末プラス)、ゼット1号プロ(112%)、豚ミンCプロ(112%)、エース1号プロ(102%)、西野圭吾プロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2018年5月26日() 12:00 ウマニティ編集長
【予想コロシアム】いよいよ日本ダービー!競馬好き飲み会もあるぞ!!
閲覧 772ビュー コメント 0 ナイス 12

一年で最も競馬が盛り上がる週末を迎えました。ダービーウィークです。現3歳世代のサラブレッドのナンバーワンが決まります。皐月賞上位組、別路線好走組、アクシデントにより皐月賞回避を余儀なくされた2歳チャンプのダノンプレミアム。素晴らしいメンバーが揃いました。本当に楽しみです。予想をするのもレースを見るのも。そしてこれに先立ち、土曜日の夜には第4回競馬好き飲み会が開催されます。豪華ゲストに楽しい企画に美味しいお酒。こちらも大盛況必至です。参加される皆さん、よろしくお願いします。笑顔と興奮と喜びに満ちたこの最高のイベントを、存分に楽しみましょう。

競馬好き飲み会が終わったあとは、日曜日の競馬予想にシフトチェンジ。未勝利もG1も払戻率は原則的に同じですが、やっぱり特別なレースであるダービーは当てたいですよね。今週は、ダービー的中の強力な援軍になってくれそうな予想家を紹介します。僕が注目したのは、ウマニティ予想コロシアムのレース分析部門のNo.1予想家H&Mさんです。今年はビッグレースで勝負強さを見せており、G1では回収率288.9%という圧倒的な成績をマーク。下記4つのレースを見事に的中させています。

皐月賞
エポカドーロ◎で10万円超の払戻し!

天皇賞(春)
シュヴァルグランを軸に馬連・3連複をズバリ!

ヴィクトリアマイル
◎○の1、3着ワイドでガッチリ!

オークス
馬連2点予想で大的中!

H&Mさんは今年、古馬戦の回収率82.6%に対し、3歳限定戦は同99.2%を計上。芝2000m超では回収率132.8%を誇っています。G1、3歳限定戦、芝2400mと得意条件が重なるダービー予想に大きな注目が集まることは言わずもがな。レース分析部門No.1予想家の底力に期待しましょう。




なお、予想コロシアムのランキングに入るためには、規定予想レース数をクリアする必要があります。週間ランキングは6レース、大会ランキングは24レースの登録が条件となりますので、仮に超高額配当を一発当てたとしても、予想レース数が規定に満たない場合は上位にランクされませんのでご注意を!

予想自慢の方も、競馬初心者の方も、予想コロシアムでぜひ腕試しをしてみませんか? お金を賭けずに競馬予想ができ、成績も自動集計してくれますので、予想シミュレーションツールとして、とても便利ですよ!

大会成績の上位者には、トロフィーや賞状のアイテムがプレゼントされ、更に副賞として、ウマニティを更に楽しくする『ウマニティ・ポイント』が進呈されます。

優勝者:    10万ポイント
2位~10位:  5万ポイント
11位~20位: 3万ポイント

『予想コロシアム』に参加するにはウマニティの会員登録(無料)が必要です。
まだ会員でない方は、コチラから会員登録(無料)してください。

[もっと見る]

2018年5月25日(金) 22:58 夢月
【各馬の前走と妙味】~2018日本ダービー~
閲覧 1,003ビュー コメント 0 ナイス 5



東京芝2400m左回りで行われる日本ダービー
簡単にレースの特徴を説明したうえで出走馬の前走を踏まえた妙味について書いていきたいと思います。


■2018春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=10147


■レースの特徴■
直線を迎えるとすぐに急坂があり、そのまま長い直線のため瞬発力と持続力を同時に求められるコース。
内をロスなく立ち回ってどれだけスタミナを温存出来るかが鍵となります。
求められるものが多く地力を発揮しやすいので荒れにくいレースと言えるでしょう。
力を出しやすいということは極端なペースになりにくいということでもあるので、前にしろ後ろにしろ極端な脚質は軽視した方が良さそうです。
BコースからCコースに替わるので穴が来やすいのはやはり内枠。
それに加えて今回は平均的な時計から1秒以上も速い超高速馬場で、例年以上に切れ味が求められるでしょう。
冒頭に述べた基本的な考えとは逆になってしまいますが、今年の場合は決め手さえあれば何とかなりそうな馬場。とくれば、(例年と比べて)多少荒れやすいと言えるのではないでしょうか。


■前走の分析■

アドマイヤアルバ
●前走京都新聞杯 G2 2着 (経由3頭)
やや折り合いを欠くも、中団の後ろで何とか我慢。
3~4コーナーで大外から一気の仕掛けで押し上げ手応え良く直線を迎えたが、早め先頭に立っていた馬をとらえられなかった。
ラストは脚が鈍っていたものの、仕掛けどころや通ったコースを考えればなかなか強い競馬をしており、戦績通り能力が高い。
ただ今回は相手が大幅に強化。
決め手ではどうしても上位陣に見劣りしてしまうし、まだ折り合い面でも課題がある。
本来は距離が伸びたほうが良いタイプなだけにもったいないところなのだが……。上手に競馬が出来ない以上厳しいか。

エタリオウ
●前走青葉賞 G2 2着 (経由2頭)
スタートで促すも1コーナーを過ぎたあたりでスっと折り合い、近走で一番スムーズに運ぶ。
終始外を回して直線で早めに抜け出したが、勝ち馬の決め手に屈した。
非常に長く脚を使えるタフな馬なので本質的にはステイヤーだろう。
より切れ味が求められる今回はさすがに厳しい印象だが、鞍上がボウマン騎手に替わるのは不気味。
さばきが硬くパワーの伝わる走りなので、道悪になれば一気にパフォーマンスを上げてきそうで要注意だ。

エポカドーロ
●前走皐月賞 G1 1着 (経由12頭)
好スタートから二手に分かれた中団馬群の先頭。
直線を迎えた時点では先頭集団に大きく離されていたが、鋭く伸びて最後は突き放した。
逃げた馬は1000m59.2で通過してハイペースを刻んでいたが、エポカドーロは61秒よりも遅いペースで1000mを通過しており、先頭から4番手の馬が既になかなかのスローペース。
そのまま前と差を詰めることなく直線を迎えたので後ろは届くわけがないし、エポカドーロが楽勝なのも納得だ。
パワータイプでスタミナを活かす馬なので切れ味勝負の今回は適性的に疑問。
さらに前走の派手な勝ち方から相当過剰人気になるのでは。

[もっと見る]

2018年5月25日(金) 22:15
【濃霧注意報DX】~日本ダービー(2018年)展望~
閲覧 1,445ビュー コメント 0 ナイス 8



 普段はディープな競馬ファンであることを極力隠し、”普通の競馬好き”という皮を被って生活している私ですが、先週辺りから普段は全く競馬に触れていない方々から、「そろそろダービーだっけ?」と聞かれることが増えました。
 その都度、出走馬の見解や血統など諸々を熱く語りたくなる衝動を抑えて、「はい、そうですよ(にっこり)」などと無難な返答を繰り返しているわけですが、1年を通してこんな現象が発生するのは、ダービーと有馬記念の時くらい。関係者、ファンのみならず、ごくごく一般の方にとっても特別なレースなんだなぁと実感します。


■2018春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=10147


 私ももう20年以上競馬を観てきていますが、ダービーウィークの高揚感、当日発走直前の何とも言えない緊張感、そしてレースが終わった後の余韻……これらは何度でも何度でも体感したくなってしまいます。そこに”予想的中”というメインディッシュが加われば、より忘れられない一日になるのは間違いないでしょう。
 今回もまたコラム執筆を通して納得いく最高の結論を導き出せることを祈りつつ……気合を入れて日本ダービー展望、まいります。



 ダービーを考える上で毎年難しい問題として挙がるのが、”皐月賞の結果が直結するか否か”という点。先週のオークス桜花賞組による上位独占という結果だったのは記憶に新しいところですが、皐月賞とダービーでは求められる適性がまるで違うために、両レースで全く違う結果になることもしばしば。昨年の皐月賞1~3着馬がダービーでは揃って圏外に沈み、皐月賞5,6着馬と青葉賞勝ち馬が上位に……といった、極端な逆転現象も発生しています。
 今年の皐月賞は昨年ほどの大荒れではなかったものの、1着が7番人気馬、2着が9番人気馬、3着が8番人気馬という、普通に考えれば十分に波乱と言えるレベルの決着。勝ったエポカドーロは着差的にも完勝と言える内容ではありましたが、逃げ馬3頭が道中後続を大きく離すという特殊な展開だったことも考えると、各馬の力量差がしっかりと出た結果とは言えないように感じています。昨年のような、敗れた馬による逆転、もしくは別路線の馬の台頭があるような予感がしてなりません。

 ……とは言っても、クラシックで2馬身差を付けて勝つというのはなかなかできない芸当。エポカドーロの能力の高さは認めるべきでしょう。非常に高いレースセンスを生かして理想的な立ち回りができていたというのも勝因ではあるのでしょうが、勝負所の手応え、追ってからの反応の速さ、刻んだラップも高い評価ができるもの。7番人気というのは少し過小評価されていたように思いますし、これからも中距離路線の一線級で活躍できる馬になるはず。
 ただ、ダービーの舞台でどうかという点に関しては、イメージが少々ズレるというのが正直なところ。父オルフェーヴルという血統面に加え、前半から回転の速いフットワークは小回りでこそ最大のパフォーマンスを発揮できるという印象。ここまでの連対は全て小回り・内回りコースでのものですし、短距離色の濃い母系から2400mへの距離延長も歓迎ではなさそう。東京の長い直線で末脚勝負となると分が悪いように思います。

 皐月賞2着馬サンリヴァルも懐疑的な目で見てしまう1頭。
 新潟のデビュー勝ち以降は全て中山でのレースを選択している上、余裕残しの仕上がりだった弥生賞を叩いて、皐月賞では-12kgというかなりしっかりした仕上げ。ダービーよりも皐月賞の方に照準を合わせていた感が強くあります。
 血統面は父ルーラーシップ、母母にオークス馬のウメノファイバー……一見すると東京は合いそうに映りますが、このウメノファイバーから連なる牝系の出身馬は何故か小回り巧者が多数。近親にAJCCやオールカマーを勝った中山巧者ヴェルデグリーンがいることからも、東京よりは中山寄りの適性の持ち主と見ていいのではないでしょうか。昨年ダービーで着順を落とした同父のダンビュライトと似たイメージもあり、好走するにはかなり高いハードルを越える必要がありそう。

 同3着のジェネラーレウーノもレースぶりが悪かったとは思いませんし、むしろその粘り腰は評価されるべきところ。ですが、そうした粘りで勝負するタイプであるが故に、ある程度の瞬発力も求められるダービーでは苦戦を強いられそう。
ここ数週の東京の高速馬場に対応できそうな血も持ってはいますが、本馬のレースぶりからはそうした”軽さ”はあまり感じられず……また違った条件で狙ってみたい存在と言えます。

 では、皐月賞組で巻き返しの可能性が高そうなのは……と考えた時、一番よくあるパターンなのが、”人気で凡走した”馬。昨年ワンツーだったレイデオロスワーヴリチャードも、このパターンに近い馬だったと思います。
 特に今年の皐月賞は後方からいい脚を使いつつも届かなかった馬が多く、その中にダービーでの逆転を果たす馬がいても不思議ではなさそう。
 
 その中でも真っ先に名前が挙がるのは、・・・

[もっと見る]

⇒もっと見る

エポカドーロの口コミ


口コミ一覧
閲覧 163ビュー コメント 2 ナイス 12

昨日の安田記念、なんとか馬連で当てました。
たくさん買い目を入れて、かろうじてひっかかってくれて、ホッとしましたが、
的中した皆さんの買い目を見ていると、自分の買い方が恥ずかしくなり、
まして日記など書いている場合ではないか、と自省しております。
まぁ、この日記は人目にさらすというより、その時のレースの気分などを記しておきたい、自己満足のものではありますが。。

今回軸にした馬はアエロリット。
これはヴィクトリアマイルの時と同じ判断でした。
昨年NHKマイルカップを完勝した実力からしても、牡馬相手に引けを取らず、
高速馬場にも対応できる、軸としてはこれ以上ない存在だと思っていました。
ヴィクトリアマイルでは落鉄のせいなのか、最後に競り負けて悔しかったですが。
今回ヴィクトリアマイルからそれほど時間が経っていないので、状態面が不安でしたが、
その時競り負けたリスグラシューと比べると、距離輸送は優位だし、高速馬場への対応面でも、
アエロリットの方が上だと見ていました。
結果2着でしたが、馬券の軸としては、非常に優秀な存在であることを証明してくれて、本当にありがとう、という気持ちです。
ちなみにエポカドーロにも同じことが言え、両馬の鞍上の戸崎騎手には感謝感謝です!

相手は目ぼしそうなところをずらっと買ってしまいましたが、モズアスコット、本当に来るとは。。
前週の安土城Sで1番人気だったのが2着で、そこに連投なので、賭けなのかと訝しんでいましたが、
ちゃんとルメール騎手を確保していたという、予定通りの出馬だったんですね。
単勝で買おうかとも思っていましたが買い目が増えるのを嫌い、アエロリットだけにしました。
というか、このレースで僕が穴馬として期待したのがキャンベルジュニアでした。
2週連続で乗り馬を3着に導いている石橋騎手でしたし、6歳で遅咲きのようだけど南半球産で半年遅れの生まれなので今が充実期でもあるし、穴としてこれ以上ない、と見ていたのですが。。
やはり実力負けでしたね。
マイルで1枠1番という、この馬には良くない枠を引いたスワーヴリチャードがしっかり3着に入っているんですから。
ここも僕は軽視していました。

三連単はアエロリットとサングレーザーの軸2頭にしましたけど、これはほとんどヤケでした。
スワーヴよりはサングレーザーの方が可能性は上かなと思ったのと、配当が高くなるのを期待して。
そんなうまい話はなかったですね。

負けよりはちゃんと当てたことを満足すべきですが、馬の選び方、馬券の買い方、などなど、
反省すべき点が多いレースでした。
ちなみに当サイトでの買い目予想と違う買い目もリアルでは入れており、
(予想登録を始めたのもつい最近ですし、ギリギリまで馬券購入に迷うので登録が間に合わなくて)
これで今年の春G1は、桜花賞、天皇賞、NHKマイルC、オークス、ダービー、安田記念と的中しました。
儲けたというより、当たっただけですけどね(^^;

長い日記を読んでいただいた方、本当にありがとうございますm(__)m

 Haya 2018年6月1日(金) 07:00
【~術はある~】(2018.06.01.)(鳴尾記念、安田記念 馬番... 
閲覧 331ビュー コメント 0 ナイス 4

おはようございます!(=^・^=)
競馬を知れば知るほど、競馬業界全体が日本ダービー(東京優駿)中心に動いているのがよく分かると思いますが、日本ダービーが終わった今週末(6月2日)から2歳新馬戦(メイクデビュー)が始まります。と同時にクラス編成もあり、降級馬vs 3歳馬の争いも始まりますよ!?

相変わらず我が懐だけは、風の通り道なのか?涼しい…。 (@_@;)

<「降級馬」とは>
年に一度のクラス編成において、所属するクラスの最低賞金に満たず、下降条件へ降格した馬のこと。降級した場合は相手関係が随分と楽になる。降級してから近走で成績が振るっていなくても、相手関係がさらに弱化したり、休養によって本来の出来に戻れば一変するケースも少なくない。

今年1月に「降級制度」廃止が協議されていることが大手メディアから報道されていたが、いよいよ正式に決定した。現在は4歳夏を迎えた時点で賞金が半減してクラスが下がる、いわゆる「降級馬」が夏の条件戦の風物詩となっていたが、降級制度廃止は2019年夏実施で間もなく見られなくなる。

【訪問者の方々へ!?】
週一回の日記をカキコしていますが、先週やっと足あとキリ番8,000に到達しました。過去に訪問された方々、ありがとうごうざいました。ただ、残念なことにキリ番8,000訪問者『らおおー』さんから、何もアクション(コメント、ナイスポチ 等)がありませんでした。

今回気が付いたことは、あしあと=訪問者数ではなかった。

先々週、キリ番まで80もなかったので、普段200以上の訪問があることから到達すると思っていたら、到達できない。(えっ~?)で、やっと先週到達。ありがとうごうざいました。(ホッ!)


【週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数活用術予想篇)
水曜日 : 週末の重賞(TARGET frontier JV活用術予想篇)
木曜日 : 週末の重賞(インパクトデータ活用術予想篇)
金曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

ブログタイトル「~術はある~」へ変更しました。
だからといって、ブログの内容は今迄と変わりません。

※「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス  http://89923493.at.webry.info/


【活用術予想 最終結果】
第05期(04月21日~05月27日)12日間(福島牝馬S~目黒記念:全15戦)

最終週末は、巻き返すことができたのか?

土曜、新設重賞・葵ステークスでは、4頭を推奨。(アサクサゲンキ、タイセイプライド、ペイシャルアス、モズスーパーフレア)
馬番コンピの予想では、(2,10,13,8,15)BOX狙いを参考にして、
2番アサクサゲンキ軸で勝負!
馬連・ワイド(2⇒1,4,10,13)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。
軸馬が痛恨の出遅れで5着では、諦めるしかありません。


日曜、G1 東京優駿~日本ダービーでは、1頭を推奨。(ダノンプレミアム)
馬番コンピの予想では、(1,8,17,5,13)BOX狙いを参考にして、
5番キタノコマンドール軸で勝負!
馬連(5⇒1,8,13,15,17)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。
当日の馬体減-12㌔は、想定外?


日曜、G2 目黒記念では、3頭を推奨。(サウンズオブアース、トウシンモンステラ、フェイムゲーム)
馬番コンピの予想では、(10⇒8,14,5,2,16,1,11,3)狙いを参考にして、
5番サウンズオブアース軸で勝負!
ワイド(5⇒2,8,10,14,16)
当日の馬体減-14㌔は、想定外?


先週ブログのなかで推奨した結果
葵ステークス=
アサクサゲンキ(5着)、タイセイプライド(7着)、ペイシャルアス(8着)、モズスーパーフレア(回避)
日本ダービー=ダノンプレミアム(6着)
目黒記念=サウンズオブアース(12着)、トウシンモンステラ(9着)、フェイムゲーム(13着)

今週末の重賞レースの注目馬
鳴尾記念=トリコロールブルー、タツゴウゲキ、マルターズアポジー
安田記念=ウインガニオン、ウエスタンエクスプ、キャンベルジュニア、リアルスティール

過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
鳴尾記念=73%(C)
*多頭数なら内枠の差し馬!
安田記念=77%(A)
*枠の偏りない!


【雑談でいっぷく!】
とりあえず、先週の”日刊馬番コンピ指数活用術予想篇”結果報告。
(葵ステークス)
【馬 連】で
馬番コンピ指数2~6位までの5頭BOX 10点。
(2、10、13、8、15)BOX
結果 3⇒1=14 (2着同着)


(日本ダービー)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1~5位までの5頭BOX 10点。
(1、8、17、5、13)BOX
結果 17⇒12⇒7


(目黒記念)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1位から
指数2~9位までの8頭へ流して8点。
(10⇒8、14、5、2、16、1、11、3)
結果 3⇒4⇒8

久々のボウズ達成!?さすがに落ち込みますよ…。
反省点としては、土曜・葵ステークスのレース傾向?京都の内回り1200㍍戦は直線が平坦で約330㍍しかなく、逃げ馬がもっとも好成績をおさめる舞台。徹底的に逃げ&先行馬狙いに絞るべきだった。さらに、日曜・東京優駿~日本ダービーの攻略法として、『皐月賞3着内の馬or5番人気以内の馬』に絞り込んだ場合、⑤キタノコマンドール・⑥ゴーフォザサミット・⑧ブラストワンピース・⑫エポカドーロ・⑮ステルヴィオ・⑰ワグネリアンの6頭。仮に馬連6頭ボックス15点で、的中(馬連7,950円)していただけに、残念…。


一応、今週も懲りずに2重賞(鳴尾記念、安田記念)を載せますので、参考にして下さい。宜しくお願い致します。

(鳴尾記念)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1、2位から
指数3~9位までの7頭へ流して14点。


(安田記念)
【馬 連】で
馬番コンピ指数1位から
指数2~8位までの7頭へ流して7点。


詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  http://89923493.at.webry.info/

[もっと見る]

 やすの競馬総合病院 2018年5月30日(水) 22:28
安田記念の単勝お買い得馬を消去法で調査1日目の巻
閲覧 279ビュー コメント 0 ナイス 0

安田記念の出走馬を「netkeiba.comの想定単勝オッズ」・「馬」・「騎手」・「過去の傾向」など、いろんな面から消去法でどんどん消して、単勝のお買い得馬を1~3頭選んで当たるか外れるかを楽しむGI限定のお遊び企画です。

--------------------------------------------------------------------------------
前回の日本ダービーは
1着ワグネリアン(5番人気 12.5倍)
2着エポカドーロ(4番人気 10.5倍)
8着ステルヴィオ(6番人気 16.5倍)

この企画から1着馬が出るだけでもレアなのに、1・2フィニッシュなんて激レアですよ~。
ダービーの的中で20500Pもあった赤字が9000Pまで減ったんで、ここから一気に黒字目指したいですね~。

前回までの収支は
・収支:-9000P
・投資額:27000P
・払戻額:18000P
・指名馬の着順(2.4.1.20)
・的中率:9%
・回収率:67%
で、インターネットで見たニュースを得意げに話しまくってたら、後日そのニュースがガセネタだったと知ってしまった時のような恥ずかしい成績です(笑)

--------------------------------------------------------------------------------
1.想定単勝オッズが4倍未満(1.0~3.9倍)の馬を単勝のお買い得馬とするには無理ある気がするんで消し。
スワーヴリチャード (想定単勝オッズ 3.2倍)


2.騎手の過去5年のGI勝利数などを見て、GIでの単勝期待値が低そうな騎手が乗ってる馬は消し。
ウインガニオン(想定単勝オッズ 98.5倍)
津村は、10年以上の騎手キャリアでGI未勝利なので・・・。

ウエスタンエクスプレス(想定単勝オッズ 83.0倍)
クリッパートンは、日本での騎乗経験がないんで・・・。

キャンベルジュニア(想定単勝オッズ 28.6倍)
石橋は、過去5年でGI1勝のみやし、通算でもGI2勝で、GIでの単勝期待値は低いので・・・。

ヒーズインラブ(想定単勝オッズ 82.2倍)
藤岡康は、10年以上の騎手キャリアでGI1勝だけやし、2009年以降はGI勝ちがないので・・・。

ブラックムーン(想定単勝オッズ 197.7倍)
秋山は、20年以上の騎手キャリアでGIは2勝だけやし、2012年に阪神JFを勝って以降はGI勝ててなくて、GIでの単勝期待値は低いので・・・。

レーヌミノル(想定単勝オッズ 181.4倍)
和田は、2001年の天皇賞春を勝ってから長い間GI勝ててないし、そもそもテイエムオペラオーでしかGI勝ってない騎手なので・・・。


3.産駒の過去5年のGI勝利数などを見て、GIでの単勝期待値が低そうな種牡馬の産駒は消し。
ダッシングブレイズ(想定単勝オッズ 337.2倍)
Kitten's Joy産駒は、GI未勝利やし、重賞も2勝だけなので・・・。

レッドファルクス(想定単勝オッズ 15.2倍)
スウェプトオーヴァーボード産駒は、GI2勝が全て1200mやし、重賞は6勝全てが1400m以下で、6勝のうち5勝が1200m以下なので、1600m以上のGIを勝ち切るのは少々辛いのかな?

--------------------------------------------------------------------------------
☆調査1日目の消去法で生き残った馬☆
アエロリット 戸崎
サトノアレス 蛯名
サングレーザー 福永
ペルシアンナイト 川田
リアルスティール 岩田
リスグラシュー 武豊
の6頭ですが、続きはまた明日。

--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、基本的にはこのブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」をご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。

--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
監督変えても全然ダメですね~。

[もっと見る]

⇒もっと見る

エポカドーロの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

エポカドーロの写真

エポカドーロの厩舎情報 VIP

2018年5月27日東京優駿 G12着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

エポカドーロの取材メモ VIP

2018年5月27日 東京優駿 G1 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。